【モバマス】暑いのにアツアツなヤツラ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:24:04.03 ID:PikS0ivDO
夕美「材料を入れて」

ザー

夕美「スイッチオン!」

ウィィィィン

ヒュルヒュル

夕美「わ、わっ!すごい!白いのがいっぱいあふれちゃうよぉ!」

夕美「こんなに出ちゃうんだぁ……」

夕美「顔まで垂れて来ちゃうよぉ」





モバP(以下P)「何をやっているのかね、相葉さんや」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1567218243
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:30:02.47 ID:PikS0ivDO
夕美「あ、プロデューサーさんっ!」

P「で、顔を白いのでいっぱいに汚して何をやってるのかね?」

夕美「あ、えと……ね」





夕美「わたあめ作ってたの」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:33:37.31 ID:PikS0ivDO
…………
……


P「つまり、くるみがわたあめを作っているのを見て(http://blog-imgs-113.fc2.com/c/g/g/cggekijo/1338.jpg)真似をしたくなったと」

夕美「えへへー」





P「事務所のあちこちを、わたあめだらけにしおって!」

P「可愛い顔してごまかそうってそうはいかないからな!」グリグリ

夕美「ちょ!ちょっと、痛い痛い!」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:35:10.34 ID:PikS0ivDO
P「まったくもう……」ゴシゴシフキフキ

P「響子に頼んで『タニタ』の刑にしてもらわないとな」



夕美「モウシワケゴザイマセンデシタ」ドゲザ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:36:54.78 ID:PikS0ivDO
P「ま、作り始めたばかりだからそんなに汚れていないのが幸いか……」



夕美「ひーん!」

P「どうした、夕美!」



夕美「顔についたのが垂れて来ちゃったよぉ……」タラタラ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:39:08.11 ID:PikS0ivDO
P「まったく……」





P「これはお仕置きだからな」

ジリジリ

夕美「え?ぷ、プロデューサー?」

ジリジリ

夕美「ちょ、顔……近いよ」



チュッ

P「ほら、綺麗になったぞ」

夕美「あ……」ドキドキ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:42:01.36 ID:PikS0ivDO
夕美「//////」テレテレ



夕美「……」

夕美「あ……あの……プロ……Pさん」

夕美「か、顔だけじゃなくて……その」





夕美「服の中……にも入っちゃったみたいなの……だから」

夕美「嘗めてもらって……いいかな?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:43:51.94 ID:PikS0ivDO
――約二時間経過

P「ふぅ」ツヤツヤ

夕美「えへへ……じゃあ、レッスンいってくるね」ツヤツヤ

バタン





P「フローラル・ユーミンは意外に押しが強いと……」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:46:59.37 ID:PikS0ivDO
ガチャ

奏「おはよ……あら?プロデューサーだけ?」

P「おう、ちひろさんはお休み。あとは夏休み最後だからと……まぁ色々と」

奏「ふぅん……」





奏「ねぇ……それで隠しているつもり?」

P「ん?何がだ??」

奏「首元……ほら、キスマーク」つ手鏡



P「っ!!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 11:53:02.91 ID:PikS0ivDO
P「あいつ……」

奏「ねぇ……誰?キスさせた人は?」

P「コレハ守秘義務トイウモノガゴザイマシテ」

奏「んー……」

キョロキョロ



奏「たしか、昨日は窓際には何も無かったのに、鉢植えの花があるってことは……凛か夕美ってとこ?」

P「っ!」ギクッ

奏「ふふっ、わかりやすいわ……Pさんのその態度」

奏「そして、トライアドは遠征中となると……」





P「あ、暑いなぁ!飲物を買ってくるわさ!」

奏「待って」ギュッ

P「はーなーせー」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 12:18:21.10 ID:PikS0ivDO
奏「ふふふっ、普段は私にあんなに説教するのに、夕美はいいのね……」

P「ちょ!近い近い!」

モニュッ

奏「当然よ……だって誘惑してるんだもの」スリスリ

P「86のそれを当てて来るんじゃありません!」



奏「そ……離れてほしいのね」

P「当然だから!夕美はあれでも18歳を過ぎているが、お前は17歳だ!」

奏「……何それ」



奏「たかだか、一年やそこいら早く生まれたぐらいで……」

奏「ねぇ……なんで……そんなに年齢って、まるで呪縛みたいにその言葉に弱いの?」

奏「もし、偽ってでも……私も18歳だったら……あなたのものにしてくれるの?」

奏「ねぇ……ねぇ!」

P「か……奏……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 14:33:37.32 ID:PikS0ivDO
奏「せめて……せめて……」

ガツッ

奏「あうっ!」グラッ

P「奏ぇぇぇぇぇ!」



チュッ





奏「//////」

P「えと……」

奏「甘かったわ……砂糖の味ね」

P「えとえと……」

奏「もう少しロマンチックなのがよかったけど……」



チュッ

奏「これで……許してあげるわ」

P「…………」





P「奏ぇぇぇぇぇぇっ!」

奏「きゃっ!!……や、やだ……どこへ……え?嘘?!…ちょ…ちょっとその心の準備が……あの…聞いてる?…だからその」

バタン
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 14:46:37.70 ID:PikS0ivDO
――約二時間経過

P「ふぅ……」ツヤツヤ

奏「あ、あのね、LiPPSじゃ美嘉とかをからかったりしているキャラなんだけど、その、学校とかじゃ真面目になななな」ツヤツヤ

P「……いいんだよ」ナデナデ

奏「あっ……」

P「俺の前では素直な……等身大の奏を見せてくれればそれで」

奏「……」トゥンク





奏「う……うん……」ボー

奏「じゃあ……その……レッスン行ってくるから……その」モジモジ

P「あぁ……」

チュッ

P「行ってこい!」

奏「……」

奏「…………」

奏「――」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 14:54:15.39 ID:PikS0ivDO
P「さて……どうしたもんか」



?「え、えっと……ぷ、プロデューサーさん!」

P「ん?」

?「そ、その……あ、アイドルに手を出すプロデューサーさんは……」





智絵里「よ、四葉の天使チエリエルと……」

由愛「え、えっと……せ、聖なる妖精ユメが……」

二人「とっちめちゃいます!」





P「ほほう」ギラリ

智絵里「ふぇっ!?ち、近づかないで……く、ください……ちょ、チョップですよ」ブンブン

由愛「わわわっ、ど、どうしよう……助けてママ……」オドオド



P「さぁ、どっちから先がいいか選んでもらおうか」

智絵里「はぅ……///」ニマニマ

由愛「うぅ///」ニヨニヨ

P(どうしてそんなに喜んでるんだ?)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 14:58:24.63 ID:PikS0ivDO
――約4時間経過

智絵里「はぅ……ご、ゴムが無くなっちゃいました……」ツヤツヤ

由愛「きょ、今日はこれぐらいで勘弁してあげます……よ」ツヤツヤ

P「あぁ……二人共」ツヤツヤ

智絵里「はい?」
由愛「はぅ!?」





P「ベッドの上だと元気になれるんだな」

智絵里「ふぇ……ふぇぇ……///」テレテレ

由愛「あ……その……はぅ……///」テレテレ

P「……まぁ、無理は言わない。でも期待しているからな」



二人「はいっ!!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 15:03:47.50 ID:PikS0ivDO
――二人はレッスンに行きました

P「さてと……」

ガシッ

P「おわっ……」





?「恋人をほっといてどこへ行こうとしているんですか?」ギリギリギリ

P「痛っ、痛い痛い!!わ、悪い。小さくて見えなかった」



若葉「……Pさん?」ハイライトオフ

P「スミマセンデシタ」



――そのあと、若葉による説教兼大人の時間が朝まで続きました

終わり
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 15:08:22.58 ID:PikS0ivDO
おまけ

芳乃「節操なく……しなくなる方法でしてー?」

若葉「はい」

P「もしくはヤってもデキな……痛てててっ!」

若葉「この人のじゃれごとは無視してください」

茄子「つまり、無精になればいいのですね」

こずえ「それならかんたんなのー……」



若葉「いや……それはその……」





若葉「ほ、欲しいじゃないですか……その、Pさんとの……あの……んと…………子供が」

茄子「らぶらぶですねー」

芳乃「でしてー」

こずえ「なのぉー……」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 15:11:09.92 ID:PikS0ivDO
茄子「ならまず」ムンズ

P「え?」ドサッ

芳乃「私達にもー」ヌギヌギ

P「え?二人共……??」

若葉「わっ、わわわっ!?」





こずえ「けいれんするぐらいのかいらくをー……よこせぇー……」

おわり
19 :戯れ事 [sage]:2019/08/31(土) 15:16:31.79 ID:PikS0ivDO
>>17
訂正

おまけ

――次の日

芳乃「節操なく……しなくなる方法でしてー?」

若葉「はい」

P「もしくはヤってもデキな……痛てててっ!」

若葉「この人の戯れ事は無視してください」

茄子「つまり、無精になればいいのですね」

こずえ「それならかんたんなのー……」



若葉「いや……それはその……」





若葉「ほ、欲しいじゃないですか……その、Pさんとの……あの……んと…………子供が」

茄子「ふふふ、らぶらぶですねー」

芳乃「でしてー」

こずえ「なのぉー……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/08/31(土) 15:21:13.21 ID:PikS0ivDO
過去作

【デレマス】たわいもない少女達の休み時間
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556935589/

あと何か作ったけど、タイトルを忘れた……
10.14 KB Speed:1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)