幼じょりーん「じょじょのきみょうなぼうけん」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

74 : ◆t8EBwAYVrY [saga]:2020/03/28(土) 00:59:41.90 ID:8nEHxvZr0
 ジッパー<スウゥ・・・

花京院「かはッ!はあッ!はあッ!はあッ!・・・・・・く、首のジッパーが消えた・・・助かったよアヴドゥル・・・」

ブチャラティ「うぐぐ・・・」グググ

ミスタ「ブチャラティィイイーーーッ!」ドギュドギュドギュ!

アヴドゥル「効かんと言っているのだ!」ボッジュウウウゥゥゥ・・・

ブチャラティ「ぐうぅううう!『スティッキィ・フィンガーズ』!」

 バラララァッ・・・!

アヴドゥル「!・・・自分自身をジッパーでバラバラに分解して、我が『赤い荒縄』から脱するとは・・・」


ブチャラティ「はあ・・・はあ・・・参ったな・・・軽い気持ちでこの島国にきたんだが・・・こんな達人スタンド使いと戦うことになるとは・・・」

ミスタ「ッ・・・」

花京院「待ってほしい。キミ達・・・我々を痛めつけるのが仕事だと言っていたな。一体誰がそんな依頼をしたんだ。我々には身に覚えがない。襲われる理由に心当たりがないんだ」

ミスタ「アホかてめーッ。依頼主のこと誰が話すかバーカッ」

花京院「我々はこの町の『壁の目』を調べているだけだ。不測の事態が起こる前に・・・奇妙な事故が起こる前に、それを未然に防ごうとしている。ただそれだけだ」

ブチャラティ「知ったことじゃあない・・・」

花京院「なに・・・!」

ブチャラティ「俺達は『壁の目』というのが何なのか、依頼主が何をしようとしてるのか、そんなことは知ったことじゃあない」

ブチャラティ「ただ貴様らをシメて、『壁の目』について金輪際関わろうとしないと約束させる。それが俺達が依頼された『仕事』だ・・・」

ブチャラティ「『仕事』はこなす・・・無傷で帰るってのは難しそうだがな・・・」

花京院「・・・・・・わかった。そこまで言うのなら、こちらも黙ってやられるワケにはいかない・・・少々手荒になるが、仕掛けてきたのはそっちだからな」ズアッ

ミスタ「!・・・」


花京院「『緑の法皇(ハイエロファントグリーン)』」ドン!
151.76 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)