国木田「カンタンなんだよ、こ・ん・な・の」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:05:08.35 ID:5HEO7PNvO
「ねえ、キョン」
「ん? どうした、国木田」
「もしかして、涼宮さんと付き合ってる?」
「はあ?」

ある日の帰り道。
同級生の国木田からおかしな質問をされた。
これまで国木田のことを谷口と違ってわりとマシな部類の人間だと思っていたのだが、どうやら認識を改める必要があるらしい。

「どうしてそうなる?」
「だってこの前、涼宮さんと一緒にダンスを踊っていたじゃないか」
「ダンスって?」
「あれだけバズっておいてとぼけるのはよしなよ。ハレ晴レユカイに決まってるだろ」

いや、別段とぼけているわけではなく、あれはあくまでも俺とハルヒの中の人が勝手にやったことであり、いくら公式に公認されているとはいえ、それを物語の中にまで持ち込むのは如何なものかと思うのだが。

「細かいことはどうでもいいからYESかNOかで答えてよ。涼宮さんと付き合ってるの?」
「NOだ」

まったくもってアホらしい。
だいたい、ちょっと仲良くダンスを踊ったくらいで交際関係になるのなら、EDを同じフレーム内で踊っている時点で俺とハルヒは出来てるってことになるだろうが。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594472708
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:08:59.62 ID:5HEO7PNvO
「ふうん。まあ、そういうことにしとくよ」
「なんだその意味深な言い回しは」
「別に。キョンの周りには女の子が多いからね。対外的にはフリーってことでしょ?」
「ちょっと待て」

なんだその言い草は。悪意に満ちてやがる。
ひとをまるでプレイボーイのように言うな。
俺はまだプレーボールすら済ませていない。

「なるほど。試合前でこのバズりぶりとは恐れ入るよ。流石は北高の名プレーヤーだね」
「たしかにハルヒは名コスプレイヤーかも知れんが、俺はあくまでもいち観客だ。無理矢理ステージに上げようとするな」

そもそもいかなるステージであろうとも、そこが周りよりも一段上ならば俺はその段差に盛大に躓いて、すっ転ぶ自信がある。
なんなら腰を痛めて戦線離脱まであり得る。

「あはは。上手い上手い。そうやって600万再生を稼ぐわけか。本当に勉強になるなぁ」
「リアルな数字を出すのはやめろ」
「そう言えば知ってる? キョンと涼宮さんの人気ぶりを見て、谷口も便乗しようとしたらしいんだけど、見事に爆死したみたいだよ」

爆死とは言うが、65万再生である。
谷口にしては上出来と言えるだろう。
もっとも、視聴者の大半は谷口ではなく中の人のファンだということは言うまでもない。
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:12:48.94 ID:5HEO7PNvO
「どうせならお前もやれば良かったじゃないか。谷口の奴に誘われたんだろ?」
「死なばもろともってね。谷口には涼宮さんから直々にご指名があったらしいけど、僕にはオファーがなかったからね。これ幸いとばかりに、丁重に辞退させて貰ったよ」

やれやれ。まったく国木田はいつもこれだ。
自分だけはちゃっかり安全圏で高みの見物とは良いご身分である。そこを代わってくれ。

「そんな言い方は傷つくなぁ。僕だってステージに上がれる機会を待ち望んでいるのに」
「へえ。それは意外だな。ちなみに、国木田はどんなステージをお望みなんだ?」
「憧れの鶴屋先輩に誘って頂けるのなら、どんなステージにも万難を排して駆けつける所存だよ」

どうやら未だに片思いは続いているらしい。
しかしどうだろうな。あの人はたぶん、ひとりでも踊りきるだろうし、共演者は不要だ。
そのくらい、華のあるお方だと、俺は思う。

「もちろん、僕もあの人のダンスに水を差すような真似はしたくないから、自分から誘うつもりは毛頭ないよ。そんな度胸もないし」

いやいや。消極的になるのはもったいない。
あの人ならば、仮に見ず知らずの人からShall we ダンス?と誘われても仲良く踊れるに違いあるまい。そのくらい、社交的な人だ。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:15:27.04 ID:5HEO7PNvO
「たしかに、あの人はダンスの相手には困らないだろうね。さぞモテるんだろうなぁ」
「焦燥感に駆られたりはしないのか?」
「焦燥感も何も、初めから脈なしだからね。さっきも言った通り、僕はまだ舞台にすら上がっていないんだよ。情けないことにね」

そう語る国木田に気負った様子は見受けられないものの、力なく肩は落ちていた。
一応、友人として力になるべく、そんな国木田の肩に手を回して、勇気付けてやった。

「大丈夫。当たって砕けろだ」
「いや、砕けたらダメじゃないか」

これは失敬。語彙の無さが露呈しちまった。
どうにも他人事となると無責任になってしまい、当たって砕ける様が見たくて仕方ない。

「まったく、キョンの辞書には男の友情という言葉は存在しないのかい?」
「生憎と、谷口という悪しき存在によって、その意味や解釈は大きく変わってしまってな。今ではもっぱら、男の友情は『悪巧み』という意味合いに置き換わっちまったのさ」

そう、全ての元凶は谷口で、諸悪の根源だ。
あの軟派野郎がホイホイだのなんだの抜かすから、すっかり男子の信用は地に落ちた。
ちなみに、古泉に関しては顔が良い時点で男の友情など芽生える筈もなく、論外である。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:18:08.05 ID:5HEO7PNvO
「つまり、僕だけは特別ってこと?」
「おい変な言い方はよせ。誤解を生むだろ」

たしかに、この国木田だけは例外であった。
俺の狭い交友関係の中で、唯一まともな感性を持ち合わせている男子生徒と言えよう。
とはいえ、それだけであり、それ以上でも以下でもなく、俺にそっちの趣味はない。

「僕の推察では、きっと僕は中学時代にキョンと仲が良かった佐々木さんの代わりという立ち位置なのではないかと思っているんだけど、どうかな?」
「佐々木と国木田は似てないだろう」

佐々木とは中学時代に世話になった同級生のことであり、国木田とは似ても似つかない。
国木田よりも頭が良く、理屈ぽいところがあり、少しばかり変わってる女子生徒だった。

「たしかに佐々木さんは進学校に合格するくらい頭の良い人だったけれど、僕だって女子のスカートを穿けば、きっと……」
「きっと、どうなるって?」
「きっと、キョンは僕に優しくする筈さ」

おいおい。なんだそれは。
どんな仮定の話でどんな結論だ。
女装した国木田にもしも仮に俺が優しく接することがあるとすれば、それは恐らく、女装癖という業の深い悩みに対する同情だろう。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:20:33.00 ID:5HEO7PNvO
「すまん。お前にそっち系の趣味があるとは思わなかった。せいぜい谷口とお幸せにな」
「そんなわけないだろ。こんなのただの冗談に決まっているじゃないか。だいたい、僕の片思い相手はキョンも知っているだろう?」

たしかに国木田が鶴屋さんに懸想していることは理解しているつもりだが、あれはもしかしたらカモフラージュという可能性もある。

「ああ、そうかい。それならそれでいいよ。僕は本当はキョンのことが好きで、それを隠すために鶴屋さんを身代わりにしたってことにしたいならそうしなよ。代わりに絶交だ」
「まあ、そう怒るなよ。冗談だって」
「冗談なの? ヤキモチじゃなくて?」
「おい、国木田。いい加減にしとけ」
「あはは。ほんとキョンは引き出しが一杯あって羨ましいなぁ。バスるのも納得だよ」

ひとを誘導尋問によって貶めておいて、どうしてこうもさっぱりした笑顔が出来るのか。
そしてどうして俺も、やれやれと首を振りながら微笑んでいるのか。その答えは簡単だ。

それは、俺がホモだから、では当然なくて。

「国木田、今度一緒に踊ろうぜ」
「僕と? どういう風の吹き回し?」
「だって、お前は俺の友達だろう?」

谷口はともかく。国木田は俺の友達だから。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:23:10.10 ID:5HEO7PNvO
「はあ〜……なんだか、キョンがモテる理由がわかったような気がするよ」
「いやいや、断じてモテていないぞ」
「はいはい。対外的にはそう見て欲しくて、だから男2人で寂しくダンスを踊るわけね」

だから、どうしてそうなるんだ。
それこそカモフラージュで、俺はまるで世の女の目を欺いているかのようではないか。

「僕はキョンの将来が心配だよ」
「どういう意味だ?」
「女の人に刺されないように気をつけてね」
「わかった。料理は自分でやることにする」

もはや何を言っても曲解されそうだったので素直に忠告を受け取ってやると、国木田は満足そうに頷き、おもむろに顔の横で人差し指を何度か振り、両手を上に向けて左右の手のひらを天秤のように何度か傾けてから。

「カンタンなんだよ、こんなの、だっけ?」

歌詞の一部を口ずさみながら首を傾げる国木田は不覚にも、なんと言うか、可愛かった。

「ん? どうしたの、キョン。顔が赤いよ?」
「っ……な、何でもない!」
「あ、もしかして……」

指摘されて慌てて視線を逸らすと、国木田はそんな俺の様子から何やら察したようで。

「キョン。ずばり君は今、催しているね?」

そんな国木田に迷探偵ぶりに、俺はガッカリしたのだが、ひとまずその迷推理に乗ってこの窮地から逃れようと試みた。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:25:58.38 ID:5HEO7PNvO
「よ、よくわかったな。実はさっきから小便がしたくてな。もうはち切れそうなんだよ」
「やっぱり。それならそうと早く言ってくれれば良かったのに。キョンはシャイだなぁ」
「お、奥ゆかしいと言ってくれ」

はて。俺は何を言っているのだろうか。
ともあれ、これでなんとか乗り切った。
同級生の男子のあどけない仕草にときめいたなんて知られたら、社会的に死んでしまう。

「そういうことなら、僕も付き合うよ」
「え?」
「用を足すんでしょ? 僕も行くよ」

なんだこれは。どういう展開だ。
いや、待て。落ち着け。クールに行こう。
これは、そう。『連れション』である。
そうさ。別になんてことはない。普通だ。
男子高校生にありがちなシチュエーションであり、まだ焦る必要はない。冷や汗を拭う。

「実はこの先に絶好の立ちションスポットがあってね。人気のない町を見下ろす高台なんだけど、もし良かったら案内しようか?」
「あ、ああ……よろしく頼む」

What? 絶好の立ちションスポットだと?
俺はてっきりどっかの公園の公衆トイレを想定していたんだが、予想の斜め上である。
これは気を引き締めて行かねばなるまいて。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:28:25.14 ID:5HEO7PNvO
「ここだよ」
「ほう。たしかに景色が良いところだな」
「でしょ? 町を見下ろす高台からの放尿は開放感があって、一度やったら病みつきだよ」

何を言っているんだ、こいつは。
立ちションに景色を求めるなよ。
放物線を描く尿で台無しになるだろうが。

「さ、キョン。早く出して」
「え? 国木田は?」
「え? 代わりばんこじゃないの?」

代わりばんこだと? なんだ、そのルールは。
少なくとも、俺のこれまでの経験にはない。
新感覚の連れションであり、立ちションだ。

「お、俺としては同時のほうが……」
「同時って、向かい合って?」

向かい合って立ちションしたらかかるだろ。

「ああ、ごめんよ。つい、いつもの感覚で」
「いつもどんな立ちションしてんだお前は」

いや、そこは深く追求するまい。
誰にだって、おかしな趣味のひとつやふたつあるもので、それが国木田というのがやや意外ではあるものの、驚きはしない。

だって俺たちは、そう。友達なんだからな。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:31:15.96 ID:5HEO7PNvO
「じゃあ、そういうことで」
「あ、待って。僕も準備するから……」

気を取り直して放尿するべく社会の窓を開けると、国木田も慌ててチャックを下ろす。
もちろん、ひとのイチモツに興味など微塵もない俺たちは夕陽に照らされた街並みを眺めながら、しばらくぼうっと突っ立っていた。

「なあ、国木田」
「なに、キョン」
「先にしろよ」
「いやいや、キョンのほうこそお先に」
「やり辛いだろうが」
「僕だって同じだよ」

なんてこった。すわこんなことになるとは。
よもや、どっちが先に出すかで揉めるとは。
仕方なく、俺たちはジャンケンすることに。

「俺の勝ちだ」
「じゃあ、お先にどうぞ」
「は? なんでそうなる?」
「だって、勝ったから」
「負けたほうが先じゃないのか?」
「そんな取り決めをした記憶はないよ」

これだから、頭の良い奴は厄介なんだ。
谷口辺りならばすぐに丸め込めるのに。
ともあれ、こうなれば折れるしかない。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:33:36.66 ID:5HEO7PNvO
「国木田。せーので、同時にしよう」
「わかった。キョンに合わせるよ」

結局、最初に言った通り同時放尿を目指すことにしたのだが、これがなかなか難しい。

国木田は俺に合わせると言うが、つまり、それは俺が先に放尿するリスクが高くなる。
なんなら国木田は結局放尿することなく俺が独り虚しく尿で放物線を描く可能性もある。
それでは連れションだからこそ薄れている羞恥心を誤魔化しきれず、本末転倒と言えた。

さてどうしたものかと考えあぐねていると。

「キョン、キョン」
「なんだよ、いま名案を考えてるから……」
「カンタンなんだよ、こ・ん・な・の」

やりやがった。国木田め。思わず、先走る。

ちょろんっ!

「フハッ!」

自分で放尿して自分で嗤う。屈辱の極みだ。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:36:05.34 ID:5HEO7PNvO
ちょろろろろろろろろろろろろろろろんっ!

「フハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

ああ、畜生。くぅ〜夕陽が目に染みやがる。
真っ赤な西日に染まった尿は、まるで血尿のごとぐ真紅に色づいており、幻想的だった。
これそまさしく、『マジック・アワー』ならぬ、『マジック・シャワー』である。

恐らく羞恥によって耳まで真っ赤であろう俺の顔面もこの夕焼けのせいにすることが出来るのは不幸中の幸いと言えるが、それはどうやら国木田にとってもそうだったらしく。

「ん? どうした、国木田。顔が赤いぜ?」
「っ……きっと、夕陽のせいだよ」

まあ、そういうことにしておいてやるか。
誰にだって、一時の気の迷いはあるさ。
わざわざその深き迷宮に迷い込んで、男の友情にヒビを入れる必要はあるまい。

「それで……いつする?」
「なんのことだ」
「ダンス……一緒に踊るの」

国木田とハレ晴レ愉悦ダンス。胸が躍るな。
それはきっと、谷口とよりは愉しいだろう。
もしも国木田が女装したならば、なお良し。

「ひとまずお互い仕舞ってから考えようぜ」
「あ、うん」

いそいそとイチモツも仕舞いながら、今度連れションする時は絶対に負けてなるものかとリベンジを誓いつつ、存外、男の友情というのも悪くないものであると、認識を改めた。


【キョンと国木田の友情】


FIN
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/11(土) 22:42:59.27 ID:5HEO7PNvO
キョンとハルヒの中の人のハレ晴レダンスは往年のファンの皆様にとって、とても嬉しいサプライズだったように思えます。
特にキョンの中の人のダンスの冴えは流石の貫禄で、大いに笑わせて頂きました。
もしもまだ見ていない方がいらっしゃるならば、是非とも見てみてください。

ちなみに作中では谷口の中の人のダンスを爆死と表現していますが、個人的にはとても好きで、こちらもおすすめです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:01:15.20 ID:5KOqWlPIo
クヤシイけどちょっと笑った
14.46 KB Speed:0.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)