ぐだ「サーヴァントを庇ったら怒られた」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆kratnb/iBE :2020/07/13(月) 07:19:55.48 ID:xY+EMkEY0
(※男鯖はぐだ子、女鯖はぐだ男、両生類は適当に)


ぐだ「いたた……」

マシュ「先輩! 何を考えているんですか! あんな事をして!」ポンポン

ぐだ「ごめん、もうちょっと上手くやるつもりだったんだけどさ」

マシュ「本当に心配したんですよ!? 先輩に何かあったら私……!」

ぐだ「うん、ごめん。気を付ける」

マシュ「二度としないと誓ってください! サーヴァントを庇うマスターなんて、自殺行為ですよ!」

ぐだ「う、うん。そうだね」

マシュ「……本当に……やめてください……」グスッ

ぐだ「わっ! ご、ごめんマシュ!」


↓1 誰を庇った?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594592395
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 07:21:05.26 ID:XKh4rfD8O
ジャンヌオルタ
3 : ◆kratnb/iBE :2020/07/13(月) 07:40:55.74 ID:xY+EMkEY0

ウィーン

ドスッ、ドスッ

ぐだ男「あ、ジャン」

パンッ!!!!!

マシュ「お、オルタさん!」

ジャルタ「…………」

ぐだ男「痛い」

ジャルタ「良かったですね。生きている証拠ですわ」

マシュ「先輩は怪我をしているので、どうかお手柔らかに……」

ジャルタ「いいこと、マシュ。こういう馬鹿は口で言っても伝わらないの。じゃあ殴るしかないでしょう?」

ぐだ男「怒ってる?」

ジャルタ「いいえ? あなたがどうなろうと私の知った事じゃないですし。というか? 私の事を庇ってこんな大怪我する馬鹿マスターとか? 意味分からないですし?」

ぐだ男「そっか、良かった」

ジャルタ「このっ……!」グッ

マシュ「落ち着いてください!」バッ

ジャルタ「馬鹿じゃないの!? あと数センチ外れてたら死んでたのよ!?」

ぐだ男「そうなんだ。まぁでも、生きてるから……」

ジャルタ「そういう問題じゃない! 放しなさいマシュ! こいつは燃やされないと分からない馬鹿よ!」ジタバタ

マシュ「お願いですから口で! 口でお願いします!」

ぐだ男「怒るのは分かるけど、あそこでジャンヌがやられてたら一気に形勢が悪くなってたから。僕が怪我する程度で勝てるなら、それでよかったと思うんだ」

ジャルタ「…………本当に、あなたという人は……」

マシュ「先輩……そんな風にご自分を軽く見るのは止めてください」

ぐだ男「うーん、そういうつもりじゃないんだけどなぁ……」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/13(月) 18:38:45.56 ID:Fbb7tRjD0
えみやおつ
5 : ◆kratnb/iBE :2020/07/14(火) 03:06:08.41 ID:W689kNTX0

ジャルタ「……分かってるの? あんたが死んだら、終わりなのよ?」

ぐだ男「それは理解してる。それでも」

ジャルタ「でももだっても無い。あんたが死んだら終わりなの。だからこそ、あんたを守るために私たちは召喚された」

ぐだ男「うん」

ジャルタ「盾を守って持ち主が怪我をした、そんな話があると思います?」

ぐだ男「みんなは盾なんかじゃないよ」

ジャルタ「あんたがどう思おうと、私たちはあんたを守る為にここにいる。それなのにあんたは庇って怪我をした。あんたは私を……いえ、ここに集った全ての英雄を愚弄したのよ」

ぐだ男「……」

ジャルタ「サーヴァントを【守らないといけないもの】に貶めた。あんたにそういう意図がなかろうと、少なくとも私はそう考えるわ」

ぐだ男「……そんなつもりは」

ジャルタ「なかったとしてもよ」

ぐだ男「……ごめん。本当にそういうつもりじゃなかったんだ。でも……うん、今後は控えるよ」

ジャルタ「そうしてください。……貴方が本当に、心の底から私たちを仲間と思ってくれているのなら、私たちの気持ちも考えてください」

ぐだ男「うん……ごめん」

ジャルタ「……いえ」

マシュ「先輩が私たちを守りたいと考えてくれるのは、本当に嬉しいんです。でも、私たちは先輩を失いたくありません。だから、自分を大切にしてください。元気に生きてくれるだけで、私たちは嬉しいんですから」
6 : ◆kratnb/iBE :2020/07/14(火) 03:07:53.60 ID:W689kNTX0
ごめん昨日寝てしまった

全部ifの話で、短編集です
飽きるまではチマチマ続けます

↓1 誰を庇った?
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 04:33:33.95 ID:iBrSFmDB0
俺だよ
8 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/14(火) 04:36:40.91 ID:W689kNTX0
関係ない安価は↓で

再安価↓1
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/14(火) 04:39:04.87 ID:GRMgAgCrO
カーミラ
10 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/15(水) 04:33:25.26 ID:4+TBucyg0

赤い血が空を舞う。その光景が強く目に焼き付いた。
生前に散々見慣れていたがどうしたことか、その鮮血は記憶にあるどれよりも真赤に見えた。
若い女の血では無いのに本当に、心の底から綺麗だと思った。

マシュ「せ………先輩ッッッ!!!」

私はどうにもならない程に目を奪われていた。
手を伸ばす。指が濡れた。
ああ、ずるいわ。マスター。自分だけこんなに綺麗に着飾って。
私もすぐに……。

ガァアアアアアアア!!!

マシュ「カーミラさん!!」

ヒュッ

カーミラ「死になさい」

ドォン!! ……ポタ……ポタ

ああ……駄目、全然駄目。濁っていてまるで汚泥。
これじゃまったく釣り合わないわ。
だからもっと……もっと。
この地を奴らの血で染めてあげれば、少しはマシになるかしら。
11 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/15(水) 05:08:40.01 ID:4+TBucyg0

マシュ「……先輩」

ダヴィンチ「マシュ、彼なら大丈夫さ。命に別状は無い。だからそろそろ君も休みたまえ」

マシュ「はい……」

ダヴィンチ「君はー……ずっとそこにいるつもりかい?」

カーミラ「…………」

ダヴィンチ「うん、好きにするといい。気が済んだら帰るようにね」

ウィーン

カーミラ「…………いつまでそうしてるつもり?」

ぐだ男「……おはようございます」

カーミラ「三日も寝ていておはようも何もないでしょう」

ぐだ男「三日……そんなに?」

カーミラ「……私、貴方を甘く見ていたわ。出会った頃からとんでもない馬鹿者だと思っていたのだけれど、私の想像以上に愚か者だったのね」

ぐだ男「えーと……怒ってます?」

カーミラ「別に怒る理由は無いわね。貴方が勝手に動いて勝手に怪我をしただけだから。呆れているだけよ」

ぐだ男「怒られるよりキツイですね、それ」

ガタッ、スタスタ

スッ……チクッ

ぐだ男「いたっ」

カーミラ「……赤いのね」

ぐだ男「そりゃ血ですからね……?」

カーミラ「でもこれじゃないわ」

ぐだ男「えーと……どうしたんですか?」

カーミラ「同じ貴方の血なのに、どうして違うのかしら? 不思議ね」

ぐだ男「怖いんですが……」
12 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/16(木) 05:26:04.00 ID:jAnjOht50

カーミラ「ま、いいわ。良いかしら、マスター。別に貴方がどこで死のうと勝手にすれば良いし、その時はいつか来るかもしれない」

カーミラ「でも今日貴方が私を庇って死んで、それは果たして褒められる事かしら? 誰かに「やりきった」って思ってもらえる?」

ぐだ男「……思ってもらえない、と思います」

カーミラ「そうでしょうね。だって本当に無駄死にですもの。だからマスター、例え貴方自身が納得のできない事でも、それがどんなに貴方の心を傷つける事でも、何を犠牲にしてでも生きて生き延びて、最期に胸を張って死ねるようにしなさい」

ぐだ男「胸を張って……」

カーミラ「自己満足で終えたいのならいくらでも誰かを庇い続ければいいわ。でもそんな貴方は、本当に「尊敬できる先輩」?」

ぐだ男「……滅茶苦茶痛い事言いますね……」

カーミラ「当然でしょう。私を誰だと思っているのかしら」

ぐだ男「すいません。軽率なことは控えます……」

カーミラ「ええ、そうしてちょうだい」

ぐだ男「でも……ごめんなさい。多分俺……目の前で誰かが死にそうになってたら、また飛び出しちゃうと思います」

カーミラ「そうでしょうね」

ぐだ男「だから、もっともっと頑張ります。あの程度の攻撃くらい、ちゃんと避けれるようになります」

カーミラ「……マシュも苦労するわね」

笑顔でそう告げるマスターにため息を吐いた。
ただ、何故かはわからないけど、それで良いような気がした。
この男は哀れで愚か。それに自分で気づいているからたちが悪い。
それでもこの男は虫のように地べたを這いつくばりながら、ゆっくりと前に進むことを止めようとしない。

あ……。そうだ、思い出した。先ほどの光景だ。
あの時は何が起こったのか分からなかったが、そうだ。
ワイバーンの爪がマスターの肩を抉り、血が空を舞った。
常人ならそんな傷を受ければ、激痛で地をのたうち回るだろうに。
あの時のマスターは、私を見て笑っていた。
そうだ。マスターの顔についた血が、とても綺麗―――

ぐだ男「カーミラさん? どうかしましたか?」

カーミラ「あまり調子に乗らないことね」

ぐだ男「……は、はい……?」

……危ないわね。もう生前のような事はしないでおくつもりだったのに。
つい気分が盛り上がりかけたわ。
フフフ……もう少しこの男で楽しめそうね……。
13 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/16(木) 05:27:32.58 ID:jAnjOht50
この後「触らないの?」とか言うカーミラさんになるよ

あとまったり進行でやっていくよ

↓1 誰を庇った?
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 05:46:38.79 ID:OFVCXUeTO
ランサーアルトリア
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/16(木) 14:00:01.09 ID:lKVif1jYO
そろそろぐだ子もみたいぜよ
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 10:20:53.80 ID:VRL/3Jcfo
ええやん
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 13:05:57.51 ID:axCWYBz9O
ぐだ子にも女鯖くれよ
百合が嫌なら妥協だ
性別不明はぐだ子にくれよ
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/18(土) 14:43:31.27 ID:q9sGuB6NO
催促するくらいなら自分で書けば?
作者はぐだ男で書いてるんだし
19 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 08:46:33.24 ID:nW4hQEY90
すまんな、歯が痛くて。ちょっと続き書くよ

あとぐだ子は男鯖、ぐだ男は女鯖じゃないとモチベ無いからすまんな
色々とうるさい昨今だが、あんまり同性愛は個人的には好きじゃないんだ
20 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:07:25.78 ID:nW4hQEY90

ぐだ男「ん……んん…?」

槍トリア「……おや? 起きましたか」

ぐだ男「あれ……ここ、僕の部屋?」

槍トリア「記憶は確かですか? 身体は痛みますか?」

ぐだ男「……あ。そうだ、僕……」

槍トリア「思い出したようですね。それでは言わせてもらいますが……」

槍トリア「なんという無茶をしたのですか! 貴方は!」

ぐだ男「うおっ!?」

槍トリア「咄嗟に私が敵を倒さなければ、貴方は腕を失っていたのかもしれないのですよ!」

ぐだ男「ご、ごめんなさい!」

槍トリア「……ふぅ。本当はもっと色々と言いたい事があったのですが、貴方の顔を見ていたら忘れてしまいましたので、説教はしないでおきますが……」

ぐだ男「いや、その……本当ごめん。無茶なのは分かっていたんだけど、もう本当に体が勝手に動いちゃって……」

槍トリア「私が頼りないのは理解していますが、それでも私は騎士です。マスターに守られなければいけないほど脆弱ではありません」

ぐだ男「頼りないなんて思った事ないよ! でも……騎士の誇りを傷付けるような真似をしたのは理解してる。本当にごめん」

槍トリア「おや? 貴方の事ですから「僕よりもアルトリアが万全でいてくれた方が戦況が有利になる」などと言うと思っていましたが、多少は成長したようですね」

ぐだ男「うっ……いや、そういう風に考えている所はあるけど、僕の命は僕だけのものじゃないから……」

槍トリア「その自覚を持っているのなら、無茶はしないようにしてください」

ぐだ男「気を付ける」
21 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:15:55.41 ID:nW4hQEY90

槍トリア「……でも、何事も無くて本当に良かったです。マスターが敵サーヴァントに斬られた時は、血の気が引きました」

ぐだ男「一応急所は外れるように避けたつもりだったんだけど、やっぱりサーヴァント相手だと無力だね……」

槍トリア「ええ、当然です。軽傷で済んだのは奇跡みたいなものなのですから、過信はしないように」

ぐだ男「しないしない。ナメて相手にできるような敵なんて、今まで一度も無かったよ」

槍トリア「……ええ、そうでしたね。貴方はいつも全力で」

ぐだ男「やれることは全部やる。全部やって死ぬんなら、笑って死ぬ。それが僕の信条だからね」

槍トリア「ふふ。なら、もっと強くなってできる事を増やしていきましょうか。怪我が完治したら、今まで以上に厳しくいきますよ」

ぐだ男「その前に、みんなの説教をやり過ごさないとなぁ……」

槍トリア「それは自業自得ですので、甘んじて受けるように」

ぐだ男「はーい」
22 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:16:50.97 ID:nW4hQEY90
なんかイメージで勝手に絆3くらいで書いてるけど、これ絆5とかもっとイチャイチャさせた方が良い気がしてきた

次くらいからそんな感じでいくよ

↓1 誰を庇った?
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 09:17:02.81 ID:gNGzzFs5O
くろひー
24 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:43:50.94 ID:nW4hQEY90

ぐだ子「ん……んん……」

ぐだ子「うわぁ!!」バッ

ティーチ「お? 大丈夫かマスター?」

ぐだ子「はぁ、はぁ……! あれ、私……?」

ティーチ「ほれ、水飲んでとりあえず落ち着け。腹は痛むか?」

ぐだ子「お腹……? あ、ありがとう……」ゴクッ

ティーチ「おう」

ぐだ子「……あっ! 私、銃で!」

ティーチ「思い出したか。ああそうだ、俺を庇って銃で撃たれたんだよ、お前さんは」

ぐだ子「ああ……だからくろひー怒ってるのか……」

ティーチ「当たり前だろうが! ったく、俺ぁ泣く子も黙る大海賊だぜ。撃たれるのも斬られるのも慣れてるってのに」

ぐだ子「うん……ごめん」

ティーチ「俺達がなんのために戦ってるか知らねぇみたいだから、この際ハッキリと言っておくが、お前の為だマスター。お前を宝を守るみたいにして戦ってやってんのに、その宝が勝手に動き出して敵に奪われるとかよぉ、やってらんねぇっての」ドカッ

ぐだ子「心配かけてごめん。避けたらくろひーに当たるって思ったら、避けられなくて」

ティーチ「…………あー……なんだ、その。別に、なんだ。いや、怒ってるんだがよ。……悪い気分じゃねぇんだ。船の上じゃ、仲間も常に俺の命を狙ってやがった。わざわざ守ってくれるような奴なんていなかったからよ」

ぐだ子「くろひー」

ティーチ「だがそれとこれは別! 良いかマスター、俺達は使い捨ての駒なんだ。お前さんの命さえ無事ならそれでいいんだ。頼む、俺達の戦いを無駄にしないでくれ」

ぐだ子「うん。ごめん。ごめんね、くろひー」
25 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:55:07.89 ID:nW4hQEY90

ティーチ「……デュフフフ! さてさて、あんまり暗い話ばっかりじゃつまりませんからな。ほれほれ、マスターも落ち込んでばかりいないで! これから頑張ればいいのですぞー!」

ぐだ子「うん……そうだね」

ティーチ「マスターは難しく考えすぎなのですぞ! サーヴァントを必要以上に個人として扱う! ゲームやアニメの世界ならそこから始まるロマンスもありましょうが、ここは現実。生きるか死ぬかの際の際! 隙を見せたら即お陀仏!」

ぐだ子「分かってはいるんだけどね。頭では理解してても、それでもみんな大切な仲間なんだって思うとさ」

ティーチ「仲間だと思ってくれるのは大歓迎ー! ですが、もう少し割り切るのが肝心ですな。マスターが生きる! 拙者達も生きられる! 死んでも復活! 簡単な話ですぞ!」

ぐだ子「アハハ……そうだね。うん、そうなんだよ。そうなんだけどさ……そうなんだけど……」グスッ

ティーチ「あーあー! 乙女の涙はこんな男には勿体無いなー!」

ぐだ子「私、馬鹿だけど……でも、怖いんだよ、くろひー……目の前でくろひーが血まみれになって、消えるって思ったら……」グスッ……

ティーチ「……分かった。ああ、そうだな、そうだ。お前はただの一般人だったな。なら約束してやる。良いか、マスター。俺は死なねぇ」

ぐだ子「え?」

ティーチ「何度死んでも生き返ってお前を守ってやる。例え首を刎ねられようと、起き上ってきてやる。約束だ」

ぐだ子「……くろひー」

ティーチ「どんだけ傷つこうと、お前だけは傷つけない。これは海賊黒髭として誓う。だからお前も誓ってくれ。俺を信じると」

ぐだ子「……うん。ずっと信じてるよ、くろひー」

ティーチ「その言葉だけで俺は、拙者は戦えるでござるよ」ニッコリ
26 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/21(火) 09:55:41.05 ID:nW4hQEY90
ティーチの声付きのセリフ少なすぎて泣いた

今日は終わる。またそのうち

↓1 誰を庇った?
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 09:58:56.97 ID:he4ONKGVO
秦良玉
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/21(火) 10:56:58.54 ID:OTKBP4ONO
おつ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/22(水) 09:57:46.68 ID:IWwwZlP6o
ええな
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/26(日) 14:39:10.40 ID:RdePsKJ70
こういうのすき
by こういうのすきおじさん
31 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/27(月) 02:15:55.15 ID:fZJgB7nf0

ウィーン

蘭陵王「マスター!!!」

ぐだ子「お? おはよう蘭陵王。どしたの?」

蘭陵王「…………」ジッ

ぐだ子「ん?」

蘭陵王「…………」ホッ

蘭陵王「何を考えているのですか貴女はッッッッ!!!!!!」

キィイイーーーン

ぐだ子「うへっ!」

蘭陵王「私を庇ってこんな大怪我を負うなど!!!」

ぐだ子「ちょ、待って待って! 冷静に話し合おう! というかアレは私が悪いから、蘭陵王が気にすることじゃないよ!」

蘭陵王「なっ……あ……ぐ」

ぐだ子「いや本当、相手の情報を見落としてて編成ミスするとか、まだまだだなぁ……」

蘭陵王「貴女は……もう!」ズカズカ

ぐだ子「怪我だって全然平気だよー。一か月くらいで治るってさ」

スッ

蘭陵王「マスター。そういう問題ではありません。マスターはわが主ではありますが、貴女が普通の人間であることも理解しています。貴女は人類最後のマスターであって、ただの普通の少女なのです。そんな貴女に一生残る傷を負わせるなど……」

ぐだ子「私気にしてないよ? 戦うって決めた時からそんなの覚悟してるし」

蘭陵王「マスターが気にせずとも私が気にするのです! しかもその怪我は私を守って受けたもの……一生の恥です……」
32 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/27(月) 02:42:05.96 ID:fZJgB7nf0

ぐだ子「んーーー……でもさ、あそこで蘭陵王を守らなかったら蘭陵王はやられてて、陣形が崩れてそのまま全滅してた可能性もあるよね? なら気にする必要なくない?」

蘭陵王「ですから……! マスター、貴女はご自分の命をなんだと思っているんですか!?」

ぐだ子「そりゃあ、大事なものですよ? でも大事だからって後生大事にしようとして、結果失われるようなことがあっても意味ないしなぁ。あの時はあれが正解だった、無茶だし本当はいけないことだけど結果的に助かった、それじゃダメ?」

蘭陵王「それは……」

ぐだ子「怪我だってするよ。傷だって残るよ。苦しいよ。辛いよ。でも私は勝つ為にできる事はなんでもする。知ってるでしょ?」

蘭陵王「……はい。そんな貴女をお支えしたいと」

ぐだ子「最後に笑う為に戦うんだもん。蘭陵王はその為に一緒にいてくれてると信じてる。だからさ、私が傷ついたくらいで悲しまないでほしい。私が苦しんでいるときに一緒にいてくれて、私が泣きそうになった時に慰めてくれて、私が危ない時に助けてくれて、一緒に最後まで悔い無く戦う。そんな蘭陵王でいてほしいな。すっごいワガママ言ってるとは思うけどさ」

蘭陵王「……そう、ですか。でも、それは……いえ。分かりました。マスターがそう望まれるのでしたら、この蘭陵王の全てを賭して尽くしましょう。ですが……」スッ

ぐだ子「おふ。いきなりイケメンフラッシュは厳しいのですが……」サッ

蘭陵王「どうか、目をそらさないでください。マスター、私は貴女をお守りします。ですが、私は……貴女を心よりお慕いしております」

ぐだ子「……………………へあ?」

蘭陵王「分かりませんか? でしたら言い方を変えましょう。私は貴女を愛しています。わが身の全てを捧げても惜しくないと思うほどに」絆10

ぐだ子「え、ええええええ!? ちょ、えええ!?」

蘭陵王「そんな愛する女性が私のせいで怪我をするなど、人から我慢強いと言われる私でも耐えられることではありません」ガタッ

ぐだ子「ちょ、近い近い近い顔が良いよぉおお!」

蘭陵王「お願いします……自分を大切にしてください……貴女が傷つくことが何より悲しいのです……」

ぐだ子「分かりました! 分かりましたから! あんまり無茶しないようにしますのでぇ!」ヒエエエ

蘭陵王「…………それならよかったです」チュッ

ぐだ子「ほああああ!」

蘭陵王「では私はこの辺で。ゆっくりとお休みください、マスター」

ウィーン

ぐだ子「…………こ、これが男すらも惑わすという魔性の蘭陵王……」ドキドキ
33 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/27(月) 02:42:49.33 ID:fZJgB7nf0
乙女ゲーみたいなの

またそのうちにー

↓1 誰を庇った?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/27(月) 03:49:06.58 ID:D0VbwShTO
バサスロ

あの、先の安価って良さんなんですが
ランサーの、ドスケベスパッツの
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/27(月) 04:41:59.53 ID:Dn0d+C4o0
>>34
眠すぎて見間違えてたわ
今日の夜にでも良さん書く……
36 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/28(火) 08:14:39.21 ID:FEOH4uIK0

ウィーン

秦良玉「マスター……」

ぐだ男「ん? あ、良さん。おはよう」

秦良玉「…………お目覚めになったと聞いて来ました。ご無事のようで、何よりです」

ぐだ男「う、うん。えーと……大丈夫? 顔が真っ青だけど」

秦良玉「私は……私は……!」バッ

秦良玉「申し訳ありませんでしたっっっ!」ドゲザァ

ぐだ男「ええええええっ!? ちょ、何事で!?」

秦良玉「この身はマスターの盾であり矛……にも関わらず務めを全うできないどころか、敵からの攻撃に反応できずにマスターに庇われる始末……どうか、どうか私になんなりと罰をお与えください……」

ぐだ男「罰って……いや、あれは僕が勝手に」

秦良玉「そこにどんな理由があろうと! マスターをお守りできずにそんな怪我を負わせたのは事実です!」

ぐだ男「うーんと……とりあえず顔をあげてほしい。僕は良さんになんの落ち度も無かったと思うよ。あの時、孔明を守ろうとしたのは当然の判断だし、それで奇襲の対応が遅れて僕だけが動ける状況だったんだから。うん、僕は良さんを責める気は無いし、無事に生きて帰ってこれたから上々じゃない?」

秦良玉「そんな……それでは私の気が」

ぐだ男「僕と良さんは確かにマスターとサーヴァントだけど、でも良さんと僕は仲間だよ。仲間を守ってなんでその仲間を罰しなきゃいけないの? すごい変じゃない?」

秦良玉「そ、それは……そうですが……」

ぐだ男「ね? だから良いの。こんな怪我なんともないし、戦闘には勝てたし、なんの問題も無いよね」

秦良玉「…………うう……」
37 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/28(火) 08:31:25.79 ID:FEOH4uIK0

ぐだ男「だからもう謝らないでほしいな。ほら、いつまでもそんな土下座なんてしてないで」

秦良玉「は、はい……」シュン

ぐだ男「こっち来て、良さん」

秦良玉「え? あ、はい」スッ

ぐだ男「手、借りるね」ギュッ

秦良玉「マスター? なにを」

なでなで

ぐだ男「謝罪じゃなくて、こうして欲しいなーって。僕が勝手にやった事だから感謝するような事でも無いんだけどね」

秦良玉「マスター……」キュン

ぐだ男「もっとかっこよく助けられれば良かったんだけどね……ごめんね、心配かけて」

秦良玉「…………いえ」ナデナデ

ぐだ男「一応鍛えてるからそこそこ動けるかなーって思ったんだけど、ほんと全然動けなくてさ。やっぱりサーヴァントってすごいなぁ」

秦良玉「…………」ナデナデ

ぐだ男「えーと……良さん? あの、そんなに撫でなくてもほんと、僕全然平気だから。ごめん、そんなに心配かけちゃった?」

秦良玉「……私は……もっと、もっと強くなります。マスターに余計な心配をかけないくらい強くなりますから、お願いします。貴方をずっと、守らせてください」

ぐだ男「う、うん。むしろ僕の方がお願いしたいくらいなんだけど、是非。これからもよろしくね」

スッ……チュッ

ぐだ男「ほ!? デコチュー!?」

秦良玉「貴方は私が守ります。貴方が平和な世界で生きていけるように、全霊をかけて戦います。ですから……」

ぐだ男「あのあの! 良さんこれはいったいどういうアレなんです!?」

秦良玉「私の前からいなくならないでくださいね」

チュッ

ぐだ男「〜〜〜〜〜〜〜!?」

秦良玉「〜〜〜!!!!!!!!! し、失礼しました!! その、マスターがその! あまりに可愛らしく見えっ!? いえそのアレ……私はこの辺で失礼します!!! おやすみなさいマスター!!!」

ビュンッ

ぐだ男「……キス、されたけど……え? そういう事、なの? いやでも可愛いって、弟的なあれ? ど、どういうことなんだぁ!?」ガバッ
38 : ◆kratnb/iBE [saga]:2020/07/28(火) 08:32:46.14 ID:FEOH4uIK0
秦良玉ってすごいエロいお姉さん風だけど絶対ヤンデレだよね
解釈違いは認める

バサスロはまたそのうち書くけど、Arrrrrrrrrrrしか言わないのになにを書けば良いんだろう
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/07/31(金) 02:59:18.23 ID:yZJB71ia0
蘭陵王いいなー
24.41 KB Speed:1.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)