【デレマス】半熟娘、くびれてる腰のラインは何の為?

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp [sage]:2020/10/30(金) 05:59:45.23 ID:kjZVvw/DO
「じゃあ……入れるぞ」

「う…うん……」



「う……んッ……にゃあ〜!」

「こ、こら!声がデカい!」

「だ、だって……みくの中に……Pチャンの……が……」

「こ、こら、あんまり動くなって」

「だって……思ったよりPチャンの……おっきくて……温かくて……」

「お、おぉ……ぅ」

「にゃあァァぁ……っ!そこっ!ダメぇぇ――ッ!」



「ぴ、Pチャン……みく…我慢できない…ンッ……だから……だからぁ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1604005185
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:01:47.03 ID:kjZVvw/DO








バタバタバタバタバタ



バタンッ

ちひろ「こぉぉぉらぁぁぁぁぁぁッ!」

心「神聖なるアイドルの事務所で、いかがわしいことをしているのは誰だぁぁぁぁ!」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:02:49.15 ID:kjZVvw/DO
いつものシリーズです

いつもよりHのシーンは多いです。ご注意くださいませ
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:07:48.94 ID:kjZVvw/DO
バタバタバタバタバタ



モバP(以下P)「あ、すまん。今、ヘリコの音がうるさくて聞こえなかった」

みく「Pチャン?また何かやったにゃ?」





ちひろ「あれ?……服着てますね。というより栗なんか広げて」

心「つか、なんでみくの肩に手を?」

P「あぁ」





みく「今さっき、向いた栗の皮が服の中へ入っちゃったにゃ」

みく「それでPチャンに頼んで取ってもらってたにゃ」



ちひろ「なーんだ」

心「人騒がせな」



P、みく『?』
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:15:27.03 ID:kjZVvw/DO


みく「Pチャン、今度のハロウィンの衣裳はどうかにゃ?」

P「うん、前衛的で質素で窮屈そうで可愛い」

みく「それって褒めてるのかにゃ?」

みく「というより、少しキツいのは確かにゃ……」

ピポパポ

P「あー、もしもし。マストレさん?」

みく「待つにゃ!」アセアセ





P「かな子のヤツが味見のしすぎで太ったみたいで、ウエストが5cm程……」

かな子「なんでわかるんですか!?」



みく「あー、かな子チャンだったのにゃ」ホッ

杏「でも、衣裳がキツいってやっぱり太ったんじゃないの?」

智絵里「で、でも……あまり体型は変わってません……です」

みく「あー」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:18:07.81 ID:kjZVvw/DO




みく「主に胸の所が……」///

杏「あー」

智絵里「も、揉んでもらったん…ですね」

みく「」///

みく「……ウン」









藍子「畜生……畜生!」グスグス

夕美「あぁ……お願いだから泣きやんで」オロオロ
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:24:53.64 ID:kjZVvw/DO
みく「と、ともかくだにゃ!――Pチャン、トリックオアトリートにゃ!」

P「ほい」チュッ

みく「んっ?!く、口の中に何か入れられて……」



みく「……甘いにゃ?これってチョコ?」

P「正解。杏と智絵里もいるか?」ガサガサ





杏「杏達は遠慮しとくよ〜」

智絵里「み、見ているだけで…お腹いっぱい……ですし」

P「そっか。なら、みく。もう一個やるぞ」

みく「普通に渡すにゃ!!」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 06:38:31.92 ID:kjZVvw/DO


♪〜〜

みく「はっ!はっ!」

マストレ「前川!ステップが少し遅れてるぞ!」

みく「はいにゃ!」

マストレ「よし……大槻!上半身に力が入り過ぎだ!」

唯「はい!」

マストレ「姫川は逆に足のバランスが取れてないぞ!」

友紀「ひゃ……ひゃい……」

飛鳥「はっ!はっ!」

アーニャ「♪〜」





マストレ「よし。ここまで!」

マストレ「姫川ァ!その動きは何だ!」

友紀「ひぇッ!」

マストレ「ふむ……そうか。また昨日遅くまで飲んでいたな?!」

友紀「っ!」

マストレ「……プロデューサーに頼んで、しばらく禁酒にしてもらおうか?」

友紀「ごごご、ごめんなさい!ごめんなさい!ちゃんとやりますから、禁酒だけはァ……」ペコペコ



唯「もう、ユッキったら」

みく「まったくだにゃ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 07:02:59.50 ID:/GzAhS2no
スレタイはゴールドマウンテンとシルバーマウンテンか?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 08:50:21.72 ID:kjZVvw/DO
>>9
世代です
11 : ◆K7qLUv4H.Lbp [sage]:2020/10/30(金) 14:40:17.23 ID:kjZVvw/DO
バタバタバタバタバタ

唯「って感じ――って、およ?聞いてるのかな?」

飛鳥「すまない。空を飛んでいく騒音に耳を奪われて……ね」

アーニャ「アー、ベルトリョートゥイ……ヘリコプターはうるさい…ですね」

みく「で、何かにゃ?」

唯「うん、も一度通しでやってみよーよ☆」

友紀「えー」

みく「みくは賛成だにゃ。軽くでもいいからステップが確認したいし」

アーニャ「ジェラーユ・ウダーチ……頑張ります」ムンッ

飛鳥「そうだね、僕らにはまだ時間は残されているんだ……さぁ、立とうか」

友紀「ぶー」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 14:47:18.24 ID:kjZVvw/DO
みく「じゃあ、まず軽く通すよ」

唯「準備オーケー♪」



ガチャ

P「お、やってるな」

みく「あ、Pチャン!」

P「マストレさんのレッスンは終わったのに、自己鍛練か。無理はするなよ」

みく「大丈夫にゃ。軽く合わせるだけだにゃ」

P「そっか……なら軽く見させてもらうぞ」

みく「おーけーにゃ!」





友紀「ね、ねぇ、大丈夫なの?」

アーニャ「?」

飛鳥「うーん……覚悟は決めた方がいいかも」

唯「だよね。CuteのPちゃんと一緒にいると……」



みく(気合MAX)「さぁ、やるにゃ!!」



飛鳥「……ね」

友紀「はぁ……やるしかないか」



この後、無茶苦茶ハッスルした

なおユッキは、缶ビールを持ち上げられないぐらい筋肉を消耗した
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 21:57:03.40 ID:kjZVvw/DO


バタバタバタバタバタ

P「最近、よくヘリコが飛んでますね」

ちひろ「ヘレンちゃんは乗ってません……よね?」

バタン

みく「Pチャン、Pチャン!!」

P「みく、入ってきた時はあいさつをしなさい」

みく「あ……おはようございます」

P「うん、よろしい」

P「で、どうした?」

みく「あのね、あのね……」





P「猫かき氷?」

みく「うん、台湾にあるお店でこんな可愛いかき氷があるんだって」

P「ほぅ」



(画像はありません。【台湾】【猫かき氷】【CAFE1911】で検索されたし)
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:03:03.21 ID:kjZVvw/DO
みく「というわけで」

P「ウチのスイーツ製を連れてきました!」

愛梨「わぁ……可愛いですね」

志保「これはいいですね……なるほど、ちょっと刃物にコツが入りそうです」

P「いけるか?」

愛梨「イメージだけなら多分……」

志保「あ、晶葉ちゃん借りてもいいかな?」

P「構わないが……そこまで?」

志保「念のために……」

チョンチョン

志保「ん?」



雪美「……」ジーッ

志保「食べたいのかな?」

雪美「……うん」

志保「わかった。ちょっと時間がかかるから待っててね」ナデナデ

雪美「……うんっ!」ニコッ









千秋「ぐぬぬぬぬ……」

ありす「そこまでですか!?」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:10:19.49 ID:kjZVvw/DO
晶葉「というわけで、できたぞ助手!」

愛梨「お待ちどう様です」

志保「猫かき氷のマンゴー味とストロベリー味ですよ」

みく「わぁぁぁぁ!ありがとにゃ!」

雪美「ありがとう……」



みく「ん〜可愛くて食べにくいにゃ〜」

ありす「あ、フローズンいちごを使ってるんですね」シャクシャク

千秋「マンゴー味もおいしいわね」シャクシャク

みく「もーっ!!もーっ!!」

凛「耳と髭はチョコかな」ワルクナイワルクナイ

雪美「……おいしい」シャクシャク

みく「もうっ!みんな風情がないにゃ!……でも、おいしいなら頂くにゃ!」

パクッ

みく「わぁぁぁ!味は濃厚なのにさっぱりしてるにゃ!」

志保「本場のを真似してタピオカや白玉を用意したからね」

愛梨「頭がキーンってならないんだって」

みく「ふーん……おいしいから大丈夫だにゃ」







P「……」

P「俺の分は?」ショボーン
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:16:16.25 ID:kjZVvw/DO
みく「それなら」



みく「みくが食べさせてあげるにゃ」アーン

P「じゃあ、遠慮なく」パクッ



志保「戸惑いなくいきましたね」

愛梨「ですね」



P「お、これはうまいな」

みく「でしょでしょ!」

P「なんでお前が威張るんだ!」ワシャワシャ

みく「きゃあっ!やめるにゃ!」





ありす「セリフに反して嫌がってませんね」

千秋「ただのタピオカなのに甘いわ……」

雪美「私も……Pに甘えてくる……」トテトテ

ありす「あ、雪美さん……ご、ごちそうさまでした」カチャ

志保「どういたしまして」

晶葉「ふふっ、この天才にかかれば、かき氷マシーンなど手を煩わすモノでもない!」





P、みく『いちゃいちゃ』

愛梨「……」

愛梨「……私もPさんに甘えてこよっと」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:23:29.82 ID:kjZVvw/DO


バタバタバタバタバタ

P「そして今日もヘリコは団体で飛ぶか……」

みく「何か言ったかにゃ?」

P「何でもないよ……なぁ、みく」

みく「にゃ?」





P「お前の笑顔があれば、ずーっと幸せな気分でいられそうだな」

みく「」

みく「」

みく「はぁ?!」

P「いや、お前が笑っているのを見てると、ずっと一緒にいれたら……と思うことがあるからさ」

みく「い、いきなり何なのにゃ……」

みく「でも……嬉しいにゃ」

みく「みくも……Pチャンとずっと一緒にいれたら幸せになれるにゃ」

みく「だから」

ピトッ

みく「ずっと……隣でみくを見ていて欲しいにゃ」ンー

P「みく……」



チュッ



P「……」///

みく「……」///
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:26:57.55 ID:kjZVvw/DO


ニャー

ニャー

みく(夢を見た……)

みく(小さいころ……まだ猫チャンと話せる夢だった)

みく(あの頃……話せたのは覚えてるけど、何を話したかまでは覚えていない)

みく(……何か他に忘れている気がするんだけどなぁ)



みく(そして)

みく(夢の中で、みくはPチャンに……)
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:32:24.19 ID:kjZVvw/DO




バタンッ

?「姉様!」

?「おのれ……人間!!」

みく(?)「いいのです……これで都が救われれば……」

P(?)「すまない……姫」

みく(?)「いえ……お気になさらず……」

みく(?)「これも……皆あなた様の愛……ぐふっ」

P(?)「姫?」



P(?)「姫ーっ!」

?「姉様!」





ガバッ

みく「はーっ、はーっ」

みく「また……あの夢……」

みく「なんでみくはPちゃんに……」



みく「殺されるのかにゃ……」







?「……」
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:35:35.66 ID:kjZVvw/DO


のあ「P」

P「ん……?」

のあ「あなたは……前世を信じるかしら?」

P「ん?……いきなり何だ?」

のあ「答えて」

P「……そうだな」





P「信じるよ……たとえあんな結末だろうと」

のあ「そ……」



のあ「……なら、今度こそ幸せになりなさい」ボソッ

P「ん?何か言ったか?」

のあ「気のせいよ」プイッ

P「ん?」





のあ「……」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:43:22.56 ID:kjZVvw/DO
?「のあ殿ー」

のあ「……依田の家の者か」

芳乃「左様ー」

のあ「まだ……討たれる気はないわ」

芳乃「ですがー」

のあ「あの二人……それだけが気掛かりなだけ……それだけよ」

のあ「そのまま消えるつもりだから」

芳乃「……」



芳乃「ではー」

芳乃「次にあいどる以外の形で会う時までー、一時休戦ということでー」

のあ「ありがとう……」

芳乃「礼などー」

芳乃「道明寺の娘にー、小早川に遊佐の家の血筋もいますからー」

芳乃「手柄を取られたくないだけでしてー」

のあ「……それでもよ」

シュンッ

芳乃「……気配を消しましたかー」

芳乃「やはりー、600年以上生きているだけありましてー」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 22:50:23.95 ID:kjZVvw/DO


P「なぁ、みく」

みく「Pチャン?」

P「今まで、俺はアイドル達に恋愛について持論を述べてきた」

P「所詮、10代20代の恋は吊り橋効果の延長線」

P「アイドルという世界感が心を興奮させ、さも吊り橋の上にいるような気分にさせ、そこで熱心に自分を育てるプロデューサーなりマネージャーなりに恋した気分になるだけと」

P「L.M.B.Gの子供達がいい例で、やがてもっと大きくなればプロデューサーなんか、ただの障害でしかなくなると」

みく(……たしかに。みんなそうだにゃ)

みく(特に由愛チャンや舞チャンは担当のPチャン達に依存が強いにゃ)

みく(でも、千枝チャンに桃華チャンにありすチャンは……なぜかわからないけど、あれは本気だと思うにゃ)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:03:21.96 ID:kjZVvw/DO
P「だから、いずれ障害になるなら、みくが学生でなくなったらみくの担当から外してもらうか……」

P「プロデューサーを辞めよう……そう思っていた」

みく「初耳だにゃ!!」

P「俺も人に話すのは初めてだからな」

みく「……」

みく「ずるいにゃ……一人で勝手に決めて……勝手に……」

みく「みくの気持ちなんかこれっぽっちも……」

P「いや、人の話は最後まで聞け」

みく「……最後まで聞いてられないよ……Pチャンと別れちゃったら……みくは……みくは……」

みく「前の……前のソロでやっていた時みたいに……孤独に…一人ぼっちになっちゃう……」グスグス

P「だ・か・ら!!」



P「もう俺も……我慢したくないから……」

みく「我慢?」

P「そうだ!一緒に同棲して、同伴出勤して、一緒にご飯を食べて夜は」



P「って、何を口走ってるんだ!!」

ツンツン

P「ん?」



みく「みく……まだ、未成年だから……」

みく「子供だけは……まだダメだから……ね」モジモジ



P「」



この後、朝まで二人で【新田美波】した
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:11:02.71 ID:kjZVvw/DO


―数年後

ガチャ

みく「おはようございますにゃ!」

ちひろ「あら?今日、みくちゃんはお休みでは?」

みく「Pチャンがまたブロッコリーを残していないかチェックに来たにゃ」

ちひろ「まぁまぁまぁ」

みく「どれどれ……あーっ!やっぱり残してるにゃ!」

ちひろ「すっかり夫婦ですねぇ」シミジミ

みく「ふ、夫婦だなんて……」モジモジ

みく「いやだなぁ、ちひろさん!冗談がうまいんだから!」ビシッバシッ

ちひろ「痛い痛い!……もう、智絵里ちゃんみたいな……あ!」

みく「……智絵里チャンか」

みく「元気かなぁ……」

ちひろ「だといいですね」

ちひろ「あと……」

ガチャ

P「ただいま帰り……げぇ!みく!!」

みく「げぇ…って何にゃ!!またブロッコリーを残して!」

P「そっちは関係ない!!……えっとな」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:12:25.91 ID:kjZVvw/DO




P「トリックオア……」

P「トリート」カパッ

つ【給料三ヶ月分のアレ】
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:18:16.60 ID:kjZVvw/DO
みく「え……嘘……」

P「嘘じゃない……俺と結婚してくれ、みく」

みく「……はい」

P「サイズは……ダメなら合わせるからっと」スッ

みく「わぁ……」

みく「これで……みくはPチャンのお嫁さんかにゃ?」

P「なんだ?俺というものがありながら、他にも嫁になりたい相手でもいたのか?」

みく「違うにゃ……でも今の言葉も嬉しい……」

みく「みく以外に選択肢がないって言ってるようなものだから……」

P「そ、そりゃ……な」

みく「えへへ……」

みく「Pチャン!」





みく「これからもよろしくにゃ」ガバッ

P「うわっ!」

ゴチンッ!

P、みく『痛ッ!』
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:23:59.69 ID:kjZVvw/DO




P(それは……)

みく(いつもの夢だった……)



みく(前世)「ぴぃ之上様……もはやこれまでです」

P(前世)「何故だ……何故、猫又というだけでみく之君が迫害されねばならない!」

のあ「それは……人間が私たちを恐れたように、私たちも人間を恐れた結果……」

みく(前世)「かくなるは……私の命と引き換えに結界を……」

P(前世)「早まるではない!!」

のあ「しかし、いずれ追手が……」

みく(前世)「さぁ、その剣で……私を」

P(前世)「みく之君……」





「う……うぉぉぉぉぉ!」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:32:32.47 ID:kjZVvw/DO
P「これは……」

みく「あの夢の続き……」



「そうよ」

のあ「心が完全に通じ合った今、二人の前世の記憶が蘇った……それだけよ」

みく「のあチャン!?」

のあ「……姉様。私は二人が再び……再び逢える日を夢見て来ました」

のあ「かつて……姉様が生まれて間もない頃は能力もありましたが、今ではまったくない為、探すのに苦労しました」

みく「ってもしかして、みくが小さい頃に猫チャンと喋れたのって?!」

のあ「はい……古代の力が残っていたのでしょう」

のあ「さぁ、契りを……そうすれば、すべて終わらせ……始めることができます」

みく「終わるって……何がにゃ!?」

P「みく?」

みく「も、もしかして、みく達が結ばれるとのあチャンが……」

のあ「……」

みく「のあチャン!!」





のあ「いえ、その程度では消えませんよ」

みく「」ズゴー

みく「あはは……そうにゃの……か……」

みく「よかったにゃ」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:39:58.42 ID:kjZVvw/DO
のあ「単に、前世のしがらみが消えて、誰からも狙われないようになります」

みく「ね、狙われるって……みくの前世ってそんなに?!」

のあ「それはそれは……日本各地で様々な」

みく「聞きたくなかったよ、みくの前世!」

のあ「おかげで……北は柳瀬家、南は依田家まで各地で色々と敵を作りましたからね」

のあ「心辺りありませんか?」

みく「あ……」

みく「依田ってもしかして……」

のあ「……」コクン

みく「Pチャン!なんて子をスカウトしたにゃ!」

P「お、俺のせいか?!」

のあ「……」つ【肯定の眼差し】

P「うわぁ……知りたくなかった事実」

のあ「でなければ、190人も一人でプロデューサーをやらせると思うかしら?」

P「そんなにいたの!?」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:44:44.17 ID:kjZVvw/DO
のあ「じゃあ改めて……」

みく「う、うん……」

P「よ、よし……」



みく「ん……」

P「ん……」

チュッ



のあ「……」

のあ「……成仏しそう」

みく「冗談でも止めるにゃ!」

のあ「大丈夫よ……私も異端者。この世との縁は簡単には切れないわ」

のあ「だから」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:48:07.94 ID:kjZVvw/DO
のあ「今度こそ、長生きしてちょうだい」



みく「わかったにゃ!!」

みく「Pチャンとみくは」

みく「ずーっとずっと、一緒にいるにゃ!」











芳乃「お幸せにー」

おしまい
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/30(金) 23:49:09.38 ID:kjZVvw/DO
最後の前世ネタ……SNOWを意識してます。はい(パクリといいます)

では、ありがとうございました
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/10/31(土) 23:09:50.37 ID:bZB4VsKQ0
半熟どころか未発達の幼女が2人もメインヒロインを務める神ゲーのこと?
あれもそーいや前世ネタだったなw 乙
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/03(火) 04:50:19.74 ID:iCID5fR80
あれだけ酷評されまくってよく書き続けていられるなぁ・・・まこと、関心いたします
21.41 KB Speed:1.3   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)