記憶喪失の2人の男が全裸(股間に葉っぱ)状態で敵と戦うのは間違っているだろうか

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :ダンマギ [saga]:2020/10/28(水) 23:52:14.70 ID:1JX+GajS0
これは紅眼白髪の14歳の少年と縛った紫色の長髪と太眉の31歳の青年が、
お互い記憶喪失で何故か全裸(股間に葉っぱ)になってるのかも分からず、様々な世界に行き来し、邪悪な敵と立ち向かう物語である。


アニメ「ダンまち」シリーズ公式サイト → http://danmachi.com/

『マギ』公式サイト → http://www.project-magi.com/

TVアニメ「シンドバッドの冒険」公式サイト → http://www.project-magi.com/sinbad/

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1603896734
2 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2020/10/29(木) 03:08:03.65 ID:afBoP3h30
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
3 :マジカミ :2020/10/29(木) 05:07:20.23 ID:Gd3/2IFt0
>>2 コイツ完全に死んでるwww

>>1 あっ、どうぞ、続けて(≧∇≦)b
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/10/31(土) 02:19:10.67 ID:cucCGE010
・・・・・・。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/31(土) 13:17:34.51 ID:/N+6tfhJ0
あ〜あ >>2のレスで(書き手)一気に萎えたせいだな。 責任軽くねェぞ〜!?
6 :ダンマギ [saga]:2020/11/08(日) 16:33:50.98 ID:B1lVDxMu0
ザブーン・・・ザブーン・・・。(波の音)

?
「ん・・・んん・・・・・・。」

ここ、正体不明の謎の島で気を失っている14歳くらいの紅眼白髪の少年が今、目覚めた。そしてその少年は起き上がり、周りを見始める。

紅眼白髪の少年(14歳)
「・・・・・・ここは、どこ・・・?僕は・・・・・・何でこんなところに・・・・・・・・・・・・・・?」

少年は何故この島にいるのかも分からず状態・・・。しかも彼は自分の中に一番気付かなかったところを気付く。それは・・・・・・?

紅眼白髪の少年(14歳)
「えっ、ええ!?な、何で、何で僕、裸なんだ!?あれ、あれ・・・・・・?」

少年の身体は何故か何も着てなく、全身が裸、つまり、全裸の状態だった・・・・・・。少年はそれに混乱する。

紅眼白髪の少年(14歳)
「ん?」

混乱している少年は地面に手を置いた瞬間、その地面に鏡があった。

紅眼白髪の少年(14歳)
「何、これ・・・?」

少年は鏡を初めて見るかのように言う。まさかと思うが・・・。そして少年は鏡に映る自分を見て・・・・・・。

紅眼白髪の少年(14歳)
「・・・・・・・・・・・誰?」

と、少年は鏡の自分を初めて見るかのように言う。

紅眼白髪の少年(14歳)
「もしかして・・・・・・。」

少年は自分の顔や髪の毛を触る。

紅眼白髪の少年(14歳)
「これって、僕・・・・・・!?」

少年は顔と髪の毛を触る事で鏡に映っているのが自分だと気付く。さらに・・・・・・?

紅眼白髪の少年(14歳)
「あれ、待って・・・・・・。」

少年はもっとも偉大なことに気付く。

紅眼白髪の少年(14歳)
「僕は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・誰?」

そう、何とこの少年、記憶喪失だったのだ・・・・・・。
7 :ダンマギ [saga]:2020/11/16(月) 02:09:06.55 ID:6KkwAeRr0
しかも記憶喪失と言ったら、自分の名前、年齢、性別、職業などが分からないという事。

紅眼白髪の少年(14歳)
「・・・・・・と、とりあえず、何か着るものを・・・・・・。」

と、そう言って着るものをあちこち探す少年。だが・・・。

紅眼白髪の少年(14歳)
「どこにもない・・・。」

着るものがどこにもなく少年は絶望した。すると・・・。

ヒューッ(風の音)

紅眼白髪の少年(14歳)
「うわっ!うっ・・・。」

突然、大きい風が吹き、少年の顏に大きな葉っぱがくっ付く。

紅眼白髪の少年(14歳)
「エホッ、エホッ・・・。」

少年はすぐに大きな葉っぱを取り出し、咳き込む。

紅眼白髪の少年(14歳)
「何でいきなり風が・・・?」

そう言って少年は大きな葉っぱをじーっと見つめる・・・・・・。

紅眼白髪の少年(14歳)
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これしかない・・・って事かな・・・。ハアッ・・・しょうがないや。」

そして、少年は大きな葉っぱを股間(チ○コ)に付ける。

紅眼白髪の少年(14歳)
「何か・・・・・・逆に恥ずかしい・・・・・・。」

そう言いながらも、少年は足を動かし、歩き始めた。
8 :ダンマギ [saga]:2020/11/16(月) 02:09:48.68 ID:6KkwAeRr0
ちんこ
9 :ダンマギ [saga]:2020/11/16(月) 02:39:17.11 ID:6KkwAeRr0
紅眼白髪の少年(14歳)
「(もしかしたらだけど、僕以外にもここにいる人がいるかもしれない。探してみよう。)」

歩きながらそう思い、他の人を探す少年。それも・・・彼の予感が当たるまでは・・・・・・。

紅眼白髪の少年(14歳)
「ん・・・?」

少年は何かを発見し、立ち止まる。

紅眼白髪の少年(14歳)
「いた・・・。」

少年がそう言うと、彼が歩いている行き先の道に紫色の長髪と太眉の31歳くらいの青年が眠っていた。

しかもその股間に少年のと同じ大きな葉っぱが付いている。

紅眼白髪の少年(14歳)
「・・・・・・。よし、この人を一緒に・・・・・・重い。」

少年は眠っている青年を持ち上げておんぶをして、運びながらそのまま再び歩き始める・・・・・・。


ただし、それが夜まで運ぶ事になる事を少年は知る由もなかった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




























































9.09 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)