蘭「あ〜ん!!」 コナン「!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:37:04.65 ID:FWdrlzD6O
コナン(何だ!?蘭の部屋から急に喘ぎ声が!?)

コナン(・・・・・・いや、流石に無いだろ。)

コナン(清純なやつだし、まだ高校生だし、やらしいこと考えるようなやつじゃねえよ。)

コナン(気のせいだな、うん。)

蘭「んん〜!!あぁぁん!!」

コナン「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1596296224
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:37:57.86 ID:FWdrlzD6O
コナン(気のせいじゃねえ、間違いない・・・。)

コナン(完全に喘いでやがる!)

コナン(何てこった、まさか、俺の知らない間に・・・。)

コナン(大人の階段を登っていたなんて・・・。)

蘭「いくぅ〜!!」

コナン「!?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:38:34.07 ID:FWdrlzD6O
コナン(まじかよ、今ここで・・・。)

コナン(ドア一つ向こうで蘭が・・・。)

コナン(やべぇ、超見てぇ。)

コナン(絶頂に達してぐったりして火照った蘭、超見てぇ。)

蘭「んっ、くぅ!!」

コナン「!?」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:39:01.33 ID:FWdrlzD6O
コナン(おいおい、さっきイったばかりだろ?)

コナン(まさか連続で?)

コナン(まさか、実は既に何度も・・・。)

コナン(くそ、俺の知ってる蘭とは別人みたいだ!)

蘭「もうだめ、早く入れて!」

コナン「!?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:39:36.44 ID:FWdrlzD6O
コナン(は?)

コナン(いれ・・・え?)

コナン(一人じゃねえの?)

コナン(何やってんの、お前。)

蘭「焦らさないで、早く!」

コナン「!?」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:40:06.80 ID:FWdrlzD6O
コナン(まずい、蘭の処女は俺のもんだ!)

コナン(他のやつには渡さねえ!)

コナン(絶対に阻止してやる!!)

コナン「ねぇ〜、蘭姉ちゃ〜ん!」

蘭「!?」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:40:35.05 ID:FWdrlzD6O
蘭「なっ、何?」

コナン「ちょっと勉強教えてほしいんだけど、いい?」

蘭「えっ、今?」

コナン「うん、どうしても分からないんだ〜!」

蘭「えっと・・・。」

コナン(さあ、どうする蘭?)

蘭「いいわよ、入って。」ガチャ

コナン「!?」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:41:03.36 ID:FWdrlzD6O
コナン(どういうことだ!?)

コナン(部屋の中に誰もいないし、蘭も全然息を切らしてないし。)

コナン(一体どうなってんだ?)

蘭「それで、何が分からないの?」

コナン「そっ、それよりさ、蘭姉ちゃん。」

蘭「?」

コナン「さっき変な声が聞こえてきたんだけど。」

蘭「!?」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:41:42.33 ID:FWdrlzD6O
蘭「声?何のこと?」

コナン「いや、さっき・・・。」

蘭「ねえ、勉強を教えてほしいんじゃないの?」

コナン「うんと、保健体育の勉強なんだけどね。」

蘭「へぇ、最近の小学校教育は進んでるのね。」

コナン「ゆとり脱却のためだからね。」

蘭「ふ〜ん。」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:42:09.38 ID:FWdrlzD6O
コナン(ベッドは特段乱れた様子は無いな・・・。)

コナン(部屋の中に誰かが隠れられる場所は無いし、隠れる時間は無かった・・・。)

コナン(一体どこに・・・ん?)

コナン(机の上、何だか散らかっているような・・・。)

コナン(パソコンにマイク・・・これは・・・。)

コナン「!?」コテリン!
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:42:35.95 ID:FWdrlzD6O
コナン(なるほどな。)ニヤリ

蘭「こめんね、保健体育は私苦手だから教えてあげられないわ。」

コナン「ねえ、蘭姉ちゃん。」

蘭「だから大人しく・・・。」

コナン「チャットしてたの?」

蘭「!?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:43:06.84 ID:FWdrlzD6O
コナン「蘭姉ちゃんの声しか聞こえなかったもん。」

コナン「つまり誰かとエロチャットしてたんだよね?」

蘭「・・・・・・。」

コナン「ねえ、誰としてたの?」

蘭「・・・・・・。」

コナン「黙ってても分からないよ?」

蘭「・・・新一よ。」

コナン「!?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:43:35.07 ID:FWdrlzD6O
コナン「へ?」

蘭「新一よ、だって私たち恋人同士なんだから。」

蘭「普段中々会えないのに、コロナウイルスのせいでもっと会えなくなったじゃない?」

蘭「だからチャットしてたの。」

蘭「恋人たちがすることって、そりゃあ、ね?」

コナン「・・・・・・。」

蘭「じゃあ、そういうことだから。」

コナン「あ、はい。」バタン
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:44:01.54 ID:FWdrlzD6O
コナン(追い出されちまった・・・。)

コナン(そうか蘭のやつ、俺とチャットか・・・。)

コナン(俺とエロチャットするようになったなんて・・・。)

コナン(いや出来ねえだろ!!工藤新一はこの俺だ!!)

コナン(つまり、相手は俺じゃない他の誰か。)

コナン(あいつ、俺という男がいながら何してやがんだ!)

コナン(そうだ!)
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:44:29.30 ID:FWdrlzD6O
コナン「ねえ、蘭姉ちゃ〜ん!」

蘭「コナン君、今私は忙しいの。」

コナン「蘭姉ちゃんに電話だよ〜!」

蘭「へえ、誰から?」

コナン「新一兄ちゃんからだよ〜!」

蘭「!?」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:45:29.91 ID:FWdrlzD6O
蘭「し、新一!?」

コナン「うん、はいどうぞ!」

蘭「もしもし、新一?」

コナン(新一)『よぉ蘭、元気か?』

蘭「うん、元気だけど、どうしたの?」

コナン(新一)『いや何だか、無性に蘭の声が聞きたくなってよ。タイミング悪かったか?』

蘭「ううん、大丈夫だよ!」

コナン(新一)『そっか!よかった!』
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:45:59.54 ID:FWdrlzD6O
コナン(新一)『コロナのせいで、会えなくなっちまったな。』

蘭「何言ってんのよ、その前から全然会いに来ないじゃない。」

コナン(新一)『へへへ、そうだな!』

蘭「ふふふ!」

コナン(新一)『そうだ蘭、俺に会えないからって、浮気するんじゃねえぞ?』

蘭「え?」

コナン(新一)『俺がいるんだから、浮気なんかするんじゃね〜ぞ!』

蘭「大丈夫よ、絶対にしないから。」

コナン(新一)『絶対だぞ?』

蘭「絶対しません。」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:46:25.43 ID:FWdrlzD6O
コナン(よし、これだけ釘を刺しとけばいいだろう。)

コナン(新一)『じゃあ、それだけだから、じゃあな!』

蘭「あっ、ちょっと待ってよ・・・切れちゃった。」

コナン「どうしたの蘭姉ちゃん、新一兄ちゃんとはチャットしてたんじゃないの?」

蘭「・・・・・・。」

コナン「ねえ、どういうこと?」

蘭「そ、その、通信障害が起きて、電話で話そうってことになったのよ!」

コナン「ふ〜ん。」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:47:01.55 ID:FWdrlzD6O
コナン(苦しい言い訳だが、ここは許してやるか。)

コナン(男は寛大な心を持たねえとな。)

蘭「それじゃあ、私はやることがあるから。」バタン

コナン(さ、俺も部屋でゆっくりAV鑑賞するかな。)

蘭「お願い、それが欲しいの!!」

コナン「言ったそばからぁ!!」ガチャ!!
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:47:52.16 ID:FWdrlzD6O
蘭「あっ、コナン君!」

コナン「何してるんだ、らぁぁぁぁぁん!!!!」

蘭「あ〜あ、コナン君の声が入っちゃったから撮り直しじゃない!」

コナン「・・・撮り直し?」

蘭「そうよ。」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:48:25.55 ID:FWdrlzD6O
〜その晩〜

小五郎「素人エロボイス〜!?」

蘭「そっ、声だけを収録して、アダルト系会社に送るの。」

小五郎「でもよ、バレたらまずいだろ・・・。」

蘭「大丈夫よ、鈴木財閥の系列だから信用できるし、加工してから送るし。」

コナン(なるほどな、じゃあ蘭は浮気してたわけじゃないんだ。)
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:49:03.68 ID:FWdrlzD6O
蘭「募集されたボイスの中でベスト3には賞金が出て、商品になって発売されるのよ。」

小五郎「ヨーコちゃんのボイスが出たら絶対買うな〜!」

蘭「アイドルがエロボイスなんてやるわけないでしょ。」

小五郎「ちょっとは夢見たっていいじゃねえか。」

コナン(・・・そうだ!)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:49:52.47 ID:FWdrlzD6O
〜翌日〜

コナン「っていうことがあってよ〜!」

阿笠「ほほ〜、蘭君がエロボイスか〜、聞いてみたいの〜!」

コナン「ダメだ、絶対に聞かせねえ。」

阿笠「しかし、出来が良ければお金で買えるんじゃろ?」

コナン「それを阻止するんだよ!」

阿笠「どうやって?」

コナン「変声機さ。」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:50:22.89 ID:FWdrlzD6O
コナン「こいつならどんな声でも出せる。」

コナン「これを使ってベスト3を俺が独占し、蘭の声は入賞させねえ!」

阿笠「ふむ、しかし男には難しいのではないのかね?」

コナン「大丈夫さ。秘策がある。」

阿笠「秘策?」

コナン(ヨーコ)「芸能人の声だよ。」

阿笠「!?」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:50:55.77 ID:FWdrlzD6O
コナン「おっちゃんが言ってたんだ、ヨーコちゃんのボイスなら絶対に買うってな。」

コナン「人気芸能人の声なら、絶対に人気は取れる。」

コナン「ヨーコちゃんの喘ぎ声を聞けば、間違いなく売れる。」

コナン「結局売れるやつが製品化されるんだよ。」

阿笠「う〜む、なるほど!」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:51:24.03 ID:FWdrlzD6O
コナン「二人目は母さんだ。」

コナン「若くして賞を総なめし、絶頂期に引退し、今や伝説とも呼ばれている。」

コナン「それに人妻だしな。かなりのファンが獲得できるだろう。」

阿笠「実の親を手にかけるとは・・・。」

コナン「親子ならバレても大目に見てくれるだろ?」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:51:50.75 ID:FWdrlzD6O
コナン「そして最後。」

コナン「世界的に有名な大女優だが、今は休業中。」

阿笠「休業?」

コナン「プライベートは謎に包まれており、その素性を知るものはいない。」

阿笠「・・・?」

コナン「クリス・ヴィンヤード、ベルモットさ。」

灰原「!?」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:52:18.38 ID:FWdrlzD6O
コナン「いたのか、灰原。」

灰原「あなた、ふざけた話をしていると思えば・・・。」

灰原「絶対にやめなさい、消されるわよ!」

コナン「大丈夫だよ、これぐらいのことで奴らは動かない。」

灰原「組織を甘く見すぎよ!」

コナン「考えすぎなんだよ。」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:52:47.37 ID:FWdrlzD6O
コナン「おっしゃ、そんじゃこれから収録だ!」

阿笠「うむ、機材は任せておけ!」

灰原「ちょっと、本気なの!?」

コナン「蘭の喘ぎ声は公にさせねえ!!」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:53:24.14 ID:FWdrlzD6O
〜後日〜

蘭「さ〜て、選考の結果はどうかしら?」

コナン「どう、当選してた?」

蘭「あ〜ダメだわ、選外だって。」

コナン「残念だったね〜。」

蘭「あら、何だか嬉しそうね。」

コナン「そんなことないよ、それよりさ、当選者のボイスがDVD特典で付録になってるんでしょ?」

蘭「そうそう、後で聞いてみるわ。」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:53:53.76 ID:FWdrlzD6O
蘭「えっ、うっそぉ〜!!」

コナン「どうしたの?」

蘭「当選者の声、芸能人とそっくりなんだって!誰だろ〜!」

コナン「へ〜誰だろ、僕にも聞かせてよ。」

蘭「ダメよ、コナン君には早いわ。」

コナン「ちぇっ。」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:54:20.93 ID:FWdrlzD6O
〜阿笠邸〜

コナン「おっす博士。」

阿笠「おお新一、届いておるぞ!」

コナン「サンキュ。」

阿笠「やはり変声機の力は絶大じゃの〜!」

コナン「ほんじゃ、第3位から聞いていくか。」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:54:49.28 ID:FWdrlzD6O
今日も仕事お疲れ様。疲れたでしょ?

ほらあなた好きでしょ、腐った林檎。

晩酌はこれでどう? 久しぶりにマティーニを作ったの。

子供、なかなかできないわね。神様なんているのかしら?

ねえ、今晩、どう?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:55:19.38 ID:FWdrlzD6O
うふふ、こんなに硬くしちゃって。

その大きい口紅使ってどうするの、クールガイ?

早く来て! シルバーブレットを私に撃ち込んで!

あぁん! ダメぇ! すごすぎぃ!

はぁ・・・はぁ・・・すごく、気持ち良かった・・・。

えっ、もう一度?

待ってぇ、シルバーブレットは2発もいらない! 1発で十分よ!
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:55:50.88 ID:FWdrlzD6O
コナン「第3位はベルモットだ。」

阿笠「・・・ふぅ。」

コナン「やめてくれよ、俺が喋ってんだからよ。」

阿笠「演技は最高、声もそっくりじゃ。」

コナン「出演映画を全部見たからな、バッチリだぜ!」

阿笠「よし、次は第2位じゃ!」
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:56:41.62 ID:FWdrlzD6O
あら、私に何か御用?

誤魔化したってダメよ、男性が女性を見つめるのは恋してる証拠なんだから。

最近旦那が相手してくれないのよね。付き合いとか言って飲んでばっかり。

悔しい、私も浮気してやるわ。

ねぇ、今日は一緒に飲まない?
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:57:10.99 ID:FWdrlzD6O
旦那のものよりたくましい・・・楽しみだわ。

んん・・・入る・・・。

お願い・・・もっと激しく・・・。

あぁ! そこぉ!

中に出して! あなたの子供を産ませてちょうだい!
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:57:40.27 ID:FWdrlzD6O
コナン「第2位は母さんだ。」

阿笠「浮気に不倫、セクシーじゃな。」

コナン「やっぱ不倫は外せねえよ。」

阿笠「ボイスだけなのが惜しいのう。」

コナン「次は第1位だ!」
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:58:14.01 ID:FWdrlzD6O
みんな〜! 今日は来てくれてありがとう!!

(あれ、あの人今日も来てくれたんだ!)

あなたのために歌います! 聴いてください!

〜〜♪ 〜〜♪ 〜〜♪

ありがとう! 次のコンサートもまた来てね!
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:58:44.97 ID:FWdrlzD6O
はあ・・・はあ・・・

あっ、あなたはコンサートに来ていた!

お願い、今すぐ私にキスして!

んん・・・んっ・・・

ごめんなさい、ストーカーがいて・・・。

そうだ、しばらく恋人のふりしてくれませんか?
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:59:14.00 ID:FWdrlzD6O
ねえ、今日はどこに行く?

そろそろ・・・私の家に来ない?

えっ、ストーカーと関係ない?

鈍感なんだから・・・気づいてよ・・・。

今夜、楽しみにしてるから・・・。
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 00:59:39.09 ID:FWdrlzD6O
もっと! もっとキスして!

唇だけじゃなくて・・・ここも・・・。

痛っ・・・ううん続けて。私の処女をもらってほしいの。

あぁん! こんなに気持ちいいなんて!

私をこんなに夢中にさせて・・・責任取ってもらうから・・・。
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:00:10.35 ID:FWdrlzD6O
コナン「第1位は沖野ヨーコちゃんだ。」

阿笠「ふぅ・・・。」

コナン「ふぅ・・・。」

阿笠「わしはアイドルのことはよく分からんが、これからヨーコちゃんのCDは買うわい。」

コナン「歌のシーンは何故かほぼカットされてるが、堂々の第1位だ。」
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:00:42.36 ID:FWdrlzD6O
阿笠「製品化もされて、金がじゃんじゃんバリバリ入っとるぞ!」

コナン「やめられねえな!」

阿笠「全くじゃ!次は誰の声でいくかの!」

コナン「紅白のメンバーを片っ端からやってくか!」

阿笠「いい案じゃ!」
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:01:13.66 ID:FWdrlzD6O
灰原(本当にやったのね、あなたたち。)

灰原(ベルモット・・・こんなことで報復するほど、器小さくないわよね?)

灰原(何も起きなければいいけど・・・。)
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:01:40.19 ID:FWdrlzD6O
〜数日後〜

園子「すごい似てたわよね〜。」

蘭「本当、まるで本人と思っちゃった!」

世良「えっ、蘭君あれ買ったの?」

蘭「うん、私も応募してたし。」

園子(嘘でしょ、本気だったんだ・・・。)
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:02:14.33 ID:FWdrlzD6O
???「あの、すいません。」

蘭「はい、何ですか・・・あっ、ヨーコちゃん!」

ヨーコ「しっ!」

園子「どうしたんですか、こそこそして。」

世良「依頼があるなら入ればいいじゃないか。」
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:02:43.84 ID:FWdrlzD6O
ヨーコ「でも相談しづらくて・・・。」

蘭「どうしてですか?」

ヨーコ「男の人にはちょっと・・・。」

園子「じゃあ世良ちゃんと私になら話せるんじゃないですか?」

世良「女子高生探偵だからな!」

ヨーコ「じゃあ、相談しようかしら。」
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:03:14.15 ID:FWdrlzD6O
蘭「エロボイスの正体を突き止めたい!?」

ヨーコ「そうなの、声がそっくり過ぎて気味が悪くて。」

世良「難しいなあ、企業が個人情報を渡すわけがないし。」

園子「そこの会社、うちのグループのもんだから、何とかなるかも。」

世良「え?」
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:03:49.60 ID:FWdrlzD6O
〜数分後〜

園子「パパの名前出したらすぐに情報をくれたわ。」

蘭「それで、何か分かった?」

園子「う〜ん、名前や住所はでたらめっぽいわね〜。」

世良「振込先の口座は本物じゃないかな。」

蘭「園子、口座情報は・・・。」

園子「いや、流石に無理。」
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:04:17.45 ID:FWdrlzD6O
ヨーコ「じゃあ、やっぱり無理なのかしら・・・。」

世良「残念だけど、ここから先は一般人には捜査不可能だ。」

ヨーコ「そんな・・・。」

蘭「ヨーコちゃん・・・。」

世良(それにしてもこのデータ、違和感があるな・・・。)

世良(まるで改竄されたような・・・。)

世良(・・・ハッキングされた!?)
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:04:59.97 ID:FWdrlzD6O
〜とある場所〜

安室「これでいいんですね。」

ベルモット「ええ、流石よバーボン。」

安室「それで次は、このボイスが誰によって作られたのか。」

ベルモット「もう調べはついてるんでしょ?」

安室「もちろん、口座の情報から住所を割り出しました。」

安室(しかしこれは・・・信じられない。)

安室(・・・!?)

安室(ハッキングされてる!?)
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:05:27.24 ID:FWdrlzD6O
〜工藤邸〜

昴「・・・・・・。」

有希子「特定できたみたいね。」

昴「ええ、住所だけですが。」

有希子「十分よ。それで、どこにいるの?」

昴「灯台下暗しってやつですよ。」
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:08:19.91 ID:FWdrlzD6O
〜後日〜

小五郎「パーティだ〜!?」

蘭「そうよ、新一のお父さんとお母さんが帰ってきたから、パーティをしようって。」

小五郎「それ、一体いつなんだ!」

蘭「今日よ。」

小五郎「お前、何で黙ってたんだ!」
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:09:04.46 ID:FWdrlzD6O
蘭「だって、今日はお父さんとお母さんが二人で食事する日でしょ!」

小五郎「いや、それはお前があのレストランに行きたいって言うから!」

蘭「はいはい、じゃあコナン君、そろそろ行こっか!」

コナン「うん!」

小五郎「おい待て〜!」
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:09:32.54 ID:FWdrlzD6O
蘭「何年振りかしら、新一の家でパーティだなんて。」

コナン(父さんたち、帰ってきたからって何でこんな派手なことを?)

服部「よう、工藤!」

コナン「!?」
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:10:13.04 ID:FWdrlzD6O
蘭「服部君!和葉ちゃん!」

和葉「やっぱり、蘭ちゃんも呼ばれてたんや!」

蘭「どういう意味?」

和葉「招待状が平次宛てに届いてたから、もしかして探偵としての依頼ちゃうかと思って。」

服部(俺が工藤て言うたんはスルーか。)
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:10:51.68 ID:FWdrlzD6O
蘭「私はただ、男女ペアで来てくれとしか聞いてないよ?」

和葉「そうなん?」

コナン「僕たち以外にも呼ばれてるだろうし、着いてから考えよう?」

服部「そうや。はよ行くで。」
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:11:17.32 ID:FWdrlzD6O

〜工藤邸〜

優作「え〜、今日は私たちのパーティに来てくださり、ありがとうございます。」

服部「よっ、待ってました!」

和葉「やめてや平次、恥ずかしいわ!」

コナン(おいおい、なんだこのメンバーは・・・。)
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:12:10.88 ID:FWdrlzD6O
昴「・・・・・・。」

梓「楽しみですね!安室さん!」

安室「ええ、そうですね。」

世良「いいのかな、僕なんかがここに来ちゃって。」

コナン(何かやばくねえか、これ。)
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:12:39.64 ID:FWdrlzD6O
優作「今日行うのはただのパーティではありません。推理ゲームです。」

優作「優れた頭脳を持つ方々に集まっていただき、誰が一番の名探偵か決めようではありませんか!」

コナン(どうした父さん、キャラが違うぞ!)

昴「世界屈指の推理小説家である、工藤優作の考えたゲーム、楽しみですね。」

安室「腕が鳴ります。」
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:13:05.91 ID:FWdrlzD6O
阿笠「あの、わしは探偵でもなんでもないんじゃが。」

優作「何を言っているんですか、数々の発明品が、あなたが天才であることを物語っています!」

世良「そういえば、少年探偵団の道具も、博士の発明品なんだよな。」

蘭「改めて考えれば、確かにすごいかも。」

和葉「ただのハゲちゃうってことやな。」

阿笠「ははは、照れるのう。」

コナン「いや、一部罵倒が含まれてたから。」
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:13:49.29 ID:FWdrlzD6O
優作「さてそれでは、ゲームの前にチームを発表したいと思います。」

優作「今回男女ペアで来てもらったのは、そのペアで1チームになってもらうためです。」

優作「発表します!これがゲームの参加者たちです!」
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:14:27.98 ID:FWdrlzD6O
主催者
工藤優作・工藤有希子

Aチーム
江戸川コナン・毛利蘭

Bチーム
服部平次・遠山和葉

Cチーム
阿笠博士・灰原哀

Dチーム
安室透・榎本梓

Eチーム
沖矢昴・世良真純
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:15:30.27 ID:FWdrlzD6O
優作「これから起きる事件の犯人を突き止めた人物が勝者です。」

阿笠「のう、わしは天才発明家じゃが、推理の方はからっきしでの〜、ヒントは無いのか?」

優作「いいでしょう。ヒントは・・・。」

優作「犯人はこの中にいる!」

コナン「!?」
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:16:17.75 ID:FWdrlzD6O
コナン「父さんのやつ、クライマックスで言うようなセリフを最初から・・・。」

灰原「はぁ・・・はぁ・・・。」

コナン「どうした灰原、そんなに喘いで。」

灰原「違うわよ!」

コナン「じゃあ何だよ!」
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:17:01.29 ID:FWdrlzD6O
灰原「いるのよ。」

コナン「いるって・・・まさか!」

灰原「この強烈なにおい、間違いないわ。」

灰原「組織のメンバーが、この中にいる。」

コナン「!?」

灰原「しかもこの中の誰かに成りすましてる・・・そんなことができるのは・・・。」

コナン「ベルモットがいるってのか!?」
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:17:31.13 ID:FWdrlzD6O
コナン「おいおい、まさかこんなところに潜り込むなんて。」

コナン「ここは俺たちの味方ばっかりだってのに。」

灰原「危険を犯す理由は分からないけど、来てるのは確か。」

灰原「油断してたら私の首、切られるかもね。」
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:17:59.25 ID:FWdrlzD6O
コナン「大丈夫だよ。」

灰原「え?」

コナン「お前のことは必ず守ってやる。」

コナン「あいつに、来たことを後悔させてやるさ。」
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:18:25.99 ID:FWdrlzD6O
コナン「博士、頼んでたあれ、持ってきたか?」

阿笠「おう、ほらこれじゃ!」

灰原「何それ、眼鏡のスペア?」

コナン「これを使えば、ベルモットの変装を見破れるかもしれねえ。」

阿笠「やれ、新一!」

コナン「おう!」
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:19:21.40 ID:FWdrlzD6O
毛利蘭・・・非処女

工藤有希子・・・非処女

遠山和葉・・・非処女

榎本梓・・・非処女

世良真純・・・処女

灰原哀・・・処女
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:19:57.50 ID:FWdrlzD6O
コナン「クソっ!」

阿笠「これでは絞れん!」

灰原「何やってんの。」

コナン「ベルモットは見た目は若いが、中身はババア。」

コナン「結婚してたし、当然非処女だろう。」
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:20:36.75 ID:FWdrlzD6O
コナン「そこでこの、処女を見分ける眼鏡を使うことにより、候補を絞れると思ったんだが・・・。」

コナン「ちくしょう・・・半分以上が非処女じゃね〜か!!」

灰原「・・・・・・。」

阿笠「ぐぐぐ・・・わしは何のためにこんな発明を・・・。」

灰原「全くその通りよ。」
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:21:16.12 ID:FWdrlzD6O
灰原「あれ、蘭さんは処女のはずでしょ?」

コナン「いや、蘭の処女は昨日俺がもらった。」

灰原「何してんの。」

コナン「エロボイスを聞いて、ムラムラして、つい。」

阿笠「あ〜、麻酔針の予備をたくさんよこせと言ったのはそれか!」

コナン「ちょ、博士、やめろよ〜!」

灰原「屑が。」
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:22:28.14 ID:FWdrlzD6O
灰原「いい加減にしなさい!」

コナン「はい。」

阿笠「すみません。」

灰原「いい?これはベルモットを捕まえるチャンス・・・。」

灰原「逃げてばっかりじゃ、勝てないものね。」
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:23:30.74 ID:FWdrlzD6O
コナン「じゃあ何気ない会話で、探りを入れてやるとするか。」

阿笠「できるのか?」

コナン「任せろよ。」

灰原(大丈夫、彼は名探偵。)

灰原(それに今回はかなり有利、絶対に打開策を・・・。)

コナン「ねえねえ、そういえばさぁ〜!」

灰原(いつものように子供の演技で・・・。)

コナン「みんなSEXってしたことあるの〜?」

灰原「!?」
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:24:02.35 ID:FWdrlzD6O
蘭「こらっ、コナン君!」

有希子「あらあら。」

蘭「ごめんなさい、ほらコナン君謝って!」

コナン「でも保健体育の宿題で、周りの大人の性体験をレポートにまとめて来いって〜!」

蘭「帰ってからお父さんとお母さんに聞けばいいでしょ!」
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:24:29.73 ID:FWdrlzD6O
灰原「何言ってるの!そんなこと聞いてどうするのよ!」

コナン「いや、ボロが出ると思って。」

灰原「そんなことで・・・。」

梓「ダメよコナン君、そんなこと聞いちゃ。」
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:24:55.11 ID:FWdrlzD6O
梓「結婚して旦那さんに初めてを捧げたいって人もいるんだから、デリケートなことは聞いちゃダメなの。」

コナン「ふ〜ん、そうなんだ。じゃあ梓姉ちゃんは処女なの?」

梓「なっ、・・・そうよ。」

コナン(かかった!!)

梓「恥ずかしい思いをするのは私だけで十分、もういいでしょ?」

コナン「は〜い!」
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:25:22.85 ID:FWdrlzD6O
コナン(残念だったなベルモット、お前の変装は見破った!)

コナン(こっちには服部に昴さん、父さんがいるんだ。今度こそ捕まえてやる!)

阿笠「新一、あの梓さんは・・・。」

コナン「ああ、早くみんなに伝えねえと。」

灰原「いいえ、まずは事情を知らない人たちを逃がすのが先よ。」

阿笠「何か理由を作って、蘭君たちを外に連れ出そう。」

コナン「そうだな、それならまずは服部に協力を仰ごう。」
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:25:50.08 ID:FWdrlzD6O
コナン「ねえねえ梓姉ちゃん!」

梓「どうしたのコナン君、さっきみたいな話はもう・・・。」

コナン「尻の穴から手突っ込んで、奥歯ガタガタいわせてあげようか?」

梓「!?」
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:26:20.08 ID:FWdrlzD6O
蘭「コナン君、また変なこと言って!」

コナン「だって〜!」

梓「いえ、いいんです、気にしませんから。」

蘭「本当にすみません。」

コナン(服部・・・気づいてくれたよな?)
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:26:47.10 ID:FWdrlzD6O
服部(分かったで工藤、そいつが黒の組織のメンバーやっちゅうことやな?)

服部(あれは変装・・・声や仕草まで真似できるんは、女優やってるベルモットか。)

服部(今それを俺に伝えたってことは・・・。)

服部(和葉たちをここから逃がさなあかんな・・・。)
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:27:14.99 ID:FWdrlzD6O
服部「おい坊主!また下手な関西弁を使いよったな!」ボカッ!

コナン「痛って〜!」

和葉「やめてや平次!大人げない!」

平次「うるさい、腹立つねんこいつ!」

和葉「殴らんでもええやんか!」
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:27:42.85 ID:FWdrlzD6O
平次「もうええ、こんな気色悪いところにいられるか!俺は出ていく!」

和葉「平次!」

平次「行くぞ和葉!」

和葉「行くってどこ?」

平次「どこでもええ、ここから出られたらええわ!」
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:28:10.81 ID:FWdrlzD6O
和葉「待ってや平次〜!」

蘭「あっ、待って和葉ちゃん、私も行く!」

コナン(よし、上手く二人を連れ出せた!)

灰原「私も・・・。」

コナン「待て、こっちの方が安全だ。」

コナン(公安とFBI捜査官がいるからな。)

灰原「・・・分かったわ。」
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:28:42.84 ID:FWdrlzD6O
服部「なあじいさん、ウンコに行きたいんやけど。」

阿笠「ん?ならそこにトイレがあるぞ。」

服部「いや、出ていくって言ってトイレのために戻るんはカッコ悪いやん?」

阿笠「そうか、じゃあわしの家のトイレを使うといい、ほれ鍵じゃ。」

服部「すまんな、恩に着る!」
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:29:20.20 ID:FWdrlzD6O
〜20分後〜

優作「さて、アクシデントがありましたが、パーティを続けましょう。」

安室「出て行った彼は、ゲームからは脱落ということでしょうか?」

優作「そうなります。」

世良「残念だな〜、推理勝負楽しみにしてたのに。」
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:30:43.58 ID:FWdrlzD6O
コナン(次は父さんたちにベルモットのことを伝えないと・・・。)

キャァァァァァーーーーーーー!!!!!

コナン「!?」
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:31:14.67 ID:FWdrlzD6O
阿笠「この声は!?」

安室「蘭さんたちの声ですね。」

世良「早く行こう!」

コナン(何だ・・・何が起きてるんだ!?)
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:31:42.45 ID:FWdrlzD6O
コナン「蘭!!」

蘭「コナン・・・君・・・。」

和葉「あ・・・平・・・次・・・。」

阿笠「服部君がどうした?」

和葉「平次が・・・死ん・・・で・・・。」ガクッ

阿笠「これ、しっかりするんじゃ!」
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:32:30.79 ID:FWdrlzD6O
コナン「そんな・・・服部・・・。」

昴「唇がピンク色、そしてアーモンド臭、青酸カリですね。」

安室「毒殺ですか。」

世良「トイレで用を足しているところに毒殺とは、間抜けだね。」

阿笠「これ、何を言っとるんじゃ!」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:32:57.03 ID:FWdrlzD6O
コナン「くそっ、俺が犯人を突き止めてやる!」

有希子「ダメよ新ちゃん!」

コナン「離せ!俺が服部の仇を取るんだ!」

有希子「あなたは今冷静じゃない。ここはみんなに任せて、ね?」

コナン「でもよ・・・。」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:33:27.31 ID:FWdrlzD6O
優作「新一、何か大事なことを忘れていないかね?」

コナン「はあ!?」

優作「阿笠博士から聞いたよ、組織のメンバーがここに紛れ込んでいるって。」

優作「お前の役目は、彼女を守ることじゃないのか?」

コナン「・・・はっ!」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:33:54.44 ID:FWdrlzD6O
コナン「そうだ、灰原は!」

灰原「ここにいるわよ。」

コナン「よかった、無事だったか!」

灰原「あのね、あなたたち探偵は事件現場にすぐ駆けつけるけど、私は違うの。」

灰原「危うくベルモットと二人で取り残されそうになったのよ!」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:34:23.17 ID:FWdrlzD6O
コナン「わっ、悪かったよ。」

灰原「ったく、しっかりしなさいよ。」

梓「ねえ、ベルモットってどういうこと?」

灰原「!?」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:34:51.19 ID:FWdrlzD6O
コナン(まずい、聞かれた!?)

梓「ねえ、どういう意味なの?」

コナン「その、それは・・・。」

有希子「あら、そんなこと今はどうでもいいじゃない?」

梓「え?」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:35:23.35 ID:FWdrlzD6O
有希子「大事な友人が亡くなってしまったのよ、下らない追求はやめて。」

梓「ご、ごめんなさい。」

有希子「さっ、コナン君と哀ちゃんは私と一緒に部屋に入ってましょう。」

灰原「ええ・・・。」

コナン(母さん、助かったぜ。)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:36:04.16 ID:FWdrlzD6O
???「・・・・・・。」

ブッー! ブッー!

???「!?」

???(なんだ、LINEか。)

『障害は排除した。あとは手筈通りに。』

???(・・・了解。)
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:36:56.04 ID:FWdrlzD6O
世良「蘭君の話を整理すると、こうだね。」

世良「博士の家に入ってすぐ、服部君がトイレに入った。」

世良「しばらくして和葉ちゃんも催したので、服部君に早く出るよう言った。」

世良「でも返事がなくて、仕方がなく扉を破ったら、服部君がぐったりしていた。」

世良「慌てて近寄ると、服部君が死んでいたことに気づいた・・・と。」

蘭「うん、そう。」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:37:36.41 ID:FWdrlzD6O
昴「ふむ、おそらく僅かな時間の間に服毒したと思いますが、彼は何か言っていませんでしたか?」

蘭「確かに、唸っていたとは思いますが、ただ気張っているだけだと思って・・・。」

安室「トイレで唸っていたのであれば、誰だってそう思うでしょう。」

世良「ねえ蘭君、服部君に近づいたのって、一体誰なんだい?」

蘭「和葉ちゃんよ。」

世良「そうか・・・。」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:02.10 ID:FWdrlzD6O
コナン(・・・なるほどな。)

灰原「どうしたの、盗聴でもしてるの?」

コナン「ああ、まあな。」

有希子「新ちゃん、今は事件よりも哀ちゃんを守ることが大事でしょ!」

コナン「分かってるけどよ・・・。」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:28.41 ID:FWdrlzD6O
和葉「・・・・・・。」

阿笠「和葉君も大変じゃ。目を覚ました後、何と言ってやればいいか。」

コナン「・・・・・・。」

コナン「なあ、博士。」

阿笠「なんじゃ?」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:58.40 ID:FWdrlzD6O
コナン「和葉ちゃん、気を失った以外は何とも無いか?」

阿笠「ああ、大丈夫じゃよ。」

灰原「良かったじゃない。発狂するよりマシよ。」

コナン「いや、そうじゃなくて・・・。」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:39:25.26 ID:FWdrlzD6O
梓「あの、安室さん。」

安室「何ですか?」

梓「トイレの天井、もしかして穴が開いてたりしません?」

安室「穴?」

梓「もしかしたら、外部犯人がそこから侵入したかもしれないし。」

安室「いや、流石にそれは。」

昴「ありました。」

安室「!?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:39:51.90 ID:FWdrlzD6O
昴「大人一人が通れそうな抜け穴がありますね。」

世良「じゃあ犯人は外から?」

蘭「外部犯で間違いないですね!」

安室「よし、外を調べましょう!」

世良「ああ!」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:40:20.25 ID:FWdrlzD6O
コナン(おいおい、ちょっと待て!)

コナン(そんな安易に決めていいのかよ!)

コナン(もうちょっと調べろよ!)

コナン(っていうか父さん何で黙ってんだよ!)
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:40:48.83 ID:FWdrlzD6O
優作「・・・・・・。」

コナン(父さんがやらないってんなら、俺が!)

蘭「急ぎましょう!」

バタン!

コナン(有希子)「ちょっと待った!!!」

安室・昴・世良・蘭・梓「!?」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:41:16.26 ID:FWdrlzD6O
有希子(新ちゃん、やるなら一言言ってよ〜!)

コナン(有希子)「ごめんなさい、あまりにも貴方たちがだらしなくて。」

安室「どういう意味ですか?」

コナン(有希子)「分かっちゃったのよ、犯人が。」

優作「ふむ。」

コナン(有希子)「犯人は、この中にいるわ!」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:42:07.77 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「まずその抜け穴、それはフェイクよ。」

梓「何でですか?」

コナン(有希子)「僅かな時間で殺害されたことから、犯人はそこで待ち伏せていたことになる。」

コナン(有希子)「でもね、服部君が阿笠博士の家のトイレを利用したのは偶然。」

コナン(有希子)「服部君を殺害したいなら、もっと他にやりやすい場所があるでしょ?」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:42:45.41 ID:FWdrlzD6O
世良「物取りの犯行で、相手は誰でも良かったとか?」

コナン(有希子)「排泄中の人間から取れるものなんてウンコぐらいよ。」

蘭「じゃあ、密室のトイレの中に一人いた服部君を、誰が殺せるんですか!!」

コナン(有希子)「いるじゃない、扉が破られてから、近づいた人が。」

蘭「え?」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:43:11.12 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「服部君が殺されたのは、扉が破られた後。」

コナン(有希子)「その時、近づいた人がいるでしょう?」

世良「まさか・・・!?」

コナン(有希子)「そう、この事件の犯人は・・・。」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:43:43.88 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「和葉ちゃん、あなたよ!」

和葉「・・・・・・。」

阿笠「そんな・・・。」

灰原「嘘でしょ?」

和葉「・・・・・・。」

和葉「流石はナイトバロニスや。何で私やと分かった?」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:44:16.98 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「あなたが漏らしてなかったからよ。」

コナン(有希子)「蘭ちゃんは、あなたが催したから扉を破ったと言っていた。」

コナン(有希子)「でも和葉ちゃんは気を失っても、まったく漏らしてなかった。」

和葉「そっか・・・セリフはちゃんと考えとかなあかんな・・・。」

コナン「・・・ねえ、和葉姉ちゃん・・・。」

和葉「何?」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:44:42.21 ID:FWdrlzD6O
コナン「何で・・・平次兄ちゃんを殺したの?」

和葉「・・・・・・。」

コナン「ねえ、どうして?」

和葉「それはな、コナン君・・・。」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:45:11.39 ID:FWdrlzD6O
服部「ただの芝居やからや!」

コナン「!?」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:45:38.35 ID:FWdrlzD6O
コナン「服部お前、死んだはずじゃ!」

服部「何言うとんねん、俺がそう簡単に死ぬかいな。」

コナン「だって・・・青酸カリで・・・。」

安室「それは嘘だよ。」

昴「君を現場に近づかせなかったのは、嘘に気づかせないためだ。」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:46:06.44 ID:FWdrlzD6O
コナン「そんな、何のために・・・。」

優作「最初に言っただろう、推理ゲームだと。」

コナン「ゲーム!?」

服部「そうや、このパーティはそもそも、お前をハメるためのもんや。」

コナン「なっ!?」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:46:39.13 ID:FWdrlzD6O
コナン「何考えてんのさ!」

世良「そんなに怒ることじゃないだろ?」

コナン「いい大人たちが一人の子供を騙して、恥ずかしくないの!?」

梓「あれ、コナン君は子供じゃないでしょ?」

コナン「!?」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:05.75 ID:FWdrlzD6O
コナン(ベルモット!!)

梓「ねえ、コナン君?」ニタァ

蘭「梓さん?」

梓「ふふふ・・・。」

蘭「和葉ちゃん!哀ちゃんを連れて逃げて!」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:31.59 ID:FWdrlzD6O
和葉「え?」

蘭「早く!!」

和葉「わっ、分かった!」

灰原(ベルモット・・・何をする気?)

梓「動かないで!」チャキッ!

灰原(拳銃!?)
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:59.61 ID:FWdrlzD6O
梓「コナン君、それと有希子さんは部屋に戻ってね。」

コナン(まずいな・・・ここで拳銃なんて・・・。)

蘭「危ない、コナン君!!」

バキューン!

コナン「うわっ!」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:48:27.63 ID:FWdrlzD6O
梓「あらあら、命拾いしたわねコナン君。蘭ちゃんが飛び込んでこなきゃ、あなた死んでたわよ?」

コナン(ベルモットめ!!)

梓「じゃあ蘭ちゃんも部屋に入ってね!」

阿笠「待つんじゃ!」

バタン!
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:48:55.83 ID:FWdrlzD6O
阿笠「彼女は・・・部屋に籠って何をするつもりなんじゃ・・・。」

昴「そこから先は、彼女たちの領域です。」

阿笠「え、エリア?」

安室「我々の目的は、証拠を見つけて、犯人に天誅を下すことです。」

阿笠「証拠?天誅?何をいっておるんじゃ?」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:49:26.60 ID:FWdrlzD6O
世良「とぼけるなよ、エロボイス録ったのはコナン君だろ?」

阿笠「!?」

服部「声はあの坊主やけど、応募やら何やらは阿笠博士の仕事や。」

安室「事件の捜査中に、PCを覗かせてもらいました。」

阿笠「なっ、何なんじゃ君たちは!?」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:49:57.84 ID:FWdrlzD6O
昴「依頼があったんですよ。」

安室「エロボイスが誰からの投稿なのかを調べてほしいってね。」

世良「子供がやりましたって言っても、信じてくれないからさ。」

服部「変声機使うてるところを見せるため、芝居打つことにしたんや。」

優作「それで、私が脚本を執筆したんです。駄作でしたがね。」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:50:32.70 ID:FWdrlzD6O
和葉「犯人役を私にしたんは正解ですよ!一回平次殺したろう思ってたんで!」

平次「こいつ、いつか本当に殺してくるんちゃうやろな・・・。」

優作「ははは、楽しんでもらえてよかったよ。」

阿笠「優作君も人が悪いの〜!わしも芝居仲間に入れてほしかったわい!」

優作「・・・・・・はい?」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:50:59.08 ID:FWdrlzD6O
コナン「・・・はあ、はあ。」

蘭「梓さん・・・どうして・・・。」

コナン「こいつは梓さんじゃない!」

梓「へえ、気づいてたんだ、じゃあ誰かしら?」

コナン「うるせえ!ベルモット!」
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:51:27.09 ID:FWdrlzD6O
梓「・・・・・・。」

蘭「・・・・・・。」

有希子「ねえシャロン、そろそろ変装やめたら?」

梓「・・・・・・。」

蘭「・・・・・・。」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:51:53.58 ID:FWdrlzD6O
蘭「そうね。」

コナン「!?」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:52:34.85 ID:FWdrlzD6O
コナン「え・・・え・・・。」

蘭「もうやめましょうか・・・。」ビリビリ

コナン「何で・・・。」

ベルモット「ふう。」

コナン「何で蘭がベルモットなんだ!」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:53:09.11 ID:FWdrlzD6O
コナン「じゃあ梓さんは・・・。」

梓「うふふ・・・。」ビリビリ

コナン「!?」

ヨーコ「私よ♪」

コナン「沖野ヨーコさん!?」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:53:52.47 ID:FWdrlzD6O
ヨーコ「ビックリしちゃった。コナン君が変声機を使って、有希子さんの声を出してるんだもの。」

コナン「あ・・・え・・・。」

ヨーコ「それを使って、私の声も出してたんでしょ?」

コナン「え・・・えぇ・・・えぇあ!?」

ベルモット「さて、お仕置きの時間よ・・・。」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:54:19.10 ID:FWdrlzD6O
コナン「か、母さん・・・。」

有希子「触らないで!」

コナン「そんな・・・。」

有希子「よくも私の声で喘いでくれたわね。」

ベルモット「演技するの楽しかった?分かるわその気持ち。」

ヨーコ「でもやり過ぎたわね♪」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:54:58.47 ID:FWdrlzD6O
コナン「あ・・・ああ・・・。」

有希子「今日のために、色々準備してたのよ〜!」

ベルモット「全身の穴という穴で遊んであげるわ・・・。」

ヨーコ「良かったわね、好きなだけ喘いでいいのよ?」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:55:37.16 ID:FWdrlzD6O
コナン「助けて・・・安室さん・・・こいつら逮捕して・・・。」

ベルモット「バーボンはこの作戦の協力者よ。」

コナン「昴さん・・・FBIに応援を・・・。」

有希子「昴さんもこっち側よ。」

コナン「世良・・・お前、俺のこと好きだろ?」

ヨーコ「截拳道でボコボコにしてやりたいって言ってたわ♪」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:56:18.21 ID:FWdrlzD6O
コナン「博士・・・。」

有希子「諦めなさい、博士も無事じゃ済まないわ。」

コナン「いやだ・・・。」

ベルモット「さあ、覚悟はできた?」

コナン「いやだああああああああああ!!!!!!」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:56:47.25 ID:FWdrlzD6O
〜数日後、病院〜

コンコン

小五郎「入るぞ。」

コナン「あへぇ。」

小五郎「まだ治らないか。」

コナン「あへ。」

小五郎「まあ、これでお咎め無しにしてやろうってんだ。」

小五郎「一生塀の中の阿笠博士と比べりゃ、マシな方だよ。」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:57:17.55 ID:FWdrlzD6O
小五郎「ヨーコちゃんの声でエロボイス出すだなんて、ふてぇ野郎だ。」

コナン「・・・・・・。」

小五郎「ヨーコちゃんはな、結婚してから旦那に初めてを捧げるという、清楚で純真な子なんだ。」

コナン「・・・・・・。」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:57:52.45 ID:FWdrlzD6O
小五郎「その華憐なイメージに傷をつけた罪は、とても重く・・・。」

コナン「おじさん。」

小五郎「・・・お前、話せるように・・・。」

コナン「ヨーコちゃんは非処女だよ。」

小五郎「!?」



おしまい
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/08/03(月) 14:14:28.59 ID:dpCEH/Jj0
喘いでたのか
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/04(火) 20:26:06.84 ID:07vkPt/I0
園子にまで手だしてたら京極さんにボコボコにされてたな
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/09(日) 19:28:14.76 ID:g9R884ya0
相変わらずコナンSSってこんなんばっかなんかい
50.39 KB Speed:2.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)