【安価】無限に続く異次元構造物を探索する

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/03/29(日) 11:51:15.25 ID:r89SSFA80
このダンジョンに入ってからどれだけの時が過ぎたろうか。時の感覚は既に無く、もう何百年も彷徨っているような気すらした。

外の景色はとうに忘れ、置いてきた家族の名すら思い出せない。


ダンジョンが現れた頃、最初は数々の組織が調査隊を送り込んだ。次に自称冒険家たちが入り込んでいった。そして最後にいつまでたっても出てこない人々を助けるために救助隊が結成された。

そう、誰一人として"ダンジョン"から出てこなかったのだ。

自分もその救助隊の一員だった。だがこの不可思議な構造物は一人、また一人と仲間を分断し、無線すらも通じず、気づいた時には救助隊だった自分はただの遭難者の一人となっていた


男「E-167-Aか」


壁に雑に取り付けられたプレートにそう彫ってある文字を読む。この文字すらも何のために取り付けられたのか分かっていない。数字が階層なのかどうかすら

だが一応他の探索者と出会った時の情報交換には使える


男「このフロアでは何があるんだろうな…」


独り言を呟く。そうでもしなければ言葉を忘れてしまいそうだから


ゴウン、ゴウン、ゴウン


何かの機械の駆動音が鳴り響く。このフロアは床も壁も鉄で出来ており、工場を髣髴とさせる配管やダクト、パイプ等が四方八方に張り巡らされている。

一つ、透明なパイプを見つける。その中には肉のようなものが運ばれている。

@透明なパイプを伝って運ばれる先に行ってみる
A逆に伝って運ばれてくる元に行ってみる
B特に気にせずまっすぐ進む

>>2

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1585450274
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 11:56:19.37 ID:sis1jTMS0
1
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 12:12:08.81 ID:r89SSFA80
もしかしたら食糧を手に入れられるかもしれない。このパイプを伝って行ってみよう。

ペタ、ペタ、ペタ…と何かが歩く音が聞こえてくる


男「人が…いるのか?」


いや、C-144-Gのことを思い出すと…危険かもしれない

リュックから鉄パイプを取り出す。この狭い通路で"あれ"をぶっ放すわけにはいけないからな…


「ぁ…あ…ぁあ…」


男「くそ、やっぱりか!」


子供が適当に粘土をこねたかのような人の出来損ないみたいな形の怪物がこっちにやってくる。ただしその素材は粘土ではなく赤黒く脈打つ肉塊だ


@先手必勝で殴りかかる
A様子を見る

>>4
4 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 12:18:06.67 ID:r89SSFA80
age忘れ&酉テス
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 12:36:33.94 ID:zy0K86LD0
1
6 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 12:59:45.08 ID:r89SSFA80
男「ふんっ!」ボスッ


先手必勝で殴り掛かる。鉄パイプが肉に食い込み、血が滲む。だがその手ごたえはぬいぐるみを殴るのに似ていた。どこまでも弾力のある柔らかさがあり、骨に到達しない


男「…骨が無いのか」


「ギ…ギギ、ぁ…あ…」


口、というかただの歪んだ穴からうめき声をあげつつそのまま歩き出す、だが殴られたことすら気が付いていないのかこちらには目もくれず(目も無いが)俺が来た方向へ歩いて行った


男「無害だったか…」


安堵する
7 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 13:16:16.50 ID:r89SSFA80
―――――
―――

その後肉塊人と何度もすれ違う。その全てが無害で意思疎通不能だった。


男「これは…」


やがて大きな部屋に辿り着く。ここまで辿ってきた透明なパイプはこの部屋にある巨大な機械に繋がり、そこに謎の肉を搬入していた。

ゴウン、ゴウン、ゴウン

先ほどから聞こえてきた駆動音はこの巨大な機械から発せられていた。手を触れると激しく震えており、中で何かの処理が行われていることを表していた

シュゴォォオオ

上部についている排煙管が煙を吐き出すと共に前面部についている開口部が開き、ここまで見てきた肉塊人が沢山這い出てくる


男「これが作っていたのか…」


何のために作られたのか分からない装置は今までにでもいくらでも見てきた


男「その中でも特に悪趣味なものだな」


既に誰か来ていたのかメモ書きが置いてあった。

「食用に適さず。悪いことは言わないからやめておけ、腹の中でも蠢いていて気持ちわりぃ」


男「…」


この部屋はいくつか通路が繋がっている。そのうち二つは下と上に繋がる階段が見える。


@肉塊人精製装置を破壊する
A上の階に行く
B下の階に行く
C階段の無い通路を行く

>>8
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 13:21:39.22 ID:pqpT3Peao
4
9 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 14:58:58.85 ID:r89SSFA80
もう少しこのフロアを探索しよう。


肉塊人精製機を無視して伸びている通路の内の一つを進む

いくつもの細いパイプがその通路に伸びている。やがてパイプは天井から床に降り、足場も無いほどに埋め尽くす。

しょうがなくパイプを踏みつけながら歩き続ける


パイプはブヨブヨと弾力を持っていて中々に気持ち悪い踏み心地だ


男「お」


壁に張ってあるパイプの途中に蛇口がついている


男「メモは…無いな」

このダンジョンには色々なものがある。罠もあれば有用なものもある。飲み水もあれば触れただけで大変なことになる液体もある

@蛇口をひねる
Aやめておく

>>10
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 15:02:38.24 ID:+d0O6lLM0
2
11 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 16:02:46.35 ID:r89SSFA80
やめておこう。前の階層で手に入れた飲料水がまだ残っている。急でも無い限り不確定なものには触れない方がいい
―――――
―――

男「E-167-B」


どうやらここからは別ブロックのようだ

一先ずメモに纏めておこう
12 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 16:06:54.90 ID:r89SSFA80
メモ

E-167-A

機械と配管がそこらじゅうに張り巡らされている工場のようなフロア

肉の塊みたいな人型がそこら辺を歩き回っているが無害、バラしても食えない(らしい)


どこからか肉塊を運んでくるパイプがあり、歩き回る人型に変える謎の機械に繋がっている

居住スペースは見つからず

蛇口はあったが飲料水かどうかは不明
13 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 17:14:44.40 ID:r89SSFA80
このフロアも変わらず鉄と配管で構成されている。もしかしたらこの階層全てこうなのかもしれない

プシュー、シュー


そこら辺の配管からすごい勢いで気体が噴き出している。毒ガスかもしれない。出来るだけ早く抜けた方が良さそうだ

布で口を覆い、早足で抜ける


やがていくつもの通路が合流する場所に辿り着く。先は一本の太い通路になっている。


コンマ安価
01-25:地図屋に遭遇
26-50:探索者に遭遇
51-75:屑拾いに遭遇
76-99:人外に遭遇
コンマ00で上の四つから自由選択可能になった上で再安価

>>14


メモ
地図屋:ダンジョン内をマッピングして地図を描いている者。物々交換、もしくは情報交換で地図を描き写させてくれる
探索者:自分と同じように出口もしくはどこかにあるとされる"ゴール"を探す者。ゴールに関しては都市伝説でしかなく、無限の財宝だの異次元の知識だの願いを叶えてくれるだの諸説あり
屑拾い:ダンジョン内で拾ったものを売り買いし、または拾い続けるために歩き続けている者
人外:有害なのもいれば無害なのもむしろ有益なのもいる。意思疎通できる物もいるらしいが
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 17:16:00.98 ID:9mpKXmM2o
支援
15 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 17:33:08.58 ID:r89SSFA80
「あ…ぁ、あ…ぃ……ぁ」


またさっきの肉塊人か。あまり見た目に違いは無い

@無害だし無視
A一応注意しつつそいつが来た道へ
B注意しつつそいつが来た道とは別の道へ
C自由行動安価

>>16


メモ

座標
「A-001-B」といった書式に書いてあるプレートがどの階層、どのブロックにも付いている。同ブロックに複数ついているところもある。

真ん中の数字は階層と思われるが階段一つ上がっただけで30ほど数が増えたり上に上がったのに数字が減ったりと定まった法則は見られないが階段を上り下りしない限り変わらない

後ろのアルファベットはブロックごとに振り分けられていると思われる。同じ階層にいくつブロックがあるかも不定、1ブロックの広さも定まっていない

一番最初のアルファベットについては完全に不明
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 17:40:55.21 ID:pqpT3Peao
2
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 18:40:55.69 ID:q2mPpUT50
アルファベット-三桁の数字-アルファベットで区分けされてるってことは
最大でも(26*1000*26)=676000ブロックしかないってことやな
一日一ブロック調べてれば、大体二千年ぐらいで全ブロック回れるな
18 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 18:49:18.54 ID:r89SSFA80
肉塊人の挙動に細心の注意を払いつつ横をすり抜けてそいつが来た道を行こうと


「キィィェエエエエエエエエエ!!!」


男「がっ、ぁっっ」


近づいた途端何の前触れも無く甲高い声で吼えやがった!激しい耳鳴りと頭痛が襲う

くそっ、油断した。音で攻撃してくるなんて


@鉄パイプで撃退を試みる
Aとりあえず撤退、一目散に逃げる
B距離を取る
C行動自由安価

>>19
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 18:52:22.15 ID:3ef/KRGho
3
20 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 19:44:08.21 ID:r89SSFA80
フラフラしながらも一旦距離を取る。耳鳴りが引きかけ…

たと思いきやそいつがまた口を開ける

耳を塞いで備えると同時にまた大音量の奇声が発せられる


男「っるっせえんだよぉ!」


両手で耳を塞いだままそいつを蹴りつける。先ほどの骨の無い肉を叩く感触と共に壁に叩きつける


男「これでも食らってろ!」


適当なものを口にあたる穴に詰め込み、全身を鉄パイプで殴打し続ける


「」ピク、ピク

男「はぁ、はぁ…」


とりあえず動かなくなるまで殴り続けてから離れる。どうやらもう大丈夫そうだ


@このままそいつが来た道を行く
A別の道にする

>>21
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 19:50:53.44 ID:160QuoTVo
2
22 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 22:56:55.31 ID:r89SSFA80
こっちは危険かもしれない。別の道を行こう


プシュゥウウウ!


男「ぅわっ」


別の道に入ったらいきなり上下左右から風を浴びせられた。だがそれ以上は無い、一応は安全そうか


少し進むと地面を埋め尽くしていたパイプが壁や地面の中に潜っていき、やがて一本残らず見えなくなる

床は金網になっており、下からヒュゴォォオオと風が吹き上げてくる

カン、カン、カン、カン

靴音が響く、鉄と空洞、下から吹き荒ぶ風

ザ、ザザ…ザ、ザ…ザザ

風の音にノイズが混じる

何か、いる。沢山、いる


どこに?

前?

上?

後ろ?


それとも


下…


ザ、ザ、ザ、ザ、ザ


男「うわぁぁああ!」


沢山の目と沢山の腕

暗闇に張り付けたようにギラギラと沢山の目が光る。しかもその全てが自分を見つめ、逃がすまいと狙いを定めている

腕が、何かを掴もうともがいている。腕が、壁を掻いて上がってくる、何体もいるのか、それとも巨大な一体なのか、暗闇で見えない


激しい風、生臭い息、沢山の蠢く音、音、音


@後ろに向かって全力ダッシュ
A前に向かって全力ダッシュ

>>23
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/29(日) 22:58:36.50 ID:r8J7PLzZo
2
24 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/29(日) 23:53:05.38 ID:r89SSFA80
前に向かって全力で走る。後ろの方からガン!ガン!ガンガンガンガン!!!と金属を叩く音が鳴り響いてくる

振り返るな、振り返るな!


何も考えず、ただただ足を前へ!体を前へ!


男「だっ!」ガッ


足に"何か"が引っかかり、前のめりになる。それでも腕を使い、手で床を後ろに押して自分の体を前に投げ飛ばす



そこはもう床に金網も空間も無かった。床は真っ白く、自分の姿を反射して映し出している


男「はぁ…はぁ…」


後ろを向くと狭い通路に黒い腕がうにょうにょと蠢き、逃した犠牲者を惜しむように空を掻いている

しかしこれ以上出てこられないようで少ししてから金網の下の空間に引き下がっていった


男「ここは危なすぎる…」


後の人のため、もしくは知らずに戻ってきた時のため、メモを貼り付けておく


「危険、渡るべからず。」


男「よし、と」
25 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/30(月) 00:15:10.96 ID:r5EPjT3w0
@再び大きな部屋のような空間に出る
Aまた細い通路を歩く
B人に出会う

>>26


B番の場合はそのレスでコンマ判定
01-33:地図屋に遭遇
34-67:探索者に遭遇
68-99:屑拾いに遭遇
コンマ00で上の三つから自由選択可能になった上で一つ下に安価



今日はここまで
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 00:18:14.25 ID:5GeFoSwOo
3
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 00:30:14.22 ID:HIjSAX7+0
28 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/30(月) 21:13:18.11 ID:r5EPjT3w0
失われたメモ


第一次救助隊隊長記す

ダンジョンに入ってすぐ目に着いたのは大きなプレート「B-001-A」と記されている

意味は不明
29 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/30(月) 21:53:20.17 ID:r5EPjT3w0
反対側からやってくる人間を確認する


「おや?」

男「…地図屋か」


画板代わりの板の上に紙を置き、地図を作製しながら歩いている。地図屋だ


地図屋「これはこれは、奇異なところでお会いしますね」

男「このダンジョンに奇異じゃないところがあるか?」

地図屋「それもそうで」


クックックと笑いながら応える地図屋


男「このフロアの地図を見せてもらえるか?」

地図屋「ええ、いいですよ。しかし」

男「分かっているよ。交換だろ?」


@食糧を提供する
A前のフロアの地図を見せる

>>30
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 21:54:48.75 ID:1o7DlALp0
2
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 21:54:49.40 ID:Nsnlhyzqo
2
32 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/30(月) 22:33:37.27 ID:r5EPjT3w0
男「前のフロアの地図でどうだ?E-167-A」

地図屋「ほう」

男「あんたらのように隅までマッピングしたわけじゃないがな、俺が通った道だけで良ければ」

地図屋「いえいえ、情報とは力。どんな些細な地図でも助けになるものでさ」

男「じゃあ交渉成立でいいか?」

地図屋「はい」


互いに互いの地図を見せ合って自分の紙に書き写す。交換とは言っても紙は貴重なものなので交換内容に紙が入っていない限り書き写すのが常だ
―――――
―――

地図屋「それじゃ、幸運を」

男「ああ、幸運を」


地図屋と別れる。

地図には「危険」と書いてある部屋と階段、別のフロアへの通路、それといくつかの部屋が書かれていた


さて、この地図に書いてある情報を元に、どこに行こうか決めるか

@「複製室」と書かれた部屋
A「交換室」
B「食糧」
C「窓がある」と書かれた通路
D上り階段
E下り階段
F別のフロアに繋がる通路

>>33
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/30(月) 22:36:07.35 ID:U3Tz4udVo
3
34 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/31(火) 21:57:23.79 ID:tlJoprBj0
「食糧」と書かれている部屋を目指そう。リュックの内容量に限りはあれど食糧は多いに越したことはない
―――――
―――

天井に付いているファンが機械油臭い空気をかき回す

ガシャン、ガシャン、ガシャンと横開きの自動扉が何度も開閉を繰り返す。だかその先に空間は無く、壁があるのみだ

意味不明な音を絶え間なく垂れ流すスピーカー、出鱈目な映像を次々に映す巨大なモニターが床に埋め込まれている


男「この辺は一際意味分からんな…」


天井から上半身だけぶら下がったアンドロイドが自分の腕を外してはまた付けてを繰り返している

一度出来上がったものをバラバラにして出鱈目に組み合わせたようなちぐはぐ感
35 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/31(火) 22:39:34.26 ID:tlJoprBj0
男「…どこまで続いているんだ。これ」


巨大な穴が口を開けている。突如現れた暗闇の穴、どんなに見つめても底が見えずにゾッとする

試しに適当なものを投げ込んでみる

カッ、コン、と壁に当たって跳ね返る音がした後そこに着いた音は一向にしなかった


男「…行くか」


降りられそうにもないしその横を通って先に行く
36 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/03/31(火) 23:42:52.40 ID:tlJoprBj0
男「ここ、だな」


地図に「食糧」と記されていた部屋に着いた

そこにはこれまた巨大な機械が置かれ、様々な方向から伸びているパイプが繋がっている

そのパイプを見ると明らかに人体と思われるパーツが流れている


シュゴォォオオオという蒸機音とともに機械の高所に空いている穴から缶詰がボロボロと落ちてくる

その缶詰には青ざめた顔の青年、苦しそうな顔をした中年、絶望顔の女性などのやけに写実的な絵が描かれている。裏には様々な人名が

地図には食糧と書かれている。食べる事には問題はずだが…


@缶詰を持って行く
A行かない
>>37
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/03/31(火) 23:45:20.50 ID:V4v1edkHO
1
38 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/01(水) 00:37:28.87 ID:Zg+KQKwZ0
男「すまない。無駄にはしないから…」


この状況だ、四の五の言っていられない。缶詰をいくつか掴み、リュックに詰め込む

一つのパイプに詰まった目玉が自分を睨んでいるように錯覚する


あまり居たくない場所だ。地図を開き、次に向かう場所を決めよう

@「複製室」と書かれた部屋
A「交換室」
B「窓がある」と書かれた通路
C上り階段
D下り階段
E別のフロアに繋がる通路

>>39
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/01(水) 00:44:47.30 ID:CG7B59voo
1
40 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/01(水) 01:09:42.61 ID:Zg+KQKwZ0
今日はここまで
41 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/01(水) 22:25:25.98 ID:Zg+KQKwZ0
男「次はここに行くか」


「複製室」と書かれた部屋へ向かう
―――――
―――

ブゥゥ…ウウウン
ヴィィイイ…


酷い熱さだ…

床も天井も壁も機械で出来ているこの通路だが、どういう動きをしているのかその全てがすさまじい音を立てて振動し、すさまじい熱気を発している

靴を通して尚足を焼かれる感覚すらあり、長時間この場に留まることの危険性を感じる


プシュー

ボン


男「やばいっ」


後ろの方で蒸気が噴き出る音と共に小さな破裂音がする。


ボンっ、ボン!シュー


次々とオーバーヒートした機械たちが小爆発を起こしていく


男「ぐあぁっ!」


必死で逃げ出すも間に合わず背中から爆風に吹き飛ばされた
42 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/01(水) 23:15:02.53 ID:Zg+KQKwZ0
怪我は無かったが背中が少し痛む、まったく、安全とは言えない道だった


壁を巡るパイプに着いたメーターがグルグルと回っている。出鱈目な表示に出鱈目な動き、間違いなく何の意味も無いだろう


男「…あった」

地図に「複製室」と書いてある部屋に着く


その部屋を覗いてみると


男「なんだこれ…」


所狭しと並べられた円柱状の水槽…ポコ…ポコ…と気泡が昇るその水槽の中には


胎児のように蹲った姿勢で眠り続ける人間が入っていた
43 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/02(木) 00:19:41.19 ID:uTxRDdWI0
その広い部屋内を見て回ると全く同じ顔、同じ体格の人間が入っている水槽が数個固まって置かれていることが分かる。

…嫌な予感がする。いや、本能が言っている。これ以上この不吉な部屋に留まるなと、これ以上…探るな、と


複製室…いや、もっと直接的な言い回しをするべきだ。ここは…これは…


男「クローン…」


そして、見つけた。見つけてしまった…


見慣れた顔を。嫌というほど見た…見たくは無かった


男「……」


自分にそっくりな人間を

そして近くには開いている水槽…その前に見覚えのある紙が落ちている

そして見覚えのある字で


「俺は何人目だ?」


と短く書かれていた


@違う。俺は俺だ。こんなのありえない
A気にするな。ありえないことが平気で起こるのがこのダンジョンだ
Bこんなとこ…ぶっ壊してやる

>>44

今日はこれだけ
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/02(木) 00:20:25.78 ID:5nFgBaf20
2
45 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 14:50:24.11 ID:GFRU82GK0
失われたメモA


私は第一次救助隊隊長

この巨大な塔が出現してから数か月、様々な人々が挑んでまま帰ってくることは無かった

だからこそ我々が行かねばならない


塔に入ってすぐ目のつくのは英数字の書かれたプレート


「D-001-A」


どういう意味なのだろうか
46 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 15:00:29.97 ID:GFRU82GK0
―――――
―――

「俺は何人目だ?」


と短く書かれていた



男「…気にするな。……ありえないことが平気で起こるのがこのダンジョンだ」


そう口に出す。口に出してみると案外効果があるようで先ほどよりは恐怖心が薄れる

地図屋の地図に「危険」と書かれていなかったってことは無害のはずだ


@もう少しこの部屋を探索する
Aこの部屋を出る

>>47
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 15:11:45.71 ID:yYHJ8dlDO
48 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 16:38:42.56 ID:GFRU82GK0
よく見ると時折見知った顔すらある。ふと置いてきた家族の顔を探してしまいそうになるが見つけたところで依存するか発狂するかロクなことにはならないだろう

いくつかの水槽は開き、何者かが這い出て行った形跡がある。そして現在進行形で育っているような個体もいる


男「お」


部屋の奥に大きな機械が設置されてあり、搬入口と思われる穴には「←insert」と書かれている

その近くには先ほどの地図屋の字で「有用!」とメモが貼っている


@色々入れてみる
Aとりあえず無くなっても痛くない物を試しに入れてみる
B何もせず去る

>>49
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 16:40:32.94 ID:4YYTeeYDo
2
50 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 20:53:48.48 ID:GFRU82GK0
とりあえず無くなっても痛くない物を試しに入れてみるか

近接武器代わりに持ち歩いてる鉄パイプ入れてみる


ゴォォォオオ、シュゴォォ、ゴウン、ゴウン


大きな稼働音が唸り、出口から全く同じ鉄パイプが2つ出てくる


男「ほう…」

@大丈夫そうだな
A一つ一つ試していこう

>>51
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 20:54:52.38 ID:Uy0ljoVyo
2
52 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 23:06:17.96 ID:GFRU82GK0
とりあえずメモは大事だ。少なくなってきたし4倍ぐらいにしておこう

食糧も…美味しかったこれ系統を増やしておこう

次はこの銃だ。無くした時のために増やしておこう


コンマ安価30以下

>>53
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 23:06:39.21 ID:sycoHt5+o
54 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 23:43:42.38 ID:GFRU82GK0
男「何だこれ…?」


機械についているパネルに文字が表示されている


「根源覆滅兵器、超高度濃圧縮熱線放射略式小銃、改良開始」


男「改良って…」


数分後、機械から出てきたものは二つともダイヤルが追加されていた

ダイヤルにはメモリと文字が書いている


貫………狭………中………広………爆


この銃はものすごく威力がでかいのだが範囲がとても広く、狭いフロアではあまり使いたくない物だったが…これはその範囲を調節できるようになったということだろうか

だとしたら「爆」が怖すぎる


@:この部屋を出る
A:もう一度入れてみよう
B:@+水槽から人が出てくるのを目撃する
C:@+この部屋に入ってくる人が

>>55
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 23:44:31.56 ID:4YYTeeYDo
A
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/05(日) 23:47:33.64 ID:sycoHt5+o
BLAMEかな?
57 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/05(日) 23:58:25.18 ID:GFRU82GK0
もう一度入れてみたが増えただけか…もうこれ以上改良はされないようだな

にしても超高度濃圧縮熱線放射略式小銃か…長すぎて覚えられないな。メモしておこう

―――――
―――

よし、さて行くか

@:この部屋を出る
A:@+水槽から人が出てくるのを目撃する
B:@+この部屋に入ってくる人が

>>58

メモ
根源覆滅兵器、超高度濃圧縮熱線放射略式小銃

とあるフロアで壊れかけた人型機械が渡してきたやべー銃

見た目はいたってシンプルで片手で撃てる小さな銃だがその威力はすさまじく、ダンジョンの壁を貫いて何もかもをも焼き切る威力のレーザーを放つ
ただしダンジョンの壁は高速で自動修復される

エネルギー自体も充電も弾数も何もかもが謎だがとりあえず俺の命が危険になった時のための最後の切り札

ただ範囲が馬鹿広く、銃口程度の太さを想定して狭い通路でぶっぱなすと自分自身も蒸発してしまうかもしれない


複製室の機械で改良が咥えられ、範囲を調節できるようになった
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 00:01:59.93 ID:b9VcrFAgO
2
59 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 00:14:55.86 ID:ZlhaGTWM0
バシャァアア

水槽のうち一つが開き、中の水が全て溢れ出す。そこから成人男性が這い出し、少し這ってからゆらゆらと立ち上がった


「あ、ぁあ…あ…あ…」


いつの間にか地面に湧き出ていた服を着て荷物を背負う。そしてフラフラと部屋の出口に向かう


@話しかける
Aそのまま入口まで後ろをついていく

>>60
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 00:17:06.69 ID:Zk4wV1bVo
2
61 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 00:32:35.78 ID:ZlhaGTWM0
そのまま後ろをついていく

その男はフラフラと部屋の入口まで行くとスタスタと歩き出した


男「あ、」


あんた。と呼びとめようとすると声に反応して振り返った。その表情は至って普通だった


「おお、気づかなかった。この広すぎる塔で人と会うのは貴重だからな。出会いは大事にしたいよな」ニッ


快活に歯を見せて笑う。どう見ても普通の青年だ

@男「少し前の記憶を思い出せるか?」
Aそれには触れず普通に情報交換とか
B男「自由安価」

>>62

今日はここまで
元ネタ分かる人いて嬉しい。あの長文漢字武器名は真似したくなる
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 00:35:03.63 ID:L3Ux6ldDO
1
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 01:32:18.57 ID:ITyfVeEDO
おつ
BLAMEもそうだけど当初のイメージだと個人的にはPS版のバロックを連想した
64 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 23:02:17.13 ID:ZlhaGTWM0
男「少し前の記憶を思い出せるか?」

「少し前の記憶?どうしたんだ?」

男「いいから」

「そんなこと言われてもなあ。…あ、さっき酷い目に遭ったんだよ。ある部屋に入ったらさ、何も無かったのにいきなり大量の化け物が湧いてきてさ…それで…」

「それ、で…」


そこで言葉を切って俯く。何か壁にぶつかったような、何か思いつめた表情で


男「やられた、んじゃないか?」

「いや、そんな…俺は…俺は…」


「はっ、そうだ。あんたに助けられたんだよな。こんなところまで連れて来てもらって、本当に助かったよありがとう」


記憶が辻褄合うように修正されてるのか


@男「…そうだな」
A男「…いや、あんたは一回死んだよ」
B男「自由安価」

>>65
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:02:34.89 ID:01RoB2/00
1
66 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 23:27:19.66 ID:ZlhaGTWM0
男「…そうだな」


無闇に言わなくてもいいことを言う必要もないだろう。知らない方がいいということもある…


「なあ、何かお礼をさせてくれ。情報交換とか食糧とかさ」


もう彼は俺が助けたと信じきっているようだ


@助けたわけでも無いのに受け取れるわけないよな
A男「じゃあ情報を」
B男「食糧かな…」
C男「自由安価」

>>67
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:28:08.62 ID:RdqcdFwxo
2
68 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 23:41:37.36 ID:ZlhaGTWM0
男「じゃあ情報を」

「ああ、じゃあこれは知ってるか?」


このフロアの地図を広げる


「ここの階段、あるフロアに通じてるんだがそこは行ってみるといい」

男「階段がどこに通じるかは定まってないんじゃないか?」

「そう思うだろ?そこの階段は固定なんだ」

男「何があるんだ?」

「行ってからのお楽しみだ。少なくても有用だよ」


@男「分かった、ありがとう」
A男「自由安価」

>>69
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:42:07.00 ID:ENbHAx7+0
1
70 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 23:47:55.06 ID:ZlhaGTWM0
男「分かった、ありがとう」

「ああ、それじゃ。行くな」

男「ああ、またどこかで」

「またどこかで」
―――――
―――

さて、この階段に行ってみるか

@すぐ側
A少し遠目

>>71
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:48:15.67 ID:7ccUyRU5o
2
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:48:16.91 ID:JbAV90m9o
1
73 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/06(月) 23:56:34.76 ID:ZlhaGTWM0
壁に配線が通っている。いくつもの細いコードが走り、所々断線してバチバチと火花が散っている

床は透明なガラス張りであり、その下に覗く機械群はシュゴォォオ、ガコン、ガコンと駆動音を鳴らしている

パチ…パチ…天井のランプが頼りなさげに点滅している


途中で通路が分かれている。地図によると先ほど教えてもらった階段に向かうには…

@「窓がある」と地図屋の地図に書かれている通路
A何も書かれていない通路
B「走り抜ける事」と書かれている通路

>>74
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/06(月) 23:59:33.13 ID:Tiq1X7t90
2
75 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/07(火) 00:04:02.61 ID:nm0fkC4S0
今日はここまで
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/07(火) 00:16:49.77 ID:/FHuSTIDo
77 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/07(火) 20:47:52.68 ID:nm0fkC4S0
宗教家の手記


歴史は繰り返す

塔は決して完成せず

いずれ神の怒りを買い、その手により滅ぼされん

やがてこの地はバベルとなる
78 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/07(火) 22:07:07.28 ID:nm0fkC4S0
ガシャン、ガシャン、ヴィィィイイン…


四方がガラス張りになっている通路だ。ガラスの奥では何かの機械が一際忙しく蠢いている

今にも割れてしまいそうなガラス張りの床を恐る恐るゆっくりと歩く

機械が何かを運ぶ

分解し、運び、組み立ててはまた分解する

意味の無い繰り返しがガラスの奥で繰り返されている


男「ここか」


やがて階段に辿り着いた
79 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/07(火) 22:48:25.18 ID:nm0fkC4S0
階段を上がる。前の階層では鉄と機械ばかりで構成されていたからコンクリートで出来ているこの階段はいささか懐かしくすら感じる

コツ、コツ、コツ

足音が幾重にも響いている

コツコツコツ、コツ


男「…」


足を止めたら一つ余計に足音が聞こえた

後ろを振り向く。当たり前のことながら誰もいない
80 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/07(火) 23:22:47.76 ID:nm0fkC4S0
階段が終わり、目の前に扉が現れる

上を見ると遥か上まで階段が伸びており、自分が元いた階はもはや見えなくなっている


目の前の扉はどこかのマンションにありそうな余りにも普通な扉だった。そのノブに手をかける


ギィ、と扉を開いた
81 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/08(水) 00:05:57.82 ID:qrFBjR9K0
男「ここは…」


そこはどこかのマンションの廊下だった


片方には鉄製の扉が立ち並び、隣にインターホンが付いている

もう片側には腰ほどの柵が取り付けられており、その向こう側は広大な空と夕焼けが広がっていた


男「外に、出られたのか…」


「残念ながらあの空も夕焼けも偽物だよ」

と、夕焼けを見ながら椅子に座っていた男が言った


「ようこそ、居住区へ」


「G-012-T」居住区
82 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/08(水) 00:06:38.28 ID:qrFBjR9K0
安価出せるところまで行けなくてごめん
今日はここまで
83 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/08(水) 22:32:51.58 ID:qrFBjR9K0
男「居住区…」

「そう、居住区。僕はここの大家みたいなもんだ」ジャラリ


そう言ってリュックからタグのついた沢山の鍵を取り出す


男「そうやって探索者から色々搾取してるわけか」

大家「そう言うなって。ここの鍵全部探し出すの苦労したんだぜ?」


皮肉めかして言うと鍵を弄びながら苦笑いして応える


大家「最近はもうダンジョン攻略や脱出を諦めてここに住んでる奴もいるんだが、君はどうする?久しぶりにベッドで眠りたくないかい?」

男「賃金は?」

大家「無論、食糧よ。有用なら武器や道具でもいいぞ」

@男「じゃあ試しに一晩」
A男「これで何日泊まれる?」複製した超高度濃圧縮熱線放射略式小銃の一つを渡す
B男「自由安価」

>>84
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 22:33:28.93 ID:JlLohWywo
1
85 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/08(水) 23:44:04.44 ID:qrFBjR9K0
男「じゃあ試しに一晩」

大家「前払いで頼むよ」

男「ほいよ、この缶詰でいいか?」


E-167-Bで見つけた人間の顔と名前が描かれた缶詰を渡す


大家「…食い物なんだよな?これ」

男「食えるぞ。気になっても気にすんな」

大家「う、ううん…まあいいか…はい、鍵」


308と書かれたタグが付いた鍵を渡される


大家「一つだけ忠告。インターホンが鳴ってもノックされても、外に何かがいる時は絶対に何があっても扉を開けないこと」

大家「僕は起こしに行かない。仮に緊急事態になってもインターホン越しの会話しかしない。OK?」

@男「ああ、分かった」
A男「つまりお前が来て開けろと言っても開けるなということだな」
B男「…何が来るんだ?」
C男「自由安価」

>>86
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/08(水) 23:47:15.92 ID:GOzXC3epo
2
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/11(土) 21:18:30.46 ID:rvk0tCLKo
保守
88 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/13(月) 15:24:05.32 ID:2m1rMKYG0
男「つまりお前が来て開けろと言っても開けるなということだな」

大家「そういうこと。理解力のある奴は生き残るよ。ま、わざわざ好奇心に殺されに行くのもまた一興かもしれないけどね」

男「…一興か」

大家「お、興味あるか?」ニヤ

@男「ああ」
A男「いや、俺はそんな奇特じゃない」
B男「そうやって何人陥れてきた?」
C男「自由安価」

>>89
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/13(月) 15:26:11.80 ID:bGZUR4oEo
4
死んだらどうなるかなど、考えたくもない
90 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/15(水) 22:46:32.49 ID:b9GCprRP0
男「死んだらどうなるかなど、考えたくもない」

大家「ははっ、そりゃそうだ。しかしここは何が起こるか分からないダンジョン。一度死んでみるのもいいんじゃないか」

男「ふざけるな。俺はもう行くぞ」

大家「ああ、良い夢を」
―――――
―――

広大な夕焼けが片側に広がっている。しかし雲一つ動かず固定されており、郷愁を誘う光景だというのに大きな違和感が付き纏う

カァー、カァー、とカラスが泣く声が聞こえるが影一つ見当たらない

柵から下を見下ろしても何も無く、どこまでも夕焼け色の虚空が広がっている

まるでこの階だけが宙に浮いているように、下の階や支えている壁すら見当たらない


@自分の部屋に着く
A人に出会う

>>91
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/15(水) 22:49:02.03 ID:Ve3treVvo
1
92 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/17(金) 13:40:40.94 ID:lGuGR24C0
男「ようやく着いたな」


308とプレートが書かれている部屋に辿り着く。001から順にナンバリングされており、ここまで308の部屋の前を通ってきた

それでも眼前には廊下と扉が地平線の彼方まで延びており、無限に続いている錯覚すら覚える

一見何も無いただのマンションの扉だ


@ノックする
Aインターホンを鳴らす
Bそのまま鍵を開ける

>>93
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/17(金) 13:42:15.30 ID:xj749IUwo
2
94 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/18(土) 22:33:14.29 ID:3x+9OnKk0
インターホンを押した瞬間、世界が揺れたかとすら感じた。腹の底から脳の中枢まで響き、揺らす重低音

それがチャイムだと気付いたのはどの瞬間だろう


ダンジョン全てに響くかのような重たい音が響いた後、インターホンからけたたましい笑い声が聞こえた


「キャハハハハハハハ!!!」


狂気じみた笑い声はしばらく続き、急激に途切れた


男「…本当に安全なんだろうな」カチャリ


このダンジョン内では警戒はしていても無駄なことなんていくらでもある。良くも悪くも


ギィ


男「…ほお」


玄関に入ると左側にトイレ付のバスルームがあり、奥に大きめのベッドが付いた部屋が見える

奥の部屋からはまたもう一つの部屋に繋がる引き戸があり、そこにはダイニングキッチンがあった


男「中々いい部屋だな」


ふかふかのベッドに腰掛ける


@寝る
A冷蔵庫を見る
B本棚を漁る
C自由安価

>>95
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/18(土) 22:39:25.15 ID:Uzh8XTBE0
3
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/18(土) 22:39:37.54 ID:v0vBIGpoo
2
97 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/19(日) 13:44:42.85 ID:Jj/d0bLg0
男「歴史書か」


日本史と書かれた本を読む


男「何だこりゃ…」


自分の知っている歴史と全く違う歴史を辿っていた。いくつか知っている名称や人名はあるが、まるで別世界の歴史のようで…


男「…」


読み進めている中、部屋の時計が異界のリズムを以てカチチリ、カチチリと鳴っている

進みは戻り、戻りは進みて、出鱈目の様で法則があるような、法則があるようで出鱈目のような



新陽暦786年、空中から塔が出現する

天をも貫く巨大な神の建造物は調査隊を飲み込み、冒険家を飲み込み、やがて世界を飲み込み始めた


男「塔…ダンジョンのことか?」


自分のところには塔なんて出現しなかった。ダンジョンに繋がる扉だけだ。外から見たら扉のついた洞窟にしか見えなかった

この違いに意味はあるのだろうか


@他の本を手に取る
A冷蔵庫を見る
Bテレビを付ける
C窓を見る
D寝る

>>98
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 13:45:32.72 ID:13uIbi3zo
2
99 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/19(日) 14:17:45.50 ID:Jj/d0bLg0
冷蔵庫を見る


男「ぅおっ」


冷蔵庫の中には色々なビンが入っていたがその中では得体のしれない生き物がウニョルウニョルと蠢いている

しかしその全てに食用というラベルが貼られている


男「お、アイスあるじゃん」


冷凍庫にアイスがあったので食べてみる。こっちはただの棒付アイスだった、味はチョコミント


男「ん?」


食べていたら棒に「あ」という文字が見えた。これは


@あたり
Aあかり
Bあつい

>>100
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 14:18:41.33 ID:KsRnslUfO
2
101 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/19(日) 15:14:27.91 ID:Jj/d0bLg0
「あかり」

男「…何だこれ」


ちょっと意味が分からな―うぉっ、まぶし


部屋の全ての光を放つ物がありえないほどの光を放ち、目が開けられなくなる


男「くっそ、ブレーカー、ブレーカー…」


目を瞑りながら手で壁をまさぐって電気のスイッチを探し出す
―――――
―――

男「はぁ…はぁ…まだ目がチカチカする…くっそふざけやがって」


@もう一本食べる
Aテレビを付ける
B寝る
C窓を見る

>>102
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 16:05:33.10 ID:lgU5btCr0
4
103 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/19(日) 21:23:31.14 ID:Jj/d0bLg0
窓の外を見る


男「…これは」


青空が広がっていた。明るい太陽に白い雲、そして何より、遥か下に小さく町が見えた

間違いない。廊下から見える偽物の夕焼け空じゃない、本物の青空だ

だが、おかしい


俺が入ってきたのは塔なんかじゃない、ダンジョンだ。だがこの景色は、どう考えても高い塔の中から見ているものだ

鳥が飛んでいる。見たことない種類の鳥が

これも、この窓もダンジョンが見せている幻影なのだろうか


@窓を割る
A寝る
Bテレビをつける
C自由安価

>>104
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 21:26:10.17 ID:2z/GlUGRo
3
105 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/19(日) 22:33:29.17 ID:Jj/d0bLg0
テレビをつける


ザ、ザザー


砂嵐の後に見覚えの無いアニメが移る

チャンネルを変えても知らない番組に知らない人間ばかりが映っている


ふと、チャンネルを変える手を止めた


黒くそびえる巨大な塔が映っていた


「788年14月6日、ついに地球議会はあの人食いの塔の爆破を決意しました」

「中に入った人の安否が不明なため非難が殺到していましたが、救出は不可能とし、今後の被害を最小限に抑えるためにこれ以上対応を遅らせるわけにはいかないと判断を…」


そこまでアナウンサーが読み上げた後、画面にノイズが走り


物々しくそびえ立つ黒い塔を残して周りの町全てが焦土と化した映像に切り替わった


もうアナウンサーが喋る声も聞こえず、映像は塔を中心とした"町だったもの"を映したまま動かなくなった


@そろそろ寝るか
A自由安価

>>106
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/19(日) 23:00:07.90 ID:Cz6FnLhGo
1
107 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/20(月) 16:03:54.76 ID:ikL7oZWx0
複製室にて


少女が一つの水槽の前にやってくる

水槽に繋がる操作盤を手慣れた感じで弄ると水槽が開き、水と共に少年が転がり出る

少女は血にまみれた服をさっと着せてから少年を部屋の外に引きずっていく


少女「君はいつだって私を助けてくれる。本当に頼もしいよ…何度死んでもここで生き返れるもん…大丈夫…何度でも…何度でも…迎えに来てあげるから…」ズリ、ズリ

少女「ふふ…ふふふ…また、お腹すいたなあ…」
108 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/20(月) 18:28:45.75 ID:ikL7oZWx0
―――――
―――

ベッドに入る。柔らかい布団に包まれたのはいつ振りだろう…ダンジョンに入ってから初めて心の底から休まった気がする

日に干した布団の匂いと温かさ、母に包まれているかのような温もり


夢を見た。懐かしい家族の夢を。鮮明に、リアルに

まるで夢が現実のように、現実が夢のように


しかし心地よいまどろみは無粋な音に疎外された


ドドドドドン、ピンポンピンポンピンポーン、ドドドッドドン


ドアを激しくノックする音とインターホンを鳴らす音が響く


@無視して二度寝
Aドアを開ける
Bドアについてる覗き穴を確認する
C自由安価

>>109
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 18:30:06.47 ID:ryAe5CdR0
2
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 18:43:43.38 ID:UQnTyJzRO
開けるなって警告されてたのに…
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 20:41:17.96 ID:GqGv6+Noo
ガイジかよつまんね
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 20:47:40.26 ID:r8nLf57Z0
>>110>>111
ざまあwww普段から罵詈雑言で煽って嫌がらせしてるゴミが何ほざいてる
自業自得だ
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 20:51:17.64 ID:nUsLaY2to
114 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/20(月) 23:49:02.86 ID:ikL7oZWx0
男「んぁ…はいはい…」


寝ぼけていた…あの幸せな微睡みに飲まれ、欠かしてはならない警戒心を解いていた


扉の前には黒い人型が立っていた。自分よりも遥に高い背丈、深淵そのものを思わせる真っ黒な頭が体の上に乗っかっている


「ア…ァ…ァァ…」


体を折り曲げ、黒い顔で自分の顔を覗きこんでくる


男「うわぁああ!!」


つい腕を伸ばしてそいつを突き飛ばす…だが自分の腕はズブブ…とそいつの身体に沈み込み、少しずつ引き込まれいていく


男「やめろ!やめろぉぉ!!」


腕の先から闇に食われていく。もがいている内に黒い闇が頭全体を覆ってきた

そこ知らぬ深淵と絶望が心を覆い、想像を絶する痛みが脳の最奥からつま先まで襲う


その悍ましい感覚は永遠に続くのだ
115 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/20(月) 23:50:24.83 ID:ikL7oZWx0
@>>108に戻る
A新キャラで始める
B「複製室」から始める

>>116
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 23:51:01.85 ID:kRwCudtko
1
117 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/20(月) 23:52:19.97 ID:ikL7oZWx0
―――――
―――

ベッドに入る。柔らかい布団に包まれたのはいつ振りだろう…ダンジョンに入ってから初めて心の底から休まった気がする

日に干した布団の匂いと温かさ、母に包まれているかのような温もり


夢を見た。懐かしい家族の夢を。鮮明に、リアルに

まるで夢が現実のように、現実が夢のように


しかし心地よいまどろみは無粋な音に疎外された


ドドドドドン、ピンポンピンポンピンポーン、ドドドッドドン


ドアを激しくノックする音とインターホンを鳴らす音が響く


@無視して二度寝
Aドアを開ける
Bドアについてる覗き穴を確認する
C自由安価

>>118
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/20(月) 23:53:18.79 ID:W3aJVeMWO
1
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/21(火) 07:17:08.43 ID:/2GRTnBBO
もしかして今までの選択肢もBADENDルートあったのか
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 17:01:55.55 ID:PIrdM+A7O
複製室とかニアミスしてそうね
121 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/22(水) 21:42:51.79 ID:dmoJX6i40
無視して眠ることにする

「アケテ…アケテ…アケテアケテアケテ」ドンドンドンドン


少しの間叩き続けていたが


「アケ…テ、アケテ…」


諦めたのか声が遠のいていくのが分かった
122 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/22(水) 21:49:36.69 ID:dmoJX6i40


男「ふぁぁ…あ」


本当にいつ振りかの気持ち良い目覚めだった。一瞬自宅で目覚めた気分になったが、傍らに置いてある荷物を見て痛感する

夢よりよっぽど厳しい現実を


ピンポーン、ピンポンピンポーン


男「」ビクッ


「朝ですよー、起きてくださーい」


昨日の大家の声が聞こえた


@インターホン越しに返事をする
Aドアについてる覗き穴を覗く
Bドアを開ける
C無視

>>123
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 21:50:23.77 ID:orgSQsfvo
2
124 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/22(水) 22:30:57.06 ID:dmoJX6i40
ドアについてる覗き穴を覗く


ギョロリ


男「!?」


覗き穴にはピッタリと、目玉が張り付いていた

何者かの目玉の中に自分がハッキリ映っている。それを認識した瞬間


「キィィイイイイイイイイイ!!」

ガタガタガタガタガタガタ


扉の向こうで叫び声をあげ、扉を激しく揺すり出す

・・・

男「…行ったか?」

少し経って、完全に気配が消えたことを確信する

扉を開けると、張り紙がしてあった


「462号室にて朝食の用意あり。大家」


@462号室に行ってみる
A大家に確認しに行ってみる
B無視してこのフロアの探索
C自由安価

>>125
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 22:32:13.37 ID:iCjXGvBZ0
2
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 22:32:20.66 ID:hA6dR/VJo
3
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 22:32:52.63 ID:MkwwojxDO
3
128 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/22(水) 23:10:40.68 ID:dmoJX6i40
さっきの奴が字を書けるとは思えないが念のためだ。大家に確認しに行ってみよう

長い廊下を歩き、フロアの入口まで戻る


大家「ん?ああ、昨日の。良く眠れたかい?」

男「ああ。久しぶりに気持ち良く眠れたよ。それより、これはあんたが書いたのか?」


先ほどの張り紙を見せる


大家「…なるほど、良い判断だったな。危うく君が朝食にされるところだったんじゃないか?」

男「安全じゃねえじゃねえか」

大家「部屋の中にいる限りは安全さ、外で寝るよりはいいだろ?」

男「どうせダンジョン内は疲れも無いし寝る必要も無いだろ」

大家「そうは言ってもベッドで眠れるのは格別だろう?寝る必要は無くても寝るのは気持ちいいものさ」

男「…まあ、そうだったが」

大家「さて、君は今後どうするつもりだい?前も言ったけど脱出を諦めてこの居住区に住み着く者もいるぐらいさ」


@男「もちろん、先に進むさ」
A男「当分はここを拠点に探索するかな」

>>129
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 23:13:02.80 ID:EramNZyhO
1
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 23:20:21.01 ID:HA5XCJY8O
アラマンっぽいな
131 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/22(水) 23:43:39.43 ID:dmoJX6i40
男「もちろん、先に進むさ」

大家「そうかい。じゃ、58号室の扉を三回ノックしてノブを左に回すんだ。それが他のフロアへの道だ」

男「…この廊下の先は?」

大家「無限に続いている…かもしれない。少なくとも8千は数えた。それでも地平線の果てまで続いていたよ」

男「そうか、ありがとな」

大家「ああ、あんたがゴールにたどり着くのを祈ってるよ」

男「そっちも元気でな」
―――――
―――

58号室

男「扉を三回ノックして…」コンコンコン

男「左に回す…か」ガチャ

@階段
A通路

>>132

メモ
「G-012-T」居住区

大家を名乗る人物が仕切る居住区

他の人間を確認することは出来なかったが食糧と引き換えに安全な寝床を貰える

部屋の中には色々異常なものがあるが命の危機は多分無い。窓の外は外界らしきものが見えるが見たことの無い景色が見える

テレビや本で見るものも自分の知識と一致しない

部屋の中にいる間は決して外に何かいる時は扉を開けてはいけない

部屋の外は無限に続くかもしれない廊下と偽物の夕焼け。
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/22(水) 23:47:31.60 ID:hbWiT0LB0
1
133 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/23(木) 00:05:53.06 ID:1fhtEjqq0
階段があった。上に続くかなり急な階段だ

立って登るには少し急すぎる。手を使い、崖を登るように一段一段しっかりと掴んで登る

グォオオオオ

下から強い風が吹き荒ぶ、ちらりと下を見ると暗黒の深淵が広がっている。まだ数段しか登っていないのに先ほどいたフロアに通じる扉も足場も見えない


@途中で足を踏み外して転落
A登りきる

>>134

>>130
大きな元ネタの一つです
いいよね、あれ
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/23(木) 00:07:14.88 ID:8/D6WlxPO
2
135 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/23(木) 00:38:21.77 ID:1fhtEjqq0
登り切った


男「ふう…」


登ってきたはずの階段は振り返ると上から続いていた。真っ暗だった光景もいつの間にか真っ白へと変わっていた

目の前の扉は苔生した岩のようであり、遺跡を髣髴とさせる


男「よっと…」ガコン

ズズズズ…


岩の扉を押すと重い手応えと共に地響きを立てて開く


男「…は?」


見上げるぐらい高くに葉を茂らせる木が生えている

足元の土をムカデのような生き物が這いまわる

悪臭を放つ巨大な花が宙を舞う鳥を食らう

見渡す限りの緑と土の匂いに食物連鎖



Y-687-A「ジャングル」
136 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/23(木) 00:58:20.55 ID:1fhtEjqq0
今日はここまで
137 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/26(日) 12:52:10.38 ID:XoRKLI7D0
何でもありだとは思っていたけれど更に出鱈目になってきた

今まで無機物ばかりだったダンジョン内にこんなジャングルがあるとは

上には木々が全てを覆い隠し、空も天井も見えないがいつものことながら光源も無いのに明るく見える


相も変わらず狂った空間だが木々が整列しており、一応の道を作り出している


@道を歩く
A敢えて道を無視して木々をかき分けて進む
B自由安価

>>138
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 12:57:50.35 ID:jfS/NjhFo
1
139 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/26(日) 14:53:03.92 ID:XoRKLI7D0
木々の間に作り出される道を歩く

土を踏むたびに足の裏で小さな虫が蠢く感覚がある

木の虚から何かの視線を常に感じる

木々に咲いている花は毒々しく、鮮やかな色がかえって不気味に感じさせる


@湖に辿り着く
A巨大な生物とエンカウント
B食獣植物に襲われてる人間を見かける
C自由安価

>>140
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 14:54:35.43 ID:YRGpeskBO
3
141 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/26(日) 16:48:06.95 ID:XoRKLI7D0
「だっ、誰かぁ…!」


巨大な樹に人間が吊るされている、いや。棘付きの蔓に捕まって締め上げられている

いくつもの蔓の先には動物や人間の成れの果てがぶら下がっており、そのどれもがしわしわに枯れ果てたミイラのようになっている

まだ生きている生き物からは血やら体液やらが流れだし、蔓を伝って地面に染み込んでいく


「頼む…助けてくれ…くるし…」


吊るされている男が手を伸ばしてくる。がその手も細い蔓に絡め取られ、締め上げられる


「がぁぁっ!!」メキメキ


@超高度濃圧縮熱線放射略式小銃で木を撃って根元から倒す
A一旦遠くまで後ずさる
B一旦全力ダッシュで逃げる
C自由安価

>>142
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/26(日) 16:48:52.96 ID:VFcY3C5To
1
143 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/30(木) 13:04:17.99 ID:LubGEOp10
念のためメモリを「狭」に合わせトリガーを引く

超高度濃圧縮熱線放射略式小銃


カチッ、ピシュッ


トリガーを引く簡素な音の後に空気を引き裂く音がする。その一瞬後にとてつもない熱量のエネルギー波が射出される

肌が焼けるようなピリピリする感覚、世界の全てを揺るがすような轟音と共に目の前の一直線を全て薙ぎ払い、何もかもをも焼き尽くしていった

次々と音を立てて木々が倒れ、鳥が上空に逃げて行く。目の前の景色が一瞬で書き換えられた


男「…やっぱやばいなこれ。おい、あんた大丈夫か?」


銃を仕舞い、樹に捕まっていた人物に駆け寄る


「…いつつ、地面に叩き落とされたこと以外は…」

男「文句言うな、死ぬよりはマシだろ」

「そりゃもちろん。助かったよありがとう」


纏わりついていた蔓を引きちぎり、服をはたきながら立ち上がる。どうやら怪我は無さそうだ


@情報を聞く
A男「ついでだ。少し一緒に行くか?」
B先へ行く
C自由安価

>>144
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/30(木) 13:05:30.36 ID:ycu9sx/DO
1
145 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/30(木) 22:19:22.82 ID:LubGEOp10
男「ところで俺はこの階層に初めて来たんだが」

「ん、ああそうか。じゃあここにある植物と生き物にはすべて注意したほうがいい。こいつみたいに普段動いている奴の方が稀だ」


自分が今まで捕まっていた樹の残骸を叩く


「不用意に植物に触れるのはダメだ。瞬間的に溶解液が滲み出て手が溶けるなんてこともあった」
 

そう言って骨が露出している左手を見せる


男「足元の草は?」

「そっちも注意した方がいいが木ほどヤバくはない。それより地を這う虫の方が危険だ。毒を持っているのが多い」

「ただ、フルーツ類はどれも食える。猛獣ばっかだが動物類も食えるから他の層より食糧の確保は楽なはずだ。ただし虫は食うな」

「あと良い匂いのする花には気をつけろ。あの匂いは呼び餌だ、絶対に釣られるな」


「と、こんなところかな。俺が知っているのは」

@男「沢山教えてもらって悪いんだがこの階層に来たばかりだから情報は無いんだ…」
A自分がやってきた方向に階段があることを教える
B自由安価

>>146
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/30(木) 22:20:24.06 ID:1aFL107Po
2
147 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/04/30(木) 23:13:47.91 ID:LubGEOp10
男「色々助かる。ありがとう」

「いやいや。命を助けられたんだ、このぐらい安いよ」

男「こっちの方に俺が来た階段がある。もう既に変わっている可能性も高いがもしかしたらここよりは安全な階層に行けるかもしれん」

「そうか、ありがとう。行ってみるよ」


コンマ安価50以下

>>148
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/04/30(木) 23:15:16.54 ID:/U/7hH/yo
149 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/01(金) 00:30:43.76 ID:Y8anHS2L0
そいつとはそこで別れた

ふと見ると小さな虫が集まってきていた

ところどころの巣穴から行列を成して這い出し、次々と木々を修復するように折れ目に群がっている


@超高度濃圧縮熱線放射略式小銃でぶち空けた道を進む
A普通の道を進む

>>150
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/01(金) 00:31:17.77 ID:e9gM+3dd0
2
151 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/01(金) 22:45:36.80 ID:Y8anHS2L0
地面から助けを求めるように蠢く死体の指が生えている。よく見なくてもそれは指のように見える植物だ

すさまじい匂いを発する巨大な花に引き寄せられた虫を食べていた小動物が花に丸呑みにされる

種ごと食べた小動物の体内で発芽した植物が異常な速度で成長し、穴という穴から茎を伸ばしている

「おいで…おいで…」と声を発している植物がある。その真上には今にも涎を垂らしそうな口を開けている巨大な樹が枝を揺らしている


やがて開けた空間に出た。大きな湖を囲んだ空間だ、上空にはダンジョンとは思えない青空が広がっており、巨大な怪鳥が飛んでいる

@この水は飲めるだろうか
A上空に向けて超高度濃圧縮熱線放射略式小銃を撃ってみる
B先に進む
C自由安価

>>152
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/01(金) 22:47:43.88 ID:7CYvcK7do
2
153 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/02(土) 00:01:06.01 ID:cD6fBeI30
カチッ

上空に向けて超高度濃圧縮熱線放射略式小銃を撃つ

耳を劈き脳を揺さぶるすさまじい轟音と共に世界にヒビが入る

ホログラムだったかのように全ての植物が、動物が、湖が、全てが明滅し、消えていく

天井が崩れ、遥か彼方に混沌の深淵が覗いていた

景色が目まぐるしく入れ替わる。地獄の業火に焼かれる世界、深淵の海に飲まれる海底の都市、太陽が落ちて崩壊する世界、植物に支配される世界、蟲に食い尽くされる世界

世界を滅ぼす雨のように天井の瓦礫が際限なく降り注ぎ、全てを飲み込んでいく


コンマ安価10以下

>>154
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/02(土) 00:01:30.36 ID:lJTLDoQf0
155 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/02(土) 16:32:42.02 ID:cD6fBeI30
男「くっ」


降り注ぐ瓦礫を一つ一つ超高度濃圧縮熱線放射略式小銃で撃ち落とす

だが一度入ったヒビは瓦礫の雨を際限なく降らせ、全てを撃ち落とすよりも早くに頭上を埋め尽くした


…やがてこの階層は全て瓦礫に埋もれたのだった

@???にて復活
A>>151に戻る

>>156
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/02(土) 16:33:30.98 ID:Vk4L65rTo
2
157 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/02(土) 17:01:10.88 ID:cD6fBeI30
地面から助けを求めるように蠢く死体の指が生えている。よく見なくてもそれは指のように見える植物だ

すさまじい匂いを発する巨大な花に引き寄せられた虫を食べていた小動物が花に丸呑みにされる

種ごと食べた小動物の体内で発芽した植物が異常な速度で成長し、穴という穴から茎を伸ばしている

「おいで…おいで…」と声を発している植物がある。その真上には今にも涎を垂らしそうな口を開けている巨大な樹が枝を揺らしている


やがて開けた空間に出た。大きな湖を囲んだ空間だ、上空にはダンジョンとは思えない青空が広がっており、巨大な怪鳥が飛んでいる

@この水は飲めるだろうか
A湖の中から何かが
B先に進む
C自由安価

>>158
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/02(土) 17:03:00.92 ID:M+h7V1OM0
3
159 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/02(土) 17:47:14.40 ID:cD6fBeI30
@再び森の中に続く道を
A湖の淵を歩いて向こう側に見える道を
B山の見える方向へ続く道を

>>160
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/02(土) 17:48:15.51 ID:vfNpa8N4o
2
161 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/02(土) 22:14:52.93 ID:cD6fBeI30
湖の淵を歩く

ゆらりと大きな黒い影が湖の奥底から現れる

水面が影を中心に強く揺らぎ、高波と共に巨大な水龍が空に飛び上がった


10mはあろうかという長い身体が水飛沫を上げて宙に舞う姿はとても神秘的だ


と見惚れていたら空から巨大な怪鳥が滑空して水龍を捕える

「ピギィァォォォ!」

勝利の雄叫びを上げた怪鳥の腹が大きく開き、飛び出した触手が水龍を腹の中へと食らい始める

と思っていたら湖から巨大な口が現れ、水龍も怪鳥も丸呑みしてしまった


そして再び水中に戻り、何も無かったかのように辺りは静寂に包まれた


男「…すごいな」


@再び、湖付近にて
A湖から離れて

>>162
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/02(土) 22:18:00.49 ID:kJ65L85So
1
163 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/04(月) 18:12:00.00 ID:NRWKwcmE0
ポコ…ポコポコポコ…

再び湖の水面に変化が現れる。沢山の気泡が浮かび、何かが上昇してくる

それは大量の人間だった

大量の人間が虚ろな目、水草や泥に塗れたびしょ濡れの身体を引き摺り、ウゾウゾと蠢きながら四方八方へと散り散りに這いずっていく

@特に何もしない
Aその内の一人を引き留めて話しかける
B自由安価

>>164
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/04(月) 18:12:47.19 ID:wM6ZrPlGO
観察してみる
165 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/05(火) 17:07:33.45 ID:fkMwpv3A0
そのうちの一人を観察する

四つん這いで湖から這い出したニンゲンはやっくりと立つとフラフラとゾンビのような足取りで森の中へと歩いて行く

@普通の人間と遭遇
A森の中にある石扉に入っていく
B自由安価

>>166
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/05(火) 17:07:58.74 ID:8hDZA15Zo
1
167 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/06(水) 18:36:59.14 ID:RkaqgNwa0
人間が向こうからやってくる。パッと見普通の探索者だ

湖から這い上がってきたニンゲンは探索者を見かけると猛獣のように飛び掛かって襲いだした


「くそっ、ヒトモドキか!」


襲われた人は棒状の武器で応戦する

@加勢する
Aまだ見ている
B自由安価

>>168
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/06(水) 18:37:31.67 ID:Zn6XNnufo
1
169 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/06(水) 21:24:21.36 ID:RkaqgNwa0
男「加勢する!」


そう言いながら前の居住区から持ってきた長めの包丁を持って加勢する

後ろから襲い掛かったにも関わらず見えていたかのようにこっちに向けて後ろ蹴りを仕掛けてくる

足がそのまま触手のように伸び、こっちに反撃してきた


@触手を切り落とす
A本体をぶっ刺す
B避ける
C自由安価

>>170
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/06(水) 21:26:38.34 ID:lWJJxbetO
2
171 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/06(水) 23:46:01.91 ID:RkaqgNwa0
グサァッ!


人間なら心臓であろう場所を貫く。だが粘土を刺しているような鈍い柔らかさの感覚


ヒトモドキ「」ニヤァ

男「しまった!?」


見た目が人間だからといって油断した。次の瞬間には触手に手足を絡め取られ、身動きを封じられる


「そっちにも当たったらすまない。祈れ!」


コンマ安価70以下


>>172
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/06(水) 23:46:25.63 ID:LJP2qQgc0
173 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/08(金) 09:28:30.63 ID:yRoSTUm60
『対近接単一個体用電圧式制圧小銃…放電開始』


バリバリバリバリ


目が眩むほどの電撃が放射され、ヒトモドキを包み込む


ヒトモドキ「ギィァァァアアア!!」

男「あっ…ぐっ…ぁぐぅ…」


肉の焼ける匂い、果ての無いような衝撃、奴の身体を伝ってこっちにも響く電撃

だが拘束はゆるまり、何とか抜け出すことができた


男「はぁっ、ぁっ…酷い目に遭った…」

「悪い悪い、強めの武器がこれしかなくてよ。でも単一個体にしか通電しないらしいから無事だろ?」

男「何とか…な…」


足元でプスプスと煙を上げながら蠢いている焦げた肉の塊を見るにその言葉は本当なのだろう。どういう仕組みなのか最初にあたった一個体のみに電撃を浴びせる武器なのだ


男「こっちこそ悪いな、助けに入ったつもりが逆に助けられちゃ…」

「いや、こいつが充電完了するまでの良い時間稼ぎになった」


ヒトモドキ「キィィイイイイイイイイイ!!!」


男「なっ、こいつ…まだ生きて」

「違うっ、共鳴だ!逃げろ」


ヒトモドキが共鳴を上げてすぐ、大量のヒトモドキが湖の方面から押し寄せてきた。不気味なことにその顔は全てが自分か隣にいるこいつの顔にそっくりだった


@一目散に逃げる
A超高度濃圧縮熱線放射略式小銃でヒトモドキの群れを殲滅する
B自由安価

>>174
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 09:56:14.24 ID:OTYkkcDDO
1
175 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/08(金) 18:01:25.74 ID:yRoSTUm60
一目散に逃げる

うねる森の道、後ろから追いかける怒涛の足音に押され、一心不乱に走ってしまった

木々が蠢き、場所を移動し、道を塞ぎ、新たな道を作り出す


男「…分断された」


ここは常に変化する生きた迷宮なのだ。いつの間にかまた一人にされていた


@目の前に洞窟がある
A川が流れている
Bまだ変わらぬ森だけが続く

>>176
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 18:02:32.93 ID:P1yikWmKO
3
177 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/08(金) 21:09:01.61 ID:yRoSTUm60
キャハハハハ


小さな子供の笑え声が聞こえる

森がざわめき、道を作り出す


「オイデ、オイデ」「マヨイミチにマヨイビト、マヨイコメばカエレナイ」「アソボウヨ、アソボウヨ」


木の虚から楽しげな子供の声が聞こえている。決して人の声とは思えないおぞましい声が


男「」ゾワッ


首筋に怖気を感じて手をやるとモゾモゾと蠢く感覚、とっさに鷲掴みにして地面に叩きつける

「ぎやっ」

叩きつけた"それ"から確かな人の声がした

@見ないで踏みつぶす
Aそのまま見ないで走り出す
Bそれを見る
C自由安価

>>178
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 21:09:34.87 ID:KtS3zQq3o
3
179 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/08(金) 23:36:20.90 ID:yRoSTUm60
地面に叩きつけたそれを見た

それを見た途端、再び全身に怖気が走る

産まれたてのような皺くちゃな赤ん坊の頭が真上を向いて舌を突き出しており、その側頭部から頬にかけて昆虫の細い足が八本、頭からは髪の毛の代わりに三本の触手が空間を探るようにそれぞれの方向に蠢いている

シンプルな、それでいておぞましい醜い"虫"


@踏みつぶす
A上を向く
Bすぐさま走る
C自由安価

>>180
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 23:37:24.49 ID:tnXaaUwgo
3
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/08(金) 23:37:38.62 ID:833e7qnGo
3
182 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/10(日) 21:04:34.21 ID:f7fcQY2n0
すぐさま走る。笑い声が後ろから、上空から、空間全体に響いている

ポト、ポトポトと小さな何から木から落ちてくる。桜の木にぶら下がる毛虫のように、洞窟の天井からぶら下がる蝙蝠のように、沢山の赤ん坊虫が葉っぱの陰にへばりついていた。それが落ちてきているのだ

一生懸命に走り、背中や首筋に落ちてきた虫は即座に払う。いくら払ってもキリが無い、早くこいつ等の生息区域から逃れないと


男「ぅあっ!たっ、がっ、ぁあああ!!」


急に足元が透け、崖が露わになる。幸いなことに垂直ではなく、坂を転げるように崖下まで落ちていけた

地面に見えた物はホログラムか幻覚か、上を向くと再び半透明の地面が見えた


男「くっそ、いってぇ…」


@遺跡のような建物がある
A洞窟がある
B扉がある

>>183
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/10(日) 21:05:26.86 ID:q6AcJICv0
1
184 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/13(水) 21:22:12.15 ID:9EvEhdSj0
男「これは、遺跡…?」


全体的に苔生した石で造られた建物が目の前にあった。扉の両横には巨大な人の姿が彫られており、その周りに見慣れない文字のような模様が彫ってある

扉に手の平をついてみるとガコン、という音と共に砂埃をあげて開いた


「Y-687-J」


男「ここは別フロア扱いなのか」


遺跡の中を進むと広い空間に出た

そこは壁や天井いっぱいに壁画が描かれた部屋だ


太陽を中心とした銀河がいくつも描かれている

沢山の人物がこぞって塔を建築している


人型が何かに祈りを捧げるように平伏している

その祈りを捧げている先はツタで覆われていて良く見えない


@ツタを引き千切って壁画をよく見る
A先に進もう

>>185


メモ
「Y-687-A」

巨大な植物が生い茂るジャングル

植物には肉食の者も多く、注意すべきである

湖には巨大な生物の食物連鎖があり、大量の人の形をした化け物も出てくる等色々謎

赤ん坊の頭を体にしたような虫がいたが詳細は不明

巨大な遺跡のようなものがあった。別のフロア扱いだった
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/13(水) 21:24:20.20 ID:Rl3aKCRAo
1
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/13(水) 21:24:45.30 ID:nI/OJMrIO
1
187 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/14(木) 21:04:28.82 ID:JB+QulO00
ツタを引き千切る

全体像を把握できるくらい引き千切るとそれはツタが覆う巨大な岩に見えた

祈りを捧げている生物を人間と仮定するとどれほどの大きさになるだろう。少なくとも十倍は超えているように見える


大きな物体はご神体、というやつだろうか、ここが神殿のような遺跡だとすればそんなところだろう


ポツ、ポツ、と部屋の数か所に火が灯った。先ほどは気づかなかったがそれぞれの壁画の下に人一人分が入れる大きさの穴が開いていた


@「銀河の壁画」の下の穴に入る
A「塔の壁画」の下の穴に入る
B「崇拝の壁画」の下の穴に入る
C他の道を探す

>>188
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/14(木) 21:06:31.13 ID:fF3I9QevO
1
189 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/18(月) 22:44:35.70 ID:Wn1wmh050
「銀河の壁画」の下の穴に入る

最初は立って入れたものだが少しずつ天井が低くなっていき、やがて這わないと進めないぐらいになってしまう

石レンガはゴツゴツとした天然の岩肌に変わり、空気は黴臭い古びた空気から湿った洞窟の空気に代わる


急に重力が消えうせ、自分の手さえ見えない永劫の暗闇を落ちていく

やがて横から吹き荒ぶ暴風に攫われ、下から突き上げる濁流に飲まれ、身体がバラバラになるかと思うほどの力の奔流の先にようやく静寂が訪れる


巨大な恒星が輝く、その周りをいくつもの惑星が巡り、更に衛星が囲む


(これは…太陽系…?)


声に出したつもりだが音にならなかった
190 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/18(月) 23:58:44.90 ID:Wn1wmh050
同じような銀河系がいくつも暗闇に浮かび上がる

ここまで明かりがつけば何か他にも見えそうなものだが床も自分の手さえも依然見えない


いくつもの銀河が線で結ばれ、蜘蛛の巣のような複雑な幾何学模様が形成される


≪ザ…ザ…ザザ…ザザ…≫


≪ザ……ぁ…ぇん、の…ザ…っけん…により…ザ…考案…され≫


≪たじ…ザ…げん‥世界……ザザ…統合…ザ…ジェク…ザザ…バベル……ザ…≫


≪重大なバグ…バグ…バグ…バグ…バグバグババババ≫



≪エラー≫
191 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/20(水) 23:50:12.08 ID:kIIbDKNb0
ジリリリリリ!


男「はっ」


暖かい布団の感覚、不快な目覚ましに叩き起こされて仕事に行かなければならない事を思い出す


仕事?


夢?だったのか…?


けたたましい目覚ましのベルが鳴り響いている

ずっと

鳴り響いている
192 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/22(金) 20:33:18.80 ID:SqOa++LM0
窓の外は毒々しいピンク色の空が広がっている

グロテスクに蠢く赤黒い雲が浮かび、所々空間が歪んでいる


本棚には一見見たことある本が並んでいるように見えたが文字はてんで出鱈目で絵も色味だけはそれっぽいものの適当に色を塗っただけの絵とは言えない物だ


<男ー、ごはんよー


どこかから、懐かしい声がした


@もう少し部屋を探索する
A行く

>>193
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/22(金) 20:33:47.40 ID:PP1TG/zt0
1
194 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/22(金) 23:35:34.10 ID:SqOa++LM0
机の引き出しを開ける

どれも懐かしいものばかりが出てきた。当時流行ったアニメの下敷き、落書きのされたノート、キャラの形をした消しゴム

だがそれらはどれもぼんやりとした絵や形ばかり、まるで忘れかけている記憶をそのまま絵に起こしたような


男「ん…?」


ふと変なものが見えた気がしてベッドをずらした

ベッドによって隠れていた部屋の角は…モヤモヤした白い空間だけがあった


だがすぐに全体のデザインに合った"部屋の角"が作られ、違和感が消える


これは…

@俺の記憶から作られている…?
A俺のイメージから作られている…?
B今作られたばかりなのか?

>>195
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/22(金) 23:37:34.82 ID:DG6MRyr6o
1
196 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 00:23:41.62 ID:4/griDV60
俺の記憶から作られている…?

やはり…ここは子供の頃の俺の家だ…

それを思い出して漫画本を手に取ると細部はまだぼんやりしているものの、好きだった漫画が描かれていた


男「ここ…何てセリフだったんだっけな…」


大好きだった漫画の、大好きだったはずの名シーンは思い出せず、消しゴムで強く擦ったように掠れていた…


母「コラ男!早くご飯食べに来なさいって言ってるでしょ!」


@男「母さん…」
A男(母さん、の記憶から作られた何か、か…)
B男「騙されるか!偽物め!」

>>197
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 00:25:16.06 ID:GRbbdlJS0
2
198 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 00:25:28.87 ID:4/griDV60
訂正




母「コラ男!早くご飯食べに来なさいって言ってるでしょ!」バン


母が扉を開けて入ってきた。まるで昔のように…


@男「母さん…」
A男(母さん、の記憶から作られた何か、か…)
B男「騙されるか!偽物め!」

安価>>198
既に>>197で取られてたらそれを採用
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 00:25:32.22 ID:dEWJLaRm0
2
200 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 01:25:23.41 ID:4/griDV60
男(母さん、の記憶から作られた何か、か…)

これは決して母ではない。それだけは記憶に留めておかないといけない…だけど、だけど…


母「まったく、熱でもあんの?」

男「いや、無いよ」

母「じゃあ早く来なさい。学校遅刻するでしょ」


学校?そうか、これは高校生の頃の記憶か。俺の背丈もそんぐらいだろう…


記憶…再現…ダンジョン…夢…幻覚…遺跡…ジャングル…現実…ここは、いったい何なんだ…?
201 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 12:34:51.32 ID:4/griDV60
朝食の場に降りていくと食卓に妹がいた。あの八重歯の覗く生意気な笑顔が懐かしい


妹「よー兄貴、飯食っちまってるぞー」

母「コラ妹!お兄ちゃんのおかず取らないの!」

妹「へへーんだ、兄貴が遅えのが悪いんだよ」

母「まったく。ほら男、早く食べちゃいなさい」

@食べる
A男「いや、今朝はいらないや」
B男「自由安価」

>>202
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 12:44:30.21 ID:U0JygJlZO
2
203 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 18:29:30.78 ID:4/griDV60
男「いや、今朝はいらないや」

母「だめよぉ。ちゃぁんと朝ごはんは毎日食べないと」

妹「そうだよ兄貴、ほら可愛い妹がアーンしてやるぜ」

男「おい、やめ…」

妹「ほら、逃げんなよ兄貴」

母「まだ時間ならあるでしょ?食べていきなさいよ」

@逃げる
A男「だからいらないってば!」
B自由安価

>>204
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 18:40:26.35 ID:DOSnzjqHo
超高度濃圧縮熱線放射略式小銃があるか確認する
205 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/23(土) 22:38:19.73 ID:4/griDV60
超高度濃圧縮熱線放射略式小銃があるか確認する

が、無い。いや、探索中に持っていたものは全て喪失している。あれが全て夢だったかのように…


妹「兄貴隙あり!」ズボッ

男「むぐっ、けほっ…美味い」


母の味…いや、思い出なんかよりずっと美味しい、意識がとろけるような…こんな美味しいものが食える…な、ら…


妹「…?当たり前だろ。母さんのなんだから」


妹がきょとんとした顔をする


母「あんたの手作りが入ってたのかと警戒されてたんじゃない?」

妹「んなっ!あたしそんな下手じゃねえぞ!大体この前作ってやったし!なぁ兄貴!?」

@男「え?ああ」
A男「ああ、美味しかった」
B男「…知らん」
C男「自由安価」

>>206
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/23(土) 22:41:15.85 ID:H89XCBr2O
3
207 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 00:13:10.66 ID:TlydswcX0
男「…知らん」

妹「…兄貴酷い!もう作ってやんねえから!」

母「お母さんが教えてあげようか?」

妹「…やだ、自分で頑張るし…」


母も妹もまるで生きているようなやりとり…何なんだこれは。もう…これが現実で…いいん‥じゃ…ない…か…
208 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 01:02:24.54 ID:TlydswcX0
妹「ごっそさまー」

男「…ごちそうさま」

母「はい。お皿は流しに置いといてね」
―――――
―――

学校、学校か…

何故か登校ルートが記憶に入っている…行って、みるか?

@行く
A逃げる

>>209
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 01:03:18.20 ID:Ig6LHcdao
2
210 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 09:48:21.30 ID:TlydswcX0
いや、ダメだ。ここは現実じゃない。紛い物の世界なんだ…逃げなければ

…どこに?

いや、迷っている暇なんて無い。逃げるんだ


一応服装と鞄だけは高校に行く準備をして外に…


妹「待てよ兄貴、一緒に行こうぜ」


…お前が見張り役なのか


@走って撒く
A男「すまん、先行っててくれないか?」
B行動自由安価

>>211
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 09:50:55.79 ID:VQsmPZYZ0
1
212 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 11:06:43.62 ID:TlydswcX0
男「」ダッ

妹「あっ」


全速力で走る。後ろから声が聞こえるも決して振り返らないで走る


妹「くそっ、逃げた!追え!捕まえろ!」


近所のおばさん、見ず知らずの人物、警官やお爺さん、果ては小さな子供まで無表情で追いかけてくる

くそっ、何なんだよここは


@曲がりくねった道で何とか撒こう
A思い出せ…この町に隠れられるような場所は無かったか…
B今日のところは諦める


>>213
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 11:11:13.70 ID:TYxQpdlko
2
214 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 17:31:51.90 ID:TlydswcX0
思い出せ…この町に隠れられるような場所は無かったか…

子供の頃の秘密基地…親戚の叔母さん家…いや…ダメだ駄目だ…


追手は次々と数を増す。もはや犬猫までもが追いかけてきているのだ

黄緑色の太陽が血のような赤い巨大な瞳をグルグルと蠢かせている

立ち並ぶ建物さえもが窓が目のように睨んできているように感じる


廃墟の工場…町の外れにある森…いや、それより


足元の…マンホール…


@マンホールに入る
A廃工場に向かう
B町外れの森に向かう
C自由安価

>>215
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 17:32:10.63 ID:ditf9CgwO
1
216 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/24(日) 19:21:52.79 ID:TlydswcX0
マンホールを開ける

むわぁ、と生暖かい空気と共に生臭い匂いが鼻を襲う

ハァ、ハア…と地響きのような、呼吸のような、一定のリズムをもって生臭い空気が吐き出されている


@入る
A自由安価

>>217
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 19:23:19.25 ID:c0XQuLr2o
1
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/24(日) 19:23:31.29 ID:TYxQpdlko
下に向かって例の銃を発射
219 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/25(月) 23:52:56.04 ID:BeGNx/Yn0
マンホールの中に足を踏み入れる

備え付けの梯子に足をかけた瞬間


男「ぅわぁあああ!!!」


何者かに足を絡め取られ、引き摺り下ろされる

梯子を掴んで抵抗しようとしたが梯子はそのまま崩れ、暗闇の底へと引きずり込まれていく

生暖かい空気が先ほどよりも短い間隔で流れる


ハァ、ハァ、ハァ


まるで興奮している息遣いのような…

そう、そこで初めて気づいた。これは息遣いだ


天井に、壁に、下に、沢山の大小さまざまな目玉がパチパチと瞬きを繰り返し、しかしそのどれもがはっきりと自分を見つめているのだ

ならばこの自分を捕まえている触手は舌か


メキメキメキと体の骨が悲鳴を上げている

身体が押しつぶされる痛みと上下に引きちぎられる痛み、手足が四方に引っ張られる痛み、ミチミチと肉が千切れる音が耳に響く

果てしない痛みはブチンッと言う小気味よい音と共に意識を手放す形によってようやく解放された

@>>208に戻る
A>>214に戻る
B???にて。記憶を引き継いで復活

>>220
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/25(月) 23:54:24.92 ID:7r2XGEaEo
2
221 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/26(火) 00:00:52.89 ID:CAujZwkR0
思い出せ…この町に隠れられるような場所は無かったか…

子供の頃の秘密基地…親戚の叔母さん家…いや…ダメだ駄目だ…


追手は次々と数を増す。もはや犬猫までもが追いかけてきているのだ

黄緑色の太陽が血のような赤い巨大な瞳をグルグルと蠢かせている

立ち並ぶ建物さえもが窓が目のように睨んできているように感じる


廃墟の工場…町の外れにある森…いや、それより


足元の…マンホール…


@マンホールを開ける
A廃工場に向かう
B町外れの森に向かう
C自由安価

>>222
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/26(火) 00:01:26.11 ID:pXf8cv3jo
2
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/26(火) 00:02:17.41 ID:TcU2Wxt6o
3
224 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 14:10:35.78 ID:gBZtVMiE0
いや、廃工場に向かおう。あそこならそんなに遠くないはずだ

だがどうやってあの監視の目を抜ければいいんだ…動く者は全て敵と考えるべきだろうが…

確か裏路地より大通りの方が早く行けたはずだ


@裏路地を通って遠回りしていく
A大通りを突っ切る
B自由安価

>>225
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 14:15:17.52 ID:NLXirhk3O
無難に1
226 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 16:40:24.49 ID:gBZtVMiE0
裏路地を行こう
―――――
―――

裏路地は表通りより更に奇妙で不気味だ

足元で沢山の気配が蠢いている。のっぺらぼうな建物は窓から毒々しい煙を吐き続け、マンホールはガタガタと揺れ動く

塀の上を死体のネズミが走り回り、肉塊の猫が追いかける


ふと、大きな空間の歪を見つけた

自分の身体一つ入れそうな大きな歪み、空気がブレ、世界そのものにヒビが入っているかのような

その空間の歪の中に、ふと別の空間を見たような気がした


@空間の歪に触れる
A気にしない

>>195
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 16:44:25.10 ID:f+sLP9Foo
1
228 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 18:01:59.20 ID:gBZtVMiE0
コンマ安価30以下
>>229
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 18:11:19.75 ID:/qMVda8eO
はい
230 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 21:20:23.57 ID:gBZtVMiE0
歪に触れた途端、ものすごく強い力で歪の中に引きこまれた

だが途轍もない圧力に全身を押しつぶされ、捻じり切られ、激しい痛みの中意識を手放した


@???にて復活
A>>226にて「気にしない」の選択を選んだ状態で続行

>>231
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 21:21:01.88 ID:fzap04gCo
2
232 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 22:14:45.01 ID:gBZtVMiE0
歪は気にせず先に進む

表通りの方から聞こえるガヤガヤとした喧騒は怒号に変わり、大人数での本気の捜索を感じさせる

一応、廃工場はこの先のはずだ


@民家と塀の隙間を通って
A公園の脇を通り過ぎて
B商店街を通って
C駐車場を突っ切って

>>233
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/27(水) 22:15:04.15 ID:EQE31fh7o
2
234 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/27(水) 23:33:01.66 ID:gBZtVMiE0
この公園を突っ切っていけばもうすぐのはずだ


公園の中から壊れた掠れた金属のような音が聞こえる。それは声だった

金属を擦り合わせて出しているような不快で耳障りなおぞましい金切声


それを発しているのはテレビの顔、ブラウン管の頭を付けたボロイ赤ちゃん人形が遊具で遊びながらテレビ画面に映った泥だらけの顔を叫ぶように歪めながらキャッキャ、キャッキャと笑っている

それを見守るのは手足と頭だけが上下逆さまについている母親たち


公園の遊具は全て人体のパーツのようなもので構成されていた

腕と足をくっつけたようなジャングルジム、顔面を歪に繋ぎ合わせてハンマーで無理やり平らにしたような滑り台、赤黒い砂場の中には目玉や指、髪の毛などが入り混じっている

余りにもおぞましい光景。ああ、やはりこの町も間違いなくあのダンジョン内だ


ならあの"自宅"は…?何故あれほどまともだった?あの母親と妹は?

あの時自分に見えていたものは真実の姿か?

今戻ったら何が見えるのか…
235 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/31(日) 22:41:26.03 ID:fQd/CmJW0
―――――
―――

廃工場


男「…ついた、が」


本当にここに隠れられるかは分からない。下手したらもっと危険な可能性もある

それでも

それでも

ここに導かれたんだ

子供の頃、何度も忍び込んだ、この場所に


ギィ


重い鉄扉に手をかけ、錆びついた引き戸を横に強く引く


@何人かの正常な人間がそこにいた
A巨大な機械が稼働していた
B荷物があった
C変なオブジェがあった

>>236
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/31(日) 22:43:09.60 ID:X4KJVz49O
3
237 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/05/31(日) 23:37:16.53 ID:fQd/CmJW0
中は工場というより倉庫のようになっていた沢山の棚にいくつもの荷物が置かれている


男「やはり俺以外にも連れてこられたいっぱいいたのか…」

@荷物を漁り、有用なものを持ってく
A自分の荷物を探す

>>238
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/31(日) 23:37:42.85 ID:MjSlPTzgo
2
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/31(日) 23:41:30.86 ID:kAuim2Vno
2
240 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/01(月) 00:41:27.34 ID:jyDXtwO50
―――――
―――

男「あった、俺の荷物だ」


中身も確認する。間違いなく自分の荷物だ


男「よし、これで…待てよ、ここに荷物があるってことは、また誰か連れてこられたら荷物置きにあいつら来るんじゃないか?」


@さっさとここを出よう
A奴らが来るのを待つ
B自由安価

>>241
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 00:48:20.52 ID:u5qgrsEDO
1
242 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/01(月) 23:18:31.88 ID:jyDXtwO50
さっさとここを出よう

しかし、出たとしてもどこに行ったものか

@自宅
A学校
Bマンホールに超高度濃圧縮熱線放射略式小銃をぶち込みに行く
Cこの偽りの町の端っこを見に行く
D別の廃工場
E自由安価

>>243
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 23:18:58.52 ID:95XYezEPo
3
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/01(月) 23:21:22.74 ID:dsd6VXBA0
27秒で草
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/06/01(月) 23:37:00.15 ID:e0eUl7qi0
https://ura22.sakura.ne.jp/image/MYr8j9F7a2P9.jpg
246 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/02(火) 21:40:17.87 ID:w3U7H2Ti0
あのとても怪しかったマンホールにこいつをぶち込みにいくか…楽しみだ

廃工場近くのマンホールを開く


背筋に凍るような寒気が走る。毛穴が全部一斉に開くようなおぞましい感覚が全身を覆い、吐き気すらこみあげる


沢山の瞳、瞳、瞳、瞳、瞳瞳瞳瞳


次いで触手が俺を食らおうと延びてくる


男「…死ね」


超高度濃圧縮熱線放射略式小銃のトリガーを引く


カチ


ドシュゥォォオオオオン!!!!


空気をも焼き尽くし、空間さえも溶かし尽くす超高密度の熱射線が放たれる


この町を、偽りの思い出を、燃やし尽くしてしまうように
247 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/02(火) 21:45:57.60 ID:w3U7H2Ti0
きぃぃぃぃいいいゃぁぁああああああああ!!!!!


世界そのものが叫んでいるような

全ての生き物が叫んでいるような

何もかもが全て叫んでいるような


そんな恐ろしい叫びが世界を包んだ

そんなおぞましい叫びが俺を包んだ

そんなとてつもない叫びが響いてた
248 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/02(火) 23:12:44.84 ID:w3U7H2Ti0
世界の終わりを思わせるような叫びがようやく消えた後、全く違う景色、いや真実の景色が現れた

地面も建物も、天井さえも死肉で構成され、青い血管が張り巡らされていた

だが、かつてはドクドクと流れていたであろう血も留まり、今は死臭が漂うのみだ


@穴(元マンホール)の中に入る
Aこのフロアを探索する

>>249
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/02(火) 23:14:35.18 ID:OWF8NXFQo
1
250 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/03(水) 00:06:26.27 ID:sUjGp7ok0
書かれることの無かったメモ


「F-189-K」偽りの故郷

フロアそのものが巨大な怪物。このフロアに人が立ち入った瞬間、頭蓋を開かれ、脳を啜られ、記憶を蹂躙されるだろう

餌食となった人間は最も帰りたいと思う故郷、もしくは最も記憶に残る町を記憶から再現され、親しい人と過ごすことになる

だがここで過ごすとやがて洗脳され、全てを忘れ、この偽りの町で過ごすことが当たり前になってしまう


学校、または職場では化け物を狩ることを教えられる。だがそれは見た目が化け物でも実際は他のフロアで、もしくはこの町でまだ正気な人間を殺し、もしくは連れ去ることだ

ここでの人間は怪物の餌であり、他のフロアで正気な人間を狩るための猟犬であり、まだ正気な人間を洗脳するための便利な餌兼手足なのだ


怪物は小さな怪物を町中に放しており、それがNPCの役割を果たしている

マンホールから地下を覗くことができ、そこだけが洗脳された人間でもこの町の真の姿を見ることができる唯一の場所である
251 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/04(木) 18:19:13.89 ID:x/sZ7iBR0
焼けた空気の匂いがする穴の中に身を投げる

あの怪物の死体は見当たらない。目玉も触手も無い

ただ次元のうねりに身を任せ、上に下に、あらゆる方向に体を引っ張られる感覚

落ちているのか飛ばされているのか、いつまで続いているのか、あるいは一瞬なのか

そしてそれは唐突に終わる


@小さな部屋の中にいる
A暗い町中にいる
B廊下のような場所にいる

>>252
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 18:20:55.47 ID:CVO3HwxzO
3
253 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/04(木) 21:16:03.37 ID:x/sZ7iBR0
気が付くと廊下のような場所に立っていた。ひび割れたコンクリートの床、ノイズのように点滅する照明、無機質な壁

左右にはいくつも扉があり、前にも後ろにも長い廊下が見えないほど遠くまで続いている

天井に穴などは無く、自分がどこから来たのかはもはや分からなかった


男「『A-667-G』か」

@廊下を進む
A手近な部屋に入る
B後ろに続いている廊下を進む
C真正面に超高度濃圧縮熱線放射略式小銃を撃つ

>>254
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 21:18:12.19 ID:P352e4WqO
2
255 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/04(木) 21:45:30.31 ID:x/sZ7iBR0
一番近い部屋に入る

暗い部屋の中で一人膝を抱えている人間がいた。その目線の先には砂嵐が起きているテレビ


何も映らないテレビとそれを虚ろな目で見ている人間、この部屋にあるものはそれのみだ

他には窓も椅子も何も無く、別の場所に通じる扉も廊下も無い


テレビを見ている人間は良く見ると少し揺れており、良く聞くと小さくブツブツと何かを言い続けている


@話しかける
A部屋を出る

>>256
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 21:45:48.33 ID:PZ4GLWZ5o
2
257 : ◆L19fRVkAnc [saga]:2020/06/04(木) 23:55:25.67 ID:x/sZ7iBR0
部屋を出る

今は外れの部屋だろうか、次の部屋を見てみる


「キィェエエエエエエ!!!!!!」


部屋に入ってすぐ、こちらに向かって大声で叫ぶ人間に遭遇する。痩せ細って骨と皮だけになった身体、伸ばすに任せたボソボソの髪と爪。とても生きた人間には見えなかった


@横にどかして部屋に入る
A部屋を出る
B自由安価

>>258
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/04(木) 23:56:27.82 ID:/iYmUOKx0
1
93.25 KB Speed:3.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)