【シャニマス】恋鐘「実使用用、保存用、観賞用、布教用、自慢用?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆f1tFKtbZna.K [sage]:2020/02/25(火) 17:35:22.45 ID:eXnw98wDO
―事務所に集まった五人の男女

結華「ねぇ……みんなも同じ事考えていたんだよね……」

咲耶「あぁ……恋鐘を思ってだな……」

摩美々「まさかー、プロデューサーまでとはー」

シャニP「す……すまん……てっきり……」

霧子「ど……どうしよう……」

―そこには





―アンティーカのもう一人のメンバーの誕生日プレゼントが……

―同じモノが五セット分並んでいた……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1582619722
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 17:36:27.85 ID:eXnw98wDO
こがたん誕生日記念SSです

軽く読めますので、お付き合いを
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 17:43:32.42 ID:eXnw98wDO
―それは数日前のことだった

結華「ねぇ、もうすぐこがたんの誕生日だけど、何か用意してある?」

咲耶「いや。たしか……去年はフライパンとかのセットだったからね」

摩美々「あんな重いのもうやだー」

霧子「ま、摩美々ちゃん!」

結華「Pたんは何か考えてある……といっても、一日前にチョコの誕生日だから、先にそっち?」

P「いや、チョコのはもう準備してある。みんなとお菓子を作るセットを一揃えで買ったからな」

咲耶「ははっ、去年の恋鐘を真似たね」

摩美々「ずるはいけないんだー」

霧子「でも……すごく喜びそう…だね」

結華「うーん、実物の方がいい気がするんだけどなー」

P「もちろん、そっちも抜かりない。夏葉に頼んでチョコフォンデュのセットを借りれることになってるからな」

摩美々「うわー、あまあまー?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 17:47:33.37 ID:eXnw98wDO
―結局纏まらず……



咲耶「やぁ、恋鐘。最近、料理の方はやってるかな?」

恋鐘「当然たい!ばーりばり腕もあがっとーよ!今度また披露するたい」

咲耶「それは楽しみだな」

恋鐘「あ……けど、事務所にあるお皿とかが少し欠けたりしてんな。もっとよか皿があると嬉しいばい!」

咲耶「ほぅ……」



――――――壁

結華、摩美々、霧子、P「なるほど……お皿ね」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 17:51:43.77 ID:eXnw98wDO
恋鐘「どうせ事務所に置くなら、高級感あふれるのがいいたい!」

咲耶「なるほど、日本人らしく目で料理を味わうのに、食器のその一部というわけか」

恋鐘「そうたい!例えばこんなのが欲しいたい」

つ【雑誌の見開き】

咲耶「へぇ……参考になるね」チラチラ

恋鐘「よーし、来月の給料日にも見てくるたい!」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 17:56:41.54 ID:eXnw98wDO
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ホワンホワン

結華「で、みんなして誰が何を買うか相談しなかった結果がこれか……」

咲耶「すまない……せめてそういった場を設ければ」

P「いや、そういう時に、プロデューサーである俺が声をかけていれば」

摩美々「ほんとー、しっかりしてよねー」

霧子「摩美々ちゃん!……あ、ぷ、プロデューサーさんは……その……気にしないで……」

P「ははっ、いつも『楽しく話せたな』で済ましてきたのが仇になったな……」

結華「ふぇぇ……どうしよう」



ガチャ

恋鐘「おっはよーさん!!」

「って……この大量の皿は、どげんしたばい!?」



霧子「じ、実は……」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 18:32:50.68 ID:eXnw98wDO
恋鐘「うちの……ヒック……うちの誕生日の為に……ヒック……うちは幸せものたい!」ビェェェン

摩美々「うわぁー、収拾がつかなくなってきたー」

P「落ち着け、恋鐘。これはそのあれだ……」

恋鐘「ん……」ウックウック

P「実使用用、保存用、観賞用、布教用、自慢用と考えるんだ!」

結華「」ズコー

結華「ちょいとPたん!いくらこがたんで「それならいいたい!」



結華「は?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 18:36:11.90 ID:eXnw98wDO
恋鐘「実際に事務所でみんなに出す時に使う分!」

恋鐘「うちの部屋に飾っておいて楽しむ分!」

恋鐘「何かの機会に、うち達の絆の証拠と自慢する分!」

恋鐘「ほかにもいっぱーい、活用するたいっ!!」



咲耶「ははっ、結果おーらいみたいだな」

霧子「よかった……です」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 19:06:09.98 ID:eXnw98wDO
恋鐘「じゃあ、さっそく使わせてもらうばい!」カチャカチャ

咲耶「使うって……もしかして」

恋鐘「そうばい!いてもたってもいられなくなったたい!」パチッ!シュゴ

摩美々「あー、もうこうなったらとまらないよー」

P「そうだな。なら、パーティーの準備をするか」

結華「んじゃ、ケーキ持ってくるね!」

咲耶「飲物は任せてくれ」

摩美々「がんばれー」ゴロン



霧子「摩美々ちゃん!!」ユサユサ



―この後、みんなでパーティーを楽しみました
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 19:14:26.24 ID:eXnw98wDO
―数十年

恋鐘娘「それじゃあ、行ってきます」

恋鐘「ちょい待つばい!」

カチャカチャ

恋鐘「これ……持って行くばい」

恋鐘娘「これって……お母さんがアイドルだった時の……!?」

恋鐘「よかばい……この時の為に取って置いた『保存用』たい!」

恋鐘娘「お母さん……うんっ!」



恋鐘娘「必ず……幸せになるからね!」

恋鐘「当然たい!うちの娘なら……うん」ニコッ



―お幸せに……

おしまい
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/02/25(火) 19:15:26.55 ID:eXnw98wDO
こがたんの娘さんも、胸部装甲がすごそうだと思います

では、ありがとうございました
5.73 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)