モバP「以心伝心」晶葉「してしまった」志希「にゃはは〜ん」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 00:36:59.18 ID:Osk73e320
モバP(やばい)

晶葉「…そんなことをいちいち頭に浮かべるな」

志希(…晶葉ちゃんは今、トイレに行きたい♪)

モバP「…!?何!!それは本当か!!」

晶葉「お、おいおい!?何を勝手にバラしているんだ!!ちょ、や、やめないか!!」

志希「えー、そんなこと言っても、結局考えてること分かっちゃうんだし、いっそのこと……」

晶葉「余計なことをするな!!全く……今のは忘れてくれ、助手よ」

モバP「分かった分かった、分かってるって」




モバP(晶葉はトイレなんて行きたくない、考えるなっ!……晶葉はトイレになんか……と、トイレ…!!)

晶葉「…バリバリに覚えてるじゃないか!!!この愚か者が!!」

モバP「あだぁー!!」

志希「にゃっはっはっは〜!!晶葉ちゃん顔、真っ赤っか〜♪」

晶葉「う、うるさいうるさい!!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590421018
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 00:57:57.31 ID:Osk73e320
晶葉「はぁ…実にうざったい!!そもそも、なんなんだこれは!!」

志希「不思議だね〜。何を考えても筒抜けで、あたしたちの間では何も隠せなくなっちゃった」

モバP「……」

モバP(女の子2人と考えが一緒に……はっ!危ない危ない、危うく昨日見たエロ動画を思い浮かべるところだった……絶対、これだけは浮かべちゃ…)

晶葉「……助手よ。お前は、話を聞いていたのか?」

志希「おバカさんだね〜」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 00:59:46.30 ID:Osk73e320
モバP「うぐぐ……で、でも、ちょっとは分かるだろ?なんかこう、考えるな!!って言われるほど考えちゃうみたいな。そういう感じじゃないか、この状況って?」

志希「…あーあ!!うんうん、分かる分かる!たまに電車乗ってる時とかに、自分の考えが読まれてたら……って、思った途端にエッチなこと考えちゃうみたいな!」

モバP「そうそうそう!!やっぱ真っ先にエロが来るよなー、そういう時!あ、たまにめちゃめちゃ面白いやつとかも思い浮かぶけど…」

志希「あっはっはっは!!!ほんと、気持ちが分かりすぎてすごーい面白い〜!!」

モバP「お前もこういうの結構分かる感じか〜!!あれだろ!お前のことだから、思い浮かべてるのってきっと匂いフェチのJK……」

晶葉「……おい、エロトークを交わすのは構わないが、その間に立つ身にもなってくれ……」

晶葉(恥ずかしくて……耐えられん!!)

志希(あ、可愛い〜♪)
モバP(かぁ、わ、い、い〜♪)



晶葉(お、おえっ…)



モバP(えっ……)
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 01:24:31.53 ID:Osk73e320
志希「あっ!ふふっ……ね〜え、2人ってさ……こういうの興味ある?」

モバP「ん?……!?ほわぁぁぁっ!!」

晶葉「…ひ、ひゃぁぁぁぁっ!!!」

志希「へっへっへ〜ん…そんなに喜んでもらえると、嬉しいな〜♪」

モバP(お、おま……急に自分の裸を送ってくるなんて……)

晶葉(も、もう……私、どうにかなりそうだ……)

志希(あはっ、やっぱり!2人が今、ムンムンとしてるのとかも、全部伝わっちゃうんだね〜)

モバP(あの……も、もしよろしければ、おかわりの方頂いても……)

晶葉(……この…大バカ者がぁぁぁ!!このエロスケベ!!!心の中丸裸にされて、恥ずかしくて仕方がないのに、これ以上私を死体蹴りする気かぁぁぁ!?)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 01:25:05.06 ID:Osk73e320
志希「あ、忘れてた。そういえばキミさ、さっきちひろさんに呼ばれてたよ?」

モバP「ええっ!?こ、この状況でかよ……」

志希「すご〜い焦ったような顔で、『アレを飲んだら、頭の中が繋がって……大変なことになっちゃいます!!』って言って探し回ってたよ」

モバP「おいおい……間違いねえじゃねえかよ、それ」

晶葉「相変わらず、というべきか……あの女、一回締め上げてもいいんじゃないか?」

モバP「さらっと怖いこと言うのやめろよ」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 01:26:25.02 ID:Osk73e320
モバP「じゃあ、俺はこれからちひろさんに会いに行かないと、だな。お前らの方はこの後何かあるのか?」

志希「あたしはこれからフレちゃんたちとお出かけだよ〜」

晶葉「私は何もないが……少し、綺麗な空気を吸いに行きたい。ちょっと…気分転換でもしないと、やってられない…」

志希「それって、ムラムラしてるから〜?」

晶葉「…ぐずっ……ううっ」

モバP「…もう、それはあまり話さないであげよう」

志希「ごめん、ごめんって〜晶葉ちゃん。それじゃあ、時間も押してるし、そろそろ行かなくちゃ〜」

モバP「ああ。元に戻る方法が分かったらすぐに連絡するからな」

晶葉「…ひぐっ……なるべく、えっぐ……早めで、頼むぞ…」

モバP「あ……は、はい」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 01:27:26.22 ID:Osk73e320




そ、それじゃ、一旦解散だ!!



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/05/26(火) 02:09:23.75 ID:GAasSR6Z0
離れてても効果はそのままなんだろうか
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 22:51:50.66 ID:Osk73e320
3時間後、ショッピングモール

志希「みんな〜、お待たせ〜♪」

フレデリカ「おー、やっと来たー!!」

美嘉「え、今!?あの、志希ちゃん……流石に3時間はちょっと…」

奏「いくらなんでも遅すぎるわ…」

志希「ちょっと急用があってさ〜、ごめんごめん♪」

周子「ねーねー、シューコちゃんお腹空いちゃったよ〜。まずは、ご飯にしよ〜?」

志希「さんせーい!!」

奏「そこ、あなたが答えるの?……はぁ、ほんと、相変わらずね」

美嘉「あはは……まあ、いいんじゃない?志希ちゃんらしい、っていうか。ほら、早くしないと混んじゃうよ!行こ行こ」

フレデリカ「おー!ねえ見てみて!あれ、すっごく美味しそう…………」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 22:53:44.96 ID:Osk73e320
広い公園

晶葉「すー、はー……ふぅ、ようやく落ち着いてきたぞ…」

晶葉「……」

晶葉(…そろそろか)





愛海「うっへっへっへ………晶葉ちゃんのを、わっきわっき〜……そろーり、そろーり……」





愛海「…ひっひっひ……い、た、だ、き!!!」

晶葉「ふん……そんな子供騙しな、かくれんぼで私を誤魔化せるとでも思ったのか?」

愛海「へ…うわぁぁっ!!えっ!な、なんであたしが後ろにいるって……」

晶葉「愚か者!!事務所からずっと後を付けていたことも全てお見通しだ!!それに…」

愛海「ひっ!!」

晶葉「その心にある……淫らで卑しい欲望もなぁ!!」ムニッ

愛海「…!?ひ、ひゃぁぁ!!!!」

愛海「ち、ちょっと晶葉ちゃん!!私は堪能する側で、決してこんな趣味は……んひぃっ!!」

晶葉「おっと、これは失礼。生憎、今はものすごくイライラとしててな……ふっふっふ、この私に手を出そうとした罰だ!少し、遊ばさせてもらうぞ!!」ムニッムニッ
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 22:55:44.57 ID:Osk73e320
事務所

モバP「…はぁ!?戻し方が分からない!?」

ちひろ「す、すみません……」

ちひろ「元々、あれは菜々さ……げふんげふん!!私用に作っていたものなんです……それが、まさか」

モバP「いや、ハッキリ聞こえましたよ!!なんてことしようとしてたんですか……あー、大変なことになったぞ…!!」

ちひろ「巻き込んで、本当にごめんなさい!!お詫びと言ってはなんですけど、今日は付きっきりでプロデューサーさんをお手伝いします!頭の中、こんがらがって大変ですよね?私に出来ることなら、なんでもやりますよ」

モバP「え、本当ですか!!それは、すごい助かります!!」

ちひろ「ええ!目一杯やりますから、どーんと任せてください!!」

モバP「あははっ!!……ん?」




モバP「あ、すいません、ちょっと電話が…………はい、Pです…………えっ」





12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/26(火) 22:57:41.54 ID:Osk73e320








モバP「…み、美城、常務……?」プルプルプルプルプルプルプルプル







13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/27(水) 00:09:25.59 ID:0UnBhL4a0
モバP(打ち合わせって……こ、このタイミングで…!?)

ちひろ「」ダッ

モバP「おい待てコラ」ガシッ

ちひろ「う、うわぁぁぁぁぁ!!!やっぱ、ムリムリムリムリムリムリ!!まだ私、死にたくないですし!!せめて、死ぬんだったら、プロデューサーさん1人で……」ジタバタ

モバP「最低か!!…でも、もう乗りかかった船です!逃げるなんて出来ませんよ!!」

ちひろ「うわぁぁぁぁぁぁん!!!だ、誰かたすけてぇぇぇぇぇ!!!!」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/27(水) 00:10:18.28 ID:0UnBhL4a0
ガチャ

美城「…わざわざ、来てもらえて助かる。さあ、早速例の件についてだが……」

ちひろ「」
モバP「」

美城「…な、ど、どうかしたのか?」

モバP「イエ、ナ、ナンデモ、アリマセ、ン」

ちひろ「ハ、ハハハハハ、ハイ!!モ、モチロンデストモ!!ネエ、プーサン?」

モバP「ハ、ハハハ!!!」

美城「……?」





モバP(頼むぞ、晶葉、志希……俺の命がかかってるんだ。この人の前で、『もしも何かあったりしたら』……マジで、変なこととかしてくんなよ!!)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/28(木) 00:22:19.50 ID:KRftI0Ey0
周子「…ん〜!!このパンケーキ美味しいわ〜!ほら、奏ちゃんも食べてみ?あ〜ん」

奏「ちょっと!周りに人がいるのに……むぐっ!……ま、まあ味は悪くないわね」

美嘉「あははっ!!周子ちゃんてば、大胆なことするなぁ〜、うーらーやーまーしー」

フレデリカ「ひゅーひゅー!!お、そうとくれば!このフレちゃんもやっちゃうよ〜、はい、あ〜ん♪」

美嘉「へ……え、ええええっ!!!?い、いやいや!!わたしは、別にいいよ!!」

フレデリカ「あははー!!すごい恥ずかしがってる〜」

奏「ふふ、人をからかおうとした罰ね」

周子「ん〜?ひょっとして、私にあーんしてもらいたいん?もー、しょうがないな〜」

美嘉「えっ!ち、ちがうってばぁ!!も〜!!!」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/28(木) 00:28:59.10 ID:KRftI0Ey0
志希「…に、にゃはははー…」

志希(…い、いや)

志希(あの、ね?すごーく楽しい!みんなと話すのは楽しい……んだけどね…)


志希(…ここ、さ……)チラ



【ウサーミンハウス(創立60年)】



80過ぎのおばあさん「…ぉぉぉ、またせ、そましたぁぁぁぁ……はぁぁぁ…ウサーミンの特製……はて?なんでしたかなぁぁぁ」コトッ

志希(ここの、お、おばあちゃん、おくちが………)

80過ぎのおばあちゃん「…むぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

志希(んぎぃぃぃ!?……うぷっ…♪
あ、ヤバ♪……吐、き、そ……)

80過ぎのおばあちゃん「…むぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」く〜腐った息



志希「」フッ

17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/28(木) 00:31:11.67 ID:KRftI0Ey0
〜〜〜

愛海「ちょ……も、もういいでしょ?だから、その……手、離してよ!!」

晶葉「ふむ……まあ、いいか。よし、今日はここら辺で勘弁してやろう……



!!!!!!!?!?」










晶葉「ウ゛サ゛ミ゛ン゛ハ゛ウ゛ス゛ッッッッッ!!!!!!!!!!!」(迫真)










愛海「…へ?」


晶葉「…はぇ?……あ……ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!な、ななななななななんだ今のは!!?」

18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/28(木) 00:34:56.08 ID:KRftI0Ey0
〜〜〜

モバP(ふぅ〜……なんとか、落ち着いてきたぞ……よし!これならいけ……!?)

美城「…なるほど、その案は中々……」ハァァァ

モバP「…おうっっっっっっ!?!」




モバP「…くっっっせぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!……お、おうぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!」




美城「へ……ほおぁぁぁぁぁぁぁ!!!??????????」サッ

ちひろ「い、いやぁぁぁぁぁぁ!!!ちょ、な、なにしてるんです……うっわ、冗談キツいってマジで!!?」ビチャァァァァ

モバP「おうふ!!……い、痛いれす、ちっひ……ぶべらばぁっ!!」

19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/28(木) 00:46:03.31 ID:KRftI0Ey0
コショコショコショコショ…

「えっ?なに今の?」
「う、ウサミンハウスって……あの子、こんな外でよく言えんな…」
「いっやー、恥ずかし過ぎでしょ、今のは」
「ねえ、ママー、あの子どうしたの〜?」
「しっ!!見ちゃダメよ!!」



晶葉「う…うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

愛海「…え、ちょ、え、ええぇぇぇぇぇ!?今、自分で思いっきり自爆してたじゃん!?」

晶葉「は、そんなわけないだろ!!ぬぁにが『ウサミンハウス』だ!!??そんなの、酒の空き瓶があちこちに転がっているような、昭和のいぐさ部屋だろうが!?そんな年齢詐称独身の部屋など、私は興味ないぞ!!!!!ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ……」ガクッ

愛海「ちょ、い、言い過ぎだから……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 00:53:58.87 ID:RzBbaYq30
モバP「ごほっ!!ごほっごほ……ちょ!もう殴んないでくださいって!!」

ちひろ「うるっさい!!アンタのせいで、金も首も全部なくなっちゃったよ!!!しかも、服にこんなぶっかけるとか……最っ低!!!!!!」

美城「……おい」プルプルプルプル


ちひろ、モバP「んひぃぃぃぃっ!!?」


ちひろ(怒ってるよね、これ!完全に怒ってるうっわ、終わったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!)
モバP(頼む、茄子さまぁ!!芳乃さまぁ〜!!!!愚かな下民をお救いくださいませぇぇぇ〜!!!)




美城「そんなに、く、臭いのか……私の口臭が……」ポロポロポロポロポロポロ




モバP、ちひろ「え」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 00:54:33.34 ID:RzBbaYq30
モバP(…おい……おい!晶葉ぁ!!聞こえてるかぁぁぁ!!!)

晶葉(…あったりまえだぁぁぁ!!!!助手よ……私にこんなにも屈辱を与えたこと、一生をもって後悔させてやろう…!!!!)

モバP(はぁ!?ち、ちげえよ!!てか、こっちもお前のおかげで大混乱だ!!!臭すぎて吐くわ、緑の戦犯にぶっ叩かれるわ、口臭で常務泣くわ、もうはちゃめちゃだ!!)

晶葉(口臭…?なんの話だ!!そもそも、お前がウサミンハウスを持ち込んだんだろうが!!)

モバP(ウサミンハウス…?なんの話だよ!!……ってあれ?晶葉じゃ、ない?)

晶葉(…?そっちこそ、助手ではなかったのか?)

モバP、晶葉(だとすれば……)




志希(うっえぇぇぇ……え、えへへ……)キラキラキラキラ




モバP、晶葉(おぉぉぉまぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 00:56:47.23 ID:RzBbaYq30
志希「ひいいいい〜、やっばー!さつきの全部向こうに伝わってんじゃ〜ん!これ、ちょっと危ないかも……」


フレデリカ「ねーねー、平気平気ー?」


志希「えっ!…フレちゃん着いてきたの?ここトイレだけど」


フレデリカ「そりゃー、もちろん!急にお店飛び出すんだもん、フレちゃん、び〜っくり!慌てて追いかけたよ」


志希「…そっかー。ごめんごめん〜心配かけちゃって。別に、ちょっとトイレに行きたかっただけだよ?」


フレデリカ「ふーん、そっか〜」ジリジリ


志希「……?」

フレデリカ「それはよかったよかったー」ジリジリジリジリ

志希「?さ、早く戻ろ戻ろ……」
フレデリカ「……」ガシッ
志希「…?フレちゃ〜ん?」フレデリカ「……」ジリジリ志希「…ど、どうしたのかな〜♪ああー、そんなに近づかれちゃうと、あたしドキドキしちゃ♪「その前に…あたしが女にしてあげる♪」……へ?」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 00:58:59.56 ID:RzBbaYq30
志希「へ……ど、どういう……」

フレデリカ「みんなー!!志希ちゃんを車椅子のでっかいトイレに連れてっちゃえ〜!!!」

周子「お、やっと見つけたんか〜。もー、待ち遠しくて仕方ないわー」つナワ

奏「ふう……偽りを演じてるのも、結構疲れるものね」つナワ

美嘉「志希ちゃん……ごめん!!!」つガムテープ


志希「え、ええ!?ちょ、な、なに……うぐ〜!!!むぐむぐぐ〜!!!」


フレデリカ「…にや〜り♪」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 01:27:54.56 ID:RzBbaYq30
美城「ずずっ……べっ、別におくち、くちゃくたっていんだからね、んもぉぅん!!!!」


モバP、ちひろ「」


美城「だいたい、そんなもーん、勝手なもーそうだしぃ?アタシがちょーっと堅苦しいタイプ〜っぽくやっただけで、す〜ぐ怖い怖いって信じちゃってぇ〜。うー、わー、あー、んー。もう、たちゅけて〜ちゅぱちゅぱー」フリフリフリフリフリフリフリフリ

ちひろ「く……っはっはっはっはっはっはっ!!!……け、傑作すぎ、あ、あははぁぁ!!……あぶくべちゃぁ!!!?」ガツン

モバP「いいから、黙れ……ぶぶぼがっ……だま、ぶぶ……黙れよぉぉぉあははは!!!」

ちひろ「わ笑っちゃってんじゃないですかああっはっはっはっは!!!!!!」

美城「モノマネやりま〜っす☆きらり〜ん!!はっぴはっぴ!!まっしゅーまーろ、ほっべぇー☆ゆぅびちゃきぃでぶにぶに!!キャハッ!!ラブリー、アラフィフティー♪」

モバP「わー、すごーい!!どんどん壊れてくこの人〜!!!」

ちひろ「…ひぃ…お、お腹いた……あははははははぁぁぁぁ……」

モバP「可愛い〜!!美城ちゅわ〜ん!!!」

美城「やぁだ、もー!!はー、ずー、かー、しー」

モバP、ちひろ、美城「ぎゃはははははははは!!!!!!!!!!!」
















モバP「俺が女にしてやんよ」チュッ

美城「んっ……」チュッ



ちひろ「…は?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/05/29(金) 01:51:08.44 ID:RzBbaYq30
愛海「ねえ、あのさ……そもそも、なんでさっきあたしのわきわきしたの?」モミモミ

晶葉「そんなの、ただの気まぐれに決まってるだろう。お前だって私のを何度も揉んでるじゃないか。だったら別に構わないだろう?」

愛海「うーん、そうだけど気まぐれって……じゃあさ、揉みたい!!って思ったことはないの?」モミモミモミモミ

晶葉「当然だ!!私はお前と違って登山にも、ましてや山頂もマグマ噴火にも興味はない!!!」

愛海「嘘つけぇ!!めちゃめちゃ手慣れてそうな言い方じゃんか!!!」モミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミモミ


晶葉(ふっ……この私が登山『もみもみ』で『わきわき』大噴火だと?そんなわけがあるか、バカ者め。












…まあ、もし私がそんなことをするとすれば……そうだな、例えば『乱交の最中』とか。あー、いいなぁ……それ)
18.50 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)