シンジ「視聴者の皆さん、聞いてください」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:32:14.16 ID:2ZZ8SjRu0
シンジ「僕は今日アレですよ、皆さんご存知の使徒と戦ったわけですよ」


シンジ「皆さんもうご覧になったでしょう? 僕はあのエヴァンゲリオンに乗っていたシンジですよ」


シンジ「初号機のシンジですよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1590492733
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:33:21.17 ID:2ZZ8SjRu0
シンジ「あの後に、僕はやっとこの病院に着いたわけですよ」


シンジ「そしたらもう身体痛くて、知らない天井でした。初めてエヴァに乗って、もう僕はヘトヘトですよ」


シンジ「さぁ寝ようかと思った時にミサトさんがやってきた。適当にあしらって、やっと寝れるって決まったのが12時ですよ、皆さん」


シンジ「僕が寝ようと思ったの、12時なんですよ。いいですか、12時に僕は布団に入って寝ようとしたんですよ」


シンジ「すると現れたのがこのヒゲなんですよ!」


ゲンドウ「wwwwwww」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:34:33.43 ID:2ZZ8SjRu0
シンジ「何の気か知らないけども、ヒゲが現れて、僕は別に何にも思ってないのに、『腹を割って話そう』とこの男は僕の部屋に乱入してきたわけです」


シンジ「僕は別に彼にわだかまりも何も持ってない。仲が良いですよ、尊敬してる父親です」


シンジ「別に彼と腹を割って話すことなんて何もないですよ」


シンジ「ところが彼は僕に『腹を割って話そう』と言って、何を話したいのか知らないが、僕の部屋に居座って、時計見てください。12時52分です」


シンジ「もうかれこれ彼は1時間僕の部屋を離れようとしないんですよ!そうでしょう?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:35:48.89 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「それで僕は……それでね? 視聴者の皆さんまだ聞いてください」


シンジ「僕は再三『帰れ』って言ってるわけですよ」


シンジ「血の繋がった父親ですよ、実の」


シンジ「その父親にさっきから僕は『バカ野郎 帰れ!即刻帰れ!』と再三罵声を浴びせかけているにも拘らず、帰らないんですよ」

5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:37:09.15 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「そして僕は、苦肉の策で、このゲンドウの先生の、これもまたバカな男なんだけども、冬月さんに今電話をしたわけですよ」


シンジ「『父さんが帰らないから連れて帰ってくれ』と言ったら、その冬月さんは、皆さん何て言ったと思いますか?」


シンジ「『あぁそうか、わかったわかった。じゃあカメラ回そう』と言って、それで冬月さんは今カメラを回しているんです!」



冬月「wwwwwww」


ゲンドウ「wwwwwww」



シンジ「どうですか!視聴者の皆さん、おかしいでしょう!?この人たちは!」


シンジ「僕は寝かしてくれと言っているんですよ!」

6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:40:30.62 ID:2ZZ8SjRu0

ゲンドウ「私はね、今日の出撃で嫌な思いををさせてしまったみたいだから、心配で様子を見に来たんです」


シンジ「ああ、そうだったんだ」


ゲンドウ「怪我をさせちゃったからね」


シンジ「うーん、そうだね。それならそう言ってくれればいいんだよ」


シンジ「何もその、『腹を割って話そう』と息巻いて入ってこなくてもいいわけだろ?」


ゲンドウ「私はね、あらためてシンジくんに『大丈夫か』と。『父さんのこと嫌いにならないでね』と言いにきたんですよ」


ゲンドウ「そうしたらね、シンジくんがね、なんか私と『腹を割って話そう』って……」


冬月「wwwwwww」


シンジ「違うだろう!?それは全く違うだろ!?」

7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:42:38.01 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「いいかい、ある少年がだ、夜中の12時にだ、初めてエヴァに乗って疲れてる少年だ、その少年は」


シンジ「12時になってしまって寝ようとしているところに『腹を割って話そう』と言って入ってきた男が1時間居座ったんだよ」


シンジ「その男に『おい!帰れ!』と、言ったことは別に何の不思議もない」


ゲンドウ「だからね、シンジくんが怒ってないって言葉を私は聞いたらね……」クドクド

8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:45:08.70 ID:2ZZ8SjRu0

【 さらに5分経過 】


シンジ「はぁ……もう、わかりました。心配してくれたんですね? 僕のこと」


ゲンドウ「心配してますよ」


シンジ「わかりました。ということは、あ、絶対安静ですね。ああ、これはいけない。重傷ですから。早く寝ないと」


ゲンドウ「そうでしょ? 早く寝なさいって言いに来たんです」


冬月「wwwwwww」


シンジ「重傷なんだから早く寝なさいと言うことを、あなたは12時から1時間かけて僕に語ってくれたんですね。今やっとわかりました」


ゲンドウ「そういうことですよ」


シンジ「はい、ありがとうございました」


ゲンドウ「早く怪我を治さないと、復帰が遅れるからね。そもそもエヴァンゲリオンというのは……」クドクド


シンジ(寝かせろよ!!)

9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:47:51.35 ID:2ZZ8SjRu0

【 さらに40分経過 】



ゲンドウ「……というわけです。わかりました?」


シンジ「そうですね、エヴァについて、よぉぉぉーくわかりました」


ゲンドウ「そうでしょ? 頑張ってね、シンジくん」


シンジ「頑張りますよ。次はやりますよぉ。やりますよぉ、次は」


シンジ「そのためにも、たっぷり寝て。やりますよぉ、そりゃあ。いよーし、よしよしよし……。どうやって使徒をやっつけようかなぁ」


ゲンドウ「じゃあそのあたりのイメージトレーニングもしながらwwwwゆっくり休んでください」


冬月「おやすみなさいwwwwwwww」


シンジ「おやすみなさい」 ノシ

10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:50:50.71 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ( はぁ、やっと寝られる )ゴソゴソ


シンジ「Zzzz……」







―― ガチャガチャッ ウィーン



シンジ「あれ? どしたの」


冬月「いや、鍵をねwwwwww」


ゲンドウ「この部屋の鍵と自分の部屋の鍵を間違えて持ってきちゃったwww」


シンジ「ああそう……」



( 5分後 )


ゲンドウ「wwwwwww」


冬月「wwwwwww」


シンジ「帰りなさいよ!」

11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:53:54.33 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「何でまた居座るんだよ!? 帰りなさいよ自分の部屋に」


ゲンドウ「いやぁ、だってまだねぇ。腹を割って話してないし」


シンジ「腹を割ってって……あ、そうだ。綾波は?」 ピコーン


シンジ「綾波とも腹を割って話してみたくない? 父さん」


ゲンドウ「レイ? あー、レイね」


シンジ(綾波には悪いけど、ヒゲを押し付けよう)







綾波「こんばんわ」ガチャ


ゲンドウ「シンジくん、レイと話したいって言ってたから。連れてきたよwwww」


冬月「wwwwwww」


シンジ「」

12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:56:15.11 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「ごめんねぇ、綾波。こんな遅くに」


レイ「寝てたのだけど、このヒg……司令が、ガンガンガンガン!ってドア叩いてきたから何事かと思って」


シンジ「まったくこのヒゲは」 ジロリ


ゲンドウ「シンジくん、やっぱり私に対して何かあるんじゃないの?」


ゲンドウ「だからやっぱり腹を ――」


シンジ「腹を割って話そうって? そういって僕のところに……ねぇ綾波、こいつがね、僕のところに来たのは12時ですよ」


シンジ「腹を割って話すことなんてもう無いでしょう!?」

13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 20:59:01.91 ID:2ZZ8SjRu0

ゲンドウ「でも、せっかくゼーレの方々が来てくださってるのに」


シンジ「ごめんなさいね、わざわざ来てくださって」


ゼーレ「何か不満があるのかい? シンジくん」


シンジ「いやいや、ゼーレの皆さん聞いてくださいよ。この男はね? 12時ですよ、この男が僕の部屋に来たのは」


シンジ「おかしいですよ。パイロット寝かせないってんだから」


シンジ「話すことないって言ってんのに『腹を割って話そう』っていうんですよ!?」 ドンッ


ゼーレ「なるほど。不満があるわけだ」


ゼーレ「我々もいるんだからさ、この際不満ぜんぶ言おうよ」




ゼーレ 「 腹 を 割 っ て 話 そ う 」




シンジ「」


14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 21:01:05.66 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「……いやいやいや」


シンジ「不満なんてなんもないですよ。僕はネルフが大好きだし、怪我だって平気だし、エヴァに乗るのも何の不満もない」


シンジ「もう何も問題ない!問題ない!」


ゲンドウ「本当に? やっぱり腹を ――」


シンジ「問題ない!オールクリアです!」



シンジ「 ノ ー プ ロ ブ レ ム ッ !」


15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/05/26(火) 21:03:18.89 ID:2ZZ8SjRu0

シンジ「もうね、何も問題なし。スッキリしました。迷いが消えました」


ゲンドウ「“消えた”ってことはやっぱり迷いがあったんじゃないの?」


ゼーレ「迷いがあったんだったら、ちゃんと ―― 」


シンジ「いやいやいや!それがだからね、すべて解消されました!オールクリアです!」


ゲンドウ「本当に?シンジくん、顔が問題ありの顔だけど」


冬月「wwwwwww」


シンジ「そんなことありませんよ、不満なんてありませんよ」




シンジ「僕は一生、エヴァンゲリオンします!」

                                       おわり
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/26(火) 21:12:35.21 ID:y/4HZL8g0
くすっとした
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/05/30(土) 08:25:54.24 ID:qr14gW9X0
水道ノリほんとすこ
10.11 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)