【デレマス】流れる星は消えて去り、暗闇ですら星は見つからない

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 12:41:39.25 ID:5oAXejHDO
凪「この間、Pが番組スタッフと話しているのを聞いてしまいました」

凪「Pははーちゃんを推していましたが、久川シスターは凪の方だけ欲しいそうです」

凪「はーちゃんは胸こそおっきいが、よくある一人のアイドルに過ぎず、ネギでもカギでもなく凪は」

凪「キャラクター性から、双葉杏や宮本フレデリカを合わせた以上の働きを期待できるそうです」

凪「やったね。はーちゃんを差し置いてアイドルへの登竜門が開けました」





凪「Pが強引に……抱き合わせみたいに推していましたということは、もう事務所でもわかっていたのでしょう」

凪「……なぜ、何も努力していない凪が認められ、あれだけアイドルになりたがっていたはーちゃんがあんな扱いなんでしょうか」

凪「キャッチ22です。答は見つかりません。憲兵隊に捕まりますよ」

凪「では。よきアイドルライフを」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1571542899
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 12:43:28.93 ID:5oAXejHDO
新人アイドル達のちょっぴり暗いお話です



短いですし、独自解釈に強引な設定がありますので、よろしくお願いいたします
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 12:45:25.22 ID:5oAXejHDO
りあむ「これ?」

りあむ「首輪のこと?」

りあむ「あはははっ……ファッショじゃないよ」



りあむ「だってこれには爆弾がついているんだもん」

りあむ「だからあまりぼくに近づかない方がいいよ」

りあむ「どうなるか正直わかんないからさ」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 12:54:13.41 ID:5oAXejHDO
りあむ「大丈夫だって物理的な爆弾じゃないって聞いてるから」



りあむ「うん……実はぼく、小さい頃の記憶がなくってさ」

りあむ「気がついたら制服着て学校へ通っていたんだよ……最後の三ヶ月だけだけど」

りあむ「その時にはついてたよ」

りあむ「んで、家族もクラスメートも先生も腫れ物扱いみたいにぼくに接するんだよ。やむでしょ?」

りあむ「だから、もしかするとこれを外すとトランザムするかもしれないね」





りあむ「最悪、イデ発動かもしれないけどさ」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 12:58:47.01 ID:5oAXejHDO
「ワタシノナハ……」

「……」

「キロクカイロコショウ……」

「ナカマ……」

「イタヨウナ……」

「イマハアルイエニオセワニナッテイル」



ドタドタドタドタ



ちとせ「あ、僕ちゃん、ここにいたんだ」

千夜「…お嬢様、いかがなされましたか?」

ちとせ「うん、ちょっと……ね」

ちとせ「じゃあ、あっちに行こうか」

千夜「は…い……」









ちとせ「今のことは忘れなさい。……汝、忘却の彼方へ――――――逝ね」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 13:05:10.56 ID:5oAXejHDO
ちとせ「はぁ……」

ちとせ「なんで生きてるのよ……」

ちとせ「しかも記憶もまんまだし……」

ちとせ「え?[ピーーー]ない?……ふーん」

ちとせ「仕方がないわね。なら私の秘密を教えてあげるわ」



ちとせ「私は本当は第2633代目セントニコラス……」

ちとせ「そう、あなた達がサンタクロースと言っているアレよ」

ちとせ「イヴにクラリスは配下よ。彼女達がいたから私もいる。そう言えばわかるかしら?」

ちとせ「まぁ、目的だけ簡単に言うと」









ちとせ「神々と戦争(ビッグウォーズ)まで時間がないの」

ちとせ「あなたならわかるよね。この事務所に人類に福を為す神がいるのを」

ちとせ「彼女達を味方にするために私はここへ……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 13:07:16.03 ID:5oAXejHDO




ちとせ「なんてジョーダンよ……」

ちとせ「あははっ、信じちゃったんだ」

ちとせ「怒らない怒らない……おわびに私の命が続くまでアイドルをしてあげるわ」

ちとせ「うん。あなたのためなら恐くないから」

ちとせ「じゃあね」

バタン









「でしてー」

「なの〜」

「あらあら」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 13:13:29.81 ID:5oAXejHDO
あきら「……やっぱりバレましたデスか」

あきら「自分がお兄ぃと……つながっているのを」

あきら「……バレないようにしてきたつもりでしたけど」

あきら「臭い?…………んー、わからないデス」

あきら「やっぱり……アイドルはクビ?」





あきら「うわぁ……自分よりさらに闇があるんデスね」

あきら「噂だけならよく流れてますけど、一桁の女の子が……」

あきら「自分も13からデスからあまり言えませんけど」

あきら「ま、ダメで元々デス。本格的にダメならAVでも突っ込んでいいデスよ」

あきら「ただ、あまり服装が派手なのはちょっと……いろいろ痕が」

あきら「一度おろしてますし……」





あきら「……それだけのことを自分はしたんだからね」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 13:57:48.03 ID:5oAXejHDO
あかり「あはっ……」

あかり「味覚障害ってわかるんですね……んご」

あかり「はい……私がりんご農家の一人娘なのに……そうです」

あかり「だから努力なんて……はい」

あかり「で、でも私っ、アイドルは辞めたくありませんっ!」

あかり「せっかくみんなと……みんなに、プロデューサーさんと」

あかり「あ……」

あかり「んっ……」









あかり「あ、あははは…(///)…み、みんなにバレないといいな(///)」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga sage]:2019/10/20(日) 14:06:20.19 ID:5oAXejHDO
千夜「おい、お前」

千夜「私のこと……知ったようだな」

千夜「……そうだ。亡くなった両親だった人は……やつに」

千夜「だから探している」

千夜「私より先に起動し、私の……両親をあのように殺し」

千夜「そして私の機能を一部封印した、憎むべき」







千夜「かつての仲間を」

千夜「気をつけろ。何かしらの人間としての機能は劣るが、見た目はそっくりだということを」
11 :>>6しうせい [saga sage]:2019/10/20(日) 14:09:38.08 ID:5oAXejHDO
ちとせ「はぁ……」

ちとせ「なんで生きてるのよ……」

ちとせ「しかも記憶もまんまだし……」

ちとせ「え?死なない?……ふーん」

ちとせ「仕方がないわね、なら私の秘密を教えてあげるわ」



ちとせ「私は本当は第2633代目セントニコラス……」

ちとせ「そう、あなた達がサンタクロースと言っているアレよ」

ちとせ「イヴにクラリス……それから聖に由愛は私の直属の配下よ。彼女達がいたから私もいる。そう言えばわかるかしら?」

ちとせ「まぁ、目的だけ簡単に言うと」









ちとせ「神々と戦争(ビッグウォーズ)のゼロアワーが近づいている」

ちとせ「あなたならわかるよね。この事務所に人類に福を為す神がいるのを」

ちとせ「彼女達を味方にするために私はここへ……」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 14:12:26.69 ID:5oAXejHDO
ちひろ「ニコニコ」

ちひろ「所詮は人類が作り出した機械ね」

ちひろ「神々に逆らおうだなんて……」

ちひろ「うふふ」







ちひろ「あの子が仲間だと信じて疑わない人の中に、私たちの配下の機械がいるなんてね」

ちひろ「さ、次のイベントよ」






「プロデューサーさん」

〜Fin
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 14:28:07.61 ID:5oAXejHDO
以上になります



最後、好きなネタに走りました。批判はお受けします

では、ありがとうございました
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/20(日) 15:31:20.56 ID:vXsRQ8hyo
あつあつ
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/21(月) 18:37:50.72 ID:6yzW7FZhO
誤字脱字、キャラの設定勘違い、読み辛すぎる文章構成

批判以前の問題かと
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/10/21(月) 19:42:33.42 ID:ILBpAbIDO
>>15
誤字脱字はすまん

読む側に立って書いてないのも、途中で気がついております……なろうとかアイマスでやる意味がないとか言われるないようになってますし
8.40 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)