【安価】魔女「お金貸して」戦士「誰が貸すかよ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:08:40.90 ID:yk4zDTaH0
魔女「そんなぁ」

戦士「お前一度でも俺に金返したことある?」

魔女「そ......それは」

戦士「だいたいな、いつも研究資金だの何だの言ってるけど何か実を結んだのか?」

魔女「大切なのは結果じゃなくて過程ですから」

戦士「じゃあもっと苦労しろ。金を貸す必要がない」

魔女「なにぃ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1573207720
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:11:52.93 ID:yk4zDTaH0
魔女「いずれ王国で最も名の知れた魔女となるこの私に向かってなんてことを言うんです!?」

戦士「自己評価が高いんだし、就活したら?有利だよ」

魔女「嫌よ」

戦士「そうか。じゃあな」

魔女「待って!」

戦士「......なんだよ」

魔女「私にお金を貸してくれたら>>4
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/08(金) 19:12:20.80 ID:Z9rQENKU0
体を好きにさせてあげる
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 19:15:18.76 ID:41ljjV8To
貴方の好きな姿の使い魔を作ってあげる
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:21:46.75 ID:yk4zDTaH0
魔女「貴方の好きな姿の使い魔を作ってあげる」

戦士「......使い魔?」

魔女「世話係にも私兵にもできる生き物よ」

戦士「なるほどねぇ。ありかもしれない」

魔女「あらそう?」

戦士「遊び相手がいないもんでね」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:25:14.54 ID:yk4zDTaH0
魔女「どんな姿のがいいのかしら?」

戦士「そうだなあ......」

魔女「いやらしいこと考えてるんじゃないでしょうね」

戦士「全く?」

魔女「どう、決まった?」

戦士「ああ。お前と同じ姿の奴だ」

魔女「>>8
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 19:33:15.92 ID:OyqdoBND0
陰キャぽいっけど実は美形な眼鏡っ子な私ですか //
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/08(金) 19:33:35.17 ID:Z9rQENKU0
えっ…それって……(遠回りに私のこと好きって言ってる?///)
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 19:33:38.66 ID:cX6bfLqvo
いいわよ任せて…え?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:41:43.37 ID:yk4zDTaH0
魔女「えっ...それって......」(遠回りに私のこと好きって言ってる?///)

戦士「どうかしたか?」

魔女「あっ、いや、その、えっ」

戦士「......実はそんなことできなかったようだね」

魔女「へ!?いや違」


彼はそう言い残して家に入った
乾いた風が体を摩擦する


魔女「あーーっ!私のバカ!!」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:45:58.25 ID:yk4zDTaH0
翌日


魔女「どうも」

戦士「またか」

魔女「今日こそ金を貸してもらうわ」

戦士「そうか」


彼はどうやら朝食を食べていたらしく、パンの間にトマトやレタスを挟んだものをを食べている


魔女「今日は秘密兵器を持ってきたの」

戦士「......ゴクン!面白い」

魔女「これが私の秘密兵器!>>13
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/08(金) 19:47:43.84 ID:Z9rQENKU0
あなたが望んでいた私そっくりの使い魔よ!!
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 19:48:16.71 ID:3L6fNXlcO
今いる私がご所望の使い魔よ!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:53:54.97 ID:yk4zDTaH0
魔女「今いる私がご所望の使い魔よ!」

戦士「......ふぅん」

魔女「リアクション薄っ!」

戦士「金だろ?はいよ」


気前よく10万渡した
魔女は感激し、はしゃぎ倒している


魔女「よっしゃー!!これで何でもできる!!」

戦士「ヒトって醜いなぁ」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 19:56:33.67 ID:yk4zDTaH0
戦士「とにかく、俺はお前を使役できるってことていいか」

魔女「そうよ」

戦士「命令すれば動くということか」

魔女「そうよ」

戦士「なら>>17
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/08(金) 19:57:00.81 ID:Z9rQENKU0
キスしろ
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 19:57:55.52 ID:+My1ntGAO
金返せ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 20:05:18.57 ID:yk4zDTaH0
戦士「金返せ」

魔女「......」

戦士「返せ」

魔女「あなたには感情ってものが無いの?」

戦士「無けりゃ金なんてバカスカ貸すわ」

魔女「......鬼畜野郎」

戦士「真っ二つになりたいか?」

魔女「ひっ」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 20:08:05.64 ID:yk4zDTaH0
戦士「年貢の納め時だ」

魔女「分かったわよ......この10万は返すわ」

戦士「......勘違いをしているな」

魔女「へ?」

戦士「これまで貸した額。述べ35万を払ってもらおうか」

魔女「そ、そんな!手持ちはあと2万しかないのに」

戦士「チッ」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 20:09:59.99 ID:yk4zDTaH0
魔女「ま、待って!私まだ死にたくない!」

戦士「......しょうがないな」

魔女「そうよ。今回は見逃して」

戦士「体で払ってもらおうかな」

魔女「!?!?!?」

戦士「手始めに>>22してもらおうか」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/08(金) 20:10:48.00 ID:Z9rQENKU0
料理を
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 20:11:20.16 ID:/lS602Or0
ストリップ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 20:12:19.50 ID:uOo1YjwY0
バイト
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 20:16:37.08 ID:yk4zDTaH0
戦士「ストリップしてもらおうかな」

魔女「しょ、正気!?」

戦士「脱げよ」

魔女「......くっ//////」


魔女は服を脱ぎ出す
魔女の伝統的なローブを脱ぎ捨て、黒の下着だけになった


戦士「......ん、まぁいいかな」

魔女「あんま見ないでよ///」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 20:55:31.74 ID:yk4zDTaH0
〜しばらくして〜


戦士「よし、サイズもピッタリだ」

魔女「え、なにこれは」


彼女は彼の用意したラフな動きやすい服に着替えさせられた


戦士「これでバッチリ体で払う用意が整ったって訳だ」

魔女「今から......!?//////」

戦士「じゃあ>>27
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 20:58:30.01 ID:tWDCTqeEo
ヌードモデルで金稼ぎ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 20:59:11.23 ID:Z9rQENKU0
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:00:29.68 ID:Z9rQENKU0
ごめんなさい、本文読んでませんでした
出来たら「あるお屋敷で奉公」で
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:10:23.17 ID:mdROUo6O0
相変わらず他人に厳しく自分に甘い自己中が暴れてるな
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:30:15.32 ID:HodAF7Nto
当然>>28は無効な
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:32:15.45 ID:cX6bfLqvo
Rじゃないから程々にしとけよ
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:38:11.32 ID:Unbb4DhLo
女が屈辱的な目に遭わされるのって萎えるからえろは程々にお願い
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 21:38:45.56 ID:yk4zDTaH0
>>26の方が進めやすいので採用します


戦士「ヌードモデルで金稼ぎだ」

魔女「人の体で......!」

戦士「使い魔なんて都合のいい奴隷だろ?」

魔女「否定できない」

戦士「それじゃあカメラ回すぞー」
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 21:42:21.87 ID:yk4zDTaH0
魔女「あのぅ」

戦士「はい」

魔女「アングル......低くありません?」

戦士「いいだろ別に」

魔女「人に見られるとなると......」

戦士「なんだそりゃ。まるで俺ならいいみたいじゃないか」

魔女「え......あぁ......間違えました」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 21:48:04.75 ID:yk4zDTaH0
こうして、撮影は終了した
金にするため、戦士は映像を各社に売り込みに行った
そして......


戦士「映像が売れました」

魔女「売れたかぁ」


彼女は映像が売れることで金額如何によってはもう体で払わなくともよいという淡い期待を抱いている
そしてそれとは裏腹に自分の姿が公開されることに対して恐怖を覚えていた


戦士「嬉しくないの?」

魔女「複雑......いくらで売れた?」

戦士「>>37
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:51:34.84 ID:HodAF7Nto
22万
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:51:39.26 ID:1y1cmI0qo
5万
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:51:40.60 ID:Z9rQENKU0
44万
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:51:42.73 ID:3L6fNXlcO
貸してた額の倍以上
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 21:52:23.57 ID:/lS602Or0
500万
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:11:57.82 ID:yk4zDTaH0
戦士「5万」

魔女「安っ」

戦士「いや......ごめん......これは俺のプロデュースにも問題があるわ」

魔女「素直ね」

戦士「非は比較的認める人間だからな」

魔女「それにしては良心が欠如してない?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:17:41.82 ID:yk4zDTaH0
戦士「まぁここまでは規定路線」

魔女「規定路線?」

戦士「どうせ本人が来ようが使い魔が来ようがおんなじってことさ」

魔女「確かにガワがあればヌードモデルなんて誰でもできるわね」

戦士「という訳でこの5万を元手にこっから本格的にやっていこうと思う」

魔女「おお!」

戦士「さあやりたい仕事を候補から選べ」


>>44...
1.魔女を活かして薬作り
2.戦士のノウハウでモンスター退治
3.遺跡荒らし
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 22:18:23.06 ID:3gSEa/3DO
1
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 22:18:24.14 ID:BnXgU2rj0
1
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:34:04.28 ID:yk4zDTaH0
魔女「当然薬作りよ」

戦士「それもそうか」

魔女「今回は戦士にも試飲してもらおうかしら」

戦士「えー......お前何回失敗作飲んで家で介抱したと思ってんだ。そんなん飲めるかよ」

魔女「あれは作ろうとしてる薬が悪かったのよ!しびれ薬を作ろうとしてたから不可抗力!」

戦士「失敗するなよ。ほら作れ」


こうして、魔女は作業に取りかかった
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:36:55.54 ID:yk4zDTaH0
〜しばらくして〜


魔女「グビグビグビ」

戦士「!?試飲か!?だったら俺に言ってから飲めよ」

魔女「ぷはっ、なんで?」

戦士「俺の預り知らぬところで倒れられても困るんだよ。今何飲んだ?」

魔女「>>48
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 22:40:56.45 ID:Z9rQENKU0
惚れ薬
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 22:41:44.58 ID:kB0Ntwm2O
素直になる薬
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 22:46:12.68 ID:Xkl66Pfz0
ID:Z9rQENKU0
本当こいつの恋愛脳うぜぇ
そのくせ気に入らないキャラ相手には平気で嫌がらせ安価するくせに
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 22:56:53.31 ID:yk4zDTaH0
魔女「素直になる薬よ」

戦士「自白剤みたいなもんか」

魔女「そんな感じね」

戦士「売れるかもな......あんまりそういう薬って流通していないんだ」

魔女「でも売るのは勿体ないかな......」

戦士「何言ってんだ?」

魔女「ああいやこれは薬の効果で......」

戦士「つまり本音じゃねーか!!」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 23:01:53.62 ID:yk4zDTaH0
魔女「ごめんごめん」

戦士「まったく、金の戻ってこない理由が少し分かった気がする」


椅子から立ち上がりかけたが、また音を立てて座る


魔女「あはは」

戦士「笑ってるよこいつ。金稼がなきゃ奴隷なのに笑ってるよ」

魔女「もう諦めてます」

戦士「お前諦めんなよ。こんな生活に屈辱を感じないのか?」

魔女「>>53
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 23:02:50.48 ID:4+aqaxc9O
別に(好きな人といられるし……)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/08(金) 23:04:34.24 ID:cX6bfLqvo
このままならお金なくても暮らせるし
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/08(金) 23:24:31.20 ID:yk4zDTaH0
魔女「このままならお金なくても暮らせるし」

戦士「このままいけばな」

魔女「どういうこと?」

戦士「どうしても金がなくなってできることも無くなったらどうすると思う?」

魔女「解雇?」

戦士「まぁ正解かな?お前を売る」

魔女「>>56
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 00:16:01.60 ID:w1c5jrm6O
誰も踏み台にならず出方を伺ってて草
kskst
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 00:18:26.06 ID:NnkeYu4gO
異議あり!人身売買は良くないと思います!
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 00:42:55.60 ID:YwybU8Wd0
魔女「異議あり!人身売買は良くないと思います!」

戦士「そりゃまぁね。それに俺はお前のこと、やればできる奴だと思ってるぞ」

魔女「本当?」


彼女は意外そうに笑う
自己肯定は強いのに、なんでだ?


戦士「あとは借金癖さえなければなぁ」

魔女「これも魔導の発展のためです」

戦士「どうだか」
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 11:17:19.26 ID:YwybU8Wd0
戦士は完成した薬を売り込みに行った


魔女「暇ねぇ」

魔女「折角だし、部屋のタンスでも開けて見ようかな」


彼女は大きなタンスを両手で勢いよく開けた


>>60...中身
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 11:31:03.66 ID:nw5lsGSWO
普通に装備品とか閉まってある……中に魔女の写真が
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 11:37:19.76 ID:f50wJY7Mo
>>59
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 11:43:47.58 ID:YwybU8Wd0
魔女「どれどれ」


装備品がしまってある。どれもがキチンと清潔に保管されている
そんな所に戦士としての誇りを感じていると、一枚の写真が


魔女「.......え!?」


それは魔女の写真だった
なぜこんなところに写真があるのだろうか
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 11:47:32.42 ID:YwybU8Wd0
魔女「やっぱりあいつ、もしかして......」

戦士「ただいまー」

魔女「っ、おかえり!」


慌ててタンスを閉めた
どうやらそのことに気づいた様子はないが、うっかり写真を戻し忘れた


戦士「なんと、薬がもう売れたんだ」

魔女「いくらで?」

戦士「>>64
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 11:51:15.68 ID:nw5lsGSWO
20万。自白剤に使うとら言っていた人もいたなー
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 12:02:33.75 ID:eYW3Tf45O
10万
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 12:17:36.65 ID:YwybU8Wd0
戦士「10万だって」

魔女「ふふん」

戦士「おいおい、王国一の魔女になるお方が10万で満足か?」

魔女「言ってくれるわね」

戦士「言ってやりますとも」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 12:20:24.75 ID:YwybU8Wd0
こうして、上手いこと乗せられた彼女は再び製薬を始めた


魔女「......そういえば」

戦士「どうかしたか?」

魔女「この写真、何?」


先ほどタンスから見つかった自分の写真を提示し、問う


戦士「え、あー......>>68
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 12:25:34.77 ID:nw5lsGSWO
知り合いに撮ってくれと言われたけど、渡しそびれてた
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 12:44:46.29 ID:gy9A5tb1o
何と言われたら魔女の写真です
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 14:30:44.76 ID:jKoE+sjD0
戦士「何と言われたら魔女の写真です」

魔女「そういうことを聞いてるんじゃなくて......あぁもう!」

戦士「こわ」

魔女「うるさい!」

戦士「でも写真写りいいよな」

魔女「写真写りがいいんじゃなくて私の顔が整ってるんですーっ!」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 14:36:37.88 ID:jKoE+sjD0
戦士「ところで、こんな話をしている間にお前の後ろの薬品......なんかヤバそうになってるが問題ないのか?」


ハッとして彼女が振り向くと、大釜の中に入れた薬品が妙な反応を示している
原因を探れば、目を離している隙に虫が大釜に入り込んでしまったせいらしい
憎らしく羽虫を睨み付ける


魔女「あーっ!!ちょ、もっと早く言いなさいよ!!!」

戦士「話しかけてきたのはお前だろ!?」

魔女「うっさい人身売買野郎!」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 14:42:26.96 ID:jKoE+sjD0
戦士「それは今関係ないだろ」


返事はなかった
彼女が慌ただしくかき混ぜたり熱したり中和剤を入れたりして奮闘しているからだ


魔女「はぁ...はぁ......出来たわ!」

戦士「短い奮闘だったな。何が出来た?」

魔女「分からない」

戦士「廃棄しろ」

魔女「いや、効能のある何かであることは確実なのよ」

戦士「じゃあ飲んでみろよ」

魔女「えー......じゃんけんで決めません?」

戦士「......しょうがないなぁ」
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 14:45:28.45 ID:jKoE+sjD0
魔女「最初はグー!」

戦士「じゃんけんポン!」


結果は_______
          戦士の負けだった


魔女「よっしゃー!ほら飲みなさい!」

戦士「くそっ、受けるんじゃなかった......グビッ」


>>74...薬の効果
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 14:59:25.32 ID:0/NlaqpDO
副作用が無く快眠できる睡眠薬
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 14:59:27.80 ID:QGgwC9Pn0
副作用がなく快眠できる睡眠薬
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 14:59:57.35 ID:nw5lsGSWO
好きな相手について話す薬
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 15:01:18.72 ID:nG+c9y/90
子供化する薬
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 15:52:29.35 ID:jKoE+sjD0
...これ起こりうるのかなぁ



戦士「............」

魔女「や、やばい......人を殺めてしまったかも」


薬を飲んだ瞬間、彼は倒れこんでしまった
安らかな顔なもんだから、あまりに驚いて呼吸を確認する


魔女「良かった、生きてる」

魔女「もしやこれ......睡眠薬......!?」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 16:00:59.70 ID:jKoE+sjD0
数時間後


戦士「はっ!!」

魔女「うわっ!」

戦士「あれ、なんで寝てんだ俺」

魔女「どうやら私の作ったものは睡眠薬だったようです」

戦士「そうか......お陰でよく眠れた」

魔女「バッチリ覚醒しているようですね」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 16:05:35.13 ID:jKoE+sjD0
魔女「なんで飲むことになったか覚えていますか?」

戦士「お前がじゃんけんさせたんだろが」

魔女「健忘も見られず。と......」

戦士「なんだ、何の話だ」

魔女「この薬、強力な上に副作用がありません」

戦士「......やるやん!!売ってくるわ!」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 16:11:11.22 ID:jKoE+sjD0
戦士は風のように飛び出していった


魔女「商魂たくましいとはこのことでしょうね」

魔女「というか、なんであんな方が私にお金貸してたんでしょうか......」

魔女「聞く限りでは、今回の取り立てにも利子がついてないですし」

魔女「......あぁ、でも使い魔にされてしまったんでした」

魔女「つらい」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 16:12:39.64 ID:jKoE+sjD0
戦士「やあやあ」

魔女「早くないですか」

戦士「あんな薬どこも欲しがるに決まってら」

魔女「いくらで売れたんです?」

戦士「>>83
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 16:13:27.50 ID:eJ0910kDO
踏み
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 16:14:02.64 ID:f50wJY7Mo
50万
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 17:30:46.59 ID:jKoE+sjD0
戦士「50万!!」

魔女「ごぜうまん」

戦士「というわけでお前の借金はなくなった。余った分はお前にやるよ」

魔女「さんぜうにまん」

戦士「やっぱお前はやればできる奴なんだよ!」

魔女「なんでこんなあっさり儲かるの......?」

戦士「うーん......マーケティングがド下手なんじゃないか?」

魔女「まーけてぃんぐ?」

戦士「テメーIQ3か?」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 17:36:23.44 ID:jKoE+sjD0
魔女「とにかく、そのマーケティングってやつをやってみればいいのね!?」

戦士「そうだよ」

魔女「どういうことをすればいいの?」

戦士「じゃあこれ」

魔女「え、これって」


戦士が彼女に渡したのは古びた御守りだった
彼女はそれがどんなものか知っていた


戦士「小さい頃、俺に作ってくれただろ?」

魔女「まだ持ってたんだぁ......」

戦士「じゃあそれを売り込む設定で、その良いところを簡単にプレゼンしろ」

魔女「>>87
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 17:46:09.51 ID:nw5lsGSWO
安価↓
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 17:47:43.64 ID:eYW3Tf45O
頑張って作ったのでとっても効果があります
しっかり持っていてください
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 18:49:21.35 ID:jKoE+sjD0
魔女「頑張って作ったのでとっても効果があります」

戦士「うん」

魔女「しっかり持っていてください」

戦士「......前向きに検討します」

魔女「お!好感触ですよ!良かったんじゃないですか!?」

戦士「いや、ダメダメだけど?」

魔女「え!?」

戦士「今のは体のいい断り方だからね」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 18:57:44.07 ID:jKoE+sjD0
魔女「そんなぁ」

戦士「それはそれとして俺はその御守りを持ち続けるけどね」

魔女「え......?」

戦士「なんでもないっすよ。そこで提案なんだが......」

魔女「何?」

戦士「業務提携というのはどうだ?」

魔女「私と組むってこと?」

戦士「そうだが」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 19:06:15.02 ID:jKoE+sjD0
魔女「えー......」

戦士「なんだその顔は?」

魔女「なんかねー。なんかねー」

戦士「よし良く考えてみやがれ。お前の手元の約30万は誰の手柄だ?」

魔女「そりゃ私のよ」

戦士「さっきのマーケティングの話を思い出せIQ3。誰の手柄だ?」

魔女「......私と、貴方?」

戦士「そうだろ?自ずとどうすりゃいいか分かるハズだ......!」
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 22:25:16.35 ID:YwybU8Wd0
こうして、業務提携は行われた
もう夜も遅いのでひとまず解散し、明日話し合うことになった

〜翌朝〜


魔女「それで、どうするの?」

戦士「売り込み、宣伝、注文の確保は俺がやる。お前は何か作るときの開発に集中しろ」

魔女「貴方、大変じゃないの?」

戦士「王国一の魔女になりたくないのか?」

魔女「そりゃあなりたいけれど」

戦士「なら気にするな。借金する図太さがありゃじきに気にならなくなる」

魔女「......貴方って、すごくすごくものすごく根に持つタイプよね」

戦士「身内ネタと言ってくれ。早速昨日睡眠薬を売った会社からの依頼を掴んだ」

魔女「内容を詳しく」

戦士「>>93
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/09(土) 22:33:46.75 ID:qjVq0UG50
安価↓
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 22:47:09.83 ID:Q2Ek6Vw8O
よく効く活力剤が欲しいらしい
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 22:54:27.47 ID:YwybU8Wd0
戦士「よく効く活力剤が欲しいらしい」

魔女「ふむふむ、活力剤......レシピがあったかもしれないわね」

戦士「今回はすんなりいきそうだな」

魔女「いや、多分一筋縄ではいかないわね」

戦士「なんでだ?」

魔女「活力剤自体は作れるわ。問題は『よく効く』って所よ」

戦士「なるほど」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/09(土) 23:07:23.02 ID:YwybU8Wd0
魔女「多少アレンジを加えたりしないと無理よ」

戦士「こういう場合はやはり足し算の発想か?」

魔女「そうね。何か追加することでどうにかなるかもしれない」

戦士「なるほど。では俺が採取してこよう」

魔女「さすが『戦士』ってだけある」

戦士「『盗賊』とかのほうがいいんだろうがな。何が必要なんだ?」

魔女「>>97
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/09(土) 23:08:17.65 ID:qjVq0UG50
竜の血
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 00:01:42.24 ID:uNxJvj2DO
ユニコーンの角
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 11:41:34.84 ID:s8L7qXKO0
魔女「ユニコーンの角よ」

戦士「そりゃまた凄い一品だね」

魔女「それだけに効果は抜群よ。粉末の一つまみで効きすぎる程にね」

戦士「角を粉にしてさえ絶大なのか......よし!やる価値は大いにある」

魔女「でも、ユニコーンなんてそういないわよ?」

戦士「普通にはいないな。だが俺はユニコーンに会う方法を知っている!だから任せろ」

魔女「分かった」


戦士は返事を聞き届けると装備を持って家を飛び出した
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 12:00:17.28 ID:s8L7qXKO0
〜ユニコーンの丘〜


この丘は低温地帯の草原にある
太陽は低く登り、翠色に輝くのだ
この丘の上は冷気が吹きすさび、小さな霊峰のようだ
決まってそこにユニコーンは現れる


戦士「ユニコーン!」

ユニコーン「......」

戦士「お前の角をくれないか?」

ユニコーン「>>101
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 12:02:10.57 ID:1JZkZ8Y/O
いいよ。すぐに生えるから
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 12:15:20.51 ID:oH0N0hPO0
欲しければ戦って勝ち取るがよい
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 13:56:56.74 ID:6WyHfLuv0
ユニコーン「欲しければ戦って勝ち取るがよい」

戦士「言うと思ったぜ」

ユニコーン「いざ!」


ユニコーンは高速で突進してくる
ユニコーンは魔力で飛べる上に鋭利な角を持っているのでジャンプは悪手だ
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 14:39:27.42 ID:6WyHfLuv0
しかし、突進は外せば逆に大きな隙になるものだ
戦士は緩急をつけた二連サイドステップでかわした


戦士「そこだっ!!」


つけた緩急を利用し、自然に体重をかけてユニコーンの横腹を斬る
しかしユニコーンは一つ彼の知らない技を持っていた


ユニコーン「ボルトホーン!」


ユニコーンの角から電撃が発せられる
それは真っ直ぐに彼の肉体を貫いた


戦士「うぐっ!」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 14:50:40.73 ID:6WyHfLuv0
ユニコーン「やるな」

戦士「なんだそれ......反則だろ......!」

ユニコーン「お前も知っているだろう?霊獣に常識は通用しない!!」


ユニコーンは角から大量の電気を発生させる
それは形を成し、ユニコーンと同様の姿になった
まさかの分身。続けてもう一体電気で作り、三体になってしまった


戦士「最悪だ......他の奴じゃなくてよりによって電撃ユニコーンと出くわしちまったようだ」

ユニコーン「我が同胞を知っているのか......?勝負の後で教えてもらおうか!!」


三体のユニコーンはほとばしる電気を纏い突進してくる
回避するのは至難の業だろう
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 14:56:56.59 ID:6WyHfLuv0
彼は咄嗟に三体の内の本体に向かって剣を投げつけた


ユニコーン「狙いは良いが、今度は相討ちではすまんぞ!!」

戦士「ああそうとも......エレメント!!」


そう唱えると彼の肉体が剣に吸い込まれる
これでは突進する相手はおらず、むしろ剣に当たればダメージだ


ユニコーン「何ぃ!ぐっ......!」


ユニコーンに投げられた剣が刺さる
すると剣の中から戦士が再び現れる


戦士「悪いな......こいつも霊剣なんだ」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 14:59:59.06 ID:6WyHfLuv0
突き刺した霊剣を抜く


戦士「続けるか?」

ユニコーン「まだ動けるぞ!」

戦士「ならば我が必殺技で仕留めてやる」

ユニコーン「良いだろう!はぁぁぁぁぁ......!!」


ユニコーンが帯電する
奴も同様に大技を繰り出そうとしているのだ


戦士「食らえ!>>108
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 15:02:00.81 ID:PB6MP9Ic0
臥竜大覇ァァァァァッ!!!
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 15:34:32.75 ID:PVNKxd2aO
必殺!スーパービックバンソード!
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 15:47:06.83 ID:6WyHfLuv0
戦士「必殺!スーパービッグバンソード!」

ユニコーン「ヴォルツ・スラスト!」


剣はあふれんばかりに質量を増加させて叩き斬ろうとする
圧倒的な創造はあらゆるものを等しく破壊するのだ
ユニコーンは電気を角に集め、純粋な電気の刃を作り出す
それを電光石火のスピードで叩きつけた


「うおおおおおおおおっ!!!」
「ぐおおおォォォォォッ!!!」


大気は振動し、空間が歪む
余波による爆発がそこら中で起こり、草原はもはや静寂の加護を受けない
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 15:52:35.23 ID:6WyHfLuv0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


戦士「はぁ.......はぁ......」

ユニコーン「うぎ......ぐ......」

戦士「やっぱ......相討ちだったわ......」

ユニコーン「いや、お主は正しい......さらばだ」


ユニコーンの体が電気になる
それは緩やかに放電し、その姿は無くなってしまった


_________その角を除いては
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 16:04:33.25 ID:6WyHfLuv0
戦士「おいーっす......ただいま」

魔女「おかえり......って!その怪我何!?」

戦士「かすり傷だよこんなもん。ほら、角だ」

魔女「ありがとう。でもそれは絶対かすり傷ではないから安静にしててよ」

戦士「しょうがねーな」

魔女「後で回復薬持っていくから」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 17:10:19.98 ID:6WyHfLuv0
戦士「納品してきたよ」

魔女「......え?その状態で?」


彼は先ほど養生のため全身に包帯を巻かれた
安静にしているよう言われたのにその状態で動いたのだ


戦士「ははは。ミイラ男だって言われたよ」

魔女「いいから休んで」

戦士「まぁまぁ、これで命がけで材料を取りに行く気概があるって伝わったんだ。心証いいぜ」

魔女「体を壊したら元も子もありませんから!」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 17:16:41.01 ID:6WyHfLuv0
翌日


魔女「戦士」

戦士「はい」

魔女「ポストに手紙入ってたよ」

戦士「......俺に手紙なんぞ寄越す奴がいるのか......?」


彼は封を解いて中身を読み始めた


>>115
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 17:17:24.48 ID:6WyHfLuv0
ミスしました。すみません
>>116...手紙の内容
です
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 17:29:48.69 ID:PB6MP9Ic0
親からの見合いの話
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 17:35:07.57 ID:cgI4DXZno
ラブレター(魔女宛)
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 20:41:00.46 ID:948svEax0
戦士「......ほぉー」


驚くべきことに、その内容は魔女宛のラブレターだったのだ
認めたくないが、もしかして写真映りが良いのではなく本当に顔が整っているのかもしれない


魔女「どう?」

戦士「くだらん手紙だ。後で捨てる」

魔女「ふーん」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 20:45:16.92 ID:948svEax0
戦士「傷が治ったぞ」

魔女「そう」

戦士「まさかここまで早く治るとはな」

魔女「バイタリティが高いんじゃないの?」

戦士「......おい」

魔女「何?」

戦士「まさか俺の回復薬にユニコーンの角を使ってないだろうな」

魔女「......何のことだか」

戦士「俺のことは気にするな。そう簡単には死なないから」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 21:22:31.75 ID:s8L7qXKO0
戦士(......さて)

戦士(さっきはああ言ったが、このラブレターはやはり魔女に見せるべきなのだろうか)

戦士(と言っても差出人は不明だし)

戦士(何より走り出しのこの大切な時期に色恋に走られるのはよくない)

戦士(そうするとこれを送った奴に失礼だし、真実の愛とやらに魔女も目覚めるかもしれない)

戦士(どうすべきか......)


>>121...見せる?
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 21:27:03.83 ID:PB6MP9Ic0
見せる
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 21:27:57.44 ID:3Q3KZIK0o
みせよ
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 22:08:48.27 ID:s8L7qXKO0
戦士「魔女」

魔女「何?」

戦士「さっきの手紙なんだが......」

魔女「読めって?」


魔女は手紙を読み出す
一通り目を通し終わったとき、彼女は複雑な表情をしていた


戦士「それを読んでお前がどう思ったか分からんが、差出人が不明なんだ」

魔女「じゃあ配達の人に聞いてみる?」

戦士「そうだな」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 22:13:14.97 ID:s8L7qXKO0
噂をすればなんとやら
隣の家の郵便受けを開け閉めする金属音が響く


戦士「あ、配達員さん」

配達員「どうしました?」

戦士「今日の朝ウチに届いた手紙の送り主知りません?」

配達員「>>125
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 22:19:24.97 ID:PB6MP9Ic0
あれは確かあなた達と一緒にいた賢者さんじゃなかったかね……
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 22:30:45.25 ID:XXKnMRumO
深窓の令嬢
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 22:38:53.84 ID:s8L7qXKO0
配達員「深窓の令嬢さんですよ」

戦士「あ、ありがとうございます」

配達員「いえいえ、最近色々やってるらしいじゃないですか。頑張って下さい」

戦士「配達員さんこそ」


戦士は家に戻り、魔女に送り主を伝える


魔女「えっ、女性なんですか」

戦士「多分」

魔女「うぅん......多分家から出ないタイプですよね」

戦士「さわらぬ神に祟りなしともいう。今回は無視するか?」

魔女「そうですねー......」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 22:48:20.53 ID:s8L7qXKO0
戦士が仕事を探しに行き、帰ってきた
すると魔女が机に突っ伏して寝ていた


戦士「仕事取ってきたぞー......お?」


どうやら、本を読んでいる最中に寝てしまったようだ
起こすのも悪いので毛布をかけておこう


戦士「そういや何の本を読んでるんだ?」

戦士「魔法とか使う奴の読む本には興味かある。少し読ませてもらおう」


>>129...どんな本?
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 22:51:11.58 ID:PB6MP9Ic0
好きな人を振り向かせるためには
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 22:51:21.29 ID:XlNztUvvO
よくわかる料理の本
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 22:58:58.15 ID:s8L7qXKO0
タイトル:よくわかる料理の本


戦士「ただの料理本じゃねーかっ!」

戦士「そもそもこいつ自炊できんのかよ......」

戦士「ま、料理できるようになってくれれば体調を崩すことも減って円滑に業務できるだろう」

戦士「居眠りさせてる時点で円滑な業務もクソもないんだがな」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 23:02:43.74 ID:s8L7qXKO0
傾いていた太陽は既に落ちきった
代わりに月が天辺から照らす時間になっている

それにもかかわらず、魔女は未だ熟睡中
昼寝にしては遅いと思ったが、流石に寝すぎではないだろうか
なによりずっと家に居られても寝床は二人分ないのだ
そこで戦士は彼女を背負って家まで運ぶことにした


戦士「よっこらしょ」

戦士「......手のかかる奴だぜ本当に」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 23:15:42.57 ID:s8L7qXKO0
無用心にも鍵がかかっていないことを知っているので、ドアを開けて彼女の家に入る
面倒なので、玄関を入ったところに寝かしておこう


魔女「......んぅ」

戦士「起きたか?今日はもう遅いからベッドでもう一度寝ろ」

魔女「>>134
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 23:17:34.80 ID:PB6MP9Ic0
ありがとう……
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/10(日) 23:22:03.27 ID:3Q3KZIK0o
連れてって〜
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/10(日) 23:58:09.32 ID:s8L7qXKO0
魔女「連れてって〜」

戦士「声ふにゃふにゃだな」


微笑を浮かべて彼女を背負う
こいつの家に入るのはいつぶりだったかと思いつつ歩く
彼女の部屋を思いだして入室する


戦士「おいおい」


見渡す限りゴミやゴミのような物体が部屋を占領している
ずぼら女め
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 00:02:57.91 ID:XxKhyLEX0
戦士「足の踏み場もないぞ......」

魔女「がんばえ〜」

戦士「うるせぇ」


どうにかベッドまでたどり着いた
ベッドもしばらく洗濯されていないようで、独り暮らしの闇をさらに感じさせる


戦士「ほら、寝とけ」

魔女「あうっ」


ボトリとベッドに落ちる
そしてピクリとも動かなくなったのだ


戦士「疲れた......俺も帰って寝よ」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 00:05:55.57 ID:XxKhyLEX0
翌日


魔女「おはよう!!」

戦士「寝覚め最高かよ」

魔女「その通りよ」

戦士「それはそうと、依頼を持ってきたぞ」

魔女「何?」

戦士「>>139
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/11(月) 00:08:20.68 ID:kmg8Cj3U0
とあるパーティーの護衛だ。豪華な飯にもありつけるぞ
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/11(月) 07:42:51.93 ID:+APay9TRO
最近流行り病のお腹ピピーを治す薬
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 21:23:01.87 ID:XxKhyLEX0
戦士「最近の流行り病について知っているか?」

魔女「そんなのあるの?」

戦士「ああ。かくいう俺も昨日知ったんだがな、お腹ピーピーらしい」

魔女「何それ」

戦士「腹痛や下痢だな」

魔女「つまりそれの薬を作れば良いってことね!」


上機嫌な彼女はすぐさま大釜に向かう
が、その歩みは止まり振り返る


戦士「ど、どうした?」

魔女「もしかして私、魔女ってより便利な薬剤師なのでは?」

戦士「......言われてみればな」
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 21:31:40.76 ID:XxKhyLEX0
魔女「不服でーす」

戦士「分かったよ。今度はもう少し魔女らしい仕事を探すから」

魔女「うむ」

戦士「それで、薬は作れそうなのか」

魔女「一般の薬よりある程度の最適化はできると思うわ」

戦士「流石だ」

魔女「もっと誉めて」

戦士「嫌だね」
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 21:45:04.83 ID:XxKhyLEX0
しばらくして


魔女「よしっ!」

戦士「どした?」

魔女「あとはこのまま煮詰めるだけだから一回帰って休憩する」

戦士「そうしろ。机に突っ伏して寝るのは体に良くない」


賢明な判断で彼女は家に帰った
仕事でも取りに行こうかと思ったとき、彼女の家から悲鳴が聞こえる


「ひゃぁぁぁぁぁぁっ!!」


戦士「どうした!?」


すぐさま駆けつけて安全の確認をする


魔女「>>144
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/11(月) 21:47:03.45 ID:kmg8Cj3U0
へ、部屋が荒らされてる!
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/11(月) 21:53:09.62 ID:rfw0HBrNo
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 22:12:02.07 ID:XxKhyLEX0
魔女「へ、部屋が荒らされてる!」

戦士「元からでは?」

魔女「それはそうたけど......間違いなく物色された形跡があるの!」

戦士「だったら事だな。物色した奴をとにかく捕まえなければ」

魔女「どうして私がぁ......」

戦士「戸締まりを一切しないからじゃないか?」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/11(月) 22:19:32.33 ID:XxKhyLEX0
魔女「どうしたら良いんだろう」

戦士「うーん......」

魔女「ひとまずこれは騎士団に伝えて捜索してもらおう」

戦士「そうだな。だったら、被害を明確にしておきたいな」

魔女「実害があるときしか動かない人が多いからね」

戦士「何が無くなったとか、そういうのは分かるか?」

魔女「>>148
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/11(月) 22:21:30.01 ID:kmg8Cj3U0
えっ……うん、ないわよ(隠しといた戦士の写真以外は)
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/11(月) 22:23:58.00 ID:tP3r/yZko
失敗作の薬がない!
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/12(火) 19:24:58.44 ID:R4Y/ZZFc0
魔女「失敗作の薬がない!」

戦士「何!?薬品がなくなったとあれば重大な問題だ」

魔女「そうね......悪用されてないといいけど」

戦士「ともかく、不謹慎だが明確な被害があるから幸い騎士団を頼れる」

魔女「これからは戸締まりに気をつけるわ」

戦士「是非そうしてくれ」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/12(火) 19:29:49.91 ID:R4Y/ZZFc0
こうして、王国騎士団に事情を話し、捜索してもらえる運びとなった


戦士「じゃあ俺の家できちんと戸締まりをして居るんだぞ」

魔女「うん。戦士はどうするの?」

戦士「魔女らしい仕事を探してきてやるよ」


そう言って戦士は外出した


戦士「......さて」

戦士「俺も犯人探しをするとしよう」
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/12(火) 19:41:56.76 ID:R4Y/ZZFc0
王国騎士団は優秀な人間が多く、犯人の検挙率もよい
しかし彼は一刻も早く事件を解決したいと考えていた
そこで彼は騎士団のような公的な存在の入り込めない酒場に来ていた


戦士「ここに来るのも久しいな......っと」


彼は椅子に腰掛ける
この酒場の一角には、椅子に座って壁と向かい合う場所がある
そこにはスピーカーが付いており、手持ちの金を足元の穴に入れると対話ができる
スピーカー越しの対話の相手が誰かなんてのは当然分からないが、この世界に精通した情報通であることは確かだ
彼は慣れた手付きで金を支払い、スピーカーに向かって呼び掛ける


スピーカー「毎度どうも。欲しい情報をどうぞ」

戦士「つい最近犯行に及んだ泥棒で、妙な効果の薬を売った奴はいるか?」

スピーカー「ふむ、少々時間を取らせますが......」

戦士「それで良い。薬を売っている人間が居なくとも最近犯行に及んだ泥棒について教えてくれればいい」

スピーカー「承知」


ブツリ、と接続の切れる音
しばらく待って肘掛けの欲しくなる頃合いに接続が確認された


戦士「どうだ?」

スピーカー「>>153
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/12(火) 19:46:40.10 ID:xM/PuVUW0
いませんね…個人で使っているのでは?
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/12(火) 21:37:09.88 ID:VYZFTqTao
奴隷商がそれらしき噂を聞いていた
ある人物が買い取った奴隷で新薬の実験をするとか
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/12(火) 23:16:51.79 ID:R4Y/ZZFc0
スピーカー「奴隷商がそれらしき噂を聞いていた」

戦士「やはり『そちら』側の人間なのか」

スピーカー「ある人物が買い取った奴隷で新薬の実験をするとか言っていたそうだ」

戦士「物好きな奴だ。そいつの情報はあるか?」

スピーカー「無い。仮に収集しようとしても奴隷商もビジネス、顧客の情報は守秘するだろう」

戦士「そうだろうな。それじゃあここら辺で俺は帰るぜ、ありがとな」

スピーカー「またのご利用をお待ちしております」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/12(火) 23:24:52.14 ID:R4Y/ZZFc0
つい最近、奴隷について魔女に話題に出したことがあった
まるで冗談みたいな対応されたが、それも当然で最近は奴隷ビジネスは衰退している
だから奴隷などを連れている奴がいたら目立つはずなのだ


戦士「そこの方」

女性「はい?」


古来より女は噂が好きなものだ
ならば異様なことをよく覚えているだろうと踏んだのだ


戦士「最近、奴隷を連れている人間を見かけましたか?また、そのような話を耳にしましたか?」

女性「>>157
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/12(火) 23:27:26.35 ID:xM/PuVUW0
安価↓
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/12(火) 23:36:45.31 ID:kU7/bXqvo
聞いたことがあります
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/12(火) 23:36:46.26 ID:i7nVoDTJO
…………奴隷に興味がおありですか?
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 00:10:57.89 ID:QNPg8ZaN0
女性「聞いたことがあります」

戦士「では、その方がどちらに行かれたかは?」

女性「確か、そこの路地を入って突き当たりの家ですね」

戦士「ありがとうございます」

女性「いいんですよ」


幸運にも情報を掴んだ彼は教えられた場所に急ぐ
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 00:16:03.96 ID:QNPg8ZaN0
路地の突き当たりまで行けば、小さな家があった
盗賊譲りの解錠スキルで侵入する

入ると中は廊下になっており、そこを進む
脇に部屋があり、少しドアを開けて中を確認する


戦士「......!」


異臭がした
そしてちらりと汚い部屋が映った。ここは奴隷の部屋だろう
なら使用された薬物が分かるかもしれない......


戦士「奴隷......?」


>>162...奴隷の状態
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/13(水) 00:22:07.06 ID:iZbhnGC+0
薄気味悪く汚れている
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 00:26:53.53 ID:mI5EOMdhO
明らかに体に合わないパツパツになった服を着ている
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 19:01:17.95 ID:QNPg8ZaN0
奴隷「あ、あなたは......?」

戦士「客人だ」


奴隷の姿を見ると、明らかに体に合わないパツパツの服を着ている
どうやら服に関してはケチるタイプの飼い主のようだ
人のそういうスタイルに関してはとやかく言うつもりはない


奴隷「分かりました......ご主人様!」

「む!客人か!?」


暗い部屋の隅から立派な顎髭をたくわえた男性があらわれた
髭の割に歳をとっていないようだ
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 19:05:07.35 ID:QNPg8ZaN0
顎髭「悪いな。我輩はどうやらお主の顔を忘れてしまったらしい」

戦士「初対面ですが」

顎髭「なんだ、そういうことか」

戦士「そういうことです」

顎髭「_____して、何の用だ?」


目付きが鋭くなる
こちらの行動を警戒しているのがありありとその様子から伝わってくる


戦士「最近、空き巣しました?変な薬とか取りました?失礼な質問ですが」

顎髭「>>166
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 19:31:28.50 ID:0Hd03QBCO
どうやら貴様は消えて貰った方が良さそうだな
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/13(水) 19:32:14.16 ID:iZbhnGC+0
知らんな。失礼な奴だな
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 21:19:10.25 ID:QNPg8ZaN0
顎髭「知らんな。失礼な奴だな」

戦士「そうでしたか。お詫びと言っては何ですが、これを」

顎髭「む?」


戦士は薬品と家の住所を渡す


戦士「試供品です。お気に召しましたらご連絡下さい」

顎髭「薬屋か?」

戦士「いえ、何でも屋のつもりではいます」

顎髭「なんだそりゃ」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 21:31:28.75 ID:QNPg8ZaN0
こうして、特に何もできずに一日が終わった


戦士「ただいま......」

魔女「おかえりー、っと落ち込んでる?」

戦士「まさか」

魔女「......怒るよ」

戦士「何でさ」

魔女「なんでもかんでもすぐ一人で抱えようとするから」

戦士「他人に迷惑をかけるのが正しいとは思わないからな」
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 21:37:12.67 ID:QNPg8ZaN0
魔女「そりゃあそうかもしれないよ?」

戦士「そうだろ。なら」

魔女「でもね、私だって誰かが苦しんでたら助けたいなとは思うよ」

戦士「それが迷惑だと言われたら?」

魔女「それでもよ」

戦士「......そうか」

魔女「だから一人で抱えないで」

戦士「じゃあそうだな、話がある」

魔女「何?」

戦士「>>171
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 21:43:23.02 ID:iZbhnGC+0
お前の家の泥棒の話だ
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 22:15:22.77 ID:5+UL2XW/o
手伝ってくれ
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 22:44:18.53 ID:QNPg8ZaN0
戦士「......手伝ってくれ」

魔女「手伝う?何を?」

戦士「お前の家に入った泥棒の捜査だ」

魔女「えっ、それなら騎士団が......」

戦士「一刻も早く解決したいんだ」

魔女「......わ、分かったよ」
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/13(水) 22:51:09.69 ID:QNPg8ZaN0
戦士「本当か!?」

魔女「うん。それに......私のことを心配してくれてるんだなって」

戦士「最後の方ボソボソ喋りすぎで聞こえん」

魔女「なんでもないよ」

戦士「......まぁいい。差し支えなければ、盗まれた薬がどんな効果のものかを教えて欲しい」

魔女「>>175
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/13(水) 22:55:14.87 ID:iZbhnGC+0
活性剤よ
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/13(水) 22:56:53.12 ID:TmPZq1Pgo
大きくなる薬
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 18:18:42.90 ID:zBHdcQU20
魔女「大きくなる薬よ」

戦士「大きくなる薬?すごいじゃないか。どうしてそれが失敗作なんだ?」

魔女「どの程度大きくなるか分からないの」

戦士「数ミリ大きくなるだけかもしれないし、巨人のようになる可能性もあると」

魔女「そういうことよ」

戦士「なるほど」
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 19:37:20.53 ID:zBHdcQU20
魔女「今日も日が暮れちゃったわね」

戦士「ああ、そうだな」

魔女「......」


曇った表情の彼女がうつむき加減で考え事をしている


戦士「おい、どうした?」

魔女「家に一人だと不安だし......」

戦士「まさか、泊まっていくつもりか?」

魔女「嫌?」

戦士「嫌ではないが......あっ」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 19:45:32.71 ID:zBHdcQU20
魔女「どうしたの?」

戦士「なんでもない。じゃあ夕飯作ってくれるか?」

魔女「早速人をこき使うのね」

戦士「宿代取られたいか?」

魔女「イイ性格してるね本当に」

戦士「お褒めにあずかり光栄ですよ」


納得のいかない様子で調理場に出向く
未だ険しい顔付きだが、おそらくはメニューを考えていることだろう


魔女(今日は>>180を作りましょう)
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/14(木) 19:46:14.79 ID:a38N1to20
彼が好きなもの
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 19:53:36.68 ID:ZqclWNLQO
シチュー
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 20:44:57.74 ID:zBHdcQU20
魔女「シチューを作りましょう」


彼女はオーソドックスにホワイトシチューを作ることにした
魔女といえば魔法のキノコだが、キノコを沢山入れようかと迷った末に没になった
その代わりに、いつも体を張っている戦士の為に肉を沢山入れることとなった


魔女「ふふふ」

戦士「いい匂いがするな」

魔女「でしょう?」
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 21:03:24.82 ID:zBHdcQU20
そして、食卓にシチューが運ばれてきた


戦士「シチューか」

魔女「そうよ、どうぞ召し上がれ」

戦士「それではいただきます」


彼のスプーンがシチューを一掬い
口に運ばれる


魔女「どう?」

戦士「肉が多いな。しかしシチューの風味が地味なはずの肉本来の味わいを引き立てている」

戦士「加えて肉もよく調理されている。口のなかですぐさまホロリと崩れて肉の堅さでテンポを崩さない」

戦士「しかしその食感にギャップを付けるため程よくマッシュルームが散らされている......」

戦士「率直に言おう。すごく旨いぞ」

魔女「そう言われると嬉しいわね。ありがとう」

戦士「バカめ、ありがとうはこっちのセリフだ。旨いものを食わせて貰ってるんだからな」
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 21:09:06.45 ID:zBHdcQU20
彼の分は少し多めに盛ってあったが、あっという間に平らげてしまった


魔女「褒められると美味しく感じるわ」

戦士「......ごちそうさまでした」

魔女「そんなに美味しかった?」

戦士「ああ、毎日食いたいな」

魔女「>>185
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 21:10:59.39 ID:a38N1to20
えっ……い、いいわよ!これくらいならいつでも食べさせてあげる!
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 21:16:34.76 ID:lJ5Wg9B+o
毎日シチューだけじゃ飽きるでしょ
メニュー考えておくわ
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 22:13:08.84 ID:zBHdcQU20
魔女「毎日シチューだけじゃ飽きるでしょ、メニュー考えておくわ」

戦士「助かる......ん!?」

魔女「どうしたの?」

戦士「え、マジで作ってくれるの?」

魔女「作って欲しいんでしょ?」

戦士「そりゃそうだけど、良いのか?」

魔女「あんなに褒められたらねぇ」
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 22:49:04.04 ID:zBHdcQU20
その後、彼女はメニューについて考えているようだった
しばしばあくびが見られるようになり、二人分の料理で疲れていることを感じさせる
戦士宅での宿泊を彼が認めた理由はここにあり、料理をさせることで先に寝かす
そして不平不満を言えない状態の彼女をそこらへんに寝かせておくことでベッドが一つでもどうにかなるためだ


戦士「眠いなら寝るといい」

魔女「そうしようかな」

戦士「安心して眠るといい」

魔女「そうさせてもらいま......ふぁぁ」


彼女は寝室に入っていった
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/14(木) 22:52:47.54 ID:zBHdcQU20
彼女が寝室に行ってから数十分が経った
そろそろ寝た頃と思い寝室に行けば当然寝ていた


魔女「すーすー」

戦士「......ぐっすり寝やがって」

戦士「......予定通りどかすべきか......?」


>>190...
1.どかす
2.自分がそこらへんで寝る
3.無理矢理二人で寝る
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/14(木) 22:54:48.72 ID:a38N1to20
3
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 23:23:05.08 ID:ZqclWNLQO
3
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/15(金) 21:42:22.40 ID:qs3dRjrD0
戦士「まぁいいか」


どうせ文句を言えないことには変わりない
だがこいつをどかすのは何だか心に善くないものがある
その上でベッドは譲れないのだから、無理矢理二人で寝るしかないのだ


戦士「調子狂うぜ」


せめてもの抵抗に、掛け布団は奪って寝た
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/15(金) 21:50:20.58 ID:qs3dRjrD0
〜翌朝〜


戦士は睡眠時間自体は短くとも問題ないが、生活のリズムは一定ではない
しかし寝ていた彼女はかなり規則正しいタイプである
つまり彼女の方が朝早く起きたのだ


魔女「ふぁー......」


見慣れない場所で起きたものだから、つい周囲を確認する
すると、戦士が隣で寝ているのだ


魔女「>>194
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 21:55:51.81 ID:JxN5PGi90
ど、どうしてこいつ(戦士)が!?///
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 23:11:34.44 ID:IQKBrVnno
え……?
私どこまでしちゃったの……??
お、覚えていないなんて……
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/15(金) 23:24:49.35 ID:qs3dRjrD0
魔女「え......?」

魔女「私どこまでしちゃったの......??」

魔女「お、覚えていないなんて......」


状況からくる誤解に茫然としている
すると、物音に反応してか彼も起きる


戦士「んーーー......朝だ」

戦士「......あれ、魔女......?」


彼女の表情が彼をも誤解させる
まさか、そんなことあるわけがないと心で思ってはいるが、動揺は隠せない
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/15(金) 23:29:24.87 ID:qs3dRjrD0
魔女「戦士」

戦士「お、おう」

魔女「昨日、どこまでしたんです......?」


ぼそりと呟くように問う
当然どちらも覚えていないし、そんな事実はないのだが
しかしながらその質問で彼の疑問は確信へと変わり始めていた


戦士「お、覚えてないな」

魔女「ひとつ提案なんですけど」

戦士「はい」

魔女「>>198
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 23:35:12.17 ID:JxN5PGi90
男女一緒に寝るのは破廉恥だと思うので今後は別々に……
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 23:39:02.29 ID:AELRjvWfo
ベッドは大きくしてもいいかしら
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/15(金) 23:56:28.55 ID:qs3dRjrD0
魔女「ベッドは大きくしてもいいかしら」

戦士「いいが、出来るのか?」

魔女「任せて」


彼女のポケットから絨毯のようなものが出てくる
その生地は培養されるように整形されて、ベッドと融合する
するとどうだろうか、ベッドが広い


戦士「おお」

魔女「ふふん」
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 00:07:54.47 ID:TX2NIx/J0
その後、二人は朝食を摂った


戦士「じゃあ今日はお前の家に入った泥棒を捜そうか」

魔女「手伝います!」

戦士「言ってたなぁ。腹痛薬はもう納品してきたから安心していいぞ」

魔女「それじゃあ早速聞き込みですよ!」
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 00:13:25.71 ID:TX2NIx/J0
流石に彼女を酒場に連れていくと面倒なので、町での聞き込みになった


戦士「なんと聞いたものか」

魔女「すごく背の高い人や巨人を見かけたかどうか聞きましょう」

戦士「確かに薬を飲んでるとすれば妥当か」


意見のまとまったところで、タイミング良く町人が来た
そしてシームレスに聞き込みに移った


魔女「あの、すごく背の高い人や巨人を見かけませんでしたか?」

町人「>>203
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 00:27:36.16 ID:mtS+ywcGo
見てないな
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 07:57:31.49 ID:iOKUjZbJO
でかい犬なら隣の町にいるらしいぞ
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 11:20:23.07 ID:TX2NIx/J0
町人「でかい犬なら隣の町にいるらしいぞ」

戦士「それは大型犬ってことか?」

町人「いや、大型の品種じゃないらしいんだが......とかくデカイそうな」

魔女「ビンゴかもですよ」

戦士「かもな」

魔女「忙しいところありがとうございました!」


そう言って彼女は戦士の腕を引っ張り走り去った
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 11:24:39.68 ID:TX2NIx/J0
どうやら隣町まで走って移動するつもりらしい
が、だんだん顔に余裕がなくなっていく


魔女「はぁ......はぁ......!」

戦士「大丈夫?」

魔女「いや、ちょっと疲れましたぁ......」

戦士「しょうがないやつめ」


彼女をおぶって再び走り出す
最初から走らなければ良かったのに、と彼は思っただろう
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 11:29:17.16 ID:TX2NIx/J0
やっとのことで隣町に到着した


戦士「ふぅ」

魔女「どうせならずっとおぶっててもいいんですよ」

戦士「自分で歩け」

魔女「けち」

戦士「自分で歩けばもう少し軽くなるかもよ」

魔女「......絶対に後悔させます」
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 11:33:27.85 ID:TX2NIx/J0
戦士「すみません、でかい犬を知っていますか?」

町人「ん......そこのお屋敷だね」

魔女「ありがとうございます!」


町人の示した先には気品ある庭園を備えた屋敷があった
使用人がいる様子はない


戦士「よし、じゃあいくぞ」

魔女「あの」

戦士「?」

魔女「なぜ塀を乗り越えようとしているんですか?」

戦士「そりゃ証拠を掴むためさ」

魔女「えぇ......」
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 11:37:42.36 ID:TX2NIx/J0
しぶしぶ彼女も同様に塀を乗り越え屋敷に侵入
庭園には犬が放されている様子がないので、屋敷内に潜入することにした
手がかりを求めて行動していると、ドアの向こうから人の声がする


戦士「!!」

魔女「なにか話してますね......」

戦士「ああ、聞き耳を立ててみよう」


>>210...会話の内容
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 12:51:24.21 ID:zr1JtToCO
犬を誉めていた。
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 15:43:58.44 ID:lEhNwI/0O
ムツ○ロウ「あぁ最高ですねぇあの薬のお陰で肉球が巨大化してプニプニ最高です〜」
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 19:48:06.76 ID:TX2NIx/J0
ムツ○ロウ「あぁ最高ですねぇあの薬のお陰で肉球が巨大化してプニプニ最高です〜」

魔女「!!」

戦士「......魔女は騎士団に通報してきてくれ」

魔女「戦士は?」

戦士「あいつを取り押さえておく。さぁ行け」


魔女は駆け出して行った
それを確認し、彼はドアを開ける
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 19:54:02.23 ID:TX2NIx/J0
戦士「おいお前」

ムツ○ロウ「......いつからそこに?」


彼はこちらに背を向け、犬を愛で続けている


戦士「さぁな」

ムツ○ロウ「何のつもりでしょうか」

戦士「大人しくしていろ。そう伝えに来た」

ムツ○ロウ「なるほどねぇ。そうはいきませんよ」


そう言い終わると同時に彼はこちらをゆっくりと振り向いた
それと同時に部屋の物陰から蠢くような気配がする


戦士「何だ!?」

ムツ○ロウ「どうやらあなたは戦闘を生業とする方のようだ。ですので問いますが____」

ムツ○ロウ「戦闘に最も向く生物とは......何だと思いますか?」
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 19:58:20.08 ID:TX2NIx/J0
戦士「ドラゴンだろう」

ムツ○ロウ「いえいえ。違いますねぇ」

戦士「まさかお前」

ムツ○ロウ「私は動物を手懐けてふれ合うのが好きなんですよ。まぁ手懐けられないこともあるんですけどね」

戦士「......」

ムツ○ロウ「ヒトも、例外ではありませんよ?」


蠢くそれらの正体は、人間だった
それぞれ個性ある体つきで、身軽さに特化した者から筋肉に全身を覆われた者まで様々だ
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 20:30:37.27 ID:TX2NIx/J0
戦士「......外道め」

ムツ○ロウ「生物と仲良くしているだけなのに、外道と呼ばれる筋合いはありませんね」

戦士「お前の中ではそうなんだろうな」


戦士は何かを地面に落とす
それを蹴り飛ばすと弾けて煙を撒き散らす
煙幕だ!


ムツ○ロウ「なんだと!?」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 20:46:23.43 ID:TX2NIx/J0
戦士「少々手荒になっても構わないな!?」

ムツ○ロウ「みんな助けて!」

戦士「そりゃ無理だろうな。ヒトを手懐けるなんて出来っこない。あいつらは獣だよ」

ムツ○ロウ「なぜそう言える?」

戦士「俺は人として己の限界に挑戦し続けてきたんだ!誇りを持って理解している!」

戦士「食らえ!必殺>>217
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/16(土) 20:55:47.01 ID:w2P5FUkn0
ビーストブレイク!
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:17:06.53 ID:UzIsVS+I0
バスターウルフ
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 21:55:59.61 ID:TX2NIx/J0
戦士「Are you okay?」

戦士「バスターウルフ!!」


彼の拳が爆発的なエネルギーを生み出す
その一撃で相対する者を壁に叩き付ける


ムツ○ロウ「ぐっ......」

戦士「結構丈夫だな」

ムツ○ロウ「なぜみんなお前を襲わない!?」

戦士「今見せたろ。炎を操るような奴に動物は近付かないんだ」

戦士「そしてそれはつまり、お前の仲間がもはやヒトじゃないことの証明だ」
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 22:10:17.85 ID:TX2NIx/J0
こうして、観念した彼を到着した騎士団が連行した
ようやく泥棒騒動が終わったのだ


魔女「派手に暴れたとか」

戦士「そんな暴れてないよ」

魔女「なんか最近あなたが不死身なんじゃないかと思えてきたわ」

戦士「死ぬときゃ死にます」
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 22:19:15.24 ID:TX2NIx/J0
二人は戦士の家に帰ってきた


戦士「どっと疲れたな」

魔女「もうヘトヘトだよ」

戦士「腹減ったぞ」

魔女「またそうやって人をうんぬんかんぬん」

戦士「宿代うんぬんかんぬん」

魔女「はぁ......まぁ作りますよ。今日のメニューは>>222です」
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2019/11/16(土) 22:19:59.49 ID:w2P5FUkn0
ミートスパゲッティ
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 22:20:37.81 ID:eusB75jLO
ハンバーグ
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/16(土) 23:49:15.75 ID:TX2NIx/J0
魔女「今日のメニューはハンバーグです」

戦士「ハンバァァァァァァァグ!!」

魔女「うるさいですね、付け合わせだけ食わせますよ」

戦士「すみません......」


彼女は生地を作り始めた
生地から肉汁の逃げないようにしっかりと作り上げる
リズムよく生地を整形し、丁寧に仕上げる
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 00:02:19.26 ID:P5LqVN/k0
整形が十分と判断したら、今度はフライパンに乗せて焼く
きちんと火を通し、どこから見ても同じ色にする
長く焼きすぎることによるデメリットを避けるため、火を通すのはできるだけ強火で短時間
それを盛り付け、デミグラスソースをさらに甘くしたソースで味付け


魔女「できましたよ」

戦士「さっきから凄く良い匂いが漂ってくるよ」

魔女「そうでしたか、じゃあ早速召し上がれ」

戦士「いただきます」


ナイフで切り分けて食べようとした彼は衝撃を受けた
切断面からジューシーな肉汁が普通ではありえない量出ているのだ
なんだか勿体無くなったので素早く口に運べば、肉汁の重みある味わいを感じる
しかし、こってりし過ぎないように甘いソースが働く
できたての熱さを忘れて一心不乱に切り分けて頬張る
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 00:09:33.30 ID:P5LqVN/k0
先日同様、あっという間に平らげてしまった


戦士「ご馳走様でした」

魔女「どうでしたか?」

戦士「肉汁をすごい頑張ってるなぁ、って感じた」

戦士「それがくどい要素にならないようにソースを工夫してる」

戦士「油の固まらない出来立ての内に食べれたことを感謝したいよ」

魔女「そうですか......ふふ」

戦士「笑うなよー」
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 00:38:27.79 ID:P5LqVN/k0
戦士「眠し」

魔女「私もです」

戦士「もう解決したし、帰って家で寝れば?」

魔女「えー......でも今日折角ベッド増設したのに寝ずに帰るのは癪です」

戦士「まぁ、料理も宿代代わりだし......別にいいか」

魔女「それじゃおやすみなさーい」


返答の後すぐさま彼女はベッドに潜り込んで寝てしまった


戦士「......あいつ絶対悪い夢とかみないわ」


>>228...魔女の見た夢
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 00:46:35.48 ID:FJaMwaKqo
戦士とデート
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 00:48:15.17 ID:7MDfls2n0
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 00:48:16.00 ID:OcO1Ujtao
戦士からの告白
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 12:46:28.92 ID:4wVcFEnR0
祖母(十代 若い)&母(ロリ)&姉妹(エロい)達が遊びに来るメッセージ
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 14:00:38.71 ID:3X1h9V7k0
魔女「......はっ」

戦士「どうかしたか?」

魔女「いや、なんでもないよ」

戦士「睡眠はちゃんととれよ?」

魔女「戦士の方が不摂生してそうだけど」

戦士「お前は別に体が強い訳じゃないだろ」
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 14:29:55.63 ID:3X1h9V7k0
魔女「ねぇ」

戦士「ん?」

魔女「今、どこに向かってるの?」

戦士「それは着いてのお楽しみ」

魔女「そういうとこあるよね」

戦士「なんとでも言え」


>>234...どこでデート?
1.商業施設
2.水族館
3.墓
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 14:38:28.65 ID:7MDfls2n0
1
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 14:40:16.25 ID:x77te1TOo
2
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 15:49:56.87 ID:3X1h9V7k0
彼女が連れて来られたのは水族館だった


魔女「へえ、水族館」

戦士「最初は釣りにでも行こうかと思ったんだが、お前じっとしてられないタイプだろ」

魔女「一理ある」

戦士「ここに来たことはあるのか?」

魔女「ないよ」

戦士「それは良い。ここは魚類から海竜まで様々な水棲動物がいるんだ。それに____」


彼はポスターを指差す。どうやらイベントをやっているらしい
でかでかと『異界の魚』とある
異界の魚とは何だろう?グロテスクなものでなければ良いのだが......
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 16:05:08.31 ID:3X1h9V7k0
そんな事を考えていると、いつの間にか入場していた
薄暗い順路を通り、進む私達を出迎える魚達


戦士「照明がいいよな」

魔女「雰囲気あるね」

戦士「......」

魔女「どうかしたの?」

戦士「旨そうだな」

魔女「......はぁ。今日の夕飯は魚ですかね」
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 16:12:17.36 ID:3X1h9V7k0
かわいいだの、かっこいいだの、うまそうだの......
月並みな会話をしつつ進んでいく


戦士「お、海竜だぜ」

魔女「流石にデカイですね」

戦士「うん」


水中での活動に特化した竜だ
大きな蛇にも見えなくはないが、その姿にはどこか威厳がある
見せ物になってしまっては形無しではあるが


魔女「食べたいとは思わないんですか」

戦士「昔こいつに食われかけたからなんか苦手なんだ」

魔女「私もこいつを調理したくはないですね......筋が多そうですし、何より大きすぎます」
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 16:17:10.00 ID:3X1h9V7k0
本来なら大トリはこの海竜らしい
常設コーナーと特設コーナーの境目がそこにあったからだ


戦士「異界の魚かぁ。どんなものなんだろうな」

魔女「きっと想像もしないような生き物なんでしょうね」


期待に胸を膨らませて水槽を見る


戦士「意外と普通の魚だな」

魔女「『イワシ』って言うんですね」

戦士「ふぅん」
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 16:24:33.49 ID:3X1h9V7k0
意外と普通な魚の多い異界の魚展
だが、ひときわ異彩を放ち人を集める生物がいた


戦士「......『クリオネ』?珍妙な奴だな」

魔女「これすごく可愛いですよ」

戦士「そうか?不味そうだし、まるで水子の霊みたいだ」

魔女「最悪な例えやめてもらえますか」

戦士「悪い悪い。お、エサが入ってきたぞ」


この生物はエサを食べる際に姿を大きく変貌させる
それはあまりにグロテスクで、和みながら観賞していたものには何よりショッキングだっただろう


魔女「ひぃ!?」

戦士「......やっぱこいつ無理だわ」
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 17:47:06.51 ID:3X1h9V7k0
これはうまいオチだった
このクリオネは特設コーナーの大トリだったのだ
興奮冷めやらぬまま二人は購買コーナーに来ていた


戦士「......水族館の購買コーナーって、ぬいぐるみが多いよな」

魔女「あまり水族館に来たことがないので分かりません」

戦士「意外だな。ああそうだ、何か買って欲しい物あるか?値段によっては買ってやらんこともない」

魔女「そうだね......じゃあ>>242
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 17:54:22.35 ID:7MDfls2n0
イルカ
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 18:54:44.69 ID:4wVcFEnR0
今日9999人目のお客様 特別に人魚の涙+鑑定書付き 1億円の品を一万円で販売
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 19:05:15.50 ID:4wVcFEnR0
↑一万円はギルドの手数料とあとサインをお願いします
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 20:47:02.38 ID:LUprRMWr0
魔女「この人魚の涙が欲しい」

戦士「0多すぎ。貴族に頼め」


ここまでは彼女がよくする冗談だった
そこに店員が現れ、声をかける


店員「ややっ、お客様」

戦士「ん?どうしました?」

店員「あなたはなんと本日9999人目のお客様です」

戦士「おお。キリ番を踏んじまったな......昔の個人サイトなら報告や記録を残さなきゃならない」

店員「何のこっちゃ知りませんが朗報です!」

戦士「何かくれるんです?」
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 21:51:18.78 ID:P5LqVN/k0
店員「タダとはいかないんですが、この人魚の涙を一万円で販売致します」

戦士「なんで一万円だけ取るんだ?」

店員「手数料です。これは海洋ギルドの売り物でして」

戦士「そういうことねぇ。で、この書類にサインをすれば良い訳だ」

店員「はい」


彼は手早くサインを書き、一万円を支払った
あまりのことに、平静を取り繕っているが動揺しているのだろう
いつもなら冗談の一つでも言う癖にあまり喋らない
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 21:58:43.66 ID:P5LqVN/k0
人魚の涙を受け取り、水族館を出た


戦士「約束だし、こいつはくれてやる」

魔女「うん!絶対大事にするよ」

戦士「それじゃあ帰るか」

魔女「その前に魚買わないとね」

戦士「おっと、そうだったな」
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 22:05:34.83 ID:P5LqVN/k0
魔女「......んー」


気が付くと朝だった
認めたくないが、さっきまでのは夢だったのだろう


魔女「まぁそんな都合の良いことがあるわけないよね」

戦士「......やっぱこいつ絶対悪い夢とか見たことないわ」

魔女「うるさい一億寄越せ」

戦士「理不尽!」
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/17(日) 22:18:13.76 ID:P5LqVN/k0
戦士「一つ確認を取りたい」

魔女「はい」

戦士「王国一の魔女になりたいか」

魔女「はい」

戦士「ならば俺が計らって王家にアポを入れてやる!だからお前は最高傑作を作れ!」

魔女「そんなこと出来るの!?」

戦士「その気になれば出来んだよ」

魔女「それなら!私が小さな頃から構想していた集大成になりうる発明があるんです!」

戦士「言ってみろ」

魔女「>>250
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 23:00:04.31 ID:Dn8PTBwAo
惚れ薬
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 23:05:32.20 ID:8UDpUUDiO
若返り薬ですっっ!
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/18(月) 00:30:32.06 ID:LYegHk8K0
魔女「若返り薬ですっっ!」

戦士「いいじゃないか。しかし可能なのか?」

魔女「成長や老化の過程に肉体の復活を差し込めば良いのです」

戦士「なるほどね」

魔女「ただ、その代わりとてつもない生命エネルギーが必要になります」

戦士「それはそうだろうな」
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/11/18(月) 00:35:34.55 ID:LYegHk8K0
魔女「当然代謝の止まった死人を甦らせることはできません」

戦士「ふむふむ」

魔女「ですがそのレベルを覚悟した素材集めを要求されます」

戦士「俺も覚悟は出来ている」

魔女「本当ですか?」

戦士「大マジだぜ。結局その素材は何なんだ?」

魔女「>>254
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/18(月) 00:36:44.95 ID:4Vyp1+y90
人魚の涙
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/18(月) 00:44:38.02 ID:2em/xeOSo
絶対に溶けない氷
78.36 KB Speed:26.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)