浅利七海(22)「8年前のあなたに」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:32:53.13 ID:HrKJD3Ux0
※デカイ波には乗っていけ。浅利七海22歳概念のSSです。
※突貫工事につき諸々ご容赦いただけると幸いです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575124372
2 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:33:59.94 ID:HrKJD3Ux0
〜水族館〜




七海「プローデューサー!何してるれすか〜!置いてっちゃいますよ〜♪」パタパタ

P「お〜い、七海〜……そんなはしゃぐなって……」

七海「も〜!プローデューサー正気れすか!?今日は久々の水族館れすよ!?」

P「お前それ1周目から言ってるけどな……流石に……5周目となると……」

七海「ぶ〜!」

P「可愛い顔してもダメだからな?」

七海「もういいれす!七海1人で観てきますぅ〜」プイッ

P「あっ、おい………………はぁ……いっちまった……」







P「はぁ〜ぁ〜……疲れた……ベンチで座って待ってるか……どっこいしょ……」
3 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:36:06.00 ID:HrKJD3Ux0
P「ツアーが終わったら水族館連れてってやるとは言ったものの………アイツのパワーを忘れてたわ……」

P「はぁ…………クラゲはいいよなぁ……いつもユラユラぷかぷか……俺もお前らみたいに生きてみたいよ……」




???「ふふふ、カツオノエボシはクラゲさんとはちょっと違うんですよ」



P「えっ……?」
4 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:36:48.43 ID:HrKJD3Ux0
美女「クダクラゲ目の子達はヒドロ虫っていう小さな生き物が寄り集まって生きている群体なんです。そもそもクラゲっていうのは〜……」

P「あの……」

美女「はい?」

P「どこかでお会いした事が……?」

美女「あっ……いえ………どうでしょう?♪」

P「(なんなんだこの人…………しかしドエライ美人だな……楓さん級だぞ…………楓さんより出るとこ出てるし……)」

美女「お隣、空いてます?」

P「ああ、えぇ、どうぞ」

美女「失礼します♪」

P「(いくつくらいの人だ……?大人びた10代にも、幼さが残る20代にも見えるし…………姫川よりは大人だな。あらゆる意味で)」
5 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:38:13.65 ID:HrKJD3Ux0
美女「私の顔にヒトデでも付いてますか?」

P「あ、いえ、すいません…………綺麗な人だな〜と」

美女「ふふふ、おジョーズですね♪」

P「はい?」

美女「?」

P「何でも無いです………」

美女「そうれすか♪」

P「えっ?」

美女「はい?♪」

P「いえ、何でも……ところで……」

美女「はい」









P「アイドルとか興味無いですか?」








美女「へ…………?」パチクリ
6 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:40:19.59 ID:HrKJD3Ux0
P「…………………なんつって………」











美女「…………………ぶふっ!あはははははっ!」



P「ははは………」

美女「あははっ!あはっ!ふふふ………ふぅ…………ぶふっ、ははははははっ!」

P「いやちょっと笑いすぎじゃないすか?」

美女「ひぃ……ひぃ……す、すいません…………余りにも…ぃひっ……唐突だったのれ…………」
7 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:41:42.61 ID:HrKJD3Ux0
P「はぁ……まあそうですよね、すいません。私こういう者でして」

美女「あぁ、これはこれはご丁寧に」ペコペコ

P「で、どうです?」

美女「どう思いますか?」

P「イケます。間違いなく。次のシンデレラガールは貴女だと確信できます」

美女「そうですか〜?でも私くらいの顔なんていくらでも……」

P「いやいやいや!いませんて!鏡見てくださいよ!貴女くらいの美人がそこらにいたらアイドルなんて存在しませんって!」

美女「スタイルだって……」

P「ズバリ、Eですね?」

美女「…………」ニコォ

P「アッ、ハイ、サーセン、サーセンシタッ」
8 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:43:21.73 ID:HrKJD3Ux0
美女「ふふっ、いつもそんな風にスカウトしてたんですか?」

P「いやあ、まさかそんな…………たまにですよ?」

美女「ふふふ、そうですか♪」

P「えっと……学生さんですか?」

美女「はい、4年生ですね」

P「はぇ〜……学部は?」

美女「もう面接ですか?」

P「いえ、そんなつもりじゃないんですけど……連れに置いて行かれて暇なもんで」

美女「あらあら……専攻は海洋環境学ですね〜」

P「へぇ……」

美女「ホントは政経とか、もっと潰しのきくところでも良かったんですけろ、せっかくだし好きな事勉強しようかな〜って」

P「いや、ホントそれがいいですよ。僕なんてなんの興味もない学部に4年間いましたけど、何一つ身になって無いですし、何なら今から入り直したいくらいですよ」

美女「ホントですか?海洋大来ます?えっ、この頃どこ住みでしたっけ?ていうかライン(釣糸)いります?」ゴソッ

P「えっ、何この人釣り糸持ち歩いてんの……こわ……」
9 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:45:07.37 ID:HrKJD3Ux0
美女「む〜っ」

P「お、可愛い」

美女「はぁ、まあいいれす。そう言うって分かってましたから」

P「???そうですか…………ん?れす?」

美女「はい?」



P「…………」



美女「…………」



P「あの……」
10 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:45:37.82 ID:HrKJD3Ux0
美女「来ませんね。貴方の可愛いお連れさん」

P「えっ、ああ、そうっすね……まぁアイツなら放っといても楽しんでますよ……楽しみにしてた水族館ですし……」



美女「………………」



P「貴女は?まさか1人で?」

美女「えっ?…………秘密ですっ」

P「ええ?……ははーん、さては彼氏とですね?」

美女「いえ、旦那です」

P「ええ!?」
11 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:47:08.32 ID:HrKJD3Ux0
美女「嘘ですけど」

P「なっ…………なんでまた……」

美女「普通にお友達とですよ。今日は」

P「今日は……ですか」

美女「実は、その…………最近ふられちゃって………」

P「え?」

美女「ここは、その人と何度も来た思い出の場所なんです」
12 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:47:58.85 ID:HrKJD3Ux0
P「恋人………だったんですか?」

美女「いいえ、片思いです。ずっとずぅっと…………あの人にとっては私なんて全然子供で……」

P「そんな……」

美女「それとなくアプローチはしてたんですけどね〜、ライバルも多くって、そうこうしてる内にその人は旅に出てしまって、そのまま……」

P「あ………………」












美女「翌週帰って来たんですけど」

P「来たんかい」
13 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:50:21.58 ID:HrKJD3Ux0
美女「そしたら突然『みんなに紹介したい人がいるんだ』って言って、婚約者を連れて来たんです」

P「うわぁ……」

美女「そしたら何かもう、どうでもよくなっちゃって、泣いていいのか何なのか…………だから今日この日、この場所に来てみたんです」

P「あの……何かすみません。そんな時にスカウトなんて……」

美女「ふふ、一本釣りされても良かったんですけど♪」

P「じゃあ、どうです?グラビアだけでも」

美女「だけ?」

P「めっちゃいい写真集出して、振った男見返してやりましょうよ」

美女「ふむぅ……それは……いいかも知れませんね」

P「でしょ?」
14 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:51:13.45 ID:HrKJD3Ux0
美女「じゃあ……」ズイッ



P「えっ」







美女「プローデューサーさんが……色々教えてくれるんれすか……?(寄せて上げる擬音)」





P「デッッッッ(ケェなオイ)!!!??」
15 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:52:16.00 ID:HrKJD3Ux0
美女「……………………ふふっ……あはははははっ!顔がタコさんみたいに真っ赤〜!♪」

P「………………もう……勘弁して下さいよ……」ガックリ

美女「ふふふ、良かった」

P「え?」

美女「何でも♪」

P「いやでも、イケますよ、マジで。クラっときました」

美女「そうですか♪じゃあいっかな」

P「おっ、じゃあ……」

美女「ごめんなさい。実はもう芸能活動してるので」

P「ええ?あぁ……そりゃそうですよね……こんな美人、世間が放っておくわけないっすよね……」

美女「ふふ、でも嬉しかったですよ?プローデューサーのそういう顔が見れて♪」

P「…………意外と悪女ですね」

美女「そうれすか?♪」

P「………………あの、こんな事聞くの変かも知れませんけど……







浅利七海って……ご存知ですか?」
16 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:54:07.04 ID:HrKJD3Ux0










美女「…………………………………知ってますよ。とっても」



P「…………そうですか……あの」


美女「あら?もうこんな時間。ごめんなさい。私もう行かなきゃ」

P「え?ああ、お友達と来てたんでしたっけ…………ありがとうございます。なんていうか……」

美女「いえいえ、こちらこそ、ですよ♪今日は来てよかった〜」ノビー

P「そ…そうですか?」

美女「はい!ちょっと元気出ました!ありがとうございます」ペコッ

P「いえ、そんな……」

美女「あ、そうそう。貴方の可愛いお連れさんなら、多分回遊魚の水槽辺りにいますよ」

P「えっ?」
17 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:55:01.31 ID:HrKJD3Ux0
美女「ダメですよ、放ったらかしにしたら。釣った魚は……」



P「シメるか餌をやるか……ですか」



美女「…………そういう事です♪それじゃあ、私はこれで」

P「はい…………あの、せめてお名前だけでも……聞いていいですか?」

美女「………………ふふっ、知ってるくせに♪」

P「あの、それってどういう…………あれ?お姉さん?あれ?どこに……あの……ええ?」

















七海「プローデューサー!」
18 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:57:04.11 ID:HrKJD3Ux0
P「えっ?あ、おお………七海か……あれ?ここは……?」

七海「回遊魚コーナーれすよ?プローデューサー、七海を追いかけて来てくれたんじゃないんれすか?」

P「え?あ、ああ……そうなんだ……親切な人が……お前がここにいるって……」

七海「ギョギョ!?もしかしてファンの方れすかね〜?カレイさんばりの擬装だったつもりなんれすが……」

P「お前そっち向いたらヒラメだろ」

七海「きゃー!プローデューサーが違いを憶えていてくれたれす!」

P「そらな……………」



P「………………………」
19 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:57:35.19 ID:HrKJD3Ux0
P「えっ?あ、おお………七海か……あれ?ここは……?」

七海「回遊魚コーナーれすよ?プローデューサー、七海を追いかけて来てくれたんじゃないんれすか?」

P「え?あ、ああ……そうなんだ……親切な人が……お前がここにいるって……」

七海「ギョギョ!?もしかしてファンの方れすかね〜?カレイさんばりの擬装だったつもりなんれすが……」

P「お前そっち向いたらヒラメだろ」

七海「きゃー!プローデューサーが違いを憶えていてくれたれす!」

P「そらな……………」



P「………………………」
20 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:58:18.16 ID:HrKJD3Ux0
七海「プローデューサー?どうしたんれすか?」

P「なんていうか……夢から醒めていたような気がするんだ……」

七海「???夢を見ていた……ではなく?」

P「…………七海。セクシーなグラビアに興味無いか?」

七海「は?東京湾の養分になりたいんれすか?」

P「ちょっと辛辣過ぎるだろ」

七海「ふふふ、そんなのはどうでもいいからもう一周するれすよ〜♪今度は…………一緒れす♪」

P「はいはい……付き合ってやるよ……」



















晶葉「もういいのか?」
21 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/11/30(土) 23:59:54.40 ID:HrKJD3Ux0
七海「ええ、もう十分。大漁大漁♪」

晶葉「キミがそう言うんならいいんだが…………明日の式、くれぐれも早まった事はしないでくれよ」

七海「まさか、大丈夫れすよ〜♪」

晶葉「そうか……じゃあ我々も帰るとするか」

七海「っと、その前に…………」




ガシッ




七海「愛海ちゃ〜ん?どこへ行く気れすか〜?

愛海「あっ、やっ、そのっ、8年ぶりですしね?あの頃の親友のお山をですね、こう……登らせて頂けたらな〜…なんて……」

七海「…………」ニコォ

愛海「ヒィッ!!?ダツはやめてダツはやめて……あぁっ、穴に、穴に……」

晶葉「いいかー?いくぞー?ポチッとな」

七海「…………」
22 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/12/01(日) 00:01:32.50 ID:anZeK6r30














七海「ばいばい。またね」










23 : ◆kHP27SAHvY [saga]:2019/12/01(日) 00:06:32.70 ID:anZeK6r30
以上でおしまいです。


ぴざしさん作のイラスト( https://www.pixiv.net/artworks/78055218 )から着想を得て書きました。七海ちゃんは綺麗なお姉さんになる(確信)



HTML依頼出してきます。
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/12/01(日) 00:18:57.19 ID:OiD8WlqDO


ロリ巨乳になる可能性はあるな
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/12/01(日) 10:01:48.39 ID:5LMSXskxo
おつ!
13.42 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)