姫将軍「儂が怖いか?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/29(金) 23:58:10.55 ID:9vnQWJGFO
「今宵の枕は貴様に決めた!」
「はっ! 有り難き幸せ!」

姫将軍は毎晩違う男と臥所を共にする。
とはいえ、当代の将軍は御歳9つの幼女。
もちろん、夜伽とは名ばかりの添い寝である。

「ほれ、近う寄れ!」
「はっ! 失礼します!」

ぽんぽんと布団を叩いて急かす幼女将軍。
枕に選ばれた侍は一礼して隣に横になった。
そしてその鍛え抜かれた上腕を枕とするのだ。

「ほほう。かなり鍛えておるな」
「いつ如何なる時でも上様をお守りする為に、日頃から鍛錬は欠かしておりません故」
「見上げた心がけじゃな。天晴れじゃ!」

とはいえ、将軍もまた名ばかりではなく。

「どれ、その鍛錬とやらを直々に見てやろう」
「は? う、上様……?」
「何を呆けておる! 木刀を持って中庭にこい」
「は、はっ! た、ただいま!」

寝間着姿のまま、木刀で肩を叩きつつ裸足で中庭の砂利をザクザク進む将軍の後を、本日の枕に選ばれた侍は急いで追いかけた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575039490
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/29(金) 23:59:03.73 ID:9vnQWJGFO
「遠慮は要らぬ。かかってこい」
「し、しかし……」
「聞こえなんだか? かかってこい」

先程までの上機嫌から一転して。
月を背負い浮かびあがる表情は冷えており。
ギラつく眼差しに焦った侍は斬りかかった。

「てぇあっ!」
「遅い!」

上段からの振り下ろす前に、胴体を薙がれた。

「お、御見逸れいたしました……」
「もう一本。こい」

したたかに打ち据えられた腹をさすりつつ。

「せあっ!」
「うむ! その意気やよし! じゃが甘い!」

渾身の突きを放つも、完全に見切られて。

「その首貰った!」
「があっ!?」

木刀で首筋を打たれ、堪らず倒れ伏した。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/29(金) 23:59:41.75 ID:9vnQWJGFO
「ま、参り申した!」
「どうじゃ? 将軍とは伊達ではなかろ?」
「ははぁーっ!」

月を背にして、木刀を肩に担ぐ姫将軍。
見てくれは幼女であるが、実力は確かだ。
天賦の才を持って生まれた本物の将軍である。

「いつまで這い蹲っておる。面をあげい」
「はっ!」
「まだまだ修業は足らぬが、励むがよい」
「ははぁーっ!」

再び平服する侍にやれやれと首を振りつつ。

「ほれ、早う起きんか」
「はっ! 今すぐに!」

痛む腹や首筋に鞭を入れて侍が起きあがると。

「ん」
「は?」
「抱っこ」

幼女将軍に抱っこと言われて、首を傾げる。

「今宵、そなたは儂の枕じゃろう?」
「は、はあ……それは間違いありませぬが」
「じゃから、抱っこして寝所に運べ」
「……御意」

ようやく合点がいって、恭しく抱き上げた。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 00:00:23.98 ID:Yxq0OPtjO
「ふぅ……良い汗をかいたのう」
「稽古をつけてくださり誠に感謝いたします」
「よいよい。戯れじゃ。そんなことより」

布団の中でモゾモゾと幼女の細い足が絡んだ。

「そなたを真の侍と見込んで話がある」
「なんなりと」
「実はさっき、厠に行くのを忘れてしもうた」

侍はズルッとコケそうになったが、堪えた。

「では僭越ながら拙者がお供いたしましょう」
「貴様、儂を幼女とみて侮っておるな?」
「め、滅相もございません!」

ついつい歳の離れた妹にするように馴れ馴れしいことを口走った侍は、死を覚悟した。

「儂が怖いか?」
「……某のこの命は、上様に預けております」
「ふん。ならばその覚悟、試してやろう」

一切動じることなく、身命を賭した侍の上に、ひらりと姫将軍は跨り、冷酷に見下ろした。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 00:01:06.98 ID:Yxq0OPtjO
「儂はちと、おかしな趣味があってのう」

侍の整った顔立ちを撫でながら、将軍は語る。

「そなたのような男の上で小便がしとうなる」
「う、上様……?」
「なんじゃ。儂に小便をかけられるのは嫌か」

瞬間、姫将軍は悲しげに目を潤ませた。
侍は慌てた。それはもう大いに慌てた。
将軍を寝所で泣かせるなど、以ての外。
そもそも将軍でなくとも女の涙は尊い。
それが年端もいかぬ幼女となれば尚更。

畏れ多くも天下の将軍の涙を侍は指先で拭い。

「この身に余る、光栄であります……上様」
「ぐすっ……将軍を泣かせるとは、許せん」
「どのような罰でも、お受けする所存です」
「ならば、罰として小便をひっかけてやる」
「謹んで、褒美を賜ります故、平に容赦を」
「馬鹿者。容赦などせんわ。儂の目を見よ」

じっとこちらを見つめる幼女の潤んだ瞳。
侍はなんだか落ち着かない気持ちとなり。
それでも目を逸らせずにいると、不意に。

「ふぁ……っ」

口を半開きにした幼女将軍が身震いをして。

ちょろろろろろろろろろろろろろろろろんっ!

「フハッ!」

涼やかな清流の音をしかと耳にして。
気づけば侍は口角をつりあげ、嗤っていた。
小便をかけられたにも関わらず愉悦を抱く侍の忠義に、将軍は見事と呟き、共に大笑した。

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

これが将軍。これこそが将軍。
この御方こそが、侍の中の侍。
刀と命を預けるに相応しき姫。

その威光は天下を照らし、太平の世を築く。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 00:02:53.49 ID:Yxq0OPtjO
「良い夜じゃったな」
「はっ! 思い残すことはございません」

不吉な物言いだがその言葉通り、忍が現れた。

「上様! 申し上げます!」
「何事じゃ!」
「都にて、不穏な動きがございます!」
「あいわかった。馬を引けい!」

呆気に取られる侍を振り向き、冗談めかして。

「どうやら夜伽は終わりのようじゃな」
「……続きは戦場にて果たしてみせましょう」
「ならばそなたもこい。存分に働いて貰おう」
「御意!」

共を許されて、すぐさま自室に戻り戦支度に取り掛かろうとする侍を、将軍は引き留めた。

「その、布団の染みについては……」
「これは某の粗相でございますが、何か?」
「……好き」

勿体無きお言葉だが、いち侍には荷が重すぎた。

「はて、上様のお声はか細くて聞こえませぬ」
「朴念仁。これだから、侍という輩は……」
「侍とは戦場でこそその真価を発揮する兵故」

惚けた侍を睨みつけてから、将軍は破顔した。

「ならば、儂に遅れを取るでないぞ」
「はっ!」

年端もいかぬ幼女の背を守るように、尿が滴る侍は馬に跨り、自らの主戦場へと赴いた。


【姫将軍の秘め事】


FIN
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/30(土) 00:49:35.37 ID:Ro3APEi70
== SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)ローカルルール ==

SS速報VIPは何かを書きたい人と読みたい人のための投稿サイトです。

SS速報VIPではアダルト・グロテスクな表現などを含むスレッドは立てられません。全年齢な掲示板です。
「家族で笑ってディスプレイを囲んでお茶が飲めないSS」を投稿する掲示板は「SS速報R」へ!
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/30(土) 09:54:44.81 ID:Yxq0OPtjO
おまけ

「今宵は宴ぞ! 存分に飲み、食い、騒げ!」

都での反乱を鎮圧して、戦勝の宴が催された。

「む? そなた、ちゃんと飲んでおるか?」
「はっ。頂いております」
「もっと飲め。此度の戦の英雄はそなたじゃ」

将軍に酌をされた侍は、謹んで杯を空けた。

「よい飲みっぷりじゃ!」
「恐れながら御返杯をさせて頂きたく候」
「よかろ。とはいえ、儂は甘酒じゃがな」

御歳9つの幼女将軍はまだお酒が飲めなかった。

「ぷはっ! 実に気分が良い!」
「ご機嫌麗しゅうようでなによりであります」
「そうとも、儂はご機嫌じゃ!」

幼女将軍はにこにこ笑っている。実に可愛い。

「む? そなた、いつまで正座しておる」
「畏れ多くも上様の御前であります故」
「そう畏まらんでもよい! 足を崩せ!」
「し、しかし……」
「くーずーせー!」
「はっ……では、失礼します」

アルコールが入ってないのにくだを巻く将軍の迫力にたじろぎながら、侍は足を崩した。

「むふっ! これで膝の上に座れるな!」
「う、上様……?」
「なんじゃ、はしたないとでも申す気か?」

上機嫌から一転、胡乱な目を向けられた。

「某の膝など、あまりに畏れ多く……」
「んん? よもや幼女の儂に欲情しておるのか」
「そ、そんな滅相もございません!」
「こんの、たわけ者がぁ!」

ぶん殴られて侍は転がった。幼女に踏まれる。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 09:56:04.70 ID:Yxq0OPtjO
「なんじゃ貴様、儂に魅力がないと申すか?」
「そ、そのようなつもりは決して……」

幼女は自分の貧相な身体を気にしていた。
ちらりと宴に招いた遊女に目を向ける。
殿方はああいうのが好みだと知っていた。
この侍とて、例外ではあるまい。腹が立った。

「ふんだ。儂じゃって、あと5年もすれば……」

平らな胸を嘆きつつ、泣きべそをかく将軍に。

「上様は今でも大層魅力的でございます」
「……そのようなおべっかは好かん」
「誓って、世辞ではござらん」
「ほんと……?」
「誠でございます」

真っ直ぐ見つめられてジンときた。ときめく。

「……好き」
「……おっと、某としたことが少しばかり酒を飲み過ぎたようですな。厠が近くて敵いませぬ」

白々しく席を立とうとする侍を将軍は睨んだ。

「待て、どこへ行くつもりだ?」
「ですから、厠に……」
「ならん。この場で致せ」

頑として将軍は膝の上から退くつもりはない。

「しかし、宴の席を汚すのは忍びなく……」
「構わん。本日は無礼講じゃ」
「恐れながら、上様。申し述べたき義が」
「なんじゃ、申してみよ」

改まって姿勢を正す侍を訝しみながら、好奇心旺盛な将軍は小首を傾げて上申を促した。

「拙者、催したのは小ではなく」
「なんと、もしや……?」
「お察しの通り、大なのでございます」

真面目な顔をして何を言うかと思えばこの男。
なかなかどうして、面白いことを抜かしおる。
この良き日に、宴の席で大便がしたいなどと。
本来ならば打ち首ものだが、本日は無礼講だ。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 09:58:31.90 ID:Yxq0OPtjO
「構わん。よきにはからえ」
「ははぁーっ!」

お咎めなし。
将軍の寛大な御心に侍は感服した。
一生この姫君に支え、尽くそうと誓った。

「じゃが、そちだけを辱しめるのは忍びない」
「は?」
「儂も共に漏らすと言っておるのだ」

さあ、困ったぞ。
おかしな方向に話が進んでしまった。
ここは忠信より、諫言を申し述べねば。

「お、恐れながら、その必要はないかと」
「何故じゃ? 何故そのようなことを言う?」
「上様は見目麗しく、大変可愛らしゅう御方」
「世辞はよい。本題を述べよ」
「某の認識では、そのような可愛らしい御方は排泄などしないものとばかり……」
「なんじゃと……? 勘違いも甚だしいわ!!」

くだらないことを抜かした侍に怒鳴り散らす。

「貴様、儂に糞をするなと申すつもりか!?」
「幼女は糞をしないでござる! おしっこはしても、糞だけは絶対にしないでござる!!」
「何を寝ぼけたことを……幼女とて糞をする!」
「しないでござる! 絶対にしないでござる!」
「ええい、このままでは埒があかん!」

まるで稚児のように駄々を捏ねる侍。
これではどちらが子供かわからない。
そんな夢見がちな童に現実を知らしめるのも将軍の務めであると幼女は完全に理解した。

「この門所が目に入らぬか!」
「は、ははぁーっ!!」

鮮やかに浮かび上がる幼女将軍の門様。紋所。
その威光に当てられた侍は、深々と平伏した。
ちなみに宴は既に宴もたけなわで2人きりだ。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 10:00:35.46 ID:Yxq0OPtjO
「儂とて、そなたと同じ人間じゃ」
「上様……」

たとえ、どれだけ武勇に秀でていようとも。
たとえ、どれだけ見目美しかろうとも。
まだ年端もいかぬ幼女であり、人間だった。

「そちまで儂を化け物扱いするのか……?」
「そ、そのようなことは決して……!」
「現にそちは、儂を人間として見ておらん」

ほろりと、はらはらと、将軍は泣きじゃくる。
この侍にだけは、本当に自分を見て欲しい。
この男にだけは、ひとりの女として接したい。
けれど、朴念仁の侍にはその想いは届かない。

「上様……お風邪を召されます故」

脱いだ羽織で、剥き出しの幼女の尻を隠した。

「そなたなど、嫌いじゃ……」
「たとえ嫌われようとも、某は尽くします」
「儂が糞を漏らしてもか?」

拗ねたようにそう尋ねると、侍は困ったように眉を下げて、情けない顔でようやく頷いた。

「上様が壮健であることが、何より大事です」
「儂はそちの本音が聞きたいのじゃ」
「某は……其は、上様の糞が見とうございます」

ようやく望みの言葉を口にした侍に微笑んで。

「まったく、便秘になるところじゃったわ」

そんな風に洒落たことを口にしてはにかむ姫将軍に、侍は胸の高鳴りを覚え、恋をした。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 10:02:25.58 ID:Yxq0OPtjO
「ん? なんじゃ? ぼけっとして」
「い、いえ……」
「よもや、漏らしたのではあるまいな?」
「う、上様を差し置いて漏らすなど……」
「ふん。そんなことをすれば打ち首じゃ」

姫将軍は嗜虐的にペロリと舌を出し、脅した。

「まだ首とおさらばするのは嫌じゃろ?」
「もうしばらく、お傍に居させて頂きたく」
「ずっとじゃ。ずっと、儂の傍に控えよ」

そう命じながら、幼女将軍は侍を抱いた。
ねだるように胸元で頬ずりすると、朴念仁もようやく幼女の背に手を回し、抱き返した。
体格差によって包み込まれる形となってしまうのが癪だったので、侍の肩口から顔を出す。

「おや?」

すると丁度よいところに耳朶があった。
噛みつきたい。でも、背伸びは禁物だ。
溜め込んだ大便が漏れ出てしまうから。

「その方、耳は弱いのか?」
「お恥ずかしながら、耳は拙者の弱点でございまして、そこを攻められたらなす術なく無様に糞を撒き散らかしてしまうことでしょう」

それはよいことを聞いた。
幼女将軍はまるで街娘のように目を輝かせた。
ならば、あとはこちらが合わせるだけ。

「のう、侍よ」
「どうかしましたか、上様」
「儂のことを好いておるか?」
「上様を好くなど、其には畏れ多く……」
「儂はそなたが好きじゃ」

侍の耳元で囁くと、互いの体温が上がった。

「……何を赤くなっておる」
「……上様こそ」

そろそろいいかな。いいよね。よし、いこう。

「はむっ!」
「ぬあっ!」

ぶりゅっ!

「フハッ!」

待ちに待った愉悦が、殿中に響き渡った。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2019/11/30(土) 10:04:13.28 ID:Yxq0OPtjO
ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ〜っ!

「殿中でござる! 殿中でござりゅううっ!?」
「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

ぶりゅりゃりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ〜っ!

この世をば。
我が世とぞ思う。
望月の欠けたることもなしと思えば。

「ふぅ〜スッキリ爽快じゃ!」
「うう……其の純粋さを弄ぶとは……」
「取り乱したそなたは実に愛い奴じゃった」

侍と共に糞を漏らした将軍は悪びれることなく、月夜に照らされた城下町を示した。

「あの月が照らすところ、全てが儂の庭よ」

この城下町だけでなく、見渡す限りずっと。
この姫将軍の庭であり、私有地である。
なればこそ、どこぞの誰にも文句は許さぬ。

「なんぞ、文句があるか?」
「いえ。文句など、あろう筈がありませぬ」
「で、あるか」

満足げに頷いて、将軍はおもむろに甘酒の入ったとっくりに手を伸ばし、杯に注いで飲んだ。

「ん」

それを口移しで侍に飲ませて、可憐に笑む。

「んふふ。香り高い上品な酒じゃ」

将軍のお膝元。いや、尻に敷かれつつ。
香り立つ、幼女の便の香りを肴にして。
唇についた甘い酒を、ペロリと舐られ。
どんな美酒よりも美味いと侍は思った。


【姫将軍のお膝元】


FIN
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/30(土) 13:02:18.76 ID:Ro3APEi70
== SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)ローカルルール ==

SS速報VIPは何かを書きたい人と読みたい人のための投稿サイトです。

SS速報VIPではアダルト・グロテスクな表現などを含むスレッドは立てられません。全年齢な掲示板です。
「家族で笑ってディスプレイを囲んでお茶が飲めないSS」を投稿する掲示板は「SS速報R」へ!
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/11/30(土) 18:30:17.80 ID:SAJXlcT3O
また君か壊れるなあ…
15.93 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)