武内P「ホモのショックで記憶が」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 07:57:06.53 ID:6UUG/lssO
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの





アーニャ「プロデューサー……」

ダダダダダダダダッ、ガチャッ

美波「アーニャちゃん!」

アーニャ「美波!? 来てくれたのですね」

美波「プロデューサーさんが倒れたって話は――プロデューサーさん!?」

武内P「」チーン

美波「こんな……脂汗を流しながら、うなされてる。早く医務室に、ううん、救急車を!」

アーニャ「アー、待ってください美波。その前に、プロデューサーが倒れた原因を見てください」

美波「原因? この様子だと働きすぎ――でも今朝会ったときはそんな様子は見られなかったし、誰か重いことを言い過ぎて胃に穴が!?」

アーニャ「プラーウダ……真実はこの、グリモワールに刻まれています」

美波「この本は……」



まゆP「ホモを取り戻せ」
原案:大西由里子
作画:荒木比奈



美波「あっ……(察し)」

アーニャ「プロデューサーは、このグリモワールに刻まれたウージャス……ボウトクテキ? メイジョウシガタイモノ? を見てしまい、倒れてしまったのです」

美波「……」ペラペラ

アーニャ「!!? いけません美波!」



♂ ♂ ♂



性紀末吸精主まゆP「武内! きさまの精●一滴もこの世には残さぬ」

性帝武内P「ホモなど見えない! ホモなどわからぬ! ホモなど終わらせる!」

武内P「滅びるがいいホモとともに!」

まゆP「ホモは死なぬ!」



♂ ♂ ♂



アーニャ「美波!? たいへんです美波!?」

美波「待ってアーニャちゃん! プロデューサーさんの濡れ場がまだなの! まゆPさんとくんずほぐれつはしているけど、肝心の濡れ場はまだなの! プロデューサーさんの聖帝十字陵が、まゆPさんに天破活殺されてないの! 敵は全て下郎(アへ顔ダブルピース)がまだなの!」

アーニャ「ニェーット! プロデューサーが目覚めそうなんです!」

武内P「う、うう……」



アナスタシア
http://i.imgur.com/SGSqpSJ.jpg

新田美波
http://i.imgur.com/7y2pGDl.jpg

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1593212226
2 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 07:58:57.99 ID:6UUG/lssO
美波「!!? と、とりあえずこの本は私のバッグに。プロデューサーさんがこの本を見て、フラッシュバックしたらいけないからね! 仕方なくね!」

武内P「ここは……?」

アーニャ「プロデューサー、大丈夫ですか?」

武内P「……」ポーッ

アーニャ「プロデューサー? 聞こえていますか?」

武内P「え、あっ……はい! 大丈夫です」

美波「……?」

美波(プロデューサーさん、今アーニャちゃんに見惚れていた? 気が付いてすぐ目の前に、雪原に舞い降りた妖精のようなアーニャちゃんがいたら見惚れるのは当然だけど、その後の反応も含めてプロデューサーさんらしくない)

美波「プロデューサーさん、気分の方は大丈夫ですか?」

武内P「少し目まいがしますが、大したことはありません。それよりもその――)

美波(今も私と目があったのに、すぐに目を逸らした。弟の友達と挨拶した時に似たような反応があるけど……照れてる?)

武内P「プロデューサー……というのは私のことですか?」

ラブライカ「!!?」

アーニャ「な、何を言っているのですかプロデューサー。プロデューサーはナーシ……私たちのプロデューサーじゃないですか」

美波「落ち着いてアーニャちゃん。プロ……とりあえずプロデューサーさんと呼ばせていただきますね。年齢はおいくつですか?」

武内P「……20歳です」

アーニャ「美波、これは!?」

美波「うん、アーニャちゃん」

美波(プロデューサーさんは記憶が10年ほど――)

アーニャ「20歳と15歳なら許される歳の差ですね!」

美波「うん……じゃなくて!」

アーニャ「ダー。20歳と19歳ならちょうどいい歳の差です!」

美波「……そ、そうかな?」

アーニャ「ダー♪」

美波「も、もうアーニャちゃんたら♪ ……じゃなくて!」

武内P「あの……お二人とも?」

美波「あ、すみませんでしたプロデューサーさん。あの……この手鏡を見てもらっていいですか?」

武内P「? わかりまし――ッ!!?」

アーニャ「シトー? 顔色は少し悪いですが、そこまで驚くことでは……」

美波「アーニャちゃん、それにプロデューサーさんもよく聞いてください」





美波「プロデューサーさんの記憶は、ショックのせいで十年ほど無くなっています」
3 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 07:59:42.16 ID:6UUG/lssO
武内P「……ッ!!?」

アーニャ「記憶が!? そんなわけが……でも確かにプロデューサー、私たちへの反応がいつもと違います。プロデューサーは私たちへの記憶が……思い出が、無いのですか?」

武内P「……申し訳ありません。自分がプロデューサーであるということも、貴方たちのことも……私は覚えていないんです」

アーニャ「そんな……っ」

美波「謝ることじゃありませんよ。覚えていないのはショックのせいで一時的なものだから、きっとすぐに戻りますから」

武内P「そうだといいのですが……ただ、それにしても」

美波「どうかしましたか?」

武内P「いえ、こんな状況で話すことじゃないと思うんですが……プロデューサーになるという夢が、叶っていることが嬉しくて」

アーニャ「……ッ!? その通りです。記憶が無くても、プロデューサーは私たちのプロデューサーです!」

武内P「貴方たちは、私が担当しているアイドルなんでしょうか? もしそうなら嬉しいです」





武内P「こ……こんなに美しい人と、可愛らしい人をプロデュースできているだなんて」





ラブライカ「」

武内P「あ、すいません。恥ずかしいことを言ってしまいました」

アーニャ(なんでしょう、このハラショーな感じは)

美波(見た目はいつも通りのプロデューサーさんなのに、反応が若々しいというか、みずみずしいというか)

アーニャ(私のことをミーラャと……それも照れながら!)

美波(いつもは笑顔についてばかりなのに。それだってよく見なければわからないぐらい無表情に、けどよく見たら誇らしげというか、ドヤ顔で、そういうところが良いんだけど……)

アーニャ(新鮮なプロデューサーの反応を見てたら……)

ラブライカ「……」ムラムラ

武内P「心配してくれてありがとうございます。どうやら貴方たちの反応を見ると、私はそれなりに友好な関係を築けているようですね」

アーニャ「……ダー。とてもとても“友好的”な関係です」

美波「……うん。私たち、とてもよくしてもらっています。プライベートも含めて」

武内P「……え?」
4 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:00:21.40 ID:6UUG/lssO
アーニャ「プロデューサー。記憶が無くて不安でしょうが、安心してください。私たちはプロデューサーのためなら、何でもしてあげますから」

美波「ええ。どんなことでも」

武内P「あの……確認しますが私はプロデューサーで、貴方たちは担当しているアイドル……そして未成年ですよね」

アーニャ「ダー。でもその前に……」

美波「男と女です」

武内P「ふ、二股……!?」

アーニャ「ニェート。二股違います」

武内P「良かった、違うんですね」

アーニャ「この写真を見てください」

武内P「これはスマホですか? 私が知っているものより大きくて画質が良いですね。写っているこの無邪気な明るい子も、アイドルですか?」

アーニャ「ダー。蘭子という名で、プロデューサーが担当しているアイドルの一人です」

美波「そしてプロデューサーさんの恋人です」

武内P「……え?」

アーニャ「つまり三股です」

武内P「」

美波「私たちはプロデューサーさんに仲良く平等に愛してもらっているんです。ふふっ」

武内P「あの……貴方たちの年齢を教えてもらっても?」

美波「新田美波、19歳です」

アーニャ「ミーニャ ザヴート アーニャ。私の名前は…アナスタシア、です。15歳です」

武内P「この……写真の子は?」

アーニャ「蘭子は14歳ですけど……どうかしましたか?」

武内P(19歳の新田さんはいいとして……いや、良くなかった! 今の私は30歳でした! 30歳の男が、19歳でも飽き足らず高校生――挙げ句の果てに中学生に、しかも三股!?)

武内P「私は……私は」

美波「プロデューサーさん、目まいがするんですか? ショックで倒れたばかりですし、しばらく横になってください」

武内P「あ――」

武内P(私をのぞき込む純粋に心配するその瞳は、プロデューサーという立場を利用して未成年のアイドルを、それも三人も手を出す外道に向けるモノではなく――将来の自分が、少女たちを完全に騙し切っていることを悟ってしまった私は)


ダダダダダダダダッ


美波「え、プロデューサーさん!?」

アーニャ「プロデューサー!? 走ったらいけません!」

武内P(少女たちの善意に耐え切れず、そして自分自身の悪行の結果をこれ以上見ていられず、その場から走って逃げてしまいました)
5 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:01:12.63 ID:6UUG/lssO
※ ※ ※



武内P「ハァ……ハァ……」

武内P(走って逃げだしたけど……今起こっていることは本当なんだろうか?)

ワイワイ、ガヤガヤ


武内P(ずいぶんと大きなオフィスビルだ。それにスーツ姿の社員らしき人の他に、アイドルでもおかしくない個性的な子たちも普通に歩いている)

由里子「ハァ……ハァ……何とか逃げ切れたけど、薄い本を何冊か落としてしまったじぇ」

武内P(今も窓ガラスに写っている私の顔……見慣れたモノより明らかに歳をとっている。それに先ほど新田さんが見せてくれたスマホは、私の知るスマホの数世代は先の物だった)

武内P(それでもまだ信じられない。何か私の手元に、今が平成何年かわかるものは……)ゴソゴソ

武内P「これは……!?」


免許証<令和〇年〇月〇日まで有効


武内P「アァアアア! 年号がァ!! 年号が変わっている!!」

由里子「手鬼!? 鬼滅の話だじぇ!?」

武内P「あ、貴方は……?」

由里子「ねえねえ、何の話をする? 鬼舞炭? 義炭(ぎゆたん)? 時炭? 宇善? 縁巌?」

武内P「え……え?」

由里子「ん、でもさっきのセリフからすると、手鬼推し? まさか……複数のむくつけき男の腕に、あんなことやこんなことをされたいという願望が!?」

武内P(気味が悪かった)

由里子「しょ〜がない。ここはユリユリが一肌脱ぐじぇ! 現実では無理だけど、まゆPの腕とかアレとかたくさん増やして――」





大西由里子
http://i.imgur.com/3DL50o8.jpg
6 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:01:50.87 ID:6UUG/lssO





――見ツケタ





7 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:02:37.39 ID:6UUG/lssO
由里子「」


カツーン、カツーン


まゆ「うふ、うふふふふふふ。どこに逃げたかと思いきや、自分から――それも性懲りもなく、まゆのプロデューサーさんを妄想で穢しながら場所を教えてくれるだなんて」

武内P(この子は……ッ!? 小柄でおとなしそうな容姿なのに、信じられないほどの圧が!)

由里子「ば、バカな……比奈センセはどうした?」

まゆ「? 比奈さんは初犯ですから、今後はこういう事はしないように注意して終わりましたよ。早く由里子さんを追いかけたかったから、というのもありますけど」

由里子「お、落ち着くんだじぇまゆちゃん。まゆPのことが大好きなまゆちゃんが、真実を受け入れがたいのはわかるよ」

まゆ「……」

由里子「だからホラ。初心者でも受け入れやすいこれをどうぞ」


つ まゆP「昔ノンケで今はホモ」


まゆ「うふ」

由里子「あ、気に入ってもらえ――」

まゆ「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

由里子「……まゆちゃん?」





佐久間まゆ
http://i.imgur.com/oQyRhE5.jpg
8 :勇者アルヴィス「誠に遺憾である」 [sage]:2020/06/27(土) 08:04:02.34 ID:6UUG/lssO
――

――――

―――――――――



由里子「」チーン

武内P(なぜこの人は、地雷原の上で陽気にタップダンスを踊っていたんだろう? 私の知り合いだったようだが……)

まゆ「さて。あとは怪しい本を処分して――あれ、CPのプロデューサーさん? いつもと様子が何だか違いますけど、何かありましたか?」

武内P「え……あ、その」

まゆ「ああ、CPのプロデューサーさんも本に出てくるから、それを読んで気分が悪くなってしまったんですね」

武内P(悪い子ではなさそうなんだけど)チラ

由里子「」チーン

武内P(怖いところもあるから、記憶が無いと素直に話してもいいかわからない)

まゆ「どこかで休んだ方がいいですよ。まゆも付き添いたいんですけど、これから“ヤルこと”がありまして」ニッコリ

武内P「だ、大丈夫です。そこまでひどくはないので、用事をすませて――」


「あの……」


武内P「はい?」

武内P(呼び声に振り替えれば、息を呑むほどの美しい女性がそこにいました。サラサラと油気のない長い黒髪は、彼女のほっそりとした肩を境に前後に分かれ、まるで清らかな川の流れが分岐しているようだった)

武内P(自信が無いのか上目遣いになっている瞳を、長い前髪が御簾のように隠そうとする。それでも彼女の理知的な蒼い輝きは、隠しきれるものではなかった)

武内P(さくらんぼを連想させる甘そうな唇からは、鈴のような涼しい小さな声が奏でられていく)

「私で良ければ、付き添います」

まゆ「お願いできますか、文香さん」

文香「ええ、任せてください」

まゆ「それでは失礼します」ズルズル

武内P「あ――」

武内P(こうしてまゆさんという少女は去っていきました。成人女性と思われる人を片手で引きずりながら)

武内P(そうなると自然に、この名前だけしか分からない女性――文香さんと呼ばれていました――と二人きりになってしまいます)

武内P(私は口数が多い方じゃないし、記憶が無いせいで下手な事をしゃべればどうなるかわからない恐怖もある。かといってこの女性もあまり口数が多いようには見えない――そう思っていると)

文香「プロデューサーさん」

武内P「……あ、はい!」

文香「……記憶が無いのですか?」

武内P「……ッ!!?」

武内P(プロデューサーという慣れない呼びかけに、私の反応が遅れたのを確認すると、文香さんは思いもよらぬ確認をしてきました。問いかけに目に見えて動揺する私を見て確信したのか、文香さんは静かに頷きます)

文香「少し前から様子を見ていたのですが、由里子さんとまゆさんへの対応が、見知らぬ場所で初対面の人に親しく話しかけられたかのような、緊張と困惑に満ちていたからもしかしてと思ったのですけど――とりあえず、あちらに座って話しませんか?」

武内P「……はい」
9 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:05:44.98 ID:6UUG/lssO
鷺沢文香
http://i.imgur.com/m9N2sUn.jpg
10 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:06:31.59 ID:6UUG/lssO
――

――――

―――――――――



文香「……なるほど。プロデューサーさんの記憶は20歳の頃までで、10年ほど記憶が失われているのですね。原因はわかっているのですか?」

武内P「そういえば原因を知る前に、意識が戻った場所から離れてしまいました。新田さんが言うには私はショックで倒れたそうなので、よほど衝撃的なことがあったんでしょう」

文香「あの……ショックで倒れるほどの事があったのに、なぜお一人で歩いていたんですか? 美波さんは心配していると思います」

武内P「……貴方は、私が担当しているアイドルですか?」

文香「いえ、私は……私は」

武内P「文香さん?」

文香「……ッ!?」

武内P「文香さん? 何かありましたか?」

文香「あ……いえ、大したことではありません。その……もう一度、私の名前を呼んでいただいてもいいでしょうか?」

武内P「え、いいですけど……そういえば貴方の苗字は『教えません』――え?」

文香「プロデューサーさんのことです。苗字を教えようものなら、下の名前で呼んでくれなくなります」

武内P「……女性を下の名前で呼ぶことに、抵抗感があるんですけど」

文香「な、慣れましょう」フンスッ

武内P「……わかりました」

武内P(胸の前で握り拳までつくられては、私が折れるしかない)

武内P「では……文香さん」

文香「はい、なんでしょう♪」

武内P「文香さんは、私の担当していたアイドルなのですか?」

文香「いえ、プロデューサーさんはシンデレラプロジェクトを担当されていて、私はプロジェクトクローネのメンバーなので担当アイドルではありません。ですが同じ事務所なので、ライブの競演などこれまで何度もお世話になっています」

武内P「そうなんですね。しかしよくわかりましたね」

文香「え……?」

武内P「記憶が無かったから私の様子は普段とだいぶ違ったはずだけど、その様子を見ただけで私に記憶が無い事がわかるのはすごい事では?」

文香「話しかけるのは勇気が必要で……私はいつも、見てばかりでしたから」

武内P「え?」
11 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:07:25.94 ID:6UUG/lssO
文香「ンンッ。話は戻しますが、なぜお一人で歩いていたんですか?」

武内P「……新田さんとアナスタシアさんと話しているうちに、今の自分が何をしていたのかわからなくなり、怖くなって二人から逃げ出してしまったんです」

文香「そうですね……プロデューサーさんはお仕事に真面目に取り組み、担当しているアイドルはもちろん、以前担当していたアイドルからも、そして私のように担当外のアイドルからも信頼されています。記憶が10年飛び、見知らぬ人たちからいきなり大きな信頼を寄せられたら、恐ろしくなるのも当然です」

武内P「いえ、そういったわけではなく……今の私がその、アイドルに信頼されている事をいい事に、最低な行いをしているようなんです」

文香(信頼されていることをいい事に? 最低な行い?)

文香「……プロデューサーさんはそういうことを“してくれる”人じゃありません」

武内P「ですが……新田さんとアナスタシアさんは、私が二人に加えて蘭子さんというまだ14歳の少女と付き合っていると」

文香「プロデューサーさんが今の状況に動転しているように、二人も身近な人が記憶を失ったことに混乱して(※)そんなことを言ったのですね」


※混乱して⇒興奮して


武内P「では……私は」

文香「はい。今の貴方は過去の自分に恥じることない、立派な社会人です」

武内P「……良かった。この世の終わりかと思っていました」

文香「ふふ。……ところで、私はプロデューサーさんのことをプロデューサーさんと呼ばせていただいていますが」

武内P「ええ、そうですね」

文香「先ほどもそうでしたが、プロデューサーさんと呼ばれることに違和感があるようなので、別の呼び方をしましょうか」

武内P「そうしてもらえますか。プロデューサーとしての記憶が無いので、そう呼ばれることに戸惑いや罪悪感があるので助かります」

文香「では……せ、先輩」

武内P「」

文香「だ、ダメでしょうか? プロデューサーさんは記憶が今は20歳で、私が19歳なので良い呼び方かと思ったんですけど」

武内P「いえ、ダメじゃないんですけど」

武内P(文香さんが恥ずかしそうに言う姿が愛くるしくて、硬直してしまったとは口が裂けても言えない)

文香「では、もう一つちょうどいい呼び方に心当たりがあるので、そちらにしましょうか」

武内P「そっちの方でお願いします」

文香「では――」





文香「兄さま」
12 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:08:09.33 ID:6UUG/lssO
武内P「…………………………え?」

文香「やはり……この呼び方が良いですね。兄さまを“また”兄さまと慕うことができて、文香は嬉しいです」

武内P「いえちょっと待っ――また?」

文香「はい。短い期間でしたが、私は貴方の事を兄さまとお慕いしていた時期があります」

武内P「それは……私が失った10年の記憶の最初の方、たとえば私が22歳ぐらいで、文香さんが11歳の頃ぐらいの話ですか?」

文香「いえ、数週間前です」


※武内P「姉を望んだ末路」http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563177051
 でそんな事がありました

 
武内P「」

文香「とはいいましても、それは若いアイドルたちが兄さまの言葉尻をつかまえて始めた遊びに乗じてのことです。それでも私にとっては大切な思い出――兄さま?」

武内P(おとなしくて思いやりにあふれている文香さんの人のよさにつけこんで、私は兄さまと呼ばせていた……?)

武内P(もしかして……私が新田さんたちに三股をしていないと言ってくれたのも、今の私の精神状況を文香さんが気遣ってくれてのことで、事実だったのでは?)

武内P(今の私は……将来の自分は、プロデューサーという立場を利用して未成年の担当アイドルを次々と食い物にする、クズの中のクズ……!)

文香「兄さま……? 気分が悪いのですか? そ、その。私の膝でよければ……」

武内P「す、すみません。行かなくてはいけないところがあるので、失礼します」

文香「ありすちゃん以外には初めてなんですけど、兄さまにでしたら……あれ、兄さまはどこに?」
13 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:08:47.06 ID:6UUG/lssO
※ ※ ※



武内P(自首しよう……記憶が戻る前に自首しよう。記憶が戻ったらクズの私は絶対に自首なんかしない。記憶を失っている今のうちに……良心が戻っている今のうちに証拠を集めて、自首するんだ)

武内P(クズの私のことだ。淫らな映像など、証拠に使えそうな物を残しているに違いない。それをこの目で見てしまう事、そして証拠として提出する事は新田さんたちに申し訳ないけど……なるべく彼女たちにダメージが無く、そして確実に私の罪がわかるものがあればいいんだが)


ワイワイ、ザワザワ


武内P(……ここは私の職場のはずなのに、誰も知っている人はいない。これだけ広くて、人が多いところで、さらに知らない時間。記憶が無いというのもあるんだけど、胸が痛いぐらい寂し――)


<ミミミン! ミミミン! ウーサミン!!


武内P「……ッ!? この、歌声は……」


<ミミミン! ミミミン! ウーサミン!!


武内P「馬鹿な……そんなはずは……」


武内P(だってあの人は10年前……つまり20年前に、アイドルを目指して上京したのに……)





菜々「ウサウサウーサ! ウーサミン!!」





安部菜々
http://i.imgur.com/DVM3sWi.jpg
14 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:09:30.84 ID:6UUG/lssO
武内P(20年前と同じ姿で、なぜここに……っ!!?)

菜々「ンンッ……ちょ、ちょっと待ってください! 腰……じゃなくて、ウサミン星からSOSが届いちゃいました。ちょっと休憩に入っていいですか?」

武内P(まさか……菜々お姉ちゃんは上京したものの夢は叶わず、失意のまま命を絶って……でもアイドルになりたいという未練から、アイドル事務所の地縛霊になってしまった……!?)

菜々「すみませーん。ん、あれ?」

武内P(それなら二十年前の姿と同じなのも、納得がいく。私が……私がもう少し早くプロデューサーになって、お姉ちゃんをスカウトしていればこんな事には)

菜々「プロデューサー? 何かあったんですか?」

武内P「ヒィ……!」

武内P(見えていることに、気づかれてしまった!)

武内P「な……」

菜々「な?」

武内P「南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏……」

菜々「!!?」
15 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:10:26.59 ID:6UUG/lssO
――

――――

――――――――



武内P「……話をまとめますと、私は大西さんと荒木さんが共同で制作した本を読んでしまい、そのショックで倒れ、意識が戻った時は記憶を10年ほど失っていた状態だったわけですね」

アーニャ「ダー」

武内P「そしてアナスタシアさんと新田さん、鷺沢さんとの会話で、記憶が無い私は妙な思い込みをしてしまった」

アーニャ「だ、ダー」

武内P「記憶を10年も失ったという状態から、妙な思い込みもあって精神的に非常にまいっていた私は、そこで安部さんと出会ってしまい――」チラ





菜々「うぇえええ〜ん! ぎいて、聞いてぐだじゃいよ文香ちゃん! 駿ちゃんってば、皆が見ている前でナナのことをお化けみたいに怖がっで!」

文香「よしよし、よしよし」ナデナデ

菜々「み゙ん゙な゙が、皆が見ている前で! 強面で有名な駿ちゃんが! 膝をづぎながら! 怯えながらナナに念仏を唱えたんですよ! 皆がどんな目でナナを見たか、わきゃりますか!?」

文香「その……心中お察しします」

菜々「こんな辱めを受けた以上、駿ちゃんには責任をとって『それは違います』……文香ちゃん?」

文香「それは、話は別です」

菜々「え……でも」

文香「デモもストもない、という言葉が昔はあったそうですね」

菜々「え……昔? 昔なの? そんなはずは――」

文香「そもそも、記憶を失っている間の出来事を盾に関係を深めようなど――兄妹の契りなら、許される範囲ですか……?」

菜々「記憶が戻ったら妹が増えているとか、ラノベなのかホラーなのか区別がつきませんよ!」





武内P「安部さんと出会ったショックで記憶が戻った、というわけですか。記憶を失っていた間の事を覚えていなくて、申し訳ないのですが……」

アーニャ「仕方がない事なので、あまり気にしない方がいいですよ。スターチ……ところで、なぜナナはプロデューサーの事を“駿ちゃん”と呼んでいるのですか?」

武内P「……ウサミン星の、古い慣わしです?」

アーニャ「ナラワシ? わかりました、駿チャン♪」

武内P「……ここはウサミン星ではなく、アナスタシアさんはウサミン星人でもありませんから」

アーニャ「日本ではこういう時、こう言うと美波に教わりました。よいではないか!」

武内P「それは……そういえば新田さんはどちらに?」

アーニャ「それが、さっきからどこに行ったのかわからなくて」
16 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:11:57.55 ID:6UUG/lssO
※ ※ ※



美波「……」ペラペラ



♂ ♂ ♂



性帝武内P「きさま……(アナル処女喪失の)苦痛を生まぬ有情拳を」

武内P「ノンケの私でさえ、気持ち良くするというのか……」

性紀末吸精主まゆP「アーッたたたたたたたたたたたたたたたたたた おぅわったぁ!!」パンパンパン

武内P「イ――イク前に! 聞きたいことがある! 性欲は悲劇しか生まぬ……少年であった私の寝込みを襲った、我が師イマニシのように!」

武内P「なのになぜ! こんなことをする!?」

まゆP「悲しみや苦しみだけではない。オマエはぬくもりも覚えているはずだ」パンパンパン

武内P「ぬくもり……?」



イマニシ部長『うわぁ……君の中……すごくあったかいナリ』



武内P(ぬく……もり?)

まゆP「イケ、誘い受け野郎」パンパンパン

武内P「てっ――敵は全て下郎!!!」アヘ顔ダブルピース

武内P「……」ビクンビクン

まゆP「エロい男よ。誰よりも愛深きゆえに」



♂ ♂ ♂



美波「……ふぅ」

美波「勝手に読ませてもらったけど、こういう本っていくらぐらいなのかな? 1,000円ぐらい? でも市場には回らないし、もしかしたら由里子さん専用で数冊しか刷ってない物なのかも」

美波「とりあえず手持ちは……」
17 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:12:40.57 ID:6UUG/lssO
※ ※ ※



比奈「いやー、ユリユリの意気に引き込まれてつい書いちゃいましたけど、まゆちゃん怖かったっス。まあ悪いのは私なんだけど」



まゆ『比奈さん。今回は許しますけど、次こんなことをしたらお風呂に沈んでもらいますからね。ふふ』



比奈「アイドルがしていい顔とセリフじゃなかったっスね、うん……」

美波「比奈さん……」

比奈「あれ、美波ちゃんどうしたんスか?」

美波「これを……受け取ってください」


つ 25,000円


比奈「……ふぇ?」

美波「その……相場がわからなくて……もし足りなかったら言ってください」

比奈「あの……美波ちゃん? どうして急にお金を」

美波「次も楽しみにしているんで、がんばってください!」


タタタタタタタタッ


比奈「あ、行っちゃった。このお金は後で返すとして……しかし25,000円ぐらいで相場? ん?」


<次こんなことをしたらお風呂に沈んでもらいますからね

<次も楽しみにしているんで、がんばってください!


比奈「え……? 私買われちゃうんスか?」





〜おしまい〜

荒木比奈
http://i.imgur.com/Wgslfbo.jpg
18 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:14:02.71 ID:6UUG/lssO
――没ネタ



楓「それでは私のことをお姉ちゃんって呼んでください」

武内P「え?」

楓「記憶を失った状態で、知らない場所で知らない人たちに囲まれているんです。怖くて不安ですよね? 今の私は貴方より年上ですから! お姉ちゃんに
甘えなさい!」フンスッ

武内P「いや、そう言われても……」

楓「お姉ちゃんと呼べないなら、楓でもええで。フフッ」

武内P「もっと無理です!」

楓「じゃあ、はい! お姉ちゃん!」

武内P「お、お姉ちゃん?」

楓「……」

武内P「あの……無理に言わせたのに無反応は『かわいい』……え?」

楓「かわいい……プロデューサーかわいい……見た目は同じなのに、反応が初々しくて……私のかわいい弟!」ギュウウウウッ

武内P「!!?」

楓「大丈夫だから、これからはお姉ちゃんがプロデューサーのことを守るから! よしよし」ナデナデ

武内P「あ、あの!? 恥ずかしいからやめてください!」

楓「はい、むずからない、むずからない。よしよし」

武内P「う……」





奈緒「なんだ……アレは?」

凛「年上になったからってプロデューサーを甘やかして……ズルい!!」ギリギリ

奈緒「コラ! 歯ぎしりするな!」

加蓮「精神が10歳若返ったといっても、CPのプロデューサーより年上の人は限られている。今は楓さんの独占状態か。早く……早く年上の人を連れてきてなんとかしないと!」

奈緒「え、20歳より上って……川島さんと早苗さんは楓さんを応援する側に回るし、ちひろさんはプレミアムパス開始の関係で忙しくて不在だし」

凛「……ミミミン! ミミミン! ウーサミン!!」

奈緒「凛!? 突然どうした!?」

加蓮「……ッ!? ミミミン! ミミミン! ウーサミン!!」

奈緒「か、加蓮まで……二人ともショックなのはわかるけど、気をしっかりもて!」

凛「いいから奈緒も!」

奈緒「はぁ!? なんでだよ!」

加蓮「やればわかるから! ほら!」

奈緒「あ〜〜〜もう、こうなりゃヤケだ!」

奈緒「み、ミミミン! ミミミン! ウーサミン!!」

トライアド『ウサウサウーサ! ウーサミン!!』

武内P「これは……?」

楓「まさか……!」


<その時 空から 不思議な光が降りてきたのです
19 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:15:18.45 ID:6UUG/lssO
凛「あれは誰だ?」

加蓮「誰だ?」

奈緒「誰だホントに!?」

トライアド『誰なんだー?』


<それはー


菜々「ナーナでーす!」

凛「よし、菜々さんが来た!」

加蓮「これで勝てる!」

奈緒「え……でも菜々さん17歳だから……ん?」

加蓮「さあ、プロデューサー! 楓さん以外にも年上の女性が来たよ! 菜々さんにもお姉ちゃんって言わないと!」

凛「そしてお姉ちゃんが珍しくないってわかったら、プロデューサーが何度も何度も足しげくかよってまでスカウトした私のところに戻ってきて!」

楓「ダメ……ッ この子のお姉ちゃんは、私だけなんです!」

武内P「……」

菜々「あの……ナナを呼ぶ声が聞こえたから来たんですが、これはいったいどういう状況なんでしょうか?」

武内P「……」

菜々「CPのプロデューサーも黙りこくってナナを見てますし」



武内P(精神年齢20歳) 菜々さんじゅうななさい



武内P「……母さん?」

菜々「キャオラァッッ!!」ドガッ

武内P「ひでぶっ!!」





〜おしまい〜
20 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:16:03.78 ID:6UUG/lssO
最後まで読んでいただきありがとうございました

前々回の 武内P「島村さんが私の?」卯月「お気に入りですよね!?」にて
しまむーに「へそ下あたりがむずがゆい」と言わせたことを後悔していると書いたところ、多くの意見をもらえて考えが深まりました

まだ考えはまとまっていませんが、なんとか答えを出して元気なしまむーを書きたいと思います

あとこれからも隙あればふみふみに「兄さま」と呼ばせたいと思います
21 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:16:58.31 ID:6UUG/lssO
これまでのおきてがみ(黒歴史)デース!


【モバマスSS】凛「プロデューサーにセクハラしたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446375146/

加蓮「CPのプロデューサーってかっこいいよね」凛「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447574640/

未央「貴方の視線」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448895601/

楓「私たちも」美嘉「プロデューサーに」小梅「…セクハラしたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449474797/

莉嘉「Pくんってかっこいいよね!」美嘉「」【※武内Pもの】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454068376/

武内P「襲われました…」卯月「へそ下辺りが満たされました♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1455880196/

早苗「CPのプロデューサー君(武内P)ってかっこいいじゃない」楓「どやぁ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458041208/

凛(五体投地)「お願いだからやらせてください」武内P「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461585627

島村卯月の性教育【※武内Pもの】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471173660/

武内P「これは……私の抱き枕?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474714761/

藍子「CPのプロデューサーさん(武内P)ってかっこいいですね」未央「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479472847/

武内P「渋谷さんがお神酒を飲んだら……」凛「プロデューシャー♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483266061/

武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486799319/

美嘉「アタシは――――処女だから」武内P「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493789801/

まゆ「ムリヤリ凸凹×……するんですよね?」モバP「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497097910/

蘭子「汝が望む豊かな乳房のため、儀式を行っている!!]武内P「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498048271/

武内P「私がロリコンで熟女好きのホモ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500183343/

まゆP「ホモになるぞ!」武内P「その手がありました……ッ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502777106/

武内P「絶対にアイドルに手を出したりしませんッ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509169274/

武内P「眠る私に口づけをしたのは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514581555/

武内P「パッションな皆さんとの平穏な日常」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525510965

楓「初めましてお義母様」武内P「」

幸子「孕まされてお腹がパンパンです♪」武内P「」

武内P「私が童貞ではなかったせいで」

武内P「私の愛が重い?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559328861

武内P「姉を望んだ末路」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563177051

武内P「桃太郎」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569111780
22 : ◆SbXzuGhlwpak [sage]:2020/06/27(土) 08:17:33.97 ID:6UUG/lssO
モバP「輝子が魔王になってしまった」輝子「Welcome to this crazy Time!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570966043

武内P「私をドキドキさせたい?」小梅「……うん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575794519/

楓「つまり私が彼女ということですね!」武内P「え?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578872881/

武内P「素直じゃないプロポーズ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1586776696/

武内P「まゆのお悩み相談室?」まゆ「はぁい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1588283199/

武内P「島村さんが私の?」卯月「お気に入りですよね!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1589098334/

茜「さいきっく・おいろけビーム!!!」武内P「!!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590605113/
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:00:51.07 ID:dBNO5q9ro
ひゃっはー!武内Pものだ!囲めー!
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 10:43:28.11 ID:UQdvthDS0

お前のSSを待ってたんだよ!
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 18:34:17.70 ID:3w3b61zT0
あぁ〜ふみふみかわいいんじゃ〜

次はアイドルを10年若返…はもうありそうだから、逆に10年バズーカで未来のアイドルと修羅場展開希望!!

やっぱり武内Pは最高だぜ!!
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 20:24:40.24 ID:jEnxbhL4O
美波適性あったんか
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 23:11:03.71 ID:gxoyIPj5o
ヘソ下とピュアキュートは両立するはず、大丈夫、お前ならできる
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 23:29:44.11 ID:UQdvthDS0
ピュア卯月の方が好きだけど
へそ下のイメージが強すぎる
もう間をとってヤンデレに走るとか…
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/27(土) 23:37:00.95 ID:avAM3+foo
武内Pの胃にダメージ与えそうな発想しか出てこない
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 00:05:20.72 ID:oYQG6cwr0
普段はピュアだけど昂るとへそ下が出てくるとか
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 02:28:36.04 ID:EgSiSi+DO
排卵日が近づけば自然とヘソ下さんになるらしい(根拠は無い)
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/06/28(日) 07:20:05.50 ID:4DE4vEEYo
おーこっちを見捨てたわけじゃないんですね!
36.61 KB Speed:3.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)