ココア「シャロちゃんってリゼちゃんのことが好きなの?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 02:51:03.01 ID:fOm9mN3ho
リゼ「ぶっ…!」

シャロ「な、何いきなり変なこと言ってんのよ!」

ココア「いいから答えてよー」

シャロ「はぁ?馬鹿じゃないの?言えるわけないじゃない!」

リゼ「言えない?」

ココア「言えないってどういうこと!?」

シャロ「あっ!!えっと せ、先輩として尊敬してるだけで好きとかそういうんじゃないから!」

リゼ「ガーン!私のこと好きじゃないのか…」

シャロ「あっ、えっと!そうじゃなくてですね!友達としては好きで…えっと!」あたふた

リゼ「はは!わかってるよ」なでなで

シャロ「も、もう!先輩ったら…/////からかわないでくださいよ!」

ココア「…………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1576518662
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 02:54:07.99 ID:fOm9mN3ho
ココア「反応からして怪しいんだけどなー」

シャロ「とにかく!ココアの思ってるような事とは違うから!」

ココア「ほんとうのほんと?」

シャロ「ほんとうにほんと」

リゼ「てかいきなりどうしてそんなこと聞いてきたんだ?」

ココア「ううん、別に」

リゼ「そ、そうか…まあいいや、それじゃあ私はあっちだから また後でなココア」

ココア「うん」

シャロ「さようなら!リゼ先輩!」ニコニコ

シャロ「はぁ…相変わらずリゼ先輩は格好良いなぁ…」

ココア「……」スタスタ

シャロ「ってちょ、ココア!待ちなさいよー!」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 02:58:12.86 ID:fOm9mN3ho
シャロ「ちょっと!聞いてる?!」

ココア「………」

シャロ「ねえってば!」グイッ

ココア「…………」

シャロ「な、なにムスッとしてんのよ」

ココア「別にー」

シャロ「今日のあんたなんかへんよ?」

ココア「そんなことないもん、それよりシャロちゃん、本当の本当にリゼちゃんのこと好きじゃないんだよね?」

シャロ「またその話?さっきも言ったように本当の本当よ…第一恋とかまだよくわからないし」

ココア「嘘だったら許さないからね?」

シャロ「はいはい、てかなんでそんなこと聞いてくんのよ…」

ココア「もういいよ!信じるから!帰ろっか!シャロちゃん!」ギュッ

シャロ「はいはい…って、どさくさに紛れて手をつなぐなー!もう高校生なんだから恥ずかしいわよ!!」

ココア「あはは!」

4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:03:27.15 ID:fOm9mN3ho
シャロ家

シャロ(はぁ…今日はつかれたわ…ココア、いきなりあんなこと言うんだもの、リゼ先輩の前で恥ずかしかったー!……リゼ先輩のことは……尊敬してるだけで…あとは友達なだけ…よね、だいたい恋とかまだよくわからないし…)

シャロ(そもそも恋ってなんだろ…検索してみよう…えっと………その人と一緒にいるとドキドキしたりキスをしたくなったりすることが恋………キスは特にないけどリゼ先輩といるとドキドキはする…ってことは…ま、まさか…………恋してるってこと?…)ドキドキッ…

シャロ「そ、想像してみよう…リゼ先輩とキス…………………………って…無理無理無理!想像だけでも恥ずかしい!!…………はぁ…寝よ……」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:07:33.50 ID:fOm9mN3ho
ココア家

コンコン…

チノ「あ、あの………ココアさん…」

ココア「なに?」

チノ「一緒に遊びませんか?」

ココア「うーん、ごめんね、今はいいかな」

チノ「え、えっとじゃあ一緒になにかしませんか?」あたふた…

ココア「ごめん…今はそんな気分じゃなくて……」

チノ「う…わ、わかりました……ごめんなさい…」

バタンっ…

ココア「………」



チノ(ここずっと……全然ココアさんとまともに会話してない気がします………ココアさん……どうしちゃったんでしょうか…)

チノ(ココアさんは普段からうるさくて…やかましいと想っていたのに……素っ気なくされただけでこんなに……苦しいなんて……グスッ……)
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:16:35.65 ID:fOm9mN3ho
ココア「シャロちゃん………今何してるのかなー…」

ここ毎日、シャロちゃんのことを考えている…シャロちゃんがいないときはずっとシャロちゃんのことで頭がいっぱい…

ココア「シャロちゃん…………」

この街に来てみんなと知り合って友達になれた
そして、私はシャロちゃんのことがいつのまにか好きになっていた…自分でも最初は驚いたけどこの気持ちは恋に違いない…シャロちゃんと触れ合ったりキスしたりしたい…

ココア「シャロちゃんはリゼちゃんを好きじゃないって言ってた、ならチャンスはあるよね………頑張らないと…ね…」

ココア「…………あ、そういえば…さっきチノちゃん来たんだっけ………はぁ…だめだな私…チノちゃんの前であんな暗い顔して…でもこれももうすぐ終わる……シャロちゃんに気持ちを伝えよう…!」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:22:24.12 ID:fOm9mN3ho
次の日

ココア「うぅ…寒い」

シャロ「あ、ココアー!」

ココア「あっ!シャロちゃん!おはよー」

シャロ「おはよ、ってあんた…なんでもういんのよ」

ココア「シャロちゃんこそ!」

シャロ「私は遅刻とか嫌だから10分前にはつくようにしてんのよ!あんたは?」

ココア「私も同じだよ!」

ココア(本当は一時間前に来たんだけどね…)

シャロ「もう…ほらっ……」ぼふっ

ココア「わっわっ……シャロちゃん?」

シャロ「少しは暖かいでしょ?」

ココア「う、うん…すごく暖かい////ほっぺ気持ちいいね」

シャロ「そ…………じゃ、いこっか」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:27:00.09 ID:fOm9mN3ho
ココア「二人でお買い物なんて久しぶりだね」

シャロ「そうね、いつもはチノちゃんやチヤにリゼ先輩で私とあんたの五人だし」

ココア「…うん、あ、これみて!かわいい!」

シャロ「クリスマスプレゼントはそれにするの?」

ココア「そうだね、これは去年やったみたいにみんなでプレゼント回して取る用のかな」

シャロ「あー…たしか私はあんたのだったわね」

ココア「そうそう」

シャロ「それじゃあ私もなにか探さないとね」

ココア「うん」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:29:22.71 ID:fOm9mN3ho
一時間後

シャロ「買ったしこれからどうする?」

ココア「美味しいお店知ってるからそこに行こ?」

シャロ「う、うん………」

シャロ(お金大丈夫かしら…)

ココア「あ、お金なら大丈夫だよ」

シャロ「へ!?」

ココア「付き合ってくれたお礼に私が出してあげるよ!」

シャロ「い、いいわよべつに!!!!」

ココア「いいからいいから!さっ!いこう!」

シャロ「わー!もうーっ!」

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:32:29.06 ID:fOm9mN3ho
シャロ「ね、ねえこんなに頼んでもよかったの?…」

ココア「うん!いいのいいの!」

ココア(30000円持ってきたからね!)

シャロ「ねえココア…」

ココア「んー?」

シャロ「いや…その……」

ココア「あ、そうだ!はいこれ!」

シャロ「え、な、なに!?」

ココア「シャロちゃんへの早めのクリスマスプレゼントだよ!」

シャロ「えっ!?!?」

ココア「開けてみて?」

シャロ「う、うん…!わっ!こ、これは…!」

ココア「どうかな…」

シャロ「はぁ…ほら、これ」

ココア「え?」

シャロ「開けてみて」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:39:13.14 ID:fOm9mN3ho
ココア「うん…………って…これ…」

シャロ「そ、色違い…ね」

ココア「うん…」

シャロ「もう…クスッ…」

ココア「ぷっ…あはは…!」

ココア「とても嬉しいよ…!大事に使うね…!」

ココア(でもこの時計…結構高かったけど………シャロちゃんもしかして)

シャロ「あ!変なこと考えてるでしょ!?その…えっと!た、大切な友達へのプレゼントなんだし別にお金に出し惜しみなんてしたくないし…!って恥ずかしいこと言わせないでよ!もぅ…/////」

ココア「うん、嬉しい…ありがとう…」グスッ…

シャロ「ちょ、何泣いてんのよ……!あ、ほら!料理くるから!」

ココア「うん…うん………えへへ…」ゴシゴシッ…
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:43:37.65 ID:fOm9mN3ho
シャロ「美味しかった…」

ココア「ここ選んで良かったよーでもシャロちゃん、本当にいいの?別にいいのに」

シャロ「いいや!割り勘よ!必ず来週までには返すから!」

ココア「わかったよ…じゃあ………えっと…」

シャロ「帰りましょ」

ココア「………………うん…」



シャロ「ふぁあ…遊び疲れたわ…」

ココア「そうだね………」

シャロ「ん?どうしたの?」

ココア「………え…?」

シャロ「なんか元気ないみたいだけど」

ココア「そ、そんなことないよ」

シャロ「いや、どうみても元気ないじゃない」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2019/12/17(火) 03:49:00.96 ID:fOm9mN3ho
ココア「あのね、その…!…」
 
ココア(勇気を出して……告白しないと…!)

ココア「シャロちゃんわたし 

〜〜〜♪

シャロ「あっ、ちょっと待って!」

ココア「えっ、う、うん……」

シャロ「って!!り、リゼ先輩からっ!?!?」

ココア「…………………………………………………………」


シャロ「えっ、はい、はい………えっ!?!?はい!ほ、本当ですか!?」

ココア「……………」ギリッ

シャロ「わかりました!はい!はい!では後ほど!」

ココア「………………」サッ…

シャロ「ごめん!ココア私これから………ってあれ?」

シーン………

シャロ「ココア………?」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2019/12/17(火) 07:26:53.48 ID:CZzou8m90
チノ「今日から私がお姉ちゃんです!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1576432052/


ココアが暴力振るうようになったら展開がまたおなじになっちゃうよwwwwww?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 12:54:06.19 ID:fOm9mN3ho
ココア「………」トボトボ

チヤ「あら、ココアちゃん」

ココア「………」

チヤ「ココアちゃーん?あれ?」

ココア「…………」

チヤ「行っちゃった………」



シャロ「り、リゼ先輩!」

リゼ「お、きたか」

シャロ「はい!それでは行きましょう!」

リゼ「ああ」

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:00:59.88 ID:fOm9mN3ho
ココア「………やっぱ気になる………」

ココア「リゼちゃんのことはなんとも思ってないって言ってたけど…でも………」



リゼ「お、それいいな」

シャロ「ですよね、きっとこれなら喜ぶと思いますよみんな」

リゼ「いやー今日は助かったよ、ありがとう」

シャロ「いえいえ、先輩のためとあらば!」

ココア「あ…いた……」コソ…

リゼ「ふぅ、ちょっと休憩しよっか」

シャロ「はい」



リゼ「ゴクッゴクッ…あー…寒いときはやっぱ温かいコーヒーに限るな」

シャロ「……………」

シャロ(そいえば…私、リゼ先輩のこと、好き……なんだっけ…)

シャロ「………」

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:13:09.03 ID:fOm9mN3ho
リゼ「ん?どうした?ジロジロ見て」

シャロ「え!?な、なんでもないです」

リゼ「あっ、もしかしてこれ飲みたかったのか?」

シャロ「え、い、いやそういうわけじゃ」アセアセ…

リゼ「はは、遠慮することはないぞ、はい」

シャロ「え、いや…その……じゃ、じゃあ……ゴクッゴクッ……」

シャロ(うぅぅ……間接キス……//////)

リゼ「じゃあ私はシャロの飲んでたやつ少しもらうな ゴクッゴクッ」

シャロ(ッー////////)



ココア「…」




18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:18:03.70 ID:fOm9mN3ho
シャロ「あ、あの…先輩!!私………私……」

リゼ「ん?」

シャロ「私…その………リゼ先輩のこと…………」

リゼ「あ、ああ……」

シャロ「その………えっと……」

シャロ(あれ……なんでだろ…ココアのことを急に思い出しちゃった…)

シャロ(ココア……)

シャロ「あの、いえ…なんでもないです、それよりもちょっと私急用思い出しちゃったんで…これにて失礼します!」

リゼ「え?え?」

シャロ「ではー!」

リゼ「ちょ!?シャロ!?」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:24:20.82 ID:fOm9mN3ho
シャロ「はぁ…はぁ………ココア……」ダッ…



ココア「……」

チノ「あ、お帰りなさい!ココアさ…ん…?」

ココア「……」

チノ「っ!?…………どうしたんですか!?ココアさん!」

ココア「ごめん…いま話す気分じゃないの……」

チノ「え、え、でも……」

ココア「ほうっておいて!」ダッ…

ガチャ…バタンっ!


うぅ…ひぐっ…ぐすっ……

チノ「…ココアさん……」

チノ「…………許せない…」ギリッ…

チノ「ココアさん………私が………ココアさんを守りますから…」

20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:27:52.15 ID:fOm9mN3ho
シャロ「ココア…どこだろ、もう帰ったのかな」

チヤ「あら、シャロちゃん」

シャロ「ねえ、ココア見なかった?」

チヤ「見たわよ」

シャロ「え、、うそ!?どこで?」

チヤ「ここで」

シャロ「ここ?!それでどこいったかわかる?」

チヤ「わからないわ、電話してみたら?」

シャロ「そ、そうだ電話…って別にそこまでのことじゃないからいいんだけど…」

チヤ「あら、じゃあ一緒にクリスマスプレゼント買いに行かない?」

シャロ「っあんたもーー!?私はもう行ったわよ!二回も!」

チヤ「えっ?」キョトン…

21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:40:39.78 ID:fOm9mN3ho
シャロ「ま、いいわ…今日は疲れたし家で休もう…」

チヤ「あ、でもそういえばココアちゃんなんだかいつもと違って変だったような………ってあら?」

チヤ「シャロちゃん家に帰っちゃった」



ココア「うぅ……ぐすっやっぱりシャロちゃんはリゼちゃんのことが好きなんだ………私なんて入る余地無かったんだ…」ポロポロ…

ココア「………………あ、そうだ……いい事思いついちゃった…この手があったんだ」


ココア「………リゼちゃんがいなくなればいいんだ」

ココア「そうだよ…リゼちゃんさえいなくなればシャロちゃんは私のものになる!」

ココア「でもどうやって……リゼちゃん強いし…あ、そうだ、もっといいこと思いついちゃった…!あはははは!リゼちゃん…まっててね…」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:43:33.54 ID:fOm9mN3ho
メイド「あの、お客様です」

リゼ「ん?誰だ?」

メイド「ココアという者です」

リゼ「ココアか、開けてくれ」

ココア「リゼちゃん、こんにちは」

リゼ「ああ、いきなりきてどうしたんだ?」

ココア「えへへ、ちょっとね」

リゼ「ん?まあいいや、上がってくれ」

ココア「うん!」



リゼ「それでどうしたんだ?急に」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:46:12.28 ID:fOm9mN3ho
ココア「えへへ、実はねチノちゃんと喧嘩しちゃって」

リゼ「それで?」

ココア「家追い出されちゃって」

リゼ「そういうことか、それでうちにきたのか」

ココア「うん…ごめんね…?迷惑だった?」

リゼ「そんなことない!うちで一人だとつまらないからな!」

ココア「そう?ならよかった」

リゼ「ちょっと待っててくれ、飲み物持ってくる」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2019/12/17(火) 13:50:29.51 ID:fOm9mN3ho
ココア「………」

リゼ「お待たせ……ってどうかしたか?」

ココア「ううん、なんでもない」

リゼ「そうか…ゴクッゴクッ……」

ココア「………」ビリッ……

パッパッ…

リゼ「ぷはー……あー…温まる…」

ココア「ねえ…リゼちゃん、それ、一口頂戴?」

リゼ「え?いや、自分の飲めばいいだろ、同じものだし」

ココア「そっちのみたいの!」

リゼ「変なやつだな、まあいいけど」

ココア「ありがと、あ、そのかわり私の飲んでいいよ」

リゼ「ああ……ゴクッゴクッ……って味同じだから違いなんてないけど……な…………あ、あれ…」クラクラ…
16.21 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)