蘭「あ〜ん!!」 コナン「!?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:32:30.79 ID:FWdrlzD6O
コナン「そんな・・・服部・・・。」

昴「唇がピンク色、そしてアーモンド臭、青酸カリですね。」

安室「毒殺ですか。」

世良「トイレで用を足しているところに毒殺とは、間抜けだね。」

阿笠「これ、何を言っとるんじゃ!」
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:32:57.03 ID:FWdrlzD6O
コナン「くそっ、俺が犯人を突き止めてやる!」

有希子「ダメよ新ちゃん!」

コナン「離せ!俺が服部の仇を取るんだ!」

有希子「あなたは今冷静じゃない。ここはみんなに任せて、ね?」

コナン「でもよ・・・。」
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:33:27.31 ID:FWdrlzD6O
優作「新一、何か大事なことを忘れていないかね?」

コナン「はあ!?」

優作「阿笠博士から聞いたよ、組織のメンバーがここに紛れ込んでいるって。」

優作「お前の役目は、彼女を守ることじゃないのか?」

コナン「・・・はっ!」
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:33:54.44 ID:FWdrlzD6O
コナン「そうだ、灰原は!」

灰原「ここにいるわよ。」

コナン「よかった、無事だったか!」

灰原「あのね、あなたたち探偵は事件現場にすぐ駆けつけるけど、私は違うの。」

灰原「危うくベルモットと二人で取り残されそうになったのよ!」
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:34:23.17 ID:FWdrlzD6O
コナン「わっ、悪かったよ。」

灰原「ったく、しっかりしなさいよ。」

梓「ねえ、ベルモットってどういうこと?」

灰原「!?」
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:34:51.19 ID:FWdrlzD6O
コナン(まずい、聞かれた!?)

梓「ねえ、どういう意味なの?」

コナン「その、それは・・・。」

有希子「あら、そんなこと今はどうでもいいじゃない?」

梓「え?」
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:35:23.35 ID:FWdrlzD6O
有希子「大事な友人が亡くなってしまったのよ、下らない追求はやめて。」

梓「ご、ごめんなさい。」

有希子「さっ、コナン君と哀ちゃんは私と一緒に部屋に入ってましょう。」

灰原「ええ・・・。」

コナン(母さん、助かったぜ。)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:36:04.16 ID:FWdrlzD6O
???「・・・・・・。」

ブッー! ブッー!

???「!?」

???(なんだ、LINEか。)

『障害は排除した。あとは手筈通りに。』

???(・・・了解。)
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:36:56.04 ID:FWdrlzD6O
世良「蘭君の話を整理すると、こうだね。」

世良「博士の家に入ってすぐ、服部君がトイレに入った。」

世良「しばらくして和葉ちゃんも催したので、服部君に早く出るよう言った。」

世良「でも返事がなくて、仕方がなく扉を破ったら、服部君がぐったりしていた。」

世良「慌てて近寄ると、服部君が死んでいたことに気づいた・・・と。」

蘭「うん、そう。」
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:37:36.41 ID:FWdrlzD6O
昴「ふむ、おそらく僅かな時間の間に服毒したと思いますが、彼は何か言っていませんでしたか?」

蘭「確かに、唸っていたとは思いますが、ただ気張っているだけだと思って・・・。」

安室「トイレで唸っていたのであれば、誰だってそう思うでしょう。」

世良「ねえ蘭君、服部君に近づいたのって、一体誰なんだい?」

蘭「和葉ちゃんよ。」

世良「そうか・・・。」
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:02.10 ID:FWdrlzD6O
コナン(・・・なるほどな。)

灰原「どうしたの、盗聴でもしてるの?」

コナン「ああ、まあな。」

有希子「新ちゃん、今は事件よりも哀ちゃんを守ることが大事でしょ!」

コナン「分かってるけどよ・・・。」
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:28.41 ID:FWdrlzD6O
和葉「・・・・・・。」

阿笠「和葉君も大変じゃ。目を覚ました後、何と言ってやればいいか。」

コナン「・・・・・・。」

コナン「なあ、博士。」

阿笠「なんじゃ?」
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:38:58.40 ID:FWdrlzD6O
コナン「和葉ちゃん、気を失った以外は何とも無いか?」

阿笠「ああ、大丈夫じゃよ。」

灰原「良かったじゃない。発狂するよりマシよ。」

コナン「いや、そうじゃなくて・・・。」
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:39:25.26 ID:FWdrlzD6O
梓「あの、安室さん。」

安室「何ですか?」

梓「トイレの天井、もしかして穴が開いてたりしません?」

安室「穴?」

梓「もしかしたら、外部犯人がそこから侵入したかもしれないし。」

安室「いや、流石にそれは。」

昴「ありました。」

安室「!?」
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:39:51.90 ID:FWdrlzD6O
昴「大人一人が通れそうな抜け穴がありますね。」

世良「じゃあ犯人は外から?」

蘭「外部犯で間違いないですね!」

安室「よし、外を調べましょう!」

世良「ああ!」
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:40:20.25 ID:FWdrlzD6O
コナン(おいおい、ちょっと待て!)

コナン(そんな安易に決めていいのかよ!)

コナン(もうちょっと調べろよ!)

コナン(っていうか父さん何で黙ってんだよ!)
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:40:48.83 ID:FWdrlzD6O
優作「・・・・・・。」

コナン(父さんがやらないってんなら、俺が!)

蘭「急ぎましょう!」

バタン!

コナン(有希子)「ちょっと待った!!!」

安室・昴・世良・蘭・梓「!?」
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:41:16.26 ID:FWdrlzD6O
有希子(新ちゃん、やるなら一言言ってよ〜!)

コナン(有希子)「ごめんなさい、あまりにも貴方たちがだらしなくて。」

安室「どういう意味ですか?」

コナン(有希子)「分かっちゃったのよ、犯人が。」

優作「ふむ。」

コナン(有希子)「犯人は、この中にいるわ!」
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:42:07.77 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「まずその抜け穴、それはフェイクよ。」

梓「何でですか?」

コナン(有希子)「僅かな時間で殺害されたことから、犯人はそこで待ち伏せていたことになる。」

コナン(有希子)「でもね、服部君が阿笠博士の家のトイレを利用したのは偶然。」

コナン(有希子)「服部君を殺害したいなら、もっと他にやりやすい場所があるでしょ?」
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:42:45.41 ID:FWdrlzD6O
世良「物取りの犯行で、相手は誰でも良かったとか?」

コナン(有希子)「排泄中の人間から取れるものなんてウンコぐらいよ。」

蘭「じゃあ、密室のトイレの中に一人いた服部君を、誰が殺せるんですか!!」

コナン(有希子)「いるじゃない、扉が破られてから、近づいた人が。」

蘭「え?」
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:43:11.12 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「服部君が殺されたのは、扉が破られた後。」

コナン(有希子)「その時、近づいた人がいるでしょう?」

世良「まさか・・・!?」

コナン(有希子)「そう、この事件の犯人は・・・。」
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:43:43.88 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「和葉ちゃん、あなたよ!」

和葉「・・・・・・。」

阿笠「そんな・・・。」

灰原「嘘でしょ?」

和葉「・・・・・・。」

和葉「流石はナイトバロニスや。何で私やと分かった?」
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:44:16.98 ID:FWdrlzD6O
コナン(有希子)「あなたが漏らしてなかったからよ。」

コナン(有希子)「蘭ちゃんは、あなたが催したから扉を破ったと言っていた。」

コナン(有希子)「でも和葉ちゃんは気を失っても、まったく漏らしてなかった。」

和葉「そっか・・・セリフはちゃんと考えとかなあかんな・・・。」

コナン「・・・ねえ、和葉姉ちゃん・・・。」

和葉「何?」
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:44:42.21 ID:FWdrlzD6O
コナン「何で・・・平次兄ちゃんを殺したの?」

和葉「・・・・・・。」

コナン「ねえ、どうして?」

和葉「それはな、コナン君・・・。」
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:45:11.39 ID:FWdrlzD6O
服部「ただの芝居やからや!」

コナン「!?」
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:45:38.35 ID:FWdrlzD6O
コナン「服部お前、死んだはずじゃ!」

服部「何言うとんねん、俺がそう簡単に死ぬかいな。」

コナン「だって・・・青酸カリで・・・。」

安室「それは嘘だよ。」

昴「君を現場に近づかせなかったのは、嘘に気づかせないためだ。」
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:46:06.44 ID:FWdrlzD6O
コナン「そんな、何のために・・・。」

優作「最初に言っただろう、推理ゲームだと。」

コナン「ゲーム!?」

服部「そうや、このパーティはそもそも、お前をハメるためのもんや。」

コナン「なっ!?」
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:46:39.13 ID:FWdrlzD6O
コナン「何考えてんのさ!」

世良「そんなに怒ることじゃないだろ?」

コナン「いい大人たちが一人の子供を騙して、恥ずかしくないの!?」

梓「あれ、コナン君は子供じゃないでしょ?」

コナン「!?」
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:05.75 ID:FWdrlzD6O
コナン(ベルモット!!)

梓「ねえ、コナン君?」ニタァ

蘭「梓さん?」

梓「ふふふ・・・。」

蘭「和葉ちゃん!哀ちゃんを連れて逃げて!」
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:31.59 ID:FWdrlzD6O
和葉「え?」

蘭「早く!!」

和葉「わっ、分かった!」

灰原(ベルモット・・・何をする気?)

梓「動かないで!」チャキッ!

灰原(拳銃!?)
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:47:59.61 ID:FWdrlzD6O
梓「コナン君、それと有希子さんは部屋に戻ってね。」

コナン(まずいな・・・ここで拳銃なんて・・・。)

蘭「危ない、コナン君!!」

バキューン!

コナン「うわっ!」
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:48:27.63 ID:FWdrlzD6O
梓「あらあら、命拾いしたわねコナン君。蘭ちゃんが飛び込んでこなきゃ、あなた死んでたわよ?」

コナン(ベルモットめ!!)

梓「じゃあ蘭ちゃんも部屋に入ってね!」

阿笠「待つんじゃ!」

バタン!
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:48:55.83 ID:FWdrlzD6O
阿笠「彼女は・・・部屋に籠って何をするつもりなんじゃ・・・。」

昴「そこから先は、彼女たちの領域です。」

阿笠「え、エリア?」

安室「我々の目的は、証拠を見つけて、犯人に天誅を下すことです。」

阿笠「証拠?天誅?何をいっておるんじゃ?」
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:49:26.60 ID:FWdrlzD6O
世良「とぼけるなよ、エロボイス録ったのはコナン君だろ?」

阿笠「!?」

服部「声はあの坊主やけど、応募やら何やらは阿笠博士の仕事や。」

安室「事件の捜査中に、PCを覗かせてもらいました。」

阿笠「なっ、何なんじゃ君たちは!?」
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:49:57.84 ID:FWdrlzD6O
昴「依頼があったんですよ。」

安室「エロボイスが誰からの投稿なのかを調べてほしいってね。」

世良「子供がやりましたって言っても、信じてくれないからさ。」

服部「変声機使うてるところを見せるため、芝居打つことにしたんや。」

優作「それで、私が脚本を執筆したんです。駄作でしたがね。」
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:50:32.70 ID:FWdrlzD6O
和葉「犯人役を私にしたんは正解ですよ!一回平次殺したろう思ってたんで!」

平次「こいつ、いつか本当に殺してくるんちゃうやろな・・・。」

優作「ははは、楽しんでもらえてよかったよ。」

阿笠「優作君も人が悪いの〜!わしも芝居仲間に入れてほしかったわい!」

優作「・・・・・・はい?」
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:50:59.08 ID:FWdrlzD6O
コナン「・・・はあ、はあ。」

蘭「梓さん・・・どうして・・・。」

コナン「こいつは梓さんじゃない!」

梓「へえ、気づいてたんだ、じゃあ誰かしら?」

コナン「うるせえ!ベルモット!」
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:51:27.09 ID:FWdrlzD6O
梓「・・・・・・。」

蘭「・・・・・・。」

有希子「ねえシャロン、そろそろ変装やめたら?」

梓「・・・・・・。」

蘭「・・・・・・。」
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:51:53.58 ID:FWdrlzD6O
蘭「そうね。」

コナン「!?」
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:52:34.85 ID:FWdrlzD6O
コナン「え・・・え・・・。」

蘭「もうやめましょうか・・・。」ビリビリ

コナン「何で・・・。」

ベルモット「ふう。」

コナン「何で蘭がベルモットなんだ!」
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:53:09.11 ID:FWdrlzD6O
コナン「じゃあ梓さんは・・・。」

梓「うふふ・・・。」ビリビリ

コナン「!?」

ヨーコ「私よ♪」

コナン「沖野ヨーコさん!?」
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:53:52.47 ID:FWdrlzD6O
ヨーコ「ビックリしちゃった。コナン君が変声機を使って、有希子さんの声を出してるんだもの。」

コナン「あ・・・え・・・。」

ヨーコ「それを使って、私の声も出してたんでしょ?」

コナン「え・・・えぇ・・・えぇあ!?」

ベルモット「さて、お仕置きの時間よ・・・。」
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:54:19.10 ID:FWdrlzD6O
コナン「か、母さん・・・。」

有希子「触らないで!」

コナン「そんな・・・。」

有希子「よくも私の声で喘いでくれたわね。」

ベルモット「演技するの楽しかった?分かるわその気持ち。」

ヨーコ「でもやり過ぎたわね♪」
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:54:58.47 ID:FWdrlzD6O
コナン「あ・・・ああ・・・。」

有希子「今日のために、色々準備してたのよ〜!」

ベルモット「全身の穴という穴で遊んであげるわ・・・。」

ヨーコ「良かったわね、好きなだけ喘いでいいのよ?」
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:55:37.16 ID:FWdrlzD6O
コナン「助けて・・・安室さん・・・こいつら逮捕して・・・。」

ベルモット「バーボンはこの作戦の協力者よ。」

コナン「昴さん・・・FBIに応援を・・・。」

有希子「昴さんもこっち側よ。」

コナン「世良・・・お前、俺のこと好きだろ?」

ヨーコ「截拳道でボコボコにしてやりたいって言ってたわ♪」
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:56:18.21 ID:FWdrlzD6O
コナン「博士・・・。」

有希子「諦めなさい、博士も無事じゃ済まないわ。」

コナン「いやだ・・・。」

ベルモット「さあ、覚悟はできた?」

コナン「いやだああああああああああ!!!!!!」
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:56:47.25 ID:FWdrlzD6O
〜数日後、病院〜

コンコン

小五郎「入るぞ。」

コナン「あへぇ。」

小五郎「まだ治らないか。」

コナン「あへ。」

小五郎「まあ、これでお咎め無しにしてやろうってんだ。」

小五郎「一生塀の中の阿笠博士と比べりゃ、マシな方だよ。」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:57:17.55 ID:FWdrlzD6O
小五郎「ヨーコちゃんの声でエロボイス出すだなんて、ふてぇ野郎だ。」

コナン「・・・・・・。」

小五郎「ヨーコちゃんはな、結婚してから旦那に初めてを捧げるという、清楚で純真な子なんだ。」

コナン「・・・・・・。」
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/02(日) 01:57:52.45 ID:FWdrlzD6O
小五郎「その華憐なイメージに傷をつけた罪は、とても重く・・・。」

コナン「おじさん。」

小五郎「・・・お前、話せるように・・・。」

コナン「ヨーコちゃんは非処女だよ。」

小五郎「!?」



おしまい
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/08/03(月) 14:14:28.59 ID:dpCEH/Jj0
喘いでたのか
50.09 KB Speed:66.6   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)