「愛され体質の後輩と愛でたい先輩」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:51:45.03 ID:YXqmeEGd0
後輩「先輩!」


先輩「あら、どうしたの」


後輩「先輩が見えたので来ちゃいました」


先輩「そうなの、わざわざ」


後輩「えへへ」


先輩「……」


先輩(ああ……)


先輩(……愛でたい)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1565016704
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:52:46.50 ID:YXqmeEGd0
友「女の子に恋したぁ?」


先輩「うん、私おかしいのかな……」


先輩「最近彼女のことを思うとなんというか、その……」


友「心が熱くなる、と」


先輩「え、わかる!? そう、そうなの!」


友「夏バテかもしれないわよ」


先輩「確かにもうすぐ夏だけど、流石に早すぎないかしら……?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:53:14.04 ID:YXqmeEGd0
友「梅雨が明けて、もうすぐ夏休みって時に面白そうな話するわねぇ」


先輩「お、面白がらないで。私は真剣なんだから」


友「で、これからどうするのよ」


先輩「え? どうするって……」


友「だーかーら、その娘とどうなりたいわけ?」


先輩「うぇ!?/// や、う、それは……」


友「ほらほら〜言ってみなさいよ〜」


先輩「……愛でたい」


友「ん?」


先輩「思う存分、愛でたい!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:53:51.27 ID:YXqmeEGd0
友「な、なんか強い意志を感じるわね……」


先輩「私は本気」


友「うん、めちゃくちゃ伝わる」


友「それで、その娘とはどういう関係なの?」


先輩「……」


友「ん、何よ急に黙り込んで」


先輩「……その娘がハンカチを落としたから、拾ってあげたの」


友「うん」


先輩「……それだけ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:56:08.52 ID:YXqmeEGd0
友「うっす!! 関係性めちゃくちゃ薄いじゃん!」


先輩「だ、だって、私帰宅部だし」


友「知ってるわよ?! あんたにそもそも下の子の友人がいることに私は驚いてたんだから」


先輩「友はいいなぁ、たくさん友達いて」


友「そりゃ部活入ってたらある程度は友達できるわよ! あんたにも入れって私は去年も言いました!」


先輩「うう……」


友「はぁ……とにかく、その娘のとこ行くわよ」


先輩「ほ、本気で言ってる?」


友「当たり前でしょ、嘘ついてどうすんのよ、ほら」


先輩「うう……」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/05(月) 23:58:00.90 ID:YXqmeEGd0
友「……」


先輩「友、やっぱりやめよう?」


友「なんでよ」


先輩「……私、名前しか知らないから」


友「そうね」


先輩「クラスだってわからないし……」


友「大丈夫よ、なんとかなるなる」


先輩「で、でも……」


友「あーもーうっさい! 黙ってついてきなさい!」


先輩「ううう……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 00:00:18.12 ID:wh+yX5sE0
友「あ、ちょっと!」


*「はい?」


友「あのさ、後輩ちゃんって知ってる?」


*「あ、私のクラスの娘ですよ」


友「おっ! そっか、ありがとう!」


友「クラスわかったわよ」


先輩「ほ、本当に会うの……?」


友「ここまで来て会わないわけないでしょ? ほら、行くわよ」


先輩「ううう……」


後輩「あれ、先輩?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 00:00:53.97 ID:wh+yX5sE0
先輩「!」


後輩「あ、やっぱり! どうしたんですか、こんなところで」


先輩「あ、いや……」


友「あなたに会いに来たのよ」


先輩「!?」


後輩「え、私にですか?!」


友「ね?」


先輩(『ね?』じゃないわよ……!)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 00:01:43.59 ID:wh+yX5sE0
先輩「……そ、そうなの。あなたに会いに来たの」


後輩「どうしてですか? 私に何か御用ですか?」


先輩(……くぅ、首を傾げる仕草……可愛い)


友(うわー、これは可愛いわ……っと、まずいまずい)


友「最近よく挨拶するようになったけど、もう少しあなたのことを知りたいらしくてね」


先輩「と、友!」


後輩「え! 私のことですか……?」


先輩「……」コクリ


先輩(き、気持ち悪がられちゃったかしら……?)


後輩「……嬉しいです! 私も先輩と、もっと仲良くなりたいです!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 00:02:24.54 ID:wh+yX5sE0
先輩 ズギュウウウゥゥゥゥン


友(あ、落ちた)


先輩「そ、そそそ、そうなの……よ、良かったわ」


後輩「えへへ、両想いですね♪」


先輩「両想い?!?!?!?!?」


後輩「はい♪」


友(この娘、天然のジゴロね……)
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 00:03:35.33 ID:wh+yX5sE0
ひとまずこれで。
ゆっくりまったり進めていきます。

ので、良かったら見ていってください。ではノシ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/06(火) 09:04:32.99 ID:ZTW9gsPQo
見てるぞ
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 21:25:29.95 ID:wh+yX5sE0
先輩「どうしようどうしようどうしよう」

友「はいはい」

先輩「わ、私の携帯の中に……か、彼女の……連絡先が」

友「そこまで言うようなもん?」

先輩「信じられない、さっきまで名前しか知らなかったのに……」

後輩『私の連絡先です! 先輩だったらいつでも大歓迎ですっ』

先輩「……ああああああ」

友「うるさっ!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 21:28:33.74 ID:wh+yX5sE0
先輩「友には感謝しかないわね……」


友「はいはい。いつものことよ」


友「それにしてもあの娘、可愛かったわね」


先輩「わかる!? そうなの、そうなのっ」


友「仕草も声も表情も完璧というか」


先輩「そう、そうなの!」


友「私から見ても魅力的だったなぁ」


先輩「うんうん」


友「競争率高そうね」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/06(火) 21:32:39.49 ID:wh+yX5sE0
先輩「……競争?」


友「うん。あんな娘、男子が黙ってるはずないじゃん」


先輩「ま、待ってよ。この世界に男子なんているの? まだ登場人物全員女の子しかいないのに?」


友「メタな発言はやめて。共学だよウチは」


先輩「……競争率、高そう?」


友「間違いなくね。男女共に仲良くできそうだし、とにかく愛嬌がめちゃくちゃ良いし」


友「いわゆる、愛され体質とみた」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/06(火) 21:33:18.51 ID:wh+yX5sE0
友「あの娘間違いなく人気になるわよ。早く手を打っとかないとね」


先輩「絶対嫌」


友「おっ」


先輩「わ、私はあの娘を愛でたい」


先輩「誰かがじゃなく、私が愛でるの」


友「よく言った! それで、これからどうするの?」


先輩「ま、またそれ……?」


友「当たり前じゃない。思い立ったらすぐ行動しないと」


先輩「え、えーっと……」


友「うん」


先輩「…………」


友「…………」


先輩「……ど、どうしたらいいのかな?」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/06(火) 21:35:15.23 ID:wh+yX5sE0
こんなもんで……また!
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/07(水) 09:02:43.01 ID:y3PbdOrqo
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/07(水) 20:55:20.73 ID:qnd2Jg9M0
先輩「……」


友『まずは連絡先もらったんだから連絡しなさい! そこからよ』


先輩「と言われても〜〜……」


先輩(ベッドの上でもう何十分も時間が経ってる……)


先輩「はぁ……」


先輩「……と、とりあえず連絡先を確認して……」


ピッ


先輩「あ」


PLLLLLL PLLLLLL


先輩(ま、間違えて電話かけちゃった!)
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/07(水) 20:56:41.64 ID:qnd2Jg9M0
先輩(待って待って待って)


先輩(もうこれ、あっちに通知行っちゃったかしら?)


先輩(切ったら、悪いし……)


後輩『はい、後輩です』


先輩「!!!」


後輩『もしもし?』


先輩「あ……えっと……」


後輩『あれ……もしかして、先輩ですか?』
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/07(水) 20:59:52.90 ID:qnd2Jg9M0
先輩「! そ、そうよっ」


後輩『えへへ、声でわかりました!』


先輩(声だけで……///)


後輩『早速かけてきてくださって嬉しいです! 何か御用ですか?』


先輩「いや、えっと、あの……」


後輩『?』


先輩「きょ、今日は連絡先を教えてくれてありがとう」


後輩『こちらこそ! でも、ビックリしちゃいました』


先輩「? なにが」


後輩『今日、たくさんの人に連絡先を聞かれたので』
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/07(水) 21:01:16.26 ID:qnd2Jg9M0
先輩「え……?」


後輩『先輩以外の人からも、連絡先教えて欲しいって言われたんです! 5、6人くらい?』


先輩「そ、それは誰に?」


後輩『? クラスの男子とか、他クラスの女の子とかです』


先輩「!!!」



友『あの娘間違いなく人気になるわよ。早く手を打っとかないとね』



後輩『どうしましたか先輩?』
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/07(水) 21:03:36.74 ID:qnd2Jg9M0
友「……で?」


先輩「くじけそう」


友「はぁ……」


先輩「……私以外からも連絡先交換したんだって。しかも男もいる」


友「まあ、仕方ないわよ、あんなに可愛いんだもん」


先輩「でも……」


友「あの娘、部活は入ってるの?」


先輩「え……入ってないって言ってたと思う」


友「ならチャンスじゃない」


先輩「チャンス?」


友「梅雨が明けて、夏がやってきたな〜と思ったらとんでもないビッグイベント到来でしょ?」


先輩「……夏休み!」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/07(水) 21:06:52.21 ID:qnd2Jg9M0
今日はこんなもんで!

というか2行も空けてた。しゃあないのでこのまま二行空ける。

一応スペック的なもののメモ書き


先輩…とある高校の二年生。一応良い所のお嬢様。友にだけ気を許している。胸は大きい。

後輩…とある高校の一年生。大人気。裏表なくとっても優しい。胸は控えめ。

友…とある高校の二年生。先輩の友達。水泳部。巨乳。


ほんじゃまた!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/07(水) 22:33:24.57 ID:PD5U55smO
読んでるよ〜
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/07(水) 23:07:19.62 ID:o0b/K6wRO
おいも
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 20:58:53.14 ID:G6osa6uy0
友「そ! 夏休みといえばイベント盛りだくさん、彼女と過ごすことイベントもたくさんあるってわけよ」


先輩「か、彼女なんて気が早い……///」


友「girl friendじゃなくてsheの方なんだけど?」


友「とにかく。それくらい人気があるってんなら、もう夏の予定バンバン埋まってるかもしれないわよ」


友「さっさと予定聞いて、夏休みはあんたで埋め尽くしなさい!」


先輩「は、はいっ」


友「うん、良い返事。私は夏休み部活漬けだから、ほとんど力になれません」


先輩「そ、そんな……」


友「この世の終わりみたいな顔しないの」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:02:04.76 ID:G6osa6uy0
先輩「わ、私頑張る……」


友「頑張ってポンコツお嬢様」


先輩「ぽ、ポンコツじゃないわよ……!」


友「あら、そうだったかしらね」


先輩「ううう……はぁ」


友「じゃあ、早速行くわよ」


先輩「え?」


友「後輩ちゃんのとこよ。ほら、さっさと立つ!」


先輩「えええええ……」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:06:39.20 ID:G6osa6uy0
後輩「あれ、先輩!」


先輩「あっ……」


後輩「昨日はありがとうございました! 2時間あっという間でしたね」


友「へ〜2時間?」


先輩「///」


後輩「それで、私に御用ですか?」


先輩「あ、そ、その」


友「夏休みの予定とかって、決まってる?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:07:37.63 ID:G6osa6uy0
先輩(こ、心の準備がまだなのに……!!)


後輩「予定ですか?」


友「ほら」


先輩「あっ……その、良かったらどこかご一緒できたらなと思って……」


後輩「え! 本当ですかっ」


友(お、良い反応)


後輩「えっと、今すぐにはわからないので、手帳持ってきます!」タタタッ


先輩「……」


友「良い感じじゃないっ」


先輩「う、うん……」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:13:01.43 ID:G6osa6uy0
後輩「お待たせしました! えーっと……お盆は家族で旅行で……この日は……」


先輩(予定、本当にビッシリ入ってる……!)


友(これは想像以上ね……)


後輩「……どうでしょうか?」


先輩「うん、じゃあこの日にしましょう?」


後輩「はいっ! やったっ」


先輩(『やったっ』……嬉しい)
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/08(木) 21:13:42.74 ID:G6osa6uy0
友「うっし、決まったね」


後輩「えっと、3人でどこか行くんですか?」


友「ん? あー、ごめん。私は部活あるから行けないんだ」


後輩「そうなんですか……残念です」


友「あはは、また今度ね。……ど、どうしたのよ?」


先輩 ズーン


友(あんたには説明したでしょーが!)
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:15:58.91 ID:G6osa6uy0
先輩「……」


友「もー、私行く前に言ったじゃん」


先輩「そ、そんなことより」


友「ん、何よ?」


先輩「……残念って」


友「へ? ……ああ、あんなのお世辞よ、気にしないの」


先輩「うん……」


友(ほんっと、気が小さいんだから)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/08(木) 21:18:00.43 ID:G6osa6uy0
先輩「というか、後輩ちゃん夏休み予定だらけだったわね……」


友「そうね。大体予定入ってたわね」


先輩「あの中に男子との予定も……」


友「まあ、無いとは言い切れないわね」


先輩「……」


友「落ち込まない! とにかく、約束できただけでも良かったでしょ」


友「遅れてたら夏休み中に会えなかったかもしれないのよ?」


先輩「……確かに」


友「ね? 頑張りましょ」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/08(木) 21:18:52.81 ID:G6osa6uy0
ここまで〜次回は夏休みに突入します。

レスありがとうございます。とっても糧〜。
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/08(木) 23:34:43.52 ID:pqnLZIgqo
めでたい
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/09(金) 08:09:36.99 ID:h5ClTn8JO
不穏フラグかな?
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 21:58:05.72 ID:glIoUxE20
夏休み


先輩「……」


先輩(気づかなかった……)


先輩(まさか出かける日が)


先輩(夏休み初日だったなんて)


後輩「先輩〜」


先輩「あら。……!」


後輩「お待たせしちゃいましたか? ごめんなさいっ」


先輩(私服、良い……!)
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/09(金) 21:58:59.64 ID:glIoUxE20
後輩「夏休み、始まりましたねっ」


先輩「え、ええ。そうね」


後輩「ふふっ、まさか夏休みのスタートに、先輩と遊べるなんて思ってなかったです!」


先輩「わ、私も……」


後輩「えへへ、嬉しいなぁ」


先輩「……///」


先輩(初日からこんなに幸せで、生きていられるかしら)
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 22:03:21.54 ID:glIoUxE20
後輩「今日は、一緒にお洋服とか見てもらってもいいですか?」


先輩「ええ、もちろん」


後輩「やったっ。先輩みたいに、綺麗でオシャレな人とお洋服見れるの嬉しいな♪」


先輩(こっちも、可愛い貴女と一緒にいられて幸せ……)


後輩「それじゃあ行きましょっ」


先輩「ええ」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 22:05:08.77 ID:glIoUxE20
先輩「……」


後輩「最近すっかり暑くなりましたね」


先輩「うん」


後輩「汗拭いても拭いても出てきちゃいます」


先輩(まつ毛、長い……唇ぷるぷる……目パッチリ……首筋すっきり……)


先輩(汗が、更に良さが倍増してる……)


後輩「……先輩?」


先輩「!?」(か、顔近っ!)


後輩「……ボーっとしてました?」


先輩「え? あ、う……そ、そうみたい」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/09(金) 22:07:20.03 ID:glIoUxE20
後輩「暑いですもんね! 水分補給もちゃんとしないと」


先輩「そうね」


後輩「ということで……じゃじゃーん!」


先輩「水筒?」


後輩「はい! 麦茶作って淹れてきたんです」


先輩「へえ」(家庭的……!)


後輩「良かったら、飲みます?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 22:08:14.54 ID:glIoUxE20
先輩「え……」


後輩「自分だけ飲むのもなと思ったので! 淹れ立てなので冷たくて美味しいですよ?」


先輩「じゃ、じゃあいただこうかしら」


後輩「はい!」スッ


先輩「……」


後輩「あ、ちょっと待ってください!」


ゴクッ


先輩「!」


後輩「……うん、味ちょうど良くできてました! 改めて、どうぞっ」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 22:13:21.39 ID:glIoUxE20
先輩(ちょ、ちょっと待ってこれ……)


後輩 ニコニコ


先輩(これ、か、間接キスでは!?)


先輩「……い、いただきます」


後輩「はいっ!」


先輩「……」


ゴクゴクゴクッ


先輩「ぷはっ……」


先輩(……冷たくてとっても美味しい……)
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/09(金) 22:14:02.99 ID:glIoUxE20
後輩「どうですか?」


先輩「うん、ひんやりしてて美味しいわ」


後輩「良かった〜!」


先輩「ありがとう。おかげで元気出たかも」


後輩「本当ですかっ。また喉乾いたらすぐ言ってくださいね」


先輩「ええ、了解よ」


後輩「……あ」


先輩「?」


後輩「間接キス、でしたね///」


先輩「……///」


先輩(ほんと、反則……)
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/09(金) 22:16:10.74 ID:glIoUxE20
更新がちょっとできなくなるので長めの更新〜〜。


今日はここまで!次は多分週末明けになっちゃう!すまん!

お盆だよ!

そんじゃまた!
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/10(土) 19:19:32.79 ID:kOOSrv1xo
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 21:20:02.51 ID:0LeeEJX80
後輩「わ〜! お店の中とっても涼しいっ」


先輩「別世界ね」


後輩「お洋服屋さんに来て最初の感想が涼しいになっちゃった!」


先輩「ふふ、仕方ないわ。この暑さだから」


後輩「そうですね……あっ!」


先輩「ん?」


後輩「見てくださいっ、この服!」


先輩「あら、可愛いわね」


後輩「先輩に似合いそう!」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/15(木) 21:22:02.28 ID:0LeeEJX80
先輩「わ、私に……」


後輩「はいっ! 綺麗な先輩に、とっても似合うかなって!」


先輩(好き……)


後輩「あとこの色も、先輩の白い肌に映えると思いますし」


先輩(好き……)


後輩「って、急に話し出しちゃってごめんなさい。それくらい似合いそうだったので」


先輩(好きっ!!!)
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 21:24:28.89 ID:0LeeEJX80
先輩「そ、それじゃあ、試着してみようかしら」


後輩「本当ですか! やったっ」ピョン


先輩(反応がいちいち可愛い)


後輩「じゃあ早速試着室行きましょう!」


先輩「ええ」


後輩「楽しみ楽しみ」


先輩「あなたは、何か見なくてもいいの?」


後輩「この服を着てる先輩のこと考えたら、私のことなんて後回しです♪」


先輩(尊い)
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/15(木) 21:28:33.36 ID:0LeeEJX80
シャー


後輩「外で待ってるので、ゆっくり試着してくださいっ」


先輩「ええ」


先輩(……良かった、サイズ合うわね)


先輩「……」


先輩「似合ってるといいなぁ……」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/15(木) 21:29:17.86 ID:0LeeEJX80
先輩「終わったわ」


後輩「はいっ!」


シャーッ


先輩「ど、どうかしら?」


後輩「……」


先輩「……?」


後輩「あっ、ごめんなさい! 見惚れちゃって」


先輩「み、見惚れて……」


後輩「そ、その……すっごく綺麗で、言葉にならないというか……綺麗ですっ!」


先輩(絶対買おう)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 21:30:30.11 ID:0LeeEJX80
遅くなった!ここまで!

また!!
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 21:41:04.46 ID:Gb9rdUocO
いいと思う
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/17(土) 02:17:58.81 ID:DAZlvy5A0
後輩「ありがとうございました、わざわざ着てくださって」


先輩「ううん、あんなに褒めてもらえると思ってなかったから、嬉しかった」


後輩「本当に、本当に似合ってました!」


先輩「も、もう……いいから///」


後輩「えへへ」


先輩(天使のような笑顔……)
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:18:57.43 ID:DAZlvy5A0
その後。

後輩「ちょっと大人っぽいのに挑戦してみました! どうでしょう?」


先輩「うん、とっても可愛いわ」



後輩「こんな可愛いの、似合いますかね……?」


先輩「……すごく似合ってる!」



後輩「サロペットです〜! 夏にはちょっと暑いかな?」


先輩(……ダメ、好き……可愛い……)
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:19:36.37 ID:DAZlvy5A0
後輩「も〜先輩、褒め過ぎですよ!」


先輩「ご、ごめんなさい、どれもとても似合っているから」


後輩「……本当ですか?」


先輩「も、もちろん!」


後輩「……えへへっ」


先輩(この笑顔で何度私を萌え殺す気なの……!)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:21:17.28 ID:DAZlvy5A0
後輩「うーん、どれを買おうかなぁ」


先輩「あら、どれで悩んでるの?」


後輩「これとこれです! どれも先輩に褒めてもらえたので悩んだんですけど、二つまで絞ったんですが……」


後輩「先輩、選んでもらってもいいですか?」


先輩「えっ、私でいいの?」


後輩「はい! 先輩が選んでくれた方がむしろ嬉しいです!」


先輩(せ、責任重大……!)
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/17(土) 02:25:33.62 ID:DAZlvy5A0
後輩 ワクワク


先輩(ど、どうしよう……)


後輩「……」


先輩「わ、私は、こっちかな……」


後輩「わぁ〜! 私もそっちだと思ってました!」


先輩「そ、そうなの?」


後輩「はい! えへへ、先輩と以心伝心かもっ」


先輩(もう結婚して欲しい)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:26:45.99 ID:DAZlvy5A0
「ありがとうございました〜」


後輩「先輩も、さっき着た服買ってくれたんですね!」


先輩「え、ええ。あんなに褒められたらね」


後輩「も、もしかして無理させちゃいました?!」


先輩「そんなことないわよ!? とっても嬉しかったから、また着たいなと思って」


後輩「嬉しい〜〜!! だってだって、まだずっと頭の中にその服を着てる先輩が……」


先輩(好き……)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:27:16.21 ID:DAZlvy5A0
おわりなのだ。

昨日のうちに更新しようとしたらこの時間だったのだ。

またね。
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 02:27:44.59 ID:DAZlvy5A0
終わりっていうのは今日の更新終わりってこと!すまん!
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 23:13:05.58 ID:DAZlvy5A0
後輩「あ、良い時間なのでお昼ご飯食べませんか?」


先輩「あら、もうそんな時間なのね」


後輩「はいっ。何食べますか?」


先輩「とりあえずフードコートに向かいましょう」


後輩「了解ですっ」


先輩(二人きりでご飯……嬉しい)
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/17(土) 23:15:51.87 ID:DAZlvy5A0
後輩「うわ〜子どもがたくさん!」


先輩「夏休みね」


後輩「ですね! 子ども大好きなのでわちゃわちゃしてるの見ると嬉しくなっちゃいます」


先輩「そうなの」


後輩「はいっ! 可愛いですっ」


先輩「……」


後輩 ニコニコ


先輩「うふふ、可愛い」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 23:17:49.16 ID:DAZlvy5A0
先輩(……今、心の声が漏れた……!?)


後輩「……」


先輩(うう……)


後輩「そうですね! 子どもは可愛いですよね〜〜」


先輩「えっ!? あ、そ、そうねっ」


先輩(よ、良かった! 子ども達に言ったと思ったみたい)
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/17(土) 23:19:07.42 ID:DAZlvy5A0
先輩「そ、それじゃあ。 何を食べる?」


後輩「そうですね〜、なんだかガッツリって気分じゃないかもです! カフェとかで軽食でも良さそうですね」


後輩「先輩とゆっくりお話したいし」


先輩(絶対にカフェ、カフェしか見えないわ、カフェ以外の選択肢はもう私の中にないっ)


後輩「どうですか?」


先輩「ええ、カフェにしましょう」


後輩「はいっ♪」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/17(土) 23:19:49.14 ID:DAZlvy5A0
ここまで。

書き溜めが尽きる。隔日更新になるやも。

ではまた〜。
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/19(月) 21:51:41.85 ID:m/R//mSv0
先輩「ふぅ、涼しいわね」


後輩「はい〜。フードコートはエアコン弱めでしたね」


先輩「ね。それに人も多いからとっても暑く感じたわ」


後輩「ですねっ」


「ご注文はいかがいたしますか?」


先輩「サンドイッチセット一つ。ドリンクはアイスコーヒーで」


後輩「……!!」


「ミルクはいかがいたしますか?」


先輩「あ、要らないです。……どうしたの?」


後輩「あっ、いえっ……わ、私も同じもので、ドリンクはオレンジジュースで」


「かしこまりました」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/19(月) 21:54:19.77 ID:m/R//mSv0
後輩「先輩……」


先輩「ん?」


後輩「アイスコーヒーなんて、とっても大人ですね!」


先輩「え、そ、そう?」


後輩「はい! しかもブラック!」


先輩「確かに、珍しいかも?」


先輩「昔からここには来てたのよ。勉強のためにね。それで、一番安かったのがコーヒーだったから」


後輩「……そうなんですね」


先輩「うん。サンドイッチもとても美味しいから。久しぶりに食べられて嬉しいわ」


後輩「良かったですっ。えへへ」


先輩(貴女と一緒だから、余計にね……)
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/19(月) 21:55:32.44 ID:m/R//mSv0
後輩「私もここ、よく来ます!」


先輩「あら、そうなの」


後輩「お父さんとよく一緒に来てました」


先輩「うふふ、小さい頃?」


後輩「最近でもよく行きます!」


先輩「そうなの。仲が良いのね」


後輩「はいっ。先輩はどうなんです?」


先輩「私は……うーん、仲は良いけど」


先輩「すっごく過保護なのよね」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/19(月) 21:57:28.63 ID:m/R//mSv0
後輩「えっ、過保護なんですか?」


先輩「ええ。今日も出る時にとっても心配してたわ」


先輩「『暑いから気をつけろよ』、『何時に帰ってくるんだ?』、『事故には気をつけて』、『忘れ物ないか?』」


先輩「有難いけどね、心配されるのは」


後輩「……先輩って、とっても素敵な人なんだなって思います」


先輩「え?」


後輩「そんなに気にかけてくれる素敵なご両親がいるんですもん。先輩も間違いなく素敵ですっ」


先輩「///」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/19(月) 21:57:58.96 ID:m/R//mSv0
てなわけでここまで。

夏終わっちゃう。やばい。

そんじゃまた〜
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/20(火) 17:17:57.05 ID:OqCV5/UIO
更新乙
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 21:34:02.80 ID:7smnbyUz0
先輩(どうして、こんなに良い娘なのかしら)


後輩「あの、先輩」


先輩「? 何かしら」


後輩「友先輩とは、どんな間柄ですか? なんだかとっても親しく見えたので!」


先輩「友? 幼馴染なのよ。小中高ずっと一緒の」


後輩「え! そうなんですか! 通りで仲良しなんですね〜」


先輩「そうなのよ」


後輩「友先輩って水泳部ですよね? とっても速いって聞きました!」


先輩「そうね。昔から水泳が大好きだったからね」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/21(水) 21:36:26.13 ID:7smnbyUz0
後輩「へ〜凄いなぁ。私、実はカナヅチなんです」


先輩「あら、そうなの?」


後輩「でも、やっぱり夏はプールとか、海とか行きたいですよねっ」


先輩(プール、海……!?)


後輩「先輩?」


先輩「え!? そ、そうね」


後輩「先輩は、泳ぐの得意ですか?」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/21(水) 21:39:05.04 ID:7smnbyUz0
先輩「うーん、得意というわけでもないけれど、泳ぐのは好きよ」


後輩「ふむふむ」


先輩「夏はやっぱり、行きたくなるわね」


後輩「……私も、泳げるようになりたいです!」


先輩「うふふ、頑張ってね」


後輩「そ、その……」


先輩「?」


後輩「一緒に、行きませんか? プール……」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/21(水) 21:40:58.51 ID:7smnbyUz0
先輩「……へ」


後輩「良かったら、泳ぎも教えて欲しいです」


先輩「お、教える?」


後輩「はい! 今年こそは泳げるようになって、海にも行きたいです!」


後輩「だから……一緒に!」


先輩「で、でも、手帳にはいっぱい予定入ってたじゃない?」


後輩「はい! でも、泳げるようになりたいから……予定も再調整します!」


後輩「だ、ダメですか?」


先輩(むしろ全然良いのだけれど……)
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/08/21(水) 21:42:20.78 ID:7smnbyUz0
先輩「私はいつでも大丈夫よ?」


先輩(いつでも会えるように極力予定は入れないようにしてたし)


先輩(我ながら、気持ち悪いけれど……)


後輩「それじゃあ、この日とかは?」


先輩「ええ、もちろん大丈夫よ」


後輩「やったっ! あ、あと……」


先輩「?」


後輩「友先輩も、誘ってもらえませんか?」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/21(水) 21:42:49.76 ID:7smnbyUz0
つづく!

もう少ししたらもーっとたくさん書けるようにがんばりますのでね……

それでは
80 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 21:47:46.07 ID:TyAL/Glr0
教室


友「……で、なんで私はあんたに呼び出されたわけ?」


先輩「電話しても繋がらないんだもん」


友「いやぁ、部活で疲れて、帰ったら寝ちゃうんだわ」


先輩「でしょうね、今日だって部活があるものね。だからわざわざ学校に出向いたのよ」


先輩「あなたに会いにね」


友「よくやるわ。それで、話は?」


先輩「後輩ちゃんと、デートしたの」


友「知ってるわよ。良かったわね。どうだったの?」


先輩「最高だったわ。至福の時ってああいうことを言うんだろうって」


友「へえ。最高の夏休みスタートじゃない」
81 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/24(土) 21:50:02.08 ID:TyAL/Glr0
先輩「洋服見たり、ご飯食べたり、水着まで見に行ったの!!」


友「わーお。なになに、海でも行くの?」


先輩「……それで、よ」


友「ん?」


先輩「あなたの予定を聞こうと思って来たの」


友「私の? なんで」


先輩「あの娘が友とも一緒に行きたいって言ってるから……」
82 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 21:54:10.53 ID:TyAL/Glr0
友「はぁ?」


先輩「だ、だから……あの娘が、友とも、一緒に行きたいって」


友「さっき言ったからそれはわかるわよ。でも、なんで私?」


先輩「気に入られてるんじゃないの?」


友「出た、ネガティブ思考。自分の嫌な方向に話を持っていかないの」


友「単純に、泳ぎ教えてもらうなら、経験者の方が良いってだけでしょ」
83 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 21:55:13.11 ID:TyAL/Glr0
先輩「で、でも。友のこととかデート中に聞かれたわ」


友「なんて?」


先輩「仲良いの? とか」


友「そりゃ普通に話をする上で出る質問でしょ! 気にしないのっ!」


先輩「そ、そうなのかしら……」


友「気にしない。大丈夫。で、いつを指定されたの?」
84 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 21:58:24.51 ID:TyAL/Glr0
先輩「この日なのだけど……」


友「……あらま、ちょうど休みの日だわ」


先輩「えっ」


友「良かったわね〜私含めて3人デートよ」


先輩「……」うるうる


友「涙目にならないの。むしろ手助けする人が来てくれるんだから有り難く思いなさいよ」


先輩「う、うん……」


友「はぁ……」


友(先が思いやられるわ)
85 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:01:39.40 ID:TyAL/Glr0
後輩『もしもし?』


先輩「も、もしもし」


後輩『先輩!』


先輩「あの、この前のプールの話なのだけれど」


後輩「はい」


先輩「友、その日ちょうどお休みで、プール来れるみたい」
86 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/24(土) 22:02:14.90 ID:TyAL/Glr0
後輩「えっ、もう話してくれたんですか?」


先輩「え、ええ。電話でつかまらなかったからわざわざ学校まで行ってね」


後輩「が、学校まで!?」


先輩「? ええ」


後輩「……お手を煩わせてしまってごめんなさい! ありがとうございますっ」


先輩(あなたのためだったらなんでもするもの……)
87 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:04:11.78 ID:TyAL/Glr0
先輩「構わないわ。私も、友に教えてもらった方が後輩ちゃんもわかりやすいと思うし」


後輩『……』


先輩「?」


後輩『……そうですね! 水泳部の方が来てくれたら、百人力ですねっ』


先輩(……今、ちょっとだけ間があったような?)


後輩『えへへ……』


先輩(声だけでも可愛い……好き……)
88 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/24(土) 22:04:56.77 ID:TyAL/Glr0
先輩「うん、それじゃあね」


プツッ


先輩「……次はプールかぁ」


先輩(この前一緒に見た水着なのかしら……)


先輩(私、あんな可愛い水着姿の彼女を直視できるかしら……心臓が痛い)


先輩(キュン死にさせられてしまうかもしれないっ!)
89 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:13:57.74 ID:TyAL/Glr0
プールの日前日


友『……なによぉ』


先輩「緊張して眠れないの」


友『私はずーっと部活でとっても眠いのよ……むにゃ』


先輩「わかってるけど……私もこの数日間緊張してたのよ……」


友『それにあんたねぇ』


先輩「な、何?」


友『部活休みの日まで泳がされる私の身にもなりなさい』
90 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:29:14.74 ID:TyAL/Glr0
先輩「……た、たしかに」


友『何はともあれ、まずは後輩ちゃんを泳げるようにすることが先決ね』


先輩「その点に関しては問題ないと思ってるんだけど」


友『あら、そうなの』


先輩「友、教え方上手だし。優しいし」


友『褒めても何も出ないわよ〜嬉しいけどさ』


先輩「友のおかげで私も泳げるようになって、更に泳ぐの好きになったし」


友『あ〜、そうだったそうだった』
91 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:32:23.71 ID:TyAL/Glr0
先輩「そうよ。半ば強制的に泳がされまくったけれど」


友『あはは、ずっと泳いでるから忘れたわそんなこと』


先輩「だから、後輩ちゃんも泳ぐの好きになって欲しいなって、思うの」


友『そうね〜。そしたら次は海も行けるわね』


先輩「う、海……」


後輩《先輩……オイル、塗ってもらっていいですか?》


先輩「……ふふ」
92 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/24(土) 22:33:01.03 ID:TyAL/Glr0
友『危険なレーダーを察知したんだけど、そろそろ切っていい?』


先輩「あ、う、うん……」


友『まあ、明日は私なりにサポートするからさ、心配しなさんな』


先輩「うん! 友、ありがとう。おやすみなさい」


友『はいはい、おやすみ。ふわぁぁ……』


プツッ


先輩「……頑張ろっ」
93 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/24(土) 22:33:44.61 ID:TyAL/Glr0
次回プールに行きます。今回からトリップつけました。


それでは〜
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/24(土) 23:34:05.24 ID:7Iinp8rfo
次回と言わず今からでもいいんだが
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/25(日) 00:04:39.61 ID:3arUUfbdO
これNTRフラグと見せかけて…だろうかそれとも…?
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/27(火) 01:13:22.89 ID:em8VuWRLO
つづきはよ
97 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/27(火) 22:08:12.33 ID:B88WnJMb0
プール


友「プールだ〜」


先輩「後輩ちゃん、まだかしら」


友「もうすぐ来るって。あ、噂をすれば」


後輩「先輩、友先輩〜」


先輩「!??!??!?」


友(リアクションがあからさまねぇ)


後輩「はぁはぁ……ごめんなさい、手間取っちゃって」


先輩「うふふ、平気よ」


友(冷静な顔だけはいっちょ前ねえ)


先輩(水着、最高……!)
98 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:10:38.68 ID:B88WnJMb0
後輩「友先輩、今日は来てくださってありがとうございます!」


友「いいのよ」


先輩(むむむ……)


後輩「先輩も、私のワガママに付き合ってくださってありがとうございますっ」


先輩「え、ええ。気にしなくてもいいのよ」


先輩(こちらこそ、ありがとう……!)


友(いつも以上に笑顔ね)
99 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:17:53.73 ID:B88WnJMb0
後輩「あ、あの、私……」


友「ああ、話は大体コイツから聞いてるから」


先輩「こ、コイツって言わないでよ」


友「そんなこと気にするタチなの?」


先輩「そうじゃないけれど……」


友「後輩ちゃん、今日で泳ぐの楽しくなってくれたら嬉しいかな、私は」


後輩「は、はい! がんばります!」


先輩(頑張って……!)
100 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/27(火) 22:18:46.64 ID:B88WnJMb0
友「まずは水に慣れるところから頑張ろっか。水中で息は止められる?」


後輩「む、難しいです……」


友「なるほどね、それじゃあ……大きく息吸って〜」


先輩(……!? ちょっと、友、手つないで……)


先輩(……ズルい)


後輩「あ、あれ? 私、泳げましたか今?」


友「そうそう。その感覚でもっかい言ってみよ〜」


先輩(……ま、まあ、これは教えてるから仕方ないわよね、うん……)
101 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:27:05.49 ID:B88WnJMb0
数十分後


後輩「う、嘘! もう泳げるようになりました!」


友「でしょ!! こんなの教え方次第だもん」


後輩「すごいです! 友先輩!」


先輩(むむむむ……)


友「……っと、そろそろ三人で遊ぶ?」


後輩「あっ! 先輩ごめんなさい!」


先輩「全然良いのよ……」
102 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:33:38.76 ID:B88WnJMb0
友「もう後輩ちゃんもプールで遊ぶの怖くないでしょ?」


後輩「はい! 楽しいです!」


先輩「友、やっぱり凄いわね」


友「そりゃね。暇があったら子どもにも教えてるんだから」


先輩「あら、初耳」


友「この話するの何度目かだと思うけど?」


先輩「あら、そうだったかしら?」


友「あんたね〜、ま、いいわ」
103 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:40:26.34 ID:B88WnJMb0
友「あんたも私に教えてもらって、泳げるようになってこと、誰にも言わないようにしとくわ」


後輩「そ、そうなんですか?」


先輩「ちょっと! 言ってるじゃない!」


友「あら〜? 言わないつもりだったんだけどな〜?」


先輩「意地悪!」


友「はいはい、意地が悪い友達持って可哀想ね〜!」


先輩「反省して!」


友「いいじゃない別に隠してるわけじゃないでしょ!」


先輩「そ、そうだけど……」


友「ならいいじゃない! 変にカッコつけようとしないの」


先輩「……うう」
104 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/08/27(火) 22:41:16.25 ID:B88WnJMb0
後輩「……」


先輩・友(あ)


後輩「……な、仲が良いんですねっ」


友「あ、あはは! 幼馴染だからね〜」


後輩「あはは……」


先輩(つ、ついいつもの感じで話しちゃったわ……)
105 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/08/27(火) 22:47:08.61 ID:B88WnJMb0
ここまで〜。次回プール後半ですよ。


またね。


>>96
 来たよ。
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/09/02(月) 17:41:38.54 ID:SJfji6brO
エタった?
107 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/02(月) 20:58:12.80 ID:3su4nor90
友「……ごめん」


先輩「だ、大丈夫よ、大丈夫……」


先輩(……な、はず)


後輩「え、えっと……気を取り直して遊びましょう!」


先輩「ええ! そうねっ」


友「よ、よーし! 思いっきり満喫しよー!」


後輩「ふふっ」


先輩(良かった、特に変わりなさそう……?)


先輩(私と友が仲良くしてたら、会話に入りづらいわよね……)


先輩(というか、やっぱり水着が最高ね……)
108 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:02:14.60 ID:3su4nor90
友「ウォータースライダー! 大好き!」


先輩「うう……」


後輩「先輩?」


先輩「わ、私、高所恐怖症……」


友「なになに、ビビってんの?」


先輩「あなたは知ってるでしょっ!」


友「だけどさ、いい加減大人になりなよ〜」


先輩「大人の基準じゃないでしょ、これは……」
109 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:02:51.56 ID:3su4nor90
後輩「私、初めてです!」


友「あ、そっか。そもそもプールとかもほとんど来たことないわよね」


後輩「そうです! だから初体験ですっ!」


先輩(初体験……?!)


友(なーに考えてんだか)


後輩「だから、ワクワクドキドキです!」


友「いいわね〜初々しくて」


先輩(なんて好奇心に溢れてるのかしら……素敵)
110 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/02(月) 21:05:09.87 ID:3su4nor90
後輩「た、高い……!」


先輩「……」


友「えーっと、しがみつくのやめてくれない?」


先輩「だ、だって……!」


後輩「せ、先輩大丈夫ですか?」


先輩(な、情けない……)


友「どうする? やめとく?」


先輩「!」ぶるぶるっ


友(めちゃくちゃ首を横に振ってるけど、ほんとうに行けるのかしら……)
111 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:06:31.42 ID:3su4nor90
先輩「……」ごくり


先輩(死なない? これ……)


後輩「せ、先輩……」


友(いいとこ、見せるしかないわよ……!)


後輩「……」


先輩「……い、行くわ!」


友「よし! よく言った! 行くわよ」


友「後輩ちゃんは大丈夫?」


後輩「は、はい!」


友「……じゃあ、行くわよ!」
112 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/02(月) 21:10:32.75 ID:3su4nor90
ゴーーー!


友(ヒャッホー!)


後輩(すごっ……でも、楽しい!)


先輩(……)


ゴゴゴゴゴドッパーン!


友「ぷはっ! 最高!」


ゴゴゴゴゴトパーン!


後輩「ぷはっ……気持ちいいです!」


友「でっしょ〜! あ、次つっかえちゃうからさっさと離れるわよ〜」


後輩「はい!」
113 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:14:00.25 ID:3su4nor90
ドパーン


友「お、来たわね」


後輩「先輩っ」


先輩「……」



しーん



友「……ん?」


後輩「浮き上がって……来ない!?」


友「あのバカ! 後輩ちゃん、係の人呼んできて! 助けてくる!」


後輩「は、はい!」
114 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:15:15.10 ID:3su4nor90
先輩「……」


友「もー無理して!」


友(……息してない! 水飲んじゃってるかも!)


友「おらっ!」ぐりっ


先輩「んっ……! こほっ!」


友(口から水が出てきた! 何やってんのよもぉ〜!)
115 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/02(月) 21:17:19.09 ID:3su4nor90
先輩「……」しーん


友「息はまだ戻ってこないか……!」


後輩「友先輩! 係の人呼んでき……」


友「すぅぅ……はむっ」


後輩「……!!」


友「……」


先輩「ん……」


友「あっ! 意識戻った……?」
116 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/02(月) 21:17:59.01 ID:3su4nor90
先輩「友……? ど、どうして私」


友「バカね、無理するからよ」


先輩「……?」


後輩「せ、先輩……!」


先輩「え!? 私、ウォータースライダー……」


友「したわよ。それで現在に至るわけ」


先輩(ど、どういうこと……?)
117 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/02(月) 21:19:09.89 ID:3su4nor90
ここまで!

9月入ってしまった……ごめんなさぁい


今月中に終わらせたい!と思ってます!
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/07(土) 15:22:38.45 ID:kXJkyUrgO
がんばれ
119 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/08(日) 21:17:24.38 ID:EExeq3db0
友「ほんと、あんたと一緒にいると飽きないわね〜」


先輩「状況がサッパリ……」


後輩「あ、来てくださってありがとうございました! 大丈夫だったみたいです!」


先輩「?」


友「あんた、溺れたのよ」


先輩「ええっ!?」
120 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:20:32.74 ID:EExeq3db0
後輩「一時はどうなるかと……」


友「ね〜」


先輩「え、えっと……心配かけてごめんなさい……」


友「良いわよ、無事だったんだし」


後輩「そうですっ、本当に無事で良かった……」


先輩(うう。だいぶ心配させちゃったみたいね……)
121 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:24:07.00 ID:EExeq3db0
友「まあまあ! 体調戻ったなら泳ぐわよ〜! まだまだプールはこれから!」


後輩「はいっ!」


先輩「え、ええ」


友「流れるプールでゆらゆら気持ちよく泳ぎましょ〜」


後輩「はいっ」


先輩「……」


後輩「せ、先輩っ、冷たくて気持ちいいですよ〜」


先輩「えっ。あ、そうね」
122 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:26:23.69 ID:EExeq3db0
先輩「……」


先輩(沈んでる私に気を遣ってくれてる……なんて優しいのかしら)


先輩「後輩ちゃん」


後輩「は、はい?」


先輩「ありがとう」


後輩「えっ?」


先輩「ううん、気にしないで」


後輩「? ……わかりましたっ」
123 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:29:56.32 ID:EExeq3db0
友「あ〜動かなくてもスイスイ行くわね〜」


先輩「ほんと、友は気持ちよく泳ぐわね……」


友「ふふん、褒め言葉ありがと」


後輩「せ、先輩たちっ! はやいです〜」


先輩「あら! ごめんなさい、先に行っちゃって……」


ぎゅっ


先輩「!?」


後輩「ぷはっ…… ハッ! ごめんなさい」


先輩「……」


友(うわ、嬉しさの余り固まってる)
124 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:33:12.96 ID:EExeq3db0
後輩「せ、先輩……?」


先輩「!」(近っ! 上目遣いっ! 水着!)


後輩「……」


友(見てられないわ、まったく……)


先輩(生きてて良かった……)ぷか〜


友「ちょ、ちょっと!? また溺れる気!?」
125 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:34:35.10 ID:EExeq3db0
その後


友「日が沈んできたわね」


先輩「そうね、そろそろ時間かしら」


後輩「ええっ、残念です……」


先輩「ま、また行きましょう?」


後輩「本当ですか!? やったっ♪」


先輩(あなたとなら何度だって行くわ……)
126 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:37:02.05 ID:EExeq3db0
友「おいっ」


先輩「な、なによ?」


友「誘わなくていいの? アレ」


先輩「えっ……あっ!!


先輩(よ、よし……!)


先輩「あ、あの、後輩ちゃん」


後輩「はい?」
127 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:41:36.63 ID:EExeq3db0
先輩「近所の夏祭り、知ってる?」


後輩「夏祭り? あの花火とか打ち上がったりする、大きなお祭りのことですか?」


先輩「そ、そう! あ、あのね良かったら一緒に……えっと、予定が空いてたらでいいんだけれど」


後輩「え……」


先輩「だ、ダメかしら……?」


後輩「……」


先輩「も、もちろん! 友もいるわ! 三人で……どうかしら?」


後輩「……」
128 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:45:42.41 ID:EExeq3db0
後輩「……あはは、嬉しいですけど」


後輩「違う人と行く予定があるので、遠慮しておきます」


先輩「!!!」


後輩「ぜ、是非お二人で、行ってください」


後輩「誘ってくださったのに、ごめんなさい」


先輩「……」


友(あちゃ〜……)
129 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 21:50:52.38 ID:EExeq3db0
先輩「そ、そう……」


友(こりゃちょっと立ち直れなさそうね)


後輩「あの、今日は本当にありがとうございました!」


後輩「泳げるようになれましたし、これで夏の楽しみが一つ増えました!」


後輩「先輩達のおかげですっ」


友「あはは〜そりゃどうも〜」


先輩「……」


友(……困ったわねぇ)
130 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 22:11:36.64 ID:EExeq3db0
帰路


先輩「……」


友「……」


先輩「誰と行くんだと思う?」


友「知らないわよ、聞けば良かったじゃない」


先輩「……そうよね、あんなに予定が入ってたら夏祭りなんて絶対行くわよね」


友「そうね〜」


先輩「……男子だったらどうしよう」


友「そうねぇ……」
131 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/08(日) 22:17:45.89 ID:EExeq3db0
先輩「……」うるっ


友「ちょっと、泣かれても困るわよ」


先輩「でも……うう」


友「気持ちはわかるわよ? でももうこれは仕方ないじゃない」


先輩「うん……」


友「とりあえず、夏祭りは楽しみましょ? 花火観たら気分も晴れるといいわね」


先輩「……友」


友「ん?」


先輩「優しい〜ううっ……」


友「はいはい……」
132 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/08(日) 22:18:41.09 ID:EExeq3db0
次回、夏祭り。


じつはもう終盤!よろしく!

133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/08(日) 22:27:18.18 ID:EeOJXOqcO
息を吹き返した場合でも溺れて呼吸停止した方はできるだけ早くお医者さんに連れて行ってください…
一見体調が戻ったように見えても二次溺死の可能性もありますから絶対に受診が必要です…
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 00:16:18.38 ID:FOO/MJa20
>>133
そこは友がなんとかしたんだろ水泳部だし
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 00:58:22.52 ID:TeknvidPO
いやそれはお前柔道部だろ、骨折直してよってぐらいの無茶振りすぎる
よくそういうタイプの「息を吹き返したからワシはもう大丈夫じゃ」みたいなおじいちゃんいるけど皆はちゃんと医療機関行こうね…
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/09/09(月) 01:25:47.94 ID:qEdQyqZio
SSやぞ
137 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/09(月) 20:34:29.86 ID:FOO/MJa20
夏祭り当日


友「やっほ」


先輩「……」


友「なーによその顔は。もっと楽しそうな顔しなさいよ」


先輩「これが精一杯……」


友「あらそう。……部活以外の休み、ほとんどあんたと会ってる私はどんな気持ちで夏祭りを楽しめば良いのかしら?」


先輩「うっ……」


友「まあ、自然と元気になるわよ。ほら、行くわよ」


先輩「ええ……」
138 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/09(月) 20:36:03.59 ID:FOO/MJa20
ガヤガヤ


友「ひゃー! 今年も大盛況ね」


先輩「そうね」


友「はぐれないでよ?」


先輩「だ、大丈夫よ」


友「毎年、絶対はぐれてるのに?」


先輩「……頑張るわ」
139 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/09(月) 20:37:07.35 ID:FOO/MJa20
友「はぐれない年があってもいいと思うんだけどね〜」


先輩「あなたが人混みをスイスイいっちゃうからじゃない」


友「あんたがノロいのよ〜」


先輩「私が浴衣だからってのもあるでしょ」


友「そうね。私は浴衣着ないしね」


先輩「少しは気を遣ってほしい」


友「うん、考えとく!」


先輩(絶対ウソ……)
140 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/09(月) 20:37:44.06 ID:FOO/MJa20
友「さ〜て、一番の混みポイントの大通り」


先輩「うう……」


友「準備はいい? 行くわよ〜」


先輩「頑張る」


友「……よっと、いないと思ったら背の低い子どもとかがいて危なっかしいわね」


先輩「……」


友(無心で避けてるわね)
141 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/09(月) 20:38:37.74 ID:FOO/MJa20
友「お、今回はまだはぐれてない」


先輩「私をなんだと思ってるのよ……」


友「アハハ」


先輩「………?」


先輩(あれは、後輩ちゃん……!?)


先輩「後輩ちゃん!」


後輩「……」


先輩(聞こえてない……!)


先輩「はぁ……あ、アレ?」



友「よっし、通れた〜! ……ってあら?」


友「……」



先輩「またはぐれた……」
友「……またはぐれたか」
142 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/09(月) 20:39:33.95 ID:FOO/MJa20
つづく!


この作品はもちのろんでフィクションです。よろしゅう!
143 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 22:58:12.44 ID:C3A9H+Yv0
先輩「ど、どうしよ……」


ピロリン♪


先輩「ん……友からだわ」


友『いつものとこ集合』


先輩「な、なるほど……それならわかるわね」


先輩「とりあえず向かいましょう」


先輩(それにしても、後輩ちゃん……)


先輩(誰と一緒にいたのかしら……)
144 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:02:07.43 ID:C3A9H+Yv0
先輩(男だったらどうしよう)


先輩「……ふふ」


先輩(当たり前よね、彼女は大人気)


先輩(とっても愛され体質の、女の子なんだから……)


先輩「はぁ……」


先輩(花火を見て、スッキリするといいんだけれど)


先輩(……できるかしら)
145 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:05:20.24 ID:C3A9H+Yv0
先輩「はぁはぁはぁ……」


先輩(やっぱり、浴衣でここまで来るのはキツイわね)


先輩「友はとっくに着いてるだろうけど……ん?」


先輩(あれって……)


先輩「……」


先輩(後輩ちゃん!?)
146 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:10:28.26 ID:C3A9H+Yv0
後輩「……」


友「……」


先輩「えっと……あ、あれ?」


友「あー……グッドタイミングで来たわね」


先輩「え、ど、どういうこと?」


先輩(……というか)


先輩(どういう状況?)
147 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/30(月) 23:14:13.50 ID:C3A9H+Yv0
友「とりあえず、私は席外すわ……」


先輩「えっ!?」


友「……まあ、わかるから。またね」


先輩「ど、どういうこと……? ちょ、ちょっと!」


先輩(……行っちゃった……)


後輩「……」


先輩「え、えっと。久しぶり、後輩ちゃん」
148 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:17:16.68 ID:C3A9H+Yv0
後輩「……」


先輩「……」


後輩「……」


先輩「……」


後輩「……」


先輩(……何故か気まずい)
149 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:24:49.85 ID:C3A9H+Yv0
後輩「……先輩」


先輩「ん?! は、はい??」


後輩「……先輩は、友先輩と、付き合ってるんですか?」


先輩「へっ!? つ、付き合ってる?!」


後輩「……」


先輩「そ、そんなことあるわけないじゃない。友達よ、友達」


後輩「……でも、先輩と友先輩は、とっても仲良しで、たくさんお話して……」


先輩「……」


後輩「こんなところに、二人で一緒にいるなんて……」ポロポロッ


先輩「こ、後輩ちゃん!?」(泣いてる!?)
150 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:26:33.97 ID:C3A9H+Yv0
後輩「恋人じゃないですかっ!」


先輩「こ、恋人じゃない!」


後輩「じゃあ、なんですか!?」


先輩「し、親友よ! 友とは!」


後輩「じゃあ、先輩には恋人はいないんですか!?」


先輩「い、いないわ! 生まれてこの方一度も!」


後輩「……じゃあ、私と付き合ってください!」


先輩「………………」


先輩「………………へ!?」
151 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:30:24.79 ID:C3A9H+Yv0
後輩「私、ずっと先輩のことが好きでした」


後輩「初めてハンカチを拾ってくれたあの日からずっと」


後輩「先輩のことがずっと頭から離れなくって」


後輩「でも、こんなこと言われたら嫌われちゃうかもしれないと思って……」


後輩「そんな私にずっと優しくしてくれて」


後輩「勘違いするくらい、私舞い上がって……」


後輩「……ううぅ」ポロポロポロポロ
152 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/30(月) 23:33:25.96 ID:C3A9H+Yv0
先輩「こ、後輩ちゃん……」


後輩「ごめんなさい、気持ち悪いですよね……こんなこと、急に言われたら」


後輩「先輩の前では、良い子にしてようと思ってたのに……できなかった……な……」


後輩「ごめんなさい、私は、これで……」


先輩「ま、待って後輩ちゃん!」


後輩「……!」



ヒュ〜〜〜〜〜〜
先輩「わ、私もあなたのこと……!」


先輩「好きよ!」
ドーーーーーーーーン
153 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/09/30(月) 23:35:46.75 ID:C3A9H+Yv0
後輩「あ……」


先輩「あ……」


後輩「……」


先輩「は、花火、始まっちゃったみたいね……あはは」


後輩「……先輩……」


先輩「……?」


後輩「先輩ぃ〜〜〜〜!!!」ぎゅうぅ


先輩「わっ、えっ、ちょっと!?///」


後輩「私も、好きです、好きですっ大好きです〜〜〜〜!!」


先輩(ギュってされてるのと気温のせいですっごくクラクラする〜〜〜!)
154 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/09/30(月) 23:37:37.64 ID:C3A9H+Yv0
続く!

【謝罪】

9月に終わらせるつもりでしたがもうちょっとだけかかりそうです。
上旬には終わる……というか終わらせるのでよろしゅう。


それでは!
155 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/12(土) 21:23:37.34 ID:z4vAXsnO0
後輩「……」


先輩「……落ち着いた?」


後輩「はい……」


先輩「良かった」


後輩「……はっ! 先輩!」


先輩「な、なに?!」


後輩「花火! 観ないと!」


先輩「えっ!? ああ、そうね!」
156 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 21:52:55.46 ID:z4vAXsnO0
ドンドンッ


後輩「綺麗……」


先輩「ええ、とっても」


後輩「それにしても、こことっても良く観えますね」


先輩「ええ。穴場なのよ」


後輩「……むむ」


先輩「?」


後輩「友先輩と二人で観ようとしてたんですか?」


先輩「後輩ちゃんと三人で観ようと思ってたのよ? 断られたけど……」


先輩「そういえば、一緒に来た子のこと、いいの?」
157 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 21:55:55.15 ID:z4vAXsnO0
後輩「それは……」


先輩「うん」


後輩「嘘、だったんです」


先輩「えっ」


後輩「先輩と友先輩が仲良くって、私はお邪魔かなと思って」


後輩「それで、断るために嘘ついちゃいました」


先輩「そ、そうだったの……」


後輩「ごめんなさい……」


先輩「ううん、いいわ」


先輩「今こうして、二人で観れてるんですもの」
158 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 22:02:38.58 ID:z4vAXsnO0
先輩(友には謝っとかないとね……)


後輩「えへへ」


先輩「それにしても、両想いだったなんて信じられないわ」


後輩「私もですっ」


先輩「ふふっ」


後輩「先輩、もっと、近くにいってもいいですか?」


先輩「ええ、もちろん」


後輩「やったっ。……」


先輩(幸せね……)
159 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 22:10:56.33 ID:z4vAXsnO0
先輩「……」なでなで


後輩「はひっ!?///」


先輩「あ、ごめんなさい。可愛くってつい」


後輩「はわわ……すっごくドキドキしました」


後輩「好きな人に頭撫でられるのって、凄く落ち着きますね」


先輩「は、恥ずかしいこと言わないで……」


後輩「えへへ、ごめんなさいっ」
160 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 22:38:27.13 ID:z4vAXsnO0
先輩(この娘は本当に可愛い……)


先輩(ぎゅううってしたい)


後輩「……そういえば、浴衣、似合ってますか?」


先輩「ああ、暗くてよく見えてなかったわ……ちょっと明かりのあるところに行きましょう」


後輩「はいっ」


先輩「……」


後輩「……」


先輩(どうしよう、可愛すぎて言葉が出ない)


後輩「ど、どうですか?」
161 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/12(土) 22:42:00.18 ID:z4vAXsnO0
先輩「す……」


後輩「?」


先輩「……す、すき……」


後輩「……すき?」


先輩 コクコク


後輩「えへへぇ……」


先輩(その照れた顔も、本当に、大好き……)
162 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 22:45:55.49 ID:z4vAXsnO0
先輩「後輩ちゃん」


後輩「はい?」


先輩「私達、付き合うってことでいいのかしら?」


後輩「えっ! ……付き合ってくれるんですか?」


先輩「こ、後輩ちゃんが良ければ……」


後輩「もちろんです! ずっと、一緒にいたいです」


先輩「そう。……じゃあ、これから、よろしくね?」


後輩「はいっ! 先輩っ」
163 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/12(土) 22:51:22.12 ID:z4vAXsnO0
後輩「先輩の浴衣、私すっごく好きです」


先輩「あ、ありがとう」


後輩「好きです、先輩」


先輩「うん、私も……」


後輩「ささ、花火観ましょ!」


先輩「そうね。……って、静かね?」


後輩「あれれ……終わっちゃった?」


先輩「終わったみたいね」


後輩「……あはは、また来年一緒に観ましょっ」


先輩「ええ、もちろん」
164 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/12(土) 23:33:12.94 ID:z4vAXsnO0
先輩(来年一緒に……)


先輩(これから、一緒にたくさん経験できるのね)


後輩「先輩、帰りましょ?」


先輩「ええ」


後輩「その……」


先輩「?」


後輩「手、握ってもいいですか?」


先輩「! もちろん」


後輩「えへへ……ありがとうございますっ」


ぎゅっ


後輩「ふふっ……」


先輩「うふふ……」



おしまい。
165 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/12(土) 23:52:50.18 ID:z4vAXsnO0
おしまい!


スピンオフ2つ書いたら終わります!


それでは〜
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/13(日) 06:12:19.87 ID:dTlOQrh+o
改めて最初から読んだけど良さしかない…
先輩はこれから後輩のこと愛でまくって
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/13(日) 08:50:36.85 ID:yM19zPeWo
ナチュラルレズ物語
168 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/14(月) 18:46:29.63 ID:E/ogIcHV0
その後@


友「……」


先輩「……」


友「とりあえず、あんたのその満足げな顔で、夏休みが最高だったってことがわかったわ」


先輩「う、うん。後輩ちゃんとも、付き合うことにもなったわ」


友「良かったわね〜?」


先輩「そ、そうね……」
169 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/14(月) 18:50:45.79 ID:E/ogIcHV0
先輩「本当に、ごめんなさい!」


友「はいはい。あんまり気にしてないわよ」


友「それに、結果オーライだったわけだしさ」


先輩「う、うん……」


先輩「でも、一つ気になってることがあって」


友「ん、何よ」
170 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/14(月) 19:16:10.26 ID:E/ogIcHV0
先輩「私があの場所に着く前に、友と後輩ちゃんでなにか話してたでしょう?」


友「そうね」


先輩「『わかるから』とか言っていたけれど、なにか教えて欲しくって」


友「ああ、それのこと?」


先輩「うん」


友「いいわ、教えてあげる」
171 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga !桜_res]:2019/10/14(月) 19:21:36.95 ID:E/ogIcHV0
友「……遅いわね」


友「毎年毎年、なんでこんなにはぐれるのよ……」


友「花火始まっちゃうわよ、もう」


カラン カラン


友(ん、下駄の音……)


友「思ったより早かったわね……って、あら?」


後輩「……」


友「あれれ、後輩ちゃんじゃない」
172 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga !桜_res]:2019/10/14(月) 19:28:47.87 ID:E/ogIcHV0
後輩「こんばんは、友先輩」


友「うん。あれ、友達と一緒なんじゃないの?」


後輩「いえ、一人ですっ」


友「ああ、そうなの。浴衣、可愛いじゃない」


後輩「ありがとうございます!」


後輩「あの、そんなことよりっ」


友「ん?」


後輩「友先輩に、ちょっと聞きたいことがあるんです」
173 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga !桜_res]:2019/10/14(月) 19:42:47.39 ID:E/ogIcHV0
友「なになに?」


後輩「その……」


友「……」


後輩「先輩とは……ど、どんな関係なんですか?」


友「え? 普通に友達だけど」


後輩「……そ、そうじゃなくて」


後輩「好き、なんですか?」
174 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga !桜_res]:2019/10/14(月) 19:48:11.83 ID:E/ogIcHV0
友(……ん、この質問)


後輩「……」


友(あー、なるほどねぇ)


友「好きだったら、どうなの?」


後輩「!」がーん


友(わかりやすっ)


後輩「わ、私……」


友「……」


後輩「せ、先輩のこと……取られ、たく、ないです……」うるうる
175 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga !桜_res]:2019/10/14(月) 19:56:04.20 ID:E/ogIcHV0
後輩「先輩が、溺れて大変だった時、友先輩が人工呼吸して……」


後輩「先輩が助かってくれて良かったのに、なんだか複雑な気持ちになって」


後輩「ずっと、モヤッとしてて」


後輩「友先輩に、私は敵わないって、それで……」


友「だから夏祭り断ったの?」


後輩「えっ」


友「言わなくてもわかるわよ。そういうことでしょう?」
176 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga !桜_res]:2019/10/14(月) 20:14:11.48 ID:E/ogIcHV0
後輩「……」こくり


友「なるほどねぇ……」


後輩「……」


友「素直に自分の気持ちを伝えることが一番だと思うわよ?」


友「じゃなかったら、私に取られちゃうかも、ね?」


後輩「!」


友(これで一歩踏み出せるといいんだけど)


先輩「えっと……あ、あれ?」


友「あー……グッドタイミングで来たわね」
177 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/14(月) 20:30:16.37 ID:E/ogIcHV0
友「……って感じ」


先輩「な、なるほどね……」


友「まあこうなってくれてよかったわよ。おかげで花火ぜんっぜん観れなかったけどね」


先輩「ご、ごめんなさい……」


友「いいわよ。今度甘いもの奢ってくれればよし」


先輩「奢る奢る! いつでも奢るわ!」


友「じゃあ今日の放課後! 水泳部休みなんだよね」


先輩「あっ……」


友「なによ」


先輩「ご、ごめん、今日の放課後は、後輩ちゃんと……」


友「……はぁ」



その後@、おしまい。
178 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/14(月) 21:03:18.31 ID:E/ogIcHV0
夏ももう終わったのにまだ終わってないの……?


次回、デートに行こう。


お楽しみに。
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/14(月) 23:33:47.67 ID:GlLAPg/qO
前作とかないの?
180 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/15(火) 22:15:05.93 ID:eeL7U/UA0
女子「後輩ちゃーん!」


後輩「はーい!」


先輩「……」


男子「後輩、ちょっといいか?」


後輩「なぁにー?」


先輩「……」


先生「後輩ちゃん、ちょっとちょっと!」


後輩「はいはいなんでしょー!」


先輩(……すごいわね)
181 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:16:32.80 ID:eeL7U/UA0
後輩「ふぅ〜……おまたせしました、先輩っ♪」


先輩「う、うん。相変わらずの人気っぷりね」


後輩「そんなことないですよっ」


先輩「あの短時間でこんなに声かけられること、ないと思うけれど」


後輩「そうなんですか? いつもこんな感じなので」


先輩「そ、そうなのね……」
182 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/15(火) 22:17:20.15 ID:eeL7U/UA0
先輩「はぁ、なんだか自信無くしちゃうわ」


後輩「えっ、なんでですか?」


先輩「後輩ちゃん、男女問わず好かれてるから」


先輩「私よりも素敵な人が現れたらと思うと……」


後輩「先輩!」


先輩「え、なに?」


後輩「えいっ!」ぎゅっ
183 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:23:18.49 ID:eeL7U/UA0
先輩「な、なに急に!?///」


後輩「わ〜先輩の手、あったかい♪」


先輩(うう、可愛い……!)


後輩「先輩、手が暖かい人は心が冷たいらしいですよ!」


後輩「あ、じゃあ今先輩は心が冷たくなってるんじゃないですか!」


先輩「えっ!」


後輩「心臓の音、聴かせてください!」


先輩「ええっ!?/// は、恥ずかしいわっ!」


後輩「ふふふっ、あんまり心配しないでくださいっ」


後輩「先輩とこうして一緒に帰るために、色々頑張ってきたんですから」


先輩(……好き)
184 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:33:39.27 ID:eeL7U/UA0
後輩「今の私の生きる目標は、先輩と一緒にいるためなんですから♪」


先輩「うう……好き」


後輩「はいっ私も大好きです!」


先輩「はぁ……心配性でごめんね」


後輩「私だって、先輩を取られたらどうしようって思ってるんですよ」


後輩「やっぱり友先輩は……怪しいですっ……」


先輩「怪しくない怪しくない!」
185 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:37:37.38 ID:eeL7U/UA0
先輩「はぁ……まだ、友のこと信じられない?」


後輩「信じられないというか、その……」


後輩「友先輩には、私、敵わないから……」うるうる


先輩「うわわ、泣かないでっ、大好きなのはあなただけよ」


後輩「……えへへっ」ごしごし


後輩「友先輩に取られないように、がんばります!」えっへん


先輩(そもそも友取らないわよ……)
186 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:38:54.94 ID:eeL7U/UA0
後輩「そういえば、先輩」


先輩「なにかしら?」


後輩「あの、そろそろですね」


先輩「ええ」


後輩「私と先輩が付き合ってること、言いたいです」


先輩「ええっ!?///」
187 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/15(火) 22:53:01.77 ID:eeL7U/UA0
後輩「先輩とのノロケ話、したいです」


先輩(考えただけでドキドキする……!)


後輩「ダメ、ですか?」


先輩「い、一旦落ち着きましょう、後輩ちゃん」


後輩「で、でも」


後輩「まだ、私達キスもしてないじゃないですか」


先輩「……」


先輩「……」


先輩「……」


先輩「……き、キス?」
188 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/15(火) 22:53:48.48 ID:eeL7U/UA0
つづく!

>>179
前作とはどういう?
このSSの前の話?
189 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 21:58:26.74 ID:7qd2nJvj0
後輩「だって、先輩ともう付き合い始めてしたことと言えば」


後輩「手を握るくらいですよ?」


先輩「……そ、そうだけど……」


後輩「私、もっと先輩とイチャイチャしたいんです!」


先輩「ううぅ〜……///」


後輩「ダメですか?」


先輩「だ、ダメじゃないけど! ダメじゃないけど……」
190 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 22:00:48.57 ID:7qd2nJvj0
後輩「じゃあ、今ここでしてくれますか?」


先輩「え゛!?」


後輩「……」


先輩(ああ、唇尖らせてる……!)


先輩(可愛い……可愛い……!)


後輩「……」


先輩「……」


後輩「なーんて!」ニコッ
191 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 22:02:59.98 ID:7qd2nJvj0
先輩「へっ!?」


後輩「キスしたいですけど、私は、先輩にキスされたいんです」


後輩「だから、先輩がその気になるまで、待ちますね?」


先輩(こ、この娘は……)


先輩(私の心を掴んで離してくれない……!!)
192 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 22:05:46.00 ID:7qd2nJvj0
後輩「先輩、帰りましょ〜」


先輩「え、ええ」


後輩「……えへへ」


先輩「……うふふ」


後輩「あ、そうだ先輩!」


先輩「ん、なにかしら?」


後輩「デート、したいです!」
193 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/16(水) 22:17:12.42 ID:7qd2nJvj0
先輩「でっ……デート!」


後輩「はい! 遊園地とか、行きませんか?」


先輩「い、行きたいわね……」


後輩「ね! おそろいの耳つけて、アトラクション乗って、パレード観て……」


後輩「えへへっ……」


先輩(考えただけで最高じゃない……!)


先輩「い、行きましょう! 私、とっても行きたくなった!」


後輩「やたっ♪ 決まりですねっ」
194 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 22:27:58.84 ID:7qd2nJvj0
後輩「いつ行きますか?」


先輩「そうね、私はいつでもいいけれど」


後輩「じゃあ、今週のおやすみ!」


先輩「す、凄く急!」


後輩「思い立ったらすぐ行動ですっ!」


先輩「……そうね、すぐに行きましょう!」


後輩「この時期なら、ハロウィンシーズンですね♪」


後輩「あ、仮装とかしていきますか?」


先輩「そ、それもまた急!」
195 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/16(水) 22:29:45.54 ID:7qd2nJvj0
というわけで、季節をハロウィンにすることでタイムリーにしました。


つづく!
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/16(水) 22:32:15.56 ID:vuClbzrsO
>>188
過去作。作者さんが前にここで書いてたものとか
197 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/17(木) 22:10:03.99 ID:s3nEuvR10
今日ちょっと書けそうにないので報告のみ!

>>196
過去作がもう数年以上前でちょっと感覚的に空きすぎてるのがですね……。

一応昔からボクっ娘のSSを書いてたので、今載せてるのを貼っときます↓
https://note.mu/shiranuifuchika

お暇だったら目を通してくだされば
198 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/18(金) 23:31:44.87 ID:4gJ5T3No0
デート当日


先輩「はぁ」


先輩(やっぱり、二人で出かけるのはまだまだ慣れないわね)


後輩「先輩〜〜!」


先輩「あ、きたきた」


後輩「はぁはぁ……おはよーございます!」


先輩「おはよう」
199 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/18(金) 23:34:20.95 ID:4gJ5T3No0
後輩「えへへ、今日はちょっと冷えますね」


先輩「そうね、すっかり秋」


後輩「先輩の秋服……」じー


先輩「へ、変かしら?」


後輩「いえ! でも独り占めしたいくらい素敵ですっ」


先輩「……/// 後輩ちゃんも、可愛いわ」


後輩「わーい♪ やっぱり好きな人に褒められると、嬉しいですねっ」


先輩「そ、そう……///」


先輩(好き〜……)
200 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/18(金) 23:37:29.51 ID:4gJ5T3No0
後輩「ハロウィンですけど、中で耳とか買いましょっ」


先輩「そうね」


後輩「楽しみだな〜♪ あ、写真もいっぱい撮りましょうね?」


先輩「ええ」


後輩「先輩の可愛い表情、いっぱい撮っちゃいますっ」


先輩「そ、そんなこと頑張らなくていいのよ……?」
201 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/18(金) 23:42:38.86 ID:4gJ5T3No0
後輩「うわー! 人がたっくさん!」


先輩「大人気ね」


後輩「先輩、早く行きましょ〜!」ぎゅっ


先輩「うわわ!」


後輩「えへへ、急いで急いでっ」


先輩「う、うんっ……!」


先輩(強引に手を引っ張られるのも、悪くないかも……)
202 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/18(金) 23:45:30.23 ID:4gJ5T3No0
後輩「まずはお耳ですねっ」


先輩「そうね。あら、いっぱいあるのね」


後輩「先輩は、ここ来たことあります?」


先輩「うーん、たまに」


後輩「もしかして、友先輩と……?」


先輩「う……ご、ごめんね、友以外、友達がいなくて……」


後輩「先輩には恋人がいるのにな〜?」


先輩「そ、そうね」


後輩「えへへ」


先輩「うふふ……」
203 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/18(金) 23:48:40.68 ID:4gJ5T3No0
後輩「どれにしようかな〜……これとかどうですか?」


先輩「うさ耳?」


後輩「はいっ」ぴょこ


先輩「―――」


先輩(ハッ、危ない、可愛くて危うく死ぬところだった)


後輩「うーん、ちょっと違うかなぁ」


先輩「そ、そうかもね」


先輩(命がいくらあっても足りないわ……)
204 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/19(土) 00:12:14.51 ID:/U+oibq/0
後輩「じゃあ、これ!」


先輩「それは?」


後輩「黒猫です!」


先輩「か、可愛い……」


後輩「にゃんっ♪」


先輩「!?!?!?!?」


後輩「えっ、先輩どうしました?」


先輩「好き……すっごく好き……」


後輩「え……あ……う……///」


後輩「あ、あはは……て、照れちゃいます……」
205 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/19(土) 00:37:45.51 ID:/U+oibq/0
ここまで!つづく!


あと、過去作的なのはここに乗ってます……途中で終わってるやつも多々あるので、見る時は注意が必要です

http://nanabatu.sakura.ne.jp/new_genre/bokukko.html
206 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 01:35:33.18 ID:ZorNkbuX0
後輩「私、これにします!」


先輩「い、命がいくつあっても足りないかもしれない……」


後輩「そ、そんなに気に入ってくれました?」


先輩 コクコク


後輩「……もー、先輩褒め上手なんだからっ」


先輩(いや、本当に可愛い……好き……)
207 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 01:44:11.61 ID:ZorNkbuX0
後輩「先輩はどれにしますか?」


先輩「わ、私も着けるの?」


後輩「はい、もちろん!」


先輩「ど、どうしようかしら……」


後輩「あっ、これとか!」


先輩「それは?」


後輩「犬耳ですね、着けてみてくださいっ♪」


先輩「うん」
208 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 01:51:23.92 ID:ZorNkbuX0
先輩「どうかしら?」


後輩「わぁぁぁ……!!」


先輩「!」


後輩「か、可愛い〜っ!」


先輩「そ、そう?」


後輩「お手っ」


先輩「えっ、はい」


後輩「よしよーし!」


先輩「……ちょ、ちょっと……///」
209 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 02:00:25.52 ID:ZorNkbuX0
後輩「はっ! 私は一体何を!」


先輩「……あ、頭を撫でてたわ」


後輩「ご、ごめんなさいっ! い、嫌でしたよね……?」


先輩「……」


後輩「……」


先輩「……わ、悪く、ないわね」


後輩「ほんとですか?」ニコッ


先輩(むしろ、ドキドキしたわ……)
210 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 02:06:09.47 ID:ZorNkbuX0
後輩「えへへ、両想いだな〜」


後輩「よーし、じゃあ買いに行きましょっ」


先輩「ええ」


先輩「あっ、私が出すわよお金」


後輩「だいじょーぶです!」


先輩「そ、そう?」


後輩「先輩に褒めてもらえたから、自分で買いたくて……」


先輩(どこまでも果てしなく可愛い娘……!)
211 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 02:09:42.69 ID:ZorNkbuX0
「ありがとうございました〜」


後輩「よーし、楽しむ気分、更に増し増し! いきますよー!」


先輩「うんっ」


後輩「さて、何から乗りますか?」


先輩「うーん、何かしら」


後輩「やっぱり、ジェットコースターですね!」


先輩「え゛」


後輩「?」
212 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 02:15:53.20 ID:ZorNkbuX0
先輩「わ、私、苦手なの……」


後輩「あっ、そうなんですね……」


先輩「う、うん……」


後輩 しゅん


先輩(ああ、あからさまに残念そう……)


後輩「じゃあ、何乗りますか?」


先輩「ま、待って後輩ちゃん」


後輩「えっ」


先輩「私……乗るわ」
213 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/21(月) 02:19:22.42 ID:ZorNkbuX0
話が膨らみ過ぎて多分10月中に終わるか怪しい。


もう少しだけお付き合いください……それではっ!
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/22(火) 03:08:49.09 ID:t39Vlc1CO
今年中でいいじゃん
215 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:15:40.71 ID:utgr9Pic0
後輩「ええっ! でも……」


先輩「後輩ちゃん、乗りたいんでしょう?」


後輩「……」こくり


先輩「それなら、私も乗りたい」


先輩「後輩ちゃんとなら、乗りたい」


後輩「先輩……!」
216 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:17:41.74 ID:utgr9Pic0
後輩 ワクワク


先輩「……」


先輩(とは言ったものの……)


先輩(怖い!!)


後輩「先輩、ジェットコースター苦手なんですか?」


先輩「そ、そうね……得意ではないわ」


後輩「……あっ、そういえばウォータースライダーも……」


先輩「ええ、その類が苦手みたい……」
217 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2019/10/27(日) 22:21:42.95 ID:utgr9Pic0
後輩「もしも危ないことになったら、私が人口呼吸しますっ!」


先輩「ジェットコースターは溺れないから大丈夫だとは思うけれど……」


先輩(人口呼吸……)


※妄想中


先輩「……///」


先輩(想像しただけでダメっ!! 恥ずかしい!)
218 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:25:55.75 ID:utgr9Pic0
後輩「もうすぐですね」


先輩「うう……」


後輩「大丈夫ですか?」


先輩「大丈夫……なはず」


後輩「や、やっぱりやめます?」


先輩「が、頑張る〜」


後輩「は、はい〜〜」
219 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:33:32.54 ID:utgr9Pic0
「シートベルトをしっかり締めてください」


先輩「……こ、これで平気かしら!?」


後輩「はいっ!」


先輩「外れたりしない!?」


後輩「大丈夫です! ほら!」グッ


後輩「力いっぱい引いても取れません!」


先輩「な、なら行ける! かも……」


「それでは、元気にいってらっしゃーい!」
220 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:36:33.02 ID:utgr9Pic0
ガタンッ


先輩「ひっ!!」


後輩「大丈夫です!」


先輩「ううっ、ううぅ!」


後輩「先輩っ!」ぎゅっ


先輩「!」


後輩「私がついてます!」


先輩「後輩ちゃん……」


ガタンガタンガタンッ……
221 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:43:49.96 ID:utgr9Pic0
後輩「頂上見えてきました!」


先輩「ううう……!」


後輩 わくわく


先輩(後輩ちゃんとっても楽しそう…)


後輩 ぎゅぅぅ


先輩「んっ……」


先輩(手、すっごく強く握られてる……)
222 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:49:01.80 ID:utgr9Pic0
ガタンガタン


先輩(く、来る……!)


ガタッ


先輩「へっ?!」(止まった……?)


後輩「先輩っ」


先輩「にゃ、にゃに!?」


後輩「行きますよ♪」


ガゴーーーーーーー!!!


後輩「キャーーーー!!」


先輩「」
223 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:50:49.04 ID:utgr9Pic0
後輩「さい……っこうでしたね!」


先輩「怖かった怖かった怖かった……」


後輩「だ、大丈夫ですか、先輩?」


先輩 うるうる


後輩「……か、可愛い……!」


先輩「怖かった……」


後輩「怖がってる先輩、とっても可愛いです……」


先輩(怖かった……)
224 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:55:56.49 ID:utgr9Pic0
先輩「ふぅ……」


後輩「落ち着きました?」


先輩「う、うん……」


後輩「えへへ、先輩……」


先輩「なに?」


後輩「怖いのに、私と一緒だから、乗ってくれたんですよね?」


先輩「う、うん……」


後輩「嬉しいです、そういうの」


先輩「……///」
225 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:58:54.30 ID:utgr9Pic0
後輩「さ、次はどれ乗りますか?」


先輩「う、うーんそうねぇ……」


後輩「私はなんでも!」


先輩「あら、そう。じゃあ……」


先輩「あ、ハロウィンだし、お化け屋敷とか行ってみる?」


後輩「……」


先輩「?」


後輩「お、おばけ……」うるうる


先輩「!?」
226 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/10/27(日) 22:59:39.04 ID:utgr9Pic0
次回お化け屋敷!


それでは!
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/30(水) 09:46:56.66 ID:biwmK5KGO
10月終わりそう
がんばれ
228 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:33:21.49 ID:XU+uXfL30
先輩「苦手、なの?」


後輩「……」コクコク


先輩(もう既に涙目じゃない……)



後輩「い、行きますか?」


先輩「ううん、苦手ならやめておきましょう。無理する必要はないわ」


後輩「で、でも……」


先輩「他にもたくさんあるんだし、ね?」


後輩「……先輩!」


先輩「?」


後輩「私、頑張ります! お化け屋敷……頑張ります!」


先輩(震え止まってないけれど……)
229 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:34:02.75 ID:XU+uXfL30
先輩「本当にいいの?」


後輩「はい! 先輩だって、私の為に無理してくれたんですから」


後輩「私も、先輩とならお化け屋敷、行ける、はず!」


先輩「後輩ちゃん!」


後輩「先輩となら、へっちゃらです!」


先輩(好き、好き過ぎる)
230 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:37:25.00 ID:XU+uXfL30
後輩「先輩はおばけ、怖くないんですか?」


先輩「そうね、あまり怖くないかも」


後輩「す、すごい!」


先輩「でもジェットコースターは怖いのよね……」


後輩「私と正反対ですね」


先輩「正反対ね……」
231 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:39:30.36 ID:XU+uXfL30
後輩「なんだか、嬉しいです」


先輩「え、正反対なのに?」


後輩「はい。……だって」


後輩「お互いに、補えるじゃないですかっ」


後輩「先輩の苦手なこと、私がやっちゃいます!」


先輩「……後輩ちゃん」


後輩「えへへ」


先輩「うふふ」


先輩(結婚しましょうね……)
232 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:41:29.28 ID:XU+uXfL30
先輩「あら、お化け屋敷もハロウィン仕様になってるみたいね」


後輩「へ、へえ……」


先輩「ハロウィン仕様って、怖いのかしら……?」


後輩「た、確かに! これなら行けるかも……?」


先輩「そうね、そう信じて入りましょう」


後輩「はいっ!」
233 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:56:59.87 ID:XU+uXfL30
「……ようこそ」


後輩「」


先輩「後輩ちゃん!? まだ中に入ってないわよ」


後輩「はっ……」


先輩(受付の時点で怖がってる……)


後輩 ぷるぷるぷる


先輩(どうしよう、怖がってる姿が愛らしい……愛でたい……)
234 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 22:59:58.23 ID:XU+uXfL30
「それでは、ごゆっくりと……サヨウナラ」


ギィィィィィ……


先輩「い、行くわよ後輩ちゃん」


後輩「は、はいぃぃ」


先輩(こ、ここは私がリードしないと!)


ぎゅっ


後輩「!」


先輩「手、離さないようにね?」


後輩「は、はいっ!」
235 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:10:06.44 ID:XU+uXfL30
後輩「く、暗い〜……ひんやりしてる……」


先輩「そうね……」


後輩「先輩の手……あったかいです」


先輩「そうかしら」


後輩「安心します……」


先輩「良かった。……さ、進みましょう」
236 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:10:34.79 ID:XU+uXfL30
先輩「……」


後輩「……」


先輩(特に仕掛け、ないわね)


バッ


先輩「!」


後輩「キャーーッ!!!」


ぎゅっ


先輩「!!?!?!?!?!」


後輩「て、手が! 手が出てきましたぁ!」


先輩「だだだだ、大丈夫よ! 大丈夫!」


先輩(そんなことより抱きつかれてて、どど、ドキドキするっ!)
237 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:15:08.99 ID:XU+uXfL30
先輩「こ、後輩ちゃん……?」


後輩「ううう……」


先輩「あ、あの、動けないんだけど……」


後輩「は、離れないでください……」


先輩「!!」


先輩(上目遣い……ズルいっ!)
238 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:15:43.29 ID:XU+uXfL30
先輩「と、とりあえずは進まないと……終わらないから……ね?」


後輩「……」


先輩「……後輩ちゃん?」


後輩「ずっとこのままがいいです……」


先輩「…………」


先輩(お、襲いたい……)
239 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:16:10.41 ID:XU+uXfL30
先輩(わ、私は何を考えているの……!)


後輩「……」


先輩「出てからもさせてあげるから、とりあえず出ましょうね?」


後輩「は、はいぃ……」


先輩「うん。ささ、行くわよ――」


ぎゅっ


先輩「ひゃい!?」


後輩「……これでも、いいですか?」


先輩(う、腕に、抱きつかれた……!)
240 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:16:47.13 ID:XU+uXfL30
後輩「……」


先輩「い、行きましょうか?」


後輩「はい……」


先輩(後輩ちゃんの、胸の感触が……こ、こんなんに感じるものなの……?)


先輩(好きな人だから、余計に、なのかしら……)


後輩「先輩?」


先輩「な、なに?!」


後輩「えっと、行かないんですか……?」
241 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:21:53.97 ID:XU+uXfL30
先輩「あっ、そ、そうね! ごめんなさい。行きましょう」

後輩「はいぃ」


先輩「……」


後輩「……」


先輩(後輩ちゃんの心臓の音が……ダイレクトに……)


ウワ〜〜〜!!


後輩「きゃーーー!!」


先輩「わわっ」


ぎゅぅ


先輩(はい、幸せっ……!!)
242 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/05(火) 23:28:17.11 ID:XU+uXfL30
あと数回で締め!10月に終わるなんてのは都市伝説!


それでは次回!
243 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:22:15.37 ID:0c31JrWb0
先輩「大丈夫?」


後輩「は、はいぃ……」びくびく


先輩(ここは、落ち着かせてあげなきゃ……)


先輩(ちょっと、大胆だけど……)


なでなで


後輩「! 先輩……?」


先輩「よしよし、怖いでしょうけど、もう少し頑張りましょうね?」


後輩「……」こくり


先輩(落ち着いた、かしら?)
244 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:22:53.09 ID:0c31JrWb0
先輩「ゴール!」


後輩「ふわぁぁぁぁ……」


先輩「頑張ったわね、後輩ちゃん」


後輩「は、はいぃ……腰抜けちゃいました」


先輩「うふふ」


後輩「あ、あの……先輩」


先輩「なにかしら?」


後輩「頑張ったから……その、」


後輩「なでなで、されたいです」
245 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:28:22.36 ID:0c31JrWb0
先輩「!」


先輩(な、なにこの可愛い存在は……)


先輩(思わず抱きしめたくなるような……)


後輩「……」


先輩(どうして目を閉じるの!?)


後輩「……」


先輩「……」


なでなで


後輩「……えへへ」


先輩(可愛さで即死)
246 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:31:18.13 ID:0c31JrWb0
コーヒーカップ


後輩「わーい!」


先輩「こ、後輩ちゃん! 速度、もうちょっと抑え……!!!」


後輩「キャーーー!!」


先輩「」



メリーゴーラウンド


後輩「先輩、もっと近づいてくれないと危ないですよ」


先輩「べ、別々に乗っても良かったんじゃないかしら……?///」


後輩「それじゃあ乗る意味ないですよ! ほらっ」


先輩「うう……」


先輩(近い、近すぎるっ……! 恥ずかしい! 良い香り……!)
247 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:41:57.78 ID:0c31JrWb0
後輩「あむっ……」


先輩「美味しい?」


後輩「はい! ハンバーグ美味しいですねっ」


先輩「ええ。ここで食べて正解だったわね」


後輩「プレートも可愛いです♪」


先輩「……あら、口にソースついてるわよ」


後輩「あっ。……んっ」


先輩「……?」


後輩「とってくださいっ」
248 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:42:56.07 ID:0c31JrWb0
先輩「!?!?!!??!?!」


先輩(待って……)


先輩「い、いいの?」


後輩「どうしてですか? 先輩に甘えたいです」


先輩「あ、甘え……/// わかったわ、取るわね」


後輩「んっ……ありがとうございますっ」


先輩「……///」
249 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 22:47:34.34 ID:0c31JrWb0
先輩(この娘に主導権握られっぱなし……)


後輩「はむっ……うんっ、ごちそうさまでした♪」


先輩「綺麗に食べたわね」


後輩「食べるの遅くてごめんなさい、先輩のも片付けてきますっ」


先輩「いいのよ。ありがとう」


先輩(気が利くし、本当に素敵な娘……)
250 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 23:18:48.58 ID:0c31JrWb0
後輩「お待たせしました! さて、次はどうしますか?」


先輩「だいぶ暗くなってきたわね」


後輩「そうですね、もうすぐ真っ暗になっちゃいそう」


先輩「今日はこのくらいにしておく?」


後輩「ええっ、もっと先輩と一緒にいたいです……」


先輩「わ、私も一緒にいたいわ……」
251 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 23:31:20.22 ID:0c31JrWb0
後輩「……あっ」


先輩「?」


後輩「一番大事な乗り物忘れてました!」


先輩「なにかしら」


後輩「えへへ、アレです!」びしっ


先輩「……アレ?」


後輩「観覧車!」
252 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/18(月) 23:52:12.02 ID:0c31JrWb0
次回最終回!!!


では!
253 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:25:01.90 ID:y1gJOLrJ0
「それでは、お空の旅をご堪能ください♪」


ゴウンゴウンゴウンゴウン……


後輩「あの、乗ってから聞いてしまって悪いんですけど」


先輩「なに?」


後輩「先輩、高いところ大丈夫ですか?」


先輩「落ちたりしなければ平気、かしら」


後輩「良かったぁ……ちょっと心配してました」


先輩「ありがとう、大丈夫よ」


後輩「はいっ! それにしてもこの観覧車、飾り付けされててとっても素敵ですね」


先輩「ええ。この観覧車自体がイルミネーションのようになってるみたいね」
254 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:30:34.41 ID:y1gJOLrJ0
後輩「はぁぁ……えへへ」


先輩「どうしたの?」


後輩「やっと、先輩と二人きりになれたな〜って」


先輩「え……/// そ、そうね」


後輩「……先輩っ!」


先輩「な、なに?」


後輩「私たち、観覧車の中で、二人きりなんですよ!」
255 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:31:26.11 ID:y1gJOLrJ0
先輩「そ、そうね?」


後輩「だから、その……」


後輩「……隣に行っても、いいですか?」


先輩「えっ!? あ、う、うん……」


後輩「……それじゃあ」すくっ


ぐらっ


後輩「きゃっ」


先輩「!」


がしっ


後輩「あっ……」


先輩「だ、大丈夫?」


先輩(思わず掴んじゃった)


後輩「は、はい……ありがとうございますっ」
256 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:34:34.31 ID:y1gJOLrJ0
後輩「んしょ……」


先輩「……」


先輩(ち、近い……)


後輩「……先輩」


先輩「なに?」


後輩「すっごく、近いですね……///」


先輩「え、ええ……そうね……///」
257 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:35:37.85 ID:y1gJOLrJ0
後輩「……私、憧れの人がいたんです」


先輩「?」


後輩「その人とは話もしたことがなかったんですけど」


後輩「横顔がとても綺麗で、すっごく存在感のある人で」


後輩「いつも気になって、見かけるとずっと目で追っちゃうくらいで」


先輩「……」
258 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:39:25.86 ID:y1gJOLrJ0
後輩「……付き合う前に、カフェに行った時のこと覚えてますか?」


先輩「お洋服買った日?」


後輩「はい。その時に私、そのカフェによく行ってたって言ったじゃないですか」


先輩「うん。覚えてるわ」


後輩「その人は、いつもそのカフェの窓際の席でお勉強をしていた綺麗な人なんです」


後輩「黙々と勉強に打ち込んで、ただペンのなぞる音だけがテンポよく聞こえてくるんです」


後輩「その人はいつも、ブラックコーヒーを頼んでました」


先輩「……え」


先輩(それって……?)
259 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:45:12.15 ID:y1gJOLrJ0
後輩「一緒にカフェに行った時に、確信しました」


後輩「先輩が、その人だったって」


先輩「!」


後輩「私、昔からの憧れの人と今こうして、お話しして、一緒にいられてるんです」


ぎゅっ


先輩(また、腕を抱かれた……)


後輩「……私のドキドキ、伝わりますか?」


先輩「!」


先輩(お化け屋敷の時よりも、伝わる激しい心臓の音……)


先輩「すっごく、ドキドキしてるわね……」
260 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:46:48.90 ID:y1gJOLrJ0
後輩「えへへ……大好きだから、です」


先輩「……///」


後輩「先輩……」


先輩「……うん」


後輩「……」


先輩「……目を閉じて」


後輩「はい……」
261 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:50:34.41 ID:y1gJOLrJ0
先輩「……」


後輩「……んっ……」


先輩「……」


後輩「……えへへ」


後輩「やっと、キスしてくれましたね」


先輩「……遅くなって、ごめんね」


後輩「そんなことないです……嬉しくて、たまらないです」
262 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 21:59:18.35 ID:y1gJOLrJ0
先輩「……///」


後輩「あっ、先輩見てくださいっ」


先輩「えっ。……わぁ……!」


後輩「パレードです!」


先輩「ここからだと全体がよく見えていいわね。綺麗……」


後輩「キラキラしてて素敵ですっ」
263 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:02:24.36 ID:y1gJOLrJ0
先輩「そうね」


後輩「……先輩っ」


先輩「ん、なに?」


後輩「……ギュゥって、して欲しいですっ」


先輩「ぎゅ、ギュゥ……?」


後輩「はいっ」


先輩「……わ、わかったわ」
264 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:08:07.97 ID:y1gJOLrJ0
ぎゅぅ……


後輩「……ふわぁ」


先輩「……」


後輩「あったかい……先輩の良い香りがします」


先輩「そ、そんな感想言わなくていいのっ……///」


後輩「せんぱぁい……」


先輩「ん……?」


後輩「キスぅ……」


先輩「/// うん……」
265 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:08:43.05 ID:y1gJOLrJ0
「お空の旅はいかがでしたか? うふふ! また来てくださいね♪」


後輩「ふふふーん♪」


先輩「……」


後輩「先輩、どうしたんですか?」


先輩「う、腕から、離れないのね」


後輩「え、ダメですか……?」


先輩「ううん、ダメじゃない。むしろ嬉しいわ」


後輩「えへへっ……」
266 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:16:20.67 ID:y1gJOLrJ0
後輩「あ、一つ言い忘れてました」


先輩「なにかしら?」


後輩「先輩のこと、憧れの人だったから好きになったんじゃありません」


後輩「きっと憧れの人じゃなくたって、ハンカチを拾ってくれたあの日から、ずっと私は好きですから」


先輩「……///」


後輩「でも、それよりももっと好きだったんですけどねっ」


先輩(……私もよ、後輩ちゃん)


先輩(ハンカチを手渡したあの日から、ずっとあなたのことばかり考えてたのだから)
267 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:18:25.90 ID:y1gJOLrJ0
後輩「それにしても」


先輩「うん?」


後輩「先輩の唇、柔らかかったぁ……」


先輩「ちょっ!/// 何を言い出すのっ!」


後輩「えへへっ、これからたっくさんしてもらえるんだなと思って、嬉しくなっちゃいました!」


先輩「も、も〜……///」
268 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:21:47.41 ID:y1gJOLrJ0
後輩「あ、そうだ!」


後輩「先輩、写真撮りましょっ!」


先輩「うん」


後輩「観覧車をバックに……」


後輩「先輩っ、こっち来てくださいっ」


先輩「うん」


後輩「……もっともっと近づいてくださいっ♪」


先輩「う、うん///」
269 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:25:46.97 ID:y1gJOLrJ0
後輩「撮りますよ〜」


先輩「うんっ」


後輩「はいっチーズ……」


ちゅっ


先輩「へ!?」


パシャッ
270 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:26:18.51 ID:y1gJOLrJ0
後輩「……うんっ、よく撮れてる!」


先輩「こ、後輩ちゃん、今の……」


後輩「えへへ、不意打ちでしちゃいましたっ」


先輩(……頬に、まだ感触が……)


後輩「ほら、見てください先輩っ」スッ


先輩(わ、私……き、キスされてる……!)
271 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:27:50.20 ID:y1gJOLrJ0
後輩「えへへ、イチャイチャしちゃった♪」


先輩「そうね……」


後輩「待受に設定っと……」


先輩「ええっ!?」


後輩「えっ、ダメですか?」


先輩「い、いや、ダメじゃない、けど……は、恥ずかしくない……?」
272 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:29:48.24 ID:y1gJOLrJ0
後輩「全然です!」


先輩「そ、そうなの……」


後輩「……あの、はしたない娘って、思われましたか……?」


後輩「幻滅、しちゃいました……?」


先輩「!」


後輩 うるうる


先輩(……もーどうにでもなれっ!!)


ぎゅっ
273 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:32:12.21 ID:y1gJOLrJ0
後輩「!」


先輩「あなたの全部が好き! だから、そんな悲しいこと言わないでっ!」


後輩「……先輩///」


先輩「……」


後輩「……あ、あの、先輩?」


先輩「な、なに? は、離さないわよ……」


後輩「人がいっぱい、見てますよ?」


先輩「ぴゃっ!?///」バッ
274 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:36:41.93 ID:y1gJOLrJ0
後輩「……えへへへへ」


先輩(ああああああああ……///)


後輩「先輩」


先輩「……な、なに?」


後輩「これからも、末永くよろしくお願いします♪」



おしまい
275 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:40:21.04 ID:y1gJOLrJ0
・ ・ ・


友「でさ〜……アレ、今何時?」


先輩「えーーっと……」トンッ


先輩「14時回ったところね」


友「……ほっほー」


先輩「?」


友「いやあ、ほっぺにチューされてる写真、待受にしてんのね」


友「ラブラブじゃな〜い?」


先輩「……///」



ほんとにおしまい
276 : ◆qhZgDsXIyvBi [saga]:2019/11/19(火) 22:53:09.25 ID:y1gJOLrJ0
約3ヶ月ちょいありがとうございました!

ちょくちょく書けないこともありましたが無事終われてよかった……。


12月にまた新しいSS書きますのでよろしくおねがいします。


「私、あなたのことが好きになってしまいました。」


以前落としたスレでもあるので見たことがある方ももしかしたらいらっしゃるかも……?

とりあえずまた会いましょう!それでは!



※以前書いたもの・現在進行系のサイトも再度貼っておきます

ボクっ娘SS
http://note.mu/shiranuifuchika

過去SS(途中で落ちたのも多数)
http://nanabatu.sakura.ne.jp/new_genre/bokukko.html
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/19(火) 23:20:55.09 ID:6RWl17IQo

面白かったです
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/20(水) 07:39:58.03 ID:LELWo1TGo
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/20(水) 20:43:22.91 ID:eOVpSLVjO

次も待ってる
280 : ◆qhZgDsXIyvBi [sage saga]:2020/01/31(金) 23:39:19.94 ID:iFtM03C20
こっそりと。

https://kakuyomu.jp/users/shiranui_fuchika

カクヨムに登録しました。いつかこの話は小説家させてリメイク致しますので、よろしければこちらも足を運んでみてください。
111.83 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)