【艦これ】龍驤「足りないもの、その後」その4【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆I4lwDj9Dk4S2 :2020/08/08(土) 19:01:02.40 ID:teC+Biy00
前スレ


【艦これ】龍驤「足りないもの、その後」その3【安価】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593945446/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1596880862
2 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 19:07:11.03 ID:teC+Biy00
ーー


漣「今回誤魔化していたのは、再度入院しなければならないという部分でしたか」


龍驤「入院して、また退院…暫くはそれを繰り返してって言われてたんよ…」


S朝潮「また診断書を誤魔化して、同じことを繰り返すつもりだったんですか?」


龍驤「違うねん!もう懲りたからちょっとでも悪くなったら入院するつもりやったんよ!」


漣「お医者さんはそれだと遅ぇって言ってんですよ」


龍驤「ううぅ…!」


S朝潮「司令官、どう思いますか?」


提督「…ギルティだ」


龍驤「待ってや!そんな殺生なこと言わんといて!」
3 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 19:09:43.45 ID:teC+Biy00
提督「…俺の側に居たいというのは良く分かる。だが手遅れになってしまったら、もう二度と俺の隣には居れなくなるんだぞ?」


龍驤「……っ!!」


漣「大人しく入院してくれますね?」


龍驤「…はい。すぐに準備して病院に行ってきます」


S朝潮「秘書艦代行は私と漣さんで勤めます。どうかご安心下さい」


龍驤「ごめん…司令官ごめんな……」


提督「…待っているからな、龍驤」


龍驤「ありがとうな司令官…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:13:19.24 ID:7HuXjVa2o
漣「よく頑張りましたねご主人様。正直龍驤ネキに流されると思ってました」

たておつ
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:14:20.67 ID:RpIkVdeDO
さて、そういうご主人様も休暇は取っても本格的に検査した事はありませんでしたね
この期に一度人間ドックはどうですかと漣

龍驤と同じ病院が可能ならそれで
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:16:30.41 ID:vjMwL0MIo
裁縫箱を取り出して何やらあたふたとしている彼女を見て何してるんですとS朝潮
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:16:41.85 ID:SNfjPky6o
>>4
>>5
今回は龍驤の入院も多摩の先生がいる病院を選ぶことに
8 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 19:21:30.34 ID:+BBwyimxO
ーー


漣「龍驤さんは大人しく病院に向かいましたよ」


提督「……」


漣「よくあそこであの台詞が言えましたね」


提督「…あれは俺の本心だ。俺にはずっと龍驤が必要だ、だから今無理をして欲しくない」


漣「流石ですよ、ご主人様もしっかり成長してるみたいですね」


提督「……」


漣「…さてご主人様。ここで一つ提案があります」


提督「…なんだ?」
9 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/08(土) 19:25:28.36 ID:+BBwyimxO
漣「ご主人様は休暇を取っても、本格的に検査した事はありませんでしたね」


提督「検査?」


漣「この期に人間ドックはどうですか?」


提督「……」


漣「それこそご主人様に問題があったらどうするんですか。明石のデバイスで健康状態は分かっても、病気までは分かりませんからね」


提督「…仕事も多くは無い。確かに検査はしておいて損は無いな」


漣「どうしますか?」


提督「…受けよう。体の状態は把握しておいた方がいい」


漣「了解しました、早速手配しておきますね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:27:46.01 ID:SNfjPky6o
龍驤の入院先は多摩の先生もいる病院
提督もそこで見てもらうことに
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:33:53.59 ID:z3QMmfm0O
>>10
幹部さんが今度はちゃんとよく知ったところをということで選んだ
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 19:44:21.96 ID:vYkWPcmso
多摩が電話してきた
龍驤の病院をうちの旦那の所にしないかと
あと漣から話し行ってて提督の検査の日付決め
13 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 19:53:05.31 ID:teC+Biy00
ーー


漣「龍驤さんの入院先をそっちに、ですか」


多摩『旦那さんの病院なら安心できるにゃ』


漣「確かに細かい情報や何かあればすぐに知らせてくれますね」


多摩『退院の時期を早めたりなんかもできると思うにゃ』


漣「メリットが多そうですね。そうしてもらえるように手続きを始めます」


多摩『お願いするにゃ』
14 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/08(土) 19:55:56.16 ID:teC+Biy00
多摩『あと提督の検査もこっちでできるにゃよ』


漣「それは良かったです」


多摩『いつくらいがいいにゃ?』


漣「そりゃもうできるだけナル早で」


多摩『じゃあ明日はどうにゃ?』


漣「いいですねぇ、ご主人様を連行します」


多摩『絶食とかあるから気を付けるように言っといてにゃ』


漣「オッケーです。それでは龍驤さんとご主人様をお願いしますね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:04:07.92 ID:Rip7AkGCO
潜水新棲姫と共同で提督がいない間の体制を詰める漣
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:10:44.07 ID:SNfjPky6o
人間ドック処女で緊張してる提督
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:17:56.88 ID:z3QMmfm0O
>>15
泊まり込みじゃないんだからと言う提督に油断は禁物ですと返す漣
18 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 20:22:26.17 ID:+BBwyimxO
ーー書庫


潜水新棲姫「ワタシと漣だけでは何かあった時に対応できない」


漣「S朝潮さんが居ますので、それで何とかなるかと」


潜水新棲姫「予備の予備は必要だぞ」


漣「そこまで来たら緊急事態なはずです。緊急ならば特務艦の皆さんが協力してくれますよ」


潜水新棲姫「ふむ…」


漣「ですから漣達は予備を考えれば十分ということです」


潜水新棲姫「特務艦は本当に便利だな。戦力にもなるし仕事もできる」


漣「だから特務艦なんですよ。エリート中のエリートである称号みたいなもんですから」


潜水新棲姫「なるほどな」
19 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/08(土) 20:26:52.94 ID:+BBwyimxO
漣「あとは当日イレギュラーがあるでしょうから、その対応がメインでしょうね」


潜水新棲姫「提督は二日ここから離れるんだな?」


漣「横須賀から向こうは遠いですからね。移動で疲れますから一泊は必要です」


潜水新棲姫「…ん?提督は明日検査なんだろう?」


漣「ええ、ですからご主人様はもう摘み出しました」


潜水新棲姫「用意はどうしたんだ?」


漣「着の身着のままですよ」


潜水新棲姫「……」


漣「大人なんですからどうにでもなります。さ、仕事に戻りますよ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:33:47.73 ID:vjMwL0MIo
>>6
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:36:12.03 ID:RpIkVdeDO
どうにか財布等は持ち出せたが漣はまったく…と愚痴を溢しながら移動中の提督
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:36:40.88 ID:7HuXjVa2o
提督「漣………」
色々準備するため女提督を頼る
23 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 20:52:39.61 ID:+BBwyimxO
ーー


女提督『提督、貴方ねぇ…』


提督「漣が悪いんだ、いきなりタクシーに乗せられたと思ったら駅に着いて…」


女提督『流石にチケットは用意してくれてたみたいね』


提督「乗り換えの途中まではな…」


女提督『……今どこに居るの』


提督「某駅だ。本来ならここから電車を乗り換えて行くんだが…」


女提督『財布も持たされてないってどういうことなのよ』


提督「小遣い制というか必要な時だけ龍驤から金をもらっていたんだ」


女提督『その龍驤が入院中なあげく、カードも取り上げてられてどうしようも無いと』


提督「…………助けてくれ」


女提督『はぁ、もう……そこで待ってなさい』


提督「ありがとう……」
24 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/08(土) 20:56:05.68 ID:+BBwyimxO
ーー

ブーン…


提督「……恩に着る」


女提督「ちょうど外に出る用事があったらそのついでよ」


提督「それでも助かった…」


女提督「電子マネーくらい持っておきなさいよ」


提督「…それも没収されたんだ」


女提督「貴方……一体どんなお金の使い方したの?」


提督「つい最近…三桁万円の明細が来た」


女提督「……」


提督「俺が悪いんだ…」


女提督「貴方にも欠点はあるのね…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 20:58:03.55 ID:cS0iUindO
雑談しながら病院に向かう二人
相変わらず強面だけどそれでも顔つきが良くなったんじゃない?しっかりしてきた気がすると言われる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 21:12:42.97 ID:SNfjPky6o
三桁万円の内訳を聞かれて話すと爆笑される
後ろに乗ってた鬼怒が絶倫の噂はほんとになんですねえって感心してる
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 21:16:25.97 ID:uhirUloto
>>26で鬼怒の反応は警戒してやっぱり後ろに乗って下さいになる
28 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 21:25:04.11 ID:teC+Biy00
ーー


女提督「コwスwプwレwグwッwズw」


提督「……」


鬼怒「大人の玩具とコスプレグッズで借金だなんて…絶倫の噂は本当だったんだ…」


女提督「ダwメwハンドルwがw」


鬼怒「提督!運転は鬼怒がするから停められる所に止めて!」


女提督「鬼w怒wおw願wいw」


鬼怒「貴方は後ろに座って!!鬼怒の隣とかマジパナイから!」


提督「…分かった」
29 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 21:28:44.88 ID:teC+Biy00
ーー


女提督「はぁー面白かった…こんなに笑ったのは久しぶりね」


鬼怒「笑い過ぎて危なかったんだからね!胸がぶるんぶるん揺れて前見えにくかったでしょ!」


女提督「胸の揺れは慣れてるから平気よ?」


提督「……」


鬼怒「ちょっと!!貴方はこっち見ないで!!」


提督「前を見るしか無いんだが…」


鬼怒「絶倫に視姦されてる!パナイよ提督!」


女提督「あら…鬼怒は提督の好みなんじゃない?」


鬼怒「ギャーー!!!!」


提督「……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 21:32:46.68 ID:7HuXjVa2o
道中お互い近況報告
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 21:46:01.50 ID:vjMwL0MIo
>>30
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 21:47:14.53 ID:+m4UGCS7o
病院に着いて龍驤と再会
漣に呆れる龍驤
33 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 21:52:20.17 ID:teC+Biy00
提督「…そういえばそっちはどうなんだ?」


女提督「相変わらず仕事に追われてるわよ」


提督「そこまで忙しいのか?ならいくつかこっちに仕事を回せばいい」


女提督「…龍驤が苦労するのも分かるわ」


提督「何がだ?」


女提督「貴方は自分の仕事をしてればいいのよ。あちこち手を貸してる暇があるなら、自分の周りをよく見なさい」


提督「いや、それとこれとは…」


女提督「一緒よ。今回のだって貴方に余裕があれば診断書の偽装は見抜けてたでしょ?」


提督「う、ううん…」


女提督「人助けはいいけど、他人に迷惑をかけてまでやることじゃないわ。よく覚えておきなさい」
34 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 21:58:25.63 ID:+BBwyimxO
提督「…ならプライベートの方はどうだ?」


女提督「その話はしたくないの」


提督「そっちこそ他人に優しくするべきだ」


女提督「…どいつもこいつも体しか見ない。それに子持ちだと知ったら皆んな逃げていく」


提督「シングルマザーも大変だな」


女提督「あんたもそうなる可能性があるのよ。龍驤が無理だからって他の女に子ども産ませるだなんて」


鬼怒「なにそれ!!めっちゃ酷いじゃん!!」


提督「それは同意の上だ」


鬼怒「なんにも分かってない!!そんなの本心じゃないに決まってるじゃん!」


女提督「龍驤の事情があって今は納得してるかもしれないけど、数年後には分からないわよ?」


提督「……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 22:10:55.23 ID:RpIkVdeDO
それにね
その子供はどう思うのかしらね
自分の母親は所詮2号か愛人かって
父親を憎む理由には充分よねぇと女提督
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 22:13:52.00 ID:SNfjPky6o
詳細は伏せるけど事情は龍驤だけじゃないことを話す提督
じゃあ守りたいと決めたなら周りのことを見逃さないようもっと余裕を持てるようにならないとねと言われる
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 22:29:00.56 ID:cS0iUindO
>>35の流れで>>36
38 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 22:37:37.18 ID:lyZ51FZM0
提督「…詳細は伏せるが、事情は龍驤だけじゃない」


女提督「あら、私にも言えないことがあるの?」


提督「……」


女提督「そう、じゃあ守りたいと決めたなら周りのことを見逃さないようにしなさい」


鬼怒「提督はコイツの肩を持つの!?」


女提督「コイツだなんて失礼よ…ま、その気持ちは分かるけど」


鬼怒「…ごめんなさい」


提督「……」
39 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 22:40:39.11 ID:lyZ51FZM0
女提督「さ、そろそろ着くわよ。あそこのホテルでいいのよね?」


提督「あぁ…」


女提督「一応確認するけど財布は持ってないわね?」


提督「……あぁ」


女提督「ホテル代はどうするの?」


提督「……貸してくれないか」


女提督「勿論いいわよ、利息は高ーーくつくけど」


提督「…なら公園に向かってくれ」


女提督「冗談に決まってるでしょ、しっかりしなさい」


提督「……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 22:53:59.61 ID:RpIkVdeDO
貴方達が一般的な常識とは違う価値観を持っているのは承知しているけれど一応突っ込むわね
本妻が居て愛人に子供生ませるとかいつの戦国時代よ
せいぜい子供に恨まれないようにね
そしてお金を借りてホテル前で二人と別れた
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:05:50.06 ID:7HuXjVa2o
くれぐれも生まれてくる子を悲しませる事のないようにしなさいと忠告をしてくれて別れる提督達
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:07:13.89 ID:cS0iUindO
>>41+
普通に考えれば間違ってるのかもしれないけれど、龍驤に一途だったあんたがその選択を選んだってことはそれだけの理由と価値があるってこと
じゃあこの先間違ってなかったと証明し続けなさいよ
とハッパをかけられる
43 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 23:15:24.62 ID:lyZ51FZM0
女提督「普通に考えれば間違ってるわよ。だけど龍驤に一途だったあんたがその選択を選んだってことは、それだけの理由と価値があるってことなんでしょ」


提督「そうだ、だから俺は…」


女提督「ならこの先間違ってなかったと証明し続けなさい」


鬼怒「生まれてくる子どもも悲しませちゃダメだからね!!」


提督「肝に銘じておくよ」


女提督「……さ、着いたわよ」


提督「ありがとう」


女提督「貸しイチよ?皐月の件とはまた別だから」


提督「分かった、よく覚えておく」
44 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 23:18:49.14 ID:lyZ51FZM0
ーーホテル


提督「今日はここで一泊か…」


提督「絶食だから何もすることが無いな…ふむ」


提督「飲み物はいいんだったか、だが酒は飲めないし…」


提督「…いや酒もダメか。人間ドック……あまり経験が無いから戸惑うな」


提督「明日は病院で龍驤に会える…それを楽しみにしておくか」


提督「……こんなにやることが無いとはな」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:22:58.64 ID:vjMwL0MIo
kskst
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:27:31.29 ID:RpIkVdeDO
こういう時電話なんかで世間話出来る友人…女提督とはさっき別れたばかりだから
…友人…?知り合いの提督や上司は友人か?と考え込む提督
47 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 23:36:09.92 ID:lyZ51FZM0
提督「こういう時電話や何かで世間話出来る友人…」


提督「女提督とはさっき別れたばかりだろう……」


提督「……」


提督「友人…?知り合いの提督や上司は友人といえるか…?」


提督「……」


提督「…………」


提督「寝よう…もう寝よう……」


提督「全く眠くないが……寝るしかやることが無いんだ…」
48 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 23:42:47.47 ID:lyZ51FZM0
提督「……」


提督「……」


提督「なんだこのチラシは……」ピラッ


提督「……デリ…ヘル…」


提督「……わざとか漣」


提督「またこんな店の近くのホテルを…」


提督「……」


提督「…寝よう」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:45:17.25 ID:7HuXjVa2o
子どもの夢
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/08(土) 23:50:29.31 ID:vjMwL0MIo
龍驤との子供について考える
51 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/08(土) 23:57:13.28 ID:lyZ51FZM0
ーー


提督「女提督…あいつが言っていたことは正しいんだろう」


提督「愛人に子どもを産ませ…妻とは違う……」


提督「分かっているんだ、こんなことはおかしい」


提督「だが俺は……霞を放っておけなかった」


提督「これ以外に選択肢もあったはずだ、探さなかった俺が悪い」


提督「楽な方に逃げたのは俺も一緒なんだ…龍驤と何も変わらない」
52 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 00:01:11.57 ID:54Nir36w0
提督「霞だけじゃない、朝霜だってそうだ。あの方法以外に朝霜が楽になることは可能なんだ」


提督「最低なのは俺か……」


提督「自分の生き方を考える時が来ているんだろう」


提督「潜水新棲姫や漣との関係も終わらせて、早霜に朝霜を預ければきっと良くなる」


提督「龍田は…方法を変えればいい」


提督「俺には龍驤が必要で…霞も……」


提督「……」


提督「…………」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 00:08:23.64 ID:FLTeDGYSo
寝よう
このままだと思考が沈んでばかりだ、リセットしようと提督
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 00:22:37.07 ID:zhMoyxaDO
昔の夢を視る提督
子供の自分を今の大人の視点で見ている
55 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 00:27:25.25 ID:54Nir36w0
ーーーー


提督(ここはどこだ?)


提督(何も無い…物も…人も…)


「……」


提督(あれは…)


「……」


提督(俺だ。子どもの頃の俺が…)


「……」


提督(そうだ、覚えている中で一番昔はこれだ。この親戚の家で見た景色だ)


提督(俺は捨てられたのだと思っていたがそうでは無かった。その事に気付くのに時間がかかってしまった)
56 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 00:34:27.60 ID:54Nir36w0
提督(俺は親の愛を知らない)


「……」


提督(そうだ、俺は愛に飢えていたんだ)


提督(自分が愛される、愛が受け入れられている今の状況は俺が望んできたものだ)


「……」


提督(お世話になった親戚達に恩を返すために軍学校に入り…)


提督(……)


提督(龍驤と…出会ったんだ……)


提督(俺の全て……生きる理由である龍驤と…)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 00:46:10.91 ID:x0NmFJk9O
俺は龍驤を愛したことはあったか?
龍驤、いや、霞も朝霜も朝潮も、誰も彼も……
俺が愛したことはあったか?俺は、みんなに愛されたかっただけじゃないのか?
沢山の愛を与えられたのなら、今度は俺が愛を与えるべきじゃないのか?
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 00:50:44.25 ID:y0cn9/47O
>>57
59 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 01:00:18.79 ID:54Nir36w0
「司令官」


提督(俺は龍驤を愛したことはあったか?)


提督(龍驤に一目惚れをして、好きになってもらおうと必死だった)


提督(俺は本気で愛していると言えるのか?)


提督(霞も朝霜も朝潮も…愛したことはあったか?俺は、皆んなに愛されたかっただけじゃないのか?)


提督(なんてエゴなんだ。愛が欲しいだけで何人も……結果として不幸にしてしまった彼女がいるじゃないか)


「司令官」


提督(俺が愛を与えるべきだった。それなのに…)


「司令官」


「司令官」


「司令官」


「私、待ってますよ」


提督(どこで…だ?)


地獄の底でお待ちしてます
60 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 01:03:28.99 ID:54Nir36w0
ーーーー


提督「ぅ……ふぅ…夢……か…」


提督「……」


提督「中途半端な救いはかえって傷付ける…それを学んだはずなんだ…」


提督「それなのに俺はまた…同じ過ちを繰り返そうとしているのか…」


提督「……」


提督「愛は与えられるのでは無く…与えるもの…」


提督「……酷い寝汗だ。シャワーを浴びておこう…」


ピシッ


提督「…鏡にヒビが……縁起が…悪いな…」


ーー
61 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 01:04:02.31 ID:54Nir36w0
新スレでも宜しくお願いします
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 01:06:33.18 ID:Q61oS5zVO
乙でした
最終章提督編始まった感ある
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 01:09:49.56 ID:ckRvZ6hIo
朝潮さんは悪霊じゃなくなったはず…
夢の中の声も龍驤と同じく提督が作り出したもの…?
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 01:14:06.52 ID:zhMoyxaDO
お疲れ様でした
鏡の向こうには

はっきり龍驤が一番と言い切ってしまってるのがね…霞だとか本人は納得してても子供はそうはいかない
なんでお母さんが居るのに他の女の人と仲良くしてるの?不潔!って感じで
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 01:15:37.92 ID:FLTeDGYSo
よろしくお願いします

あー繋がるね解釈…ここで朝ちゃんの出番ってワケか…
66 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 19:54:09.38 ID:S00qb0x6O
ーー


「男性の関係者と連絡が取れました」


「そうかそれは良かった」


「どこかで見たことがあると思ってたんですが、あの男性は横須賀鎮守府の提督のようです」


「提督…それも横須賀か」


「関係者の方はすぐにこちらの病院に向かうと言ってました」


「とりあえずは関係者を待っておくか。容態は変わりそうに無いしな」


「どうやらそうみたいですね…」
67 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 19:55:51.89 ID:S00qb0x6O
「ホテルで倒れ意識不明か」


「シャワーの後で高血圧…ですか?」


「高血圧の症状は無かったな」


「彼の部屋で一つ不審な点があったそうですよ」


「何だそれは?」


「なんでも部屋の鏡が割れていたとか」


「それは関係ないだろう」


「そうですよへ…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:01:11.71 ID:7d54iz6cO
急いでやってきた面々が到着
その中にはS朝潮も
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:04:12.96 ID:mxI/x7iuo
駆け付ける漣ら
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:10:49.95 ID:ckRvZ6hIo
>>68
>>69
71 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 20:23:45.51 ID:54Nir36w0
ーー


漣「ご主人様…」


提督「…」


「先程も説明した通り、提督さんは意識不明です」


漣「原因は何なんですか?」


「それが…」


漣「原因不明の難病とでも言うんじゃないんでしょうね」


「それはありません。血液検査等を行いましたが全て正常でした」


漣「じゃあ何で目を覚まさないですか!!」


「…すいません」
72 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/09(日) 20:27:36.86 ID:54Nir36w0
漣「さてはあんたら、旧大本営の…」


「それもありません」


漣「どうしてそう言える!?」


「多摩さんから話は聞きました。そうなると多摩さんも旧大本営派となってしまいますよ」


漣「くそがぁ…!!」


提督「…」


漣「ご主人様、何呑気に寝てんですか…霞も妊娠してこれからって時でしょう…?」


提督「…」


漣「…入院手続きを、お願いします」


「はい、用意してありますのでこちらに…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:34:32.72 ID:zhMoyxaDO
やっぱり誰か付き添わせるべきだった
いやもっと早く普段から気を付けていればと自分を責めてしまう漣
身体に異常は無い?ならやはり精神的なものなのかと
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:36:30.46 ID:SuUWSlBio
72+鎮守府では動揺はあったものの、事前に決めていたせいか今のところ大して混乱はしていない
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:47:13.13 ID:ckRvZ6hIo
精神的な要因の可能性を考えつつまずは現場を調べることにする漣と同行を志願するS朝潮
提督には付き添いを残して現場へ
76 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 20:52:22.03 ID:54Nir36w0
ーー


漣「やっぱり誰か付き添わせるべきだったんですよ…!」


漣「いや、もっと早く普段から気を付けていれば、こんな事にはなってなかった!」


漣「漣はご主人様を守るべき存在なのに……!」


漣「……身体に異常は無い」


漣「それなら精神的なものしかありませんよね」


漣「それもこれも漣のせいだってんですよぉ…!」


漣「ご主人様……ごめんなさい……」
77 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 20:55:10.83 ID:54Nir36w0
重巡棲姫(自分を責め過ぎだ漣)


漣「なんですか…」


重巡棲姫(まだそうと決まったわけじゃないだろう)


漣「それしか無いでしょうがよぉ…!」


重巡棲姫(確かに提督の精神は脆い。だがある日突然崩れてしまうものでは無かった)


漣「でも実際にご主人様は倒れて…」


重巡棲姫(よく考えろ漣。そして行動に移すんだ)


漣「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 20:57:38.71 ID:FLTeDGYSo
S朝潮「付き添い交代の時ですよ漣さん。(今決めた)一晩経ったのに寝てないでしょうあなた」
S朝潮ちゃん来る
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 21:08:25.88 ID:ckRvZ6hIo
>>78
仮眠をとったら調査に行きますよと言うS朝潮
朝潮の調子を見て何クヨクヨしてるんですかねと思い直す漣
80 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:13:29.99 ID:54Nir36w0
ガチャッ


S朝潮「付き添い交代の時間ですよ漣さん」


漣「……そんなの決めてません」


S朝潮「今決めました。こうでもしないと寝てくれませんよね?」


漣「……」


S朝潮「動くにしても仮眠をとってからにして下さい。眠らずに行動しても無意味です」


漣「…愛しのご主人様が倒れたというのに、随分と逞しいですね」


S朝潮「落ち込めば司令官は目を覚ましますか?」


漣「……」
81 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:15:37.80 ID:54Nir36w0
漣「クヨクヨしてても意味が無いって言いたいんですね」


S朝潮「少なくとも漣さんらしくは有りませんね」


漣「…分かりましたよ、今日はとりあえず帰って明日から行動します」


S朝潮「その方がいいでしょうね」


漣「ご主人様のこと、お願いします」


S朝潮「朝潮にお任せ下さい」


ガチャッ


S朝潮「…」


提督「…」


S朝潮「司令官…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 21:17:37.38 ID:tHabwNjoO
kskst
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 21:28:15.02 ID:zhMoyxaDO
S朝潮
聞こえますかY子さ…今は八島さんでしたね、個人的には何だか慣れませんね
誰かが私を呼んでいるんです

繋がりがあるので限定的テレパシーとか
84 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:33:20.01 ID:54Nir36w0
S朝潮「……」


S朝潮(聞こえますかY……今は八島さんでしたね。個人的には何だか慣れませんね)


八島(それは言いっこなしだよ朝ちゃん)


S朝潮(誰かが私を呼んでいる気がするんです)


八島(誰か?)


S朝潮(…私ですね)


八島(うん)


S朝潮(私が司令官を…)


八島(そうだよ、朝ちゃんがやったの)


S朝潮(……)


八島(自分でも気付いてるんだよね)


S朝潮(……)
85 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:37:58.38 ID:54Nir36w0
八島(朝ちゃんがやったのはほんの些細なこと。でもそれが引き金になった)


S朝潮(……)


八島(提督は財布は渡されてなかったけど、漣から電子マネーの入ったカードは渡されてたんだよ)


八島(でも提督はそれを持ってなかった。誰かが抜き取ったんだね)


S朝潮(……)


八島(たったそれだけでこうなったんだよ)


八島(お金が無いせいで提督があのホテルに着くのが遅れた。その結果泊まる部屋が本来とは違う部屋になった)


八島(その部屋は何も特別なものは無い。ただ一つあることが起こる部屋だった)


八島(あの夜、提督の泊まった部屋の鏡が割れるだけ)


S朝潮(……)
86 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:40:17.76 ID:54Nir36w0
八島(朝ちゃん)


八島(ポケットに入ってるの、何?)


S朝潮(……)スッ


八島(本来提督が持ってるはずのカードだね)


S朝潮(……)


八島(たったのカード一枚で世界は変わる。変わってしまうんだよ)


S朝潮(……)


八島(朝ちゃん)


八島(覚悟はできてるの?)


S朝潮(……)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 21:45:29.33 ID:SuUWSlBio
kskst
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 21:50:34.81 ID:7d54iz6cO
私の責任ですから司令官は必ず助けます。また悪夢にもど…いえ、あんな悪夢なんかには負けませんと

朝ちゃんの覚悟受け取ったわ。一緒に頑張るわよ。と八島さん
その後強くなったわねとつぶやく
89 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 21:57:14.63 ID:54Nir36w0
S朝潮(私の責任ですから司令官は必ず助けます。また悪夢……いえ、あんな悪夢なんかには負けません)


八島(負けるかもしれないんだよ?)


S朝潮(覚悟は…できています)


八島(……ん)


八島(朝ちゃんの覚悟、受け取ったよ。あたしも一緒に頑張る)


S朝潮(また八島さんに迷惑をかけてしまいます)


八島(そんなの今に始まったことじゃないでしょ)
90 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 22:03:32.63 ID:54Nir36w0
S朝潮(…カードを盗ったのは私なんですか?)


八島(そうだよ。もっと正確に言えば因果に負けた朝ちゃんかな)


S朝潮(二重人格…?)


八島(違う、朝ちゃんの根っこの部分。無意識にって感じかな)


S朝潮(私が……変われなかったから…)


八島(朝ちゃんは強くなったよ。けど過去を全て乗り越えられていない)


S朝潮(当たり前です!!あんな過去!私は何も悪く…!!)


S朝潮「あ…あぁぁ……!」


八島(…ごめん朝ちゃん。あたしのせいなんだ)


八島(あたしが面白半分で地獄から引っ張り上げたから、朝ちゃんは苦しんでる)


八島(朝ちゃんは絶対に助けてあげるからね)


下2 この後の展開やその他起こったことなど

91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:09:37.67 ID:FLTeDGYSo
提督の精神世界・幼少期提督に会うS朝潮
(提督の精神に入っていいんかな?)
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:32:32.01 ID:BETFyPjYo
>>91
93 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/09(日) 22:35:46.32 ID:54Nir36w0
八島「過去の因果より、今や未来に目を向けて」


再安価 下2
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:44:47.25 ID:zhMoyxaDO
提督が倒れたという部屋へと向かうS朝潮
朝ちゃんから別れた怨念との繋がりは完全に切れたわけじゃない
あたしと八島によく似てると話す
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:54:34.79 ID:SuUWSlBio
島風提督の鎮守府
全ての始まりから
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:54:41.32 ID:FLTeDGYSo
>>94
道すがらわ…八島さんはやっぱり強いですね等会話
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:54:49.23 ID:ckRvZ6hIo
>>94
そして提督は割れたの鏡の前で倒れていた
鏡はどういうものかわかるよねと八島さん
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 22:55:05.37 ID:SuUWSlBio
ごめん過去でしたね…
安価下で
99 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:00:07.62 ID:54Nir36w0
S朝潮(……)


八島(ダメ!朝ちゃん!!)


S朝潮(私は…)


八島(過去に囚われちゃいけない!そんなことをしたら思う壺だよ!)


S朝潮(誰のですか?)


八島(あ……朝ちゃん…)


S朝潮(誰の思う壺なんですか?)


八島(嫌だ…そんな……こんなのって無いよ…)


S朝潮(私はやっと司令官と二人っきりになれるんです)


八島(だからあたしは…未来に目を向けてって言ったのに……)
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:02:52.30 ID:7d54iz6cO
あーやっぱ安価下とか許してくれないんだよねぇ
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:03:19.21 ID:ckRvZ6hIo
考えうる最悪いったなー
102 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/09(日) 23:06:05.66 ID:54Nir36w0
S朝潮(八島さん、貴女も悪いんです)


S朝潮(私は地獄の底に落ち、それを貴女が救い上げた。それは貴女が神様を超えた存在だからできたんです)


S朝潮(ここは『世界』です)


S朝潮(そんな身勝手は許されるはずが無いんです)


八島(やめて…やめて……お願い…!)


S朝潮(地獄に残り悪夢となった私。そして八島さんから流れてきたこの力)


S朝潮(貴女は元々三割持っていて、八島に戻った今100パーセントを超える力を手にしていますね)


S朝潮(私の中に残っている二割。使わせてもらいます)


八島(朝ちゃんやめて!!)


S(もう私は朝潮なんかじゃありません)
103 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:14:14.42 ID:54Nir36w0
S(Y子さん)


Y子「……」


八島(あ、ぁぁ……)


S(抜け殻となった『コレ』は使わせてもらいますよ)ズズズ


Y子「……」ズォォ…


八島(あたしを…吸収し……た…)


S(なに言ってるんですか、コレはもう八島さんじゃありません…いえいえ、ありません『でしたよ』)


S(もう朝潮じゃありません、こんな服もいりませんよね)ギギッ


S(……このゴスロリ服、似合いますか八島さん?)


八島(……)


S(私の名前に因果は無い。私が八島を名乗ろうものならこの身は砕け散ってしまいます)


S(因果が無いなら、新しく名前を名乗ることは許されます)


S(私が受けた辱め、憎しみ、妬み。それを全て返すんです)


(……)


敷島(私は敷島)


敷島(絶望しかないこの世界に、ありったけの復讐を)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:19:02.10 ID:7d54iz6cO
まじかぁ…もう少しだけ早く安価取れてれば…
富士が異変を感じとる
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:19:07.88 ID:zhMoyxaDO
強くなったと思った
乗り越えたと思った
あたしが駄目だった時、朝ちゃんに任せてもいいと
だけど結局は…やっぱり世界はあたし達を…
八島までも絶望しかけた時、姉の声が聞こえた
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:19:42.63 ID:FLTeDGYSo
Y子さんの体どうなったんかな
まだあるならとりあえず戻って羊富士に顛末を話す
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:20:31.74 ID:3OsZH/lzO
起きうる事態に大して警告が重大性なさすぎでは?
こんなん誰も分からんよ
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:22:37.41 ID:0SIQapbCo
なんかずっといたちごっこしてる感あるなぁ
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:23:58.33 ID:ckRvZ6hIo
あれだけ頑張って乗り越えてすぐに凡ミスでこれとかマジで笑えん…
110 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:24:56.64 ID:54Nir36w0
八島(強くなったと思った…)


八島(乗り越えたと思った……)


八島(あたしが駄目だった時、朝ちゃんに任せてもいいと…だから力を残してあったのに…)


八島(まさか朝ちゃんが……ああなるなんて…)


八島(そうだ…そうだったんだ……)


八島(結局世界は…あたし達を……幸せなんか望んでなかった…)


八島(これが答えだったんだ……)
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:26:19.46 ID:SuUWSlBio
ミスとか言われるとなんか責められてるみたいでやだなぁ
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:30:08.93 ID:3OsZH/lzO
どんなに慎重に行ってもこうなる予定調和だったと思うよ
気にしないほうがいい
113 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:30:19.97 ID:54Nir36w0
(落ち着いて)


八島(……)


(あの子を救えるのは貴女だけなのよ)


八島(お姉…ちゃん……)


(貴女が作ってくれたこの人形。結構いい出来じゃない)


八島(あたし…どうしたら……)


(救いなさい)


八島(朝ちゃんはもう……自分の憎しみに負けて…名前まで捨てて……)


(それでもよ。それができるのは世界で貴女だけ)


八島(お姉ちゃん…)


(八島。あの子を倒すのでは無く、全てを救ってあげるの
。貴女ならきっと…できるわ)


八島(……)


敷島(お話は終わりましたか?八島さん)


八島(……)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:33:32.41 ID:7d54iz6cO
まだ終わってないわ
これから話を始めるのと向き合う八島さん
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/09(日) 23:35:52.95 ID:FLTeDGYSo
八島「………ねぇ朝ちゃん、彼岸でもこんな事あったよね、懐かしいね、…せっかくこっちに来たんだよ、同じ事を繰り返すなんてつまらないし、させたくない、させない!」

(S朝潮に残った力、この要素を見逃す>>1ではない。どこかで爆発したはずなので取り戻していこ)
116 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:39:51.66 ID:54Nir36w0
八島(……ねぇ朝ちゃん、彼岸でもこんな事あったよね、懐かしいね…せっかくこっちに来たんだよ、同じ事を繰り返すなんて…)


敷島(誰ですか朝ちゃんって)


八島(朝ちゃんは朝ちゃんだよ)


敷島(私は敷島です。人の名前を覚えられないのはどうかと思いますよ)


八島(違う、朝ちゃんは何も変わって無い)


敷島(変わって無い…そうですね。確かにこのままなら何も変わりません)


八島(朝ちゃんに同じことは繰り返させない…やらせない!)


敷島(だから私は過去を変えるんです)
117 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/09(日) 23:43:26.49 ID:54Nir36w0
ペキペキペキ…


八島(割れた…鏡…)


敷島(今日はこれで失礼します。またお会いしましょう)


八島(逃さないよ朝ちゃん!)


敷島(そうですね、本気を出せば止められますよね)


敷島(八島さん)


敷島(貴女は私を傷付けられますか?)


八島(……!!)


敷島(貴女が本気を出せば殺させるのは分かってるんですよ。でも貴女はそれができない)


敷島(八島)


敷島(この私を止められるものなら止めてみろ)


八島(朝…ちゃん……)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 00:05:09.48 ID:/v2Ps2j/O
止めてみろ?止めなくても逃さないことはできる
と本気で追いかけて本気で話す体制の八島さん

それは想定外の朝潮(敷島)が一人にしてくださいと逃げて
八島さん一人だと何するかわからないからが傷つけないし傷つけさせないとつきまとう
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 00:14:22.36 ID:aNQjhNlQo
>>118
逃げながら絶望しかないと言いはる朝潮にじゃあなんで私は朝潮を殺さないって言い切るのとファーストアタックを仕掛ける
ちょっと敷島が回答にバグる
120 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 00:18:24.45 ID:OXsnIn730
八島(そうだよ……朝ちゃんを傷付けることなんてできない…)


敷島(そうでしょうね。分かっているんですよ)


八島(でも……)


バキバキバキ…


敷島(鏡が…!?)


八島(…止めてみろ?止めなくても逃さないことはできるんだよぉ!)


敷島(…っ!)


八島(ほーら朝ちゃん、あたしに捕まったら終わりだよぉ!)


敷島(追いかけてくるな!一人にしてください!)


八島(嫌だもんね〜〜)
121 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/10(月) 00:24:54.45 ID:OXsnIn730
敷島(しつこい……!)


八島(あ、追い抜いちゃった。待て待て〜)


敷島(この……!)


八島(また割れた鏡でも出す?その瞬間に粉々にしちゃうけどね!)


敷島(…なんなんですか貴女は!こんな絶望しか無い世界に、何を期待しているんです!)


八島(絶望しか無い?じゃあなんで私は朝潮を殺さないって言い切れるの?)


敷島(わ、私の…)


八島(朝潮は確かに私が救い上げた。でもね、言い方によってはただそれだけなんだよ?)


敷島(…彼岸での…)


八島(おかしいな?あたしの目の前に居るのは『敷島』じゃ無かったっけ?)


敷島(……)


八島(朝ちゃんはそんな弱い子じゃない)


八島(あたしの知ってる朝ちゃんは自分の因果に負けたりなんかしないんだ!!)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 00:26:16.37 ID:q6KgdgADO
それに死に逃げだってあたしには通用しないのは知ってるよね
観念してあたしと…あの〜その〜…けっけけけけ…
…何笑ってるんですか
笑ってない!
結局あの頃に繰り返した緩いやり取りをする二人
そして顔を真っ赤にして結婚…して…とか細い声で
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 00:34:19.33 ID:L/mJRg/nO
朝ちゃんは本当は今や未来の希望が見えてる!でも過去の絶望のせいで怖くて目を反らしてる!
地獄の朝ちゃんを助けられないのは苦しかった
でも全部の朝ちゃんが今「ここ」に出てこれたんだから全部ひっくるめて私が、八島が愛する!今も未来も過去さえも!
から>>122
124 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 00:43:58.94 ID:OXsnIn730
八島(朝ちゃんは本当は今や未来の希望が見えてる!でも過去の絶望のせいで怖くて目を反らしてるだけ!)


敷島(違う!!)


八島(地獄の朝ちゃんを本当の意味で助けられないのは苦しい。けど全部の朝ちゃんが今「ここ」に出てこれたんだ!)


八島(そんな朝ちゃんの全部ひっくるめてあたしが…この八島が愛する!)


敷島(愛!?)


八島(今も未来も過去も!全ての朝ちゃんを愛するんだ!)


敷島(なんでそこで…愛なんか…)


八島(これがあたしの素直な気持ちだからだよ)
125 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 00:50:46.95 ID:OXsnIn730
敷島(……)


八島(言っておくけど、死に逃げだってあたしには通用しないのは知ってるでしょ?)


敷島(ええ…また…引っ張り上げられちゃいますからね…)


八島(そうだね、あの…うん。観念してあたしと…あの〜その〜…)


敷島(この状況でニヤケないで下さい。何で笑ってるんですか)


八島(笑ってない!緊張してるだけだもん!)


敷島(あぁそうでした、元々そんな顔でしたね)


八島(朝ちゃん!!)


敷島(…何ですか。早く言って下さいよ)


八島(あたしは…朝ちゃんの全部……守ってあげたくて…その為には……形だけでも…その……結婚……とか…そういう……あれで…)


敷島(下2)
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:02:01.69 ID:q6KgdgADO
…ぷっ
しどろもどろ過ぎますよ
まったく…せっかく絶望してたのに楽しそうな未来も見えてしまったじゃないですか
結局司令官は私を幸せには出来ない、だけど貴女は…信じても、いいの?
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:03:42.83 ID:aNQjhNlQo
朝潮(敷島)の心の絶望にヒビが入りつつ「そこまで言うならお受けしてあげなくもないですけど形だけでいいんですか?」
しっかりとした口調の「ううん、形だけじゃない。本気で」の回答(愛)に絶望が全壊
128 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 01:09:49.67 ID:OXsnIn730
ピキッ


敷島(そこまで言うならお受けしてあげなくもないですけど…)


八島(本当!?)


敷島(でも、形だけでいいんですか?)


八島(…ううん、形だけじゃない。本気で朝ちゃんが欲しい)


ピキピキッ


八島(朝ちゃんを愛する。それが私の答えであり、唯一の方法)


八島(帰っておいで、朝ちゃん)


パキンッ


パラパラ……


S朝潮(…はい、八島さん)
129 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 01:15:02.50 ID:OXsnIn730
八島(…これからやる事が多いね)


S朝潮(まずは司令官に謝らないと…)


八島(謝るなら漣にもだね)


S朝潮(許してくれますかね?)


八島(ちゃんと謝れば許してくれるよ)


S朝潮(そうですね。もしダメでも八島さんが居ますからね)


八島(…朝ちゃん。もう少しこのままで居ようよ)


S朝潮(私もそう思ってたんです)


八島(朝ちゃん…私の戦いも始まったばかりなの。辛い時もあるはず、その時はあたしを助けて…)ギュッ


S朝潮(勿論ですよ、八島さん)


(ふふふ…良かったわね二人とも)


ーー
130 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 01:15:38.21 ID:OXsnIn730
遅くまでありがとうございました


コメントなどあればお願いします
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:18:01.10 ID:L/mJRg/nO
乙でした
寧ろあそこで2回過去を選ぶのは必須イベントだった!(手のひらクルクル)
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:18:28.05 ID:q6KgdgADO
お疲れ様でした
いやあ…まさかこうなるとは
名前がSだけになる所ホラーだった
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:21:23.61 ID:oiYWGUc+O
乙でした
出てくるまではもうちょっと段階踏んだ流れがあったんだろうなと思っちゃう
踏んだ人のミスのせいみたいなのは良くない
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 01:30:08.19 ID:6ATHF1npo
おつでした
敷島演出は後付けではあるんだけどゾクってしました…もう力返しちゃったかな、今後また機会があれば別の名を降ろして欲しかったり(頭文字Sの特別な艦もう一隻見つけた)
辛くなっても皆んなで取り返すから大丈夫
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 11:09:28.22 ID:cO5t+AjB0
過去の因果に囚われるな。現在、未来に目を向けろ

八島さん結構重要なヒントを投げてくれたわね
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 18:09:13.87 ID:q6KgdgADO
逃がした展開に行った場合具体的に朝潮が何をするつもりだったのかちょっと気になる
137 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 19:24:25.82 ID:OXsnIn730
ーー


八島(…っていうわけで、提督は倒れて意識が戻らないってことなんだよね)


提督(朝潮だったのか…)


S朝潮(申し訳ありません司令官…)


提督(いや…朝潮の事情は分かっている。それにあの時…)


八島(そ、少し提督にも原因はあるからね。そもそもあの時に朝ちゃんを受け入れてれば、首を吊ることはなかった)


八島(だ、か、ら、こうなった訳。何の落ち度もない人間の意識を、彼岸に持っていけるほどの力は無かったからね)


S朝潮(私と司令官だからできたこと…)


八島(そうなんだよね……今回は他にも要素が重なって、より強い力が働いたんだよ)
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/08/10(月) 19:26:52.97 ID:cO5t+AjB0
お盆だから来たわね?
139 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/10(月) 19:28:38.53 ID:OXsnIn730
八島(提督があんなネガティブなこと考えてるのも良くなかったし、一人で行動してたのも良くなかった)


八島(これは結果論だけど、あの夜にデリヘルでも呼んでたらこうはなって無かったからね)


提督(……)


八島(より強い力で抜き取られた精神…戻すのは一苦労だよぉ…)


S朝潮(八島さんでも難しいんですか?)


八島(因果が無かったら目をつぶってでもできるよ。朝ちゃんと提督だから滅茶苦茶難しいの)


八島(負い目がある方と、それを自覚させた方。こんなに強い因果だと……当事者でなんとかする方が早いと思うよ)


S朝潮(私と司令官……)


提督(……)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 19:42:56.32 ID:q6KgdgADO
少しお話しましょうか司令官
過去の因果の話じゃなく思い出としての話を
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 19:46:45.93 ID:On8g8e2wo
お互いに謝り合うのは禁止!と八島 

>>140
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 19:55:05.48 ID:oqK6tRuLO
司令官はこれから大黒柱にならなきゃいけないんですよって話をする
私が言うのもなんですがここで立ち止まってる暇あるんですかって
143 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 20:00:52.32 ID:OXsnIn730
提督(元はと言えば俺が悪いんだ。俺が朝潮を苦しめた)


S朝潮(司令官は悪くありません。私は自分の因果に負けたんです)


八島(はい謝り合うのは禁止〜〜!)


提督(……)


S朝潮(なら少しお話しましょうか司令官。過去の因果の話じゃなく思い出としての話を)


提督(朝潮との思い出……)


S朝潮(私は全部覚えていますよ。復讐しか考えていなかった私を止めてくれたの司令官でした)


S朝潮(こんな私でも生きていていいんだと、気付かせてくれたのも司令官でした)


提督(……復讐なんて虚しいだけだ)


S朝潮(当時の私はそれが分かっていませんでしたからね)
144 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/10(月) 20:08:39.86 ID:OXsnIn730
提督(朝潮は秘書艦としても頑張ってくれていたな)


S朝潮(当時は手錠付きで出撃ができませんでしたから。書類仕事しかできなかったんですよね)


提督(そんな朝潮を…俺は…)


八島(だから〜謝るの禁止だって)


提督(謝るしか無いんだ…!朝潮を更に傷付けたのも俺で、救えなかったのも俺なんだ…!)


八島(そんなこと言ってると二度と戻れなくなるよ〜)


提督(……)


八島(過去は変えられないんだよ。朝ちゃんは今生きてるんだ、過ちを謝罪しても未来は変わらない)


八島(…あたしを怒らせる前にちゃんとしようね?)


提督(……)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:14:16.79 ID:aNQjhNlQo
今だから言えます!
私を救ってたら龍驤さんはどうなってたと思うんですか!鎮守府もどうなってたと思いますか!
私は今ここにいます!見なきゃいけないのはあの時じゃなくてその先じゃないんですか!
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:21:05.04 ID:q6KgdgADO
S朝潮
今なら解ります
私だけじゃない
司令官を慕う皆が貴方を苦しめていた、悩ませていた
私も貴方から卒業する時期が来たのかもしれません
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:26:22.33 ID:0Gkd/6KVo
>>145
>>142
148 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 20:29:19.03 ID:OXsnIn730
S朝潮(八島さん。やっぱり私も悪いんです)


八島(朝ちゃん…)


S朝潮(今なら解るんです。私だけじゃありません、司令官を慕う皆が司令官を苦しめていて……悩ませていたんです)


S朝潮(身に覚えがありますよね、司令官?)


提督(……)


S朝潮(皆さんが司令官に依存しているんです。これではいずれ司令官は潰れてしまいます)


S朝潮(司令官から卒業しなくては、この先の未来は明るいものになりませんよ)


提督(俺の……未来…)


S朝潮(このままでは司令官の未来は、皆さんに支配されたものになってしまいますよ)
149 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 20:34:11.70 ID:OXsnIn730
S朝潮(朝霜なんかは特にそうです。娘だと言ってますが、この関係を一生続けるんですか?)


提督(朝霜は幻肢痛に苦しんで…)


S朝潮(あ!朝霜さんと同時に龍驤さんにも幻肢痛が!)


提督(……)


S朝潮(私が言いたいのはそこなんですよ。分かってくれましたか司令官?)


提督(……どうすれば…俺は…)


八島(答えがあるとしてもそれは言えない。自分で気付かないと意味が無いからね)


S朝潮(逆に漣さんや潜水新棲姫さんは今のままでいいんですよ。遊びだとお互いに認識してますからね)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:39:55.67 ID:3BTcR2DZO
kskst
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:44:48.76 ID:oqK6tRuLO
でもそれを考えるのは今じゃありません
このまま司令官の目が覚めないとそんな話をする前に全員潰れちゃいます
過去をどうするかじゃなくてこれからどうするか、ですよ
私ですら前を向けたんですから司令官も必ずできます
152 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 20:51:01.59 ID:OXsnIn730
S朝潮(でもそれを考えるのは今じゃありません。このまま司令官の目が覚めないとそんな話をする前に全員潰れちゃいます)


提督(そうだ、俺は早く目覚めないと…)


S朝潮(過去をどうするかじゃなくて、これからどうするかですよ)


S朝潮(私ですら前を向けたんですから、司令官も必ずできます)


提督(…そうだな、できないと思っていたらできるはずが無い。生まれてくる子どもの為にも、前を向いて生きていかないといけないんだ)


S朝潮(その調子ですよ司令官!)
153 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/10(月) 20:55:11.88 ID:OXsnIn730
八島(さて、朝ちゃん。提督の精神を戻すにはどうすればいいのかな?)


S朝潮(……)


提督(朝潮が戻せるのか?)


八島(ちょっとちょっとぉ、今までの話の流れで分かるでしょう?悪堕ちした朝ちゃんが提督の精神を連れ去ったんだから、戻せるのは朝ちゃんだけなの)


提督(何も分からなかったぞ…)


八島(今までの話は前座みたいなもの。さ、朝ちゃんどうすればいいのか教えてよ)


S朝潮(安価)


下2 朝潮の台詞やその他起こったことなど
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 20:58:23.55 ID:77bLcCGSo
これから現実へ連れて帰るから、どんな声が聞こえても決して後ろを振り返らずについてきてほしいとS朝潮
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:00:23.46 ID:0Gkd/6KVo
>>154
合言葉は決めておく
156 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:08:32.99 ID:OXsnIn730
S朝潮(これから現実へ連れて帰ります。でもどんな声が聞こえても決して後ろを振り返らずに、私に付いてきて下さい)


提督(それだけでいいのか?)


S朝潮(はい。あとはもしもの時の為に合言葉を決めておきましょう)


提督(合言葉……)


(……)


八島(さ、準備も終わったし帰ろうか)


S朝潮(司令官。決して振り向いてはいけませんからね)


提督(あぁ…)
157 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:12:56.88 ID:OXsnIn730
ーー


提督(こっちでいいんだよな朝潮?)


S朝潮(……)


提督(どうして喋ってくれないんだ?)


(司令官)


提督(朝潮の声……後ろから…?)


(ここは過去の世界です。私は今牢屋の中に居ます)


提督(あの時の…)


(私はこれから首を吊ります)


提督(朝潮……)


(今止めてくれれば、私は助かります)


(…助けて……司令官…)


(死にたく無いよ……)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:18:17.71 ID:q6KgdgADO
気付けば朝潮の後ろ姿が遠くなっている
いつの間にか立ち止まっていたようだ
振り返ってしまいそうになった時朝潮以外の男女の声がそれを止めた
懐かしいような気がする声だった
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:21:02.64 ID:6ATHF1npo
他にも知ってる声の怨嗟も聞こえてきてうずくまる提督
その時頬に暖かい手が触れた気がして顔を上げると>>158
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:21:25.64 ID:aNQjhNlQo
振り向くことは今のS朝潮を裏切ること
それは今のS朝潮を否定することになるから絶対に振り向かない

そしてS朝潮の声でもういいですよと聞こえたて振り返りそうになったところで「合言葉を思い出して(せ)」とどこか遠い記憶で聞いた声がして振り向くのを止める
161 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:27:05.95 ID:OXsnIn730
(あんたらのせいでうちは…)


(あ、あは…あは…戦って…死ねた…あは…)


(提督の為に死ねるのなら本望…だから早くこっちに来て…)


(お前が…龍驤さんを…)


(司令官…ウチと一緒に…落ちて…?)


提督(う…うぅ……)


スッ


提督(何かが…俺に触れた……?)


S朝潮(……)


提督(朝潮の後ろ姿が…あんなに遠くに…)


提督(早く……追いつかないと…)


(待ってや司令官…)


提督(龍驤……龍驤なのか…?)
162 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:30:28.58 ID:OXsnIn730
振り返ってはいけないのよ


提督(どこから…声が…)


お前はまだここに来るべきじゃない


提督(なんだ…聞いたことが無いはずなのにて…懐かしいような…)


貴女が進むべき道は…


提督(…そうだ、俺は…今を…未来を生きて…)


そのまま進んで…振り返るんじゃない…


提督(まだ追いつける。待ってくれ朝潮…!)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:32:44.40 ID:LWJIqsJt0
kskst
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:34:50.87 ID:aNQjhNlQo
朝潮に追いついたと思ったところで目が覚める
ベッドの周りにはお見舞いに来た皆がいてS朝潮が合言葉を言ってからおかえりなさいと
165 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:41:16.49 ID:OXsnIn730
ーー


提督「追いついた…」


提督「ん……?」ムクッ


漣「あ…」


霞「あなた…!」


朝霜「パパぁぁーーー!」ダキッ


提督「ここは……」


S朝潮「……」


提督「朝潮、俺は…」


S朝潮「司令官、合言葉をどうぞ」


提督「あぁ、それは……」


「……」


S朝潮「…お帰りさない、司令官」
166 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 21:47:57.01 ID:OXsnIn730
ーー


提督「十日も眠っていたのか…」


漣「…正直半分諦めてました。それくらい何も進展が無かったんです」


霞「……」プルプル


提督「霞もすまなかった…」


霞「私が…どんな気持ちだったか…分かる…!?」ポロポロ


提督「本当に…すまない…」


朝霜「ひっ、ひっ、ひっ……!」ギュッ


提督「…朝霜も辛かったな。もう大丈夫だからな」


S朝潮「司令官、私が向こうで言ったことは覚えていますね?」


提督「もちろんだ、だが今はその時じゃない」


S朝潮「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:52:23.29 ID:q6KgdgADO
事情を聞いた漣
S朝潮の顔に平手一発
私はこれで全部水に流します、ご主人様を連れ帰ってきてくれてありがとう
そして貴女もお帰りなさいと
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:52:26.51 ID:6ATHF1npo
漣 今すぐ徹底的に検査しましょう徹底的にだ…!
皆で落ち着かせる
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:53:30.32 ID:cO5t+AjB0
ひとしきり泣き尽くして、落ち着いたところで事の顛末を

(これ龍驤は別の病院だっけ?)
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 21:54:45.17 ID:oqK6tRuLO
>>169
多摩さんから〜ってのがあるから同じじゃないかな?
171 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 22:00:03.93 ID:OXsnIn730
漣「ご主人様」


提督「なんだ…?」


漣「今すぐ徹底的に検査しましょう」


提督「今…?」


漣「今!すぐに!徹底的にだ…!頭の先からケツの穴まで調べるってんだよぉー!」


提督「お、おぉ…?」


漣「さぁ早く!MATやらレントゲンやらが待ってるんですよぉぉーー!」
172 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 22:05:06.97 ID:OXsnIn730
ガチャ


多摩「ここには怪獣攻撃部隊なんか居ないにゃ」


提督「多摩と…先生……」


先生「目が覚めて良かったです。話を聞いて思わず駆け付けてしまいました」


提督「わざわざ…ありがとうございます…」


先生「漣さん、とりあえずは主治医の先生に任せましょう。騒ぐとかえって提督さんに良くありませんよ」


漣「…失礼しました」


多摩「提督、心配かけた責任は取るにゃよ?」


提督「分かっているさ…」


多摩「とにかく目が覚めて良かったにゃ!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 22:14:16.59 ID:0Gkd/6KVo
提督の病室ではない所で>>167
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 22:15:15.93 ID:77bLcCGSo
175 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 22:23:20.06 ID:OXsnIn730
ーー


バッチーン!


S朝潮「……」


漣「私はこれで全部水に流します」


S朝潮「……はい」


漣「ご主人様を連れ帰ってきてくれてありがとうございます。そして貴女も…お帰りなさい」


S朝潮「…ありがとうございます」


漣「さて…私はこれで済んだとして、他の方はどうでしょうね」


S朝潮「覚悟はしてます。それこそ殺されても文句を言うつもりはありません」


バッチーン!


S朝潮「……」


漣「今のはつまらない事を言ったことに対しての罰です」


S朝潮「…すいません」
176 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 22:26:53.41 ID:OXsnIn730
漣「話を聞く限りではこっちの事は何も知らないんですね」


S朝潮「そうですね…」


漣「誰が、どうなったと思いますか?」


S朝潮「龍驤さんが…」


漣「そうですよ、MAX鬱で隔離施設に入りました」


S朝潮「……」


漣「殺されるだとか冗談言ってる暇があるなら助けろってんですよ」


S朝潮「…分かりました」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 22:40:50.68 ID:q6KgdgADO
まあ狼狽えまくってた私が言える事じゃないんですがホントにご主人様に依存しきってますね
ちょっと何かあればすぐ病んだり
朝霜も霞も…何とかなりませんかねぇこれ…と漣に相談されるS朝潮
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 22:47:34.41 ID:4nre4HjHO
提督が目覚めたことを伝えるため提督に車椅子に乗ってもらい一緒に隔離病棟へ向かうS朝潮
179 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 22:56:25.00 ID:OXsnIn730
ーー


提督「隔離施設に龍驤が…」


S朝潮「私のせいなんです。だから私がなんとかします」


提督「無理をする必要は無い。これは俺と龍驤の問題なんだ」


S朝潮「私が原因なんですから無理はしますよ」


提督「……」


S朝潮「このまま司令官を車椅子に乗せて、隔離施設に向かいます」


提督「…気を付けてくれよ」
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 22:57:24.26 ID:aNQjhNlQo
そういえば霞はいろいろ難しいよね
病んでるわけでもなく心が弱いわけでもなく性癖以外は普通なのに性癖のせいで死に向かってたわけだから…
181 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 23:00:53.33 ID:OXsnIn730
S朝潮「……」


提督「……」


S朝潮「ここは独特の雰囲気が…ありますね…」


提督「…隔離施設だからな」


「龍驤さんとは会話は可能です。ですが危険行動を取る可能性がありますので、護衛を…」


S朝潮「私が居ますので大丈夫です」


「…そうでしたか」


提督「この部屋に龍驤が…」


S朝潮「行きますよ司令官」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 23:09:11.40 ID:bw93WE0oO
kskst
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 23:18:59.76 ID:cO5t+AjB0
人形相手におままごとをしている龍驤がいる
184 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 23:26:33.92 ID:OXsnIn730
ーー


龍驤「わーい今日はお父さんがお休みだー」


龍驤「こら、お父さんは疲れてるんだから休ませてあげなさい」


龍驤「いいんだお母さん、さぁ今日は一日遊ぶぞ!」


龍驤「やったぁ!嬉しいなー」


龍驤「お父さん無理しちゃいけませんよ」


龍驤「無理なんかしてないさ。俺は龍驤と子どもで過ごす、何気ない一日が好きなんだ」


龍驤「まあ、嬉しいこと言ってくれるわね」


S朝潮「……」


提督「龍驤…」
185 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/10(月) 23:32:15.59 ID:OXsnIn730
龍驤「……」ブンッ


S朝潮「危ない…!」パシッ


龍驤「……」


提督「龍驤……」


「龍驤さんはこれを繰り返しです。人形を投げ捨ててはお飯事をして…」


S朝潮「良くはなっていないんですか?」


「悪くなる一方としか言えません」


提督「…龍驤、俺はここに居る。心配かけてすまなかった」


龍驤「……」


提督「龍驤…手を……」ギュッ


龍驤「……」


提督「なんて冷たい手だ……俺が少しでも温めて…」


龍驤「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 23:49:28.15 ID:0Gkd/6KVo
相変わらずお飯事を続けるが内容に変化が
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/10(月) 23:51:52.60 ID:aNQjhNlQo
龍驤からお父さんによく似た人ですねと言っておままごとをまた始めてしまいギョッとする提督
そこで自分の世界を作り出してると気づいたS朝潮がいきなり壊すんじゃなくて入り込んでくださいと助言

おままごとのお父さんのセリフに提督が言葉を被せて接していくと段々龍驤の言葉も関西弁の様になっていく
188 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 00:02:46.23 ID:g7x+SbqL0
龍驤「手を…誰が……?」


提督「龍驤…」


龍驤「あぁ…お父さんによく似た人ですね…」


提督「う…ぁ…?」


S朝潮「…司令官、何も言わずに居て下さい」


提督「どうしてだ…?」


S朝潮「龍驤さんは自分の世界を作り出してるんです。自分が望む未来の世界を」


S朝潮「それを壊すことは龍驤さんを壊すのと同じです。現実に引き戻せば龍驤さんはもう二度と戻れません」


提督「じゃあどうすればいい?」


S朝潮「壊すのではなく、龍驤さんの世界に入り込んでください」


提督「…やってみよう」
189 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 00:05:49.57 ID:g7x+SbqL0
ーー


龍驤「お父さん、今日はお仕事どうやった?」


龍驤「いつも通りだ」
提督「いつも通りだ」


龍驤「お父さんお帰りー!」


龍驤「今帰ったぞ」
提督「今帰ったぞ」


龍驤「あのね!今日は学校でね!」


龍驤「お父さんは疲れてるんだから、ゆっくり話しなさい」


龍驤「構わないぞ、何があったか教えてくれ」
提督「構わないぞ、何があったか教えてくれ」


S朝潮「……」
190 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 00:10:33.40 ID:g7x+SbqL0
八島「朝ちゃん」


八島「痛々しくて見てられないでしょ」


S朝潮「……」


八島「力には責任がある。それがどういうことか分かった?」


S朝潮「……はい」


八島「龍驤をこうしたのは朝ちゃんなんだよ」


S朝潮「……」


八島「目を逸らすな!現実を見ろ!」


S朝潮「…ごめんなさい」


八島「あたしだってこんな事は言いたくない!けど朝ちゃんを…愛すると決めたから!」


八島「朝ちゃんから力は取り上げない。でも使い方を間違えると……こうなるんだよ!!」


S朝潮「……」ポロポロ


八島「…こんなのあたしならすぐ治せる。けど朝ちゃんが全部やるんだよ」


S朝潮「……はい」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 00:22:31.30 ID:qs5qzkvDO
龍驤の世界に呑まれそうになる提督をその度に引き戻す朝潮
そうして少しずつ龍驤が自分を取り戻すまで根気の要る苦行が続く
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 00:26:13.24 ID:BmSMvFCqo
>>191
193 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 00:38:50.08 ID:g7x+SbqL0
ーー


龍驤「お父さん今日はどうしたん?」


提督「今日は…その……」


S朝潮「司令官、龍驤さんの世界の司令官ですよ」


提督「…今日は仕事が早く終わったんだ」


龍驤「そうだったのね。なら急いで料理を作るわ」


龍驤「……」


提督「龍驤…」


S朝潮「…少しずつでも良くはなってます。今日も関西弁が混じってたじゃないですか」


提督「……」


S朝潮「根気よくやっていくしかありません。きっと龍驤さんは良くなりますからね」


提督「龍驤…………」


龍驤「私は幸せよ。理想の家族と過ごすこの世界の毎日がとても幸せなの」


ーー
194 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 00:39:22.92 ID:g7x+SbqL0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 00:46:25.19 ID:qs5qzkvDO
お疲れ様でした
ナイス黄泉比良坂
そういえば敷島ってパンくらいしか思い付かない…
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 00:52:22.94 ID:RygsihVZo
乙です
新生八島さんの安心感がとても良い…

>>161
上から
黒潮
神通
雲龍

龍驤
最後のも龍驤
かな、一人わからん
197 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 19:27:37.46 ID:g7x+SbqL0
ーー


幹部「提督君、私の言いたいことは分かってくれたね?」


提督「十分に理解しました。しかし…」


幹部「現状で二週間以上も横須賀鎮守府の提督が不在となっている。この状況は決して良くない」


幹部「提督君は退院できるのならすぐにでも横須賀に帰らなくてはいけないんだ」


提督「分かっています…分かっているんです…」


幹部「龍驤君をこちらに置いていくというのは辛いだろう。だが仕事の都合もあるんだ」


提督「それは…理解しています……」


幹部「最近また深海棲艦の動きが活発になってきた。横須賀の人々を不安にさせてはいけないんだよ」
198 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/11(火) 19:31:43.91 ID:g7x+SbqL0
幹部「龍驤君はここから動かせないんだね?」


提督「今…環境が変わるのは良くないと…」


幹部「だから龍驤君が安定するまで帰りたくないと…君はそう言っているんだね」


提督「そうなります…」


幹部「はっきり言って提督君が倒れてさえいなければ、ここに居ても良かったんだ。だが現実はそうでは無い」


幹部「辛いことを強いてしまうが……君は横須賀に帰らなければならない」


提督「……」


幹部「さぁ帰ろう…仕事が待っているんだ」


提督「……はい」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 19:42:11.21 ID:qs5qzkvDO
残念だが後がまを考えておかなければならないのだろうかと幹部
しかし横須賀の艦娘は提督君以外では…と悩む
こちらもこちらで心労が
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 19:55:21.54 ID:LzJgnvyvO
出発前に龍驤に会いに行く提督
しばらく出張に行くと伝えるとずっとお父さんと呼ばれていたのが行ってらっしゃい司令官、頑張ってなと言われて抱きしめて必ず迎えに来ると約束する
201 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 19:58:13.52 ID:g7x+SbqL0
ーー


龍驤「ほらお父さんお仕事だって」


龍驤「もう行っちゃうの?」


提督「あぁ…仕事があるんだ」


龍驤「お母さんも寂しいけど仕方ないのよ。ちゃんと行ってらっしゃいって言ってあげて」


龍驤「うん…行ってらっしゃい…」


提督「行って…くる」


龍驤「気を付けて下さいね、お父さん」


提督「……」
202 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 20:01:21.28 ID:g7x+SbqL0
提督「……もう行かないといけないんだ」


龍驤「……」


提督「絶対にまた、会いに来るからな」


龍驤「……」


提督「龍驤…」


龍驤「司令官」


提督「え…?」


龍驤「行ってらっしゃい、頑張ってな」


提督「……龍驤!!」ダキッ


龍驤「……」


提督「必ず…必ず迎えに来るからな!!」


龍驤「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 20:13:46.87 ID:RygsihVZo
バリバリ仕事を片付ける提督
一方の幹部さんは>>199、補佐でも付けようか…
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 20:28:01.66 ID:e6xB1ETRO
朝潮は龍驤の様子をすぐに提督へ伝えられるよう病院に残ことにする

提督は無理をしないようタスクの割り振りながら立場とプライベートの両方に責任をもって仕事を処理していく
前ならこの状況で体を壊すほど働いてたかもしれないが自分からセーブできるのは一皮剥けたようだねと幹部さん
205 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 20:38:45.94 ID:g7x+SbqL0
ーー数日後


幹部「提督君はどこに居るんだい?」


漣「提督の本日の仕事は終わりましたので、午後からはお休みになっています」


幹部「ほう…」


漣「残りの仕事は私達で何とでもなりますので、ご安心下さい」


幹部「ちなみに午前はどんな仕事をしていたんだい?」


漣「横須賀鎮守府の提督として民間人への報告会、その質疑応答を行いました」


幹部「復帰してすぐにその仕事はハードだったんじゃないのかい?」


漣「ですから本日は午後からはお休みとなっています」


幹部「…うん、実に素晴らしいね」
206 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 20:44:28.00 ID:g7x+SbqL0
漣「今日だけではありません。復帰してからというもの、積極的に体を休めプライベートでの時間を大切に過ごしています」


幹部「やっと自分から仕事をセーブできるようになったんだね。一皮剥けたということかな」


漣「一皮どころか、二皮も剥けたような気がしますよ」


幹部「ふむ?」


漣「提督が優しいのには変わりませんが、お人好しでは無くなりました。それを皆さんも感じ取ってるみたいですね」


幹部「ここの皆んながいい方向に向かっていると?」


漣「少なくとも意識は変わってますね。これまでと同じではいけないんだと」


幹部「素晴らしい変化じゃないか」


漣「漣からしてみれば遅いんですよ」


幹部「人も艦娘も急激には変われないんだ。きっかけがあって初めて変わるというのも不思議では無い」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 20:48:43.93 ID:qs5qzkvDO
一方
またおままごとを始めた龍驤から少し離れて見ているS朝潮と八島
力を持った今の朝潮にはあり得ない程に巨大な龍驤の因果が視えている
これが…元凶…と息を呑む

あたしでもこれは下手に手出し出来ないのだと八島
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 21:07:31.69 ID:TEu4lW3Lo
龍驤の調子は徐々にだけど良くなりつつある
おままごとは関西弁で内容も提督の帰りを待つ内容に変化
209 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 21:18:38.76 ID:g7x+SbqL0
ーー


龍驤「司令官遅いなぁ」


龍驤「いつになったら帰ってきてくれるんやろ」


龍驤「出張って言うてたけど、どれくらいで帰ってきてくれるんか聞き忘れたなぁ」


龍驤「早く会いたいなぁ…」


龍驤「……」


S朝潮(少しずつですが良くはなってきてるみたいですね)


龍驤「司令官遅いなぁ」


龍驤「いつになったら帰ってきてくれるんやろ」


S朝潮「……」
210 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 21:23:40.74 ID:g7x+SbqL0
S朝潮(私にできることはただ見守ること。無闇に龍驤さんの世界に入ってしまうと、壊してしまうかもしれない)


龍驤「……」ぶつぶつ


S朝潮(妄想の中の世界と現実の世界。龍驤さんは妄想の世界が偽物だと気付き始めている)


S朝潮(…いずれ世界を壊さなければいけないのなら、その役目は私が担います)


S朝潮(私の力は陰と陽で言えば陰。壊したり絶望させたりするのが得意)


S朝潮(司令官に龍驤さんを気付けて欲しくない。やるなら私が…)


龍驤「……司令官遅いなぁ」


S朝潮(私はそのためにここに残ったんだ)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 21:32:54.68 ID:RygsihVZo
八島:私も支えてあげる、きっと朝ちゃんなら出来る、大丈夫
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 22:03:13.23 ID:4iQqf+Xqo
龍驤の闇は暗くて深い…
けど少しずつでも前に進めていかなくてはいけないと八島
213 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 22:16:16.71 ID:g7x+SbqL0
八島「ダメだよ朝ちゃん」


S朝潮「大丈夫です、もう力に飲み込まれることは…」


八島「そうじゃない。龍驤の闇はとてつも無く暗くて、何よりも深い。朝ちゃんなんかじゃ太刀打ちできないよ」


S朝潮「……」


八島「龍驤の因果はあたしでもどうにもできない。一億人殺しは伊達じゃないよ」


S朝潮「このまま何もしてはいけないんですか」


八島「そうするのがベストだよ。けど少しずつ…ほんの少しでも前に進めていかなくてはいけないんだ」


八島「あたしだって運命に抗おうと必死なんだよ。断ち切れない因果なんて…無いと信じてる」


八島「だから朝ちゃんも手伝ってあげて」


S朝潮「…分かりました」
214 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/11(火) 22:21:08.18 ID:g7x+SbqL0
龍驤「……」


八島「ここにはあたしと朝ちゃんが居る」


八島「因果が膨れ上がってどうにもならなくなったら、龍驤は…」


S朝潮「殺すというんですか?」


八島「無に還す」


S朝潮「無…?」


八島「地獄に落ちた魂は無限の苦しみを受けた後無に還る」


S朝潮「やっぱり龍驤さんを殺すんじゃ…」


八島「朝ちゃん」


八島「こんな魂が地獄に落ちたらどうなると思う?」


八島「龍驤一人で地獄が膨れ上がる。押し出された『悪』がこの世界に入ってきて厄災が振り注ぐよ」


S朝潮「悪…」


八島「朝ちゃん。力を持つ者は時に鬼にならなくちゃいけないんだよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 22:46:25.77 ID:qs5qzkvDO
龍驤さんを無に…居なかった事になる?と朝潮
そう、最初から居なかった
龍驤から始まった全ての出来事も最初から無かった事になる
あたし達も多分…消えると八島
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 22:49:03.52 ID:BmSMvFCqo
>>215
217 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 22:58:32.31 ID:g7x+SbqL0
S朝潮「龍驤さんを無に…居なかった事になるんですか?」


八島「そう、最初から居なかったことになる。龍驤から始まった全ての出来事も最初から無かった事になるんだよ」


S朝潮「全て無かったことに…」


八島「あたし達も多分…消えるよ」


S朝潮「私は刑務所で首を吊って死んでしまうんですね」


八島「そこまでもいかないよ。朝ちゃんはあのクズに殺されて終わってた」


S朝潮「……」


八島「朝ちゃんがクズを殺せたのも龍驤の因果が関係してるんだよ」
218 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 23:03:57.72 ID:g7x+SbqL0
八島「あたしと朝ちゃんならそれができる。それをやれるのかどうかは別として…」


S朝潮「……私はどうやっても幸せになれないんですか?」


八島「今を生きて。過去の苦しみに囚われないで」


八島「あたしが朝ちゃんを絶対に幸せにしてみせる。龍驤を無に還すことになっても、最後の刹那まで絶望なんか与えない」


S朝潮「…今は八島さんを信じます」


八島「例えこの世界に神様が居ても、龍驤だけはどうにもできない」


八島「本当はこんな因果…関わっちゃいけないんだよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 23:17:18.39 ID:LkbLRmxeO
龍驤はこの調子が続いたあとお父さんまだ帰ってこないの?と子供の言葉が滑り出てくる
出張中なんやと龍驤が答えるとここで待ってていいの?と返される
他人との会話のようであり自問自答のようである会話が続いて
居心地はええけどここは違うと龍驤の眼差しに意思が戻る
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/11(火) 23:25:02.86 ID:TEu4lW3Lo
>>219
最後に一本道の後ろだけを見ないで前の道は決まってないよできることはたくさんあるよと聞こえる
221 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 23:36:41.07 ID:g7x+SbqL0
ーー


龍驤「お父さんはまだ帰ってこないの?」


龍驤「出張中なんやで」


龍驤「ここで待ってていいの?」


龍驤「待つしかないんよ」


龍驤「本当にそうなの?」


龍驤「ウチが側におっても迷惑なんよ」


龍驤「お父さんはいいって言うよ」


龍驤「そんなんあかんのよ。いつまでも甘えられへんから」
222 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 23:41:58.19 ID:g7x+SbqL0
龍驤「ずっとここに居るの?」


龍驤「居心地はええけどここは違うんや」


龍驤「…そうや、ここに居続けるのはあかん」


龍驤「お母さんどうしたの?」


龍驤「…ううん、なんでも無いよ。お母さんったらどうしちゃったんだろ」


龍驤「変なお母さん」


龍驤「あはは、本当に変だったわね」


「前の道は決まってないよ」


龍驤「あれ…どこからか声が聞こえてきたわね」


龍驤「お母さんだけ聞こえてるんだよ」
223 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/11(火) 23:44:19.78 ID:g7x+SbqL0
「諦めないで。できることは沢山あるよ」


龍驤「お母さん…ウチに…」


龍驤「……」


「一本道の後ろだけを見るんじゃないんだよ」


龍驤「……」


龍驤「……」


S朝潮「龍驤さんが黙っちゃいましたけど…」


八島「…これで良いんだよ、これで」


S朝潮「でも…」


八島「とりあえず今はこれ以上のことはできない。後は…あたしの問題じゃないよ」


下2. この後の展開やその他起こったことなど
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 00:11:52.75 ID:vJ2MsZRhO
kskst
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 00:13:11.63 ID:U7M5ALvQo
場面変えていいってことなのかな
他の提督に依存が激しい面子について考える八朝の二人
子離れ親離れ…と考えると朝霜は道筋が見えそうかも
226 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 00:21:19.58 ID:12l1NmLC0
S朝潮「そういえば司令官への依存が激しい方は他に誰が居ますか?」


八島「一番気になるのは朝霜かな。体の関係だけで無理矢理心を繋ぎ止めてる」


S朝潮「子離れ親離れと考えると、朝霜さんは道筋が見えそうじゃないですか?」


八島「真逆だよ、朝霜は極端な二択しか無い。全快するか死ぬか」


S朝潮「そこまで…」


八島「そもそも早霜に心を壊されてるんだよ。よく今まで持ってると思うよ」


S朝潮「…八島さんは体を重ねる行為が嫌なんですか?」


八島「どうして」


S朝潮「私から見れば朝霜さんはそこまでの絶望はありません。司令官に抱かれた後の朝霜さんはそれはもう幸せそうでした」


S朝潮「八島さんは朝霜さんどうこうより、その行為自体に嫌悪感があるんじゃ…」


八島「あって当然でしょ。あのクズに朝ちゃんが好き勝手にされてるのをあたしは知ってるんだよ!!」
227 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 00:26:04.36 ID:12l1NmLC0
八島「あたしの大切な朝ちゃんが……玩具みたいに好き勝手されて!」


S朝潮「八島さん、過去の…」


八島「分かってる!でも…あたしは見えちゃうんだよ!数百、数千回も大事な存在が犯され続ける場面を…ずっと!」


S朝潮「……八島さん」


八島「……」


S朝潮「私のこと……」


八島「…ごめん朝ちゃん。頭冷やしてくるから一人にさせて」


S朝潮「…はい」


八島「……」スッ


S朝潮「…過去のことで苦しんでるのは、私だけじゃないんです」



ーー
228 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 00:26:35.46 ID:12l1NmLC0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 00:40:59.44 ID:hzhBfP1IO
だよねー
軽く離れられるような関係じゃないもんねえ
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 00:41:02.69 ID:r8+KR+tDO
お疲れ様でした
難しい展開になってきた…
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 00:53:23.60 ID:U7M5ALvQo
おつ
八島さんの持つ人間味よ
過去と未来が並んでいると見える・決まってる方がどうしても大きく感じられちゃうのつらい…本当はそうでないとしても
232 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 19:03:11.94 ID:12l1NmLC0
ーー


早霜「マインドコントロールを利用して、姉さんの幻肢痛を軽くすることはできるわよ」


S朝潮「じゃあ…」


早霜「そんな司令官を助けることをすると思う?あの男のことは嫌いだって言ってるじゃない」


S朝潮「司令官とあんなことをしていてもですか?」


早霜「あれは利害が一致してるだけの行為。愛どころか好意すら無いわ」


S朝潮「そこまで…」


早霜「言うわよ。あの男は朝霜姉さんを助けるどころか苦しめてばかりだもの」


早霜「お人好しに見えて結局は楽な道に逃げるだけの外道と何も変わらないのよ」
233 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/12(水) 19:07:03.23 ID:12l1NmLC0
S朝潮「早霜さんは朝霜さんをどうしたいんですか?」


早霜「幸せにしてあげたいし、私にはその義務があるのよ」


S朝潮「そんなことは誰も決めてません」


早霜「私が姉さんを壊したのよ。壊したものは本人が治すべき」


S朝潮「それは司令官でもできます」


早霜「できないわよ。あの男は姉さんを助けているように見えるだけ」


早霜「本気で助けたいならあんな事はしない。将来のことを何も考えていないのよ」


早霜「この際だから言っておくわ。私は姉さんを殺す」


S朝潮「そんなことをさせると思いますか?」


早霜「貴女は何も分かっていない。姉さんがそれを望むようになるからよ」


S朝潮「…あり得ませんよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 19:11:59.35 ID:r8+KR+tDO
それにあの男はどうして整備士に脚を治してもらうよう朝霜姉さんを説得しないのかしら?
痛みに苦しんでいるのを知っていてそのままにしてる
龍驤とは事情が違うのだからそうしてもいいはずと早霜
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 19:28:48.34 ID:U7M5ALvQo
>>234
236 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 19:39:02.38 ID:12l1NmLC0
早霜「それにあの男はどうして整備士に脚を治してもらうように朝霜姉さんを説得しないのかしら?」


早霜「痛みに苦しんでいるのを知っていてそのままにしてるなんてあり得ないのよ。龍驤とは事情が違うのだから、治すことに抵抗はないはず」


S朝潮「それは…」


朝霜「それはあたいが何度も断ったからだよ」ギッ


早霜「姉さん?」


朝霜「司令と龍驤さんに治したらどうだって何回も言われたよ。でも全部断った」


早霜「どうしてなの姉さん?」


朝霜「どうしても何もねぇよ。切った脚は戻らないのが普通なんだよ」
237 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 19:45:19.28 ID:12l1NmLC0
朝霜「治療して治るのとはまた別だ。一度失ったもんは元に戻らねぇ」


S朝潮「そんな理由で…」


朝霜「お前ら勘違いしてんじゃねぇ。一人は首を吊ってるし、一人は殺されてる。普通ならそれで終わりなんだよ」


早霜「姉さん……」


朝霜「…司令とあたいの関係はいつか終わる。その時があたいの最後だ」


早霜「やめて!二度も姉さんを失いたくない!」


朝霜「あたいを壊した奴が偉そうに言ってんじゃねぇ」


早霜「姉さん……!」


朝霜「あたいの生き方は自分で決める。誰の指図も受けねぇ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 20:04:58.77 ID:cFOtjicho
凝り固まってる朝霜は過去の自分と同じだと感じるS朝潮
だからこそ助けてあげなくては、指図ではなく自身の意志で変われるようにと
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 20:05:46.00 ID:poWsVWrXO
>>238
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 20:09:24.46 ID:U7M5ALvQo
昔だったらS朝潮が反射で言い返す描写も入って安価に行きそうだったシーン
一皮剥けた感覚える
241 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 20:25:31.09 ID:12l1NmLC0
ーー


S朝潮「今の朝霜は過去の私と同じです。他人の意見は聞き入れず、それしか無いと思い込んでしまうんです」


S朝潮「私は他人を信じられず、自分の因果に負けてしまいました。だからこそ助けてあげなくてはいけません」


S朝潮「こちらからの指図ではなく、朝霜さん自身の意志で変われるように…」


S朝潮「その為に必要…というより変わらなければいけない人が居ます」


S朝潮「司令官…」


S朝潮「朝霜さんを変えて、救えるのは司令官しか居ないんです」
242 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 20:29:15.27 ID:12l1NmLC0
S朝潮「そう思って執務室に行ったんですが、生憎席を外しておられました」


S朝潮「今日の秘書艦代理である漣さんの話によると…司令官は早霜さんと居るはずだと」


S朝潮「先程あんな話をした直後に司令官と……」


S朝潮「…いえ、早霜さんも苦しんでいるんです。殺人衝動は薬物中毒よりも厄介だと聞きました」


S朝潮「司令官の出したモノを殺して気を紛らわせる…確かに理に叶っているかもしれません」


S朝潮「でも…それを朝霜さんが見ていたとしたら…」


S朝潮「とにかく司令官に会いに行きましょう」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
243 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 20:35:55.98 ID:r8+KR+tDO
断られた話を聞いた早霜が諦めずに何度でも説得してほしいと頼んで、懇願していた
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 20:43:48.17 ID:cFOtjicho
↑+提督も朝霜をなんとかして救いたいと考えている
今たどり着いているのは表面を救っても変わらない、ただ説得するだけでは駄目だということ
そして自分達が諦めては駄目だということ
245 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 20:49:23.30 ID:12l1NmLC0
ーー


早霜「姉さんの治療の話、諦めずに何度でも説得して」


提督「もちろん何度も説得している。朝霜をなんとかして救いたいんだ」


提督「もちろん表面だけを救うんじゃない。ちゃんと朝霜という存在を助けたいんだ」


早霜「じゃあ何故姉さんは…」


提督「ただ説得するだけでは駄目だった。酷い時はその話を続けるなら窓から飛び降りると言われた」


早霜「姉さん…」


提督「良い方法があるならそれを教えて欲しいくらいだ。もちろん諦めるつもりは無いが…」


早霜「姉さんは貴方との関係が終われば死ぬと言ってたわよ」


提督「……そんなことはさせない」
246 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 20:51:36.95 ID:12l1NmLC0
S朝潮「探しましたよ司令官」


提督「朝潮、今は…」


S朝潮「早霜さんも居てちょうど良かったです。朝霜さんの話をしようとしてたんです」


早霜「さっきもしたじゃない」


S朝潮「お二人と朝霜さんについて話したかったんです」


提督「朝霜について…?」


早霜「何かいい考えでもあるっていうの?」


S朝潮「安価」


下2 朝潮の台詞やその他起こったことなど
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 21:01:19.79 ID:r8+KR+tDO
慢性化する痛みは精神を蝕む
ああなった原因の一端にはそれがあると思います
今朝霜さんの服用している薬はどんなものなんですか?
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 21:19:11.88 ID:poWsVWrXO
249 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 21:26:34.17 ID:12l1NmLC0
S朝潮「慢性化する痛みは精神を蝕みます。ああなった原因の一端にはそれがあると思います」


早霜「どういうこと?」


S朝潮「今朝霜さんの服用している薬はどんなものですか?」


提督「最初は病院の薬を飲んでいたが、全く効果が無かったから霞の薬に切り替えたんだ」


S朝潮「それでどう変わりましたか?」


提督「全く効かないというレベルから、多少はマシになるレベルになったそうだ」


早霜「霞の薬が原因だって言いたいの?」


S朝潮「そうは言ってません。私が言っているのは痛みが精神を蝕むということです」
250 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 21:30:21.87 ID:12l1NmLC0
S朝潮「霞の薬は間違いなく効いています。でもそれを朝霜さん自身が拒否しているんです」


提督「拒否…?」


早霜「悪い方にプラシーボが働いていると言いたいの?」


S朝潮「朝霜さんは薬なんか効くはずがないと思い込んでしまっているんですよ」


提督「そうだとしてどうすればいい?」


早霜「姉さんの思い込みを無くす方法があるの?」


S朝潮「確証はありませんが、お二人に試してもらいたいことがあったんです。だから最初にお二人を探していたと言ったじゃないですか」


早霜「分かったわ、何か考えがあるなら教えて」
251 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 21:33:13.58 ID:12l1NmLC0
ーー


朝霜「〜〜」


朝霜「なぁ司令、今日は…」


早霜「嫌だもう…フフフ…」


提督「……」


朝霜「早霜…パパ……?」


S朝潮『朝霜さんの思い込みの一つにお二人の関係があると思うんです。特に早霜さんは司令官の事を嫌っていますよね』


S朝潮『ですからお二人が仲良くしている所を見せれば、きっと精神的に安定するはずです』


提督(朝潮の言う通りにやってみてはいるが…朝霜に効果はあるのか?)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 21:40:51.17 ID:+ULwWuu5o
朝霜「た、たちの悪いイタズラすんなよな」
早霜「あらイタズラなんかじゃないわ。ねー提督?」
さらに過度気味なスキンシップで朝霜の動揺が広がる
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 21:46:54.83 ID:e7q8dYysO
早霜にどういう風の吹き回しなんだと言いつつ言葉には棘がない朝霜
なんなら三人でお茶しようとまで
254 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 21:56:51.13 ID:12l1NmLC0
朝霜「早霜、どういう風の吹き回しなんだよ」


早霜「どうもこうも無いわよ、ねぇ司令官?」


提督「そうだな…」


朝霜「なんだよ早霜も司令もよ…」


早霜(朝潮の言葉は信じられなかったけど、この反応を見てると嘘とは言えないわね)


提督(本気で嫌がっていない。言葉に棘が無いからな)


早霜(もう少し続ける価値はあるわね…)


早霜「…せっかくだから三人でお茶でもしない?」


朝霜「本気なのかよ…」


早霜「勿論よ、すぐに用意するわね」
255 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 22:02:00.18 ID:12l1NmLC0
ーー


早霜「お茶菓子は司令官のお手製よ」


提督「口に合えばいいんだがな」


早霜「司令官の作るものは全部美味しいじゃない」


朝霜「……」


早霜(私を見てるけど、怒ったりもしてない)


提督(不安定な様子も見えないな)


早霜(こんなことで姉さんの心が安らぐなら、いくらでもやってあげるわよ)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 22:13:24.09 ID:cFOtjicho
談笑がノッてきたところで提督が自信作を出してきてまず早霜が食べると本音で美味しいわと言葉が出てくる
朝霜も早霜がそこまで言うか〜と期待して食べて絶賛
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 22:36:08.72 ID:EUA5yBrVO
258 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 22:44:46.70 ID:12l1NmLC0
提督「…そうだ、今日は新作を作ってきたんだ」スッ


早霜「これは?」


提督「サツマイモをぐしゃっとやって、ぐりんってやったやつだ」


朝霜「美味いのか?」


提督「そのはずなんだが…皆んなの口に合うかが分からないんだ」


早霜「なら私が食べてみるわね」パクッ


提督「どうだ?」


早霜「あら…美味しいわね」


朝霜「早霜が素直に褒めるのは珍しいな。そこまで美味いってことなのか?」


提督「朝霜も食べてみてくれ」


朝霜「勿論だ!いただきま〜すっと」パクッ
259 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/12(水) 22:48:16.94 ID:12l1NmLC0
朝霜「…んまい!これは美味いぞ司令!」


提督「それは良かった」


朝霜「流石だよな司令〜!」パクパク


早霜「…あの朝霜姉さんの表情。あんなに明るいのは久しぶりに見たわ」


提督「朝潮の言う通りだったのかもしれないな」


早霜「この調子が続くなら朝霜姉さんの前では仲良くしてあげるわ」


提督「そうしてくれ。朝霜が良くなるのは俺も喜ばしいからな」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:06:38.41 ID:pTI+j5Ado
初めは提督と仲良くするフリだったけど段々意識することなく普通に接するようになる早霜
朝霜とも軽い話題で会話できるようになってくる
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:07:23.15 ID:U7M5ALvQo
朝潮
感触は良さそうですね…お二人も朝霜さんから見た家族の括りなんです、それが仲が悪かったら心中穏やかであろうはずがありません(提督の新作もぐもぐ)
262 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 23:14:33.25 ID:12l1NmLC0
ーー


S朝潮「どうですか?私の言う通りでしたよね」


早霜「まだ決めつけるのは早いけど、逆効果では無さそうね」


提督「そうだな…」


S朝潮「当たり前です、お二人も朝霜さんから見た家族の括りなんですよ」


提督「家族…」


S朝潮「家族の仲が悪かったら、心中穏やかであろうはずがありませんから」モグモグ


早霜「…貴女の言いたいことは分かったわ」


S朝潮「それは良かったです…あ、これ本当に美味しいですね。八島さんにお土産に持って帰りましょう」
263 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/12(水) 23:18:45.89 ID:12l1NmLC0
提督「こうやって普通の関係を続けていけばいいのか?」


S朝潮「勿論です。でもそれだけじゃ足りません」


早霜「まだ何かをやらせようっていうの?」


S朝潮「ちょっと待っ……」モグモグ


提督「……」


S朝潮「…ふぅ。ええ、そうです。更に朝霜さんを安心させてあげればいいんですよ」


早霜「どうすれば…何をすればいいのかしら?」


S朝潮「安価」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:49:07.74 ID:EUA5yBrVO
それですよ、朝霜さんをどうしたいのかではなく何をしてあげたいか考えてください
変化を押し付けられると心は休まりません
穏やかでも激流でも身を任せられると心は落ち着くんです
家族ってそういうものだと思います(八島さんを思い浮かべながら)

考えを変えると穏やかに過ごす中で何気ない朝霜の引っ掛かりを見つけてフォローすることができる二人
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:49:58.82 ID:6kRQWezUo
早霜が執務も手伝う
266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:51:47.02 ID:6kRQWezUo
やらかしたもうしわけねえ
267 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/12(水) 23:52:36.02 ID:12l1NmLC0
再安価

下2 お願いします
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:55:09.96 ID:EUA5yBrVO
>>264
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/12(水) 23:58:48.21 ID:cFOtjicho
>>264
負い目からではなくて今の等身大の朝霜を見て何ができるか考えるようになった
270 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 00:06:08.01 ID:1MwY+n0w0
S朝潮「それですよ」


提督「何がだ?」


S朝潮「朝霜さんをどうしたいのかではなく、何をしてあげたいか考えてください」


S朝潮「変化を押し付けられると心は休まりません。穏やかであっても激流でも、身を任せられると心は落ち着くんです」


早霜「私達にそうなれって言うの?」


S朝潮「家族ってそういうものだと思います。私は…そう教わりました」


提督「俺は今まで朝霜の為だと思って色々とやってきた。そうでは無く、何をしてあげたいのか…」


S朝潮「早霜さんは朝霜さんへの負い目は一旦忘れて下さい。今の朝霜さんに何が必要なのかをよく考えて下さいね」


早霜「分かったわ」
271 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 00:09:38.93 ID:1MwY+n0w0
ーー


朝霜「〜〜でさぁ、本当にどうかしてると思うぜ」


提督「そうだな」


朝霜「……」グリグリ


提督「義足が気持ち悪いか?なら外して俺の膝に座ったらどうだ?」


朝霜「ん…じゃあちょっと」ガチャッ


提督「よし…じゃあ話の続きを聞かせてくれ」


朝霜「それでさ、あたいは……」


提督「そうかそうか…」
272 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/13(木) 00:14:22.90 ID:1MwY+n0w0
ーー


朝霜「司令はまだ仕事中か…」


朝霜「幻肢痛が出そうだし、風呂はまた明日に…」


早霜「姉さん、一緒にお風呂にでも入らない?」


朝霜「……」


早霜「背中、流してあげるわよ」


朝霜「早霜が居るなら…入っとこうかな」


早霜「司令官と入るだけじゃなくて、私とも入って欲しいわ」


朝霜「分かったよ、これからは早霜にも頼むから」


早霜「…負い目を関係なく朝霜姉さんを見る。こんな簡単なことが今までできていなかったのね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:24:42.05 ID:gv2BfcJDO
お風呂で早霜に手を貸してもらう朝霜
やっぱり…不便だよな…とぽつりと溢す
失ったものは戻らない
その拘りはかつての朝霜が救えなかった艦娘達への想いが根底にあった
あたしの脚が簡単に戻っちまったらあいつらは何だったんだって思うんだよと
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:34:16.41 ID:JiZqSbJlo
>>273を受けて早霜
奪う事しかしてこなかった私は姉さんの覚悟を否定なんてできない
けど今の姉さんを見て、簡単に脚を治そうとしてるなんて誰にも言わせない
提督から聞いたわ、どんなに幻肢痛で苦しんでても自分から治そうと言わなかったって
275 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 00:42:04.11 ID:1MwY+n0w0
ーー


早霜「姉さん滑るから気を付けて」


朝霜「……やっぱり…不便だよな…」


早霜「姉さん…?」


朝霜「失ったものは二度と戻らねぇんだよ。脚だって腕だって……命だって」


早霜「……」


朝霜「あたいの脚が簡単に戻っちまったら、あいつらの…救えなかった命は、一体何だったんだって思うんだよ」


早霜「奪う事しかしてこなかった私は、姉さんの覚悟を否定なんてできない。 けど今の姉さんを見て、簡単に脚を治そうだなんて言えないわ」


朝霜「……」
276 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 00:49:22.98 ID:1MwY+n0w0
早霜「司令官から聞いたわ、どんなに幻肢痛で苦しんでても自分から脚を治したいって言ったことが無いって」


朝霜「何十人、何百人も救えなかった…あたいが強かったら全部救えてた命なんだよ…」


朝霜「そんなあたいが…簡単に治すだなんて…」


早霜「姉さん……」ギュッ


早霜「貴女を傷付けてしまったからじゃなく…一人の妹として姉さんを支えさせて」


朝霜「早霜ぉ…」


早霜「脚を治せだなんて言わない。でもこれだけは言わせて」


早霜「生きることを諦めずに……幸せになって」


朝霜「うぅぅ……」


早霜「姉さんの為なら死ぬ覚悟だった。それに比べたら家族ごっこなんてなんてこと無い」


早霜「司令官も利用して……朝霜姉さんは絶対に不幸になんかさせない」


ーー
277 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 00:49:54.20 ID:1MwY+n0w0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:52:20.68 ID:PSTaGpm+O
負い目からではなくだから最後に前向きにしてあげたかった…が仕方ない
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 00:55:50.06 ID:dSrAgfVLo
早霜も朝霜もまだスタートラインよ
利用だとかごっこと思ってるウチはまだダメダメ
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:01:28.63 ID:gv2BfcJDO
お疲れ様でした
提督のキャパシティを考えるとこのままではやっぱり良くないのかな
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:09:00.05 ID:8Q3By226O
乙でした
やっぱその後は全体的に過去との付き合い方を考えないと行けない感じかな
いつまでも足枷になって思考が停滞してると何も変われなくて、過去があるけどこれから何をやってその中で変わっていくのが重要?

最後も早霜の過去のせいで何も言えないとか朝霜が辛いのは知ってるで止まっちゃったから考があまり変わってない?
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:13:23.85 ID:x83XbAhWo
今回って朝霜の解決フェーズのようで早霜も解決フェーズだよね
朝霜一辺倒の早霜を変えてやらないと
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:37:46.96 ID:dSrAgfVLo
>>280
関係のあり方次第じゃないかな
常に寄りかかるんじゃなくて側に並んでいて躓いたときやよろけた時には助けるとかがいい関係だと思う
フォローは早霜にほとんど全部任せますじゃあ逆に変だと思う
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 01:54:16.57 ID:JiZqSbJlo
おつです
>>281
未来を見ろとの忠告がここでも生きてた…良くなかったなあ許して八島さん…

本当の家族じゃないから幸せに出来ないというのはちゃんちゃらおかしいと思うんですよね血が繋がってても相手を不幸にしかしないのもおる
285 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 19:03:46.47 ID:1MwY+n0w0
ーー


バキッ、ドガガッ


由良「……」


早霜「……」


ドゴッ


由良「…っ」


早霜「……」


名取「そこまで!」


由良「…負けた」


早霜「こんな所かしらね」


名取「今まで二人はほぼ互角くらいだったのに…今日は早霜の圧勝…」


由良「…」


名取「しかも早霜は今までと違って、忍びの技だけで組手をやった…」


早霜「悪いけどこれでまだ本気じゃないのよ」


由良「…」
286 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/13(木) 19:08:12.49 ID:1MwY+n0w0
由良「どうして」


早霜「私のやるべきことが分かったから、かしら」


名取「それと強さは関係ないんじゃ…」


早霜「あるのよ。私は姉さんを傷付けてしまったという罪に怯えていた。でもその考えは間違いだった」


早霜「家族ごっこも司令官も、徹底的に利用して姉さんを幸せにするのが私の役目」


名取「力を使う目的ができた…?」


早霜「ただの快楽殺人鬼だった頃の私とは別人。貴女達二人と戦っても勝つわよ」


名取「私はともかく、由良が歯が立たないだなんて…」


由良「…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 19:13:05.08 ID:gv2BfcJDO
由良さん最近集中力を欠いている
負けたのもそれが一因
原因は旦那と川内の事

前シリーズ最終回以降どうなっていたのか顛末を
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 19:15:03.45 ID:dSrAgfVLo
ごっこや利用と言いつつ普段から意識せず当たりが柔らかくなったりしてる早霜
むしろごっこや利用だと言う時に意識してる感じ
289 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 19:25:57.18 ID:1MwY+n0w0
ーー


由良「早霜」


早霜「あら、どうしたの?」


由良「貴女を見ていた」


由良「貴女は変わった」


早霜「……」


由良「棘が無くなった」


由良「まるで別人」


早霜「…それが言いたかっただけ?」


由良「違う」


由良「忠告よ」
290 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 19:30:11.77 ID:1MwY+n0w0
由良「家族ごっこと」


由良「自分に言い聞かせてるつもりでも」


由良「うまくいっていない」


由良「溜まった感情が爆発すれば」


由良「何人も死ぬ」


早霜「そうでしょうね。私は貴女を捻り潰せるのよ」


由良「貴女」


由良「もう一度日陰に戻るの」


由良「せっかく日の当たる所を歩いているのに」


早霜「もしそうなっても後悔は無いわ。私には光が眩し過ぎただけの話よ」


由良「…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 19:55:28.46 ID:JiZqSbJlo
由良さん 
朝霜はどうするの
先に貴女が駄目になったら意味がない
変われた意味をよく考えて
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:05:56.35 ID:LWT72mfaO
由良がじゃあ今溜まってる思い私に吐き出して
家族には言えないこともあるでしょう?
言葉にすれば整理できることもある

なんで貴女に…と言おうとしてからやっぱりお願いするわと早霜
293 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:11:54.15 ID:1MwY+n0w0
由良「今溜まってる思い」


由良「私に吐き出して」


早霜「なんで貴女に…」


由良「言葉にすれば整理できる」


由良「『家族』には言えないことも」


早霜「……」


早霜「…ちょうど貴女になら言えるかもしれないわね」


早霜「貴女…夫とはうまくいってるの?」


由良「どういう?」


早霜「男と女の関係よ。私が吐き出そうとしているのはそういう話よ?」


由良「…」


由良「分かった、答える」
294 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:15:02.36 ID:1MwY+n0w0
由良「この体になってから」


由良「うまくいっていない」


早霜「そうよね、深海棲艦の体に欲情はしないわよね」


由良「違う」


由良「力が強過ぎて、あの人のを壊す」


早霜「…モノを?」


由良「…」コクリ


早霜「……そう」


由良「私は言った」


早霜「……家族で体を重ねるのはどう考えてもおかしいわよ」


早霜「なぜ司令官は朝霜姉さんを娘だと言いながら、あんな行為ができるのよ」
295 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:18:31.09 ID:1MwY+n0w0
由良「普通ならおかしい」


由良「でもあの提督なら考えられる」


早霜「あの男が…」


由良「提督はファミリーコンプレックス」


由良「彼なりの愛情表現で、家族の絆を保とうとしてる」


早霜「そんなふしだらな絆は家族じゃない」


由良「早霜」


由良「艦娘に親は居ない」


由良「親が居ない提督と、引き合うものがある」


由良「提督も艦娘も、普通じゃない」


由良「大事なのは強制されていないこと」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:27:35.16 ID:EHAGEv53o
自分が否定されない世界というのは心地よいもの
でもどうやったって提督も艦娘も人間の社会に組み込まれて生きていくしかない
常識から逸脱しているとその歪みは必ず何らかの形で正される時が来る
そうなる前に少しずつでも治していくか、社会から逃げるしかないわよと早霜
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:27:59.25 ID:gv2BfcJDO
ただ問題なのは他の鎮守府の規範となるべき横須賀の内情がそうであるという事
端から見たら爛れているようにしか見えないだろうと由良は危惧する
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:32:20.13 ID:dSrAgfVLo
でも確かに彼も変わる必要がある
貴女なら見せてあげられるはず、貴女が自分で見つけた家族の形
形だけや利用なんて建前で隠さないで彼の為に見せてあげて欲しい

それが朝霜や貴女の為になる
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:34:41.59 ID:LWT72mfaO
早霜が不安定なところに変に常識で考えてとかぶっこむと無茶しそうで怖い…
300 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:35:49.52 ID:1MwY+n0w0
由良「ただ」


由良「彼は横須賀の提督」


由良「人一倍規律を求められる」


由良「他人から見れば」


由良「爛れているようにしか見えない」


早霜「私はそれが嫌なの。姉さんを節度のない連中の仲間にされたくない」


由良「じゃあ」


由良「それさえ解決できれば」


由良「提督と朝霜の関係は」


由良「認めるのね」


早霜「……」
301 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:38:47.80 ID:1MwY+n0w0
由良「認められないの」


早霜「……」


由良「貴女は」


由良「何がしたいの」


早霜「うるさいわね!貴女に話しても何も解決しなかっただけよ!」


由良「…」


早霜「勝手に私を観察しないで!」


由良「…」シュバッ


早霜「……」ギリギリ


早霜「私には姉さんだけが居ればいいのよ…!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:44:13.92 ID:wHrut2ejO
結局貴女は何かもっともらしい理由をつけて朝霜を提督から離したいだけなのねと由良
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 20:47:02.56 ID:dSrAgfVLo
そう、それがあなたの良くないところと由良が指摘
周囲も朝霜を構成する要素なの
だからもっと広い視野で見て、朝霜も貴女も周囲との関係は切り離せない

から>>298

ハッとする早霜
304 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 20:56:14.13 ID:1MwY+n0w0
「そう」


「それが貴女のよくない所」


早霜「由良…!」


「貴女の周りも、朝霜の一部」


「それなのに」


「貴女は朝霜しか見ない」


「もっと周りを見て」


「簡単には切り離せない」


「朝霜も貴女も周りも」
305 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/13(木) 21:00:43.88 ID:1MwY+n0w0
「貴女は結局」


「朝霜を提督から離したいだけ」


早霜「…!」


「貴女は玩具を取り上げられた子ども」


「朝霜のことを救おうとしていない」


「玩具を大人から取り戻したいだけ」


「だから周りも見ない」


「自分は朝霜の持ち主だから」


「何をしても許される」


「大人は」


「持ち主じゃないから、触って欲しくもない」


「早霜」


「朝霜は玩具じゃない」


早霜「よくも好き勝手に…!」ギリギリ
306 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 21:03:33.51 ID:1MwY+n0w0
「大前提として」


「朝霜は誰の物でもない」


「彼女自身のもの」


「なぜ貴女が介入するの」


早霜「うるさい……!」


「彼女は手を伸ばしていない」


「貴女が無理やり」


「手を出させてる」


早霜「知った風な口をきかないで!!」


「…」


早霜「朝霜姉さんには私が………私だけが必要なのよぉ…!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:14:26.92 ID:JiZqSbJlo
貴女は朝霜という存在意義に依存している
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:17:20.50 ID:gv2BfcJDO
それらは早霜の自問自答だった
少し頭を冷やさなければ…と
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:22:15.00 ID:LWT72mfaO
安価取りたいけどどんどん良くない方に進んでく気がするぞ…
310 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 21:22:28.03 ID:1MwY+n0w0
「貴女は朝霜に依存…


早霜「黙りなさいよ!!」


……


早霜「はぁ…はぁ…!」


早霜「何なのよ……」


早霜「全部私の頭の中の……声…」


早霜「自分がまともじゃないのは分かってたけど…これは少し……頭を冷やさないと…」


早霜「ええ、そうよね……」


早霜「ここには殺してもいいのが何人か居るわよね」
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:25:29.44 ID:LWT72mfaO
あーニュートラルな安価はBADに傾く…
312 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 21:27:01.76 ID:1MwY+n0w0
「……」


早霜「ちょうど誰か…来たみたいね」


早霜「そういえば私、通り魔みたいにすれ違いざまに殺すのが好きだったわよね」


早霜「あれは最高だったわ…」


早霜「またあれをやればきっと落ち着ける……」


早霜「大丈夫、大丈夫…」


早霜「朝霜姉さんの為なら、一人くらい殺しても許されるのよ」


下2 通りかかったのは?
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:29:20.03 ID:dSrAgfVLo
提督と朝霜
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:29:31.72 ID:JiZqSbJlo
朝霜と提督
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:31:22.73 ID:gv2BfcJDO
いったん落ち着こうって言ってじゃあ誰か殺そうって早霜ならでは
鎮守府としての問題は早霜がタッチするべき事ではなかったね…
316 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 21:44:27.82 ID:1MwY+n0w0
朝霜「…司令はどう思う?」


提督「本人の意思が大切だと思う」


朝霜「あたいがいいって言うなら早霜もいいって言うに決まってんだろ!」


提督「……」


朝霜「やっぱりさ、あたいにとって早霜も司令と同じくらい大切なんだよ。だからさ……」


提督「朝霜はそうか思っているかもしれないが、肝心の早霜は俺のことを…」


朝霜「…………」


提督「朝霜、どうした………」


朝霜「……ごぼっ」ベチャッ
317 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/13(木) 21:48:55.51 ID:1MwY+n0w0
ーー


早霜「ふぅぅ……はぁ…」


早霜「やっぱり血はいいわね。煮え沸った頭を冷やしてくれるのはこれしか無いわ」


早霜「二人歩いててヤったのは一人。流石に二人同時は怪しいものね」


早霜「きっと今頃血が…綺麗な水溜りができているでしょうね」


早霜「あら……そういえば何で冷静になろうとしてたのかしら?」


早霜「…そうね、朝霜姉さんに会いに行こうとしてたのよ」


早霜「この時間だと執務室に行けばいるわよね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:53:39.10 ID:dSrAgfVLo
鎮守府内だったことが幸いして朝霜は応急処置を施されて、グラーフを助けに呼んで一命を取り留める
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:55:27.84 ID:wHrut2ejO
血を流しすぎて輸血の処置が必要
鎮守府のデータを照合し適合者をすぐに洗い出す
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 21:56:07.29 ID:LWT72mfaO
>>318
目が冷めた朝霜は提督と共に早霜と話
ビクビクする早霜にあたいだからギリギリ助かったと説教
そして困ってるなら思ってることがあるならちゃんと話せ妹だろうとここに一番ブチギレ
321 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 22:01:09.06 ID:1MwY+n0w0
ーー医務室


明石「血が……!!傷口は小さいのに血が止まらない!!」


秋津洲「早く輸血しないと数分も持たないかも!!」


提督「朝霜!朝霜!!」


朝霜「…」ゴボッ


明石「提督は緊急招集をかけて下さい!!朝霜さんと血液型の合う皆さんを大至急集めて!」


提督「…分かった!」


秋津洲「朝霜は絶対助けるかも!!」


朝霜「…」ゴボッゴボッ
322 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 22:04:02.94 ID:1MwY+n0w0
ーー


由良「血の絨毯」


名取「暗殺の一種で相手を苦しめて殺す技」


由良「特徴は出血量」


名取「傷口は小さいのにそこから血が吹き出す。これは見る人が見ればすぐに分かる」


由良「貴女」


由良「自分が何をしたか分かっているの」


早霜「……」


名取「どうしてあんな事…朝霜は大切な存在じゃなかったの?」


早霜「安価」


下2 早霜の台詞やその他起こったことなど
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 22:08:34.52 ID:dSrAgfVLo
何も喋らない、喋れない早霜を由良がビンタ
そこまで追い詰められていることに気づけなかった私達にも問題がある
でもこんなことしてる場合じゃない、大切なのは朝霜、あなたの姉

早霜の悪いぐるぐる回ってた思考が全部吹き飛んで朝霜を助けるという思いで一致する
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 22:10:01.21 ID:LWT72mfaO
>>323
早霜の輸血分でギリギリグラーフの到着に間に合う
325 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 22:39:44.41 ID:1MwY+n0w0
早霜「……」


早霜「…………」


由良「…」バチンッ


早霜「……」


名取「そこまで追い詰められていることに気づけなかった、私達にも責任はあるよ…」


名取「でもこんなことしてる場合じゃない、大切なのは朝霜…あなたのお姉さんでしょ?」


早霜「……」


由良「早く医務室に行きなさい」


早霜「……」
326 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 22:42:48.37 ID:1MwY+n0w0
ーー医務室


提督「朝霜はどうだ!?」


秋津洲「ダメかも……早霜の輸血があってもギリギリ…」


提督「そんな…」


明石「この鎮守府の皆さんからはもう輸血は貰えません!」


早霜「……」


菊月「緊急事態だと言われたから来てやったぞ」バシュッ


グラーフ「血が…!」


提督「助かった!!朝霜を頼む!」


菊月「助けるつもりだったが止めた」


明石「どうして!?」


菊月「理由はそこの奴が知っている」


早霜「……」
327 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 22:44:58.63 ID:1MwY+n0w0
菊月「朝霜をやったのはお前だな」


早霜「…」コクリ


提督「ど…どうして……?」


菊月「理由はどうあれ仲間割れは助ける理由にならない」


秋津洲「朝霜を見捨てるかも!?」


菊月「捨てるさ」


グラーフ「血…血が……」


提督「頼む!朝霜を治療してくれ!俺にとって大切な…大事な娘なんだ!!」


早霜「安価」


下2 早霜の台詞やその他起こったことなど
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 22:55:22.86 ID:dSrAgfVLo
自分の罪であることと思いを全部吐き出す
でも姉さんを助けて欲しいたった一人の姉なのと懇願

するとほぼない意識で朝霜が妹が姉をちょっと突いて当たりどころが悪かったんだ…本当はいい子なんだよ…というので早霜は涙が止まらなくなる

それを見て菊月が直せという時にはグラーフが直しててテヘペロ
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:00:18.62 ID:x83XbAhWo
↑早霜は心が満ちてやっと何が足りてなかったのか分る
朝霜に無二の妹と認められたかったそれだけ
殺人衝動や朝霜を独占したいという渇望も心の隙間を埋めようとしていただけだった
330 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:07:28.26 ID:1MwY+n0w0
早霜「姉さんは…私がやった……やってしまったのよ……」


提督「早霜が……」


秋津洲「改心も何もしてなかったかも!?」


早霜「違う!姉さんだと知って殺そうとしたんじゃない…誰でもいいから殺そうとしたの……」


明石「殺人衝動……」


早霜「姉さんを助けて欲しい…」


菊月「自分で殺そうとしておいてか」


早霜「私にとってたった一人の姉なのよぉ!!」
331 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:15:37.33 ID:1MwY+n0w0
朝霜「早霜はな……本当はいい子なんだよ…」


提督「朝霜!?」


秋津洲「無理に喋ると死ぬかも!!」


朝霜「こんなの……妹が姉を…ちょっと突いて……当たりどころが悪かっただけだ……」


早霜「姉さん…………!!」ポロポロ


朝霜「ごめんな……早霜…お前は……ずっと……そうだったんだよな……」


朝霜「夕雲型で……あたい達が……唯一…生き残って……その後…お前が……」


早霜「姉さん、姉さん……!」


朝霜「早霜は……ちゃんと……あたいの…妹だ……」


早霜「わぁぁぁぁぁーーー!!」
332 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:20:06.80 ID:1MwY+n0w0
秋津洲「どつういうことかも?」


提督「朝霜と早霜の着任時期は違うんだ。早霜が以前の鎮守府に着任した頃、夕雲型は朝霜だけになっていた」


明石「ちゃんと妹……そういう意味なんですね」


提督「早霜は朝霜に妹だと認められたかったんだ。だから朝霜は殺さずにマインドコントロールを行った」


秋津洲「それが裏目に出たかも…」


提督「そこまでやっても朝霜は早霜を本当の妹だとは認めようとしなかった。それで余計に拗れてしまったんだ」


明石「単純だけど…複雑な事情があったんですね…」


早霜「あぁ、あぁぁぁぁーーーー!!」
333 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:25:48.75 ID:1MwY+n0w0
早霜「私に足りなかったのは……あぁぁ…!!」


早霜「殺人衝動も……朝霜姉さんを独占したいという渇望が……!!」


早霜「私は……姉さんという心の隙間を…埋めようとしていただけだったのよぉ…!!」


早霜「それだけ……たったそれだけの為に……私は…何人……殺して……!」


早霜「姉さん、姉さん、姉さん……!!」


菊月「……おいグラーフ、朝霜を…」


朝霜「早霜……」ギュッ


早霜「朝霜姉さん……!!」


菊月「…おい」


グラーフ「だって!!血が!怖い!!」


菊月「…チッ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:33:28.08 ID:LWT72mfaO
ポンコツのフォローだから大サービスだと周囲の付着してる血だけサビに変える菊月
血でなくなればへっちゃらでアイアイマムと治療するグラーフ
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:33:56.61 ID:EHAGEv53o
菊月が目隠ししてグラーフの腕を取りここだと誘導する
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:34:14.85 ID:gv2BfcJDO
早霜が自らの内面を自覚し受け入れた時、朝霜限定で以前の能力が発動し朝霜がリスポンした
しかし早霜に能力が戻ったというわけではないようだった
337 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:42:41.16 ID:1MwY+n0w0
菊月「…目を閉じていろ。お前の手を朝霜に当てる」


グラーフ「それならまだ…」


早霜「お願い!!朝霜姉さんを助けてぇ!!」


グラーフ「……」


朝霜「ぁ……」


グラーフ「…終わった」


明石「傷口が治って出血も止まりました…」


秋津洲「流石チート能力かも…」


菊月「用が済んだら帰る。こんな所にいつまでも居る価値は無い」


グラーフ「……ひぃぃ!!手に血がついてる!!」


菊月「…神威、もういいぞ」バシュッ
338 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:44:38.91 ID:1MwY+n0w0
朝霜「……」


早霜「姉さんは助かったのよね!?」


秋津洲「血が足りてないだけかも」


明石「このまま安静にしていれば良くなります」


早霜「良かった……!!」ギュッ


提督「…早霜と話をしなければならないが、今は朝霜の側に居てやってくれ」


早霜「……はい」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:48:43.22 ID:9c9DZINUO
頭の中身を弄ってもいいから、殺人衝動を取り去ってしまいたいと提督に告げる早霜
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/13(木) 23:51:18.35 ID:LWT72mfaO
すっかり殺人衝動もなくなったけど早霜の処遇を話し合うことに
朝霜が姉のあたいも悪いからあたいが責任をもって面倒見るとだから今回のことは不問にしてくれと
341 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/13(木) 23:59:18.23 ID:1MwY+n0w0
ーー


漣「早霜さんの処遇についての話し合いですが…まずは現在の早霜さんは殺人衝動はもう起こっていないと?」


早霜「ええ…あれから全く無いわ」


漣「それは素晴らしいことですが、無罪放免という訳には…」


朝霜「姉のあたいも悪いから早霜は責任をもって面倒見る」


漣「ぶっちゃけ朝霜さんにそう言われても説得力が無いんですよ。幻肢痛で苦しんでるのは散々見てますからね」


提督「朝霜は俺が面倒を見る。大切な家族だからな」


漣「う〜ん……これは悩みますな」
342 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 00:05:19.17 ID:ede4fmh10
漣「ここで不問にすると、類似の事があった時にまた不問にしなければいけません」


提督「そんなことは…」


漣「もう起こらないと言い切れますか?」


早霜「……」


漣「私が危惧しているのはここが横須賀鎮守府という場所だからです。今回は朝霜一人でしたが、逆に言えば朝霜でなければ複数人死亡者が出ていたんです」


漣「朝霜さんから離れたくないというのなら、二人揃ってここから出て行ってもらうしか無いと思います」


提督「……」


漣「提督には龍驤さんと霞さんが居るじゃないですか」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 00:13:09.93 ID:mHdB99PTo
仲間を刺す艦娘なんて初めてじゃない、前例がいるからな(叢雲)
早霜も入院が必要だと思うぞ
……早霜、流石に何もなしとは出来ない…受けてくれないか、頼む
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 00:13:23.35 ID:NAjQWQawO
確実にもう起こらないと確約できる処置を受ければいいのでしょうと早霜
脳を弄っても構わない、大本営にはその技術があったはずと
345 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 00:25:19.03 ID:ede4fmh10
早霜「確実にもう起こらないと確約できる処置を受ければいいのでしょう」


漣「と、いうと?」


早霜「脳を弄っても構わないわ。大本営にはその技術があったわよね?」


提督「……明石と同じ手術を受けるというのか」


早霜「スイッチ一つで行動を止められるなら大丈夫よね?」


漣「その覚悟があるんですね?」


早霜「勿論よ。それで足りないのなら両腕を切ってもいいわ」


漣「それは言い過ぎです」


早霜「本気よ」


漣「だからってこの場で腕を切ろうとしないで下さいよ」


早霜「分かってるわ、姉さんの前でそんなことするわけ無いじゃない」


朝霜「早霜…」
346 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 00:29:52.18 ID:ede4fmh10
朝霜「漣、どうしてもダメなのか?」


漣「はい」


朝霜「……あたいが左脚を切ってもか」


早霜「姉さんは関係ない!」


漣「それならいいでしょう」


早霜「漣……!!」


漣「貴女の両腕が無くなった所で危険度はそんなに下がらないんですよ。それなら朝霜さんの四肢を奪っていった方が効果はあります」


漣「これで貴女は二度と暴れることができない。次に何かすれば朝霜さんの右腕。その次は左。そしてその次は……」


朝霜「首」


漣「朝霜さんも納得したようですのでこれで終わりましょう。早霜さん、これから十分に気を付けて下さいね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 00:42:58.00 ID:NJPa4iSeo
もし提督の方に仕掛けていたらこの鎮守府がどうなっていたか考えてくださいと言い含めて漣は退出
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 00:44:04.64 ID:oMO2VZPDo
何を勝手に決めているんだと提督がキレる
足を切る?バカを言うのも大概にしろと

お前が言う横須賀鎮守という場所は何かあるたびに艦娘の手足を切り落とすのかと

叢雲が受けた治療もあるしもっと方法は考えられるだろうと
349 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 00:56:18.75 ID:ede4fmh10
提督「何を勝手に決めているんだ、俺は納得していない」


漣「朝霜さんは納得されましたよ」


提督「お前が言う横須賀鎮守という場所は、何かあるたびに艦娘の手足を切り落とすのか?」


漣「冷静になって下さい、早霜さんの処遇を決めているだけです。私がいつそんな事を言いましたか?」


提督「……叢雲が受けた治療もある、もっと方法は考えられるだろう」


漣「勿論あるでしょうね。でも効き目が一番あるのはこれなんですよ」


漣「提督、被害に遭っていたのが龍驤さんでも同じことを言ってましたか?」


提督「漣!」


漣「朝霜さん。脚の切り落としは近日中、極秘に行います。決行時、特にそこの二人にはバレないようにして下さいね」


朝霜「分かってるよ、これでも特務艦だからな」


早霜「姉さん………」


提督「……」


ーー
350 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 00:57:13.77 ID:ede4fmh10
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 00:58:06.13 ID:RZRiW6QNO
漣完全に越権行為だよねこれ…
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:00:15.52 ID:oMO2VZPDo
漣が完全に冷静じゃないなぁ
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:00:58.73 ID:PwjlvCyDO
お疲れ様でした
漣…あくまで事務的な時だけ提督呼びにしてるだけなのか
でも何かがおかしい…
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:04:16.75 ID:NAjQWQawO
本来なら問答無用で解体にしてるところだろう
罰則なしってのも考え辛い
妥当では?
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:06:04.94 ID:mHdB99PTo

あっ呼び方…漣どうした
二人の自立の方向的にとてもまずい…
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:10:04.06 ID:PwjlvCyDO
家族だとかの前にやっぱり軍隊なんだなあと
全然軍隊らしくないから忘れがちになる
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:11:37.18 ID:RZRiW6QNO
まあ前々からシリアスなところでは提督呼びになってるからね
その3見ればわかるよ
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:14:25.19 ID:oMO2VZPDo
>>354
だから本人への処置のところを朝霜の四肢切断に賛成は全く普通じゃないと思うんだ
はたから見れば恐怖政治を敷くのと何ら変わりないし組織や旧大本営じみてる
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:22:55.79 ID:RZRiW6QNO
潜水新棲姫の次に大切な提督のためならどんな無茶もするのが漣
漣も変わらないといけないときが来たってことだね
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 01:23:57.91 ID:NJPa4iSeo
脳手術の方は却下されたん?
返答ナシのように見える
361 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 19:48:38.49 ID:ede4fmh10
ーー


幹部「早霜君の対策として、朝霜君に何かペナルティを与えるという考えはよく分かる」


漣「そうですよね」


幹部「早霜君本人へのペナルティが意味をなさないのなら、大切な存在である朝霜君を代わりに…判断としては間違いでは無い」


漣「もう二度と暴れません、なんていう言葉は信じられませんからね」


幹部「早霜君がまた暴れてしまった場合、最悪全滅というのも考えられる」


漣「それを阻止する為にも、朝霜さんの脚を切るのは必要なことなんです」
362 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/14(金) 19:53:31.71 ID:ede4fmh10
幹部「いいや、それはやり過ぎだ。脚を切る件は全く理解できない」


漣「ここで甘えを出してはいけないんですよ」


幹部「その考えも分かるが、やはりやり過ぎだよ。それに朝霜君が両脚を失えば特務艦としての立場も危うい」


幹部「百歩譲って片手や片目の神経を切る…というのなら協力しよう」


漣「……」


幹部「漣君は提督君を大切に思っているんだね。だからそこまでしようとしていた」


幹部「冷静になって考えて欲しい。朝霜君の脚を切ると苦しむのは提督君もなんだよ」


漣「……」


幹部「朝霜君達ともう一度話し合うべきだ。少なくとも私はそう思うよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 19:58:52.79 ID:NJPa4iSeo
それに特務艦に対しての処置を横須賀と言えど一介の秘書艦の立場で決めてしまうのは何かと問題になると幹部
少なくとも責任者たる提督の同意は手続上必要だと
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 19:59:56.91 ID:PwjlvCyDO
ちっ…どいつもこいつも
何も解ってない
早霜は今の横須賀で一番強い
手綱を握れる時に握るべきなんだと漣
(こんな漣は私は知らない…これはまさか…)と重巡
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:00:58.33 ID:hTzpt+erO
よくわからん…ブラック潮みたいなもん?
366 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 20:09:24.52 ID:ede4fmh10
ーー


漣「ちっ…どいつもこいつも…」


重巡棲姫(どうしたんだ漣)


漣「誰も何も解ってないんですよ。早霜は今横須賀で一番強い存在なんですよ」


漣「そんな奴の手綱を…握れる時に握るべきなんです」


重巡棲姫(言いたいことは分かるが、脚を切るのは最善じゃない)


漣「あんたまで敵に回るってんですね…」


重巡棲姫(どうしたんだ漣。お前らしく無いぞ)


漣「うるさいってんですよ…!!」


重巡棲姫(こんな漣は知らない……これは…)
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:10:13.00 ID:oMO2VZPDo
また漣自身によくなさそうな…
368 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/14(金) 20:15:28.87 ID:ede4fmh10
ーー執務室


漣『おい提督』


提督「……重巡棲姫か」


漣『漣がおかしい。何か心当たりは無いか?』


提督「……」


漣『無いなら私の仮説が有力になる』


提督「重巡棲姫は何かあるのか?」


漣『旧大本営や組織に漣が好き勝手されていた時だ。漣はそこで薬漬けにされていた』


漣『私の方で後遺症や禁断症状、漣に悪影響のあるものは消していたが、それが限界に来たのかもしれない』


提督「漣が……」


漣『朝霜より漣を先にどうにかするべきだ』


下2 この後の展開やその他起こったことなど
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:21:44.25 ID:pzZFTXOLO
ひとまず朝霜に対しては幹部直々に切断は行わないことと言う指示が下る
そして処置については提督の判断の下で行うことというのも

一方で漣については潜水新棲姫が最近働き詰めだから自身を気遣ってほしいとお願いしている
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:27:40.92 ID:s2MM5fXJO
363を理由に369+漣との子供がほしいと伝える潜水新棲姫
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:27:53.71 ID:oMO2VZPDo
>>369
新棲姫には優しいけど明らかに様子の違う漣を見たのと提督の話から元組織の人間だった整備士に助けを乞う新棲姫
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:39:56.01 ID:oMO2VZPDo
一応横須賀の正式な秘書艦は皐月のはず…
漣も実質秘書艦だけど役職としては普通の艦娘じゃないかな?
373 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 20:41:35.26 ID:ede4fmh10
ーー


幹部『ひとまず朝霜君の脚の切断は行わない。これはこちらで決めたことだ』


幹部『特務艦に対しての処遇を、秘書艦代理が独断で決めてしまうのは問題だからね。最低でも提督君の同意は必要だ』


幹部『これで朝霜君は大丈夫だと思うが…その様子だと何か別の問題があるんだね?』


提督「はい…どうやら漣が不調のようで…」


幹部『いつもの暴走とは違うのかい?』


提督「重巡棲姫によるとそうでは無いそうです」


幹部『ふむ…漣君も苦労していたからね。外科的に何か処置が必要ならいつでも言ってくれたまえ』


提督「ありがとうございます」


幹部『彼…整備士君の扱いにも慣れてきたからね』
374 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 20:45:57.93 ID:ede4fmh10
ーー


潜水新棲姫「最近働き詰めだ、他人の前に自分を気遣って欲しい」


漣「うるさいですね…」


潜水新棲姫「ワタシは漣を心配して言ってるんだぞ」


漣「自分のことは自分が一番分かってますよ」


潜水新棲姫「嘘だ、最近体調が悪いだろう」


漣「これくらい今までもありましたよ…」


潜水新棲姫「無理はしないでくれと言ってるんだ」


漣「なぜか秘書艦代理が一人居ないんでねぇ…無理でもしないとやってやれないんですよ…」


潜水新棲姫「いいや、ちゃんと休まないとダメだ」
375 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 20:51:13.92 ID:ede4fmh10
潜水新棲姫「漣……ワタシは欲しいものがある」


漣「何がですか。高いものをねだられても買えませんよ」


潜水新棲姫「漣との子どもだ」


漣「……」


潜水新棲姫「漣のセイエキには精子は含まれていない。だが漣の体は深海棲艦の要素もある」


潜水新棲姫「深海棲艦の子どもならできるかもしれないんだ」


潜水新棲姫「もしそうなったらここには居れない……その時はワタシと一緒に…」


潜水新棲姫「漣…ワタシは本気で愛しているんだ…」


漣「安価」


下2 漣の台詞やその他起こったことなど
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:55:31.30 ID:PwjlvCyDO
それも悪くないかもしれませんね
でも私にはまだここでやらなくちゃならない事がたくさんあります
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 20:57:50.17 ID:oMO2VZPDo
何言ってんですか貴女がここにいるんですから問題なんてないですよ
ただ嫁がそこまで子供をほしいと言うなら体の調子くらい見ておきますか
378 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 21:05:48.27 ID:ede4fmh10
漣「何言ってんですか、貴女がここにいるんですから問題なんてないですよ」


潜水新棲姫「深海棲艦同士の子どもはより強く、純粋な…」


漣「はいはい、嫁が子どもが欲しいって言うなら、体の調子くらい見ておきますよ」


潜水新棲姫「本当か!?」


漣「貴女の言いたいことは分かりましたから、今日はまだ仕事が残ってんですよ」


潜水新棲姫「分かった…また書庫で本を読んでる」


漣「仕事が終わればすぐそっちに向かいますからね」


潜水新棲姫「待ってるからな、漣」トコトコ


漣「……さて、さっさと仕事を終わらせますか」
379 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/14(金) 21:08:53.41 ID:ede4fmh10
ーー

コンコン


朝霜「誰だ」


漣「漣ですよ。何の用か分かりますよね?」


朝霜「……あぁ」


漣「幹部さんの協力は仰げませんでしたので、少々手荒になってしまいますが宜しいですか?」


朝霜「……好きにしろよ」


漣「分かりました、道具は用意してありますからすぐに終わりますよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 21:22:26.32 ID:NJPa4iSeo
突如漣が後遺症の影響で苦しみだし昏倒する
重巡棲姫がスキをみて漣の主導権を握る
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 21:23:51.26 ID:pzZFTXOLO
>>380
早霜の最後のひと押しをしてしまったこともあって見守っていた忍者組が出てきて実行する権限は朝霜自身にも漣にもないことを伝える
382 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 21:32:17.65 ID:ede4fmh10
ーー漣の部屋


漣「麻酔もちゃんと用意してますから安心して下さいね」


朝霜「……」


漣「刃物は片手斧を使います。ノコギリのようにギコギコやるのは幻肢痛が辛いらしいですからね」ギラッ


朝霜「……」


漣「それでは麻酔を……」


漣「う…うぅっ……!?」


朝霜「どうしたんだよ…?」


漣「げ…ぇ……ぇぇぇ……」ガタガタ


朝霜「痙攣…!?おい、どうしたってんだよ!?」


漣「…………」


漣『漣は眠らせた。これで暫くはなんとかなる』


朝霜「お前……」
383 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/14(金) 21:38:17.33 ID:ede4fmh10
シュバッ


名取「朝霜、それは違うわよ」


朝霜「お前らまで…」


由良「ずっと見てた」


名取「早霜の最後のひと押し…その原因は私達にある。だから朝霜を見守ってたの」


由良「朝霜、間違ってる」


名取「脚を切る権限は朝霜自身には無い。勿論漣にだって無い」


朝霜「うるせぇ…これはあたいと早霜の問題だ」


由良「違う。私達も一因」


名取「やれるものなら、私達の監視を潜り抜けてやってみたらいいよ」


名取「…本気を出したらどうなるか知ってるでしょ?」


朝霜「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 21:42:32.54 ID:PwjlvCyDO
漣がこのところ焦っていたように見えたのは身体が限界に近付いてきていたのを察しての事か
伊400にしてもあそこまでする必要は無かったと重巡
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 21:44:38.40 ID:oMO2VZPDo
提督達と集まってまず>>384
漣がボロボロで思考まで酷くなっていてこの状況にエスカレートしたのを説明して朝霜に理解してもらう
重巡棲姫はこのまま整備士に検査してもらう
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 21:46:46.24 ID:mHdB99PTo
朝霜「せっかく早霜をまともに出来るんだぞ…あたいの脚一本位安いだろ」
由良「なら説得しなさい」
提督くる
387 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 22:07:30.52 ID:ede4fmh10
ーー


漣『漣がこのところ焦っていたように見えたのは、身体が限界に近付いてきていたのを察していたんだろう』


漣『軟禁状態の伊400にしてもあそこまでする必要は無かったはずだ』


提督「漣がボロボロで思考まで酷くなっていてこの状況…」


漣『あぁ、どんどんエスカレートしていったのはそれが原因だ』


提督「そういう事情があったんだ。分かってくれたな朝霜?」


朝霜「……納得…いかねぇよ…」


漣『その辺の話はそっちでやっていてくれ。私はこのまま整備士の所に向かう』


提督「その方がいいだろう。連絡は…」


漣『もうしてある。後は私が向かうだけだ』


提督「…漣を頼む」
388 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 22:10:18.89 ID:ede4fmh10
ーー書庫


潜水新棲姫「……」ペラッ


潜水新棲姫「ワタシはここで待つと言ったんだ」


潜水新棲姫「……」


潜水新棲姫「漣……」


潜水新棲姫「……」


潜水新棲姫「漣の居る所が、ワタシの居る場所だからな」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 22:22:31.72 ID:K9kx720Ko
整備士が漣を診て龍驤に負けず劣らずすごい状態だと驚き
僕の負の遺産のせいでもあるから責任は取らせてもらうよと

あと、彼女はパートナーがいるそうだから自身の遺伝子での生殖機能のおまけもつけてあげようかと
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 22:25:21.43 ID:NJPa4iSeo
>>389
391 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 22:32:07.67 ID:ede4fmh10
ーー??


整備士「うーん…」


タシュケント「どうしたの?」


整備士「例の龍驤さんに負けず劣らず凄い状態だよ、この漣ちゃん」


タシュケント「これって…」


整備士「うん、前に少し言ったけど僕の負の遺産のせいだね。幹部さんから話を聞いた時は乗り気じゃなかったけど、責任は取らせてもらうよ」


タシュケント「漣……」


整備士「そういえばタシュケント君は漣ちゃんと因縁があるんだったよね」


タシュケント「あたしが漣の大切なものを奪った…この過去は消えない」


整備士「ならその過去を消しちゃうくらい良いことをしてあげたらいいんだよ」
392 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 22:36:40.63 ID:ede4fmh10
整備士「女の子なのに随分と立派なモノが生えてるよね。これを利用しよう」


タシュケント「これを…?」


整備士「生殖機能をつけてあげようか。彼女には大切なパートナーがいるんだよね」


タシュケント「それで喜んでくれるのかな…」


整備士「龍驤さんも子どもを欲しがってたし、パートナーの遺伝子が欲しいっていうのは自然じゃないかな」


整備士「漣ちゃんの遺伝子があれば生殖機能もすぐ作れる。さぁ、彼女達の未来を創造しようか」


タシュケント(同志、またマッドな所が出てるよ…)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 22:52:02.54 ID:s2MM5fXJO
身体の重さやガタが無くなり思考がクリアになり、焦りすぎて提督をないがしろにし、独断に走っていた事を反省する漣
生殖の事について女の子になんて事をーと絶叫するもまんざらではない様子
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 22:55:07.28 ID:pzZFTXOLO
目覚めた漣、気分はどうかなと幹部や整備士に聞かれて
>>393
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 22:56:10.27 ID:mHdB99PTo
整備士は次の仕事に取り掛かったしタッシュは直接対面で術後説明をする訳にもいかないしでSOUND ONLY表示タブレットで説明するタシュ
から>>393
396 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:03:16.30 ID:ede4fmh10
ーー


整備士「さて、気分はどうかな?」


漣「……身体の重さがありません。それに頭がスッキリしてます」


整備士「それは良かった。後遺症に悩むことも、もう無いから安心して」


漣「……はい」


整備士「本当なら僕の助手からも一言があるんだけど、ちょっと会いたくないみたいなんだ」


漣「それくらい気にしません。それよりも……私はなんて考えをしてたんでしょうね」


漣「いくら焦ってたからって…提督を蔑ろにするようじゃ初期艦失格ですよ」


漣「はぁ……」


整備士「あぁあと一つ、言っておかないといけないことがあるんだ」


漣「……」


整備士「君の男性器に生殖機能を付けておいたからね」


漣「…………は?」
397 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:07:54.64 ID:ede4fmh10
整備士「安心して、女性器の方の機能はそのままだから」


漣「あ……あんた…自分が何したか分かってんすか…?」


整備士「大丈夫だよ、サービスだから」


漣「あのねぇ!漣は女の子なんすよ!?」


整備士「うん、パートナーも女の子で女性同士なんだよね」


漣「だからぁ!!」


整備士「そんなに嬉しそうな顔をしてる所を見ると、やっぱりそれで成功だったね」


漣「な…なにを…」


整備士「これまでと違って性行には十分気を付けて…あ、性行と成功がかかって面白いね」


漣「……」


整備士「あれ、受けなかった?この前は腸で蝶結び〜ってやっても受けなかったんだよね。僕にはそっちは向いてないのかな」


漣「…………」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:11:24.48 ID:mHdB99PTo
どんな顔して新姫に会えば…悶々とする帰り道
取り敢えず迷惑かけた早霜朝霜の問題解決を先にと考える
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:15:02.15 ID:DcIq8nyRO
自分の精液を自分のに入れても自家受精はしないからなどと言ってるのをシャットアウトしつつ398
が、あまりにもインパクトが大きいので結局悶々し続ける
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:16:07.17 ID:oMO2VZPDo
>>398
で、平謝りに行って気づくのは今までの早霜であれば朝霜が傷つくストレスでまた殺人衝動が起きてるのにそれが全くない
朝霜もそういえば幻肢痛がきてないな…と
401 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:23:40.51 ID:ede4fmh10
整備士「そうだ、興味があるかもしれないけど自分の精液で自己受精はしないからね」


漣「どんな顔して…嫁に会えばいいんですか……」


整備士「そもそも自分のを自分に入れる方法が限られてるけど、できなくは無いからね」


漣「取り敢えず迷惑をかけた朝霜さんの問題解決を先に……」


整備士「本当は自己受精ができるようにしても良かったんだけど、前に幹部さんにクローンはまだダメって言われたからね」


漣「いやでも……インパクトが大き過ぎますって…」
402 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:27:09.51 ID:ede4fmh10
ーー


重巡棲姫(危機が去って良かったな漣)


漣「それはそうなんですけど…」


重巡棲姫(漣の考えている内容は私にも分かる。混乱の方が大きいが、これはプラスに働く)


重巡棲姫(潜水新棲姫も子どもを欲しがっていた。今すぐとは言わないが、その機能を十分に使えばいい)


漣「そう言いますけどね……こんなの混乱しまくって当たり前なんですよ…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:31:42.74 ID:oMO2VZPDo
鎮守府に戻ると取り敢えずみんなに平謝り
そして気づくのは今までの早霜であれば朝霜が傷つくストレスでまた殺人衝動が起きてるのにそれが全くない
朝霜もそういえば幻肢痛がきてないな…と
姉妹の絆ができたことでより安定した様子
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:35:06.18 ID:pzZFTXOLO
>>403で怪我の功名というか何というか…結果オーライだなとなって
朝霜も妹のためにと頭がいっぱいだったと安堵
405 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:42:18.05 ID:ede4fmh10
ーー横須賀鎮守府


漣「皆さん大変申し訳ありませんでした…」


朝霜「いや、まぁな…」


早霜「……」


漣「……このリアクションは何でしょう?」


提督「漣が治療を受けている間に色々と分かったことがあるんだ」


提督「早霜は朝霜の事でストレスを溜めることはほぼ無くなった。朝霜は幻肢痛がかなり軽くなった」


漣「はぁ……」


提督「どうやら姉妹の絆ができたことで、二人とも安定した様子なんだ」


漣「……」
406 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/14(金) 23:45:16.59 ID:ede4fmh10
朝霜「怪我の功名というか何というか…結果オーライだな」


早霜「そうね……」


朝霜「あたいも早霜の為ならって頭が一杯だったんだよ」


漣「…それは良かったと思います。ですがまだ問題はありますよ」


提督「あぁ…」


漣「早霜さんの件は不問にするんですね?今後同じことがあっても何も罰は無いと…」


提督「安価」


下2 提督の台詞やその他起こったことなど
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:48:59.22 ID:PwjlvCyDO
取り返しのつかない罰は罰じゃない
謹慎でも奉仕活動でも減給でもなんだっていいさ
別に漣に嗜虐趣味があるわけじゃないんだよな…?と心配そうに
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/14(金) 23:53:10.28 ID:DcIq8nyRO
しばらく早霜の行動は特務艦の監視下に置かれる
違反行為があった場合は即時撃沈を含む相応の処断が行われる
そこが今回の落としどころだと
409 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:01:52.28 ID:hH4tSGwz0
提督「しばらく早霜の行動は特務艦の監視下に置かれることになった」


漣「特務艦…」


提督「朝霜や白露達じゃない、また別の特務艦だ。幹部さんと話し合った結果こうなった」


漣「それだけですか?」


提督「いいや、違反行為があった場合は即時撃沈を含む相応の処罰行われる。そこが今回の落としどころだと幹部さんは言っていた」


漣「…分かりました。早霜さんは不問という訳ではないのなら漣も納得します」


提督「分かってくれて何よりだ」


漣「早霜さん、くれぐれも気を付けて下さいよ」


早霜「勿論よ、もう二度と誰も傷付けないから」


漣「今は……信じます」
410 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:04:41.67 ID:hH4tSGwz0
ーー


重巡棲姫(朝霜達の問題は済んだが、次はこっちだ)


漣「嫁に何て言いますかね…」


重巡棲姫(下手な誤魔化しは必要無い。事実をありのまま知らせればいいんだ)


漣「簡単に言いますけどね…」


重巡棲姫(あいつの性格は漣も分かっているだろう。へそを曲げられる前に、早く言うべきだ)


漣「やるしかありませんかね…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:09:28.76 ID:oUvoU9MQO
知らせを聞くと書庫の扉の鍵を閉め、押し倒しキスする潜水新棲姫
欲しいものはすぐに取りに行くのが弱肉強食に生きる深海流だと
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:11:25.90 ID:kxN4YbB2O
潜水新棲姫が待っている場所は書庫
食事なんかも誰かが運んできてくれていたらしい
それを見た漣は私の嫁はバカ正直で…頑固者で…でも優しい子で…そんな子に心配させた私は大バカですと抱きついて何があったか正直に話す
413 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:19:06.16 ID:hH4tSGwz0
ーー書庫


ガチャッ


潜水新棲姫「……」


漣「探し…ましたよ。部屋にも…どこにも居ないんですから……」


潜水新棲姫「……」


漣「そうですよね…書庫でって言ったんだから、あんたはずっと書庫に居たんですよね……」


潜水新棲姫「……」


漣「漣の嫁はバカ正直で…頑固者で…でも優しくて……そんな貴女を心配させた漣は大馬鹿です……」ダキッ


潜水新棲姫「……」


漣「何があったか……全て話しますね…」


潜水新棲姫「……」コクリ
414 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:24:32.95 ID:hH4tSGwz0
ーー


潜水新棲姫「……」


漣「…黙っててすいませんでした。言い訳のしようがありません」


潜水新棲姫「……」


漣「この機能が付いたのは計算外でしたが、もう後遺症に悩む必要は無くなりました」


潜水新棲姫「……」


漣「…………怖かったんです」


漣「この事を口にしてしまうと、貴女との時間が少ないことを自覚してしまいそうで…」


漣「漣は……」


漣「……ごめんなさい」


漣「貴女の悲しむ顔を見ながら…死にたくは無かった」


漣「でも……全部間違ってました。少なくとも貴女には知らせるべきだった」


漣「最愛の…貴女に」


潜水新棲姫「安価」


下2 台詞やその他起こったことなど
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:30:24.88 ID:KGZro0vxo
昔同じ事を漣にしてしまった私に責める権利はない
先を憂う必要もなくなったのだから、これからの未来を一緒に歩みたい
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:32:52.32 ID:T4pj1UTlo
私こそ気づけなくてすまなかった。最愛の人の一番側にいたはずなのに。と潜水新棲姫

いえいえ漣が悪いんです。いや私が悪い。と
言い合いしだして最後はチュッ
それでこれからを考えようと笑い合う
417 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:45:09.28 ID:hH4tSGwz0
潜水新棲姫「ワタシこそ気付けなくてすまなかった。最愛の人の一番側にいたはずなのに」


漣「いえいえ漣が悪いんです」


潜水新棲姫「いやワタシが悪いんだ」


漣「いえ、漣が……」


潜水新棲姫「……んむぅ」チュッ


漣「ん……」


潜水新棲姫「……ぷぁっ」


漣「…これくらいでいいんですか?」


潜水新棲姫「あれから風呂に入っていない。続きはそれからだ」


漣「本当に頑固なんですから…」


潜水新棲姫「さぁ…これからの事を考えよう」


漣「子どもは何人欲しいんですか?」


潜水新棲姫「産めるだけ産みたい。漣の子どもなら何人でも欲しい」


漣「あんまり多いと生活大変ですよ?」


潜水新棲姫「漣とワタシならなんとかなる」


漣「ほんと…そんな気がしちゃうのが不思議ですよね」


潜水新棲姫「これからもワタシの側に居てくれよ、漣」


ーー
418 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 00:45:40.34 ID:hH4tSGwz0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:51:21.91 ID:T4pj1UTlo
おつでした
雨降って地固まる、ラブ&ピース
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 00:58:45.95 ID:0Xxw38Kso

次世代に続いてく、二人は似たもの同士という再確認がやっべーニヤニヤできます、ベネ!
別特務艦……ほうほうそう来たか

お盆週、毎日更新があってとても嬉しいですがご無理だけはなさらず…
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 01:31:23.23 ID:kxN4YbB2O
平和って尊い
そして特務艦筆頭くるか…?
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 01:40:59.42 ID:SqkARpyDO
お疲れ様でした
重巡の仮説だけならもう漣は大丈夫そうかな
気付かないはず無いからね
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 14:36:15.82 ID:Ae05nfzvO
恋愛事に関しては深海組は一途よねぇ
424 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 18:59:07.18 ID:hH4tSGwz0
ーー


漣「早霜さんの監視目的で、早速今日から特務艦がこちらに来るそうです」


提督「幹部さん…大本営から送られてくるんだよな」


漣「そうですね。大本営付きの特務艦ですので、エリート中のエリートでしょう」


提督「幹部さんの所から来たと言っても、安心はできない」


漣「うちの事情を知らない場合、早霜さん以外にもしょっ引かれる人が出てくるかもしれませんね」


提督「……」


漣「ご主人様、いい機会ですから皆さんにもっと節度の持った行動を促しましょう」


漣「最近のご主人様を見て皆さんも少しずつ変わってきているんです。この特務艦派遣もプラスと捉えるんですよ」


提督「……一理あるな」
425 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/15(土) 19:04:21.34 ID:hH4tSGwz0
漣「同性で愛し合うなと言いません。時間と場所を考えろって話なんですよ」


提督「……そうだな」


漣「もちろん皆さんへのフォローも忘れていません。空き部屋をレクリエーション部屋として開放するんです」


提督「…ヤリ部屋か」


漣「そうとも言いますね。でもこの変化は長い目で見ればいい影響を与えるんですよ!」


提督「……分かった、皆んなには節度を持った行動を促すと同時に、レクリエーション部屋の設営を許可しよう」


漣「ありがとうございます。特務艦さんが来る前に終わらせておきますね」


下1〜3高コンマ 派遣されてきた特務艦(新、既出どちらでも可)を
426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:05:28.75 ID:Y3l251yO0
速吸
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:05:43.71 ID:SqkARpyDO
鈴谷
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:07:06.58 ID:0Xxw38Kso
子日
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:07:18.58 ID:AsRBcnQoO
ザラ

ポーラとは実姉妹
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:08:39.20 ID:Qf3KUvl+O
特務艦ってほとんど綾波配下なんだっけ…?
431 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 19:27:00.41 ID:hH4tSGwz0
ーー


速吸「特務艦速吸、任務の為精一杯頑張らせていただきます」


提督「幹部さんから話は聞いている。早霜の監視をお願いする」


速吸「勿論です」


漣「あの〜一ついいですか?早霜さんに違反行為があった場合、即時撃沈を含む相応の処罰行われる…と聞いているんですが」


速吸「何も間違っていませんよ」


漣「そうですか…」


速吸「貴女も…給油艦は戦えないって言いたいんですか?」


漣「普通ならそうでしょうけど、特務艦になっているということは、それ相応の実力があるって事ですよね」


速吸「理解しているようで助かります」
432 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/15(土) 19:30:22.54 ID:hH4tSGwz0
速吸「挨拶も済みましたから、速吸は早霜さんの所に向かいます」


提督「早霜は自室に居るはずだ。そうで無いなら朝霜の部屋に居る」


速吸「早霜が暴行を働いた艦娘の部屋に居るんですか?」


提督「…いや、俺の勘違いだ」


速吸「そうですよね、もしそうならそれだけで処罰の対応になりますから」


提督「……」


速吸「それではまた何かありましたら提督さんにお知らせします」ガチャッ


漣「…ご主人様、アイツ中々やりますぜ」


提督「だろうな…」


漣「あれが本物の特務艦ってヤツかもしれませんね…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:36:37.67 ID:o/VZTuJ9O
恒例の歓迎会をやろう
※早霜は監視対象という体で参加させる
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:37:41.54 ID:V9rLO79uO
速吸のプロフィールを大本営から事前に取り寄せているが、作戦の参加実績の数と黒塗り(最高機密扱い)の量がヤバイ
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:40:43.05 ID:0Xxw38Kso
経歴など幹部さんからもらった速吸のデータを見る
436 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 19:52:07.85 ID:hH4tSGwz0
ーー


速吸「何か緊急の任務でもありましたか?」


提督「君の歓迎会をやろうと思うんだ。早霜も監視対象として…」


速吸「提案は有難いですが、歓迎会は必要ありません」


漣「どうしてですか?この鎮守府の伝統みたいなものなんですけど…」


速吸「速吸は任務が終われば大本営に帰ります。無駄な物資を使うのは得策ではありません」


提督「……」


速吸「もう一度言いますが歓迎会は必要ありません。それでは任務に戻ります」ガチャッ


漣「うーーん…堅物というか…ますます特務艦っぽいですな」


提督「そうだな…」
437 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 19:54:49.48 ID:hH4tSGwz0
漣「幹部さんからは何も聞いてないんですか?」


提督「特には聞いていないな…」


漣「ならば面倒なことは無いと…」


提督「そうとも限らない。幹部さんでも扱い切れない艦娘は過去にも居たからな」


漣「そういえばそうでしたね」


提督「速吸はここに来たのも任務の一つくらいとしか思っていないのかもしれない」


漣「だからこそ特務艦でいられるんでしょうな…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 19:56:11.98 ID:T4pj1UTlo
彼女もまた綾波フォロワーの一人つまり綾波に会いたい
でも誰が見ていなくても不正なく仕事はしないと綾波に顔向けできないと真面目にやっている
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:00:59.68 ID:0Xxw38Kso
暁レ級がヤッてる声を聞かれてしまい、必死に取り繕う提督に一言
速吸「私の任務は早霜の監視です。任務に関係無い事はどうでもいいです」
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:02:15.38 ID:KGZro0vxo
廊下に出ると春雨が座り込んで怯えている
特務艦の地位を解かれる際に速吸から罰を受けたと
441 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 20:07:58.78 ID:hH4tSGwz0
ーー


早霜「……」


速吸「……」


早霜「本当にずっと監視してるのね」


速吸「それが任務ですから」


早霜「そう…」


速吸「……」


早霜(任務に忠実で、何を考えているのか分からない。この雰囲気からも只者じゃないのが伝わってくる)


速吸「……」


早霜(きっと実力も相当のもの。もしかすると名取や由良より……)


速吸(綾波様は元気にしてるかな…)
442 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 20:14:16.20 ID:hH4tSGwz0
速吸(ちゃんと仕事をすればまた綾波様と楽しめる。今帰っても意味がありません)


速吸「……」


早霜(この目……一体何を見てきたのかしら)


速吸(綾波様の綾波棒……あんなのを味わったらもうアレ以外に考えられません)


速吸「……」


早霜(こんな特務艦を私の監視にしたってことは向こうも本気ってことよね。なら私もそれに応えるしか無いわ)


速吸(綾波様…)


早霜(私はもう二度と姉さんを傷付けない…)


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:20:46.57 ID:V9rLO79uO
>>440を見て提督達の速吸に対する第一印象の勘違いの度合がますます大きくなる
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:22:38.11 ID:0Xxw38Kso
速吸の(見かけ上)早霜を監視する無機質な態度に鎮守府の緊張高まる
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:25:36.51 ID:KGZro0vxo
444
446 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 20:30:38.73 ID:hH4tSGwz0
ーー


ガチャッ


提督「そろそろ昼食を…」


春雨「…っ!」ガタガタ


漣「出たなサキュバス!!ご主人様はお守りします!」


提督「…待て、様子がおかしい」


春雨「……!」ガタガタ


提督「春雨、何かあったのか?」


春雨「速吸が……ここに来たんですね…!」


漣「ええそうですよ、大本営から早霜さんの監視に来たんです!」


春雨「ううううぅっ…!」


提督「速吸と過去に何かあったのか?」
447 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/15(土) 20:35:12.56 ID:hH4tSGwz0
春雨「私が特務艦の地位を解かれる時に……速吸から罰を…!」


漣「罰…」


提督「その様子だと性的な罰では無いな」


春雨「速吸の前でそんな冗談を言ったら殺されますよ!!」


漣「殺され……」


提督「…皆んなにもう一度注意を促そう」


春雨「お願いです!ちゃんと真面目に仕事をしますから速吸がいる間は執務室に居させて下さい!」


漣「それは危ないから保留しとくとして、やっぱり速吸さんはヤバイっすな…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:40:53.20 ID:SqkARpyDO
春雨の話では速吸は対人特化の艦娘らしい
関節をバッキバキにされた記憶が甦る
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:43:48.20 ID:Qf3KUvl+O
食事に向かう早霜についてくる速吸
近くを通った朝霜が転けかけたのを早霜が助でしまう
すると無言で背後に寄ってきて手を伸ばし…起こすのを手伝う

頭の中ではとっさの人助けに違反などと言っては何もできないでしょうと判断
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:46:29.96 ID:aQrKf2EYo
>>448
そもそも反省しなきゃいけない状況で春雨がスキをみて手を出そうとしてキレられた
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:47:23.85 ID:0Xxw38Kso
>>449
所作に全く無駄がなく無言でやってのけるので動きから思考まで読む…だと…?!と脅威が加速(実際白兵戦が強い)
452 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 20:53:32.91 ID:hH4tSGwz0
ーー食堂


春雨「速吸は対人特化の艦娘なんです…」


漣「対人ということは陸で戦うのが前提なんですね」


春雨「最初は注意だけって聞いてたのに…突然怒り出して私の関節を……!」


提督「……」


春雨「私はどんな痛みでも快感に変換できます。でも、あんなにバキバキにされたら痛みしかありませんよぉ!!」


漣「だから執務室で匿って欲しい…ですか」


春雨「本当にお願いします…!信じられないなら新しく貞操帯を付けてもいいですから!!」


漣「分かりました、それなら許可しましょう」


春雨「ありがとうございます!」


提督「本当に大丈夫なのか…?」


漣「ご主人様、これはチャンスですよ」ヒソヒソ
453 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 20:56:24.32 ID:hH4tSGwz0
漣「我々では手が付けられなかった春雨さんを、コントロールできるチャンスなんです」


漣「春雨さんが純粋な戦力として数えられれば、こちらには得しかありませんよね?」


提督「……」


春雨「う、うぅ、ぅぅぅ……!」


提督「…執務室に居ても速吸が来ることもあるぞ」


春雨「間に誰か居るだけでも違うんです!!」


提督「…分かった、俺からも許可を出そう」


春雨「ありがとうございます!!」ダキッ


漣「あ?」


春雨「こ、これはお礼の気持ちで抱きついただけですから…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 20:57:25.67 ID:GuueErnfO
早霜の演習に同行する速吸
人型ターゲットの急所のみ的確にぶち抜いて行き驚異的スコアを叩き出す早霜にも眉一つ動かさず無機質に観察

早霜(このくらいは出来て当然とでも言うのかしら…)
速吸(綾波様の綾波棒…また欲しいな…)
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:00:26.67 ID:o/VZTuJ9O
>>454 と >>451
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:00:48.24 ID:Qf3KUvl+O
>>451
実際体捌きで何を目的とした動きなのかはわかる
457 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 21:15:50.61 ID:hH4tSGwz0
ーー演習場


早霜「演習は自由にやっていいのね?」


速吸「演習場での演習なら問題ありません」


早霜「なら自由にやらせてもらうわよ」


速吸「ええどうぞ」


……


早霜(……これだけ正確に的を撃ち抜いても無反応だなんて)


速吸「……」


早霜(眉一つ動かさない所を見ると、これくらいなら当然くらいとしか思ってないのね)


速吸「……」


早霜(やっぱり……相当な実力者ね)


速吸(綾波様……綾波棒……)
458 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 21:20:09.40 ID:hH4tSGwz0
ーー


速吸「あ…もういいんですか?」


早霜(あのスコアを見ても無反応…確信したわ)


早霜「ねぇ、一つお願いがあるんだけど」


速吸「自由行動には制限があります」


早霜「違うわ…貴女と手合わせをお願いしたいの」


速吸「……」


早霜「艤装を付けずにお互いに素手…これならどう?」


速吸「…本気ですか?」ゾクッ


早霜(このプレッシャー…やっぱりそうなのね!)


早霜「ええ…是非お願いしたいの」


速吸「手加減…できませんからね」
459 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 21:24:52.68 ID:hH4tSGwz0
ーー


提督「本当に早霜達がいるのか?」


漣「あの無駄の無い発砲音は早霜で間違いないと思うんですが…」チラッ


早霜「あ"あ"あ"ぁぁっ!!」


速吸「……」ギチギチ


漣「ちょ…何やってんすか!!」


提督「早霜の腕が…!」


速吸「早霜さんがギブアップしなかったので」パッ


早霜「ひぃ…ひぃ……!」


提督「…早霜が違反行為をした訳では無いんだな?」


速吸「ええ、手合わせを頼まれただけです」


漣「あの早霜さんがここまでやられるなんて…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:29:26.52 ID:SqkARpyDO
うふふ…血がたぎるっていうのかしら?こんな気持ちは初めてよと純粋にまた勝負がしたいと早霜

速吸も貴女が私に合わせて戦ったからですよと
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:29:57.67 ID:T4pj1UTlo
この強さ…流石特務艦というところかと話してたら
大本営には白兵戦(に限った話ではないけど)最高戦力がいるので…訓練も一味違うんです(遠い目)
と初めて自分のバックボーンを話してくれる
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:30:48.82 ID:Qf3KUvl+O
>>460
>>461
463 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 21:39:26.90 ID:hH4tSGwz0
早霜「うふふ…血が沸るっていうのかしら?こんな気持ち…初めてよ」


速吸「貴女がこちらに合わせたからですよ。多分本当は忍びの技が得意なんですよね?」


早霜「ふふふふ…今度は純粋に…勝負がしたいわ…」


提督「この強さ、流石特務艦というところか…」


速吸「大本営には白兵戦の最高戦力がいるので、訓練も一味違います」


漣「速吸さんよりも強いと…?」


速吸「足元にも及ばないくらい強いです」


漣「ひえぇぇ……」
464 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 21:43:58.21 ID:hH4tSGwz0
提督「…それは信濃か?」


速吸「お答えすることはできません」


漣「やっぱり特務艦ってバケモノだらけなんですよ…」


早霜「……っ」


提督「早霜は念の為医務室に寄ってくれ。速吸、それはいいんだな?」


速吸「速吸が側に居れば問題ありません」


提督「なら早霜を頼んだぞ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:48:01.98 ID:0Xxw38Kso
拳を交えたことで朧げながら速吸が大切な人の為に強く在る事を感じる早霜
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 21:57:11.89 ID:T4pj1UTlo
速吸が上手いのもあって大事にはいたってない
>>465で自分もそうありたいと考える
大切な人もその周りも護れるようにと
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 22:16:48.10 ID:aQrKf2EYo
医務室に向かうとき速吸に力をつけた理由を聞く早霜
強さのあり方について純粋に気になった
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 22:17:10.27 ID:i/0BOWm/o
少しだけ打ち解けて話す速吸と早霜
469 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 22:25:12.20 ID:hH4tSGwz0
ーー


速吸「大事には至りませんでしたね。ギブアップしなかったから当然ですけど」


早霜「ええ…」


速吸「何か?」


早霜「一つ分かったことがあるの… 貴女はただ強く在りたいだけじゃない…」


早霜「貴女には…大切な人が居るのね」


速吸「お答えすることはできません」


早霜「誤魔化さなくていいわ…拳を交えたからこそ分かったのよ」


速吸「……」


早霜「うまくいってるのかまでは分からないけど…ある程度関係は進んでいるわね」
470 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/15(土) 22:29:12.65 ID:hH4tSGwz0
速吸「なぜそう言い切るんですか」


早霜「貴女から…メスの匂いがしたからよ」


速吸「…」


早霜「誤魔化しようの無い…濃い匂いがプンプンしたわ」


速吸「…」


早霜「安心して…私くらいしか嗅ぎ分けられないだろうから…」


速吸「…」


早霜「うふふ…うまくいくといいわね…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 22:42:31.22 ID:Qf3KUvl+O
医務室に向かう途中で近くを通った朝霜が転けかけたのを早霜が助けてしまうと速吸が起こすのを手伝う
体捌きも見てとっさの人助けに違反などと言っては何もできないと判断してのこと

早霜は速吸が真面目でも冷血な人物ではないと確信して、だからこそ正しい行動を取るよう改めて心がける
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 22:44:02.80 ID:SqkARpyDO
ところで監視と言っても何をもって任務終了となるのか聞いても良いのかしら?これも答えられない?と早霜
473 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 22:46:21.73 ID:hH4tSGwz0
早霜「ところで…監視と言っても何をもって任務終了となるのか聞いても良いのかしら?」


速吸「…」


早霜「これも答えられないのね…」


速吸「その通りです」


早霜「そう…特務艦も辛いわね」


速吸「辛くなんかありません。特務艦は任務に忠実で無ければいけませんから」
474 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 22:51:16.88 ID:hH4tSGwz0
早霜「姉さんと会うのは…ダメなの?」


速吸「加害者が被害者に会いに行くんですか?」


早霜「……そうなってしまうわよね」


速吸「ついでに言っておきます。一緒に寝るということはありませんが、貴女の隣の部屋で監視を続けます。不審な気配を感じれば無断で部屋に入ります」


早霜「好きにして…」


速吸「夜中に部屋を飛び出したりすれば、違反行為とみなします」


早霜「理由があればいいのよね…?」


速吸「そんな緊急事態は滅多にありませんが、あれば認めます」


早霜「そう…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 22:59:27.29 ID:KGZro0vxo
春雨の大人しくなりようを始め鎮守府の風紀の健全化に感激している羽黒
なんとしてでも速吸の鎮守府残留をと提督に陳情する
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:10:44.83 ID:Qf3KUvl+O
医務室に向かう途中で朝霜が近くを通り、こんな時はどうすればいいのかしらと相談してたら朝霜が躓いて転けかける
とっさに早霜が助けてしまうと速吸が起こすのを手伝う
体捌きも見てとっさの人助けに違反とは言えないと判断してのこと

早霜は速吸が真面目でも冷血な人物ではないと確信して、だからこそ正しい行動を取るよう改めて心がける
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:10:47.57 ID:GuueErnfO
速吸の様子はどうかと連絡してくる幹部さん
大本営が送った特務艦が鎮守府に対して権力を濫用してないか綾波が査察する方針になったので協力してほしいと
478 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 23:21:27.93 ID:hH4tSGwz0
ギッ…ギッ…


朝霜「……」


早霜「…姉さんは医務室に向かったみたいね。こういう時はどうすればいいの?」


速吸「何もしないで下さい。下手に触ると違反行為です」


早霜「……」


朝霜「…ぁっ」グラッ


速吸「…!」


早霜「姉さん!!」ダキッ


朝霜「お…おぉ……早霜か…」


早霜「姉さん…義足が合わない時は、司令官か誰かに運んでもらってって言ってるじゃない…」


朝霜「一人でも大丈夫だと思ったんだよ…悪い」


速吸「…」


早霜「あ……」
479 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 23:25:12.02 ID:hH4tSGwz0
速吸「人助けは違反とは言えません」


早霜「…良かった」


朝霜「お前が例の速吸か…」


速吸「朝霜さんの事は噂では聞いてますよ」


朝霜「あたいも聞いてるよ、速吸は…」


早霜「姉さん、速吸は真面目だけど冷血な人物ではないわ。そう確信しできたの」


朝霜「……」


早霜「だからこそ私も正しい行動を取れるように、改めて心がけるわ。姉さんの隣に…私も居たいの」


速吸「…」


朝霜「あたいも信じてるからな、早霜」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:32:24.49 ID:SqkARpyDO
速吸自室にて
記録にある早霜とはだいぶ違いますね
かなりの危険人物だとありましたが…と初日の報告書を纏めながらモニターを見ている速吸
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:34:56.59 ID:GuueErnfO
477
482 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 23:44:36.44 ID:hH4tSGwz0
ーー


幹部『速吸君の様子はどうかな?』


提督「ええ、幹部さんもかなり本気だということがよく分かりました」


幹部『んん…?まあ上手くいっているならいいんだ。今日連絡したのはある知らせがあるからなんだ』


幹部『横須賀以外にも大本営が特務艦を送っていてね。その特務艦が各鎮守府に対して権力を濫用してないか調査することになったんだ』


提督「それはどういう調査を…?」


幹部『いわゆる抜き打ちだね。調査に向かうのは次期特務艦隊長…綾波君と言えば分かるかな?』


提督「えぇ……」


幹部『別に彼女では無くても良かったんだが、各地に派遣した特務艦達から綾波君に会わせろと…』


提督「……」
483 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/15(土) 23:48:40.86 ID:hH4tSGwz0
提督「綾波はいつ来るんですか?」


幹部『提督君〜抜き打ちの日にちを聞くのはどうだい?』


提督「…失礼しました」


幹部『いやいや、提督君の鎮守府なら安心だから構わないよ。軽い冗談さ』


幹部『大本営から近い鎮守府から調査しているはずだから、もしかしたらもうそっちに着いているかもしれないね』


提督「もう!?」


幹部『綾波君と会ったら私から連絡があったと伝えておいて欲しい。頼んだよ提督君』


下2 この後の展開やその他起こったことなど
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:51:42.71 ID:SqkARpyDO
ダクト内
こちら綾波…横須賀鎮守府への潜入は成功した

(何一人芝居してるんですか)

レ級様には会いたくないし監査もこれで行こうと思うんだけどと
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/15(土) 23:58:38.89 ID:T4pj1UTlo
速吸は早霜を押さえつけてるわけでもなしカップルを見かけても節度があればそれ自体を悪い事とは言わない
ただ、観察者としてラインを保って接し続けてる
486 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:10:48.50 ID:YmyYo3hd0
ーー


漣「うーーん…速吸さんは悪い人じゃないんですよね…」


漣「早霜さんを押さえつけてるわけでも無いし、カップルを見かけても節度があればそれ自体を悪い事とは言いません」


漣「監視者としてのラインを保って接し我々とも続けてると…ふむぅ」


漣「特務艦には嫌な思い出が多いですが、これが本来の特務艦の姿かもしれませんね」


速吸「…」


漣「おや、噂をすれば速吸さんを見かけました……ん?早霜さんの監視はいいんでしょうかね?」


速吸「…」ガチャッ


漣「あの部屋は何も無かったと思いますが……気になりますねぇ」
487 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:13:01.45 ID:YmyYo3hd0
漣「速吸さんお邪魔しまーす…」


……


漣「あ…あれぇ…?この部屋に入ったのを見たんですけどね…」


漣「うーーーーん……」


漣「……」


漣「ま、そういうこともあると思っておきましょう」


漣「漣は執務室に戻りますかね。楽しい〜お仕事を〜」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 00:15:50.79 ID:4CwulSQDO
なんのフラグなのか解らない…とりあえず>>484
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 00:22:27.16 ID:v0JSERqXo
484+速吸「綾波様…」綾波「ひいっ!?」
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 00:23:19.83 ID:cbVtj4TeO
速吸の目的は監視がない状態での動きを見ることでダクトから監視をすることに

で綾波は>>484
491 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:28:57.72 ID:YmyYo3hd0
ーー横須賀鎮守府、空調ダクト


深海綾波「こちら綾波…横須賀鎮守府への潜入は成功した」


(何一人芝居してるんですか)

深海綾波「だってレ級様には会いたくないし!それに各地の特務艦達にも見つかりたくないから、監査もこれで行こうと思うんだけど」


(いいんじゃないですか)


深海綾波「ここなら早々バレないし、あいつらと顔を合わせなくて済む!流石は私!」


(調子に乗ると痛い目に遭いますよ)


深海綾波「はぁん!この状況でそんなことあるわけないし!」


……


(何か物音がしましたね)
492 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:32:47.81 ID:YmyYo3hd0
ズダダッ


速吸「綾波様…!!」


深海綾波「ひいいいいーーー!?なんで、なんでーー!!」


速吸「綾波様の気配に気付かないわけないじゃないですか!」


深海綾波「あぇぇぇぇーーー!!」


(だから言ったのに…)


速吸「綾波様の…体全体で吸い尽くさせて下さいね!」ガバッ


深海綾波「んぅぅぅ〜……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 00:42:04.86 ID:4CwulSQDO
それはもう吸われました
落ち着いた後には綾波も任務なのだと察して深くは聞かない
私は私の仕事をしっかりするので見ててくださいね綾波様!とキラが付いた
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 00:42:49.01 ID:m8rEuTQsO
うえ
495 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:54:28.09 ID:YmyYo3hd0
ーー


深海綾波「はへ…はへ…はへぇ……」


速吸「綾波様も任務だったんですね。なら深くは聞きません」


深海綾波「こんなに…絞られ…吸われたの…初めて…」


速吸「速吸は仕事をしっかりするので見ててくださいね綾波様!」キラキラ


深海綾波「はいぃぃ…」


速吸「では任務に戻ります。またお会いしましょうね綾波様!」シュバッ


(とことんヤられましたね)


深海綾波「う…動けないくらい……やられた…」


(調子に乗るから)


深海綾波「すぐ終わるぅ〜……」


ーー
496 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 00:54:55.92 ID:YmyYo3hd0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 01:01:53.77 ID:4CwulSQDO
お疲れ様でした
速吸だったのは何かの運命か

今まで特務艦はちょっと強いモブくらいのイメージだったけどしっかり化け物揃いのようで…
初日からいきなり監査が入るのはどうなんだろうと思ったけど全体でやってるとしたのは上手い
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 01:12:36.09 ID:cbVtj4TeO
おつです

>>497
今日はって幹部さんのセリフがあったし漣の反応的に数日経ってるんじゃないかな?
そして最大戦力とは信濃なのか武蔵なのか…はたまたどっちもなのか
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 10:17:31.90 ID:f5vSIvnuo
おつおつ
幹部さん的には綾波が実質支配してる特務艦娘は都合が良いと思ってるんだろうな…
500 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 19:24:02.91 ID:YmyYo3hd0
ーー深夜


朝霜「んぅぅ…ごめんなパパ…満足させられなくて……」


提督「俺は何も気にしていない」


朝霜「本当はママも分も……頑張らないといけないのに…」


提督「…朝霜を満足させられれば十分なんだ。さぁもう寝よう」


朝霜「ごめん……ごめんな…」


提督「……」


提督「俺も…寝よう」
501 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 19:26:05.06 ID:YmyYo3hd0
提督「……」


キイッ


提督「……誰だ…?」


朝霜「ん……」


提督「朝霜は寝てるな……よし…」


提督「……」ガチャッ


提督「……雲龍か」


雲龍「私の部屋に来て」


提督「…分かった」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 19:28:14.15 ID:t7vEbyaL0
手取り足取り腰を取り……
雲龍とギシアンしましたとさ
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 19:33:41.66 ID:qgb9Gn/LO
最近の提督の調子について心配して話
朝霜も安定してきているし霞は今大事な時期、漣と潜水新棲姫はアレのおかげで二人の時間が大切になってるので
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 19:39:37.47 ID:6OHlEqPlo
変な改行の人帰ってきた…?
505 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 19:46:06.85 ID:YmyYo3hd0
ーー雲龍の部屋


提督「何の用なんだ?」


雲龍「最近の提督の調子が心配だったのよ。朝霜は安定してきているし霞は今が一番大事な時期」


雲龍「漣と潜水新棲姫はアレのおかげで二人の時間が大切になってる。そして龍驤さんは帰ってこれない」


提督「…そうだな」


雲龍「提督の行動を見て皆んなは変わり始めてる。でも肝心の提督が倒れたら意味無いのよ」


提督「俺は大丈夫だ」


雲龍「大丈夫じゃなさそうに見えたから私の部屋まで呼び出したのよ」


提督「……」
506 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/16(日) 19:52:55.22 ID:YmyYo3hd0
雲龍「提督、私を使って」


提督「…どういう意味だ」


雲龍「分かるでしょう」


提督「……」


雲龍「私を拾ってくれた時から、ずっと貴方の事を思ってた。私が体を磨き上げたのは貴方の為でもあるの」


雲龍「抱いて」


雲龍「愛はいらない。貴方の性処理ができればそれでいい」


雲龍「貴方の為なら一晩で何十回も抱かれてもいい」


雲龍「私で…心も体も癒されて」


雲龍「お願い……提督」


提督「安価」


下2 提督の台詞やその他起こったことなど
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 19:54:45.56 ID:t7vEbyaL0
断わる理由は何もない。早速やろう
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:00:21.20 ID:4CwulSQDO
心配してくれるのは嬉しい
だが俺はそうしていつまでも甘えるだけの情けない男でいるわけにはいかないんだ…
でなければいずれは提督を下ろされると自身も薄々理解している
509 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:12:28.87 ID:YmyYo3hd0
提督「心配してくれるのは嬉しい、だが俺はいつまでも甘えるだけの情けない男でいるわけにはいかないんだ」


雲龍「提督…」


提督「そうでなければいずれ提督を下ろされる。まだ提督を辞めるわけにはいかないんだ」


雲龍「……」


提督「分かってくれたか、雲龍?」


雲龍「……」ポロポロ


提督「雲龍…」


雲龍「私では…貴方を助けられないのね……」


提督「違う、そうじゃないんだ」


雲龍「何も違わない…これが霞や龍驤さんなら…貴方は受け入れていた…」


提督「違う……」
510 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:15:39.18 ID:YmyYo3hd0
雲龍「私達を…信じてくれないの…?」


提督「信じているからこそなんだ。提督が艦娘に甘えるだなんて本当はおかしい」


雲龍「じゃあ教えて……私と霞…何が違ったの…」


提督「それは…」


雲龍「黒潮も神通も……貴方を助けたいと思ってる…提督だからここまでついてきたの…」


雲龍「貴方を助けられないなら…ここに居る必要は無い…」


雲龍「提督……私達を捨てて…」


提督「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:22:50.14 ID:t7vEbyaL0
「艦娘たちの愛が眠る場所だから」
なんてんでリフォームを図る提督
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:25:30.95 ID:6OHlEqPlo
何も違わない、あの時雲龍のおかげですごく癒やされたのは事実だ。だからこそ頼れない。
まだ誰にも話していないが信頼しているからこそ雲龍に話す。
俺は愛が欲しかった、愛されたかった、だからみんなに依存して助けられた。でも変わる時が来たんだ。
ここを乗り越えられるかどうかでこの先が決まると思っている。
わがままだとはわかっているがもう少しだけ見守ってほしい。

頭を下げてお願いする
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:26:55.95 ID:m7AKjOrRo
侮ってくれるな雲龍
お前は俺を「お前は身体しか価値がない」と言う下衆な人間にするつもりか
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:33:58.14 ID:xH2n/plvo
改行の人最近見ないと思ってたけどやっぱ戻ってきたのか
案の定クソ安価だし
515 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:34:48.53 ID:YmyYo3hd0
提督「何も違わない、あの時雲龍のおかげですごく癒やされたのは事実なんだ」


雲龍「じゃあ…」


提督「だからこそ今は頼れない。まだ誰にも話していないが信頼しているからこそ雲龍に話す…」


提督「俺は愛が欲しかった。愛されたかった、だから皆んなに依存して助けられたんだ」


提督「だが…変わる時が来たんだ。ここを乗り越えられるかどうかでこの先が決まると思っている」


雲龍「俺の我儘だとはわかっているが、もう少しだけ見守って欲しい」


雲龍「……ん…」


雲龍「提督の言いたい事は…分かったわ……」
516 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:41:59.87 ID:YmyYo3hd0
雲龍「迷惑かけて…ごめんなさい……」


提督「謝らないでくれ、勝手を言っている俺が悪いんだ」


雲龍「……狡いわよ」


提督「雲龍や黒潮達にも感謝の気持ちしか無い。俺が提督の間はこの感謝を返す方法は限られているが、そうじゃ無くなった時、必ず返す」


雲龍「そこまで……考えているのね」


提督「あぁ、今では無いが近い将来提督という仕事は辞める。俺には…守りたいものがあるんだ」


雲龍「龍驤さん…」


提督「龍驤の為に俺の人生を使いたい。それが俺のやるべきことなんだ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:44:11.25 ID:t7vEbyaL0
マッサージをやめ、パイタッチで艦娘たちに迫る提督
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:45:52.81 ID:Q4DRXK05O
……ん?
ちょっと待って、提督、辞めるつもりなの?
貴方、すでにそこまで考えているの?
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 20:46:15.98 ID:4CwulSQDO
それなら私達がする事は貴方が居なくなってもちゃんと生きていけるようになる事ね
私達も貴方の優しさに甘えてばかりだった…提督の負担になっていると解っていて止められなかったと雲龍
520 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:53:23.94 ID:YmyYo3hd0
雲龍「なら私達がする事は…貴方が居なくなってもちゃんと生きていけるようになる事ね…」


雲龍「私達も貴方の優しさに甘えてばかりだった…提督の負担になっていると解っていても止められなかったの…」


提督「いや、その環境を作ったのは俺なんだ」


雲龍「提督だけ……?」


提督「俺と…龍驤だな……」


雲龍「そうよね…」


提督「これから厳しくするとは言わない、だがこれまで通りとはいかないだろう」


雲龍「皆んな…薄々だけど気付いてるわ……」


提督「…そうか」
521 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 20:58:14.45 ID:YmyYo3hd0
雲龍「いつ…提督を辞めるの…?」


提督「そうだな、横須賀鎮守府を捨てたと思われないことが最低条件だな」


雲龍「結果を出すということ…?」


提督「それに近いな。俺がやるべきことは全て終えて、次の提督をここに着任させたい…そうなった時が俺の辞める時だ」


雲龍「皆んなが変われば…すぐにそうなるかもしれないわね…」


提督「……皆んなを信頼してるからな」


雲龍「貴方の艦娘として…提督の幸せを願うのは当然よね」


提督「これからも宜しく頼む」


雲龍「提督の為なら……いくらでも頑張るわ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:02:36.30 ID:f5vSIvnuo
提督を辞める事関係も出来れば大っぴらに広めないで欲しいと提督
わかってるわ…ふふっ、二人の秘密ねと雲龍
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:05:46.87 ID:PId5hr9VO
>>522
じゃあ…真夜中だけれど少しだけお茶に付き合ってもらえるかしら
ハーブティーはお肌にいいし寝付きも良くなるから

その後部屋に戻るとよく眠れた提督
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:07:02.19 ID:t7vEbyaL0
提督引退の噂を速吸が耳にしていた
525 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 21:14:55.76 ID:YmyYo3hd0
提督「…雲龍、俺が提督を辞める事は出来れば広めないで欲しい」


雲龍「わかってるわ…ふふっ、二人だけの秘密ね」


提督「そうなるな…」


雲龍「そうだ…真夜中だけれど少しだけお茶に付き合ってもらえるかしら」


提督「今からか?」


雲龍「ハーブティーはお肌にいいし寝付きも良くなるのよ。性欲を発散させなくてもぐっすり眠れると思うわ」


提督「……いただこうか」


雲龍「もう用意はしてあったの。すぐに飲めるから遠慮なくどうぞ」
526 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 21:17:22.70 ID:YmyYo3hd0
ーー提督の部屋


ガチャッ


朝霜「んん……?」


提督「すまない、起こしてしまったか」


朝霜「パパぁ…」


提督「よしよし、もう遅いし寝ような」


朝霜「パパは…ちゃんと…寝れんのか……」


提督「あぁ…今日はぐっすり眠れそうだよ」


朝霜「ん……」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:17:51.32 ID:4CwulSQDO
提督にはああ言ったがそう簡単に変わらないのが人の心
一部の艦娘は提督が辞めると知ったら何をするか解らないと危惧する雲龍
私だって以前なら身体を使ってでも無理矢理提督を繋ぎ止めようとしたはず
バレてしまう前に何とかなればいいけれど
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:19:26.19 ID:t7vEbyaL0
朝霜の夢に雲龍が入り込む
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 21:28:22.97 ID:f5vSIvnuo
>>527
530 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 21:33:44.71 ID:YmyYo3hd0
ーー翌日


雲龍「提督にはああ言ったけど、そう簡単に変わらないのが人の心なのよね」


雲龍「一部の艦娘は提督が辞めると知ったら何をするか解らない…」


雲龍「私だって前なら身体を使ってでも無理矢理提督を繋ぎ止めようとしたはず。皆んなにバレてしまう前に何とかなればいいけれど…」


雲龍「古参の中で一番危なそうなのは神通よね。次点で黒潮…」


雲龍「神通は……少し探っておいた方がいいわね」


雲龍「あの子も提督の事は好きなはず。表に出していないだけで、強く思っている」


雲龍「暴れてしまったら対処できないけど…それくらいのリスクは承知でやるしかないわ」
531 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 21:38:52.98 ID:YmyYo3hd0
ーー


神通「ハーブティーですか…」


雲龍「提督とも飲んだけど、気に入ってたわよ」


神通「提督が…それでは頂きます…」


雲龍(提督の名前が出るだけで僅かに反応が変わる…付き合いが長いからこそ分かるのよ)


神通「〜〜……」


雲龍「そんな味なのよ。提督は漢方と思えばかなり美味しいと言ってたわ」


神通「そう言われれば…そうですね…」


雲龍「そのハーブティーはリラックス効果があるから提督に勧めたんだけど、もし提督を辞めたらストレスも溜まらなくて済むわよね」


雲龍(さぁ…どんな反応をするかしら?)


神通「安価」


下2 神通の台詞やその他起こったことなど
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 22:01:50.53 ID:6OHlEqPlo
提督も…いつかは辞める時が来るのでしょうか…
どんなことも永遠に続くとは限らない…それは分かっているんです…
雲龍さんのお悩み相談室開催!
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 22:03:00.48 ID:m7AKjOrRo
>>532
534 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 22:13:11.55 ID:YmyYo3hd0
神通「提督も…いつかは辞める時が来るのでしょうか…」


雲龍「そうでしょうね」


神通「どんなことも…永遠に続くとは限らない…それは分かっているんです…」


雲龍「提督から離れたくないのね」


神通「……」


雲龍「私もそう思ってたわ。けど最近の提督を見てそれじゃいけないと思うようになったの」


雲龍「提督は変わろうとしてる。なら私達も変わらないといけないのよ」


神通「変わる……」


雲龍「それが私達にできる唯一の方法よ」
535 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 22:21:00.16 ID:YmyYo3hd0
雲龍「提督が新しい道を行くなら後押ししてあげる。それが私達の使命よ」


雲龍「私達は提督に助けられてここまで来た。だけどずっと甘えてばかりだった」


雲龍「だから今度は提督を…助けてあげるの」


神通「……」


雲龍(今答えを出なさくてもいい。提督が居なくなった時の事を考えてくれればいいの)


雲龍(神通でこれなら黒潮達は危険は無さそうね。皆んなには少しずつ意識してもらえれば…)


雲龍(提督にこれ以上迷惑をかけたくない。だから…)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 22:30:14.74 ID:f5vSIvnuo
神通パート
提督を助ける…自分にできる事は…浮かんでくる思い出と共に思案する
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 22:35:50.04 ID:PId5hr9VO
>>532
戦うこと強くなること、それしかできないと思っていたけれど…
もっとみんなの水準を引き上げる縁の下の力持ちになれればと考える
自分の為ではなくみんなの為に
そうすると自ずと道は開けてくる
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 22:36:17.64 ID:PId5hr9VO
あ、安価ミスです
>>536でした
539 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 22:49:17.78 ID:YmyYo3hd0
ーー食堂


神通「提督を助ける…自分にできる事……」


神通「戦うこと、強くなること…それしかできないと思っていたけれど…」


神通「もっと皆んなの水準を…引き上げるような縁の下の力持ちになれれば…」


神通「自分の為ではなく…皆んなの為…そうすれば自ずと…道は開けてくる…」


神通「提督が…辞めてしまった後も……」


黒潮「なーにしかめっ面しとんのよ」


神通「少し…考え事を…」


黒潮「悩みどころやったら聞いたるで?」


神通「悩みというより…やるべきことが決まったんです…」
540 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 22:55:38.52 ID:YmyYo3hd0
神通「黒潮さんは…提督が辞めてしまったらどうしますか…?」


黒潮「司令はんが?それは無いで」


神通「いいえ…あります…」


黒潮「何で?」


神通「雲龍さんが突然…そんな事を言い出したんです…」


黒潮「……雲龍か」


神通「きっと提督から…そんな話を聞いたんです…」


黒潮「アイツも司令はんの事では分かりやすい奴やからな。そうか司令はんが…」


神通「私は…皆さんの力になれればと思ったんです…」


黒潮「…うちも色々と考えとかなあかんな。ありがとうやで神通」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:00:09.13 ID:4CwulSQDO
黒潮
司令はんが辞める…?
うちら捨てられるんやろか

伝言ゲームみたいになるのはやばい
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:00:38.43 ID:f4GOr8dfo
やるべき事の為、(演習に)付き合って欲しいと言う神通
快諾する黒潮
そして黒潮は魚に餌やりするほどしごかれることとなった…
543 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 23:12:51.78 ID:YmyYo3hd0
ーー演習場


黒潮「やるべき事の為に演習に付き合って欲しいやなんてなぁ。思い立ったら即行動の神通らしいわ」


神通「……」ぶつぶつ


黒潮「うちは結局改二に戻すことは無かったなぁ。やっぱり副作用が強過ぎるわ」


黒潮「司令はんの為って言うんやったら無理にでも改二になるけど…」


神通「……よし」


黒潮「そうやんな、やっぱりうち……」


神通「行きますよ黒潮さん…」


黒潮「…あ、いつでもええよ〜」


神通「では……本気で行きます」ギュンッ


黒潮「……ん?今本気って言うた…?」
544 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 23:20:22.93 ID:YmyYo3hd0
ーー


神通「あの…!手伝ってくれませんか…!」


加古「あたし?悪いけど神通の相手になれるほど強く無いよ」


神通「違います!演習がしたいんじゃなくて、黒潮さんを一緒に運んで欲しいんです!」


加古「ん……?あ、演習場に居るの黒潮か。でもなんかしゃがんでる…?」


神通「あの…少しやり過ぎてしまって…黒潮さんが……」


加古「あ〜〜…お魚さんに餌やってるんだ…」


神通「よりによって…食後でしたので…」


加古「黒潮って大食いだから出る量も凄いもんね。分かった、あたしが手伝うよ」


神通「ありがとうございます…!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:23:17.71 ID:6OHlEqPlo
黒潮がぱくぱくエサ()を食べてる魚眺めながら

もうやること見つけたで…こういうときのための調整役や…
こんな手のかかるやんちゃがおるんやから当分暇せんで…
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:24:53.77 ID:m7AKjOrRo
>>545
547 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 23:36:03.04 ID:YmyYo3hd0
黒潮「お"ぇぇぇぇ…」


黒潮「もうやること…見つけたで…こういうときのための…調整役や…」


黒潮「……げろっ…」


黒潮「はぁ……ぉえ…」


黒潮「こんな手のかかる…やんちゃがおるんや…当分暇せんで…」


黒潮「……ぉぇ…」


黒潮「そうや……もう一つあったわ……」


黒潮「調整役が弱かったらあかん…改二を……自分のものにして…ほんで……」


黒潮「お"ぇぇえええっ……!!」


加古「おーい黒潮〜」ザザザッ


神通「助っ人を呼んできました…!」
548 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 23:39:52.35 ID:YmyYo3hd0
ーー


加古「提督が…マジかぁ…」


神通「すぐという訳ではないでしょうけど…」


加古「いや、思い当たるのはあるよ。最近いつもと違うなって思ってたのはそれなんだ」


神通「やっぱり加古さんも…」


加古「違和感は感じてたよ。でも悪い意味じゃなかったから気付かないフリはしてた。でもその話を聞いて納得した」


黒潮「お前らな……うちが…苦しんでる…」


神通「ごめんなさい黒潮さん…!」


加古「別に病気じゃないんだし心配しなくても平気でしょ?」


黒潮「吐くほど演習させられとんねん…心配せぇ…!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:43:49.32 ID:4CwulSQDO
再び改二になる為にはあの頭痛をどうにかしなければと明石に相談しに行く黒潮
漣のやつにも差を付けられっぱなしやしな…とライバル認定
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:51:48.48 ID:PId5hr9VO
>>549
ストレス面は大丈夫ですが…高血圧の対策を考えないと駄目ですねと
場合によっては幹部さんを頼るという手もあるかもしれませんと
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/16(日) 23:52:52.63 ID:f4GOr8dfo
>>549
漣がいて会話
黒潮(ん…こいつは提督の事気付いとらんか…?)
体調の事もあり漣はいまいち把握しきれてなかった模様
552 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/16(日) 23:59:22.59 ID:YmyYo3hd0
ーー工廠


明石「改二艤装を安定させるには、例の頭痛をどうにかしなければいけませんね」


黒潮「技術的な問題や無いんやな?」


明石「はい、『黒潮の改二艤装』独特のクセです」


黒潮「ほんならうちの問題になってくるわけや。漣の奴には差を付けられっぱなしやな…」


明石「ストレス面はもう大丈夫ですが、高血圧の対策を考えないと駄目ですね」


黒潮「場合によっては幹部はんを頼るしか無いかもしれんなぁ」


明石「きっとコツとか何かがあるんです。そうじゃないと黒潮という艦娘の存在意義が無くなります」


黒潮「ちょっとくらい我慢して、慣れるのも必要かもしれんね」
553 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/17(月) 00:04:02.36 ID:bkS8OlRf0
漣「黒潮さ〜ん、無理する必要はありませんよ」


黒潮「なんやクソピンク」


漣「練度が十分に無いといけないとか、その辺の可能性を忘れてますぜ。焦らずのんびりやればいいんですよ」


黒潮(焦らずのんびり…?コイツ、司令はんの事知らんのか?)


漣「漣が嫁と愛を育んだように、時間が解決してくれる問題の可能性もありますよ〜」


黒潮「…それは分からんで」


漣「はい?」


黒潮「司令はんが何かを考えてるかもしれへん。例えば提督を辞めて隠居するとか。司令はんがずっと提督やと思っとったらあかんで」


黒潮「漣、もし司令はんが提督を辞めるって言うたらどないするんよ」


漣「安価」


下2 漣の台詞やその他起こったことなど
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:09:13.46 ID:Kbx82umFo
タイミングによっては怒鳴り込みに行くかもしれませんが、ご主人様がそうしたいのなら止める理由はありません
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:10:46.86 ID:UUJJMd6Qo
ご主人が変わらなければいけないと考えていたのは漣もですし、変わろうとしてたのも分かってます
むむむ…でもそうなるとうちの嫁との関係を認めてくれる人が後釜なのか…
>>554
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:12:45.60 ID:r9WNjZeDO
とうとう決心したんですねご主人様
あらかじめその話は聞いていた漣
557 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/17(月) 00:18:28.84 ID:bkS8OlRf0
漣「タイミングによってはカチコミに行くかもしれませんが、ご主人様がそうしたいのなら止める理由はありませんよ」


漣「ご主人が変わらなければいけないと考えていたのは漣もですし、変わろうとしてたのも分かってます。が…」


黒潮「なんや?」


漣「うちの嫁との関係を認めてくれる人が後釜なのか…それだけは物凄く気になりますね」


黒潮「また自分の事か…」


漣「いーえ、嫁のことですよ嫁!漣のことは後回しでいいんです」


黒潮「そんなん信用できるわけないやろ」


明石「あの…喧嘩は…」


黒潮「これくらい喧嘩と違うわ、悪口言い合っとるだけや」


漣「そうですよ、お魚に餌やりさんと喧嘩なんかしません」


黒潮「……おい表出ろや裏切り者」


漣「はっは〜ん、体調マックスの漣に勝てるとでも思ってんですか?」


明石「止めて…止めてください…!」
558 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/17(月) 00:25:11.99 ID:bkS8OlRf0
漣「…と、冗談はさておきご主人様が提督を辞めると…」


黒潮「雲龍経由で聞いたから信頼はできるで」


漣「それは信頼できますな。多分横須賀に来てからずっと考えてたんでしょうな」


黒潮「いや、その前からやと思うで。横須賀に来たのはきっかけの一つやろうな」


漣「ご主人様はお金や地位よりも欲しかった家族を手に入れました。ならば提督という仕事に固執する必要はありません」


黒潮「もっと条件が良くて、嫁や子どもとゆっくりできる仕事もあるやろうしな」


漣「ご主人様の居なくなった後…その後を考えなければいけませんね」


黒潮「多分司令はんが辞めるのと同じタイミングで、うちらの中からも艦娘を辞めたいっていうのが出てくるやろうな」


漣「その辺も引っくるめてフォロー…これは忙しくなりそうです」


黒潮「普段働いて無い分、しっかり考えろ」


漣「それはこっちの台詞です。ご主人様に知られないように、内密に調査をお願いしますよ」


ーー
559 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/17(月) 00:28:21.45 ID:bkS8OlRf0
ー ー ー







『Think that it is true afterwards?』







 ー ー
560 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/17(月) 00:28:57.74 ID:bkS8OlRf0
続く


コメントなどあればお願いします
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:33:09.07 ID:q2BvWPhYO
「その後」は本当の事だと思いますか?

えっ
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:34:08.33 ID:UUJJMd6Qo
まあそうなんだよね
このまま二人が辞めちゃうとあの後日談につながって外伝の龍驤のアレにつながるんじゃないかとは思ってる
因果を断ち切る行動は何なのか真のその後はどうなのか模索していかないと
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:42:54.99 ID:T5mpnBJsO
>>561
この場合それが正しいその後だと思いますかじゃないかな?
このまま辞めてしまうのが正しいのか?ってヒントだと思う
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 00:53:25.86 ID:r9WNjZeDO
お疲れ様でした
着々と終わりへ向かっている…?と思ったらまだ不穏
また何か見落としてるんだろうか
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:00:47.19 ID:FMv8fcUEO
亜矢虎は破壊されてデータもぶっ壊されてるから世界の荒廃や艦娘の処分は避けられてるかもしれないけど
結局1億殺しの因果が切れてないからこのまま辞めてしまうと
子育てで提督と龍驤は隠居→復帰→龍驤が因果による何らかの理由で右手足も失う→精神が崩壊→それでも[ピーーー]ない、更に子孫に受け継がれる
の龍驤への影響は避けられてないんだよね

ただ亜矢虎は大本営が回収してるからそれがどうなったのかは気になるところ
もう間違いを起こす大本営ではないはずだけど
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:05:33.17 ID:r9WNjZeDO
悪かった人が良い方に変わるならその逆もあるのかもしれない
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:07:51.98 ID:ExapKuA9o
おつでした
転職は次の仕事の目処が立ってからだぞ〜とか書こうとしたら…!
その後は信頼できない語り手的な事の前例があるので>>559も意味深過ぎて…
盆休ラストの更新にこれとはくぅ〜ぁやってくれますねぇ!
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:09:32.98 ID:I5lMxtzho
この感じだと提督が辞めたらその後はEND
その前に龍驤は1億人の命を繋ぐことやそれに匹敵する何かを成し遂げないといけないってことなのかな
まだ旧大本営の残当がどうなったかもわかってないしね
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:11:44.02 ID:FMv8fcUEO
また大本営とドンパチは考えたくないな…
やることが本編の繰り返しになるってのも理由だけど
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:15:22.30 ID:UUJJMd6Qo
>>566
まあまた大本営がご乱心しましたってなったらもう二度と世界や国や市民との関係修復なんてできないでしょ
そうしたいならできるのかもしれないけど
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:18:13.04 ID:Kbx82umFo
仏棲姫の件って解決したっけ?
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/17(月) 01:24:28.94 ID:FMv8fcUEO
成虫は産まれるのは回避したけど仏棲姫の存在はそのままかな?
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 11:57:45.08 ID:RpMDQBQGo
大和とも決着ついてないしな
元ネタ的に魔人大和と人間大和に分かれてそうで怖いのよね
574 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 18:05:26.50 ID:vs0i/unO0
ーー


三日月「皆さん調子はどうですか?」


「やはり資金が無ければ艤装を作ることは難しいです」


「せめて亜也虎のパーツさえあれば何とかなったんですが…」


「富嶽さんは何と言ってますか?」


三日月「やはり資金繰りが厳しいと。そこで新たな路線を考えていると言ってました」


「艦娘を兵器として完成させる思想を放棄するんですか?」


三日月「あくまで資金を得る為の手段だそうです」


「その内容は?」


三日月「それは…………」
575 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/20(木) 18:14:09.97 ID:vs0i/unO0
ーー


三日月「気分はどうですか富嶽さん」


富嶽「こんな………所で………」


三日月「流石ですね、もうすぐ自分が終わってしまうことに気付いているなんて」


富嶽「貴女が………私を……」


三日月「それは違います、貴女を死に追いやったのは私ではありません。何があったか覚えていませんか?」


富嶽「う………ぐ……」


三日月「富嶽さんの死は無駄にはしません。貴女はこれから生まれ変わるんです」


三日月「汚れた貴女の血液を利用してウイルスを作り、それを悪意を持って使わせてもらいます」


三日月「……私はまだ諦めていません」


三日月「兵器を作れなくとも、私の考えは間違っていないと証明します」


三日月「邪魔者が消えた今だからこそ……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 18:50:41.87 ID:uEces30xO
夕雲から得た情報で旧大本営の残党を倒すための作戦が計画される
その中で菊月が三日月の存在に気づく
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 18:51:12.96 ID:UPQUlkHmO
新しい病を世界に広たあとの事について動きをシミュレーションする三日月

(あっこれ疫病→荒廃の流れかぁ)
578 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 18:59:42.47 ID:vs0i/unO0
三日月「富嶽さんの血を利用したウイルスは高く売れます。何せワクチンや治療薬がありませんからね」


三日月「戦争を商売にしている国や地域。そこの人間達はこのウイルスは喉から手が出るほど欲しいでしょうね」


三日月「このウイルスはあることが普通じゃないんです」


三日月「殺意のあるウイルスならこの世界はすぐに滅んでしまいますが、それは私の本意ではありません」


三日月「このウイルスは死亡率が低いんです」


三日月「ですから人から人へとどんどん感染していって、止められないくらい広まるでしょう」


三日月「そうなれば…私の理想に近付きます」
579 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 19:04:43.97 ID:vs0i/unO0
三日月「私は戦争が嫌いです。だから誰も争うことが無いように八島を作ろうとしました」


三日月「でも…遠い未来、『八島』は人類を滅ぼします」


三日月「私はそんなこと……少しも望んで無かったのに」


三日月「だから考え方を変えたんです。戦争を無くしたいという結果に近付くためには、これが一番ですよね」


三日月「……私は幸運でした」


三日月「放射能に侵された由良さんの血を大量に浴びた富嶽さん。普通ならそれで死ぬようなことはありません」


三日月「でも、大和さんは『富嶽』という名前を名乗ってしまった。だから因果に囚われてしまったんです」


三日月「あんな未完成でどうしようも無かった兵器の名前をわざわざ名乗るだなんて…」


富嶽「…………」


三日月「さぁ、世界を……戦争を終わらせましょう」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:07:48.57 ID:RpMDQBQGo
組織の上層部に三日月のやり方に対して疑問をもつ勢力が出てくる
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:07:49.58 ID:hyhH1aRi0
どの艦娘もマスクをかけて歩いている。声が
モゴモゴするので言いたいことが伝わらない
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:09:09.99 ID:KHKmAMu7O
またクソ改行かよ
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:13:44.38 ID:Ucm5Csj6o
>>576
584 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/20(木) 19:14:48.75 ID:vs0i/unO0
無効なスレは存在しないものと扱いますので、下2の範囲がズレることになります


再安価 下2 お願いします
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:22:49.80 ID:qHG5aIaJO
>>576
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:25:44.47 ID:RDMSlIOho
>>585菊月の思うことをを添えて
587 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 19:34:15.67 ID:vs0i/unO0
ーー横須賀鎮守府


漣「夕雲から聞き出した情報は確かなものでした。これを利用すれば旧大本営派の残党を処分できます」


幹部「あの陸型艤装を作っていた施設が崩壊した今、彼女達が身を潜めている場所は限られている」


漣「夕雲の言うもしもの時の為の避難場所。今使わずしていつ使うという状況でしょうからね」


幹部「専用のチームを組んで彼女らを捕らえるんだ。うまくいけば大和共々全員捕らえる」


漣「大和以外に戦闘要員は居ないそうです。しかし由良さんの情報によればアーマー、機械骨格のようなものを大和は使っていたと」


幹部「それが厄介なんだ。由良君と名取君で勝てない相手をどうするか…」


漣「数で解決すれば良いんですけどね…」
588 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 19:38:30.64 ID:vs0i/unO0
ーー


菊月「……」


曙「三日月が動き出したのね」


菊月「あいつは悪人じゃない。だからこそ厄介なんだ」


曙「本気で戦争を終わらせようとしてる。その為にはどんな手段も選ばない」


菊月「八島もその考えから生まれるはずだった。今回は何を企んでいる?」


望月「予知では何も見えないから、まだ時間はあると思うよ」


菊月「よく考えろ、予知が見えないのはお前が殺されている可能性があるんだろう」


曙「何とかして場所を突き止めて、最悪……」


菊月「説得に応じないなら三日月だろうが消す」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:46:37.14 ID:hyhH1aRi0
望月が提督の部屋を掃除する。
すると、隠し階段が見つかった
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 19:56:28.59 ID:UPQUlkHmO
>>580
ある者は資金の為とはいえこんな物を拡めていいのか…と葛藤
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 20:11:37.21 ID:Id6PyI3go
>>580
592 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 20:17:05.33 ID:vs0i/unO0
ウイルス製作→販売は三日月ではなく大和の指示ということになっています。三日月の地位は決して高くはありません


それと大和率いる旧大本営には上層部という考え方は無く、大和以外はほぼ全員同じ地位と思って下さい



再安価 下2
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 20:27:30.74 ID:qHG5aIaJO
菊月に協力を申し出る海月姫
富士の為、提督の為、もちろん貴方達の為にもと
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 20:30:34.88 ID:DEWVwhEio
>>593
595 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 20:44:15.05 ID:vs0i/unO0
深海海月姫「菊月、困ってるみたいねぇ」


菊月「お前に用は無い」


深海海月姫「あら…協力してあげようと思ったのに」


菊月「心にも無いことを言うな」


深海海月姫「本気よ。富士と夫の為……そして貴女達の為でもあるわ」


菊月「……」


望月「じゃあさ、お得意の胞子を撒いて三日月の場所を探してくれない?」


深海海月姫「胞子はもう撒いてあるわ。後はそれを辿っていけば…」


菊月「おい」


望月「いやいや、海月姫の協力は実際有難いじゃん。ここは手伝ってもらうしか無いって」


菊月「……」
596 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 20:46:53.45 ID:vs0i/unO0
曙「三日月の場所が分かり次第乗り込むの?」


望月「手遅れになる前になんとかするしか無いし」


深海海月姫「自分達だけで片付けられる相手なの?」


望月「ん〜まぁ確かに助っ人は欲しいけど、ここの艦娘を巻き込むわけにはいかないし」


曙「あいつは何も能力は無いし、力不足にはならないわよ」


菊月「この手で…三日月を……」


望月「覚悟決めときなよ菊月」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:06:27.07 ID:Cid5giNro
菊月を激励するもっち以外のめんめん
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:12:49.79 ID:bwxWWdhao
海月姫は戦い自体がなくなればいいのではとも考えて、ばら撒いてる胞子を使って深海棲艦にも戦いを続けることは自分達も追い込むと呼びかけ

すると仏棲姫が「このまま戦いが続くとイベントはどうなる?」と反応して「なくなるわ」と答えるとそれは「それは一大事だ、然るべき時が来た」と動き出す
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:20:37.77 ID:BGgx7MFfo
菊月と三日月、昔の回想(菊月の記憶)
600 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 21:39:31.79 ID:vs0i/unO0
ーー足りないもの鎮守府、近海


深海海月姫(深海棲艦と艦娘の戦いが無くなれば…人間との共存も考えられるのよ…)


深海海月姫(ばら撒いた胞子を使って、同胞達に戦いを続けることは…自分達も追い込むと知らせてあげれば…)


深海海月姫「……無理かしらねぇ。深海棲艦の中には意志のない個体も多い…」


深海海月姫「いえ…意志のある同胞にだけでも届けば……」


深海海月姫「…やっぱりやってみる価値はあるかもしれないわねぇ」


深海海月姫「胞子はもう十分に行き渡った…なら後は…」
601 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 21:45:53.20 ID:vs0i/unO0
深海仏棲姫「貴女…面白いこと…してるわねぇ…」


深海海月姫「…!」ゾクッ


深海仏棲姫「このまま戦いが続くと……」


深海海月姫(これは上位種のプレッシャーじゃない…この個体は…一体……)


深海仏棲姫「私はもう……役目を終えた…そう思ってたのに……」


深海海月姫(……私は殺されて捕食される。コアごと…全て…)


深海仏棲姫「然るべき時が来たの……成虫が……必要に……」


深海海月姫(……この深海棲艦は…繭の元を作れるの……?そんな個体が…目の前に……)


深海仏棲姫「今の私じゃ卵は………だから…」


深海仏棲姫「貴女のコア、頂戴?」ズォォッ


下2 この後の展開やその他起こったことなど
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:53:38.37 ID:qHG5aIaJO
お母さん!と海月姫に攻撃が届く前に追いかけてきてた富士が仏棲姫を攻撃
無我夢中で富士と現代艦のパワーで仏棲姫を倒す
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:55:59.32 ID:J0DEw98Ko
>>602
この戦闘が富士が自分の力について認識する一端になる
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 21:56:05.10 ID:5aB+120DO
海月姫はどうした?と聞く菊月提督
胞子を使って何かをすると言って出て行ったまま帰って来ない
近海に脅威となる存在など居ないはずだが…と菊月
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 22:03:53.23 ID:qHG5aIaJO
これは問題が残ってると思っても下手に触らないほうがいいキャラいるのかな…?難しい
606 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:06:08.62 ID:PbPOOBoxO
ズバッ


深海仏棲姫「…………?」ブシュッ


深海海月姫「富士の……ドローン…?」


富士「お母さんに触るな!!」ドガッ


深海仏棲姫「ぉ…………」グチャッ


深海海月姫「一撃で…体の半分が吹き飛ぶだなんて……」


富士「うわぁぁぁぁーーーー!!」ドガガガガガガッ


深海仏棲姫「…………」


深海海月姫「あ、あぁぁ……あぁ……」
607 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:11:05.46 ID:PbPOOBoxO
「富士……」


富士「よくもお母さんを…!」


「富士…富士……」


富士「お前にコアなんか食べさせない!」


深海海月姫「富士…!!」バチンッ


富士「お…お母さん……?」


深海海月姫「もういいの……!」


富士「だってコイツがお母さんを!」


深海海月姫「もう…いいのよぉ…………!!」ポロポロ


富士「なんで泣いて………はっ…!」


富士「海面に映ってる…全身赤いのが……私…?」


深海海月姫「あの深海棲艦は粉々に砕け散ったのよぉ…富士は…その破片を潰して……」


富士「……!!この周りが赤いのは私が!?」


深海海月姫「もう…破片すら残って無い……」
608 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:13:41.96 ID:PbPOOBoxO
深海海月姫「貴女の力の使い方を…間違えればこうなるの…」


富士「これを…私が………」


深海海月姫「お願い…もう二度とこんな風に力を使わないで…」


富士「これが私の力……」


深海海月姫「貴女は……世界を滅ぼせてしまうのよ…」


富士「……」


深海海月姫「富士…………」


富士「…お母さん、お父さんのとこに帰ろう」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 22:24:10.97 ID:5aB+120DO
やはり大した力ね…と仏棲姫の思念
近場に控えさせていた深海棲艦を呼び出して乗り移る
そして染まりやすい…楽しみが増えたと笑う
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 22:27:47.85 ID:RpMDQBQGo
>>599
611 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:35:30.87 ID:PbPOOBoxO
ーー


菊月『お前は何の為に未来で八島を作ったんだ』


三日月『戦争を無くす為です』


菊月『またその話か。いい加減本音を言え』


三日月『菊月さんには分かりませんよ』


菊月『何がだ』


三日月『私達のように力を持っていない存在は、明日にでも死んでしまうかもしれないんです』


菊月『それは私達にも言えることだ』


三日月『私達と菊月さんとでは危険の度合いが違うんですよ』
612 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:39:08.71 ID:PbPOOBoxO
三日月『八島は理想の兵器なんです。これを最後に人間は戦争を止めるでしょう』


菊月『その考えは甘い。抑止力に効果は無い』


三日月『甘くなんかありませんよ。八島が兵器として完成していることを見せつけるんです』


菊月『無差別殺人でもやるつもりか』


三日月『八島が完全な兵器として全人類の抑止力となる。その為には一度撃つ必要があるんです』


菊月『やはりお前は殺すべき存在だ』


三日月『菊月さん』


菊月『命乞いなら聞かない』


三日月『私を殺してしまうと、未来が狂いますよ』


菊月『……』
613 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:42:45.67 ID:PbPOOBoxO
三日月『私は八島の設計図と共にタイムスリップする運命でした。しかし私は設計図が出来上がる前に、偶然タイムスリップしてしまったんです』


三日月『その私を殺すんですよ?未来は大きく変わるでしょうね』


菊月『……』


三日月『未来の私は狂っています。八島を使って全人類を滅ぼそうとして、それを成功させてしまうんです』


三日月『私はそんなことなんかしない。抑止力として八島を兵器として完成させるんです』


菊月『……』


三日月『平和な世界は、すぐそこまで来ているんですよ』
614 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 22:46:15.45 ID:PbPOOBoxO
ーー


菊月「三日月……」


菊月「お前は間違っている。兵器と平和は結び付くはずがない」


菊月「兵器で作られた抑止力はいずれその力を失う。その時…世界は終わる」


菊月「扉の力で世界の終わりは確定した」


菊月「三日月を殺したとしても、この世界は滅ぶ」


菊月「これが…避けられない運命なのか……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 22:51:57.64 ID:5aB+120DO
平和の定義を考える菊月
そしてこの国だけが平和になっても意味は無い
戦火は外からもやってくる
ならどうするべきか…旧大本営も同じ壁に当りそして狂ったのだろうといつか手にかけた重役を思い出す
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 23:08:34.59 ID:StqhBcrso
>>615
617 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 23:12:45.59 ID:5K1hhrKX0
菊月「平和…………」


菊月「平和とは何だ?何を持って平和とする?」


菊月「そもそもこの国だけが平和になっても意味は無い、戦火は外からもやってくる」


菊月「……深海棲艦は外に含まれるのか?」


菊月「……答えの無い問題を考えるべきじゃなかった。考えるだけ時間の無駄だ」


菊月「私達は旧大本営は違う。私利私慾に溺れて狂ったりなんかしない」


菊月「私は司令官の為に戦う。それで十分なんだ」
618 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 23:17:30.84 ID:5K1hhrKX0
ーー大本営


信濃「なぜ私が大和討伐のメンバーじゃないのよ!!」


幹部「総合的に判断したんだよ」


信濃「納得いかない…!貴方が許可を出さなくとも、私は勝手に動く!」


幹部「好きにすればいい。だがその後はどうする?」


信濃「何がよ!」


幹部「大和を倒した後、君はどうするんだい?」


信濃「倒した……後…」


幹部「復讐を果たしたあと、君には何が残る?」


信濃「……!」バタンッ


幹部「行ってしまったか…信濃君も……いや、彼女も必死なんだね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 23:27:49.01 ID:Cid5giNro
幹部の言葉を反芻する信濃
私は私の強さを証明する、その為に生きている…とは思いつつも近頃自分の考えるような活躍が出来ておらず、どうしても自分のこれからを考えてしまう
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/20(木) 23:33:04.96 ID:iitbTMmuO
>>619
武蔵に呼び止められて同じことを言うのかと無視しようとしたら
行かせたくないわけじゃなくて私の相手をできる貴重な友人だから戻ってくるのは約束しろと言う
そういう考え方をしたことがなかった信濃が面食らう
621 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 23:38:54.79 ID:5K1hhrKX0
ーー


信濃「大和を倒した後……」


信濃「私は私の強さを証明する、その為に生きている」


信濃「でも最近は私の強さを証明できていない。これからの、大和を倒した後の……」


信濃「…………」


武蔵「おい信濃」


信濃「……」


武蔵「無視をするな」


信濃「貴女も私を引き留めるんでしょ」


武蔵「違う、私はむしろ逆だ。気が済むまでやってこい」


信濃「……」
622 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/20(木) 23:45:23.05 ID:5K1hhrKX0
武蔵「ただし、戻ってくることを約束しろ」


信濃「……」


武蔵「お前は私の相手をできる貴重な友人だ、失うには勿体ないからな」


信濃「……そんな考えなんかしたこと無かったわ」


武蔵「お前の見ている世界は随分と狭いようだな。私ならそれを教えてやるぞ」


信濃「…………私は死んでいたの?」


武蔵「大和を倒した後、自害して終わっていた」


信濃「どうして……」


武蔵「お前には復讐しか無いからだ」


信濃「…お礼を言っておくわよ武蔵」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/21(金) 00:15:05.22 ID:tyAH/ql/O
龍驤に無性に会いたくなった富士がお見舞いへ
近況を話しかけるとずっと考え事してる龍驤がふと答える
あんたは優しい子やからたくさん悩んでまうんよ
でも力があってもあんたはあんたで何も変わってないから優しさを忘れんでと

力を認識しすぎてプレッシャーを感じてた胸のうちが軽くなる
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/21(金) 00:16:22.24 ID:Ctw3R18ro
>>623
沈んでた意識が変わって逆に自分だからできること考えなきゃともパパママと相談
625 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/21(金) 00:23:43.59 ID:uOEhyjDz0
ーー病院


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「あんたは優しい子やからたくさん悩んでまうんよ。でも力があってもあんたはあんたや、何も変わってないから優しさだけは忘れんといてな」


富士「変わってない……私は私…」


龍驤「……」


龍驤「……」
富士「うん、私だからできることを考えなきゃ。お父さんとお母さんに帰って相談する。ありがとう龍驤!」


龍驤「……」


龍驤「……」


富士「…早く、元気になってね」


龍驤「……」


龍驤「……」


龍驤「………………」


ーー
626 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/21(金) 00:24:17.34 ID:uOEhyjDz0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/21(金) 00:35:41.98 ID:lVq77vNDO
お疲れ様でした
菊月達も元の富士の事は忘れている?
元々の行動原理に影響する事柄だからそこがどうなっているのか
それと早霜は最初はトリッキーな能力だけど強さは夕立と同じくらいで由良さんを超える程ではなかったはず
その後になっていきなり強くなったのは精神的なものだけが原因なんだろうか
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/21(金) 00:42:51.09 ID:jXgeV5lQo
おつでした
前作主人公達の、決着の物語って感じた
富士ちゃんは力を持つということについて、誰かに教えを請おう…菊月でもいいぞ…!
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/21(金) 00:45:53.41 ID:2NpYsVMbO
由良も弱体化はしてるからその影響はあるかもしれない
630 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 18:38:58.56 ID:mjakN2ISO
ーー


信濃「こんなにアッサリ潜入できるだなんて…警備兵すら居ないだなんてどうなってるの?」


信濃「まさか警備が必要無いくらい大和が強いとでも言うの?」


信濃「あり得ない話じゃない。だから大和は研究者や科学者だけをスカウトして、研究や実験を繰り返していた」


信濃「…やってやるわよ。相手にとって不足は無いってことね」


信濃「この傷の仇…ここで晴らす!大和、覚悟!!」


バターンッ


「……」


信濃「…………何よ…これ…」


信濃「何の冗談のつもりよ……大和………」
631 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/22(土) 18:47:23.53 ID:mjakN2ISO
ーー


三日月「信濃さんは大和さんの死体を持ち帰りました。大和さんの死を確かめる為ですね」


三日月「いえ、大和さんの死を認めたくないからかもしれませんね」


三日月「大和さんの血は必要な分は抜き取っています。死体を持っていかれても何も困りません」


三日月「困るどころかこちらにとって好都合です。大和さんの血、体からは既にウイルスが発生しています」


三日月「それを信濃さんが持ち帰った……これは臨床試験に使えます」


三日月「私がそんなことをすれば望月さんの予知に引っかかってしまいますが、信濃さんが勝手に持ち帰ったんです」


三日月「このウイルスが世界に広がれば戦争なんかしてる場合じゃなくなります。平和に近付くんです」


三日月「富嶽を名乗る存在から抽出されたウイルス……八島ウイルスが世界を平和にします」


三日月「きっと……成功します」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 18:52:30.43 ID:tmAj1JNmo
勝手に八島の名をつけたことで八島さんに何をしようとしているのか気づかれる
それと死因がわからないので防護しながら調べた整備士もウイルスを発見する
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 18:54:43.49 ID:5/PRw4nqO
>>632
八島はもうそんな意味の名前じゃないと怒ってる八島
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 18:56:49.64 ID:lnha9+wDO
大和の遺体を持ち帰る途中
追い掛けて来ていた武蔵と遭遇
話を聞き罠じゃないのかそれは
元帥の一件を忘れたかと
635 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 19:07:54.05 ID:RKGFzfyl0
「ねぇ」


三日月「……八島さん」


八島「ありがとう。勝手にあたしの名前を使ってくれたから、何をしようとしたか気付いたよ」


三日月「八島は私が作ったんです」


八島「悪いけど八島はそんな意味の名前じゃないから」


三日月「勿論分かってます。そもそも私も八島は平和の為の兵器として作ったんですよ」


八島「お前は何も分かってない。兵器なんか人間の玩具なんだよ。そんなものを作る奴が悪いの」


三日月「ええ、人間はそういう生き物です。でも艦娘ならどうですか?」


八島「……まさか」


三日月「八島ウイルスの致死率は低く、重症化もしません。しかし重症化しにくいのは艦娘だけです」


三日月「このウイルスに人間が感染すれば、長い間肺炎のような症状が続くんです」


八島「あたしの名前をそんなものに使ったのか!!」


三日月「平和の為です。完全なる平和の為には人間がどうしても邪魔なんですよ、八島さん」
636 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 19:13:10.59 ID:RKGFzfyl0
ーー大本営


幹部「大和の死体は彼に渡しておいた。何かあればすぐに知らせが来る」


信濃「……」


幹部「不審死…という訳では無さそうだ。彼女はそういう運命だったと思うべきなんじゃないかな?」


信濃「……」


幹部「…少し話題を変えようじゃないか。私が今日マスクをしているのは妻と喧嘩したからなんだ。頬に立派な紅葉ができてしまってね」


信濃「……」


幹部「妻は実家というか姉の所に帰ると言ってしまって…いやぁ夫婦喧嘩とは情け無い」


信濃「……」


幹部「…君の復讐は終わったんだ。これからは自分のやりたいことをやれば良いんだよ」


信濃「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 19:29:02.74 ID:REhENJXXo
せめて死因が知りたいと信濃
それが済むまではどこにも行くつもりはない
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 19:34:06.12 ID:CZiWbj49o
>>637
整備士から大和の死因が汚染であることが伝えられる
それと同時に設備の隔離と接触者の検査も行う必要があると
639 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 19:41:28.05 ID:RKGFzfyl0
信濃「…私はまだここに居るわよ。大和の死因が知りたいの」


幹部「まだとは言わずにずっとここに居ればいい」


信濃「……」


ピピピピピ…


幹部「すまない…もしもし?」


信濃「結局勝ち逃げ……私の負けが確定した…」


信濃「何が最新鋭の艦娘よ……旧式の…あんな奴に負けるだなんて…」


信濃「私が生きている意味はもう……」


幹部「……信濃君、緊急事態だ。悪いが一緒に整備士の所に来て欲しい」


信濃「……」


幹部「大和に関係することなんだ」


信濃「…いいわ、行きましょう」


幹部「その前に防護服を着て欲しい。理由は向こうで説明するよ」
640 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 19:48:02.90 ID:RKGFzfyl0
ーー


整備士「大和さんの死因は血液汚染だね。どこかで放射能を浴びたとかそんな感じだよ」


整備士「それと後、大和さんからウイルスが発生してるね」


幹部「それはどんなウイルスなんだい?」


整備士「現在確認されてるどのウイルスにも分類できなかった。だから新種だと思うよ」


幹部「艦娘が放射能に汚染されるとウイルスが発生する……!?」


整備士「現時点ではそれは何とも言えないけど、とにかく大和さんは大量のウイルスを撒き散らしてる」


幹部「設備の隔離と接触者の検査も行う必要があるのか…」


整備士「信濃さん、ここに来るまでどこかに寄ったりとかしてない?」


信濃「……」


整備士「ねぇちょっと…」


幹部「彼女には少し時間が必要なんだ。それより先にやるべきことがある」


整備士「そう?なら僕はこのウイルスがどれくらいのモノか調べてみるよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 19:58:47.92 ID:lnha9+wDO
それと大和の頭に開いた痕があった
案の定脳が抜き取られていたよと付け加える整備士
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:01:51.07 ID:5/PRw4nqO
ウイルスに注意しつつ三日月を引っ捉える八島さん
傲慢な善意でやった事の責任は取らないと駄目だから殺しはしない
事態解決のために然るべきところへ連れて行く
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:02:04.33 ID:D4Diymta0
↑+大和の脳でなにを
するかと気になる信濃
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:05:03.53 ID:WXso9+uFO
ID:D4Diymta0
今日のNG推奨ID
645 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 20:13:21.27 ID:RKGFzfyl0
ーー


三日月「私をどこへ連れて行くんですか?」


八島「傲慢な善意でやった事の責任を取らせるの」


三日月「傲慢なんかじゃありません。理想的な方法なんです」


八島「言ってなよ」


三日月「……」


八島「お前はこの問題を解決するために、必要な所に連れて行くから」


三日月「無理ですよ」


八島「あたしに向かってそれを言うのか」


三日月「あのウイルスは私でも対処できません」


八島「……」
646 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 20:16:27.97 ID:RKGFzfyl0
三日月「どんな薬を使ってもウイルスは弱体化しません。自然治癒を待つしか無いんです」


三日月「自然に治るのを待つ間、戦争は止まります。それが平和への第一歩なんです」


八島「…殺すよ?」


三日月「そんなことをしたらどうなるか、貴女が一番分かってますよね」


八島「……」


三日月「私が生きているから貴女が存在できる、この世界は終わらない」


三日月「お互い…仲良くしましょうね。ある意味で私は貴女の親なんですから」ニコッ


八島「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:23:39.70 ID:lnha9+wDO
甘いね
人間の馬鹿さ加減を甘く見てるよと八島
そんな事で争いは止まらない
むしろ更なる混乱を招くよ
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:33:01.15 ID:m+/WA7+Yo
おかーさんが馬鹿やったせいで子供の私以下世界が混乱するよ
とりあえず大人しく付いて来い(幹部さんの所に曳航)
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:33:04.29 ID:tmAj1JNmo
三日月は人間の優しさを信じてるんだねと八島
人間が重症となって艦娘は無事、そんな状態になったら何が起こるか想像がつかないかな?
650 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 20:40:07.35 ID:RKGFzfyl0
八島「はぁ……そうだね」


三日月「分かってくれ…」


八島「ふんっ!」バキッ


三日月「ぎゃっ……!!」


八島「おかーさんが馬鹿やったせいで子どものあたし、それ以降世界が混乱するよ」


三日月「え、え、え……?私を……?」


八島「大人しく付いて来い」ズォォッ


三日月「ひゃ……ひゃい…」
651 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/22(土) 20:43:00.42 ID:RKGFzfyl0
ーー大本営


幹部「彼女…三日月君は味方なんだね?」


八島「さぁね」


幹部「君は…」


八島「あたしについては何も聞かないで。ただの人間が関わると怪我するから」


幹部「見た目はゴスロリの少女というのに…この威圧感は本物だね」


八島「ま、せいぜい使ってあげてよ。ウイルスをうまく抑え込めたら混乱もしないし」


幹部「あぁ…」


八島「あたしの名前を勝手に使うとどうなるか、知らないわけ無いでしょ?」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:53:08.52 ID:tmAj1JNmo
まずは幹部さんが三日月と会話
ある意味で三日月は人をとても信頼しているんだねと幹部さん

だが人間が衰退して追い詰められる中で艦娘だけが無事でいることを許容できる人間ばかりではないのが現実
いずれ起きるのは人間と艦娘の争い、そこに平和は存在しない
だからそんな事は止めなければならない
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 20:56:12.27 ID:5/PRw4nqO
>>652
この話を幹部さんからじゃなくて八島さんから聞いてたと言うことにしてやらかしたことに気づく三日月
654 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:02:48.66 ID:RKGFzfyl0
ーー


幹部「君は人をとても信頼しているんだね。でもその考えには賛同できない」


三日月「……八島にも言われました」


幹部「八島…あの少女に」


三日月「人間が衰退して追い詰められる中、艦娘だけが無事でいることを人間は許さないと」


三日月「そうなると起きるのは人間と艦娘の争い。人間同士の戦争が終わっても、また新たな争いが起こる」


幹部「それは平和とは呼べないね…」


三日月「だから止めると。艦娘が不幸にならないよう、姉の意思もできるだけ継ぎたいと言ってました」


幹部「……その話は理解できたかい?」


三日月「…はい」
655 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:10:11.20 ID:RKGFzfyl0
三日月「感染状況はどうなっていますか?」


幹部「大本営の隔離は済んだ。外に漏れる心配は無い」


三日月「それは良かったです」


幹部「あとは外にどれだけ漏れてしまったかだ。信濃君が帰ってきたルートには注意しているが、目に見えてものは探しようが無い」


三日月「疑わしい地域の方には外出を控えてもらいますか?」


幹部「……もう遅いと思うが、やるだけやってみよう」


三日月「大丈夫なはずです、大和さんは裸で持ち運ばれた訳では無いんですよね?」


幹部「それだけでは大丈夫とは言えないね…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:14:27.53 ID:lnha9+wDO
信濃が通ったと思われる地域の医療機関に問い合わせてみるとまだ小規模だか既に院内感染が起きているようだった
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:14:30.52 ID:D4Diymta0
北の鎮守府のほうから感染者大量発生
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:17:56.69 ID:REhENJXXo
>>656
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:18:38.51 ID:sVV4hI1kO
657は例の変な改行の人だから無視して欲しい
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:19:03.09 ID:CZiWbj49o
↑は無効の奴だよね
>>656
感染拡大は病院内で抑えてるが治療薬をなんとしても作らなければという状況に
661 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:21:32.90 ID:RKGFzfyl0
ーー横須賀鎮守府


提督「北の方の鎮守府で謎の感染症?」


春雨「はい、特務艦を通じて連絡が来ました」


提督「それは艦娘だけに感染するのか?」


春雨「人から艦娘、艦娘から人、人同士、艦娘同士の感染が確認されたそうです」


提督「……」


春雨「これは確定情報ではありませんが、人間が感染すると重症化するそうです」


提督「……死亡者は何人だ?」


春雨「それが……居ないんです」


提督「誰も亡くなっていないのか…?」


春雨「はい。重症や重篤な症状の方は何人も居るようですが、死亡者はゼロです」


提督「……」
662 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:26:03.07 ID:RKGFzfyl0
春雨「院内感染も広がり、その病院は隔離されましたが…」


提督「……これは人為的なものか」


春雨「その可能性が高いかと思います」


提督「旧大本営派が何かウイルスのようなものをばら撒いたのか」


春雨「特務艦同士で情報収集に全力を挙げています」


提督「…大本営、幹部さんに連絡だ」


春雨「それが…」


提督「何かあったのか?」


春雨「大本営が隔離されていて、連絡もうまく取れていないんです」


提督「なに……!?」
663 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:29:26.64 ID:RKGFzfyl0
春雨「大本営がどうなっているのか、こちらから確認はできません」


提督「……」


春雨「恐らくですが皆さん無事です。何かあればこちらにエマージェンシーがかかります」


提督「そう…だよな」


春雨「何かあってはいけない為の隔離だと推測できます」


提督「……こちらから調査に向かうのはマズイな」


春雨「対象地域の外出禁止を出すしかありません。深海棲艦用の緊急プログラムを応用すれば可能です」


提督「…やろう。被害は少しでも抑えるんだ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:31:05.41 ID:lnha9+wDO
…それと深海棲艦に感染しているのか判るか?と提督
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:34:09.27 ID:m+/WA7+Yo
>>664
確認はされていないようです、と
(言及なかったよね?)
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:37:02.42 ID:sVV4hI1kO
採用しちゃうのか…
使いやすい内容だったとは言えイッチの悪いところだと思うよホントに
667 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:48:42.51 ID:RKGFzfyl0
提督「……深海棲艦への感染はどうだ?」


春雨「確認されていません」


提督「…そうか」


コンコン


速吸「失礼します。大本営と連絡が取れました」ガチャッ


春雨「ひいっ!」


提督「本当か!?」


速吸「提督にはとりあえず無事だと伝えて欲しいと、幹部さんはおっしゃってました」


提督「無事か、そうか…それは良かった」


速吸「……怯えている暇があるなら貴女も動きなさい」


春雨「は……はい…」
668 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 21:52:18.32 ID:RKGFzfyl0
ーー


駆逐棲姫「ぐす……」


レ級「暁はどう思う?」


暁「偶然とは思えないけど、本当に偶然かもしれないわよ」


レ級「大本営が隔離される前に、クキをこっちに逃した」


暁「喧嘩してクキちゃんがこっちに来ただけじゃない」


レ級「クキの来るところはあたしの所だけだ」


暁「……」


駆逐棲姫「パパは……私を…」


レ級「助けようとしたなら尚悪い。あいつはクキを何だと思ってやがる」


暁「とにかく無事を確認しないと、話はそれからよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:54:51.13 ID:D4Diymta0
先日は夫婦喧嘩と言い張っていた幹部も実は感染していた
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 21:55:49.26 ID:tmAj1JNmo
ウイルスを分析してる整備士
人間の抗体では対応できない、艦娘の抗体は症状を軽くしているが感染力はそのまま、一方で深海棲艦の抗体はウイルスを受けつけていない
一番効果的なのは深海棲艦の抗体だけれどそのままでは人間と艦娘には使えない

でももし三種の要素を併せ持つ存在に抗体を提供してもらい培養できれば…ワクチンは作れる
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:02:40.85 ID:NBeRlhITo
>>670
672 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:15:11.48 ID:mjakN2ISO
ーー


整備士「このウイルスは人間の抗体では対応できない。艦娘の抗体は症状を軽くするだけで感染力はそのまま」


整備士「一方で深海棲艦の抗体はウイルスを受けつけていない…」


整備士「 一番効果的なのは深海棲艦の抗体を使うこと。だけどそのままじゃ人間と艦娘には使えない」


整備士「どうしたものかなぁ、このままじゃとんでも無いことになっちゃうけど」


整備士「うーん…………」


整備士「人と艦娘と深海棲艦…この三つの抗体を同時に含むような存在がいれば、ワクチンは作れるのか……」


整備士「ドライバーの力を使えば、その要素を持ったキメラは作れる。けどその為だけに生物を生み出すのは気が引けるなぁ」
673 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:20:06.11 ID:mjakN2ISO
タシュケント「同志、そんなことを言ってる場合じゃ無いと思うよ」


整備士「うーん……」


タシュケント「ワクチンを作るのにはただでさえ時間がかかるんだ。その間に広まってしまったら取り返しがつかない」


整備士「それは分かってるよ。けどそれは最終手段にしよう」


タシュケント「同志!」


整備士「なんでもかんでも作ればいいって物じゃないんだ。腕と脚が無い軽空母さんに教えてもらったでしょ?」


タシュケント「……」


整備士「ドライバーを託してくれた彼も、絶望的な状況から未来を創造(ビルド)した。彼にできるなら僕にもできる」


整備士「この問題に対して、最適解を導くんだ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:24:42.80 ID:lnha9+wDO
重症化した人間の中で死亡者が数人出始める
三日月がそんなはずはと狼狽える
人によっての体力などはまったく考慮していなかった
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:26:20.29 ID:7niOTDjzO
幹部さん
感染していないのはクキのおかげだなとビンタされた頬を撫でる
アレがなければ危なかったかもしれないと
そんなときに整備士から相談が
676 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:31:14.15 ID:mjakN2ISO
ーー


幹部「ふぅ……私が感染していないのは妻のお陰だな」


幹部「この頬をビンタされていなかったら…」スリスリ


幹部「アレがなければ危なかったかもしれない。やはりクキ君を選んで正解だった…」


コンコン


整備士「いいかな?」ガチャッ


幹部「何かあったんだね」


整備士「あったというか相談かな。前にこんな話をしてくれましたよね?」


幹部「ん……?」
677 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:35:24.12 ID:mjakN2ISO
整備士「人と艦娘の間に生まれて、艦娘の要素も含んだ現代艦娘のような少女が居るって話です」


幹部「ああ、そうだね。それがどうしたんだい?」


整備士「その少女をここに呼べないかな?彼女の抗体があればワクチンや治療薬を作れそうなんだ」


幹部「ここに呼ぶ…」


整備士「彼女はこのウイルスには感染しないから大丈夫だよ」


幹部「何故そう言い切れるんだい?」


整備士「このウイルスは深海棲艦には効かないんだ」


幹部「…君が言うなら確かなんだろう。分かった、提督君に連絡を取ろう」


整備士「できるだけ急いでもらうようにも言って欲しいな」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:40:40.12 ID:CZiWbj49o
連絡を受けて最初は大丈夫なのか戸惑う提督と海月姫だけど富士の熱意に押される
みんなの為にできることをやりたい、優しいみんなの希望になりたい
お父さんとお母さんと龍驤のくれたこの身体で
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:44:55.21 ID:tmAj1JNmo
>>678を見て大人になるのは早いわね…と菊月提督としみじみしてる海月姫
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 22:46:58.63 ID:lnha9+wDO
まずいかもなあ…
681 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:54:15.93 ID:mjakN2ISO
ーー足りないもの鎮守府


菊月提督「本当に大丈夫なのか?今じゃなくてもいいんじゃないのか?」


深海海月姫「安心が保証されているわけじゃないのよねぇ…」


富士「大丈夫!私なら心配いらないから!」


深海海月姫「でも……」


富士「皆んなの為にできることはやりたいの!」


菊月提督「……」


富士「お父さんとお母さんと、龍驤がこの身体をくれたんだもん!次は私が助ける番!」


菊月提督「……分かった」


富士「急いで大本営まで行ってくる!ちょっと羽も生やして飛んで行くね!」
682 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 22:58:12.52 ID:mjakN2ISO
深海海月姫「…大人になるのは早いわね」


菊月提督「富士はまだ子どもだと思っていたんだがな…」


深海海月姫「あの子は人一倍色んなものを見てきた。普通では考えられない体験もきてるわ」


菊月提督「これも…運命なのかもしれないな」


深海海月姫「あなた…」


菊月提督「……俺達もやるべきことをやろう」


深海海月姫「そうね…子どもにだけ頑張らせるわけにはいかないわよね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 23:15:45.56 ID:ucE9OkReo
周囲の人々に向けて注意を促していく二人
話を拾った島風提督も各地で注意喚起をしている
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 23:16:03.45 ID:7niOTDjzO
到着すると早速検体採取で注射は怖いけど…と頑張る富士
検体を見てもしキメラを作ってたとして不完全なものにはしなかったけどこうはいかない。ただただ凄いと感嘆する整備士
685 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 23:37:44.84 ID:m9L39r8T0
ーー


タシュケント「あの子のお陰でなんとかなりそうだね。注射を怖がってたから、またお菓子でもあげようか」


整備士「……凄い」


整備士「もしキメラを作ってたとしてもこうはならない。これが自然に……」


整備士「……」


タシュケント「同志、君は良からぬことを考えてる」ジャキッ


タシュケント「あの子の血はウイルスの治療だけにしか使わせないよ」


整備士「…こんなサンプルはもう二度と手に入らないかもしれないんだ」


タシュケント「だからって君が好き勝手にしていいはずは無い」


整備士「そうかもしれない。けど僕は…」


タシュケント「それ以上無駄なことを喋らない方がいいよ」


整備士「……」
686 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 23:40:41.72 ID:m9L39r8T0
タシュケント「君が死を恐れないのはよく知ってる。けど今死んでしまったらあの子のことは覚えていない」


整備士「これを…創る」


タシュケント「あの子は確かに存在してる。なら君かどうにかできるんじゃないの?や


整備士「…分かった、僕にできないことは無いんだ」


タシュケント「今はワクチンを作ることを優先して。その後、何をしようが君の自由だ」


整備士「やりたいことが増えて良かった。ワクチンくらい簡単に作ってしまおう」
687 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/22(土) 23:43:54.41 ID:m9L39r8T0
ーー


富士「横須賀に行きたいの?」


三日月「そう…」


富士「貴女のことは見たこと無いけど…」


三日月「提督さんのことはよーく知ってるの」


富士「うーん…いいのかなぁ…」


三日月「……」


富士「じゃあとりあえず連れて行くから…」


八島「ダーーーメ」


富士「ん?」


八島「その艦娘は大本営に置いておいて。ここから出すわけにはいかないんだよね〜」


富士「安価」


下2 富士の台詞やその他起こったことなど
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 23:48:25.02 ID:lnha9+wDO
あなた誰?
わたしよりちっちゃいのにずいぶん偉そうにしてー

八島
あ"?
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 23:57:37.04 ID:tmAj1JNmo
>>688
わちゃわちゃした後になんで行きたいのかちゃんと聞いてあげようって
今すぐじゃなくても会えるかもしれないし会いに来てもらえるかもしれないし
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/22(土) 23:58:05.99 ID:PDi2pWILo
文句を言う富士を受け流しつつこの子がお姉ちゃんの名前を……と感慨深そうに観察
三日月の件は菊月をどうにかしてからにしてと取り敢えず理由を出す
691 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 00:04:49.63 ID:Dwed5QHE0
富士「あなた誰? 私よりちっちゃいのにずいぶん偉そうにして〜〜」


八島 「あ"ぁ?」


富士「それに何その格好!お人形さんに憧れてるの?」


八島「ほぉ〜ん…」


富士「あ、私知ってる!そういうの勘違い系ファッションっていうんでしょ!」


八島「……」


富士「青い髪にフリフリの服って!」


八島「クソガキが……怖い思いでもしてみる?」


富士「喧嘩なら負けないもん!」
692 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 00:09:47.58 ID:Dwed5QHE0
ーー


八島「……で、なんで横須賀に行きたいのかちゃんと聞かないと」


富士「うん…」


八島「今すぐじゃなくても会えるかもしれないし、もしかしたら会いに来るかもしれないでしょ?」


富士「そうだね…」


八島「ま、あたし達の喧嘩に巻き込んじゃったから当分は動けないだろうけどね」


三日月「きゅぅぅ……」


富士「ねぇ、あなたって…」


八島「あたしの出番はこれで終わり。三日月を理由も無くここから出して欲しくなかっただけだから」


八島「じゃあね『富士』。お父さんとお母さんと…この世界を守るんだよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:19:38.71 ID:vcNSPTYDO
富士…か
ねぇお姉ちゃん、新しい名前…考えてみない?
名前を得ればまた皆と遊べるよ?と八島
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:22:24.71 ID:/WzKlGMxo
>>693+とりあえず器のための裁縫も頑張るからさ
695 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 00:33:04.56 ID:Dwed5QHE0
ーー


八島「富士…か。ねぇお姉ちゃん、新しい名前、考えてみない?」


「そうね…」


八島「名前を得ればまた皆と遊べるよ?器の為に裁縫も頑張るし!」


「新しい名前をもらったとしても、貴女の姉にはなれないわよ」


八島「力が無くても姉じゃなくてもいいの!あたしが側に居て欲しいんだもん!」


「あの羊が存在できたのだから、私だってできるでしょうね…」


八島「こんな時こそ皆を頼らないと。楽しみにしてるからね〜〜!」


八島「……あ、以上八島でした!」


ーー
696 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 00:33:31.37 ID:Dwed5QHE0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:39:43.36 ID:vcNSPTYDO
お疲れ様でした
大和を戦闘も無く退場させたのは畳みにきてる気がして嫌な予感

それと…こんな形でも大丈夫なのかちょっと心配
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:42:56.87 ID:Lrqaf7xzo
乙でした
コ○ナも早うワクチンできんかなあ〜
あ、でも現実でマッド整備士はNG
お姉ちゃん名前安価来る…?
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:47:01.86 ID:KtP3xp71O
整備士さんは神の禁忌とかそんな風なものに触れそうで怖い
吹雪の事を思い出せば少しはブレーキかかるかなぁ
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:51:48.56 ID:ywNNPOByO
乙でした
風が吹けば桶屋が儲かるみたいに罪をかぶった龍驤は今回の事が上手く行けば相殺できるんだろうか
このままワクチンでウイルスを対策できたら救えるとしたら1億どころじゃないよね
人類が衰退しての艦娘との戦争を回避したなら今生きてるこれから生まれる何十億何百億を救ったことになるだろうし
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 00:58:56.44 ID:jw2KL9VVo
今のところいい感じだけどどんな落とし穴が仕掛けられてるか分からないのが怖いところ
あと仮に終わりが近づいてたとして続けていたいからで下手に状況をマイナスに振らせたくはない
むしろGOODで終わる保証はないんだからマイナスのままの終わるのだけは嫌だ
702 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 19:06:08.99 ID:Dwed5QHE0
ーー大本営


幹部「感染が確認された地域の封鎖は完了し、ワクチンや治療薬も整備士君がなんとかなりそうだと言っていた」


幹部「封鎖は深海棲艦の攻撃に備えてだと発表したが、いつまでも嘘を付くわけにはいかないだろう」


幹部「被曝した艦娘から未知のウイルスが発生した…これはまたマスコミが騒ぎそうだ」


幹部「それで済めばいいが、下手をすれば艦娘の存在意義に関わる。艦娘がやっと人と同じ扱いを受けてきた所だというのに…」


幹部「それにこれだけの騒ぎを起こしておいて、誰も責任を取らないのはマスコミも市民も黙っていないだろう」


幹部「……」スッ


幹部「辞表……私一人で済むなら儲け物だ」
703 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/23(日) 19:11:33.20 ID:Dwed5QHE0
幹部「提督君達若い世代は、これからの時代に必要だ。老兵は去るのみということだ」


幹部「私がここから去れば…大本営は最悪解体もあり得る。ここにいる艦娘達を見捨てることになってしまう」


幹部「だが彼女達は不幸にはならない。提督君や菊月提督君達が居るじゃないか」


幹部「心残りはあるが…誰かが責任を取らなければいけないんだ」


幹部「まずはマスコミ対策、その後病院の手配…まだまだやることはある」


幹部「跡を濁して去るようでは三流以下だ。誰にも迷惑はかけずに問題を終わらせよう」



下2 この後の展開やその他起こったことなど
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 19:22:14.25 ID:vcNSPTYDO
辞表を用意していたのを偶然見ていた深海綾波
自己満でさ、全部押し付けて居なくなろうってそうはいかないよ
責任取る誰かが必要ならそれはアンタじゃない
身代わりを仕立てあげてひっかぶせるくらいしたらいい
今更善人ぶるなんて卑怯だと地を剥き出しでキレる
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 19:25:43.06 ID:gcapKlL5O
もうどうなってもいい命だとワクチンのテストに立候補する信濃さん
これから世界を救う命なんだからどうなっても良いどころか比類するものなんてそうはないよと整備士
結果は…当然だよと成功!
706 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 19:31:28.68 ID:Dwed5QHE0
ーー


タシュケント「本当にいいんだね?」


信濃「ええ…」


整備士「ワクチンの臨床試験に君が協力してくれるなら嬉しいけど、危険なのは分かってる?」


信濃「もう私はどうなってもいいのよ…」


タシュケント「そんな事言わないで欲しいな」


信濃「この命も終わってもいい……だから好きにして…」


整備士「理由はどうあれ協力してくれてありがとう。じゃ、注射するよ」


信濃「……」
707 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 19:38:14.19 ID:Dwed5QHE0
ーー数時間後


整備士「気分はどうかな?」


信濃「良くも悪くも無いわ…」


整備士「信濃さん…だったかな?君はこれから世界を救うんだから、比類するものなんてそうはないよ」


信濃「…何を言ってるのよ」


整備士「拒否反応も無し。これでワクチンは完了で次は治療薬だ」


信濃「だから…」


整備士「協力してくれたお礼さ、ワクチンと治療薬には君の名前を付けるんだよ」


信濃「貴方ねぇ…!」


整備士「今は人手が必要なんだ。自分の名前が付いた薬なんだから手伝って当然だよね?」


信濃「…この私を使おうだなんていい度胸してるじゃない。いいわ、やってやろうじゃないの」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 19:55:34.99 ID:jw2KL9VVo
綾波が幹部に特務艦筆頭として話

責任を取るなら辞めるんじゃなくて行動で取らないとダメ
今回の問題を起こしたのは旧大本営の残党でそれに立ち向かってるのが大本営
だからそのスタンスを崩すのは良くない

あと私だって責任は取ってるし他人が思う以上にキツイ、けど悪いことだけじゃないし皆がまとまれてる

要約すると簡単な道に進むのはダメだってこと
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:04:56.03 ID:vcNSPTYDO
ひとまずのワクチンと治療薬は完成
しかし感染者全てに行き渡る数の量産体制には最短でも一ヶ月は掛かると整備士
知識のある人員も足りないので何とかしてくれないかなと
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:10:37.83 ID:HSvXf7rfo
>>709
711 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 20:17:44.22 ID:Dwed5QHE0
ーー


整備士「やぁやぁ幹部さん」


幹部「…そっちはどうだい?」


整備士「ワクチンと治療薬の開発は成功したよ」


幹部「そうか……それは良かった」


整備士「あの子に提供してもらった血液が良かったんだよ。あれがあるなら誰でも開発できたと思うよ」


幹部「いや…整備士君だからこそできたんだよ」


整備士「そうじゃないんだけど…まあとりあえず報告はしたからね」
712 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 20:23:13.72 ID:Dwed5QHE0
整備士「でもね、量産体制には最短でも一ヶ月は掛かると思うんだ」


幹部「そんなにかい…」


整備士「知識のある人員も足りないし、どうにもならないよ」


幹部「……」


整備士「薬に詳しい人とか、そういう感じの助っ人でも紹介してくれたら多少は早くなるよ」


幹部「薬…」


整備士「心当たりがある?」


幹部「あるにはあるが…」


整備士「ならここに呼んで欲しいな。一人でも来てくれたら嬉しいよ」


幹部「薬のプロフェッショナルといえば霞君だが……事情を話して協力してもらうしか無いか…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:25:20.48 ID:5bUU1HaS0
大和の抜け毛を霞が解析
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:35:34.74 ID:/WzKlGMxo
朝雲、山雲も招集される
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:36:21.76 ID:r2UxDmszO
>>713
死んどけクズ
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 20:37:46.54 ID:jw2KL9VVo
提督から話を受けてまだお腹もそれほど大きくないので十分対応はできると霞
ただ万が一があるので感染予防は万全にしたいのと朝雲か山雲がいれば憂いがない
717 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 20:42:46.68 ID:Dwed5QHE0
ーー横須賀鎮守府


霞「お腹もそれほど大きくないし、十分対応はできるわ」


提督「そうか…」


霞「万が一があるかもしれないし、朝雲か山雲が居れば更にいいわね」


提督「…なら二人に協力を頼もう」


霞「ちょっと、勝手に決めていいの?足りないもの鎮守府の都合もあるのよ?」


提督「頼むだけだ、断られたら仕方ない」


霞「そう、分かってるならそれでいいの」


提督「……」
718 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 20:47:58.28 ID:Dwed5QHE0
霞「…あなたの考えてること丸分かりよ。私に行って欲しく無いんでしょ?」


提督「……」


霞「悪いけど止めても行くから。私じゃないとできないようなことだし」


提督「……」


霞「あなたもやることがあるでしょ。しっかりやりなさいな」


提督「霞……」


霞「朝雲達に連絡しといてよね。じゃ、行ってくるわ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 21:04:04.35 ID:vcNSPTYDO
朝山雲
霞の身体が心配で作業の合間も付きっきり
指示をしてくれるだけでいいから無理はしないでとしつこく頼む
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 21:06:08.00 ID:mFhyjd2cO
ここで凹んでいたら産まれてくる子にすら笑われると気合を入れ直し
まずは朝雲と山雲に応援を要請して次に横須賀の提督としてできることを考えはじめる
すると鎮守府全体で難局を対策しようと空気ができていく
721 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 21:14:51.89 ID:Dwed5QHE0
提督「……そうだ、ここで凹んでいたら産まれてくる子どもに笑われてしまう」


提督「まずは朝雲と山雲に応援を要請して、次に横須賀の提督としてできることを考えるんだ」


提督「できること……大本営と足並みを揃えるのは勿論だ。それとマスコミへの対応か」


提督「放っておけば幹部さんが一人でやろうとする。それは好ましくない、俺にだってできることはしよう」


提督「横須賀は全国を代表する鎮守府なんだ、指示を待っているようじゃ遅い」


提督「初動は早く正確に。それとフォローも必要だ」


提督「……菊月提督に連絡をしよう」
722 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 21:20:22.75 ID:Dwed5QHE0
ーー数日後


速吸「……この数日で明らかに空気が変わった」


早霜「これが司令官の良い所よ」


速吸「…ただのお人好しでは無かったんですね」


早霜「普段は頼りない時もあるけど、やる時はやるのよ。だから皆んな司令官について行くの」


速吸「どうやらそのようですね…」


早霜「貴女も一度大本営に戻った方が良いんじゃないの?向こうは少しでも人員が欲しいはずよ」


速吸「任務は放棄できません」


早霜「その任務を出している所が危ないって言ってるのに」


速吸「とにかく危険因子である貴女は無視できません。私は任務を守ることが仕事なんです」


早霜「司令官に比べて、貴女は頭が堅いみたいねぇ…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 21:30:33.51 ID:vcNSPTYDO
話を聞いた菊月提督
幹部のやろうとしている事を見抜く
俺達のような提督には幹部のような上司は必要不可欠だ
責任問題は難しいが少なくとも彼一人に背負わせる訳にはいかないと
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 21:33:51.54 ID:5bUU1HaS0
速吸に大本営からメールが
来る。帰還を命じられた彼女
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 21:37:15.37 ID:jw2KL9VVo
>>723
今回の問題は根本から旧大本営によるものでそれを前提に動いて責任のとり方を考える必要がある
マスコミ対策については外部の情報収集に長けたメンバーが菊月提督の下にいて、情報発信に長けたメンバーが横須賀にいると
726 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 21:47:16.83 ID:Dwed5QHE0
ーー


菊月提督『幹部は責任を取って辞めるつもりだろう』


提督「幹部さんが…」


菊月提督『俺達のような人間には幹部のような話の分かる上司は必要不可欠だ。責任問題は難しいが幹部一人に背負わせる必要は無い』


提督「なら幹部さんのやろうとしていることを先回りすればどうだ?」


菊月提督『何かあるのか』


提督「俺だけじゃない、そっちにも手伝ってもらう必要がある」


菊月提督『何をしようとしているか、その内容によっては手は貸さない』


提督「なにも無謀なことをしようとしているんじゃないんだ」
727 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 21:55:02.38 ID:Dwed5QHE0
提督「マスコミ対策は外部の情報収集に長けたメンバーがそっちに居て、情報発信に長けたメンバーはこっちに居る」


菊月提督『そうだな』


提督「そもそも今回の問題は旧大本営によるものなんだ。責任云々はそれを前提に置く必要がある」


菊月提督『おい、そうなると…』


提督「責任は俺が取る」


菊月提督『お前は何を言っているんだ』


提督「幹部さんは必要な人だ。だが俺の代わりは誰でもできる」


菊月提督『それをお前の艦娘達が聞けば何を言われるか分かっているのか』


提督「分からない、俺は横須賀鎮守府の提督だ。俺の首なら十分だろう」


菊月提督『…責任の件は考え直せ。それ以外では協力してやる』


提督「協力感謝する。急ぎで頼む」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 22:16:54.17 ID:Lrqaf7xzo
提督の身を案じつつやる事をやる菊月提督
海月姫達に情報機関がどれだけ情報を持っているか探ってもらう
729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 22:31:59.17 ID:mFhyjd2cO
↑ウイルスなどの核心を捉えていないけどなにか異変が起きてることは把握している様子

コントロールするなら今しかないという整理になり混乱を招かない範囲で嘘にならないよう情報は出して行くことに
そのためにも提督の会見の特訓をマスコミ対策班で行う
730 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 22:38:19.23 ID:Dwed5QHE0
ーー


提督「……こうか?」


青葉「違います!もっとカメラを見て下さい!」


皐月「僕はこれで良いんだよね?」


青葉「皐月さんは大丈夫ですよ!司令官の人相がどうやっても良くならないのが…」


提督「……」


深海新棲姫「これは何をやっているんだ」


漣「ご主人様の会見特訓ですよ。あがり症と人相の悪さを少しでもマシにしようって算段です」


深海新棲姫「顔はどうやっても無理だぞ」


漣「雰囲気だけでも変われば儲け物って感じですから」
731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 22:40:35.62 ID:N8LWsQtVO
(ここは潜水新棲姫かな?)
732 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 22:43:36.08 ID:Dwed5QHE0
漣「菊月提督さん達の調査によると、マスコミの連中は異変を感じ取ってます。しかしウイルスという核心を捉えていないと」


漣「ならばコントロールするなら今しかない。混乱を招かない範囲で情報は出して行くことになったんですよ」


深海新棲姫「提督がやる必要は無いだろう」


漣「本当ならそうですよ。でも大本営が隔離状態だったのが知られるとマズイと、ご主人様の判断です」


深海新棲姫「本当にそれだけか?」


漣「ご主人様らしく無いと思いましたが、理由がちゃんとしてるので何も心配してませんよ」


深海新棲姫「ワタシの気にしすぎならいいんだがな」


漣「変なこと言ってフラグを建てないで下さいよ。そんなことより、ご主人様のサポートです!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:05:16.50 ID:vcNSPTYDO
コントロール
隔離の理由
原因不明とされる病の出所や発生場所など
どこまでを正直に話すか、もしくは改竄の必要がある箇所はあるかなど話し合う
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:15:41.82 ID:jw2KL9VVo
>>733
菊月提督が描いたストーリーは大本営は旧大本営残党による未曾有の事態に対応したという事実を公表するということ
そのため辞任などはしない

まずは対処中ということを伝える。
何らかの感染症が小規模に広まった(事実)
即時の感染症拡大防止のために大本営の取れる方法で封鎖した(事実)
ウイルスを発見したため対策を取っており大本営の技術者が全力で対処している(事実)

追っての情報で
旧大本営が兵器転用を見込んで開発したウイルスのため特異な性質持っている(事実)
旧大本営の技術情報を回収しも対策が容易に捕れるみ込みである(事実として三日月はいて対処の目処も立っている)
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:17:34.18 ID:vcNSPTYDO
文章おかしくなってますね…すみません
736 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 23:27:58.93 ID:Dwed5QHE0
ーー


提督「これが菊月提督の用意した原稿か…」




・大本営は旧大本営残党による未曾有の事態に対応し、現在も対処中

・旧大本営が原因で何らかの感染症が発生。即時対応の結果、大規模に広まることを抑えた

・感染症拡大防止のために大本営の取れる方法で対象地域を封鎖した

・感染症を引き起こすウイルスを発見。その対策を取っており大本営の技術者が全力で対処している

・旧大本営が兵器転用を見込んで開発したウイルスの可能性があり、特異な性質があることが予想される

・旧大本営の技術情報の回収に成功。対策の容易化を見込める状況である




提督「この原稿ならばマスコミをある程度コントロールすることは可能か、だが…」


・責任の所在は旧大本営にあり、大本営及び横須賀鎮守府に落ち度は無い


提督「この部分は見なかったことにする。誰かが責任を取らなければ市民は納得しないんだ」
737 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 23:31:08.49 ID:Dwed5QHE0
ーー会見当日、横須賀鎮守府


黒潮「司令はん大丈夫かなぁ」


神通「あれだけ練習したんですから…」


雲龍「せめてテレビで見守りましょう」


漣「頼みますぜご主人様…!」


潜水新棲姫「……」


朝霜「頑張れよパパ…」


早霜「…始まるみたいね」


速吸「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:33:30.61 ID:/WzKlGMxo
いつぞやの深海棲艦が化けた女記者が出席している
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:40:31.11 ID:vcNSPTYDO
>>738
責任問題の話になり提督がその責任を取るとの発言にこれまでの話を聞く限り貴方が責任を取る必要は無いと思われますが?と女性記者が反論
740 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 23:46:31.55 ID:Dwed5QHE0
ーー


「会見では責任の所在は言及されていませんでしたが、そこはどうお考えですか?」


提督「責任は横須賀鎮守府の提督である私が取ります」


皐月(司令官……!?)


「貴方が横須賀鎮守府を辞任されるということですね?」


提督「間違いありません」


皐月(何を言ってるの司令官…!そんなこと言ったら皆んなはどうなるの!?)


女記者「次、質問いいですか?」


提督「…どうぞ」
741 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/23(日) 23:54:14.90 ID:Dwed5QHE0
女記者「お話しを聞く限りでは旧大本営派が感染症を広めたということですよね?」


提督「そうなります」


女記者「その責任を大本営では無く横須賀鎮守府が取るというのはおかしいと思うんですが?」


提督「おかしくはありません、大本営は然るべき対応を迅速に行いました。それに比べ横須賀鎮守府は初動が大きく遅れました」


女記者「それだけで責任を取るというんですか?」


提督「…次の方、質問をどうぞ」


女記者「あ、ちょっと…!」


「旧大本営派について質問です。現在……」


提督(…これで良いんだ。市民も納得し、マスコミもコントロールできる。これが最善の策なんだ)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/23(日) 23:58:04.02 ID:/WzKlGMxo
大本営から何らかの譴責処分があっての辞任という事でしょうかという質問がくる
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:00:49.48 ID:NeOom7srO
会見後に頭を抱えた幹部さん
横須賀鎮守府の提督は責任感が強すぎ、対策に追われて連携が不足したため自発的に辞任を宣言してしまった
大本営としては受理をしていないという声明を出す

声明にはそれはまあ当然でしょ…って反響があり、むしろ提督が真っ直ぐな人間だと受け止められる
744 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/24(月) 00:10:50.07 ID:A18U1Fko0
ーー


幹部「提督君〜〜〜〜…」


菊月提督『俺だって驚いてる。提督の奴、原稿の一部を無視したんだ』


幹部「無理をしてでも私も行くべきだった…提督君はああいう人間なんだよ…」


菊月提督『人の痛みが分かるのは立派だが、ここまでくると道化だぞ』


幹部「……提督君はこちらで何とかする」


菊月提督『できるのか?』


幹部「横須賀鎮守府の提督は責任感が強過ぎた為…対策に追われて連携が不足したため自発的に辞任を宣言してしまった……」


菊月提督『大本営としては辞任を了解していないとも付け加えておけばいいだろう』


幹部「急いで大本営から声明を出す……提督君…本当に君は……」


菊月提督『こちらも巻き込まれているんだ。さっきから足りないもの鎮守府の地元の奴らが提督は悪くないと押し寄せて来ている』


幹部「すまないがそっちの対応は任せたよ……」
745 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/24(月) 00:16:44.41 ID:A18U1Fko0
ーー翌日


黒潮「司令はんの会見の後、すぐに大本営が声明を出したんや」


神通「その反応を受けて…世間はそれは当然だと…反響があったみたいです…」


雲龍「むしろ提督が真っ直ぐな人間だと受け止められたでしょうね」


漣「でもねぇ提督、私らが怒ってるのは分かりますか?」


提督「……」正座


黒潮「…何を勝手に決めとるんやアホ!!誰かに相談くらいせぇ!!」


神通「私達は…信用できなかったんですか…?」


提督「違う…」


雲龍「違わないのよ。貴方は私達を捨てようとしたの」


提督「それは違うんだ…」


漣「違うも違わないも無いってんですよおらぁ!!」バンッ


提督「……」


神通「たっっっぷり…お話ししましょうね…?」ニコッ


提督「……はい」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:18:55.32 ID:HkUTfM7qo
女記者による提督特集が組まれてさらに一般の評価アップにつながる
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:21:01.62 ID:U9Re2ftDO
たっぷり絞られた提督を尻目に
辞めると言って結局辞めない事への批判もありますが今回は言いがかりに近いですねとエゴサしている漣
しかし強面のご主人様にしてはずいぶん好感触で明日槍でも降りそうですなと
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:21:21.31 ID:GfCxp0X5o
提督が久々に暴走したのでみんな怒ってる
意図が違うのはみんな理解してる、でも結果としてそうなってしまっていると
だから急に変われない事はわかっているから少しずつ変わればいい、それまで頼ることは恥じゃないと説教される
749 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/24(月) 00:30:20.17 ID:A18U1Fko0
ーー


漣「ふんふん…軽くエゴサしてみましたが、 辞めると言って結局辞めない事への批判もありますけど今回は言いがかりに近いですね」


漣「しかし強面のご主人様にしてはずいぶん好感触が多いですな。明日槍でも降りそうです」


提督「……」


漣「え〜っと、黒潮さん神通さんから一発、雲龍さんから四発でしたっけ?」


提督「……」


漣「流石に神通さんは手加減してましたけど、雲龍さんなんか全力ビンタでしたな。それくらいショックだったんですよ」


提督「……」


漣「この後朝霜さん達も待ってますし、何なら霞も帰ってくるみたいですよ」


提督「……」


漣「…あ、一つ忘れてました」


漣「このアホぉーーーー!」バッチーン


提督「……」


漣「今日一日は覚悟しておいて下さいね、ご主人様」


提督「…………はい」


ーー
750 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/24(月) 00:30:47.84 ID:A18U1Fko0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:33:16.31 ID:NeOom7srO
みんな悪気がないのは分かってるから怒りで表現してくれて愛想はつかさないんだろうね…
幸せもんだよほんと
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:39:48.19 ID:A3hxm2c2o
おつでした
境遇から人の悪意を過大に捉え過ぎですよ提督…
菊月提督は色々流石の動き
これでこっそり提督、提督辞めるってよができなくなったと思うがどうなるかな。そもそも大人数に筒抜け? そうねぇ…
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/24(月) 00:54:22.68 ID:U9Re2ftDO
お疲れ様でした
幹部さんも辞めづらい状態になっただろうから安心していいかな?
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/25(火) 01:45:50.08 ID:35RBQG9Io
ビンタに込められた愛を知るのだ
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/26(水) 12:28:26.77 ID:Jlp0ENeyO
>>559の分かったかも
でも自信ないから書くのはやめとく
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/26(水) 12:29:53.46 ID:T3Rmtn/HO
書くだけただだし書いていけ
757 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 18:11:55.68 ID:9tFzSN+40
ーー横須賀鎮守府


幹部「例の会見の件で提督君には処分が下ることになった。とは言っても重いものでは無い」


幹部「形としては謹慎ということになるが何もしてもいい。ゆっくりと過ごして欲しい」


提督「……」


幹部「世論が提督君の味方をしているのは良かった。そういう意味ではあの会見は成功と言えるが……相談はして欲しかったね」


提督「すいません…」


幹部「提督君だからこそ、ああいう思考になったんだろう。責めるつもりは全く無いが、ホウレンソウはしっかりして欲しいという注意だね」


提督「はい……」
758 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 18:17:48.29 ID:9tFzSN+40
幹部「君は提督を辞めたいのかい?」


提督「いずれは辞めるつもりでした。それが…今……」


幹部「私は君を提督という立場に縛り付けるつもりは無い。だが辞めるタイミングは今じゃないんだ」


幹部「君達のお陰で旧大本営を倒し世界的な危機は去った。そんな人物を蔑ろにするわけが無いじゃないか」


提督「……」


幹部「…龍驤君はそんなに悪いのかい?」


提督「……………………はい」


幹部「少しでも彼女の側に居たかった。だから提督を辞めるという選択肢が出てきた」


提督「勿論それだけでは…」


幹部「分かっている、全て分かっているんだ。これは私と君だけの秘密た」


提督「…ありがとうございます」


幹部「さぁ今日から晴れて謹慎だ、龍驤君の所にでも好きな場所に行けるんだよ」


提督「すぐに…龍驤の所に向かいます」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 18:34:54.14 ID:AkH5EkfBO
病院へ向かうと待ってましたとばかりに対応される
龍驤の病室に行くと迎えに来るの待ってたでと憑き物が落ちたような龍驤が
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 18:46:01.88 ID:gvk9QpR1O
病院に行くとあのウイルス騒動の後から日常生活はできているけど心ここにあらずという感じであると伝えられる
ずっと誰かを待っているようだと
761 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 18:51:00.38 ID:9tFzSN+40
ーー病院


「龍驤さんは例のウイルス騒動の後、日常生活はできるようにはなりました」


「しかし心ここにあらずという状況で、何にも興味を示さないんです」


提督「……」


「まるで誰かを待っているようにずっと同じ方向を見つめているんです」


提督「…分かりました」


「現在は拘束等は行っていませんが十分注意して接してあげて下さいね」


提督「…はい」
762 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/27(木) 18:53:05.58 ID:9tFzSN+40
ーー病室


ガチャッ


龍驤「……」


提督「龍驤…」


龍驤「……」


提督「ずっと…同じ方を見てるのか」


龍驤「……」


提督「横須賀鎮守府……俺がいる所の方を…」


龍驤「……」


提督「すまない龍驤……俺のせいで…」


龍驤「……」


提督「暫くの間…側に居るから……龍驤…」


龍驤「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 18:54:53.86 ID:1dE1Jo5so
あの子…富士がお見舞いに来てくれた事を話す龍驤
764 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 19:08:05.64 ID:3HNM/ZHko
しばらく一緒に過ごしながら龍驤の面倒を見ている提督
最初にすまないと謝ったがあの言葉を行ってなかったことに気づく
「ただいま、迎えに来た」と
765 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 19:15:25.60 ID:9tFzSN+40
ーー


提督「……」


龍驤「……」


提督(何をしても、何を言っても龍驤は反応してくれない…)


提督(俺の接し方が悪いのかもしれない。だが無反応となるとそもそも俺は認知されていないんじゃないか?)


龍驤「……」


提督(龍驤は相変わらず向こうを見ている。俺が居るであろう方向を)


提督(どうすれば龍驤を………)


提督(そうだ、俺はまだ言っていないことがある)
766 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 19:25:21.42 ID:9tFzSN+40
提督「龍驤…迎えに来たぞ」


龍驤「……」


龍驤「…………」


龍驤「…司令官」


提督「龍驤!」


龍驤「ごめんなさい…」


提督「謝らなくていいんだ、俺の事が分かってくれるならそれでいい」


龍驤「それなんだけど、ずっと分かってたよ」


提督「龍驤……?」


龍驤「……気力が無いっていうのかな」


提督「そんなこと言わないでくれ!」


龍驤「大丈夫死ぬだなんて言わない。これが……私の素なのかな」
767 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 19:30:20.52 ID:9tFzSN+40
龍驤「変な関西弁で明るい、龍驤という艦娘はそういうもの」


龍驤「でも……そんな気持ちになれない」


龍驤「貴方のことは好き。だけど、何か違う…」


龍驤「私に構ってくれるのは嬉しいけど、そうじゃない」


龍驤「…ごめんね」


提督「……」


龍驤「せっかく来てくれたんだから、時間ギリギリまではここに居ていいよ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 19:31:44.63 ID:iF3l5Uhb0
胸が大きくなっていると指摘され喜ぶ龍驤
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 19:36:40.30 ID:vp7TH5/DO
龍驤の標準語なんて初めて聞いたと内心動揺している提督
髪も下ろしているしまるで別人だと
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 19:39:21.13 ID:mBbbWFmXo
>>769
この龍驤も龍驤なんだ、どんな龍驤でも受け止めるし受け入れてやると言って抱き寄せる
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 19:42:36.45 ID:JgTM05HHO
>>768は無効だからずれるよね?
なにか違うという言葉が引っかかる提督
自分のなにが違うのか考える、そうじゃないとは何がそうじゃないのか考える
772 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 19:50:33.69 ID:9tFzSN+40
提督(なにか違う…俺の何が違うんだ?)


提督(そうじゃないと……何がそうじゃないんだ)


提督(……俺が変わってしまったから?)


提督(龍驤は変化を求めていなかった、だから俺に違和感を感じた)


提督(いつまでもあのままじゃいけない、甘えてばかりではいけないと知った)


提督(皆んなの為にも、横須賀鎮守府の提督らしく振る舞えるように変わろうとしていたんだ)


提督(龍驤はそれが嫌だった……?)
773 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 19:54:35.38 ID:9tFzSN+40
龍驤「……君は悪くないよ」


提督「……」


龍驤「私が無理だったの。貴方の隣に居れるような存在じゃない」


龍驤「貴方は横須賀鎮守府の提督に相応しい人物になっていった。それが辛かったの」


龍驤「私があの子、富士を殺したのは事実。許してもらったとしてもその事実は消えない」


龍驤「私のことは忘れてとは言わない。けど構うのは程々にしておいて」


龍驤「貴方には守るべき家族も居るでしょ。そっちを優先してあげて」


龍驤「私は後でいい。もうここから出ないけど、ずっと見守っているから」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:05:57.71 ID:vp7TH5/DO
前にも言ったがどちらかを選べと言われたら俺は龍驤を選ぶ
例え恨まれる事になってもと提督
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:10:15.97 ID:3HNM/ZHko
ショックを受けて少し外す提督

横須賀の提督らしく振る舞おうとした自分は自分らしくあったのか考える
そして全員から貰ったビンタを思い出す
数や威力の問題ではなくて思いの籠もった重いビンタだった

そもそも横須賀の提督らしく振る舞うことがなぜみんなの為になるのか…?
目的がすり替わっていないか…?
横須賀の提督らしくあろうとして周囲を蔑ろにしていなかったか…?
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:12:13.99 ID:mBbbWFmXo
>>775
777 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 20:17:43.69 ID:9tFzSN+40
ーー


提督「……横須賀の提督らしく振る舞おうとした俺は自分らしかったのか?」


提督「足りないもの鎮守府に居た頃と同じじゃいけない。それは分かっていた……」


提督「黒潮…神通……雲龍……それだけじゃない」


提督「数や威力の問題じゃない。思いの籠もった重い……重いビンタだった」


提督「怒って愛想を尽かす方がどれだけ楽か。それなのに黒潮達はわざわざ俺を…俺の為に………」


提督「そんな彼女達の意思を、思いを……気持ちを…」
778 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/27(木) 20:24:06.12 ID:9tFzSN+40
提督「そもそも……横須賀の提督らしく振る舞うことがは皆んなの為にはならない…」


提督「これは……目的と結果がすり替わっていないか…?」


提督「横須賀の提督らしくあろうとして…皆んなを蔑ろにしてしまった……?」


提督「あのままじゃいけないのは皆んな…心では思っていたはずだ……だが…」


提督「俺がやってきたことは……皆んなの助けになっていたのか…?」


提督「一人一人に話を聞けば正解は分かる……だが龍驤は…俺の一番大切な人は…助けられていない……」


提督「皆んなの為……龍驤の為…………」


提督「龍驤の為だけに…生きるのならば…」


提督「龍驤…龍驤……龍驤…………」


提督「全てを擲って…龍驤を……龍驤だけを…」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:29:34.02 ID:iF3l5Uhb0
上方弁の龍驤を取り戻すため
テレビのお笑い番組を見せる
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:40:04.06 ID:JgTM05HHO
だが周囲を切り捨てた自分は果たして自分なのか
周囲のおかげで自分がある、だから龍驤を愛していられる
龍驤の為に生きる、だから周囲の為に生きる

足りないものがあるからじゃない、そもそも人は不完全だからこそ助け合っているんだから
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:45:21.64 ID:xS/MwKJvo
>>780
この思いを龍驤にあらん限りぶつけて、龍驤がいないと俺じゃない皆がいないと俺じゃないだからまた一緒にいてほしいと宣言
すると龍驤がやっぱりそっちのほうが好きやでおかえりって
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 20:50:50.29 ID:mBbbWFmXo
龍驤はもちろん皆んなの顔も浮かんでくる
そして>>780
783 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 20:57:30.16 ID:9tFzSN+40
「……」


提督「龍驤…」


「「「「……」」」」


提督「それだけじゃない、雲龍、皐月、北上、皆んな……」


提督「無理だ……俺は皆んなを…捨てることなんてできない……」


提督「できたとしても…そんなことをする俺は俺じゃない……」


提督「皆んなのお陰で自分がある、だから龍驤を愛していられるんだ」


提督「龍驤の為に生きる……だから皆んなの為に生きる…」


提督「龍驤だけじゃダメだ……そうじゃないんだ……」
784 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 21:03:39.02 ID:CkrFchM7O
提督「…足りないものがあるからじゃない、人は不完全だからこそ助け合っているんだ」


提督「人だけじゃない、艦娘だって同じだ。完璧な存在なんて居ない」


提督「そうだ……誰でも四角形は欠けているんだ」


提督「俺は……こんなに大事なことを忘れていた」


提督「ずっと言ってきたことなのに、気付いたら口にするのをやめていた」


提督「変わることは大切かもしれない。だが忘れてはいけないものもある」


提督「龍驤は無理に戻す必要は無い。ただ…俺の大切な人として元気になって欲しい」


提督「艦娘として、龍驤として戻らなくてもいい。俺の大切な人が元気になってくれればそれでいいんだ」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:08:37.78 ID:iF3l5Uhb0
悩み抜いたら眠っていた提督だった
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:14:47.76 ID:vp7TH5/DO
提督として働く一方、欠かさず龍驤に会いに行く提督
治すとか考えるのは止めて自然に寄り添う
今日はこんな事があった、誰々があんな事をしてまた大変だったなどと皆の話を聞かせる
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:16:15.90 ID:3HNM/ZHko
>>786
龍驤も自然に驚いたり笑ったり共感したりしてる
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:20:25.91 ID:mBbbWFmXo
帰って漣らに宣言
どっちかだけとると言ってたら今度こそ全力でぶっ飛ばしてましたよ、ご主人様、これからも、よろしくお願いしますよ?
789 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 21:29:42.68 ID:9tFzSN+40
ーー


漣『なるほど、ご主人様の言いたいことは良く分かりました』


漣『龍驤か皆さん、どっちかだけとると言ってたら今度こそぶっ飛ばしてましたよ。ご主人様くれぐれも、今後ともお願いしますね』


提督「ああ、これかも宜しく頼む」


漣『しっかし龍驤ネキが標準語でって…まあ超真面目な時は関西弁じゃなくなってましたけど』


提督「あれが素だと龍驤は言っていたが…」


漣『キャラを作ってるってわけじゃないんでしょうけど、龍驤じゃなくなるとそうなるってことでしょうね』


提督「もし龍驤が解体したとすると…」


漣『その龍驤さんになるってことでしょうね』
790 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 21:34:05.45 ID:9tFzSN+40
漣『…さてご主人様、現在謹慎中の貴方はこの後どうするつもりですか?』


提督「やることが決まって帰ってもいいんだが…」


漣『謹慎中のご主人様は仕事ができませ〜ん』


提督「そうだよな…」


漣『とりあえず今日は適当に宿でもとってそっちに泊まって下さい。急ぐ必要はありません』


提督「分かった、そうしよう」


漣『その辺は足りないもの鎮守府に近いんですから、そっちに行ってもいいですよ。何せ謹慎中ですからな!』


提督「ああ、ありがとう漣」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:40:15.14 ID:3HNM/ZHko
帰る前にじゃあまた来るからなと龍驤に声をかける提督
提督の雰囲気が変わったことは感じ取った様子で龍驤もうん、またねと返す

そして行く場所は…足りないもの鎮守府!
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:41:22.47 ID:vp7TH5/DO
電話を切った漣
今の龍驤は艦娘成分が薄まっている?
それが良い状態なのか悪い状態なのかまだ判らないが
別人のよう、つまり龍驤という存在から今は少し離れているのかもと考える
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 21:48:45.08 ID:1KR0t2ydo
それここまでの展開やってたら重要なことじゃなくない?
艦娘だろうがそれはどうでもいいとまで言ってるのに
794 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 21:56:17.89 ID:CkrFchM7O
ーー横須賀鎮守府


春雨「どうでしたか?」


漣「ご主人様との連絡は済みましたが一つ興味深い話が出てきました」


春雨「龍驤さんに関係しますか?」


漣「ええ、龍驤さんの艦娘成分が薄まっているような事を言ってました」


春雨「薄くなる…」


漣「それが良い状態なのか悪い状態なのかまだ判りません。でも別人のよう、つまり龍驤という存在から離れていると言えるかもしれません」


春雨「はい、その解釈で合ってます」


漣「…心当たりがお有りで?」


春雨「一応元特務艦ですから」
795 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 22:01:46.87 ID:CkrFchM7O
春雨「龍驤さんの状況を簡単に言うと、悪い方に安定してる状態です」


漣「悪いのは悪いんですね?」


春雨「でも安定はしてます」


漣「うーん……じゃあ質問を変えます。危険ですかそうじゃありせんか?」


春雨「危険性は少ないです。普段不安定になってしまう状況よりも全然安定してます」


漣「そうですか…」


春雨「こうなった時は無理に触ってはいけません。無理矢理良い方向に引っ張ってしまうと心が崩壊してしまいます。そうなった例を知ってるはずですよ」


漣「……雲龍さんを刺した熊野?」


春雨「はい、彼女を無理矢理良い方向に引っ張った結果、シリアルキラーとなってしまいました」


漣「…このままなら危険性が無いと分かれば十分です」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 22:30:43.87 ID:mBbbWFmXo
足りないもの鎮守府に向かう途中で地元住民に発見される提督
すわ解任でもされたかとちょっとした騒ぎに
(龍驤気になるけど…いったん提督の方を)
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 22:40:05.61 ID:no97P0nDO
しかしあんたも借りてきた猫のように大人しくなりましたね
いつもそれくらいなら文句はないんですがと漣
798 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 22:45:29.51 ID:CkrFchM7O
漣「しかしあんたも借りてきた猫のように大人しくなりましたねぇ」


春雨「だって…!速吸が来てるんですよ!」


漣「いつもそんな感じなら文句はないんですが」


春雨「いつもはちゃんと襲ってるじゃないですか!」


漣「だからぁ、大前提として襲うなって言ってんですよ」


春雨「目の前に女の子が居て襲わないのは失礼じゃないですか!」


漣「その価値観は早めに変えた方がいいですよ」
799 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 22:50:37.66 ID:CkrFchM7O
速吸「提督代理さん」ガチャッ


春雨「ひぃぃぃっ!!」


漣「これはこれは速吸さん、どうされました?」


速吸「提督さんの謹慎は二週間なんですよね?」


漣「そう聞いてますねぇ」


速吸「それまでに戻ってくることはありますか?」


漣「多分帰ってきますよ、ご主人様別荘とか持ってないんでここに帰ってくるしかありません」


速吸「実家の方は…」


漣「あ〜ご主人様は両親と死別アンド親戚たらい回しのコンボで帰るとこがマジで無いんです」


速吸「…………だから龍驤に拘るんですね」


漣「お、理解が早くて助かります。謹慎中仕事はしないでしょうけど、ここには戻ってくるのは確定ですよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 22:53:03.48 ID:3HNM/ZHko
足りないもの鎮守府に向かった提督
菊月提督や憲兵達と晩酌
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 23:01:36.06 ID:JgTM05HHO
>>800
802 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 23:10:38.37 ID:DaDQKTb50
ーー足りないもの鎮守府


憲兵「提督から酒を飲もうとは珍しいな」


菊月提督「お前は下戸なんだろう?」


提督「だから俺は市販品を薄める」


憲兵「横須賀の提督ともあろう奴が酎ハイの水割りとはな」


菊月提督「悪いが俺達は普通に飲むぞ」


提督「好きにしてくれ」


憲兵「ああ好きにさせてもらうぞ、提督の前だろうが好きな酒を飲む」
803 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 23:16:30.08 ID:DaDQKTb50
ーー


菊月提督「……で、謹慎はどれくらいだ」


提督「二週間だ」


憲兵「その間休めか、幹部らしいな」


菊月提督「その間に龍驤は治るのか?」


提督「無理…だろうな。今までとは明らかに違う」


憲兵「霞に乗り換えた方が楽だぞ」


提督「本気で言ってるのか?」


憲兵「本気だ。俺は横須賀の提督に注意してやってるんだぞ」


提督「……」


菊月提督「俺は提督の事は言えないな。菊月と深海海月姫、二人の相手をしているという点では同じだ」


憲兵「お前は甲斐性があるからいいんだ。提督は人間的にもまだまだだ」


提督「…甲斐性が無いのは分かってる」


憲兵「面倒臭い女はいいぞ?何をやっても退屈しない」


菊月提督「龍驤も面倒臭い女だろう」


憲兵「あれはその次元を超えてるんだよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 23:21:56.04 ID:3HNM/ZHko
でも俺は龍驤を愛してるんだという言葉にウンウンうなずく二人
損得で選ぶもんや理屈じゃないんだよって
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 23:26:47.75 ID:mBbbWFmXo
>>804からあんまり対等な感じで飲んだりしない提督、がっっつり酔う
潰れた提督を肴に二人の会話
コイツも大概強欲だよな、何一つ誰一人捨てるつもりがないらしい
それでいいんじゃないか、欲の枯れた人間は何も成し遂げらないぞ
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/27(木) 23:28:00.41 ID:vp7TH5/DO
>>804
+そういえば北上も龍驤に会いたがっていたがやはり見舞いなんかはお前以外はまだ無理なのか?と憲兵が聞いてくる
807 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 23:38:45.04 ID:DaDQKTb50
提督「だが俺は… 龍驤を愛してるんだ…」


憲兵「それは嫌でも分かる」


菊月提督「女は損得や理屈で選ぶものじゃないからな」


提督「……俺はぁ」


憲兵「提督?」


提督「……」


菊月提督「どうやら限界のようだな」


憲兵「下戸の割には頑張った方だな」


菊月提督「そうだろうな」
808 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/27(木) 23:46:00.07 ID:DaDQKTb50
提督「……」


菊月提督「コイツも強欲だ、何一つ誰一人捨てるつもりがないらしい」


憲兵「それでいいんじゃないか、欲の枯れた人間は何も成し遂げらない」


菊月提督「欲…そうか、そうとも言えるか」


憲兵「捨てるのが怖いだけの奴とは違う。提督は全て助けるんだろう」


菊月提督「…コイツだから世界を救えたか」


憲兵「提督じゃないと無理だっただろうな」


菊月提督「菊月達でもあの結果は導けたはずだ。だがそれは望まれたものでは無い」


憲兵「『提督』という存在だからこそ、か」


菊月提督「本当に…コイツを見てるとフィクションの登場人物に思えてくるな」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 00:08:43.18 ID:AcjetmccO
翌日漣から龍驤について報告をもらって足りないもの鎮守府にも伝える提督
お前はどうするんだと聞かれて俺は今の龍驤を無理やりどうするつもりはない。
ただ気長にちょくちょく世間話はしにいくつもりだと。
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 00:11:21.37 ID:B9MWWYVDO
>>809
811 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/28(金) 00:26:55.12 ID:BejHnxN/0
ーー


菊月提督「悪い方に安定している、なるほどな」


提督「漣からそう聞いて…俺は納得できた」


菊月提督「お前はどうするんだ」


提督「俺は今の龍驤を無理矢理どうするつもりはない。ただ気長にちょくちょく世間話はしにいくつもりだ」


菊月提督「長い時間がかかるぞ」


提督「構わない、龍驤の為ならいくらでも時間は使う」


菊月提督「そうか…」


提督「どんな形であれ龍驤と話せるだけでも俺は嬉しいんだ…」


ーー
812 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/28(金) 00:28:18.80 ID:BejHnxN/0
ーー





八島「問題も出して無いのに、ヒントだけで解こうとしないでね?」




ーー

813 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/28(金) 00:28:58.93 ID:BejHnxN/0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 00:31:14.78 ID:LIpAXSAWo
乙でした
問題出してないのにヒントとは🤔
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 00:34:23.51 ID:AcjetmccO

つまり今はヒント撒いててしばらくしたら出題が始まるってことかな
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 00:35:58.38 ID:B9MWWYVDO
お疲れ様でした
つまりこれから何か起きるって事ですか八島さん
今回は色々気になる発言や表現があったね…
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/28(金) 01:33:36.00 ID:acjDXCT2o
おつおつ
いいとこいってるって解釈も…?
ここで熊野の出来事が引っ張ってこれるってヤバー
818 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 18:44:12.43 ID://vCIDTu0
ーー病院


龍驤「毎日毎日会いに来てくれてありがとう」


提督「龍驤の為なら当然だ」


龍驤「本当に君は優しいね」


提督「龍驤…」


龍驤「私のことなんか見捨てても…なんて言っても聞く耳持たないもんね」


提督「……」


龍驤「私なんかに構うだけ損なのに。そういう所は直さないといけないね」


提督「…………」
819 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/29(土) 18:48:14.43 ID://vCIDTu0
龍驤「私って悪い方に安定してるんだよね」


提督「…そうらしい」


龍驤「悪いなりにも安定してるのが良かったみたい。数日間なら帰宅していいって言ってたよ」


提督「本当か!?」


龍驤「孫さんを頼れば数日間だけ過ごせる家も借りれるし、鎮守府じゃない所に帰れるよね」


提督「…そうだな」


龍驤「迷惑かけちゃうけど、その数日間は二人で過ごしたいな」


提督「もちろんだ断る理由が無いだろう」


龍驤「うん…貴方ならそう言うと思ってた」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:00:50.57 ID:B7MAtCqEo
さくっそく孫さんに打ち合わせを
二人で過ごす家て家族で交流もできないかと
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:04:03.55 ID:dmSHQsazO
孫さんに話を通す提督
漣や幹部さんにも状況は伝えて無理はしないように数日ゆっくり過ごすつもりだと
漣からは万が一緊急時の備えはさせてもらいますよと言われる
822 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 19:12:12.02 ID://vCIDTu0
ーー


漣『病院が許可を出したというなら危険性は無いということですね』


提督「俺も病院からそう説明を受けた」


漣『孫さんにはもう連絡はしたんですね?』


提督「俺の頼みならとすぐに物件を紹介してくれた。家賃も必要無いとまで言ってくれたんだ」


漣『流石は孫さんです、本当にお世話になりっぱなしですな』


提督「無理はしないようにそのは数日ゆっくり過ごすつもりだ」


漣『ぜひそうして下さい。ご主人様には休養が常に必要ですからね』
823 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/29(土) 19:14:53.52 ID://vCIDTu0
漣『ですが万が一、緊急時の備えはさせてもらいますよ』


提督「具体的にはどうなる?」


漣『多摩さん達に交代で見張ってもらうようにします。そっちには夕張さんが居ますからドローンでもやります』


提督「こっちはそれで問題ない」


漣『分かりました…それではそれで準備を進めてます』


提督「ありがとう漣」


漣『ご主人様の為ですから、これくらい朝飯前ですぜ』



下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:18:18.55 ID:NDEKglnDO
そういえば提督以外が龍驤さんに会っても大丈夫なのか医者に聞いていないか聞く漣
会いたがっている者もいますからと
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:28:32.84 ID:B7MAtCqEo
>>824
龍驤さんが了承されればいいでしょうと
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:39:38.86 ID:3/Bnu9qoo
>>824を受けて医師に確認する提督
827 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 19:43:57.03 ID://vCIDTu0
漣『…ご主人様一つ聞きたいことがあるんですけど』


提督「龍驤に関係することか?」


漣『ご主人様以外に龍驤さんとは会っていいんですか?』


提督「俺以外にか…」


漣『多摩さんも会いたいに決まってるでしょうし、監視を付けるという意味でも知っておきたいです』


提督「その話は聞いていない、至急確認しよう」


漣『頼みましたよご主人様』
828 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 19:48:22.93 ID://vCIDTu0
ーー


「もちろん誰と会っても構いませんよ。そうじゃないと退院の許可なんて出せませんから」


提督「そうでしたか…」


「とは言え仲が悪かったり、精神的に不安定になるような人とは会わない方がいいですね」


提督「そうじゃない限りは基本誰と会ってもいいんですね」


「龍驤さんは見かけだけ安定しているのではなく、感情の起伏も穏やかになっています。よっぽどのことが無い限りは大丈夫でしょう」


提督「そう言ってもらえると安心です」


「貴方の事をずっと気にしていたようですから、側に居て彼女を安心させてあげて下さい」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:53:18.06 ID:B7MAtCqEo
住む所の内見を孫さんと共にする提督
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:56:05.79 ID:B3h2xwq6o
医者の話を聞いて行けるメンバーを考える漣
一人じゃなくてみんなと考えますと
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 19:58:13.29 ID:GvfMKVtaO
>>830
832 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 20:06:43.65 ID://vCIDTu0
ーー


漣『……というわけなんですけど、誰が会いに行きたいですか?』


多摩「そんなの全員に決まってるにゃ」


漣『ですよねぇ…』


多摩「夕張も北上も潜水艦達も全員会いたがってるにゃ」


漣『皆さんで問題は無いと思うんですけど、そんな大人数で押し掛けるのはまずいですよね』


多摩「そうだろうにゃ」


漣『これは悩みますね…龍驤さんの退院が定期的なものでは無かったら、暫く空いちゃうかもしれませんからね』


多摩「龍驤さんに関しては誰も譲らないと思うにゃ」


漣『特に北上さんなんかは譲らないでしょうねぇ…』
833 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 20:09:33.39 ID://vCIDTu0
多摩「漣はどう考えてるにゃ」


漣『直接会いに行く組と、タブレットか何かを使ってネット上だけの組に別れるのはどうでしょう?』


多摩「一番現実的だにゃ」


漣『横須賀組はもれなくネット上になりますから、公平性も保たれるとは思いますよ』


多摩「分かった、皆んなにはそう伝えておくにゃ」


漣『では宜しく頼みますね』


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:13:30.69 ID:4FnTjgxG0
潜水新棲姫にまで来られ
いい迷惑極まりない提督
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:17:59.20 ID:3/Bnu9qoo
北上は義手義足の整備、潜水艦(ごーや)は料理など、直接行く理由がある組はそれをアピールして会いにいくとグイグイくる
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:18:38.97 ID:B3h2xwq6o
孫さんが手配してくれた家を確認
バリアフリーを意識した作りになってる

足りないもの鎮守府周辺ではかなりそういうのが進んできてるそう
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:29:00.28 ID:B7MAtCqEo
>>836
838 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 20:34:56.35 ID://vCIDTu0
ーー


提督「こんな状態の良い家をタダで貸してもらえるなんて…」


孫「ここの大家さんが数日家を空けるらしいんですよ」


提督「それにしたって…」


孫「住むのは提督さんなんですって言ったら、大家さんは喜んで協力するって言ってましたよ」


提督「そんな…」


孫「街の皆さんは提督さんがやってきたことを知ってますから、当然だと思いますよ」


提督「…ありがとうございます」


孫「お礼を言うのは家を貸してくれる大家さんに、ですよ」
839 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 20:39:17.24 ID://vCIDTu0
提督「……そういえば家の中はバリアフリーの造りになっているんですね」


孫「最近特に増えてきているそうですよ。大工さんも忙しいって言ってました」


提督「そうですか…」


孫「これも提督さんの影響ですよ」


提督「私はただ…」


孫「提督さん達はハンディキャップに負けず前向きに生きています。それが皆さんの心に響いているんですよ」


孫「少し歳を取ったくらいで諦めないとか、老後を意識してバリアフリーを充実させてるらしいですよ」


提督「…そう言ってもらえると、自分のやってきたことは間違っていなかったと思えます」


孫「提督さんはこの街に良い影響を沢山与えてくれました。それは皆さんも分かってますからね」


下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:44:03.30 ID:4FnTjgxG0
多摩が最初に来てくれた
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:47:50.17 ID:3/Bnu9qoo
貴方は間違っていない。私を含め沢山の人を救っている貴方が幸せにならないなんておかしい。私に出来る事は何でもしますからね
どうしても元気のない提督を励ます孫さん
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:53:40.61 ID:dmSHQsazO
一時帰宅の準備が整ったので龍驤を迎えに行く提督
家に行く途中では食事を作るための買い物もしたり
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 20:57:11.13 ID:B7MAtCqEo
>>842
町の人はおまけもしてくれる
844 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 21:01:22.65 ID://vCIDTu0
ーー後日


提督「準備はいいか?」


龍驤「こっちは大丈夫、元々荷物も少ないし」


提督「…髪はそのままで行くんだな」


龍驤「ごめんね、いつもの髪型にしたくないっていうか…下ろしてるのも新鮮でいいでしょ?」


提督「…あぁ」


龍驤「じゃあ孫さんが紹介してくれた行こう。数日間だけど私達の家には変わりないんだから」


提督「そうだな…よし、行こう」
845 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 21:04:47.95 ID://vCIDTu0
ーー


龍驤「司令官は好き嫌い無いから買い物も楽でいいね」


提督「料理はしなくてもいいんだぞ?」


龍驤「せっかくだから作りたいの。貴方が側にいるなら安心だし」


提督「それはそうなんだが…」


龍驤「私の手料理、食べて欲しいな。あれからまた腕が上がってるはずだし」


提督「…分かった、難しい料理なら俺も手伝うからな」


龍驤「それでいいよ。さ、買い物を終わらせて家に行こう」


提督「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:10:03.47 ID:4FnTjgxG0
サバの味噌煮に挑戦した……と
思えば間違えてアジを味噌煮に
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:15:36.27 ID:NDEKglnDO
今の龍驤が新鮮すぎて割りとドギマギする提督
改めて見ると儚さがすごい
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:20:21.31 ID:3/Bnu9qoo
料理する後ろ姿から記憶にない家庭の暖かさを感じてしまう提督
849 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 21:24:10.01 ID://vCIDTu0
ーー家


龍驤「待っててね、すぐに作るから」


提督「手伝いは…」


龍驤「簡単な料理だから要らないよ。でもお皿とか用意して欲しいな」


提督「分かった、確か食器は……」


龍驤「気を付けてねー」


提督「…………」ゴソゴソ


提督「あった、そうだここにあると聞いていたんだ。龍驤、皿の大きさは…」


龍驤「〜〜〜〜」


提督「…………ぁ…」
850 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 21:26:29.30 ID://vCIDTu0
ギュッ


龍驤「うわっ……と。もう司令官、危ないって」


提督「……」


龍驤「…どうしたの?」


提督「……」


龍驤「…よしよし」


提督「ぐ……ぅ…」


龍驤「私は貴方の母親にはなれないけど、そうらしく振る舞うことはできるから。好きなだけ甘えていいよ」


提督「…………っ」


龍驤「普通の家庭に普通の暮らし…君が一番欲しかったものだもんね」
851 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 21:30:01.51 ID://vCIDTu0
龍驤「ここには私しか居ないから母親も妻も全部やってあげる」


龍驤「貴方が望むならそれ以外、なんだってする。私は君の為なら何だってできるから」


提督「龍驤……!!」ギュッ


龍驤「この数日間で司令官の全部は取り戻せない。けどある程度は戻せるんじゃないかな」


龍驤「貴方の事が好き…この気持ちはずっと変わらない」


提督「……龍驤…!」


龍驤「…料理焦げちゃうから、続きはまた後でね」



下1〜3高コンマ この後の展開やその他起こったことなど
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:32:39.85 ID:4FnTjgxG0
お風呂で楽しく洗いごっこ
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:35:37.95 ID:B7MAtCqEo
早速来る面会第一陣
龍驤の変わり様にそれぞれ程度は違うが驚く
複雑な感情を抱く者も
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:53:46.34 ID:erwklIZ1o
横須賀とタブレット面会
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 21:57:29.71 ID:3/Bnu9qoo
>>853
856 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 22:14:37.08 ID:WVLHYNLVO
ーー


多摩「龍驤さん……」


龍驤「そんな顔しないでいいのに」


北上「いや…いきなりそんな感じになってたら戸惑うって…」


龍驤「中身は間違いなく私だから気にしないでよ」


伊58「気になるに決まってるでち」


龍驤「あはは、ごーやにそう言われたら痛いね」


伊58「……」
857 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 22:21:44.28 ID:WVLHYNLVO
伊58「何が目的なんでち」


龍驤「そういう風に捉えられても仕方ないけど、今度のはそうじゃないよ」


北上「艦娘の成分が薄くなるとか意味分かんないんだけど」


龍驤「私も良く分かってないよ。でも悪い方に安定してるって言われたら納得したかな」


多摩「にゃ…」


龍驤「許してもらおうとか点数を稼ごうとかそんなのじゃない。これだけは分かって欲しいな」


伊58「…今は信じてやるでち」


北上「まさかこんなことになってるなんて思わないじゃん…」


多摩「龍驤さん……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 22:42:09.51 ID:B3h2xwq6o
その後は食事したり近況について雑談したりしながら過ごす
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 22:44:27.40 ID:3/Bnu9qoo
>>858内容は龍驤は特に58に料理を聞いている
860 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 22:48:39.55 ID:WVLHYNLVO
ーー


多摩「提督はどう思ってるにゃ」


提督「…龍驤には変わりない、何も特別なことなんて無いんだ」


北上「本音は?」


提督「……あの儚げな様子を見ていると、覚えていないはずの母親を連想した」


北上「つまり悪くないってことね〜」


提督「龍驤に悪いも良いも無い」


多摩「分かりやす過ぎるにゃよ」


提督「……」
861 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 22:53:10.30 ID:WVLHYNLVO
伊58「味付けは控えめにするのがごーや流でち」


龍驤「薄くならないの?」


伊58「野菜から旨味が出るでち。大型の鍋じゃなくても圧力鍋とかチンしたりとか方法は色々あるでち」


龍驤「なるほど……なら次は…」


北上「…向こうは盛り上がってるみたいだね」


多摩「この龍驤さんは一過性のものじゃないかもしれないにゃあ」


提督「悪いなりに安定しているんだ、無理に傾ける必要も無いらしい」


北上「いずれは元に戻るだろうけど…いやぁ違和感しか感じないわぁ」


多摩「龍驤さんが幸せならそれが一番にゃ……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 23:13:20.88 ID:v4hChbsvO
ご飯食べたあと北上が義肢の調子を見る
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 23:21:17.54 ID:B7MAtCqEo
>>862
864 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 23:29:38.89 ID:uN8wMJ6C0
ーー


カチャカチャ


北上「義足と義腕も悪くないみたいだね」


龍驤「病院から帰ってきても問題無いよ」


北上「幻肢痛はどう?」


龍驤「それがこの調子っていうか、悪いなりに安定してからはあんまり起こらなくて」


北上「あんまりってことは無くなったわけじゃないと」


龍驤「でも前みたいに動けなくなるくらいに酷いのは無くなった。痛み止めも効くようになったし」


北上「痛み止めが効くんだ…」


龍驤「霞の薬でちょっとマシになるレベルだったのに、病院の薬が効くんだもの」


北上「……」
865 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 23:34:26.08 ID:uN8wMJ6C0
龍驤「安心して、北上以外の義肢は着けるつもりは無いから」


北上「…当たり前じゃん。あたしは一生龍驤さんの義肢に関わるんだから」


龍驤「約束したからね」


北上「……無理してるわけじゃないんだよね」


龍驤「無いよ、もう嘘はこりごりだから」


北上「…はぁ〜」


龍驤「調子狂う?」


北上「あたしの知ってる龍驤さんはこうじゃないんだよぉ〜」


龍驤「暫くはこのままだろうから慣れてねー」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 23:39:02.52 ID:NDEKglnDO
「龍驤」と名前を呼ぶ度にほんの僅かながら嫌そうな反応を示している
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/29(土) 23:41:32.05 ID:B3h2xwq6o
そろそろ北上達は帰る時間だけど今日は多摩が泊まってくにゃって
868 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 23:53:30.39 ID:uN8wMJ6C0
ーー


北上「じゃああたし達は帰るけど」


伊58「多摩は泊まっていくでちか」


多摩「多摩は提督と龍驤さんの猫にゃ」


北上「まだその設定生きてたんだ…」


伊58「迷惑はかけちゃダメでちよ」


多摩「当たり前にゃ」


龍驤「二人とも気を付けて帰ってね」


提督「菊月提督にも宜しく頼む」
869 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/29(土) 23:59:58.35 ID:uN8wMJ6C0
龍驤「……帰ってしもたね」


多摩「夫婦の時間は邪魔しないにゃ。でもそれまでは多摩を可愛がるにゃ」


提督「……多摩」


多摩「にゃあん」


龍驤「よしよし可愛いいなぁ」ナデナデ


多摩「にゃ〜」


提督「……」ナデナデ


多摩「にゃあ〜〜ん」


龍驤「司令官、子どもだけじゃなくて猫を飼うのもいいかもしれないね」


提督「そうだな…」


多摩「にゃーー」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 00:12:37.87 ID:ZRwkLntHo
お風呂は龍驤一人でも入れる様設計されていた
待つ提督に多摩が一言「今日はヤらないにゃ?」
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 00:19:54.53 ID:xdHwyeUWO
>>870
今日いきなりは急ぎ過ぎかなと思ってる提督
ただ自分は優先しなくていいと言っていた龍驤が子供の事に触れてくれたのは少し変化があったのかはかりかねてる
872 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 00:37:38.76 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


多摩「お風呂には一緒に入らないのかにゃ」


提督「一人でも入れるようなバリアフリーな設計なんだ」


多摩「…夜はどうするにゃ」


提督「今日帰ってきていきなりは急ぎ過ぎると思ってな」


多摩「いい判断だと思うにゃ」


提督「ただ…自分のことを優先しなくていいと言っていた龍驤が、子どもの事に触れたんだ」


多摩「少し変化があったってことかにゃ」


提督「良い変化だといいんだが、今の状況を考えると楽観視はできない」


多摩「注意深く見てないとダメだにゃ…」


ーー
873 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 00:38:20.97 ID:Ezj+Y7QW0
今日はここまでです


コメントなどあればお願いします
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 00:45:05.82 ID:DcvJ2seEO
乙です
龍驤をどう扱うかがまだいまいち掴めないな… 
このまま触れ合いながら時間が解決するのを待つのがいいのか
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 00:52:17.78 ID:fTLAYATDO
お疲れ様でした
戻さない方がいいとは言ってもあくまで悪い状態だというのがなあ…
今のところどう悪いのかちょっとよく解らないけど
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 01:02:42.21 ID:ysHG7G77o
まだ「出題」がないから分からないけど
足りないもの鎮守府に皆で戻るのはどうなんだろうか
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 01:10:26.54 ID:ZRwkLntHo
おつでした
いまの龍驤が期限ありで長い事続くのはそれはそれでまたきつい展開が
878 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 19:26:42.73 ID:Ezj+Y7QW0
ーー??


「富嶽さんは一体どこへ行ってしまったんだ…」


「あの背の小さな技術者も消えてしまった」


「我々はこれから一体どうすれば…」


ポーラ「皆さん〜お久しぶりです〜」


「貴女は…」


「神出鬼没の例の艦娘ですね」


ポーラ「お元気そうで何よりです〜」


「こっちは貴女みたいに昼間から酔える状況じゃないんですよ」


「富嶽さんの行方がわからないのに…」


ポーラ「富嶽さんなら〜ポーラ知ってますよ〜」


「本当ですか!?」


「今どこで何をされているんですか?」


ポーラ「えへへへへ〜〜」
879 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 19:30:53.72 ID:Ezj+Y7QW0
ポーラ「ポーラは〜亜也虎のありかも知ってますよ〜」


「大本営の奴らが回収したあの艤装の!?」


「信憑性は…」


「彼女は亜也虎という名前を知ってます。我々でも限られた人物しかその名前は知りませんでした」


「まして大本営の奴らがあの艤装の名前を知るはずが無い…」


「ポーラさん亜也虎は貴女が回収したんですね」


ポーラ「いいえ〜ある所を知ってるだけです〜」


「…亜也虎奪還に我々の力を借りたいと言うんですか?しかしそれは無理です」


「私達は所詮技術者。戦う力なんてありません」


ポーラ「そんなこと言いませんよ〜」


「じゃあなんだって言うんですか?」


ポーラ「皆さんにとって〜いいお話を持ってきたんです〜」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 19:39:57.67 ID:m72rMS7F0
馬鹿でかい亜也虎の隠しどころに困っていた大本営
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 19:48:36.56 ID:HcSZyrVMO
ポーラが計画してる酒造メーカー立ち上げの話を持ちかける
みんなが美味しくお酒を飲むに美味しいお酒を安く作りたい
畑は違っても技術力はありますよね〜
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 19:49:59.99 ID:ANlKBMQoo
>>881
883 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 20:02:18.99 ID:+PkNMmkbO
ポーラ「新しく〜酒造メーカー立ち上げませんか〜」


「はあ?」


ポーラ「皆んなが美味しいお酒を〜お手頃な値段で飲めるようにしたいんです〜」


「なんで私達がそんなこと…」


ポーラ「皆さんの技術力は〜畑が違っても発揮されますよね〜」


「それとこれとは話が違います」


ポーラ「いいえ〜違わないですよ〜」


「どういうことですか」


ポーラ「酒造メーカーは表の顔で〜裏で開発を続ければいいんです〜」
884 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 20:05:26.77 ID:+PkNMmkbO
ポーラ「美味しいお酒を作れば沢山売れて〜お金が沢山入ってきます〜」


「確かに資金難の問題は解決されますけど…」


ポーラ「これを見て下さい〜」スッ


「これは…?」


ポーラ「亜也虎のデータを基に設計した〜新しい陸上艤装の設計図です〜」


「よく見せて下さい!」


「……凄い」


「これは一体…」


「まさか富嶽さんが!?」


ポーラ「うふふふ〜」
885 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 20:09:28.14 ID:+PkNMmkbO
「富嶽さんは次のプランを考えていたんですね!」


「あの小さい技術者は…」


ポーラ「彼女は三日月さんと言って〜既にこの計画に参加してます〜」


「だから姿が見えなかったのか…」


「これが富嶽さんの意思なら喜んで協力します!」


「私もです!」


ポーラ「場所は用意してますから〜準備のできた人から移動して下さいね〜」


ポーラ(これで旧大本営派の技術者達は大丈夫ですね。野放しにしておくには惜しい皆さんですから、ちゃんと使ってあげましょう)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 20:16:29.48 ID:ANlKBMQoo
水が合ったのかお酒造りにガチになる研究者も出てきた、ポーラもニッコリ
「いいお酒できそうですね〜、あとは…販路です〜」
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 20:18:42.99 ID:jAbHiWoro
酒造りの奥深さに本職そっちのけでどんどんのめり込む技術者達
ああでもないこうでもないと日々激論を交わして上手く行ったら打ち上げで飲んで喜び合う

ポーラはうふふ〜想定どおりです〜とニコニコ
三日月はこんなにうまく行くのかとびっくりして
幹部さんは酒造はひと世代で極められるものじゃないと孫くんから聞いてるよと
888 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 20:33:26.78 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


幹部「ポーラ君から大和に付いていた旧大本営派を集めたと聞いた時は冷や汗をかいたが…」


「「「「〜〜」」」」


幹部「全員酒造りに没頭しているとはね…」


三日月「ポーラさんの考えは分かりますが、こんなにうまくいくだなんて…」


ポーラ「うふふふふ〜想定通りいって良かったです〜」


幹部「ポーラ君、どこまで君の計算だったんだい?」


ポーラ「全部ですよ〜」


三日月「まさか……」
889 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 20:39:35.36 ID:Ezj+Y7QW0
ポーラ「あの人達は悪い人じゃないんです〜皆んな自分の技術を見せつけたいだけなんですよ〜」


幹部「それは旧大本営でなくともできるはずだ」


ポーラ「そうですね〜お金のことしか考えていないような所じゃ無かったら〜どこでもいいと思います〜」


三日月「そうか彼らはお金が目的じゃない…だからいつも資金難で…」


ポーラ「あの人達は権力も嫌いです〜だから大和という権力に拘らない人が魅力に見えたんですよ〜」


幹部「権力が嫌い……ふむ」


ポーラ「美味しいお酒を造るのはとっても難しいです〜暫くは大人しくこっちに集中してると思いますよ〜」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 20:46:00.59 ID:m72rMS7F0
密造酒と聞いて乗り込んだ憲兵隊
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 20:55:03.70 ID:ceJlDlH1o
幹部さんがポーラの正体を詳しく聞き出そうとするも本当に仲良くお酒を飲む事しか考えてない
なおも詰め寄る幹部さん、駆逐棲姫にバレたら怒られる秘密をポーラに見せられ沈黙
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 20:57:19.91 ID:ANlKBMQoo
>>891
893 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 21:01:55.03 ID:Ezj+Y7QW0
幹部「…ポーラ君、何を始めようとしているんだい」


ポーラ「ポーラは〜世界中の皆んなと楽しくお酒が飲みたいんです〜」


幹部「そんな建前はいい、ここには誰も居ないじゃないか」


ポーラ「えへへへへ〜」


幹部「君はお金で動くような人物じゃない、何が欲しいんだい?」


ポーラ「皆んなで楽しく〜美味しいお酒を〜」


幹部「だからだね……」
894 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 21:06:46.24 ID:Ezj+Y7QW0
幹部「君はトリプルクロスどころかいくつもの団体や組織に所属している。並の情報屋なんか君の足元に及ばないだろう」


幹部「君は…世界を牛耳るつもりなのかい?」


ポーラ「そんなことは全然考えてないです〜」


幹部「じゃあ何故…」


ポーラ「そんなことより〜クキちゃんの機嫌を直す為に送った花束が〜貰い物だってバレないようにして下さいね〜」


幹部「なぜ君がそれを知っている!?」


ポーラ「お花さんにも〜知り合いがいるんですよ〜」


幹部「…私を脅そうというんだね」


ポーラ「違います〜花束をたらい回しにする時は〜ちゃんとお花の面倒を見てからにして下さいって言いたいんです〜」


幹部「……よーく分かったよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:13:57.68 ID:m72rMS7F0
酒蔵で副産物を売り出すことに
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:21:09.60 ID:xF4kuzqyO
裏表なくみんなで楽しく美味しくお酒を飲むというモットーのポーラと接していると人柄にも惹かれてく技術者達
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:31:53.34 ID:ANlKBMQoo
>>896
898 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 21:39:45.08 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


「ポーラさん」


ポーラ「どうしましたか〜?」


「私達がここに来て暫く経ちますが…」


ポーラ「はい〜頑張ってお酒を造ってますね〜」


「その…上手く言えないんですけど…」


ポーラ「こんな会社は〜滅多にありませんよね〜」


「その通りです。表も裏も無く……」


ポーラ「ポーラがそうして欲しいからですよ〜」


「ポーラさんが…」


ポーラ「仕事が終わったら皆んなでお酒〜美味しいですよね〜」
899 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [saga]:2020/08/30(日) 21:44:56.18 ID:Ezj+Y7QW0
「前の環境が悪かったとは言いません。けどここに居れば……ポーラさんについていけば…」


ポーラ「あはぁ〜」


「…ポーラさん一つだけ教えてくれませんか。富嶽さんは今どこに?」


ポーラ「貴女はどう思ってますか〜」


「……もう生きてはいないかと」


ポーラ「そうですね〜」


「やっぱり…」


ポーラ「でも殺されたんじゃありません〜」


「そうなんですか?」


ポーラ「天罰が下ったんだと思いますよ〜」


「富嶽さん…」
900 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 21:47:23.79 ID:Ezj+Y7QW0
ポーラ「あの人の事は忘れて〜ここで腕を奮って下さい〜」


「……はい」


ポーラ「忘れられないなら〜お酒を飲みましょう〜!」ドンッ


「…ポーラさんが飲みたいだけなんじゃないですか?」


ポーラ「そうに決まってますよ〜」


「ほんと…しょうがない人ですね」


ポーラ「皆んなで仲良く〜お酒を〜〜」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:50:40.03 ID:m72rMS7F0
視察に来た漣と一杯やるポーラ
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:54:40.00 ID:ysHG7G77o
>>901
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 21:56:48.44 ID:jAbHiWoro
新興酒造メーカーができたと聞いて孫さんが気にしてる
904 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 22:05:00.67 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


孫「うーん…」


ガングート「どうした孫」


孫「最近新しい酒造メーカーができたって聞いて、試供品を貰ってきたんです」


ガングート「これか、見た目は普通の日本酒だな」


孫「これだけじゃなくてワインやブランデー、ウォッカなんかも作る予定らしいんです」


ガングート「ほう、ウォッカとは分かっているな」


孫「……」


ガングート「浮かない顔をしてどうした」


孫「試しに飲んでみたんですが…中々美味しかったんですよ」
905 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 22:09:02.90 ID:Ezj+Y7QW0
ガングート「それだけか?」


孫「驚いたのは値段なんです。市場価格の半分以下…」


ガングート「大量生産なら値段も安いだろう」


孫「値段と味が釣り合わないんです。僕の店で出すならこの値段の倍以上はつけないと…」


ガングート「相手は薄利多売というわけか」


孫「薄利多売どころか儲けるつもりが無いかもしれません……」


ガングート(ここまで考え込んでいる孫は久しぶりに見たな…下手に放っておくと面倒なことになる。ここは気分転換をさせてやるか)
906 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 22:11:11.82 ID:Ezj+Y7QW0
ガングート「…孫よ、これから一緒にどうだ」


孫「…どこにですか?」


ガングート「龍驤と提督の所だ。子どもを見せに行くと約束していたんだ」


孫「提督さん……」


ガングート「私一人でも良いんだが孫が居た方が話も弾むだろう」


孫「……そうですね、一緒に行きましょうか」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 22:15:14.36 ID:6ARxByXjo
実際に会って龍驤の変わりように流石に驚いてしまう孫さん
龍驤の方は子どもたちと遊んでる
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 22:15:47.97 ID:2GLn9+7KO
>>907
909 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 22:24:20.01 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


孫「…………龍驤さん」


ガングート「話で聞いている以上だなあれは」


提督「普段と比べるととても普通とは思えないが、一時退院できるほど安定はしているんだ」


孫「あんな…まるで別人の……」


ガングート「そう見えるだろうがあれは間違いなく龍驤だ」


ごるしこふ「……」ツンツン


龍驤「義足が気になる?優しくだったら触っていいよ」


「ふぇぇ…」


龍驤「おっと、君はまだ乳飲み子だからねー」


孫「…………」
910 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 22:28:46.31 ID:Ezj+Y7QW0
提督「孫さん…?」


ガングート「なんでも無いんだ、今は仕事は忘れてた方がいい」


孫「…そうでしたね、提督さんに会いに来てるんですから」


龍驤「ガングート、この子お腹空いたんだと思う」


「うぇぇぇ〜!」


ガングート「その様だな…乳をやるから渡してくれ」


龍驤「なら私はこの子を見ておくから」


ごるしこふ「……」ツンツン


龍驤「今度は義手?いいよゆっくり触ってねー」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 22:55:13.81 ID:ANlKBMQoo
孫さん家族の近況を聞く
ちょっとだけど新しい酒の事も
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 22:57:10.38 ID:cKh/davfO
孫さんがしばらく謹慎になった気分を提督に聞いたら否が応でも自分を見つめ直すことができたと前向きな答えが
孫さんはそれを聞いて自分を見つめ直す機会…そうですねと何か腑に落ちた感じ
913 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 23:05:18.11 ID:Ezj+Y7QW0
孫「提督さん、こんな事を聞くのは失礼かもしれませんが…」


提督「何でしょう?」


孫「謹慎になった気分って……どんな感じなんですか?」


提督「そうですね……自分を見つめ直すことができました」


孫「謹慎を前向きに捉えたと…」


提督「そう考えるしかありませんでしたから。落ち込んでる暇なんかありませんでしたよ」


孫「落ち込んでる暇は無く、自分を見つめ直す機会……なるほど、ありがとうございます」


提督「こんな自分でも何かのお役に立てたのなら良かったです」


孫「提督さんのお陰で悩みの原因が分かったんです、モヤモヤしたものが取れた気がするんです」


提督「それは良かったです」
914 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 23:07:56.94 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


龍驤「泊まっていっても良かったのに」


ガングート「子どもの面倒があるからな、そこまで苦労はかけさせんさ」


孫「提督さんまた会いに来ます。横須賀に戻っても電話させてもらいますね!」


提督「お待ちしてます」


ガングート「龍驤……無理はするなよ」


龍驤「この感じになってから無理は一回もしてないから平気。心配してくれてありがとう」


ガングート「…提督、分かっているな」


提督「勿論だ、龍驤の事は任せてくれ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 23:17:13.36 ID:6ARxByXjo
こどもかわいかったね、と言いつつ密着してくる龍驤
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 23:27:51.42 ID:jAbHiWoro
自宅に帰って安くて美味しいものが出てくるなら値段に文句をつけられない商品を作ればいいとやる気を出す孫さん

ポーラはポーラで値段が安すぎると他が潰れちゃいますね〜それじゃあ美味しく飲めないですと思案中
技術者達もみんなで知恵を出し合いましょうと考えてる
917 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 23:36:49.78 ID:Ezj+Y7QW0
ーー


ガングート「よし、子どもは寝かしつけたし孫を…」


孫「……」


ガングート「む…仕事中だったか」


孫「安くて美味しいものが出てくるなら、値段に文句をつけられないようなものを作ればいい…!」


孫「味と品質にもっと拘って、誰も真似できないようなお酒を作るんだ!」


ガングート「ふふ…心配する必要はなかったな。そうだ孫、お前は二児の父親なんだ」


ガングート「私が艦娘を辞めた後も生活できるよう、もっと頑張るんだ」


ガングート「…ひと段落したら孫も癒してやるか」
918 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 23:40:36.94 ID:Ezj+Y7QW0
ーー足りないもの鎮守府


ポーラ「値段が安すぎると他の酒蔵とかが潰れちゃいますね〜」


雲林院「私に酒の話をするのか」


ポーラ「だって〜それじゃあ皆んなで美味しく飲めないじゃないですか〜」


雲林院「私には関係ない」


ポーラ「いいアイデアが〜あればと思ったんです〜」


雲林院「私に聞くのが間違っている」


ポーラ「そうだったかもしれませんね〜」


雲林院「もういい。お前がここに来た理由は分かってる」


ポーラ「ポーラの心を読めばすぐに分かりますよね〜」
919 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/30(日) 23:43:39.60 ID:Ezj+Y7QW0
雲林院「この場所が知られたのか」


ポーラ「はい〜」


雲林院「敵は誰だ」


ポーラ「それはちょっと〜」


雲林院「私に隠し事は……なに?」


ポーラ「えへへへへ〜」


雲林院「…そうか。私はどうすればいい?」


ポーラ「何もしないでください〜」


雲林院「それでいいのか?」


ポーラ「はい〜後は全部ポーラが片付けておきますからね〜」


雲林院「あの二人が危険に晒されないならそれが一番だ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 23:48:52.37 ID:fTLAYATDO
何かの役には立つかもしれないと欠片をポーラに渡す雲林院
私の家に代々伝わるもの
それの欠片だと
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/30(日) 23:55:24.73 ID:ceJlDlH1o
>>920
ちょっとだけ真面目になって後で必ずお返し致しますと受け取るポーラ
すぐに使う事もないでしょう〜と元の調子に戻る
922 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/31(月) 00:02:46.72 ID:GEDsDBEo0
雲林院「ならこれを持っていけ、何かの役には立つかもしれない」スッ


ポーラ「そちらに代々伝わってるモノの欠片ですね〜」


雲林院「そうだ、持っておいて損は無いだろう」


ポーラ「……必ずお返し致しますね」カチャッ


雲林院「無茶はするな、するくらいなら私を呼べ」


ポーラ「大丈夫ですよ〜これを使う事もないはずです〜」


雲林院「ならいいんだがな」


ポーラ「ここはポーラにお任せ下さい〜」
923 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/31(月) 00:08:09.20 ID:GEDsDBEo0
ーー


ポーラ「ごば……ぁ……」ドサッ


「やったか」


「あぁ」


「…もう時間だ、引き揚げるぞ」


「対象は確認できずか…」


「コイツは旧大本営派らしい。対象を庇っているとは思えない」


「なら偶然か…」


「誰であろうと邪魔をするなら容赦はしない」


「死体はどうする」


「海に捨てておけばいい」


「それが一番楽だな」


「サメの餌になれば証拠も消えるしな」
924 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/31(月) 00:14:45.17 ID:GEDsDBEo0
ポーラ「…」


ポーラ「……」ブクブク


ポーラ「…………」ブクブクブクブク


ポーラ「…ぷはぁ〜〜!」ザバッ


ポーラ「はぁ…この欠片ちょっと使っちゃいました……」キラッ


ポーラ「雲林院さんにバレちゃいますよねぇ…でもこれしか無かったんですよぉ」


ポーラ「……あの人達は一体誰なんでしょう」


ポーラ「言語に若干の鈍りを感じました。日本語に慣れていなくて、とても強い…」


ポーラ「…………深海棲艦」


ポーラ「いやそうとは言い切れない、地下に潜った組織の残党の可能性もある」


ポーラ「どっちにしても調べる必要がある……場合によっては潜り込んで…」


ポーラ「……」


ポーラ「とりあえず〜帰ってお酒でも飲みましょう〜」


ーー
925 : ◆I4lwDj9Dk4S2 [sage saga]:2020/08/31(月) 00:15:12.54 ID:GEDsDBEo0
このスレはここまでです


コメントなどあればお願いします
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/31(月) 00:17:55.49 ID:zSroMyIcO
乙でした
これは最後の戦いが始まる予感?
そして価格破壊って怖いよね
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/31(月) 00:18:28.35 ID:CkfnDEJDO
お疲れ様でした
かつてない最速フラグ回収を見た
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/31(月) 00:31:39.92 ID:CkfnDEJDO
そういえばこのポーラって菊月の所のポーラかははっきりしてないんだっけ
でもあっちで登場してないという事は…?
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/08/31(月) 01:14:30.19 ID:qgqrLidso
おつ 
007ポーラ
幹部さんは釣った魚をちゃんと世話しよう!
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/09/03(木) 18:48:55.04 ID:PmrN/xXoo
【艦これ】龍驤「足りないもの、その後」その5【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1599125744/
誘導
361.21 KB Speed:21.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)