【モバマス】秋田美人とバレンタイン

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:37:59.54 ID:GHk7TB/s0
デレステSSです。十数レスで終わります。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1582295879
2 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:40:03.00 ID:GHk7TB/s0
?「はぁっ、ふぅ……すっかり遅くなっちまって……Pさんまだ居るかな?」タッタッタ

?「あっ、事務所の電気まだ点いてる。えがったー間に合ったみてぇで」

?「うぅ、緊張で心臓が……。部屋さ入る前に深呼吸……大丈夫、大丈夫。……よし!」

?「お、お疲れ様ですー」ガチャ

モバP「ん?お疲れ……って沙織じゃないか。どうしたんだ?こんな時間に」

奥山沙織「えーと、びゃっこ用事が……ちひろさんは居ねんですか?」

P「夕方には上がってったよ。ちひろさんに用事だったのか?」

沙織「そうじゃないですけども、その、えへへ」
3 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:41:43.14 ID:GHk7TB/s0
P「???よく判らんけど、用事が済んだら呼んでな。外もう真っ暗だし、帰りは送っていくから」

沙織「いやあ、そんな申し訳ねえ……じゃなくて、その……Pさん!」

P「は、はい!?」

沙織「こっこここここれ、受け取って下せえ!」

P「なんだこれ、袋?ラッピングも綺麗にしてあって、って、ああ!」

沙織「ちょっと遅れだども、今年のバレンタインチョコです」

P「オフだったのにわざわざ買ってきてくれたのか。ありがとう」
4 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:43:10.93 ID:GHk7TB/s0
沙織「なんたげ早く渡したくて。ほんとは14日に渡したがったども……」

P「昨日までバレンタインイベントで秋田にいたもんな。いや、当日じゃなくても貰えただけで嬉しいよ。早速食べてもいいか?」

沙織「ひえぇ、今ですかぁ!?」

P「折角持ってきてくれたからな。丁度脳みそが甘いものを欲しがってたところだったし」

沙織「あいー、そいならお茶っこ淹れてきます」

P「いやいやそれくらい自分でやるよ。外寒かっただろ?ストーブのとこ座ってな」

沙織「仕事でお疲れのPさんこそ座ってで下せぇ。すぐ淹れで来ますから」タタタ

P「あっおい……なんだ?今日は妙に押しが強いな」

5 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:45:49.65 ID:GHk7TB/s0
 ***


沙織「ささPさん、お茶っこさ入りましたよ」

P「ありがとう。お茶からチョコまで全部用意して貰っちゃって悪いな」

沙織「とんでもね、わだすがやりだくてやったんです。Pさんは気にせず食べて下せぇ」

P「はは、じゃあ遠慮なくいただくよ」ガサゴソ

P「ん?こいつは……おはぎ?」

沙織「ええ、お口に合ったらええんですけど」

P「沙織らしいチョイスだな。それじゃいただきます」
6 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:47:39.24 ID:GHk7TB/s0
P「んん!?」

沙織「ど、どうですか?餡子さチョコ餡を使ったチョコおはぎなんだども」

P「うん、まさかの味で驚いたけど旨いよ。お、中にきな粉も入ってるのか、いやこりゃマジで旨い」モグモグ

沙織「ほ、ほんとですか?いやーえがったぁー、緊張したぁ」ヘナヘナ

P「今年はどうかしたのか?毎年普通に渡してくれてただろ」

沙織「実はそれ、手作りなんです」

P「へ?」

沙織「響子ちゃんとかな子ちゃんに手伝って貰ったんです。どんなチョコ作るがどが、ラッピングのごども一緒に考えでぐれで」

P「最近たまに3人でいるのを見かけると思ったらそういう事か。全然気づかなかったよ。二人からも当日貰ったけどそんな話してくれなかったし」

沙織「Pさんには勿論、他の皆にも内緒でこっそり練習してました。お陰でPさんにも喜んでもらえて、お二人には感謝してもしきれねぇ」

P「成る程、様子がおかしかったのはそういうことだったんだな」
7 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:50:18.08 ID:GHk7TB/s0
沙織「いやもう緊張したのなんのって。もしPさんのお口に合わなかったらどうしようどが部屋の前で思っちまって、いっそこのまま帰ろうがってまごまごして」

P「それでもこうやって渡してくれただろ?沙織のそういう行動力、俺はすごいと思うぞ」

沙織「そんなことねぇです。今だってまだ心臓がバクバク言ってて。顔もリンゴみてぇに真っ赤さなっちまってます」

P「あっはっは、確かに真っ赤だ。その初々しい感じ、出会ったばかりの頃を思い出したよ」

沙織「わわ、昔の事はしょしいがら言わねぇでくれるど……」

P「はじめは沙織も東京に来たばっかりでさ、アイドル云々の前に都会の色んなことにびっくりしてたよな」

沙織「は、はい。都会は空気がら何もがも違ってで、周りの女の子も皆お洒落で綺麗で、わだすが一番地味じゃねがって思ってました」

P「昔はもっと方言きつかったしな。それがどんどんアイドルとして色んな仕事していってさ、今やファッションショーであんなかっこいい役までできるようになった」
8 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:52:14.21 ID:GHk7TB/s0
沙織「未だに夢みたいです。まさかわだすがあんなごどまでできるなんて」

P「夢なんかじゃないさ。沙織が色んな努力をして勝ち取った場所だ」

P「それで今度は久しぶりの秋田での仕事だ。どうだった?長期オフの度に帰省してたけど、仕事で向こうに行くのは久しぶりだっただろ」

沙織「がりっとやれたと思います。スタッフの皆さんも優しくして下さって」

沙織「それに生まれ育った村じゃなくても同じあったがさがあって、そういうのに触れてたらいつもより緊張もなんもなぐなってました」

P「遠出だったのに付いててやれなくてすまなかったな。それとイベントの主催者から大喜びの連絡が来てたぞ。沙織に出て貰ったお陰で大成功だった、また何かあったら頼むってさ」

沙織「あいー、そいならえがったー!わだすも故郷でアイドルのお仕事がもっかいできて、しったげん楽しかったです」

P「うんうん。こうやって向こうでの活動が増やせたらそう遠くはないかもな、秋田のPR観光大使」ズズズ
9 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:55:07.54 ID:GHk7TB/s0
P「ふう、ごちそうさま」

沙織「……Pさん、それで、あの、なんで今年は手作りのチョコさ用意したかって言うとですね……」

P「なんだ?」

沙織「……」

P「?」

沙織「……」カアア

P「まさk」沙織「あ、ありがとうございます!」ペコリ

P「うん?」
10 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:56:36.45 ID:GHk7TB/s0
沙織「いやあ、いつかのライブの時も言いましたども、あれから色んなお仕事とか新しい経験させて貰って、そんで改めてお礼を、と思ったので」

P「あ、ああ。だから手作りか」

沙織「んだす。これでPさんへの日ごろの感謝をさっとでもでぎだらっと思って……」

P「とんでもない。感謝してるのは俺のほうだよ。東京まで来てくれて、アイドルになってくれてありがとう。こうやって楽しく沙織と話していられるのは沙織が勇気を出してここまで来てくれたお陰だ」

沙織「Pさん……」

P「それとさ、こんなとこで感謝してたらこの先身が保たないぞ?」

沙織「へ?」

P「これからも沙織にはガンガンレッスンに励んで貰って、色んな仕事を経験して、色んなところでライブに出て、秋田と言えば奥山沙織、奥山沙織といえば秋田、って言われるくらいのアイドルになってもらう予定だからな!」
11 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:58:13.70 ID:GHk7TB/s0
沙織「ぴ、Pさんってば……分かりました!どんなレッスンでもがりっとこなします!どんなお仕事でもでらっと任せで下せぇ!そいで目指すは秋田一の、日本一のアイドル、です!これまでのわだすよりももっとキラキラして、Pさんの期待に絶対応えてみせます!見ててくださいね、Pさん!」

P「よし、その意気で明日からも頑張るか。送っていくから荷物まとめてくれ」

沙織「すぐ用意するっけ、さっと待ってて下せぇ」

沙織「……ほんとの気持ちさ伝えるのはよいんでねなぁ。しょしくてしょうがね」

P「なんか言ったか?」

沙織「な、ななななんも!」

P「?まあいいか」
12 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/21(金) 23:59:08.81 ID:GHk7TB/s0



P「……」



P(……よし!今日も沙織はかわいいな!!!)グッ

終わり
13 : ◆/m2MIMrIaE [saga]:2020/02/22(土) 00:02:09.94 ID:c1896xRl0
と言うわけで奥山沙織ちゃんのSSでした。こんな可愛い奥山沙織に総選挙での清き一票をよろしくお願いします!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/22(土) 17:06:29.21 ID:c350uR87o
乙まぁまぁ眼鏡どうぞ
7.74 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)