【SP安価】誉望「とある科学な」六花「SSSS.GRIDMAN」【とある×SSSS.GRIDMAN】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

271 :1   [saga]:2020/07/28(火) 11:10:07.69 ID:6/MttxQGO
 アカネ「ねねっ、ちょっとだけ肌に触ってみていい?」


 操歯「構わないぞ。好きなだけ触っていいから」クスッ


 アカネ「じゃあ、失礼して・・・」ペタペタ


 アカネ「・・・へぇ、冷たいのかと思ったら温かいんだね」

 
 アカネ「それに生身の肌と同じくらい柔らかい・・・」ペタペタ


 内海「体をバラバラにしたって言ってたけど、その顔の部分は皮膚だけ取ったのか?」


 操歯「いや、変色してる部分から骨と筋肉全部だ。無論、脳も真っ二つにして実験を行ったよ」


 内海「」 
 

 アカネ「うぇぇ・・・痛くなかったの?」


 操歯「無かったから心配しなくていい。そもそも脳自体に痛覚はないからな」


 内海「の、脳を真っ二つにして生きられるもんなのか?」


 操歯「そうだぞ。半分なってしまったら残った半分の脳が失った脳の役割を持つようになるんだ」


 操歯「だから、私はドッペルに脳を半分与えたというわけだ」


 アカネ「>>272




 >>270 んやー、案外天然出てわかんないとかあるかもと
     その青ピはクリスマスに両手をマウスパッド(π)を加熱して火傷してますね(笑)
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 11:20:33.77 ID:tHfKdu2EO
半分の脳でもものすごく頭がいいんだからドッペルと二人なら向かうとこ敵無しなんだねきっと…ヒャー
273 :1   [saga]:2020/07/28(火) 11:58:43.83 ID:6/MttxQGO
 アカネ「脳が半分でも、すっごく頭がいいんだから・・・」


 アカネ「ドッペルちゃんと2人ならどんな困難でも向かうとこ敵無しなんだね」ヒャー


 操歯「ああっ、頼りになる妹だから安心して任せられるんだ」クスッ


 内海「じゃあ、能力はどうなんだ?それも同じように使えるのか?」


 操歯「そうだな。似て非なるものだが、同じようなことはできるよ」


 操歯「私は見えない糸で物を操り動かせるという能力で」


 操歯「ドッペルの場合は自らが開発した人工筋肉によって操って動かせるんだ」


 内海「自分で自分の筋肉創っちゃったのか・・・」


 アカネ「ノーベル賞100個は余裕でとれそうだよね」


 操歯「この街での実績は国内だけじゃなく、海外にも関知されていないため」


 操歯「ノーベル賞などは貰えないんだ。貰おうとするなら、この街だけでしか貰えないよ」


 アカネ「なんで?」


 操歯「学園都市の技術や研究は機密事項まみれだから、そう簡単に渡したりしてはいけないんだ」


 操歯「医療機関をこの街で受けさせてもらうといったことなら可能だが」


 操歯「どういった治療をしたのかなどの情報公開は一切禁止となっているよ」


 内海「もし情報が盗まれたりしたら、どうなるんだ?」


 操歯「>>274
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 12:03:20.80 ID:tHfKdu2EO
そりゃ追われるだろうな、怖い人たちから…
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 12:10:28.05 ID:BHMLLxaKO
文字通り首が飛んでしまうかもな
私は研究しか興味ないしこの街にいるつもりだけど
276 :1   [saga]:2020/07/28(火) 12:47:17.59 ID:6/MttxQGO
 操歯「終われる身となり、どこに逃げようが捕まって」


 操歯「首は文字通りには飛ばないが永久に日の光は浴びれなくなるな」


 アカネ「飛ばないんだ。よかった」ホッ


 内海「いやー、それでも日の光を浴びれないのもキツいだろー・・・」

 
 操歯「だから、私はこの街にいるつもりだ。まだまだ研究したいことが山ほどあるし」


 操歯「何より皆と離れたくはないからな。母さんもまだ入院する必要があるから」


 内海「大変だな。自由に旅行も行けないのか」


 操歯「いや、そんなことはないぞ?キチンと許可が下りれば日本全国、海外にも行けるよ」

 
 アカネ「それならまだいい方だと思うね」


 アカネ「お母さん、いきなり兄弟が増えたとかって知ってビックリしなかった?」


 操歯「そうでもないな。案外普通だった」


 内海「じゃあ、生き別れになってた兄ちゃんのときはどうだったんだ?」


 操歯「その時は喜びながら泣いていたぞ。数年も行方知れずだったからな」


 アカネ「家族の誰かがいなくなったりしたら、まず病みそうだよね」


 内海「>>277
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/28(火) 12:57:24.57 ID:bVIGcGtCO
いや、もっと病んでるのがゴロゴロ居るぞ
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 12:57:29.55 ID:tHfKdu2EO
俺だってアカネやみんなに会えないだけでもなりそうだな…
279 :1   [saga]:2020/07/28(火) 13:15:02.05 ID:6/MttxQGO
 内海「まぁ、大切な人が居なくなったりしたらな・・・」


 内海「俺だって新条さんや皆に会えなくなったら、そうなりそうだし・・・」


 アカネ「あれれー?私と会えなくて寂しかった?」


 内海「そ、それは、まぁ、そうだけど・・・」


 アカネ「・・・ありがと。普通に、嬉しいかな」ニコリ


 操歯「友達思いなところが、君の良さだと私は思うよ」クスッ


 内海「て、照れるってそう褒められると//」


 アカネ「けど私のお尻揉んだこと、まだ許してないから」ジトー


 操歯「あー、ダメだなうん」


 内海「ホントにあれは事故なんだって!」



280 :1   [saga]:2020/07/28(火) 13:20:49.05 ID:6/MttxQGO




 -立花おもちゃ店 店内 座敷-

 六花「・・・」ペラッ


 六花「・・・はぁー・・・」パタン


 六花「なんか、すごく不思議な感じになっちゃうね。この砂の城って・・・」


 ランシス「うん。リアルな作画と物語の内容が相俟って大人気になるのもわかるよね」


 六花「うん・・・一方通行って作者の人、男な人なの?」


 ランシス「そうだよ。全身真っ白で目が赤い人だったかな」


 六花「何、そのウサギみたいな見た目・・・」


 ランシス「だってホントにそうなんだもん」


 六花「>>281
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 13:33:46.20 ID:b7esytc/o
それならなんかひょろひょろしてそうね
282 :1   [saga]:2020/07/28(火) 18:26:00.13 ID:6/MttxQGO
 六花「それなら、なんかヒョロヒョロしてそうだね」


 ランシス「んー・・・前まではそうだったみたいだけど」


 ランシス「少し体つきがよくなったってあとがきで書いてたよ」


 六花「ふーん・・・でも、これだけ面白いのが描けるなら能力、だっけ?」


 六花「それもすごいんじゃないの?」


 ランシス「そうだよ?学園都市の中で7人しかいない、最高レベルの超能力者だからね」


 六花「7人って・・・この街の人口、180万人だったよね?」


 ランシス「学生はね?他に住んでる人も合わせて230万人だよ」


 六花「それでたったの7人かぁ・・・やっぱり能力を使えるようになるのは難しいんだね」


 ランシス「そうだね。万化も大変だったみたいだから」


 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 18:30:34.61 ID:adC09G+5O
ランシスとの馴れ初めや出会いを聞いてほっこりする六花
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 18:32:44.06 ID:rBHSpz+OO
帰ってきたハゲタカヤミー
頑張ってくれたことを頭を撫でたりして褒めるランシスにこういう不思議な生き物もいるの?と聞くと色々教えてくれる(ハネジローとか)
285 :1   [saga]:2020/07/28(火) 18:59:28.00 ID:6/MttxQGO
 六花「・・・ねぇ、ランシスと万化君はどういう出会い方したの?」


 ランシス「出会いは、私がライダーになりたての頃で課題をこなしてた時にね」


 ランシス「たまたま通りかかった万化が話しかけてきたのが最初だよ」


 六花「そんな出会いなんだ・・・それから?」


 ランシス「それから、私と一緒に課題を手伝ってくれたり時々遊んだりして」


 ランシス「しばらくして・・・万化が私に好きな人がいるのか聞いてきて、答えようとしたら」


 ランシス「ハーちゃんが現れて、その時初めて出会ったの」


 六花「なんで出てきたの?」


 ランシス「実はハーちゃん、敵の仲間で・・・ビスケットをあげて仲良くなろうとしたんだけど」


 ランシス「その後、敵の親玉がやってきて万化を拐って行っちゃったんだ」


 六花「何か唐突な展開になってない?・・・まぁ、いっか。続けて?」


 ランシス「それで敵の親玉を撃退できてハーちゃんとも仲良くなったの」


 ランシス「その後、メビオって人に私がハーちゃんと仲良くしてるのに妬いてるって言われたから」


 ランシス「私も、好きなのかって聞いたら素直に、答えてくれて・・・//」


 六花「それでそれで?」


 ランシス「い、一緒に告白したの//ライダーの皆がいる前で///」ポッ


 六花「>>286
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 19:08:49.73 ID:OeYpSGE60
大胆ね…私にはとても無理だわ
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 19:10:06.31 ID:eaYZNJQA0
何て言うか……青春だね
288 :1 [saga]:2020/07/28(火) 20:45:00.40 ID:QLxpg2WJ0
 六花「大胆だねー・・・何て言うか・・・」


 六花「青春って感じがする。私にはとても無理だわ」


 ランシス「六花に好きな人はいるの?」 


 六花「・・・い、一応、ね//」


 ランシス「どんな人?」


 六花「ん〜・・・見た感じは、短い赤色の髪をしてて両サイドの髪が角みたいに跳ねてるの」


 ランシス「ふんふん」


 六花「それで同じクラスの男子の子とか内海君と比べると、かなり童顔かな」


 ランシス「可愛い系?」


 六花「そうだね。女装したことあるけど、内海君より可愛かった」クスッ


 六花「ほら、その時の写真」スッ


 ランシス「おー・・・」




 裕太君の寝顔 00〜33
 響君の女装  34〜66
 その他(安価) 67〜99

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)

 今日のメッセンジャーはつっちーでしたねー。
 衣装ってことは・・・あぁ(察
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 20:48:24.14 ID:eaYZNJQA0
休み中、自分の机に座っている裕太
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 20:49:53.04 ID:b7esytc/o
はい
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 20:49:58.92 ID:adC09G+5O
292 :1 [saga]:2020/07/28(火) 20:57:13.74 ID:QLxpg2WJ0
 ランシス「・・・これ寝てる写真だよ?」


 六花「!!///」バッ


 六花「ま、間違えた!//こ、こっち・・・//」アセアセ


 ランシス「あ・・・あはは!可愛い〜!」


 ランシス「内海と六花も似合ってて、可愛いね」ニコリ


 六花「ありがと・・・//」


 ランシス「・・・大丈夫だよ、誰にも言わないから」クスッ


 六花「ホ、ホンッ〜〜〜っと〜にお願いねっ?//」ズイッ


 ランシス「う、うん・・・というか、好きな男の子の寝顔くらい」


 ランシス「撮っても普通じゃないの?」


 六花「ま、まだ付き合ってもないのに、そんなことしたら普通ダメでしょ・・・//」


 ランシス「そうかなぁ・・・」


 ランシス「>>293
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 20:59:49.62 ID:OeYpSGE60
そんなに太もも見せびらかしといて?
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:00:34.39 ID:adC09G+5O
好きな人の写真をこっそり撮っちゃうのくらい私は仕方ないなーって思っちゃうけどな
むしろそれくらい好きなんだって応援しちゃう
295 :1 [saga]:2020/07/28(火) 21:00:44.72 ID:QLxpg2WJ0
 台詞
 >>295
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:00:51.15 ID:eaYZNJQA0
告白しないの?

なんか裕太と六花って記憶喪失前に付き合っていた感があったんだよな〜(予想の1つでそれがあった)
てか、下手したらどっかの世界で上条さんも記憶前に付き合っていた少女がいた世界もあるかもしれない
297 :1 [saga]:2020/07/28(火) 21:13:21.54 ID:QLxpg2WJ0
 ランシス「好きな人の写真をこっそり撮っちゃうのくらい」


 ランシス「私は思わずって思っちゃうけどなぁ」クスッ


 六花「・・・そ、そう?//」


 ランシス「うん。寧ろ、それくらい好きなんだって応援しちゃうよ!」
 

 六花「そんな、別に応援なんて・・・//」


 ランシス「告白しないの?」


 六花「・・・したいけど・・・まだ、踏ん切りがつかなくて」


 ランシス「ケンカでもしちゃったの?」

 
 六花「ううん、ケンカじゃないよ。だから心配しないで」


 六花「・・・>>298




 >>296 付き合ってたというか、裕太君が告白して六花ちゃんフったんじゃないかなぁと。
    1話の会話からして、振られたの無かったことにしようと裕太君が記憶喪失のフリしてると思ったとか
     ・・・上条さんならたくさんありそうで怖い
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:17:35.64 ID:OeYpSGE60
本当に、大丈夫だから、それよりみんな遅いね
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:19:33.65 ID:adC09G+5O
自分の気持ちに一歩踏み出すって難しいよね…

ID:OeYpSGE60荒らしだろ
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:22:11.50 ID:eaYZNJQA0
>>297
なら、1話の裕太が起きたときのご機嫌な六花が謎に。あのシーンから「両想いになったけど、その日に記憶を失った裕太に苛つきを覚えてつんけな態度をとっている」説があった
9話の夢で似たようなシチュでその時はアカネが彼女という話だったからその説は上がっていたりした
安価下
301 :1 [saga]:2020/07/28(火) 21:26:47.41 ID:QLxpg2WJ0
 六花「本当に、大丈夫だから・・・」


 ランシス「・・・六花?」


 六花「っ・・・そ、それにしても皆遅いね?」


 六花「まだロボット見てるのかな?」


 ―ガチャッ


 ランシス「あ、丁度戻ってきたみたい」


 内海「いやー、やっぱカッコイイな機龍は!」


 アカネ「操縦させてくれてありがとう、涼子ちゃん」


 操歯「どういたしまして」クスッ


 六花「お帰りー。誉望と彩愛さんは先に調査に行ったよ」


 アカネ「ありゃりゃ、そうだったの?つい夢中になっちゃってた」


 内海「んじゃ、俺達も行くか?」


 ランシス「そうしよっか」


 ―カランカラーン

 フラミンゴ(ハゲタカヤミー)「ヴヴ」


 ランシス「あ、ハーちゃん!どこに行ってたの?」


 フラミンゴ(ハゲタカヤミー)「ヴ」


 ハネジロー「パムー」ピョコッ


 ランシス「あ、ハネジローと一緒だったんだ」


 内海・アカネ・操歯「「「ハネジロー!?/マジで!?//ハネジローじゃん!//」」キラキラ


 六花「>>300
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:32:42.69 ID:LcCGkdeRO
え、そんなに有名なの?
303 :1 [saga]:2020/07/28(火) 21:40:22.08 ID:QLxpg2WJ0
 六花「え?あの黄色いのって有名なの?」


 ランシス「みたいだよ?可愛いからね〜」ナデナデ


 ハネジロー「パムー?」クリン

 
 六花「・・・//」キュン


 内海「すっげぇー、い、生きてるんだよな?本物だよな?」


 アカネ「ねねねねね!私も抱っこしてみたい!//」ワクワク


 ランシス「うん。はいっ、優しくね?」スッ


 アカネ「お、おいでー・・・//」ゴクリ


 アカネ「おほほほ〜・・・//」ギュッ


 ハネジロー「パムパムー」スリスリ


 アカネ「でへへ//あぁ、涎が//」ジュルッ


 六花「いや、ちょっとはしたないよ・・・」タラー


 操歯「涎が垂れてしまうのは仕方ない。可愛いからな」ウンウン


 内海「>>304
 
 


 >>300  それか、六花ちゃんの告白の返事をしようと思って裕太君はお店の前に来たけど
      来た直後にグリッ太になっちゃって、告白のことは忘れたと記憶喪失のフリをしてると思ったのではないかと
     まぁ、あくまでも想像でせうがね
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:41:22.05 ID:adC09G+5O
ぬ、ぬくもりがすごい…!
温かいし生きてるしうおおお!
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:41:36.68 ID:BLuSx+ZKO
な、ナッツ食わせたいナッツ
306 :1 [saga]:2020/07/28(火) 21:58:04.47 ID:QLxpg2WJ0
 内海「な、撫でてみていいか?」


 ランシス「優しくね?」


 アカネ「はい、どうぞ」


 ―ナデナデ

 ハネジロー「クゥーン」ウットリ


 六花「・・・//」キュン


 内海「フワフワ感すげえ・・・温かいしマジで生きてる、うおおお・・・!」


 操歯「一撫でするだけでも、価値はあるだろう」


 アカネ「この子もランシスちゃんのペットなの?」


 ハネジロー「パムパム」フルフル


 アカネ「あ、違うの?」


 六花「(言葉が通じるんだ・・・)」


 ランシス「うん。昨日会ったサイガの嬉美が飼ってるんだよ」


 操歯「今も尚思うのは・・・羨ましすぎる飼い主だなぁ、嬉美は・・・」


 内海「この世界じゃペットショップにハネジロー、というかムーキットがいるのか?」


 操歯「いや、居ない。偶然にも嬉美が茂みの中に隠れてるのを見つけて」


 操歯「飼うことにしたそうだ」


 ハネジロー「パムー」コクリ


 アカネ「>>307
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 21:59:52.45 ID:b7esytc/o
私ちょっと茂み行ってくる!
308 :1 [saga]:2020/07/28(火) 22:14:07.27 ID:QLxpg2WJ0
 アカネ「ちょっとそこら辺の茂み探しに行ってみよっかな」


 操歯「いやいや、居ないぞ?多分」


 アカネ「だよねー・・・はぁー、フサフサしてるー//」フサフサ


 ハネジロー「パムー」


 内海「六花も撫でてみろって」


 六花「え!?//わ、私は」


 ランシス「はい、誤魔化しても意味ないでーす」ニマニマ


 操歯「撫でたそうにしてたのは、もうバレてるぞ?」クスッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴ」コクリ


 六花「う・・・//」


 アカネ「ほらほらー。我慢せんでもええんやでー?//」


 六花「なんで関西弁なのよ・・・すっごい胡散臭いし・・・」



 
 どうする?orどうなる?
 ↓2まで
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 22:25:01.34 ID:adC09G+5O
恐る恐る手を伸ばす六花にいたずら心が芽生えたのが飛び乗るハネジロー
ビビる六花だが甘えてきたので母性のスイッチが入る
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/28(火) 22:26:38.58 ID:WPVbOrstO
ヤミーが触れ合い方を教えてくれるので真似してみることに
311 :1 [saga]:2020/07/28(火) 22:34:57.43 ID:QLxpg2WJ0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 >>1的に今まで書いた劇場版の中でお気に入ってのはナイトロハート、奇蹟切り札、ソウビルでせうね
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 06:53:29.77 ID:dbKzvXE3O
乙ですの
神裂さんとアルファルのであいも良かったしこの間の浦上ちゃん&1のも良かった、アストラルバディも最高でね
猟虎ちゃん潤子ちゃんかっこよかったし
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 07:17:30.40 ID:EYHu56DFO
小牧ちゃん×ベイロープの可能性を開いてくれたからそれも好きです
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/29(水) 14:40:24.72 ID:5gfY/8TmO
新ライダー名前はセイバーだってさ
エクスカリバーでもぶっぱなすのか(それはセイバー違いだ)
315 :1   [saga]:2020/07/29(水) 19:32:52.17 ID:fJGrETYPO
 ハゲタカヤミー「ヴヴ」ナデナデ


 ハネジロー「パムー」


 ランシス「こうやって撫でてあげてね、って教えてくれてるよ」


 六花「あ、そ、そう・・・」

 
 六花「・・・」スーッ


 ハネジロー「・・・パムー」パタパタッ


 アカネ「え?ん?飛んだ?」


 六花「わっ、わっ、わっ!」アワアワ


 ハネジロー「パムパムー」ポスッ


 六花「っと・・・はぁーー、ビックリしたー」アセアセ


 ランシス「六花が遠慮してると思って、ハネジローから来てくれたみたいだね」クスッ


 六花「あ、そ、そうなの・・・?」


 ハネジロー「パムー」コクコクッ


 六花「>>316
 


 >>312 あざます。 
 >>313 他のSSどころかまず小牧ちゃんが人気になって貰えたらなと
 >>314 パロディーでなら即行でぶっぱなしますね
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 19:35:19.98 ID:6dtKrq5CO
私の言葉もわかってるんだよね、この子すごいかも…ナデナデ
遠慮させちゃってごめんね

お仕事お疲れ様ですの
つっちーが言ってた人はそっちかってなった
317 :1   [saga]:2020/07/29(水) 20:18:09.74 ID:MLnuapWG0
 六花「そっか。遠慮させちゃってごめんね?」


 ハネジロー「パムパムー」


 六花「・・・この子すごいかも・・・//」ナデナデ


 操歯「知能は高いからな。私達の言葉を理解して学習するんだ」


 内海「パソコンだって打てるもんな」


 六花「パソコンを?・・・ホントにすごいね、ハネジローって」ナデナデ

 
 アカネ「・・・さてさて、ハネジローの抱き心地も堪能したことだし」


 アカネ「私も、何か手掛かりがないか探しに行ってみるね」


 内海「おっ。じゃあ、俺も行くぜ。1人だと危ないだろうから」


 アカネ「んー・・・まぁ、もしもの時は代わり身になってね?」


 内海「え」


 操歯「私はここで外部との通信が可能にならないか、試してみてるよ」


 ランシス「ハーちゃんもここでお留守番しててね?」


 ハゲタカヤミー「ヴー」

 
 ハネジロー「パムー」チョイチョイ


 六花「ん?なに?」


 ランシス「皆と一緒に行きたいみたいだよ」


 六花「あぁ、じゃあ一緒に行こっか」ニコリ


 操歯「>>318




 >>316 あざまーす
     oh誰だろー
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 20:20:12.33 ID:ILG/kc3qO
じゃあハネジローをよろしく頼む
かなり頭がいいから何かヒントになるかもしれないしな
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 20:21:28.21 ID:V7P9+F9co
楽しんできてくれ……ハーちゃんお菓子はいるか?

俺は様々な勢力のライダーがたくさんでてきたアリサ復活の奇蹟と切り札が一番すきす

320 :1 [saga]:2020/07/29(水) 21:22:19.56 ID:MLnuapWG0
 操歯「じゃあ、ハネジローをよろしく頼む」


 操歯「かなり頭がいいから、何かヒントになるかもしれないしな」


 六花「うん。わかった」コクリ


 操歯「進展がなくても、根気よく頑張ってほしい」


 操歯「それと学園都市を楽しんできてくれ」


 六花「そうしてみるね。じゃあ、行ってくよ」


 ランシス「じゃあ、行ってきまーす」


 ハネジロー「パムー」


 藤兵衛「おう、いってらっしゃい」


 ハゲタカヤミー「ヴー」


 操歯「さて・・・まずは周波数を会わせてみるか」


 操歯「ハーちゃん、お菓子はいるか?」


 ハゲタカヤミー「ヴー」コクリ





 アカネ「・・・」ガサガサッ


 内海「・・・だから居ないってば」


 六花「な、何してんの・・・?アカネ・・・」


 ランシス「ハネジローの仲間を探してるの?」


 アカネ「あははー、やっぱ居なかったみたい」パッパッ


 ハネジロー「パムー」


 内海「>>321



 >>319 ある意味ではアベンジャーズのエンドゲームみたいなもんでせうからね
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 21:24:55.29 ID:4ngYQctu0
そういや、アンチの奴はどうしてんのかな
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 21:25:13.14 ID:6dtKrq5CO
気持ちは分からなくもないけどね、私もやっちゃおうかなって一瞬思っちゃったし
323 :1 [saga]:2020/07/29(水) 21:45:21.30 ID:MLnuapWG0
 内海「気持ちはわからなくてもないけども・・・」


 内海「俺も一瞬やってみようかな、とは思ったけどさ・・・」


 アカネ「じゃあ、あっちの方やってみて?」


 内海「い、いや、遠慮しておきます・・・」


 ランシス「・・・」タプタプ


 六花「あ、携帯繋がたの?」


 ランシス「ううん。やっぱりダメみたい」ゴソゴソッ
  

 六花「そっか・・・」


 内海「あの透明な壁のせいなんだろうな。電波が外に飛ばなくなってるんだと思う」


 アカネ「電波まで逃がさないなんて、何で創られてるだろうね」


 ランシス「ん〜・・・魔術的にもここまで大規模なのは」


 ランシス「流石に創れないだろうからなぁ」


 六花「ここに取り残された人達・・・私達もだけど、不安しかないね」


 内海「・・・あ、取り残されたってので思い出したけど」


 内海「アンチの奴はどうしてんのかな」


 六花「>>324




 今日のメッセンジャーはねーちんでしたかー。
 明日は続いて天草式の2人かな?
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 21:50:30.77 ID:SOw4MemaO
メイド服で言わされてるねーちん…
五和もここは一肌脱いで貰おうか

うーん…この中にいるか外にいるかわからないけど…
325 :1 [saga]:2020/07/29(水) 22:07:04.81 ID:MLnuapWG0
 六花「うーん・・・この中に居るのか、向こう側にいるかわからないけど・・・」


 アカネ「そもそもこの世界自体に来てないんじゃないの?」


 アカネ「グリッドマンの話からして」 


 六花「あぁ、そっか・・・」


 内海「アイツも来てくれてたら、戦力には申し分ないんだけどなぁ・・・」


 アカネ「まぁ、やる時はやるから頼りにはなるかな。内海君よりは」


 内海「またそんなこと言う〜・・・」ガックリ


 ハネジロー「パムー」


 六花「ほらほら、ハネジローが慰めてくれてるんだから。落ち込まないの」クスッ


 内海「ありがとな〜、ハネジロー」ポンポンッ


 アカネ「あっ。あそこに居るの万化君と彩愛ちゃんじゃない?」


 ランシス「ホントだ。おーいー!万化ー!彩愛ー!」


 

 どうする?orどうなる?
 ↓2まで

 >>324 上条さんが見たがってるよって言えば着てくれますよ(
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 22:18:01.96 ID:6dtKrq5CO
なんか彩愛達も壁を調べているようで叩いているご様子
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 22:22:25.58 ID:ycM1ysIrO
そりゃ上条さんが言えばねえ…
神裂さんもアルファルに言われると弱そう

自分なりに壁の素材について仮説を考えて話す彩愛ちゃんに目を丸くする一行
こう見えても学校では勉強頑張ってるらしいっすからねと苦笑する万化
328 :1 [saga]:2020/07/29(水) 22:54:53.46 ID:MLnuapWG0
 誉望「あ、皆さんお揃い・・・って訳じゃないっスか、操歯さんは?」


 内海「あれ?そういえば・・・」


 六花「外との通信をできるようにならないか調べてるよ」


 彩愛「そっかー。でも、それは無理っぽそうかなー」


 アカネ「どうして?」


 誉望「なんでも、この透明な壁の素材は窒化アルミニウムで創られてるみたいなんっス」


 ランシス「ちっかあるみにうむ?」


 内海「アルミニウムはわかるけど・・・窒化ってなんだ?」


 彩愛「全般的に言えば、金属に窒素を浸み込ませて化合させることだZE☆」


 彩愛「化合はわかるよね?水素が2つと酸素が1つが結合して水になるって言えばいいかな」


 アカネ「あー、そういうこと」


 六花「じゃあ、これってアルミニウムと窒素が混ざってできてるの?」


 彩愛「そう。熱伝導率が高くて電気を通さない絶縁性をもつ高機能な素材だYO」


 彩愛「アルミホイルで、電波を遮断させられるみたいにこの壁の中からの電波は」


 彩愛「外に飛ばなくなっちゃってるんだね」


 アカネ「・・・意外と頭良いんだね、彩愛ちゃんって」


 誉望「こう見えても学校では勉強頑張ってるらしいっスからね」アハハ・・・


 彩愛「>>329
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/29(水) 23:00:19.39 ID:6dtKrq5CO
今の姿を見て私だと気づく同じ高校の子はいないんだYO!
成績悪くて参加できないのは嫌だしね
330 :1 [saga]:2020/07/29(水) 23:03:11.58 ID:MLnuapWG0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 新世紀中学生のメンバーで一緒にいたいとしたらヴィットさんでせうかね。
 あんま喋らずスマホ弄ってるんで静かに過ごせそうでせうし
331 :1   [saga]:2020/07/30(木) 12:19:01.78 ID:uoDWlFHmO
 彩愛「成績悪くて、一緒に高校卒業できないのは嫌だしね」


 六花「それは言えてる。留年なんてイヤだよね」


 内海「というか・・・学校でもその格好なの?」


 彩愛「まっさか〜!ちゃんと制服着て登校してるZE☆」

 
 彩愛「だから、この姿を時の私だと同じクラスメイトの子はそんなに気づかないないんだよね」


 アカネ「制服の時とのギャップがかなりあるんだ」


 彩愛「そうそう。自分を偽らないために、普段はこうしてさらけ出してるワケだYO☆」


 六花「自分を偽るって・・・?」


 彩愛「胸ないのがコンプレックスでさー。少し前よりかは育ったけど」


 彩愛「誤魔化すためにパット入れたりしないようにって、この格好してるんだZE☆」


 六花「へ、へぇ・・・」


 内海「(そこまでするか・・・?)」
 

 アカネ「>>332
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 12:27:02.12 ID:CmMWtRw1O
ぱ、パット…
その話後で詳しく聞いてもいいですか?
333 :1   [saga]:2020/07/30(木) 12:46:25.99 ID:uoDWlFHmO
 台詞
 >>332
 
 アカネちゃんは十分おっきいぢゃん
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 12:56:59.09 ID:CmMWtRw1O
大きいのがやっぱり注目されやすいしね…
でもおもいだけだよこれ
335 :1   [saga]:2020/07/30(木) 14:28:11.62 ID:uoDWlFHmO
 アカネ「まぁ、大きいのがやっぱ見られるもんねー?」ジーッ


 内海「・・・俺の方をずっと見ながら言わないでいただけませんか//」


 六花「」ゲシッ


 内海「い゙っだ!?」


 ランシス「まぁまぁ、男の子は大きい方が好きなんだもん。仕方ないよ」


 ランシス「万化だって見てたし」


 誉望「え。き、気付いてたんっスか?」


 ランシス「鎌かけたんだよ?」ニコリ


 誉望「あ」


 ランシス「」ゲシッ


 誉望「あだっ!」


 アカネ「でも、これ重いだけだよ?」


 彩愛「>>336
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 18:21:51.69 ID:ead1RIQTO
お、重いってそんな気分あじわってみたいZE
動きやすさはたしかにピカイチだけどウーン

ランシスと万化くんは良い意味でオープンで素敵な関係だと思う
全てにおいて奔放だし
337 :1   [saga]:2020/07/30(木) 20:11:13.57 ID:FBr7HuXU0
 彩愛「お、重いって・・・そんな感覚味わってみたいZE・・・!」


 ランシス「でも、小さくても動きやすいでしょ?」 


 彩愛「ま、まぁ、それは確かにそうだけど・・・」ウーン


 アカネ「人それぞれ違うから、あんまり気にしない方がいいよ」


 六花「そうそう。で、この壁を壊したりする方法はあるの?」

 
 彩愛「うーん、窒素なら絹旗さんの能力で崩せそうだけど・・・」 

 
 誉望「アルミニウムが入ってるっスもんね。操作できないかもしれないっス」


 彩愛「うん・・・」


 アカネ「ティガのガギが創ったバリアかと思ったけど・・・違うのかな?」


 内海「俺もそう思ったけど、アイツは水素で創ってたし・・・」

 
 誉望「>>338



 >>336 少し天然なランシスちゃんを支えられる真面目な万化君はベストマッチなカップルでせうからね

 今日のメッセンジャーは五和ちゃんでしたね。謙虚なとこが尊い
 明日でメッセンジャーも最後でせうか・・・
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 20:14:26.61 ID:fBW+YjcJO
明日は満を持してって感じかなー

みんな詳しいっすね、俺も考えてるっすけどそこまで検討は…
339 :1 [saga]:2020/07/30(木) 20:53:18.20 ID:FBr7HuXU0
 誉望「皆さん詳しいっスね。俺も考えてるっスけど・・・」


 誉望「そこまで検討はつかないっスよ・・・」


 操歯『あー。あー。テステス、こちら操歯涼子だ』


 グリッドマン『グリッドマンだ。皆、私達の声は聞こえているか?』


 誉望「え?・・・あ、アクセプターからっスか」


 グリッドマン『ああっ、そうだ。ちゃんと聞こえているようだな』


 内海「あれ?これって通信機能なんてあったっけ?」


 六花「怪獣が出てきた時は、何かコールが鳴ってたけど・・・」


 操歯『ジャンクとアクセプターをBluetoothで繋げてみたんだ』


 操歯『これで以前までのように、ジャンクの前でなくても』


 操歯『グリッドマンと合体が可能になったよ。ただし・・・』


 誉望「はい?」
 

 操歯『アクセスフラッシュはもちろん必要だからな』


 ランシス「ないといけないの?」


 グリッドマン『>>340




 >>338 ワクワクしますねー
     でもって、次回のイベントで潤子ちゃんの水着でっせ!?
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 20:59:30.51 ID:fBW+YjcJO
潤子ちゃんの水着とか最高すぎるトールには渡したくねえなー

ああ、私の力を出すには欠かせないな…
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:00:03.46 ID:ead1RIQTO
操歯の技術でここまでできたこと自体すごいことだからな…
342 :1 [saga]:2020/07/30(木) 21:18:36.82 ID:FBr7HuXU0
 グリッドマン『ああっ。合体するときに心を高ぶらせるためには欠かせないからな』


 内海「仮面ライダーだって変身って言わないと、決まらないだろ?」


 操歯『その通りだ』
 

 ランシス「あぁ、なるほど・・・」フンフン


 誉望「まぁそういうことなら、これで怪獣が現れても対処には困らないっスね」


 グリッドマン『涼子のおかげだ。ここまでのアップデートは私も予想外だったが・・・』


 グリッドマン『とても助かった。ありがとう』


 操歯『どういたしまして。まぁ・・・私達には誓いがあるからな』

  
 六花「誓い?」


 ランシス「ライダーは助け合い、でしょ」クスッ


 誉望「困っていたら、ライダーじゃなくても助けてあげるっていうのが」


 誉望「いつの間にかできてたんっスよ」


 彩愛「>>343
 




 >>340 トール「あ゙ぁ゙?」
 >>341 さすが天っ才研究者
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:19:38.06 ID:wkNKIVyr0
ヒーローの誓いって奴ね
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:22:10.87 ID:NqmB9gVfo
潤子さんになんかあったらセイヴェルン家とイギリス王室が黙ってなさそう
345 :1 [saga]:2020/07/30(木) 21:46:15.25 ID:FBr7HuXU0
 彩愛「ヒーローの誓いってやるだYO☆」 


 内海「一応、その言葉自体は俺も知ってるぜ」


 アカネ「うん。仮面ライダーWの映画でね」


 ランシス「へぇ〜、仮面ライダーの映画なんてあるんだ」


 内海「こっちにはないのか?」


 誉望「無いっすね。あるとしても本人が演技してるヒーローショーくらいっスかね」

   
 彩愛「私はいつも司会のお姉さんやってるよ」


 六花「それはそれはすごい豪華な気もするね・・・」


 ランシス「私もいつか呼ばれたら頑張らないといけないなぁ」


 アカネ「頑張ってね。多分観れないと思うから、応援するよ」ニコリ


 

 ― 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定) 


 >>344 入鹿ちゃんと北条さんが危うかった。小牧ちゃんもちょっとちょっとかい出しちゃいましたし
     根源のクソ蠢動は獄刑にしてもらいたい(悦
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:47:52.90 ID:ead1RIQTO
正直この間の超電磁砲の潤子ちゃん可愛くてときめいた
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 21:47:59.26 ID:fBW+YjcJO
ほい
348 :1 [saga]:2020/07/30(木) 22:04:36.67 ID:FBr7HuXU0





 内海「怪しそうなやつ、怪しそうなやつ・・・」キョロキョロ


 誉望「そう簡単には見つからないっスね」


 六花「というか、怪しいだけで見つけるなら苦労しないでしょ・・・」


 ランシス「それもそっか・・・」


 アカネ「見つけるとなら、怪獣が現れた時に避難所とかに逃げない人がいたら」


 アカネ「その人が怪しいと思うよ」


 彩愛「おぉー!なるほど、確かにこの街の人達ならすぐに逃げるって教わってるんだし」


 彩愛「そもそも逃げないなんておかしいもんね」


 アカネ「そういうこと」ニコリ


 ―トスッ

 六花「あっ、ごめんなさ」


 黒妻@鯛焼き名人「ん?おぉ、大丈夫か?」


 六花「」ヒクッ


 黒妻「・・・おーい?」


 内海「>>349
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 22:06:08.82 ID:fBW+YjcJO
お、おい流石にナンパとかそういうのはいけねえぞ
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 22:06:21.43 ID:ead1RIQTO
す、すごい体格…
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 22:07:03.93 ID:y4KSxw+tO
たい焼き職人…(゚A゚;)ゴクリ
352 :1 [saga]:2020/07/30(木) 22:25:10.65 ID:FBr7HuXU0
 内海「た、鯛焼き名人・・・」


 アカネ「うわぁ、こんなマイナー・・・いやマイナーではないか」


 彩愛「黒妻さん。あれ?いつも営業してる場所から移動してたの?」


 黒妻「いや、買い出しでここら辺の店に来てたら巻き込まれたってとこだ」


 黒妻「始さんはあっち側にいるから、店は無事だと思うけどな・・・」


 ランシス「鯛焼き食べられないの?残念・・・」ションボリ


 黒妻「心配すんなって!今起きてる状況が治まり次第」


 黒妻「店でいくらでも食べさせてやるからさ」ポンッ


 誉望「ありがとうございます」ペコリ


 黒妻「おうっ。・・・で、ところでこちらの3人は友達か?」


 彩愛「んっと・・・話した方がいいのかな?」ヒソヒソ


 グリッドマン『彼もこちらでは戦士なのか?』


 誉望「いや、一般人っス。鯛焼き屋「いろは」で働いてる」


 内海「じゃあ・・・俺達の事はあんまり詳しくは話さない方がいいな」


 六花「なんとなくだけど・・・声が少し似てるような、似てないような・・・」


 アカネ「>>353
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 22:28:34.48 ID:wkNKIVyr0
見てたらお腹すいてきたな・・・
354 :1 [saga]:2020/07/30(木) 22:30:30.09 ID:FBr7HuXU0
 今日はここまで
 おやすみなさいませー

 アストラルバディーと、とある未元アニメ化きぼんぬ
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/30(木) 22:52:55.06 ID:9XBFD85q0
声的には兄貴繋がりか
カミナのイメージ強いし、兄貴キャラやっているイメージ
356 :1   [saga]:2020/07/31(金) 08:19:42.83 ID:oOzMFmL2O
 アカネ「あー・・・なんかお腹空いてきた・・・」グゥ〜


 内海「鯛焼き名人の回思い出してから俺も腹減ってきたな・・・」グゥ〜


 六花「朝、そんなに食べてなかったもんね」


 黒妻「んー・・・店があったら鯛焼き食わせてやれるんだけどなぁ〜」


 彩愛「無かったら駄々をこねても無いですし、別のとこで食べてきますよ」

 
 黒妻「そうか。んじゃ、俺は避難所の手伝いがあっから」


 黒妻「またあのデカブツが出たりしたら、そこに避難しろよ?」


 ランシス「うん。わかった」コクリ


 誉望「>>357」 



 >>355 ね。
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 08:28:05.45 ID:FX7oDY4YO
兄貴も逃げてほしいっす無理はしないように
358 :1   [saga]:2020/07/31(金) 13:16:56.60 ID:oOzMFmL2O
 誉望「黒妻よ兄貴も無茶しないでくださいっスよ?」


 黒妻「おうっ、んじゃ・・・あ?」


 内海「え?な、なんですか?ごめんなさい」


 黒妻「いや、なんで謝ったんだよ。お前何もしてないだろ」ポンポンッ


 アカネ「ヘタレ眼鏡ー」


 内海「ぐ」グサッ


 六花「えっと、それでどうしたんですか?」 


 黒妻「お前ら何か感じないのか?」


 彩愛「え?何が」

 −プアァン!プアァン!プアァン!


 グリッドマン『万化!怪獣だ!』


 誉望「えっ!?で、でも、どこにも居ないっスよ!?」


 黒妻「いや、頭の上を通ってたのを感じたぞ。・・・そこだ!」


 −ドカァァアアンッ!!

 六花「キャァアッ!」


 ランシス「ビルが爆発した!?」


 誉望「・・・爆発っつーより、中から砂が溢れて崩壊していってるみたいっスね」


 アカネ「見えない、砂・・・あっ!」



 プライマルメザード「」



 彩愛「クラゲの怪獣?」


 内海・アカネ「「プライマルメザード!波動生命体!/」」


 六花「・・・いや、どっちか1つで呼んで?」


 誉望「それよりも、さっきアカネさんが言った通り怪しい奴を捜してみてください!」


 
 − 偶数
 〜 奇数

 ↓2まで
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 13:20:19.34 ID:XsPmPuako
そら
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 14:18:30.80 ID:UsIQHlhUO
それ
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 20:11:10.72 ID:KQrSgsYGo
おつかれですな…ゆっくり温泉につかりおやすみなさいよよよ
362 :1 [saga]:2020/07/31(金) 20:34:12.39 ID:U236sacO0
 誉望「アクセス・・・!」


 内海「いや待った!万化、今のアイツは物理的に攻撃できないぞ!」


 誉望「え?」


 六花「物理的にって、なんで?」


 アカネ「あーえーと・・・今、ここに私達は立ってるでしょ?でもアイツは違う」


 アカネ「目で見ることはできるけど、私達が存在する空間とは違う空間に居て」


 アカネ「簡単に想像すると、鏡の中にいるみたいなもんなの」


 内海「ただミラーワールドにいるって訳じゃないからな?」


 ランシス「あ、そうなんだ」


 アカネ「でもって1匹がそこに居る、って思っても別の場所に存在することができて」


 アカネ「しかも、説明省くけど身体に直接触ったりはできないよ」


 誉望「いや、そこが1番重要なんじゃ・・・」


 内海「まぁ、とにかくこっちから攻撃しても通じないし、逆にアイツの攻撃は」


 内海「さっきみたく通じちまう、めちゃくちゃ厄介な怪獣なんだ」


 誉望「・・・じゃあ、どうすりゃいいんっスか!?」


 彩愛「>>362
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 20:40:16.64 ID:FlcneBXh0
何とかこっちの世界に引きずりだせないの?
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/07/31(金) 21:14:19.33 ID:EfdeDxqqO
ミラーワールドにぶちこむのは?
365 :1 [saga]:2020/07/31(金) 21:16:01.89 ID:U236sacO0
 彩愛「その別の空間からこっちの空間に引きずり出すことはできないの?」


 内海「ウルトラシリーズのガイアじゃパイロットウェーブっていう装置を浴びせて」


 内海「アイツを実体化させることができたんだ」


 アカネ「それを・・・涼子ちゃん、創れる?」


 操歯『簡単に言ってくれるな。まぁ・・・』


 操歯『精々、5分くらいは構成プログラムを創る時間をくれないか』


 誉望「5分・・・その間まで、避難誘導に専念するっスか」


 ランシス「そうだね!皆、避難誘導しつつカーンデジファーの協力者を探そう!」


 六花「うんっ」


 彩愛「任せてYO☆!」


 内海「よっしゃ!」


 黒妻「カ、カーンデジファー?協力者?」


 アカネ「>>365
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 21:21:29.78 ID:UsIQHlhUO
お兄さんも手伝って、そんなにいい身体してるなら頼れるし
367 :1 [saga]:2020/07/31(金) 21:52:41.53 ID:U236sacO0
 アカネ「お兄さんも手伝って。見た目イカツくて頼れそうだから」


 黒妻「お、おう・・・なんだかよくわからねえけど、手伝ってやるよ!」


 アカネ「ありがとう」ニコリ


 

 プライマルメザード「」


 ―ドシャァァァアアアアアッ!!

   


 誉望「グリッドマン、行くっスよ!」


 グリッドマン『ああ!』


 誉望「アクセス!フラッーシュ!」
 


 
 ―バチバチッ・・・!



 グリッドマン「デアァッ!」


 プライマルメザード「」


 ―バリバリバリバリィイッ!


 グリッドマン「スパァーク!ビィイーーームッ!」

 グリッドマンはプライマルメザードと対峙し、左腕を伸ばして右腕は曲げた状態の構えを取る。
 プライマルメザードが触手から電撃を放射してくるとグリッドマンはグランアクセプターから
 光弾を放ち、相殺する。
 電撃を防がれたプライマルメザードは漂っているポイントからふわっと浮くように一瞬にして
 消える。グリッドマンは周囲を見渡し、どこから現れるのか警戒する。

 
 
 プライマルメザード「」


 ―ヒュンッ!ヒュンッ!」


 グリッドマン「!!」



 ◎ 50以上
 ○ 30以上
 × ↑以下

 ↓2まで(コンマが高い安価で決定)
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 21:53:06.19 ID:KQrSgsYGo
くたばれぇ!!
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/07/31(金) 21:57:48.36 ID:UsIQHlhUO
いけ!
370 :1 [saga]:2020/07/31(金) 22:40:26.86 ID:U236sacO0
 グリッドマン「フッ!」


 グリッドマン「プラズマビィィーームッ!」

 ―ドガァアンッ!ドガアァンッ!


 傘のてっぺんから発射された時空波弾をグリッドマンは回避し、腕からビームを2発
 連射して時空波弾が建物に直撃する前に食い止める。
 グリッドマンは立ち上がって再びプライマルメザードと対峙すると、顔の前で両腕を
 交差させた。

 グリッドマン「実体化ビーム!」


 ―キュロロロロロロ!



 プライマルメザード「」



 グリッドマン『ダメか。やはりプログラムのみにしか効果がないようだっ』


 誉望『操歯さん!あとどれくらいっスか!?』


 操歯「もう少し待ってくれ!」カタカタッ


 ハゲタカヤミー「ヴヴ」


 操歯「次に量子の収束に伴っての圧縮範囲を計算して・・・」カタカタッ





 -第七学区 街道-

 ―ドタドタッ ドタドタッ

 黒妻「早くこっちに避難しろ!こっちだ!」


 内海「新条さん!怪しそうなやつ見かけたか!?」


 アカネ「いやいや、こんなに大勢いたら見つけるの無理すぎるって」


 六花「>>371
481.31 KB Speed:14   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)