【アイマス 】亜美「感想文…」真美「コンテスト?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:05:44.87 ID:rcdR6cN80
真美「何それ?」

亜美「なんか学校でもらったプリントに書いてあるっぽいよ?」

真美「何々…『本、ドラマ、映画、楽曲なんでもあり!』だって!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572966344
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:06:53.78 ID:rcdR6cN80
亜美「入賞したら図書カードかぁ…」

P「おぉ、いいじゃないか、やれやれ」

亜美「兄ちゃん!」

真美「聞いてたの?」

P「おう、そのコンテスト応募してみればいいじゃないか」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:07:42.02 ID:rcdR6cN80
亜美「えぇ…でもめんどくさいっぽいよ?」

P「お前なぁ、大人になって作文書くだけで金なんかもらえないんだぞ?」

真美「それはまぁ…」

亜美「確かに…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:08:26.79 ID:rcdR6cN80
P「たくさん応募したら損するわけでもないし、数打てば当たるんじゃないか?」

亜美「そうかなぁ…」

真美「よし、真美決めた!やる!」

亜美「…真美がやるなら亜美もやる!」

P「おう、やれやれ!どんどんやれ!」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:09:15.37 ID:rcdR6cN80
亜美「何の感想文でもいいなら…」

真美「真美たちならアレだよね?」

亜美真美「「んっふっふっ〜♪」」

亜美「じゃあね、兄ちゃん!」

真美「真美たち家に帰って感想文書くから!バイバーイ!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:10:21.28 ID:rcdR6cN80
P「おう、気をつけてな!…ってこのプリント忘れてるぞ!」

亜美「あぁ、亜美たち一枚ずつ貰ってるからそっちはいいや」

真美「捨てといてー!それじゃあ…」

亜美真美「「よろよろー」」

P「ったく、いいように使われてるな…ん?『なお、この感想文は製作者の元に発送させていただきます』…」

P「…まぁ、わざわざ言わなくても読むよな?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:14:19.34 ID:rcdR6cN80
数週間後

春香「おはようございまーす!」

響「あ、春香だ」

雪歩「おはよう、春香ちゃん」

春香「おはよう、みんな集まってどうしたの?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:15:07.01 ID:rcdR6cN80
あずさ「それが…ファンレターが届いてるんだけどね…」

春香「いつものことじゃないですか?」

千早「その中に、亜美真美が書いたのが混ざってるのよ」

春香「えぇ!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:15:59.50 ID:rcdR6cN80
貴音「それもなぜか原稿用紙に書かれているのです…」

春香「そんな、感想文の宿題じゃないんですから…」

あずさ「でも本当なのよ、ほら、これ」

春香「うわ、本当だ…」

伊織「あいつら…何を考えているのかしら…」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:16:56.34 ID:rcdR6cN80
ガチャッ

亜美真美「「うあうあー!みんなそれ見ちゃダメー!?」」

やよい「亜美!?真美!?」

美希「見ちゃダメって…」

春香「どういうこと?」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:18:01.49 ID:rcdR6cN80
亜美真美「「じ、実は…」」

カクカクシカジカトカトカチッチッ

千早「なるほどね…賞金欲しさに私たちの曲の感想文を書いたはいいものの…」

真「歌っている本人に送られるとは思ってもみなかったと…」

亜美「出した後に亜美たちに結果が届いて…」

真美「その時初めてわかったんだYO!」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:20:04.80 ID:rcdR6cN80
伊織「ちゃんとこっちのプリントにも書いてあるじゃない」

亜美「よく読んでなくて…」

伊織「どんだけ賞金に目がくらんでんのよ…」

やよい「でもそういうことなら、ちょっと読んでみたいかも」

亜美真美「「え!?」」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:20:55.82 ID:rcdR6cN80
あずさ「そうねぇ、亜美ちゃんや真美ちゃんが私たちの曲をどういう風に聞いているのかも知りたいし…」

貴音「思えば、二人の率直な意見というのはあまり聞いたことがないやもしれません…」

亜美「そ、そんな大層なことは書いてないっぽいよ!?」

真美「それに恥ずかちぃよぉ…」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:23:57.30 ID:rcdR6cN80
千早「あら、何も恥ずかしがることはないじゃない。コンテストには出したんでしょ?」

真美「でも、本人達に読まれるのはちょっと…」

春香「え?もしかして照れてる?」

亜美「て、照れてなんかねーし!」

真美「ぜ、全然恥ずかしくなんかないんだからね!」

伊織「何キャラよ、それ…」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:24:34.80 ID:rcdR6cN80
春香「えへへ、まずは私から読んじゃお♪」

亜美「あっ!?」

真美「ちょっ!?はるるんのは…」

春香「えーっと、何々…」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:26:20.53 ID:rcdR6cN80
天海春香さんの『蒼い鳥』を聴いて
         双海亜美

 私は、天海春香さんの『蒼い鳥』を初めて聴いた時に
「ふざけているのかな?」
と思いました。

春香「…」

真美「ち、違うんだってはるるん!」

亜美「最後まで読んでYO!」

響「どれどれ…」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:32:14.03 ID:IzEdmtfQo
わたーしーはー(・3・)トブー
懐かしいな
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:36:00.63 ID:rcdR6cN80
天海春香さんの『蒼い鳥』を聴いて
         双海亜美

 私は、はるるんの『蒼い鳥』を初めて聴いた時に
「ふざけているのかな?」
と思いました。
 でも、すぐにふざけているわけではないということに気づきました。
「あ、これってマジなんだ…」
 ということがわかった時に、悲しみにも似た気持ちで胸がいっぱいになりました。

春香「…」

響「おい」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:45:50.30 ID:VEPj+mWJO
亜美「だ、だから最後まで読んでYO!」

天海春香さんの『蒼い鳥』を聴いて
         双海亜美

 私は、はるるんの『蒼い鳥』を初めて聴いた時に
「ふざけているのかな?」
と思いました。
 でも、すぐにふざけているわけではないということに気づきました。
「あ、これってマジなんだ…」
 ということがわかった時に、悲しみにも似た気持ちで胸がいっぱいになりました。

 最初に聴いた時は、はっきり言って私にはこの曲の良さがわかりませんでした。
 この曲の良さに気づいたのは、そのすぐ後のことでした。
「うーん、やっぱり『蒼い鳥』は千早お姉ちゃんだよね。」
そう思って、私は曲を変えて如月千早さんの歌う『蒼い鳥』を聴いていた時のことです。
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:48:06.84 ID:VEPj+mWJO
(・3・)

 何故か、この顔文字が頭から離れないのです。
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:50:04.13 ID:VEPj+mWJO
(・3・)

 千早お姉ちゃんの上手な『蒼い鳥』を聴くたびに、何故かこの顔がチラつきます。
「どうしてだろう?」
そう思った私は、もう一度はるるんの『蒼い鳥』を聴いてみることにしました。
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:50:39.03 ID:VEPj+mWJO
そうすると、この顔の正体はすぐにわかりました。はるるんが「私な飛ぶ〜♪」と歌う時に、何故か「私はとぶー(・3・)」とこの顔文字がセットで頭の中に浮かんでくるのです。
「なんだか面白いな。」
と私は思いました。
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:51:17.25 ID:VEPj+mWJO
そうこうしているうちに曲はラストに差し掛かりました。
「よし、謎も解けたし。次は誰の何を聴こうかな。」
そう思っていた私はこの直後動きを止めてしまいます。
「でも昨日には帰れない〜♪」
このフレーズを聴いた途端、身体中に電撃が走りました。

伊織「あぁ、あそこね…」

千早「あれ、ズルいのよね…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:52:00.37 ID:VEPj+mWJO
急に人が変わったかのように曲が変わりました。それほどまでの衝撃を受けました。
「もう一度聴きたい。あの衝撃をもう一度。」
もう一度が二度になり、二度が三度、三度が四度に…気がつけば日が暮れるまで、私ははるるんの『蒼い鳥』を聴き続けていました。

亜美「ほら?ね!?ね!?」

真美「いいことも書いてるっしょ!?」

春香「…」

響「…お気に召してはいないみたいだぞ」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:52:51.52 ID:VEPj+mWJO
私がこの曲から学んだことは、正しいことだけが正義ではなく、上手なことにだけ価値があるというわけではないということです。
 私も、正しいだけ・上手なだけの人間ではなく、はるるんみたいにみんなに愛されるような人間になろうと思います。

真「いい事は言ってるんだけど…」

雪歩「か、書き方が…」

春香「…」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:55:20.77 ID:rcdR6cN80
亜美真美「「うぅ…ご、ごめんなさい!」」

春香「謝らないでよ!?余計に嫌だよ!」

伊織「ちょっと待って!?他のもこんな調子じゃないでしょうね!?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:56:03.02 ID:rcdR6cN80
響「とりあえず自分のやつを読んでみるぞ!」

我那覇響さんの『オーバーマスター』を聴いて
         双海真美
 私は我那覇響さんの『オーバーマスター』を聴いた時に悲しい気持ちでいっぱいになりました。

響「いや、なんでだよ!?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:56:49.81 ID:rcdR6cN80
 『オーバーマスター』を歌っている我那覇響さんは、とてもクールでかっこいい理想の女性でした。

あずさ「それでどうして悲しい気分に?」

 そんな我那覇響さんの歌声を聴いて、私は普段仲良しのひびきんが遠くに行ってしまったような気持ちになりました。

春香「あぁ…」

真「なるほど…」

響「納得するのか!?」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:57:39.28 ID:rcdR6cN80
我那覇響さんが、急に高校生くらいの大人に見えました。

響「元から高校生だぞ!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:58:41.24 ID:rcdR6cN80
けれども、その後すぐに『うれし・あやかし道中記』を聴いて、ひびきんは居なくなったわけではないのだと安心しました。

真「ぷっw」

響「どういう意味だよ!?」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 00:59:39.66 ID:rcdR6cN80
ひびきんは無理をして、クールぶって女子高生のふりをしているだけで、本当は泊りのロケになると寂しくなって誰かと一緒の布団に入れてもらう可愛い女の子だということを思い出しました。

響「うぎゃぁぁぁあ!?やめろぉぉぉお!」

真美「いや、本当にごめん…」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:00:35.24 ID:rcdR6cN80
この曲から私が学んだことは、人間というのは、誰しもが他の一面を持っているということです。カッコいい人にも可愛い一面があるし、怖い人にも優しい一面があります。私は、出会う人たちの良い一面を見つけられる人になろうと思いました。

伊織「そんでまとめが毎回いい感じなのが腹立つわね…」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:01:20.46 ID:rcdR6cN80
やよい「わ、私のは…」

高槻やよいさんの『キラメキラリ』を聴いて
         双海亜美
 私がやよいっちの『キラメキラリ』を初めて聴いたのは、ずいぶん前のことでした。
 初めて聴いた時、曲の良さや歌声はもちろんのこと、やよいっちの笑顔に癒されました。

千早「わかるわ」

伊織「その通りね」

春香「えぇ…」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:02:05.82 ID:rcdR6cN80
『キラメキラリ』は聴いていると元気が湧いてきます。朝起きて、少し心が疲れていても、『キラメキラリ』を聴けば元気溌剌です。

あずさ「今のところは…」

美希「問題なさそうなの…」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:02:55.24 ID:rcdR6cN80
そこで私にある疑問が生まれました。
「『キラメキラリ』を聴いて元気になるのは私だけなのかな。」
と。

響「ん?」

貴音「何やら話が変わってきたような…」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:03:37.86 ID:rcdR6cN80
試しに学校の運動会でクラスの応援歌にしてみました。すると、何ということでしょう。クラスのみんな(特に男子)のやる気が満ち溢れ、優勝することができました。

春香「凄い!?」

雪歩「これ本当なの!?」

亜美「うん…」

真「(特に男子)って…」

やよい「うぅぅ…」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:04:38.66 ID:rcdR6cN80
他にも色々なところで試してみました。その効果は絶大で、どこで応援歌として使ってもやる気を盛り上げてくれます。プロ野球のチームを優勝させたこともありました。

真「凄すぎるでしょ!?」

響「ロッテってそんな経緯でキラメキラリ演奏してたのか!?」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:05:17.73 ID:rcdR6cN80
私もやよいっちの『キラメキラリ』のように、誰かの希望になるようなアイドルになりたいです。

伊織「みんなに希望を与えるアイドルはこんなことしないけどね」

亜美「うぐっ!?」

真美「そ、それを言われると…」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:06:24.36 ID:rcdR6cN80
伊織「でもまぁ、まともなのもあるんじゃない。私のはどんな感じなのかしら?」

亜美「あっ…ダメ!」

佳作:水瀬伊織さんの『DIAMOND』を聴いて
        双海亜美

美希「佳作に入ってるの!」

やよい「凄いです!」
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:08:38.85 ID:rcdR6cN80
伊織「まぁ、伊織ちゃんを題材にしたんだから当然よね?」

亜美「ま、まぁね…」

伊織「さてと、肝心の中身は…」

佳作:水瀬伊織さんの『DIAMOND』を聴いて
        双海亜美

くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:09:24.32 ID:rcdR6cN80
伊織「…」

美希「で、デコちゃん…」

あずさ「だ、大丈夫?伊織ちゃん?」

亜美「で、でもね、これは賞取れたんだよ?」

伊織「どんな選考基準なのよ!?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:10:17.19 ID:rcdR6cN80
響「選評がいくつか載ってるぞ」

春香「どれどれ…」

『水瀬伊織を表すのに言葉はいらない。それをよくわかっていますね』
『いおりんのDIAMOND、マジで化学式C!』
『くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?』

伊織「イカれたやつらばっかりじゃないの!?」
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:11:04.94 ID:rcdR6cN80
真美「佳作なら真美ももらったよ!」

佳作:如月千早さんの『Just be myself!!』を聴いて
       双海真美

 私はこの曲を初めて聴いた時に、自然と涙が溢れ落ちました。
「あぁ、千早お姉ちゃんが、こんな歌を歌っている」
その事実だけで、涙が止まりませんでした。

千早「そんな大袈裟な…」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 01:12:18.20 ID:rcdR6cN80
千早お姉ちゃんは、最初
「アイドルに興味ありません」
と言っていました。
「私には歌しかありませんから」
とも。

真「言ってた言ってたw」

千早「いや、その…あの時は…」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:00:33.50 ID:VEPj+mWJO
私はそんな千早お姉ちゃんのことを尊敬していました。けれど、どこか近寄りがたいと思っていたし、怖く感じていました。そして、何よりその後ろ姿はどこか寂しそうでした。

千早「…」
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:01:19.72 ID:VEPj+mWJO
千早お姉ちゃんと言えば、クールで静かな曲が多いです。ファンの人たちも如月千早の代表曲と言われたら『蒼い鳥』や『細氷』が思い浮かぶと思います。

 けれども私は知っています。千早お姉ちゃんは笑うととっても可愛いことを、千早お姉ちゃんの歌声は誰よりも優しいことを。

春香「それは私も知ってるよ♪」

真「僕だって!」

千早「春香…真…」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:01:54.37 ID:VEPj+mWJO
私は千早お姉ちゃんに一度だけ、子守唄を歌ってもらったことがあります。その時眠りに落ちながら最後に見えたのは、千早お姉ちゃんの悲しそうな微笑みでした。
 それから、私たちと千早お姉ちゃんは色々なお仕事をしていきました。その中で、千早お姉ちゃんの過去も知りました。

千早「…」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:02:44.95 ID:VEPj+mWJO
とってもとっても辛かったと思います。とってもとっても痛かったと思います。だけど、千早お姉ちゃんは乗り越えました。
 声が出なくなっても、立ち上がってまた歌うことができました。千早お姉ちゃんは優しいだけではなくて強い人でもありました。

千早「そんなことは…」

雪歩「…あるよ。千早ちゃんは強いよ」

響「それに優しいこともちゃんと知ってるぞ」

千早「萩原さん…我那覇さん…」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:03:13.39 ID:VEPj+mWJO
そんな千早お姉ちゃんが、
「アイドルになって良かった」
と言って、この歌を歌ってくれる千早お姉ちゃんが、私は大好きです。

千早「ま、真美…」

真美「ちょ、ちょっと恥ずかちぃ…」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:03:42.20 ID:VEPj+mWJO
「この歌を歌えるほどに私は変わった」
と千早お姉ちゃんは言うけれど、千早お姉ちゃんは元々そういう人だったんだと私は思います。
 私も、千早お姉ちゃんみたいに強くて優しい人になって、みんなを前向きにする歌を届けたいです。

貴音「これは…」

あずさ「とってもいい感想文ね」

伊織「まぁ、感想文って言うのかは微妙だけれど…」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:04:42.37 ID:VEPj+mWJO
雪歩「これにも選評がついてるよ」

『泣いた』
『ちーちゃん好き』
『この曲俺も好き』

伊織「さっきから選評どうなってんのよ!?まともなやついないじゃない!ただの千早のファンじゃない!」

『くぎゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅゅう!?』

伊織「ここにもおるんかい!関係ないでしょうが!」
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:05:49.98 ID:VEPj+mWJO
美希「これ、ミキのもあるの?」

やよい「これじゃないですか?」

亜美「あっ、それ、やめっ…」

星井美希さんの『99Nights』を聴いて
       双海亜美
 私が星井美希さんの『99Nights』を知ったのは、私のプロデューサーから教えてもらったのがきっかけです。

美希「律子…さんから?」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:06:17.84 ID:VEPj+mWJO
「この曲を一番よく歌えているのは美希よ。参考にしなさい」
そういって、私をミキミキのレコーディングに連れて行ってくれました。そこで聴いたのが最初です。

美希「そうだったんだ…」

あずさ「知らなかったの?」

亜美「りっちゃんが、『美希は褒めてたって知ったら調子に乗るから内緒よ』って言うから…」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:07:20.48 ID:VEPj+mWJO
そこで初めて聴いた時に、照明もレフ板もないはずなのに、ミキミキが光り輝いて見えました。

美希「ふふん、ミキにかかればこんなもんなの」

 流石は失恋ソングの女王と呼ばれているだけのことはあるなと思いました。

美希「…」

伊織「ぷっ…w」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:07:56.73 ID:VEPj+mWJO
春香「そ、そんなに多いかな?」

千早「『マリオネットの心』、『relations』、『Day of the future』、『追憶のサンドグラス』…」

雪歩「や、やめてあげてよぉ!?」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:08:25.99 ID:VEPj+mWJO
『99Nights』は百夜通いという小野小町の伝説が元になっていると、私はプロデューサーに教えてもらいました。

真「へぇ、そうなんだ…」

貴音「律子嬢もそこに気づいていたのですね…」

 流石はプロデューサーの兄ちゃんに100回以上アプローチをして無視されているだけあって、感情移入がすごいなと思いました。

美希「亜美…後で話があるの…」

亜美「ひぃ!?ミキミキが怖いYO!」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:08:52.25 ID:VEPj+mWJO
私もそれくらいの情熱をもって好きだと言える人を見つけられたら、幸せなのかなと思いました。

美希「…やっぱり勘弁してあげるの」

亜美「やったぁぁぁぁあ!」

春香「でもこれ事務所的には…」

真「NGだろうね…」

響「今から律子とプロデューサーの苦労が見えるようだぞ…」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:10:41.21 ID:VEPj+mWJO
春香「次は雪歩だね…」

雪歩「どんなことが書かれているんだろう…」

萩原雪歩さんの『Theライブ革命でshow』を聴いて
         双海亜美
 私は、萩原雪歩さんの『Theライブ革命でshow』を聴いて『あざとい』という言葉の意味を心から理解しました。

春香「ちょっとw」

雪歩「そんなつもりないですぅ!」

真「なんでこんなに敵意剥き出しなのさw」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:11:40.06 ID:VEPj+mWJO
『Theライブ革命でshow』はセリフが多い曲で、歌う人によって個性が出る曲です。
 その中でもゆきぴょんの『くるっと回ってにゃん♪』はあざとさの塊と言わざるを得ないほどにあざといです。私の中ではゆきぴょんがあざといのか、あざといのがゆきぴょんなのかわかりません。

響「あざといって何回言うんだ…」
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:12:15.60 ID:VEPj+mWJO
かくいう私の姉もゆきぴょんに憧れて『くるっと回ってにゃん♪』の練習をしている程です。

真美「ちょ、ちょっと亜美!?何バラしてんのさ!?」

亜美「…ふんっだ」プイッ

真「あれ?これってもしかして…」ヒソヒソ

春香「うん、真美が雪歩に取られてやきもち妬いてるねw」ヒソヒソ
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:12:54.72 ID:VEPj+mWJO
私はゆきぴょんの『くるっと回ってにゃん♪』を聴いて、結局はこういうのがいいんだなということがわかりました。

響「やさぐれすぎだろ!?」

雪歩「亜美ちゃん…」

亜美「…だって真美、あの時構ってくんなかったんだもん」プイッ

春香(何この可愛い生き物…)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:13:24.45 ID:VEPj+mWJO
真「僕の曲はどうなんだろう…」

菊地真さんの『ラビットファー』を聴いて

春香「ラビットファー?」

貴音「確かに良い曲ですが…」

千早「真ならてっきり、エージェントや絶険かと思っていたけど…」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:13:57.02 ID:VEPj+mWJO
真美「真美も最初は『待ち受けプリンス』で書くつもりだったんだけど…」

菊地真さんの『ラビットファー』を聴いて
        双海真美
        萩原雪歩

春香響伊織貴音あずさ美希やよい「「「「「「「あっ…」」」」」」」」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:14:26.66 ID:VEPj+mWJO
雪歩「え!?いや、あっ!こ、これってもしかしてあの時の…」

亜美「うん、そうだよ、もしかしなくてもあの時だよ…」

真美「真美が感想文書こうとしたら凄い剣幕でやってきて…」

亜美「『えっ、真ちゃんの曲の感想文を『待ち受けプリンス』で書く?正気の沙汰じゃありません〜』って…」
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:14:54.95 ID:VEPj+mWJO
雪歩「言ってない!言ってないよそんなこと!?」

真美「限りなく近いことは言ってたよ…」

春香「で、内容はどんな感じに…」

菊地真さんの『ラビットファー』を聴いて
        双海真美
        萩原雪歩

 皆さんは、『菊地真』と聞くとどんなイメージをもちますか?

伊織「もう早速感想文の程をなしてないわよ…」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:15:25.68 ID:VEPj+mWJO
『菊地真』と言えばかっこいい。そんなイメージはどうしても付き纏うと思います。

春香「付き纏うってw」

美希「嫌なことみたいな言い草なのw」

 確かに『菊地真』はかっこいいです。最早その字を見るだけでかっこいいです。かっこよさの権化です。かっこよさの化身と言ってもいいでしょう。

伊織「かっこいい何回言うのよ!」

響「さっきのあざといくらい言ってるぞ!?」

雪歩「はぅぅ…」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:15:56.82 ID:VEPj+mWJO
しかし、『菊地真』の可愛い一面を皆さんはご存知でしょうか。

美希「さっきからちょいちょいこっちに問いかけてきてるの…」

やよい「これは感想文なんでしょうか…」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:16:27.20 ID:VEPj+mWJO
この『ラビットファー』という曲は、菊地真ちゃんの可愛い一面を存分に引き出している曲の一つです。
 一緒に歌っているメンバーからもわかるとおりこの曲はファンシーな可愛さを全面に押し出した曲です。
「そんな曲に菊地真ちゃんを…」
と、素人ならば思うかもしれません。

真「…」

春香「真の素人って何w」

千早「逆に真の玄人っていうのもいるのね…」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/06(水) 07:17:01.83 ID:VEPj+mWJO
しかし、私は一緒に歌っている時にその破壊力に気づきました。

あずさ「中々斬新な感想文ね…」

伊織「歌に集中しなさいよ!」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/06(水) 08:05:32.34 ID:0Ao0NyfI0
ライブ革命はそれぞれのソロに良さがあるんだけど個人的に真のソロは真の良さが全部詰まってると思ってる
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:28:28.93 ID:gDxY1vRk0
 この曲はソロで聴くよりユニットで聴く方がオススメです。パート分けされている分、より濃い真ちゃん成分が楽しめます。

貴音「専門用語で話しているのでしょうか…」

美希「わからないの…」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:29:53.94 ID:gDxY1vRk0
 特に『魔法のお耳が今欲しい』という歌詞は、『耳』ではなく『お耳』という言い方をしているところがポイントです。この歌詞を考えたというだけで作詞をしていただいたOSTER projectさんには足を向けて眠れません。

美希「重いの…」

雪歩「お、重くなんかないよ!?」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:31:14.80 ID:gDxY1vRk0
 私ほどになると、『欲しい』というセリフも意味深に聞こえてきます。

真「えっ…」

雪歩「いや!そんな目で見ないで真ちゃん!」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:32:10.18 ID:gDxY1vRk0
 『あと数センチ ときめきベッドタイム』という歌詞もなぜピー音が入らないのかが不思議なくらいにセクシーです。

伊織「もう好き放題ね…」

真「友達だと思ってたのにな…」

雪歩「真ちゃん!?諦めないで!?」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:34:09.32 ID:gDxY1vRk0
 『寂しがり屋な 私のために ほら』というところでは、もう私は脳内の真ちゃんを押し倒…

伊織「終ー了ー!終わり!これ以上はダメ!」

貴音「面妖な…」

雪歩「うぅ…恥ずかしいですぅ…」

美希「いや、全面的にこっちのセリフなの」

春香「今更もう無理だよ…取り繕えないよ」

美希「一緒に歌ってたミキの身にもなってほしいな…」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:35:28.43 ID:gDxY1vRk0
あずさ「これ、大丈夫だったのかしら…」

貴音「いえ、これだけは何やら添削が入っております」

これは感想文ではありません。

伊織「そりゃそうなるわよ!」

響「でも正直、それだけが問題ってわけでもないぞ…」

伊織「こんなのも紛れ込んでるなんて、危険極まりないわ…」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:36:50.57 ID:gDxY1vRk0
あずさ「私のには、なんて書いてくれているのかしら♪」

三浦あずささんの『隣に…』を聴いて
         双海亜美
 私は『隣に…』という曲があまり好きではありませんでした。この曲は、大好きな人に置いていかれる曲です。楽しい曲ではありません。

響「なるほどな」

真「まぁこれは…」

伊織「納得はできるわね」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:38:38.76 ID:gDxY1vRk0
 自分が歌っている時も、自分にとって一番大事な人がいなくなる想像をしなければいけません。それがとっても悲しかったです。

春香「ん?」

雪歩「それって…」

 私は双子の姉の真美に置いていかれる想像をして歌っています。そうすると、胸がキュンとして、心が張り裂けそうになります。だから、この歌を歌うのは好きではありませんでした。

美希「なんなのなの…」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:39:44.32 ID:gDxY1vRk0
やよい「亜美は真美のことが大好きなんだね!」

亜美「うん!そだよ!」

真美「何か変かな?」

春香「いや、変じゃないけど…」

伊織「大丈夫なの、これ?歪んでない?」ヒソヒソ

あずさ「竜宮小町で離れ過ぎた反動かしら…」ヒソヒソ
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:42:09.70 ID:gDxY1vRk0
 どうしてもこの歌が好きになれなくて、あずさお姉ちゃんに相談したことがあります。

あずさ「あっ、確かにあったわ」

亜美「うん、この感想文を書くよりだいぶ前だったけどね」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:43:23.38 ID:gDxY1vRk0
 そうすると、あずさお姉ちゃんは少し考えてから私に言いました。
「確かに悲しい歌かもしれないわね…でもね、亜美ちゃん。そうやって…帰らないのに、待ち続けたいと思えるほどに好きな人に出会えたというのは、幸せかもしれないわよ」
 そう言ったあずさお姉ちゃんの顔は悲しそうでしたが、見たこともないくらい綺麗でした。

真「そんなことが…」

あずさ「あら…いやだわ亜美ちゃん…」

伊織「何照れてんのよ…」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:44:46.34 ID:gDxY1vRk0
 それをプロデューサーに話したら
「お、亜美もわかるようになってきたか。それがあずささんの色気なんだ!あずささんみたいな未亡人がいたら…興奮するよな!」
と言っていました。

あずさ「…」

春香「プロデューサーさぁぁぁぁあん!」

響「台無しだぞ…」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:46:47.89 ID:gDxY1vRk0
 流石の私もドン引きしました。

伊織「でしょうね!」

 今回の件で、私が学んだことはこんな大人になってはいけないということです。

美希「流石に庇いきれないの…」

やよい「あ、あははは…」
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:49:11.11 ID:gDxY1vRk0
貴音「最後は私でしょうか…」

響「貴音はどの曲で書かれてるんだろうな?」

千早「四条さんの曲はどれも素晴らしいから、書きがいがあると思うけれど…」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:49:57.76 ID:gDxY1vRk0
四条貴音さんの『ビジョナリー』を聴いて
       双海真美

春香「え?」

やよい「ビジョナリーって…」

真「いや、そりゃ悪くはないけど…」

あずさ「イメージとは違うわね〜」

貴音「どういうことなのでしょうか?」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:51:49.21 ID:gDxY1vRk0
 私が、この曲を選んだのは私のプロデューサーが好きだからです。

春香「またプロデューサーさん…」

響「いやな予感がするぞ…」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:53:55.48 ID:gDxY1vRk0
 最初、私は四条貴音さんの曲の中から『風花』や『恋花』を選んで感想文を書くつもりでした。しかし、その二曲を聴いている時に私のプロデューサーと事務員のお姉さんの会話が聞こえてきました。

「貴音みたいにアダルティで妖艶な色気漂う娘にビジョナリーみたいな曲歌わせるのって興奮しませんか?」

貴音「…」

春香「プロデューサーさぁぁぁぁあん!?」

真「なんで立て続けに…」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:55:38.05 ID:gDxY1vRk0
「わかります」

美希「小鳥ぃぃぃぃい!?」

伊織「止めなさいよ!あんたは止めなさいよ!」

「そうですよね。なんかこう、『ちょっと恥ずかしい…けど仕事だからやらなくちゃ…』ってところが最高にエロいですよね」

やよい「うわぁ…」

美希「ハニー、もう黙って!お願いだから!」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 00:59:56.18 ID:gDxY1vRk0
「わかります。衣装も歌のお姉さんみたいなフリフリのやつですよね」

響「なんで一緒になって言ってるんだこの人!?」

伊織「こいつ性別偽ってないわよね!?」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:01:57.51 ID:gDxY1vRk0
「君たち、なんの話をしているんだね…」

真「この喋り方は…」

雪歩「社長!社長ですぅ!」

「衣装はチャイルドスモックで決まってるんだろうね」

貴音「…」

響「社長ぉぉぉぉお!?」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:02:56.44 ID:gDxY1vRk0
「はい、それはもちろん」

真「ダメだ!もう誰も止められない…」

「なんかもうおしゃぶりとかつけたいですよね」

春香「どっち!?これどっちのセリフ!?」

雪歩「怖いですぅ!」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:04:02.39 ID:gDxY1vRk0
 今回の件で私が学んだことは、大人というのは薄汚いものだということです。

伊織「さっきと一緒じゃないの!」

春香「全員分読んでみたけど…」

真「ろくなのがない…」

亜美「うん、入賞したのはいおりんと千早お姉ちゃんのやつともう一つだけだったよ」

伊織「逆になんであれが入賞すんのよ!?」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:05:49.39 ID:gDxY1vRk0
真美「そ、そういえば…もう一つのやつはどこに…」

春香「え?アイドル宛のやつはみんなここに届くはずだけど…」

亜美「あっ…」

真美「どうしたの、亜美?」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:15:22.24 ID:gDxY1vRk0
亜美「ほら、今はアイドルじゃないから…」

真美「!?そっか、じゃあ直接家に…」

亜美「こうしちゃいられない…」

真美「読まれる前に、取り返さないと…」

亜美真美「「急げぇ!」」ダッ
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:17:20.09 ID:gDxY1vRk0
響「ど、どこ行くんだよ!」

伊織「…大方律子のところでしょ?」

響「律子?」

あずさ「なるほど…律子さんはもうアイドルじゃないから…」

真「ここにはなくて、別の窓口に入ってるのか…」

春香「それにしても、あんなに慌てて…」

伊織「どんなこと書いたのよ…」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:18:00.44 ID:gDxY1vRk0
亜美「どこだどこだどこだ!」ガサガサ

真美「うーん…あっ!」ゴソゴゾ

亜美「ん?」

真美「あったよ!これだ!」ピラッ

亜美「やったぁ!」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:20:15.64 ID:gDxY1vRk0
真美「事務所に着いてて良かったね!」

ガチャッ

律子「おはようござ…ってあんたたち!?何漁ってるの!」

亜美「うあうあー!」

真美「ごめんなさーい!」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:22:35.18 ID:gDxY1vRk0
律子「その手に持ってるのは何?」

亜美「な、何でもないっぽいよ!?」

律子「何でもないわけないでしょう?ここにあるのは仕事の書類なんだから、勝手に触ったら…」

真美「隙有り!」ダッ

律子「あっ!?」

亜美「亜美も!」ダッ
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:24:44.06 ID:gDxY1vRk0
律子「わっ!?ちょ…待ちなさい!あんたたち!何したの!?」

真美「何にもしてないったらー!」

律子「じゃあ逃げるのやめなさい!」

亜美「それは無理なんだYO!」

亜美真美((だって…恥ずかしいじゃん!))
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:26:12.13 ID:gDxY1vRk0
真美「亜美!パス!」スッ

亜美「え?うわぁ!?」ズルッ

真美「うあうあー!ちゃんと受け取ってYO!」

P「ん?なんだこれ?」ピラッ

亜美真美「「兄ちゃん!?」」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:29:23.90 ID:gDxY1vRk0
律子「プロデューサー殿!それ持っといてください!」

P「何なんだこれ?」

律子「それを亜美真美から吐かせますから!それまでしっかり持っててくださいね!」

亜美「兄ちゃん!読んじゃダメだかんね!」

真美「あと、詳しくは言えないけどごめんね!」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:31:17.76 ID:gDxY1vRk0
律子「待ちなさい!」

亜美真美「「うあうあー!?」」

P「なんなんだ…あいつら…」

P「読むなと言われたら読みたくなるよな?」ペラッ

秋月律子さんの『魔法をかけて』を聴いて
        双海亜美
        双海真美
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:35:10.60 ID:gDxY1vRk0
 私たちが、この曲を初めて聴いたのは、765プロに入るかどうかを迷っていた時のことです。一番最初にデビューしていたりっちゃんのデビュー曲でした。

 プロデューサーのお兄さんに
「特別だぞ」
と言ってライブを見せてもらいました。
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:36:34.15 ID:gDxY1vRk0
 あの人と一緒の舞台に立ちたい。一緒に歌って踊れたら、どれだけ楽しいだろう。そう思ってこの765プロに入ることに決めました。
 しかし、その後、りっちゃんは事務所のためにプロデューサーになりました。
 ステージに立って歌うこともなくなりました。
 けれど、たまにカラオケに行ったり、レッスンの合間にお願いして歌ってもらうとあの頃と同じキラキラしたりっちゃんです。
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:37:21.12 ID:gDxY1vRk0
 りっちゃんは、
「あら、プロデューサーも楽しいわよ。そもそも私は最初からこっち側がやりたくって事務所に入ったんだから」
とよく言います。
 本当はりっちゃんはもう歌いたくないのかもしれません。踊りたくないのかもしれません。
 だから、これは私たちのわがままなのです。
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:41:25.07 ID:gDxY1vRk0
「いつか、もう一度りっちゃんがステージに立ってくれたなら…一緒に歌って踊りたい。」
そんな魔法をかけてもらいたくてたまらないのです。

P「…」

律子「はぁ…はぁ…どこに行ったのあの2人…」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/07(木) 01:42:47.73 ID:gDxY1vRk0
P「なぁ、律子…」

律子「え?なんですか?亜美真美いました?」

P「いや、そうじゃなくてさ…久しぶりに…アイドルやってみないか?」

律子「は?」

カッコつけたプロデューサーだったが、この後アイドル達から(特に貴音とあずささんから)冷たい目で見られたとさ。

終わり
38.99 KB Speed:8.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)