黒埼ちとせ「私の、すけべ魔法使い」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:02:43.91 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「………」

P「ちとせ」

ちとせ「………」

P「おーい、ちとせ? 大丈夫か」

ちとせ「あー……うん。平気。今日はちょっとローテンションなだけ」

P「そうか……辛くなったら、すぐに言うんだぞ」

ちとせ「最近千夜ちゃんのツッコミが鋭くて辛いの」

P「そうか……自業自得だな」

千夜「主を正しい道へ導くのも僕の役目ですから」

ちとせ「ほらぁ、こういうとこ」

千夜「お前、運がよかったですね。テンションが低い時のお嬢さまに話しかけて無事でいられるとは」

P「なんだ、運が悪いと血でも吸われるのか」

千夜「『……っるさいな』と舌打ちされます」

P「血の気が引きそうだ」

ちとせ「私そんなこと言ってる?」

千夜「たまにですが。私は慣れています」

ちとせ「愛してるよ、千夜ちゃん♪」

千夜「私もです。お嬢さま」

P「ダメ男に引っかかる真面目な女の子みたいだ」

ちとせ「女の子同士なのでセーフだよー」

P「漫才やってるうちに調子戻ってきたか?」

ちとせ「そうみたい。魔法使いの魔法かも?」

P「まあ、笑顔は万能な魔法とも言われるからな。俺との漫才で笑ってくれるのはいいことだ」

ちとせ「へっ」

千夜「フッ」

P「もうちょっと可愛らしく笑えないか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1570982563
2 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:03:24.74 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「あは♪ 冗談冗談。お礼におっぱい揉む?」

P「ははは。そんな色仕掛けしても引っかからんぞ」

千夜「今一瞬右手がひくついたように見えましたが」

P「内なる獣を封じ込めたんだ」

ちとせ「『鎮まれ俺の右腕……!』ってやつ?」

P「そんな感じだ」

千夜「属性を盛りますね、お前」

P「属性の多さに関しては君達ふたりには勝てないけどな」

ちとせ「天才色白スレンダー手袋黒髪毒舌美少女メイドだもんね♪」

千夜「恐縮です」

P「さらっと毒舌って言われてるけどいいのか」

千夜「公認されたので今後はもっと遠慮せずいこうかと思います」

ちとせ「私、ひょっとして墓穴掘った?」
3 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:04:07.15 ID:8UFKsoQO0
数時間後


P「ふう……一息入れるか」


ちとせ「だーれだ?」

P「この抑揚のつけ方は千夜……と見せかけて、弾力のある胸が当たってるから千夜じゃないな」

ちとせ「せいかーい。でも本物の千夜ちゃんだったらひどい目に会ってたよ?」

P「あと萌え袖が顔をすりすりしててこそばゆい。これでちとせだとわかった」

ちとせ「お化けだぞー♪」

P「俺は仕事中だ。遊ぶな」

ちとせ「でも数年後は遊びでお化けやってないかもしれないよ?」

P「たまに反応しづらいやつぶっこむのやめてくれ」

ちとせ「あは♪ たまにあなたの困ってる顔を見たくなっちゃうんだよね」

P「なら、暇なとき会議に参加するか? いくらでも困り顔が見られるぞ」

ちとせ「そういうリアルなのはいいかなぁ」

P「俺が君の棺桶ジョークに振り回されてるのも立派な現実だぞ」

ちとせ「ごめんごめん。でも、このネタ使えるのあなたくらいしかいないし、吐き出しどころがないんだよねぇ」

P「吐き出しどころ、ね」

P「……なあ。前から気になっていたんだけど。どうして俺に、話してくれたんだ」

ちとせ「何を?」

P「今のちとせの状況だよ。もう長くないと思うって。なかなか教えられることじゃないだろう」

ちとせ「……理由、知りたい?」

P「ああ、知りたい」

ちとせ「そうだなぁ……じゃあ、ひとつお願いごと」

P「お願い?」

ちとせ「そう♪」



ちとせ「今日、お仕事終わったらデートしてくれない?」


4 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:07:41.63 ID:8UFKsoQO0
夕方



千夜「お嬢さま、これを」

ちとせ「なにこれ?」

千夜「防犯ブザーです」

ちとせ「子供扱いしてる?」

千夜「遠慮なさらず。1ヶ月ほど早いですが誕生日プレゼントと思っていただければ」

ちとせ「いらないもの押しつけられた挙句、誕生日プレゼント枠まで消費されちゃたまったもんじゃないなぁ」

千夜「しかし、あの男とデートですよ? 用心に越したことはないかと」

ちとせ「大丈夫だって。手を出す度胸なんてないんだから」

千夜「………わかりました。お嬢さまが、そう言うなら」


P「もういいか?」

千夜「お前、これだけは言っておきます」

P「ん?」

千夜「お嬢さまは少しでも気を抜くとふらふらどこかへ行ってしまうので、何か厄介ごとに巻き込まれないようにしっかり見張っておくように」

ちとせ「あれ? ひょっとして、千夜ちゃんが心配してたのって魔法使いじゃなくて私の行動?」

千夜「この男が信用ならないなら、とうの昔に首を切っています」

P「実は命の危機に晒されていた事実に震えが止まらない」

千夜「比喩ですが」

P「知ってる。こっちの返しも比喩の表現だ」

ちとせ「ひゅーひゅー♪」

千夜「今のは、『比喩(ひゆ)』と『ひゅ』をかけたオヤジギャグです」

ちとせ「お嬢さまギャグだよ?」

P「………ぶふっ」

ちとせ「よし、時間差で効いたっ」

千夜「お前も大概笑いの沸点が低いですね」

P「笑いは万能の魔法だからな」

ちとせ「もうそのフレーズ自体が万能と化してるよね」

P「世の中楽しんだもの勝ちだ」

ちとせ「それ、同意見♪ かけがえのない今を楽しもう♪」

千夜「お嬢さまが楽しんでいるならなによりです。頼みましたよ、お前」

P「わかった。ばっちりお嬢さまのエスコートをしてくるよ」

ちとせ「千夜ちゃん、晩御飯は3人分でね♪」

千夜「かしこまりました」
5 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:09:37.84 ID:8UFKsoQO0
P「デートっていうからはじめは身構えたけど、事務所からちとせの家まで一緒に帰るだけなんだよな」

ちとせ「あら? 魔法使いはもっと過激なのをご所望だった?」

P「まさか。それこそ千夜が黙ってないだろう」

ちとせ「あの子、なんだかんだであなたを評価してるよ? あなたが本気なら、きっと認めてくれると思うけど」

P「マジ?」

ちとせ「私に相応しい男になるための地獄の特訓が待ってると思うけどね」

P「それは嫌だな」

ちとせ「まず身長を180センチ後半にする特訓」

P「改造手術か?」

ちとせ「次に高所得者になる特訓」

P「転生か?」

ちとせ「あと、IQ300で手先が器用で掃除洗濯料理が完璧で仏のような性格の持ち主なら認めるって言ってたかなぁ」

P「それ、かぐや姫と同じなんじゃないか?」

ちとせ「認める気がないってこと? あは、まああの子も今の段階じゃ想像が難しいんじゃないかな」

P「ずっと一緒に暮らしてるんだもんな。その相手に彼氏ができたら……落ち着かないだろうな」

ちとせ「私は、千夜ちゃんに彼氏ができるの歓迎だけどね♪」

P「こういう風に言う子ほど求めるものが多かったりするんだよな」

ちとせ「あは♪」

P「笑うだけなのは図星ってことでいいか?」

ちとせ「ご想像にお任せします」

P「ダメ男だと血を吸いつくしそうだな」

ちとせ「そんなことしないよ」

P「本当か?」

ちとせ「そんな男の血、絶対まずいから飲む価値ないし」

P「そういう理由か……」
6 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:11:14.77 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「どこかの魔法使いさんとかいいと思うんだけどなぁ。千夜ちゃんもまんざらでもなさそうだし」

P「さらし首?」

ちとせ「聞き間違いということにするにしても限度があるよ?」

P「前から思ってたけど、ちとせは俺と千夜とをくっつけたがってるよな」

ちとせ「だって、あの子にとって大切なものが増えるのはいいことだもの。私以外の、ね」

P「………」

ちとせ「あと、私が色恋に興味津々なお年頃だから♪」ニコニコ

P「ちとせらしいワガママぶりだ」

ちとせ「お嬢さまは、偉いんだよ?」

P「はいはい。まあどちらにせよ、俺は千夜とそういう関係になるつもりはないよ」

ちとせ「巨乳派だから?」

P「プロデューサーだから」

ちとせ「つまんない返答〜」

P「つまんないも何も、俺だって生きるために稼がないといけないんだ。不祥事は避けたい」

ちとせ「じゃあ、私の家で執事として雇ってあげようか? そしたら食べるのには困らないよ?」

P「さっきも言っただろう。俺はアイドルのプロデューサーだ。二足の草鞋やれるほど、器用じゃない」

ちとせ「………」

P「………」

ちとせ「今ちょっとセリフキメに来たでしょ」

P「なぜバレた」

ちとせ「あなたがええかっこしいなの、バレバレだもの」

P「なんか恥ずかしいな……」

ちとせ「でも、私はいいと思うよ? ええかっこしいだからこそ、アイドルのみんなにも、ええかっこさせるのが上手なんじゃないかなって」

P「ちとせは人を褒めるのがうまいな」

ちとせ「貶すのもうまいよ?」

P「その情報いる?」

ちとせ「あ、おいしそうなコロッケ売ってる! 魔法使い、コロッケ!」

P「魔法使いはコロッケじゃありません。食うか?」

ちとせ「食べる♪」
7 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:12:06.54 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「おいひー♪」モグモグ

P「商店街のコロッケって、たまに食べるとめっちゃうまいんだよな」

ちとせ「そうなんだ」

P「そうなんだよ」

ちとせ「なら、ご贔屓にしちゃおうかな。私もたまに食べにくるね」

P「あんまり食べ過ぎて、晩御飯が入らないようにしちゃだめだぞ」

ちとせ「千夜ちゃんに影響されて、あなたも私を子供扱いしてない?」ムー

P「実際、小食っぽいからな。ちとせは」

ちとせ「確かにそうだけど、千夜ちゃんの手料理は別腹でーす」

P「今晩は俺もその手料理をいただけるんだよな。楽しみだ」

ちとせ「デートのお礼でね。あの子自身、料理が好きだからいろいろ勉強してて……あ、手にソースがついちゃった」

ちとせ「………」チュパチュパ

P「………」

ちとせ「今、私が指を舐めてるの見て興奮したでしょ」

P「し、してないが。それより、お行儀が悪いぞ」

ちとせ「普段から悪い子なのでセーフだよ♪ よく夜に起きて冷蔵庫を物色してるのを千夜ちゃんに叱られてるの」

P「『太りますよ』って?」

ちとせ「『服を着てください』って」

P「………」

ちとせ「今、裸の私を想像したでしょ」

P「そりゃそうだろ」

ちとせ「わお、開き直った」

P「裸族なのか?」

ちとせ「寝るときはたまに裸」

P「おおぅ」

ちとせ「率直な感想を言うと、ちょっとキモい」

P「率直な感想を言うと、ちょっとどころじゃなくグサッときてる」

ちとせ「あは♪ ……ねえ、ちょっと寄り道しない?」

P「寄り道? どこに」

ちとせ「んー。高いとこ?」

P「俺、今日持ち合わせが」

ちとせ「違う違う。物理的に高いところ」

P「?」
8 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:15:27.77 ID:8UFKsoQO0
近くの高台




ちとせ「今日はよく晴れてるから、星がよく見えると思ったんだよね」

P「一緒に夜空を眺めるなんて、いよいよデート染みてきたな」

ちとせ「今までデートだと思ってなかったの?」

P「はは、すまんすまん」

ちとせ「千夜ちゃんに『魔法使いに弄ばれた……』って送っとくね」

P「明日の命を繋ぎたいからやめてくれ」

ちとせ「ウ・ソ♪ あなたって本当、面白い顔を……っくしゅん」

P「……ほら」バサ

ちとせ「あ」

P「今日、ちょっと冷えるから羽織っとくといい」

ちとせ「……ありがとう。今のは、ちょっとかっこよかったよ?」

P「?」

ちとせ「なんだ、無自覚なんだ。損な性格」

P「意味深なことばかり言って説明しないキャラは嫌われるぞ」

ちとせ「あなたも嫌い?」

P「実は結構好き」

ちとせ「じゃあいいじゃない」

P「かもな」

ちとせ「……綺麗な夜空」

P「そうだな。星がたくさん輝いている」

ちとせ「そして、その背景には吸い込まれそうなほどの黒が広がっている」

P「黒埼の黒か」

ちとせ「そう。この間、あなたは私に虹色の衣装をくれたでしょう? あれみたいに、きっとこれからも、いろんな色を私に与えるつもりなんだろうけど……私はそれを、全部黒に塗りつぶしちゃうかもしれないよ?」

P「………」

P「心配するな。俺のスーツのほうが黒い。しかもいつでもどこでも黒スーツだ。常時黒だ」

ちとせ「それは普通にファッション考えて?」

P「はい……」
9 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:17:55.08 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「ふふっ。でも、そっか。私の黒を、あなたの黒で塗りつぶされちゃうかもしれないんだ」

P「なかなか落ちなさそうだけどな」

ちとせ「頑固な汚れみたいな表現はちょっとムカつくな」

P「ははは。俺の黒魔法で塗りつぶしてやる」

ちとせ「あなた、結構『魔法使い』って呼ばれるの気に入ってるよね」

P「実はそう。この前言ってもらった『庭園の魔法使い』ってフレーズめちゃくちゃかっこいいと思ってる」

ちとせ「あなたにはもったいないくらいかも」

P「他にもないか? かっこいい二つ名」

ちとせ「すけべ魔法使い」

P「なんですけべ?」

ちとせ「逐一説明してあげよっか?」

P「遠慮しておきます……」

ちとせ「あは。あ、説明といえば……教える約束だったよね。私があなたに、あの話をした理由」

P「そういえばそうだったな。普通に楽しんでて、忘れてた」

ちとせ「その理由はね……本当、単純なんだ」



ちとせ「一目惚れ」

P「えっ」

ちとせ「はじめてあなたの顔を見たとき、結構好みだなーって思っちゃって……あは」

P「………」


P「嘘だろ」

ちとせ「うん、ウソ」

P「まったく……俺じゃなきゃ騙されてる演技力だったぞ」

ちとせ「あ、ひょっとして褒めてくれてる?」

P「呆れてるんだ」

ちとせ「ふふ……でも、別にそんな好みの顔でもないあなたを私は選んで、今もこうして隣に立ってもらっている。そっちのほうが、ロマンチックじゃない?」

P「選んだのは俺だけどな」

ちとせ「私ですけど」

P「俺ですけど」

ちとせ「私」

P「俺」

ちとせ「………あははっ」

P「………ははっ」


10 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:19:29.46 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「こうして星を眺めてると、感じるんだ」

ちとせ「おほしさま、放っておけば近いうちになれると思ってたんだけど……生きてるうちに、あなた達と一緒にいるうちに、なりたいと思うようになっちゃった」

P「なれるさ。その瞬間には俺も立ち会ってる」

ちとせ「いいの? 長くいればいるほど、別れの時が辛くなるよ」

P「そんなの、あの夜に身の上話をされた時から織り込み済みだ」

ちとせ「……そう」

P「俺は、ちとせも千夜も、夜空の星に負けないくらいのスターにするつもりだからな」

ちとせ「………本当の理由。それだったんだよ」

P「え?」

ちとせ「最後の確認のつもりだった。事情を話して、それでもあなたは私達と一緒にいてくれるのか。確かめたかったの」

P「……ちとせは、軽い口ぶりで重いことを言うよな」

ちとせ「体重が軽い分、感情は重く、ね?」

P「それと、意外と優しい」

ちとせ「優しい?」

P「別れるなら、俺の傷が浅いうちにって思ったんだろう?」

ちとせ「……さあ? 私は自分勝手な吸血鬼だから」

P「俺も結構勝手だから、おあいこだな」

ちとせ「あは、なにそれ。まあ、本当のことを言うと……あなたがどんな反応をするか、結構ドキドキしてたし」

ちとせ「だから……嬉しかったんだよ? プロデュースを続けてくれて」

P「嬉しかったのか」

ちとせ「うん。かなり」

P「かなり嬉しかったのか」

ちとせ「うん。めっちゃ」

P「惚れ直すくらいか」

ちとせ「まず惚れたことないから直しようがないかな」

P「残念だ……」

ちとせ「冗談で言ってるのかと思ったら本気で残念そう」

P「俺は素直だからな」

ちとせ「でも、あなたは私に惚れてるでしょう?」

P「アイドルとしてな」

ちとせ「つまんない模範解答。でもいいか」

ちとせ「私と一緒に、地獄の底まで付き合ってね。魔法使いさん」

P「……ああ」

ちとせ「ふふっ」



ちとせ「あ、地獄の底じゃなくて天国の上だね。私かわいいし」

P「微妙に図々しいよな、ちとせって」

11 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:21:31.83 ID:8UFKsoQO0
その後 黒埼邸



千夜「何もありませんでしたか」

ちとせ「うん♪ 全然平気だったよ」

千夜「何もありませんでしたか」

ちとせ「あれ? スルーされてる?」

P「ちゃんと手綱を引いておいたよ」

千夜「そうですか。安心しました」

ちとせ「私の発言が信用されてなくない?」

千夜「こういう状況なら、この男に聞いたほうが正確な情報を得られると思いましたので」

ちとせ「千夜ちゃんのいじわるー! いこっ、魔法使い! 今日はまだまだエスコートして♪」

P「え、まだか?」

千夜「いえ。屋敷に戻られたのですから、あとは私が」

P「じゃあ一緒にやるか」

千夜「良案です。では私はお嬢さまの左手を握ります」

P「じゃあ俺は右手を」

ちとせ「………」

ちとせ「子供扱いしてる?」

12 : ◆C2VTzcV58A [saga]:2019/10/14(月) 01:22:05.58 ID:8UFKsoQO0
――前に、千夜ちゃんには生きがいが必要だって言ったでしょ?

今のあの子にとっては、私がすべてだから。少しでもたくさんの、大切なものを見つけてほしいって。できば、ずっと消えないようなものがいいなって。

もしかしたら、私もそうなりかけていたのかもしれない。

あの子に何かを残してあげたい。いつしか、それがすべてになってしまう――そんな日が、訪れてしまっていたのかもしれない。






ちとせ「あなたの手、大きくてあったかいんだね……」

P「キュンっ」

ちとせ「力が弱まったすきに逃げちゃうよ♪」スタコラ

P「はっ! しまった!」

千夜「お前、率直に言ってキモいです」

P「ち、違う! 待ってくれちとせ! えっと、その……ちとせの手は、小さくて守りたくなるような感じだったぞー!」

千夜「何故感想返し?」

ちとせ「っ………あは」





――そんな閉じかけた世界を、あなたがこじ開けてくれる?

無作法に踏み込んで、無礼に講釈を垂れて、無理を現実に変えてくれる?

だとしたら、きっとそれは……間違いなく『魔法使い』の偉業だよ。






ちとせ「……ふふっ。ばーか♪」



P「それは千夜の特権だろ」

千夜「お嬢さまと言えど許諾をとっていただかなければ」

ちとせ「権利に厳しい!」




おしまい
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/14(月) 02:21:37.79 ID:QrLQNZuDO
いつも乙です

重過ぎると、軽口を叩いてないとやってられませんと……
14 : ◆C2VTzcV58A [sage]:2019/10/14(月) 02:35:07.20 ID:8UFKsoQO0
おわりです。お付き合いいただきありがとうございます
ちとせと千夜とバカやりたい

過去作
白雪千夜「今日はお前とふたりきり……?」
白雪千夜「ばー……」
白雪千夜「ばーか」

などもよろしくお願いします
18.75 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)