【かぐや様は告らせたい】かぐや「会長が拉致監禁されたですって!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 18:30:27.13 ID:s85hG4l6O
眞妃「ふう……笑うのはやっぱり良いわね。嫌な事を忘れられるわ…あんなこととか……」

眞妃「こんな、こと……とか…………忘れ………」

眞妃「忘……忘………っ!」ガタガタ ウルウル


石上「明らかに忘れられてない!やっぱ無理してたんだ!!」

伊井野「あんたが余計なこと言ったからでしょ。何のんきにツッコミ入れてるの」

石上「何も言い返せないよ、ごめんなさい!」


眞妃「あーもう、気にすること無いわよ、ゲーム続けるわよ!私は渚と翼くんが何してようと平気だから!」

眞妃「二人が今、何してようと……本当…ヘーキダカラ、マジヘーキダカラ……」プルプル

石上「自滅してるじゃないですか!もういいです!もう休みましょう!」

かぐや「そうよ、明らかに平気じゃないわ!無理はやめて眞妃さん!」

眞妃「…ふふ…おば様が私をそんな心配するなんて、ちょっと前までは考えられなかった……」

かぐや「無理する必要はないんです、もう、ゲームはやめましょう…」

眞妃「ふっ…優しいのね…ま、あんたが本当は優しいってことくらい……前から知ってたけど…」

かぐや「眞妃さん!」

眞妃「優…あんたはさ…私みたいに、後悔しちゃいけないよ………」

石上「ツンデレ……先輩…!」グッ

眞妃「私の屍を乗り越えて、子安、つばめを……手に入れなさい…!」

石上「先輩、わかりました!絶対に僕やりますから!!」

眞妃「ふふ、あんたなら行けるよ…」

眞妃「行きな……優………」ガクッ


石上「ツンデレ先ぱあああぁぁぁい!!」

かぐや「眞妃さああぁん!」

伊井野「四条先輩!四条先輩っ!」ワアァン



小野寺「なんか…シリアスになってる……?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 18:30:53.37 ID:s85hG4l6O
カレン「眞妃さん!まだ、まだ諦めてはいけません!」

エリカ「ダメよ、立って!立って!」

小野寺「あ、目覚めてたんですか…」


かぐや「眞妃さん、私がついていますから!」

石上「僕も、あなたの味方ですから!」

伊井野「まだ、まだ絶望に落ちてはダメです!」

不治ワラ『眞妃さん!私も居ますから!!』ブワッ


眞妃「………ふふ、なんだ……」


眞妃(渚と翼くんの事ばかり気にして…私は、大事なものを見落としていたのね…)


眞妃(友達………可愛い後輩………)


眞妃(そして、本当は小さい頃からずっと仲良くなりたかった人……)


眞妃(あのたまに憎たらしい親友の渚だって…)


眞妃(皆が私を愛してくれている………私も皆を愛している…)

眞妃(失恋がなんだ……それでいいじゃない)



眞妃「もう……大丈夫………皆のお陰で、私気付いたよ」

かぐや「!」


眞妃「私には皆がいる……私は一人じゃないんだって…」ポロッ ポロッ

眞妃「私は充分に幸せなんだって!」ニコッ

かぐや「そうです…あなたは、一人ではありません…」

石上「辛いときは、仲間と支え合えばいいんす!」

眞妃「…皆……ありがとう」テレッ

カレン「眞妃さあああん!」

エリカ「私達も一緒だよおお!」

ギュウウゥッ

眞妃「あはは、もー皆くすぐったいって!」ニコニコ


不治ワラ『良かったですね……本当に…立ち直れて……』グスッグスッ

不治ワラ『それと……さっきのやりとりで「泣き」と「デレ」の回数も、上限に達しました……』グスッ


不治ワラ『眞妃さんを立ち直らせつつポイントも稼ぐなんて、まさに天才達の頭脳戦ですね……!二重に感動しました!』ズビッ


石上「あの、藤原先輩?僕ら純粋にツンデレ先輩を思っての行動だったんですけど?」

かぐや「そうですよ、そういう計算でやったみたいな言い方やめてくれませんか?」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 18:41:43.93 ID:s85hG4l6O
不治ワラ『それでは気を取り直してー!かぐやさん達は四条眞妃さんを仲間にすることが、可能になりました〜!☆』

不治ワラ『眞妃さんが仲間になりたそーに見ていますよ〜?仲間にしますか!?』

眞妃「べ、別に仲間になりたそうになんかしてないけどっ!」プイッ
チラッ チラッ

石上「なりたそうっすね」

かぐや「眞妃さん…一緒に行きますか?」

眞妃「仕方ないわね、一緒に行ってあげようじゃないの!」


四条眞妃が仲間に加わった!!


30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 19:04:04.55 ID:s85hG4l6O
不治ワラ『それでは、眞妃さんの専用装備が贈呈されます!ロッカーにあるので受け取ってください!』

眞妃「え、そんなものあるの!?」

石上「一体なんなんすかねー…やな予感しかしませんが」

伊井野(専用装備かあ…いいなぁ、いいなぁ)

小野寺「…」

かぐや「センヨーソービとは?」

石上「ゲームで言うならそのキャラ専用のアイテム的な……まあ、藤原先輩の額のリボン的な事です」

眞妃「一体なんだろなー」ワクワク

ガチャッ!






眞妃「……………え?」



四条眞妃専用装備

アイマスク
耳栓




眞妃「なにこれ、なめてんの!!?」

石上「おい藤原先輩、いくらなんでもふざけすぎじゃないっすか?」

かぐや「石上くん落ち着いて、敬語がなくなってきてるわよ…?」


不治ワラ『ちっ、違いますよ!それは決しておふざけなんかではありません、私だって考えなしにそんなの送りませんよ!」

かぐや「では、どういう考えがあったのですか?」


不治ワラ『考えてもみてくださいよ………次の相手………』


不治ワラ『柏木カップルですよ?』


眞妃「!!!」


不治ワラ『だからまあそれはむしろ………見たくないもの聞きたくないものをシャットダウンしてもらおうと思っての………』

石上「…そうだったんすか…」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 19:42:31.84 ID:s85hG4l6O
かぐや「藤原さん、シャットダウンではなくシャットアウトでは?」

不治ワラ『今いいじゃないですかそこは!』

石上「先輩……これを付けて行きましょう。専用装備として許可されてるんです。丸腰では危険です!」

眞妃「………」


眞妃「お気遣いありがとう、けど……私行くわ。このままで!」

石上「!」

かぐや「本当に…行くんですね?」

眞妃「いつまでも…目をそらす訳には行かないもの」


眞妃「私はちゃんと見なければいけない!そんな気がするの!」

伊井野「いや、見ない方がいいってものもありますよ」

眞妃「そうだけども!」

かぐや「…貴女の覚悟はわかりました。その目、意志を曲げるつもりはないように見えます」

眞妃「当たり前よ、まあ一応貰いはしておくけど!」

かぐや「あ、はい」

石上「それがいいっすよ、ヤバイと思ったら無理矢理にでも装備させるんで」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 20:05:18.24 ID:s85hG4l6O
カレン・エリカ「皆さん頑張って〜〜!」

そうして、四条眞妃を新たに仲間に加えた勇者かぐや一行はマスメディア部に見送られながら『体育館倉庫』に向けて出発した。


石上「ここから体育館までは少しあります」

かぐや「ええ…その間に何かを仕掛けてくるでしょうね。TG部は」

かぐや「皆さん気を抜かないように」


彼女らの予想は当たっている。遊び大好きな奴等が長い歩き道に何も用意していないはずはない。


かぐや(今のTG部の仲間には早坂も居る…このメンバーで一番柏木さんに対抗出来そうな私(自分ではそう思っている)を真っ先に潰すため何か仕掛けてくる可能性がある…)

かぐや(となれば、早坂の案で会長を餌に私を惑わす作戦にでるかもしれませんね…ふふ、でもあらかじめそれを警戒していれば怖くないわ)

かぐや(全く早坂ったら……お可愛いこと)クスッ←勝手に早坂が何か仕掛けてくる事になっている


しかし、かぐやの予想は………



「お、君可愛いねー」
「ねーねーデートしようよ」
「ほんと可愛いよ世界一可愛い」
伊井野「えっ!?えっ!?」



小野寺「わっ!知らないうちに伊井野が男子に囲まれてる!!」

かぐや「え!そう来るの!?」バッ

見事に外れていた!!!
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/01/31(金) 22:27:00.04 ID:+4GYpbffO
チョロミコのザコちゃんピンチ!
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:58:56.97 ID:OB78ktMcO
「ほんと可愛いよ…」
「君は世界一優しくていいこだ」
「ほら、僕たちとたのしもうよ、可愛い伊井野ちゃん」

伊井野「え、えー……まあ………」

伊井野「ちょっとなら………いいけど」

石上「いいわけないだろ」バシンッ


伊井野「いたい!麗ちゃん、石上がぶったよ!」

小野寺「わかったからこっち来な!」グイッ

かぐや「な、なに…?TG部は何を考えているの?まさか何も考えていないの…?」


眞妃「キャー!みんな、前見て前ー!」

かぐや「え!?」

ゾロゾロ…

伊井野… 伊井野…
可愛いよ… 君は本当に可愛い…

伊井野… 可愛い… 伊井野…

伊井野… 伊井野… 伊井野…
可愛い… 可愛い… 可愛い…


眞妃「男子が廊下の向こう側まで大量に並んでる上にみんな『伊井野』か『可愛い』ばっかり言ってるぅ…!」ガタガタ

かぐや「何あれ怖い…」ガタガタ

伊井野「ひえぇ…っ」ガタガタ

石上「あ、あんな量相手じゃ伊井野を守りきれない…!」

小野寺「…」

小野寺「だめっ!あんなとこに行かせたら伊井野が伊井野じゃなくなっちゃう!」

伊井野「麗ちゃんは何を言ってるの!?」
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 22:59:27.73 ID:OB78ktMcO
かぐや(藤原さん達は何を考えているの…!?伊井野さん一人のためにあんな大量な人員を用意するなんて有り得ないわ!)

眞妃「ど、どうしよう…普通にあんなとこ通りたくないんだけど…」

石上「…仕方ない、伊井野。お前は俺達が柏木先輩の所から帰ってくるまで別の場所で待機していろ」

小野寺「それがいいね、さすがに伊井野をあそこに通すのは危ないよ」

伊井野「えっ、でもそれじゃあ私一人だけ仲間はずれみたいな…」

小野寺「仕方ないな、私も一緒に居てやるよ」

伊井野「麗ちゃん!」


かぐや「…っ!!!」


かぐや(ま…まさか……TG部の真の狙いは!!)


小野寺「私が居なくたって石上や先輩達なら大丈夫でしょ」

かぐや(小野寺さん…!?)






かぐや(た、確かにそうだわ…頭良くてしっかり者で優しい子だから忘れていたけど)

かぐや(あの子、ギャル系ウェーイ族のリア充だったわ!!)

かぐや(よくよく考えてみれば、あの子なら目の前で柏木さん達がイチャつきだしても澄ました顔で立っていそうだもの!)


石上「じゃあ先輩方、そういう訳で、小野寺と伊井野はいったん休み…」

かぐや「いや、だめよ石上くん!」

石上「え!?」

かぐや「TG部の真の狙いは小野寺さん…あなたをこのメンバーから引き離すことよ!!」

小野寺「え、私をっすか!?」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/01/31(金) 23:21:34.00 ID:OB78ktMcO
眞妃「な、なんであの子を!?」

かぐや「TG部の事よ…柏木さん達とのバトルになればまずイチャイチャを見せつけさせてくるであろうことは明白。そうなった時、皆さんは冷静で居られる自信がありますか?」

眞妃「…」プルプル

石上「たぶんシネシネビームを撃つと思います」

伊井野「取り締まります」


小野寺「まあ、カップルなら好きにしたら良いんじゃないすか?」

かぐや「ほら見て!この冷静な答え!」

眞妃「おお…」

石上「なるほど…」

伊井野「さすが麗ちゃん…」

かぐや「TG部にとってこういう『派手なリアクション取って欲しいのに冷静な反応する人』は邪魔なのよ!」

小野寺「そうなんすか」

かぐや「だから、ここで小野寺さんを離れさせてしまったら…それこそ相手の思うつぼです」

石上「それはわかりましたが…けど伊井野はどうするんですか?」

かぐや「大丈夫よ、策はあるわ」

かぐや「眞妃さん、あなたいいものを持っているでしょう?」


眞妃「え?………あぁ!」

眞妃「耳栓とアイマスク!」
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/01(土) 01:03:06.01 ID:J+4n0gSmO
不治ワラ『ちっ……バレた上に手に入ったアイテムを有効活用とはやりますね』

石上「ちって………てか先輩、ここでも見てたんすね」



かぐや「では伊井野さん、耳栓を付けましょうね?」スッ

伊井野「は、はい…」

石上「これなら伊井野が声かけられても安心です」

眞妃「さて、アイマスクも付けよっか」

伊井野「え、アイマスクもつけるんですか?わっ!」

眞妃「目でナンパされちゃいけないからね!これで大丈夫よ!」

伊井野「み、見えないし何も聞こえないよ!」

小野寺「大丈夫大丈夫」ポンポン

かぐや「あとは…男の人から手を引っ張られる可能性がありますね」

石上「僕と小野寺で伊井野の横に付きますよ」

眞妃「それだけじゃ心配ね……そうだ、ついでに手も動かせないように縛っておきましょう!」

かぐや「ナイスアイデアよ、眞妃さん」

シュル、シュル

伊井野「え!腕縛られてる!?なに!?なんですか!?何をする気ですか!?」

かぐや「大丈夫、これは貴女のためなのよ!」

眞妃「私達を信じて!」

石上「伊井野、耳栓してるから聞こえてませんよ」
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/01(土) 01:15:04.27 ID:J+4n0gSmO

伊井野「なに!?なに!?こわい!ひゃああぁっ!!」


こうして、TG部の目的を打ち破り『伊井野可愛い』を繰り返す男の群れを強行突破したかぐや達一行は…

いよいよ二人目の四天王、柏木渚の待ち受ける体育館まで到着した。


かぐや「…何とか着けましたね…」

石上「一時はどうなるかと思いましたが」

眞妃「この先に…居るのね…」

小野寺「…」

伊井野「…あの…そろそろ私に付けてるもの外してもらいたいのだけど…」

かぐや「あ、ごめんなさい!」

小野寺「今外すね」



不治ワラ『…皆さん、覚悟はいいですか?この先はの戦いは……』

不治ワラ『今までとはレベルが違いますよ』

39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/02(日) 02:24:17.49 ID:8HgLTaFEO
途中から、当初想定していた展開と結構変わってしまったので更新が遅れておりすみません。

またいくつかレスが出来次第投下します。
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 20:28:33.43 ID:A8XP3l28O
勇者達は柏木の待つ倉庫の前へ辿り着いた…


神ップルへの警戒を最大まで高めている石上

中でナニが繰り広げられていたのかの想像を必死に抑える眞妃

よくわかっていない小野寺

お腹が空いてきた伊井野

会長に早く会いたいかぐや

そして実は今、生徒会室で会長とオセロを打ちながらこっちを監視している藤原…

彼女達の思いが交錯する中、次なる戦いが幕を開ける。


ギシッ ギシッ


ギシッ ギシッ ギシッ



石上「あの、なんか…倉庫の中からギシギシ聞こえるんですけど」

伊井野「!!?」

かぐや「えぇ!?そ、それってもしかして……!?」ドキーンッ

眞妃「ち、違うわ、そんなの……何かの間違いよ!そう、跳び箱でも動かしてるのよっ!」(涙目)

石上「ツンデレ先輩、例の装備をしといてください!ちょっと扉に耳当ててみます…!」
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 20:29:02.42 ID:A8XP3l28O

ギシッ、ギシッ、ギシッ

はあっ…はあっ…はあっ…


石上「なんかハアハア聞こえるんすけど!?」

伊井野「きゃあああ!破廉恥!///」パシンッ!

石上「いてえ!俺を叩くなっ!」


かぐや「そ、そんな……セッ……………を、こんな場所で…!?」カタカタ

眞妃「あーーーあーーー!聞こえなーーイ!何も聞こえなーーイ!」(耳栓装備)


小野寺「いや別に開けたらいいじゃないっすか扉」

かぐや「ナニを言っているの、小野寺さん!?そんなことしたら二人のあられもない姿が露に…!!」

伊井野「そうだよ、覗きはダメだよ麗ちゃん!」

石上「小野寺、お前は信じてないかも知れないがあの神ップルは隙さえあればどこででも神るんだよ!!」

小野寺「石上は何を言っているの?」


小野寺「えーと、藤原先輩。次の戦いはこの倉庫の中なんですよね」

不治ワラ『はい、そうですねー』

小野寺「戦いの場所には監視カメラが仕掛けてあるんですよね」

不治ワラ『…ソウデスネー』

小野寺「じゃあ、そんなとこでイチャイチャする訳ないじゃないっすか。見られてるのに」

かぐや「………」

かぐや「眞妃さん、耳栓外しても大丈夫ですよ」

眞妃「え?」

伊井野「…エッチな事にはなってないの?」

不治ワラ『………』

不治ワラ『はははっ』

石上「あんた分かっててわざと黙ってたのか!!?騒いでる僕達を見て楽しんでいたのか!?」

不治ワラ『あーあー聞こえなーーイ』

かぐや「…藤原さん、後で覚悟しておいてね?」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 20:29:31.77 ID:A8XP3l28O
不治ワラ『…だけど、これだけは信じてください。その聞こえてくるギシギシハアハアは私の指示ではありません…』

石上「だからなんなんすか。何も起きる心配は無いなら初めから教えといてくださいよ」

眞妃「そうよ、それなら私も心配する必要なかったじゃない!」

不治ワラ『…』

カメラの映らない場所に何度か移動していたのでそこでキスくらいは何度もしてたと思う、と言おうとしたが藤原はその言葉を飲み込んだ。

不治ワラ『はい、すみませんでした…』

不治ワラ『でも、かぐやさんか石上くん辺りが言われなくても気付くと思ったんですけどね……ちょっと考えれば凄く分かりやすい事なので』

かぐや・石上「………」

神ッた想像ばかりしていてテンパッていた二人は何も言い返せなかった。


不治ワラ『さ、それでは気を取り直して!扉をオープンしちゃいましょう!☆』


石上「開けますよ!」

かぐや「ええ」

ガラガラガラッ



ギシ…ギシ…

翼「はあっ、はあっ…よっし。全部運び終わったぁ」フーッ

柏木「これで最初より広くなったね、戦いやすくなったよ」


眞妃(やったあああっ!本当に跳び箱動かしてただけだったあああぁぁぁ!)ピョーンッ

眞妃ちゃんは心の中で喜びの叫びをあげた


柏木「あ、皆やっと来たんだね」

かぐや「柏木さん…」

翼「マ〜ジ待ちくたびれたっすよー」アハハハ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 20:29:59.84 ID:A8XP3l28O
眞妃「二人して仲良く倉庫のお片付けしてたのね。笑っちゃうわ」フフン
(翼くんと一緒に片付けとかうらやましいいい!)

眞妃は自分で言ってダメージを受けた

柏木「うん。でも眞妃ちゃんとも会いたくてずっと待ってたよ」

眞妃「え、あ……ああそう?」プイッ

デレた

柏木「かぐやさん、友達同士だけど真剣勝負で行くからね」

かぐや「ふふ、私はそんな簡単に負けるほど甘くありませんよ?」

なんかカッコつけているかぐやだが『友達』と呼ばれたことを内心喜んでいた


不治ワラ『それでは、二人目の四天王戦の内容は〜!』


不治ワラ『赤面させゲームです!!」


石上「なんすかそれ」


不治ワラ『ルールはとても簡単!お互いに相手を恥ずかしくさせ赤面させるゲームです!赤面した人から脱落し柏木戦終了まではゲームへの復帰ができません!』

不治ワラ『柏木さん側はかぐやさんパーティー全員を赤面させる、かぐやさんパーティーは柏木さんを赤面させれば勝利です!』

石上「翼先輩は?」

不治ワラ『彼は柏木さんの召喚獣として扱われますので含みません!』

翼「え、そうなの?」

伊井野「あの…そのルールで5対1は不公平ではないでしょうか?」


不治ワラ『いえ、問題ありません。むしろパワーバランス的にはそれでやっとどっこいどっこいと言ったところではないでしょうかね?』

かぐや(確かに…柏木さんはどういったものに赤面するのかよく分からないわ。その点このメンバーは私以外は(自分ではそう思っている)とても分かりやすいのに…)

かぐや(伊井野さんと石上くんが特に心配ね)

眞妃「ふん、私を赤面なんてやれるものならやってみなさいよ!」

かぐや(眞妃さんも不安…)

柏木「ふふ、面白そうなゲームね…」


不治ワラ『ではっ、始めてくださーい!』
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 20:30:28.91 ID:A8XP3l28O
かぐや(柏木さんの恥ずかしがるもの…一体なにかしら)

柏木(白銀会長が居なくて良かった…たぶんここに居たらかぐやさんとの微笑ましい姿に一瞬で恥ずかしくなって赤面していた…)

かぐや(子供騙しなやり方は恐らく通じない…!どこから攻める…!?)

柏木(とりあえず一人以外皆チョロそうだけど…策を練られる前に一番頭のいいかぐやさんから攻めておこうか)


不治ワラ『あ、あとちなみにー!酷い下ネタとか一線を越えるような発言・行動は禁止ですよ!失格にしますからね〜っ!』


かぐや(下ネタは使えない…!?いや、使うつもりはなかったけれど!)

柏木(なるほど…つまり、遠回しに意味を察しさせるような発言ならいいのね)


かぐや・柏木両名の頭脳戦が今、繰り広げられようとしていた………
そして、先に動いたのは


伊井野「か、柏木先輩は
可愛いです!!」

柏木「!?」

かぐや「!?」


伊井野ミコだった!



眞妃「あなた…それ私の時と同じような発言…」

伊井野「す、すみません…」

眞妃「あ、いいのよいいのよ!でもね〜…」

石上「言葉選び他に無いのかよ伊井野」

伊井野「何よ石上、文句あるの?」

柏木「…ふふ」クスッ

柏木「ありがとう。でも貴女の方が可愛いわよ?」

伊井野「はひいっ!?」

チョロかった


不治ワラ『う〜ん…まあギリギリセーフですかね。赤面までは行っていないので』

かぐや「自分から突っ込んでいって負けそうになってどうするんですか…」

伊井野「すみません…」シュンッ


小野寺「危ないなぁ、もう…」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 21:25:40.52 ID:trYkLqmEO
意外と難しいのでは
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 21:48:03.92 ID:A8XP3l28O
翼「ん〜っ、でも伊井野ちゃんマジで可愛いよね!」

石上「オメエ余計なこと言ってんじゃねえよ!!」

かぐや「石上くん落ち着いて、あと彼上級生ですからね!?」

伊井野「え、そんな…可愛いかな…」モジモジ

小野寺「おい」




翼「あははは〜」

柏木「…」ジロッ


眞妃(わあ、渚マジギレしそうな目してる…)

かぐや(計画してやったわけではないのね…)


翼「でも渚が一番かわいーよ☆」

柏木「もー、翼くんったら♪」ギュウッ


石上「四宮先輩…あのカップルほっときゃいつか勝手に赤面しだして自滅するんじゃないですかね」

かぐや「それはダメよ…そんなにイチャイチャさせたら私達が持たないわ」

翼「渚…愛してるよ」ジッ
柏木「翼くん…」ジッ


かぐや「だ、だめ…やっぱり恥ずかしいわ…まともに見られない…」

伊井野「ひゃあぁ…」ドキドキ

小野寺「…」


眞妃「ははっ」

石上「あの、真顔でこっち見るのやめてください」
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 22:34:31.92 ID:A8XP3l28O
かぐや(ならば…私の恥ずかしい話を聞かせるなんてどうかしら)

かぐや(人の恥ずかしい話は聞いている方も恥ずかしいもの……恐らく多くの人に効く方法。彼女も例外ではないはず。例えば恋の病で倒れたこととか…)

かぐや(ってそれ私自身も死ぬほど恥ずかしいじゃない!!)

当たり前である


柏木「あ、そうだ。かぐやさん」

かぐや「はい、何でしょう?」

柏木「この前貸した(エッチな)DVDどうだった?感想を聞きたいな♪」

かぐや「…っ!!?」ドキッ

かぐや(か、柏木さん…何て質問をするのぉ!?)

柏木「…」フッ

勿論、柏木は本当にDVDの感想を聞こうなどとは思っていない…
狙いはかぐやの思考回路を崩し、その後更に追い討ちをかけるためである。

そんな狙いはかぐやも瞬時に理解していた。
しかし…

かぐや(ああっ、だめ!この前のDVDのいかがわしい映像が頭にこびりついて離れない……!考えがまとまりません!!どうすれば!!)

理解してはいてもやっぱり、初めて見たエッチな映像の記憶が頭に浮かべば非常に恥ずかしい!!

石上「四宮先輩?どうしたんすか?」

眞妃「あうあぁ…」プルプル

石上「ツンデレ先輩までどうしたんすか!?」

眞妃にも飛び火していた


かぐや(早く、ルーティーンを使わなければ!!)

柏木(かぐやさんは思考が混乱している…追い討ちをかけるなら今っ!)

柏木「そういえばかぐやさん…聞いてください。この前…」

かぐや「待ってください」

柏木「!」

かぐや「感想…お聞かせしましょう」

柏木(あれ、急に落ち着いた!?)

かぐやはギリギリのところでルーティーン発動に間に合った!

かぐや「そうですね…この前貸していただいたDVD」

かぐや「非常に面白く感銘を受けました。まるで私の人生観を変える、素晴らしいものでした。また見せていただきたいものです」

かぐやは単に冷静アピールをしたつもりだが、よくよく考えてみると変態っぽいことを言っていた。

柏木(かぐやさん…!?クールな顔して何を言っているの!?恥ずかしくないの!?)

柏木(いや先に質問したの確かに私ですけれど!!)

はからずも柏木に『恥ずかしダメージ』をだいぶ与えていた
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 23:10:24.59 ID:A8XP3l28O
柏木(だめ、すぐさま反撃しないとまずい…放置してたらあの子更に恥ずかしい台詞吐きそう!)

柏木「それでね、聞いてよかぐやさん。この前ね…」

かぐや「はい。何でしょう」

石上「えっ、そんなあっさり聞いて大丈夫なんですか?」

柏木「デート中に彼ったら人がいる前で私に突然キスしてきたの……クリスマスだったからってはしゃぎすぎよね♪」テヘッ

柏木「…再現してみよっか?」フフ

翼「いいの?皆見てるよ?」

柏木「大丈夫、誰も気にしてないよ♪」

ギュウッ

伊井野「え?えっ?本当に…しちゃうの?」アワワワ

石上「ちょっ、待って、それはだめっしょ、え…」

かぐや「…」
心の中のかぐや(え!?うそ!?うそ!?しちゃうの!?ここで!?えぇ!?)

伊井野「ひあぁ、顔が近い、近いですよぉ!」ドキドキ

石上「…シネシネビーム…シネシネビーム…」ボソボソ

小野寺「…」

眞妃「クリスマス……デート………キス………ははは、あー……今日もいーい天気ねー………」ボーッ

かぐや(あああぁぁぁ!?唇が、唇がくっつこうとして!!)

驚きのあまりかぐやは右手を頬から離してしまった!



柏木「なーんてね!すると思った」クスッ



眞妃「」カチーン

49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 23:11:05.49 ID:A8XP3l28O
柏木(だめ、すぐさま反撃しないとまずい…放置してたらあの子更に恥ずかしい台詞吐きそう!)

柏木「それでね、聞いてよかぐやさん。この前ね…」

かぐや「はい。何でしょう」

石上「えっ、そんなあっさり聞いて大丈夫なんですか?」

柏木「デート中に彼ったら人がいる前で私に突然キスしてきたの……クリスマスだったからってはしゃぎすぎよね♪」テヘッ

柏木「…再現してみよっか?」フフ

翼「いいの?皆見てるよ?」

柏木「大丈夫、誰も気にしてないよ♪」

ギュウッ

伊井野「え?えっ?本当に…しちゃうの?」アワワワ

石上「ちょっ、待って、それはだめっしょ、え…」

かぐや「…」
心の中のかぐや(え!?うそ!?うそ!?しちゃうの!?ここで!?えぇ!?)

伊井野「ひあぁ、顔が近い、近いですよぉ!」ドキドキ

石上「…シネシネビーム…シネシネビーム…」ボソボソ

小野寺「…」

眞妃「クリスマス……デート………キス………ははは、あー……今日もいーい天気ねー………」ボーッ

かぐや(あああぁぁぁ!?唇が、唇がくっつこうとしている!!)

驚きのあまりかぐやは右手を頬から離してしまった!



柏木「なーんてね♪本当にすると思った?」クスッ



眞妃「」カチーン

50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/04(火) 23:38:21.67 ID:k20wJIV9o
間違って2回フェイントかけられるマキちゃんかわいそう…
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/04(火) 23:38:22.83 ID:A8XP3l28O
かぐや「はっ……はっ……本当に、するかと…」ドキドキ

石上「ナンナンスカ…ジマンスカ…シアワセジマンスカ…」ボソボソ

伊井野「あわわわわわ…」ヘナヘナ

柏木(ふふ、かぐやさんも彼氏が出来てキッスも済ませたとはいえ、精神的にはまだまだお子様……そして石上くんと伊井野ちゃんにもあと一押しでトドメを刺せそうね)

柏木(でも…)


石上「…大丈夫すか、ツンデレ先輩……真顔のまま硬直しちゃってますよ…」

かぐや「もう耳栓とアイマスクしてあげた方がいいのでは?」

眞妃「」カチーン


柏木(眞妃ちゃん…翼くんに全く興味ないと言っていたとはいえ、真顔の無言かつ無反応で立ち尽くすほど興味ないとは…想定外の強敵ね…)

柏木(もっとドギツイので行った方が良かったかしら)

柏木は鬼のようなことを考えていた

柏木(そして…もう一人の強敵)

小野寺「…」


かぐや「ところで小野寺さん…何故あなたはそんな平然としていられるの…?」プルプル

石上「目の前でキスしかけてたのに…」

小野寺「いや、カップルならキスくらいするっしょ。まあ目の前でするとか恥ずかしくないのかなぁ、とは思いますけど」

かぐや「そうですけれども!」

伊井野「わ…私、もうダメかも……」

眞妃「」カチーン


小野寺「皆、変な風に捉えすぎなんじゃないすか?付き合えば皆いずれ通る道なんす」

小野寺「世界中にあるありふれたこととして考えれば、そうでもないんじゃないですか?むしろ仲いいカップルを見守っているくらいの気分でいましょうよ」

小野寺「それに、恋人が居ないからって劣等感を感じる必要もないと思うし…この世は恋愛が全てではないし」

かぐや(こ、この子…なんて心の広い考え方なの…!)

石上(…小野寺の言うことも最もだ。確かに僕は…あのカップルに変に劣等感を抱いていたかもしれない)

伊井野(麗ちゃん…)

眞妃「レンアイガ…スベテジャナイ……」

かぐや「ありがとう、小野寺さん…少し勇気が出たわ」

柏木「…っ!」

柏木(皆の目に力が戻ってきた……やはり、最初に潰すべきは)


小野寺「…」

柏木(小野寺さん…あなたね)
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 00:19:01.38 ID:ROFLJXcuO
かぐや(けど恐らくこのままだと柏木さんに押し負ける……逆転の方法を考えないと)

柏木「あ、ねえねえ。小野寺さんと二人で話したいんだけどいいかな?」

小野寺「え?まあ…いいすけど」

かぐや「!」

かぐや(小野寺さんに狙いを定めた?けど…その子は手強いわよ)

石上「小野寺…無事でな」

伊井野「気を付けてね」

小野寺「うん」

眞妃「そうよね……恋愛が……全てではないよね…」ウルウル


ザッザッザッ…

柏木「…」

小野寺「…」

柏木(小野寺さんはギャル系リア充…それでいてしっかり者な優しい子。あのチョロい子達とは違って人の軽いイチャイチャくらいなら大して気にはしない)

柏木(この子の欠点と言えば、ネーミングセンスの酷さくらいなものだけれど…本人は真面目だからそこをついても効果は恐らく望めない)

柏木(ならば……その『真面目』な部分をつくしかないわね)

柏木(小野寺さん…少し卑怯な手を使うけれど、許してね)

「…」

柏木「ねえ…小野寺さん。私、君に聞いてみたいことがあったんだ』

小野寺「なんですか?」

柏木「小野寺さんてさ………」



柏木「ゴムありとゴムなし、どっちが好き?」


小野寺「………」



小野寺「はい?」
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 00:20:29.77 ID:ROFLJXcuO
柏木「だから〜、ゴムありとゴムなしどっちが好きなの?」


小野寺「………何の話か分かりません」


柏木「え〜、本当にわからないの?」

柏木「私の彼氏はね、ゴムなしが好きなんだって」

小野寺「………………」

柏木「私もそうなの、ゴムなしが好きだな」

小野寺「…私戻りますよ」

柏木「え〜、なんで?もっと話そうよ」ガシッ

小野寺「…」

柏木「あー、でもさぁ…初めて見た時からそうだと思ってたんだけど」



柏木「小野寺さんってゴムなしが好きなんでしょ?」

柏木「ねえ、教えてよ」


小野寺「な………な………っ」プルプル



小野寺「なんなんですかさっきから、流石に見過ごせないっすよ!いい加減にしてください、ありだのなしだの!」

小野寺「私そんな考えなしのアホじゃないし!」

小野寺「藤原先輩言ってましたよね、行き過ぎた発言は失格だと!柏木先輩の発言は行き過ぎたものではないですか!?一線は越えない人だと思ってたのに…」

柏木「えっ、あ…ご、ごめんね、気分悪くさせるつもりはなかったの…っ!だって、私……」

柏木「小野寺さん、髪をゴムで結んだら似合うんじゃないかな…って、思ったから……」


小野寺「………………」



小野寺「え?」


柏木「だから、小野寺さん初めて見た時から長いままだったけど…可愛いから髪結んでも似合うだろうなって思ってて。でも結んだりしないからゴムつけない方が好きなのかなって…気になったんだけど」


柏木「…あれ、小野寺さん……もしかして」


柏木「『ゴム』を…何か別のものと勘違いしちゃった?」




小野寺「〜〜〜〜〜っ!!?」カアアッ


小野寺「うわあああああっ!!///」ガクッ

柏木(この手の勘違いは、根が真面目な子であるほど恥ずかしい…)

柏木「…ごめんね、小野寺さん…」ポンッ


小野寺麗 撃沈
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 00:32:33.79 ID:ROFLJXcuO
ザッザッザッ…

翼「あ、渚おかえり〜っ♪何話してたの?」

柏木「内緒♪」シーッ

かぐや「戻ってきた…!」


小野寺「はっ……はっ……」←恥ずかしさのあまり動揺が隠せない

石上「小野寺!?どうした!?」

かぐや「大丈夫ですか!?」

小野寺「ごめんなさい……私、負けました…」ガクンッ

かぐや「そんな…貴女が…!?」

伊井野「麗ちゃんどうしたの!?何があったの!?」

小野寺「…言えない…」

小野寺「もうやだ…超恥ずかしい……帰りたい……」

石上「小野寺がこんな弱ってるの初めて見たよ…やべぇよ……」ブルブル


柏木(力技を使わなければ小野寺さんには勝てなかった……)

柏木(でも、これで、あの子達の精神的支柱は脱落したのね)

柏木(さて、ここから一気に片を付けようかしら)ニッ

55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 00:35:35.16 ID:ROFLJXcuO
続きはまた明日に更新します
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 01:05:45.68 ID:5TABjEsXo
おつ
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 09:32:06.67 ID:3xm74iTbO
伊井野「柏木先輩…一体何をしたんですか!麗ちゃんの仇は私が射ちます!」キリッ

かぐや「伊井野さん!?やめて!」

眞妃「だめよ、止まりなさい!」

石上「分かりやすいフラグ立てんな!!」

小野寺「…だめ…伊井野、あんたじゃ勝てない…」プルプル

伊井野「大丈夫、私頑張るから!」

(ダメだこの子、今無駄な正義感に燃えている!)


柏木「ふふ、友達思いなのね…伊井野さん」ザッ

柏木「優しくて友達思いで、しかも可愛い……やっぱりモテるんでしょうね」

伊井野「そっ、そっ!そんな手には乗りませんよ!」ドキッ

柏木「私が男だったら、あなたを食べちゃうかも」クスッ

伊井野「な……なにを………!」ドキドキ

柏木「私ね…彼と付き合ったきっかけは突然壁ダァン!で迫られてドキッとしたからなの…」

柏木「あなたもあんまりチョロいと私みたいにちょっとしたことで男に引っ掛かっちゃうよ?」

伊井野「チョ……チョロくなんか…!」

柏木「初めてのキッスも突然強引にだったわ……伊井野さんもそういうの好きそうよね?」クスッ

伊井野「そんな……こと……っ!//」ハッ ハッ

翼「あはは、何ならもっかいしてみるー?(笑)」

柏木「もう、翼くんったら♪」



石上「ダメだ伊井野!早く下がれえ!」

かぐや「石上くん!眞妃さんが!」

眞妃「壁ダァンとか初キッスとか誰が聞きたいなんて言ったよ……恥ずかしげもなくあの女はペラペラと………」ブツブツ

石上「わああ!ツンデレ先輩もヤバイ!!」

かぐや「もうこれ付けましょう!ほら!」

眞妃(アイマスク+耳栓)「わー、何も見えない…何も聞こえなーい…」



柏木「伊井野さん…簡単に引っ掛かるとどれだけ危ないか、私が教えてあげましょっか?」フフ

伊井野「ひっ、ひっ、ひえ…!?///」

柏木「ほら、目を瞑って?」(壁に追い込みめちゃくちゃ顔を近づける)

伊井野「ひゃあぁ!もういいです!///やめてえぇぇっ!///」カアアッ


石上「伊井野ぉぉっ!!」



不治ワラ『はい、ミコちゃんアウトーッ♪』



伊井野「あ…あ…っ」ペタンッ

柏木(チョロいわね…)フフ


伊井野ミコ 撃沈
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 09:32:33.18 ID:3xm74iTbO

伊井野「ごめんなさい……私………っ」プルプル


石上「…もういいよ、気にすんな…やっちまったもんは仕方ない…」

かぐや「ええ…むしろ一発でKOされなかっただけ大したものよ……」


眞妃(アイマスク+耳栓)「とても静か…悟りが開けそうな気がする…」


柏木「あれ、眞妃ちゃんその格好どうしたの?」

石上「ええ、彼女は何も悪いことをしていないのに神の裁きを受け…その傷を癒している最中なのです」

柏木「え、なにそれ?」

かぐや「…」


石上(しかし、まずいな…伊井野も小野寺も敗れ……ツンデレ先輩はたぶん戦闘続行は不可能)

かぐや(実質、残されたのは私と石上くんとの二人だけ…!)

かぐや(もう悠長にやってはいられないわ…!私の恥ずかしい話を、するべきかしら!)

石上(僕程度にはいい方法は思い付かない!だが…自分の恥ずかしい思い出を語り相手も恥ずかしくさせることは可能なはずだ!四の五の言ってはいられない!)


二人の考えは一致した!!

石上「…先輩、次は僕が行きますよ…」

かぐや「!」

石上「自分自身の恥ずかしい話を、語ります…!」

かぐや「…石上くん…!」

かぐや「ふふ、私と…考えは一緒だったようね」

石上「え?」

かぐや「私も援護してあげます、まずは石上くんから語ってやりなさい!」

石上「はい!」

正直かぐやには「自分が最初に話すのは恥ずかしいけど人の後なら」という考えもあったが、援護してあげるというのは本当の純粋な優しさである!
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 09:33:01.16 ID:3xm74iTbO
石上「柏木先輩…皆の仇は僕が射ちますよ」ザッ

柏木「あら、次は石上くん?」

柏木(この子は女慣れしていないのがよく分かる…可愛いくらいに)

柏木(伊井野ちゃんに対してよく何だかんだ言ってるけど、石上くんもちょっと優しめに攻めれば簡単に落ちそうね)フッ

かぐや「…!!」ピクッ


かぐやは即座に柏木の攻撃態勢を察知した!
危険を感じた彼女はすかさず石上を援護する!

かぐや「石上くん!聞きなさい!恋愛相談があるの!」

石上「え、なんすか!?このタイミングで!?」

柏木「!?」

柏木(う…突然の乱入に思考が乱された、何が目的!?)


石上「先輩…援護するって…!」

かぐや「これが私の援護よ。いいから聞きなさい」

石上「はあ…」

かぐや「あ、その前に…伊井野さん今疲れてるわよね?好きなの聞いてて良いわよ」

伊井野「え、でも…」

かぐや「いいですから」ニコッ

伊井野「それなら…」スッ

かぐや(よし、伊井野さんは恥ずかしい癒し音声を聞き始めた…翼さんもこの距離なら私達の会話はよく聞こえないでしょう……)

かぐや(眞妃さん、柏木さんと小野寺さんになら聞かれても問題はない。これなら話しても大丈夫ね)

かぐや「石上くん…以前お察しの通り私には愛する殿方が居るのだけれど」

石上「はい」

かぐや「実はね、プロポーズの台詞を考えていて………」

石上「え、早くないすか?」

かぐや「石上くん、あなたのアイディアが聞きたいのよ」

柏木(え、なに!?プロポーズ!?何を言ってるのあの子!?)

かぐやはまたしても意図せず柏木にダメージを与えた


柏木「…翼くん!ちょっと好きな音楽聞いてて!」

翼「え?」

柏木はとりあえず翼の耳を塞ぐことを選んだ
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 12:51:07.18 ID:wRj6niQnO
これがっ…………天才たちの…………恋愛頭脳戦っ…………!
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 18:28:06.63 ID:4tUgwPw3O
柏木「ちょっ、ちょっと、プロポーズって何?」ドキドキ

興味津々で来た

不治ワラ『んん?待ってください…何やらかぐやさん達絶妙に小さい声で話していてよく聞き取れませんが…さっきプロポーズだか聞こえましたよ?』

かぐや「!」

不治ワラ『しかも最初に恋愛相談だか叫んでましたよね?…え、まさか、かぐやさん…』


かぐや(やはり反応したわね…けれど想定内よ、藤原さん)

かぐや(ここではあくまでも「作戦の為の演技」といった感じをアピールする。そうすれば、今後私がヘマをしても向こうは勝手に「あれは作戦の為の演技だ」と解釈してくれるようになる……いちいち言い訳を考える必要もなくなるわ)ニヤッ


石上「…違いますよ、藤原先輩」

かぐや「!」

不治ワラ『え?』

石上「相談したいのは僕の方なんです。最近、四宮先輩にはよく恋愛相談に乗ってもらっていたんです。今日も先輩から話を聞きに来てくれただけですよ」

石上「それで今はプロポーズのやり方について話し合っていたんです」

不治ワラ『あ、あれれ…そうなんですか?』

かぐや(石上くん……まさか私を庇ってるの………!?)

石上(先輩…安心してください!)ニッ

かぐや(うーん、狙いがあってわざと漏らしたんですけど)ニコッ

柏木(今この二人考えが噛み合ってないな)


かぐや「…あのですね、藤原さん…どちらにしろ、普通に考えて。ゲーム中にいきなり真面目な恋愛相談をやりだすと思いますか?いちいちつっかからないでください」

不治ワラ『あ…はい…そうですよね、すみません…』

不治ワラ(確かにそれもそっか〜。じゃああれは真面目な恋愛相談でなく演技なのか)

かぐや(よし、ギリギリ私の目的も達成したわ)
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 19:02:56.40 ID:6gvApYJaO
不治ワラ『え、待ってください石上くん…』

石上「今度はなんですか藤原先輩」

不治ワラ『あの人とはまだ付き合えてないんですよね?なのにいきなりプロポーズという発想が出るのは流石にキモいですよ…?例え演技だとしても』ガタガタ

石上「ぐううぅっ!!」ギリギリ

石上はかぐやの為に、藤原への反論を抑えた

かぐや(…ごめんね、石上くん…あとでジュースおごってあげるわ…)

柏木(人の為なら自分の痛みを我慢できるとこはカッコいいと思うよ…石上くん)

かぐや「ま、まあ話を戻しましょう。プロポーズの台詞の話ね」

石上「はい…」

柏木「…」ドキドキ

かぐや「それでね、石上くんにはどんなアイディアがあるのかを聞かせて欲しいわ」

かぐや「やっぱりロマンチックで素敵なものがいいわね」

柏木「へ、へー…ロマンチックで素敵な……ほー」ドキドキ

石上「…どういうシチュエーションですか?」

かぐや「そうね、光輝く満月と綺麗な夜景の見える場所で…ロマンチックに」

石上「………」






石上「…思い付きましたよ、我ながら自信作です」

柏木「…」

かぐや「あらまあ、さっそく聞かせてもらおうかしら」ニコッ

石上「…凄すぎてビックリしないでくださいね?行きますよ」


柏木(………あれ?これもしかして……)



石上は澄ました顔して喋りだした!

石上「…見てください、あの街の灯りを……まるで貴女の美しさを映しているようだ」

石上「見てください、あの満月の輝きを………あれは僕達の進む未来の光です」

石上「僕と一緒に………光輝く未来を歩みましょう」

石上「結婚してください」



かぐや「…」

不治ワラ『………』

柏木「………」

柏木(え、なに今の、無理無理無理無理無理!普通に気持ち悪い!それなら最後の結婚してくださいだけでいいじゃない!?)

柏木(そして、その後に訪れる強烈な………)


柏木(恥ずかしさ!!)ブルルッ
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 19:18:53.32 ID:6gvApYJaO
柏木(私は甘かった………油断していた!もっと警戒するべきだった!)

柏木(こんな最終兵器が潜んでいたなんて!!)


かぐや「…」ニヤッ


石上「ど…どうでした?」

不治ワラ『ええ…なんというか、お疲れ様です……あ、さっきのつばめ先輩は聞いてなかったので安心してください』グスッ

石上「えっ!?」

小野寺「…」(こいつ正気かという目)

石上「なんか小野寺が懐かしい目で見てる!!」

石上「あの、四宮先輩…!」

かぐや「ええ、よくやったわ石上くん……私の期待以上よ」



かぐや「相変わらず発想が気持ち悪くて恥ずかしいわね!」

石上「酷くないっすか!?」

かぐや「私は褒めてるわ石上くん………今はあなたのその壊滅的なセンスが強力な武器なのよ」

石上「全然褒められてる気がしない…」

かぐや「それにあなたは誓ったのでしょう?恥ずかしい事を話すって、なら覚悟を決めなさい」

石上「!!」


かぐや「そしてそんな恥ずかしさを更にパワーアップさせるため私が全力でサポートしてあげてるのよ!」(100%優しさ)

石上「なんか喜べないっす…」

石上「わかりました、その代わり先輩もちゃんと後で恥ずかしい話してくださいね」

かぐや「わ、わかってるわよ…私だけ何もしないじゃ筋が通らないものね」

柏木(え…まだ続くの?いや、ちょっと無理!)
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 19:51:29.90 ID:6gvApYJaO
かぐや「では次は初デートへの誘い方とデートプランを考えてみましょうか?」ニコッ

柏木(相談の順序がおかしい!?いや、そこは問題じゃない…!)

柏木(そんなの石上くんに考えさせたら絶対ヤバイ事なるじゃない!!)ハラハラ

柏木(まずい、早く止めないと………もう私が持たない!)

不治ワラ『面白い事なってきましたね〜、立場逆転してますよ』アハハハ

柏木(く…っ!高見の見物だからって気楽にワラってくれてあの子は…!!)


石上「そうですね…まず朝は8時半から集合でどうですかね」

柏木(8時半からとか早すぎるし!!学校か!!)

石上「とりあえず、誘い方は…下駄箱に手紙を置いて…」

かぐや「いや普通に口で誘いなさいよ」

石上「あ、はい」

柏木(普通に突っ込まれてるし…)

かぐや「…」チラッ

柏木(かぐやさんが私を見た………!あのプラン作成中の会話から既に作戦の内なんだ!)

かぐや「ご飯はどこで食べます?」ニコッ

石上「…色々な種類の食べ物がある方がいいですよね。ファミレスなんてどうでしょう」

かぐや「それはオススメしないわ石上くん」


柏木(…くっ…ダメだ、このまま実行されたら確実に私が負ける!反撃を!)ザッ


柏木(石上くんを………潰す!)ギラッ
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 20:29:36.95 ID:6gvApYJaO
柏木(石上くん……私を本気にさせたこと、後悔なさい…)ザッザッザッ

かぐや(一度私達から距離を離した柏木さんが再び来た!勝負をかける気ね)

かぐや「石上くん、今出来上がったプランを朗読なさい。柏木さんに聞かせるように」

石上「え、でもまだ途中…」

かぐや「いいから早く!」

石上「えー…デートプラン!まずは朝8時半にファミレスでモーニングを…」

柏木(朝食は家で済ませます!!)ズンッズンッ


柏木「い〜しがっみくん!私もアドバイスしてあげるー!」←大声

かぐや(大声で石上くんの朗読を掻き消した!!)

石上「!!」

柏木「もー、石上くんったらダメだよ?そんなのじゃ…私にもプランの紙見せてみて?」フフ

石上「あ…」

柏木「あはは、これじゃ女の子は喜ばないよー♪朝早くからとかほとんどお店も開いてないし行く場所に困るでしょ?」

石上「うう…っ」

かぐや「石上くんは、何も分からないなりに考えてるんです!」←一応フォローのつもり

柏木「…でもさ、つまり朝早くから会いたいってことだよね?」

石上「…え?」

柏木「朝早くから会いたいくらい大好きなんだ?」




柏木「子安つばめさんのこと…」ボソッ

石上「そっ、そっ、それは!!」ビクッ

66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 20:30:05.57 ID:6gvApYJaO
柏木「うふふ、焦っちゃって可愛い♪」クスッ

石上「…っ!!」プルプル


かぐや「…!!!」

かぐや(危ない、石上くんがやられてしまう!援護を…!)


かぐや「柏木さん、朝早くからデートとは果たしておかしいことでしょうか!?例えば住んでいる場所が遠く離れていて、彼氏が彼女の住んでいる場所に夜行バスで行き到着時間が朝早くとかであれば…!」

柏木「え?石上くんと子安さん同じ学校でしょ?」

かぐや(その通りです…!)プルプル

柏木「じゃ、他のところも私と一緒に手直ししよっか?石上くん」ニコッ

かぐや(ああ、このままでは石上くんが…何か、何か助ける策は!)

石上(ダメだ…もうなんかめちゃくちゃ恥ずかしくなってきた…すいません、先輩…もう限界……)



??「待ちなさい、渚!」


かぐや「!?」


石上「…え?」

柏木「!!」





眞妃「私がお相手するわよ!!」バーンっ


石上「ツンデレ先輩っ!!」

かぐや「復活したんですか!?」

柏木「このタイミングで…!」


四条眞妃 戦線復帰!!

眞妃(渚…翼くんを戦いからいったん外したのは失敗だったわね)

眞妃(あなた一人なら、怖くないわ!)

67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/05(水) 20:49:47.47 ID:5thuopdkO
五分後
そこには意識を失ったマキちゃんの姿が!
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 22:04:49.95 ID:6gvApYJaO
柏木(石上くんの意識が眞妃ちゃんにそれた…!)

眞妃「渚…こっち見なさい」

柏木「眞妃ちゃん、いつか目覚めるとは思っていたけど…」


かぐや「石上くん、今のうちに早くこっち来なさい!」

石上「はい、面目ないっす!」タタッ

かぐや「いえ、よく頑張ったわ!」

柏木(逃がした…!仕切り直しか!)

眞妃「私と貴女は幼少からの親友……つまり、貴女の恥ずかしい思い出だって知っているわ!」

柏木「…いいよ、まずは聞いてあげる」

眞妃「ふふ、小学生の頃…貴女は私と同じ服を買っていたわね?」

柏木「あー、うん」

眞妃「そしてお揃いの服で一緒に遊んでいたところを鼻水垂らした男子からからかわれた事があったでしょ!」

眞妃「『やーい、お揃いお揃い、こいつら結婚だー』と冷やかされたのを覚えてるでしょう!?」

柏木「あはは、そんなことあったね」

眞妃「どう!?恥ずかしいでしょう!?」

柏木「え?私別にそれ恥ずかしいと思ってなかったけど」

眞妃「え」


柏木(さて…そろそろまた石上くんの攻撃が来るかしら、けどもう私も眞妃ちゃんと話したおかげで冷静になれたわ…!)クルッ



石上「えー…では選手を交代して、次は四宮先輩の番です」

かぐや「仕方ないわねえ、貴方も頑張ってくれた事ですし…私の恥ずかしい話の番ですね」

柏木「交代するの!?」


かぐや「えー…これはその〜、か………じゃなくて、『友達』にですね、私がやってしまったことなのですが…」テレテレ

柏木(え…その『友達』ってもしかして会長の事では?やめてください、なんか導入から恥ずかしいです…)ドキドキ
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 22:21:53.63 ID:6gvApYJaO
かぐや「その〜、『友達』の誕生日にですね…私ついはしゃぎすぎまして……」

かぐや「…ウェディングケーキクラスのものを、用意してしまったのですよ…」

柏木「」ブーッ!!!

眞妃「きゃあっ!?」ビクッ

柏木(かぐやさん!?貴女なにやってるんですか!?誕生日プレゼントになんてもの送ろうとしていたんですか!流石の会長もドン引きでしょう!!)

かぐや「ま、まあ…途中で正気になってデカイ本体は隠して、ケーキ一切れだけを他のプレゼントと一緒に渡したんですが!」

柏木(良かった、会長はそれ見てないのね…)ハッハッ

柏木(ヤバイ、いきなりなんてエピソードを…もう聞いてる私が痛いですよ、なにかがとても痛い)ドキドキドキドキ

石上「ちなみに残りのケーキは?」

かぐや「使用人と一緒に食べました…」

柏木(可哀想な使用人さん…)

不治ワラ『えっ、その友達ってもしかして………』

不治ワラ『私!?私のことですか!?かぐやさんそんなデカイケーキ用意するくらい私が好きなんですか!?//」ヒャーッ

柏木「………」

石上「四宮先輩、まだ他にも恥ずかしいエピソードあります?」

かぐや「ちょっと貴方楽しんでない?石上くん。まあ聞かせてあげてもいいですが」

柏木「いいんだ!?」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 22:43:43.77 ID:6gvApYJaO
かぐや「あれはですねー…ちょっと『友達』の事を考えていたらですね……倒れてしまった事があるんです」

石上「倒れた、というのは何かの比喩ではなく?」

かぐや「はい、文字通り倒れて病院へ行きました」

柏木「………」ハッハッハッ←聞いてて凄い恥ずかしい


かぐや「そして診察してもらったのですが………その………」

かぐや「診断結果は…」カタカタ←恥ずかしいのを必死に堪えている



かぐや「友情の病、と…診断されまして」


柏木(………それ、本当のところは『恋の病』ですよね………そんな診断結果聞いたことないですよ………)カタカタプルプル

柏木(会長のことを、考えていて…倒れてしまったと…?)

不治ワラ『か、かぐやさん…友情の病になってしまうくらい私の事を親友だと思って……!』ウルウル

かぐや(柏木さん、もうすぐ行ける……このままいきましょう!私もキッツイですけれど!)プルプル

かぐや「更に続きがありまして!」

柏木(え…続き?もう無理……)プルプル


柏木「翼くううぅん!助けてえええぇぇ!!」

翼「なーんだああぁい!☆」ダダダッ


眞妃「…ひえっ!!」

石上(ダメだ、二人が揃ったらヤバイ!!)

石上「翼先輩!ズボンずれてます!!」


翼「え?」ピタッ

柏木「いや、ずれてないから!」

石上(今です、四宮先輩!)

かぐや「更に〜そのあと私は心配で色々な検査をしてもらいまして、でも凄く健康な身体でして………私は恥ずかしくなって必死にその友達を好きではないとか言ってしまい……」ダラダラダラダラ
ハアッ ハアッ ハアッ

かぐやも恥ずかしさのあまり息が荒くなっていた


柏木(聞い……ちゃった………もう無理い…っ///)カアアッ

柏木「アホーー!!かぐやさんのアホーーー!!///」カアアアッ

かぐや「アホっ!?」

不治ワラ『わ…私も、嬉しくて赤くなってしまいました…かぐやさん…』

かぐや「え?」

翼「渚!?渚あぁ!?」


柏木「もういや…本当恥ずかし過ぎる……」プルプル


不治ワラ『…勝者はあ…っ!』



不治ワラ『かぐやさんです!!』パチパチパチ
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 23:27:51.52 ID:6gvApYJaO
かぐや「はあ、はあ……良かった、もう…私も限界……」ガクガク

石上「激戦でしたね…ギリギリの勝負でした」

柏木「かぐやさん……後で他にも色々聞かせてもらいますよ……」ハアッハアッ

かぐや「もう勘弁してください…」カアッ

眞妃「みんな…お疲れ様…」

石上「自分が一番辛かったでしょうに……」

不治ワラ『えー、それでは!脱落した伊井野さん、小野寺さんも再びパーティーに加わり!』

不治ワラ『柏木さんの仲間入りが可能になりましたよーっ!☆』

柏木「仲間に入れて欲しいなっ」

不治ワラ『柏木さんが仲間になりたそうに見つめちゃってます!仲間にしますか?』

かぐや「勿論です、一緒に行きましょう」

眞妃「ま、親友を仲間に入れない理由はないわよね!」フフン

柏木「ありがとう、眞妃ちゃんにかぐやさんと一緒に居られてうれしい」

不治ワラ『おめでとうございます!ちなみに翼くんは召喚獣なので、スマホで呼ぶことで現れます!』

翼「あはは、なんすかその俺の扱い〜」


柏木「皆も、よろしくね!」

石上「は、はい。どうも…」

伊井野「よろしく…お願い、します」オドオド

小野寺「…うす…」


柏木「あ、そっか、三人には酷いことしちゃったもんね、うん。ごめんね、ゲームとはいえ…もう警戒しなくていいからね!」アセアセ


こうして、かぐやパーティーに新たに柏木渚(+召喚獣 翼)が加わった!
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 23:44:58.30 ID:6gvApYJaO
ーーー
一方、その頃…生徒会室

槇原「柏木も打ち倒すとはね…」

メガ子「でもまだまだ戦いは終わらない…先も楽しみだね」

藤原「さて、次は早坂さんの番ですよー」

早坂「了解、まっかせてよ書記ちゃん!☆」キャピッ

槇原「さ、行ってきなさい、早坂!」

早坂「はい、魔王様…では行って参ります」ガチャッ


藤原「…会長、つばめ先輩、二人にもそろそろ準備をしてもらいましょうか」

つばめ「!」

白銀「ほう…」









スタッ スタッ スタッ…

早坂「…」

早坂「ごめんね書記ちゃん…TG部の人達」

早坂「私の戦場は私の好きにやらせてもらう」




早坂「…かぐや様…」



早坂「日頃の鬱憤………晴らさせてもらいますよ」

73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/05(水) 23:46:49.09 ID:6gvApYJaO
今日はここまで
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 09:03:29.12 ID:aTI5aPcLO
激戦の末、柏木渚を仲間に入れた勇者達は次なる戦いの場へと赴く………

ザッ ザッ ザッ


果たして次には何が待っているのかを、勇者かぐや達はまだ

不治ワラ『知るよしもない………』


伊井野「あのー、藤原先輩。私お腹が空いてきました……」

不治ワラ『もう少し我慢してくださいね、ミコちゃん。次の戦いが終わればいったん休憩で……更になんと!』

不治ワラ『TG部からごちそうが振る舞われまーす!!』パチパチパチ

伊井野「ごちそう!?やったー♪」

石上「子供か」

かぐや「休憩に食事を用意してくれるだなんて気が利いていますね」

不治ワラ『はい、そうでしょう!昨日TG部でやった面白お菓子作りゲームの余り物です!』

石上「余り物かよ」

眞妃「あんた達が作ったお菓子とか心配だわ」

かぐや「そもそも本当に休憩させてくれるかも不安になってきました。何か仕掛けてくるのではないですか?」

不治ワラ『流石にそこまで鬼ではありませんよ……普通に休憩させてあげますし普通に美味しいですよ。たぶん』

かぐや「今たぶんと言いませんでしたか?」

柏木「まあ何にしてもまずは…次の戦いのを終えてからか」

眞妃「そうね」

不治ワラ『そうですよ!ちなみにゲームオーバーになったら玄関の犬ミコちゃんからやり直しですからね!現実にはセーブポイントなんてありませんから!」

伊井野「え!?」

石上「それは本当にめんどくさいっすよ、何でそこだけシビアなんですか」

小野寺「そもそもそれ言い出したら『最初からやり直し』自体ないですよ現実は…」

かぐや「ええ…次は地図に書いてある事によると、一階の半分の範囲を使ってのゲームみたいですね」

柏木「そのなかで最初に向かうのは校長室…」

石上「思ったんですがそれってつまり校長には話を通してあるんすよね、このゲーム」

かぐや「ええ、でしょうね。それくらいでなければこんなゲームできませんから」

眞妃「次の相手はたぶん早坂愛よ」

柏木「あの子ちょっと得体が知れないのよね…裏がありそうというか何というか」

かぐや「…」

かぐや(早坂…一筋縄ではいかないでしょうね)
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 09:07:31.74 ID:aTI5aPcLO
いきなり台詞ミス

かぐや「ええ… ←×

かぐや「ええと… ←○
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 12:53:54.72 ID:Xy3IEd7sO
不治ワラ『さて、校長室へ行く前に今から対戦内容を説明しておきますね。次は入った瞬間からゲームスタートですので』

かぐや「入った瞬間から!?」


不治ワラ『次の対戦内容は〜〜〜!』

不治ワラ『NGアクションゲーム!!』


眞妃「NGアクションゲーム!?」

柏木「あ、わかった。一人一人にやっちゃいけない行動が決まっている…みたいな感じ?」

不治ワラ『そうです!まあ詳しいことはまた校長室の中で言いますが…』

不治ワラ『部屋に入る瞬間の行動からカウントされるので、今から伝えておきました』

石上「なるほど…入るだけでも緊張感がありますね」

不治ワラ『はい、そして「やっちゃいけない行動」が書かれたNGアクションカードが各自に配られますが、自分のカードに何が書かれているのかを確認してはいけません!自分に何が書かれているかは自分で考えてください!』

不治ワラ『そして人のカードを確認するのはOKですが、何が書かれているのかを本人に伝えることはNGです!』

かぐや「そのカードはどこに?」

不治ワラ『はい、もうすぐそこに来ていますので彼女から受け取ってください!』

石上「え?」

ザッザッザッ…

大仏「どうも大仏です」

伊井野「こばちゃん!」

大仏「NGアクションカードは私が各自の背中に貼り付けますので動かないでくださいね」

小野寺「あなたも参加してたんだ…」

大仏「うん、これは書かれているNGアクションは私と早坂先輩の二人で考えました」

かぐや「凄い組み合わせね…」

伊井野「こばちゃんは仲間にならないの?」

大仏「うーん、残念だけど私は仲間モンスターではないから…」

石上「モンスターって…」

大仏「でも、今はまだだけど、いずれ私も敵で出てきて戦うことになるから…その時に遊ぼう!」

伊井野「うん!」

小野寺「端から聞いてると凄い会話…」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 12:59:41.90 ID:Xy3IEd7sO
ーーーーー

生徒会室


メガ子「動かないでね、会長さん」

白銀「これを頭に付ければいいんですか…?」

メガ子「そうそう」

槇原「うんうん、いいよいいよ会長くん」

白銀「俺のが上級生なんだがな…槇原」

78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 13:08:08.10 ID:Xy3IEd7sO
藤原「あれれ?おかしいですね……」

つばめ「藤原ちゃん?どうしたの?」

藤原「校長室を含む一階の様々な箇所にに仕掛けたはずのカメラや盗聴器が作動しないんです…これじゃ次のゲームの様子がわからないですよ」ウーン

槇原「あー、やった犯人は早坂でしょ。なんか地図にも手ぇ加えてたし」

藤原「え、早坂さんが!?なんで!?」

槇原「何でかは知らない」

メガ子「なんで分かってて放置してたの!?」

槇原「だって………」



槇原「忠実な部下だと思っていた人間が実は別の企みを持っていて無断行動を始めた……それはそれで、面白い展開でしょう!!」

藤原・メガ子「この子は!!」

槇原「まあいいわ、早坂戦の次の準備で忙しいからちょうど良かった。不治ワラちゃんも準備の方に加わりなさい!」

藤原「ラジャー!」


79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 18:16:34.87 ID:SRHD0vHxO
ーーーーー
ーーー

大仏「それでは皆さん、頑張って〜」

伊井野「またね〜」

小野寺「じゃね」



石上「さて、では校長室へ向かいましょうか」

かぐや「そうですね」

眞妃「人のNGを確認するのはOKってことは…本人には伝わらない程度になら手助けしてもいいってことよね?」

かぐや「そういう事ですね、まあ…私は自分のNGアクションは何となく分かっていますが」フッ

かぐや(早坂のことよ…どうせルーティーンでも封じているに違いないわ)

眞妃「…へ、へー…」

柏木(いやあ…たぶん、かぐやさんの考えてることは違うんだろうなあ……)

かぐやのNGアクション
『謝る』

柏木(謝るて…これ早坂さんか大仏さんのどちらかが考えたのよね?一体何を思ってこんなのをNGに…)

眞妃「…」チラッ

柏木のNGアクション
『ロッカーに入る』

眞妃(なにこれ、私はこれを見てどう感じ取ればいいの?遠回しに私を攻めているの?)

かぐや「…」チラッ
柏木「…」チラッ

石上「…」チラッ

眞妃のNGアクション
『ドアを開ける』

かぐや(先に眞妃さんを校長室に入らせてはいけませんね)

柏木(私が先に入ろう)

石上(開けそうになったら止めよう)

石上のNGアクション
『女子と手を繋ぐ』

伊井野(何これ、石上が女子と手を繋ぐとかあり得ないでしょ普通に考えて)

伊井野のNGアクション
『食べ物を口に入れる』

小野寺(うわあ……お腹すいてたとか言ってたしヤバそう…)

小野寺のNGアクション
『ツッコミ』
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 19:02:07.94 ID:SRHD0vHxO
校長室前廊下



石上「…そういえばこの校舎の一階に入ってから藤原先輩の声が聞こえませんね」

かぐや「確かにそうね、あの人ならそろそろ喋り出しそうなものですが…」

石上「藤原先ぱーーい!藤原先ぱーーーいっ!!」

シーーーン…


石上「ゴリラゴリラ藤原氏ーーー!!!」


シーーーン………


石上「返事がない…」

かぐや「一体どうしたのでしょうか…」

伊井野「まさか、誘拐っ!?」

かぐや「それは無いでしょう、仲間達と居るでしょうし」

眞妃「あの子の事だしまたなんか企んでるのよ、きっと!」

柏木「それはあるかもね…わざと返事してないのかも。わからないけど」

かぐや「まあ考えていても仕方ありません、校長室に入りましょう」ザッ

柏木「そうですね」

眞妃「…この中に入った瞬間からゲームスタート…という事は何があるかわからない…」

かぐや「!」


眞妃「仕方ないわね、何が起きてもいいように私が囮になって先に入ってあげるわよっ!」

石上(今このタイミングで優しさを発揮するのはやめてくださいっ!!)

かぐや(囮にもなれずに終わりますよっ!!)

柏木「私が先入る!先に入るから!!」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 19:31:31.05 ID:SRHD0vHxO
眞妃「え、でも…」

柏木「眞妃ちゃん…私は、大事な友達に何かが起きたら、とても悲しいの…!」ウルウル

眞妃「そ、そんなの……そんなの私だって同じよ!」ウルウル


眞妃「だから、私がっ!」ブワッ

柏木「うん、じゃあ私が開けるね」ガラガラガラ

眞妃「ありゃっ!」

かぐや(良かった…ギリギリセーフ…)

石上(いきなりツンデレ先輩の悲惨な姿を見るところだった…)

ガッ!


伊井野「あっ!」グラッ

石上「伊井野!?」バッ

ガシッ!

小野寺「ふー…」

伊井野「ごめん、ありがとう麗ちゃん…つまずいちゃった」

石上「良かった、小野寺が間に合ったか…気を付けろよ、ったく」

小野寺「石上…」

石上「ん?」

小野寺「伊井野に…近付かないでっ」ジロッ

石上「何だその警戒したような目つき!?」

かぐや「一年組の皆さん、早く入りますよ」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 19:56:37.50 ID:SRHD0vHxO
校長室

ザッザッザッ…

眞妃「と、特に仕掛けとかは無さそうね…」

柏木「うん、普通の校長室」

ツカ ツカ …

かぐや「…!」

早坂「お待ちしていましたよ、皆さん。私は魔王の忠実なる僕…早坂です」ザッ

眞妃「あー、居るのやっぱりあんただった!」

かぐや「ねえ、早坂…さん。藤原さんは『校長室に入ったら詳しい話をする』と言っていたのですが、藤原さんの声が全くしないんです」

早坂「ああ…それは」

早坂「書記ちゃんは風邪を引いて休んでいます」

石上「さっきまで元気に喋ってたのに!?」


早坂「安心してください、私が代わりに説明します。NGアクションについてはもう聞きましたね?」

早坂「最初に考えられていたものは、単純に私との『相手にNGアクション取らせる勝負』だったのですが…」

早坂「それじゃあ柏木さんのときとあまり代わり映えも無いでしょう?」

柏木「…」

早坂「だから私が勝手にルールをちょっと変えます」

眞妃「え、そんなのいいの!?」

早坂「いいんですよ、書記ちゃん見てないし」

かぐや(…まさか…藤原さんが喋らないのは、早坂の仕業?)

かぐや「わかりました、早坂…さん。ではあなたが考えた対戦ルールを教えてください」

早坂「この私達四天王が持たされている鍵がありますね?これが私の鍵です」チャリッ

柏木(あ、そういえばそんなの持たされてたな)

眞妃(すっかり忘れてた)

早坂「これを私の服に引っ掛けておきます」

早坂「自分のNGアクションに注意しながら…逃げ回る私のこの鍵にタッチ出来れば勝利です」

早坂「ステージは地図に指定してある一階の範囲内。私もあなた方も、ステージから出ても負けです」

石上「NGアクションに気を付けろながら追い掛ける…難しそうですね…」

かぐや(…早坂、何故わざわざ藤原さんの目を止めてまで勝手なルール変更を?何が目的なの!?)
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 19:58:53.26 ID:SRHD0vHxO
なんか誤字が多くて申し訳ないです
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 20:19:16.56 ID:SRHD0vHxO
早坂「NGアクションを取ってしまいアウトになった人は校長室に戻って待機しておいてください、質問はありますか?」

伊井野「ありません!」

早坂「いいお返事です」

眞妃「いつもとキャラ違いすぎじゃない?」

早坂「え?そんなことないしー!眞妃ちゃんマジウケる!」

石上「キャラの振れ幅すげえ!」

早坂「…では私は今から逃げてきますので、3分後に探し始めてください」


四天王 早坂愛

バトル開始!!


かぐや「…では、待ち時間3分の間に作戦を立てましょう」

柏木「やっぱり分かれて行動するのがいいよね」

眞妃「ステージ広いもんね…」

伊井野「じゃあ、一人ずつに分担して?」

小野寺「いや、それじゃダメっしょ」

石上「NGアクションを注意しながらなら、一人行動は危険だ」

伊井野「あ…そっか」

かぐや「望ましいのは二人一組、三つのペアに分かれて行動しましょう」

眞妃「じゃあどういう組み合わせで分けるかもすぐ決めないと」

かぐや「ええ」



ーーーーー
別の部屋


早坂「…かぐや様達は二人一組、3チームくらいに分かれて来るでしょうね…」

早坂「…私の目的は、かぐや様との一対一…なので」



早坂「まずは他の皆さんに退場してもらいましょうか」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 22:28:44.62 ID:o1VUYP2nO

3分経過………


石上・小野寺ペア


石上「さっきこっちに早坂先輩が歩いていくの見えたんだけどな…」

小野寺「今度見つけたら走って追い掛けなよ、速いでしょ石上」

スタッ スタッ スタッ…

石上「…!一人の足音だ」

小野寺「そこの角の向こうから聞こえるね」

石上「ちょっと覗いてみる」チラッ


早坂「…」


石上「向こうでこっちに背え向けながら立ち止まってるぞ」

小野寺「どれどれ…あ、マジだ」

チョンッ(手がつかえた)

小野寺「うわ!ちょっと離れて!」バッ

石上「え………そこまで嫌がらなくても………普通に傷ついたぞ」

小野寺「…マジごめ、嫌がってるわけじゃないから。後で説明するよ」

石上のNGアクション
『女子と手を繋ぐ』


石上「…まあそれはいったん置いておいて。罠だよな、たぶん」

小野寺「だろうね、でも近付かないと鍵にタッチも出来ない」

石上「ああ、行くしかない……と、早坂先輩と接触する前に言っておく」

小野寺「ん?」

石上「俺の真似はすんなよ」

小野寺「………」

小野寺「何それ?意味不なんだけど。新手のナンパ?」

石上「ちげえよ!」

小野寺のNGアクション
『ツッコミ』

86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 23:09:24.05 ID:o1VUYP2nO

早坂(…石上くんに小野寺さん…私が後ろ向いて待ち構えているのが罠であることには恐らく気が付いているでしょう。そして精神的に真剣になる…)



石上「一気に行くぞ、何かをされる前に急いで近付き鍵にタッチする」

小野寺「強行突破だね」



ダダダダダダダッ!!!



早坂(走ってきましたか、一気に勝負をかけるつもりですね)

早坂(…人というものはね……真剣になっていればなっているほど………目の前でズレた事が起きたとき)


早坂(ツッコミたくなるものなのですよ!!)キリッ



早坂「あっ、すみません、鍵無くしました」クルッ


石上「!?!?!?」ズザザザッ

小野寺「えっ、無くしちゃっ」
石上「えっ、無くしちゃったんですか!?」

石上は小野寺より先にツッコミを入れ、彼女のツッコミを止めた

早坂(ちっ、流石は石上くん…ツッコミに関してはプロですね。プランBに変更です)


石上「無くしたってどこにですか!?教えてください!!」

早坂「んー…どこだろっ!☆」テヘッ

石上「急にキャラ変えるのやめてください!」

早坂「あと廊下走るの禁止だぞっ!☆」コラッ

小野寺「今それい」
石上「今それいいでしょ!!」


早坂(石上くんを先に倒した方がいいですね)
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 23:42:42.62 ID:o1VUYP2nO
早坂「あっ、ちょい待って、鍵ん場所思い出したし〜っ!」タタタッ!

石上「あっ、隣の部屋の中に!」ダッ

小野寺「待って石上、考えがある」

石上「!」





早坂「ん…しょ、よし装備完了!」チャリッ

石上「早坂先輩、逃がしませんよ!」

小野寺「外には出しませんからね」

早坂「あ、石上くん小野寺さん、何しに来たし〜?」

小野寺「鍵と」
石上「鍵とりに来たんですよ!!!」

早坂(出口二つそれぞれに立ち塞がりましたか…シンプルですがいい作戦ですね。でも…)

早坂「わー、どうしよっ!」タッタッ

ガッ!
グランッ…

早坂「きゃっ!!」ドサアッ!

早坂「あ…足くじいたしい…っ」

小野寺「…!?」

石上「早坂先輩!大丈夫ですか!?」ダッ


早坂「…」ニヤッ
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 23:44:06.50 ID:o1VUYP2nO

もちろん転けたのは演技である!
だが、中身は紳士な石上…純粋に早坂を心配してしまっていた!


石上「立てますか!?掴まって…」ザッ

小野寺「石上ダメ!今なら鍵にタッチできる、そっち先にして!」ダッ

石上「そんな卑怯な真似出来るか!早坂さんを助けてからだ!」

小野寺「いいから言うこと聞いて!」

ガシイッ!
ギュッ


小野寺「………っ!!!」

早坂「ありがと、石上くん…助かったし…」

石上「はい…」

小野寺「あ…あ…っ」

早坂「アウトだけどっ!☆」ビシッ

石上「…」

石上「えっ?」

早坂「君のNGアクション…女子と手を繋ぐ!!」

石上「ええええええ!!?ウソ、お、小野寺…」

小野寺「石上…っ」

小野寺「だから止めたじゃん!?」(ツッコミ)

早坂「君もアウトじゃん!?☆」ビシッ



小野寺「…」

小野寺「…え?」

石上「…ツッコミが…小野寺のNGアクションだ…」

小野寺「…」

石上「…」

早坂「…」


石上優
小野寺麗

撃沈
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/06(木) 23:44:32.98 ID:o1VUYP2nO
今日はここまでです
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 05:34:43.21 ID:3mEN4uRrO
ハーサカ強すぎ
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 09:06:46.91 ID:fOuECJjkO


眞妃・柏木ペア


柏木「それでねー、翼くんったらまた私に照れるようなこと言ってきて〜っ!//」ニコニコ

眞妃「へーそーなんだー良かったじゃーん、ははー」(真顔)プイッ

柏木「眞妃ちゃん、後ろ見てどうしたの?」

眞妃「え?あー別にー、早坂っぽい人見つけただけ…」



早坂「!」
早坂(見つかった…!?)



眞妃「本当に居たし!」

柏木「凄い、よく見つけたね!」



早坂(今見つかるのは想定外…!ゆっくり近付いていたつもりでしたが)

早坂(流石は学年成績順位3位の実力者です…!)



眞妃(な、なんか無駄に持ち上げられてる気がする!)




早坂(いったん退避!新しい作戦は逃げながら考えましょう!)タタッ



柏木「よし、追い掛けよう眞妃ちゃん!」

眞妃「うん!」

柏木「そうだ、(召喚獣)翼くんも呼んで…!」スッ

眞妃「いや、それはまだ早い早い、召喚獣は時間制限あるっしょ?」ガシイッ(真顔)

柏木「そっか…ここぞというときにね」

眞妃「そ、そ、ここぞというときに」(真顔)
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 09:08:11.41 ID:fOuECJjkO
タタタッ…

ササッ

図書室 本棚の陰

早坂(眞妃さんの『ドアを開ける』は何とかなりますが、問題は柏木さんの『ロッカーに入る』……最初は後ろからゆっくり近づいてロッカーにでも押し込もうかと思っていたんですが)

早坂(柏木さんのNGを考えたのは大仏さんでしたか。なんて面倒くさいものを…)



柏木「この辺りに来たんだけど…逃げ込むとしたら」

眞妃「図書室でしょ、本棚たくさん並んでて隠れやすいし…」

柏木「私達の様子を隠れて見ながら撒いて逃げやすい」

眞妃「よし、図書室に…!」バッ

柏木「あっ、私が開けるから。眞妃ちゃんは触らないでね?」ニコニコ

眞妃「え、う、うん?」



早坂(厄介ですね…こっちの行動が完全に読まれてる)

早坂「…私も負ける覚悟で挑むくらいでないと、ダメそうか…」ザッ
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 09:33:54.99 ID:fOuECJjkO
柏木「よし、ここで翼くんを呼ぼう!」

眞妃「え!で、でもー、召喚獣の制限時間は到着してから3分だけでしょ!?もうちょい慎重に…」

柏木「いや、ここで決着をつけた方がいいと思う」



早坂「…っ!」ピタッ



柏木「翼くんには到着したらこの図書室の出入口を塞いでいて貰おう。それから私達二人で3分以内に早坂さんを捕まえて鍵をタッチする」

柏木「翼くんが到着するまでは私達はここで待機していればいい。そうしていれば早坂さんも私達を警戒して動けないはずだから」

柏木 「とにかく早坂さんを図書室から出してはいけない」

眞妃「そっか…まあ、そうだね。そういう作戦なら」

眞妃「わかった、それで行こう!翼くんを呼んで!」

柏木「うん!」



早坂(状況判断も的確…!翼さんまで呼ばれたらヤバイ、3分も狭い図書室の中であの二人から逃げるなんて不可能だ!)

早坂「…」フーッ

早坂(わかりました、捨て身の作戦ですが…翼さんが来るまでに終わらせる!)
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 13:13:12.57 ID:RFRvUEmdO

早坂(柏木さん、眞妃さんはドアの前で待機中……出入口近くには掃除用のロッカー)

早坂(行きますか)チャリッ

バッ!!

早坂「…」ダダダッ!!!


眞妃「早坂っ!?強行突破して逃げる気かも!!」

柏木「…!」

柏木(鍵を服に引っかけてない…別の場所に隠した!?それとも手の中かポケットかどこかに…!?どこ!?)

柏木(…いや待って、そもそもどこにあるのかを迷わせること自体が目的だとしたら)

柏木(それを考えるのは後でいい。どちらにしろ、あの子を捕らえるのが先決)

柏木「私がドアの前を塞いでるから、眞妃ちゃんは早坂さんを!」

眞妃「ラジャッ!」

早坂(鍵を隠しても惑わされない、逃げるのは不可能…となれば)

早坂「…」ガチャッ!

柏木(ロッカーを開けた、何で!?)

眞妃「まさか…!」ダッ

眞妃「待ちなさーい!」ガシイッ!

早坂(そして…あえて眞妃さんにつかまる!)

グイッ!グイッ!

眞妃「ちょっ、引っ張るなぁ!結構しぶとい!」ズルズルズル

早坂「あんたこそ服から手え離して!服破けるし!」グイッ!

眞妃「離さないし!」ズルズル


早坂(よし。これで柏木さんと眞妃さんは離れた、あとは)チャリッ

早坂「ふっ!!」ブンッ!

眞妃「え、何か投げた!?」

柏木「…!!」

チャリンッ!

眞妃(ロッカーの中に投げ入れた…っ!)

柏木(鍵!?それとも別の何か!?)
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 13:13:49.12 ID:RFRvUEmdO
早坂(…ここで想定通りに動いてくれなかったら…私が負ける)


柏木(普通に考えればこれは…別の金属のものを投げ、私達がロッカーを気にしている間に逃げるための作戦…?)

柏木(でも裏を読んで、実は本当に鍵で…私達が逃げる早坂さんを追い掛け図書室から出たあとまた戻り回収する、という考えかもしれない)

柏木(いや……どちらにしろ早坂さんは眞妃ちゃんが抑えてくれている、逃げられない。ならば気にせずロッカーを調べればいい)ザッ

早坂(よし…!)

眞妃「渚ダメ!ロッカーは私が見るから!」

柏木「ダメ、眞妃ちゃんはそのままで!離したら早坂さんが逃げる!」

眞妃(……確かに手を離せば早坂が逃げるかも、でも貴女のNGアクションはロッカーに入ること。手を入れるだけなら大丈夫でしょうけど、探してるうちに身体も入ってしまったら…!)

眞妃(早坂は逃げられても渚と二人ならまた追い込めるかもしれない、でも渚が居なくなれば…!そして何より親友のピンチを見過ごせない)

眞妃(私は、渚を助けることを選ぶ!!)バッ

早坂(やっぱり私から手を離して柏木さんのところへ行きましたね……後は)ザッ



早坂(私の方が先に柏木さんのところへ辿り着く!)ダダダッ!!

眞妃(この子まさか…っ!やらせない!私が先に!!)ダダダッ!!
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 13:14:23.00 ID:RFRvUEmdO
ダダダダダダッ!!!

柏木がロッカーの中を探るため掃除道具を外に出していた最中、彼女の後ろでは激しいレースが行われていた。


そして、先に柏木のもとへ辿り着いた勝者は…


グイッ!!
柏木「え…っ!?」
ムギュッ!



早坂「…これで、貴女の身体はロッカーの中に入りました」ハアッ ハアッ

眞妃「…っ!!」

早坂「柏木さんのNGアクションはこれです。アウトですよ」ペラッ

柏木「そ…そんな…!」

柏木「ごめん、眞妃ちゃん…」


眞妃「くうっ!!」グッ
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 17:53:46.95 ID:bur5QNiBO
早坂「ちなみに…」ガサゴソ

早坂「投げ入れたものは本物の鍵です、誤魔化せる金属のものは持っていなかったので…。最初に鍵を隠したのはこの時貴女を迷わせるため」チャリッ

早坂「それにもし柏木さんがロッカーを調べるでなく『早坂さんが本物を持っている』と判断し私のところへ来て眞妃さんと協力した場合も、実際は私は本物の鍵を持っていないので保険にはなる訳です。まあその場合は逃げるしかなくなりますし私が負ける可能性が高かったですが」

早坂「賭けでしたよ。こうでもしなければ私が詰んでいました」

柏木「…なるほど…初めから図書室の外に出るんでなくて私をアウトにさせるのが目的だったんだね。あなたが逃げるかもしれない前提で考えてた」

眞妃「じゃ、じゃあ私が離さなかったら、私達が勝ててたの…!?」

早坂「そうなりますね、だから捨て身の作戦でした…」

柏木「眞妃ちゃん、気にしなくていいから…」

眞妃「いいや、私の責任なら…残った私がやらなきゃ!」

早坂「気にしすぎですよ…私の作戦を知らなかったんだから、眞妃さんの判断だって正しいですよ」

眞妃「私が気にするのー!捕まえてやるっ!」ダダッ

柏木「眞妃ちゃん!気を付けてよ!ほんと!」

早坂(さて、残るは眞妃さん…図書室から出てドアさえ閉めれば…)

ガシイッ!!

早坂「!!」

眞妃「捕まえた、鍵持ってる腕こっちに近づけなさい!」グググ…

早坂「やですよー!」グググ

早坂(せっかく出れたのに眞妃さんがくっついててドアが閉めれない…何とか振りほどいて別の場所へ)チラッ

早坂「あ、翼くん」

眞妃「え?」チラッ


早坂「ふんっ!!」ブンッ

眞妃「きゃー!あんた嘘ついたわねーっ!」

早坂「バイビ〜っ☆」ピューンッ

眞妃「急にいつものキャラに戻るな、待ちなさーい!」ダダダッ
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 18:04:25.25 ID:bur5QNiBO
早坂(二人とも予想以上に手強かった…マジで疲れましたよ。もう終わらせます)ダダッ

ヒュッ!
バタンッ!

眞妃「別の部屋に逃げ込んだ、逃がさないわよ!!」ダダダッ


眞妃「観念しなさーい!!」ガラガラガラッ!


早坂「はいっ!眞妃ちゃんアウト〜っ!☆」ビシッ

眞妃「…」

眞妃「え?」

早坂「眞妃ちゃんのNGアクションはドアを開ける!」ペラッ

眞妃「なんじゃそりゃーーっ!?」


99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 18:30:21.24 ID:bur5QNiBO

ツカ ツカ ツカ …


眞妃「はあ〜〜…もうちょいで行けそうだったのになぁ……」

眞妃「そうだ、まだ渚は図書室かな?ちょっと見てこよ」タタタッ






眞妃「お〜い、渚ーっ」
ガラガラガラッ!



柏木「あっ」←ロッカーの前で座り込んでる
翼「あっ」←渚にキスしようとしてる



眞妃「………」



眞妃「………………………」

柏木「…」

翼「…」



四条眞妃
柏木渚

撃沈
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 18:42:28.10 ID:bur5QNiBO





かぐや・伊井野ペア


かぐや「…伊井野さん、私はこの部屋の中を調べてみます。あなたはドアの前に立って周りを見張ってください」

伊井野「わかりました!」

かぐや「では、お願いしますね」ニコッ

伊井野「あの、四宮先輩…気付いたことが」

かぐや「どうしました?」

伊井野「2階辺りからカレーの匂いがしませんか?」

かぐや「あなた嗅覚はいいのね、その話は後でいいかしら。じゃあこっちをお願いしますね」

ガラガラガラッ

伊井野「…」

ぐう〜〜〜…っ

伊井野「!!」

伊井野(うう〜…鳴っちゃった。お腹空いたなぁ……)


バッバッ!
ガシイッ!!

伊井野「んむぐっ!?」←口も塞がれた

早坂「やっほ〜、伊井野ちゃん。大きい声出しちゃダメだよ?」フリフリ

伊井野「…!?」

101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 19:18:10.49 ID:bur5QNiBO
伊井野(早坂先輩を見つけたら、四宮先輩を大声で呼ぶのが私の仕事なのに…これじゃ声が!)ジタバタ

早坂「ねえ、伊井野ちゃん…お腹空いてるでしょ?さっき鳴ってるの聞こえたよ?」

伊井野「…!!//」

早坂「実はね、飴玉1個あるんだよー♪」

伊井野「!?」

早坂「大丈夫、今ならかぐやさん見てないし、飴玉1個くらい…ね?裏切れって言ってるわけじゃないの、食べた後は私に何したっていいから」

早坂「…我慢はお腹に毒だよ?」

伊井野「…」ぐう〜〜〜っ

早坂「食べる?かぐやさんに内緒で」

伊井野「…」



伊井野「…」コクッ

早坂(ふっ…)

早坂「じゃ、私が開けてア〜ンさせたげるね伊井野ちゃん!はい、ア〜ンっ♪」

伊井野「…」アーンッ

ぱくっ!

早坂「はい、アウ…」
ペタッ

早坂「ん?ペタッ?」ドキッ



伊井野「…私を舐めないでください」コロコロ



早坂「…!!?」



伊井野「ただお菓子貰うだけでは終わりませんよ!」

なんと、早坂がア〜ンをしている最中に伊井野は早坂の鍵に手を伸ばしタッチしていたのだ!!
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 19:19:41.96 ID:bur5QNiBO
早坂「ふ…ふふ……」

伊井野「…」

早坂「でもね…残念でした〜…伊井野ちゃんのNGアクションは…」

早坂「食べ物を口に入れること!!」

伊井野「え、嘘!あっ、本当だ!!」

伊井野「なんで!?私そんなよく食べる子だと思われてるんですか!?」

早坂「え、自覚なかったの?」

伊井野「じゃ、じゃあ…私がタッチしたの、少し遅かった……」

早坂「うん、残念ながらそうなんだよ〜〜…チョー惜しかったんだけどね〜」アハハ

伊井野「ああぁ、そんな…」ガクッ

早坂「………」


早坂(あっぶなああぁぁ!!私、伊井野ちゃんに負けるところだったああぁぁあっ!!!)ダラダラダラ

早坂は今日一番焦った

早坂(始める前『最初に皆さんに退場してもらう』とか言っておきながら何これ、私が苦戦しまくってるじゃん!!//)

伊井野「かぐやさーん!早坂さん来ましたーっ!!」

早坂「あ、今呼ぶんだ」

ダダダッ!

かぐや「何ですって!?早坂さ…あ、本当だわ!」ダダッ

かぐや「って伊井野さん!?口に何を入れてるの!?」

伊井野「あ…飴玉です…//」コロコロ

かぐや「負けてるじゃないですか!!」

かぐや「あのね、知らない人からもらったもの簡単に口に入れちゃダメでしょう!」

早坂「お母さんですか。てか何すか知らない人て同じ学校の生徒ですよ」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 19:41:21.26 ID:bur5QNiBO
早坂「まあ…その子、食べながらタッチというなかなかカッコいい技をしてきたので、褒めてあげてください」

かぐや「あ、あらそうなの…ちゃんと反撃もしてるじゃない、偉いわよ」

伊井野「え…へへ…///」テレテレ

早坂(褒められたらすぐ喜ぶ…分かりやすい…)

かぐや「でも、アウトですからね、校長室に戻りましょうね?」

伊井野「はい、わかりました…面目ありません」シュン

伊井野「では頑張ってください」

かぐや「はい、後は私にお任せを」

ツカ ツカ ツカ ………



早坂「…」

かぐや「では…早坂…さん、始めましょうか」

早坂「あー、もういいですよ、かぐや様。いつもの感じで」

かぐや「え?」

早坂「この辺りのカメラや盗聴器は全て機能しないようにしておきました」

かぐや「!!やっぱり早坂が…」

早坂「そうですよ、そして他のメンバーは皆校長室送りにしました。残りは貴女一人です」

かぐや「何ですって!?」

早坂「私は1週間前に書記ちゃんからゲームの話を聞いたときから、この時を待っていました」

早坂「かぐや様…このゲーム内での私の設定、覚えていますか?」

かぐや「…ええ…洗脳を受け、今は魔王の忠実な部下になった存在…でしたか…」

早坂「そうです、つまりですねかぐや様…このゲーム内、この勝負の間は」

早坂「私達の間に主従関係は無いのです」ニコッ

かぐや「…え?何を……?」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 20:06:37.41 ID:bur5QNiBO
早坂「あなたも勇者という設定で遊びに加わっている。だから私も、魔王の僕……そういう設定で遊びをやっているだけですから」フッ

かぐや「何が言いたいの!?」


早坂「まあ、まあ落ち着いてください。かぐや様…学校の中で普通に話すなどなかなか無い機会です」ポンッポンッ

早坂「ちょっと雑談でもしませんか?」

かぐや「えっ、まあ…確かに、じゃあ…」

かぐや「昨日はね、会長と学校の中で二人きりになって…」

イチャラブ話5分経過………


かぐや「でね、会長ったらまたキスを…!///」


早坂「はああ〜あっ、ず〜と話そればっかりなんすね〜〜〜っ」


かぐや「…っ!?」ビクッ

早坂「惚気話ばっっっか話されたってええ、毎回毎回聞かされてる方ほんっとしんどくなってくんすよ、わかってんですかああ?」

かぐや「え…え……っ?」オロオロ

早坂「ただ自分が一方的に喋りたいだけならあああ、壁にでも話し掛けてたらどうなんですかああ?」

かぐや「なに!?早坂!?え…!?早坂っ!?」ビクビク


そう…彼女は毎日毎日主人から同じような惚気話を一方的に聞かされ、立場上無視や拒否は不可能。そんなストレスが溜まりに溜まっていた。
途中までは妹の可愛らしい惚気話的に聞いてあげていたし、かぐやの幸せそうにしている姿は自分にとっても喜ばしいことである。
ラブラブなのはいいのだ。
だが聞かされる方にも限度というものがある!

もちろん本気でかぐやの話を否定するつもりは無い…だがたまには自分の感情だってぶつけたい!

そこで彼女の取った行動が
ゲームに乗じて主人に対し本音と生意気な口をきく!!

だがそんな早坂の様子はまるで

反抗期の中学生のようであった!!

早坂「キス?何それ?魚っすか?」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 20:21:42.83 ID:bur5QNiBO
だが、それだけではない

彼女には…四宮家の監視下では叶わない、もう1つの純粋な主人に対しての想いがあった。


かぐや「…は、早坂…どうしたの?いつもそんなこと言わないじゃない…っ」

早坂「…」フーッ

早坂「ふふ、怒るんじゃなくて焦るんですね…」

かぐや「え?」

早坂「さっ、ゲームを続けましょうかぐや様。逃げちゃいますよ」タッ

タッタッタッ

かぐや「あ!しまった忘れてた!」

かぐや「待ちなさい、鍵は貰うわよ!」



早坂「ほらこっちですよー」ヒョイッ



かぐや「くっ、すばしっこい!」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 21:58:28.93 ID:Wd0Mu6w5O

美術室前

タッタッタッタッタッ…

早坂「美術室といえば、御行くんの描いたかぐや様超上手かったですよね、愛を感じましたよ」

かぐや「何よいきなり、私を惑わす作戦?」

早坂「普通に会話です」

早坂「書記ちゃんが描いた私とかもヤバかったですよ、悪い意味で」

かぐや「私も見たわ、あの日は早坂を見るたび藤原さんの絵を思い出して笑いを堪えるのが大変でした」クスッ

早坂「初めて聞きましたよそれ、今叩いていいですか?」

かぐや「あら怒るなら藤原さんにお願いね」

早坂「まったく…」

早坂「そうそう、かぐや様の描いた御行くんが一番凄かったです」

かぐや「それはやめてちょうだい………冷静になったら物凄く恥ずかしいの」

早坂「ふふ」

かぐや「…」


かぐや「何だか楽しそうね、早坂」

早坂「!」

早坂「な、なに言ってるんですか!あなたから逃げるのが精一杯で楽しむ暇はありません!」プイッ

かぐや「割りとまだ余裕そうですけど」


タッタッタッタッタッ…

107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:23:32.33 ID:Wd0Mu6w5O
タッタッタッタッタッ…


早坂「そういえばかぐや様…」

かぐや「今度は何?」

早坂「あなたのNGアクションはルーティーンです」

かぐや「あらあらやっぱりそうなのね」

早坂「いや違いますけどね」

かぐや「違うの!?」

早坂「合ってるような違うような…」

かぐや「どっちよ!?」

早坂「言いませんよ、そういうルールですから」

かぐや「そうですけども!」

ザッ!

かぐや「隙ができたわよ、早坂!」バッ

早坂「おっと、ギリギリセーフです」サッ

かぐや「本当すばしっこいわね!」バッ バッ!

早坂「まだまだ私は捕まえられないですね」サッ サッ

早坂「こっちですよー」タッタッタッ!

かぐや「あ、また逃がした!」
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:24:03.93 ID:Wd0Mu6w5O


タッタッタッタッタッ…


かぐや「はっ…はっ…」ザッ


かぐや「早坂…あなたずっと逃げて避けてばかりじゃない」

早坂「逃げないとタッチされるじゃないですか」ピタッ

かぐや「…あなたが勝つには、私にNGアクションを取らせる必要があるでしょう。逃げてるだけじゃそれは出来ないのでは無いですか?」

早坂「………」


早坂「かぐや様…私はね……」

かぐや「!」

早坂「初めから、勝つ気なんか無いんですよ」クルッ


かぐや「どういう事…?」


早坂「…私は…」



早坂「演技とか無しで、一度でいいからこうやって…」



早坂「普通の友達っぽく、かぐや様と学校で遊んでみたかっただけです…」


かぐや「…!」

かぐや「早坂…」



早坂「…あー、恥ずかしいこと言っちゃった…」

早坂「…あの、ちょっと前、かぐや様に生意気な口をきいてすみませんでした。あれは本心…も無いわけでは無いですが、たまには文句の1つも吐きたくなっただけですので」

かぐや「…いえ、確かにあなたは立場的にも色々我慢していたことが、日頃からあったのでしょうね…」

早坂「!」

かぐや「私こそたまにはもっと目を向けるべきだったんだわ、あなたの事にも…」


かぐや「…自分勝手な主人でごめんね、早坂」



早坂「………はあ……もう、あなたって人は」

早坂「『別に謝らなくてもいい』って思いでそのNGアクションを考えたのに…」

かぐや「え?」

早坂「あなたのNGアクション、『謝る』ですよ」

かぐや「…えっ!?あれ、本当!!」

早坂「全滅してゲームオーバーなっちゃいましたよ?」

かぐや「うそ!?うそ!?」

早坂「犬ミコちゃんからやっりなっおし〜〜〜」

かぐや「うそおぉぉ!?」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:41:13.37 ID:Wd0Mu6w5O
かぐや「そ…そんな……皆に申し訳ないわ……」ガタガタ



早坂「…なーんて、冗談ですよ」

かぐや「…え?」

早坂「あなたの勝ちでいいです。私は満足しましたから」

かぐや「…本当にいいの?」

早坂「だから言ったじゃないですか、初めから勝つ気はなかったんです」

かぐや「…ありがとう、早坂」

早坂「いえ、こちらこそ自分のワガママに付き合ってもらって、ありがとうございます。あと、今後とも気にせず会長の話してくれていいですからね」

かぐや「ふふ、そうさせてもらうわ…」

早坂「そろそろ校長室に行きましょう、かぐや様」

かぐや「そうね…皆が待ってるわ」ザッ
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:41:39.48 ID:Wd0Mu6w5O
早坂「…かぐや様、聞き忘れていました」

かぐや「なに?」

早坂「私を、仲間に加えてくれますか?」

かぐや「当たり前でしょう…」

かぐや「今まで通り、私の側に居なさい」



早坂愛が仲間に加わった
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/07(金) 22:43:48.74 ID:Wd0Mu6w5O
今日はここまで

もうすぐ後半です
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 23:26:53.02 ID:0n6PLXgvo

ちょうど原作の展開とリンクしていい感じのラストに…
あと全員自分のNG行動が何かって思考が欠けすぎだろw
かなりわかりやすくフォローしてくれてるのに
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/07(金) 23:34:07.97 ID:/G1OzDMwO
もうちょい慎重になったりパートナーの言うことを聞いたりすべきなんだろうが、天才だから自分を過信しているんだろう
天才たちばかりだからな
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 11:50:48.43 ID:OArwriVJO
校長室

早坂「…と、言うわけで皆さん。私は今から勇者様に仕えることになったのでよろしくお願いします」

かぐや「ちょ…早坂…まだその喋り方なの…」ボソッ

早坂「いいじゃないですか、そういう設定なので」ボソッ

かぐや「…好きにしなさい」


眞妃「でもやっぱいつもと違うと慣れないわよ」

早坂「もう〜っ、んじゃ眞妃ちゃん達にはいつも通り話したげるし♪」キャハッ

柏木「一瞬ですごい変わりようね!」



石上「…さて、ここの戦いも終わったんで、次ですね」

伊井野「藤原先輩、次は休憩でごちそうだって言ってたよね麗ちゃん!」

小野寺「今日で一番嬉しそうな顔してるね」

石上「…次の場所はTG部部室です…」

かぐや「え?大丈夫なのそれ?」

眞妃「お菓子という名のヤバイ物体出されないでしょうね」

柏木「ま、まあ…あそこの子達変だけどヤバい物を食べ物として出すことはしないと思うから…たぶん」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 11:51:21.08 ID:OArwriVJO
ーーーーーー

廊下

ツカ ツカ ツカ …

そして、「戦士の休息場TG部部室」へ向かう勇者パーティー一行…

不治ワラ『次なる舞台で戦士達に一時の休息が与えられる…そこで何が待ち受けているのかはまだ』

石上「ちょっと待ってください、何か待ち受けてるんすか次」

眞妃「突然復活したわね!」

不治ワラ『はい、私に会えなくて寂しかったですか〜っ?不治ワラちゃん復活ですよ!!』

かぐや「で、次のTG部部室では何のゲームをする気ですか?藤原さん」

不治ワラ『いやなんか皆さん疑ってますけどほんと普通に休憩してもらうだけですからね?あまり疑われると私も悲しくなりますよ』

かぐや「それはすみません…」

不治ワラ『そもそも休憩時間用意しないとこちらの準備も間に合わないんですよ』

不治ワラ『皆さんが場所移動するたびゲームのステージも変わるでしょう?その都度関係者以外の先生・生徒が立ち入らないよう注意呼び掛けたりとか先生に時間割調整してもらったりとか、ゲーム終わった後のステージの見回りに先生・生徒の呼び戻し…他にも魔王軍メンバーの弁当の買い出しとか色々大変なんですからね。今もこうやって喋りながら連絡メール打ってるんですよ?』

柏木「いきなりそんな裏話暴露されても」

伊井野「激務だったんですね…」

眞妃「私達はそういう指示受けてなかったから知らなかったよ」

早坂(私は色々手伝わされましたよ…)


かぐや「まあ裏で色々してくれてるのは分かりましたよ…お疲れ様です」

早坂「つまり勇者パーティーは裏で魔王軍に支えられてたって事だね、書記ちゃん!☆」

不治ワラ『そうです!☆』

石上「それツッコんだ方がいいところですか?」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 11:52:26.44 ID:OArwriVJO
TG部部室

不治ワラ『到着で〜すっ!では皆さん食べるなり寝るなり騒ぐなり好きに休憩してください!!』

伊井野「カレーの匂いがする!」

小野寺「下の階に居る時から言ってたね」


不治ワラ『…あ、私もそろそろ休憩ですか?わかりましたー!じゃあマッキーセンハイお弁当くださーい………会長、すみません私の代わりに先生への連絡お願いしまーす!』


石上「ついに楽屋ネタ的な話も隠さなくなりましたね」

かぐや(そっちには会長が居るのね、うらやましい…)

早坂「そこにカレーと炊きたてご飯がありますよ、好きにとって食べてください」

かぐや「あら、本当ね。皆さんいただきましょうか」

柏木「良かった、出てくるのお菓子だけかと思ったよ」

早坂「ちなみにお米は戦いの前に私が炊きました」

かぐや「そうなの!?」

眞妃「ちょうどお腹空いてたのよね…わざわざあなた達が作ってくれたの?」


不治ワラ『それはですね、昨日の面白お菓子作りパーティーでメガ子先輩が作ったお菓子です!』

眞妃「え、お菓子!?」

石上「いやカレーじゃないすか」

不治ワラ『お菓子かと思ったらカレーだった!!ビックリー!!みたいな?面白いでしょう』

石上「いやだからただのカレーじゃないすか」


伊井野「でも美味しいですよこのカレー」モグモグ

石上「もう食べてる!」

小野寺「うん、確かに普通にうまいっすねこれ」モグモグ

かぐや「本当だわ…なんか悔しい…」モグモグ

石上「ツッコミどころだらけなのにツッコめない味だ…くそ…」プルプル

小野寺「そんなにツッコミたかったの?」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 13:06:36.69 ID:DCKTOYzuO
早坂「あと、この段ボールにお茶とかジュース入ってるので」ドサッ

石上「結構気が利いてますね、藤原先輩達も」

柏木「わざわざ買ってきてくれて…」

早坂「いえ、昨日の面白お菓子作りパーティーの余り物だと聞きました」

眞妃「また余り物!?」


不治ワラ『安心してください、どれも未開封なので!ちょっと昨日買いすぎてしまいまして〜』タハハ

かぐや「どれだけ飲んで遊ぶ気だったんですか?」



小野寺「石上、そろそろ伊井野に食べさせるの代わってもらっていい?」

石上「ん、おお」

伊井野「はやく」

石上「急かすなよ、どんだけ食いたいんだよ!」



柏木「何あれ、兄姉と甘えん坊な妹?」

眞妃「あー、そういう風に見えなくもないか」



早坂「…あれだけ分かりやすくなってるのに気付かない石上くんもなかなかのものですね」

かぐや「…気付かないでいいですよ、気付くと彼は変に迷いが出るかもしれません……私がした彼との約束は子安つばめを手に入れる事です」

早坂「…そうですか」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 13:07:03.34 ID:DCKTOYzuO
こうして、休憩時間は過ぎ………


伊井野「あー、お腹いっぱい!」

小野寺「なんて嬉しそうな顔」

石上(こいつ皆が食べ終わったあともまだガツガツ食ってやがった…)



不治ワラ『では皆さん、休憩時間は終了でーす!』

柏木「食器はどうすればいいの?」

不治ワラ『とりあえず置いておいてください、あとでマスメディア部が回収に来るので』

眞妃「ああ、カレン達が…」

石上「ごちそうさまでした先輩」

不治ワラ『いつもそうやって礼儀正しくしてくれたらいいんですがね、石上くんは!』

石上「それは普段のあんたが悪いです」

不治ワラ『酷いですねー』アハハハ

かぐや「いや石上くんの言う通りですよ、もう少し普段の言動には気を付けた方がいいです」

不治ワラ『かぐやさんまで!?』

早坂(かぐや様石上くんには優しいなぁ)

不治ワラ『うー…まあいいです。ゲームに戻りましょう。次で会えますしね』

かぐや「そうですか、ついに藤原さんも来るんですね』

不治ワラ『私だけではありません』フフフ

石上「次のステージは二階から屋上まで全体を使って…ですか」

眞妃「今までで一番規模がでかいじゃない」


不治ワラ『そう、ついにあなた達と我々TG魔王軍の総力戦!!』

不治ワラ『その名も、最後の戦い!生徒会・応援団を解放し会長と藤原を仲間に加え捕らわれたつばめ姫を助けろ鬼ごっこゲームです!!』


かぐや「長いです」

早坂「長いですね」

石上「もうちょい名前分かりやすくしてくださいよ」

不治ワラ『もっと盛り上がる反応してくださいよ!最後ですよ!!』
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 14:17:41.63 ID:DCKTOYzuO
眞妃「なによ、ただの鬼ごっこなら簡単そうじゃない」

不治ワラ『ノンノン、違うんですねーそれが』

不治ワラ『名前を短くするために鬼ごっこと言いましたが、正確には普通の鬼ごっこではありません』

石上「あれで短くしてたんですか…」

不治ワラ『まあ実際に会って説明した方がいいでしょう。まず指定の場所へ集合してください』

不治ワラ『他のメンバーや会長も待っていますよ』

石上「ついに会長とも会えるか」

かぐや「会長……やっと、うれしい………っ!///」

柏木「かぐやさん声に出てます周りにバレていいんですか」

早坂(私以外にもつっこんでくれる人が増えてくれて良かった)

眞妃「さ、長い道のりだったけどいよいよね…力を合わせて頑張りましょう皆!」

伊井野「はい!」

石上「ツンデレ先輩がリーダーっぽいこと言ってる」

柏木「一人で惚気てないで、かぐやさんがリーダーなんですからこれ」

かぐや「そ、そうでしたねっ」

かぐや「行きましょうか、皆さん…最後の戦いへ」


早坂「…かぐや様」ボソッ

かぐや「どうしたの?」

早坂「最後の戦いが終わって解散した後も…油断しないでください。私の杞憂ならいいのですが、生徒会室で1名挙動不審な動きをしていた子がいたんで」

かぐや「…?」

早坂「ま、今はゲームに集中しましょう。終わった後にでも思い出してください」ポンッ

かぐや「ええ、分かったわ」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 15:15:59.77 ID:E2HPEbu4O

そして、いよいよ決戦の地へーーー

ザッザッザッザッザッザッザッ…

石上「ここっすね」ピタッ

かぐや「ええ」

眞妃「前から誰か来るわよ!」

柏木「あれは…」


ザッザッザッ…


??「ふっふっふっ…待っていましたよ皆さん…」ザッ


伊井野「あ、藤…」
??「まだ言わないでください!」
伊井野「はいっ!」ビクッ


??「ずっとあなた達を導いてきた天の声……四天王・不治ワラ、その正体は………」ザッ



藤原「なんと私、藤原千花だったのです!!」ババーンっ


伊井野「ふ、藤原先輩だー」←言われた通り後から言った

小野寺「…」

石上「ええ、知ってました」

かぐや「むしろ藤原さんでなかったら誰なんですか」

藤原「演技でもビックリしてくださいよ!」

早坂「マジびっくりしたしー!☆」

かぐや「ガチ演技ね…」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 15:16:27.43 ID:E2HPEbu4O
眞妃「で、対戦ルールの説明をするんじゃないの?」

藤原「そうです、なので皆さんいい子に聞いていてくださいね!」

藤原「ルール説明の前にまずはこちらの数々のメンバーの紹介から!」


藤原「まずは私、藤原千花!!そしてー…っ」

側近メガ子!!
メガ子「やっと出番来たー」

魔王マッキーセンハイ!!
槇原「覚悟なさい、勇者達!」


囚われの騎士 白銀御行!!
白銀「ふっ、覚悟しろお前達!」←洗脳受けてる設定

石上「会長も敵なのか…」

かぐや「騎士……会長………私の騎士(ナイト)………///」プルプル

眞妃「おいっ」ペシッ
柏木「落ち着きなさい」ペシッ

早坂「いい連携です」ペシッ

リア充集団応援団団長 風野さん!!
風野「よっ、石上、小野寺!!」ビシッ←洗脳受けてる設定

石上「団長まで!?」

小野寺「うっす、団長」

1年影の支配者 大仏こばち!!
大仏「やっほー、ミコちゃん」

伊井野「こばちゃん!」
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/08(土) 21:25:40.29 ID:ewqwTuL1O
藤原「他にもゲーム中色々な人が現れますが、主なメンバーはこの辺りで!まあ自分達以外はだいたい敵だと思ってください!」


石上「自分達以外敵ですか。修羅の世界っすね」


槇原「次はルールの説明ね、教えてあげなさいあんた達!」

藤原「まず基本的な形は鬼ごっこです。私達が追いかけ、かぐやさん達
が逃げる………しかーし」

藤原「逃げるだけじゃクリアは出来ませんよ!皆さんは3つの勝利条件を満たさなくてはなりません!!」ビシッ

かぐや「3つの勝利条件…」

白銀「俺が説明しよう」ザッ

白銀「まず@…俺、藤原、風野先輩の洗脳を解くこと」

石上「あ、説明会長に変わった」

白銀「A…魔王の撃破」

白銀「そしてB!!」

藤原「つばめ姫の救出です!!」

白銀「あれ、台詞取られた!」

かぐや「それらの勝利条件はどのようにすれば『達成』となるのですか?会長」

早坂(この人、質問に乗じて会長に話し掛けた)

白銀「うむ、順番に説明していくから聞いてくれ四宮」

この時、白銀はかぐやとやっと話せる喜びから心の中でシャドーボクシングをかましていた

白銀「このゲームは鬼ごっこと言っても、俺達からタッチされたら一発退場というわけではない」

藤原「そうで…むぐっ!?」
柏木「今、会長さんが話しているでしょう?」ニコッ

かぐやに気を使って藤原を止めた

白銀「四宮達にはそれぞれ『ライフ』がある」

石上「ライフ…ゲームのHP的な奴ですか?」

白銀「そうだ。一人ライフを5ずつ持っている…一度タッチされたらこれを1消費する。0になればアウト…TG部部室送りだ」

眞妃「でもそれ覚えとくのが面倒じゃない?」

白銀「その通り、だが大丈夫だ」

メガ子「皆にはこの『ライフボール』を5個ずつ渡します。これで計算してください。タッチされたら1つ相手にこれを渡してくださいね」

藤原「そしてー…」バッ



藤原「ドーンだYO♪」


メガ子「ドーンだYO♪」


槇原「ドーンだYO♪」


かぐや「え、なにっ!?」ビクッ

藤原「私達TG部から『ドーンだYO♪』を食らうとライフを3消費します!」

石上「え、なにそれこわっ!?」

眞妃「二発喰らったらアウトじゃないの!」

藤原「そうです、ただし当たり判定は指先のみなので避けやすいとは思います!」

かぐや「どちらにしろ怖いわね…」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/09(日) 00:55:29.09 ID:iOc03GIsO
石上「質問いいっすか?魔王軍側の人達にもライフはあるんですか?」

藤原「いい質問です。先程紹介したメンバーにはありますよ!魔王はライフ5、その他の人達は3です」

藤原「ただし…普通にタッチするだけでは我々魔王軍に攻撃を加えることはできません!」

伊井野「えっと…じゃあ攻撃する手段は無いんですか?」

小野寺「そんなはずはないっしょ。勝利条件に魔王の撃破があるし」

藤原「そう、魔王軍にダメージを与える手段は3つだけあります!」

藤原「まず@、私の使うドーンだYO♪(ただしダメージは1)」

白銀「A自分のライフボールを投げ当てる!ただし当たっても外れて奪われてもライフは減る!」

メガ子「これは私達も出来るから注意してね」

白銀「そしてB、勇者のハリセンを使う!!」

かぐや「勇者のハリセン…!?」

早坂「酷いネーミング…」

藤原「勇者のハリセンはステージのどこかに3つ隠されている最強のアイテムです!これを探しだせば攻略はうんと楽になるでしょう!」

藤原「その他にも役立つアイテムをいくつか隠しています…探してみるといいかもしれませんね」


槇原「あーそれと伊井野ちゃん。君には特別ハンデルールがあるわ」

伊井野「え?」

藤原「ミコちゃんが階段を上っている時のみ、魔王軍のメンバーは階段に入れません」

伊井野「い…いいんですか?そんなの…」

槇原「いいのよ、腕を怪我してるんだから」
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/09(日) 10:33:56.89 ID:t2efwol8O
石上「三人の洗脳はどうやったら解けるんですか?自分達で考えろ方式ですか?」

白銀「うむ、分かった説明しよう」

藤原「ではまずこの会長ですが!」
白銀(また説明役取られた…)

藤原「会長は魔王軍に拉致・監禁された後、私によってみっちりと洗脳教育が施されてしまいました」

かぐや(…は?私の会長を勝手に誘拐した挙げ句みっちりと洗脳教育ですって?何を言ってるの、この性悪ヘンテコリボン女…他人の男に平然と手を出すほど落ちぶれた人だとは思わなかった…)

早坂(またこの人は…)

かぐや(覚悟しなさい、私の彼氏に手を出したこと、後悔させてやるわ)

藤原「そして、この洗脳を受けた会長は勇者かぐやさんのみを狙います!」

かぐや「え?」

藤原「会長はひたすらかぐやさんのみを狙うんです!覚悟していてくださいね!」

かぐや(私…だけを?それってつまり……)

ーーー
妄想

ザザアァァーン…
ザザアァァーン…

白銀「ほ〜ら、まてよ四宮〜〜〜っ」アハハハハハ

かぐや「会長ー、私はこっちですよ〜〜〜っ」ウフフフフフ

タッタッタッ…

ーーー

かぐや(やだ、素敵…ロマンティック…!//)キュンッ

かぐや(藤原さん…あなたよくわかってるじゃない、もう本当気遣い上手のいい子なんだから。一生大親友よ!)

早坂「かぐや様、あなたの考えてる内容は知りませんが表情の移り変わりでなんとなく分かるので言っておきます。アホですか?」

白銀(ふ…俺がこのゲームへの参加を了承したのもこれを聞いていたからだ。これなら…)

白銀(四宮とあんな風に(かぐやの妄想参照)イチャイチャラブラブできる!周りから怪しまれずに!!)グッ

二人は同じような思考をしていた
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/09(日) 10:34:28.41 ID:t2efwol8O
藤原「で、会長のおでこに『魔』シールを貼っておきます」ペタッ

かぐや(えっ、ちょっとやめなさいそんなの貼るの!せっかくの会長が台無しじゃない!)

柏木(こんなコロコロ表情変わるのによく周りにバレないよな本当…)

藤原「これを風野先輩と、私のおでこにも貼りつけておきます』ペタッ ペタッ

眞妃「あんたが付けたとこおでこというかリボンよね」

小野寺「わっ、シール付けた団長可愛い!」

石上「え、可愛いのあれ?」

小野寺「可愛いっしょ」

伊井野「ちょっとよくわからない」


かぐや(可愛い…?あんなヘンテコシールを付けた人が?小野寺さんいい子なのだけれどちょっとセンスがずれてるのよね)

小野寺「シール付けた会長さんも可愛いくない?」


かぐや(え、会長も…?)

かぐや(そ、そう言われてみれば、おかしなシールを貼り付けたヤンチャな男の子って感じで可愛いかも…っ)

かぐやはだいぶ思考が変になっていた

藤原「彼等と私の洗脳を解く方法は、普通にライフを0にするか………勇者のハリセンをこの『魔』シールに一発食らわせる事です!」

早坂「なるほど、つまりアホなシール付けた人達をツッコミで元に戻せって事だね、書記ちゃん!」

かぐや「アホなシールて!」

藤原「そして最後の条件…つばめ姫の救出ですが」

藤原「これは一切ノーヒント!つばめ先輩がどこでどう待っているのかは自分達で考えてくださいね!」

石上「…!」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/09(日) 10:55:18.53 ID:t2efwol8O
槇原「そろそろ説明はいいわね」

藤原「はい、後は最後に特別ゲストのご紹介!」

白銀「特別ゲスト?」


藤原「中等部から来ていただいた白銀圭ちゃんです」


圭「あ…どうも、皆さんよろしくお願いします」ペコッ


白銀「圭ちゃん!?」

圭「なんだ、お兄もいたのか…」(小声)

白銀「え、なにその反応」


柏木「白銀って…白銀会長の妹さん?」

眞妃「うわ、可愛い」


藤原「圭ちゃんも魔王軍のメンバーとして参加し皆さんを狙いますが、あなた達が圭ちゃんへ攻撃することは許されません!」

石上「なるほど、中等部の子だからハンデですか」


藤原「違います、理由は可愛いからです!!!」


石上(くっ、何か言い返せない)

柏木「…あの子にならタッチされてもいいかも」

眞妃「渚?」

かぐや(え、圭まで?圭まで来たの?なにそれ最高じゃない!)ガタガタ

かぐや(会長と圭から挟み撃ちにされたい!)

早坂「かぐや様…」


メガ子「…というわけで、長くなったけどこれにて説明とメンバー紹介はおしまいです」

槇原「最初に5分あげる、その間に作戦でも立てて逃げたり隠れたり待ち伏せたり、好きにするといいわ」

藤原「さあ…いよいよ始めますよ、最終決戦!!」


石上(つばめ先輩は僕が見つける…!)

かぐや(会長とは私がイチャイチャ遊ぶ!)

かぐや「皆さん、気を引きしめて行きますよ」キリッ


最終決戦、スタート!!
308.74 KB Speed:2.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)