安価とコンマで武器娘を従える

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/14(水) 01:57:18.57 ID:IksyQIc4O
武器でありながらも人として生活している武器娘(ウェポナ)を従えていくスレ

ざっくりと用語説明

☆武器娘(ウェポナ)

現世、異世界に存在している武器の本来の姿。彼女らが存在するから、武器として世界に在ることが出来る。
例えるならば、形として存在する武器はウェポナの虚像のようなもので、武器が粉砕されようと溶鉱炉に突っ込まれようと、ウェポナにダメージは無い。
だが、ウェポナが負傷すれば世界に存在する武器にも破損が見られ、ウェポナが死亡すれば、彼女らを映した武器も消滅する。

普段は人間たちと変わらない生活をしており、自身がウェポナだと自覚している場合が多いが、自覚していない場合も度々見られる。
何故、ウェポナが生まれるのか。その真相は不明とされている。


☆真視(アナライズ)

ウェポナがどういう武器の基なのかを知る能力。現在所有しているのは主人公である『アルメス』のみ。

アルメスの血統が原因とされ、ウェポナを従えることが可能なのも、その血統によるものだと推察されている。

☆隷有(パーソナライズ)

ウェポナを従える能力。絶対的なものらしいが、胆力で拒絶する者もいるらしく割とガバガバ。

本人に忌避的な意思が無ければ、魔力の消費は殆ど無いが、拒絶の意思があれば消費は増える。
ウェポナからすれば、アルメスは所有者(マスター)となる。

☆魔力(マナ)

どこにでも漂う不可思議パワー。人間たちが魔法を使う時に消費したりする。
もちろん自然の中にもたっぷりと存在し、自然現象が発生する度に消費、生成される。
マナが多いほど、トンデモ環境が形成されてヤバみが深くなるとか何とか。

ウェポナはこれを消費することで、常人を凌駕する戦闘能力を発揮する。
しかし、効率良く使うにはマスターの支援が必須。結局は武器なので、使い手がいないと駄目らしい。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1565715438
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/14(水) 02:02:19.23 ID:IksyQIc4O
募集するウェポナのテンプレはこんな感じ
別に使わなくても構いませんが、項目は埋めてくれると助かります

名前:武器としての、本来の名前。 例:聖剣・エクスカリバー。
人名:人として振る舞う際の名前。武器の名前そのままだと混乱されるから仕方ないんじゃい。
能力:武器としてどういう能力を持っているか。 例:ビームをぶっ放せる。
概要:今までの来歴とか何でも書いて?
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 02:05:51.81 ID:pFuQtWzto
期待
ところで質問!武器娘は「武器として」戦うの?それとも「娘として」戦うの?
えーとつまり武器に変身して誰かに使ってもらうのか、それとも彼女たち単体で戦えるのかってこと
銃の武器娘なら銃を持ってる感じ?
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/14(水) 02:10:17.05 ID:IksyQIc4O
綺麗な小川のせせらぎの音がこだまする。

そこで顔を洗う青少年が一人。

「…血が止まらない。どうすれば良いんだろうか」

何度顔を洗えども、鼻から垂れる血の量は変わらない。

木の根に足を取られ、大岩に顔をぶつけたのが悪かったんだろう。

「もったいないけど、使うしかないか。結構高いポーションなんだけど」

緑色の液体をグビリと一口。

苦くて甘い、変な味。

「…ふぅ。これで治った」

鼻をすすり、もう一度顔を洗う。

すると、赤々としていた顔が、素肌の色を見せていた。

その代償か、綺麗だった川は赤く濁っていた。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/14(水) 02:15:36.80 ID:IksyQIc4O
自分と同じ武器を作り出す(虚像を取り出す感じ)、身体の一部を武器に変える(虚像を身に纏う感じ)、などをして戦います
ここでいう使い手は指示役としての意味合いで、言葉通りとしての意味はまっっっったくありません
ぶっちゃけるならメギド72のソロモンくんとメギドの関係です

続きは起きてからやります
下5までにウェポナぼしう、オリジナルでも全然かまへんで
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/14(水) 02:19:25.68 ID:IksyQIc4O
立場的には『武器』、実際には『人間』として戦います

ゲームが解らない人がいると思うので、別の説明を付けとかなきゃ

指示が無ければ、使い手がいなければ実力は発揮出来ないので『武器』という立場ですが、指示さえあれば自律行動してくれるので『人間』として戦うって感じですかね
分かりにくくてすみません

範囲は下にずらーす
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 02:40:38.66 ID:HqMnE2ph0
名前:非力なる小枝の矢ミストルテイン
人名:ミスティ・ホワイト
能力:自然生物に対してはただの枝の棒も同然だが、相手の防御力が高いほど威力が増し、「無敵」とされるものに対しては即死級の攻撃翌力がある
概要:羊飼いの村の一員として羊毛を刈り編み物をし、羊の乳を絞りチーズを作って素朴に暮らしていた
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 06:24:46.36 ID:mNkj3isDO
名前:胴太貫
人名:拝 一刃(おがみ かずは)
能力:視認不可の必中攻撃
下段に構えると刀身が相手からは消えて見える
概要:幼い頃刺客になるよう親に育てられたがそれに反発し現在は人助けをしながら旅をしている
ござる口調の武士娘

駄目なら安価下にずらしてください
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 08:11:41.00 ID:8Gxu3eMY0
名前:応報するフラガラッハ
人名:アンサラー・ルーラ
能力: 感応能力 敵の接近を察知したり使い手の意思を感じ取る
概要:深山の奥地にて使い手が現れることを只管に待ち続けた
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 08:59:45.36 ID:h2AYjfY40
名前:雷火剣・天之尾羽張
人名:火産霊 灯之夏(ほむすび ひのか)
能力:剣(十束剣)から火炎と電撃を放つ
概要:所有者に対して一途に尽くす熱血娘だが、その気持ちが空回りして失敗することもしばしば。一方で、自らの出生や存在意義について考えることを恐れており、明るく振る舞うことでその恐怖を覆い隠している部分もある
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 09:57:05.58 ID:pFuQtWzto
回答ありがとう
じゃあこんな感じかな?

名前:死銃・フライクーゲル
人名:ロクサーヌ・アーテリンデ
能力: 彼女の意思で軌道を操作可能な魔弾を撃つ
普段は投影した銃から射出するが、実は彼女が「銃」と認識しているものならなんでもOKなので所謂「指鉄砲」からでも撃てる
概要:コッテコテのツンデレ娘。武器娘であることを誇りに思っている
やたらツンツンしているが根は優しい
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/14(水) 21:48:49.36 ID:cWPfeOMSO
早く起きて
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:26:33.09 ID:MIG/FXKBO
おはようございます!良い朝ですね!
ごめんなさい完全に爆睡してました


「血は止まったかな?我らの主、マスターよ」

木陰から姿を現すのは、両目を閉じた女性。

彼女は『応報するフラガラッハ』のウェポナである。

虚(うつろ)の逸装:壱之剣−−応報するフラガラッハ−−

人として生きる彼女らは、自身の真名を明かすことは悪手だと捉えている。

そのため、ウェポナは皆仮初めの名を持っており、彼女の場合は『アンサラー・ルーラ』がそれに当たる。

「ポーションを飲めばどうにかなるもんでしょ。まあ、たかが鼻血に使うことは無かっただろうけど」

「治ったのなら、それで良いじゃないか。私に言ってくれれば、つきっきりで看病していたのにね」

「フラガラッハ?ルーラさん?顔近いですよ?俺の手に指絡めないでくれます?」

「ふふふ…。困惑している表情も可愛らしい…」

偶に、彼女の考えが読めないところがある。

悪い人ではないはずだが、ちょっと怖かったりする。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:27:26.08 ID:MIG/FXKBO
「フラガラッハー!何アルメスにベタベタひっついてんのよ〜!」

「おや、ヤキモチかい?」

「また血が出たりしたらどうすんのよ!看病するのは面倒なのよー!」

「私が見るから、フライクーゲルは気にしないで良いさ」

「一人じゃ大変でしょうがー!!!」

虚の逸装:壱之銃−−死銃・フライクーゲル−−

如何にもといったお嬢様的衣装に身を包むフライクーゲルは、半ば無理矢理フラガラッハをひっぺがす。

「アルメスも不注意が過ぎるわ!足元はよーーーーく見ておきなさいよ!!!」

「申し訳ございません、『ロクサーヌ・アーデリンデ』お嬢」

何気なく放った一言が、フライクーゲルを傷付けた。

「…私はフライクーゲル!可能な限りそう呼べと言ったじゃないのよ!」

「ウェポナであることを隠すのは、然るべき時だけで良いの!ウェポナとして生を受けたこと、私は誇りに思ってるんだから!!!」

「ご、ごめん。口には気をつけるよ」

「ふんっ!次は許さないんだからねっ!」

そう言って、フライクーゲルは豪華な椅子に座った。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:28:15.20 ID:MIG/FXKBO
「災難だねーますたぁ様。ほら、ミスっちのミルクを飲んで一息つこう!」

「もう少し言い方を考えてね?」

コップになみなみと注がれたミルクを差し出す少女と、薄手の民族衣装を纏った少女が両隣の岩に座り込む。

前者は『天之尾羽張』のウェポナで、人名は『火産霊 灯之夏(ほむすび ひのか)』。

虚の逸装:弐之剣−−雷火剣(らいかのつるぎ)・天之尾羽張(あめのおはばり)−−

後者は『ミストルテイン』のウェポナで、人名は『ミスティ・ホワイト』という。

虚の逸装:壱之弓−−非力なる小枝の矢・ミストルテイン−−

「…羊のミルクです。勘違いしないでくださいね」

「そもそも出るほど出てないしねー」

「まだ成長期ですもん…別に大きくなくても良いですもん…!」

「私のを揉んでも大きくならないぞー!!!?!?」

仲睦まじい二人をよそに、アルメスはミルクを飲む。

これで背が伸びればめっけもんなんだけど。

そんなことを思いながら、美味しくいただいたアルメスだった。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:28:57.93 ID:MIG/FXKBO
「九十九…百!」

野営地から少し離れたところにある河原で、刀の素振りをする女性が一人。

彼女は『胴太貫』のウェポナであり、人名は『拝 一刃(おがみ かずは)』という。

『カチウ』なる東洋の鎧に身を包む、『ブライ』という職業の人らしい。

「胴太貫、ご飯出来たって」

「…む、態々呼びに来てくれたでござるか。かたじけない」

刀はフッと姿を消し、胴太貫は髪留めを外す。

長く艶やかな黒髪が、フワリと揺れた。

「今日の夕餉は何でござろうなぁ」

「ミルク鍋だって。そこら辺で取った雑草とかぶち込んでるらしい」

「ふむ、菜食も悪くない」

「俺は肉食べたいなぁ」

「その手の知識を持つ者が居らぬ故、今暫く我慢くだされ」

そう都合良く、解体の技術を持つ人と出会えるとは思えないが。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:29:37.56 ID:MIG/FXKBO
「ますたぁ様、これからどうするの?」

彼女らと旅を始めて数週間。

実を言うと、これといった目的を持たず、ダラダラと人助けをして暮らしてきた。

これからもそうするわけにはいかず、何か明確な目標を設定する必要がある。

また、直近の目標も用意しなければならない。

近くにある街は、綺麗な街並みが特徴的な『ベリルヌス』と、闘技場が名物の『ロマンダ』の二つ。

近頃は戦争が起きたという話も聞かず、情勢が悪いという話も無い。

THE・平和な世の中で、どう過ごそうか。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:32:16.69 ID:MIG/FXKBO
ごめんなさい、今日はもう無理です
更新グダグダの助でほんとごめんなさい

どっちの街に行くかは下2、目的は下4に安価を出します

というわけでおやすみなさいすみません


クソ雑な世界観

複数の世界が存在し、アルメスたちがいるのは『衡界(エピーク)(均衡が保たれた世界的な意味)』。
他には神様とかが住んでる『天界(エデン)』、悪魔とか魔王とかが住んでる『魔界(ディセデン)』、死者の集う『冥界(シェオル)』があり、どれも今は仲良しこよしです。

どうやって行き来するか?天高く飛んだり地下掘れば着くと思う(鼻ホジ)
ってのは半分冗談で、境界(ギャップ)に設置されているワープゲートを通過すれば簡単に移動出来ます。
普通に国とかに管理されてるので、入界費を払えばすんなり通れます。

これは天界と魔界の話で、流石に冥界は無理です。
冥界に行くには、死ぬか冥界の渡し守や番人の許可を得るしかありません。
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/15(木) 02:38:24.52 ID:MIG/FXKBO
あっ、質問とかあったらガンガン投げて大丈夫です
答えられるものなら全部答えます、はい
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 03:16:26.59 ID:Jub9LstYo
わーい来てたー
期待!
安価はベリルヌスの町で
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 03:17:59.60 ID:Jub9LstYo
とにかくエタりさえしなければ更新はゆっくりでもいいのよ
自分のペースでやるのが大事、いやマジで
というわけで今後とも期待してます!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/15(木) 03:33:35.99 ID:3jXeE1C00
しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/13(火) 02:36:33.04 ID:RjxVtfqg0

   っ

  ち
                  い
        !
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/13(火) 02:38:26.91 ID:RjxVtfqg0
https://youtu.be/9wCtuPy1v3A
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/14(水) 02:01:52.92 ID:3kKgh9i20

   っ

  ち
                  い
        !ぶ
   っ

  ち
                  い
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/15(木) 03:34:45.27 ID:3jXeE1C00
しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/13(火) 02:36:33.04 ID:RjxVtfqg0

   っ

  ち
                  い
        !
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/13(火) 02:38:26.91 ID:RjxVtfqg0
https://youtu.be/9wCtuPy1v3A
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/08/14(水) 02:01:52.92 ID:3kKgh9i20

   っ

  ち
                  い
        !ぶ
   っ

  ち
                  い
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 03:50:37.23 ID:mIlyf2CDO
なにをするにもまずはまとまった金かな
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/15(木) 14:57:37.90 ID:vDwxtlEkO
あと、その街での信用とかも欲しいからギルドとかがあればクエスト受注だな。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 08:00:31.13 ID:H1a+/WcGO
調べたら、意味としては杖の方が適切ですね
下のやつに変更します

虚の逸装:壱之杖−−非力なる小枝の矢・ミストルテイン−−


何をするにしても、金が無ければ始まらない。

『金は天下の回り物』とは、よく言ったものである。

「ロマンダの闘技場で荒稼ぎするのも良いけど…むー…」

「戦うのは私たちじゃない…」

「拙者は、人助けをして金銭を得たいでござるな」

「私はマスターの命に従おう。所詮は剣に過ぎないからね」

「私はノーコメ。ますたぁ様にお任せー」

「荒事は苦手なので、ベリルヌスに行きたいです」

批判的な意見が多いため、目的地はベリルヌスに決定した。
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 08:01:29.52 ID:H1a+/WcGO
「いやぁ、綺麗な街だなぁ!」

野営地から歩いて2時間。

関所で手続きを済ませて、そこから連絡船を経由して到着した聖街『ベリルヌス』。

美しい街並みもそうだが、一番特徴的なのは街の中央に立つ『メチアロイフ大聖堂』だろう。

何でも、超常的な力を持つ聖女がそこで政を司っているらしい。

普通の人間が特殊な能力を持つことは、滅多にない。

もしかすると、その聖女とやらはウェポナなのかもしれない。

だが、当面の目的はお金稼ぎだ。

今は、ギルドがあるか確かめるのが先だ。

「ギルドはあちらだよ、マスター」

「え?ああ、どうも」

「ふふ。君の役に立てたなら何よりだよ」

フラガラッハの能力は教えられているが、こうして実際に味わうと恐ろしいものだ。

隠し事が通用しないって、思春期の男子には辛いことだぞ。

こちらを見て微笑むフラガラッハから危険を感じ取ったアルメスは、プイッとそっぽを向いた。
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 08:02:08.28 ID:H1a+/WcGO
どんな行動をするかを下1に
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 08:12:12.74 ID:D6Y4Wh0I0
とりあえずギルド行く
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 08:39:42.35 ID:H1a+/WcGO
(まあ、聖堂に寄るのはいつでも出来るか)

ギルドで何か依頼が無いか確認しようと思い、足を運ぶ。

「人がいっぱいだねー。ウェポナが紛れてたりするのかなぁ?」

「可能性が無いわけじゃない。それを知る術は無いけどな」

天之尾羽張の質問に、アルメスはそう返す。

ウェポナの能力を『視る』眼を持ってはいるが、それには個人に集中する必要がある。

人混みの中からウェポナを探し出すのは、今の自分では不可能だ。

もっと眼が成長すれば、どの辺りにどれだけウェポナがいるのか感知出来るのだろうが。

「大きな門でござる…」

「これだけの規模の街だもの。ギルドも大きくて当然よね」

ギルドとは、民間人や団体、政府などからの依頼を、相応しい存在に斡旋する公的機関である。

どの拠点にも最低一つは存在するのだが、規模は当然、拠点の重要度と比例関係になっている。

掲示板を見る限りだと、かなりの依頼が出ているようだ。
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 08:40:26.09 ID:H1a+/WcGO
どんな依頼を受けるかを下1に
キャンセルも勿論可能
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 08:55:46.66 ID:/3WN9pP+0
広場でアイドルのライブ会場設営
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 09:42:28.90 ID:H1a+/WcGO
下1コンマで成功か判定
31以上で成功、71以上で大成功(特別コミュ追加)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 09:45:52.22 ID:Tqo6+j1VO
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 09:47:08.13 ID:61BsgiQTo
異世界でアイドルのライブ設営
これはあいつですね
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 09:58:33.19 ID:H1a+/WcGO
スクールアイドルでも来てるのかな?
ゾロ目なので特典だオラァン

下2までにコミュでもイベントでも
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 10:00:33.24 ID:0VeDoLcOo
アイドル(聖歌隊)にであう
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 10:01:38.65 ID:Tqo6+j1VO
アイドルにウェポナがいた
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/08/16(金) 10:36:43.67 ID:H1a+/WcGO
下1コンマでウェポナの人数を判定
下2から対応する分の募集を出します

01〜50:一人
51〜80:二人
81〜99:三人
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 10:52:51.31 ID:Tqo6+j1VO
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/16(金) 11:11:31.70 ID:Nbla4D/Ho
これはもう貼っていいって事かな?

名前:骸斧・バシリコス
人名:シリィ・タイタヌス
能力: 自身および自身の触れているものの質量を操る。武器を極限まで重くして威力を増したり逆に極限まで軽くなって風で飛んだりする
概要:ピンク髪ロリ。斧である自分のことを可愛くないと思っており、あらゆる手段で可愛くなろうとする
ぶりっこ口調(当人曰く「アイドルにピッタリな」)だが結構毒舌
19.10 KB Speed:10.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)