【モバマスSS】工藤忍「本当に、悔しかったから」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆3xQXQ8weeA :2019/08/25(日) 02:20:10.44 ID:SiWHWqXY0
warning!warning!
これはシンデレラガールズのSSです
加えて以下の注意点があります

・地の文があります
・シリアスです。しかも解釈違いの可能性をかなり孕んでいます
・モバマスの総選挙について言及しています
・しかも作者は登場人物の事を知って日が浅いです。なので「こんなキャラじゃねぇ!」って思われる可能性がかなり高いです
・付随してモバマスを総選挙前日に始めたのでキャラの把握がいまいちです。おかしければ脳内補完してネ!
・こちらの板では経験が浅いです。至らぬ点があればご指摘ください

よろしくおねがいします。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566667210
2 : ◆3xQXQ8weeA :2019/08/25(日) 02:21:09.44 ID:SiWHWqXY0
総選挙の結果が出た。

その結果に涙を流すアイドルがいて、笑い合うアイドルがいて、やむアイドルもいて、いつものように結果を受け入れるアイドルもいて。

俺の担当アイドル、工藤忍は涙を流す側だった。
3 : ◆3xQXQ8weeA :2019/08/25(日) 02:22:06.57 ID:SiWHWqXY0



――ありがとう!みんな!


壇上で靴とティアラを受け取った、未だ高校生のシンデレラガールは泣いていた。
最上と言えるほどの輝きを放ちながら、しかし風格なんて大仰な雰囲気ではなく。いつも通りの親しみやすくて明るくて、仲間からの祝福を嬉しそうに受け取る彼女がその目尻を光らせていた。
輝きはまるで星のよう。今、一番素晴らしいアイドルとしてファンに選ばれていた。

そしてその両隣。
呆れたように。しかしそれ以上に嬉しそうにしながら拍手を送るアイドルと、青ざめた顔でがちがちの拍手を行う新人が花束を抱えてその結果を祝福している。
そしてさらに脇では先程まで壇上で喋っていた子供たち――二人共アイドルだ――が同じく称賛の拍手を叩いていた。

かくして一人の物語が美しく花開き、これからを期待させる結果となったのだ。

俺もすばらしいアイドルだと思う。去年だってシンデレラガールになってもおかしくないアイドルの一人だったのだ。
周りを見ればその魅力を褒め称える人間ばかりだ。
だから、流れる涙だって喜びの涙だけだろう。


忍は涙が流れる前に出ていったのだから。
4 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:22:59.64 ID:SiWHWqXY0
P「……ここにいたのか」

346プロの敷地内。レッスン室へ向かう途中にある階段の、隙間のほう。
発表とパーティーと、更けた夜が明かりを消していた。
そんな中で吐息と、声だけが聞こえる。遠くで光る電灯と非常灯だけがここにある明かりだ。おかげで見つけるのに苦労した。

忍「Pさん……」

P「明るいところへ、はちょっと無理そうか」

忍「うん……」

凹んだとき、明かりを消したがる。楽なのだ、何も見えないのは。

P「大丈夫か?」

忍「大丈夫じゃないかも」

P「理由を聞いても?」

忍「……」

淀む。言葉も空気も、くろいものがへばりついて汚れてしまいそうだった。
5 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:23:34.65 ID:SiWHWqXY0
忍「……アタシ、さ」

P「うん」

忍「……悔しいよ」

P「うん」

忍「……みんな、頑張ってたよ。未央ちゃんも、加蓮ちゃんも、りあむさんだって。ずっと、頑張ってた」

P「……そうだな」

知っている。同じように、毎日のように、同じ時間に帰っていたのだから。

今は暗いあの部屋を何度も一緒に見送ってきたのだから。

忍「でもさ。今回、さ。CDはだせなかったよ」

P「忍……」

忍「いつものことだって。だってそうじゃない。ずっと圏外だったし。順位表に載るのだって最近の話だから」
6 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:24:22.66 ID:SiWHWqXY0
でも、と。
声は段々とくぐもっていく。

忍「アタシさ。悔しいのもあるよ。でも、そうじゃない。今回は、そうじゃない」

暗闇の中で忍はどんな表情をしているのだろう。
暗くて、見えなくて助かったなんて薄情だろうか。

忍「だって、中間で、もしかしたらって。前と比べて、ずっと、ずっと」

忍「それで、もしかしたら、って」

P「もしかしたらっていうのは俺も感じていたよ」

忍「でも、ダメだったじゃん」

そうだ。彼女の声はとどこにも届けられなかった。
行く宛だけで、届けてくれるものはどこにもなかった。

忍「今日、さ。実は一人だったんだ。端の出口の近く。あずきちゃんたちに誘われたの断ってさ」

忍「しかた、ない、よね。だって、アタシ……」

P「……忍」

忍「笑っちゃうよね。アタシが一番、自分を疑ってた……」

結論から言えば、今回の結果だって胸を張って誇れるものだろう。
全体12位。cu部門でみれば4番目。間違い無く人気アイドルの一人として、数えられてもいい結果のはずだ。
疑っていたなんていうが、どちらかと言えばそれはもっと別のものだろう。
例えばそれは緊張であるとか。重圧であるとか。
期待、とか。
7 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:24:59.68 ID:SiWHWqXY0
忍「……名前、呼ばれたくなかった。でも呼ばれたんだよ」

忍「……そっか、って。届かなかったんだって」

忍「……その後の、名前も聞いて、それで」

忍「……それで、飛び出していっちゃった」

知っている。涙が溢れる前に、出ていくのが見えたから。

P「……すぐ追いかけてやれなくてゴメンな」

忍「仕方ない、よ。お仕事だもん」

P「……俺も、忍の立場なら同じように感じていたかもしれない」

忍「……」
8 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:25:36.25 ID:SiWHWqXY0
だから。
忍がこの誇らしい結果を。
喜びではなく無念の涙で汚している事がわかってしまった。

忍「……Pさん。アタシさ」





忍「指がかかってたんだ……!」




忍「なんで……?アタシでも良かったじゃない!」

忍「だって、もう少しで……ッ!」

忍「その順位の人たちだって、もうCD、出してるじゃない!」

忍「なら、アタシで、よかったじゃん! アタシでもよかったじゃん!」


忍「アタシだって、よかった、じゃん……」




P「忍……」

血を吐くような言葉だった。
9 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:29:46.90 ID:SiWHWqXY0
本来なら、口にしてはいけない言葉だ。
少なくとも、そんな事考えるだけでもダメな事だと思う
払ってきた努力も、彼女が勝ち得たすばらしさも、すべて台無しにしてしまうだろう。

止めなきゃいけない。その先を言わせてはいけない。

でも

P「……それでも、俺は忍が誇らしい。なんていっても慰めにもならないな」


顔を覆う彼女をどう救えばいい?
少女のように泣きわめく彼女をどう慰めればいい?
彼女の抱いた気持ちを、どうしてやればいい?

叱り飛ばすのは簡単だ。
なんてったって正しい。悔しい思いをして、悲しい気持ちになって、それでもそれを言うのはいけないことだと思うし、彼女の努力を彼女に否定させちゃいけない。
だから、叱り飛ばすのは正しいはずだ。たとえ今の彼女が救われなくたって、すでに忍は自分の気持ちがどういうものなのか気づいている。それがわかっているから会場を飛び出した。

少し時間がたてば愚かだったと。もっと大切にするものがあったと反省するだけの冷静さを取り戻すだろう。
ファンに向かって、素晴らしい結果を持ち帰ることができたのだと胸を張れる。
今ないがしろにした彼女のファンと、他にもたくさんの人を、大切にしなきゃいけないのだから。だから今回の結果に対して悔しさを感じてもそれをバネにして一層頑張るんだと。そう言える子だし、そうしてきた子だ。
10 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:30:16.40 ID:SiWHWqXY0




でも。救われないのだ。



魅力的だと今だって思ってる。涙を流して苦しいと呻く彼女を見ると自分の力不足を呪いたくなる。
悔しいって、思う。
だけどなにより。


忍「くやしいよぉ……」


泣き腫らすその目に指を落としたい。目尻の涙をすくって、このどこへ向ければいいのかわからない気持ちをどうにかしてあげたい。
無力を嘆く彼女に何をしてやれるのかはわからない。
けれど、このどこにも向かえない感情を、切り捨ててしまいたくはなかった。
11 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:30:45.33 ID:SiWHWqXY0
P「……歌わせてあげたかった」

忍「……うん」

P「……忍は、魅力的なんだ。それを証明してあげたかった」

忍「……うん」

P「ごめんな。泣かせたよ」

忍「……アタシこそ、ごめんなさい」

P「違う。忍が謝る必要なんてない」



もし力が足りないのだとしたら俺の方。
だから、だけど。
12 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:31:24.83 ID:SiWHWqXY0
P「なぁ、忍」

忍「……うん」

P「明日から、どうする? レッスンと、3日後には仕事だ」

忍「……やる」

P「休みにできる。しんどいだろ」

忍「…………やる」

P「……つらくないか?」

忍「……つらい」

P「苦しくはないか?」

忍「……しんどい」

P「……アイドル、続けられるか?」

忍「……続ける」

P「……頑張れそうか?」

忍「……頑張る」

P「そっか……」




泣きわめきながら、彼女は歩こうとしている。それが答えだった。

つらくて、苦しくて、確証はなくて、心が折れそうになって。
それでも、努力する。
ゴールの見えないマラソンだというのに足を止めようとはしない。
夢のために立ち向かえる彼女だから俺は――
13 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:31:52.96 ID:SiWHWqXY0
忍「……でも、今は頑張れないから」

P「……うん」

忍「……ちょっとだけ、泣かせて……」



明日から、一層努力するだろう。きっと今日の気持ちを胸に秘めたまま。
間違いで、しかしどうしようもない気持ちを美しいものに変えられるように。




その後、肩から大きな鳴き声があがった。
14 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:32:24.43 ID:SiWHWqXY0
-fin-
15 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:44:01.47 ID:SiWHWqXY0
あとがき

実は忍ちゃんの担当ではないです。他の方の動画で忍ちゃんを知って、そこからファンになりました。
氷雪の平地全部foilにしました。25枚くらい。

ぶっちゃけ考察が深い訳でもなく、セリフを全部知ってるとかそういうわけでもないです。多分知らない事のほうが多いのかもしれません。しかし今回の結果を知ったらどういう反応になるんだろうかと。

正直あれです。妄想の産物の可能性めちゃんこ高いです。
しかも内容が総選挙のあれこれなので正直いろいろアレな気もしてます。

悔しいのか。それとも嬉しいのか。私の脳裏に浮かんだのは悔しいと泣く彼女でした。
的場さんや浅利さんではこうならないなって思ってしまいました。

多分不快にさせてしまった方もいるかもしれません。申し訳ない。けど私の脳内ではその光景が見えてしまいました。
なのでもし合わないなってなったらそっ閉じしてください。


長文、駄文失礼いたしました。風邪引いてるし寝ます。
16 : ◆3xQXQ8weeA [sage saga]:2019/08/25(日) 02:49:26.57 ID:SiWHWqXY0
次回予告

モバ→泰葉先輩がめんどくさい女の子になる話

シャニ→ぽんこつやんでろいどとかイルミネのお話とか。なぜかウルヴァリンゼがこびりついたりもしてる

ミリ→ひなたに甘やかされたい話(投稿未定)

越境→蒼が集まる
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/25(日) 21:58:27.86 ID:r/hXMR8S0
貴様っでれまじを見ているなっ!
10.90 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)