【かぐや様は告らせたい】かぐや「会長が拉致監禁されたですって!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:00:21.22 ID:c2oQ1yD3O


それはある晴れた日の事…

四宮かぐやはいつものように車での送迎による登校の最中であった


かぐや(はあ〜…早く会長に会いたいわ。そして会長との幸せな時間を早坂にもお裾分けしてあげた〜い!)ウズウズ

早坂「…」

ピロンッ

早坂(あ、書記ちゃんから…)

かぐや「早坂、あなた今日は朝からスマホばっかり見てるわね。誰と話してるのよ?」

早坂「それは言えません」

かぐや「え〜、何でよー。あ、わかった♪もしかして彼氏かしら♪」

早坂「はあ〜………この人ほんと恋愛脳になった……」

かぐや「ん?なに?」

早坂「何でもないですよ」ツーン

早坂「では、私はこの辺りから降りて学校まで行くので」

かぐや「ええ。気を付けてね早坂」

早坂「かぐや様も………あ、そうそう」




早坂「会長さん、今朝拉致・監禁されたらしいですよ」

早坂「ではまた」バタンッ

かぐや「ええ、わかったわ。会長が拉致・かんき………」



かぐや「えええええええええーーーっ!!?」

かぐや「ちょっと待って、それどういうこと!?拉致・監禁!?何で!?」

かぐや「早坂!!ねえ!!早坂あぁぁっ!!!」

運転手「かぐや様、窓から顔を出さないでください」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1580216421
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:01:34.20 ID:c2oQ1yD3O
ーーー秀知院校門前

バタンッ

ブオォォン………

かぐや「…」

かぐや(会長からラインの返事も無ければ電話にも出ない………付き合い始めてからはすぐに返してくれるようになったのに)

かぐや(まさか、早坂が言っていた事は…真実だとでもいうの!?)

かぐや(だとしたら何故早坂はあんな「今日の帰りカラオケ行きましょ」くらいのノリで言ったの!?)


石上「あ、四宮先輩。おはようございます」

かぐや「あら、おはよう石上くん………」

石上「どうしたんすか?顔青いですよ」

かぐや「友達から聞いた話なんだけどね?その…か、会長が………会長が…………!」


かぐや「何者かに拉致され泣き崩れる会長を監禁し更には有られもない姿にされたりいやらしいことされたりしてるかも知れないのよ!!!」(そこまでは言ってない)

石上「あっはっはっは、そんなことあるわけないじゃないですか。落ち着いてくださいよ四宮先輩」

石上「生徒の拉致とかあったら普通に事件ですよ。ましてや成績トップで更に生徒会トップでもある人にですよ?そんな事あったらとっくにニュースなってますよ。もっと騒がれてますって」

かぐや「そ、それもそうよね………いけないわ、私としたことが……」

かぐや(てことは何!?早坂の嫌がらせ!?何故!?毎日私の幸せをお裾分けしてあげてるのに!)

石上「でも確かに会長にライン送っても既読すらつきませんね」

かぐや「そうよね、やっぱり気になるわよね!?」

ザッザッザッ!

小野寺「石上!」

石上「おう、小野寺」

小野寺「つばめ先輩が…」

石上「ん?」



小野寺「つばめ先輩が何者かに拉致・監禁されたんだ!!」

石上「 な ん で ! ? 」


小野寺「ごめん…つばめ先輩は私を庇って、奴等に…!」

石上「なに!?何なの!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:02:32.09 ID:c2oQ1yD3O
???「ふははははは!役者は揃ったようね!!」

かぐや「この声は…!?」



???「学園トップの生徒会を支配し、更にリア充トップの巣窟である応援団をも滅ぼした上………白銀御行と子安つばめを拉致し、生徒の8割は我々の部下においた」


???「ここ秀知院は今日より頂く!!」




槇原「このTG部がねっ!!!」バーンっ



石上「お前らかよ!!」

かぐや「………あー………」



メガ子「小野寺さん、手伝ってくれてありがとう」

小野寺「いえ…何だか愉快なことやろうとしてるんすね」

石上「え、小野寺協力者だったの!?」

小野寺「いや、ついさっきいきなり頼まれたんだけど…メガ子先輩が卒業前にデカイ遊びをして思い出に残したいとか言ってたから………何だかそういう理由だと断りづらくて」

かぐや「優しい子ね…」

石上「そうだ、TG部といえば藤原先輩の姿が見えないけど」

槇原「彼女はTG部より生徒会を選んだ。そして四宮かぐやを身を呈して逃がしそのまま藤原千花は我々に捕らえられたのだ…」

石上「あー、そういう設定」

メガ子「ちなみに石上君が無事な理由は生徒会襲撃時がちょうど新作ゲームの発売日で生徒会室に居なかったからです」

石上「ひっでえ理由だなオイ!!!」

かぐや「やってられないわ、帰るわね…」

???「あらあら本当にいいのですか?白銀会長が今囚われの身なのは本当ですよ?TG部に会長の身体を好きにされていいんですか?」ボソボソッ

かぐや「!!」バッ

早坂「貴女はこのゲームから逃げられません」

かぐや「早坂!?」

早坂「そう…私は早坂愛。TG魔王軍四天王の一人です」バーンっ

かぐや「な……何を言っているの………?だいたい皆の前でそのしゃべり方しちゃ…」

早坂「あ、私は今魔王に洗脳された忠実な僕で敬語キャラという設定ですので」

かぐや「…」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:03:54.35 ID:c2oQ1yD3O
槇原「早坂!ルールを説明してあげなさい!」バッ

早坂「御意」

かぐや(御意?)


早坂「まず、このゲームの内容は秀知院を支配するTG魔王軍を倒すため勇者かぐや様とその僕(しもべ)石上の旅を描いた王道バトルRPGです」

かぐや「早坂は何を言っているの…?」

石上「つまりTG部を潰せってことですよ」

早坂「そうです」

小野寺「そうなんだ」


早坂「で、魔王は生徒会室で待ち構えているのですが、その扉を開けるには四つの鍵が必要です」

かぐや「え?あの扉の鍵四つも無いわよね?そもそも今私が持ってるし」

早坂「いいから黙って聞いててください。そういうルールなんです!会長を助けたくないんですか!?」

かぐや「まあ会長のためなら…」ボソッ

早坂「そして、その鍵を手にいれるには、四天王を倒さなくてはなりません」

かぐや「四天王…」

槇原「我々TG魔王軍支配下でも特に高い実力を持つ戦士達のこと………紹介してあげなさい早坂」

早坂「御意。まず一人目…笑うサタン、柏木渚」

石上「二つ名ひでえ…」


早坂「二人目…傷ついた天使、四条眞妃」

石上「二つ名ちょっと笑えない!」


早坂「そして三人目が私…忠実なる地獄の番人、早坂愛」

石上「…」


早坂「そして最後の一人………すべてが謎に包まれた正体不明のメンバー」


早坂「不治ワラ」

石上「何が正体不明だよ。どう考えたって藤原先輩じゃねえかそれ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:04:41.31 ID:c2oQ1yD3O
かぐや「…つまり、その人達から鍵を貰えばいいのね」

早坂「そうです。私達は今から敵同士なのです」

かぐや「…敵…」

かぐや(え、敵…?早坂も?皆も?)

早坂「…?」


かぐや(恋の相談を通して仲良くなった柏木さん…)

かぐや(やっと最近、素直に仲良くなれた眞妃さん…)

かぐや(私と長い間友達でいてくれる藤原さん…)

かぐや(そして、ずっと側に居てくれた早坂…)


やっと出来た、暖かな繋り………

皆が………敵………




かぐや「そんな………そんなぁ………!」ガクッ

早坂「いや、そんな絶望に満ちた顔しなくても………これゲームですからね?元気出してください。ほら、こっそり撮った会長の写メですよー」チラッチラッ

石上「あれ、四宮先輩どうしました?」

早坂「ああ、大丈夫です。この子トイレ我慢してるだけです」

かぐや「違うわよ!!」ガバッ

槇原「さて、ルールは分かったね。地図を渡すからそれの通りに進みなさい」

石上「律儀な魔王だな」


小野寺「…じゃ、私そろそろ帰るんで…」

槇原「は?だめだから。あんたもちょっと参加したんだから最後まで居なさい」

小野寺「…え……?」

石上「諦めろ小野寺。TG部からは逃げられない」

槇原「さて我々は戻るとしよう。行くぞ早坂!」

早坂「御意」シュタッ

かぐや「ノリノリね、早坂…」

槇原「秀知院内には四天王以外にも私の部下達がうようよしている………さあ、来てみなさい、生徒会室まで!!!」

アハハハハハハッ………


秀知院を舞台にした、勇者かぐやと仲間達の大冒険

開幕!!!

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:06:25.44 ID:c2oQ1yD3O
かぐや「まったく…くだらないお遊びに付き合わされたものね」ハーッ

かぐや(会長をかっこよく助けてイチャイチャするチャンス!!)ニヤッ

『勇者 四宮かぐや』





石上「まったくですね…やってられませんよ、こんなの」フッ

石上(ここで上手くやればつばめ先輩との距離をもっと縮められるのでは!?)グッ

『下僕 石上優』





小野寺「…」

小野寺(なんか巻き込まれた………)

『通行人A 小野寺麗』

石上「なんかごめんな…」

小野寺「まあまあ、石上が気にすんなし」





かぐや「さあ、行きましょうか…」ザッ

石上「てか先生方に許可取ってんですかね?これ」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 22:07:30.51 ID:c2oQ1yD3O
石上「俺が前を行きます。先輩は後ろに居てください。小野寺も」

小野寺「ん」

かぐや「ふふ…逞しくなったわね、石上くん」

石上「TG部はあの藤原先輩の仲間ですからね…何を仕掛けてくるか」

かぐや「待って石上くん、何か看板が見えるわ」

石上「え?」ピタッ


『この先、番犬ケルベロスに注意』

かぐや「番犬…ケルベロス?」

石上「はあ、何がケルベロスですか…どうせ居るのは可愛いチワワか何かでしょうよ」

小野寺「へー、私チワワ好き」

石上「いや本当にチワワかは分からないけど…」

かぐや「この先を通るための何か暗号の類…という可能性もありますよ」

小野寺「なるほど」

石上「確かにその線もあり得ますね…藤原先輩そういうの好きそうですし」

石上「…まあ、この先をちょっと覗いてみましょう」

かぐや「そうね」

石上「何か罠があるかも知れないからゆっくり行きましょう」

小野寺「かなり警戒してるね石上」


チラッ…

かぐや、石上、小野寺の三人は見た…見てしまったのだ

そこに待ち受けていたものを………

かぐや「あーっ!?」
石上「あーっ!?」






番犬 ケルベロス


ミコ(+犬耳)「うーっ、がうがうっ!!」

伊井野ミコ !!!


石上「おい伊井野。お前本当にそれでいいのか?」

小野寺「わー…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/28(火) 23:53:02.37 ID:c2oQ1yD3O
ミコ「だ、だって…こうしたら可愛いよって藤原先輩達が…っ!//」

石上「あー、奴等の甘い言葉にまんまと騙されてしまったのか…」

石上「もうわかってんだろ、お前。藤原先輩達に遊ばれてるだけだって」

ミコ「で、でもでも!」

石上「でもじゃない」

かぐや「伊井野さん、怪しい人にはついて行ってはダメだと教わりませんでしたか?」

石上「怪しい人て…」

小野寺「ねえ伊井野、今のがうがう言ってた自分を想像してみ?」

ミコ「麗ちゃんまで意地悪言わないで!!」


ザザ…ッ

???「ふふふ…ごきげんようみなさん、彼女は番犬のミコちゃん。ちっちゃいけれど狂暴ですよ」

かぐや「校内放送…何者!?」

???「ふふ…まだ名前は言えません。が」

???「不治ワラ、とでも名乗っておきましょうか」

ミコ「あ、先輩!」

石上「なるほど、藤原先輩ですか」

不治ワラ「違います、不治ワラです!!」


不治ワラ「彼女を倒すことができればそこを通れます。さあどうしますか?」

不治ワラ「ミコちゃん、侵入者を追っ払っておしまい!」

ミコ「が…がうっ!//」

石上「がうっ」

伊井野「何よ石上、バカにしてんの!?//」

石上「どうします四宮先輩、いきなりめんどくさいのが相手ですけど」

かぐや「そうね…伊井野さんに勝つ方法、それはただひとつ……あなたももうわかっているのでしょう?」

石上「ふっ…」

ミコ「?」



かぐや「ほら、伊井野さん。食べ物ですよ」スッ
(弁当)

石上「ほれ伊井野。食え食え」ガサッ
(ポテチ)

ミコ「二人とも私を何だと思ってるの!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 08:35:19.99 ID:4V655i3qO
ミコ「バカにしないでください!私はそんな与えられたものをホイホイ食べる愚か者ではありません!」

かぐや「え…そんな、バカにしているつもりなんか……伊井野さん食べること好きですし。あっ、ほら、お肉もありますよ…?」(悪気は全くない)

ミコ「そういう問題ではありません!まあいただきはしますが!」パクッ

ミコ「わたひはそんなものれはたおへまへんよ!」モグモグ

石上「美味そうに頬張りながら言う台詞じゃないぞ」

ミコ「石上、ポテチ」モグモグ

石上「食べるんだ」スッ

ミコ「絶対にここは通さないんだから…特に石上!」ポリポリ
ジロッ!

石上「小型犬みたいに睨み付けやがって…」

伊井野ミコは無自覚ながら内心『もっと石上と近くに居たい』と思っていた。
このゲームへの参加を了承したのも藤原先輩からの頼みという理由があるが、実は石上への隠れた好意も要因の1つである!

そしてそんな伊井野自身も自覚がない気持ちに気付いている者がここに一人!

小野寺「…」

小野寺「石上、伊井野の頭撫でてやりなよ」

石上「は?なんで?」

ミコ「麗ちゃん!?」


小野寺「えーと…それは…」

かぐや「なるほど、今の伊井野さんは言うならば狂暴な小型犬…つまりそんな彼女を愛を持ってなつかせる事が勝利条件、という事ですか?」

小野寺「はい。まあそんなところです…」

ミコ「いっ、石上からそんなことされたって嬉しくないしっ!//」

石上「ほら見ろよ、伊井野は俺を生理的に嫌ってるのは知ってるだろ?」

小野寺「いいや、石上だからこそ意味があるの。あの子はあんたに特別な怒りを抱いてるなればこそ石上がやらなきゃダメ!」

かぐや「そうね…石上くん。任せたわ」

石上「え、なんか僕がやる流れになってる?」

ミコ「二人とも、な、なに変なこと言って…」オロオロ

石上「仕方ない………伊井野、暴れんなよ」スッ

ミコ「ひっ!//」ビクッ

石上「逃げんなよ、仕方ないだろ!んな嫌がんなよ!」

伊井野ミコは嫌がっているのではない。
恥ずかしがっているのである!

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 09:08:07.21 ID:4V655i3qO
かぐや「暴れないで、伊井野さん!」ガシッ

ミコ「は、離してください!!」

石上「よし、そのままじっとしてろよ伊井野…」

かぐや「すぐに終わりますからね?」

ミコ「ひ…ひぃ…っ」ハッハッ
ガタガタ

小野寺「うーん、なんか絵面がヤバイな…」



石上「…」ポンポン

ミコ「ひょえ!//」ビクッ

石上「…」ナデナデ

ミコ「う…あ…っ///」プルプル

石上「…そろそろやめていい?」

小野寺「いや、もうちょい」←少し楽しんでいる

石上「おい、伊井野…もう少し我慢しろよ」

ミコ「ひっ…ひっ…///」




ミコ「ひゃああぁ!!」
ゲシイッ!!!

石上「いっだあぁぁ!」

かぐや「伊井野さん、蹴ってはいけません!」

小野寺「あちゃー…」

石上「おまっ、蹴ることないだろ!!」

ミコ「あっ、ごめ、つい…っ」

石上「がうがう吠えて飯はガツガツ食って撫でたら蹴るとかとんだ小型狂犬だよ!」

ミコ「な、小型狂犬!?」

石上「つーかもう外せよその犬耳!見てて恥ずかしいんだよ!」

ミコ「く、うぅ…っ!//」

ミコ「わーん、麗ちゃん!石上が意地悪言う!!」ガシッ

小野寺「はいはい、そーだね。でもその犬耳は外そうね、真面目に恥ずいから」
カポッ



不治ワラ「ピンポンピンポーン!大正解〜☆」


かぐや「え!?」

不治ワラ「ミコちゃんへの勝利条件…それはちょっと痛い犬耳姿を指摘してやめさせてあげることでした〜!」

ミコ「え、痛い!?」

石上「藤原先輩…」

不治ワラ「よく気付きましたね、流石は1年の中でも成績上位な小野寺さんです!」

小野寺「いや、そんなのが勝利条件だったなんて全く気づきませんでしたけど…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 12:58:29.75 ID:yjkp/9MJO
不治ワラ「ちなみにその犬耳が洗脳装置で、私なしには生きられなくなってしまうという設定で…」

かぐや「えっ、そ…そんな恐ろしい犬耳だったんですかこれ…?怖い…」ガタガタ

石上「んな本気で怯えなくても」

不治ワラ「石上くん付けてみますか?」

石上「嫌ですよこんなバカだと思われる呪いのアイテム」

ミコ「何それ石上、付けてた私がバカみたいじゃない!」

石上「心配すんな、バカにはしてない…今回はお前も被害者だ」


不治ワラ「と、いう訳で〜洗脳の解けたミコちゃんがめでたく仲間入り可能です!!」

石上「そういうシステムなんだ」

不治ワラ「ミコちゃんが仲間になりたそうに見ていますよ〜。仲間にしますか?」

かぐや「私は構いませんよ」ニコッ

ミコ「えー、石上とぉ…?別に仲間になんか……」

石上「嫌なら置いてくぞ、じゃあな」ザッザッ

ミコ「え、待って!私も行く!」

小野寺「…」


伊井野ミコが仲間に加わった!!
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 14:36:10.26 ID:El0QRN9u0
期待
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 18:36:03.56 ID:jflG2xmAO

その頃…

ー生徒会室ー

メガ子「かぐやちゃんパーティーに伊井野さんも加わって盛り上がってきたね!」

槇原「ふふふ…伊井野ミコは幹部の中でも最弱……ここから先の難関を乗り越えられるかしら?」

白銀「おい、待てお前ら」

藤原「あら、どうしました?会長。逃がしはしませんよ?」ニコー

白銀「いや、この際お前らのお遊びに付き合わされるのはいいんだ…たまにはこうやってハメを外すのも悪くない」

白銀(それに怪しまれず四宮とイチャイチャするチャンスかもしれないし)←こっちが本心

白銀「だが校内に多数仕掛けられた隠しカメラはなんだ!?いつの間にそんなものを!?」

槇原「学校全体を使った遊びは半年くらい前から考えてたからぁ…その時くらいからかな」

藤原「マッキーセンハイはお茶目なんだから〜」

メガ子「うふふふ」

槇原「うししし」


白銀「それをお茶目で済ませるのはどうなの!?」

早坂「会長さん、私のコーヒーを飲んで落ち着いてください」コトッ

白銀「なあ、君…何か凄く見覚えがあるんだが…」

早坂「はい?何のことですー?」ピューピュー
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 21:13:24.80 ID:2J7sTnyTO
藤原「あはは、会長ってば、半年前からだなんて冗談ですよ!仕掛けたのは昨日です!」アハハ

白銀「どっちにしろどうかと思うがな…」

つばめ「ねえ藤原ちゃん。面白そうだからついてきたけど、私達はずっとここに居ればいいの?」

藤原「お二人にも出番はありますよ!しばしお待ちを!」

つばめ「楽しみに待ってるよ!」

白銀「…」


白銀「ん?」


藤原「アハハ〜ダカラ~」チラッ チラッ

白銀(なんだ?藤原のやつ…やけに本棚の方を気にしているな)

早坂「…」


この時はまだ誰も気付いていなかった…
そう、それはTG部の仲間達ですらも。

藤原千花の「企み」を

だがそれは、まだまだ後の話である…
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 22:28:30.19 ID:2J7sTnyTO
次からミコの名前表記を伊井野に変更します
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 22:28:58.28 ID:2J7sTnyTO
視点はかぐや達に戻る…


ザッ ザッ ザッ


かぐや「次はこの上の部屋のようね」

石上「そのようですね。次はツンデレ先輩あたりでも送り込んでくるかも…」

小野寺「ねえ、石上。伊井野階段登りづらそうだよ」

伊井野「!」

石上「ああ、すまん、まだちゃんと腕治ってないんだよな。ほら、掴まれ」

伊井野「…ん…//」

かぐや(はあ〜…私も会長に手をギュッてされたいわ〜〜っ)


石上「四宮先輩、何ボーとしてんすか。この扉の先ですよ」

かぐや(はっ!しまった!会長とのあれやこれやを想像していたわ!)

かぐや「…いえ、TG部を潰す算段を立てていたのよ」キリッ

嘘である

石上「あはは、さすが先輩ですねー」

かぐや「ふふふ…」


ガチャッ


「お待ちしていましたよ、かぐや様…」

かぐや「!あなた達は…」




カレン「私達マスメディア部がお相手ですわ!」

エリカ「敬愛するかぐや様だとて手加減はしません!」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 22:29:57.38 ID:2J7sTnyTO
伊井野「マスメディア部!厄介そうな人達ですね…」

かぐや「ええ…」


エリカ「さあ」

カレン「勝負開始ですわ!」


かぐや「エリカさん、カレンさん………」

かぐや「秀知院、生徒会…そして会長を助けるため」


かぐや「そこをどいてもらいます!!」



エリカ「ごはあああっ!かぐやしゃまあぁぁ!」ドザザーッ

カレン「尊みが深くてヤバイイイ!!!」バターンッ

小野寺「!?」ビクッ

伊井野「ひいっ!?」ビクッ

かぐや「え、何!?何ですか!?」


エリカ「もうむりぃ…キリッとした目つきかっこよしゅぎる……」プルプル

カレン「会長を…助けるため……尊みが………もう耐えられない……」ガクガク


マスメディア部、撃沈


石上「え、何だったんすかこの人達……伊井野よりザコでしたよ…」

かぐや「石上くん、言い方…」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/29(水) 23:36:34.66 ID:2J7sTnyTO
伊井野「…どうしようこの人達…麗ちゃん仲間にしたいと思う?」

小野寺「うーん、でも二人とも気絶してるし…」

かぐや「何だか凄く幸せそうな顔しているのでこのままでもいいのでは無いでしょうか?」

石上「放置でいいんじゃないですか、仲間にしたところで先輩の一挙一動にいちいち大袈裟なリアクションしてうるさそうですし」

伊井野「言い方…」

石上「まあ、ここで寝てたら寒そうなので僕の上着でも被せといてやりますよ」スッ

伊井野「…」ジッ

小野寺「ああいうとこがいいやつだよね?伊井野」ボソッ

伊井野「え、何!?」



「毒舌の後に見せる優しさ…流石ね、優」

石上「!」

ポンポン
「もんだーい、私はだーれだ?」


石上「…ツンデレ先輩ですか?」


眞妃「ぶっぶー、眞妃ちゃん先輩でーす!」

石上「ツンデレ先輩ですね」

かぐや「眞妃さん!」


眞妃「ちょっと、そんな友達みたいな目を向けないでちょうだい?今の私達は敵…てき……」

眞妃「まあ、友達だけども!」プイッ

石上「何か一人で勝手にツンデレやってる」

四天王、四条眞妃が現れた!!

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/30(木) 05:49:54.93 ID:Lf25FwQnO
マキちゃんには幸せになってほしいようなそうでないような
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 12:42:58.05 ID:jQklwAg/O
眞妃「見てたわよ、マスメディア部を秒[ピーーー]るとは…」

伊井野「いくらなんでもやられ方が酷すぎたと思いますけどね……二人とも何の為に出てきたんでしょうか…」

眞妃「あんたも割りと発言が容赦ないよね」

かぐや「そうそう、眞妃さん。昨日借りた映画面白かったですよ」

眞妃「あらそう?じゃあ〜、他のも貸したげる!」ニカッ

キャッキャ ウフフ

石上「いつの間にかDVDを貸し借りする仲に」



かぐや「そういえば眞妃さん 。お聞きしたい事が」

眞妃「ん?」

かぐや「眞妃さんへの勝利条件を教えてもらえないかしら?」ニコッ

眞妃「あはは、そんなの教えるわけないじゃーん!」

かぐや「それはそうですよね」フフフ

眞妃「だいたい私、勝利条件とか全く知らないしね!」キリッ

石上「何で誇らしげな顔で言ってんですか」


そんな質問をしたところで勝利条件を教えてくれるはずはない…
勿論そんなことは四宮かぐやは分かっている。
彼女の真意は別のところにあった!

かぐや(伊井野さんの時から思っていましたが…先程の眞妃さんの発言で確信しました)

かぐや(送られてくる刺客は『勝利条件』を教えれていない!!)

かぐや(そして伊井野さんの時の勝利条件の内容から察するに恐らく……TG部は遊び半分くらいの気持ちで考えている)

かぐや(TG部が……藤原さんが眞妃さんへの勝利条件を遊び半分で考えた場合、どのような条件を設定するのか………!)

今、かぐやの脳内でその結論が導き出されようとしていたーーーーー!!!



ブッ…ザザッ…

不治ワラ『はーい!それでは皆さん聞いてくださ〜い!今から私が四条眞妃さんへの勝利条件を説明しますよー!☆』

かぐや「え!説明しちゃうの!?」

天才の頭脳戦は終わった
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/01/30(木) 12:43:48.30 ID:jQklwAg/O
眞妃「見てたわよ、マスメディア部を秒殺するとは…」

伊井野「いくらなんでもやられ方が酷すぎたと思いますけどね……二人とも何の為に出てきたんでしょうか…」

眞妃「あんたも割りと発言が容赦ないよね」

かぐや「そうそう、眞妃さん。昨日借りた映画面白かったですよ」

眞妃「あらそう?じゃあ〜、他のも貸したげる!」ニカッ

キャッキャ ウフフ

石上「いつの間にかDVDを貸し借りする仲に」



かぐや「そういえば眞妃さん 。お聞きしたい事が」

眞妃「ん?」

かぐや「眞妃さんへの勝利条件を教えてもらえないかしら?」ニコッ

眞妃「あはは、そんなの教えるわけないじゃーん!」

かぐや「それはそうですよね」フフフ

眞妃「だいたい私、勝利条件とか全く知らないしね!」キリッ

石上「何で誇らしげな顔で言ってんですか」


そんな質問をしたところで勝利条件を教えてくれるはずはない…
勿論そんなことは四宮かぐやは分かっている。
彼女の真意は別のところにあった!

かぐや(伊井野さんの時から思っていましたが…先程の眞妃さんの発言で確信しました)

かぐや(送られてくる刺客は『勝利条件』を教えれていない!!)

かぐや(そして伊井野さんの時の勝利条件の内容から察するに恐らく……TG部は遊び半分くらいの気持ちで考えている)

かぐや(TG部が……藤原さんが眞妃さんへの勝利条件を遊び半分で考えた場合、どのような条件を設定するのか………!)

今、かぐやの脳内でその結論が導き出されようとしていたーーーーー!!!



ブッ…ザザッ…

不治ワラ『はーい!それでは皆さん聞いてくださ〜い!今から私が四条眞妃さんへの勝利条件を説明しますよー!☆』

かぐや「え!説明しちゃうの!?」

天才の頭脳戦は終わった
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 12:45:27.16 ID:jQklwAg/O
すみません、脱字

教えれていない ×

教えられていない ○
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 13:06:25.82 ID:jQklwAg/O
かぐや「待って藤原さん、伊井野さんの時は勝利条件言わなかったじゃない!」

不治ワラ『誰も勝利条件は教えないルールがあるとは言ってませんよ〜!ミコちゃんの時は教えたら簡単すぎるから言わなかっただけでーす』

かぐや「〜〜〜っ!!!」ガーンッ

かぐやは負けた気分になった


不治ワラ『それでは説明しますね!四条眞妃さんへの勝利条件は〜』



不治ワラ『2回泣かせて3回デレさせる事です!!』


眞妃「何それなめてんの?」

石上「あんたらツンデレ先輩を何だと思ってるんだ」

24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 19:11:16.98 ID:3tY+LxW5O
かぐや「ふ…ふふ……そういう勝利条件ですか、まあ私の予想していたものと近いですね、あー、楽勝だわー」

藤原への謎の対抗心


眞妃「ふう…っ、文句言っても仕方ないわね。始めましょうか」

眞妃「ま、私は泣きもデレもしないけど!」ファサッ


バトル、スタート!!


かぐや(眞妃さんを泣かせつつデレさせる手段…)

伊井野「えーと、四条先輩は優しくて可愛くて話しやすくて良い先輩だと思います」

石上「おいおい、伊井野…確かにその通りだけどそんな単純な褒め言葉並べたくらいで……」

眞妃「全くよ、私をなめないでよねっ!そんな言葉くらいで嬉しい訳ないでしょっ!」テレッ テレッ

石上「結構効いてた!」

眞妃「さあ、どうしたの?もっと来てみなさいよ!」キリッ

石上「もっと褒めてみなさいって聞こえる」

25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 19:12:02.20 ID:3tY+LxW5O
眞妃「私を倒さないとここから先に居る渚のところへは行けないわよ!」

石上「へー、次は柏木先輩が居るんですか」

眞妃「そうよ…翼くんと共に待機しているわ」

かぐや「次の刺客とかばらしちゃっていいんですか?」

眞妃「別にいいでしょ、知らないけど」

眞妃「とにかく、親友の元へは行かせないわよ!」

石上「…」

石上「あのー、藤原先輩」

不治ワラ『はい、なんですか〜?』

かぐや「もう正体を隠す気はないんですね、藤原さん」

石上「柏木先輩と翼先輩二人きりなんですよね?」

不治ワラ『そうですよ〜』

石上「次に指定されている場所は体育館の倉庫になっていますね…」

かぐや「それがどうかしたの?」

石上「あの二人をですよ?そんなとこに二人きりにしてて大丈夫ですか?」

伊井野「…あ…」

石上「ちょっと前に聞いたんですけど、学園祭の時…お化け屋敷のロッカーの中でイチャついてたらしいじゃないですか」

かぐや「あ…」

石上「更に今、時間帯的に体育館なんて誰も使っていません」

石上「そんな場所に二人きりにさせるのはまずくないですか!?」

不治ワラ『……………………』


不治ワラ『そうですねー……確かに石上くんの指摘通りです。そこは私達の管理不足でした』

石上「そうでしょう!?今すぐ場所を変えさせましょう!」

不治ワラ『…石上くーん?気付いてないんですかー?前見てください前ー』

石上「…え?」チラッ



眞妃「…」プルプルプルプル



石上「はっ!しまっ…た!」

眞妃「何で、ぞんなごど言うの……っ」ガタガタ
グスッ グスッ

眞妃「ぎづがない振りじでだのに…!」ブワッ

石上「わあああああ!ごめんなさい、ごめんなさいっ!!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/30(木) 19:12:31.95 ID:3tY+LxW5O
かぐや「い、石上くん…?いくら『泣かせる』ことが目的でもそれはあまりに酷いと思うわ……」

伊井野「最低。見損なった…」

小野寺「石上、流石にそのやり方は引く」


石上「だ、だから、僕が悪かったけど!そういうつもりはなかったんだって!わざとじゃないんだってー!」


不治ワラ『まあとりあえず「泣き」が一点入りましたね、やり方は最っ悪でしたが!更に女性陣にはドン引きされてますが!』

石上「わー!!ごめんなさーい!!」

眞妃「もう知らない…優なんかその長い前髪全部抜け落ちればいいんだ」グスッ

石上「なんすか、その罵倒!?いや本当すみませんでした!!」



眞妃「なーんてねっ☆優が悪気はなかったなんて事はちゃんと分かってるんだから!」キラーンッ

眞妃「私は怒ってないよ、元気出しな優」ポンポン

石上「せ……先輩………っ!」ブワッ


不治ワラ『はい、眞妃さんの「デレ」も一点入りましたー』

眞妃「え、今のもカウントされるの!?」

不治ワラ『されます!』


かぐや「え…許されることまで見越して…!?」ガタガタ

石上「違いますよ、これ以上話をややこしくしないでください!」

かぐや「ふふ、悪気がなかった事は初めから分かっていますよ。からかっていただけです」

石上「な、なんですかもう…マジでドン引きされたのかとビックリしましたよ……」

かぐや「うふふふ」

石上「あはは」

小野寺「はははは」

眞妃「あははは♪」

伊井野「えっ、ここ私も一緒に笑わなきゃいけないとこ?」
308.74 KB Speed:1.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)