オリキャラとガルパンキャラでポケモン安価

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 19:23:30.56 ID:H1Q4J2+V0
マサラタウン

男「俺は今年で17歳になる 男だ!」

男「今日は待ちに待ったポケモンがもらえる日!」

男「流石に10歳で旅に出るって言うのは色々不味いから一応中学は卒業したんだ!」

男「そうすれば最悪ポケモンマスターになれなくても就職口が見つかるからって母さんに説得されてさ」

男「幼卒は流石に厳しいからね」

男「確かとなりに住んでる幼馴染のあいつもポケモンをもらって旅に出るって言ってたな」

男「誰だっけ 女だったような気がするけど」

男の幼馴染>>2


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1573727010
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 19:30:21.25 ID:N7GNcMNlo
名前?
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 19:35:53.88 ID:H1Q4J2+V0
ガルパンキャラの名前です 安価下で
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 19:36:30.39 ID:/YGDzslAO
ノンナ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 19:36:39.68 ID:p5Y8U/LcO
ケイ
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 19:54:00.43 ID:H1Q4J2+V0
オーキド研究所

ノンナ「来るのが遅いですよ 30分の遅刻です」

男「いやー昨日どのポケモン貰うかずっと考えててさ」

男「中々眠れなかった訳ですよ」

オーキド「いつまでも子供じゃのう」

男「それが俺のジャスティスなんで!」

オーキド「まったく....」

男「そんなことよりポケモン!ハリー!ハリー!」

オーキド「そうじゃな....じゃあ先に到着したノンナから選んでいいぞ」

男「えっ!?」

オーキド「遅刻しておいて先に選べると思っておるのか」

オーキド「いっぺん頭の中切り開いてみてみたいのぅ」

男「くっ!正論だ ぐうの音もでねぇ」

ノンナ「じゃあえっと」

男「・・・・・・」ジー

ノンナ「男 先に選んでいいですよ」

男「俺の幼馴染が優しすぎる件について」

オーキド「まったく....そうやって甘やかすのはよくないぞ」

ノンナ「いえ私の経験上ここで譲らないと後で拗ねてめんどくさいからです」

男「えっとじゃあ>>7にしよう!」

フシギダネ ヒトカゲ ゼニガメから選択
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 19:54:59.78 ID:Q2KF5X3q0
ヒトカゲ
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 20:05:17.87 ID:wSPTR0y+0
先に譲ったのは有利なタイプを選ぶためだけどな
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 20:20:02.39 ID:H1Q4J2+V0
男「俺はヒトカゲにする!やっぱり男はリザードンでしょ」

ノンナ「じゃあ私はゼニガメで」

男「水タイプとか完全にマウント取りに来てるな....」

ノンナ「いや私は水タイプが好きなので」

オーキド「お互いポケモンは受け取ったな」

オーキド「では本題に移るぞ」

オーキド「お主ら二人にはこのポケモン図鑑を完成させて貰いたいのじゃ」

男「俺達ポケモンマスターになりたいからそんなの集めてる時間ないよな?なぁノンナ?」

ノンナ「私は別に構いませんよ」

オーキド「ほっほっ ノンナはやるようじゃな」

オーキド「図鑑があればタイプの有利などわかるからポケモンマスターに一歩近づくであろうに残念じゃのう」

男「やる.......!!」

オーキド「(ちょろいなこいつ)」

・・・・・・・・

オーキド「ではよろしく頼むぞ」

男「よし!善は急げだ!行くぞヒトカゲ!」

オーキド「行ってしまったのぅ」

ノンナ「私も失礼します 何かあったら連絡しますので」

1番道路で旅の仲間になる ガルパンキャラ>>9
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/14(木) 20:20:27.03 ID:l7oBp5qq0
みほ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 20:42:23.82 ID:H1Q4J2+V0
1番道路

男「コラッタもポッポも捕まえたしこの辺のは捕まえたな」

男「ヒトカゲも火の粉を覚えてかなり強くなったし」

みほ「トキワの森を超えないと家に帰れない...でも虫タイプって苦手だから一人だと心細いし」

男「おっと可愛い女の子が困ってる」

男「ここは話しかけないと」

男「なんか辛そうだけどどうかしたの?」

みほ「えっとはい....トキワの森を超えなきゃ行けないんですけど心細くて」

男「ちょうどいいや 俺もニビシティに行く予定だし一緒に行こうか」

みほ「えっ!?いいんですか?」

男「旅は道連れ世は情け わかったような顔してるけど本当は居てくれ嬉しいみたいなとこあるでしょ?」

みほ「そうだね(この辺で流行ってるギャグなのかなぁ)」

男「自己紹介が遅れたけど俺は男って言うんだ ポケモンマスター目指してジム巡り中」

みほ「よろしくね 私は西住みほって言います」

男「みほって言うんだね よろしく!」

みほ「そうだ!せっかく一緒に来てくるんだし このポケモンあげるよ こないだ卵から孵ったばかりのフシギダネなんだけどきっと役に立つから貰って欲しいなぁ」

男「本当に!?フシギダネって結構レアな奴でしょ?いいの?」

みほ「気にしないで 実家が草ポケモンの総本山みたいな所だから卵とかも結構見つかるんだ」

男「じゃあありがたくもらおうかな」

フシギダネが手持ちに加わった

男「みほはどうしてこんなところに居たの?なにかしてたの?」

みほ「>>13
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 20:45:27.41 ID:wSPTR0y+0
ピカチュウ探してた
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 21:37:45.04 ID:yMhe67v60
お姉ちゃんとトキワシティにお使いに来たんだけど、何か電話があってお姉ちゃん空飛んでっちゃったから……
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 22:00:32.55 ID:H1Q4J2+V0
みほ「お姉ちゃんとトキワに遊びに来てたんだけど急用が出来たからって空飛んでちゃったから....」

・・・・・・・・

まほ「(よし今日は待ちに待ったみほとデート)」

まほ「(バッチリリードして私の姉力を見せつける時がきた)」

みほ「お姉ちゃんポケギア鳴ってるよ?」

まほ「ん?ああすまんちょっと電話してくる」

まほ「もしもし」

エリカ「ちょっとどこにいるんですか!!」

まほ「ん?みほとデートだが?」

エリカ「今日はジムに視察が来る日でしょ!リーダーがいなくてどうするんですか!」

まほ「そんなのエリカが適当にやっておいてくれ」

エリカ「なにいってるんですか!いいからとっとと戻ってきてください!家元に言いますよ?」

まほ「すぐそうやって母さまを出して....くっ!すぐ戻る!」

まほ「というわけですまない!私は先に帰るから」

みほ「えっ.....私そらをとぶポケモン持ってきてないのに....」

・・・・・・・・・

みほ「て言うことがあってね」

男「慌ただしい姉さんだな おっそろそろトキワに着くよ」

トキワシティ

男「フシギダネもちょっと強くなったね」

みほ「コラッタとかポッポとたくさん戦ったからかな」

みほ「フシギダネの親のフシギバナはすっごく強かったからきっとこの子もすごく強くなるよ お母さんのフシギバナは本当に強かったよ....」

男 バッチ0個 同行者 西住みほ
手持ち
ヒトカゲ
フシギダネ

トキワシティ発生イベント>>15
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:01:53.12 ID:XWYH75HkO
ポケモンセンターでロケット団による襲撃
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 22:15:19.74 ID:H1Q4J2+V0
男「ちょっと早い気がするけどポケセンに行こうか」

みほ「うん ポケセンでゆっくりしよう」

男「ヒトカゲとフシギダネも休ませてあげたいしな」

男「みほはポケモン持ってないの?」

みほ「うん....お姉ちゃんとピカチュウ捕まえに行く予定だったからプリンしか連れてきてなくて」

男「へーなんでプリン?女の子らしくてかわいいけどさ」

みほ「私は旅先で眠れなくなることがあるからプリンに歌ってもらうことが結構あって....//」
.
男「可愛い!100点満点!」

みほ「照れくさいよ....//(バンギラスとかメタグロスとか自宅にいるのは黙っておこう)」

男「じゃあトキワの森に寄ったときピカチュウ探そっか」

みほ「えっ?いいの?」

男「いいよ あそこにストライクがいるって噂も聞いたからじっくり探したかったしフシギダネのお礼もしたいしね」

みほ「ありがと....//(男の子の友達って初めて...優しいし結構いいかも)」

ロケット団員のガルパンキャラ >>17

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:16:19.06 ID:KhQkz/IqO
ミカ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:16:24.69 ID:ZOD2d/ZWO
エリカ
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 22:40:31.59 ID:H1Q4J2+V0
ポケセン

男「ポケセンっていいよなぁ トレーナーならタダで使えるし
個室もあるしダーツやビリヤードもあってソフトクリームも食べ放題だし」

みほ「快活クラブみたいだよね」

ドーーーーーーン

ミカ「ふふ.....いい音だね」

みほ「壁に穴が.....これ治すのにすごくお金かかりそう....」

男「こんな犯罪行為を行うなんて お前は何者だ!」

ミカ「私はロケット団のミカ 今日はこのポケモンセンターのポケモンを全ていただいてしまおうと思ってね」

みほ「ロケット団ってあの!?」

男「知っているのか!みほ!」

みほ「うん.....ポケモンを使って強盗や破壊活動 恐喝に万引きそして出会い系サイトのサクラとか幅広い犯罪を行う組織だよ」

ミカ「流石にサクラなんかはしないけどね さぁニドキングもっと破壊するんだ」

男「これ以上はやらせないぞ!行け!ヒトカゲ!」

男「あのニドキングにひのこだ!」

ミカ「ニドキング そのままとっしん」

男「くっよくもヒトカゲを!行け!フシギダネ!」

みほ「あのニドキング....相当育てられてる...」

ミカ「何匹出しても無駄だよ レベルが違うんだ」

ミカ「さぁとっしんでトドメだ」

男「フシギダネ!体当たりで迎え撃て!」

ミカ「受け止めた!?」

男「いけるぞ!そのまま押し返せ!」

フシギダネが光を放つ おめでとう フシギダネはフシギソウに進化した

ミカ「押し戻しされたか....でもまだ終わりじゃないよ」プルル

ミカ「ボスから電話だ」

ミカ「悪いけど今日はここまでだよ 君名前は?」

男「俺は男!いずれポケモンマスターになる男だ!」

ミカ「覚えておくよ 私は君にすごく興味が湧いてしまってね
また会いにくるよ」

男「なんだったんだ あいつ」

みほ「あの人....すごく強いよ ロケット団...また襲ってくるかも」

男「もっと強くならないと....もっとレベル上げるぞ!」

トキワシティでのイベント>>20
このイベント終了後トキワの森に移動します
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:44:23.80 ID:Q2KF5X3q0
彼氏募集中の女の子に捕まる
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:46:58.02 ID:yMhe67v60
トキワ西側でのライバル戦はなしか……
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 22:57:24.49 ID:H1Q4J2+V0
トキワシティ

男「それでさ 幼馴染がさ 俺より身長高くなった時は本当に人間としての尊厳を失いかけたよね」

みほ「へー(男君は面白いな 一緒に居て楽しいし恋ってこういうことなのかな)」

男「どーしたの?ちょっと顔赤くない?」

みほ「へっ!?」

男「熱でもあるの?やけどなおし飲む?」

みほ「熱は無いし多分やけどなおしじゃ熱は下がらないよ」

男「やっぱりなんでもなおしかぁ でもあれ高いんだよな」

沙織「あっ!こないだロケット団と戦ってたお兄さんだ!」

男「えっと?どなた?」

沙織「私は武部沙織って言います!さおりんって呼んでね」

男「俺は男って言うんだ ダーリンって呼んで」

沙織「よろしく〜じゃあダーリンって呼んじゃおうかな やっぱり付き合うならポケモンバトルが強い男の子がいいよね」

男「そうなの?」

みほ「弱い人よりは強い人の方がいいかなぁ」

沙織「ところで横にいるその女の子は彼女?」

みほ「>>22
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 22:58:02.26 ID:H1Q4J2+V0
安価↓で
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 22:58:04.61 ID:rUkPNngfO
んー旅のパートナーかな
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 23:29:33.60 ID:H1Q4J2+V0
みほ「旅のパートナーかな」

沙織「そっかー じゃあ私が彼女になっても問題ないよね」

男「いや突然すぎて怖いんだけど美人局ですか?」

沙織「やだもー そんなわけないじゃん」

男「とりあえず俺旅を続けたいからさ」

男「ポケギアの番号だけ交換して友達からはじめよう」

沙織「いいよ!(やった!ボーイフレンドだ!)」

沙織「そうだ!麻子とバトルする約束だった!」

沙織「じゃあ今日は帰るね じゃねーダーリン!みぽりん!」

男「嵐のような女の子だったな....」

みほ「うん....」

トキワの森

男「いた!ピカチュウだ!」

みほ「本当だ おいでおいで」

みほ「人懐っこいね」なでなで

男「ピカチュウを撫でてる姿めっちゃ絵になるな...,」

みほ「私と一緒に行く?」

みほ「じゃボールに入ってね」

男「戦わずに捕まえるとかマジで聖人かよ」

みほ「えへへ....あれ?もう一匹いるよ?」

男「さっきの奴の恋人なのか?めっちゃこっち見てる」

みほ「そうかも....男君捕まえたら?そしたら離れ離れにならないよ?」

男「そうだな 電気タイプ欲しかったし 一緒に来るか?」

男「よしピカチュウゲットだぜ」

・・・・・・・・・

まほ「くっ!みほとお揃いのピカチュウを手に入れる計画が....」

エリカ「いいから掃除してください!こんなんじゃ視察の人に怒られますよ!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/14(木) 23:43:47.75 ID:H1Q4J2+V0
男「そうだ ピカチュウ この森にストライクがいるって聞いたけど知らないか?」

みほ「こっち来いってことかな?」

男「とりあえずついて行ってみようか こんな道トトロで見たぞ」

トキワの森奥地

男「本当にいた...ストライク!絶対捕まえてやる!」

みほ「トキワの森の主なのかな...すごく強そう」

男「きっと勝ったら仲間になってくれるタイプの奴だな」

男「力を試す的な奴」

男「ヒトカゲ!行け!」

三時間の死闘の末 リザードに進化したヒトカゲとストライクのダブルノックアウトで決着し無事捕獲

ニビシティ

男「仲間も増えたし進化もしたしトキワの森で得るものは多かったな」

みほ「ピカチュウも捕まえたしね」ナデナデ

・・・・・・・・・・・

22番道路

ノンナ「男がそろそろ来るとおもったのですが....全く来ないで先に進みましょう」

男 バッジ0個 同行者西住みほ
手持ち
リザード
フシギソウ
ストライク
ピカチュウ

ニビシティでのイベント>>28
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 23:44:06.49 ID:mhGEWCSIo
寝てる女の子に気付かず躓いてコケてキスしながら胸を揉んでしまった
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 23:44:18.25 ID:1BWOhYs9o
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/14(木) 23:44:43.27 ID:OJCpr7qvo
着替えを覗いてしまった
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/15(金) 19:01:07.65 ID:Cp1gqQ/5O
男「ニビシティに来てみほは博物館に行くって言ってたけど現代を生きるシティーボーイの俺は過去なんか振り返られないからニビシティを散歩中さ」

男「空を見上げながら歩くと気分も爽快だぜ!」

麻子「zzzzzz」

男「痛っ!」

偶然その辺で寝ていた冷泉麻子に躓きそのまま押し倒すように倒れ唇が重なり そしてそれとなく胸も揉んでおいた 揉むほどなかった

麻子「お!お前!な、な、なにするんだ!」

麻子「私のファーストキスを返せ!!」

男「お前こそ俺のファーストキスを返せ!」

麻子「私は昼寝してただけだ!お前が10割悪いぞ」

男「道で寝てるなんて非常識だぞ!」

男「俺はもう行くからな!」

麻子「ふざけるな 止まれ」手を握り

男「あっ.....//」

麻子「あっ....//」

男「もっとよく話し合おう....俺も悪かった」

麻子「いや....こんな所で寝てた私も悪い....」

男「こんな地面で寝て背中とか痛くないか?」

麻子「結構痛い....」

男「そして僕らは語り合った 幼馴染がめっちゃ背が高いこととか 麻子の幼馴染が沙織だったとか」

男「そしてポケセンに戻ってみほと三人でご飯を食べた」

ニビシティ次のイベント>>32

31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 19:10:11.24 ID:hGU0QlfNO
ジムで負けたのでレッツ特訓
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 19:10:43.60 ID:10NJ3HYIO
フレンドリィショップの使い方を教わる
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/15(金) 19:44:04.84 ID:Cp1gqQ/5O
みほ「そろそろモンスターボールが無くなりそうだから買いに行かない?」

男「どこに?デイリーヤマザキ?ニューデイズ?」

麻子「なんでそんなパッとしないコンビニを...」

みほ「普通にフレンドリィショップなんだけど....」

男「へー俺フレンドリィショップって俺行ったことない」

男「マサラにはそんなとこないし」

麻子「でもニューデイズとデイリーヤマザキはあるんだな」

男「マサラはカントーで一番デイリーヤマザキがある街って評判なんだ」

みほ「(タマムシにはセブンイレブンとかローソンしかないなぁ)」

麻子「じゃあ行くぞ」抱き

男「ん?ちょっと近くない?」

麻子「いいだろ?私たちはお互いのファーストキスを奪い合ったんだ」

麻子「これはもう恋人と言っても遜色ないだろう」

男「そうなの?」

みほ「さぁ?」

麻子「いいから行くぞ」

麻子にフレンドリィショップの使い方を教わった
みほは居心地があまり良くなさそうだった

ニビシティでのイベント>>36
このイベントが終了後ジム戦
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 19:52:59.07 ID:SrP5t++60
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567776242/

このスレと同じ作者か?
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 19:53:48.80 ID:SrP5t++60
ノンナ登場
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/15(金) 20:07:49.22 ID:LAMdpvS0O
卵を預かる
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 01:57:48.43 ID:sTgkhkvw0
>>34 違うよ〜

ニビシティ街中

男「結構露店があるんだな 技マシンとか売ってるし高くて買えないけど」

みほ「(久しぶりに二人っきり....試される私のヒロイン力)」

・・・・・・・・

ノンナ「くしゅん!」

ノンナ「どこかで噂でもされてるのでしょうか」

・・・・・・・・

男「聞いてる?」

みほ「えっ....あっごめん」

男「まったく俺たちのピカチュウ達はあんなにイチャイチャしてるのに」

みほ「じゃあ私達もイチャイチャする?」

男「いいね!デートだ!デート!」

みほ「じゃあ腕組んでいい?(麻子さんと沙織さんとはどんな関係かは聞けないな)」

ペパロニ「そこのカップルさん!」

男「俺たち?」

ペパロニ「他にいないじゃないっすか 周り見てくださいよ」

男「確かに....周りにはたんぱんこぞうと虫マニアしかいないけど」

ペパロニ「いまカップルにキャンペーンでポケモンの卵を配ってるんすよ!なにが産まれるかわからないけど結構レアなポケモンの卵らしいっす」

男「マジかよ!貰うわ!」

みほ「ねぇ....この卵私が持っててもいい?産まれたら君に渡すから」

男「えっ!?俺は別に構わないけど」

みほ「じゃあ早速お腹に入れて暖めるね」

男「(完全に妊婦....いいですね)」

そのまま ポケセンに戻ると麻子とちょっとした修羅場になった

ニビシティのジムリーダーのガルパンキャラ>>39
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 07:35:30.59 ID:7mMgoSY60
岩タイプだったっけ?安価なら西絹代さんで
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 07:42:00.42 ID:ojcjC5nKO
絹代
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 20:00:00.65 ID:sTgkhkvw0
ニビジム

絹代「はじめまして!ニビジムのジムリーダー!西絹代であります!」

絹代「岩タイプの硬さから繰り出される突撃!侮るなかれ!」

男「こいつは手強そうだ 石だけに意思の力を感じるぜ」

みほ「すごいつまんないけど頑張ってね!」

麻子「私はお前のそういうところも結構好きだぞ」

絹代「えっと後ろの方々は?」

みほ「友だちです」

麻子「将来を約束しあった中だ つまり夫婦だな」

みほ「明日には籍も入れそうな勢いだね...ちょっと引く」

絹代「なんだか不思議な三人組ですね....」

男「いいから始めようぜ」

その後ジム戦はフシギソウが無双し圧勝に終わる

絹代「ここまで完膚なきまでにやられるとは.....」

男「侮るなかれはっぱカッター!」

みほ「すごい勢いで急所に当たってたね...末恐ろしいよ」

絹代「くっ.....ここまで屈服させられたとあっては私を嫁にもらっていただく他ありません!」

男「はっ?なにどういう事?」

絹代「私の家系では代々そう受け継がれてきたのです!」

絹代「旅の間の食事は任せてください opでもシチューを混ぜさせて貰うつもりです」

夜中

男「みほ....起きて」

みほ「ん....どうしたの?まだ夜中だよ」

男「今のうちにあの二人から逃げるぞ」

男「あの手の女は拗らせるとめんどくさいんだ」

みほ「まぁ...私は構わないけど」

こうして夜な夜な二人でニビシティを逃げるかのように立ち去った お月見山でのイベント>>43
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:02:09.37 ID:EFv6jGGsO
レッツピッピ狩り
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:05:10.19 ID:u9Ow9HSVO
ピッピの大群を見つけたので覗き見
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:05:36.14 ID:LZ3YB+tbO
りかけいの人とかせきさがし
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:05:50.03 ID:g1j6g2Evo
ロケット団が麻袋にポケモンと女の子を詰め込んで運び出してるのを見かける
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 20:27:41.64 ID:sTgkhkvw0
お月見山

男「ここまで来れば奴らも追っては来ないだろう」

みほ「でもあの感じだと来ないと言えないよね」

男「そしたらまた逃げよう」

みほ「行き当たりバッタリだなぁ....」

りかけい「君たちも化石を探しに来たのかい?」

男「いやただの通りすがりだけど 化石?」

みほ「お月見山ではたまに昔のポケモンの化石が見つかることがあるんだよ」

りかけい「その通り!僕は働きもせずにここで化石を探し続けてるわけだ」

りかけい「最近将来のことがちょっと不安になるけどそれでも僕はカセキホリダーをやめないよ!」

みほ「うわぁ.....」

男「でも化石ってやっぱり男のロマンだよ!」

りかけい「中々話のわかる方ですな」

りかけい「よろしければ一緒に化石を探しませんか?」

男「探す!ちょっと探して行こうぜ?」

みほ「私は疲れたから休みながら見てるよ」

2時間後

男「見つけた!」

りかけい「これはかいの化石とこうらの化石ですな」

りかけい「二人で分け合いましょう」

男「ああ!友情の証だ!」

かいの化石を手に入れた

りかけい「ポケギアの番号を交換しておきましょう」

りかけい「また共に化石を探すために」

男「ナイスアイデア!」

みほ「男の子ってわからないなぁ」

手持ち 同行者 西住みほ
リザード
フシギソウ
ストライク
ピカチュウ

アイテム
かいの化石

ハナダシティでイベント>>47
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:33:52.24 ID:7wQT3L6Eo
着替えを覗いてしまう
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:34:01.48 ID:/H6+T6pLo
>>44
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 20:55:48.80 ID:sTgkhkvw0
ハナダシティ ポケセン

男「やっぱポケセンは地域によっていろんな大浴場があるからそれを巡るだけの旅とかしても多分楽しいんだろうな」

男「そうだ 旅が終わったら温泉巡りの本でも出して一緒遊んで暮らすか」

ガチャ

みほ「えっ......」半裸

男「あっごめん.....」

男「えっと結構着痩せするタイプなんだね....//」

みほ「出てって!!」

男「はい!!」

・・・・・・・・・

みほ「なんで部屋に入るのにノックしないの?」

男「いやマサラにはそういう風習なかったから」

みほ「マサラの人は先住民かなにかなのか?」

男「嘘です....ごめんなさい....」

みほ「なんで嘘つくの?だめだよね?そういうのよくないよね?」

男「はい....よくないです(なんだろうこのときめき)」

そのあと3時間の説教の末なんとか許してもらった

ハナダシティでイベント>>52
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 20:57:44.75 ID:5XbJ1JRro
あれズレてる?安価下
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:01:55.36 ID:5XbJ1JRro
ksk
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:04:25.97 ID:JGCEKmH8O
しつこいからスルーされたんだろ
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:04:32.59 ID:ZSTzZXjaO
東京都豊島区巣鴨4丁目13−12
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:05:11.55 ID:QsOVDSpOO
ハナダジムにチャレンジ
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 21:18:24.54 ID:sTgkhkvw0
どこかわからない住所はちょっと....安価下
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:19:04.64 ID:6y2YVObNO
>>53
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 21:45:56.13 ID:sTgkhkvw0
男「ハナダジムに挑戦するぞ」

みほ「・・・・・・・」

男「まだ怒ってます?」

みほ「怒ってないよ」

男「目が笑ってないじゃん」

みほ「・・・・・(もうちょっとかわいいの下着つければよかった)」

みほ「なんでもないよ 行こ?」

男「お、おう」

ジムリーダーのガルパンキャラ>>59
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:47:25.00 ID:rjjY/PU2o
ksk
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:47:40.52 ID:DdUXTd33o
ksk
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 21:48:48.44 ID:gCAJNIRHo
まう子
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/16(土) 22:35:18.16 ID:sTgkhkvw0
ハナダジム

まう子「私はタマムシトレーナーズスクール出身のまう子よ」

みほ「あっ....」

まう子「西住さん!?」

男「え?なに?知り合いなの?」

みほ「学校でクラスが一緒だっただけ.....」

まう子「根暗で友達なんかいなかったもんね」

みほ「・・・・・・」

男「おい.....その言葉取り消せよ」

まう子「な、なによ 本当のことじゃない」

みほ「男くん.....」

男「確かに今までは友達が居なかったかもしれない....でも俺はみほの友達だし お揃いのピカチュウとか預けてある卵とか結構仲良しイベントだってこなしてるんだ!」

みほ「うん.....//」

まう子「くっ....よく考えたら私なんて男友達できたことないし...女として負けている!? こうなったらポケモン勝負よ!」

男「もちろんそのつもりだ!!」

ピカチュウとフシギソウの無双により勝利

男「これが俺とみほの友情パワーだ!」

みほ「男君・・・・・」

まう子「じゃあこれブルーバッジとこれもあげるわ」

ブルーバッジと船のチケットを手に入れた

まう子「根暗とか言って悪かったわね....別に西住さんのことは嫌いじゃないし....そのお詫びと言うか」

みほ「同級生の人.....」

男「ツンデレ乙 船のチケットはありがたくもらっておくよ」

・・・・・・・・

みほ「今日はなんだかごめんね....それでありがとう」

みほ「あと昨日お仕置きで爪の間に針さしたりしてごめんね」

男「いいよ 俺もそんなに友達いないし似た者同士じゃん? あと爪のやつは本当に痛いからもうやめてね」

そんなこんなでクチバシティに向かった
クチバシティでのイベント>>64
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 22:38:48.85 ID:bvMGp6Sbo
ksk
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 22:39:04.35 ID:axC9OhARo
ksk
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 22:40:35.27 ID:kCd5X6nyo
麻子に闇討ちされ監禁される
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/16(土) 22:40:42.62 ID:ul+4Lxv1o
ディグダのあなでダグトリオの群れに囲まれてフルボッコにされてるロケット団の女の子達を発見
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/17(日) 19:10:11.72 ID:Pr08TDFpO
ディグダの穴

アキ「任務でこんなところ来たけどこんなに強いダグトリオがいるなんて聞いてないよ....」

アキ「ポケモンも全滅してるし」

アキ「死ぬ前に....もう一回ミカに会いたかったな」

男「ちょっと一人でジム戦用のダグトリオを捕まえにきたら女の子が襲われている!?助けなきゃ」

男「フシギソウ!伝家の宝刀はっぱカッターだ!」

・・・・・・・・・・・

男「やっと倒し終わったか 一匹捕まえられたけど」

男「君大丈夫?」

アキ「大丈夫です.....もしかしてあなたは私の前世の恋人の王子様!」

男「えっ?前世?」

アキ「そうだよ! 私たちはお互い両思いだったんだけど私は召使いであなたは王子様....報われない恋だけで生まれ変わったら一緒になる約束をしたの覚えてない?」

男「ごめん全然覚えてない」

アキ「大丈夫です!一緒に過ごせばすぐに思い出しますよ」抱き

男「えっ....//ちょっと!?」

アキ「これからはずっと一緒ですよ」

前世女と知り合った

クチバシティでのイベント>>
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/17(日) 19:10:47.36 ID:Pr08TDFpO
安価>>70
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 19:12:54.11 ID:4Bz+2c2u0
ヨクアタールを手に入れた
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/17(日) 19:43:04.38 ID:1gnH2Cjd0
あんかとおい
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/11/17(日) 19:43:57.16 ID:1gnH2Cjd0
安価遠い
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/17(日) 19:47:15.93 ID:YCvsqNrQo
過去の娘に妊娠発覚
29.96 KB Speed:2.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)