【安価】この闇に覆われた魔法の国で【コンマ】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 22:10:51.15 ID:2hsq878GO

魔法学校の生徒である主人公が
世界を救うSSです。

では早速ですが主人公の名前、性別を募集します
↓5まで

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594473051
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:14:05.91 ID:/7einrMDO
グリン 男
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:14:27.33 ID:JWahaNSWo
ドモン 男
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:15:09.30 ID:9klDcMamo
ガイ 男
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/11(土) 22:15:23.40 ID:eQoIPLDSO
アリス 女
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:15:49.20 ID:v0jRsbFQ0
リリィ 女性
7 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 22:17:41.14 ID:2hsq878GO
>>2
>>3
>>4
>>5
>>6
>ありがとうございます。

多数決を行います。
先に2票入ったもので決定
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:18:11.27 ID:8RhiJAAX0
グリン
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:19:15.32 ID:ezqb8PV6o
ドモン
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:20:01.22 ID:hGbYnQMwo
グリン
11 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 22:35:16.02 ID:2hsq878GO
主人公をグリン君で決定します!
他の方の名前もどこかで使わせて頂きますのでよろしくお願いします。


グリン君は…
↓1 コンマが大きい程背が高い
↓2 コンマが大きい程イケメン
↓3 コンマが大きい程社交的
↓4 コンマが大きい程人情的
↓5 コンマが大きい程家柄良し
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:35:39.02 ID:tDeWF5+S0
えい
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:35:47.33 ID:8RhiJAAX0
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:36:21.70 ID:v0jRsbFQ0
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:36:44.58 ID:/7einrMDO
はい
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:37:38.74 ID:O7gcAZjlo
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:38:21.57 ID:8RhiJAAX0
赤ちゃんかな?(1ケタか2ケタかで変わるけど)
18 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 22:51:32.59 ID:2hsq878GO
>>12 02ドチビ
>>13 33 普通にブサイク
>>14 70 結構社交的
>>15 58 人並み
>>16 74 家柄よし

…まあ外見以外のスペックはいいね!いいよね?

そして魔法学校の名前を募集します。
↓3まで
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:55:40.73 ID:dYnasl7l0
ナイトレーベン
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:56:11.28 ID:O7gcAZjlo
マジアスロウン学園初等部
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 22:57:22.38 ID:rgJc7SUyo
ノスガレン
22 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 22:59:45.25 ID:2hsq878GO
>>19
>>20
>>21
ありがとうございます。

多数決を行います。
先に2票入ったもので決定
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:01:33.99 ID:ucWSJQzuo
>>21
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:01:40.33 ID:RAjr/hb6o
>>21
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:06:10.32 ID:hGbYnQMwo
主人公の見た目悲しいなww
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:07:44.32 ID:O7gcAZjlo
これは似合った感じの風貌のヒロインと組んで外見は関係ないと見返してほしい
27 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/11(土) 23:17:02.34 ID:2hsq878GO
ノスガレンで決定します!

大まかな流れですが、現段階で闇を払う方法は発見されていませんし、その実力もありません。
ひとまずは学園生活で力を磨きましょう


長くなりましたが最後にキャラ募集をします

名前
性別
簡単な性格をお願いします。全然足りないのでいっぱい募集
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:20:56.64 ID:tDeWF5+S0
名前 リッカ
性別 女
簡単な性格 温厚で人当たりが良い。がんばり屋さん
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:23:15.22 ID:v0jRsbFQ0
名前ロロ
性別女性
簡単な性格気弱で引っ込み思案
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:25:03.80 ID:O7gcAZjlo
名前 リルモ
性別 女子
簡単な性格 不思議で人を寄せ付けない雰囲気。髪のフケをコレクションしている。
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:26:14.61 ID:MdlOLLlKo
名前 サヤ
性別 女
ぶりっ子
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:31:58.94 ID:rgJc7SUyo
おつ

名前 ロイアン
性別 男
性格 気さくなお調子者
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:33:54.64 ID:/7einrMDO
名前 レオン
性別 男
性格 冷静沈着
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:34:14.93 ID:eUcmsE3t0
オスカロ

学者肌で基本無口
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:35:22.41 ID:hGbYnQMwo
名前 ウータ
性別 男
性格 お金大好き
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:41:50.00 ID:2kTOeMRmO
名前 ミナ
性別 女
性格 悪戯好きのトラブルメーカー
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:55:30.28 ID:8wSsWtBjO
グリム

逆張りが大好きな天邪鬼
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/11(土) 23:59:44.66 ID:urO8P1leO
ルイス

他人には嫌味だがシスコン気味
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 00:00:22.21 ID:pDb0o5Tl0
期待
名前アシュリー
性別女
性格内気で自分に自信がない
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 00:00:47.43 ID:buCZK8pqo
名前:ユリアナ
性別:女
性格:全てを諦めたかのように自分、周囲問わずに無関心
41 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/12(日) 00:20:10.52 ID:xnVnUGgxO
むかーしむかし
一人の悪魔の恐ろしい力によって
わたしたちのお日様は失われました。

動物や植物は変貌を遂げ
人々は争いを始め
わたしたちの世界は緩やかに終わりに向かって行きます。

しかし
私達には魔法がありました。
魔法の光で私達は作物を育て
歌を歌い、笑い、愛を交わしながら今日を生きています。
42 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/12(日) 00:21:08.79 ID:xnVnUGgxO
-


俺はノスガレン魔法学校に向かうため、汽車に乗っていた。

俺たち国民は魔法学校に6年間通うことを義務化されている。
みんなの生活を維持するため、一人でも多くの魔法使いが必要だかららしい。

汽車を降りると
幅の狭い街道に俺と同じ新入生がひしめいていた。

ゾッとした。

グレン「なんだよこの人混み…ぃ!?」

立ちすくんでいる暇も無い。
後ろからの流れに飲まれ

グリン「」

足を踏まれたり、蹴られたり。
頭に乗りかかられたりしながらゆっくり進んだ。

体感で1時間くらい進んでいると人混みの間にかなり大きな建物の影が見えてきた。

グリン「あれがノスガレン…」
43 : ◆JK0uF1b7Y. [sage]:2020/07/12(日) 00:21:41.22 ID:xnVnUGgxO


この闇に覆われた魔法の国で


44 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 00:24:04.05 ID:xnVnUGgxO
学校のエントランスはとても広かった。
地獄のような人混みからようやく開放された俺は1枚の紙を手に取っていた。
「赤い紙を持っている人はこちらでえええーす!!」
「緑の紙を持っている人はこっちいいいー!!」

向こうの方で教員の叫びのような呼びかけが聞こえる
ザワザワしていてほぼ聞き取れないが色の付いた紙を掲げヒラヒラさせているので大抵の生徒は意図が分かるだろう。

さて、俺は青い紙だけど…

1 青のグループに行く
2 誰かと会話してみる
↓1

45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 00:25:03.67 ID:GZ5yUMLDO
1
46 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 00:41:37.43 ID:xnVnUGgxO
いや、いいや
こんなとこで油を売っていたら取り残されかねない。
大人しく向かおう。

青の紙を持っている教員のところに向かうと
もう結構な人数が集まっていた。

ここに居る生徒が自分のクラスメイトだと思うと、なんだかワクワクする。

?「はい!!注目!!!」

その時教員の人が大きな声を上げた


0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 イタい人だった
4 気さくな人だった
5 落ち着いてる人だった
6 無口そうな人だった
7 お金が好きそうな人だった
8 トラブルメーカーだった
9 天邪鬼な人だった
47 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 00:42:05.82 ID:xnVnUGgxO
>あっコンマ1桁です。
↓1
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 00:42:13.36 ID:pDb0o5Tl0
49 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 00:58:22.70 ID:xnVnUGgxO
オスカロ「君たちのクラスを受け持つ事になったオスカロだ!!それでは教室に案内する!私の後を付いてくるように!!!」

大きな声を出すのに慣れていないのか、オスカロ先生はぎこちなく挨拶を済ますと、前の方に進みだした。


長い廊下を俺達は歩く。
石のタイルで出来た廊下は古く、よく見ると欠けている所があり、油断すると転びそうだった。

そういえばノスガレンは魔法学校の中でも一番最初に設立された所らしい。
この学校はいつ頃に出来たものなのだろうか。

そんな事を考えていると、先生が立ち止まった。

オスカロ「ここが君達の教室だ」
50 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:04:23.19 ID:xnVnUGgxO
教室の中は、以前説明を受けていた通りのものだった。
簡素な2人用の長机が何列か並び、1段高いところに教壇があり、その裏には黒板。

長机にはそれぞれ名前の付いた紙が置いてあり、先生に促され俺達は各々の席に着いた。

さて、同じ机には…

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 イタい人だった
4 気さくな人だった
5 落ち着いてる人だった
6 嫌味な人だった
7 お金が好きそうな人だった
8 トラブルメーカーだった
9 天邪鬼な人だった
51 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:05:15.59 ID:xnVnUGgxO
>すみません、コンマ1桁です。
↓1で
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 01:06:07.05 ID:DnOGh7sJ0
53 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:19:45.98 ID:xnVnUGgxO
>グリンは見た目がアレなので知り合いでもない人からは声が掛けられ辛いです、幸い社交的なので基本こっちから声を掛けます。

グリン「同じ席だね、俺はグリン。よろしく」

レオン「ああ、レオンだ。よろしく頼む」

レオンはなんだか落ち着いた印象を受けた。

好感度+1
レオン 1 【知り合い】



それにしてもレオンは…
↓1 コンマが大きい程背が高い
↓2 コンマが大きい程イケメン
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 01:21:22.98 ID:Lvhq3/YMO
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 01:21:53.16 ID:DnOGh7sJ0
でかい
56 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:35:34.78 ID:xnVnUGgxO
>>54 98 めっちゃ高い。ノッポ
>>55 16 ネタにならないレベルのブサイク

>レオン君!?


レオンは…かなりデカい奴だった。
そして俺よりも顔が良くない。
女子から怖がられそうな見た目だ。

それにしても…
こうして会話で顔を上に向かせ続けているとかなり首が痛くなる。

ヒソヒソ…

レオン「…なんというか、身長差が凄いな」

ヒソヒソ…

グリン「これじゃ目立つよな、お互い…」

こうして気まずい中、俺達は先生の説明を聞いたのだった。
57 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:36:29.40 ID:xnVnUGgxO
居たたまれなく所で今日はここまで!
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 01:38:37.18 ID:DnOGh7sJ0
軍人にいそうなタイプだね
乙です
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 01:40:07.20 ID:El9W7xM9o

身長差どれくらいあるんだろうな……
60 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 01:46:15.11 ID:xnVnUGgxO
因みにキャラ募集は継続して行っていきます!よろしくお願いします!
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 02:00:27.07 ID:mFL4sEawo
おつおつ
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 02:05:50.61 ID:Lvhq3/YMO


名前 ドミニク
性別 男
性格 名誉を重んじ、向上心が強い
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 03:06:13.43 ID:PGYsOw7cO
名前:セルゲイ
性別:男
性格:普段は礼儀を弁えている 本質は闇への復讐心
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 12:05:22.77 ID:JHP6TZYIo
名前 レイア・セルジェノフ
性別 女
性格 テンション高めの天然おバカ
65 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 14:39:34.46 ID:xnVnUGgxO
グリン君のステータスを決めておきます

↓1 知能
↓2 体力
↓3 魔力
↓4 素早さ
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:41:10.67 ID:saDxIqxq0
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:41:51.96 ID:DnOGh7sJ0
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:42:20.22 ID:odKYSgjeO
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:42:46.22 ID:GZ5yUMLDO
はい
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:45:52.32 ID:DnOGh7sJ0
あの体のどこに体力があったんだよ...小さいからだつかって関節技とか使ってきそうだな
あとこの魔翌力ちゃんと魔法使えんのかな
71 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 14:54:18.30 ID:xnVnUGgxO
>>66 67 頭は良い方
>>67 96 無尽蔵の体力
>>68 22 ショボい魔力
>>69 22 普通に遅い

ありがとうございます

段々グリン君の事が分かってきました…

後に属性等の資質判定も行いますので大体の実力はそこで決まります
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:55:10.81 ID:mFL4sEawo
魔法より適性ある事なんかあるやろってパラ
73 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 14:56:59.03 ID:xnVnUGgxO
オスカロ「えー、まずは入学おめでとう。君達を歓迎する」

教室のざわめきが収まった頃
ようやくオスカロ先生が話を始めた。

オスカロ「改めて自己紹介をするが、私はオスカロだ。君達【青のクラス】を受け持つ事になった。」

それからオスカロ先生は淡々と学校の説明を進めていった。

今日はこれから大広間で入学式を行うらしい。

オスカロ「入学式の前に制服に着替える必要がある。君達はこれから学生寮に行き、部屋の確認も兼ねて着替えて来るように。」

一時間後に集合だと言い残し
先生は何処かに行ってしまった。

クラスメイト達が席を立ち始める
さて、俺も行こうかな…

コンマ80以上でイベント
↓1
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 14:59:04.05 ID:Qvp2p2LR0
えい
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:01:30.13 ID:DnOGh7sJ0
分かってきたか...

魔法苦手だけど入学強制させられた系の坊ちゃんかな?
社交性と学があるもんだから泊付けの一環として断り切れなかった感じで
76 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 15:17:45.19 ID:xnVnUGgxO
05 特になし

廊下に出て、校内地図を広げる。
多くの生徒が何年も生活を送るだけあって、かなり広いようだ。

学生寮はその一角に分布しているようだ。
いくつもの棟が立ち並び、その中央に大食堂がある。

俺の入る学生寮は…


コンマ判定
00〜10 男女混合寮
11〜99 男子寮
↓1
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:18:38.52 ID:DnOGh7sJ0
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:25:42.91 ID:El9W7xM9o
男女混合にならなかったか
残念
79 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 15:37:56.41 ID:xnVnUGgxO
52 男子寮

ちょうど真ん中に位置する男子寮だった。

地図をよく見ると学生寮の真ん中に川が流れている
そこで男子寮と女子寮が別れているようだ。

暫く歩くと学生寮群が見えてきた。

建物の間を抜け
大食堂を横目に進んでいくと目的の寮が目の前に現れる。

グリン「ここかぁ」

他の寮と同じく、レンガ造りの細長い建物だった。

ともかく時間が無くなってきたので
部屋に入ってさっさと着替えよう


コンマ判定
偶数で誰か居る
↓1
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:38:25.94 ID:7gJdGLn10
81 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 15:44:55.79 ID:xnVnUGgxO
01 気さくな人だった
23 お金が好きそうな人だった
45 天邪鬼な人だった
67 向上心の高そうな人だった
89 礼儀正しそうな人だった

コンマ判定1桁
↓1
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:45:19.30 ID:DnOGh7sJ0
83 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 15:47:14.26 ID:xnVnUGgxO
ロイアン君把握しました。
しかし女の子がまだ一切出て来なくて寂しいですね…

一旦中断します
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 15:49:10.38 ID:As4UOeWcO
たんおつ。ついでにキャラ投下

名前:ギテン
性別:男
性格:陽気なお人好しで努力家。若干空気が読めない。
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:18:51.99 ID:igps3zBkO
名前 ヨーク・ゼレフィア
性別 女
性格 成金自信家隠れM
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:20:31.15 ID:DnOGh7sJ0


名前 リツ
性別 女
性格 武人気質。ただし、最近女性らしくないことに迷いが出てている
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:23:41.75 ID:7gJdGLn10
名前 セシル
性別女
性格 穏和な平和主義者
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:24:51.84 ID:UddtD+POO
名前 ソフィア・ダークオーム
性別 女
性格 明るく冗談好きな天才少女
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:31:44.43 ID:GZ5yUMLDO
名前 ローエン
性別 男
性格 飄々とした掴み所の無い性格
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 16:46:36.98 ID:n8c+YN7xO
カール

出自にコンプレックスがあり、力こそ正義が信条
91 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:17:06.08 ID:xnVnUGgxO
?「おっ!もしかして同居者か?」

部屋のドアを開けると先客が居た。

目の前に上裸で。

グリン「!?そ、そうだけど」

ロイアン「俺はロイアン!これからよろしくな」

笑顔で手が差し伸べられる
外から丸見えの状態なんだけど…

どうしようもないので仕方なく握手に応じる

グリン「俺はグリン…まず部屋に入れてくれない?」

ロイアン君判定
↓1 コンマが大きい程高身長
↓2コンマが大きい程イケメン
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:18:04.82 ID:7gJdGLn10
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:18:25.59 ID:JHP6TZYIo
いけ
94 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:19:39.92 ID:xnVnUGgxO
>>92 82 高身長
>>93 59 ふつう

ありがとうございます

これは雰囲気イケメンですね…間違いない
95 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:20:45.26 ID:xnVnUGgxO
ロイアン「ようこそ…俺達の愛の巣へ」

グリン「やめろ気持ち悪い!」

最悪な冗談で迎えられた部屋の中は
案外悪いものでは無かった。

広い部屋に机が2つ、真ん中に大きなテーブル
壁に埋まるような配置でベットが2つ、それぞれカーテンが付いている。
そしてそれぞれの大きな収納があり、制服はそこに入っていた。

服を着ているとロイアンが話し掛けてきた。

ロイアン「クラスはどこなんだ?教室で見掛けなかったけど」

グリン「青だよ。ロイアンは?」

ロイアン「俺は黄。寮部屋ってクラスで分けてる訳じゃ無いんだなー」

確かにどうやって所属を変えているんだろう
ランダムにでも振り分けているのだろうか

ロイアン「なあなあ、グリンはもう魔法使えるのか?」

グリン「え?俺は…」


コンマ判定
00で使える
↓1
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:22:20.97 ID:n8c+YN7xO
無理
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:23:47.97 ID:mFL4sEawo
おしい
98 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:24:11.04 ID:xnVnUGgxO
グリン「使えるわけないだろ」

ロイアン「だよなー、聞いてみただけ」

魔法というのはまず
精霊の助けが無いと使う事が出来ない。

精霊は限られた場所にしか生息しておらず
それらの土地は大抵魔法学校が所有、管理している。

生徒は皆、魔法を使うためにそこに赴き
それぞれ選ばれた精霊と契約をすることになる。

だから入学する前の生徒が魔法を使えるなんて
基本あり得ない話だ。

ロイアン「あーあ早く【魔女の洞窟】に行きてえー!」

グリン「魔法ね…」

精霊には様々な属性がある
熱、水、土、風、光…といった具合に

これによって自分の使える魔法も決まってくるんだ。


グリン(光だけは嫌だな…)
99 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:26:46.52 ID:xnVnUGgxO
コンマ判定
20以下でイベント
↓1
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:27:44.66 ID:E4Y1dkj2o
やっ
101 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:35:54.61 ID:xnVnUGgxO
66 イベント無し


入学式のため、ノスガレンの新入生全員が大広間に集まっていた。
凄い数だ、何百人居るのだろうか。

暫くしていると、複数の教員が壇上に上がってきた。
オスカロ先生が居るので、それぞれの担任の教師だろう。

最後に上がってきた人物が話し始めた。



ドモン「校長のドモン・ノスガレンだ。君達の入学を大いに歓迎しよう。」
102 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:50:05.00 ID:xnVnUGgxO
グリン(はぁぁぁぁあ…)

酷い長話だった。

俺達は一体どのくらい立っていたのか。
あまりに話が長いため
途中から座り込む生徒が続出した。

俺も途中で座った。

校長はそれでもノスガレンの歴史を話し続け
最後には教員達に制止されていた。

グリン(大丈夫か?この学校…)


そろそろ終わるかと思いきや、最後に新入生代表の挨拶があるらしい。
一人の生徒が壇上に上がっていった。
103 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:52:31.39 ID:xnVnUGgxO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 イタい人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 お金が好きそうな人だった
8 トラブルメーカーだった
9 天邪鬼な人だった
↓1
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:52:50.87 ID:DnOGh7sJ0
105 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/12(日) 17:57:42.95 ID:xnVnUGgxO
ウータ君把握しました。
本日はここまで!
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 17:58:24.68 ID:DnOGh7sJ0
おつ
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 18:00:19.73 ID:vWhZx5FoO
おつ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 18:00:38.05 ID:PkldM+q8O
乙です
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 18:04:17.98 ID:7gJdGLn10
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 18:11:10.46 ID:mFL4sEawo
おつ
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/12(日) 20:00:47.90 ID:El9W7xM9o
おつ
112 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 18:33:44.24 ID:EAcf7KJYo
ウータ「今日、私たちは、伝統あるこのノスガレン魔法学校の生徒になれることを、とても嬉しく思っています。」

ウータ「私たちは、今、新しく始まる学校生活に大きな期待を持っています。たくさんの先生方、魔術学習、高収入の就職先───────」

変な単語が並んでいたが
疲れているので聞かなかった事にした。


新入生代表の挨拶が終わり、校歌が流れた後
ようやく入学式は幕を閉じた。

生徒がざわつき始め、散り散りに大広間を出ていく。

まだ夕方になる前だが
今日の行事はこれで終わりだ。

夕飯の時間までまだ時間がある。

グリン「一度寮に戻るのも手だけど…」

コンマ判定
70以上でイベント
↓1
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 18:35:25.24 ID:wg62ExKdO
こんま
114 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 18:42:29.50 ID:QRXmZAkbO
24 イベント無し

どうする?
1 適当にぶらついてから食堂に行く
2 一度寮に戻る

↓1
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 18:43:58.26 ID:HQXtbyBX0
1
116 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 19:00:19.92 ID:QRXmZAkbO
少し遅れてから大広間を出ると
もう生徒達は廊下にあまり残って居なかった

さて
ここに来て初めての自由時間

普段なら走り込みでもしようと思っていた所だったけど
今日の俺はそんな気分ではなかった

ともかく浮ついていた。

初めての学校…
冒険しない訳には行かない



コンマ判定
近くに知り合いがいた?
90〜95 レオン
96〜00 ロイアン
↓1


117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 19:04:25.75 ID:UGLOAqFDO
はい
118 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 19:42:54.92 ID:QRXmZAkbO
一人、大きな階段を降りながら考える。

他にも植物園、学内商店街、訓練場、図書館、魔法研究棟、発電所…
気になる所は沢山あった。

しかし一つの場所が気になって仕方無い

グリン(ずっと気になっていたんだ…)

地図を広げ、指を滑らす
目線の先には地下テラスと書かれていた。

グリン(…地下テラスって何だ?)






119 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 19:50:06.29 ID:QRXmZAkbO
地下テラスとやらは学校の中央から南に歩くと見えてくる大きな建物
そこの地下にあるらしい。

渡り廊下に出ると、雨の匂いがする
音もなく小雨が降っているようだ。

涼しい風を感じるのも束の間
棟の入り口をくぐり、階段を探す。

しかし…

グリン「ここは何か照明が少ないな…」

ぽつりぽつりと居た上級生らしき通行人も見なくなり
周りにはもう誰も居ない。

120 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 19:56:04.76 ID:QRXmZAkbO
夕食の時間になってしまったかと慌てて時計を探す。

廊下の壁掛け時計を発見するが
まだまだ時間はたっぷりあった。

しかしこうも人が居ないなんて…
地下テラスっていうのは大して面白い物では無いのだろうか?

階段は建物の真ん中にあった。
少し怖くなって来たのもあり、足早に階段を降りる

思ったよりも段数がある。
数分使ってようやく降りきったその時
前方から大きな風が吹きぬけた。
121 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 19:57:45.77 ID:QRXmZAkbO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 イタい人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 トラブルメーカーだった
9 天邪鬼な人だった
↓1
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 19:58:26.98 ID:jpGd1LSdO
123 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 20:01:31.63 ID:QRXmZAkbO
ミナちゃん把握しました。
一旦中断します!
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 20:41:06.19 ID:vts/MIQxo
たんおつ
125 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 21:50:33.57 ID:QRXmZAkbO
風を真正面から受けた目を擦って前に進んでいくと
部屋の全容を大体掴む事が出来た。

石畳に手すり
グランドライトが手摺にそって配置されている。

手すりの先は暗闇で何も見えない。

なるほど地下テラスとは
言葉通り地下にあるテラスだったのだ。

手摺にもたれる人影が一つ見える
先客がいるようだ。


?「…」

ミナちゃん判定
↓1 コンマが大きい程高身長
↓2 コンマが大きい程美少女
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 21:54:22.84 ID:vts/MIQxo
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 21:54:39.47 ID:iYRkHEfr0
128 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 21:58:15.12 ID:QRXmZAkbO
>>126 84 高身長
>>127 47 普通

ありがとうございます!
高身長の女の子いいよね…
129 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:04:02.65 ID:QRXmZAkbO
グリン「…こんなとこあったんだなぁ」

?「誰?」

グリン「俺はグリン、地下テラスって名前が少し気になって来たんだ」

ミナ「グリン、グリンね、わたしはミナ!…あれ?じゃあグリンも新入生?」

意外そうな顔をしている
どういう意味だよ…

グリン「そうだけど…」

ミナは冗談冗談と言ってアハっと笑った。

グリン「『グリンも』ってことはミナも新入生か」

ミナ「そうよ!立派な魔術師になって皆に慕われるの!」

ミナは返答のついでに将来の夢を簡潔に言ってのけた。

グリン「皆に慕われる…」

そう、そうだ。
俺も皆に慕われる魔術師になりたい。
130 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:13:31.68 ID:QRXmZAkbO
遠くで風の音が聞こえる。

相当に広い空間なのだろう
目を凝らしても向こう側の壁が全然見えなかった。

ミナ「ここってさ、凄いよね!」

グリン「ああ、屋外のテラスと錯覚しそうだよ」

ミナ「こう広いとさ…魔物とかも居たりしてね?」



身体の中を冷水が駆け巡ったような気がした。

グリン「…やめてくれよ」

ミナ「…テラスの下から急に這い上がって来たりして!」

グリン「怖がらせようったって無駄だぞ…」

ミナ「怖がってるじゃん、あっはっは!」

ミナが大きく笑うと
その声はテラスの中で小さく反響した。

コイツ…初対面の俺をひたすらからかってくるぞ…

ミナ「それにしてもグリンはちっちゃいねぇ」

グリン「ちっちゃいとか言うな!」

ミナは、あ!そうそう!と俺の抗議をスルーし
地下テラスの中央を指差した

ミナ「ねぇ、あれって誰の像なのかな?」
131 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:16:18.57 ID:QRXmZAkbO

言われてミナと像の近くに寄ってみた。

像は風化している。

人物を彫っていたのだろう、足は辛うじて残っていたが
男か女かも分からない程に朽ちていた。

ミナ「わたし、暗いし最初はただの岩かと思ったんだけど…ほら、これ見てよ」

ミナの指差す所に、何やら文字のようなものが彫り込まれていた。

ミナ「グリンって古代文字読める?」

グリン「俺は…」

コンマ判定

(【知能補正】コンマ+13)
90以上で読める
↓1
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 22:17:29.54 ID:UGLOAqFDO
はい
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 22:17:40.77 ID:EYDnS/BAO
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 22:20:25.54 ID:N/CTylejo
よめ
135 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:28:38.25 ID:QRXmZAkbO
13+54 = 69 読めない



グリン「読める訳ないだろ」

ミナ「そしてわたしも読めない。古代文字が使われてるのって初めて見たなー」

ミナは紙束の簡素なメモをポケットから取り出し、古代文字を写し始めた。

グリン「…後で調べるのか?」

ミナ「うん、なんか気になるじゃない」

意外に勉強熱心な奴だった。
136 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:37:34.57 ID:QRXmZAkbO
グリン「なぁ、それ書いたらもう上がろうぜ、夕飯に遅れる」

ミナ「あーうん、そうだね───」



ミナ「あ、忘れてた」

グリン「何を?」

ミナ「私がここに来た理由」

ミナはそう言いながらポケットをまさぐりだし
何か光る物を取り出した。

見たことがある…
確かあれは…いや…まてよ…


グリン「…魔石?」

ミナ「魔石?…えっこれ魔石なの!?」

魔石が放つ光は純白
恐らく光の魔法が込められている。
137 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 22:52:30.39 ID:QRXmZAkbO
グリン「これどこで拾ったんだよ!?」

魔石と言えば、かなり危険な代物だ。
衝撃を受けると込められたエネルギーが炸裂する…
つまり爆弾のような物だ。

ミナ「ええっと…近くの渡り廊下で黒いローブ被ったおじさんに貰ったの」

グリン「えぇ…」

ミナ「地下テラスの向こうに投げ込んで来て欲しいって頼まれちゃってね」

ミナ「なんか面白いからOKしちゃった!」

俺は絶句した。


ミナ「あ!でもでも!顔は見えなかったけど優しい声だったわ。」

ミナは謎のおじさんのフォローをした。

グリン「いやフォローになってない!投げるのは絶対やめろ!」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 22:56:57.58 ID:3SZcHMt+0
敵かな?
139 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 23:11:58.78 ID:QRXmZAkbO
ミナの話が確かだとすると
生徒に爆発物を渡すような、黒いローブを目深に被ったおじさんが校内を徘徊しているという事だ。

そんなおじさんの言うとおりにしたら
…絶対ロクでもない事になる。

ミナから魔石を取り上げようとすると
ミナはサッと両手を上に上げた。

グリン「くそっ届かない!」ピョンピョン

ミナ「いや、待って!待ってよ!」

グリン「何を待つんだよ!」

ミナ「……」

グリン「…?」

ミナ「…一回やってみない?」

グリン「やってみない!!」

叫んで俺は足に全力を込めて跳躍した。
ミナが持っている魔石を奪い、着地するつもりだった。

しかし、ミナは思ったよりも魔石をガッチリと掴んでいた。

俺は途中でバランスを崩す


魔石は…


コンマ判定
50以下で無事
51以上で無事じゃない

↓1
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 23:12:22.59 ID:N/CTylejo
ぶじ
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 23:16:50.14 ID:vts/MIQxo
オイオイオイ
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 23:19:46.62 ID:CWOr61HtO
初日からトラブルメイクしちゃたか
143 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 23:27:57.39 ID:QRXmZAkbO
俺は受け身を取る間もなく地面にぶつかった。
痛みに身体を捩っていると

カラン、コロンと気持ちのいい音が聞こえた

グリン「ああ…」

ミナ「おお…落っちゃった!!」

ミナが手摺に駆け寄り、下を覗いている。

グリン「お前…ちょっと嬉しそうだな…」

ミナ「そ、そんなことある訳─────」

そう言いながら俺の方に振り返った瞬間
まず鋭い閃光が走り



ドカアアアアアアアァァァァン………


遠くの方で想像以上の爆発音がした。
144 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 23:39:49.86 ID:QRXmZAkbO
グリン「………はぁ」

最悪だ。俺も共犯じゃないか

ミナ「………グリンも共犯ね」

グリン「…いや共犯じゃない!ふざけんな!」

ミナはアハッと笑い
それから難しい顔をしはじめた。

ミナ「…でもさ、これだけ?」

グリン「?何がだよ?」

ミナ「えっと、これじゃただ魔石捨てただけじゃない?」

グリン「…ただ処分するのが目的だったってことじゃないか?」

ミナ「そうだとしたらつまらないわね…あーあ」

そう言いながらミナは背後にある手すりに寄りかかろうとした。
145 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 23:50:15.18 ID:QRXmZAkbO
その瞬間
急いで駆け寄っていた俺は
ミナの腕を掴んで引っ張った。

ミナは驚いた顔をしていたが、半笑いだった。
人の気も知らないで

クソッ!


グリン「逃げるぞ!!!」

ミナ「逃げ…!?」

ミナはまだ気付いていない。
だから腕を力任せに引っ張り、階段にを駆け上がった。

ミナ「なに!?どうしたのよ!!」

グリン「どうしたも何も…!!」



グリン「下から魔物が上がって来たんだよ!!!」
146 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/13(月) 23:51:18.30 ID:QRXmZAkbO
今日はここまで!
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 23:53:34.90 ID:3SZcHMt+0
初日からやべぇイベントきたな
魔物に気づけたのは体力依存の野生の勘みたいなものだろうか
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 00:23:40.87 ID:VA9f3na7o
おつおつ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 00:28:24.91 ID:yXi0JLm/O
問題児襲名かな
おつ
150 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/14(火) 23:11:09.27 ID:SD3ewyPmO
廊下は相変わらず往来する人もなく静かだった。


ミナ「ぜぇ…ひゅ…ひゅぅ…」

グリン「…」

恐る恐る階段を振り返る
まだ、居ない。


だけど息をつく暇はない
すぐに悍ましい鳴き声がハッキリ聞こえてきた。



リザードマンの鳴き声だ。
151 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/14(火) 23:20:26.88 ID:SD3ewyPmO
よりにもよって
足の早いリザードマン。

姿を見られたら最後
魔法の使えない俺達は簡単に身体を引き裂かれてしまうだろう。


疲れてもいないのに汗が滲んでくる
恐怖で身体中が凍えそうだ。


一匹なのかそれとも群れか
どれだけ居るのか知らないが…

間違いなくこっちに登ってくる!




ここは…!



1 魔物に見つかるのを覚悟で渡り廊下を使って助けを呼ぶ
2 近くの陰に隠れてやりすごす
↓1
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:24:35.01 ID:Opy3q6uN0
1
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:24:35.50 ID:hLXLEFGw0
1
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:33:00.36 ID:hLXLEFGw0
いまさらだけど、このスレってsage進行の予定?
155 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/14(火) 23:43:56.23 ID:SD3ewyPmO
>>154 特に決めてないですね…
コンマスレならsageない方が良かったりするんでしょうか
156 : ◆JK0uF1b7Y. [sage saga]:2020/07/14(火) 23:47:56.00 ID:SD3ewyPmO
ミナ「……ぁあ……あ」

グリン「ミナ、叫ぶなよ…まだ走るぞ」


こんなところで隠れてもジリ貧だ
一か八か、ここは助けを呼ぶしかない!


俺達は渡り廊下へ向かって駆け出す。
棟の入り口を出る
廊下に足を乗せる


廊下を半分程走った所で、背後からリザードマンの鳴き声が聞こえた!

続けて聞こえる金切り声
頭が一瞬真っ白になった。

リザードマンがそれを出すときは相手を威嚇をする時であり、それはつまり…



見つかったという事だ。

グリン「畜生!!!」

ミナ「もう嫌ああああ!!!」


コンマ判定
60以下で…
↓1
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:48:36.34 ID:kJOrNcjDO
はい
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:48:59.26 ID:hLXLEFGw0
どんどん下の方に埋もれてくから安価つきにくくなってくかなと思っただけ
159 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/14(火) 23:52:08.46 ID:SD3ewyPmO
>>158
他の方のスレを確認してみたらどうもsageて無いっぽいのでこれからは外そうと思います!
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 23:54:58.56 ID:yXi0JLm/O
やばくね?
161 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:05:08.26 ID:QQRcXA9QO
ミナ「駄目!グリン、遅すぎ!」

ミナは俺のすぐ前を走っていたが
いつの間に、かなりの距離が開いていた。

グリン「そんな、こと、分かってるよ!」

そう、どんなに頑張ってもこの足で出るスピードなんてたかが知れている。

グリン「っ………」

まだ、まだ誰も来ない


それなら…もう…
俺は…
162 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:09:37.86 ID:QQRcXA9QO
振り返る
するとリザードマンのカビ臭い体臭が鼻を突いた。

リザードマンはもう俺の目の前に居る。


グリン「…」

大丈夫、大丈夫だ。
きっとあの時みたいに今回も…



【戦闘を開始します】
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:27:01.60 ID:jP1T0XBI0
格闘で戦闘経験あるのかな
164 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:29:03.38 ID:QQRcXA9QO
・ダメージ計算は、単純に【攻撃-防御】となります。
・回避判定は、相手より素早さが高い時にのみ判定し、判定を受ける方のコンマがお互いの素早さの差以下だった場合、回避となります。(今回ならリザードマンは26以下のコンマで回避成功)

【ステータス】
グリン HP 10
防御 9
攻撃 0
素早さ 4

リザードマン HP 85
防御 15
攻撃 15
素早さ 30

【どう動く?】↓1
○攻撃
○防御(防御+1)
☓魔法
☓逃げる


コンマ判定
高い方が行動
グリン ↓1
リザードマン ↓2
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:32:29.77 ID:V+mrPmBtO
防御
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:35:48.54 ID:rNTvRdEs0
敵強い
167 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:45:16.96 ID:QQRcXA9QO
>>164
>最後のコンマの説明、高い方が先に攻撃。ですね、すみません。




臭い、臭い。この臭い、この臭いだ。

脳裏にこびりついて離れないあの臭い。
目を逸らせる訳もない。

リザードマンがピクリと動く
見逃さずギリギリで防御の姿勢を取る。


しかしそれはあまりにも意味が無かった。

グリン「っああああ゛あ゛あ゛!!!」
168 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:46:11.32 ID:QQRcXA9QO
コンマ判定
↓70以下で…
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:46:57.08 ID:V+mrPmBtO
170 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 00:49:56.54 ID:QQRcXA9QO
グリン HP 5/10
防御 9
攻撃 0
素早さ 4

リザードマン HP 85/85
防御 15
攻撃 15
素早さ 30

【どう動く?】↓1
○攻撃
○防御(防御+1)
☓魔法
☓逃げる


コンマ判定
高い方が先に行動
グリン ↓1
リザードマン ↓2
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:55:51.92 ID:SmnuLjRq0
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:57:12.01 ID:rxAV2eQOO
守っても耐えられないんだよなあ

攻撃
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:57:41.39 ID:V+mrPmBtO
どうするのこれ
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 00:58:37.41 ID:jP1T0XBI0
特大バットイベ
175 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:05:10.56 ID:QQRcXA9QO
リザードマンはこちらの様子を伺っている。

俺はもう…左腕の感覚が無い
何だか寒い

だけどそれがなんだって言うんだ!


グリン「あああああああ!!!!」

リザードマンへ駆ける
最後の力を振り絞って跳び
右足をコイツの顔面に────


…駄目だ、当たらない
176 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:12:21.45 ID:QQRcXA9QO
思い切り石畳に身体が擦れる。
滅茶苦茶痛い。

急いで立ち上がると
リザードマンはもう攻撃の予備動作を始めていた。

終わりだと思った。
177 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:17:47.27 ID:QQRcXA9QO
コンマ判定
01〜30 ???
31〜99 助けが来る
↓1
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 01:19:13.05 ID:rNTvRdEs0
えい
179 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:23:02.50 ID:QQRcXA9QO
【戦闘を終了します】

しかし


ここで俺の身体は横に倒れ、リザードマンの爪は紙一重で当たらなかった。

リザードマンは俺の隣を見ている。

グリン「…っ!!!」


何で戻って来たんだよ!!!


ミナ「…」
180 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:34:59.54 ID:QQRcXA9QO
ミナ「…わたし、わたしは沢山の事を知って、立派な魔術師になって、みんなから尊敬されて…」



ミナ「まだ…まだ、何も分かって無いのに…」

リザードマンの爪がミナに振り下ろされていく。



声が掠れて出ない。
だから、思い切り右手を伸ばした。
181 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:38:32.54 ID:QQRcXA9QO
コンマ判定
偶数 光の壁
奇数 斥力
↓1
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 01:48:17.48 ID:/ugof0BIO
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 01:48:25.22 ID:1oAy6yT6O
184 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 01:52:26.87 ID:QQRcXA9QO
コンマ把握しました。
負けイベントですが初戦闘だったので
チュートリアル兼ねたのですがちょっと説明不足でしたね…すみません。

今日はここまで!
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 10:29:10.20 ID:0Lm1Aizro
おつ
186 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 17:53:33.12 ID:+kEJUNWwO
目の前で閃光が迸る。
ミナと魔物の間に向かって飛んでいく。

それは殻のような、膜のような形を作り、リザードマンの爪を弾き、ミナを弾いた。


何が起きた?

ミナに近付けないと思ったリザードマンが
こちらに飛び掛かってくる。

避ける余裕も無い
座り込んでそれを見ていると、リザードマンはあと少しの所で真横に吹っ飛んだ。

誰かが…助けに来てくれた…?
187 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 17:54:54.52 ID:+kEJUNWwO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 イタい人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった
↓1
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 17:56:25.53 ID:E4WPaBAOO

189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 18:00:49.12 ID:wu4LxjwPO
00と99だけそれぞれクリティカルとファンブルみたいな特殊判定欲しい
190 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 18:20:32.14 ID:+kEJUNWwO
誰か居る。
杖をリザードマンがいた方に向けている。

?「やだもう、風が臭うじゃない」

…助けが来てくれたんだ
そう思うと意識が急に遠のいてきた。

?「大丈夫ですかぁ〜?」

そう言って近付いて来る
妙に緊張感の無い声だ。

人の声が増えて来た
もう、ミナも俺も大丈夫だ。

今はもう眠い─────





?「………あの子、新入生よね」
191 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 18:21:37.28 ID:+kEJUNWwO
>>189
ゾロ目判定等ないと味気無いですよね
何らか導入していこうと思います。
192 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 18:37:09.70 ID:+kEJUNWwO
妙な夢だ。
何もない空間にふわふわ浮いている夢

浮きながら思い返す
俺は魔物に襲われたのは始めてじゃなかった。

そうだ…
あの時もリザードマンに襲われた。




コンマ判定
↓1 大きい程過去が重い
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 18:37:59.71 ID:2JEEWQyZO
194 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:01:10.21 ID:+kEJUNWwO
71 軽いトラウマ

父さんの顔を思い出す。
自慢の父親、国民を守る国の盾。

ミナが言っていた、皆に慕われる魔術師。


俺は父さんみたいにならなくちゃいけない、絶対に。
195 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:29:20.05 ID:+kEJUNWwO
目を醒ます
首を動かさず周りを確認する。

身体を起こすと、違和感を感じる。
どうやら左腕が包帯でグルグルに固定されているようだ。

暫くそのままボーッとしていると
ドアが開き、女性が入ってきた。

彼女は起きてる俺を見て少し驚いたような顔をしたが、直ぐに笑顔を顔に貼り付かせた。

?「グリンちゃんおはよ!」

聞き覚えのある声

グリン「えっと…助けてくれた人ですか」

サヤ「えぇ〜サヤの事覚えててくれたんだ?私嬉しいっ」

サヤさんはそう言ってわざとらしくリアクションを取った。
キャラは友角、命の恩人だ。


グリン「…助かりました。本当にありがとうございます」

サヤ「可愛い生徒の為だもん。当然」

意外にもサヤさんは教師らしい

グリン「そういえばミナはどこに?」


サヤ「…そういえばさ、グリンちゃん」
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:32:27.18 ID:HmJewV6Yo
荒らしのやつを採用しちゃったのか
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:33:13.05 ID:SmnuLjRq0
サヤでぶりっ子はここの板で有名な荒らしなんだよ
198 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:33:34.91 ID:+kEJUNWwO
コンマ判定
01〜20 サヤ「良くやったね、偉い!」
21〜50 サヤ「魔法使えるの?」
51〜80 サヤ「この顔に覚えはない?」
81〜98 上2つ

ゾロ目 サヤ「魔石作った?」

↓1
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:33:53.49 ID:UCYCpihw0
早耶Pのが採用されてる……
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:34:10.39 ID:SiQ+VukJO
ほい
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:36:17.62 ID:2JEEWQyZO
まぁ性格は>>1の匙加減だから元ネタから変わりますし
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:37:25.76 ID:SiQ+VukJO
顔コンマで一桁を狙う?荒らしといえばおもらしもくるかも
203 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:45:17.23 ID:+kEJUNWwO
サヤ「魔法使えるの?」

グリン「え?使えませんけど…」

サヤさんは怪訝そうな顔をする。
訳がわからない。

サヤ「んー?そうなの?なんか君が魔法を使ったように見えたんだけど…」

俺が、魔法を…?
じゃああの光は、もしかして…

サヤ「…ふーん、本当に使えないみたいだね」

サヤさんはそう言うと出口の方に行き、振り返る。

サヤ「それ聞きたくってさ、ごめんね?押しかけて。」

そうして、今のは忘れて?とだけ言い残し先生は部屋を出ていった。

何だか焦っているような感じだ。
どうしたのだろう。



グリン「結局、ミナは無事だったのか…?」
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:46:25.81 ID:SjSA2V9hO
まぁ採用して大人しくなるならそれでいいんじゃないの
205 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:48:12.68 ID:+kEJUNWwO
誰か来る?

コンマ判定
01〜10 オスカロ
11〜15 レオン
16〜30 ロイアン
31〜60 ミナ

ゾロ目 誰?

↓1
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:49:23.84 ID:2pNIoKdf0
えい
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:49:24.31 ID:Ov7KVHq3O
早耶P知らない辺り、ここに来て間もない人かな?
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 19:51:57.11 ID:HYoJOqiJ0
61〜98はなんだ?
209 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:54:13.93 ID:+kEJUNWwO
>>208
その場合誰も来ません。

好感度+1
ミナ 1 【知り合い】
210 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 19:56:14.53 ID:+kEJUNWwO
腕が痛いので、上体だけ起こした体勢で何をする訳でもなく、身体を休めていると、外で複数人が走っている音が聞こえた。

何だか外が慌ただしい…

グリン「行ってみるか」

丁度座っているのに飽き飽きしていた所だ
身体も鈍っている。

俺は外に出てみることにした。
211 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 20:02:33.70 ID:+kEJUNWwO
廊下に出ると、壁掛け時計が目に入った。
夕食の時間から2時間しか過ぎていない。

グリン「丸1日寝てたのか…?」



バタバタと生徒達が廊下を走って来ている。
まるで何か避難をしているみたいだ。


グリン「あのさ、何かあったの?」

俺はその中で同学年と思われる生徒に話し掛ける。
212 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 20:03:00.14 ID:+kEJUNWwO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 天然な人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった
↓1
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 20:03:23.93 ID:kOzcj3MK0
214 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 20:06:19.21 ID:+kEJUNWwO
レイアちゃん把握しました。
一旦中断します!
215 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 20:09:23.84 ID:+kEJUNWwO
ここでの投稿慣れていないので色々多めに見てくださいね!

そしてロイアン君も好感度表記忘れてました…
申し訳なしぃ…

好感度+1
ロイアン 1 【知り合い】
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 20:12:40.57 ID:kOzcj3MK0
一旦乙
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 21:05:50.91 ID:SdiZBxBuo
たんおつ
218 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 22:45:03.42 ID:+kEJUNWwO
俺が声を掛けると彼女は応じてくれた。
?「魔物がまた出たんですって!!こりゃ避難するしかないですよ!!」

?「それじゃ失礼しますので!」


そう言うとそのまま走り去ろうとする。
いやいやいやいや!!


グリン「魔物!?何処に!!」

俺も一緒に走って逃げる。

?「昨日と同じ地下テラスですって!!先生達が対処してますけど撃ち漏らしが来るかも知れないって事です!!」



レイアちゃん判定
↓1 コンマが高い程高身長
↓2 コンマが高い程美少女
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 22:46:22.59 ID:1GiX7En40
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 22:46:39.03 ID:Y9TeH1GDO
はい
221 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 22:47:47.20 ID:+kEJUNWwO
>>219 59 ふつう
>>220 03 …

ありがとうございます。
oh…どうしてこうなった
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 22:54:54.63 ID:Y9TeH1GDO
低い数値を出して言うのもあれだと思うけど、単純な美醜では無く、身だしなみや服等のお洒落のセンスも加味した総合的な外見のレベルの方が良かったかも
223 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 22:56:32.14 ID:+kEJUNWwO
?「ていうか何で着いて来るですか!?」

グリン「え!?…避難するんだろ!?そりゃ着いてくさ!」

そういえば彼女はさっきからずっとそっぽを向いている
何かを隠してる?

?「ああー…そうでした!ああもうですね!!こうしましょう!!」

彼女は前方を指差す

?「あなたは右に、私は左に逃げますので!オッケー!?」

…まぁここまで隠すんだ
無理矢理暴く物でも無いだろう。

グリン「分かった!」

レイア「私はレイア!レイア・セルジェノフです!また生きて会いましょう!!」
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 22:57:59.58 ID:2pNIoKdf0
もしくは01平凡〜100絶世の美少女(男子)とか
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 22:59:03.03 ID:Et6amab1o
女子は>>224のでもいいかも
男はどうでもいいけど女子はかわいそう
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:01:04.36 ID:2JEEWQyZO
>>222
別のスレは主人公のみ判定あったけど、身嗜みが出来てない地味子って感じでしたな
魅力値という扱いだからかもしれんが

227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:04:36.07 ID:pQ6Lu1JJo
0に近いと火傷や欠損があるとかだと私の性癖にささりまする
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:05:13.99 ID:ntjRiMui0
女性陣は顔面レベルではなく胸のレベルをコンマで取ろう(提案)
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:06:38.63 ID:gxT++zKC0
見た目が悪いけどそれ以外で頑張るってのは応援したい
実は見た目もちょっと頑張れば美形とか、よく見れば可愛いってのは普通に恵まれてるだけじゃんってなる(もちろん女子も…)
230 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 23:08:34.71 ID:+kEJUNWwO
レイアちゃんは化粧が滅茶苦茶上手い設定で行こうと思ってたのですが
緊急時ですっぴんだった的な

コンマ神に委ねてみますか?

する
しない
↓3つまで多数決

231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:09:56.11 ID:pQ6Lu1JJo
する
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:10:11.15 ID:C/okbF4Lo
しない
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:10:16.57 ID:/X5OQwXOo
しない
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:10:23.34 ID:HYoJOqiJ0
しない

解釈考えてるみたいだし作者に任せるわ
235 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 23:11:41.06 ID:+kEJUNWwO
判定しない了解しました。
では続きを書いていきます。
236 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 23:30:09.90 ID:+kEJUNWwO
俺はレイアと分かれ、走る

暫くすると後ろから走ってきた上級生の集団に次々と抜かされていく。

グリン「…はぁ」


どうやら皆学生寮群を目指しているようだ。
うん、俺もそこに向かうのが無難だろう。



左手の包帯が汗で痒くなって来た。

俺は替えの包帯が寮にある事を祈りつつ走るのだった。
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:35:00.16 ID:3AoLUPfko
そういやサヤの判定はしないの?
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:35:38.80 ID:2JEEWQyZO
担任の人もそうだったし、先生枠はないっぽい
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:37:02.93 ID:ywwocEDRo
サヤはもう二度と出なくていいよ
240 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 23:39:47.16 ID:+kEJUNWwO
寮部屋

ロイアン「グリン!」

部屋に戻るとなんとロイアンが居た。
何だか久しぶりに見た気がする。

グリン「魔物が出たんだって?」

ロイアン「ああ、そうだけどー…何だよその左手!大丈夫か!?」

グリン「痒くてたまらない」

左肩でグルグル回してみせるとロイアンは若干呆れ顔になる。

ロイアン「で、昨日何してたんだ、心配したんだぜ?」

グリン「ああー…」

隠した方が良いのか…?
いや、同室に隠し事するのは気が引けるな…


1 誤魔化す
2 話す
↓1
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/15(水) 23:40:52.09 ID:Et6amab1o
1
242 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/15(水) 23:56:42.24 ID:+kEJUNWwO
ロイアン「なるほど、つまり階段で転んで気を失ってた…と」

グリン「ああそうだよ」

ロイアン「プハーーー!!」

ロイアン「ヒッヒ…何やってん…ブッハッハ!!!」

ロイアンは腹を抱えて笑いだした。
ちょっと笑いすぎだろ!

ロイアン「でもまぁ…無事で良かったな!」

この…悪意の欠片もない笑顔を見せやがって…


グリン「…そりゃどうも!」
243 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/16(木) 00:06:46.71 ID:F8d6txN4O
-
避難してから1時間が経った。

やる事も無いので、俺は包帯を取り替え始めて、ロイアンは何やらノートを眺めていた。

そうしていると、寮の管理人が部屋に来て、魔物が全て駆除されたという事を伝えに来てくれた。

明日から普通に授業らしい。


予習でもしておくかと考えていると、ベッドで寝転がってたロイアンが唐突に起き上がる。
俺はびっくりしてそちらの方を向いた。

ロイアン「グリン、腹減らないのか?」

グリン「…あ」

滅茶苦茶減っていた。
そういえば1日半何も食べて居なかった。


ロイアン「じゃあ食堂行こうぜ!俺も腹減っちゃったよ」
244 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/16(木) 00:07:40.90 ID:F8d6txN4O
今日はここまで!
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 00:08:10.28 ID:eGCfuwBNO
おつ
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 00:08:28.31 ID:I8t9wTY20
乙です
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 00:24:59.27 ID:QktL+d8go
おつでー
248 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 18:08:39.95 ID:V4QV0P2RO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 気弱そうな人だった
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった
↓1
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:09:33.41 ID:5o6AZCbx0
250 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 18:26:16.63 ID:V4QV0P2RO
食堂は深夜にも関わらず人がそれなりに居た。

夕食を魔物騒ぎで食べ損ねた人が多く居たのだろう
俺はロイアンの後を着いて、注文カウンターに向かう。

ロイアン「俺、シチュー定食で。グリンは?」

グリン「えーっと…」

前に行くとカウンターにメニューが乗っていた。
日替わり定食3種類を始め色々な定食がある。
他にも単品の軽食も幅広く取り揃えているようだ。

これは悩むな…

コンマ判定
↓1 大きい程大食い
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:27:41.16 ID:DnbopG+q0
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:29:09.66 ID:DnbopG+q0
身長低い理由付けをしてしまったか
253 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 18:39:13.69 ID:V4QV0P2RO
注文を済まし、飯を受け取った俺達は
丁度空いていた場所に向かい合わせで座る。

ロイアン「…それでいいのか?」

グリン「ん?何が?」

ロイアン「飯だよ」

俺の手元には握りこぶし程の大きさのミートパイが1つ。
美味そうだ。

グリン「美味そうだけど」

ロイアン「いや、そうじゃなくて量!丸1日食って無かったんだろ!?」

グリン「ああ…俺、少食なんだ。」

確かにロイアンのと比べると少ないが
食べる量なんて人それぞれだろう。

ロイアン「見てるこっちが辛くなってくるぜ…」

グリン「良いだろ別に…」

俺はあんまり食うと直ぐに気持ち悪くなってしまうので食べ過ぎないようにしている。

以前無理矢理食べていた時期もあったが、吐くばかりで逆に痩せていた。
254 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 18:51:18.49 ID:V4QV0P2RO
そんな会話をしていると不意に声を掛けられた。

?「あの…」

真横を横を向くと女の子が立っている。

ロイアン「ん、どうした?」

?「えっと、その…」

モジモジしているばかりで返答が無い。
手には食べ物の乗ったトレイ。


グリン「隣の席ならどうぞ?」

?「…!はい!」

当たりだったらしい。
彼女はそう言うとトレイを俺の横に置き、椅子に座った。

?「…ふぅ」


ロロちゃん判定
↓1 大きい程高身長
↓2 大きい程美少女


因みに何年生?
コンマ下1桁
01 1年
23 2年
45 3年
67 4年
89 5年
ゾロ目 6年
00 いや…何者?


↓3
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:53:05.60 ID:GCzn1ELpO
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:54:07.58 ID:sGmlLBA2O
はい
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:54:17.76 ID:gHy9NO5w0
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 18:55:46.05 ID:DnbopG+q0
気弱な先輩枠って感じか
259 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 18:59:37.46 ID:V4QV0P2RO
>>255 ふつう
>>256 ふつう
>>257 4年生

ありがとうございます。
4年生と言う事で、1年生にはそれなりに喋れそうですね
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 19:04:58.56 ID:DnbopG+q0
そういや1年生何歳だっけ
261 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:10:06.80 ID:V4QV0P2RO
?「今日は人が多いですね…」

そう言うと、彼女は黙々と食べ始める
その肩にはバッチが4つ付いていた。
4年生だ。

ロイアン「…?何時もこんなんなんじゃ?」

間を開けて、ロイアンが疑問を投げかける

それは入学式の日だったからだろうと言おうとすると、彼女が答えた。

?「あ…私、何時もこの時間に食べに来るので…」

?「人が少なくて気楽なんですよね…えへ」

グリン「ああ…なるほど」

彼女の空気に飲まれてしまったのか
俺達は黙々と食事を続ける。

262 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:11:07.90 ID:V4QV0P2RO
>>260
>特に決めてないですが、12歳くらいを想定しています。
263 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:18:02.99 ID:V4QV0P2RO
食べていると、ロイアンが急に口を開いた。

ロイアン「4年生ですか?」

ロイアンの視線が肩のバッチにある
今気付いたらしい。

?「えっと、そうですよ」


ロイアン「じゃ、じゃあ何か魔法とか…使えたり!?」

唐突にロイアンのテンションが上がった。
余程気になるのかテーブルに身を乗り出す。

?「!?っま、魔法ですか…?」
264 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:22:22.62 ID:V4QV0P2RO
コンマ判定
01 風
23 水
45 土
67 熱
8 雷
9 光
ゾロ目 ロロ「えっと…もう私行かないと」

00 ロロ「風ですよ♪」キッパリ

↓1
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 19:23:29.52 ID:XXp6j6vMo
266 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:35:29.89 ID:V4QV0P2RO
?「一応使えますけど…」

ロイアン「すげぇ!」

ロイアンのテンションは絶好調だ。

ロイアン「えーっと、えーっと…じゃあ属性は!?」

?「…み、水です」

ロイアン「水!」

彼女はロイアンのキラキラした視線に困り果てているようで、視線が泳いでいる。
俺を見ないで欲しいんだけど…

グリン「…初対面で先輩に失礼だろ、ロイアン」

ロイアン「でもさでもさ、気になるじゃん!」

ロイアンは引かないな、うん
先輩ごめんなさい。
267 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:43:27.51 ID:V4QV0P2RO
ロロ「あぅ…じゃあ…少しだけ見る?」

ロイアン「見る見る!!」

しばらくの問答の後
ロイアンの押しに負けたロロさんは、俺達に魔法を見せてくれる事になった。


ロロ「じゃあ場所も場所なので基本の生成だけですけど…」


そう言うと、ロロさんはテーブルに置かれたコップの上に握った手を置き、呟いた。

ロロ「───────よ」

すると、拳の中から水が零れだしてきた!
どんどんコップに滴り落ちる水滴!!


グリン「…」

ロイアン「…」

地味だった。

ロイアン「…汗?」

グリン「おい!」
268 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 19:54:44.46 ID:V4QV0P2RO
ロロ「あ、あはは…成形でも出来れば見栄えくらいは良かったんだけど…」

ロロさんは手を拭きながら苦笑いをした。

グリン「成形ですか?」

ロロ「うん、武器を形作ったり、武器に纏わせたり。膜にして自分が纏ったり。卒業生は皆出来るんだよ」

グリン「へー…」

ということは4年生上がりたてではまだ難しい事なのだろうか
精霊との契約を済ませて居ないので今一ピンと来ない。


ロイアン「魔法武器か…かっけぇ…」

声にロイアンの方を向くと呟き剣を振るうような動きをしていた。
269 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 20:12:19.21 ID:V4QV0P2RO
食べ終わるともう日付が変わりそうな時刻だった。
酷く眠い。

俺達はロロさんと別れて、真っ直ぐに寮に向かう。

ロイアン「やっぱ…属性なら光がいいな」

グリン「光ぃ…?何でだよ」


ロイアン「…俺、外界探索してみたいんだよ」

グリン「危険だぞ?」

ロイアン「ロマンだよ、ロマン。危険上等!ってね」

外界探索の組織の人は決まってそう言う
ロイアンも、それに向いてるんだろうり

グリン「ふーん…俺には分からん…」

駄目だ、眠い
俺は寮の部屋に入るなり、ベッドに潜り込んだ。

270 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 20:17:32.07 ID:V4QV0P2RO
好感度+1
ロロ 1【知り合い】
ロイアン 2 【友人】

一旦中断しますがその前に判定


コンマ判定
偶数で同じクラスだった
ウータ↓1
ミナ↓2
レイア↓3
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 20:18:56.58 ID:DnbopG+q0
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 20:19:02.83 ID:gHy9NO5w0
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 20:19:22.21 ID:mh4d1PHDO
一旦乙
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 20:20:26.43 ID:55oY6R8Ao
たんおつ
275 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 22:31:08.14 ID:V4QV0P2RO
日常処理ですが
フラグが建っていない限り、自由行動までイベントが起きず進行します。
また、その日の授業は私が決めます(後にコンマ表でも作ってランダムに生成出来るようにします。)。そして、【】が付いている教科についてのみ判定があるので描写します。
276 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 22:32:56.13 ID:V4QV0P2RO
1年目 3日

レオン「おはよう」

教室に入るとレオンに声を掛けられた。

グリン「おう、おはよう」

応じて、席につく。
時計を見ると授業が始まるまでまだ時間があるようだ。

レオン「グリン、その傷…どうしたんだ?」
グリン「ああ…実は階段で───」

本日の授業です。
1 数学
2 歴史
3 【基礎魔法学】
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 22:35:35.90 ID:t/3v1fC4o
3
278 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 22:43:46.11 ID:V4QV0P2RO
【基礎魔法学】

オスカロ「集まったようなので授業を始める」

オスカロ先生は前2つの一般科目の時、死んだ目をして壇上に上がっていたが、この授業では少し元気を取り戻していた。

オスカロ「まずこの基礎魔法学だが…」

オスカロ「派手な事は一切期待しないで欲しい」

ええーとクラスで声が上がる。
まぁ気持ちは分かるけど…

オスカロ「魔法の事をよく理解をしないで使用するというのは必ず悲劇を産む」

オスカロ「明後日の5日、【魔女の洞窟】に行くまでにしっかり頭に叩き込んでおくこと」
279 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 22:50:48.16 ID:V4QV0P2RO
オスカロ「さて、精霊の持つ魔法属性についてだが…」

オスカロ「風、水、土、熱、雷、光」

オスカロ「現在この6つが確認されている。」

オスカロ「だが高みに登り詰めることでその性質が変化する事もある。例えば──」

280 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 22:51:48.18 ID:V4QV0P2RO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 内気な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった
↓1
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 22:52:16.04 ID:EL1mgITU0
282 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:08:54.25 ID:V4QV0P2RO
オスカロ「アシュリー君、例えば?」

アシュリー「ひゃい!」

彼女の変な声にクラスの視線が集まる
自分は当たらないと油断していたらしい。

アシュリー「えー…と…アリス…とかでしょうか?」

オスカロ「そう、高名な魔術師だな。」

オスカロ「彼女は最初は熱属性の魔術師だったが、今では氷を操る氷属性の魔術師だ。」

オスカロ「ただの熱魔法でも氷は生成出来るが、水の操作が出来ないので、作る以上の事は出来ない。」

オスカロ「…まあ、君たちにはまだ先の早すぎる話だが…気に入らない属性の精霊と契約してしまってもあまり嘆く必要は無いということだ」


その後もオスカロ先生の話は続いた。

コンマ判定
魔法理解度Lv1(0/100)
コンマ1桁、ゾロ目なら数字に+10
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:11:06.99 ID:DnbopG+q0
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:11:09.12 ID:5Xe/ToPG0
えい
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:11:10.83 ID:vjCBbtwRO
高く
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:11:37.21 ID:DnbopG+q0
やったぜ
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:12:22.29 ID:vjCBbtwRO
いいねb
288 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:12:58.71 ID:V4QV0P2RO
>ファ!?

とんでもなく完璧に最高に理解できた!
魔法理解度Lv1(19/100)
289 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:17:53.03 ID:V4QV0P2RO
1年目 3日
放課後

始めての授業日…
気合を入れていたがまだ日の明るいうちに全て終わったのでやる気が空振ったような気分だ。

グリン「…さて、どうしようかな」


1 誰かに会う(知り合い以上のキャラを記入)
2 どこかに行く
3 トレーニングする
4 ダラダラする

↓1
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:19:17.64 ID:mh4d1PHDO
1ロロ
291 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:27:44.98 ID:V4QV0P2RO
4年の教室棟に入るのは初めてだった。

グリン「結構歩いたな…」

地下テラスの件で懲りずに学内を探索していると、4年生の教室が目に入り、何となくロロさんの事を思い出したので、入って来てしまったのだ。

でも会ったところで何と言えばいいんだろうか。奇遇ですねとかか?

どこのクラスか分からないので廊下を歩いていると、タイミング良くロロさんが教室を出た所と鉢合わせた。

ロロ「あ、あれ…グリン君?」

グリン「ロロさん…えーっと、奇遇ですね?」
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:28:40.53 ID:DnbopG+q0
いまんとこ最初に出てきた名前だと
ドモンが校長
アリスが高名な魔術師

って感じか、あとの二人も高い地位にいそうな予感?
293 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:34:14.99 ID:V4QV0P2RO
ロロ「何で4棟に…?」

グリン「校内歩いてたらたまたまここが目に付いて…いるかなーって歩いてただけです。ホントに偶然ですよ?」

ロロ「ああ、そうだったのね…」

ロロさんは困ったような顔をしている

ロロ「…ここで話してると他の目が気になるし…」

何か悪いことしちゃったかな…?
少し後悔していると、ロロさんはこう続けた。

ロロ「私、これから図書館に行こうと思ってたんだけど…グリン君も来る?」
294 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:43:34.78 ID:V4QV0P2RO
というわけで図書館に来た。
図書館は学生寮群のように、学内とは切り離された一角に建っていた。

グリン「デカい…」

外から見ると城のような佇まいで気圧される。
こんな凄い所だったとは…

ロロ「私、放課後から深夜はずっとここに居るの、毎日」

グリン「毎日!?」

本が好きすぎるにも程がある。

ロロ「中では飲み物も売ってるし、以外に退屈しないよ?住んじゃいたいくらいだし…」

ロロ「だから私に用があったらここに来てね」
295 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:48:22.38 ID:V4QV0P2RO
着くなりロロさんは迷いなく奥に進み、角の席に座った。
ここが定位置なのだろうか。

ロロ「グリン君は何か本とか読む方?」

グリン「え?俺は…」

コンマ判定
↓1 大きい程読む
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:48:57.40 ID:yFPQk/FMO
297 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:56:13.15 ID:V4QV0P2RO
40 読むときは読む

グリン「本が嫌いって訳じゃないですけど、機会が無いとあんまり…」

ロロ「そうなんだ…じゃあ有名な本とかあんまり見てなさそうだね」

そういうとロロさんは自分のバックを漁り、1冊の本を取り出した。

ロロ「あの、これ貸してあげる。名作の御伽話なんだ」

グリン「ありがとうございます、じゃあ今日はこれ読んでようかな…」

ロロ「絶対面白いから、最後まで見てね!」


食事時まで粘ったが、今日中に最後までは読めなかった。
また続きを読むと言い、ロロさんと別れる。

好感度+1
ロロ 2 【友人】
298 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/17(金) 23:59:27.76 ID:V4QV0P2RO
夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/17(金) 23:59:56.28 ID:Owk1dXRI0
300 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 00:08:24.25 ID:AESac1KpO
就寝前

ロイアン「なあなあなあ!!」

グリン「…なんだよ?」

眠りに落ちる寸前で、ロイアンに起こされる。
いや、ホントになんなんだよ。

ロイアン「知ってるか?学校の宝物庫に泥棒が入ったらしいぞ!」

グリン「泥棒…?」

というか、宝物庫なんてあったのかと思い返すと
地図に描かれていたような気がする。

グリン「宝物庫って…何が入ってるんだ?」

ロイアン「…さぁ?貴重な魔道具とか、単に金とか…そんなとこじゃないの」

グリン「どっちにしても重大な損失になったのは間違いなさそうだな。警備は何やってたんだか」

ロイアン「なんでも一昨日の魔物騒ぎの最中に出払ってたとこをやられたらしいぜ。怖いよなぁ」



俺は急いで意識を飛ばした。

ロイアン「おい、グリン、グリン寝たのか?おーい」
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:09:47.55 ID:g5JDk1wa0
ミナに魔石渡したやつかな?
302 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 00:10:12.14 ID:AESac1KpO
3日目おわりです。
日常はこんな流れで進めて行きますので宜しくお願いします!
因みに100日で1年の予定でいますが、ペースによって変更する予定です。

では今日はここまで!
303 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 00:12:41.12 ID:AESac1KpO
また、キャラ少なくなってきたのでキャラ募集します。

名前
性別
簡単な性格
をお願いします。
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:13:39.97 ID:g5JDk1wa0
乙です
この世界1年が短いのかな
1年生12歳ぐらいって聞いたけど、こっちの世界のカウントだと36歳ぐらいだったりする?
305 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 00:15:26.96 ID:AESac1KpO
>>304
いや、システム的な問題です。
100日だったとしたら1日で3日くらい時間が経過しているものだと考えて貰えれば
306 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 00:17:08.38 ID:AESac1KpO
>>305
ちょっと違った。それだとイベントが矛盾してきてしまうので、特にイベントに支障なさそうな所でスキップしてるって感じですかね
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:17:10.13 ID:g5JDk1wa0
なるほど、了解
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:19:20.60 ID:QVfkVLeNO
名前 ゼレフ・クロウディアス
性別 男
簡単な性格 悪
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:22:13.27 ID:tZ+Qmfjyo
名前 ミネア・ヘルティア
性別 女
簡単な性格 世話好きチョロイン、尽くすタイプ
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:27:46.72 ID:kXFGe96g0
乙です

名前 リネア・フランシェ
性別 女
簡単な性格 凛として気品がありながらも穏やかで感情豊か。笑顔でいることが多い
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:29:01.94 ID:EN7FX6H6O
名前:クインティ
性別:女
性格:明るく社交的だが、スケベでセクハラ紛いのスキンシップをとるタイプ。

顔が良コンマだといいな
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:34:47.91 ID:VvgCCVgdO
名前 ナミル
性別 女
性格 カワイイ?生き物好きで、魔物の飼育を目標にしている
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 00:50:30.87 ID:g5JDk1wa0
名前 ライモンド
性別 男
性格 背伸びしたがりがち。思い人が先輩にいる
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 07:32:21.11 ID:U/F2XX3i0
名前 オクタシア
性別 女
性格 不気味で何を考えているか分からない
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 07:56:05.26 ID:keqASg+60
名前アルラウス
性別男
簡単な性格 女好き
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 08:00:32.49 ID:KDtX/JvDO
乙でした
名前 クリスティーナ
性別 女性
簡単な性格 純粋無垢な天使
317 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/18(土) 15:27:51.09 ID:R2tUj8e3o
キャラ募ありがとうございました。
夜に更新します。

ステータスの魔法理解度についてですが
レベルが上がれば上がるほど魔法で高度な事が出来るようになっていきます。
魔法のみで魔物とマトモに戦えるようになるのはレベル3以降からとなります。
(魔道具を用いればレベル1時点でも十分戦えます)

レベル1で【生成】
レベル2で【移動】の開放
レベル3で【放出】の開放
レベル4で【操作】の開放
レベル5で【成形】の開放
レベル6で【精霊】の開放
レベル7で 上位属性の開放
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 15:34:54.57 ID:CeqQ7Oxv0
名前:エルク
性別:男
性格:どこか冷めて周囲から距離を取っている
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 15:43:26.91 ID:ne8TA5nmO
ワース

ギャンブル好きで、他人を賭けに誘うのが趣味
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 15:44:10.78 ID:5MB8QqcX0
名前 オーガス
性別 男
性格 スラム街出身 噛みつき屋だが面倒見のいい兄貴分
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 16:04:18.22 ID:PfsC9wQaO
名前 ロード
性別 男
簡単な性格 他人の不幸で飯が旨い、外道
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 00:35:43.81 ID:CW93LU6I0
名前ライシロ
性別男
簡単な性格 物静かで大人しい
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 01:14:48.13 ID:XVq+bjEnO
名前 ハンナ
性別 女
性格 精霊を崇拝する宗教の信徒で信心深い
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 01:30:49.30 ID:MEeQ5Gpg0
名前 マリー
性別 女
性格 陽気なムードメーカーだが貧乏くじを引く事が多い
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 02:17:39.27 ID:g679s4mSO
名前 アーシェ
性別 女
性格 知識欲と好奇心が強く、様々な魔道具を発明している
気配りができ面倒見のよい一面も
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 02:36:08.73 ID:2nO1Xdiw0
名前 ウェイン
性別 男
性格 パフォーマー気取りの目立ちたがり屋。魔法を覚えるのも芸の幅を増やすため
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 02:57:24.62 ID:ytc0AC18o
名前 アルミサエル
性別 女
簡単な性格 
他人のものを何でも欲しがる強欲さをもち、他人の体を乗っ取り長くを生きてきた
328 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 04:41:27.33 ID:L/wh9Wp2O
寝落ちしてました…すびばぜん…
午後に再開します。
329 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:03:33.56 ID:DUGHEX+iO
1年目 4日

ミナ「あ、グリン!」

廊下を歩いているとミナに遭遇した
どうやら無事だったようだ。

駆け寄ってきたミナが視線を更に落とす
左腕の事だろう。

ミナ「あの…ごめんね」

グリン「いいよ、後5日もあれば完治するらしいし」

沈黙が流れる。

グリン「ええっと、それにミナに助けて貰わなかったらこれじゃ済まなかったんだしさ、別に恨んでないから」

ミナ「でも、わたし…」

グリン「お互い無事で良かったじゃんか…ほら、授業の時間だぞ」

ミナ「…うん、いつかお返しはするから…何かあったら言ってね!」

そう言うとミナは駆けていって、黃のクラスの教室に入っていった。


本日の授業です。
1限 【体育】
2限 語学
3限 【基礎魔法学】
330 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:05:21.46 ID:DUGHEX+iO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 無関心な人だった
5 無感情な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:06:59.94 ID:VLi6ea4PO
えい
332 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:20:11.74 ID:DUGHEX+iO
【体育】

?「集まったな」

俺達は体育室の中央に集まっていた。
体育だけは違う教員が担当するらしく、オスカロ先生の姿はない。

ユリアナ「体育を受け持つユリアナだ、よろしく。」

どこを見るでもなくユリアナ先生は自己紹介をした。

ユリアナ「今日は体力測定を行う。まずは各ブースにある器具を使い数値を測ってくる様に。」

周りを見ると筋力を測る様々な器具が据えられていた。

ユリアナ「全て測り終えた生徒は私の元にこの紙を持ってきなさい」

グリン「…」

こういうのは地元の学習施設で一度やっただけだった。
背は伸びてるのだろうか…?


コンマ判定
筋力↓1 (【体力補正】+19)
身長↓2 ゾロ目で+1 00で+2

333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:21:41.07 ID:HeVojasW0
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:22:14.10 ID:9GwOEk2DO
はい
335 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:25:20.36 ID:DUGHEX+iO
>>333 見た目通りの筋力
>>334 変わらず

ありがとうございます。
何か…何も成せなさそうな気がしてきたので後に救済措置を入れようと思います。
336 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:31:10.31 ID:DUGHEX+iO
背は変わっていなかった

グリン「くそう…」

測定器から離れ、次のブースに行こうと移動していると背後から大きな音がした。

「レオンが測定器を壊したぞ!」
「えー!?変わりの測定器あるの!?」

…デカすぎるのも苦労しそうだな


暫くして、ポツリポツリと紙が返却されていく。

全員の紙が返されたとき
延々手を弄っていた先生が口を開いた。

ユリアナ「では最後に持久走をする」
337 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 17:38:17.28 ID:DUGHEX+iO
コンマ判定
コンマ下1桁/2、ゾロ目なら数字に+5
↓1 体力
↓2 素早さ
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:38:50.66 ID:mFnfs5++O
高く狙う
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:41:39.79 ID:IIn3yQBe0
高く
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 17:42:43.15 ID:SsV7dn+ho
ゾロナイス!
341 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:00:40.14 ID:DUGHEX+iO
身体能力がかなり上がった!

>>338 体力 96+11 = 107
>>339 素早さ22+5 = 27

持久走が始まった。
生徒が一斉にスタートを切る。

足を前方に放り出し、踏み込む。
交互に繰り返す。

やがて左手の傷すらどうでも良くなってきた。

走るのは好きだ。
走っている間だけは何時もの焦燥感が無くなる。

最良の努力している気分になる。



ユリアナ「おい」

目前に先生が現れた。
我に帰り、急いで止まる

ユリアナ「何時まで走っているつもりだ?授業はもう終わりだぞ」

グリン「あっ」

周りを見ると、生徒がスタート地点付近で集まり思い思いに休憩をしていた。
342 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:12:32.85 ID:DUGHEX+iO
【基礎魔法学】

オスカロ「それでは明日の日程を纏めるが…」

授業は時間半ばで終わって、後半から明日行く【魔女の洞窟】の説明に入っていた。

オスカロ「1限の時間、ここの教室に集まってから他クラスと合流。合同して行うのでそのつもりでいなさい。」

クラス合同か…
クラスは赤、青、黄、緑、紫、白の6つがある。
青だけでも大人数だ。そんなに広い洞窟なのだろうか。

オスカロ「それに念の為言っておくが、魔道具の類は持ち込み禁止だ。見つけ次第没収する。」

魔道具か…ロイアンとか持ってそうだな…


オスカロ「ああ、それと昼食は各自用意しておくこと。」

グリン「…え?」
343 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:13:46.70 ID:DUGHEX+iO
コンマ判定
魔法理解度Lv1(19/100)
コンマ1桁、ゾロ目なら数字に+10
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:15:29.46 ID:91i4hxmg0
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:15:44.63 ID:SsV7dn+ho
346 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:18:11.83 ID:DUGHEX+iO
>>334
まあまあ理解できた!
魔法理解度Lv1(25/100)
347 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:23:28.69 ID:DUGHEX+iO
1年目 4日
放課後

グリン「昼食…昼食か」
食堂で弁当の販売はして居なかっただろうし、どこで用意すればいいのだろうか。

店…店…

グリン「あ、そうか」

そういえば地図に学内商店街というのがあった。
弁当くらいは普通に売ってそうだ。

今日の終わり、寮に帰る前に寄っていくことにしよう。



グリン「…さて、どうしようかな」

1 誰かに会う(知り合い以上のキャラを記入)
2 どこかに行く
3 トレーニングする
4 ダラダラする

↓1
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:24:38.04 ID:2nO1Xdiw0
1 ミナ
349 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:35:29.73 ID:DUGHEX+iO
廊下を歩いていると身体が浮き上がった。

何を言っているのか分からないだろう
俺にも分からない。

ミナ「グリン見っけ!」

ミナが後ろから持ち上げて居たのだった。

グリン「おい!降ろせ!」
350 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:44:22.83 ID:DUGHEX+iO
ミナ「ちょっと付き合って欲しいんだ!」

一悶着あった後、ミナがそう言った。

グリン「えぇ…」

なんか嫌な予感がした。
返答に困って居るとミナが続ける。

ミナ「ほら、いい事教えて上げるからさ?すっごいこと!」


別に知りたくないけどなぁ…

仕方ないのでズンズン進むミナの後を付いて行く。
351 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:44:54.16 ID:DUGHEX+iO
一旦中断します!
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:47:45.95 ID:giA1HpydO
旦乙
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:48:32.81 ID:SsV7dn+ho
たんおつ
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 18:51:40.55 ID:mFnfs5++O
たんおつ
高コンマを狙いたいが、二桁判定はまだあるかな?
355 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:57:41.05 ID:DUGHEX+iO
あっ判定だけやっときます

コンマ判定
01〜20 ミナ「お弁当一緒に買いに行こうと思って」
21〜40 ミナ「発電所の噂よ!」
41〜60 ミナ「植物園の噂よ!」
61〜80 ミナ「地下テラスの噂よ!」
81〜98 ミナ「地下テラスの噂よ…」
ゾロ目 ミナ「…」

00 ミナ「グリンの事についてよ!」
1
356 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 18:58:28.97 ID:DUGHEX+iO
↓1
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 19:00:12.29 ID:SsV7dn+ho
うい
358 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:11:03.32 ID:DUGHEX+iO
歩いていると、どんどん人気の無い場所になっていく
何処に行く気なんだか。

グリン「なぁ、そろそろ教えてくれよ、いい事って何の事なんだ?」

ミナ「それはね…グリン」

ミナが溜めに溜めてから振り返る。

ミナ「ズバリ、発電所の噂よ!」


グリン「帰っていいか?」

ミナ「まあまあ、話だけでも、ね!?」
359 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:11:34.78 ID:DUGHEX+iO
ミナ「よっと…」

グリン「気を付けろよ…」

ミナ「だいじょーぶ…!」

発電所は閉ざされている。

俺達は発電所の裏に回り
高い所にある窓から中を覗こうとしていた。


発電所の噂。

要約すると、夜な夜な悲鳴やうめき声が発電所の方から聞こえるというものだった。
情報提供者はミナのクラスメイト。


グリン「…」

ひたすら胡散臭い。

80以上又はゾロ目で深刻
↓1
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:12:34.47 ID:MEeQ5Gpg0
ていぃ
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:12:50.76 ID:mFnfs5++O
大惨事
362 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:14:56.75 ID:DUGHEX+iO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 武人だった
5 温和な人だった
6 嫌味な人だった
7 向上心が高そうな人だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:15:28.47 ID:91i4hxmg0
364 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:19:19.51 ID:DUGHEX+iO
?「何をやっている」

ミナ「ひゃああ!?」

背後から突然声を掛けられ、ミナが落ちそうになる。
落ちたら俺じゃ受け止められないぞ…

グリン「あー…えっと…」

ドミニク君判定
↓1 大きい程高身長
↓2 大きい程イケメン


因みに何年生?
コンマ下1桁
0 教員
1 1年
23 2年
45 3年
67 4年
89 5年
ゾロ目 6年
00 いや…何者?

↓3
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:21:26.22 ID:mFnfs5++O
イケメンだといいな
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:23:30.60 ID:IIn3yQBe0
えい
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:23:54.93 ID:9GwOEk2DO
はい
368 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:25:39.41 ID:DUGHEX+iO
ドミニク君の属性は?
コンマ判定
01 風
23 水
45 土
67 熱
8 雷
9 光
ゾロ目 ドミニク「別に何でもいいだろう…」

00 ドミニク「風だ」キッパリ

↓1
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:26:19.19 ID:giA1HpydO
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:27:01.23 ID:91i4hxmg0
371 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:33:57.65 ID:DUGHEX+iO
声を掛けてきた生徒はドミニクという名前だった。

ドミニク「…一年生か?まぁ俺も二年生に上がりたてだが…侵入しようとするのは関心しないな」

グリン「はい…」

ドミニクの肩にはバッチが2つ付いていた。


ミナ「…ドミニクさん?」

ドミニク「なんだ」

ミナ「ここって…発電所って夜に人が居るんですか?」


コンマ判定
70以下 ドミニク「ああ、それなら…」
71以上 ドミニク「…?いや、居ないはずだが…」
ゾロ目 ドミニク「私も付き合おう」
↓1
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:35:26.23 ID:91i4hxmg0
373 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:40:59.36 ID:DUGHEX+iO
ミナはドミニクに噂の件を話した。

ドミニク「ああ、それなら…」

ミナ「知ってるんだ!」

ドミニク「恐らくだがな。ところでここの発電所…どうやって発電しているのか知っているか?」

グリン「どうやってって…風力ですよね?周りに風車が大量にあるし」

ミナ「まさか…人力!!」

グリン「そんな訳────」



ドミニク「そう、人力だ。」

グリン「は…?」
374 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:46:20.18 ID:DUGHEX+iO
ドミニク「まぁ…見てもらった方が早いだろ」

そう言ってドミニクは歩きだす。
俺達は顔を見合わせ、発電所の横に回る。

ミナ「あ」

そこにはドアがあった。
ああ…こっちの面にも入り口があったのか。

ドアに近付くと急に中から人が出てきた。
上級生だろうか。こちらに気づく事なく鼻歌を歌いながら去っていった。

俺達はそれを横目にドアを開け、中に入った。
375 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:47:49.59 ID:DUGHEX+iO
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 武人だった
5 温和な人だった
6 嫌味な人だった
7 天才少女だった
8 礼儀正しい人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:48:58.58 ID:9GwOEk2DO
はい
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:49:11.59 ID:MEeQ5Gpg0
邪ッ!
378 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 20:57:29.62 ID:DUGHEX+iO
「ぎょええええええええい!!!!」

グリン「うわ…」

室内に入るやいなや奇声が響き渡った。

部屋にはスタンドに乗った鉄球が並んでいる。
その一つにその生徒は居た。

「凄いわセルゲイ!新記録よ!!」
職員のおばちゃんらしき人が叫んだ。

セルゲイ「ウオオオオオアアアア!!まだまだああああ!!!」


ドミニク「噂というのはあれの事だろ」

ミナの方を見ると露骨にがっかりした顔をしていた。

セルゲイ君判定
↓1 大きい程高身長
↓2 大きい程イケメン


因みに何年生?
コンマ下1桁
0 教員
1 1年
23 2年
45 3年
67 4年
89 5年
ゾロ目 6年
00 いや…何者?

↓3
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:58:35.05 ID:IIn3yQBe0
やっ
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:58:50.93 ID:MEeQ5Gpg0
クロノクルッ
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 20:59:29.51 ID:91i4hxmg0
382 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:00:48.52 ID:DUGHEX+iO
あっごめんなさい…
一年生だと矛盾するので、ずらして二年生とします…
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:07:00.98 ID:giA1HpydO
なるほど同学年だから知ってるわな
384 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:13:53.18 ID:DUGHEX+iO
セルゲイの足元に数字を刻むカウンターが設置されている。
731…放電量だろうか?

「続けるかい?」

セルゲイ「ゼェ…いや…冗談止めてくださいよ…ここまでにします。」

「じゃあはい!今日のバイト代!」

セルゲイ「何時もありがとうございます…また伺いますね。」

どうやらここは雷魔法で人力発電をする場所らしい。

ストレス解消に最適、バイトだが遊び感覚で雷属性の生徒が度々発散しに来るのだという。

ドミニク「相変わらずうるさいな…毎日来てるのか?」

セルゲイ「ドミニク?ここ最近はそうだけど…それより、なんでここに?」

ドミニク「お前に苦情が来ていたんでな」

セルゲイはこちらの方を見る
視線の高さが同じだが、凄いイケメンだった。

セルゲイ「えっと…一年の子たち?」

ミナ「えと…幽霊だって噂になってて、私達、確かめに来たんです!」

セルゲイ「幽霊だって?ははっ大袈裟だなぁ」


大袈裟では無いと思うけどな…
385 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:19:57.16 ID:DUGHEX+iO



俺達は帰り道を歩いていた。

ミナ「あーあ、つまんない結末だったね」

グリン「この前みたいな事になった方が良かったか?」

ミナ「うっ…やっぱ引きずってる!」

グリン「引きずってない」


そういえば寮に戻る前に商店街に行くんだった。

1 ミナを誘う
2 誘わない
↓1
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:21:14.63 ID:giA1HpydO
1
387 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:26:54.52 ID:DUGHEX+iO
二人はどのくらいお金を持っている?
↓1 グリン(【家柄補正】+15)
↓2 ミナ
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:27:51.42 ID:MEeQ5Gpg0
せいや!
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:27:58.81 ID:91i4hxmg0
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:29:30.60 ID:AjfQZTtFO
お嬢かな?
391 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:37:57.96 ID:DUGHEX+iO
グリン>>388 そこそこ持ち歩いていた
ミナ >>389 かなり持ち歩いていた

グリン「俺はこれから明日の飯買いに商店街に行くけど…ミナも行くか?」

ミナ「あ、お昼!忘れてたよ、わたし」

危うく飯抜きだな…
声を掛けておいて良かった。


ミナ「それにしても商店街かぁ…面白い話とか聞けないかな?」

グリン「そういうの好きだな…」

ミナ「いいじゃない、謎がわたしを呼んでいるのよ!」
392 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:47:54.04 ID:DUGHEX+iO
商店街はかなり大きく、この時間でも人で溢れていた。
街灯が立ち並び、通りは屋内かと思うほど明るい。

目的の食料品店を探しながら俺達は歩く。

グリン「うお…色々あるな…服屋、雑貨屋、カフェ、魔道具屋…宝石屋!?」

誰が買うんだよ…

ミナ「へぇ…色々あるんだね…露店の集まりかと思ってたけど、ちゃんと店が並んでる。」

ミナも興味津々で辺りを見回している。
393 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 21:54:53.00 ID:DUGHEX+iO
食料品店は商店街の中心部にあった。
同じ目的の一年生らしき姿がちらほら見える。

ミナ「買った?」

店の外に出ると、ミナが既に買って待っていた。

グリン「うん、じゃあ帰るか」

俺とミナは無事に明日の昼飯を確保したのだった。


ミナ「あれ?あのお店…」

コンマ判定
70以上でミナ、魔道具購入
ゾロ目で…
↓1
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 21:55:42.97 ID:9GwOEk2DO
はい
395 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:00:35.55 ID:DUGHEX+iO
前方に居たミナが横に逸れていく
目で追っていくと魔道具屋に入っていった。

嫌な予感がする…

グリン「おい、ミナ…」

仕方ない
俺は急いで追いかける。

しかし入った所で気持ちのいい声が上がってしまった。


ミナ「これください!」
396 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:05:22.13 ID:DUGHEX+iO
01〜50 杖
51〜70 変な水晶
71〜80 変なペンダント
81〜90 魔法剣
91〜98 魔法防具

ゾロ目 謎の地図
00 変な手記
397 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:05:50.53 ID:DUGHEX+iO
↓1
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 22:09:00.64 ID:AjfQZTtFO
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 22:09:31.67 ID:MEeQ5Gpg0
せいやぁ!
400 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:23:08.91 ID:DUGHEX+iO
そう言うミナが手に持っていたのは変な水晶だった。

グリン「おいおい…」

「はいはい、えーっと…5万ゴールドだね」

大金だった。

ミナ「5万なのね…はい、これ」

「毎度あり!」

グリン「いやいやいや…」

躊躇しろよ!


ミナ「あ、グリンごめん。またせちゃったね」

ミナは嬉しそうに水晶を抱えていた。
大きさは頭一つ分くらいだろうか、地味に重そうだ。

グリン「それ…何だ?」

ミナ「この水晶はねー…魔力の大幅な増幅を可能とするのよ!」

ミナは面白そうでしょ?と言うと満足げに歩き始めた。

グリン「属性も分かってないのにそんなもん買うなよ…」

ミナ「わたしの勝手でしょー」
401 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:25:38.81 ID:DUGHEX+iO
好感度+1
ミナ 2 【友人】


夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 22:26:21.19 ID:MEeQ5Gpg0
見えたッ
403 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:33:07.19 ID:DUGHEX+iO
就寝前

ロイアンの寝息が聞こえる。
俺もそろそろ寝ようかと腰を上げる
その時、1冊のノートが目に入った。

グリン(ロイアンの書いてたやつか…)

好奇心に負けて、表紙をめくる。

グリン(えっと…「必殺技リスト『熱』編」フレアブラストB、ジャッジメントロースト、コールドエンド………)


俺はノートを閉じた。
404 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:34:28.93 ID:DUGHEX+iO
>あっこれ忘れてました。
好感度+1
ドミニク 1 【知り合い】
セルゲイ 1 【知り合い】
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 22:34:46.07 ID:2nO1Xdiw0
思春期特有の病か
406 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:42:18.50 ID:DUGHEX+iO
1年目 5日

朝、クラスはいつも以上に騒がしかった。

レオン「ふわぁ…」

レオンが欠伸をした。
なんか似合わないな。

グリン「寝不足か?」

レオン「ああ、寮に戻るのが少し遅れてな…」

本日の授業です。
1限 【基礎魔法学】
2限 同上
3限 同上
407 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:55:38.42 ID:DUGHEX+iO
【基礎魔法学】

オスカロ「えー、それでは私達も移動を始める、皆はぐれずに着いてくるように。また、誰か居なくなったら私に言うように」

俺達はオスカロ先生の後を歩き、教室を出る。

片道で1時間程掛かるというので、ちょっとした遠足だった。



少し歩き、建物の外に出る。
薄暗い校庭で俺達のクラスは他のクラスと合流した。

何人かの生徒が松明を渡されている。
昨日の話だと、途中、照明の無い暗い道を歩くらしい。
俺達はこれを交代で持って進む事になる。


グリン「とうとう契約か…」
408 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/19(日) 22:58:02.79 ID:DUGHEX+iO
今日はここまで!
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 23:00:22.45 ID:2nO1Xdiw0
乙です
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 23:00:32.02 ID:nZm0iY/cO
おつ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 23:20:41.83 ID:9GwOEk2DO
乙です
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/19(日) 23:36:51.25 ID:SsV7dn+ho
おつおつ
413 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 19:56:39.29 ID:gnMtmpR1O
変わらない景色。
一定の間隔を保ち並ぶ街灯が、ただ流れていく。

学校から暫く歩き
その明かりも点ほどとなると、気温が大分下がってきた。

闇に飲まれた土地に近付いているのだから当然だろう。

やがて、見晴らしの良い丘まで上がった所で学校とは反対の横の方に大きな城壁が見えてきた。
その上を見回りの明かりがユラユラ動いている。

あの向こうがこの世界の果てだ。
414 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 19:58:32.00 ID:gnMtmpR1O
丘を緩やかな道に沿って降り
森の中に入る直前、列は一旦止まって、あちこちで松明の火を起こす音が聞こえてきた。

列が長くて先がよく見えないが
この森に入った所から街灯が途切れているらしい。

準備が終わり
またゆっくりと列が進み出す。


コンマ判定
ゾロ目で…
↓1
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 19:58:47.50 ID:reTSQIhE0
416 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:09:23.85 ID:gnMtmpR1O
こうして俺達は魔女の洞窟にやってきた。

オスカロ「はぐれた者は居ないな?」

オスカロ先生が確認に声を掛ける。
誰も反応が無いので、どうやら無事全員来れたらしい。


グリン「あれが魔女の洞窟…」

外観はいかにもな横穴。
中から光が溢れている。

話によると
入ると直ぐに巨大な縦穴に繫がり、その底に精霊の溜まり場があるらしい。
今回、そこが目的地だ。

入り口を見ていると、既に他のクラスが入り始めていた。
417 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:12:07.02 ID:gnMtmpR1O
コンマ判定 下1桁

歩く途中誰かと会話する
ゾロ目で…

01234 レオン
56 ウータ
78 アシュリー
9 オスカロ
↓1
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 20:13:11.78 ID:NJ6Owtum0
419 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:15:38.63 ID:gnMtmpR1O


アシュリーちゃん判定

↓1 コンマが高いほど高身長
↓2 コンマが高いほど美少女
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 20:17:24.15 ID:Cm0NmiG20
えい
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 20:17:41.01 ID:NJ6Owtum0
ああ
422 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:18:39.85 ID:gnMtmpR1O
>>420
>>421
ありがとうございます。
やってしまいましたなぁ…

ちょっと文考えてきます。
423 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:31:01.24 ID:gnMtmpR1O
順番を待ち、洞窟の中に俺たちも入る。
中はやはり明るい。

歩きながら周囲を見る
あちこちに照明が付いている、これらのお陰だろう。
しかし…こんな所に照明なんて、何だか無粋だな。

だが、そのお陰で洞窟の荒い道を踏み外す生徒もいないだろう。



そう考えていると、タイミングを見計らったかのように背後から人が倒れ込んで来た。

アシュリー「った!」

グリン「うわっ!?」
424 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 20:41:34.36 ID:gnMtmpR1O
これにはかなり驚いた。

右手で手すりを持っていなかったら二人揃って転落死するところだ。

アシュリー「ああ、ごめんなさい…」

グリン「…いいよ別に、気を付けろよ」


名前はアシュリーって言ったっけ…?
アシュリーは頭に包帯をグルグル巻いている子なので、印象に残っていた。

顔をよく見ると前髪を包帯と目が隠れるまで垂らしていて表情が良く読めない。
それで視界が悪く、足を踏み外したんじゃないのか…?

グリン「…」

指摘しようとしたが、怪我をしているなら仕方ないと思い直す。
俺も左腕が使えない事から人に迷惑を掛けそうだから。
425 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 21:02:10.69 ID:gnMtmpR1O
アシュリー「あのー…名前、何だっけ?」

歩いていると、アシュリーが声を掛けてきた。

グリン「俺?俺はグリン」

アシュリー「うん…グリン君ね、私はアシュリー」

グリン「アシュリーな。怪我してる者同士、よろしく」


アシュリー「怪我…ああ、うん。よろしくね」

…あれ、怪我じゃないのか?
426 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 21:04:15.99 ID:gnMtmpR1O
好感度+1
アシュリー 1 【知り合い】
427 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 21:09:35.12 ID:gnMtmpR1O
そうこうしていると
最後の階段を降り終えて、俺達は魔女の洞窟の底に辿り着いた。


さて、ここが精霊の溜まり場だというが

…何もいないぞ?


辺りは岩、岩、岩。
岩しかない。


生徒達がざわついている。
428 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 21:14:29.95 ID:gnMtmpR1O
最後のクラスが洞窟の底に到着した時、前方で誰かが出てきた。

その人は岩の壇上に上がる



コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 武人だった
5 温和な人だった
6 嫌味な人だった
7 天才少女だった
8 飄々とした人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 21:15:23.95 ID:X1ISYomv0
せいいいい
430 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 21:21:28.18 ID:gnMtmpR1O
セシルさん把握しました。
一旦中断します。

再開後、ようやくグリンくんの属性判定をします。
431 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 22:33:43.28 ID:gnMtmpR1O
あれは確か黃のクラスの担任…

セシル「セシルです。皆さん、ここまでの長時間の移動、お疲れ様でした」

そう、セシル先生だ。
ロイアンが度々話題に出していたのを思い出す。


セシル「これから精霊達との契約を行う訳ですが、先ずは楽な体勢でお座りになって下さいね」

先生がそう言うと
生徒達は思い思いの姿勢で座りだした。
432 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 22:34:20.32 ID:gnMtmpR1O
セシル「座りましたね?」

暫くしてから先生はそう言って
上に何か合図を送る。


グリン「…?」

何が始まるのかと思った時
洞窟内の照明が全て消えた。

すると…

暗闇の中、色とりどりの淡い光が辺りを漂い始めた!


セシル「さあ、皆さん。目を閉じてください!始まりますよ!!」






433 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 22:41:34.36 ID:gnMtmpR1O
目を閉じる。
閉じ続ける。

すると目の前に何かがあった。
数秒間、向かい合う。

やがて、それが何なのか、俺は理解した。



グリン「─────────これは」


コンマ判定
01〜15 緑
16〜30 青
31〜45 黃
46〜60 赤
61〜75 紫
76〜98 白
ゾロ目 …?

00 色がない…!?

↓1
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:42:12.44 ID:n1fx5b75o
ぜろぜろ
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:42:13.04 ID:mYKpOnZP0
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:43:16.49 ID:NJ6Owtum0
ゾロ目か
なんかヤバい?
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:43:27.89 ID:ctIzZ9TQo
お?
438 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 22:46:33.47 ID:gnMtmpR1O
四方八方から声が飛び交う。

望みの属性が手に入った歓声。
望まぬ属性が手に入った落胆。

はしゃいだ声色の話し声。
歌を歌っている奴までいる。


俺は一人、呆然としていた。

グリン「なんで…」


精霊は何も答えてくれなかった。
439 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 22:48:16.96 ID:gnMtmpR1O
属性も決まったところでグリン君のステータスを更新します。
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 22:50:29.86 ID:NJ6Owtum0
これは未覚醒かな?ハズレかな?
441 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:03:46.66 ID:gnMtmpR1O
グリン HP 20(【無の加護】+10)
防御 20(【無の加護】+10)
攻撃 15(【無の加護】+15)
素早さ 20(【無の加護】+15)
無属性

パッシブスキル
・魔物探知
・防御無視(魔法による防御補正を無効)


魔法
・無効化攻撃lv.1(確率で相手の攻撃魔法を無効化し、攻撃する。)
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 23:07:31.27 ID:NJ6Owtum0
結構上がったね
他のだったらどれくらい上がってたんだろ?
443 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:12:56.56 ID:gnMtmpR1O
精霊は俺の目の前で逃げてしまった。
あれは多分…黄色だった。

グリン「なんで…?」


先生達が何かを呼び掛けている。
色毎に集まっているようだ。

突っ立って見ていると、いつの間にか、集まっていないのは俺だけになった。

すると…
444 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:14:41.45 ID:gnMtmpR1O
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 武人だった
5 力こそ正義だった
6 嫌味な人だった
7 天才少女だった
8 飄々とした人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 23:14:55.15 ID:X1ISYomv0
虚無る精霊か
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 23:20:39.38 ID:NJ6Owtum0
黄色ということは本来は土の妖精だったのかな?
447 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:21:46.56 ID:gnMtmpR1O
?「おーう、どうした?」

教員の一人が俺の元に来た。

グリン「………」

?「もしかしてお前の精霊、色が無かったんじゃねぇか?」

グリン「色が無い…?いや、逃げてしまって…」


?「……………逃げたぁ?」

ちょっと来い。と俺はその教員に腕を引っ張られ、他の生徒達より先に洞窟を出ることになった。
448 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:22:47.12 ID:gnMtmpR1O
>>446
>はい。
赤=熱
青=水
緑=風
黄=土
柴=雷
白=光
となっていました。
449 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:29:26.96 ID:gnMtmpR1O
>>442
>他属性は各補正の平均が15になるように振り分けられる予定でした。
なので他と比べ少し低めですね。
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/20(月) 23:34:57.82 ID:NJ6Owtum0
なるほど
451 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:37:47.93 ID:gnMtmpR1O
カール「どうすんだよ?」

オスカロ「私に言われましてもね…」

カール先生とオスカロ先生が俺の目の前に居る。
二人は透明がどうのこうと話していた。

透明…?

グリン「あの…俺は魔法が使えないんでしょうか…」


オスカロ「…ふむ、試してみるか」
452 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:52:58.92 ID:gnMtmpR1O
先生は人差し指を立てた。

オスカロ「まず、目を閉じる」

グリン「はい…」

先生は続ける。

オスカロ「次にイメージするんだ。自分がただの魂となり、自分の内側に入るイメージ。」

魂になり…自分の中に入っていく…


オスカロ「…やがて自分の肉体が何処にいったのか、感覚が無くなってくる」

オスカロ「そうしたら手を伸ばすんだ。」

手を伸ばす…?

オスカロ「実際に手を伸ばす訳ではない。イメージだよ、グリン。あるはずの無い手を伸ばすんだ」

そうか、手を伸ばす─────


オスカロ「やがて言葉が浮かんで来るはずだ。」
453 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/20(月) 23:58:42.13 ID:gnMtmpR1O
書き起こしてみればめちゃくちゃな文字列
しかしそれがどんな意味を持つのか
俺にだけは分かった。


グリン「【一切の無よ】」
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 00:08:48.22 ID:WEVfyrLY0
石川チックな魔法
455 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/21(火) 00:12:14.08 ID:J16V+G/HO
オスカロ「呪文がある!」

オスカロ先生の声にびっくりして目を開く
今のが…呪文?

カール「…しかし何も起こらないが」

オスカロ「何も起こらないが…興味深い…しかし、他の属性と比べてやけに短い呪文だったな…」

先生のテンションが高い
今までに見たことが無いくらいに。

それ程珍しい物なのか?



なんにせよ
ちゃんと俺にも精霊がいるらしい。

安心したら身体の力が抜け、尻もちを着いてしまった。

グリン「はぁ…なんなんだよ」
456 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/21(火) 00:13:14.51 ID:J16V+G/HO
今日はここまで!
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 00:13:43.74 ID:Ka1A1zjAo
おつ!
主人公っぽい!
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 00:16:25.25 ID:eOpmh7DiO
ステータス的には損だがキャラ的にはおいしいな
おつ
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 00:18:04.06 ID:WEVfyrLY0
おつ!
その精霊さん進化すると黄緑色に光らない?
460 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/21(火) 12:00:43.97 ID:FVRihNYUO
更新はまだですが、他の1年生の属性も決めておきます。

コンマ一桁判定
コンマ判定
01〜15 風
16〜30 水
31〜45 土
46〜60 熱
61〜75 雷
76〜98 光
ゾロ目 ??

レオン↓1
ロイアン↓2
ウータ↓3
ミナ↓4
レイア↓5
アシュリー↓6
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:01:43.85 ID:eOpmh7DiO
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:02:52.83 ID:vMc/7GjSO
463 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/21(火) 12:03:43.45 ID:FVRihNYUO
あ…2桁判定の間違いです…
安価下にずれます
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:05:41.21 ID:mg6pXkN7O
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:16:13.92 ID:6bMgBOBBO
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:19:46.64 ID:WEVfyrLY0
ゲッタァァァァァァ
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:24:08.52 ID:JUNjPvZ3O
コンマ表の範囲から察するに光属性他より出現しやすいの?
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:24:38.98 ID:OTKBP4ONO
469 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/21(火) 12:30:20.83 ID:FVRihNYUO
安価ありがとうございました。
ロイアン良かったな!


>>467
そうですね、そんなイメージでお話をこねこねしています。
考えているお話の都合上一人も居ないのが不味かったってのもありますが…
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 12:37:34.18 ID:JUNjPvZ3O
希望通りってわけか
グリンは光だけは嫌い言ってたし、今後の展開楽しみ
471 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/22(水) 21:42:32.22 ID:/0EO8uLKO
すみません、更新明日になります。
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/22(水) 21:45:41.57 ID:GcO2Fuzdo
了解
473 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 22:23:05.86 ID:ZSCC7D7PO
オスカロ「明日、放課後私の部屋に来なさい」

生徒の集団から大きく遅れ学校に到着した俺は、帰り際先生にそう言われた。


グリン「………」

歩きながら振り返る。
カール?とかいう先生は俺にまずこう言った。

色が無かったんじゃないか?

確信めいたものを感じた。
そういう生徒が前例として居た?

俺は聞いたことが無かった。


グリン「…まあ、逃げられたっていうのも聞いたことが無いけどさ」



【6日放課後は強制イベントになります】
474 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 22:24:26.73 ID:ZSCC7D7PO
好感度+1
オスカロ 1 【興味】
カール1 【興味】


夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 22:25:15.75 ID:/fyQrlDko
476 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 22:37:22.55 ID:ZSCC7D7PO
飯を済ませ、部屋のドアを開けるとロイアンは居なかった。

グリン「…?」

まだ付き合いも浅いが
この時間には何時も部屋に居たので少し意外だった。

グリン「ウンコか…?」



ロイアン「ウンコじゃねえ!」

グリン「ひあ!!」

首筋に冷たい物が当たった!

ロイアン「うぉ…思ったより反応がでかい…」

グリン「いやふざけんなよ…」

こいつ…ドアの影に隠れてやがった…!

ロイアン「それより遅かったなグリン!」

477 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:09:08.28 ID:ZSCC7D7PO
グリン「あー…色々あったんだ」

ロイアン「色々?」

グリン「色々だよ」

これ…言って良いんだろうか?
先生達には口止めされてないけど…
目の前の男に言ったら間違いなく明日には広まっているだろう。

ロイアン「それよりグリン!属性何だったんだよ。俺は…光だ!!」

グリン「…光だったか、良かったな」

ロイアン「それで?」

グリン「………」

ロイアンに話す?
↓1
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:09:32.44 ID:ZaIedsQM0
話す
479 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:29:11.17 ID:ZSCC7D7PO
ロイアン「分からなかったぁ!?」

グリン「おい、深夜だぞ…」

俺は結局話してしまった。
精霊が逃げた事、しかし魔法は使えそうな事。

ロイアン「なんか面白そうな事になってるな…!」

グリン「他人事だと思って…俺は気が気じゃないんだけどな」

下手したら魔法が使えなくて落第だ。
目標にも届かない。


ロイアン「…で、明日先生に診てもらうんだろ?」

グリン「そうだけど、分かるかな」

ロイアン「分かるさ!そしたら俺にも教えてくれよ!」


ロイアンは必殺技も考えなきゃな…と呟くと欠伸をした。

グリン「俺の分は要らないからな。…そろそろ寝るか?」

ロイアン「そうするかぁ…」
480 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:35:20.75 ID:ZSCC7D7PO
1年目 6日

廊下は何時も以上に騒がしかった。
昨日の事も考えれば当然だろう、多くの生徒が属性の事を話している。

そんな事を考えながら教室のドアを開くと、中に居た生徒が静まり返った。


グリン「……」

朝イチだぞ?広まるの早すぎないか?


本日の授業です。
1限 数学
2限 歴史
3限 【基礎魔法学】
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:37:04.53 ID:dvqkUE/mo
2
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:37:34.92 ID:dvqkUE/mo
ごめん誤爆
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:41:55.17 ID:10CoU0r/0
2
484 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:42:18.73 ID:ZSCC7D7PO
【基礎魔法学】

例によってオスカロ先生はこの授業から元気を取り戻していた。

オスカロ「それでは、今日は呪文について話そうと思う」

オスカロ「まず、その唱え方だが…」


グリン「………」

そうか、まだ他の生徒は呪文を唱えていないようだ。
俺は昨日教えて貰った唱え方の説明をもう一度よく聞いた。

復習は基本だ。
485 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:43:52.48 ID:ZSCC7D7PO
コンマ判定
魔法理解度Lv1(25/100)
コンマ1桁、ゾロ目なら数字に+10
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/23(木) 23:44:45.82 ID:43+PDLrxO
487 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:46:33.83 ID:ZSCC7D7PO
>>486
あまり理解出来なかった
魔法理解度Lv1(27/100)
488 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/23(木) 23:53:55.15 ID:ZSCC7D7PO
1年目 6日
放課後

酷い日だった。

休み時間はクラスメイトに次々に質問され息つく暇も無かった。
真っ黒な精霊だとか、虹色の精霊だとか、どうやら噂に尾ひれが付いて大袈裟な話になっているらしい。

放課後になった今も人が話し掛けてくる。

俺は先生に呼ばれてるからと、早々に教室から撤退した。
489 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/24(金) 00:09:14.73 ID:43GQIzJOO
オスカロ先生の部屋は近くの魔法研究棟にあった。


グリン「…」

俺はドアの前に立っていた。
教員の部屋を訪ねるなんて事は初めてだったので、自覚出来るくらいに緊張していた。

ドアノブに手を掛けると、力を入れていないのに回り、ドアが開いた。


オスカロ「来たか、まあ入りなさい」
490 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/24(金) 00:16:12.53 ID:43GQIzJOO
部屋の中は薄暗かった。

中に入ると、紙の匂いがする。
見回すと壁に本がぎっしりと並び、照明を塞いでしまっていた。

オスカロ「…少し置きすぎだとは思っているんだかね」

グリン「あ、いや…」

すると先生は机の方に行き、1つの光る玉を持ってきた。
魔石だ、青く光っている。

グリン「っ!?」

思わず後ずさる。


オスカロ「これは魔石だが…危険の無い物だよ。ほんの少ししか魔力を込めていないからね」

グリン「…この魔石で何を?」
491 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/24(金) 00:26:24.44 ID:43GQIzJOO
オスカロ「仮設を立てたんだよ」

グリン「仮設?」

オスカロ「君の言う事からだ、精霊が逃げたと言っていたな」

先生はそう言うと近くの椅子に腰掛けた。
手で俺も椅子に掛けるように合図を送る。

オスカロ「君の属性は、精霊の嫌がる性質を持っているんじゃ無いかと思うんだよ」

グリン「……」

オスカロ「精霊が嫌がる精霊…なんて、変な話だとは思うが」


先生は魔石を俺の前に差し出した。

オスカロ「例えば、魔法を消してしまうとかね」
492 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/24(金) 00:28:41.14 ID:43GQIzJOO
短いけど今日はここまで!
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/24(金) 00:31:35.12 ID:LVzOaOVco
おつー
494 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 22:44:25.07 ID:1LYcBTmoo
グリン「つまり…俺がこれに魔法を込めれば…」

オスカロ「込められた魔力は消える。かもしれない」

もう一度視線を下に落とす。
手の中にある魔石は淡く光り続けていた。

グリン「それじゃ行きます…」



グリン「【一切の闇よ】」
495 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:04:59.75 ID:1LYcBTmoo
俺は呪文を唱えた。
魔石の中の光は跡形も無く消え去っていた。

オスカロ「思った通りだ!」

先生はそう言うと、俺から魔石をひったくる。
魔石の中身を凝視してから、机に行き何かを走り書きする。

オスカロ「素晴らしいよ!間違いなく未知の全く新しい属性だ!!」

グリン「未知の…」

結局これが何なのか、先生でも分からない。
それでも、他と同じ魔法という事は間違いなかった。

グリン「しかし先生、楽しそうですね…」

オスカロ「当然だ!大発見だぞ!?」

そう言われれば確かに騒ぐ程の事かもしれないけど…
先生と俺はその後と、この属性の特性について調べる。

そして先生は、一旦の結論を付けた。


オスカロ「無属性。この呼称が相応しい」
496 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:10:52.56 ID:1LYcBTmoo


先生と別れた俺は
帰りの廊下を歩いていた。

グリン「無属性か…」

目で視認出来ないこの属性
作用するのは他人の魔法だけ。

今はどういう風に活用出来るのか、全く分からない。

グリン「俺、やっていけるのかなぁ…」
497 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:11:29.30 ID:1LYcBTmoo
好感度+1
オスカロ 2 【興味】


夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:12:03.49 ID:fXbgZETDO
はい
499 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:31:45.01 ID:1LYcBTmoo
就寝前

ロイアン「無属性かー…」

照明を消してこれから寝ると言うときに、ロイアンが呟いた。

グリン「…あんまり他の奴に言うなよ」

今日みたいな事になったら御免だ。


ロイアン「あーそれは無理だグリン」

グリン「なんでだよっ」

ロイアン「聞いといてくれって皆に頼まれてるんだなー、これが」

グリン「濁すとかさぁ…色々あるだろ」


ロイアンの返答は無い。寝やがった。
500 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:40:10.41 ID:1LYcBTmoo
1年目 7日

今日も何事も無く教室の椅子に座る。


レオン「はぁ…」

グリン「なんだよ、元気ないな」

レオン「いや、今日も体育があるなと思ってな…」

グリン「…?それが?」

レオン「俺、機械を壊しただろ?」

あぁ…そういえば

レオン「ユリアナ先生にあの後詰められてな…トラウマになったかも知れない」

確かにあの人が怒ったらかなり怖そうだな…


本日の授業です。
1限 【防衛学】
2限 体育
3限 歴史
501 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:46:42.31 ID:1LYcBTmoo
【防衛学】

防衛学という授業は初めてだ。
俺達は朝から教室を出て体育室に集まっていた。

クラスメイト達は防衛学とは何かを話し合っている。
暫くすると、入り口の方から誰か入ってきた。

コンマ判定
01〜20 ユリアナ
21〜40 カール
41〜00 知らない人

ゾロ目 獲得能力値ボーナス
↓1
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:47:15.87 ID:wJj66SRQ0
503 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:51:34.92 ID:1LYcBTmoo
コンマ1桁判定

0 温厚そうな人だった
1 成金だった。
2 なんか変な人だった
3 陽気な人だった
4 武人だった
5 冷めた人だった
6 嫌味な人だった
7 天才少女だった
8 飄々とした人だった
9 天邪鬼な人だった

ゾロ目で特殊判定
↓1
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:53:26.91 ID:fXbgZETDO
はい
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/25(土) 23:53:30.99 ID:rPPkDvxxo
506 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/25(土) 23:59:35.61 ID:1LYcBTmoo
ヨーク「皆さん、お揃いですわね!」

彼女はそう言うと勢いよく入り口のドアを閉める
ドアの音にクラスが静まり返った所で、こう続けた。


ヨーク「ヨーク・ゼレフィア。非常勤ですが、私が皆さんの防衛学を担当致しますわ、どうぞよろしく!」


グリン「ゼレフィア…」

どこかで聞いたような…?
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 00:00:44.93 ID:SD/BD5jM0
知り合いの家かな?
508 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:09:33.91 ID:kIlQaBHso
ヨーク先生の授業が始まった。

ヨーク「防衛学とは、家族の命、仲間の命を守る為、いかなる時も最善の行動が出来る様に覚えるべき学問…」

ヨーク「しかし!1番に優先するべき命は…!!」

ヨーク「そこの包帯の貴方!」

アシュリー「ひゃい!」

アシュリーは良く先生に当てられる
包帯が目立つのだろう。


アシュリー「自分…ですか?」

ヨーク「そうですわ!その通り!!」
509 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:23:19.21 ID:kIlQaBHso
ヨーク「自分の身も守れない輩が、他の事を考えるなど言語道断!」

先生は拳を握りしめる。

ヨーク「逆に周りの迷惑になり、足を引っ張ってしまいます!」

アシュリー「はぇ…」

ヨーク「そう、各々が正しく自分の身を守れて、初めて他者の事を考える事が出来るのです」

その後、俺達は魔物が来た時の逃げ方、傷の手当、受け身のやり方などを教わった。
510 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:24:11.06 ID:kIlQaBHso
コンマ判定
コンマ下1桁/2、ゾロ目なら数字に+5
↓1 体力
↓2 素早さ
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 00:25:22.07 ID:rZ2OEdLP0
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 00:27:53.67 ID:SD/BD5jM0
513 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:30:26.23 ID:kIlQaBHso
身体能力が結構上がった!
体力 107+4 = 111
素早さ 27+4 = 31
514 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:33:55.14 ID:kIlQaBHso
1年目 7日
放課後

グリン「ふわぁ…」

今日は午前に連続で身体を動かす授業があったせいか
午後はずっと睡魔に襲われていた。

グリン「あとちょっとで寝るとこだった……さて」



1 誰かに会う(知り合い以上のキャラを記入)
2 どこかに行く
3 トレーニングする
4 ダラダラする

↓1
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 00:34:02.59 ID:BsQxUbRDO
1アシュリー
516 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 00:58:50.43 ID:kIlQaBHso
教室を出て、廊下を歩き始めたところでアシュリーが視界に入った。
辺りを見回している。

グリン「どうしたんだよ?」

アシュリー「あ、グリン君…実は包帯、切れちゃって」

アシュリーは額を抑えている。
包帯が切れるって早々無いぞ…?

余程強く巻いていたのだろうか。


アシュリー「うぅ…替えの包帯持ってないかな…?」

グリン「あるけど…寮まで行かないと無いな」

アシュリー「それじゃあ悪いし…どうしよう…」

アシュリーはかなり困っているらしい
ふと俺は初日にお世話になった所を思い返した。

グリン「そういえば、保健室近くにあるぞ?」

アシュリー「え、そうなの?」
517 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:06:50.12 ID:kIlQaBHso
記憶を頼りに、俺は保健室にアシュリーを連れて行く。

グリン「えーっと…そうだ、ここだよ」

ドアプレートにも保健室と書かれている、間違いない。

アシュリー「ごめんね、ありがとう」

アシュリーはずっと額を抑えたままだ。

グリン「いいって。さて、包帯はあるかな…」
518 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:12:06.61 ID:kIlQaBHso
包帯は簡単に見つかった。

アシュリー「グリン君、本当にありがとう…」

グリン「気にすんなよ!じゃあ俺はこれで」


アシュリー「待って」

俺がドアに手を掛けようとするとアシュリーが呼び止めた。



アシュリー「私の額の事、聞かないでくれてありがとう…」

コンマ判定
ゾロ目、80以上で…?
↓1
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 01:13:33.19 ID:IDWXQCqP0
520 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:21:19.15 ID:kIlQaBHso
好感度+1
アシュリー 2 【友人】


夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 01:24:09.23 ID:LYxCzOC9O
522 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:32:15.37 ID:kIlQaBHso
就寝前

ロイアン「グリン?聞いてんのかー?」

グリン「!…ああ、悪い」

ロイアン「不審者がまた校内に出たらしいんだよ、先生達がバタバタしててさ」

グリン「不審者?」

ロイアン「そうそう!…あーあ、俺も光魔法がちゃんと使えたら成敗に行けるのになー」

危なっかしい。

グリン「しかし…この間の泥棒と同じ奴なのか?」

ロイアン「いや、分からない。俺もまた聞きだからなー」

グリン「…ふぅん」


【9日夜に確率でイベントが発生します】
523 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:33:20.38 ID:kIlQaBHso
今日はここまで!

明日はかなり更新出来ると思うのでよろしくお願いします。
524 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 01:37:11.72 ID:kIlQaBHso
授業の科目ですが

一年生は
歴史
数学
体育
基礎魔法
語学
地学
体育
生物
防衛学

の中からランダムに3つ選ぶようにしました。
また、それぞれ2割の確率で描写を行い、能力値上昇の判定を毎回行う予定です。
よろしくお願いします。
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 01:43:58.93 ID:Zk7+Ji7Wo
はーいよー
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 07:32:14.63 ID:BsQxUbRDO
乙です
527 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 20:27:02.52 ID:/tht2J+tO
1年目 8日

今日も何時ものように授業が始まる少し前に教室に入り込む

クラスメイト達は何やら明日の事について話し合っていた。

グリン「…そういえば明日は休みか」

ノスガレンでの休日は初めてだ。

まだ行っていない場所に行ってみたり、ダラダラしてみたり
久々にとことんトレーニングをするのも良いかもしれないな。



本日の授業です。
1限【地学】
2限【歴史】
3限 体育
528 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 20:40:05.58 ID:/tht2J+tO
【地学】


オスカロ「えー…地学の授業を始める」

オスカロ「地学とは、土地の事だけではない。気象、地形、岩石や鉱物、災害など…様々な事を幅広く教える学問だ」

オスカロ「この世界を取り巻く物事を知るという事は、自身の視野を広くし、人間的な成長にも繋がる」

オスカロ「つまらん話だと思わず心して聞くように」


グリン「…」

口ではああ言っているがどうも先生は地学にも興味が無いようだ
魔法が絡まない時の授業は大抵どことなくやる気が無い。
529 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 20:40:42.06 ID:/tht2J+tO
コンマ判定
コンマ下1桁/2、ゾロ目なら数字に+5
↓1 知力
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 20:42:10.94 ID:SD/BD5jM0
531 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 20:43:47.82 ID:/tht2J+tO
知力が少し上がった!
体力 67+2 = 69
532 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 20:51:01.39 ID:/tht2J+tO
【歴史】

オスカロ「歴史の授業だが、昨日の続きから始める」

オスカロ「この国が闇に覆われる、その直前の話だ」

オスカロ「…まあ、この辺りの話は皆地元で一度くらい聞いた事があるだろう。復習のつもりで聞くように」

オスカロ「最早お伽話になるほど昔の話だ─────」
533 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:10:53.47 ID:/tht2J+tO
800年前、闇に覆われる前
私達の世界には幾つもの国がありました。

海の上に浮かぶ国
切り立った山の上の国
砂に埋もれた国

そして私達の国。ナイトレーベン

その頃、互いの国は仲が悪く
小さな争いが絶え間なく起き、何時戦争になるか分からない状況。

ちょうど周辺国の中心に居た私達の国は、困り果てていました。


その年、砂に埋もれた国が戦争に勝つ為に魔物を生み出しました。
しかしそれは暴走してしまいました。

魔物は闇となり、砂の国から他の国へ飲み込んでいきます。


沢山の人が闇に溶け、死んでしまったのです、
534 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:18:05.19 ID:/tht2J+tO
光の精霊が多いナイトレーベンは国中の光を使う魔法使いを集め
その闇に対抗します。

長い抵抗の末
光の壁を築いた私達は闇を押し留める事に成功しました。


しかし闇は晴れません
私達は暗闇に覆われた中で今日まで生活しているのです。
535 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:22:17.59 ID:/tht2J+tO
オスカロ「…と、まあこんな所だろう」


コンマ判定
コンマ下1桁/2、ゾロ目なら数字に+5
↓1 知力
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:25:12.46 ID:Ybo8DK4dO
光多いのそれでか
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:25:25.71 ID:SdommYddO
高く
538 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:27:06.34 ID:/tht2J+tO
知力が結構上がった!
知力 69+3 = 72
539 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:30:48.54 ID:/tht2J+tO
1年目 8日
放課後

体育の授業の後
そのまま今日の授業が終わった。

長話を聞いた後の運動は中々に気持ちがいい
俺は気分良く廊下を歩く。


グリン「さて、どうするかなー」


1 誰かに会う(知り合い以上のキャラを記入)
2 どこかに行く
3 トレーニングする
4 ダラダラする

↓1
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:31:58.25 ID:uJfleNiI0
1ロロ
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:32:23.70 ID:BsQxUbRDO
2
542 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:42:18.77 ID:/tht2J+tO
図書館

立派な入り口を跨ぎ
前回過ごしていた場所を目指す。

思った通り、そこにはロロさんが居た。

グリン「ロロさん、本返しに来ました。」

ロロ「あ、グリン君。数日ぶり」
543 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 21:47:50.32 ID:/tht2J+tO
コンマ判定
01〜70 ロロ「次はこれ読んでみて!」
71〜98 ロロ「魔法覚えた記念にこれあげる」
ゾロ目 ロロ「なんかこの間、変な本見つけたんだ」

00 ロロ「無属性かぁ」

↓1
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 21:49:24.01 ID:SD/BD5jM0
545 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 22:00:52.66 ID:/tht2J+tO
ロロ「最後まで読んでくれたんだ」

この間借りていたお伽話の本だ。

お伽話のつもりで読んでいたら
意外に難解で面白かった。


本をロロさんに手渡すと彼女は横の椅子に置いていた鞄を開ける。

ロロ「これ読んだなら…じゃ、これか」

鞄に本をしまい込み、別の本を取り出した。

グリン「これは…続編ですか?」
546 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 22:01:26.02 ID:/tht2J+tO
ロロ「そう、続編。…まあ作者が変わってるからそう呼んで良いのかは分からないけど」

グリン「作者が?なんでまた…」

ロロ「寿命みたいだね、一作目を書き上げて間もなく死んじゃったんだって」

ロロ「これは遺族が引き継いだ物語なんだ」

グリン「へぇ…」

ロロさんの説明を聞いて
かなり興味が湧く。

今日はこれを読んで過ごしていよう。
547 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 22:02:28.79 ID:/tht2J+tO
好感度+1
ロロ 3 【友人】


夕食

コンマ判定
80以上で描写
↓1
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:04:24.01 ID:BsQxUbRDO
はい
549 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 22:10:24.22 ID:/tht2J+tO
就寝前

机に座って復習をしていると
ロイアンが話し掛けてくる。

ロイアン「グリンは明日どうするんだ?」

グリン「明日?あぁ…休みか」

休みは9日、10日の2日間ある
そういえば何も予定を建てていない。

ロイアン「暇ならどっか行こうぜー」


グリン「何か行きたい所あるのか?」

ロイアン「いや特に。俺、明日は予定無くて暇なんだよ」

グリン「うーん」


明日はロイアンと行動する?
↓1
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:12:18.65 ID:SD/BD5jM0
する
551 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/26(日) 22:16:26.11 ID:/tht2J+tO
かなり更新すると言いましたが、用事が出来てしまったので今日はここまで!にします。
申し訳なし…
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:16:47.80 ID:Ybo8DK4dO
おつ
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 22:40:15.27 ID:BsQxUbRDO
乙です
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/26(日) 23:26:11.28 ID:Zk7+Ji7Wo
おつー
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 07:59:08.58 ID:gB7AmoQr0
乙乙
556 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:29:25.54 ID:8cgVrOuxO
グリン「いいよ。俺も暇だし」

ロイアン「よっしゃ!じゃあ明日なー」

行く場所を決めようと思ったが
なんだか眠気が強くなったので明日決めるという話にして俺はベッドに潜り込んだ。
557 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:31:13.30 ID:8cgVrOuxO
1年目 9日

目を覚ますともう見慣れた低い天井があった。

今朝は風が強いのか窓がガタガタ揺れる音がする
ベッドから這い出して来るとロイアンは既に起きていた。

グリン「毎度起きるの早いな…」

ロイアン「グリンが遅いんだろ。早く着替えてメシ食いに行こーぜ」

グリン「ふぁ…じゃあそこで今日行くとこ決めるか」
558 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:32:47.04 ID:8cgVrOuxO
安価

1 学内を探索する
2 学外の街に行く

ゾロ目でトラブル付き確定

↓1
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 23:33:05.96 ID:yROLCimuo
2
560 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:50:45.33 ID:8cgVrOuxO
ロイアン「やっぱりここは街に繰り出そうぜ!」


朝食を食べはじめようとした所でロイアンはそう言った。

グリン「街って…学外のか?」

ロイアン「そうだよ、あそこ行った事無いんだよなー」

確かに休日まで学校内に篭っててもつまらない
俺達は外出許可を取って、その街に行くことにした。
561 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:51:51.73 ID:8cgVrOuxO
>街の名前安価します。採用されなくても再利用させて頂きますのでよろしくお願いします。
↓3まで募集
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 23:54:00.31 ID:Bybo6n+Eo
リオーグ
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 23:54:08.85 ID:5GEpf8LG0
セントイーリス
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 23:54:46.83 ID:LDuU0QOh0
アーライル
565 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/07/31(金) 23:59:38.90 ID:8cgVrOuxO
>>562
>>563
>>564
ありがとうございます。
↓先に2票入った物を採用します。
566 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/08/01(土) 00:01:07.27 ID:zfmFJTQ4O
1 リオーグ
2 セントイーリス
3 アーライル
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/01(土) 00:02:22.02 ID:7w6dG6GP0
2
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/01(土) 00:02:22.63 ID:n5f/QpuHo
2
569 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/08/01(土) 00:03:02.10 ID:zfmFJTQ4O
セントイーリス把握しました。
570 : ◆JK0uF1b7Y. [saga]:2020/08/04(火) 02:31:05.94 ID:AZgl75nJO
更新明日になります
よろしくお願いします
143.47 KB Speed:24.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)