このスレッドは950レスを超えています。そろそろ次スレを建てないと書き込みができなくなりますよ。

【バンドリ】スタッフ「コミュニケーション不足?」その7

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 21:27:40.82 ID:xxS+0eMf0
【バンドリ】 スタッフ「コミュニケーション不足?」その6
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578614580/



安価ss
その6の続き

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1579696060
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 21:35:06.08 ID:xxS+0eMf0
たえ「こんなわたしをくすぐって……くれるかなあ?」

スタッフ「え、えーと・・・わざと悪い事をしなければ」

たえ「本心だよ?」

スタッフ「え?でも…」


たえ「これからもこうしてたいってほんとに思ってる」

たえ「だから…辞めさせたかったら」

たえ「くすぐりしか方法はないよ?」

スタッフ「…」

スタッフ(たしかに昔はそうしていましたが…)

スタッフ(でも…だからと言って…でもこれからもって訳には…)

たえ「毎日こう寝るか今日くすぐりの刑にするか」

たえ「どっちかだよ」

スタッフ「↓3」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 21:37:42.99 ID:2StQefYe0
加速
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 21:44:32.67 ID:8O9ME3CCO
加速
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 21:54:04.49 ID:BTY2obgcO
・・・くすぐります
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 22:24:23.09 ID:xxS+0eMf0
スタッフ「・・・くすぐります」

たえ「うん、スタッフさんならそう言うと思ったよ」

スタッフ「…」

スタッフ(どうしてこうなった…)

たえ「一旦抱きつき終了だね

たえ「…目瞑ってたら見えないよ?」

スタッフ「これで良いんです」

スタッフ「始めます」

たえ「くふふふふふ…ひっ!いひひひひひ!」

スタッフ(ここら辺くすぐってみよう)

たえ「ひゃ!あふっ…ふふふふふ…んあっ!?」

たえ「あっ!んんっ…んふふふふゅ…」

スタッフ「花園さんが悪いんですからね」

スタッフ「もっと激しめにくすぐりますから」

スタッフ(↓2)

たえ「↓4」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 22:28:26.98 ID:Lk06yEH30
加速
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 22:29:17.19 ID:2StQefYe0
後悔するぐらいやってあげよう
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 22:40:07.64 ID:9m1ylMUwO
加速
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 22:50:45.00 ID:9m1ylMUwO
くふふ……んんっ!ふっ…んっ……ま、まだまだぁ……
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 23:14:50.40 ID:xxS+0eMf0
スタッフ(後悔するぐらいやってあげよう)

たえ「くふふ……んんっ!ふっ…んっ……ま、まだまだぁ……」

スタッフ「…」

たえ「あふっ…くぅ…くひひ…んっ!」

スタッフ「…」

たえ「んんっ!…ふっ!…ふぁん!?」

たえ「そ、そこは…んひっ!?」

スタッフ「ここが良いんですね」

たえ「ひっ!あっ!あっ!あんっ!」

スタッフ(女の人はみんなここが弱いのかな?)

たえ「んっ…んふふ…ふひゃ!やんっ!んんっ!」

スタッフ「濡れてますね…」

たえ「んっ!んあ…あひひひひ!」

スタッフ(別のところをくすぐりながら…この濡れてるところをくすぐる)

たえ「↓2」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:15:38.08 ID:2StQefYe0
加速
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:24:25.95 ID:8O9ME3CCO
く、くひっ……!す、すごっ……お、堕ちちゃうぅぅ……!!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 23:37:07.94 ID:xxS+0eMf0
たえ「く、くひっ……!す、すごっ……お、堕ちちゃうぅぅ……!!」

スタッフ「こんなにびちょびちょに…おしおき中なのにまた悪い事を…」

たえ「んんっ!あっ!あっ!あっ!あひっ!?」

たえ「だ、だめ…ひあぁ…」

たえ(昔より…ずっと上手くなって)

スタッフ「僕のパジャマまでこんなに…」

たえ「んひゅ…ふわっ!?」

たえ「あっ!うひひ!ひゃん!んんっ!んあっ!」

たえ「しょこ…だ、だめ…あんっ!」

スタッフ「↓2」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:38:52.26 ID:Lk06yEH30
後悔させてあげます
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:43:30.21 ID:2StQefYe0
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/22(水) 23:58:06.27 ID:xxS+0eMf0
スタッフ「後悔させてあげます」

たえ「あっ…ふふっ…」

たえ「うん…スタッフさん」

スタッフ「…どうしました?」

たえ「本気でやって…私を堕として」

スタッフ「…」

たえ「そうしないと…またわがままになっちゃうよ」

スタッフ「分かりました」

たえ「あっ!んんっ!んんん!?ああっ!」

スタッフ「大きな声出すと市ヶ谷さんに聞こえますよ?」

たえ「うん…んん…んあっ!」

たえ「声…我慢できな…あああっ!?」

たえ「あっ!あっ!あっあっあっ…っ!」

たえ「あくっ!…っ!んっ!?」

スタッフ「…」

たえ「んん…んんんっ!んあっ!」

たえ「あ…あっ!あっいっ…いっ!」

たえ「イクっ…イっ!クぅっ!〜〜〜っ!?」ビクンビクン

スタッフ「↓2」

たえ「↓4」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/22(水) 23:59:45.13 ID:Lk06yEH30
加速
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 00:00:52.87 ID:Rzio7xxRO
これでトドメです!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 00:01:37.15 ID:i7j46svW0
加速
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 00:03:58.75 ID:vEjwPL4xO
・・・イッたばかりなのにっ!
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 00:15:16.28 ID:HmtQ7x3l0
スタッフ「これでトドメです!」

たえ「・・・イッたばかりなのにっ!」

たえ「あっ!ああっ!」

たえ「ああっ!イっ!?」

たえ「イっ!イッちゃう!」

たえ「いああっ!?ああっ!」

たえ「あああっ!あっんっ!?あっあっあっ…」

たえ「ああっ!んっ!ああああっ!!??」ビクンビクン

スタッフ「…どうですか?」

たえ「↓2」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 00:18:41.89 ID:Rzio7xxRO
加速
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 00:31:20.36 ID:i7j46svW0
さ、最高……!またやってね。
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 01:14:49.50 ID:HmtQ7x3l0
たえ「さ、最高……!またやってね。」

スタッフ「…花園さん」

スタッフ「もうわがまま言わないですよね?」

たえ「うん…もうスタッフさんに調教されちゃった」

スタッフ「…まあとりあえず布団変えましょうか」

スタッフ(市ヶ谷さんに聞こえてなければ良いのですが…)



↓2まで なにかおきる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 01:17:16.00 ID:1FUx6Jf80
市ヶ谷さんに聞こえてた
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 01:35:38.17 ID:M+sjiU0l0
朝になってから問い詰められる
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 01:53:56.17 ID:HmtQ7x3l0
有咲「おたえ…あいつ…」

有咲「いつの間に来たかわかんねーけど…」

有咲「ずるい…私期待してたのに…」






スタッフ「さて朝ごはん作っておきましょうか」

有咲「…」抱きつき

スタッフ「今日は…ん?」

スタッフ「市ヶ谷さん?おはようございます」

有咲「おはよ…」

スタッフ「どうしました?」

有咲「↓2」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 02:06:09.15 ID:M+sjiU0l0
加速
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 06:46:12.21 ID:i7j46svW0
昨日何があった?
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 07:25:42.19 ID:HmtQ7x3l0
有咲「昨日何があった?」

スタッフ「…え?」

有咲「…」

スタッフ(起きてた…のか)

有咲「答えてよ…」

スタッフ「…花園さんが来ました」

有咲「その後」

スタッフ「一緒に寝てました」

有咲「それだけ?」

スタッフ「↓1」

有咲「↓3」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 07:41:27.33 ID:OH6jpzEeO
色々あってくすぐりました・・・
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 07:46:07.06 ID:DNNVFzWPO
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 08:08:23.80 ID:uFaydMT1o
私にも同じことしろ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 16:14:00.84 ID:HmtQ7x3l0
スタッフ「色々あってくすぐりました・・・」

有咲「私にも同じことしろ」

スタッフ「ええ!?」

有咲「じゃなきゃ許さない」

スタッフ「ど、どうしてそんなに…」

有咲「いいから!」

スタッフ「で、でも…」

有咲「私よりおたえを優先した」

スタッフ「いやそれは…」

有咲「私を…くすぐって」

有咲「昨日の夜…期待してた」

有咲「なのにしてくれなかった」

スタッフ「…」

有咲「おたえがくすぐられてる声がこっちまで聞こえて」

有咲「↓2」

スタッフ「↓4」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 16:18:26.47 ID:MDJrqPU30
私は興奮しちまった…
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 16:28:30.98 ID:DNNVFzWPO
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 16:46:39.38 ID:tqwKXqtZO
加速
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 17:11:06.78 ID:QJtKFZcP0
えっと……花園さんが後ろに居ますが……
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 17:35:13.52 ID:HmtQ7x3l0
有咲「私は興奮しちまった…」

スタッフ「えっと……花園さんが後ろに居ますが……」

たえ「…」

有咲「かんけーねー」

有咲「私をくすぐって」

たえ「有咲は何回もくすぐられてるから…我慢したら?」

有咲「…いやだ」

たえ「このままじゃただの淫乱で変態だよ?」

有咲「全裸で突っ立てるやつに言われたくねぇ」

スタッフ「…服は着てください」目を瞑る




↓2 なにかおきる
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 17:48:57.51 ID:tqwKXqtZO
加速
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 17:57:27.12 ID:y0DaBHYDO
おたえがウィスキーボンボンをスタッフに食べさせ、酔ったスタッフが二人をくすぐる
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 18:40:29.95 ID:HmtQ7x3l0
スタッフ「とにかく今日は…」

有咲「やだ」

たえ「うーん…あ!」

たえ「スタッフさん」

スタッフ「なんでしょう?」

たえ「口開けて?」

スタッフ「え?」

たえ「いいから」

有咲「なんだそれ?」

たえ「チョコ」

有咲「なんだチョコか…ん?チョコ?」

スタッフ「今は別に」

たえ「はい食べて」

スタッフ「んぐ」

有咲「お、おいおたえ…チョコの名前は…」

たえ「ウイスキーボンボン」

有咲「なんて事してんだよ!」

有咲「この後仕事だぞ!」

たえ「↓2」

スタッフ「↓4」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 18:55:18.71 ID:y0DaBHYDO
加速
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 18:56:14.85 ID:r3/LeARYO
有咲がワガママ言うからでしょ
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 18:59:39.26 ID:y0DaBHYDO
加速
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 19:05:25.94 ID:i7j46svW0
そうですよ。ワガママな市ヶ谷さんにイタズラする花園さん。まとめてお仕置きです。
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 20:42:25.21 ID:i7j46svW0
一応酔ってる前提のセリフのつもりです
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 21:36:00.10 ID:HmtQ7x3l0
たえ「有咲がワガママ言うからでしょ」

スタッフ「そうですよ。ワガママな市ヶ谷さんにイタズラする花園さん。まとめてお仕置きです。」

有咲「また酔っちゃったよ!」

たえ「私も?やった!」

有咲「い…いやだ」

たえ「なんで?」

有咲「酔ってない時の優しいスタッフさんのくすぐりが好きだからだよ」

たえ「ふーん」

有咲「ちょ!?おい!なにすんだ!」

たえ「昨日布団びちゃびちゃにしちゃったからね」

たえ「お風呂でくすぐられようね」

有咲「ちょまま!」

スタッフ「分かりまし…お風呂ですね…」

有咲「↓2」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 21:36:29.48 ID:kzzCZc9g0
加速
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:00:35.40 ID:8pH3cXatO
や、優しくお願いします・・・
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 22:10:25.63 ID:HmtQ7x3l0
有咲「や、優しくお願いします・・・」

スタッフ「分かりました」

たえ「じゃあ脱ごう」

有咲「お、おう…」

たえ「スタッフさんは脱がないの?」

スタッフ「このままでもくすぐれますよ」

スタッフ「こんな風に」

たえ「ひゃ!いひひひひ!あっ…そこ…」

スタッフ「いたずらするような悪い子には…」

たえ「ああっ!つまんじゃ…あはははは!はんっ!」

有咲「人の事言えねーぐらい乱れてんぞ」

たえ「あり…あっ…ふふふ…」

スタッフ「市ヶ谷さんも後でくすぐりますから」

たえ「↓2」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:12:34.50 ID:kzzCZc9g0
加速
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:19:32.08 ID:i7j46svW0
も、もっと、もっとぉ!
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 22:26:27.57 ID:HmtQ7x3l0
たえ「も、もっと、もっとぉ!」

スタッフ「なんだか嬉しそうですね…僕のズボン
こんなに濡らして」

たえ「ああっ!ひひひ!ひゃん!?んんっ!!」

スタッフ「声我慢しちゃ駄目」

たえ「ふひゃひゃひゃ!あふっ!あっ!」

有咲「…すっご」

たえ「ああっ!も…もうっ!イク!」

スタッフ「駄目」くすぐりをやめる

たえ「な、なんでぇ…」

スタッフ「↓2」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:27:45.17 ID:i7j46svW0
加速
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 22:33:19.84 ID:hQPQ4SIMO
これはオシオキですよ?
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 23:09:29.47 ID:HmtQ7x3l0
スタッフ「これはオシオキですよ?」

スタッフ「喜んじゃってますから」

たえ「そんな…」

スタッフ「とりあえずちょっと服脱いできます」

たえ「…もうちょっとだったのに」

有咲「酔ったスタッフさんはドSだからな」

たえ「スタッフさん…んっ…」

有咲「ちょ…」

スタッフ「これでよし」腰にタオルを巻いて

スタッフ「次は市ヶ谷さんの番です」

有咲「や…優しくお願い…」

たえ「↓2」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:09:58.94 ID:kzzCZc9g0
激しくしていいよ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:10:45.45 ID:Nw1oJzd6O
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 23:25:59.25 ID:HmtQ7x3l0
たえ「激しくしていいよ」

有咲「なんて事言うんだ!」

スタッフ「そうですね、これはワガママ言ったおしおきですからね」

有咲「ちょ!おたえ!ドSスイッチ入っちまったじゃねーか!」

たえ「撮影しといてあげるね」

有咲「はあ!?」

たえ「後でスタッフさんに慰めてもらうから…今は有咲のえっちな姿を見せて」

スタッフ「始めましょうかくすぐりの刑です」

有咲「ひうっ!うひひ!ひっく…くぅ…」

有咲「あっ!あっ!あひっ!ひひひひひ!」

スタッフ「市ヶ谷さんはここと…ここも弱かったですよね」

有咲「んあっ!?ああっ!あひゅ…」

たえ「良いよ…有咲可愛いよ…」

有咲「ひゃあ!?しょ…そこ…駄目!」

有咲「だめって…ああっ!ああっ!」

スタッフ「↓2」

有咲「↓4」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:27:15.07 ID:kzzCZc9g0
加速
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:29:11.85 ID:i7j46svW0
……じゃあ止めます
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:31:55.27 ID:Nw1oJzd6O
加速
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:40:06.02 ID:YgxYNnr/O
イッ・・・え?な、なんでぇ・・・
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/23(木) 23:58:23.28 ID:HmtQ7x3l0
スタッフ「……じゃあ止めます」

有咲「イッ・・・え?な、なんでぇ・・・」

スタッフ「やめて欲しかったんでしょ?」

有咲「うう…いじわる…」

スタッフ「続きをやってほしかったら…」

スタッフ「ちゃんと謝らないと」

有咲「は…ん…ん…そ、そんな撫でるだけなんて…」

スタッフ「ふぅ」

有咲「ひうぅ…」

スタッフ「続ける?それとも終わりにする?」

たえ「身体中…指先だけで撫でられて耳に息を吹きかける…焦らしてるね」

有咲「す…スタッフさん…お願い…イカせて…」

有咲「もう…んっ…わがまま言いませんから…」

スタッフ「…」

有咲「あんっ!!んんんっ!んっ!」

スタッフ「もっと声出して」

有咲「はひっ!ひゃい!あっ!あっ!」

スタッフ「髪下ろしてる市ヶ谷さんも綺麗ですね」

有咲「ああっ!う…うれしっ!いいっ!」

有咲「あっ!あっ…あああっ!あっ〜〜〜〜っ!!?」ビクン

有咲「〜〜〜〜ッッ!!」ビクビク

有咲「あ…ふ…」

スタッフ「おっとと」

たえ「ほら有咲、ちゃんとカメラに向かって」

有咲「↓2」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/23(木) 23:58:47.28 ID:i7j46svW0
加速
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 00:05:09.75 ID:KXuKxlRsO
ふぁ、ふぁい……ありしゃは……えっちな変態ですぅ……わがまま言ってごめんなしゃい……
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 00:15:32.60 ID:mesM4wxQ0
有咲「ふぁ、ふぁい……ありしゃは……えっちな変態ですぅ……わがまま言ってごめんなしゃい……」

たえ「あの素直じゃない有咲がこんな事言うなんて…やっぱりすごいや…」

スタッフ「反省したみたいですね」

スタッフ「では…」

たえ「スタッフさぁん…んっ…なぐさめてぇ…」

スタッフ「…」

たえ「もういたずらしないからぁ…」

スタッフ「分かりました」

たえ「ひやぁっ…きたぁ…」

たえ「あっふっ!ふくく…ああんっ!」

たえ「も…もうイッちゃう…くあっ!?」

たえ「あっ!イクっ!イッ…ク…」

たえ「イクッ!〜〜〜〜〜〜っ!!」ビクン

スタッフ「↓1」

たえ「↓3」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 00:23:34.95 ID:Xnb1JYLU0
カメラはあっちですよ
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 00:28:50.80 ID:KXuKxlRsO
加速
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 00:36:56.77 ID:QQQbBlo3O
私はスタッフさんに調教されました・・・悪い子でごめんなさい・・・
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 00:48:41.96 ID:mesM4wxQ0
スタッフ「カメラはあっちですよ」

たえ「私はスタッフさんに調教されました・・・悪い子でごめんなさい・・・」

スタッフ「よし…2人とも反省しましたね」

スタッフ「…着替えて仕事」

スタッフ「なんかフラフラするけど…」

たえ「…この映像をまりなさんに送っておこっか」

有咲「」

たえ「…疲れて寝ちゃった」





まりな「スタッフくん?まだ来てないよ」

日菜「えーあのスタッフさんが遅刻?」

まりな「妙ね…遅刻なんてした事ないのに」

まりな「あ、たえちゃんから…って」

花音「どうしたんですか?」

チュチュ「花園?」

まりな「スタッフくんはお昼頃まで来ないかも」

日菜「えー!?」

まりな「この2つの映像を見て見て」

花音「↓1」

チュチュ「↓3」

日菜「↓5」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 01:04:01.87 ID:eQZzmoN7O
……アハハ、躾が必要なのが多いなぁ
一番最初に躾なきゃいけないのは有咲ちゃんかな?
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 01:09:58.25 ID:Xnb1JYLU0
加速
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 04:14:30.11 ID:pH8oE+la0
体、大丈夫なのかしら
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 06:36:38.29 ID:iPDwllD3O
加速
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 07:11:10.62 ID:KXuKxlRsO
あはは、すごーい♪
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 07:47:37.80 ID:mesM4wxQ0
花音「……アハハ、躾が必要なのが多いなぁ」

花音「一番最初に躾なきゃいけないのは有咲ちゃんかな?」

チュチュ「体、大丈夫なのかしら」

日菜「あはは、すごーい♪」

まりな「まあ酔ってたっぽいね」

チュチュ「だから最後フラフラしてたのね」

日菜「それに…普段のスタッフさんはここまでノリノリでやってくれないよ」

花音「ほんと…有咲ちゃんは…」

日菜「ま、まあ落ち着こ?」

まりな「まあ今日は打ち上げに間に合ってくれたらいいよ」

まりな「この2人はちょっとお説教だけど」

チュチュ「でも2つめの映像…完全に屈服宣言ね」

日菜「いいよねぇ…るんってくるよ♪」

花音「途中からカメラ切り替わってる感じだから…盗撮自体は最初からですね」

まりな「ま、おたえちゃんでしょうね仕掛けたの」

まりな「↓2」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 07:48:59.05 ID:oIAxPVF+O
加速
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 08:14:10.43 ID:FWDvLCXBO
いい感じかしら?
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 09:30:04.17 ID:mesM4wxQ0
まりな「いい感じかしら?」

日菜「有咲ちゃんはスタッフさんに対しては素直だよね」

チュチュ「それだけのくすぐり調教を…」

花音「それだけじゃなくて」

花音「周りに色んな人が居るから…攻めてるの」

まりな「ハーレムとは言え1番になりたいのね」

花音「私のスタッフさんなんだけどね」

チュチュ「やっぱりスタッフは色々凄いわね…」





たえ「…」

有咲「…」

たえ「ねえ有咲」

有咲「どうすんだこれ」

たえ「もう12時だね」

有咲「スタッフさんに無断欠勤させちまったじゃねーか!」

たえ「まりなさんには私から言っといたよ」

有咲「そう言う問題じゃ…」

たえ「あんなに乱れてたのに?」

有咲「ちょ!?今その話は関係ないだろ!」

たえ「スタッフさんまだ寝てるね」

有咲「おまえな…」

たえ「↓2」

有咲「↓4」
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 09:34:47.28 ID:IlH+MYqwO
加速
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 10:03:05.88 ID:383R0QZWO
あ、さっきの有咲の映像を香澄にも送っておこ
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 10:11:49.35 ID:+ddXTFcc0
加速
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 10:14:23.71 ID:juVm0GuN0
ちょまま!
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 12:32:03.36 ID:mesM4wxQ0
たえ「あ、さっきの有咲の映像を香澄にも送っておこ」

有咲「ちょまま!」

有咲「ちょっと待てちょっと!」

たえ「今さら隠す必要ないと思うよ?」

たえ「どうせまりなさんには送ってるし」

有咲「いやでもな」

たえ「送信」

有咲「うわぁ!」

たえ「素直な有咲可愛かったって送っておいたよ」

有咲「もうやめてくれ!」

たえ「返信来たよ」

有咲「はや!?」

香澄『ずるい!有咲ばっかりずるいよ!』

たえ「だって」

有咲「しるか!」

たえ「↓1」

有咲「↓3」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 12:47:40.88 ID:383R0QZWO
『香澄が有咲を満足させてあげれば?』っと送信
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 12:57:04.59 ID:OqlJQsH5O
加速
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 13:37:06.65 ID:Xnb1JYLU0
や、やめろよ……
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 14:04:23.63 ID:mesM4wxQ0








たえ『香澄が有咲を満足させてあげれば?』

たえ「っと送信」

有咲「や、やめろよ……」

有咲「この身体を好きにしていいのはスタッフさんだけだから!」

たえ「返信来た」

香澄『私、有咲の事好きだけどそういう好きじゃないよ?』

たえ「だってさ」

たえ「でも香澄はくすぐりするの好きじゃなかった?」

有咲「催眠でくすぐり願望は無くなってたはず」

たえ「あ、そっか」

有咲「んで?ちょっと気になってたんだけどさ」

たえ「なに?」

有咲「なんでお前スタッフさんが昨日着てた服着てんの?」

たえ「なんでって…服は着てって言われたから」

有咲「いやいやだからってスタッフさんの着る必要ねーだろ」

有咲「自分の着てた服で良かっただろ」

たえ「こっちの方がいい匂いで落ち着くんだよ」

有咲「あのなぁ…」

たえ「もー仕方ない…はいこれ」

有咲「なんだよこれ?」

たえ「スタッフの昨日履いてたトランクス」

有咲「↓3」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:08:10.38 ID:Xnb1JYLU0
kasoku
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:16:38.86 ID:pH8oE+la0
なんつーもん盗って来てんだ
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:18:44.42 ID:6iynnRouO
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 14:36:20.62 ID:mesM4wxQ0
有咲「なんつーもん盗って来てんだ」

有咲「返してこい」

たえ「いらないの?」

有咲「流石に盗っちゃ駄目だろ」

たえ「そっかー」カバンに入れる

有咲「おい!」

たえ「欲しいと思わない?」

有咲「おいやめろ!これ以上はやめるんだ!」

たえ「そっか有咲は…」

有咲「なんだよ」

たえ「脱ぎたてが欲しいって事だね」

有咲「なんでそうなる!?」

たえ「はっ!?まさか…!」

有咲「またロクでもない事言おうとしてるな?」

たえ「ズボンとトランクスの先が気になるんだね!」

有咲「このアホ!なんつー事言ってんだ!」

たえ「…私は止めないよ」

有咲「やらねーよ!」

たえ「↓2」

有咲「↓4」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:39:25.75 ID:6iynnRouO
加速
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:42:19.21 ID:Xnb1JYLU0
昔の頃のなら見たことあるんだけどなー
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 14:59:29.44 ID:pH8oE+la0
加速
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 15:00:11.61 ID:i6Jg6ct6O
ど、どうだった?
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 15:13:39.06 ID:mesM4wxQ0
たえ「昔の頃のなら見たことあるんだけどなー」

有咲「ど、どうだった?」

たえ「…」

有咲「?」

たえ「やっぱり気になってるんだね」

有咲「ば、バカ!そそ…そんなんじゃねーし!」

たえ「気持ちは分かるよ」

有咲「いやまあなんというかあれだ」

有咲「…」

たえ「…気になるんだね」

有咲「はい…」

たえ「…実は」

有咲「じ、実は…?」

たえ「大きかった」

有咲「お、大きかった…」

たえ「平均とかは良く分からないけど…大きかった」

有咲「おお…大きい…なるほど…」

たえ「今想像してるね?」

有咲「べべべ別にそんな事ねーし!」

たえ「チラチラ視線は…」

有咲「み、見てねぇ!」




↓2まで なにかおきる
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 15:21:38.24 ID:i6Jg6ct6O
有咲の映像を見ているウチに香澄の催眠が解けて有咲をくすぐりたがる
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 15:37:26.79 ID:Xnb1JYLU0
スタッフが起きて、3人でサークルへ行く
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 16:07:49.40 ID:mesM4wxQ0
たえ「どうする?脱がす?」

有咲「やめろ!これ以上罪を重ねようとするな!」

たえ「あの流れなら乗ってくると思ったのに」

有咲「もうそろそろ着替えろよ」

たえ「起きるまで大丈夫だよ」

有咲「起きたらなに言われると思ってんだ!」

スタッフ「ううん…おや?」

有咲「はよ着替えはよ!」

たえ「あいあいさー」

スタッフ「おはようございます…」

有咲「お、おはよう…そしてごめん」

スタッフ「???」

たえ(今のうちに…有咲のカバンの中にスタッフさんのトランクスを…)






香澄「…」

香澄「良いなぁ…」

有咲『ふぁ、ふぁい……ありしゃは……えっちな変態ですぅ……わがまま言ってごめんなしゃい……』

香澄「…有咲」

香澄「ふふっ…これ見てたら…」

香澄「私もくすぐってみたいなぁ…」





有咲「!!」ぞわぞわ

たえ「どうしたの?」

有咲「今…なんか寒気が」

スタッフ「え?何か体調が!?」

有咲「いや大丈夫」

スタッフ「そうですか…ではできるだけ急いでサークルへ」

たえ「ごめんなさい」

スタッフ「良いですよ、チョコ1つ食べただけで気絶する方が悪いので」

有咲「いや…」

スタッフ「さあ急ぎましょう」

スタッフ「ついた!」

まりな「はぁいこんにちわ」

日菜「待ってたよー!」

花音「スタッフさんはこちらに」

まりな「2人はこっちね」

たえ「はーい」

有咲「…はい」

スタッフ「こちらに何かあるんですか?」

花音「↓1」

日菜「↓3」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 16:18:32.97 ID:6iynnRouO
臭いを上書きしますね(抱き)
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 16:18:46.14 ID:pH8oE+la0
何だと思います?
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 16:26:12.28 ID:HmeMLjglO
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 17:06:08.23 ID:mesM4wxQ0
花音「臭いを上書きしますね」(抱き)

日菜「何だと思います?」

スタッフ「何って…ううむ?」

日菜「正解は〜」

日菜「特にないよ」

スタッフ「…?」

日菜「何にもないよー」

花音「こうやってお話しがしたかっただけですよ」

チュチュ「あっちの2人は何言われてるんだろ?」

日菜「さぁ〜?」

スタッフ「↓2」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 17:11:08.70 ID:Xnb1JYLU0
kasoku
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 17:27:17.41 ID:DdZeC9DHO
あまり言われないといいですが
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 17:57:55.47 ID:mesM4wxQ0
スタッフ「あまり言われないといいですが」

花音「…スタッフさん」

スタッフ「?」

花音「最近構ってもらえなくて寂しいです」

スタッフ「そ、そうでしたか?」

花音「はい…他の…特に有咲ちゃんとばかり…」

チュチュ「そろそろ慣れて来たけど…この黒いオーラなんとかなんないの?」

日菜「無理かな」

花音「寂しいです…」

スタッフ「す、すみません」

日菜「そうだねー」抱きつき

日菜「もっと構って欲しいなぁ」

スタッフ「ええ…あの…」

スタッフ(どうして抱きついてくるのか)

花音「↓2」

日菜「↓4」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 17:58:11.57 ID:6iynnRouO
加速
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 18:26:35.58 ID:Xnb1JYLU0
そういうわけで、今日は泊まりに行きますね
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 18:26:59.93 ID:fFjNcY2GO
加速
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 18:45:54.24 ID:dCNSY7rHO
るんるんる〜ん!
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 19:03:21.25 ID:mesM4wxQ0
花音「そういうわけで、今日は泊まりに行きますね」

日菜「るんるんる〜ん!」

スタッフ「ええ!?」

花音「良いですよね?」

スタッフ「で、でも…」

花音「他にも色んな子泊めてるのに?私は駄目なんですか?」

スタッフ「い、いえそう言うわけでは…」

花音「じゃあ良いですよね?ね?」

チュチュ「凄い圧ね」

日菜「駄目だよ花音ちゃん」

日菜「こういう場合はむしろ家に呼ばないと」

スタッフ「氷川さん?」

日菜「日菜って呼んで」

チュチュ「どうして呼ぶ事に?」

日菜「家に呼ぶ事で両親を味方に付けれるからだよ」

花音「なるほど…」

日菜「うちへはもう3回ぐらい呼べてるからね」

まりな「なんの話?」

チュチュ「2人は?」

まりな「ちょっとお説教しただけだから」

有咲「まあ…気をつける」

たえ「私はもうスタッフさんに逆らえないから」

チュチュ「もっと凄い事になってるものかと」

まりな「いやー強制的に拘束してスタッフくんにおしおきしてもらっても良かったんだけどね」

まりな「むしろご褒美になっちゃうからね」

チュチュ「なるほど」

花音「両親を味方に…」

花音「↓2」

スタッフ「↓4」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 19:06:05.77 ID:OzTBjJYL0
それならわたしがあなたを呼びます
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 19:14:29.76 ID:6iynnRouO
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 19:17:48.33 ID:Xnb1JYLU0
加速
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 19:52:03.49 ID:gUluKJlrO
はあ、わかりました
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 20:25:17.98 ID:mesM4wxQ0
花音「それならわたしがあなたを呼びます」

スタッフ「はあ、わかりました」

まりな「あっさりだ」

日菜「私たちの時はもっと渋るのに!」

スタッフ(諦めも肝心ですよね)

スタッフ「打ち上げ終わりましたら伺わせてもらいます」

有咲「そ、そうか」

チュチュ「またくすぐりね」

スタッフ「しません」

花音「…」

たえ「どうせ全員デートとくすぐりするんだから」

たえ「今日くすぐった所で変わらないよ」

スタッフ「いやそういうわけには」

まりな「まあアレ(撮影)さえしてくれればなんでもいいよ」

スタッフ「あれ?」

まりな「スタッフくんは気にしなくて大丈夫よ」

たえ「そう言えば今日はチュチュだけなんだね」

チュチュ「パレオは六花とショッピングよ」

有咲「今日どうしてここに?」

チュチュ「こころ様の命令で打ち上げの大方の準備をしに来てたのよ!」

チュチュ「ちなみにレイヤとマスキングも…ショッピングよ」

日菜「…ハブられた?」

チュチュ「違うわ!」

チュチュ「こころ様の命令を遂行するのが今の私よ!」

花音「あのこころちゃんがペットと言えど休日を作らないわけないよ」

花音「休もうと思えば休めたはず」

たえ「買い物に誘われてたら休んでたのかもね」

有咲「まさか誘われてねぇのか?」

チュチュ「↓3」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 20:26:10.57 ID:Xnb1JYLU0
加速
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 20:39:04.99 ID:6iynnRouO
加速
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 20:51:09.75 ID:pH8oE+la0
いやそんなまさか
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 23:08:53.91 ID:mesM4wxQ0
チュチュ「いやそんなまさか」

チュチュ「まさか…まさか…」

有咲「お、おい?」

チュチュ「………」

日菜「今度パパと私と一緒にショッピング行こうね…」

日菜「ね?あなた」

花音「は?」

スタッフ「え?良いですけど…」

チュチュ「ほんと!?」

たえ「えー私も行きたーい」

日菜「みんなで行こっか?」

チュチュ「↓2」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/24(金) 23:14:24.66 ID:NQ9oR/DP0
>1 謝謝

【 バンドリ】歴代アニメ主題歌(OP・EN 全10曲)まとめ
https://japan-anime-song.com/wp/2019/08/31/bang-dream-songs/


1期
OP1. Poppin’Party『 ときめきエクスペリエンス! 』
EN1. Poppin’Party『 キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜 』
EN2. Poppin’Party『 ティアドロップス 』
EN3. Roselia『 熱色スターマイン 』
2期
OP1. Poppin’Party『 キズナミュージック♪ 』
OP2. Roselia『 BRAVE JEWEL 』
EN1. Poppin’Party『 Safe and Sound 』
EN2. Poppin’Party『 Jumpin’ 』
3期
OP1. Poppin’Party『 イニシャル 』
EN1. Poppin’Party『 夢を撃ち抜く瞬間に! 』

re
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 23:19:41.98 ID:Xnb1JYLU0
行きましょう!
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/24(金) 23:26:09.66 ID:mesM4wxQ0
チュチュ「行きましょう!」

日菜「決まりだねー」

花音「うん」

たえ「チュチュとお買い物とか初めてだね」

チュチュ「そうだったわね」

まりな「うんうん」

スタッフ「さてでは僕もお手伝いしますか」

チュチュ「え?いいの?」

スタッフ「ええ」

チュチュ「ありがと!」

まりな「…」

花音「…まあお手伝いぐらいいいかな」

まりな「さて…くすぐりデートの順番は…決めてる?」

日菜「↓1」

花音「↓3」

有咲「↓5」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 23:29:11.17 ID:y9VBH59iO
私が一番かな
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/24(金) 23:33:44.31 ID:Xnb1JYLU0
加速
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 01:30:55.30 ID:aeZqNkyn0
何を言ってるの?私が一番だよ
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 04:34:28.22 ID:Yh6o5YKw0
どうぞどうぞ
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 05:36:09.13 ID:7eruTkfQO
どうすっかな
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 16:03:00.12 ID:S9ehMRCi0
日菜「私が一番かな」

花音「何を言ってるの?私が一番だよ」

有咲「どうすっかな」

まりな「つまり決まってないって事ね」

たえ「うん」

まりな「今のうちに決めとかないと旅館やら何やらで忙しくなるよ?」

日菜「んー」

花音「私が最初がいいです」

たえ「スタッフさんに決めてもらう?」

有咲「スタッフさんならそちらで決めてくださいって言いそう」

日菜「やっぱりくじ引きで決めるかなぁ」

花音「それしかないのかな?」

まりな「↓2」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 16:04:07.85 ID:0+Lhs3T70
加速
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 16:07:18.96 ID:oXR4X9t2O
そうだねー……くすぐられてない人優先にするべきよね
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 16:56:46.47 ID:S9ehMRCi0
まりな「そうだねー……くすぐられてない人優先にするべきよね」

有咲「ん?」

まりな「だからまだくすぐられてない人が先それ以降はくすぐられた回数が少ない順で」

有咲「…」

花音「なるほど」

日菜「一回くすぐられたんだよねー」

たえ「私2回だー」

有咲「…」

花音「有咲ちゃんは?」

有咲「…私最後か」

まりな「まあそうなるね」

花音「私のスタッフさんに1番愛されてる…」

有咲「あ、愛!?」

花音「↓2」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 17:04:41.54 ID:oXR4X9t2O
加速
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 17:11:04.54 ID:p+KAkp3s0
調子に乗らない様に
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 17:36:24.16 ID:S9ehMRCi0
花音「調子に乗らない様に」

花音「私のスタッフさんと言う事を忘れないで」

花音「1番愛されるのは私」

日菜「まあこういう人だよね」

有咲「別に愛されてなんか…」

たえ「…」

まりな「まあまあとにかく」

まりな「そんなこんなで順番決めてね」

有咲「…はぁ」

有咲(愛…愛されてる…よく分からないな…)

チュチュ「終わったわ!」

まりな「お疲れ様〜」

たえ「スタッフさんは?」

チュチュ「料理してるわ」

チュチュ「↓2」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 17:37:27.64 ID:0+Lhs3T70
加速
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 17:53:15.18 ID:N6dx2sFbO
今はあんみつ作ってたわ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 18:00:43.51 ID:S9ehMRCi0
チュチュ「今はあんみつ作ってたわ」

有咲「あんみつ!」

花音「なんであんみつ?」

たえ「…有咲の好物」

花音「…」

日菜「いいなー私も今度何か作ってもらおっかなー」

有咲「スタッフさん…嬉しいよ」

チュチュ「なんか張り切ってたわ」

花音「うぐぐ…今回は…いいわ」

たえ「練習の成果は出てたから」

有咲(↓2)
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 18:04:52.65 ID:p+KAkp3s0
加速
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 18:09:45.36 ID:0+Lhs3T70
そうか、デートが後になっても家に遊びに来てもらえばいいのか
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 19:24:25.65 ID:S9ehMRCi0
有咲(そうか、デートが後になっても家に遊びに来てもらえばいいのか)

有咲(ならいいか)

日菜「ライン送っとこ」

まりな「そろそろ来るんじゃない?」

たえ「あ、香澄」

有咲「香澄?」

香澄「あーりーさー!」

有咲「おわっ!?」

香澄「それー!こちょこちょ〜」

有咲「はぁ!?ちょ!あはははは!!?」

まりな「どど…どういう事!?」

日菜「催眠解けた?」

香澄「↓3」
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 19:35:36.35 ID:p+KAkp3s0
加速
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 19:41:04.63 ID:0kQkg/3RO
加速
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 19:59:06.38 ID:L3SKkbF4O
あはははは、たのし〜!……あれ、有咲のカバンから男の人のパンツがはみ出てるよ?
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 20:34:19.27 ID:S9ehMRCi0
香澄「あはははは、たのし〜!」

香澄「……あれ、有咲のカバンから男の人のパンツがはみ出てるよ?」

有咲「なんで!?」

日菜「…いかんでしょ」

有咲「ちょっと!」

香澄「悪い子だ」

花音「この匂い…スタッフさんのだ」

まりな「堂々と匂わない」

たえ「どろぼー」

有咲「おたえ!お前のせいだろ!」

たえ「知らないよ?」

有咲「ちょっと待てよ!」

チュチュ「これ…何に使う予定だったの?」

有咲「知らねーよ!」

香澄「ふーん」ピッ

有咲『ふぁ、ふぁい……ありしゃは……えっちな変態ですぅ……わがまま言ってごめんなしゃい……』

有咲「」

香澄「えっちな変態って…」

有咲「ま、待て!落ち着け!」

花音「これは変態だね」

日菜「盗んじゃうなんてねぇ…」

有咲「↓2」

たえ「↓4」
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 20:36:39.11 ID:PeiTGiZ50
私は無実だ!
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 20:37:39.34 ID:QH/dbDUY0
スタッフさんが入れたんだ!
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 20:47:39.91 ID:p+KAkp3s0
加速
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 20:48:25.26 ID:oXR4X9t2O
香澄、オシオキしてあげて
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 20:58:15.61 ID:S9ehMRCi0
有咲「スタッフさんが入れたんだ!」

たえ「香澄、オシオキしてあげて」

花音「スタッフさんが入れるわけないよ」

有咲「やめろ!この身体くすぐっていいのはスタッフさんだけ!」

香澄「えー」

有咲(十中八九これをカバンに入れたのはおたえ)

日菜「とりあえず渡しとくね」

有咲「ちょっ!?」

チュチュ「酷い絵面ね」

まりな「写真はやめておきましょう」

彩「おはようございます!彩です!」

まりな「今の時間だとこんにちわじゃないかな?」

彩「それもそうです…ってあれは!!?」

まりな「え?なに?」

彩「有咲ちゃんが男の人の…パンツを!」

日菜「有咲ちゃんが盗んで1人で匂い嗅ぎながらする予定だったんだって」

彩「!?」

有咲「変な捏造しないでください!」

スタッフ「だいたい出来ましたよ」

まりな「あ」

チュチュ「スタッフ!」

スタッフ「↓1」

彩「↓3」
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 20:59:38.84 ID:4Z7dg7ZDo
え。その下着……
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:00:16.46 ID:t5WgZ5DbO
他に何かありますか?
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:04:46.96 ID:p+KAkp3s0
か、香澄ちゃんが有咲ちゃんをくすぐるのに使うんだって!
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:05:09.81 ID:QH/dbDUY0
市ヶ谷さんちに忘れてきたわけですね?
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 21:14:11.84 ID:S9ehMRCi0
スタッフ「え。その下着……」

彩「か、香澄ちゃんが有咲ちゃんをくすぐるのに使うんだって!」

有咲「す、スタッフさん…」

スタッフ「汚いので触らない方が…」

チュチュ「え?そこ?」

日菜「彩ちゃんくすぐりにどう使うのさ」

彩「そのパンツを嗅がせて発情させて」

日菜「くすぐり必要かな?それ」

香澄「あ、スタッフさん!くすぐってください」

スタッフ「やりません」

香澄「むぅ…フェス終わったらくすぐってくれるって言ってたのに」

スタッフ「とりあえず下着は汚いので…」

有咲「↓1」

香澄「↓3」
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:20:25.76 ID:QH/dbDUY0
返します
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:23:21.02 ID:PeiTGiZ50
えー!スタッフさんに汚い所なんてないよ!
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:24:08.82 ID:t5WgZ5DbO
とりあえず有咲はあっちのくすぐり部屋ね
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 21:46:33.16 ID:S9ehMRCi0
有咲「返します」

香澄「とりあえず有咲はあっちのくすぐり部屋ね」

香澄「有咲行こ」

有咲「行かねーよ」

スタッフ「返してもらいました…けど」

スタッフ「どうしてこれを?」

有咲「し、知らない!カバンの中に入ってた」

スタッフ「え?まさか…僕が間違え…でも人のカバンの下着入れる理由…」

まりな「あ、そうだ」

チュチュ「なに?」

まりな「これはおしおきだね!」小声

スタッフ「いやそこまでじゃないですけど」小声

まりな「スタッフくん、一度起きた事よ」

まりな「またおきる可能性もあるの」

まりな「だから今のうちに調教しとかないと」

スタッフ「調教…?とにかくくすぐりはしませんよ」

まりな「酔わすよ?」

スタッフ「なんで脅してくるんですか!」

まりな「くすぐりじゃ無くてもいいから」

まりな「とにかく有咲ちゃんを辱めるのよ!」

スタッフ「やりません」

彩「なに話してるんだろ?」

花音「急にヒソヒソと」

有咲「はなせ…この身体を触っていいのはスタッフさんだけだ」

香澄「ワガママばっかりー」

まりな「良いじゃない」小声

スタッフ「しませんよ!」小声

まりな「↓1」

スタッフ「↓3」
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:51:37.08 ID:p+KAkp3s0
このままだと香澄ちゃん1人が有咲ちゃんを調教しちゃうけどいいの!?
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 21:55:52.14 ID:PeiTGiZ50
加速
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:03:35.92 ID:0+Lhs3T70
そもそもそちらを止めましょうよ
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 22:16:38.05 ID:S9ehMRCi0
まりな「このままだと香澄ちゃん1人が有咲ちゃんを調教しちゃうけどいいの!?」

スタッフ「そもそもそちらを止めましょうよ」

まりな「んー酔わせるか…」

スタッフ「なんでそこまで…とにかくやりません」

有咲「助けてスタッフさん!」抱きつき

スタッフ「え?」

香澄「あー!有咲!抱きついた!」

花音「…何やってるの?」

日菜「ずいぶん素直になってるね」

たえ「今日の朝もこんな感じだったよ」

チュチュ「やっぱり調教されてるわね」

日菜「それでまりなさん」

まりな「ええ、くすぐり願望消さないとね」

日菜「リサちーとこころんと千聖ちゃん呼んどくね」

花音「くすぐりならなんでも良いのかと」

まりな「私が見たいのはスタッフくんがくすぐってる所とそのスタッフくんにくすぐられてる女の子だから」

たえ「すごく限定的」

日菜「↓1」

花音「↓3」
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:20:08.79 ID:PeiTGiZ50
くすぐられている女の子を見るのが好き……もしかしてまりなさんってタチ?
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:22:34.05 ID:p+KAkp3s0
加速
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:24:27.63 ID:oXR4X9t2O
香澄ちゃん、一緒に有咲ちゃんを躾しない?
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 22:31:54.77 ID:S9ehMRCi0








日菜「くすぐられている女の子を見るのが好き……」

日菜「もしかしてまりなさんってタチ?」

花音「香澄ちゃん、一緒に有咲ちゃんを躾しない?」

日菜「それはやめて」

花音「でも…私のスタッフさんから1番愛されて…」

日菜「極力催眠かかりやすくしときたいの」

まりな「タチって…まあとにかく香澄ちゃんにまた催眠かけるよ」

たえ「なんだか大変だね」

チュチュ「あ、スタッフが抱きついた」

花音「は?」

まりな「なんだって!?」

香澄「す、スタッフしゃん…」

スタッフ「本当に大人しくなりましたね」

有咲「本当はこんな事させたくなかったけど」

日菜「スタッフさん、そのまま1時間ぐらいそうしてて」

スタッフ「ええ!?」

彩「↓1」

まりな「↓3」
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:39:24.74 ID:p+KAkp3s0
いいな
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:46:45.77 ID:oXR4X9t2O
加速
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 22:59:24.88 ID:UFPu9ZiRO
落ち着いたならいっか
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/25(土) 23:26:25.81 ID:S9ehMRCi0
彩「いいな」

まりな「落ち着いたならいっか」

スタッフ「ええぇ…」

香澄「ふにぁ…」

たえ「香澄嬉しそう」

有咲「おたえ!話がある」

花音「その前に有咲ちゃん」

こころ「まりな!スタッフ!」

スタッフ「弦巻さん」

花音「こころちゃん、拷問器具貸して」

有咲「ちょっ…何考えてるんですか!」

花音「躾」

こころ「やめときなさい」

こころ「催眠かけ直すのよね!」

日菜「そうなの」

チュチュ「こころ様打ち上げの準備は済ませています」

こころ「ご苦労様」

まりな「他の子が来るのを待ちましょう」

花音「拷問器具が駄目なら別の…」

まりな「ならこれを」

花音「これは?」

まりな「◯マ」

花音「なるほど」

有咲「なんつーもん渡してんだ!」

花音「私もたまにお世話に」

彩「私も」

まりな「これが普通…?」

日菜「普通じゃ無いと思うよ?」

日菜「私持ってないし」

スタッフ「あれは何ですか?」

たえ「あれはね…」

有咲「言うな!」

たえ「↓1」

有咲「↓3」
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/25(土) 23:34:49.71 ID:Ex+IHTG10
肩こりに効くんだ
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 01:52:33.93 ID:Q3jGvqDL0
加速
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 05:47:26.90 ID:j+h9lw0wO
そうそう
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 07:44:14.57 ID:1o9Pf5J+0
たえ「肩こりに効くんだ」

有咲「そうそう」

スタッフ「なるほど」

まりな(知識無さすぎじゃないかな?)

有咲「ふぅ…危ない」

たえ「流石に言わないよ」

有咲「スタッフさんには必要無い知識だからな」

香澄「えへへ」

スタッフ「戸山さんは何だか嬉しそうですね」

たえ「嬉しいんだよ」

花音「まりなさん他の!」

まりな「ごめんね、もう無いの」

花音「こころちゃん」

こころ「家に置いて来てるわ」

日菜「諦めて」

花音「…仕方ない」

チュチュ(怖い)

花音「今回は諦めるよ…」

彩「日菜ちゃんはこれ持ってないんだ」

日菜「うん」

あこ「どーん!」

燐子「こ、こんにちわ…」

まりな「いらっしゃい」

あこ「↓1」

燐子「↓3」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 07:52:07.54 ID:5H/sa4jy0
みんな来てる?
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 07:53:08.80 ID:5KnqbCG30
加速
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 07:55:51.57 ID:Q3jGvqDL0
お父さん、元気ですか?
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 08:10:40.59 ID:1o9Pf5J+0
あこ「みんな来てる?」

燐子「お父さん、元気ですか?」

たえ「あ、娘」

有咲「まだ言ってんのか」

まりな「まだ全然来てないよ」

スタッフ「僕は元気ですよ」

あこ「何持ってるの?」

燐子「◯マだよ」

彩「そう、◯マ」

あこ「◯マ?」

日菜「そろそろしまおうか」

スタッフ「マッサージ機みたいですよ」

あこ「なるほど〜」

チュチュ「純粋ね」

まりな「スタッフくんはそのままね」

スタッフ「はい」

あこ「え?そうやって使うの!?」

燐子「そうここにこう当てて…」

日菜「はーいぼっしゅー」

あこ「えー!」

彩「使い方ぐらい良いと思うよ!」

日菜「これ読んで静かにしてて!」

まりな「私のエロ本!?」

花音「仕事場に持ってくる本じゃ無いと思う」

彩「こ、これは…」

日菜「↓1」

まりな「↓3」
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:14:49.15 ID:fBMdvEvmO
『調教〜よくいく店のお兄さんだけのセクシーアイドルのされる〜』だよ
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:19:04.25 ID:RO+ZUOJdO
加速
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:29:56.74 ID:Q3jGvqDL0
人の本を勝手に
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 08:48:02.66 ID:1o9Pf5J+0
日菜「『調教〜よくいく店のお兄さんだけのセクシーアイドルのされる〜』だよ」

まりな「人の本を勝手に」

日菜「あの2人止めるにはこうするしかなかった」

燐子「こ、これ…すごい…」

彩「スタッフさんからの…調教…全身…開発…」

まりな「もう…ちゃんと返してね」

あこ「何の本?」

チュチュ「こっち来といた方がいいわ」

千聖「こんにちわ」

日菜「千聖ちゃん、待ってたよ」

まりな「催眠…解けたからね」

千聖「はいわかりました」

日菜「ねー千聖ちゃん」

千聖「なぁに?」

日菜「普通これ(◯マ)なんて持ってないよね?」

千聖「↓2」
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 08:49:27.62 ID:fBMdvEvmO
加速
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 09:08:41.16 ID:TXfxXmqV0
この間、薫が勝ってたやつね
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 13:35:51.52 ID:1o9Pf5J+0
千聖「この間、薫が買ってたやつね」

日菜「ほう…これまた想像出来ない人が買ってたもんだね」

千聖「ま、持ってる人は持ってるって事よ」

あこ「同じ本無いかな〜?」

まりな「…ちゃんと返してくれるなら読ませてあげます」

あこ「ほんと!!?」

有咲「なんて事言ってんだ!」

たえ「良いんじゃない?」

有咲「いや良くねーよ」

まりな「はいこれ」

あこ「同じ本?」

まりな「違う本」

あこ「え…えっちな本」

まりな「↓2」
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:06:18.96 ID:f9q910Uz0
加速
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:06:38.58 ID:5H/sa4jy0
ギリギリを攻めたグラビア雑誌
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 15:54:46.47 ID:1o9Pf5J+0
まりな「ギリギリを攻めたグラビア雑誌」

あこ「!」

日菜「グラビアも?幅広い」

千聖「グラビア雑誌ね…」

日菜「どうしたの?」

千聖「そういうお仕事は基本してないってだけよ」

日菜「そう言えばそうだねー」

千聖「まあ受ける気もないけれど」

あこ「…」

たえ「なんか…様子変」

スタッフ「変?」

あこ「こ、これ…」

チュチュ「なによ?」

あこ「大きい人ばっかり!」

こころ「ほんとね、お胸が大きい人ばかりだわ」

まりな「あれ?そうだっけ?」

あこ「↓2」
194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 15:56:38.81 ID:oqtapOtYO
加速
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 16:01:38.15 ID:A+bZDotKO
友希那さんとかには無理だね
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 16:12:33.16 ID:1o9Pf5J+0
あこ「友希那さんとかには無理だね」

まりな(あ、この流れ…)

あこ「あこもだけど…あこも…」

あこ「と、とにかく!」

あこ「友希那さんや紗夜さんはこういうグラビアは無理だよね!」

千聖(別にそんな事も無いのだけれど…)

チュチュ「そうね、無理ね」

こころ「そうかしら?」

たえ「スタッフさんはどう思う?」

スタッフ「興味ないです」

有咲「変な事聞くな、今更スタッフさんがそんな事気にしてるわけないだろ」

あこ「あこは友希那さんや紗夜さんより大きくなると良いな〜」

紗夜「…」

チュチュ「ええ、分かるわ」

チュチュ「でもまだ成長するもの、あの2人より大きくなるわ!絶対!」

友希那「…」

あこ「うん!そうだよね!」

日菜「何というタイミング」

こころ「あら?友希那と紗夜が来てるわ」

あこ「!?」

チュチュ「!?」

友希那「↓2」

紗夜「↓4」
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 16:17:15.97 ID:A+bZDotKO
加速
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 16:23:32.08 ID:oqtapOtYO
2人・・・いえ、2匹ほど躾が必要ね
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 16:24:37.43 ID:5H/sa4jy0
加速
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 16:30:06.00 ID:7ZpijOgeO
残念です
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 16:44:08.82 ID:1o9Pf5J+0
友希那「2人・・・いえ、2匹ほど躾が必要ね」

紗夜「残念です」

あこ「ゆ、友希那さん!?それに紗夜さん!」

チュチュ「な、何で…」

友希那「みんなで打ち上げだもの…来るに決まってるじゃない」

紗夜「これからバンドメンバーとおまけをおしお…躾ないといけないなんて」

チュチュ「誰がおまけじゃい!」

日菜「止められないねこれは」

まりな「他のグラビア雑誌にしておいた方が良かったかしら?」

千聖「どれ出しても結果こうなると思いますよ」

友希那「覚悟しなさい」

紗夜「もうそんな事言えないようにしてあげます」

チュチュ「↓1」

あこ「↓3」
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:11:32.61 ID:gTkXL3N90
ごめんなさい
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:17:27.03 ID:7ZpijOgeO
加速
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:24:48.38 ID:A+bZDotKO
で、でも事実ですもん!
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 17:33:55.87 ID:1o9Pf5J+0
チュチュ「ごめんなさい」

あこ「で、でも事実ですもん!」

友希那「あこ…」

紗夜「…」

チュチュ「ちょっと!なに強気になってるのよ!」

あこ「スタッフさんもそう思いますよね!」

スタッフ「え?」

あこ「思いますよね!」

たえ「ここでスタッフさんを味方につける気だね」

まりな「でもスタッフくんだからなぁ」

スタッフ「↓2」
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:40:28.96 ID:gTkXL3N90
加速
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 17:51:48.23 ID:A+bZDotKO
それぞれの良さがあると思いますよ
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 18:10:46.26 ID:1o9Pf5J+0
スタッフ「それぞれの良さがあると思いますよ」

スタッフ(よく分かりませんが)

あこ「つ、つまり!あこみたいな小さい女の子でも良いんですね!」

スタッフ「ええと…そうなりますかね?」

友希那「胸の大きさなんて関係ないと言う事よ」

紗夜「そうです、大事なのは相性です心です」

有咲「そうだな」スタッフにくっつく

たえ「有咲…なに押し当ててるのさ」

有咲「当たった物は仕方ない」

花音「有咲ちゃん…やっぱり躾が必要…だね」

あこ「スタッフさんは小さなお胸も大きなお胸も好きみたいだよ!」

スタッフ「ん?」

まりな「なるほど」

あこ「良さがあるって事は…好きって事ですよね!」

スタッフ「そうですかね?」

チュチュ「でもスタッフは大きい方が好きな気がするわ!」

友希那「…なんで?」

チュチュ「だってそこの…デカイのばっかりくすぐってるもの」

有咲「ちょ…こっちに飛び火が」

あこ「いやそんな…」

スタッフ「あの…僕は別に大きさなんてどうでも…」

有咲「↓2」

たえ「↓4」
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:12:31.83 ID:gTkXL3N90
加速
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:15:39.63 ID:5H/sa4jy0
どうでもいいは流石に傷つくな…
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:27:48.47 ID:gTkXL3N90
加速
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 18:51:05.74 ID:7ZpijOgeO
普通が一番
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 19:10:29.66 ID:1o9Pf5J+0
有咲「どうでもいいは流石に傷つくな…」

たえ「普通が一番」

スタッフ「え?ご、ごめんなさい」

有咲「いや、良いんだ」

たえ「つまり私ぐらいがちょうどいい」

スタッフ「…」

友希那「まあいいわ」

紗夜「そんな事より宇田川さんとおまけの躾をしましょう」

あこ「強制イベンドだった!?」

チュチュ「なんでぇ…」

有咲(意識させてやる…)

リサ「お待たせー」

日菜「リサちー待ってたよ!」

リサ(裏)「催眠かけ直すんだっけ?」

リサ(裏)「ちゃちゃっとやりますか」

千聖「と言うわけで戸山さん連れて行きますね」

香澄「あぁ…スタッフさん…」

スタッフ「はいどうぞ」

こころ「スタッフはゆっくりしてて」

まりな「さて…」

スタッフ「あの2人はまだ何か読んでますね」

有咲「スタッフさんは読まない方がいい」

たえ「読む必要も無いよ」

スタッフ「そうですか」

燐子「↓2」

彩「↓4」
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 19:12:29.96 ID:5KnqbCG30
加速
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 19:15:01.70 ID:4YDhUlXX0
ネコのように、あごを優しくなでましょう
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 19:16:48.65 ID:gTkXL3N90
加速
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 19:39:20.06 ID:qh4SQI9hO
燐子ちゃん、他のシリーズもあるみたいよ!
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 20:09:25.78 ID:1o9Pf5J+0
燐子「ネコのように、あごを優しくなでましょう」

彩「燐子ちゃん、他のシリーズもあるみたいよ!」

燐子「他の…」

有咲(猫のように?)

スタッフ「熱心に…そんなに面白いのかな?」

たえ「うーん…一部の人には受けるかな?」

有咲「そういや本好きだったな…」

まりな「調教シリーズは結構あるからね」

彩「燐子ちゃん!これなんてどう?」

燐子「これ…」

彩「↓2」

燐子「↓4」
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 20:18:45.22 ID:rkk2bVVJO
加速
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 20:23:45.48 ID:gTkXL3N90
「よく行く店のお兄さんのふしだらな娘にされる」とか「よく行く店のお兄さんの専用楽器にされる」とかあるよ!
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 20:32:08.90 ID:mql+aodEO
加速
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 20:44:24.17 ID:kr0UjtToO
娘!
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/26(日) 23:56:21.32 ID:1o9Pf5J+0
彩「『よく行く店のお兄さんのふしだらな娘にされる』とか『よく行く店のお兄さんの専用楽器にされる』とかあるよ!」

燐子「娘!」

彩「娘に反応するんだ…」

燐子「読みましょう」

たえ「暇になったね」

有咲「そうだな」

スタッフ「そうですね」

たえ「…なんで有咲はまだくっ付いてるのさ」

花音「離れて」

有咲「…いや」

スタッフ「力が強く…なって」

有咲「今は離れない」

花音「…」

たえ「ふむ…ワガママだね」

有咲「は?」

たえ「つまりおしおき」

有咲「スタッフさんが嫌なら離れる」

スタッフ「別に構いませんよ」

有咲「これで問題ないな」

たえ「ぐぬぬ」

ひまり「こんにちわー」

まりな「いらっしゃい」

まりな「今から拘束されるとスタッフくんがくすぐってくれるよ」

スタッフ「え?そんな事言ってない…」

ひまり「↓2」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:59:17.36 ID:gTkXL3N90
加速
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/26(日) 23:59:46.97 ID:rkk2bVVJO
わかりました!
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 00:13:45.32 ID:XuroYlK40
ひまり「わかりました!」

まりな「即答ね」

ひまり「さあ拘束してください!」

有咲「…」ぎゅー

スタッフ「上原さん、落ち着いてください」

ひまり「大丈夫!」

花音「まりなさんの嘘だよ?」

まりな「ほんとの事だよ」

たえ「急にどうしたの?」

まりな「くすぐり…見たいよね」

有咲「それだけの理由か」

スタッフ(さっきから市ヶ谷さんの力が…)

まりな「↓1」

スタッフ「↓3」
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 00:52:26.63 ID:8wik4e9+0
そういうわけだから
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 06:44:22.66 ID:VlyZkRDUO
加速
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 06:58:09.35 ID:DvXWUGqQO
と、とりあえず打ち上げがあるので
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 07:28:09.78 ID:XuroYlK40
まりな「そういうわけだから」

スタッフ「と、とりあえず打ち上げがあるので」

ひまり「じゃあ明日くすぐってね」

まりな「んーまあ明日でもいっか」

スタッフ「…」

たえ「頑張って」

有咲「…あんまり激しくすんなよ」

花音(今日は私だから…)

スタッフ「どうしてこうなった…」

まりな「よっし」

モカ「来たよ〜」

ひまり「あ、モカ」

モカ「今日はクロワッサンを買って来たよ〜」

たえ「沙綾とりみがまだ来ないね」

有咲「遅刻しないタイプの2人だから時間までには来るだろ」

ひまり「またそんなに食べるの?」

モカ「モカちゃんは知ってる〜」

ひまり「何を?」

モカ「…また大きくなったでしょ?ひーちゃん」

ひまり「…へ?」

モカ「↓2」

ひまり「↓4」
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 07:47:12.72 ID:DvXWUGqQO
加速
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 08:07:22.27 ID:9Sif8jG00
スタッフさんにくすぐられてから〜胸が大きくなってる〜
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 08:10:49.88 ID:613RNMpv0
そんな効果が!
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 08:13:53.37 ID:Hns8dPggO
え、嘘!+↑
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 08:32:41.80 ID:XuroYlK40
モカ「スタッフさんにくすぐられてから〜胸が大きくなってる〜」」

ひまり「え、嘘!」

ひまり「そんな効果が!」

有咲「それは無い」

有咲(私サイズ変わって無いし)

花音「…なるほど」

モカ「これはモカちゃんもくすぐってもらうしかないね〜」

ひまり「はっ!?まさか」

ひまり「好きな人に揉まれると大きくなるって言う…」

有咲「迷信だぞ」

まりな「スタッフくんが大きくしたんだって」

スタッフ「え?」

まりな「これは責任取るしかない」

スタッフ「せ、責任って…どうすれば」

まりな「結婚」

有咲「何言ってんだ!」

花音「させない!」

モカ「それは許さない〜」

スタッフ「↓1」

ひまり「↓3」
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 08:35:39.43 ID:7o2JWzTDO
結婚・・・
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 08:40:20.21 ID:9Sif8jG00
はい
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 09:07:12.38 ID:k410C5vEO
末長くよろしくお願いします
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 09:54:49.24 ID:XuroYlK40
スタッフ「結婚・・・」

ひまり「末長くよろしくお願いします」

まりな「おめでとうスタッフくん」

スタッフ「ちょっと待ってください」

ひまり「あたし嬉しい」

たえ「そんなの認めない」

スタッフ「ぼ、僕にはそんな…結婚だなんて…」

スタッフ「そもそも独身予定だったのですが」

ひまり「私がお嫁さんになります」

モカ「↓1」

花音「↓3」

有咲「↓5」
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 10:24:00.07 ID:k410C5vEO
モカちゃんが正妻でひーちゃんは3号ね
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 10:39:44.71 ID:k410C5vEO
加速
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 11:01:41.11 ID:9Sif8jG00
ふぇぇ……お友達がひとり居なくなっちゃうんだぁ……寂しいなぁ
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 11:12:30.94 ID:XfsnKDSbO
加速
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 11:28:18.73 ID:CtZox5uMO
ヤベー
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 14:33:27.92 ID:XuroYlK40
モカ「モカちゃんが正妻でひーちゃんは3号ね」

花音「ふぇぇ……お友達がひとり居なくなっちゃうんだぁ……寂しいなぁ」

有咲「ヤベー」

まりな「花音ちゃん!?」

花音「冗談ですよ?」

たえ「正妻?」

モカ「うんモカちゃんは〜スタッフさんの〜正妻〜」

有咲「待て、それはそれでゆるさねぇ」

ひまり「そもそも3号ってなに!?」

モカ「正妻モカちゃん、おたえちゃんそしてひーちゃん」

花音「私のスタッフさんなんだけどなぁ」

花音「みんな勝手な事言いすぎじゃないかな?」

ひまり「む」

有咲「…」ぎゅー

スタッフ「↓2」
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 14:39:09.76 ID:GT26hYWIO
加速
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 15:13:26.88 ID:9Sif8jG00
そういえば昔おままごとで夫婦になりましたっけ(現実逃避)
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 15:30:47.04 ID:XuroYlK40
スタッフ「そういえば昔おままごとで夫婦になりましたっけ」(現実逃避)

たえ「なったね…約束もして…」

モカ「約束?」

たえ「うん、おっきくなったら結婚しよって言ったら」

たえ「その時のスタッフさんは少し機嫌が悪くて」

たえ「たえちゃんは悪い子だからおっきくなってもくすぐりをやめないって」

たえ「だから大きくなってもちゃんと言う事聞くんだよ?って」

スタッフ「…覚えてない」

まりな「そんなに昔からくすぐりを…ごくり」

たえ「私の初絶頂はスタッフさんのおしおきくすぐりだったの」

ひまり「流石…あたしもくすぐりで堕とされたから…」

たえ「イッたのに…やめてくれなくて…」

モカ「いつの話〜?」

たえ「中学の時宿題もせずギター弾いてたら怒られた」

モカ「モカちゃんは〜そこまでくすぐられなかった〜」

花音「…」

たえ「ギターを取り上げられベッドに押し倒され」

たえ「↓2」

有咲「↓4」
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 15:41:58.20 ID:9Sif8jG00
加速
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 15:57:25.61 ID:GT26hYWIO
ベッドが使えなくなるぐらい濡らされて……イく寸前で何度も止められて……
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 16:07:31.84 ID:Q7rITiTq0
まだ日も高いのにそんな話…
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 16:26:18.76 ID:0LdkKMuOO
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 17:32:41.52 ID:XuroYlK40
たえ「ベッドが使えなくなるぐらい濡らされて……」

たえ「イく寸前で何度も止められて……」

有咲「まだ日も高いのにそんな話…」

ひまり「今更だと思う」

たえ「謝っても許されなくて……2、3時間ぐらいイかせてくれなくて」

たえ「夜お風呂でくすぐられやっと絶頂…」

モカ「おお〜激しいね〜」

花音「ドSなところも素敵…」

たえ「何度も何度もイかされて…立てなくなっても続けられ…」

たえ「スタッフさんに気絶するまでくすぐられてた」

スタッフ「そんな事も有りましたね」

まりな「す…すさまじいわ…」

スタッフ「何回言っても宿題をしてなかったから」

スタッフ「くすぐり中はもっととか言われたからたまに手を止めて」

スタッフ「何故かベッドがすごく濡れてたから最後はお風呂でくすぐった事が1回ありました」

スタッフ「やりすぎたなあと思いあれ以降は軽いくすぐりでしたよ」

有咲「ハンパねぇな…」

花音「↓1」

ひまり「↓3」
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:00:05.32 ID:qF3KdyUd0
1日中くすぐり……いいなぁ
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:01:34.54 ID:613RNMpv0
加速
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:05:31.11 ID:k3Ww6X02O
おたえ、わざと宿題やらなかったでしょ
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 18:18:53.53 ID:XuroYlK40
花音「1日中くすぐり……いいなぁ」

ひまり「おたえ、わざと宿題やらなかったでしょ」

たえ「…そんな事ないよ」

有咲「…」

モカ「いいな〜モカちゃんはそこまでされた事ないのにな〜」

まりな「今度誰かに怒らせるように仕向けてみましょうか」ボソ

ひまり「ねえねえスタッフさん」

スタッフ「なんでしょう?」

ひまり「明日その時ぐらいやってよ」

スタッフ「↓2」
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:20:26.41 ID:k3Ww6X02O
加速
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:28:32.99 ID:Q7rITiTq0
嫌です、絶対に嫌です
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 18:49:15.14 ID:XuroYlK40
スタッフ「嫌です、絶対に嫌です」

ひまり「えー」

スタッフ「くすぐりはしますがあの日のようにはしませんから」

たえ「あの時の激しいのは…私だけのだから」

有咲(…今度怒らせてみるか)

彩「まりなさん、本返します」

まりな「あ、うん」

燐子「父親と娘…あんなに…」

彩「スタッフさんだけのセクシーアイドル目指さなきゃ…」

まりな「その調子よ」

スタッフ「どうしてみんなくすぐりなんか…」

沙綾「おたえ、有咲」

有咲「さーやか」

沙綾「なんか面白い話でもしてたの?」

まりな「スタッフくんが責任取るって話になってひまりちゃんと結婚するって」

スタッフ「ちょっと待ってください、結婚するって言ってません」

沙綾「……え?」

スタッフ「しませんからね?」

ひまり「そんな!責任取るって…」

たえ「中学生の私をあそこまでくすぐり調教しておいて結婚しないないなんて…」

有咲「とりあえず落ち着けよ」

沙綾「↓2」
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:51:02.59 ID:HeoMe4JH0
親の許可必要だって……
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 18:59:43.69 ID:k3Ww6X02O
ベーカリー継いでくれるんだよね?
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 19:41:40.29 ID:XuroYlK40
沙綾「ベーカリー継いでくれるんだよね?」

スタッフ「んん?」

ひまり「駄目だよ!」

有咲「スタッフさんは将来うちの質屋で働くんだけどな」

花音「何言ってるの?」

モカ「むむむ〜」

彩「私のご主人様に…」

燐子「お父さん…」

まりな(ハーレムの事忘れてる?)

たえ「スタッフさんは誰を選ぶのさ」

スタッフ「え?」

花音「そうだね…スタッフさんが選ぶのが一番いいよね」

まりな「これは面白そう」

沙綾「スタッフさん…選んで」

スタッフ(ど、どうしてこうなった…)

有咲「…」

たえ「…」

スタッフ(いったい…どうすれば…)

こころ「スタッフ!催眠できたわ!」

スタッフ「そ、そうですか」

香澄「ほえ?」

日菜「まだぼーっとしてるみたい」

千聖「なんの話をしてたの?」

まりな「誰と結婚するかって話」

こころ「!!」

日菜「へぇ…面白そうだね」

千聖「ハーレムの話はいったい?」小声

まりな「まあまあ最終的にはそうするから」小声

日菜「それは気になるね」

リサ「はっきりさせないとね」

スタッフ「うっ…」



↓1 なにかおきる
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 19:46:42.36 ID:ivsSxqKZO
こころがハーレムを宣言
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 19:54:49.95 ID:XuroYlK40
スタッフ「その…結婚とかは全然考えてないので…」

有咲「むぅ…」

スタッフ「だから誰も選べないのですが…」

ひまり「もう!責任!」

日菜「私たち姉妹を選んだらお得だね!」

有咲「それはそれで如何なものかと」

彩「じゃあ!マネージャーに!」

花音「私のスタッフさんなの!」

たえ「選んでよ」

モカ「逃げるのは〜良くないよ〜」

スタッフ「いえ逃げるとかではなくて…」

こころ「スタッフ!」

こころ「つまりみんな好きなのよね?」

スタッフ「え?」

リサ「どうなの?」

スタッフ「好きは好きでもそういう好きでは…」

こころ「つまり全員と一緒に居たいって事よね」

スタッフ「え…ええぇ…」

沙綾「ふーん」

香澄「みんな一緒!いいね!」

こころ「つまり…ハーレムね!」

スタッフ「↓2」

こころ「↓4」
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 19:57:23.06 ID:613RNMpv0
そもそもハーレムなんてこの日本では認められてませんよ
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:11:25.59 ID:8wik4e9+0
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:12:14.04 ID:613RNMpv0
私が法を変えるのよ!
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:13:29.66 ID:k3Ww6X02O
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 20:19:56.57 ID:XuroYlK40
スタッフ「そもそもハーレムなんてこの日本では認められてませんよ」

こころ「私が法を変えるのよ!」

まりな「おおう…なんだかすごい宣言をしてる」

スタッフ「あ、あの?」

こころ「みんなスタッフが好きだしスタッフはみんなが好き」

こころ「だったらみんなで幸せになれる方法はこれしかないわ!」

燐子「お父さん…お母さん達…」

スタッフ(どうしてこんなことに?)

有咲「出来れば1番になりたかったのにな…」

まりな「ふふっ…良いじゃない」

まりな「誰も選べないなら全員を選べばいいってね」

こころ「任せて!」

スタッフ「そ、それはあまりよろしくないのでは…」

ひまり「↓1」

たえ「↓3」

彩「↓5」
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:24:23.10 ID:Q7rITiTq0
いつまでも先送りにされる身にもなって
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:26:54.60 ID:613RNMpv0
スタッフさんが優柔不断なのが悪い
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:28:40.63 ID:xMP12l6/O
みんな幸せでいいでしょ
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:29:51.26 ID:613RNMpv0
加速
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 20:34:49.27 ID:lVKXo7d3o
もしハーレムが嫌なら、私の生涯のマネージャーさんになるという手もあるよ?
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 21:31:20.74 ID:XuroYlK40
ひまり「いつまでも先送りにされる身にもなって」

たえ「みんな幸せでいいでしょ」

彩「もしハーレムが嫌なら、私の生涯のマネージャーさんになるという手もあるよ?」

まりな「もうスタッフくんに選択肢はないの」

スタッフ「みんな受け入れてる!?」

千聖「スタッフさんなら全員を幸せに出来ますよ」

花音「それでもスタッフさんは私の…」ボソ

香澄「みんな幸せになるならいっか!」

スタッフ(どうしてこうなった)

こころ「今日みんな来るからちゃんと言わないとね!」

友希那「あら、面白そうな話をしているわね」

紗夜「とうとうその話をスタッフさんに」

あこ「ううう…」

チュチュ「やっぱりこころ様の方が…」

スタッフ「↓2」

277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:34:46.78 ID:613RNMpv0
どうして皆さんほ僕にこだわるんですか?
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 21:49:59.76 ID:8wik4e9+0
皆さんはそれでいいのですか?
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 22:02:48.05 ID:XuroYlK40
スタッフ「皆さんはそれでいいのですか?」

まりな「ええ」

友希那「そうね、みんな同じ意見よ」

燐子「私は娘ですけど…」

日菜「スタッフさんが興味ないとか生涯独身だとか」

たえ「私たちを意識しないから」

スタッフ「そ、それは…」

紗夜「みんなアプローチはかけてるのに気付かない」

彩「だからみんなで考えたの」

こころ「それがハーレムよ!」



↓2まで なにかおきる
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/27(月) 22:04:15.14 ID:5SaqI7KMO
蘭とマスキングが自分達は雌犬と言って現れる
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:13:26.32 ID:ivsSxqKZO
スタッフちょっと前向きになる
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 22:22:36.56 ID:XuroYlK40
スタッフ「…」

スタッフ(僕のせい…僕がみなさんをここまでしてしまった…)

千聖「考えてこんでますね」

花音「こんな事急に言われたら考えてしまうのも仕方ないですよね」

紗夜「でも…もう決めた事です」

蘭「スタッフさん」

スタッフ「美竹さん…」

蘭「あたしは雌犬だよ」

スタッフ「あ、はい」

マスキング「そして私は雌犬2号だ」

スタッフ「はい…え?」

チュチュ「ちょっと!ショッピングじゃなかったの!」

マスキング「終わったから来たんだよ」

マスキング「ほれジャーキーだ」

チュチュ「なっ…ありがと」

スタッフ(これは…受け入れるべき…いやでも)

沙綾「↓1」

有咲「↓3」
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:42:47.43 ID:8wik4e9+0
ペットも2匹いるし、理想的な家庭を築けそう
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:43:57.76 ID:613RNMpv0
加速
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 22:54:35.35 ID:EYPzgCU3O
家はどうすんだ?
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 23:05:37.12 ID:XuroYlK40
沙綾「ペットも2匹いるし、理想的な家庭を築けそう」

有咲「家はどうすんだ?」

こころ「建てるわ」

こころ「ちゃんとくすぐり部屋も用意しておくわ!」

たえ「流石だね」

スタッフ(どんどん話がすすんでいく)

彩「その時は…アイドルも…」

千聖「私はスタッフさんだけの裏女優になってるから」

友希那「いずれは愛し合うのよね」

香澄「愛し合うって…」

日菜「えっちするんだよ」

香澄「!」

あこ「スタッフさんと…えっち…」

まりな「まあまあとにかく」

まりな「将来ハーレムは決定だよね?」

スタッフ「…」

スタッフ「↓2」
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:10:27.32 ID:8wik4e9+0
加速
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:16:25.78 ID:ivsSxqKZO
…………皆さんがそれでいいなら、考えます
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/27(月) 23:55:00.99 ID:XuroYlK40
スタッフ「…………皆さんがそれでいいなら、考えます」

まりな「言質取ったよ」

こころ「スタッフならみんなを愛して幸せに出来るわ!」

蘭「楽しみにしてるよ」

彩「私たちを幸せにしてね」

スタッフ「…はい」

まりな「私ここまで頑張った…」

香澄「これからみんなずっと一緒なんだね!」

たえ「そうだよ」

有咲「ま、そうなる」

友希那「これでみんな幸せね」

スタッフ(この選択は正しいのかどうかは分からない)

スタッフ(それでもみなさんが良いのであれば)

スタッフ(それでも良いかなと思った)



↓5まで このままエンディングかまだ話を続けるか多いほう
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:55:22.07 ID:8wik4e9+0
続ける
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:55:52.30 ID:ivsSxqKZO
続ける
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:57:15.19 ID:VnAeqGX1O
まだまだやりたい事あるし続けたい
スタッフもまだ考えてるだけだし
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/27(月) 23:57:39.48 ID:613RNMpv0
続ける
終わらせるメリットがないし
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 00:10:33.04 ID:wSd3osvE0
一応このシリーズが終わっても次のバンドリssの案は考えてた


続けるが多かったので自由安価

↓3まで なにかおきる
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:12:12.65 ID:cXo2BZx30
全員集まって打ち上げ

せめて旅行とリゾートはやりたい
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:17:00.11 ID:H0bYsAy/O
ちなみにどんなの?

安価はモカがスタッフとの思い出を語る、で
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:19:09.51 ID:xRoUsRsT0
旅行編とかまだしてないじゃん
安価↓
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:22:40.68 ID:5ToBomiOO
スタッフが花音をくすぐる
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 00:44:32.83 ID:wSd3osvE0
次スレ案は
サークルに人が来なさすぎるからまりなとオーナーがイベントを考えたのでそのイベントに参加してくれるガールズバンド探してきてと言われる新人スタッフの話




スタッフ「…」

たえ「どうしたの?」

スタッフ「色々ありすぎて…ちょっと疲れたかな」

有咲「少し休むか?」

スタッフ「…そうですね」

まりな「じゃああっちの休憩室でゆっくりしてきても良いよ」

スタッフ「はい」

燐子「お父さん…」

日菜「ま、仕方ないか」

紗夜「1人で考えたいのでしょう」

こころ「こっちはこっちで動かないとね」

友希那「…」

ひまり「あ、そうだ」

蘭「?」

ひまり「おたえは昔話したし、モカも何かないの?」

モカ「急だね〜」

たえ「それは気になる」

モカ「そうだな〜」

モカ「↓2」
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 00:49:54.40 ID:xRoUsRsT0
加速
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 05:01:15.06 ID:cXo2BZx30
私のファーストキスはスタッフさん
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 09:09:28.15 ID:Lm2K0O/80
次スレ案のやつも面白そう
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 17:43:27.85 ID:wSd3osvE0
モカ「私のファーストキスはスタッフさん」

有咲「はあ!?」

花音「なん…」

まりな「詳しく」

モカ「一緒に居て〜好きになって〜」

モカ「スタッフさんが寝てたから〜」

モカ「キスしちゃった〜」

友希那「ほ、ほっぺに…」

モカ「口に〜」

ひまり「なんという行動力!」

モカ「あれがファーストキスだったよ〜」

モカ「だからスタッフさんは知らない〜」

たえ「私キスしてない」

モカ「モカちゃんくすぐり調教はされてないよ〜」

たえ「↓1」

モカ「↓3」
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 17:45:28.53 ID:d1c8IywFO
お互い様かな
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 18:04:28.43 ID:cXo2BZx30
スタッフさん、寝ぼけてモカちゃんを捕まえて〜舌を入れてきて〜ディープなキスだけで絶頂させられちゃった〜
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 18:10:13.36 ID:CIQ0yFDdO
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 18:21:04.47 ID:wSd3osvE0
たえ「お互い様かな」

モカ「スタッフさん、寝ぼけてモカちゃんを捕まえて〜舌を入れてきて〜ディープなキスだけで絶頂させられちゃった〜」

日菜「すっごいね!」

燐子「キスまで上手なんて…流石お父さん…」

有咲「色々スペックたけーな…」

蘭「いつの話?」

モカ「当時9歳〜」

沙綾「小学生の時だね」

モカ「またキスしたいな〜」

こころ「残念ファーストキスは奪われてるのね」

まりな「そうね…残ってるのは童貞ぐらいね」

有咲「んな事言わなくても…」

こころ「↓1」

紗夜「↓3」
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 18:32:39.86 ID:cXo2BZx30
それは平等にいきたいわね
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 18:33:58.54 ID:xRoUsRsT0
もらうのは私!
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 18:49:20.70 ID:lgmmuq1YO
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 19:01:52.66 ID:wSd3osvE0
こころ「それは平等にいきたいわね」

紗夜「もらうのは私!」

日菜「駄目だよおねーちゃん!」

日菜「私も欲しい!」

香澄「どうてい?」

沙綾「後で教えてあげるね」

チュチュ「童貞…」

たえ「チュチュ?」

チュチュ「あんだけやっといてまだ童貞だったの?」

マスキング「くすぐりしかしてないからそりゃ童貞だろ」

燐子「お父さん…私初めてで…」

彩「アイドルなのに…処女を…」

友希那「妄想し始めたわ」

花音「私の…スタッフさんだもん…童貞は…」

はぐみ「こんにちわー!」

巴「はぐみは走るの速いよな…」

はぐみ「走るの楽しいよ!」

こころ「はぐみ!」

はぐみ「こころん!」

巴「さっきりみとつぐと美咲を見かけたからそのうち来ると思うぞ」

はぐみ「ところでなんの話してたの?」

モカ「スタッフさんの童貞は誰がもらうかって話〜」

巴「↓1」

はぐみ「↓3」
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 19:03:35.27 ID:awFtmEg+0
あこには渡さん、あたしがもらう!
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 19:14:33.58 ID:cXo2BZx30
加速
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:00:29.95 ID:KKhpGBwRO
どうてい?
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 20:11:00.12 ID:wSd3osvE0
巴「あこには渡さん、あたしがもらう!」

はぐみ「どうてい?」

あこ「お姉ちゃん、童貞って何?」

香澄「うーん…」

千聖「純粋だわ…」

友希那「そうね…後で教えましょう」

有咲「…やっぱりそういうのはスタッフさんに決めてもうしかないな」

まりな「いやいや、あのスタッフくんが手を出して来るわけないでしょ」

日菜「わからないよ?」

まりな「むしろ襲わなきゃ」

はぐみ「襲う?」

まりな「そうよ!」

イヴ「みなさん!こんにちわ!」

麻弥「どうもっす」

はぐみ「スタッフさんを襲うんだって!」

麻弥「↓2」

イヴ「↓4」
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:14:35.78 ID:KKhpGBwRO
加速
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:23:12.83 ID:cXo2BZx30
何ですか!?寝技比べですか!?
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:25:57.09 ID:awFtmEg+0
ブシドーの闘いですね
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:34:32.84 ID:Dh97zOaNO
ブシドーなら正々堂々と戦わないと
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 20:34:44.49 ID:so877iHe0
不意打ちはブシドーでは無いです
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 21:00:47.69 ID:wSd3osvE0
イヴ「何ですか!?寝技比べですか!?」

麻弥「ブシドーなら正々堂々と戦わないと」

まりな「正々堂々?無理よ…そんな事をすればくすぐり調教が待っているわ」

イヴ「!」

パレオ「寝技…ある意味寝技ですね」

チュチュ「パレオ!」

パレオ「ただいま戻りましたチュチュ様」

パレオ「ジャーキーです」

チュチュ「あ、うんありがと」

麻弥「襲っていいわけないっすよ!」

イヴ「ブシドーを刻まれる!?」

麻弥「イヴさん?」

イヴ「今すぐ寝技を決めに行きましょう!」

イヴ「レッツブシドーです!」

麻弥「駄目っすよ!?」

パレオ「↓2」
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 21:04:39.14 ID:Dh97zOaNO
加速
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 21:22:36.65 ID:khsvc4CEO
こころ様、いかがいたしましょう
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 21:36:39.88 ID:wSd3osvE0
パレオ「こころ様、いかがいたしましょう」

こころ「止めましょう、そろそろ全員来るわ」

パレオ「分かりました!」

パレオ「お二人とも…今はおやめください」

麻弥「自分も!?」

パレオ「スタッフ様はこの後の打ち上げを楽しみしております」

イヴ「それは…とても残念です」

パレオ「また別の日に仕掛けましょう!」

イヴ「そうしましょう!マヤさん!」

麻弥「自分は襲いませんよ!?」

こころ「これで良し」

日菜「イヴちゃんも虜だねー」

チュチュ「流石パレオね」

マスキング「そうだな」

ひまり「スタッフさんと夜のベッドで寝技!?」

彩「身体の自由を奪われ好き放題される…」

燐子「そして…快楽堕ち…」

あこ「えっちだ…」

まりな「セッ(ry」

有咲「アウトだよ!」

たえ「スタッフさんの場合はくすぐりの刑に…」

りみ「↓1」

美咲「↓3」
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 21:46:48.96 ID:cXo2BZx30
くすぐり……楽しみ
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 21:55:03.59 ID:so877iHe0
加速
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:07:34.83 ID:Dh97zOaNO
何かあった?
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 22:20:38.10 ID:wSd3osvE0
りみ「くすぐり……楽しみ」

美咲「何かあった?」

まりな「えっとね」

香澄「なんかねースタッフさんを襲うとか寝技だとか夜のベッドだとか!」

あこ「えっちなんだよ!」

美咲「意味分からん!どうしてそんな話になってんの!?」

こころ「美咲!やっと来たわね!」

リサ「後は誰が来てない?」

沙綾「薫さんとつぐみかな?」

巴「噂をすればなんとやら、つぐが来た」

つぐみ「こんにちわ…ってもうみんな来てる」

りみ「私たちも今来たところ」

美咲「後は」

薫「ふふっ…私ならここさ」

はぐみ「薫くん!」

薫「途中で子猫ちゃん達に捕まってしまってね」

薫「来るのが遅くなってしまったよ」

まりな「これで全員ね」

チュチュ「ちゃーんとセッティングしておいたわ!」

パレオ「流石チュチュ様!」

紗夜「ではスタッフさんを呼んで来ましょう」

つぐみ「なんだか盛り上がってましたね」

薫「いったいなんの話をしていたんだい?」

まりな「スタッフくんの童貞について」





スタッフ「ふぅ…」

スタッフ「…」

スタッフ「↓2」
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:24:12.75 ID:cXo2BZx30
加速
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:37:36.68 ID:3o7K2KGRO
両親になんて言われるかな
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 22:41:57.12 ID:wSd3osvE0
スタッフ「両親になんて言われるかな」

スタッフ「まあ…今どこに居るのか分からないけど」

スタッフ「本当にこれで…ううむ」

スタッフ「仮にそうなって来ると…相手側の両親にも…」

スタッフ「うーん…」

紗夜「スタッフさん」

スタッフ「氷川さん…もうみなさん来られたんですね」

紗夜「紗夜と呼んでください」

スタッフ「あ、あはは」

紗夜「全員集まりましたので呼びに来ました」

スタッフ「分かりました」

紗夜「…」

紗夜「↓3」
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:50:08.61 ID:xRoUsRsT0
加速
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:50:22.11 ID:so877iHe0
悩んでいるのですか?この道でいいのか
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 22:51:57.20 ID:Dh97zOaNO
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 23:09:55.54 ID:wSd3osvE0
紗夜「悩んでいるのですか?この道でいいのか」

スタッフ「そう…ですね」

紗夜「…そうですよね、悩みますよね」

紗夜「でも、私たちは受け入れています」

スタッフ「…良いんですか?本当に」

紗夜「はい、全員で決めた事ですから」

紗夜「みんなスタッフさんと一緒に居たいんです」

スタッフ「…」

スタッフ「↓2」
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 23:16:55.13 ID:cXo2BZx30
加速
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 23:29:06.26 ID:2Gy38q7nO
・・・そうですか
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/28(火) 23:40:11.39 ID:wSd3osvE0
スタッフ「・・・そうですか」

紗夜「さ、行きましょう」

スタッフ「はい」

スタッフ(応えるべき…か)

スタッフ「…」

まりな「来たね、座った座った」

まりな「とりあえず今日の打ち上げは楽しみましょう」




↓2まで なにかおきる
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 23:45:41.09 ID:so877iHe0
つぐみ、スタッフの隣に
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/28(火) 23:51:11.16 ID:cXo2BZx30
サークル代表と彩達のバンド演奏
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 00:02:44.15 ID:/E/AjZET0
スタッフ「…」

つぐみ「スタッフさん、隣良いですか?」

スタッフ「どうぞ」

つぐみ「改めて…フェスお疲れ様でした」

スタッフ「あ、どうも」

つぐみ「演奏は見る事出来ませんでしたけど…良かったって聞きました」

スタッフ「みなさんのおかげですよ」

つぐみ「↓1」

スタッフ「↓3」
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 00:12:20.95 ID:aLQLD3KC0
あの……頑張ったので頭を撫でてもらっていいですか?
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 00:12:54.22 ID:PeNvi8YJ0
加速
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 00:20:24.13 ID:KvxNJFhwO
いいですよ・・・後、これから演奏しますので
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 01:39:25.98 ID:/E/AjZET0
つぐみ「あの……頑張ったので頭を撫でてもらっていいですか?」

スタッフ「いいですよ・・・後、これから演奏しますので」なでなで

つぐみ「演奏!」

スタッフ「はい」

つぐみ「なでなで気持ち良いです…♪」

スタッフ「それは良かったです」

ひまり「スタッフさん!演奏の準備しよ!」

スタッフ「分かりました」

つぐみ「楽しみです!」

スタッフ「はい」

紗夜「では…」

蘭「後で撫でてね」

スタッフ「構いませんよ」

麻弥「平常運転っすね」

まりな「準備は整ったねじゃあ…」






演奏終了後

スタッフ「お疲れ様です」なでなで

蘭「♪」

日菜「すごかった!」

イヴ「これが練習の成果ですね!」

美咲「流石です」

スタッフ「↓2」

有咲「↓4」
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 07:01:44.27 ID:aLQLD3KC0
加速
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 07:07:41.90 ID:EexCVNTYO
皆さんのおかげです
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 07:40:09.93 ID:QuRqYH8hO
加速
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 08:04:30.66 ID:2KrE4C/D0
スタッフさんは私が育てた
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 08:22:57.38 ID:/E/AjZET0
スタッフ「皆さんのおかげです」

有咲「スタッフさんは私が育てた」

麻弥「そうっすね」

ひまり「つきっきりだったもんね」

蘭「だからくすぐられる回数が多い」

有咲「それは…まあいろいろ…」

紗夜「そうですね…くすぐり…」

スタッフ「片付けましょうか」

まりな「次は彩ちゃんチームの演奏だね」

スタッフ(あんみつを冷蔵庫から出して来よう)





打ち上げ終了

チュチュ「パレオ!片付けるわよ!」

マスキング「帰ったぞ」

チュチュ「!?」




スタッフ「松原さんの家は初めてですね」

花音「そうでしたね…」

花音(他の人が多くて誘えなかった)

花音「↓2」
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 08:26:44.82 ID:2KrE4C/D0
加速
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 08:31:17.42 ID:QuRqYH8hO
私の部屋で寝ましょうね
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 08:47:59.39 ID:/E/AjZET0
花音「私の部屋で寝ましょうね」

スタッフ「え?」

花音「私の部屋以外は駄目です」

花音「あ、そうそう」

花音「今日はうちの親…居ませんから」

スタッフ「ええ?」

花音「いっぱい可愛がってくださいね♪」

スタッフ「ど、どういう…」

花音「着きました」

花音「どうぞ中へ」

スタッフ「おじゃまします」

スタッフ(電気が付いていない…本当に居ないの)

スタッフ「↓2」
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 08:52:56.85 ID:QuRqYH8hO
加速
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 09:08:25.44 ID:xwsEUxGYO
何をすればいいですか?
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 16:35:32.33 ID:/E/AjZET0
スタッフ「何をすればいいですか?」

花音「!」

花音「じゃあ…」





スタッフ「…」

花音「♪」

スタッフ(何故か2人で湯船に浸かる事に)

花音「別に目を瞑らなくてもいいのに…」

スタッフ「そう言うわけには」

花音「↓2」

スタッフ「↓4」
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 16:36:35.63 ID:EexCVNTYO
加速
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 16:44:16.10 ID:2KrE4C/D0
目を開けてください♪(身体を密着)
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 16:49:06.40 ID:PeNvi8YJ0
加速
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 17:03:08.68 ID:xwsEUxGYO
あ、あの、離れましょう・・・
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 17:16:15.53 ID:/E/AjZET0
花音「目を開けてください♪」(身体を密着)

スタッフ「あ、あの、離れましょう・・・」

花音「駄目です」

スタッフ「うう…」

花音「スタッフさんになら見られても良いので」

スタッフ「よ、よろしくない…かなって…思いまして」

花音「…」

花音「目を開けてないし…何されても…仕方ないですよね♪」

スタッフ「え?」

花音「↓1」

スタッフ「↓3」
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 17:17:52.83 ID:7vn6EXvwO
身体中あちこち触りますね
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 17:20:57.85 ID:2KrE4C/D0
加速
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 17:35:05.74 ID:EexCVNTYO
ま、待ってください(目を開けてしまう)
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 17:52:26.57 ID:/E/AjZET0
花音「身体中あちこち触りますね」

スタッフ「ま、待ってください」(目を開けてしまう)

花音「あっ…ふふふ…」

スタッフ「た、タオルは…」

花音「巻いてませんよ」

スタッフ「どうし…」

花音「そんな事より」

花音「私の身体…好きにして良いんですよ?」

スタッフ「な、なにもしません」

花音「本当に?」

スタッフ「はい」

花音「じゃあ…本当かどうかは腰に巻いてるタオルを取って確認しますね」

スタッフ「だ、駄目です!」



↓2まで なにかおきる
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 18:03:54.61 ID:7vn6EXvwO
花音をくすぐる事になる
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 18:20:04.82 ID:aLQLD3KC0
一緒のベッドで寝る
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 18:56:19.49 ID:/E/AjZET0
花音「…駄目ですか」

スタッフ「と、当然です!」

花音「なら、分かりますよね?」

スタッフ「ええと…」

花音「私をくすぐってくださいね♪」

スタッフ「はい…」




花音の部屋
花音「…また目を瞑るんですね」

スタッフ「まあ…はい」

花音「あけ…ひゃん!」

花音「いかなり…くふ…ふひひひひ」

スタッフ「…」

花音「ひうっ!そこ…はぁ!あははは!」

スタッフ「↓1」

花音「↓3」
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:06:58.78 ID:EexCVNTYO
ちょっと強めにしますね
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:11:11.14 ID:2OdZSjqR0
イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!!
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:20:33.73 ID:fasRkkwa0
もう、止まらない……
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:21:06.46 ID:V//q8XXpO
ひゃ!あふっ…ふふふふふ…んあっ!?+↑
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 19:31:59.68 ID:/E/AjZET0
スタッフ「ちょっと強めにしますね」

花音「もう、止まらない……」

花音「くひひっ…ひっ!ひあっ!」

スタッフ「…」

花音「あっ!あんっ…くひゅひゅ…」

花音「くひぃ!いいっ!ああっ!ああっ!」

花音「すごっ!あっ!あっ!」

花音「あっ…くぅ…っ!」

花音「イ、イク…っ!〜〜〜〜〜〜っ!」びくん

スタッフ「満足しましたか?」

花音「はん…スタッフさん…」

スタッフ「まだ続けるなら…」

花音「↓2」
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:43:01.99 ID:aLQLD3KC0
加速
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 19:58:07.17 ID:xsxy4cVxO
もっと、もっと
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 20:13:09.44 ID:/E/AjZET0
花音「もっと、もっと」

スタッフ「…分かりました」

スタッフ「ではさらに強くしますね」

花音「お願いしましゅ…」

スタッフ「最初から弱い所を…」

花音「んあっ!?ああっ!あっく…あっ!」

花音「あっ!ひんっ!…んんんっ」

スタッフ「すごく濡れてますね…」

花音「あんっ…そこを…」

スタッフ「ここを?」

花音「んんっ…くすぐって…ください…」

スタッフ「分かりました」

花音「ああっ!?あうっ…んんっ!んあっ!」

スタッフ「↓2」
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:16:30.26 ID:PeNvi8YJ0
終わらせましょう
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:21:11.20 ID:aLQLD3KC0
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 20:33:47.14 ID:/E/AjZET0
スタッフ「終わらせましょう」

花音「ひぐっ!?んあっ!」

花音「ああっ!あっ!あんっ!んんんっ!」

花音「んひゃあっ!?はげしいよぉ!!」

スタッフ「ラストスパートです」

花音「あっ!ああっ!あんっ!んんっ!」

花音「イッ…あんっ!ああ…あ!?」

花音「イッ!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!」びくんびくん

スタッフ「ふぅ…」

スタッフ「↓1」

花音「↓3」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:35:18.72 ID:xsxy4cVxO
どうですか?
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:45:49.32 ID:aLQLD3KC0
加速
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:55:06.54 ID:AY3HKShfo
スタッフさんの、すごく興奮してます・・・
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 20:56:07.98 ID:EexCVNTYO
最高ですぅ……また、やってくださいね
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 21:01:56.26 ID:/E/AjZET0
スタッフ「どうですか?」

花音「スタッフさんの、すごく興奮してます・・・」

スタッフ「…気のせいです」

花音「ふふ…我慢しなくても…」

スタッフ「…」

花音「ふぁん!?」

スタッフ「ちょっとなぞっただけなのに」

花音「ふ、不意打ち…」

スタッフ「気のせいですよね?」

花音「でも…んっ…んひ…」

スタッフ「興奮なんてしてません」

花音「↓2」
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:04:04.38 ID:2OdZSjqR0
……嘘つき
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:08:50.16 ID:EexCVNTYO
ず、ずるいぃぃぃ
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 21:15:51.51 ID:/E/AjZET0
花音「ず、ずるいぃぃぃ」

スタッフ「…」

花音「ああっ!イクッ!」ビクビク

スタッフ「こんなに濡らして…」

花音「ひっ…ひう…」

スタッフ「僕は興奮してません…よね?」

花音「は、はいぃ…してません…」

スタッフ「では寝ましょうか」

花音「…むー」

スタッフ「えーと…」

花音「同じベットで寝ましょう」

スタッフ「え?」

花音「意地悪するスタッフが悪いんです」

スタッフ「別に意地悪なんて…」

花音「↓2」
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:18:23.40 ID:aLQLD3KC0
加速
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:20:04.27 ID:PeNvi8YJ0
答えも先送りにするし…
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 21:26:19.17 ID:/E/AjZET0
花音「答えも先送りにするし…」

スタッフ「え、えー」

花音「早く寝転んでください」

スタッフ「先にパジャマを…」

花音「良いですこのままで」

スタッフ「…そうですか、分かりました」

花音(くっついて興奮してるって認めさせる)

スタッフ「…」

花音「↓1」

スタッフ「↓3」
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:31:01.89 ID:2OdZSjqR0
あっ……ここ(股関)大きくなってる///
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:35:14.70 ID:aLQLD3KC0
加速
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:37:19.02 ID:EexCVNTYO
寝ましょう
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:38:00.38 ID:fasRkkwa0
おい、そんなとこ触ったら……
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 21:44:32.08 ID:/E/AjZET0
花音「あっ……ここ(股関)大きくなってる///」

スタッフ「寝ましょう」

花音「良いんですか?」

スタッフ「何がでしょうか」

花音「辛くないですか?私が…」

スタッフ「大丈夫ですので…」

スタッフ「触っちゃ駄目です」

花音「ふふっ…」

花音「私に任せてください…初めてですけど…」

スタッフ「駄目です」


↓2 なにかおきる
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:48:27.81 ID:aLQLD3KC0
加速
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:49:37.48 ID:PeNvi8YJ0
お互いに疲れていたのか熟睡
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 21:49:54.08 ID:AY3HKShfo
ここでは書けないことが起こる(無論、描写は飛ばされる)
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 21:57:32.34 ID:/E/AjZET0
スタッフ「寝るまで手を握っておきます」

花音「!」

スタッフ「早く寝ましょう」

花音「…はい」

スタッフ「もう疲れましたから…」

花音「今はこれで…お休みなさい」





次の日
花音「…」

花音「あれ?…スタッフさん」

スタッフ「…」

花音「まだ寝てますね」

花音「↓2」
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:02:38.05 ID:2OdZSjqR0
さて、あそこは……っと
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:03:09.03 ID:aLQLD3KC0
キスしちゃいましょう
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 22:13:35.49 ID:/E/AjZET0
花音「キスしちゃいましょう」

花音「ふふふ…これぐらい良いですよね?」

花音「んっ…ちゅ」

スタッフ「…んん」

花音「んん!?」

花音(頭を抑えられ…舌が…!)

花音「ん…んちゅ…んんっ!んあ…」

花音「んんっ!んんん〜〜っ!」

スタッフ「…ん?」

花音「はぁ…はぁ…」

花音「↓2」
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:14:37.46 ID:2OdZSjqR0
テクニシャンでしたね
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:18:31.62 ID:aLQLD3KC0
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 22:27:12.45 ID:/E/AjZET0
花音「テクニシャンでしたね」

スタッフ「ん?おはようございます」

花音「ふふっ…」

スタッフ「…着替えて仕事ですね」

花音「もう?」

スタッフ「ええ…とりあえず…身だしなみを」

花音「…無意識であれを」






サークル

スタッフ「おはようございます」

まりな「おはよ…花音ちゃん?」

花音「まりなさん…スタッフさんすごかったですよ」

まりな「な、なにが?」小声

花音「キス…寝てる時にキスしたらイカされちゃった」小声

まりな「↓2」
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:29:43.12 ID:aLQLD3KC0
加速
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:39:37.83 ID:CDNncMp1O
おお、流石
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 22:43:36.30 ID:/E/AjZET0
まりな「おお、流石」

花音「寝起きにすごいのもらっちゃいました」

スタッフ「?」

まりな「まあ…良い事よ」

スタッフ「は、はあ」

花音「ふふ…また一緒に寝ましょうね♪」

スタッフ「あ、あはは…」

オーナー「↓3」
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:46:29.71 ID:PeNvi8YJ0
加速
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:46:46.21 ID:aLQLD3KC0
加速
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 22:47:45.94 ID:EexCVNTYO
旅行の日程決まったぞ
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 22:57:09.68 ID:/E/AjZET0
オーナー「旅行の日程決まったぞ」

スタッフ「あ、オーナーさん」

まりな「おお!やっとだね」

オーナー「明日な」

花音「え?」

こころ「あたしに任せて!」

花音「こころちゃん!?」

こころ「あたしがみんなの家から許可貰ってくるわ!」

スタッフ「え?」

まりな「お、お願いね」

オーナー「ちゃんと準備してくるんだよ」

スタッフ「これでいいのかな…?」

オーナー「2泊3日だ」

はぐみ「旅行だー!」

薫「楽しみだね…そう思わないかい?」

スタッフ「そうですね…楽しみです」

美咲「↓1」

花音「↓3」
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:04:32.65 ID:CDNncMp1O
同じ部屋だね
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:07:51.46 ID:2OdZSjqR0
加速
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:12:13.79 ID:aLQLD3KC0
いいなぁ
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/29(水) 23:22:42.56 ID:/E/AjZET0
美咲「同じ部屋だね」

花音「いいなぁ」

まりな「今日は早いね」

チュチュ「こころ様が情報を掴んだからね」

まりな「なるほど」

オーナー「ま、そう言うわけだ」

オーナー「私は用事があるからもう行くよ」

スタッフ「あ、お疲れ様です」

まりな「今日パレオちゃんは?」

チュチュ「え?後ろに…」

はぐみ「こころんについていってたよ」

チュチュ「嘘でしょ!?」

ひまり「スタッフさーん!」

有咲「おはよう…」

燐子「お父さん…」

まりな「3人とも、旅行は明日からだよ」

薫「こころがみんなの家族に許可取ってくるとの事だよ」

美咲「どんだけ行動力あるんだか」

ひまり「↓1」

燐子「↓3」

有咲「↓5」
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:31:31.42 ID:EexCVNTYO
うちはオッケーだって
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:45:02.42 ID:aLQLD3KC0
加速
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:49:43.75 ID:pnwwE4FNO
お母さんも行きたがっていましたが・・・
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:54:29.77 ID:EexCVNTYO
加速
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/29(水) 23:59:35.79 ID:3fHn9ITZO
昨日はどうだった?
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 00:56:44.20 ID:gUNjG3bD0
ひまり「うちはオッケーだって」

燐子「お母さんも行きたがっていましたが・・・」

有咲「昨日はどうだった?」

スタッフ「どう?」

有咲「先輩の家はどうだったって聞いてる」

スタッフ「ええと…一緒にお風呂入ってくすぐって寝ました」

花音(寝起きにディープキス絶頂を貰ったけど…言わなくてもいいかな)

有咲「まあそのぐらいなら…うん」

スタッフ「?」

まりな「人数的に厳しいかもね燐子ちゃんのお母さん」

燐子「そうですか…」

はぐみ「楽しみー!」

まりな「残念なのが混浴が無いところよね」

有咲「スタッフさん以外の男に見られるぐらいなら無くても良かった」

ひまり「確かにそうだね」

美咲「各部屋にシャワーぐらいありますよね」

まりな「あったよ」

美咲「…よし」

薫「何を考えているのかな?」

花音「くすぐりですよね」

美咲「べ、別に…」

まりな「さて今日は仕事片付けて明日にそなえよっか」

スタッフ「そうですね」



↓2まで なにかおきる
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 07:02:41.70 ID:EhQKNkRX0
マヤがパスパレメンバーにくすぐり動画を見せられている
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 07:05:25.52 ID:KgzPd59qO
沙綾の店に昼食を買いに行くスタッフ
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 09:22:19.09 ID:gUNjG3bD0
まりな「そろそろお昼休憩にしよっか」

スタッフ「分かりました」

スタッフ「僕はお昼買って来ます」

まりな「行ってらっしゃい」

まりな「たまには一緒にお昼食べてくれても良いのに」

千聖「こんにちは」

まりな「あらいらっしゃい」

麻弥「連れて来られたっす」

イヴ「どうもです!」

彩「お部屋1つ借りても良いですか?」

まりな「それは構わないけど…どうしたの?」

千聖「麻弥ちゃんもちゃんと…堕とさないとね」

麻弥「え?」

日菜「うんうん」

イヴ「ブシドーです!」

麻弥「ま、待ってくださいっす!」

まりな「そういう事ね、はいこれ鍵」

日菜「じゃあ早速準備しよー」

イヴ「おー!」

麻弥「↓2」

千聖「↓4」
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 09:30:05.32 ID:WtgttNjLO
加速
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 09:46:18.96 ID:6R5pcQx2O
に、逃げ場は・・・
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 09:54:52.30 ID:oX3Raj0l0
加速
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 10:08:55.83 ID:bUhbwS4KO
無いわ
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 10:20:05.95 ID:gUNjG3bD0
麻弥「に、逃げ場は・・・」

千聖「無いわ」

麻弥「無慈悲!?」

彩「さ、行こうね」

千聖「くすぐりの良さを教えてあげるわ」

麻弥「そ、そんな…」

まりな「楽しんでらっしゃい」






スタッフ「…」

沙綾母「いらっしゃい」

沙綾母「今日は何にするの?」

スタッフ「そうですね…」

スタッフ「↓2」

沙綾母「↓4」
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 10:37:10.79 ID:u20bV43Q0
加速
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 11:00:05.60 ID:bUhbwS4KO
クリームパンとサンドイッチを
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 11:14:04.17 ID:VrazZoffO
加速
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 12:02:36.41 ID:oX3Raj0l0
紗南にあっていってくれない?
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 17:41:53.56 ID:gUNjG3bD0
スタッフ「クリームパンとサンドイッチを」

沙綾母「紗南にあっていってくれない?」

スタッフ「今お昼休憩ですのでそんなに時間無いですが」

スタッフ「それでもよければ」

沙綾母「ええ、紗南が会いたがってたの」

紗南「あー!スタッフさん!」

スタッフ「こんにちは」

紗南「↓2」
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 17:45:28.01 ID:9OqD5/ppO
加速
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 18:18:18.63 ID:EhQKNkRX0
スタッフさん、大きくなったら結婚してね
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 18:28:28.13 ID:gUNjG3bD0
紗南「スタッフさん、大きくなったら結婚してね」

スタッフ「え…」

紗南「絶対だよ!」

スタッフ「ええと…」

沙綾母「あらあら」

沙綾「あ、スタッフさん」

紗南「結婚!お嫁さん!」

スタッフ(こういう時はどう返せば良いんだろう)

沙綾「また言ってるの?」

紗南「だってだって!」

沙綾「↓2」

スタッフ「↓4」
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 18:34:23.44 ID:u20bV43Q0
段階を踏まないと
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 18:45:29.97 ID:KgzPd59qO
じゃあ、大きくなったら一緒にね……ふふふ
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 18:46:36.47 ID:EhQKNkRX0
加速
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 18:56:12.79 ID:OrAhVUtSO
あの・・・?
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 19:10:04.40 ID:gUNjG3bD0
沙綾「じゃあ、大きくなったら一緒にね……ふふふ」

スタッフ「あの・・・?」

紗南「いっしょ!いっしょ!」

沙綾母「良かったわね〜紗南」

紗南「うん!」

スタッフ(どうしてこうなった…)

沙綾「今日はパンを買いに?」

スタッフ「ええ、クリームパンとサンドウィッチを」

純「ああ!スタッフだー!」

スタッフ「やあこんにちは」

純「遊ぼーぜ!仮面ライダーごっこしようぜー!」

スタッフ「ごめんね、これから仕事なんだ」

純「えー!」

純「せっかくフルーツの変身アイテム買って貰ったのに」

スタッフ「フルーツ?」

沙綾母「ハマってるの」

沙綾「ちょっと前のなんだけどね」

スタッフ「そ、そうでしたか」

紗南「それよりおままごとー」

スタッフ「そろそろお仕事行ってきますので…また今度」

純「↓1」

紗南「↓3」
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 19:15:16.29 ID:EhQKNkRX0
今度はちゃんと遊んでよー!
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 19:22:57.79 ID:EhQKNkRX0
加速
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 19:31:21.37 ID:Q2noKNhNO
くすぐってね
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 19:44:53.45 ID:gUNjG3bD0
純「今度はちゃんと遊んでよー!」

紗南「くすぐってね」

スタッフ「!?」

沙綾「早く行こう!」

スタッフ「え?でも…お、押さないで…」

純「ばいばーい!」

紗南「…」

沙綾母(くすぐり?)




スタッフ「どうしてくすぐりの事を…」

沙綾「な、なんでだろうね…」

スタッフ「まさか月島さんが…」

沙綾「まりなさんは関係ないと思うよ」

スタッフ「そうですか?」

沙綾「とにかく早く行ってパン食べましょう!」

スタッフ「そうですね…あれ?」

沙綾「どうしたんですか?」

スタッフ「焼きそばパンが入ってる…」

沙綾「うーん…帰ったらお母さんに聞いてみます」





スタッフ「着きましたね」

まりな「おかえり」

スタッフ「休憩室使いますね」

沙綾「私も」

まりな「はいはい」

麻弥「…」

スタッフ「大和さん?」

麻弥「!」

沙綾「どうしたの?」

麻弥「↓2」
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 19:47:09.91 ID:u20bV43Q0
加速
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 19:50:04.15 ID:KgzPd59qO
ふへへ
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 19:54:32.45 ID:gUNjG3bD0
麻弥「ふへへ」

スタッフ「…笑ってる?」

沙綾「ど、どうしたんだろ?」

麻弥「スタッフさん…」

日菜「はーい!麻弥ちゃんこっちねー」

彩「ではではー」

スタッフ「なんだったんでしょう?」

沙綾「さあ…」




麻弥「ふへへ…」

千聖「ちょっと効果ありすぎたわね」

日菜「いやーまさか」

イヴ「麻弥さんも…」

彩「くすぐり動画を全部見てて、しかも1人でしてたなんて!」

麻弥「↓2」
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 20:12:21.78 ID:EhQKNkRX0
加速
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 20:31:11.09 ID:5m13R9xoO
くすぐってくださいっす!
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 20:59:39.20 ID:gUNjG3bD0
麻弥「くすぐってくださいっす!」

イヴ「ブシドーを刻まれたいみたいです」

千聖「そういうのはスタッフさんに頼まないと」

日菜「私たちはくすぐらないよ?」

麻弥「そんなぁ…」

日菜「まあくすぐりデートがあるからその時にくすぐってもらえるよ」

彩「良いよね…くすぐり…」

イヴ「これでみなさんブシドーが」

日菜「あーまだ1人堕ちてはないよね」

千聖「そうね」

麻弥「ふへ…ふへへへ」

彩「はぐみちゃん?」

千聖「…他の人に任せるしかないのだけれど」

日菜「くすぐってもらいたいならスタッフさんにおねだりして完全に堕ちないと」

麻弥「そうっすね…ふへへ」





スタッフ「焼きそばパン美味しいですね」

沙綾「私が作った焼きそばとパンだよー」

スタッフ「なるほど…料理が出来て面倒見も良いですよね」

スタッフ「山吹さんはきっといいお母さんになりますね」

沙綾「!?」

スタッフ「↓1」

沙綾「↓3」
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 21:11:51.63 ID:KgzPd59qO
紗南ちゃんや純くんが自慢するのがわかります
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 21:15:43.50 ID:u20bV43Q0
今の、普通は告白だと思われるよ
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 21:34:59.10 ID:5HXJXSzuO
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 21:44:57.10 ID:gUNjG3bD0
スタッフ「紗南ちゃんや純くんが自慢するのがわかります」

沙綾「今の、普通は告白だと思われるよ」

スタッフ「え?」

スタッフ「褒めただけなんですけど…」

沙綾「いやいや…あれは告白だよ」

沙綾「結婚して良いお母さんになって欲しいって言ってるようなもの」

スタッフ「ええ!?」

沙綾「私は…良いけどね」

沙綾「結婚」

スタッフ「ぼ、僕はそんな事考えずに…その…」

沙綾「分かってる、だってスタッフさんは…」

沙綾「鈍感だもん」

スタッフ「ええ…と」

沙綾「あんまりそう言う事を褒め言葉で使わないように」

スタッフ「は、はい」

沙綾「↓2」
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 21:45:42.57 ID:EhQKNkRX0
加速
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 22:00:18.36 ID:KgzPd59qO
私にはどんどん言っていいですからね
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 22:12:52.19 ID:gUNjG3bD0
沙綾「私にはどんどん言っていいですからね」

スタッフ「あ、あはは…」

スタッフ(次から気をつけよう)

燐子「お父さんが…告白…ぷ、プロポーズを…」

スタッフ「白金さん!?」

燐子「お父さん…結婚する…」

スタッフ「待ってください」

有咲「ん?結婚?」

ひまり「ちょっとスタッフさん!」

沙綾「あらら…聞かれてたみたい」

スタッフ「あのごか…」

燐子「↓1」

ひまり「↓3」
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 22:26:00.14 ID:EhQKNkRX0
私は娘です
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 22:27:21.26 ID:u20bV43Q0
加速
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 22:33:07.81 ID:ilGMOZ3/O
皆にも言いましょう!
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 23:10:18.18 ID:gUNjG3bD0
燐子「私は娘です」

ひまり「皆にも言いましょう!」

スタッフ「いやあの!」

有咲「待った待った」

ひまり「どうしたの?」

燐子「?」

沙綾「有咲?」

有咲「なんかの間違いだろ?」

スタッフ「誤解です」

ひまり「えー」

沙綾「誤解…?なのかな?」

有咲「スタッフさんはそう言うとこあるからな」

有咲「鈍感で独身考えてた」

有咲「そんなスタッフさんがいきなり結婚だなんてありえねーよ」

スタッフ「まあ…結婚は考えてないです」

沙綾「でもね、いいお母さんになりますねなんて言われたら」

有咲「…まあ嬉しいわな」

燐子「つまり結婚…!」

有咲「いや!それは飛躍し過ぎです」

ひまり「…」

スタッフ「↓2」

有咲「↓4」
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 23:14:46.88 ID:m854O2Dt0
ふみ
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 23:22:13.57 ID:KgzPd59qO
……もし、言う時が来たらキチンと言います
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 23:30:51.85 ID:EhQKNkRX0
加速
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 23:42:27.96 ID:GT7p3Ft9O
約束だぞ
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 00:02:09.49 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「……もし、言う時が来たらキチンと言います」

有咲「約束だぞ」

スタッフ「はい」

ひまり「ま、結局最後は」

燐子「ハーレムエンド…」

スタッフ「そ、そうですね…」

有咲「まったく…」





まりな「さて仕事終わり!」

スタッフ「お疲れ様でした」

まりな「明日は旅行だからね」

美咲「楽しみ」

はぐみ「温泉!」

ひまり「観光!」

有咲「ゆっくりしたいよな」

こころ「なんとか全員の家族から許可を貰ってきたわ!」

花音「流石こころちゃん」

チュチュ「楽しみね!」

パレオ「チュチュ様?我々は同行しませんよ?」

チュチュ「…へ?」

こころ「燐子のお母さんは…色々大変だったわ」

美咲「おつかれ」

スタッフ「遅刻が無いようにしましょうか」

ひまり「今日はスタッフさんが一緒だから大丈夫だね!」抱き着き

花音「…」

有咲「…」

沙綾「そんな話が…」

ひまり「今日はお泊り!」

スタッフ「え?」

ひまり「くすぐられてそのまま寝ちゃう予定」

ひまり「↓2」
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 00:03:21.71 ID:Iz/GkIbn0
加速
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 00:07:22.23 ID:PRmztmkhO
お手柔らかによろしく
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 00:22:04.32 ID:W8kvOmCX0
ひまり「お手柔らかによろしく」

スタッフ「…くすぐりなしでも…」

ひまり「それはダメ」

美咲「いいなぁ」

ひまり「どうせ旅館でくすぐられるんだから」

スタッフ「え?そんなこと…」

美咲「そっか」

こころ「そろそろ私もくすぐられたいわ!」

薫「同感だよこころ」

はぐみ「?」

沙綾「私も」

スタッフ「お、お疲れ様でした」

ひまり「いざ、スタッフさんの家へ!」






スタッフの家

スタッフ「晩御飯作りますので座って待っててください」

ひまり「あ、お風呂入っても良い?」

スタッフ「どうぞ」

ひまり「じゃあお風呂入るー」

スタッフ(今日は何作ろうかな…)



数分後

ひまり「上がりましたー」

スタッフ「もう少しで……!?」

ひまり「どう?」裸エプロン

スタッフ「↓1」

ひまり「↓3」
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 00:24:07.95 ID:RoPVfSD5O
に、似合ってますが……(目そらし)
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 00:29:36.59 ID:Iz/GkIbn0
加速
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 06:34:02.64 ID:3388kBeHO
えへへ、良かった
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 07:39:34.43 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「に、似合ってますが……」(目そらし)

ひまり「えへへ、良かった」

スタッフ「服を…」

ひまり「嫌」

スタッフ「…」

スタッフ「今日はグラタンです」

ひまり「グラタン!」

スタッフ「やけどの恐れが…」

ひまり「大丈夫!」

スタッフ「そ、そうですか」

ひまり「とこから見ても良いんだよ?」

スタッフ「そう言うわけには…」

ひまり「↓2」
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 07:47:56.10 ID:hLQfT0T9O
加速
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 08:09:56.91 ID:CbVBIYpZ0
じゃあ、脱ぎますね
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 08:53:21.29 ID:W8kvOmCX0
ひまり「じゃあ、脱ぎますね」

スタッフ「勘弁してください…」

ひまり「良いじゃん、どうせくすぐりの時に脱ぐし」

スタッフ「いや…それは…」

ひまり「もうすでに一回見てるから良いでしょ」

スタッフ「あれは事故で…」

ひまり「故意で目を開けてたよね」

スタッフ「それは…そうなんですが…」

ひまり「なら良いよね」

スタッフ「あ、グラタン出来ましたね…」

ひまり「↓2」

スタッフ「↓4」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 08:59:25.76 ID:hLQfT0T9O
加速
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 09:13:39.19 ID:xEatXH6IO
うーん、いい匂い!
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 09:18:08.06 ID:etbAs7HF0
加速
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 09:34:45.73 ID:65rvB9PAO
持って来ます
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 11:45:12.82 ID:W8kvOmCX0
ひまり「うーん、いい匂い!」

スタッフ「持って来ます」

ひまり「はーい!」

スタッフ(上原さんの方見れない…)

スタッフ「どうぞ、グラタンです」

ひまり「いただきます!」

スタッフ「いただきます」

ひまり「おいひい!」

スタッフ「やけどしないように気をつけてくださいね」

ひまり「分かってるー」





スタッフ「さて、お風呂も入ったし」

ひまり「後はデザートに私を食べる(意味深)だね」

スタッフ「↓2」
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 11:54:16.73 ID:ZrUIiwJnO
加速
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 12:06:06.27 ID:CbVBIYpZ0
え?どういう意味です?
まりなさんみたいに「身体に盛り付けして」みたいな意味ではないですよね?
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 18:27:01.72 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「え?どういう意味です?」

スタッフ「月島さんみたいに「身体に盛り付けして」みたいな意味ではないですよね?」

ひまり「そっか…分からないなら教えてあげる」

スタッフ「い、いえ…遠慮させてもらいます」

スタッフ(嫌な予感がする)

ひまり「大丈夫、将来みんなとする事だから」

ひまり「私も初めてだけど」

スタッフ「普通に寝ましょう、明日は遅刻出来ません」

ひまり「大丈夫大丈夫」

ひまり「↓2」

スタッフ「↓4」
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 18:36:04.46 ID:p0ZLBk760
加速
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 18:38:40.42 ID:uoA1cb9fO
それとも、満足するまでくすぐる?
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 18:48:03.76 ID:Iz/GkIbn0
加速
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 18:56:32.49 ID:6wRQMJ28O
……くすぐります
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 19:19:59.12 ID:W8kvOmCX0
ひまり「それとも、満足するまでくすぐる?」

スタッフ「……くすぐります」

ひまり「うん…たくさんくすぐってくださいね♪」

スタッフ「はい…」

ひまり「あと…これ使ってね」

スタッフ「これは?」

ひまり「◯マ」

スタッフ「マッサージ機でしたよね」

ひまり「それを…私の弱い所に当てて使ってね」

スタッフ「はあ…分かりました」

ひまり「あ、それと目を開けてね」

スタッフ「開けません」

ひまり「む…だったr…んあぁ!?」

スタッフ「始めます」

ひまり「んっ…ああっ!いきなりぃ!弱い所!?」

スタッフ「すごく振動してますね」

スタッフ「おっと…くすぐりもしないと」

ひまり「んんっ…んひひ…あんっ!」

スタッフ「↓2」

ひまり「↓4」
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 19:24:53.48 ID:hBofUceo0
どんどんヒートアップしますよ
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 19:35:17.53 ID:54uOew7AO
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 19:41:45.28 ID:Iz/GkIbn0
加速
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 19:59:25.02 ID:gj2wtoWYO
ぜひ!
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 20:12:37.83 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「どんどんヒートアップしますよ」

ひまり「ぜひ!」

スタッフ「ここをくすぐって…」

ひまり「ひやああ!?あっ!んんっ!」

ひまり「んっ!あーーひゃっひゃっひゃ!」

スタッフ「ここもくすぐったいみたいですね」

ひまり「ひゃんっ!?ああっ!」

スタッフ「…」

ひまり「あはははは!んんっ!そこ!くしゅぐったい!」

スタッフ「そうですか、続けますね」

ひまり「あひひひ…ひうっ!…んあっ!あっ!あっ!」

ひまり「振動が…っ!つよっ…はんっ!?んんっ!」

ひまり「んんっ…んんんっ!ひゃああ!!」

スタッフ(片手じゃ…大変ですね)

ひまり「あっ!くぅ…んんっ!」

ひまり「↓2」
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 20:23:55.16 ID:Iz/GkIbn0
加速
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 20:38:42.10 ID:TzPKa8t5O
お、堕ちちゃうぅぅ……!!
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 20:50:15.68 ID:W8kvOmCX0
ひまり「お、堕ちちゃうぅぅ……!!」

スタッフ(落ちる?)

ひまり「あっあひっ!ひあ!あああっ!」

スタッフ「上原さん」

ひまり「ひゃ!ひゃい!」

スタッフ「このマッサージ機持っててください」

ひまり「ふえ?」

スタッフ「両手でくすぐりますので」

ひまり「は、はい…」

スタッフ(ラストスパートですね)

ひまり「んんっ!んああああっ!はげしっ!ひっあっ!あっ!」

ひまり「あっ!あんっ!あっ!あああっ!」

ひまり「◯マも!くしゅぐりも!激しいよぉ!!」

スタッフ「…」

ひまり「ああっ!駄目だめっ!?イクッ!イッちゃう!?」

スタッフ「↓2」

ひまり「↓4」
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 20:56:58.24 ID:TzPKa8t5O
加速
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 21:04:16.12 ID:Iz/GkIbn0
これで終わりです!
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 21:13:04.30 ID:rBWnWxA0O
加速
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 21:23:52.61 ID:6wRQMJ28O
イックぅぅぅぅ!
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 21:35:49.41 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「これで終わりです!」

ひまり「イックぅぅぅぅ!」びくんびくん

スタッフ「…布団がすごく濡れてる」

ひまり「ひっ…ひぐっ…」

スタッフ「マッサージ機は多少濡れても大丈夫なんですね…」

ひまり「と、とめ…◯マ止めてぇ…」

スタッフ(マッサージ機はどこにあるんだろう?)

ひまり「ひゃん!?」

スタッフ「どこだろ…」

ひまり「ひうっ!?んあっ!!」

スタッフ「あ、あった」振動を最大にしてしまう

ひまり「んんっ!?んっ〜〜〜〜〜っ!!!」びくんびくん

スタッフ(拾って…電源を切る)

スタッフ「よし止まりましたね」

ひまり「はぁ…はぁ…」

スタッフ「↓1」

ひまり「↓3」
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 21:47:16.78 ID:pF5WqwDtO
どうしました?
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 21:52:56.96 ID:Iz/GkIbn0
かそく
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:13:26.20 ID:6wRQMJ28O
天然ドSぅ
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 22:23:13.97 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「どうしました?」

ひまり「天然ドSぅ」

スタッフ「ドSじゃないですよ」

スタッフ「とりあえずお客用の布団で寝ましょうか」

スタッフ「この濡れてるベッドで寝るのもあれなので」

ひまり「た…立てない…」

スタッフ「じゃあ連れて行きます」お姫様抱っこ

ひまり「!?」

スタッフ(最近良く布団を洗う事になってる気がする)

スタッフ「あ、その前にシャワー浴びます?」

ひまり「身体洗ってくれる?」

スタッフ「え?それぐらい自分で…」

ひまり「むー」

ひまり「スタッフさんがこんなにしたから動けないのに…」

スタッフ「ええ!?」

ひまり「支えて洗ってくれないと」

スタッフ「そ、そういうわけには…」

ひまり「もう全身触れてるんだから」



↓1 なにかおきる
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:40:51.51 ID:Iz/GkIbn0
スタッフが全身を洗ってあげる
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 22:52:28.36 ID:W8kvOmCX0
ひまり「洗って」

スタッフ「…分かりました」

スタッフ「その代わり寝るときは服着てください」

ひまり「はーい」




お風呂

ひまり「やっぱり目を瞑るんだ」

スタッフ「はい」

ひまり(スタッフさんのあれ…見ちゃった///)

ひまり(大きかった///)

スタッフ「洗いますので痛かったら言ってくださいね」

ひまり「う、うん」

スタッフ(まさかこんな事になるなんて…)

ひまり「ん…ふっ…」

ひまり(く、くすぐったい…)

スタッフ「…」

ひまり「くふ…ふふ…」

スタッフ「↓1」

ひまり「↓3」
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 23:19:42.79 ID:Iz/GkIbn0
じっとしててください
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 23:24:12.24 ID:6wRQMJ28O
加速
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 23:35:42.94 ID:TfLguvR7O
む、無理ぃ
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/31(金) 23:58:18.97 ID:W8kvOmCX0
スタッフ「じっとしててください」

ひまり「む、無理ぃ」

スタッフ「…なぜです?」

ひまり「ふっ…くすぐったい…からぁ…」

スタッフ「あ、すみません」

スタッフ(普通に洗ってるつもりだったんですけど…)

ひまり(さっきのくすぐりで敏感に…)

ひまり「んん…くひゅ…」

スタッフ「…」

ひまり「んあっ!?」

ひまり「んふ…ふっ…」

スタッフ(この濡れてた場所は念入りに洗った方が良いですよね)

ひまり「ふわっ!?んんっ!んひゃっ!?」

ひまり「しょこ…んああっ!なんでぇ!?」

スタッフ「濡れてましたし…ちゃんと洗っておかないと」

ひまり「あっ!?あっ!あっ!」

ひまり「ああ…あっ!?あああっ〜〜〜〜っ!」びくん

スタッフ「大丈夫ですか?」

ひまり「あ…あん…」

スタッフ「洗い流しますよ?」

ひまり「あっ…う、うん…」

スタッフ「↓1」

ひまり「↓3」
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:01:20.57 ID:B9uAauiw0
……よし、これで終わりです
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:06:22.69 ID:kmd8YaX9O
加速
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:21:22.96 ID:bFfBmqtWO
ひゃい・・・
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 00:37:08.11 ID:TV/m1EPk0
スタッフ「……よし、これで終わりです」

ひまり「ひゃい・・・」

スタッフ「もう立てますか?」

ひまり「むりだよぉ…」

スタッフ「困りましたね…着替えは手伝えないですし」

ひまり「体…拭いて…」

ひまり「もうこのまま寝る…」

スタッフ「服を…」

ひまり「お願い…」

スタッフ「…分かりました」

ひまり(その後身体を拭かれてる時にも1回絶頂し私は疲れて眠った)




次の日

スタッフ「…」

ひまり「…スタッフさんはまだ寝てる」先に目が覚めた

ひまり「あんなにイカされるなんて…ほんと」

ひまり「スタッフさんのえっち////」

ひまり「…」

ひまり「↓2」
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:38:19.25 ID:bFfBmqtWO
加速
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 00:47:37.54 ID:kmd8YaX9O
仕返しにキスしちゃお
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 01:03:16.77 ID:TV/m1EPk0
ひまり「仕返しにキスしちゃお」

ひまり「…」ごくり

ひまり「んっ…」

ひまり「ちゅ…んん…はぁ」

ひまり「…えへへ、ファーストキスあげちゃった」

ひまり「…」

ひまり「も、もう1回しても…」

スタッフ「ん〜?」

ひまり「え?ちょっ…んんっ!?」

ひまり「んちゅ…んっ…」

ひまり(身体を引っ張られディープキスされて)

ひまり「んあ…んんっ!んっ!」

ひまり(嘘…キスだけで…イッちゃう)

ひまり「んっ!んちゅ…んっ!?」

ひまり「んっ〜〜〜〜っ!?」びくん

ひまり(ディープキスで…イッちゃった…)



↓2まで なにかおきる
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 01:19:44.17 ID:B9uAauiw0
こころが迎えに朝早くやってきて寝てるスタッフにキスする
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 07:49:32.42 ID:p9gkbNXYO
旅行へゴー
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 08:39:06.91 ID:TV/m1EPk0
ひまり「よし、着替えたし…」

ピンポーン

ひまり「こんな時間に…?」

ひまり「まだ朝の5時…」

ひまり「とりあえずだr…」

こころ「スタッフ!迎えに来たわ!」

ひまり「こころ!」

こころ「あらひまりじゃない」

こころ「…まったくスタッフったらまたくすぐったのね」

ひまり「鍵閉まってたと思うんだけど…」

こころ「合鍵」

ひまり「なん…」

こころ「まだ寝てるのね」

スタッフ「…」

ひまり「そうだこころ…って何してるの?」

こころ「ちゅー」

ひまり「あ、駄目スタッフさんにキスすると…」

こころ「どうs…んんっ!?」

ひまり「あ、遅かった」

こころ「ふっ…んんっ…んっ!」

こころ「っ!〜〜〜〜っ!!??」びくん

こころ「ぷはぁ…はぁ…」

ひまり「どうだった?スタッフさんのディープキス」

こころ「↓2」
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 08:55:49.83 ID:B9uAauiw0
加速
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 09:04:41.43 ID:rARWnUwGO
ひまり、もう一度キスするから撮影して
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 09:17:42.81 ID:TV/m1EPk0
こころ「ひまり、もう一度キスするから撮影して」

ひまり「え?まあ良いけど…」

こころ「ちゅ…ん…」

こころ「んんっ…んちゅ」

こころ「んんっ!!んっ!」

こころ「んっ!?〜〜〜〜っ!!」びくん

こころ「ちゅえ…うふふ…」恍惚

ひまり「撮れたよ」

こころ「ありがと!私にも動画送っておいて」

ひまり「いいよー」

こころ「じゃあ起こしましょうか」

スタッフ「…」

こころ「スタッフ!起きてスタッフ!」

スタッフ「ん…んんーー」

スタッフ「…あれ?弦巻さん?」

こころ「おはよ!」

ひまり「おはようスタッフさん」

スタッフ「あ、おはようございます」

ひまり「↓1」

こころ「↓3」
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 09:26:14.30 ID:4dh93SXvO
流石ですね、この天然ドSぅ♪
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 09:44:09.46 ID:B9uAauiw0
加速
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 10:09:03.44 ID:rARWnUwGO
おはよう、行きましょ!
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 14:01:26.54 ID:TV/m1EPk0
ひまり「流石ですね、この天然ドSぅ♪」

こころ「おはよう、行きましょ!」

スタッフ「ドSじゃないです…」

スタッフ「…もうそんな時間ですか」

こころ「5時よ!」

スタッフ「随分早いですね」

こころ「早い方が良いでしょ?」

スタッフ「それもそうですね」

スタッフ「色々準備しましょうか」






スタッフ「集合9時で…」

ひまり「今何時?」

スタッフ「7時30分ぐらいです」

ひまり「ねー早すぎない?」

こころ「だって早く起きちゃったもの!」

こころ「楽しみで早起きしたの!」

スタッフ「そうでしたか」

ひまり「だとしても早いよー」

スタッフ「暖かいココアでも買って来ましょうか」

ひまり「良いんですか?」

スタッフ「良いですよ」

黒服「こちらに」

ひまり「…」

スタッフ「あ…どうも」

スタッフ「座って待ちましょうか」

ひまり「↓1」

こころ「↓3」
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 14:11:00.35 ID:YUGjpluuO
パレオちゃんは?
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 14:50:55.79 ID:B9uAauiw0
加速
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 15:04:52.30 ID:pnigQA/VO
ペットの世話を頼んだわ
・・・黒い服の人もスタッフとキスさせれば良かったかしら?
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 19:12:53.79 ID:TV/m1EPk0
ひまり「パレオちゃんは?」

こころ「ペットの世話を頼んだわ」

こころ「・・・黒い服の人もスタッフとキスさせれば良かったかしら?」

スタッフ(旅行…どうか普通にのんびり出来ますように)

こころ「ミッシェルも呼んだけどこれないって言われたわ」

ひまり「そ、そっかー残念だったね」

スタッフ「…」

こころ「ミッシェルもハロハピのメンバーなのに…」

ひまり「きっと忙しかったんだよ」

スタッフ「…楽しい旅行になればいいですね」

ひまり「楽しくなるに決まってるよ!」

こころ「ええ、みんな笑顔になるわ!」

スタッフ(笑顔…くすぐりでって事じゃないと祈ろう)





数時間後 旅館

オーナー「着いたよ」

香澄「おおー」

たえ「結構大きいねー」

まりな「とりあえず中入ろうね」

スタッフ「そうですね」

美咲「そうしよう!」






オーナー「私は女将と会って話をしてくるから自由にしてな」

まりな「はーい、そんなわけで自由行動」

スタッフ「荷物を部屋に置きましょう」



↓2まで なにかおきる
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 19:14:51.71 ID:Y5sOzCfO0
とりあえず卓球対決やることに
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 19:22:32.32 ID:UuKj6IYc0
上の後昼ごはんで地元の名物を食べる
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 20:15:50.61 ID:TV/m1EPk0
スタッフ「よし」

美咲「この後何を?」

スタッフ「特に何も考えてないですね」

美咲「じゃあ…」

日菜「スタッフさーん!」

スタッフ「氷川さん」

日菜「もーいつまで苗字呼びなの?」

スタッフ「それは…」

日菜「ま、いいよとりあえず」

日菜「スタッフさん、卓球をしよう!」

スタッフ「良いですよ」

美咲「え?」

日菜「そうこなくっちゃ!」

日菜「こっち来てね」

スタッフ「分かりました」

美咲「…」

美咲「一緒に観光したかったのに…」

はぐみ「みーくん!一緒にお出かけしよー」

美咲「…はいはい」





日菜「ふっふーん」

スタッフ「氷川さんは卓球経験は?」

日菜「ちょっとだけ」

スタッフ「僕もですね」

日菜「あ、そうだ」

スタッフ「どうしました?」

日菜「負けたら相手の言う事1つ聞く」

日菜「なんてどうかな?」

スタッフ「ええぇ…」

日菜「良いでしょー」

スタッフ「はぁ…分かりました」

スタッフ「僕の出来る範囲で」

日菜「うん!それで良いよ!」

スタッフ「↓1」

日菜「↓3」
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 20:19:49.98 ID:B9uAauiw0
では、全力で行きます
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 20:44:24.74 ID:UuKj6IYc0
加速
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 20:54:22.54 ID:txboya4CO
おお、手強そう……
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 20:59:35.36 ID:TV/m1EPk0
スタッフ「では、全力で行きます」

日菜「おお、手強そう……」

スタッフ「では…」

日菜「だったらこっちも本気で行くよ」

スタッフ(負けられない)

日菜(負けられない)



↓1 スタッフ
↓2 日菜
コンマ 高い方が勝つ
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/01(土) 21:01:53.04 ID:sR7Cgkoz0
アドセンスクリックお願いします
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:04:43.35 ID:0OoDxF2EO
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 21:10:11.46 ID:TV/m1EPk0
スタッフ 04
日菜 35



日菜「やったぁ!」

スタッフ「負けちゃいました」

日菜「いぇい!」

スタッフ「参りました」

日菜「これで1つ言う事聞いてもらえるんだよね」

スタッフ「あんまり無茶なのはやめてくださいね」

日菜「さてさて…どうしよっかなー」

スタッフ(結構動いたので汗が…)

日菜「じゃあ…」

日菜「↓2」
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:12:10.07 ID:txboya4CO
加速
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:14:52.43 ID:x0Lntrzv0
一緒にお風呂入ろう。目にタオルなしでね(私も何もなしでね)
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 21:23:21.52 ID:TV/m1EPk0
日菜「一緒にお風呂入ろう。目にタオルなしでね」

日菜(私も何もなしでね)

スタッフ「ええ!?」

日菜「1回経験してるし無茶な事じゃないでしょ?」

スタッフ「こ、混浴はないですよ」

日菜「部屋にお風呂付いてるから」

スタッフ「それって結構狭かったような…」

日菜「問答無用!」

スタッフ「そ、そんな…」

日菜「あ、目を瞑るのも駄目だからね」

スタッフ「え?」





日菜「私の部屋の方のお風呂に入ろうね」

スタッフ「どうしてこうなった…」

日菜「はぐみちゃんと2人部屋だからほぼ邪魔されないよ」

スタッフ(見られる可能性は低い…のかな?)

日菜「脱いだよ」

スタッフ「…」目逸らし

日菜「さ、入ろ」

スタッフ「うう…」

日菜「お湯は張ってあるからすぐ入れるけど…」

スタッフ「↓2」
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:27:05.97 ID:B9uAauiw0
加速
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:39:08.57 ID:txboya4CO
……入りましょう
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 21:46:48.93 ID:TV/m1EPk0
スタッフ「……入りましょう」

日菜「うん」

日菜「スタッフさん、先に入って」

スタッフ「分かりました」

日菜「これは密着しないと入れないねー」

スタッフ「そ、そんな事ないかと…」

日菜「よいっ…しょ」

スタッフ「どうして向かい合わせに…」

日菜「こっちの方がいいなって」

日菜「腰にタオルは…」

スタッフ「これだけは譲りません」

日菜「ふーん」

スタッフ「…」

日菜「↓2」
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 21:53:20.87 ID:x0Lntrzv0
でも大きくなっているのは分かるよ……嬉しいなぁ。私で興奮してくれて
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 22:01:54.40 ID:ITolim8xO
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 22:14:48.69 ID:TV/m1EPk0
日菜「でも大きくなっているのは分かるよ……」

日菜「嬉しいなぁ。私で興奮してくれて」

スタッフ「…」

日菜「もっとこっち見て…好きなようにしても良いんだよ?」

スタッフ「な、何もしませんよ」

日菜「あはっ!じゃ、私がするね」

スタッフ「するって…何を」

日菜「後ろ向いて…スタッフさんの足の間に座る」

スタッフ「なっ…」

日菜「興奮してるね〜」

日菜「日菜ちゃんの裸を見て…興奮して」

日菜「あんな事やこんな事したいって考えてるんじゃないの?」

スタッフ「そ、そんな事ないです…」

日菜「本当に?」更に密着

スタッフ「↓2」

日菜「↓4」
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 22:19:14.53 ID:B9uAauiw0
加速
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 22:26:10.69 ID:txboya4CO
本当です……
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 22:27:03.35 ID:x0Lntrzv0
でも体は正直みたいだよ?(膨らんでいるあそこをタオル越しに触りながら)
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 22:27:22.94 ID:UuKj6IYc0
まあそういうことにしておいてあげましょう
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/01(土) 23:08:41.77 ID:TV/m1EPk0
スタッフ「本当です……」

日菜「まあそういうことにしておいてあげましょう」

スタッフ「…そろそろ出ませんか?」

日菜「まだ」

スタッフ「そ、そうですか…」

日菜「今日菜ちゃんは背を向けてるから」

日菜「何かされても反応が遅れちゃうんだよ」

スタッフ「…」

日菜「出たいなら私に何かしないとね」

スタッフ「うっ…」

日菜「どうする?」



↓2 なにかおきる
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/01(土) 23:12:18.10 ID:x0Lntrzv0
その場を去ろうとしたスタッフさんのタオルがとれてスタッフさんのあれを日菜ちゃんがバッチリ見る
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 05:33:21.65 ID:ZZo+jdJ70
はぐみが帰ってくる
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 06:29:01.46 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「どうもしません…」

日菜「…」

スタッフ「やっぱりもう出ましょう」

日菜「…今日はここまでかな」

はぐみ「あれー?誰も居ない?」

日菜「あ、戻ってきた」

スタッフ「!?」

はぐみ「靴はあったのに」

スタッフ(ど、どうしよう…)

日菜「とりあえず静かにしておこうね」

はぐみ「↓2」
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 06:52:44.23 ID:2KhwPxsc0
外にいったのかな?
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 07:30:44.30 ID:CnHhYfgkO
ん?お風呂の匂い!
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 07:39:09.03 ID:Q2tce/4o0
はぐみ「ん?お風呂の匂い!」

日菜「あ、気付かれた」

スタッフ「まじですか…」

はぐみ「ここかー!」

日菜「や、おかえり」

はぐみ「あー!」

スタッフ「こ、これは…その…」

日菜「↓1」

はぐみ「↓3」
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 07:42:40.25 ID:7X0RY3KnO
一緒に入る?
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 07:43:28.10 ID:2KhwPxsc0
加速
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 08:17:43.81 ID:ZZo+jdJ70
入るー!髪の毛洗ってスタッフさん!
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 09:17:01.90 ID:Q2tce/4o0
日菜「一緒に入る?」

はぐみ「入るー!髪の毛洗ってスタッフさん!」

スタッフ「え?」

日菜「それぐらいやってあげても良いと思うよ」

はぐみ「着替えとってくる!」

スタッフ「え?やるとは言ってない…」

日菜「あ、そうだ」

日菜「ついでにくすぐりもしてあげなよ」

スタッフ「しませんよ」

はぐみ「服脱いだー」

スタッフ「ちょ!?タオルは!?」

はぐみ「?」

日菜「普通お風呂でタオルは付けないよ?スタッフさん」

スタッフ「時と場合によると思うのですが」

はぐみ「髪洗ってー」

スタッフ「わ、わかりましたよ…」

日菜「くすぐりやってあげなって」

はぐみ「↓1」

スタッフ「↓3」
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 09:21:36.58 ID:7X0RY3KnO
わーい、久しぶりだーあ、あと身体も洗ってね!
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 09:39:51.97 ID:ZZo+jdJ70
加速
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 09:57:05.53 ID:HsofGcJkO
・・・わかりました
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 10:21:49.31 ID:Q2tce/4o0
はぐみ「わーい、久しぶりだー」

はぐみ「あ、あと身体も洗ってね!」

スタッフ「・・・わかりました」

日菜(やっぱ押しに弱いよね〜)

スタッフ「じゃあ先に頭から」

はぐみ「はーい」

はぐみ「んーなんだかスタッフさん…お父さんみたい」

スタッフ「白金さんに続いて…」

スタッフ「洗い流しますよ」

はぐみ「うん、ありがと!」

はぐみ「昔お父さんにやってもらってたの思い出したよ」

スタッフ「そうですか…体を洗いますね」

スタッフ(昨日の上原さんに続いてまた体を…)

はぐみ「↓2」

日菜「↓4」
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 10:27:12.59 ID:hrfRKt+t0
加速
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 10:46:09.65 ID:ZZo+jdJ70
あっ!?ふわっ!?んんっ!んひゃっ!?あっ!?あっ!あっ!
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 10:48:13.53 ID:7X0RY3KnO
加速
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 11:15:40.34 ID:HsofGcJkO
もうちょい、丁寧にやったげて
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 11:54:08.46 ID:Q2tce/4o0
はぐみ「あっ!?ふわっ!?んんっ!んひゃっ!?あっ!?あっ!あっ!」

日菜「もうちょい、丁寧にやったげて」

日菜「もしかして体洗うのとくすぐり同時進行?」

スタッフ「いえ…普通に洗ってるつもりなのですが」

スタッフ「この脇の下とか脇腹が弱いようで…」

はぐみ「ああっ!!ひゃっ!んああ!?」

日菜「なるほど…」

日菜(テクニシャンすぎる)

はぐみ「↓2」

スタッフ「↓4」
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 12:10:04.63 ID:ZZo+jdJ70
かそく
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 12:18:26.83 ID:kzPwRVkFO
あ、あれ?何だか濡れてきちゃった
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 12:27:23.52 ID:+fihR4QcO
どこがですか?
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/02(日) 12:43:59.98 ID:pjaZW4JbO
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 13:35:54.07 ID:Q2tce/4o0
はぐみ「あ、あれ?何だか濡れてきちゃった」

スタッフ「どこがですか?」

はぐみ「ここ、おまたのところ」

スタッフ「どうして濡れてるんだろ?」

はぐみ「はぐみも分からないよ…こんなの初めて」

日菜(ほんとに分からないって反応してるよ)

スタッフ(今まで何回もくすぐってきてみなさん何故か濡れてたけれど…)

はぐみ「さっき気持ちよかったからかな?」

スタッフ「気持ちよくなったら濡れるんですか?」

はぐみ「分からないけど…あんなに気持ち良かったの初めてだもん…」

日菜「↓2」
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 13:47:38.75 ID:ZZo+jdJ70
(こいつら……)まあ、濡れちゃったなら洗ってあげれば
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 13:54:38.86 ID:MJvgiOpEO
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 14:31:23.44 ID:Q2tce/4o0
日菜(こいつら……)

日菜「まあ、濡れちゃったなら洗ってあげれば」

はぐみ「なるほど!」

スタッフ「分かりましたよ」

はぐみ「んあっ!?」

スタッフ「痛かったですか?」

はぐみ「ううん!なんでもないよ!続けて!」

スタッフ「…続けます」

はぐみ「あっ!んっ!……っっ!!??」

日菜「スタッフさん、後で私にもやってね」

はぐみ「ああぁっっっ!!」びくん

スタッフ「!」

スタッフ「なんなさっきより濡れてません?」

日菜「ほんとだねー」

はぐみ「き、気持ち…よ…」

スタッフ「シャワーで泡を洗い流しましょう」

スタッフ「この濡れてるところはちゃんと綺麗にしないとですね」

はぐみ「っっっ!?!?」

はぐみ「あっ!?ああっ!!」

はぐみ「あっ…あっ!あああっ!」

はぐみ「〜〜〜〜〜ッッ!!!?」びくん

日菜「うわあ…すっごいねスタッフさん」

スタッフ「↓1」

はぐみ「↓3」
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 14:36:23.68 ID:7X0RY3KnO
はい?
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 14:55:47.71 ID:ZZo+jdJ70
加速
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 15:30:47.30 ID:hiU6KUIiO
す、スゴい・・・
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 18:47:45.61 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「はい?」

はぐみ「す、スゴい・・・」

日菜「じゃあ交代だね」

スタッフ「え?」

日菜「次私」

スタッフ「も、もう出ましょうよ…」

日菜「駄目だよ」

はぐみ「すごかった…こんなの初めて…」

日菜「一緒にお風呂にはいってこんな状態にしたってバレたら…」

スタッフ「体洗います」

日菜「洗わなくていいよ」

日菜「くすぐり」

スタッフ「ええ…」

日菜「↓2」
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:03:48.54 ID:UzF/id38O
加速
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:04:57.85 ID:pjaZW4JbO
キスでもいいよ?
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 19:12:07.02 ID:Q2tce/4o0
日菜「キスでもいいよ?」

スタッフ「ええ!?」

日菜「くすぐりかキス」

スタッフ「そ、そういうのはもっと大事な…」

日菜「何言ってるの?」

日菜「スタッフさんにしか言わないよこんな事」

スタッフ「うっ…」

日菜「そんな事言うスタッフさんには…」

スタッフ「急に何を…」

日菜「これで逃げられないね」

スタッフ(お腹の所で馬乗りされた…)

スタッフ「↓2」

日菜「↓4」
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:14:02.71 ID:2KhwPxsc0
やめてください!(やばい、なぜかわからないけど、下半身部分が大きくなる……)
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:21:31.07 ID:hrfRKt+t0
これ以上は力づくで退けますよ?
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:23:16.60 ID:2KhwPxsc0
スタッフさんにできるの?
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:29:21.64 ID:UzF/id38O
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 19:38:04.74 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「これ以上は力づくで退けますよ?」

日菜「スタッフさんにできるの?」

スタッフ「…」

日菜「この硬いやつの上に乗らなかっただけマシだと思ってよ」

スタッフ「でもこれ以上は…」

日菜「さ、選んでね」

スタッフ「そんな2択…」

日菜「ここで3つ目の選択肢ー」

スタッフ「…なんですか?」

日菜「私に好き勝手される」



↓2 なにかおきる
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:39:31.99 ID:2KhwPxsc0
逃げようとしたスタッフさんとそれを引き留める日菜
最終的には事故でキスする
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 19:45:49.95 ID:ZZo+jdJ70
↑プラスたまたま遊びにやってきた美咲に写真を撮られる
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 20:02:07.28 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「そんな選択肢選びませんから」

日菜「あ、抵抗しちゃダメ!」

スタッフ「これ以上…」

日菜「流石に…かてな…あ、足が滑った」

スタッフ「へ?」

美咲「まさか一緒にお風呂に入って…」

美咲「ええ!?」

美咲(き、ききキスしてる!?)

スタッフ「んっ…!?」

日菜「んんん!?」

美咲「…」パシャリ

日菜「↓2」

美咲「↓4」
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:02:46.28 ID:2KhwPxsc0
み、美咲!?
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:03:26.98 ID:HSX263qdO
お?
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:05:51.35 ID:ZZo+jdJ70
加速
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:06:45.10 ID:dh6FEx/10
紗夜先輩に教えちゃお
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:07:05.19 ID:aD0KptcJO
あー凄いスキャンダルだなー
くすぐってくれないとばらまいちゃいそう
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 20:26:11.89 ID:Q2tce/4o0
日菜「お?」

美咲「紗夜先輩に教えちゃお」

スタッフ「ちょっ…んんっ!」

日菜「んっ…んはぁ…ちゅえ…」

美咲「またキスを!?」

スタッフ「まっ…ん…んんん…」

日菜「ん…」

日菜「はあ…はあ…」

スタッフ「氷川さん…」

日菜「スタッフしゃん…キスって気持ち良いね…」

美咲「ちょ…」

スタッフ「↓2」
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:27:48.59 ID:2KhwPxsc0
………………はい
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:29:34.20 ID:ZZo+jdJ70
あ、あまりこういう無理矢理のなのは良くないと思います(顔真っ赤)
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 20:44:51.87 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「あ、あまりこういう無理矢理のなのは良くないと思います」(顔真っ赤)

日菜「えへへ…もう一回しよ?」
スタッフ「お、落ち着いてください」

美咲「ストップ!ストップ!」

日菜「ちゃーんと撮影してたよね?」

美咲「え?う、うん」

日菜「後で送っておいてね」

はぐみ「みーくん…スタッフさん凄いんだよ…」

はぐみ「すっごく気持ち良かったよ…」

美咲「はぐみまで!?」

スタッフ「とにかく!もう出ましょう!」

美咲「あ、紗夜先輩にライン送ったらすぐ来るって」

日菜「おねーちゃん来るの?」

スタッフ「えっそんな」

日菜「さっきより硬くなってない?」

スタッフ「気のせいです」

紗夜「↓2」
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:53:14.57 ID:HSX263qdO
では、皆さんでキスしましょうか
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 20:56:15.47 ID:2KhwPxsc0
↑+……とその前にタオルの下を拝借……(タオルをとろうとする)
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 21:02:39.03 ID:Q2tce/4o0
紗夜「では、皆さんでキスしましょうか」

紗夜「……とその前にタオルの下を拝借……」(タオルをとろうとする)

スタッフ「ちょ!ダメですって!」

日菜「抑えてるから取っちゃって」

紗夜「…」ごくり

美咲「え?うそ?ほんとに見るの!?」

スタッフ「だ、だめ…」

日菜「取れたね…あはっ!」

日菜「やっぱり凄く大きくなってるよ♪」

スタッフ「うわあ!?」

美咲「↓1」

はぐみ「↓3」

紗夜「↓5」
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:06:17.04 ID:ZZo+jdJ70
……………………すご(目を指で覆いながらチラ見)
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:07:54.94 ID:2KhwPxsc0
こ、これがスタッフさんの……(思っていたりりグロテスク)
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:09:54.40 ID:HSX263qdO
お父さんより大きい!
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:23:51.83 ID:ZZo+jdJ70
加速
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:28:26.15 ID:/aENLrKxO
ほう・・・では、キスしましょう
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 21:38:27.26 ID:Q2tce/4o0
美咲「……………………すご」(目を指で覆いながらチラ見)

はぐみ「お父さんより大きい!」

紗夜「ほう・・・では、キスしましょう」

スタッフ「駄目ですって!」

日菜「でもここはそうは言ってないよ?」

スタッフ「触っちゃだめです!」

紗夜「こっちにキスしてほしいのですか?」

はぐみ「なんだか独特な匂い」

美咲「見ちゃいけないのは分かってるけど…」ちらちら

スタッフ(どうしてこうなった…)

日菜「硬くて大きい…」

紗夜「ふふっ…」

スタッフ「↓2」
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:39:38.19 ID:2KhwPxsc0
(駄目だ……どんどん大きくなってなにかでそう……)
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:40:33.61 ID:/aENLrKxO
わかりました、キスするので風呂から出ましょう!
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 21:55:03.81 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「わかりました、キスするので風呂から出ましょう!」

日菜「こっちはなんとk…んんっ!」

日菜「んちゅ…んっ…んはぁ…もっと…」

スタッフ「…」

日菜「んんっ…はあ…」

スタッフ「次ですね」

日菜「ん…あはは!さいっこうにるんってきた!♪」

紗夜「スタッフさん…ん…」

スタッフ「↓1」

紗夜「↓3」
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:57:14.55 ID:hrfRKt+t0
これで満足ですか?
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:58:26.73 ID:ZZo+jdJ70
加速
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 21:58:50.67 ID:2KhwPxsc0
もっと……スタッフさんの興奮が最大になるまで……(スタッフのアソコを手で握りながら)
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 22:12:56.54 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「これで満足ですか?」

紗夜「もっと……スタッフさんの興奮が最大になるまで……」(スタッフのアソコを手で握りながら)

スタッフ「それは勘弁してください」

紗夜「スタッフさん…」

スタッフ(こ、こうなったら…)

紗夜「ふひゃ!きゃふ!?ふふふっ!」

日菜「あひひ…急にくすぐって…ひゃん!?」

美咲「いきなりくすぐり!?」

スタッフ(今だ!)

はぐみ「あ、着替え始めたよ」

紗夜「まさかこんな手を使ってくるなんて」

日菜「油断してた…」

スタッフ「今日はもうこれで!」

美咲「…」

日菜「出て行っちゃった…」

はぐみ「ま、またくすぐってくれるかな?」

美咲「私くすぐられてないんですけど」





スタッフ「はあ…はあ…」

有咲「どうした?」

スタッフ「いえ…なんでもないです」

スタッフ(あんな事言えるわけない)

有咲(なんか…ズボンが…)

スタッフ「そ、そんな事よりご飯食べましょう!」

有咲「ん、おう」

スタッフ「↓1」

有咲「↓3」
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:18:36.68 ID:ZZo+jdJ70
(今度2人とは話をしなければ)美味しいですね、この料理
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:19:45.67 ID:2KhwPxsc0
そうですね……(ズボンずれているし……なによりアソコが大きくなってる……///)
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:22:54.52 ID:HSX263qdO
えーと、ここの名物は美酒鍋……?
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 22:38:32.92 ID:Q2tce/4o0
スタッフ(今度2人とは話をしなければ)

スタッフ「美味しいですね、この料理」

有咲「えーと、ここの名物は美酒鍋……?」

有咲「…え?お酒?」

有咲(ま、まじか…なんとかしないと)

スタッフ「うーん…美味しい」

有咲「あ、あんまり食べない方が…」

スタッフ「いえいえ、出された料理は残さず食べる」

スタッフ「それがいいと思います」

有咲「お、おう…」




有咲「酔ってんな…」

スタッフ「ううん…」

有咲「と、とりあえずどっかで…」

有咲(この状態を他の奴らに見られるわけには)

有咲「てかやっぱり気のせいじゃない…大きくなってるな…あれ///」

有咲「…////」

有咲「↓2」
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:40:06.79 ID:2KhwPxsc0
ちょっとだけみてみようかな……?
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 22:45:27.94 ID:kGL9y5ZMO
誰か呼んで部屋に連れて行こう
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 22:56:29.46 ID:Q2tce/4o0
有咲「誰か呼んで部屋に連れて行こう」

有咲「誰か…」キョロキョロ

有咲「居ないし…」

スタッフ「部屋…行きます…」

有咲「わ、分かった」

有咲(誰か通りがかって…)




有咲「くれなかった」

スタッフ「…」

有咲「とりあえず布団敷くか」

スタッフ「市ヶ谷さん…」

有咲「布団敷けたから寝転んで…」

スタッフ「↓2」
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:02:34.96 ID:ZZo+jdJ70
加速
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:05:32.93 ID:2KhwPxsc0
下半身が苦しいです……
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 23:13:42.76 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「下半身が苦しいです……」

有咲「……へ?」

スタッフ「理由は分かりません…」

スタッフ「さっきから…ずっと苦しくて…収まらなくて…」

有咲「ちょっと…あのだな…」

有咲(これ…まさか…)

スタッフ「市ヶ谷さんを見ていると…くすぐった時を思い出して…」

スタッフ「ここが…」

有咲「!」

有咲「目の前に…スタッフしゃんの…あれが////」

スタッフ「す、すみません…僕…」

有咲「↓2」
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:18:03.49 ID:2KhwPxsc0
き、きにしなくっていいからな!///(こんなときにどうすれば……検索検索!!)
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:18:35.27 ID:ZZo+jdJ70
とりあえず、一人で休んでいてください。
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 23:24:41.98 ID:Q2tce/4o0
有咲「とりあえず、一人で休んでいてください。」

スタッフ「そうですね…」




お風呂場

有咲「や、やべー」

有咲「実物…初めて見た////」

有咲「でもあのままにしとくわけには…」

有咲「でで…でも私にどうしろって…////」

有咲「やっぱり…私が治めるしかないのか////」

有咲「そーっと覗いて…」

スタッフ「↓2」
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:35:30.64 ID:HSX263qdO
加速
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:36:11.87 ID:kGL9y5ZMO
氷川さん達は後でオシオキです・・・zzz
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/02(日) 23:51:26.84 ID:Q2tce/4o0
スタッフ「氷川さん達は後でオシオキです・・・zzz」

有咲「寝てた…良かった…のか?」

有咲「今、氷川さん達って…まさか!」

有咲「私に興奮してたんじゃなくて…」

有咲「…」

有咲「なんか、ムカついた」

有咲「一緒に寝てやる…」

有咲「私に意識を向けさせてやる…」

有咲「…」

有咲「一緒の布団に入ってあれを…起きるまで触っておく」

有咲「…////」

有咲「↓2」
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:52:13.25 ID:2KhwPxsc0
感触が今までない感じでなんか独特の臭いが……///
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/02(日) 23:53:37.66 ID:HSX263qdO
誰もこないよな
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 00:03:02.53 ID:7XzdoeoT0
有咲「誰もこないよな」

有咲「…」

有咲「硬い////」

スタッフ「ううん…」

有咲「抱きしめられた…起きて…」

スタッフ「…」

有咲「ないか…顔近い…////」

スタッフ「市ヶ谷さん…」

有咲「////」



↓2 なにかおきる
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 00:07:35.93 ID:V9iCzvt+0
日菜達が部屋に来る
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 00:16:08.22 ID:YchfWyFR0
美咲が部屋に戻ってくる
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 01:32:37.71 ID:7XzdoeoT0
有咲「ひゃ!?お、お尻触られて…」

有咲「やっ…だめ…んっ…」

スタッフ「…」

有咲「抱きしめられてて逃げられない…くふふふ…」

有咲「寝てるのに…くすぐりまで…」

有咲「んんっ…だめ…起きてスタッフさん!」

有咲「やんっ!そ…そこは…あんっ!」

美咲「…なにを」

有咲「いや…これは…んっ!」

美咲「↓2」
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 01:35:14.37 ID:V9iCzvt+0
加速
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 06:46:05.81 ID:B+o6XpwqO
あたしも混ざる
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 07:25:59.01 ID:7XzdoeoT0
美咲「あたしも混ざる」

有咲「え?」

美咲「さっきから我慢してた…」

美咲「でももう我慢出来ない…」

美咲「私もスタッフさんとイチャイチャする」

有咲「んあ…今のスタッフしゃんは…あっ!」

有咲「酔ってて…んっ!イチャイチャとかでは…」

美咲「そんなの関係ないよ」

有咲「おちつけって…ひうっ!?」

有咲「スタッフしゃん!まっ!…んんん!?」

有咲「んんっ…んちゅえ…らめ…んん!?」

美咲「キスまでして…見せつけてるの?」

有咲「〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!?」びくん

美咲「↓1」

有咲「↓3」

スタッフ「↓5」
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 07:40:07.29 ID:cMbvqR7wO
どいて(有咲をどかす)
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 07:45:55.52 ID:V9iCzvt+0
お、おい!
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 08:09:38.37 ID:yGsQEQW40
わ、わかったから!(スタッフから離れようとする)
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 08:13:09.49 ID:V9iCzvt+0
加速
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 08:15:49.99 ID:L0gOb0qpO
ん……(寝ぼけながら2人とも抱き締める)
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 08:49:41.45 ID:7XzdoeoT0
美咲「どいて」(有咲をどかす)

有咲「わ、わかったから!」(スタッフから離れようとする)

スタッフ「ん……」(寝ぼけながら2人とも抱き締める)

有咲「きゃ…スタッフさん…」

美咲「スタッフさんのあれが当たって////」

有咲(キスされて絶頂しちゃうなんて…)

美咲「んふふ…スタッフさん…ん…」

有咲「あ、寝てるスタッフさんにキスしたら…」

美咲「んんん!んっ!〜〜〜〜っ!!」びくん

美咲「しゅご…キスだけでこんにゃに…」

有咲「発情してるからなのか酔ってるからなのか…」

有咲「今回は寝てても色々してくるな」

スタッフ「↓2」
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 09:11:46.21 ID:L0gOb0qpO
加速
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 09:45:45.37 ID:yGsQEQW40
お仕置き……zzz
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 11:05:48.24 ID:7XzdoeoT0
スタッフ「お仕置き……zzz」

美咲「おしおき…」

有咲「!」

美咲「って事はくすぐりを!」

有咲「ま、まじか…」

スタッフ「…」

美咲「…」

有咲「なんもしてこないな」

美咲「ちょっとスタッフさん!」

有咲「…熟睡してる」

美咲「↓2」
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 11:19:08.68 ID:L0gOb0qpO
加速
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 11:39:31.33 ID:KCW52niMO
このまま一緒に寝る!
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 11:59:51.22 ID:7XzdoeoT0
美咲「このまま一緒に寝る!」

有咲「抱きしめられてて逃げられないから仕方ないよな」

美咲「起きたらくすぐってもらう」

美咲「鍵は閉めてるから誰も入ってこれない」

美咲「というわけでおやすみ」

有咲「お、おう…」

有咲(酔ってない時なら…受け入れるよ…スタッフさん)







スタッフ「……あれ?」

スタッフ「…寝てた?」

有咲「…すぅ」

美咲「zzz」

スタッフ「市ヶ谷さんと奥沢さんが…寝てる」

スタッフ「起こさないように…」

有咲「んん?…あ、起きたか」

スタッフ「市ヶ谷さん…起きてしまいましたか」

有咲「おう…」

有咲(酔いは抜けてるみたいだな)

スタッフ「↓1」

有咲「↓3」
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 13:07:54.53 ID:yGsQEQW40
すいません、酔ってしまったようですね……ちょっと大浴場に言ってきます、ご迷惑をおかけしました
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 13:25:09.66 ID:7EHm3d9gO
加速
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 14:08:54.81 ID:8lA7361QO
氷川先輩達はまりなさんに叱ってもらいます
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 15:23:46.19 ID:7XzdoeoT0
スタッフ「すいません、酔ってしまったようですね……」

スタッフ「ちょっと大浴場に言ってきます、ご迷惑をおかけしました」

有咲「氷川先輩達はまりなさんに叱ってもらいます」

スタッフ「ええと…軽めにね」

有咲「…そう言っておくよ」

有咲「…」





大浴場

スタッフ「…」

スタッフ「はぁ…」

スタッフ「まさかあそこまでしてくるなんて」

スタッフ「…」

スタッフ「↓2」
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 15:52:47.04 ID:yGsQEQW40
加速
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 16:04:40.25 ID:JiyV7ArnO
好意を持ってくれているのはありがたいけど・・・
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 20:01:51.02 ID:7XzdoeoT0
スタッフ「好意を持ってくれているのはありがたいけど・・・」

スタッフ「精神的に持たない…」

スタッフ「…」

スタッフ「しばらくこうしてよう」

スタッフ「はぁ…」






スタッフ「また寝ましょう…」

美咲「やっと戻って来た」

スタッフ「奥沢さん?起きてたんですか」

美咲「あんな時間に寝てたらそりゃ起きますよ」

スタッフ「では僕は寝ますね…」

美咲「↓2」
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:04:56.80 ID:V9iCzvt+0
加速
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:07:53.42 ID:10HgczGl0
…寝るまででいいから、話し相手になってくれませんか?
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 20:16:50.81 ID:7XzdoeoT0
美咲「…寝るまででいいから、話し相手になってくれませんか?」

スタッフ「良いですよ」

美咲「…」

美咲「ねえスタッフさん」

スタッフ「どうしました?」

美咲「スタッフさんは…誰が1番好きなの?」

スタッフ「え?」

美咲「私や氷川先輩たち、はぐみにあんな事までされてるのに」

美咲「スタッフさんはくすぐりとキスしかしなかった」

スタッフ「↓2」
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:18:55.09 ID:V9iCzvt+0
……わかりません
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:23:48.54 ID:YchfWyFR0
↑+皆さん大切なんです。本当に僕でいいのか自信が無いんです……
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 20:33:59.75 ID:7XzdoeoT0
スタッフ「……わかりません」

スタッフ「皆さん大切なんです。本当に僕でいいのか自信が無いんです……」

美咲「スタッフさん…」

スタッフ「…」

スタッフ「それに、誰が1番だとかは考えた事ないですし…」

スタッフ「僕がみなさんを幸せに出来るかどうか…」

美咲「↓2」
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:34:33.52 ID:10HgczGl0
加速
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:35:16.38 ID:OsrV8dfE0
その「皆さん」にはミッシェルを含みますか?
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 20:45:08.80 ID:7XzdoeoT0
美咲「その「皆さん」にはミッシェルを含みますか?」

スタッフ「え?それはどういう?」

美咲「ミッシェルも…大切ですか?」

スタッフ「…それはもちろん大切ですが」

美咲「よかった…」

スタッフ「急に…」

美咲「今の私はミッシェルでもありますから」

スタッフ「な、なるほど」

美咲「…」

スタッフ「とにかく…もう少し考えます」

美咲「分かりました」

美咲「スタッフさんなら大丈夫ですよ」

美咲「みんなそう思ってますよ」

スタッフ「…そうですか」







次の日

↓2 なにかおきる
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:48:05.91 ID:V9iCzvt+0
みんなが近づいてくる
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 20:50:08.04 ID:iHIhFcUHO
皆で宴会
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 21:07:38.44 ID:7XzdoeoT0
まりな「オーナーがみんなの為に宴会を開いてくれたわ」

スタッフ「宴会ですか」

まりな「と言ってもみんなでご飯食べてワイワイするだけだけどね」

スタッフ「なるほど」

オーナー「明日には帰るんだから楽しみな」

香澄「宴会!」

たえ「美味しいご飯!」

沙綾「テンション高いなー」

巴「宴会芸的なのなんかないか?」

モカ「急に言われてもね〜」

友希那「紗夜、貴女昨日から少し変よ」

紗夜「スタッフさんのあれ…うふふ」

あこ「あれ?」

こころ「歌なら任せて!」

薫「千聖、一緒に即興演劇でもしないかい?」

千聖「遠慮させてもらうわ…」

イヴ「えんかいげい?」

まりな「↓2」
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/03(月) 21:08:53.93 ID:V9iCzvt+0
加速
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:12:16.78 ID:OsrV8dfE0
それぞれの得意分野で盛り上げるのよ
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:12:44.51 ID:rA9Qo4qaO
薫ちゃんとスタッフくんでやれば?
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 21:37:51.06 ID:7XzdoeoT0
まりな「それぞれの得意分野で盛り上げるのよ」

まりな「まあ無理にとは言わないけど」

スタッフ「…」

有咲「お酒は無いだろうな…」

オーナー「持ってこないようにって言ってあるよ」

日菜「これだけ未成年が居たらそうなるよね」

まりな「飲みたかった…」

つぐみ「スタッフさん、オレンジジュースです」

スタッフ「あ、どうも」

燐子「あれは…」

リサ「何も入ってないお鍋?」

彩「なんで何も入ってないんだろ?」

蘭「さあ?」

花音「自由に入れていいって事かな?」

リサ(裏)「つまり闇鍋」

美咲「や、闇鍋!?」

美咲(嫌な予感しかしない)

りみ「闇鍋って…好きな食材をお鍋に入れるって言う…」

ひまり「おお…面白そう!」

麻弥「ふ、普通のにしないっすか?」

はぐみ「なるほどー!」

たえ「ここにプリンがあるよ」

モカ「チョココロネ〜」

こころ「この…なんて読むか分からない缶詰があるわ!」

有咲「それは開けちゃ駄目なやつだ!?」

スタッフ「シュールストレミング…どうしてこんな所に」

薫「こ、こころ…その缶詰は」

はぐみ「そんなのよりコロッケ入れようよ!」

香澄「↓1」

友希那「↓3」
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:46:17.06 ID:YchfWyFR0
「ほしにく」……?星のお肉!これ入れてみよう!
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:47:53.72 ID:OsrV8dfE0
この食材は……生きてるわ!
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 21:53:31.83 ID:rA9Qo4qaO
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 22:03:11.03 ID:7XzdoeoT0








香澄「ほしにく」

香澄「……?星のお肉!これ入れてみよう!」

友希那「この食材は……生きてるわ!」

リサ「生きてる?」

ひまり「シュールストレミングって?」

スタッフ「えっとですね…」

日菜「塩漬けのニシンの缶詰だよ」

彩「魚の缶詰って事だね」

つぐみ「説明が足りてません!」

こころ「お魚なら問題ないわね!」

千聖「駄目よ…それだけは…」

りみ「お鍋に干し肉…」

紗夜「↓1」

イヴ「↓3」
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:05:27.06 ID:10HgczGl0
あと足りないのは野菜?
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:11:29.50 ID:YchfWyFR0
加速
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:21:37.45 ID:k7ob+6AfO
じゃあ、ピーマンとニンジンとゴーヤを入れます
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 22:34:23.13 ID:7XzdoeoT0
紗夜「あと足りないのは野菜?」

イヴ「じゃあ、ピーマンとニンジンとゴーヤを入れます」

あこ「だ、駄目!ピーマン駄目!」

友希那「いけないわ、ゴーヤなんて入れてはいけない」

紗夜「にんじんは必要無いと思うわ」

リサ(必死だなぁ)

イヴ「?」

沙綾「野菜は無難に白菜ですね」

まりな「プリン、チョココロネ、コロッケ、干し肉、生きてるなにか、にんじん、ゴーヤ、ピーマン、白菜っと」

3人「!?」

麻弥「生きてるなにか!?」

美咲「もう食べる勇気が無いんですが…」

巴「ここにしいたけがあるぞ」

ひまり「いらない」

蘭「鶏肉あるから入れとこ」

スタッフ「シュールストレミングをこっちに」

こころ「スタッフが言うなら…はい」

スタッフ(後でこっそり黒服さんに渡しておこう)

まりな「他に入れるものある?」

たえ「ハンバーグ」

つぐみ「しめじ」

リサ(裏)「↓1」

彩「↓3」
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:41:51.21 ID:rA9Qo4qaO
スッポンと山芋とウナギの蒲焼
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:46:13.81 ID:k7ob+6AfO
加速
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 22:53:58.34 ID:YchfWyFR0
お豆腐入れます
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/03(月) 23:01:25.91 ID:7XzdoeoT0
リサ(裏)「スッポンと山芋とウナギの蒲焼」

彩「お豆腐入れます」

有咲「か、カオス過ぎるだろ…」

千聖「シュールストレミングが開封されなかっただけマシと思っておきましょう…」

こころ「すごいわ!」

まりな「プリン、チョココロネ、コロッケ、干し肉、生きてるなにか、にんじん、ゴーヤ、ピーマン、白菜、鶏肉、ハンバーグ、しめじ、スッポン、山芋、うなぎの蒲焼、豆腐…」

スタッフ「すさまじいですね…」

燐子「生きてるなにか…」

香澄「ほしにくー」

たえ「ハンバーグ!」

スタッフ「…食べましょうか」

美咲「ほ、本当に食べなきゃ駄目なの?」

麻弥「生きてるなにかが怖いっす…」

スタッフ「い、いただきます…」

スタッフ「↓3」

↓1 コンマ 高いと美味しい
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 23:15:49.18 ID:YchfWyFR0
はい
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 23:32:27.22 ID:/JZcsNtnO
加速
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/03(月) 23:42:35.62 ID:rA9Qo4qaO
生きてるなにかはホヤですね……残さず食べよう……
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 00:19:55.70 ID:mDmf8gZ+0
18 超微妙




スタッフ「生きてるなにかはホヤですね……残さず食べよう……」

まりな「ホヤ!お酒が欲しくなる」

こころ「…微妙ね」

香澄「…うん」

たえ「ハンバーグ美味しいよ?」

蘭「ハンバーグ単体にケチャップ付けて食べたら美味しいに決まってるじゃん」

たえ「?」

たえ「普通お鍋と一緒に食べないよ?」

有咲「お前が入れたんだろ!」

花音「はい、野菜たっぷりですよ」

友希那「…ゴーヤ、ピーマンが沢山ね」

紗夜「にんじん…」

あこ「ひぃ!?」

花音「あはは」

はぐみ「コロッケがぐずぐずになっちゃうね」

薫「儚い…」

ひまり「うなぎ…タレが…」

リサ「この鍋だとスッポンも鶏肉も微妙に…」

麻弥「↓1」

美咲「↓3」
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 00:23:29.30 ID:si7qqxdzO
プリンとチョココロネと生のホヤがなければ・・・
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 06:08:52.08 ID:EUXrLbrs0
加速
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 06:36:26.97 ID:BFYepyBBO
まあ、旅の思い出だと思って
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 07:56:25.40 ID:mDmf8gZ+0
麻弥「プリンとチョココロネと生のホヤがなければ・・・」

美咲「まあ、旅の思い出だと思って」

つぐみ「それでも…辛いね」

紗夜「ええ…嫌いた食べ物ばかりよ」

花音「全然減ってませんよ?」

あこ「↓1」

友希那「↓3」
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:00:28.40 ID:op9y+gun0
なんでピーマンしか入ってないの!?
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:16:46.92 ID:jCqDbS2A0
なんか下にない?
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:17:07.67 ID:3EDq1QR4O
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 08:32:57.50 ID:mDmf8gZ+0
あこ「なんでピーマンしか入ってないの!?」

友希那「なんか下にない?」

紗夜「ホヤが入ってますね」

花音「スタッフさんも頑張って食べているから…」

花音「残さないように…ね?」

千聖「花音…」

りみ「チョココロネ…うう…」

モカ「あら〜これはこれは〜」

彩「お豆腐…お箸で上手く取れない」

イヴ「ブシドー精神です!」

こころ「あたしも頑張って食べるわね!」

紗夜「くっ…にんじん…」

つぐみ「が、頑張ってください」

まりな「↓2」

スタッフ「↓4」
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:44:00.93 ID:aARcILGE0
やはり闇鍋は悪い文明
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:56:28.56 ID:3EDq1QR4O
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 08:56:37.67 ID:op9y+gun0
お酒欲しい……
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 09:06:22.92 ID:ZGTS3muiO
あ、鳥肉はまずまず
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 09:40:02.19 ID:mDmf8gZ+0
まりな「やはり闇鍋は悪い文明」

スタッフ「あ、鳥肉はまずまず」

有咲「それでも微妙だけどな」

あこ「スタッフさん!ピーマン食べて!」

スタッフ「?いいですよ」

友希那「!?」

花音「卑怯な…」

巴「あこお前…」

あこ「あんなにピーマン食べられないよ!」

紗夜「…日菜」

日菜「日菜ちゃんは干し肉と格闘中」

香澄「ああ…ほしにくが…」

友希那「リサ」

リサ(裏)「頑張って食べなよ」

スタッフ「ピーマン苦手でしたもんね」

あこ「そうなの!」

スタッフ「↓1」

友希那「↓3」

紗夜「↓5」
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 10:18:03.34 ID:Aa+Bt/+hO
3分の2食べるので残りは頑張りましょう
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 10:45:51.31 ID:aARcILGE0
加速
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 10:50:49.12 ID:L2OpZ+ZpO
香澄ママ
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 11:00:45.75 ID:IT6DSSWeO
加速
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 11:25:36.71 ID:op9y+gun0
スタッフさん、人参全部食べれたら頭をなでてもらっていいですか
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 12:13:17.19 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ「3分の2食べるので残りは頑張りましょう」

友希那「香澄ママ」

紗夜「スタッフさん、人参全部食べれたら頭をなでてもらっていいですか」

あこ「うっ…頑張る」

スタッフ「撫でる?いいですよ」

紗夜「なら…食べます」

香澄「もうお腹いっぱい」

友希那「…」

友希那「スタッフ…さん」

スタッフ「3分の2食べますから」

有咲「そんなに食べて大丈夫か?」

スタッフ「まあ…なんとか」

ひまり「ねえモカ、どうしてぐずぐずのコロッケを私の皿に?」

モカ「つゆだく〜」

ひまり「ちょっと!?」

モカ「山芋〜」

花音「まったく…スタッフさんは…」

まりな「さっさと食べ終えましょうね」



↓2まで なにかおきる
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 12:41:18.05 ID:IT6DSSWeO
結局全員の頭をなでる事になった
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 12:57:40.72 ID:B6jOruGXO
あこがスタッフさんの膝を占領する
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 14:05:43.14 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ「流石に多いですね」

あこ「♪」スタッフの膝に座ってる」

巴「あこ!」

あこ「ここはあこの特等席!」

友希那「ゴーヤ…うぐ…」

スタッフ「宇田川さんも食べないと…」

あこ「あーん」

スタッフ「はい」

紗夜「スタッフさんのお箸で!?」

燐子「間接キス…」

あこ「うえぇ…苦い」

スタッフ「頑張って食べましょう」

つぐみ「ずるい…スタッフさんの膝の上」

蘭「雌犬でも膝の上に…」

ひまり「モカ!?タバスコそんなにかけないで!?」

モカ「…」

スタッフ「↓1」

あこ「↓3」
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 14:24:24.68 ID:op9y+gun0
はい、あーんして
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 14:36:42.45 ID:IT6DSSWeO
加速
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 14:49:06.09 ID:xaYx0RS0O
あーん♪
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 15:41:28.55 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ「はい、あーんして」

あこ「あーん♪」

有咲「むぅ…」

花音「…」

たえ「私にもやって」

千聖「どうしてあーんを?」

スタッフ「良く分かりませんがこうすると食べてくれるので…」

あこ「に、苦い…」

麻弥「間接キスが気にならないみたいっすね」

日菜「今度やってもらおう」

巴「あこのやつ…」

あこ「えへへへへ」

友希那「↓1」

紗夜「↓3」
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 16:16:13.08 ID:AxWj0/QaO
あーんして
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 16:16:48.85 ID:aARcILGE0
加速
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 16:25:55.55 ID:op9y+gun0
友希那ちゃんは香澄ママがしてくれるそうですよ。
私もスタッフさんがあーんしてくれるなら人参食べれそうです。
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 17:21:46.76 ID:mDmf8gZ+0
友希那「あーんして」

紗夜「友希那ちゃんは香澄ママがしてくれるそうですよ。」

紗夜「私もスタッフさんがあーんしてくれるなら人参食べれそうです。」

友希那「紗夜!あなた!」

香澄「では友希那先輩!あーん」

スタッフ「氷川さんも?」

日菜「うんうん」

紗夜「ちょっと日菜!」

日菜「私も氷川だもーん」

あこ「今はあこがあーんしてもらってるもん!」

スタッフ「順番にしていきますね」

モカ「むむむ〜」

ひまり「モカ!もうやめて!一味と七味をかけるのはもうやめて!」

花音「だんだん餌付けに見えてきた」

蘭「!!」




スタッフ「食べれましたね」

紗夜「食べました、撫でてください」

スタッフ「はい」なでなで

紗夜「はふぅ…」

あこ「あこも頑張って食べたから撫でて?」

スタッフ「分かりました」なでなで

あこ「♪」

友希那「わ、私も食べ終えたわ…」

友希那「その2人の後は私ね」

日菜「なるほど、じゃあ並ぶよ」

スタッフ「↓2」
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 17:46:13.00 ID:AxWj0/QaO
加速
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 18:44:31.12 ID:op9y+gun0
まあ、闇鍋食べるの大変だし撫でてもいいかな
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 21:43:34.29 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ「まあ、闇鍋食べるの大変だし撫でてもいいかな」

有咲「そういう事なら」並ぶ

たえ「じゃあ私も」

スタッフ「え?」

まりな「もういっそのこと全員撫でたら?」

スタッフ「それは構いませんが…」

スタッフ(結構時間かかるような…)





スタッフ「全員撫で終わりました」

まりな「はいお疲れ様」

まりな「みんな食べ終わったよね?」

ひまり「ま、まだ…」

モカ「どったの?」

ひまり「モカがタバスコと一味と七味かけまくったから食べられないの!」

モカ「お〜それは大変だ〜」

ひまり「他人事!?」

巴「うわーやりすぎだぜこれ」

つぐみ「これはもう食べられないよ…」

蘭「何やってんのさ」

まりな「それはもう置いときましょう」

まりな「と言うわけでごちそうさまでした」

まりな「こっから自由行動、明日の朝9時には荷物まとめてバスに乗るからね」



↓1 なにかおきる
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 21:44:51.42 ID:rkTgt22cO
部屋で美咲をくすぐることになる
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 21:45:54.41 ID:uhoJ39DCO
スタッフさんがひまりを慰め、男気を見せて食べ、ひまりの胸の中で気を失う
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 21:51:56.14 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ(部屋でゆっくりしておこう)

美咲「…」

スタッフ「奥沢さん?」

美咲「ねえスタッフさん」部屋の鍵を閉める

美咲「私をくすぐって」

スタッフ「急にどうしたんですか?」

美咲「いいから!」服を脱ぐ

スタッフ「ええ!?」

美咲「ずっと我慢してきたのに…スタッフさんは他の子ばかりくすぐって…」

美咲「↓1」

スタッフ「↓3」
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 21:59:14.07 ID:XsUnWoJT0
ミッシェルでないわたしならくすぐれるよね?
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 22:00:10.49 ID:rkTgt22cO
加速
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 22:01:50.81 ID:rkTgt22cO
いいのですか?
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 22:13:58.33 ID:mDmf8gZ+0
美咲「ミッシェルでないわたしならくすぐれるよね?」

スタッフ「いいのですか?」

美咲「うん、くすぐって」

スタッフ「分かりましたした…」

美咲「じゃあお風呂入ろ?」




美咲「…」

スタッフ「じゃあくすぐりますね」目を瞑る

美咲「ひゃ!」

美咲「くふふ…ふふっ…うくっ…」

スタッフ「…」

美咲「くひっ!ひひひっ!あっ!」

美咲「しょこ!あくっ…びんかん…ああっ!」

スタッフ「…」

美咲「ひやああ!?あっ!あふっ!やんっ!」

スタッフ「↓1」

美咲「↓3」
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/02/04(火) 22:20:50.78 ID:EUXrLbrs0
どこをくすぐられたいですか
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 22:34:16.40 ID:rkTgt22cO
加速
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 22:50:57.85 ID:c5CqwRxrO
キスしてぇ
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 22:58:57.68 ID:mDmf8gZ+0
スタッフ「どこをくすぐられたいですか」

美咲「キスしてぇ」

スタッフ「え?」

美咲「お願い…」

スタッフ「…」

美咲「んああっ!?急に…あっ!激しくぅ!?」

美咲「ああっ!あっ!ひっ!あっ!んっ!」

美咲「イ…イクッ!?イッ…」

スタッフ「ん…」

美咲「んんんっ!?んー!?ちゅあ…」

美咲「んんっ!んっ〜〜〜〜〜っ!?」びくん

美咲(キスしながらくすぐられて…イッちゃった…)

スタッフ「これで満足ですか?」

美咲「うん…」

美咲「↓2」
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:00:26.52 ID:rFrOYLvw0
加速
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:00:42.28 ID:EUXrLbrs0
加速
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:07:23.35 ID:rkTgt22cO
大浴場行ってくる(みんなに自慢しよ……)
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/04(火) 23:30:20.64 ID:mDmf8gZ+0
美咲「大浴場行ってくる」

美咲(みんなに自慢しよ……)

スタッフ「あ、はい」

美咲(気持ち良かった////)






大浴場

美咲「と言う事に」

有咲「キス…」

香澄「えーキス!?」

たえ「…」

こころ「キスとくすぐりだなんて…流石スタッフね」

友希那「やっぱり同じ部屋だと…」

千聖「私もキスしたい…」

まりな「↓2」
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:33:02.51 ID:EUXrLbrs0
加速
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:37:41.37 ID:rFrOYLvw0
ふーん…みんな肉食系ね(私さえしたことがないのに!……今日は積極的になろうかしら)
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 00:07:51.84 ID:lfN3Tykw0
まりな「ふーん…みんな肉食系ね」

まりな(私さえしたことがないのに!……今日は積極的になろうかしら)

美咲「スタッフさんもう寝始めてましたよ」

まりな「!?」

日菜「スタッフさんとはもう裸を見あった仲だから」

紗夜「キスもくすぐりも」

はぐみ「くすぐりって気持ち良かったよ!」

こころ「はぐみもくすぐられたの?」

はぐみ「うん!お股のところ見られてちょっと恥ずかしかったけど洗ってもらったり」

はぐみ「↓2」
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 00:08:41.07 ID:5Hz2tjZJ0
加速
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 00:10:18.93 ID:T/e2pXPmO
毎日してもらいたい!
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 00:21:06.53 ID:lfN3Tykw0
はぐみ「毎日してもらいたい!」

りみ「そこまで…」

ひまり「私は1日で4回ぐらいイカされた事あったよ」

巴「そんなに!?」

ひまり「イきすぎてそのあと寝ちゃったけど」

紗夜「またくすぐってもらえるように言わないと…」

香澄「いいなー」

美咲「次はリゾートでしょ?」

燐子「はい…2日後に…」

あこ「羨ましいなぁりんりん」

千聖「…」

彩「一日中くすぐり調教されるって事だよね?」

花音「私のスタッフさんが…」

燐子「お母さんは来れないので…」

燐子「お父さんと2人きり…です」

燐子「↓2」
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 00:26:01.71 ID:T/e2pXPmO
加速
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 00:36:58.01 ID:SjOg8+uEO
父娘水入らずです・・・
リゾートに行く前にくすぐられてないお母さん達はくすぐってもらってください
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 00:46:37.98 ID:lfN3Tykw0
燐子「父娘水入らずです・・・」

燐子「リゾートに行く前にくすぐられてないお母さん達はくすぐってもらってください」

あこ「くすぐられたいけど…」

麻弥「なかなかタイミングが合わないんすよ」

まりな「明日はスタッフくんと言うかサークル自体も休みなのよね」

香澄「ええ!?」

たえ「直接家に行かないとダメって事だね」

こころ「ふーむ…」

リサ「リゾートに行く方法…」

まりな「金銭的に厳しいと思うよ」

有咲「だよな…」

千聖「実はお仕事で同じ所へ行くの」

彩「!?」

日菜「千聖ちゃんだけで?」

千聖「ええ」

燐子「↓2」

千聖「↓4」
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 06:47:52.60 ID:5Hz2tjZJ0
加速
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 06:59:35.70 ID:T/e2pXPmO
何のお仕事ですか?……後、白鷺さんはくすぐられてましたよね
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 07:38:51.61 ID:lUyTCjFjO
加速
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 08:06:38.61 ID:/2TciJ+E0
CMと単発ドラマの撮影よ
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 09:08:35.60 ID:lfN3Tykw0
燐子「何のお仕事ですか?」

燐子「……後、白鷺さんはくすぐられてましたよね」

千聖「CMと単発ドラマの撮影よ」

千聖「1回くすぐられたわ」

彩「千聖ちゃんだけずるいよ」

千聖「ごめんなさいね」

イヴ「ブシドーを刻まれに?」

千聖「お仕事よ」

友希那「でも会いに行くのよね?」

千聖「もちろん」

燐子「そうですか…」

千聖「楽しみね♪」

まりな「あ、くすぐりの時はちゃんと撮影しててね」

燐子「はい…」






スタッフ「…」

スタッフ「明後日はリゾート…2泊3日」

スタッフ「色々大変ですね…」

スタッフ「↓2」
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 09:19:28.65 ID:/2TciJ+E0
加速
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 09:35:30.41 ID:lUyTCjFjO
2人きりですし、白金さんのお母さんに挨拶しておきましょう
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 09:48:05.51 ID:lfN3Tykw0
スタッフ「2人きりですし、白金さんのお母さんに挨拶しておきましょう」

スタッフ「…今日は寝よう」




次の日

スタッフ「おはようございます」

美咲「おはよ…」

スタッフ「今のうちに荷物をまとめておきましょう」

美咲「そうですね」

こころ「スタッフ!美咲!」

スタッフ「弦巻さん?朝早くにどうしたんですか?」

こころ「↓2」
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 09:50:53.45 ID:lUyTCjFjO
加速
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 10:30:10.49 ID:348fY2eZO
ちょっとトラブルがあって出発が遅れるそうよ!
だからその間にあたしをくすぐって
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 10:45:11.49 ID:lfN3Tykw0
こころ「ちょっとトラブルがあって出発が遅れるそうよ!」

こころ「だからその間にあたしをくすぐって」

スタッフ「え?」

美咲「朝っぱらから何言ってるのさ」

こころ「ずっと我慢してきたのよ?」

スタッフ「そうは言われましても…」

こころ「今ここで服を脱いで黒い服の人たちを呼んでもいいのよ?」

スタッフ「勘弁してください」

美咲「こころがそんな脅しを…」

こころ「くすぐってくれるわよね?」

スタッフ「…分かりました」

こころ「↓2」
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 10:53:28.50 ID:4vG38xqkO
加速
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 11:11:45.03 ID:tlgnIOv5O
後で黒い服の人にハグしてあげてね
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 19:17:13.38 ID:lfN3Tykw0
こころ「後で黒い服の人にハグしてあげてね」

スタッフ「???」

こころ「じゃあ早速始めて頂戴」

スタッフ「どうしてこうなった…」

美咲(カメラ仕込むとしますか…)

こころ「きゃふっ…きゃはははッ!!」

スタッフ「…」

こころ「あはははは!ふやっ!?あっ!」

こころ「あっ…んっ!んんっ!ああっ!」

こころ「↓2」
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 19:20:39.55 ID:DwEcxwcaO
加速
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 19:28:53.30 ID:5Hz2tjZJ0
あっ!口の中に指がっ!んっ……れろ、れろ
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 19:36:49.01 ID:lfN3Tykw0
こころ「あっ!口の中に指がっ!んっ……れろ、れろ」

スタッフ「…」

こころ「んっ…んぷ…れろ」

こころ「んんっ!んくっ…んんっ!」

スタッフ「弦巻さん?指を…」

こころ「らめっ!ちゅぱ…んん…はぁ」

こころ「あっ!あんっ!れろ…んんっ」

スタッフ「↓1」

こころ「↓3」
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 19:49:05.26 ID:+t4kmvHkO
まあいいか
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 19:56:31.67 ID:rwfHOWCb0
えっ、リアクションが薄い
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 20:15:05.78 ID:WMlMCymAO
んふっ!ちゅぱ…ちゅぱ…んあっ!
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 22:39:59.57 ID:lfN3Tykw0
スタッフ「まあいいか」

こころ「んふっ!ちゅぱ…ちゅぱ…んあっ!」

こころ「あっ!ちゅ…んんっ…んんっ!!」

美咲(気持ち良さそう)

こころ「んんっ…ああっ!そこ!気持ち!んっ!」

こころ「んんっ!はむ…んんんっ!?んあっ!!」

こころ「あっあっあっ!ちゅぱ…んっ!」

こころ「はぁ…イク…イッちゃうわ…」

こころ「んぷぅ…ちゅぱ、んんっ!んっ!」

こころ「〜〜〜〜〜〜ッ!!?」びくんびくん

スタッフ「…」

スタッフ(↓2)

こころ「↓4」
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 22:42:57.65 ID:PaRKBoOb0
そろそろ終わっていいだろうか
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 22:44:03.20 ID:5Hz2tjZJ0
やばい……ちょっと楽しくなっている
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 22:44:18.63 ID:moc8sLrkO
これでいいだろう
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 22:49:14.76 ID:teJ+n+KUO
さいこうよ
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 23:02:02.84 ID:lfN3Tykw0
スタッフ(やばい……ちょっと楽しくなっている)

こころ「さいこうよ!」

スタッフ「では…終わりましょ…」

こころ「れろ…ちゅぱ…」

スタッフ「何故まだ咥えてるんですか?」

こころ「なんだか…ちゅ…こうしてたいの…」

スタッフ「そろそろバスに乗れると思いますので…」

こころ「分かったわ…またくすぐってね」

美咲「じゃあ先に行っとくね」

スタッフ「はい」

スタッフ(手を洗ってからですね)





まりな「と言う訳で」

オーナー「しっかり休めたかい?」

香澄「はい!ありがとうございました!」

まりな「じゃあこのまま解散ね」

まりな「スタッフくんと燐子ちゃんは明日リゾートね」

まりな「楽しんでらっしゃい」

日菜「お土産よろしく」

スタッフ「はい」

燐子「お父さん…楽しみです」

あこ「あこも行きたいなぁ」

リサ「お金があればいけるよ」

あこ「そんなにないよぉ〜」

千聖「↓1」

燐子「↓3」
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:03:26.62 ID:moc8sLrkO
私も同じリゾートで撮影があります。
……忙しいから一緒に過ごすのは難しいでしょうけれど
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:04:08.83 ID:rwfHOWCb0
加速
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:08:12.43 ID:eOHR9bT6O
父娘水入らずですね
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 23:23:01.95 ID:lfN3Tykw0
千聖「私も同じリゾートで撮影があります。」

千聖「……忙しいから一緒に過ごすのは難しいでしょうけれど」

燐子「父娘水入らずですね」

スタッフ「白鷺さんも?」

千聖「はい」

スタッフ「時間が合えば一緒にご飯でも食べましょうね」

千聖「合えばいいですね!」

燐子「むっ…」

まりな「では解散!」

スタッフ「では帰りましょう…おや?」

チュチュ「スタッフ!」

パレオ「ちょっとお時間よろしいでしょうか?」

スタッフ「はい、大丈夫ですよ」




スタッフ「それで」

チュチュ「こころ様からスタッフの護衛を頼まれたの」

スタッフ「護衛?」

パレオ「はい、これから白金様のお母様に挨拶しに行くのでしょう」

パレオ「そこで白金様のお母様に襲われないように護衛しますと言うことです」

スタッフ「襲うって…そんな大げさな」

パレオ「↓1」

チュチュ「↓3」
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:26:21.61 ID:rwfHOWCb0
こころ様の母親というべき肉食なお方ですから。最近は旦那様とご無沙汰で大変もて余していますから危険を考えて……ということです
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:34:04.09 ID:5Hz2tjZJ0
燐子のお母さんだよ
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:36:13.90 ID:rwfHOWCb0
>>791はなしで勘違いしてました。
安価↓
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:39:04.02 ID:5Hz2tjZJ0
再安価にした方がいいんじゃないかな
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 23:40:03.89 ID:lfN3Tykw0
一応再安価にしとこうか

パレオ「↓1」

チュチュ「↓3」
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:44:13.37 ID:fQ2rTjMvO
肉食系の方のようですからね、念のため
いざというときはペットを盾にするつもりです
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:46:12.92 ID:rwfHOWCb0
えっ?聞いてないわよそんなこと
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:49:44.70 ID:5Hz2tjZJ0
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/05(水) 23:57:39.30 ID:lfN3Tykw0
パレオ「肉食系の方のようですからね、念のため」

パレオ「いざというときはペットを盾にするつもりです」

チュチュ「えっ?聞いてないわよそんなこと」

スタッフ「そうですか…分かりました」

スタッフ「では一緒に行きましょう」

チュチュ「なんだか納得いかないけど…まあいいわ」

チュチュ「白金の家まで行きましょう」





ピンポーン
スタッフ「あ、スタッフです」

燐子母「どうぞ上がってください」

スタッフ「こんにちわ」

燐子「お父さん?」

燐子母「ええ…未来の旦那様よ…ふふふ」

チュチュ「…」

パレオ「…」

スタッフ「えっとですね、明日は…」

燐子「↓1」

燐子母「↓3」
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:59:02.50 ID:moc8sLrkO
今、お母さんに話をしていました
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 23:59:22.19 ID:5Hz2tjZJ0
加速
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 00:13:45.43 ID:S5jIHm+4O
行くのは構わないわ、あなたの娘ですものね
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 00:24:02.54 ID:DlY9kZBe0
燐子「今、お母さんに話をしていました」

燐子母「行くのは構わないわ、あなたの娘ですものね」

スタッフ「は、はい?」

燐子「楽しみです」

燐子母「私も行きたかったのだけどね」

スタッフ「では…挨拶しに来ただけですので」

燐子母「もう帰ってしまうのですか?」

スタッフ「ええ」

燐子母「…そうですか」

燐子「お父さん…」

スタッフ「また来ますね…」

燐子母「…」

チュチュ「早く出た方がいいわね」

パレオ「…」

スタッフ「↓1」

燐子母「↓3」
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 00:28:50.10 ID:LdcDCN4W0
はい。わかりました――――(燐子母に唇を奪われて下を入れられる)
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 06:08:11.30 ID:qIDCxrIJ0
加速
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 07:00:05.06 ID:anNvmLhsO
ウフフ、今度くすぐってくださいね
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 08:00:52.82 ID:DlY9kZBe0
スタッフ「はい。わかりました――――」(燐子母に唇を奪われて下を入れられる)

燐子母「ウフフ、今度くすぐってくださいね」

スタッフ「び、ビックリした…」

燐子「お母さん…流石です」

チュチュ「よし、帰るわ!アデュー」

パレオ「では失礼しました」

スタッフ「おじゃましました…」





チュチュ「油断も隙もなかったわね」

パレオ「キスで済んで良かったですね」

スタッフ「ええ…」

チュチュ「↓1」

パレオ「↓3」
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 08:12:03.52 ID:i8dKOSRc0
スタッフはこころ様+α達の旦那になるんだから変な油断はしないように
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 08:16:46.12 ID:LdcDCN4W0
αに私は入っているかしら
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 08:21:48.31 ID:gL2qxZtFO
レイヤはお嫁さんとして、マスキングは雌犬として、私はこころ様の秘書件ペットシッターとして、チュチュ様はこころ様の連れペットとしてスタッフ様に付いていきます
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 09:13:06.71 ID:DlY9kZBe0
チュチュ「スタッフはこころ様+α達の旦那になるんだから変な油断はしないように」

パレオ「レイヤ様はお嫁さんとして、マスキング様は雌犬として、私はこころ様の秘書件ペットシッターとして、チュチュ様はこころ様の連れペットとしてスタッフ様に付いていきます」

スタッフ「う、うん…」

チュチュ「あれ?1人足りな…」

パレオ「六花様は…まあそのうちです」

チュチュ「そうね、そのうちよね」

スタッフ「と、とりあえず今日はありがとうございました」

スタッフ「↓2」
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 09:29:48.86 ID:gL2qxZtFO
加速
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 09:41:46.78 ID:jNT8e4LhO
ごちそうしますよ
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 15:59:12.75 ID:DlY9kZBe0
スタッフ「ごちそうしますよ」

チュチュ「いいわよ、こころ様の命令だもの」

スタッフ「いえ、お礼させてください」

パレオ「スタッフ様もこう言ってますし…どうでしょうチュチュ様」

チュチュ「そこまで言うなら…」

スタッフ「ではファミレスでも行きましょうか」

チュチュ「↓1」

パレオ「↓3」
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 16:31:20.69 ID:anNvmLhsO
それならスタッフの手料理が食べたい
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 16:34:55.28 ID:jNT8e4LhO
加速
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 16:47:58.01 ID:tgx9AY+W0
チュチュ様にしては良いことを言いますね
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 18:39:12.29 ID:DlY9kZBe0
チュチュ「それならスタッフの手料理が食べたい」

パレオ「チュチュ様にしては良いことを言いますね」

チュチュ「そうでしょうそうでしょう!」

チュチュ「…にしては?」

スタッフ「少し時間がかかると思いますが」

パレオ「構いません」

スタッフ「では家で食べましょうか」






スタッフ「出来ました」

スタッフ「生姜焼きです」

チュチュ「おおー!」

パレオ「美味しそうですね」

スタッフ「普通ぐらいですよ」

チュチュ「↓1」

パレオ「↓3」
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 18:41:51.71 ID:L+benps00
庶民の味もいいものですね
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 18:55:24.34 ID:EWFJ0HcFO
加速
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 18:59:57.49 ID:qIDCxrIJ0
これは食堂開けるのでは?(マスキング様とレイヤ様に自慢しましょう)
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 21:16:25.78 ID:DlY9kZBe0
チュチュ「庶民の味もいいものね」

パレオ「これは食堂開けるのでは?」

パレオ(マスキング様とレイヤ様に自慢しましょう)

スタッフ「そんなレベルじゃ無いですよ」

チュチュ「そう?すごく美味しいけど」

パレオ「はい、とても美味しいです」

スタッフ「ははは…ありがとうございます…」






スタッフ「ではお気をつけて」

チュチュ「ご馳走様」

パレオ「ご馳走様でした」

スタッフ「↓2」
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 21:21:41.55 ID:V0jR7ICa0
加速
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 21:25:20.43 ID:anNvmLhsO
弦巻さんによろしくお伝えください
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/06(木) 21:43:29.54 ID:DlY9kZBe0
スタッフ「弦巻さんによろしくお伝えください」

チュチュ「ええ、伝えておくわ」

パレオ「失礼しました」

スタッフ「…」

スタッフ「明日の準備をして寝ましょう」





燐子「お母さん…?」

燐子母「燐子…リゾートであの人の、お父さんの寝込みを襲うのよ」

燐子「え?」

燐子母「そうすれば…ふふふふふ…」






チュチュ「リゾート…白金は抜け駆けしてしまいそうね」

パレオ「そうですね、でもスタッフ様次第でしょう」

チュチュ「うーん…」

パレオ「どうしました?」

チュチュ「白鷺を近くに置いて置けば大丈夫じゃ?」

パレオ「お仕事がありますので厳しいかと」

チュチュ「こころ様に頼んでみましょう」

チュチュ「↓1」

パレオ「↓3」
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 21:47:40.98 ID:qIDCxrIJ0
後は……ウチのグループから一人出せるといいのだけど
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 21:51:45.65 ID:anNvmLhsO
加速
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/06(木) 21:56:49.55 ID:WCY3zKWGO
六花様と明日香様が予定がなかったはず
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 01:49:00.96 ID:hAcRFiee0
チュチュ「後は……ウチのグループから一人出せるといいのだけど」

パレオ「六花様と明日香様が予定がなかったはず」

チュチュ「それよ!」

チュチュ「早速こころ様に頼んでみましょう!」

パレオ「これはスタッフ様の為でもありますからね」






こころ「話は聞かせてもらったわ」

チュチュ「こころ様!いつのまに…まだ何も言って無いのに」

パレオ「黒服の方々が護衛してくれてましたから」

チュチュ「なるほど!全く気が付かなかったわ」

こころ「↓2」
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 01:53:02.87 ID:o1eAF4+L0
安価↓
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 06:09:02.31 ID:+S8CFnoK0
頼むわね
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 11:35:45.99 ID:hAcRFiee0
こころ「頼むわね」

チュチュ「頼むって…」

パレオ「はい2人に聞いてみますね」

チュチュ「あ、そう言う…」

こころ「大丈夫って事ならこっちから色々手を回すわ」

パレオ「はい!これもスタッフ様の為ですね」

こころ「そうよ、あたしはやる事いっぱいだから行けないけど」

チュチュ「白金には気を付けてと伝えておきましょう」






次の日

スタッフ「…これは」

燐子「おはようございます…お父さん」

明日香「スタッフさん、おはよう」

六花「お、おはようございます」

スタッフ「2人も一緒に?」

パレオ「そう言う事です」

スタッフ「でもペアチケットは…」

パレオ「その点は問題ありません」

チュチュ「こころ様の力よ」

明日香「流石としか言いようがないですね」

スタッフ「そうですね」

チュチュ「楽しんでらっしゃい」

六花「本当に良いのですか?」

パレオ「はい、リゾートを満喫してきてくださいね」

燐子(まさか2人も来るなんて…)

スタッフ「そう言う事なら…」

六花「↓1」

明日香「↓3」
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 11:55:32.01 ID:DVMc0j1RO
リゾート・・・ちょっと気後れします
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 12:05:53.99 ID:0IRq1SOhO
加速
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 13:05:21.57 ID:MIE75VZN0
色々準備をしましたので、くすぐっても問題ないです。むしろくすぐってください!
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 16:58:08.15 ID:hAcRFiee0
六花「リゾート・・・ちょっと気後れします」

明日香「色々準備をしましたので、くすぐっても問題ないです。」

明日香「むしろくすぐってください!」

スタッフ「え、いえその…」

六花「だ、駄目だよぉ!」

燐子「そうですよ…」

燐子「お父さんにくすぐられるのは娘の私です」

六花「お父さん?ど、どういうこと?」

明日香「いやいや…くすぐられるのは私たちですよ」

六花「ええ!?私も!?」

千聖「いいえ、私よ」

スタッフ「白鷺さん?どうしてここに?」

千聖「…諸事情で…ご一緒させてもらいます」

スタッフ「なるほど」

燐子(↓2)
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 17:00:59.12 ID:o1eAF4+L0
加速
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 17:04:20.06 ID:0IRq1SOhO
全員でくすぐられればいいか、一番はもらいますが
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 17:22:12.60 ID:hAcRFiee0
燐子(全員でくすぐられればいいか、一番はもらいますが)

スタッフ「と、とにかくいきましょう」

明日香「楽しみ、ね?」

六花「う、うん…」

チュチュ「スタッフ…健闘を祈るわ」

スタッフ「は、はあ…」

千聖「スタッフさん…楽しみにしててくださいね」

スタッフ「楽しみに?」

千聖「ふふっ…」





数時間後

明日香「やっと着きましたね」

スタッフ「ではホテルに行きましょうか」



↓2まで なにかおきる
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 17:28:16.82 ID:MIE75VZN0
千聖が撮影しているドラマのエキストラの恋人役が来れなくなり、急遽スタッフと燐子が代理になる
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 17:49:39.70 ID:MoiDBtJaO
全員を(無理なら明日香と六花を)くすぐる
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 18:42:40.09 ID:hAcRFiee0
ホテルの部屋

スタッフ「…」

燐子「…」

スタッフ(散歩でもしてこよう)

燐子「お父さん…どちらへ?」

スタッフ「少し散歩を」

燐子「私も…付いていきます」

スタッフ「では行きましょう」






千聖「え?それ本当ですか?」

監督「ああ」

監督「エキストラの恋人役の2人が来れないそうだ」

マネージャー「困ったな…」

人気俳優「だれか代理は…」

若手女優「あ、あのカップルに頼んでみては?」

大御所俳優「えーと…ああ、あの2人ね」

千聖(スタッフさんたち!?)

監督「↓2」
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 18:49:46.91 ID:sGetSDTdO
加速
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 18:52:19.60 ID:+S8CFnoK0
すみません、そこの……カップル?兄妹?親子?……えーとそこのお二人!
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 18:52:49.93 ID:o1eAF4+L0
いい感じの雰囲気のカップルだ。……よし!あの二人に決めた!
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 19:04:24.61 ID:hAcRFiee0
監督「すみません、そこの……カップル?兄妹?親子?……えーとそこのお二人!」

スタッフ「はい?」

燐子「どうされました…」

監督「実はですね…」

監督「…と言う事がありまして」

スタッフ「な、なるほど」

監督「ちょっとだけで良いので恋人役をお願い出来ませんか?」

燐子「ええ…!?」

スタッフ「僕は構いませんが…白金さんは?」

燐子「ええと…その…」

千聖「無理しなくてもいいのよ?」

大御所俳優「千聖ちゃんの知り合い?」

千聖「友達なんです」

大御所俳優「へぇ…」

人気俳優(めっちゃ美人だ…)

若手女優(隣の男性…すっごいイケメン…)

燐子「↓1」

千聖「↓3」
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:14:55.26 ID:qzpbR1v3O
お父さんがいいのなら
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:17:05.54 ID:DZb2u/M20
歓迎します
849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:21:32.92 ID:o1eAF4+L0
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 19:32:29.57 ID:hAcRFiee0
燐子「お父さんがいいのなら」

千聖「歓迎します」

若手女優「え?お父さん?」

人気俳優「ま、まじかよ…」

監督「ありがとうございます」

スタッフ「ちょっと映るだけなら大丈夫です」

燐子「はい…」

千聖「これ台本です」

大御所俳優「君、名前は?」

燐子「えっと…白金燐子と言います…」

大御所俳優「燐子ちゃんね…良い名前だ」

監督「少し台本読んでてもらおうかな」

スタッフ「…」パタン

千聖「え?もう読めたんですか?」

スタッフ「はい、3回読み返しました」

若手女優「そ、速読!?」

燐子「あ、あの?」

人気俳優「↓1」

大御所俳優「↓3」
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:35:04.89 ID:o1eAF4+L0
本当に大丈夫か……?
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:38:52.70 ID:+S8CFnoK0
加速
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:40:31.27 ID:qzpbR1v3O
千聖ちゃんの想い人だけあってすごいね、千聖ちゃん
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 19:49:48.28 ID:hAcRFiee0
人気俳優「本当に大丈夫か……?」

大御所俳優「千聖ちゃんの想い人だけあってすごいね、千聖ちゃん」

千聖「はえ!?」

人気俳優「え?そうなの!?」

スタッフ(そういえばこのタイトルは…)

千聖「ちょ、ちょっと!」

大御所俳優「あれ?違った?」

燐子「どうしました…?」

スタッフ「この作品の原作小説読んでたなって思ってただけですよ」

若手女優「そうなんですか!」

スタッフ「はい、恋愛小説の…」

大御所俳優「違わないよね?」

マネージャー「おいおい…スキャンダルになりかねんぞ…」

千聖「↓2」
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 19:53:16.87 ID:o1eAF4+L0
加速
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 20:01:40.30 ID:JE5g6i2hO
ち、違いますから!(流石、昔からの付き合いのある大御所俳優さん)
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 22:10:00.16 ID:hAcRFiee0
千聖「ち、違いますから!」

千聖(流石、昔からの付き合いのある大御所俳優さん)

大御所俳優「…ま、そういう事にしておくよ」

千聖「…」

マネージャー「…」

監督「そろそろ始めよっか」

千聖(でも、役とはいえスタッフさんと恋人だなんて…羨ましい)

燐子「♪」








撮影終了後

燐子「…」

燐子(緊張したぁ…)

スタッフ「では戻りましょうか」

千聖「今日はありがとうございました」

監督「↓2」
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:11:15.22 ID:o1eAF4+L0
ありがとう。助かったよ
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:15:58.13 ID:+S8CFnoK0
エキストラとはいえいい演技だったよ、スタッフ君
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/07(金) 22:30:25.67 ID:hAcRFiee0
監督「エキストラとはいえいい演技だったよ、スタッフ君」

スタッフ「どうも」

監督「向いてるんじゃない?役者」

スタッフ「いえいえそこまででは…」

千聖「…」

燐子「白鷺さん?」

千聖「…お疲れ様」

スタッフ「戻りますね」

燐子「はい」








明日香「スタッフさん、ちょっと来てください」

スタッフ「え?はい分かりました」

燐子「あっ…」

明日香「この中へ」

スタッフ「えっと…この部屋は」

明日香「私たちの部屋です」

明日香「こっちこっち」

スタッフ「なにかあるんですか?」

明日香「くすぐってください」

スタッフ「戻ります」

明日香「駄目です」

明日香「あ、ちなみに六花ちゃんは寝てます」

スタッフ「↓2」

明日香「↓4」
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:31:54.32 ID:o1eAF4+L0
加速
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:38:36.08 ID:qzpbR1v3O
起こしてしまいますよ?
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:41:43.76 ID:+S8CFnoK0
加速
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 22:46:25.62 ID:9rvgYFTpO
大丈夫です!
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 00:19:43.27 ID:PVfJ0BW20
スタッフ「起こしてしまいますよ?」

明日香「大丈夫です!」

明日香「むしろ起こしましょう」

スタッフ「ダメだと思います」

明日香「くすぐってくださいよ」

スタッフ「流石に…」

明日香「くすぐるって言うまで出しませんからね」

スタッフ「ええ…」

明日香「↓2」
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 00:24:17.12 ID:UXtASOnd0
加速
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 07:04:11.05 ID:XMMWOJny0
いいじゃないですか、今更ですよ
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 07:47:06.98 ID:PVfJ0BW20
明日香「いいじゃないですか、今更ですよ」

明日香「市ヶ谷さんや色んな人をくすぐってるんですから」

スタッフ「ま、まあそれはそうなんですが…」

明日香「なら良いですよね?」

スタッフ「それとこれとは…」

明日香「…」服を脱ぎだす

スタッフ「えちょ…」目を瞑る

明日香「ならこっちから…」

スタッフ「↓2」
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 07:48:51.70 ID:UXtASOnd0
待ってください!そう簡単に女の子が異性の前で脱ぐのは…
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 08:17:12.16 ID:MpXn1hmiO
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 08:55:29.38 ID:PVfJ0BW20
スタッフ「待ってください!そう簡単に女の子が異性の前で脱ぐのは…」

明日香「それも今更な気がしますよ」

明日香「スタッフさん、今まで服着てない人をくすぐったのは何人ですか」

スタッフ「え、えっと…」

明日香「大体みんなですもんね」

スタッフ「うっ…」

明日香「もう諦めてくすぐってください」

スタッフ「↓1」

明日香「↓3」
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 09:22:53.60 ID:MpXn1hmiO
・・・もう、わかりましたよ
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 09:29:34.70 ID:mUFy6ZEVO
加速
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 09:33:05.68 ID:4hkoZHWP0
やった、お姉ちゃんに自慢しよ!
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 09:53:51.10 ID:PVfJ0BW20
スタッフ「・・・もう、わかりましたよ」

明日香「やった、お姉ちゃんに自慢しよ!」

スタッフ「あんまり声出さないように…」

明日香「うーん…スタッフさん次第?」

スタッフ(どうしてこうなった…)

明日香「一緒にベッドに入ってからくすぐってね」

スタッフ「…」

明日香「ひゃ!きゃふふ…」

スタッフ「声抑えて」

明日香「くっ…ふふ…ふふふ…」

明日香「ふっ…ふひゃっ!あっ…」

スタッフ「…」

明日香「くひぃ!あっあっ!」

明日香「あっくっくくっ…んんん!?」

明日香「んやっ…やあっ!ああっ!!」

スタッフ「↓2」

明日香「↓4」
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 09:58:59.76 ID:gWqFwegZO
加速
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 10:18:22.58 ID:4hkoZHWP0
あんまり大きな声出すと起きちゃいますよ
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 10:35:24.25 ID:r+dF0RCl0
加速
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 10:54:49.96 ID:zLanSQ2UO
大丈夫っ、もう起きてる、んあっ、六花のむっつりっ、スケベ♪
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 11:01:36.58 ID:PVfJ0BW20
明日香「あんまり大きな声出すと起きちゃいますよ」

明日香「大丈夫っ、もう起きてる、んあっ、六花のむっつりっ、スケベ♪」

六花「!?」

スタッフ「…へ?」

明日香「ずっとっ…起きてたっ、んんっ!…から」

六花「…お、起きてないですよー」

スタッフ「…」

明日香「ああっ!?激しくぅ!!あああっ!!」

六花「↓2」
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 11:46:41.33 ID:zLanSQ2UO
加速
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 11:58:22.82 ID:4hkoZHWP0
え、えっち……私がやられたら……(妄想)
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 12:07:45.14 ID:PVfJ0BW20
六花「え、えっち……私がやられたら……」(妄想)

明日香「イクッ!!」びくん

スタッフ「…まさか起きてたなんて」

明日香「ずっと寝たフリでしたよ」

スタッフ「もう戻って良いですか?」

明日香「もう一回」

スタッフ「…」

六花「はわわ…」妄想中

明日香「あっちもくすぐった方がいいと思います」

スタッフ「えー」

スタッフ「もう寝たいです…」

スタッフ(精神的に持たない)

六花「ええ!?」

明日香「やって欲しそうですよ」

明日香「↓1」

スタッフ「↓3」
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 12:28:00.54 ID:iSmJ/iivO
それにスタッフさんもやりたそうな顔してますよ
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 12:29:37.30 ID:TTky2TiKO
加速
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 12:39:08.57 ID:QtutH28+O
・・・本当ですか?
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 13:00:48.10 ID:PVfJ0BW20
明日香「それにスタッフさんもやりたそうな顔してますよ」

スタッフ「・・・本当ですか?」

スタッフ(そんなはずは…)

明日香「それにこっちも…」

スタッフ「ちょ…」

六花「あの…お願い出来ますか?」

スタッフ「…」

明日香「諦めも大事ですよ?」

六花「↓2」
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 13:11:33.49 ID:SRevhcumO
加速
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 13:28:56.09 ID:4hkoZHWP0
お願いします、くすぐってください
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 13:45:02.39 ID:PVfJ0BW20
六花「お願いします、くすぐってください」

スタッフ「分かりました…」

スタッフ(結局こうなるの…)

六花「!」

明日香(やっぱり押しに弱いよねスタッフさん)

スタッフ「ではくすぐります…」

六花「は、はひ!」

スタッフ「…」

スタッフ(無心で…)

六花「ひうっ!んふふっ」

スタッフ(どうして服を着てないんだ)

六花「ふふふふふ…あん…きゃふふふ」

六花「くひぃ!…いああっ!!あっあっあっ!!」

六花「しょこ、気持ちいいいぃ!もっとぉ!」

スタッフ「↓1」

六花「↓3」
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 13:56:39.41 ID:SRevhcumO
これでいいですか?
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 16:24:28.96 ID:cyhMfo+VO
加速
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 16:42:00.48 ID:4hkoZHWP0
ひあっ、いいですぅ、あんっ、くふっ、あんっ!
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/08(土) 23:05:08.19 ID:PVfJ0BW20
スタッフ「これでいいですか?」

六花「ひあっ、いいですぅ、あんっ、くふっ、あんっ!」

明日香「とってもえっちだよ六花」

六花「あっあっあっ!…ああっ!」

六花「あっんっ!イッて…あっ…」

六花「〜〜〜〜〜〜ッ!!??」びくんびくん

六花「ッ!………」

スタッフ「…もう良いですかね?」

明日香「戻ったら白金さんをくすぐるんですよね?」

スタッフ「しませんから…」

スタッフ「もう戻りますね」

六花「↓1」

明日香「↓3」
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 23:06:16.49 ID:XMMWOJny0
ちょっと待ってください(手を拘束)
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 23:13:23.37 ID:NAcKVG1gO
加速
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/08(土) 23:22:19.33 ID:mt/vOM5yO
はい、チーズ(3人を自撮り)
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 02:31:24.20 ID:wRBZ9BXg0
六花「ちょっと待ってください」(手を拘束)

明日香「はい、チーズ」(3人を自撮り)

スタッフ「ちょ…」

六花「もっと…して欲しい…」

スタッフ「ええと…」

明日香「私も足りないなー」

スタッフ「分かりました…」

スタッフ「次で最後です」

その後1時間ぐらい2人をくすぐって部屋に戻った




スタッフ「(精神的に)疲れた…」

スタッフ「もう寝よう…」

燐子「お父さん…」

スタッフ「白金さん?」

燐子「↓2」
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 06:17:07.59 ID:/k0imsD+0
確認
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 06:39:48.71 ID:oVt/6BNHO
お疲れの様なのでマッサージしますね
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 07:57:37.31 ID:wRBZ9BXg0
燐子「お疲れの様なのでマッサージしますね」

スタッフ「いえそこまででは無いので大丈夫です」

燐子「でも…」

スタッフ「今日はもう寝ましょう」

スタッフ(なんとなく嫌な予感がする)

燐子「分かり…ました」

燐子「同じベッドで…」

スタッフ「え?」

燐子「一緒に寝ませんか?」

スタッフ「↓1」

燐子「↓3」
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 07:58:16.41 ID:HWfgxbsNO
・・・何もしないなら
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 08:15:23.19 ID:/NDNg4W3O
加速
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 08:40:10.37 ID:oVt/6BNHO
わかりました
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 08:54:55.68 ID:wRBZ9BXg0
スタッフ「・・・何もしないなら」

燐子「わかりました」

スタッフ「では…どうぞ」

燐子「はい」

スタッフ「…お休みなさい」

燐子「お休みなさい…お父さん」

スタッフ(…明日は何しようか)

燐子(あったかい…)






燐子「お父さんは…まだ寝ていますね」

燐子「…」

燐子「↓2」
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 09:03:56.20 ID:rrBXXK0JO
加速
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 09:22:13.63 ID:rnoF8/qWO
キスしましょう
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 09:36:26.58 ID:wRBZ9BXg0
燐子「キスしましょう」

燐子「…結局お父さんは手を出してこなかったので」

燐子「こっちから手を出しても仕方ない…ですよね」

スタッフ「…」

燐子「ん…」

燐子「んちゅ…んん」

スタッフ「…?」起きた

スタッフ「んんっ!?」



↓2 なにかおきる
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 09:42:55.85 ID:8kiq9CKWo
スタッフ「なんだ夢か……」
二度寝
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 10:10:27.39 ID:GnnZR2igO
寝ぼけアンド不意打ちで不機嫌なスタッフが燐子をキス調教
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 10:28:13.71 ID:wRBZ9BXg0
スタッフ(目を覚ましたらキスされてた)

スタッフ「…」

燐子「ん…はぁ…ふふっ」

スタッフ「…」

燐子「んんっ!?ちゅ…れろ…んっ」

燐子(ディープキス…!)

燐子「んふ…んんっ…んっ…〜〜〜っ!!」

スタッフ(↓1)

燐子「↓3」
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 10:39:39.96 ID:rnoF8/qWO
このぐらいでは許しませんよ
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 11:30:28.22 ID:rnoF8/qWO
加速
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 11:41:30.73 ID:GnnZR2igO
んんんんんっっっ!!??
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 13:15:15.84 ID:wRBZ9BXg0
スタッフ(このぐらいでは許しませんよ)

燐子「んんんんんっっっ!!??」

燐子(軽くイッて…気持ち…いい)

5分後

燐子「はぁ…はぁ…」

スタッフ「…着替えよう」

スタッフ(朝は確かビュッフェ方式でしたね…)

燐子「また…キスしてくだしゃい…」

スタッフ「…」

スタッフ(どうしてこうなった)




六花「好きなの取っていいの?」

明日香「そうだよ」

スタッフ「おはようございます」

燐子「…おはようございます」

明日香「今夜もくる?」

スタッフ「行きません」

六花「え?」

スタッフ「行きませんからね?」

燐子「駄目…」



↓2まで なにかおきる
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 13:39:26.45 ID:/e9PMRmrO
付属のプールで遊ぶ
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 14:02:56.08 ID:MxI0gcw3O
夜、千聖を含め全員で食事
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 17:46:33.18 ID:wRBZ9BXg0
プール

スタッフ「プール…」

燐子「お父さん」

スタッフ「白金さん」

燐子「水着…どうですか…////」

スタッフ「似合ってますよ」

明日香「…」

六花「…」

燐子「どうしました…?」

明日香「ボリュームが…」

六花「す、すごい…」

スタッフ(ウォータースライダーや流れるプールか)

燐子「ボリューム?」

明日香「↓1」

六花「↓3」
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 18:12:03.00 ID:hFTA7AiRO
軽く泳ぎましょう
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 18:46:09.39 ID:hFTA7AiRO
加速
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 18:53:41.22 ID:pd2RgGeo0
燐子さんの胸でビーチバレー……
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 20:40:53.62 ID:wRBZ9BXg0
明日香「軽く泳ぎましょう」

六花「燐子さんの胸でビーチバレー……」

スタッフ「そうですね、泳ぎましょう」

燐子「私の胸でビーチバレーは…出来ません」

六花「っは!?す、すみません!」

明日香「普通のプールで軽く」

明日香「スタッフさん行きましょう!」

スタッフ「分かりました」

燐子「↓2」
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 20:47:47.12 ID:70sOaF1uO
加速
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 21:06:31.69 ID:/k0imsD+0
スタッフさん、私の胸を捏ねますか?
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 22:02:09.16 ID:wRBZ9BXg0
燐子「スタッフさん、私の胸を捏ねますか?」

スタッフ「?」

スタッフ「何もしませんけど」

燐子「…」

スタッフ「そんな事より泳ぎましょう」

六花「そうですよね!」

六花(でも気になる…大きい)

スタッフ「↓1」

燐子「↓3」
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 22:03:17.75 ID:GnnZR2igO
流れるプールがありますね、そこで泳ぎましょう
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 22:07:52.04 ID:/k0imsD+0
加速
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 22:09:42.86 ID:e4vNziIT0
少しくらい靡いても…
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 22:24:23.41 ID:wRBZ9BXg0
スタッフ「流れるプールがありますね、そこで泳ぎましょう」

燐子「少しくらい靡いても…」

明日香「燐子さんもいきましょう」

燐子「は、はい」

スタッフ「人は今そんなに居ませんね」

六花「これは…」

明日香「スタッフさん手を繋いで入りませんか?」

スタッフ「良いですよ」手を握る

燐子「!?」

明日香「↓2」
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 22:25:54.66 ID:/k0imsD+0
加速
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 22:27:08.86 ID:40Pn6mCCO
燐子さんの手も繋いであげてください
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 23:05:17.41 ID:wRBZ9BXg0
明日香「燐子さんの手も繋いであげてください」

スタッフ「はい」

燐子「!」

六花「…私は」

明日香「私と手を繋ごう」

燐子「////」

スタッフ「↓2」
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:06:55.64 ID:GnnZR2igO
加速
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:12:22.41 ID:/k0imsD+0
結構流れが強いので気をつけてくださいね
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 23:29:11.43 ID:wRBZ9BXg0
スタッフ「結構流れが強いので気をつけてくださいね」

燐子「はい…////」

明日香「きもちいいねー」

六花「うん」




スタッフ「ウォータースライダーに?」

明日香「はい!一緒に滑りませんか?」

スタッフ「良いですよ」

燐子「↓1」

六花「↓3」
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:31:19.65 ID:GnnZR2igO
怖いけど、お父さんが一緒なら……
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:38:52.04 ID:/k0imsD+0
加速
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:45:27.35 ID:zzVpEZ2zO
私は待ってます。その間に食べ物買ってますね
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/09(日) 23:52:56.58 ID:wRBZ9BXg0
燐子「怖いけど、お父さんが一緒なら……」

六花「私は待ってます。その間に食べ物買ってますね」

明日香「じゃあ滑りましょう」

燐子「はい…」




スタッフ「結構高いですね」

明日香「私はスタッフさんの後ろから捕まってますね」

燐子「では前から…」

スタッフ「この状態で滑るんですか?」

明日香「はい!」

スタッフ「分かりました」





六花「焼きそば…でいいのかな?」

六花「ドリンク…何がいいんだろ?」

六花「聞いてから買いに来るべきだった…」

六花「↓2」
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/09(日) 23:58:52.62 ID:GnnZR2igO
加速
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 00:00:06.67 ID:nB+8TZ5EO
焼きそば、たこ焼き、サンドイッチにジュースを数本買っておこう
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 00:06:29.78 ID:OkvZejYt0
六花「焼きそば、たこ焼き、サンドイッチにジュースを数本買っておこう」

六花「これぐらい有れば足りるよね」

六花「じゃあ戻って準備しておこう」





滑り終えた後
スタッフ「結構勢いありましたね」

燐子「!?」

スタッフ「2人はどうでした?」

明日香「スタッフさん」

スタッフ「はい」

明日香「私と燐子さんの水着が取れました」

スタッフ「…へ?」

明日香「↓1」

燐子「↓3」
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 00:11:47.49 ID:wQ9hGpyT0
なのでバスタオルかなにかを持ってきてください
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/02/10(月) 00:12:04.21 ID:LJ7ZSvvc0
(犯人を)殺す・・・!
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 00:13:02.09 ID:nB+8TZ5EO
よく見てください
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 00:18:27.51 ID:OkvZejYt0
明日香「なのでバスタオルかなにかを持ってきてください」

燐子「よく見てください」

スタッフ「この体勢で動けないんですが」

六花「え?何をしているんですか?」

六花(2人の水着が取れてスタッフさんに抱きついてる)

スタッフ「なんだか水着が取れてしまったらしいです」

スタッフ「ちょっと探してもらえませんか?」

六花「わ、分かりました」

燐子「こっちを見て…」

スタッフ「見れません」

スタッフ(↓1)

六花「↓3」
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 06:11:43.62 ID:wQ9hGpyT0
ど、どうしよう……
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 06:45:44.34 ID:qhh/C0zZO
加速
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 07:03:37.47 ID:L9CMedDyO
千聖さんが見つけてくれたそうですよ!
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 07:53:29.11 ID:OkvZejYt0
スタッフ(ど、どうしよう……)

六花「千聖さんが見つけてくれたそうですよ!」

スタッフ「白鷺さんが?」

千聖「はい、こちらに」

スタッフ(た、助かった…)

明日香「ありがとうございます」

燐子「助かりました…」

六花「すぐ見つかってよかった」

千聖「↓1」

スタッフ「↓3」
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 08:16:27.40 ID:ivYmTFlY0
代わりと言ってはなんですが、撮影の協力をまたお願いしたいんですけど
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 08:17:34.59 ID:qhh/C0zZO
加速
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 08:24:44.46 ID:whGwoKeVO
構いませんよ、何をすればいいですか?
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 09:30:48.63 ID:OkvZejYt0
千聖「代わりと言ってはなんですが、撮影の協力をまたお願いしたいんですけど」

スタッフ「構いませんよ、何をすればいいですか?」

千聖「ではこっちへ」

明日香「行っちゃった」

燐子(無反応…)

六花「ご飯冷めちゃうね」




千聖「ここで撮影を」

スタッフ「これは普通のプールですね」

千聖「撮影のために今は人がいません」

スタッフ「それで、僕はどうすれば」

千聖「↓2」
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 09:34:59.14 ID:kQW7VEXk0
加速
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 09:48:43.30 ID:ivYmTFlY0
このジュースを一緒にストローで飲んでください(一つのジュースにストロー二本入ってる)
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 09:56:08.62 ID:OkvZejYt0
千聖「このジュースを一緒にストローで飲んでください」(一つのジュースにストロー二本入ってる)

スタッフ「分かりました」

千聖「ふふふ」

スタッフ「甘くて美味しいですね」

千聖「はい、とっても美味しいです」

千聖(2人きりで恋人のように…)

スタッフ「そういえば撮影は…」

千聖「↓1」

スタッフ「↓3」
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 10:47:53.45 ID:whGwoKeVO
今撮影してます、自然な恋人の様にと監督から言われているので・・・
959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 10:56:51.38 ID:Zuddy5JkO
加速
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 11:07:09.61 ID:warprtOPO
そうですか
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 11:40:56.31 ID:OkvZejYt0
千聖「今撮影してます、自然な恋人の様にと監督から言われているので・・・」

スタッフ「そうですか」

千聖「私の顔を見つめて」

スタッフ「…」

千聖「…」

スタッフ「あ、無くなりましたね」

千聖「へ?あ、本当だわ…」

スタッフ「次はどうすれば?」

千聖「次は…隣に座ってください」

スタッフ「はい」

千聖「肩を寄せ合います」

スタッフ「なるほど」

千聖「↓1」

スタッフ「↓3」
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 12:14:59.79 ID:Rdz61CPaO
うふふ
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 12:19:58.63 ID:VGrG0NRxO
加速
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 12:37:26.03 ID:ivYmTFlY0
あ、監督がいらっしゃいましたよ
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 13:24:27.96 ID:OkvZejYt0
千聖「うふふ」

スタッフ「あ、監督がいらっしゃいましたよ」

千聖「監督…」

監督「バッチリだよ」

スタッフ「そうでしたか」

千聖「もうおしまいのようですね」

監督「↓2」
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 13:29:18.06 ID:opcxt7aX0
加速
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 13:36:38.21 ID:8bC+doVMO
千聖ちゃんも恋を知る年頃になったんだねぇ
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 13:58:48.26 ID:OkvZejYt0
監督「千聖ちゃんも恋を知る年頃になったんだねぇ」

千聖「ちょ…」

監督「一緒に休憩してきていいよ」

監督「2人きりにしておくからさ」

千聖「監督!…もう」

スタッフ「3人の所へ行きますか?」

千聖「…そうしましょうか」





明日香「あ、戻ってきた」

スタッフ「もう食べました?」

燐子「はい」

六花「2人の分も買っておきました」

スタッフ「ありがとうございます」

スタッフ「お代は…」

六花「いえいいんです!」

スタッフ「↓2」
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 14:15:16.14 ID:8bC+doVMO
しかし・・・
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 14:45:01.58 ID:EZkUg84vO
何かお礼を
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 15:01:02.46 ID:OkvZejYt0
スタッフ「何かお礼を」

六花「ならくすぐりを…」

スタッフ「素直に奢ってもらいます」

六花「そんな!?」

明日香「そんなに嫌なんですか?」

明日香「楽しそうにしてるのに」

スタッフ「そんな事無いです」

千聖「私たちはやって嬉しいされて嬉しいのWIN-WINな関係ですよ?」

燐子「今日こそくすぐって…」

スタッフ「しません」

千聖「↓2」

燐子「↓4」
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 15:20:01.98 ID:9OHPkDYMO
加速
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 15:37:47.38 ID:ivYmTFlY0
みんなスタッフさんがくすぐっているときは楽しそうな顔してるって言ってましたよ
認めたくないのはわかりますが……
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 15:52:06.67 ID:9OHPkDYMO
加速
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 15:59:48.03 ID:KziWxu7YO
お父さん……
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/10(月) 23:24:22.03 ID:OkvZejYt0
千聖「みんなスタッフさんがくすぐっているときは楽しそうな顔してるって言ってましたよ」

千聖「認めたくないのはわかりますが……」

燐子「お父さん……」

スタッフ「そう…でしたか」

明日香「楽しんでていいんですよ」

燐子「私たちはスタッフさんにくすぐられるのが好き…ですから」

六花「そ、そうですよ」

スタッフ「↓2」
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 23:24:49.81 ID:kQW7VEXk0
加速
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/10(月) 23:25:28.13 ID:wQ9hGpyT0
それなら…前向きに検討しますが、精神的にきついときは勘弁してください
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 00:00:35.96 ID:7/hlzJLq0
スタッフ「それなら…前向きに検討しますが、精神的にきついときは勘弁してください」

千聖「そうですか」

千聖「みんなに伝えておきますよ」

スタッフ「はい…お願いします」







スタッフ「さ、寝ましょう」

燐子「今日も…一緒に…」

スタッフ「……分かりました」

千聖「私も」

スタッフ「分かり…え?」

千聖「では寝ましょうスタッフさん」

スタッフ「白鷺さんがどうして?」

千聖「燐子ちゃんに入れてもらったの」

燐子「はい…」

スタッフ「まあいいですけど」

燐子「↓1」

千聖「↓3」
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 00:02:38.14 ID:4+lnGYJpO
脱ぎます
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 00:07:33.42 ID:hCpbs7pX0
加速
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 00:13:15.44 ID:NNOtCU64O
キスしてください……できればくすぐりも
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 00:17:11.61 ID:7/hlzJLq0
燐子「脱ぎます」

千聖「キスしてください……できればくすぐりも」

スタッフ「」

千聖「お願いします…」

燐子「私も…」

スタッフ「今日は無しです」

千聖「そんな!?」

燐子「…」

スタッフ「今日はもう寝ましょうそうしましょう」

スタッフ(↓2)
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 00:17:35.07 ID:I8m0N6O20
加速
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 00:22:57.10 ID:hCpbs7pX0
キスだけならいいか
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 00:30:08.03 ID:7/hlzJLq0
スタッフ(キスだけならいいか)

千聖「仕方ない…」

スタッフ「白鷺さん」

千聖「はい…んっ!?」キスされる

スタッフ「…」

千聖「んん…ふっ…」

スタッフ「これで良かったですか?」

千聖「…はい///」

スタッフ「じゃあおやすみなさい」

燐子(私にはしてくれない…)







スタッフ「2人とも寝てますし…今のうちに荷物をまとめておこう」

スタッフ「まだ時間あるから…」

数分後

千聖「おはようございます…」

燐子「………」

スタッフ「今日のお昼前には迎えが来ますのでそれまではゆっくりしてましょう」

明日香「もう少しいたかった」

六花「楽しかったねー」

明日香「↓2」
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 01:25:39.49 ID:JnyVbkbp0
全然
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 03:23:15.03 ID:su44xHB+O
うん!
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 09:39:51.59 ID:7/hlzJLq0
明日香「うん!」

スタッフ(やっと帰れる…)

六花「そう言えばお迎えって…」

千聖「こころちゃんたちが来るわ」

スタッフ「わざわざ来てくれるみたいです」

明日香「朝ごはん食べてゆっくりしましょう」





こころ「スタッフ!迎えに来たわ!」

スタッフ「弦巻さん」

チュチュ「さっさと帰りましょ」

こころ「みんな寂しがってたわ」

スタッフ「そうでしたか」

燐子「お父さんは楽しかったですか?」

スタッフ「はい、楽しかったですよ」

パレオ「スタッフ様が楽しまれたのなら良かったです」

こころ「じゃあ帰ってくすぐりを…」

スタッフ「しませんよ」

六花「え?」

明日香「日課にしましょう」

スタッフ「嫌ですよ」

こころ「まあいいわ、乗って乗って」



数時間後東京に着きました
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 09:43:00.49 ID:7/hlzJLq0
【バンドリ】スタッフ「コミュニケーション不足?」その8
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1581381720/
次スレ
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 09:43:39.73 ID:hCpbs7pX0
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/11(火) 09:47:35.04 ID:7/hlzJLq0
次で最後の予定…かなぁ

続きそうなら続けるけど…エンディング入れそうならエンディングやって新しいの建てる予定です
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/11(火) 12:28:50.22 ID:mn/BIXBEO

>>1000なら全員で結婚
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/13(木) 19:32:15.76 ID:8s873NKlO
くすぐられた回数順
279.85 KB Speed:28.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)