メリー「もしもし、私メリーさん」男「ひいいぃっ!」バタッ

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:53:15.02 ID:gBZAIg/Z0
メリー「今〇〇駅にいるの」

メリー(怖がってる怖がってる。いい感じ)

メリー「さて、次の電話なの」

プルルルルルル

メリー「・・・・・・出ない。まあそんなことしても私には関係ないの」

メリー「もしもし、私メリーさん。今△△スーパーの前にいるの」

メリー「・・・・・・」

メリー(声が聞こえない。電話から離れて隠れたとか?)

メリー「ま、そんなこと私の前には無意味なの。よし、次の電話」

プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今コンビニの前にいるの」

メリー(聞いてない相手に電話をかけるのはちょっと虚しい)

メリー「・・・・・・もう一気にいっちゃうの」

プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589716394
2 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:53:57.83 ID:gBZAIg/Z0
メリー「あ な た の う し ろ に」




男「」




メリー「・・・・・・?」
3 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:54:32.46 ID:gBZAIg/Z0
メリー「・・・・・・し、死んでる」

メリー「え、いや、やばいやばい!心臓、止まってる!息、してない!つまり死んでる!」

メリー「え、あまりの恐怖にショック死?メンタル弱すぎじゃない?」

メリー「じゃなくて!やばいの!私が殺す前に死なれると都市伝説法第28条に引っかかるの!」

メリー「えーと、AED!近くに、えーっと、えーっと、あ、そうだ!」

プルルルルルル
4 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:55:11.45 ID:gBZAIg/Z0
駅員「ん、なんだこんな夜中に・・・・・電話?」

メリー『もしもし、私メリーさん。今からAEDを取りに行くから準備しておいてほしいの!』

駅員「んー?メリーさ・・・・・え?」

メリー『いいから早く!心臓が止まってるの!早くしないと死ぬから!』

駅員「わ、わかりました!」

駅員(メリーさん?)

メリー「AED!とりにきたの!」

駅員「え、早い!?いや、どうやってここに!?」

メリー「説明してる暇はないの!メリーさんでぐぐれなの!ええっとあいつの電話番号は」プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今からあなたのとこにいくの!」フッ

駅員「き、消えた・・・・・・?なんだったんだ・・・・・・?」
5 :人工呼吸は優先度低いの ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:56:07.78 ID:gBZAIg/Z0
メリー「最初の電話をかけてから2分、まだいける!えーと、金属アクセサリーは、つけてない!体は濡れて、ない!よし!」

メリー「AED起動!」

ドクン

メリー「心臓は、まだ動いてない?ええい、心臓マッサージ!」

メリー「胸骨が折れるぐらいに強く!テンポはアンパンマンのマーチで!」

メリー「そっおっだっ!うれしいいんだっ!いーきるよろこびっ!たっとっえっ!むねのきずーがっ!いーたんでもっ!」

メリー「よし、もっかいAED!あっ、救急車呼ばなきゃ!」プルルルルルル

メリー「もしもし、救急なの!場所は〇〇区××町1-2-3の201号室!」

メリー「今心肺蘇生中なの!急いでね!」

メリー「よし、連絡オッケー!心臓マッサージ再開!」

メリー「死ぬなぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」
6 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:57:20.65 ID:gBZAIg/Z0
男(・・・・・・あれ、ここは)

男「・・・・・・知らない天上だ」

男(えーと、なんか白いベッドで寝かされてて、服も病人が着るみたいなあれ)

男「そして側には謎の機械。・・・・・・そうか、病院かここは」

男(そりゃ病人が着る服着てるよな。でもなんで病院にいるんだ?覚えてない・・・・・)

男「とりあえずナースコールを押そう」
7 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:57:55.68 ID:gBZAIg/Z0
ナース「よかった、意識が戻ったんですね」

男「ええ、まあ。それよりも、俺はなんでこんなところに?」

ナース「自宅で心停止して倒れていたところを遊びに来ていたお友達の妹さんが助けてくれたんですよ」

男「友達の妹?」

男(遊びに来てた?ここ最近誰かが遊びに着た記憶がないけど・・・・・・)

ナース「もしかしたら意識を失った拍子に記憶が混乱しているのかもしれません。すぐに先生がいらっしゃいますので、診てもらいましょう」

男「あ、はい」
8 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:58:36.44 ID:gBZAIg/Z0
メリー(駅からAEDを取って来たって言ったから大騒ぎになったの。物理的に不可能な距離だとかなんだとか。こっちは怪異なんだからんなもん関係ないの)

メリー「まあ駅員さんにAED返したし、状況説明もしたし。あとは待つだけなの」

メリー(幸い心臓は動き出したから死にはしてないはずなの)

プルルルルルル

メリー「あ、はいもしもし。メリーですけど」

ナース『もしもし、メリーちゃんですか?男さんの意識が戻りましたよ』

メリー「ほんとなの!?よかったの・・・・・」

ナース『ただ、今はちょっと混乱しているみたいでメリーちゃんが会ってお話すれば記憶も戻るかもしれませんので、また時間がある時にお見舞いしに来てあげてください』

メリー「わかったの。ありがとうございますなの」ピッ

メリー「・・・・・・お見舞い?どの面下げて?私が?行くの?」

メリー(あ、起きたなら電話してもっかい殺せばいいじゃんなの)

メリー「そうと決まれば夜まで待って・・・・・」
9 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:59:07.93 ID:gBZAIg/Z0
プルルルルルル

メリー「もしもし、私メリーさん。今〇〇駅にいるの」

メリー「・・・・・・」

メリー(反応がない。寝てる?そ、それとももしかしてまた死んだ!?ヤバいの!すぐ確認にいくの!)

メリー「男ーっ!死ぬななのーっ!」フッ
10 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 20:59:55.50 ID:gBZAIg/Z0
メリー「男ー!・・・・・・あれ?」

メリー(ここは、あいつの部屋なの。あれ?でもあいつまだ病院に・・・・・・)

メリー「あっ」

メリー(うかつだったの。私ができるのは電話口へのワープだけなの。そして、その電話は)

メリー「家におきっぱなし・・・・・そりゃそうなの。しょうがない、明日にでも持っていってあげるの」

メリー(今日は家まで帰るのめんどいから寝床を借りるの)

メリー「・・・・・・にしても、汚い部屋なの」

メリー(一晩だけとはいえ、こんな汚い部屋で寝るのは許せないの)

メリー「この際なの。徹底的に掃除してから寝てやるの!」

メリー(人形なのに寝る必要あるの?とかはご法度なの。今の時代人形も妖怪もなんでも寝るの。なんなら幽霊も寝るの。知り合いの幽霊はぐっすりだったの)
11 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:00:53.90 ID:gBZAIg/Z0
男「・・・・・・体に異常がないから退院して家に戻ったら」

メリー「すぅ・・・・・すぅ・・・・・・zzz」

男「女の子?っていうかこれ、人形?」

男(2日ぶりの我が家で人形が自分のベッドで寝てる恐怖。なんか部屋もきれいだし、もしかして部屋間違えた?)

男「・・・・・・でも、部屋がきれいなこと以外は家具配置とかそのまんまだし」

男(めんどくさいからって表札出してないのが仇になった。お隣さんも出してないし確認しようがない)

男「あ、パソコン。これにログイン出来たら俺の部屋だよな」カタカタ

男(ログイン出来た。つまり俺のパソコン、ってことはここは俺の部屋)

男「・・・・・・おーい、ちょっとー?」

メリー「んむ・・・・・・うるさいの・・・・・・あと2時間・・・・・・」

男「ベッド占領しないでくれー、おーい」

メリー「むにゅ・・・・・・りんごを・・・・・・たべるの・・・・・・こいつは・・・・・・」

男「寝ぼけてないで起きてくれー」

メリー「こいつは・・・・・・こいつ・・・・・・ンゴっ!」

男「あ、起きた」

メリー「リンゴの精がムキムキになって追いかけてくる夢をみたの・・・・・・ん?」

男「えーと、とりあえず君が誰かを教えてほしいな。さもないと110番だ」

メリー「あー・・・・・・思ったより帰ってくるのが早かったの」
12 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:01:31.20 ID:gBZAIg/Z0
メリー「えーと、私はメリー。巷で噂の都市伝説、メリーさんなの」

男「メリーさん?そんな一昔前の?」

メリー「一昔前とか言うななの!」

男「で、なんで俺の家で寝てたんだ?」

メリー「おまえのせいなの!おまえに電話をかけたらなんか突然死んだから!あれ?でもこれって電話をした私のせいなの?」

男「電話?んん?そういやなんかかかってきたようなきてないような」

メリー「私が殺す前に勝手に死んでたから心肺蘇生して病院送りにしたの。そしてまた殺しに来たら電話放置で本人が病院にいたってオチなの」

男「なるほどなるほど、うん」
13 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:02:30.36 ID:gBZAIg/Z0
男「もしもしおまわりさん!?女の子に殺されかけてますっ!」

メリー「わー!わー!わー!お兄ちゃん酷いこと言わないで!冗談なの!」パシッ

男「あっ、スマホ返せ!」

メリー「ごめんなさい、ちょっと喧嘩しただけなの。お兄ちゃんがほんとに電話をすると思ってなかったの。ごめんなさいなの。それじゃあなの」ピッ

男「ああ、消しやがって・・・・・・」

メリー「命の恩人に何て言い草なの!」

男「一応一回殺されたんですけど!?」

メリー「あんなのお前の心臓が弱いのが悪いの!電話一回で死ぬななの!」

男「しょうがねえだろ!あんときホラースレ漁ってた途中だったんだから!タイミングばっちりだよくそが!」

メリー「んなもんで死なれてたまるかなの!」

ドンッッッ

メリー「ひっ!」

男「あー、騒ぎすぎたか。うん、壁ドンされてもしかたねーわ」

男(隣の家の人夜勤らしいし)

メリー「こほん、とにかく。今日は電話を届けるつもりでいたから一晩寝床を借りてただけなの。ついでに掃除もしてやったんだから感謝して欲しいぐらいなの」

男「不法侵入者に家を掃除されて感謝を要求される。ここは本当に日本か?」

メリー「とりあえず私は家に帰るの。また殺しに来るの」

男「来るのか・・・・・・」
14 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:03:01.80 ID:gBZAIg/Z0
メリー「もしもし、私メリーさん。今〇〇駅の近くにいるの」

男『俺引っ越したけど』

メリー「えっ!?」

男『いや、さすがに殺されるってわかってて逃げないわけないだろ』

メリー「ええっ!?そんなの聞いてないの!上も杜撰な仕事しやがってなの!住所変わったなら情報送ってこいなの!」

男『ってことでもうかけてこないでください。おやすみ』ピッ
15 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:03:47.48 ID:gBZAIg/Z0
メリー「もしもし、私メリーさん」

メリー(やっぱり出ないの。でも住所とか関係ないの。電話口ならどこにでもワープできるの)

メリー「・・・・・・」フッ

メリー「今」

メリー「あ な た の う し ろ に い る の」

電話「」

メリー「・・・・・・電話が放置されてるの。あれ、図られた?」

プルルルルルル

メリー「え、電話?」

『もしもし、私男さん』

メリー「えっ、えっ、電話はたしかにここに」

『今』




男「あ な た の う し ろ に い る の」




メリー「ぎゃあああああああああああっ!!!!!」
16 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:04:20.52 ID:gBZAIg/Z0
メリー「な、なな、ななななんでっ!?」

男「俺、格安SIMを二台持ちしてるから」

メリー「くっ、現代っ子め!」

男「ほらほら、もう効かないからさっさと帰れ。んで、ターゲットを変更しろ」

メリー「無理なの。んなことしたら違約金がかかるの。払いきれる額じゃないの」

男「都市伝説に違約金・・・・・?」

メリー「かといって都市伝説は正直ドッキリ的な要素で殺しにかかるからここまで知られてるともう通用しないの」

男「つまり?」

メリー「・・・・・・詰み、なの」
17 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:05:27.25 ID:gBZAIg/Z0
メリー「えーっと、こうなった場合どうすればいいんだっけ?」

男「俺に聞かれても」

メリー「かよわい人形の力で真正面から殺すのは無理、かといってターゲットを変えるのも無理」

男「どうするの?」

メリー「ええっと、とりあえず今日は帰るの。また対策を考えるの」

男「うん、がんばれ」

メリー「あなたが殺されてくれるなら一番なんだけどなの」

男「それでハイって言えるほど人生に悲観してないから」

メリー「はぁ、なんでこんなことに・・・・・・」
18 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:06:55.28 ID:gBZAIg/Z0
―2か月後―

メリー『もしもし、私メリーさん』

男「メリーさんとかいたな。忘れてた(ハイ、なんだ?)」

メリー『多分本音と建前が逆なの・・・・・・まあいいや。とりあえず、私の貯金が底をついたの』

男「え?」

メリー『家賃今月分払い終わったらもうお金が足りないの。生活できないの』

男「ええーっと?」

メリー『それで、お願いなの』

男「お願い?」

メリー『養ってください』

男「拒否」ピッ
19 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:07:38.65 ID:gBZAIg/Z0
メリー『おねがいしますなの!このままじゃ携帯料金も払えなくてメリーさん業がなにもできずに野垂れ死ぬの!』

男「そんなこと言われても」

メリー『掃除洗濯料理なんでもできるの!こう見えて生活力はあるの!』

男「バイトでもしたら?」

メリー『人形ができるバイトなんてあるわけないの!今からそっちにワープするから!面と向かって話すの!』

男「えぇ・・・」

メリー「はい、来たの!」

男「早いな」

メリー「おねがいしますなの!私にできることはなんでもやりますから!ここに住まわせてくださいなの!」

男「ん、今なんでもやるって?」

メリー「えっ?あー、えーっと、え、えっちなことは・・・・・・ちょ、ちょっとだけなら」

男「あ、人形相手に興奮する性癖じゃないんで結構です」

メリー「・・・・・・」

男「・・・・・・」
20 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:09:21.43 ID:gBZAIg/Z0
メリー「おねがいしますなの!おねがいしますなの!」

男「ほら、生活保護とかいろいろあるじゃん?それでなんとかならないの?」

メリー「無理なの!都市伝説に戸籍なんてないの!幽霊にはあるけど!」

男「だろうね。家はあるのに(幽霊にはあるのかよ。日本はいったいどうした)」

メリー「社宅なの。もう引き払ってきたの」

男「えっ」

メリー「家賃だけ払ってもう出たの!もう本当に行くところが無いの!頼れる人もいないの!えっちなことでもなんでもしていいからぁ!」

男「わかったわかった!わかったから!住まわせればいいんだろ!」

メリー「いいの!?本当に!?」

男「さすがにここまで困ってる女の子を見捨てたら姉ちゃんにぶっ殺されるし」

メリー「ありがとうなの!残り少ない貯金も全額降ろしてくるの!」

男「お、おう」

男(前略、姉ちゃんへ。気が付いたらメリーさんと同棲することになりました。わけがわからん。助けて)
21 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:10:10.83 ID:gBZAIg/Z0
メリー「えー、というわけで、不束者ではありますがよろしくおねがいしますなの」

男「あ、はい、こちらこそよろしく」

メリー「とりあえず何からすればいいの?掃除?洗濯?料理?」

男「てきとうに任せる」

メリー「わかったの!全部やってやるの!」
22 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:11:19.71 ID:gBZAIg/Z0
男(こうして、俺とメリーとの奇妙な同居生活が始まった)

メリー「うわあああ!ゴキブリが出たのーーー!こんのっ!新聞紙っ!はないから、スリッパを喰らえなのっ!」

男(突然の事でどうすればいいのかはわからないが)

メリー「退治、完了・・・・・なの」

男(とりあえずなるようになるだろう。うん。どうなるのか想像つかないけど)

メリー「男ーっ!資源ゴミ溜め込み過ぎなの!ゴミ捨てに行くからついて来いなの!」

男「あ、はい」

男(まあ、こんな生活も悪くないか。姉ちゃんにさえ見られなきゃどうにでもなる)

モニター「・・・・・・」ザザーッ

To be continued...?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 21:13:27.08 ID:tm9LCjMJo

続きはよ
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/17(日) 21:16:50.98 ID:5oOugGhDO
続いて
メリーさんはかわいいなあ
25 : ◆GiMcqKsVbQ [saga]:2020/05/17(日) 21:18:02.19 ID:gBZAIg/Z0
最初の5レス分ぐらいだけの見切り発車で書いたらこんなことになった。
メリーちゃんのサイズは90センチぐらい。心臓マッサージできるぐらいの重量はある。
人を殺す系都市伝説は多分個人事業主扱いの契約。UberEatsとかキャバ嬢みたいなもの。
今の時代都市伝説より人を殺しまくってるウイルスとか蔓延してるから都市伝説はあまり怖がられないと思う。
事実は小説より奇なりとも言うけれど、なんだかんだ怪談より現実の方が恐い。
このスレはここで終わりだけど、続きの5レス分ぐらい思いついたら別スレで書くかも。
メリーちゃんは奇異太郎君のとこの娘が可愛いと思う。メリーさん好きなら読むべき。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 00:38:03.17 ID:hsY97eLpo
まだまだ都市伝説はあるからいけるな
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/19(火) 20:43:45.21 ID:2AamSJPiO
メリー「もしもし、私メリーさんあなたを後ろからディルドでついてるわ」
16.42 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)