【俺ガイル】陽乃「妹に先を越されてつらい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:28:54.32 ID:lezH5pit0
■【俺ガイル】小町「奉仕部女子サミットー!!」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574942681/

■【俺ガイル】雪乃「由比ヶ浜さんの様子がおかしい…」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575042749/

■八幡「葉山がウザい」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575263200/

14巻その後シリーズ

もはやネタバレとも言えない感じだけど、一応読後がおすすめ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575300534
2 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:29:51.80 ID:lezH5pit0

ゆきのんち

陽乃「やっほー、遊びに来たよ」

雪乃「………すぐ帰ってね」

陽乃「いやーん、雪乃ちゃん冷たい〜!なになに、愛しの比企谷くんと約束でもあるの?」

雪乃「ありません。受験生なんだから勉強の邪魔ってことよ」

陽乃「んー、お姉さんが教えてあげよっか?」

雪乃「間に合ってるわ。とにかく、別にいてもいいけど静かにしててね。はい、紅茶。」

陽乃「え〜、つまんなーい…ありがと」

3 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:31:00.72 ID:lezH5pit0

雪乃「…………」

陽乃「…………」

雪乃「…………」

陽乃「…………雪乃ちゃんさぁ…」

雪乃「なに……?」

陽乃「もう比企谷くんとえっちした?」

雪乃「ブホッ……!」

陽乃「え…!?なにその反応…?!したの!?」

雪乃「まだよっ!………って、あ……」

陽乃「まだ………ということはこれからという………」

雪乃「…言葉の綾よ。変に捉えないで」

4 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:31:45.25 ID:lezH5pit0

陽乃「お母さん、心配してたよ。一人暮らしをいい事に連れ込み放題やり放題しやしないかって」

雪乃「しないわよ…それに何回か会ってるんだし、そんな度胸もないって分かりそうなものだけれど…」

陽乃「初めての彼氏彼女だから浮かれてるんじゃないかー、とか、避妊の仕方ちゃんと知ってるのかー、とか…」

雪乃「知ってるに決まってるでしょ…大きなお世話よ、まったく……姉さんのときもこうだったの?そういう話、聞いた事ないけれど」

陽乃「え!?あー……まぁそうだね。心配症で困っちゃうよねほんと…」

陽乃(高校時代は静ちゃんに夢中で、実は恋愛経験ないなんて言えない……)

雪乃「とにかく、心配ないって伝えておいて。また八幡とご飯でも行くわ。」

陽乃「八幡…………」

雪乃「はっ……!べ、別にいいでしょう……いつまでも名字で呼びあってるわけにもいかないし……」
5 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:32:27.91 ID:lezH5pit0

陽乃「ふーーーん…………ところで、えっちはまだならキスは?」

雪乃「……………」

陽乃「……………顔、赤いよ?」

雪乃「…ちょっと暖房が強かったかかしら」

陽乃「誤魔化すの下手すぎぃ……」

雪乃「…………」

陽乃「ま、だいたい分かったからいいよ…また近いうち一緒に顔出せってさ。さっき自分でも言ってたけど」

雪乃「…わかった、って伝えておいて」

陽乃「はーい。ちゅーは済んでるっていうのは言わないでおいてあげるよ、感謝してね?」

雪乃「…………」

6 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:33:07.26 ID:lezH5pit0
陽乃「んじゃ、そろそろ帰ろうかな」

雪乃「……お気をつけて」
7 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:33:51.63 ID:lezH5pit0


かえりみち


陽乃(妹が順調に大人の階段を登っている……)

陽乃(恋愛なんてその気になればいつでも…と余裕こいてた結果がこれか…)

陽乃(最近気になった男子なんてそれこそ比企谷くんぐらいのもの…そしてそれは既に妹のものに…)

陽乃(いや、まだ慌てる時間じゃない…男の数など星の数、そしてわたしは超美人…すぐにでも比企谷くんぐらい面白い子が現れるはず…)

結衣「あれ?陽乃さん?」

陽乃「あら、結衣ちゃんじゃない、やっはろー」

結衣「ゆきのんちの帰りですか?」

陽乃「そうそう、そんなとこ。惚気が酷くて参っちゃったわ」

結衣「あはは……まぁ仕方ないですよ」

8 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:34:33.89 ID:lezH5pit0

陽乃「結衣ちゃんは大丈夫なの?比企谷くん取られちゃったけど」

結衣「最初はやっぱりショックでしたけど、最近はもう大丈夫です」

陽乃「ふーん……そういうもんかぁ……」

結衣「むしろ早くもっと仲良くなってもらわないと…マンネリ化を迎えてからが勝負……ふふ………」

陽乃「ゆ、結衣ちゃん……?」

結衣「あたしは新しい自分を見つけたんです……時がくればきっと……ふ、ふふ…」

陽乃(目が濁っている………)

結衣「ここで会ったのもなにかの縁です。これ、1冊あげますよ。あたし、3冊買ったので」

陽乃「へ?あ、ありがとう……」
9 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:35:04.02 ID:lezH5pit0

結衣「それではまた……」

陽乃「あ、ばいばーいまたねー…」

陽乃(なんの本だろ…?)

陽乃「…………」

陽乃(エロ本やないかいっ!!)

10 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:36:46.13 ID:lezH5pit0


ごじつ


陽乃(NTRは最強のソリューション……)

陽乃(そうか、こういうのもあるのか……とりあえず雪乃ちゃんをそそのかしに行こう)


11 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:37:31.27 ID:lezH5pit0


またまたゆきのんち


陽乃「雪乃ちゃーん」

雪乃「なに?」

陽乃「これお母さんから」

雪乃「なにこれ、薬?」

陽乃「ピルです」

雪乃「は?」

陽乃「避妊用低用量ピルです」

雪乃「…………」

陽乃「もちろん生でしていいわけではありません。ゴムと併用。あんだーすたん?」

雪乃「ちょっと思考が追いつかないわ…」

12 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:38:07.39 ID:lezH5pit0

陽乃「ま、雪ノ下家の娘として、絶対に失敗はするなってことじゃない?」

雪乃「普通ここまで干渉するものなの…?」

陽乃「うちが普通なわけないでしょ。使う使わないはともかく、貰っときなさい。比企谷くんを信じてない訳じゃないけど、雪乃ちゃんの自衛のためでもあるのよ」

雪乃「……まぁ、貰うだけ貰っておくわ。ありがとう」

陽乃「どういたしまして。無くなったら私に言ってね?それじゃまたね〜」

雪乃(やだ…私の家、こわすぎ……?)


その後、姉妹間での猥談が増え、雪乃のもとには陽乃から定期的にちょっとオトナな下着のプレゼントが届くようになったという…


〜完〜
13 : ◆Rb4SkOs5Dcpk [sage saga]:2019/12/03(火) 00:38:58.59 ID:lezH5pit0
おしまいデイ
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/12/04(水) 14:51:21.93 ID:amrocQ+So
雪乃のマンション原作途中で解約されてただろ
6.67 KB Speed:1.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)