【安価】真実の瞳

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/02(水) 21:22:04.07 ID:JTwJSOTY0
仮面「……彼が、男……」


彼女は周りの無人を確認し、回復魔法を使った
みるみる内に傷は癒え、彼は目覚める


男「!」

仮面「早いお目覚めですね」


彼を助けたのは仮面をつけた女だった
背丈は比較的高いが、暗殺者のような雰囲気だ
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/02(水) 21:25:45.10 ID:JTwJSOTY0
男「なぜ、僕を?」

仮面「それが契約ですので」

男「契約?一体誰と______」


すると、どたどたと足音がする。
こちらに走ってくる者の姿があった


少女「ははは!でかしたぞ仮面!」

仮面「契約ですので」

男「あなたはまさか……あの時の!」

少女「無様なもんじゃないですか?ん?」
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/02(水) 21:32:02.61 ID:JTwJSOTY0
彼女は、あの囚われていた少女であった


男「どうやってここまで?」

少女「私の誠意で」

少女(カネを出せば人なんてどかせるんだよ!)

男「うわ……カネですか」

少女「な、何だと!?……まぁいい」


彼女は見覚えのある杖を取り出した


男「これは……」

少女「後払いで譲ってやりますよ」

男「どうしてそんなことを?」

少女「その様子では、奴に物理が通用しないと
   分かっている筈ですよね?」
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/02(水) 21:38:28.26 ID:JTwJSOTY0
男「どうして僕が?」

少女「魔法の適性があるからですよ!」

仮面「本当に、彼にやれるんでしょうか?」

男「やるしかないか……!」


彼が杖を一振りすると彼の肉体は浮翌遊し、
割られた窓から城内へ入っていった


エルフ「男!生きていたか!」

古代神「なんですかその杖は?」

男「王!貴様を僕の魔法で葬ってやる!」

王「……我は王なり。受けきってくれる」

男「食らえ!なんとなく究極魔法>>288
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/02(水) 21:41:29.84 ID:NIqMcyFWO
暑い雪!
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/02(水) 21:41:52.83 ID:6HSkKHsTO
爆発魔法!ボンバー!
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/02(水) 21:42:02.16 ID:y6faWv+QO
ブラックホール!
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/03(木) 22:30:23.33 ID:8J7OkHGB0
男「爆発魔法!ボンバー!」

王「何!?」


王の肉体は内側から吹き飛んだ
全身はバラバラになったが、まだ生きている


エルフ「……なぜ、生きている?」

王「神の加護だろう……」

男「残酷なものですね」
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/05(土) 23:38:49.84 ID:GzN3OFLJ0
王「諸君、見事だったぞ」

男「これで、僕は帰れるのか?」

王「いや、まだ帰れないだろう」

男「やはり、女神にかけあわないと駄目か」

古代神「女神にはどうすれば会えるのですか?」

王「>>292
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/05(土) 23:44:31.11 ID:xD2cB1EqO
女神の場所を完璧に把握しているわけでは無いからな
……国境の街で情報を集めるといい、他国にいることも考えるとな
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/06(日) 20:49:54.58 ID:OrBMJ76v0
王「女神の場所を完璧に把握しているわけでは
  無いからな」

男「そうなのか」

王「……国境の街で情報を集めるといい、
  他国にいることも考えるとな」

エルフ「なるほど……」

王「我がこのザマだ。
  女神といえど何らかの手は打つだろう」

古代神「探るなら今がチャンスという訳ですね」
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/06(日) 23:05:31.00 ID:OrBMJ76v0
少女「こらーっ!!」


急に少女が殴り込んできた
しかも、大層ご立腹な様子だ


男「……どうしたんですか、そんなに怒って」

少女「王をバラバラにしといて、
   次の王も立てずにどっか行くつもり!?」

エルフ「確かに、この国は混乱してしまうな」

王「……はっはっは……」

少女「何がおかしいんだ!?」

王「ならば、お主が務めればよい」

少女「はぁ!?」

王「皆を縛る象徴としての我はもう死んだ。
  お主なら、きっと自由にやってくれる」
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/06(日) 23:10:40.02 ID:OrBMJ76v0
男「それはいい考えかもしれないね」

少女「良くない!」

王「さぁ、四階の載冠の間に行くぞ」


王の肉体は再び集まる。まるで粘土のようだが、
やはり剛性は桁違いだ。


少女「ちょ!杖代払いなさいよ!」

男「僕知ってるよ。国債ってやつですね」

少女「絶対分かってないだろ!あぁぁぁぁ……」


少女は王の手で四階に引きずられていった
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/07(月) 23:31:00.92 ID:iV9m0V1G0
一行は城から出て、次の行動を考える


男「国境の街ですか……」

エルフ「距離はそれなりにあるが、
    列車があれば問題ないだろう」

古代神「善は急げと言いますし、
    早速行きましょう」

男(……この方に限っては悪では?)


つまらないことを考えていると、
二人はさっさと行ってしまった。
急いで追いかけなくては……
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/07(月) 23:38:55.49 ID:iV9m0V1G0
男「ふぅ、やっと追い付いた」

エルフ「む、早足になっていたか」


駅前まで走ってきた。
明らかに早足というより走っている速度だ。


古代神「はぁ……はぁ……あと少しです」


その時、強く風を切る音がした
彼らのそばに向かって、
勢いよく>>298が飛んできた
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/07(月) 23:51:14.53 ID:Z67ID42to
矢文
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/08(火) 23:50:46.20 ID:Cv8nl3RP0
それは矢文だった。
独特の竹がしなる音を響かせ、着弾する。


男「おおっと!?」

エルフ「……矢文か。読んでみよう」

古代神「こんなもの撃ってくる奴が
    いるかもしれないのに悠長に
    読んでられませんよ」

エルフ「いや、いい一発だった。信頼できる」

男「そう……ですか」
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/08(火) 23:55:03.45 ID:Cv8nl3RP0
エルフ「しかし、矢文とはな……」

古代神「何か思い当たる節でも?」

エルフ「いや……」

エルフ(和弓に長けた種族は、そういない。
    もし敵だったら……)

男「とりあえず読みましょう」

エルフ「ああ」


>>301……矢文の内容
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/09(水) 05:03:11.04 ID:LfG5xQBGO
女神を狙っているのは貴様らだけではないぞ
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/09(水) 23:59:35.93 ID:pU+Qcam90
女神を狙っているのは貴様らだけではないぞ
______矢文にはそう書いてあった


エルフ「……やはり、仲間のようだ」

男「女神を狙っているんですか?」

エルフ「ああ」

古代神「えっ!それは大変ですよ。
    急がなくては!」

男「どうしてです?」

古代神「女神は私のものですから!」

男「……そうですね」
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/10(木) 19:24:17.22 ID:xEQ9oT1u0
いつも通りの、駅のホーム


古代神「列車が来ましたよ」

男「……この列車で、間違いなさそうだ」


彼が列車へ向かうと、車掌に声をかけられる


車掌「お足元が悪いようでしたら、
   手を引かせていただきますが」


何を言っているのかよく分からなかったが、
自分が杖を持っていることを思い出した


男「いえ、別にそういう訳ではございません」

車掌「失礼しました」
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/10(木) 19:33:30.69 ID:xEQ9oT1u0
不思議そうな顔の車掌を尻目に、列車に乗った


男「魔法使いがまた増えれば、
  こういうこともなくなるだろうか」

エルフ「さぁ、どうだろうか。
    魔法使いは引きこもりが多いからな」

古代神「……そういえば、感覚で魔法を使うのは
    おすすめしませんよ」

男「どうしてですか?」

古代神「悪影響があります。例えば、>>306
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/10(木) 19:46:23.10 ID:AePmG4rHO
髪が伸びる
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/10(木) 19:46:50.39 ID:CTPQXUhWO
呪いが跳ね返ってきたりしますからね…
例えば数日間は動物でいるとか…
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/11(金) 21:36:10.56 ID:/RvOe2pZ0
古代神「呪いが跳ね返ってきたりしますからね…
    例えば数日間は動物でいるとか…」


男「……それは嫌ですね」

エルフ「エサはきちんとくれてやるぞ?」

男「そういう問題じゃないですから」

古代神「そういう訳なので、
    魔法の勉強もしなきゃですね」

男「勉強は得意じゃないんですがね……」
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/13(日) 01:25:25.89 ID:wIKlLcmd0
エルフ「おっ、着いたようだ」

男「え?」

古代神「どうしてそんな顔をしているのです?」

男「いや、列車が事故起こさなかったのが
  初めてでしたから……」

古代神「……そういえば、
    この街はどんな街なんです?」

エルフ「ここか?ここは国境の街だ。
あとは>>309
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/13(日) 01:58:01.17 ID:JrPnUXB6O
ゴーストの住む街ゴーストタウン
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/14(月) 00:11:14.63 ID:7kTEdUv/0
エルフ「ゴーストの住む街ゴーストタウンだ」

男「ゴースト?霊魂がいるんですか?」

エルフ「ああ。私はあまり得意ではないが……」

古代神「お化けが怖いんですか?」

エルフ「……断じてそんなことはないぞ?うん。
    攻撃が当たらないんだ」

男「戦う前提なんですか……」
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/14(月) 00:17:10.76 ID:7kTEdUv/0
駅を出て、街に入る


男「ゴホッ!うぅ……」

古代神「どうしました?」

男「空気が悪いですね……」


さすがゴーストタウンというだけあって、
年季や郷愁の念を思い起こさせる物に満ちている
しかし、そのせいで大分埃っぽい。


エルフ「じきに慣れるさ。
    じゃあ、情報収集をしよう」
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/15(火) 23:48:38.20 ID:H//Rt9uF0
男「観光客はいるようだけど、
  ゴーストはいないですね」

エルフ「ゴーストは基本的に見えないし、
    干渉することもできない」

男「では、どうしたら?」

古代神「儀式とか魔術ですね。
    折角杖がありますし、やってみては?」

男「そうですね」


古代神の指示に従い、杖で地面に刻印を印す
すると、妖しい光が立ちのぼり、
ゴーストがその姿を現す


ゴースト「>>313
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/16(水) 02:44:00.29 ID:EXYcLni4o
なにゆえ もがき いきるのか?
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/16(水) 19:28:18.42 ID:j4o81uG90
ゴースト「なにゆえ もがき いきるのか?」

男「だらっしゃあああっ!!」


持っていた水を魔法陣に叩きつけた
魔法陣は消滅し、ゴーストも消えた


エルフ「なにをしているんだ!?」

男「……いや、なんかまずい気がしたので」

古代神「確かに、禍々しいやつでしたね」
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/16(水) 19:31:39.71 ID:j4o81uG90
男「別の所でやりませんか?」

エルフ「うむ……構わないだろう」

古代神「どこ行きましょうか……」


その時、地面に妖しい光が充満する
それは姿を変え、再び魔法陣になった。
またもあのゴーストが現れたのだ。


男「……こ、今度は何ですか?」

ゴースト「>>317
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/16(水) 19:45:40.74 ID:7O6eDxwVO
早く帰れ
こう言わないとわからんのか
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/16(水) 20:01:59.55 ID:Db8XGNhe0
これからイイコトしない?
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/17(木) 19:41:49.61 ID:Bdl+gnbj0
ゴースト「これからイイコトしない?」

男「………………」

ゴースト「………………」

男「帰れ」


男はやおら水をかけた
水の飛び散る下品な音も、
今だけは上品に感じられる


エルフ「…………」

男「行きますか」

古代神「そうですね……」
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/17(木) 19:48:38.52 ID:Bdl+gnbj0
エルフ「往来の中心でやったのが駄目だったな」

男「そうなんですか?」

エルフ「うむ。思い入れのある場所に
    ゴーストは宿るからな」

男「と、いうことは……」

古代神「ええ、ここがこの街の図書館です」


古い木造の建築物だ。
千年以上前の木造倉庫のような雰囲気がある。
有り体に言えばボロい。
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/17(木) 21:11:07.45 ID:Bdl+gnbj0
中に入ってみると、意外に片付いていた
ゴーストタウンの雰囲気に、
外観を合わせているのだろうか


男「ひとまず、ここの机でいいかな?」

古代神「いいと思います。それでは魔法陣を」


男は机に魔法陣を描く
おそらく、本を好み博識で、
聞き分けのある奴が来るはずだ。
そう願っていた。


ゴースト「>>322
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/17(木) 21:12:04.85 ID:KXf9R/aqO
kskst
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/17(木) 21:19:13.84 ID:7g4RYhYiO
ほうここに来るとはさぞ学があるのだろうか?
さて何から聞きたい?
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/18(金) 21:21:53.27 ID:56h7Lx1I0
ゴースト「ほうここに来るとはさぞ学が
     あるのだろうか?
     さて何から聞きたい?」

男「!!」

古代神「きましたね」

エルフ「女神がどこかに降臨したり
    お告げをしたりという情報はないか?」

ゴースト「む……そうだな……」
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/18(金) 21:27:11.33 ID:56h7Lx1I0
エルフ「特に、困ったときであるとか」

ゴースト「困ったときか、そうじゃの……
    やはり、信徒のもとへ行くじゃろう」

男「信徒の多いのはどこなんですか?」

ゴースト「……暫くここから出てないからの……
     信徒の変遷は分からん。
     国境を越えた隣の国は人口が多い」
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/18(金) 21:31:21.35 ID:56h7Lx1I0
古代神「つまり、隣国にいる可能性が高いと?」

ゴースト「あくまで予想じゃがの……」


老齢の霊は無念そうな顔だ
しかし、これでも十分な情報だ


エルフ「なるほど、協力感謝する」

ゴースト「待て」

エルフ「どうかされたか?」

ゴースト「わしも知識が欲しいのでな、
     どうかこの老いぼれの質問に
     耳を貸してくれ」

エルフ「いいだろう。何が聞きたい?」

ゴースト「>>326
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/18(金) 21:32:49.87 ID:6xaFwB5e0
そろそろ成仏させて欲しいと女神に頼んでくれないか
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/20(日) 00:43:37.82 ID:fPVVHtDn0
ゴースト「そろそろ成仏させて欲しいと
     女神に頼んでくれないか」

エルフ「ほう、お安いご用だ」

男「そろそろ行きますか」

古代神「ええ、今度こそ追い詰めてやりますよ」


こうして、一行は図書館を出た


男「ゴーストって、女神のせいで
  成仏できないんですか?」

古代神「うーん……もしかしたら、
    何か理由があって
    縛り付けられているのかもしれません」

男「そう、ですか……」
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/20(日) 21:32:31.54 ID:fPVVHtDn0
国境を目指し、街の外れへと歩いていく
ゴーストタウンだけあって、閑散としている
しかし、どこからか見られているような気がする
空き家の窓に、何かがいるような気がする
排水溝にも、気配がある


エルフ「……なんか、嫌だな……」

男「そうですかね?雰囲気ありますよ」

古代神「確かにそうですね」


そのとき、足元に巨大な魔法陣が展開する
半径20mほどの五芒星から、
巨大なゴーストが現れる


ゴースト「>>329
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/20(日) 21:33:21.89 ID:K759Q8lzO
俺を倒さなければ通さんぞ
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/22(火) 01:12:29.89 ID:JFAHZMnI0
ゴースト「俺を倒さなければ通さんぞ」

エルフ「何だと!」

男「そうか……確か攻撃が効かないんでしたね」

古代神「こうなったら私のありがたい力で
    成仏させてあげましょう」


古代神は自らの肉体から光を放つ
しかし、眩しさはなく、どこか不吉だ


ゴースト「力がみなぎってくるぞ!!」

男「やっぱり邪神なんじゃないですか」

古代神「くっ……」
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/22(火) 22:41:12.21 ID:JFAHZMnI0
ゴースト「ぜぁあ!!」

エルフ「ぐっ!」


ゴーストが一薙ぎすると、エルフは吹き飛んだ
このままではまずい。だが、どうすれば……


男「この大きな魔法陣を破壊するのは……
  現実的じゃないか」

古代神「魔法で倒すしかありませんね」

男「しかし……呪いが……」
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/23(水) 23:32:35.95 ID:1pE09S6b0
ゴースト「なんだか知らんが[ピーーー]い!」


ゴーストが腕を振り下ろす
大気がよろめくような振動が伝わってくる


古代神「く……押さえていられるのもあと少しです」

男「……や、やるしかないのか……」

古代神「退魔系のやつですよ!」

男「食らえ!>>333
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2020/09/24(木) 00:25:23.27 ID:YywfPcRQ0
エクスカリバー「約束された勝利の剣」
 光のビーム
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/24(木) 21:15:20.14 ID:Io7K3uch0
男「エクスカリバー【約束された勝利の剣】!!」


彼の所持する杖が大剣に変化し、
光のビームが放たれる


ゴースト「何ぃ!!」

古代神「えっ」


ビームは圧倒的な破壊力でゴーストを吹き飛ばす
粒子になって消滅したゴースト。そして、
ビームに巻き込まれてボロボロになった古代神。

戦闘は、終わった。
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/24(木) 21:19:28.05 ID:Io7K3uch0
男「はぁ……はぁ……やった……」

古代神「おいてめぇ」

男「化けの皮剥がれてますよ」

古代神「おっと……ン"ン"ン!なぜ私を
    巻き込んだのですか!」

男「いや、ほら……なんか……
  かっこいいじゃないですか」


遠くからエルフが走って戻ってくる


エルフ「先程の光線はなんだ!?」
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/25(金) 21:13:59.06 ID:+OWA4iKp0
男「ふぎぃ!」

エルフ「!?」


エルフが近寄った瞬間、男が慌てて逃げた
あまりのことに、目を丸くしている。
……お互いが。


エルフ「どうした!?」

男「い、いや……その……」

古代神「……『呪い』が帰ってきてますね」

男「呪いっていうと……
  あの体が動物になるやつですか?」
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/25(金) 21:20:15.08 ID:+OWA4iKp0
エルフ「あ!お、男!鼻だ!」

男「鼻?」


見れば、彼の鼻は動物のものになっている
おそらくは、猫のものであろう


古代神「彼の嗅覚にとって、
    エルフは刺激が強すぎます」

エルフ「そんな!どういうことなのだ!」

古代神「率直に言うと臭いです」

エルフ「なッ……_______」

男「別にそこまで嫌な匂いじゃないですから……
  そんな顔しないで下さい」
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/25(金) 21:24:45.05 ID:+OWA4iKp0
エルフ「どうやったら治るんだ!?」

古代神「どっちですか」

エルフ「どっちもだ!」


古代神は困ったように思案する
流石の剣幕に、身分がどうのとは思えなかった


古代神「彼の呪いは……例外こそあれ、
    時間経過を待つ他ありません」

エルフ「体臭か……やはり……」

古代神「体臭……というよりフェロモンですよ」

エルフ「そ、そうか……だが、
    どうにかできないのか!?」

古代神「>>340
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/25(金) 21:34:24.49 ID:dzW5lLVjO
神に願いましょう
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/25(金) 21:34:49.63 ID:JtvaNF3AO
マタタビの香りを嗅いだら楽しいことになりますよ
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/26(土) 22:08:48.96 ID:KwkZYlWE0
古代神「マタタビの香りを嗅いだら
    楽しいことになりますよ」

エルフ「そうなのか!?だが……
    そんなもの持ってないぞ」

古代神「それくらいなら、
    私の不思議な力で出せますよ」

エルフ「ほう。男、こっちに来い」

男「……な、なんですか……わっぷ!?」


匂いに耐えながらゆっくり近づく男。
その顔面に古代神は液状のまたたびを投げつける
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/26(土) 22:28:52.52 ID:KwkZYlWE0
エルフ「どうだ!?」

男「……あぁー……う……う……」

古代神「これは……ばっちり効いてますね」


彼は酔っ払ったように
恍惚とした表情でふらふらとしている


男「僕は疲れた……エルフ、助けてくれ」

エルフ「助ける?どうしろと」

男「>>343
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/26(土) 22:35:02.20 ID:ptZ68/mIO
こう少し横にさせてくれないか…
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/27(日) 21:57:16.79 ID:BVudVB1G0
男「こう少し横にさせてくれないか…」

エルフ「いいだろう」


彼を優しく抱き抱え、寝かせる
男は死者のように安らかな表情だ


古代神「ここ、天下の往来なんですけれども」

男「と、言われても僕はもう動きたくない。
  願わくばスイーツを食べたい」

エルフ「欲が解放されているな……」

古代神「はぁ〜……私だって食べたいです!」
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/29(火) 23:43:57.66 ID:Aldu7VJ10
男「……辛い」

エルフ「何が辛いんだ」

男「ゴーストの意思が……重い……」

古代神「なるほど、精神が薄弱になっているので
    ゴーストの干渉を受けているのですね」

エルフ「除霊とかできないのか」

古代神「できたらさっきやってましたよ」
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/09/30(水) 22:25:11.08 ID:UVraMKXe0
男「………………」

古代神「こいつ、どうしましょうか」

エルフ「あなたがやったんだろう」

古代神「……まぁ、そうですが」

エルフ「そうだ!またたびが効くなら、
    水も効くかもしれない!」

古代神「なるほど……水かけてみますか」


古代神はおもむろに水をかけた
水は見事彼の額を捕らえ、飛び散った


>>347……男の反応
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/30(水) 22:32:57.47 ID:wzPNEDSBO
我に返って少しだけ元気になる
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/01(木) 19:57:58.08 ID:3IeAraLm0
男「ぶはぁ!」

エルフ「どうだ?」

男「……ごめん、多分もう大丈夫」


男は狂気の残滓を払うように素早く立ち上がる
まだ若干ふらついているが、活動に支障はない


古代神「いやぁ、面白いもの見れましたね」

男「できれば忘れてほしい」

古代神「嫌です。断じて拒否します」
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/02(金) 22:46:48.49 ID:E4keOzH70
男「……はぁ……あれが国境ですか?」


進行方向には国境。
わかりやすく関所のようなものがある


エルフ「その通りだ。あそこを越えるんだ」

番兵「待てい!」

古代神「……番兵さんですか。
    いかがなさいました?」


番兵が関所から現れ、
手で止まるようサインを出す

結構な大声なので、
サインは出さずとも伝わるのだが……


番兵「>>350
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/02(金) 23:02:18.85 ID:JcPZdXzf0
ここからは大変危険な魔物が多くでる
悪いことは言わないから帰りなさい
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/03(土) 21:57:13.20 ID:r4Y6enfB0
番兵「ここからは大変危険な魔物が多くでる
   悪いことは言わないから帰りなさい」

男「ふむ……しかし、退けない訳があります」

エルフ「その通りだ」

番兵「……俺には君たちを止める権力はない。
   せめて、これを受け取ってくれ」


番兵は懐から小瓶を取り出し、渡す
付箋が付いており、傷薬と書いてある


古代神「ありがとうございます!」

番兵「いいんだ。無理はしないことだな」
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/04(日) 23:00:20.51 ID:x+ZppksU0
国境を抜けると、そこは森だった
鬱蒼と茂る木々が日の光を遮断している
しかし、踏み馴らされた道が進むべき道だ


男「時間の感覚が狂いそうですね」

古代神「じめじめしてて気分悪いです」

エルフ「……む」

古代神「どうかしましたか?」

エルフ「そこの茂み、何かいるな。
    出てこい!さもなくば切る!」


すると、茂みから>>353が飛び出してきた
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/04(日) 23:02:45.50 ID:MEKgnt+Jo
怯えきった青年
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/05(月) 23:01:56.72 ID:IJe6bmnH0
青年「ひいぃっ!すみません!」

エルフ「なんだ……人か」


青年は怯えきった様子で近寄ってくる
服も汚れていて、何かあったのは明白だ


男「どうかしたんですか?」

青年「あ……あぁ……化物に襲われたんだ」
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/05(月) 23:05:37.73 ID:IJe6bmnH0
古代神「化物ですか……
    それはひょっとして、こんな?」


自らの能力で牙を生やしたり翼を広げたり、
目を光らせてみたり鱗を生やしたりしている


青年「ひぃ!」

男「ちょ、古代神、やめましょうそういうの」

古代神「あーっ!今呼び捨てにしましたね!」
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/06(火) 23:26:50.70 ID:tUavy0HZ0
エルフ「まぁまぁ……」

古代神「うるさいですよ!不遜です!」

男「魔法覚えたら美味しいもの出すんで……」

青年「……ぁ……騒ぎすぎた……!!」


虫の声は静まり返る
鳥は何処かへ飛んでいく
そして『何か』が森の奥からやってくる


男「……いや、すみません」

古代神「……謝るなら私に謝りなさい。
    化物如きに怯える私達ではないです」

エルフ「来る_____」


>>357……化物の正体
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/07(水) 02:57:45.89 ID:n6P1d4czo
顔に目が無く、翼に無数の目がある巨大な黒い鳥
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/07(水) 22:28:45.97 ID:r2YhwpQP0
それはまさしく異形だった。
その顔……顔とおぼしき場所に目はない。
しかし、嘴や鼻があるので顔であろう。
そしてこいつは、恐らく鳥だ。


古代神「でかい……!」

怪鳥「キェェェーーッ!!!」

男「……っ!?」


大きく翼を広げ、威嚇を試みている。
それはまるで、孔雀の羽の模様だった。
しかし、それが模様でないことが
『それ』一つ一つの動きから伝わる。
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/07(水) 22:37:19.51 ID:r2YhwpQP0
およそ270度に展開された翼。
それぞれの角度からの容赦ない視線。
翼に付いているのは紛れもなく目だった


エルフ「まさしく、如何にも……化物だ」

怪鳥「ア"ーーーーーーッ!!!」


怪鳥は羽ばたき、こちらを見据える。
対するこちらは、見返したくもない。
こんな不条理の塊が、
冒涜的な生物がいていいのか。


男「否______君を[ピーーー]」


彼は杖を掲げ、強く念じた。
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/10/07(水) 22:38:02.86 ID:r2YhwpQP0
およそ270度に展開された翼。
それぞれの角度からの容赦ない視線。
翼に付いているのは紛れもなく目だった


エルフ「まさしく、如何にも……化物だ」

怪鳥「ア"ーーーーーーッ!!!」


怪鳥は羽ばたき、こちらを見据える。
対するこちらは、見返したくもない。
こんな不条理の塊が、
冒涜的な生物がいていいのか。


男「否______君を殺す」


彼は杖を掲げ、強く念じた。
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/10/07(水) 22:53:44.77 ID:r2YhwpQP0
眩い燐光が場を支配する


怪鳥「コカアアアアアアッ!!!」

男「翼を広げたのが間違いでしたね」

エルフ「せやあぁぁぁぁっ!!」


隙を突き、素早く懐に潜り込んだエルフが
迷いなく首を切り落とす


古代神「あっ、殺しちゃったんですか」

男「そりゃあもう」

古代神「結構美しいと思ったんですが……」

エルフ「……そ、それは……ない……だろう?」
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/09(金) 21:27:08.93 ID:8jjlP9rn0
青年「す……すごい!あの化物を!」

男「たまたまですよ……うぐっ!?」

エルフ「ど、どうした!?大丈夫か!?」

古代神「魔法の反動がきてますね」


彼の肉体はみるみる内に変貌していく
人のものから、獣のそれに。


>>364……どの動物に変化した?
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/09(金) 21:33:59.74 ID:CxdCSVWFO
しばいぬ
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/09(金) 21:34:12.09 ID:Xdqhg6naO
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/11(日) 00:44:19.41 ID:tP/qQhMR0
男「こ、これは……」


彼の肉体はおおよそ犬のものになっていた。
しかし、そのシャープなフォルムが、
それは犬でないと語る。


エルフ「ほう、狼……」

古代神「ち、豚とかだと面白かったんですが」

エルフ「狼、狼……そうかぁ……」

男「え、ちょっと、エルフ!?」


エルフは彼を抱き抱える
顔はいつもの真剣なものだが、
全体的にすごく撫でてくる。
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/11(日) 06:09:33.97 ID:7mrGs3AGo
エルフはモフりたい
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/12(月) 00:13:51.50 ID:tUsUBszO0
エルフ「素晴らしい!」

男「待ってくれ!」


慣れない体を必死によじり、
彼女の抱擁から逃げ出した


エルフ「孤高なる姿、鋭い牙、その毛並み!
    武人のペットとしてふさわしい!」

男「僕はペットじゃないですよ」

古代神「愉快ですね」
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/12(月) 22:40:12.84 ID:tUsUBszO0
男「どうやったら治るんですか?」

古代神「やはり時間経過ですね」

青年「とりあえず、この危険な森を抜けよう」

男「賛成ですね。さぁ行きましょう」

エルフ「わ、私が運んでやっても構わないぞ?」

男「遠慮します」
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/13(火) 21:16:44.86 ID:d5xF/28K0
暗い森をひた進む
時間感覚、方向感覚が麻痺してきたころ、
進む先に光明が射す。
喜びを纏い光を追えば、外は夕方だった。


青年「や、やった!森を抜けられた!」

男「眩しい……」

青年「もう一人でも大丈夫です。
   ありがとうございました!」

エルフ「一人では危険だ、これを授けよう」


エルフは傷薬の瓶を渡す


青年「いいんですか!ありがとうございます」

古代神「……まぁ、施しも神の仕事ですからね」
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/13(火) 21:57:47.84 ID:e12yy7eL0
この古代神の薬って毒入ってそうでこわいね
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/15(木) 00:14:30.83 ID:Jf5V7h2e0
青年は去っていった


男「毒とか入れてない?」

古代神「当たり前です。ここには、
    信者が少ないので信仰心を
    集めなければなりません」

エルフ「でもあれ、あの門番に貰ったやつでは」

古代神「気にしないことです」

男「腹減りましたね……」

エルフ「それじゃあ>>372
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/15(木) 05:18:54.65 ID:UXks1DDkO
店でも探しますか、このあたりなら何かあると思います
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/15(木) 22:32:55.80 ID:Jf5V7h2e0
エルフ「店でも探しますか、このあたりなら
    何かあると思います」

男「そうですね」

古代神「その嗅覚で旨い飯屋を探すのです」


彼は匂いを嗅ぎ分け、飲食店の位置を突き止めた
宴会なんかもやっている店らしい


男「こっちです。着いてきて下さい」

エルフ「行くぞ!」
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/17(土) 00:14:28.71 ID:SQJ8svQB0
店に入り、店員に話しかける


男「すみません、空いている席はありますか?」

店員「……へ?」

男「ああ、聞こえませんでしたか」

店員「い、いえ……あなた、狼ですよね」

男「………………」

店員「………………」


静寂。
店内の喧騒とこの二人の間には壁ができた


男「や、忘れてました」
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/17(土) 00:17:47.19 ID:SQJ8svQB0
古代神「こら!」


先程追い付いた彼女が男を掴み上げる
彼は手足をばたばたさせてもがくが、無駄である


男「放して下さい!」

古代神「ややこしくなりますし黙ってて下さい」

男「……」

店員「ははぁ、ペット同伴ですか」

エルフ「流石に席はないか?」
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/17(土) 00:25:30.65 ID:SQJ8svQB0
店員「そうですねー……残念ですが」

店長「よう、姉ちゃん達」


店の奥からガタイのいい男性が現れた
先程まで料理を運んでいたようだ


店員「店長!」

店長「狼を連れてるとは驚きだ。
   しかも喋る狼ときた。これは面白い」

男「色々ありまして……」

店長「今外に席を用意してやるから、
   待ってるといいぜ」

店員「て、店長!?」

店長「うるせぇな。今それなりに忙しいんだ。
   お前は急いで客に料理を出してこい」

店員「はっ、はい!」
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/17(土) 00:31:17.65 ID:SQJ8svQB0
エルフ「こんなことがあるとは……!」

店長「この国じゃ狼は聖なる生き物だからな」

古代神「……そ、そうなんですか……」

古代神(害獣風情が、持ち上げられたものです)

男(こいつ……)


店長はメモを取り出し、注文を取り始める


男「まさか、僕用の料理もあるんですか?」

店長「おうよ。>>378だ」
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/17(土) 01:50:17.21 ID:GipHei5Mo
狼っつったらやっぱ肉だろ
それも骨付きだ
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/17(土) 06:39:23.21 ID:HN/wSp1Co
カリカリじゃないのか
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/17(土) 23:03:56.32 ID:SQJ8svQB0
店長「狼っつったらやっぱ肉だろ
   それも骨付きだ」

男「なるほど?」

男(流石にペットフードはないか……)

エルフ「私も肉がいい」

古代神「サラダあります?」

店長「あるぜ!栄養バッチリのがな!」
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/18(日) 23:58:50.43 ID:EtCLMDi10
古代神は草食系、エルフは肉食と・・・
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/19(月) 09:33:08.17 ID:6GbdH0LS0
その辺の草(不幸の種と忌火起草)をあしらった[たぬき]サラダとかかな?
161.73 KB Speed:1.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)