ココア「チノちゃんを私に依存させよう!!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:36:03.16 ID:6ZXdpEHvo
ココア「手なわけでみんな協力して!」

シャロ「何言ってんのよあんた…」

チヤ「ココアちゃん…頭でもうったの?」

リゼ「お前は…」

ココア「ちょっとみんな!私は正気だよ!」

ココア「最近チノちゃんがかまってくれないの!だからみんなでチノちゃんを無視して私に気を惹かせたいってこと!」

シャロ「はぁ?嫌よそんなの」

チヤ「ココアちゃんは?」

ココア「私はチノちゃんを無視しないよ、皆がチノちゃんを無視している中、私だけがチノちゃんを優しくするの!」

リゼ「はぁ…付き合いきれん」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1571510162
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:38:47.77 ID:6ZXdpEHvo
ココア「お願いみんな!協力してよ!」

シャロ「はぁ…しょうがないわね…私はいいわよ」

チヤ「ちょ、シャロちゃん!?」

リゼ「お、おいシャロ!?」

シャロ「その代わり終わったらちゃんとチノちゃんに訳を話しなさいよ?」

ココア「わかってるよ!」

リゼ「ったくしょうがないな…」

チヤ「ちょ、二人共……でもまあココアちゃんの頼みだし…わかったわ、私も協力する」

ココア「あ、ありがと〜みんなぁ!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:41:19.68 ID:6ZXdpEHvo
リゼ「マヤとメグは?」

ココア「二人にも伝えといてね!」

チヤ「そもそもうまくなんて行くのかしら」

シャロ「なんか嫌な予感する……」

ココア「セッティングとかは私がするからみんなはとにかくチノちゃんを無視しててね」



ココア「さてと…みんな帰ったしチノちゃんの様子でも見に行こっかなー」

コンコン

ココア「チノちゃんー?」

チノ「ココアさん?なんですか?」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:45:03.66 ID:6ZXdpEHvo
ココア「一緒にお風呂はいらない?」

チノ「え…わ、私はいいです…!」

ココア「そっかぁ…」シュン…



チノ「ココアさんとお風呂だなんて………/////」



ココア「やっぱ前と比べて距離を感じるよ…もふもふも最近させてくれないし…やっぱ無視作戦するしかないね!明日が楽しみ♪」



ココア「ふぁ…もう朝かーって、今日は休日だった」

ココア「よし…では……いまから作戦スタート!早速みんなにメールっと!」





5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:50:28.09 ID:6ZXdpEHvo
ココア「えっと…今日の13時にラピッドハウスに来て っと…全員に送信…これでよし」

ココア「チノちゃん?おはよう」

チノ「あ、おはようございますココアさん、その…もしよければ私と

ココア「あ、今日お昼すぎにみんな遊びに来るって」

チノ「…え…えっと、わかりました…」

チノ(…今日はココアさんと二人でお買い物行きたかったのに…)

13時

シャロ「ココアー?いるー?」

ココア「待ってたよシャロちゃん!」

シャロ「え、ええ…」

リゼ「おーす、ココアー」

チヤ「お、おはようココアちゃん」

チノ「みなさん、おはようございます」

ココア「シャロちゃんもチヤちゃんもおはよう!さ、入って入ってー」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:54:34.70 ID:6ZXdpEHvo
ココア「1000ピースのやりかけだったパズルやらない?」

シャロ「いいわよ」
チヤ「いいわね!」
リゼ「いいぞ」
チノ「やりますか」

ココア「うーん、これでもない…あれでもない…全くはまらないよぉ」

チノ「ココアさん、これなんてどうですか?」

ココア「どれどれ?あっ!ハマった!すごーい!!ありがとう!チノちゃん!!」

チノ「い、いえ……/////」

シャロ「これじゃない……これでもない……あーもう!どれなのよぉ!」

チノ「シャロさん、これはどうですか?」

シャロ「っ…………」

チヤ&ココア&リゼ「「「………」」」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 03:57:08.21 ID:6ZXdpEHvo
シャロ「こ、これでもない…あれでもない……あ、あー!わからないなぁー」

チノ「あ、あのシャロさ

チヤ「こ、これじゃないかしら?」

シャロ「ど、どれどれ?って全然違うじゃない!!」

チノ「えっと………これ

リゼ「シャロ、これはどうだ?」

シャロ「あっ!?ハマりました!!さすが先輩です!!」

リゼ「やったな」 

チノ「………」

ココア「チノちゃんどうしたの?」

チノ「…いえ」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 04:10:51.60 ID:6ZXdpEHvo
リゼ「そ、そういえばお腹減ったなー」
シャロ「そうですね」

チノ「それでしたらお菓子がありますので持ってきましょうか?」

ココア「あ、おねがーい」

他のみんな「………」

チノ「………」

バタンっ

シャロ「ふぅ……疲れるわね」

リゼ「全くだ」

チヤ「なんだか可哀想」

ココア「ちょ、ちょっとみんなまだ始まったばかりなんだから!」

チノ「持ってきました」

ココア「うわぁ!ケーキだ!美味しそー!」

シャロ「ゴクリッ……」

リゼ(お、おいシャロ!)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 04:15:10.11 ID:6ZXdpEHvo
ココア「いただきまーす!」

ココア「んー♪おいしー♪」

チノ「あ、あの、皆さん食べないんですか?」

みんな「…………」

チノ「………」

リゼ「…あ…ちょ、ちょっとトイレ借りていいか? 」

ココア「いいよー」

シャロ(な、リゼ先輩!?)

チヤ「パズルやろっと…」

ココア「チヤちゃん…ゴクンッ…このピースとか、合いそうじゃない?……はむはむ…」モグモグ

チヤ「あらっ!ほんと!すごいわココアちゃん!」

ココア「えへへ♪」

チノ「………」

ココア「?どうしたのチノちゃん」

チノ「いえ…なんでもないです……」ウルッ…
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 09:36:36.84 ID:sauwclJg0
速い家なのか……
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:17:41.39 ID:6ZXdpEHvo
チノ「あ、あのシャロさん、ケーキ食べないんですか?いつもはすぐがっつくのに」

シャロ(なっ…!?が、がっつくですって!?私そんなふうに見られてたの?ひどいわよチノちゃん…)

シャロ(し、しかしここはどうやって切り抜けのうか…)

シャロ「い、今はお腹空いてないなぁ……」

チノ「はぁ、そうですか…」

ココア(ちょっ!?無視になってないよシャロちゃん!)

シャロ「…え、えっとココア私そろそろ帰るね」

ココア「え、もう帰るの?」

シャロ「ええ…ちょ、ちょっと用事思い出したの」

ココア「わかった、下まで送るよ」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:20:45.40 ID:6ZXdpEHvo
シャロ「ごめんココア、私には無理」

ココア「だよね…シャロちゃん下手すぎだし」

シャロ「悪かったわね!チノちゃんは私の大切な友達で後輩なんだから、無視なんてできないわ」

ココア「……もー…いいよ!シャロちゃんはかえって!」グイッ

シャロ「ちょ、な、なにすんのよ!」

ガチャ

ココア「ふんっ!シャロちゃんなんて嫌い!」

バタンッ

シャロ「はぁ??もう知らない!じゃあね!」
 
ココア「私だって…チノちゃんのこと大切だもん……でも仕方ないじゃん!」

 
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:30:19.70 ID:6ZXdpEHvo
リゼ「なにやってんだ?ココア」

ココア「リゼちゃん…こうなったらチノちゃんを本格的に無視してね!」

リゼ「あ、ああ…」




ココア「さーて、パズルの続きやりますか!」

リゼ「お、チヤ!結構進んでるな!」

チヤ「ええ!」

チノ「わ、私もこれくらい進みました」←かなり進んでる

ココア「わっ!すごいチノちゃん!」

リゼ「おい、はやく続きやろうぜ」

チヤ「そうね、ていうかシャロちゃんは?」

ココア「シャロちゃんはもう帰ったよ」

リゼ「ふーん、ていうかパズル飽きてきたな」

ココア「そうだねえ…」

チノ「…………」

ココア「シャロちゃんも帰っちゃったしお開きにする?」



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:33:37.92 ID:6ZXdpEHvo
チヤとリゼは帰ることになった
 
ココア「ちょっと話があるからみんなを送ってくるね」

チノ「わかりました」



リゼ「あんましうまくできなかったな」

チヤ「そうねぇ、無視なんてしたことないし…」

ココア「そもそもチノちゃん自体自分から話していかないね」

ココア(これはもう、マヤちゃんとメグちゃんに頼るしかないね…)



ココア「ただいまー」

チノ「お帰りなさい………」

ココア「ど、どうしたの?チノちゃん、なんだか浮かない顔してるけど」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:36:36.88 ID:6ZXdpEHvo
チノ「いえ、その、なんだか今日皆さん変な感じしませんでした?」

ココア「え?うーんそうかな?よくわかんないや」

チノ「絶対そうです、私今日みなさんと話してない気がします」

ココア「気のせいじゃない?」

チノ「気のせいじゃありません!絶対そうです!」

ココア「まあまあ落ち着いて!私がいるじゃん!」

チノ「そう…ですけど………」

ココア(もうひと押しなのかな?これは…)
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/10/20(日) 20:39:38.88 ID:6ZXdpEHvo
ココア「てなわけで明日よろしくね」

メグ「なんだかよく分からないけど学校でお互い会話禁止ってこと?」

ココア「そういうこと」

マヤ「うん!わかったよ、メグとは喋っていいんだよね?」

ココア「そうだよ、とにかくチノちゃんと会話しちゃだめ」

メグ「えー、でもチノちゃんとお話したいよぉ〜」

ココア「だめ!お姉ちゃん命令だよ!」

マヤ「あはは、なんだよそれ〜」

メグ「か、可哀想じゃないかな……」

ココア「だ、大丈夫だって!とにかく接触禁止!いい?」

マヤ「うん、ココアの頼みならしょうがないなぁ」

メグ「わ、わかった…」

ココア「それじゃあおやすみー!」
10.07 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)