鬼滅の刃 社会人編

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/04(月) 15:13:35.52 ID:6FCDm4G30


鬼滅の刃の現パロ、キメツ学園とは別の物語です。

竈門炭治郎などのメンバーがすでに成人しています。よろしくお願いします。



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572848015
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/04(月) 15:30:58.99 ID:6FCDm4G30

〜公園〜


炭治郎「……あれ? あの子」

男の子「うあぁああん、うあぁあああん!」

炭治郎「やあ、どうしたんだい? お母さんとはぐれちゃったのかな?」

男の子「うう……ううあああ……」

炭治郎「……いいんだ、落ち着いて」

炭治郎「ゆっくり。そう、ゆっくり呼吸を整えるんだ」

男の子「え……」

炭治郎「君は強い。集中して、じっくりと息を吐いて、鼻で吸う」

男の子「……あれっ、なみ、涙が止まったよ、どうして?」

炭治郎「偉いぞ、よくできたね」

炭治郎「さて、どうして泣いていたのか教えてくれるかな?」

男の子「あ、あの、あのねっ、妹とはぐれちゃって……!」

男の子「一緒に買い物に出かけたはずなのに、後ろを見たらいなくなっていたんだ……」

炭治郎「妹……そうか」

炭治郎「よし、じゃあこの手を握って。お巡りさんと一緒に妹を探しに行こう!」

男の子「え、でも……」

炭治郎「?」

炭治郎「ああ、安心してほしい。俺は警察官なんだ。あっちにある鬼滅交番に勤めてる」

サッ

炭治郎「この帽子の下の傷、見たことないかな? なんだか保護者さんには有名みたいなんだけど……」

男の子「あ、ああっ、知ってる! 困ったら、頭に痣があるけーさつかんに、相談しろって言われてた! おいちゃん、いいひとなんだよね!」

炭治郎「い、いい人なのかなぁ……でも、信じてくれてよかった」

炭治郎「さ、じゃあ君の妹を探しに行こう!」

男の子「うん!」



竈門炭治郎 警察官 24歳

大学卒業後に警察官を拝命し、日々街の平和を守っている

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/04(月) 15:38:29.06 ID:ek14iR5W0
みんなブラック会社にいるかと思ったから安心した
……でもこれだと炭次郎以外のかまぼこ隊は大丈夫か?
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/04(月) 15:46:50.98 ID:6FCDm4G30


〜居酒屋「蝶屋敷」〜


善逸「……炭治郎、遅れるってさ」

伊之助「ああ!? あのかむくら伝八郎! また仕事かよ!」

善逸「仕方ないだろ、警察官なんだし。緊急な任務もあるんじゃないか」

伊之助「じゃあこの天婦羅は俺のもんだ!」ガツガツ

善逸「いや食うなよ、待てよ。あと名前そろそろ覚えろよ」


アオイ「もおおおー!!」バタン

アオイ「伊之助さん、また早食いですか!? まだ人数そろっていないでしょう!?」

伊之助「うるせーな、こっちは現場作業で腹減ってんだよ」

アオイ「炭治郎さんが来たら、また別途で料金追加しますからね。あといい加減うちの店のツケ早く払ってください!」

伊之助「わーってるっての、ったくいっつもいっつも口うるせえ女だな」

アオイ「なんですってええ!!!??」

善逸(……)

善逸(炭治郎まだかな……)




我妻善逸 IT企業 25歳

大学卒業後、一流企業のSEとなる


嘴平伊之助 土木作業員 24歳

高校卒業後、自営の嘴平建設を継ぐ


神崎アオイ 居酒屋「蝶屋敷」店長 26歳

炭治郎らが行きつけの居酒屋の店主、幼い頃に両親が他界したため、店を若くして引き継いだ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/04(月) 16:03:33.79 ID:6FCDm4G30


〜町医者 しのぶ医院〜


しのぶ「はい、じゃあこれで診察はお仕舞です」

しのぶ「微熱のようですね、お薬出しておきますから、安静にされてください」

男性「あ、ありがとうございます!」(しのぶさん、今日も綺麗だ……)

しのぶ「……でも気を付けてくださいね。『わざと熱を出すこと』は、お身体によくないですから」

男性「うっ」

しのぶ「うふふ、ではお気をつけて〜」

男性「し、失礼しました……」



しのぶ「さて、今日の診察はこのくらいでしょうか」

ガラッ

カナヲ「か、帰りました」

しのぶ「あらカナヲ、おかえり。今日は早かったですね」

カナヲ「は、はい、すみません」

しのぶ「……?」

しのぶ「あ」

しのぶ「そういえば、今日だったわね、同窓会」

カナヲ「あ……」

しのぶ「行ってらっしゃいな。お化粧手伝いましょうか?」

カナヲ「で、でも、それは師範に……」

しのぶ「仕事は終わったから大丈夫ですよ。竈門くんに会うのは久しぶりなんでしょう?」

しのぶ「あと、私たちは姉妹なのだから、いい加減敬語はやめないとね」

カナヲ「は、う、うん」

しのぶ「ふふ、じゃあこっちへいらっしゃい」



胡蝶しのぶ 町医者 28歳

薬学の知識を活かして医者となる 未婚


胡蝶カナヲ OL 25歳

幼い頃に胡蝶家に引き取られ、すくすくと育つ
炭治郎にはずっと片思い


5.08 KB Speed:0   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)