京極真「自分は高校生空手家、京極真」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:01:13.57 ID:qzgJ7R3I0
ある日、愛する園子さんと遊園地に遊びに行くと…

黒づくめの男の怪しい取引現場を目撃してしいました。

ただならぬ雰囲気を感じた自分は、園子さんを待たせ彼らの動向を監視することにしました。

取引をこっそりみていると、背後から彼らの仲間が忍び寄ってきたので…






ギリギリまで引き付け、裏拳を浴びせました。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1582066873
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:06:29.59 ID:qzgJ7R3I0
その一撃で、その長髪の男は倒れた。

するとさっきまで取引をしていた仲間が「よくもアニキを!」と銃を向けてきました。

自分はそこから放たれた銃弾をギリギリのところでかわし、奴の顔面に正拳突きを食らわせました。


男のサングラスは割れ、崩れ落ちました。


その後、警察に連絡しようと園子さんの元に戻ってみると…




彼女はいなくなっていた。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:08:34.37 ID:qzgJ7R3I0
きっとさっきの奴らの仲間にさらわれたのだろうと、自分は直観しました。

その時、自分の中に抑えようのない怒りが生まれました。



自分は園子さんの匂いを辿り、奴らのアジトへと乗り込みました。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:12:37.76 ID:qzgJ7R3I0
その後の事は、よく覚えていません。

ただ向かってくる黒づくめの輩を、ちぎっては投げちぎっては投げ…


遂に囚われている園子さんを助け出しました。

自分は怖い目に合わせてしまってすまないと何度も謝りました。

園子さんは泣きながらそれを許してくれました。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:17:46.56 ID:qzgJ7R3I0
その後、自分が通報した警察がやってきて、黒づくめの連中は逮捕されました。

詳しいことは教えられませんでしたが、彼らは裏で違法な取引や実験、暗殺等をやっていたようです。

他にもボスが死んだとか、幹部の数人が行方不明だとかが聞こえてきましたが、自分には関係ないことです。



園子さんさえ無事なら…
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:22:19.53 ID:qzgJ7R3I0
それからしばらくして、ある男が自分を訪ねてきました。

その名は高校生探偵、工藤新一。

数々の事件を解決していた有名人でしたが、最近姿をくらませていたそうです。

彼は「ちょっと悔しいけど、ありがとな」と自分に礼を言ってきました。

自分には何のことだかわかりませんでしたが、彼の彼女であり園子さんの親友である蘭さんも、泣きながらお礼を言ってきたので、自分も笑顔で受け入れました。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:27:10.87 ID:qzgJ7R3I0
ある日、公園で寂しそうにしている子供たちを見つけました。

何故か放っておけなかったので、訳を聞いてみると、最近彼らの友達が2人も、事情も告げずにいなくなってしまったそうです。

それは例の事件の直後だったそうです。



しかし数日後、その子供たちは1人の女性笑顔で遊んでいました。

何でもその友達の1人とその女性が似ていたとか…

その女性も、何故か自分にお礼を言ってきました。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:31:01.78 ID:qzgJ7R3I0
ある日、園子さんとの待ち合わせで喫茶ポアロにやってくると…

そこの男性従業員が、自分に鋭い視線を向けているのを感じました。

そして常連と思われる、黒のニット帽を被った男からも…


自分はついこう言ってしまいました。



「自分に言いたいことがあるなら聞きましょう、空手の試合会場でね」


彼等と拳を交える日も、近いかもしれません。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:34:06.24 ID:qzgJ7R3I0
〜そして現代、とある美術館〜

園子「ごめんなさい真さん、おじさまがまたキッド様に挑戦しちゃって…」

京極「いえ、自分は構いませんよ」

園子「それにしても寒いわね〜コーヒー買ってくるね」

京極「はい」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:36:57.38 ID:qzgJ7R3I0
〜自販機前〜

園子「よし、早く真さんのところに戻らなきゃ…」ブルッ

園子「ふぁ…ファーーーーーークションッ」


チャポン


園子「うう寒っ!早く戻ろう…」



園子「あれ?そういえばあいつらに捕まってる時、証拠になるかとチョロまかした薬っぽいやつどこやったっけ…」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:40:13.45 ID:qzgJ7R3I0
園子「はい真さん、コーヒー」

京極「ありがとうございます」グイッ



京極「さて園子さん、ここは自分にまかせてください」

園子「はーい」


バタン


京極「うっ、頭が…」ズキッ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:43:31.83 ID:qzgJ7R3I0
〜キッド登場〜

怪盗キッド「さーて、今宵の防犯システムさんの様子はと…」


??「きたなかいとうきっど!そのこさんのためにもここはとおさん!」グッ

キッド「おいおい何だよこのガキは」

キッド「ま、まさか…マジかよ」


空手少年マコト、始まりの物語…


〜おわり〜
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 08:44:52.99 ID:qzgJ7R3I0
これで終わりです

この漫画は京極さんの本格参戦で終わる気がする。

コナン君はまだ「園子に惚れた変わり者」としか思ってなさそうなのが…
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/02/19(水) 09:59:31.11 ID:qzgJ7R3I0
〜ちょっとしたおまけ〜

〜その日の毛利探偵事務者の朝〜

コナン「おはよー」

蘭「おはようコナン君、ご飯できてるわよ」

コナン「はーい」


ニュースキャスター『という訳で、黒づくめの集団が逮捕されました』


小五郎「ふーん、いかにも悪の集団って感じの奴らだな」

コナン「ブーッ!!!」

蘭「コナン君!?」

小五郎「どうしたんだよボウズ…」


〜本当におしまい〜
6.06 KB Speed:0.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)