モバP「周子と結婚か…」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:30:26.49 ID:fF2hUUcZ0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊があるかもしれません
モバPがP表記です
数年後の世界です
ラブラブは控えめ(当社比)

それでもよろしければご覧ください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1576081826
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:31:48.46 ID:fF2hUUcZ0
「あの人気アイドルグループの〜が結婚!相手はTVドラマで共演した事のある…」




P「遂にあの人も結婚か、最近有名人で結婚する人が増えてるな」

奏「あら、いい事じゃない。アイドルという障害を乗り越え真実の愛で結ばれる…」

P「そんな簡単なもんじゃないと思うが」

奏「あらそう?私はいいと思うけれど」

P「お前な、男性のアイドルでもあーだこーだ言われてるのにウチのアイドルが結婚した日なんてもう」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:33:00.31 ID:fF2hUUcZ0
奏「それがPさんだと特にって話?」


P「…なんだよその目は」


奏「別に、早く周子を貰ってあげなさいとは思ってるけど」ジトー


P「なら最初からそう言えって」

奏「言っても理由付けて聞かないじゃない」


P「まぁ…それはその、な」

奏「もう貴方も周子もいい年齢でしょう?」

P「…」

奏「あんまりうかうかしてると共演者とかに取られるわよ?」

P「分かってるよ」

奏「そう、なら良いんだけど」


P「…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:34:00.19 ID:fF2hUUcZ0
「今回はあの塩見周子さんが来てくれてます拍手〜!」

周子「いやーどーもどーも、塩見周子です。よろしゅーこ〜♪」

「相変わらず可愛いね〜!しかも大人っぽくなってきてもうヤバいんじゃない?」


周子「あー分かっちゃう?もう最近道を歩く度に視線を釘告にしちゃってさ〜?困ってるんだよね〜」

「流石ですね〜!さて今回は、その大人っぽくなってきた塩見周子さんの秘密をどんどん明かしていきたいと思います!」

周子「大丈夫?放送事故とか起きない?」

「そんなにヤバいんか!?」

ワハハハ




P「…」

美嘉「さ、さすがに付き合ってるとかは書いてないよね?」

P「書いてたら今頃ここに立ててねえって」

美嘉「だ、だよね〜…あはは…」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:35:24.85 ID:fF2hUUcZ0
美嘉「…Pは」

P「何だ?」

美嘉「ああやってちやほやされてるの見てると妬いたりしない?」

P「…めちゃくちゃするよ。というか俺じゃなくてイケメン俳優とかと過ごせばいいんじゃないかとまで思えてくる」



美嘉「っ…それは!」

P「分かってる。あと本番中だから声気をつけて」


美嘉「あっ…ゴメン…」


P「いや、悪い。俺が吹っ切れてないのが悪いんだ」



美嘉「…仕方ないよ。恋愛何回も失敗してんでしょ?経験が悪い方向に働くってあると思うし」

P「そう言って貰えると助かる」

美嘉「本気で言ってるんだからね?」

P「あぁ」



美嘉「ま、周子ちゃんは本気でPさんの事が好きなのは間違いない。それは私が保証してあげるっ★」

P「心強いな」

美嘉「LiPPSどころか事務所総出で応援してあげてるんだし?ちゃーんと幸せになってもらわないとねっ!」

P「…あぁ、ありがとう」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:37:31.95 ID:fF2hUUcZ0
「撮影OKでーす!お疲れ様でしたー!」


「次の撮影入りまーす!」


美嘉「ん、私の事はいいから周子ちゃんの事。ちゃんと見てあげててね?」

P「あぁ、美嘉も頑張れよ」

美嘉「分かってるっ★」


美嘉「んっ、お疲れ★」パチン

周子「後は任せた〜」

美嘉「任された★」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:38:41.42 ID:fF2hUUcZ0
周子「疲れた〜…Pさん」

P「はいはい」ポイッ

周子「んっ」ゴクゴク


周子「あ〜…。いや〜私が主役ってやっぱり疲れるね。MCとかで話題振る方が最近多かったし変だったかも」

P「まあ変なとこは最悪カットすればいいし」

周子「それもそっか」

P「とりあえずお疲れ。先車で休んでるか?」


周子「んー……大丈夫。それよりもPさんの隣にいたいって感じ」

P「そういうの外で言うの禁止」

周子「聞こえてないから大丈夫だって。…それともPさんは一緒にいたくない?」

P「その言い方はずるいだろ」

周子「ふふっ、ほら。撮影始まるよ?」

P「はいはい」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:40:13.15 ID:fF2hUUcZ0
「はいおっけー!」


美嘉「ありがとうございました〜★」



P「よし、帰ろうか」

美嘉「あ、アタシ家近いしそのまま帰るね」

P「そうか?送ってくぐらい…」

ゲシッ

P「ぐふっ」

周子「にぶちん」


美嘉「夫婦漫才見せつけないでよ…もう」

P「そういう事か…悪いな…」


周子「ほら、行くよ。折角気遣って貰ったんだし」

P「はい…」


美嘉「もう尻に引かれてるじゃん…」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:40:59.43 ID:fF2hUUcZ0
周子「ひゃ〜、車ん中も寒いね…」ブルブル

P「今暖房付ける」ピッ

周子「は〜〜…。車様々やね」

P「だな…出るぞ?忘れ物無いか?」


周子「うん、大丈夫」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:42:52.94 ID:fF2hUUcZ0
周子「Pさん」

P「何だ?」


周子「…んーん、なんでもない」

P「なんでもなくはないだろ」

周子「いやー、ね。なーんか元気なさそうだな〜って」

P「何でそう思った?」

周子「んー…勘?」

P「勘かぁ」

周子「正解?」

P「まあ割と」

周子「お、Pポイント何点?」

P「0.1」

周子「ケチ〜」



P「まぁ…何ていうかな。柄にもなくセンチメンタルなんだよ」

周子「まぁ季節が季節だし?しゃーないんとちゃう?」

P「そういう意味じゃ…あー、…まぁ…」

周子「んー?あー…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:45:39.52 ID:fF2hUUcZ0
『続いてのニュースです。人気アイドルグループの〜が会見では幸せな家庭生活を送りたいと述べる姿他一部始終が報道されました』


周子「あー、なるほど〜?」

P「…まだ早いまだ早いってずっと思ってたんだけどな。アイドルとしてはもういい年齢なんだなって」

周子「まあね。女優とかはやらないつもりでいるし」

P「俺としてはやってくれてもいいんだけどな。こんな眩しい素材なんだから」

周子「んー…でもそしたらPさん担当じゃ無くなるんでしょ?」

P「そうだな、俺はアイドル部門担当だから」

周子「それにキスシーンとかあるって聞いたしさ、それはちょっとね」

P「まぁ…それはやって欲しくないな」

周子「あー、そういう事言っちゃうんだ〜?」ニヤニヤ


P「彼女が他の男とキスするのを嫌って言わない男がいるか」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:46:06.67 ID:fF2hUUcZ0
周子「あ、それならPさんが相手の男役になればいいじゃん!俳優になろうよ!」

P「そんな俳優になれるほど顔が良かったら俳優やってるわ」

周子「そーお?私はカッコイイと思うけど」ツンツン


P「…はいはい」

周子「あっ、照れたでしょー?」

P「照れてねぇ」

周子「絶対照れたって」

P「うるせぇうるせぇ」

周子「ふふっ、可愛いヤツめ〜♪うりうり〜♪」

P「事故るからやめれ」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:46:47.87 ID:fF2hUUcZ0
P「戻りましたー」

周子「ただいま〜」

ちひろ「お疲れ様ですっ♪今日はどうでした?それと美嘉ちゃんは?」

P「二人共順調で指示がいらないぐらいにはバッチリでした。美嘉は直接家に戻りました」

ちひろ「分かりました」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:47:46.02 ID:fF2hUUcZ0
周子「大ベテランですから。もう自分で大体できちゃう的な?」

紗枝「それは少し言い過ぎとちゃいます?」

周子「まあまあ、慣れてるってことで」

ちひろ「それならついていく必要ないと思いますけど…」

紗枝「ふふっ、周子はんは寂しがりやでなぁ。愛する旦那はんがおらへんとぷくーって拗ねてしまいます」

P「まだ結婚してないんだが…」

紗枝「Pはんも、あんまり待たせたらあきまへんよ?」

P「はい…肝に命じております…」

紗枝「それならいいんやけど」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:48:22.99 ID:fF2hUUcZ0
周子「…私ってそんなに寂しがり?」

紗枝「それはもう。Pはんが出張の時はウチらハラハラしっぱなしなんやから」

周子「そんなに態度に出てる?」

紗枝「狐が猫になるぐらいには」

周子「そっかぁ…うーん…えー?…そっかぁ……」


P「ちゃんと電話入れてるだろ?」

周子「私はそれで満足してるつもりなんだけどね〜。やっぱり紗枝はんは誤魔化せないや」

紗枝「付き合うてる時間だけならPはんにも負けまへんから♪」

周子「相変わらず年下って感じしないなぁ」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:48:57.37 ID:fF2hUUcZ0
P「それじゃちょっと仕事に戻ります」

ちひろ「もう少し休憩入れてても大丈夫ですよ?」

P「仕事してないと落ち着かなくて」


ちひろ「…程々にしてくださいね?」

P「もちろんです」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:50:36.36 ID:fF2hUUcZ0
P「ふぅ…」


(結婚か…そろそろ本格的にプラン決めないと。それよりやる事多すぎてそっちに回る気がしない…でも早めに考えとかないと引退時期とかがなぁ…後は)

コンコン


P「はい、どうぞ」


周子「ん、おつかれ」

P「周子?寮に戻ったんじゃないのか?」


周子「まー、その、ね。寂しがり屋だし」


P「…それなら仕方ないな」


周子「あとはい、コーヒー。あんまり無茶しないでよ?」


P「無茶はしない、それは大丈夫」

「周子もあんまり気張るなよ?」


周子「息抜きのプロしゅーこちゃんにそんな事言っちゃう?」

P「それもそうか」

周子「でしょ?…まぁ。お互い程々にね」

P「あぁ、程々に」

周子「それじゃまた明日」

P「もう寂しくないか?」

周子「…だいぶ。でもPさんに甘えてばっかじゃダメだしね」

P「そうか、ならまた明日」


周子「うん」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:51:27.52 ID:fF2hUUcZ0
周子「ごめん紗枝はん、お待たせ」

紗枝「もうええの?」

周子「うん、寮の時間もあるしね」

紗枝「まだまだ甘えててもええんよ?」


周子「…その事なんだけどさ」

紗枝「んー?」

周子「紗枝はんから見てさ、もうちょいPさんから距離というか、ベタベタしない方がいいかな」

紗枝「んー…そないな事する必要あらへんと思うけどなぁ」

周子「今日もさ、ちょっと注意されて」

紗枝「なんて?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:52:09.95 ID:fF2hUUcZ0
周子「隣にいたい〜って言ったら外で言っちゃダメだーって」



「Pさんは一緒にいたくないのかなって思えて……私なんかじゃ振り向いてくれないのかなって…」



「それで…」


ペチッ


紗枝「…周子はん」




周子「……うん。言ってて気づいた。Pさんも我慢してるんだね」


紗枝「お利口さんどすなぁ」


周子「そっか、そうだよね。ごめんなんでもない」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:53:37.87 ID:fF2hUUcZ0
紗枝「ふふっ。ここだけの話やけど」

周子「?」

紗枝「周子はんがシンデレラガールになった時ありますやろ?」

周子「うん」

紗枝「そん時事務所のみーんなに回って周子はんのプレゼントに何を渡せばいいか聞いててなぁ」

周子「えっ」

紗枝「もちろん最後は自分で選んだんやろうけど、最高のプレゼントにしたい〜って」

周子「…」


紗枝「Pはんは周子はんの為なら幾らでも頑張る人やから。周子はんは寂しがり屋ぐらいがいいと思います」


周子「…うん。そうする。いっぱい甘える。そうじゃなきゃしゅーこちゃんじゃないもんね」

紗枝「その意気どす♪」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:54:30.62 ID:fF2hUUcZ0
紗枝「…今ならまだPはん仕事してるかなぁ」


周子「…かな。ごめん!紗枝はん!ちょっと注意してくるね!」

紗枝「ふふっ、はーいっ♪」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:55:28.61 ID:fF2hUUcZ0
P(…どんだけ言われても不安で押し潰されそうになる。大人なのにってありすなら叱ってくれるかな)

(いつの間にか本気で思うのが怖くて。そんな怖さを気楽そうにして自分を誤魔化してた)

(でもそんな結婚は気楽なもんじゃない。人生で一番と言ってもいいイベントだ。本当に俺で……もっと相応しい人間が……)


ガチャ






周子「ただいま」


P「…お帰り」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:56:23.12 ID:fF2hUUcZ0
周子「ごめんね。やっぱ寂しくなっちゃった」


P「…」


周子「…ギュッてしていい?」

P「…あぁ」


周子「んっ…暖かいね」

P「周子は冷たいな」

周子「さっきまで外にいたから。その分あっためてくれるでしょ?」

P「はいはい」ギュッ


周子「…好きだよ。Pさん」


P「あぁ」


周子「…Pさんは?」


P「…結婚したいぐらいには好きだよ」


周子「うん、アタシも」


P「…ただ」

周子「ただ?」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:57:00.57 ID:fF2hUUcZ0
P「本当に俺でいいのかって。心配で。カッコ悪いよな。もういい歳してさ」

「周子の人生をこのまま決めちゃっていいのかなって」


周子「 …Pさん」

P「周子っ…」

チュッ


P「…」


周子「今更何言ってんの」


P「…今更?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:58:23.81 ID:fF2hUUcZ0
周子「私の人生、もう何回変えたと思ってんの」



P「……確かに」



周子「家出した私を匿ってくれたのは誰?」


P「…俺だな」


周子「家出したこんな私をアイドルにしたのは?」

P「俺だ」

周子「Pさんがいたから、いるからこうやって私もいるの」

P「あぁ」

周子「だから俺なんか、なんて言うの禁止。分かった?」


P「周子……。ありがとう」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:59:06.35 ID:fF2hUUcZ0
周子「て言っても私もさっき同じような事紗枝はんに言ったんだよね」

P「はは、似た者同士か」

周子「そう、だからPさんが言ってる時何か感じちゃったよね」

P「何かって何だよ」


周子「んー…運命?」


P「うわっ」


周子「今のナシってできる?」


P「無理だな」



周子「…ふふふっ」

P「ははっ」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 01:59:34.45 ID:fF2hUUcZ0


P「俺と、結婚してくれますか?」

周子「ふふっ、はい。Pさんとなら喜んで」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 02:00:19.19 ID:fF2hUUcZ0
紗枝「…」ジー


志希「…」ジー

フレデリカ「…」ジー


P「あっ、おい!」


紗枝「やっと…やっとやなぁ…」

志希「一大ニュースだ〜!」

フレデリカ「号外号外〜!Pが周子ちゃんと結婚だよ〜!」


周子「…全部見られてた?」

P「…分からん。でも明日アイドルに会見を開く事にはなるな…」

周子「…逃げる?」

P「あぁ、とりあえず京都らへんに挨拶も兼ねて」

周子「よし来た」


フレデリカ「あー!逃げる気だ〜!捕まえろ〜!」

志希「タイホだ〜♪」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/12(木) 02:09:56.78 ID:fF2hUUcZ0
終わり


周子と結婚して幸せな家庭を築きたいだけの人生だった

今日誕生日で26歳になった周子…塩見周子26歳!?!?もう結婚するしかないですねこれは
16.22 KB Speed:0.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)