【まちカドまぞくSS】シャミ子「夢で逢えたら」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:35:16.56 ID:HcZGaOgS0
初投稿です。
シャミ悪要素はありません。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1570905316
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:36:40.57 ID:HcZGaOgS0
<通学路>

シャミ子「もっ、桃!奇遇ですね!」

桃「!」

桃「…」ダッ

シャミ子「あっ、待って…」

<桜ヶ丘高校>

シャミ子「桃〜!」フリフリ

桃「…」サッ

シャミ子「くっ…」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:37:53.34 ID:HcZGaOgS0
<通学路>

シャミ子「もっ、桃!奇遇ですね!」

桃「!」

桃「…」ダッ

シャミ子「あっ、待って…」

<桜ヶ丘高校>

シャミ子「桃〜!」フリフリ

桃「…」サッ

シャミ子「くっ…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:39:21.30 ID:HcZGaOgS0
>>3重複

シャミ子「むぅ〜…」プクー

杏里「よっ、シャミ子!」

ミカン「あら偶然!一緒にお昼どうかしら?」

シャミ子「あれ?杏里ちゃんと…ミカンさん?」

シャミ子「どうしてここに?」

ミカン「転校前に色々確認しておこうと思って見に来たら偶然、ね?」

杏里「ホント偶然だよね〜、ちよももから話だけは聞いてたんだけどさ!」

ミカン「2人でシャミトークして盛り上がっちゃった!」

杏里「ねー!」

シャミ子「シャミトーク…?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:40:18.41 ID:HcZGaOgS0
杏里「お?そのからあげ、この前私が教えたやつ?」

シャミ子「あっ、はい…」

ミカン「何それ?」

杏里「わが家秘伝の『冷めても衣がサクサク』レシピだぜー」

ミカン「へー、美味しそう!」

杏里「ウチ肉屋だからさ〜」

ミカン「お肉屋さんなんだ!」

ミカン「お肉屋さんのからあげってどれも美味しいわよね〜」

ミカン「なんかこう…プロの味って言うのかしら?」

杏里「そうそう!どんないい肉といえどそれを生かすも殺すも調理次第!」

杏里「そこまで出来なくちゃプロ失格だからね!」

ミカン「でも秘伝のレシピを人に教えちゃっていいの?」

杏里「いや別にー?秘伝でも何でもないし」

ミカン「えっ…?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:41:09.39 ID:HcZGaOgS0
杏里「で、どうよお味のご感想は?」

杏里「美味い?おいしい?」

シャミ子「すみません、ちょっと食欲が…」

杏里「えーっ」

ミカン「ちょうど良かった!」ゴソゴソ

ミカン「そんな時にはレモン!爽やかな柑橘風味で食欲増進よ!」ブシャー

シャミ子「…」

ミカン「あら、シャミ子もしかしてレモン苦手だったかしら…?」

シャミ子「あ、いえ…大丈夫です」

シャミ子「別に嫌いじゃないので…」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:41:52.54 ID:HcZGaOgS0
ミカン「で、でも落ち込んでるように見えるわよ?」

杏里「う〜ん…」

杏里「!」

杏里「はは〜ん、分かった!」

杏里「さてはシャミ子、愛しのちよももと何かあったな!?」

シャミ子「なっ…!?ち、違います!」

杏里「おおかた痴話喧嘩でもしたんだろ〜?」

シャミ子「別にケンカじゃありません!桃の方が一方的に…あっ」

杏里「も〜、シャミ子は素直でチョロかわいいなぁ!」ワシワシ

シャミ子「やめろ〜!!」ジタバタ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:42:48.87 ID:HcZGaOgS0
杏里「最近のシャミ子はずっとちよももにお熱だからね!」

杏里「明けても暮れてもずっと『もも〜、もも〜』って…」

ミカン「そうなんだ!?」

シャミ子「それはデマです!ふーせつのるふです!!」

杏里「この落ち込みようからして、きっとちよももにフラれちゃったのかなぁ?」

シャミ子「違います!フラれたとかでは無く!!」

杏里「ん〜?」ニヤニヤ

シャミ子「…実は最近、露骨に桃に避けられてるみたいで」

ミカン「そうなの?私とは普通に話してるけど…」

シャミ子「…」ジワ

ミカン「あっ、別にそう言う意味で言ったんじゃないわよ!?」

杏里「地雷踏んだね〜」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:43:56.65 ID:HcZGaOgS0
杏里「シャミ子の方で思い当たる節は無いの?ちよももに何かしちゃったとか?」

シャミ子「特には…」

シャミ子「急によそよそしくなって、訳が分からないです…」

杏里「なるほど…」

ミカン「桃の事だから多分、例の件を引きずってるんじゃないかしら?」

杏里「例の件?」

ミカン「さく…桃のお姉さんとシャミ子のお父さんに因縁があって…」

ミカン「…これ言っちゃっていいのかしら?無神経だった?」

杏里「あー、風の噂で聞いてるよ?なんか大変らしいね」

ミカン「そうなの、それでシャミ子に会うのが後ろめたいと思ってるのかもよ?」

シャミ子「その事なら桃ともちゃんと話し合った、はず…なんですけど」

ミカン「そう…」

ミカン「分かったわ、桃にそれとなく聞いてみる」

シャミ子「本当ですか!?ありがとうございます!!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:44:43.84 ID:HcZGaOgS0
<ばんだ荘>

シャミ子(結局ミカンさんの言う事には…)

ミカン『シャミ子ごめん!桃からは『シャミ子は悪くないよ』しか聞き出せなかった!』

シャミ子(だそうで…)

シャミ子「むむむ…」

シャミ子(せっかく近づけたと思ったのに、また桃を遠くに感じる…)

シャミ子「桃の気持ちが知りたいな…」

リリス『シャミ子よ、それならいい方法があるだろう?』

リリス『大胆な覗き見は夢魔の特権だぞ』

シャミ子「もうごせんぞにはそそのかされません!」プンスカ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:45:39.64 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「そうだ!」

良子「子曰く、『過ちて改めざる、是を過ちと言う』…」ブツブツ

シャミ子「良…いや良子よ!」

良子「?」

シャミ子「汝に問いたい事があるっ!」

良子「えっ…は、はい!」

シャミ子「…宿敵から重要情報を得るにはどうすれば良いだろうか?」

良子「それなら、前にも言ったように相手の懐に入り込んで…」

シャミ子「もっと手っ取り早く!」

シャミ子「しかも敵は頑なで、情報をなかなか出そうとはしないという条件付きだ!」

良子「う〜ん、だとしたら…」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:46:35.64 ID:HcZGaOgS0
良子「良、前にものの本で読んだ事があるんだけど…」

シャミ子「うむ」

良子「昔ある王様が、どんなに拷問をしても吐かない捕虜から情報を引き出すのに使った方法があって」

シャミ子「うん?」

良子「捕虜を三日三晩起きたままにした後にやっと寝ることを許可するの」

良子「そして捕虜が睡眠に落ちたタイミングを見計らって、叩き起こして尋問したんだ」

シャミ子「へ、へぇ〜」

良子「睡眠不足の上に、起き抜けの意識が低下した状態で質問されるから、頭が回らなくなって黙ってたりウソをついたりする事ができないらしいよ?」

シャミ子「…」

良子「ちなみに尋問の後すぐ捕虜は処刑したんだって」

シャミ子「」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:47:42.73 ID:HcZGaOgS0
良子「どう?こんなのは参考になったかな…?」

シャミ子「え」

シャミ子「あっ、ああ…も、もちろんだ!流石はわが妹よ!!」

良子「本当!?良かった!」

良子「もっとお姉の役に立つ情報調べてみるね!」

シャミ子「あはは…」

シャミ子「は、は…」

リリス『う〜む…』

シャミ子「…良はこのままで大丈夫でしょうか?」

リリス『流石は余の子孫、将来が楽しみでもあり末恐ろしくもあるな…』
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:48:48.32 ID:HcZGaOgS0
リリス『しかし良の話にも示唆に富む点はあった』

シャミ子「ごせんぞ!」

リリス『ん?』

シャミ子「いくら宿敵相手とはいえ、まぞくであっても監禁拷問はNGです!」

シャミ子「ポリス沙汰です!カツ丼取り調べコースです!!」

リリス『違う違う!余とて流石にそこまでしろとは言わんわ!!』

リリス『…余が言いたいのは、やはり相手の真意を知るには寝込みを襲うのが一番という事よ』

リリス『もちろん夢の話だぞ?』

シャミ子「ですから!桃の夢に潜り込むなんてもうしたくありません!」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:49:46.25 ID:HcZGaOgS0
リリス『はぁ〜、お主は何も分かっとらんなぁ…』

シャミ子「どういう意味ですか?」

リリス『シャミ子よ、お主が桃に距離を置かれるような事をした覚えはないし、実際桃もそう言っているのだろう?』

シャミ子「それは、そうです…」

リリス『なら原因は桃の方にある』

リリス『余が思うにアイツは悩みを一人で抱え込むタイプ…』

リリス『お主から離れたのはきっとそれを察されるのを嫌がったからではないか?
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:50:44.23 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「でもそれが桜さんの事だとしたら私が口出しするのは…」

リリス『口出ししろとまでは言っておらん』

リリス『今桃は誰にも相談できぬまま、ひとり悶え悩み苦しみ、夜な夜な枕を濡らしているかも知れぬのだ』

リリス『お主はその苦しみを理解する最善の手段を持っているというのにそれを使わないというのか?』

リリス『シャミ子よ!お主にとって桃はその程度の存在なのか!?』

シャミ子「ごせんぞ…!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:51:27.57 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「そうだ…桃の悩みは私の悩み、桃の苦しみは私の苦しみ…!」

シャミ子「今桃がどんな問題を抱えてるのだとしても私はそれを知りたい…理解したい!」

シャミ子「私、もう一度桃の夢に入ります!」

リリス『シャミ子よ、よくぞ言ってくれた…!』

リリス『分かったならついでに余への敬意を桃の深層意識に植え付けて来ておくれ』

シャミ子「ごせんぞ!?」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:52:18.13 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「とは言ったものの…」

シャミ子「桃には私の能力はバレてるし、一体どうやって…」

しおん「呼ばれて飛び出て!!」

シャミ子「うわっ!」

シャミ子「いきなりどこから出てきたんですか!?」

しおん「御用とあらば即参上!どこからでも駆けつけるよ〜」

しおん「それともお呼びでない?」

シャミ子「お呼びですけど呼んでないです!!」

しおん「心の声を聞いたんだよぉ」

シャミ子「えっ、何それは…」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:53:08.09 ID:HcZGaOgS0
しおん「まあまあそれは置いといて」

シャミ子「あっ、流しちゃうんだ…」

しおん「千代田さんの夢にこっそり入りたいんだよね?」

シャミ子「話が早いですね!?その通りです!」

しおん「ちょうどピッタリの物が今あるよ」

しおん「はいコレ」

シャミ子「何ですか?」

しおん「魔力を外界から遮断する薬」

しおん「これを使えば見つかりにくくなるし…」

しおん「たとえ見つかっても魔力を感じない以上、それはあくまで千代田さんが自分で見た夢としか認識されない…はず!」

シャミ子「なるほど!」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:53:52.60 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「それで、どうやって使うんですか?」

シャミ子「普通のスプレー缶にしか見えないですけど…」

しおん「うん、制汗スプレー感覚で全身に吹き付ければ数時間は効果が持続するよ」

シャミ子「汗…?」

シャミ子「もしかして魔力って…臭かったりします?」

しおん「物のたとえだよぉ〜」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:54:53.18 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「あっ、それともう一つ質問なんですけど」

しおん「何かな?」

シャミ子「現実の薬が夢の中で効くんですか?」

しおん「いい質問だねぇ!」

しおん「それはズバリ、シャミ子ちゃんの信じる力次第!」

しおん「夢の中でも効くと思ったら効くよ!」

シャミ子「ええ〜…」

シャミ子「…とにかくありがとうございます、恩に着ます」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:55:40.81 ID:HcZGaOgS0
しおん「お代は千代田さんにツケとくねぇ」

シャミ子「え!?それはダメです!」

しおん「大丈夫、名目はシャミ子ちゃんの魔力強化薬とかにしておくからぁ」

シャミ子「いや、そういう事ではなくてですね…」

しおん「なんで?千代田さんがシャミ子ちゃんのプロデューサーなんでしょ?」

シャミ子「それは桃が勝手に言ってるだけです!」

しおん「じゃあシャミ子ちゃん払えるの?」

シャミ子「え」

しおん「税関を通りにくい貴重な材料を使ってるんだよねぇ」

しおん「シャミ子ちゃんのバイト代で足りるかなぁ…?」

シャミ子「ううう…」グスッ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:56:25.06 ID:HcZGaOgS0
しおん「ウソウソ、これは試作品だからタダであげる」

シャミ子「本当ですか!?」

しおん「シャミ子ちゃんとはこれからも末長くお付き合いしていきたいからねぇ」

シャミ子「よくわかりませんがありがとうございます!!」

しおん「その代わり、後で使用感を詳しく聞かせてね!」

シャミ子「分かりました!」

しおん「ご先祖様もじゃあね〜」

リリス『ヒィッ!?』
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:57:09.95 ID:HcZGaOgS0
リリス『シャミ子や…余は怖かったぞ』メソメソ

リリス『せっかく空気に徹しておったのに…』シクシク

シャミ子「ごせんぞ!ガンバです!!」

リリス『…何にせよ準備は整った訳だ』

リリス『後は実行あるのみ!』

シャミ子「はい!」

リリス『決行日は良のアドバイスに従えば学生が一番疲れている週末が良さそうだな』

シャミ子「次の日が平日だと学業に差し支えますしね!」

シャミ子「…フッフッフッ、桃色魔法少女め…首を洗って待っていろ!」

シャミ子「必ずその苦悩、我が物にしてくれるわ!!」

<千代田家>

桃「…」クシュン!

桃「…?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:58:09.53 ID:HcZGaOgS0


リリス『さて、用意はいいか?』

シャミ子「小倉さんの薬もスプレーしましたし、後は寝るだけです!」

リリス『今回は魔力で勘付かれぬよう余のサポートは一切無しだ』

リリス『心して行け!』

シャミ子「分かりました!」

シャミ子「…」

シャミ子「ごせんぞ…」

リリス『どうした?』

シャミ子「緊張で眠れません!」カタカタ

リリス『おいおい…』

リリス『…仕方あるまい、これも良い機会だ』ハァー

リリス『寝るまでの時間の有効活用として、余のメソポタ時代の偉業でも話すとするか!』

シャミ子「あっ、急に眠気が…」スヤァ
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 03:59:13.80 ID:HcZGaOgS0
<桃の夢内>

シャミ子(ついに来ちゃった…)

シャミ子(また夢の雰囲気が違う…)キョロキョロ

桃「…飛んで火に入る夏のまぞく」

シャミ子「ふぇっ…?」

桃「待ってたよ、シャミ子」

シャミ子「ぴゃーっ!?」

桃「気付かないとでも思った?」

桃「何か色々小細工してたみたいだけど、来るって分かってたら別に関係ないから」

シャミ子「も、桃…」ヘナヘナ

桃「これだけ接触を断ったら夢に乗り込んで来るんじゃないかとは思ったけど…まさか本当に来るとはね」

シャミ子「そ、そうだ!桃が理由も言わずに私を避けるのが悪いんだぞ!!」プンスコ

桃「だからと言って人の夢に勝手に上がり込むのはあまりいい趣味じゃないよね?」

シャミ子「私だってこんな事したくありません!」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:01:16.54 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「桃、私桃に何かしちゃいましたか!?」

シャミ子「だったら謝りますから!無視しないで下さい!!」

桃「…別にシャミ子は何もしてない」

シャミ子「なら…!」

桃「シャミ子は悪くないよ、これは私の問題」

シャミ子「おとーさんの件ですか!?それなら一緒に解決していくと…」

桃「ううん、その話じゃない」

桃「…って言うのも無責任な言い方で嫌だけど、本当に別件なんだ」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:02:28.77 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「じゃあ一体…」

桃「シャミ子…誰にだって触れられたくない秘密があるのは分かるよね?」

桃「胸に秘めたこの気持ちを整理するのに時間が欲しい、それだけだよ」

桃「しばらくそっとしておいて欲しい」

シャミ子「でも…」

桃「シャミ子にだって一つや二つあるでしょ?私への隠し事…隠したいこと」

シャミ子「あります、けど…!」

シャミ子「だからといって私は桃から逃げたりしません!」

桃「なんで…」

シャミ子「桃と一緒に戦うと!桃の前から勝手にいなくなったりしないと!そう誓ったからです!!」

桃「…!」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:03:17.38 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「貴様こそ忘れたのか!?もう私から逃げたりしないと言った、あの日の約束を!!」

桃「それとこれとは…」

シャミ子「私は桃から逃げない!」

シャミ子「だから桃も、私から逃げるなっ!!」

桃「っ…」

桃「シャミ子って時々、やたら押しが強くなるよね」

桃「何なんだろ、ホントに…」

桃「…わかった、もう逃げたりしないよ」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:03:59.41 ID:HcZGaOgS0
桃「シャミ子…」

シャミ子「…」ドキドキ

桃「…ごめん」ギュッ

シャミ子「!」

シャミ子「ふぇぇ…」

桃「っ…ゴメン!痛かった!?」バッ

シャミ子「ぢがいまずぅ…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:04:42.65 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「だっでぇ、だっでぇ…」

シャミ子「ずっどももにぃ、ぎらわれだのがどおもっででぇ…」

桃「違うよ!?ちがう!」

桃「やっぱりシャミ子はおばかなのかな!?」

桃「私がシャミ子を嫌いになったりする訳ないじゃん!」

シャミ子「じゃあなんでわだじがらにげだんでずがぁ…」

桃「もう!どうして分からないかな!?」

桃「この鈍感まぞく!」

シャミ子「ふぇ…?」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:05:58.77 ID:HcZGaOgS0
桃「私は!シャミ子が!大好きなの!!」

シャミ子「///!?」

桃「ドジだし、弱いし、頭だって良くないし…」

シャミ子「言いたい放題…」グズッ

桃「…それなのに健気で、頑張り屋で、いつだって一生懸命で」

桃「いつからだろう、シャミ子の事…」

桃「好き、になってた」

桃「ずっと抑えてたつもりだったけど、意識し出したらもう止まらなくて」

桃「毎日どう顔を合わせればいいのかも分からなくなって…」

桃「それで、シャミ子を避けてたんだ…」

シャミ子「桃…」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:06:44.51 ID:HcZGaOgS0
桃「シャミ子がいるから私はここにいる」

桃「…ううん、ここにいられる」

桃「もしかしたらこの気持ちは、シャミ子の能力のせいなのかも知れないけど…」

シャミ子「それは…!」

桃「黙って聞いて」

桃「…だとしても、後悔なんてしてない」

桃「どっちにしても、私はシャミ子の事を好きになってただろうから」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:07:26.78 ID:HcZGaOgS0
桃「…あーあ、言っちゃった」

桃「これが私の秘密、嘘偽らざる本音だよ、シャミ子」

桃「ふふっ、夢の中では素直になれるのかな…なんでだろ?」

桃「でもしょせん夢は夢、ただの世迷い事だと思って忘れてくれていいよ」

桃「起きたら明日から今まで通りに…」

シャミ子「そんなの嫌です!」

桃「シャミ子…?」

シャミ子「桃だけ一方的に告白するなんてズルい!」

シャミ子「私だって、私だって…!」

シャミ子「桃の事が大好きなんだーっ!!!」

桃「シャミ子///!?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:08:13.24 ID:HcZGaOgS0
シャミ子「桃!好き!大好き!!」

シャミ子「今日は桃と私の告白記念日です!!」

シャミ子「忘れろと言われたってぜーったい忘れてやらないんだからな///!?」

桃「あっ、うん…///」

シャミ子「できればこういうことは…その場の流れでじゃなくて、ちゃんとした時にしたかったんですけど…」ボソッ

桃「へえぇ…た、例えば?」

シャミ子「や、夜景のきれいなレストランでとか…」

桃「ぷっ」

シャミ子「きさまなぜ笑う///!?」

桃「いや…」

桃「シャミ子って意外とロマンチストなんだなって…」クスクス

シャミ子「ロマンチストで何が悪い///!?」

桃「うん、そうだね…」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:08:50.14 ID:HcZGaOgS0
桃「シャミ子…寂しい思いをさせてごめん」

桃「これからはお互い、もう少し素直になろう…」

シャミ子「…はい」



<公園>

ミカン「…で、桃に呼び出されて久しぶりにこの町に戻って来たってわけよ」

杏里「へー、色々あったんだね〜」

ミカン「そうよ、大変だったんだから!」

杏里「…ん?あれシャミ子とちよももじゃね?」

ミカン「え?」

杏里「おー…」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:09:29.64 ID:HcZGaOgS0
桃「シャミ子、今日のお弁当はなーに?」

シャミ子「それは着いてからのお楽しみです!」

シャミ子「今回は自信作なので期待していいですよ!」

桃「シャミ子の作るものなら何だって美味しいじゃない」

シャミ子「いやいや、桃と食べるから何でも美味しくなるんですよ?」

桃「もう、シャミ子ったら!」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:10:04.77 ID:HcZGaOgS0
ミカン「えっ、何アレ…」

杏里「やっべーものを見てしまった…」

杏里「…ちよももあんなキャラだったっけ?」

ミカン「いや、私もちょっと混乱してる…」

ミカン「今まで桃のあんな笑顔見た事ないわ…」

ミカン「おちけつ…おちけつ…」ブツブツ

杏里「ま、まぁ…仲直りはできたみたいで良かったんじゃん?」

ミカン「そ、そうなのかしら…?」

シャミ子「アハハ」

桃「ウフフ」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:11:39.67 ID:HcZGaOgS0
<ばんだ荘>

リリス『シャミ子』

リリス『シャミ子よ…』

リリス『シャミ子やーい』

リリス『シャミ子〜?』

リリス『…』

リリス『…最近露骨にハブられてて、余はただただ悲しいぞ』クスン

がんばれご先祖!!
子孫の幸せのための尊い犠牲になるんだ!!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:12:19.51 ID:HcZGaOgS0
おまけ

ハミだせ!!まちカドまぞく@
〜部活勧誘編〜

シャミ子「桃!桃!陸上部入りませんか!?」

桃「え、何なの藪から棒に…」

桃「というかシャミ子別に陸上部関係ないよね?」

シャミ子「関係ないですけど!桃にはぜひ陸上部に入って欲しいんです!!」

桃「なんで…?」

シャミ子「なんでも!」

桃「う〜ん、興味ないかな…」

シャミ子「じゃあせめてユニフォームだけでも着てください!!」ハスーハスー

桃「そういう事か…」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:12:59.09 ID:HcZGaOgS0
ハミだせ!!まちカドまぞくA
〜ご飯のお供編〜

シャミ子「桃の香りでご飯が美味い!」

桃「やめて」

ミカン「私も混ぜなさいよ!」

シャミ子「えっ」

ミカン「シトラスフレーバーでもっと美味しく!」ブシャー

ミカン「さあ召し上がれ!」

桃「…」パク

桃「…うん」カチャ

ミカン「…シャミ子は!?」バッ

シャミ子「あの、えっとぉ…」

シャミ子「す、好きな人は好き、かな…?」トオイメ

ミカン「ダメか…」ガックリ
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/10/13(日) 04:13:36.86 ID:HcZGaOgS0
終わりです。
ここまでお読みいただきありがとうございました!
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/13(日) 05:32:54.09 ID:1+2vUeGKo
乙した
でも内容が地味ね
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/13(日) 07:48:32.98 ID:3iF6LmvLO
おもろい
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/13(日) 09:36:47.19 ID:umBuWWtd0
良かった乙
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/14(月) 13:45:05.69 ID:ySXNHDhuo
良かった!
24.44 KB Speed:0.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)