【艦これ】提督「捨てられた艦娘とケーキ屋をやりつつ生活する」【寝落ち】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

213 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 10:16:10.38 ID:aaSoaFj60
バイト先

雷「はぁ……」

鈴谷「どったのー?ため息なんてついて」

雷「ちょっと家計が苦しくてね」

鈴谷「あーわかるー。ここ時給安いもんねー。仕事は楽だけど」

雷「私はもっときつくても良いから稼ぎたいんだけど……駆逐艦だとなかなか仕事も見つからないのよね」

鈴谷「あっ、じゃあ良いバイト紹介してあげよっか?一緒にやる?」

雷「私でも出来るの?」

鈴谷「もち♪むしろ私より需要あるかも?」

雷「需要?働けるならなんでも良いけど夕方から夜は鎮守府で夕飯作ったりしなきゃなんだけど」

鈴谷「じゃあ22時くらいは?いけそう?」

雷「その時間なら……深夜手当で時給が良いの?1200円くらいあると嬉しいんだけど」

鈴谷「んー、頑張りによっては時給10万とかもいけるよー♪」

雷「えっ……それってヤバい仕事なんじゃないの?」

鈴谷「私も小遣いがピンチの時しかやんないけどね。まぁ別にいつでも良いから興味あったらまた言ってよ♪さぁ仕事仕事」

雷「時給10万……」
214 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 10:24:05.51 ID:aaSoaFj60
司令官「今日もダメだったー……」

雷「よしよし。大丈夫だからお夕飯にしましょう」

司令官「明日はあっちの店がイベントなのになぁ……はぁ。給料日まで我慢するか」

雷「鎮守府にお給料が振り込まれるのってまだ結構先だけど……我慢できるの?」

司令官「もう借金もできないし仕方ないさ……」

雷「…………」チラッ

サイフ「小銭しかあらへんで」

雷「……司令官、今夜ちょっと友達と約束があるんだけど1人でも平気?」

司令官「ん?ああ…………そうだな。行っておいで……」

雷「なるべく早く帰るから!」


雷「もしもし?鈴谷?今日教えてもらった仕事の事なんだけど、今からとかじゃだめかな?」

雷「うん、うん……分かった。22時ね」
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/08(木) 10:26:35.70 ID:+NbhnnWOO
おいまてやめろ
216 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 10:30:00.46 ID:aaSoaFj60
鈴谷「やっほー♪こっちこっち♪」

雷「おまたせ。それで職場は?」

鈴谷「ん?ここだよ?」

雷「ここって駅前だけど……歌でも歌うの?」

鈴谷「違う違う♪歌うじゃなくて売るの」

雷「売る?私売るものなんて持ってきてないわよ?」

鈴谷「売るものはそこのドンキで買うから大丈夫だよ」

雷「えっ……何か買うの?お財布持ってきてないんだけど……」

鈴谷「あー、言うの忘れてた。まぁ良いや。今日は私が奢ったげるね♪」

雷「悪いわね。今度埋め合わせするから。それで何を買うの?」

鈴谷「ん?下着だけど?」
217 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 10:41:09.98 ID:aaSoaFj60
雷「どうして下着なんて買ったの?それくらい履いてきてるわよ?」

鈴谷「いやいや、流石に生は嫌っしょ?」

雷「生?」

鈴谷「良い?下着の上から買った下着を履いて……お客さんが来たら脱いで売るの」

雷「それ履く必要ある?そもそも下着が欲しい人ならドンキで買うでしょ?」

鈴谷「ちがうちがう。お客さんが欲しいのは艦娘が目の前で脱いだばかりの下着だから」

雷「?」

鈴谷「この3枚1000円で買っただっさーいパンツがぁ、一度履いて売ると1枚5000円とか何万円で売れるんだよねー♪」

雷「なにその魔法!履くだけで良いの!?」

鈴谷「ただし憲兵とかにバレたらめんどくさいから気を付けてね」

雷「それって……悪い事をしてるってこと?」

鈴谷「まぁ褒められた事じゃないけど……お金が欲しい私達はお金が貰える。おじさんは納得してお金を払う。win-winじゃない?」

雷「……それでどうやって売れば良いの?」

鈴谷「んーとねー、向こうから声かけてくる事もあるけどー、手っ取り早いのはエロそうなオヤジを見つけてこっちから声かけちゃうとかかな?まぁ一度やってみなって!雷は可愛いからすぐ売れるよ」
218 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 10:52:28.42 ID:aaSoaFj60
雷「こっちから声かけろって言われても……」

雷「艦娘のパンツが欲しそうな人なんてどうやって見分けるのよ……」

雷「ああもう!いっその事ことパンツ欲しいって言いながら歩いてくれればいいのに!」

男「あー。艦娘の、しかも駆逐艦のパンツが見たい」

雷「いた!!」

雷「ちょっとそこの人!」

男「ん?あ、雷ちゃんじゃないか!野生の雷ちゃん!?」

雷「あ、あの、今パンツが見たいって言ってたわよね?」

男「いかにも俺は艦娘のパンツがみたい村人Aだが」

雷「じゃあ……私のパンツ買わない……?」

男「えっ」

雷「……買わない?」

男「いや、俺はスカートの中からチラチラ見えるパンツが見たいだけでパンツそのものにはそれほど興味ないんだけど」

雷「えっ……」

男「雷ちゃんはパンツを売っているのかい?ダメだよ子供がそんな事しちゃ」

雷「もしかして憲兵……」

提督「いや、俺は駆逐艦のパンツが見たいだけの提督だけど」
219 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 11:03:55.29 ID:aaSoaFj60
提督「お金がなくてこんな仕事を?」

雷「時給のいい仕事があるって紹介してもらって……」

提督「他に仕事は?」

雷「鎮守府の仕事が終わった後に週3で3時間ほど……でも全然足りなくて。働く時間もお給料も」

提督「ちなみに時給はどれくらいなの?」

雷「980円だけど……駆逐艦でも出来る仕事だとこれでも良い方なのよね」

提督「ふむ……」

提督「歩合制だけど時給一万円も可能な艦娘しか出来ないバイトがあるんだけど興味ある?」

雷「またパンツ売るの?」

提督「いや、売るのはパンツじゃなくてケーキね。店員はみんな艦娘だし暁も働いてるよ」

雷「そんなに時給がいいのに暁でも出来る仕事なの!?」

提督「う、うん……(暁の扱い……)」
220 : ◆HhGf8jwqok [saga]:2020/10/08(木) 11:10:56.81 ID:aaSoaFj60
雷「やるわ!やらせてください!今の仕事を切りよく辞めたら是非!」

提督「じゃあこれが連絡先と店の場所だから」

雷「ありがとう!改めて連絡するわね!」

フワッ…

雷「あっ……えっと……見えた?」

提督「とりあえず一万円で。ありがとうございました」

雷「あっ……どういたしまして……」


鈴谷「おーい雷ー。どんな感じー?って売れてんじゃん!よかったね!」

雷「うん。でもこの仕事はこれで終わりにするわ。新しい仕事が見つかりそうなの」

鈴谷「そっかー。それなら良かったじゃん♪私も今日は稼いだしもう帰ろっか」

雷「そうね。そうしましょ」
238.13 KB Speed:5.4   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)