七尾百合子の夢十夜

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

7 : ◆ivbWs9E0to [saga]:2020/10/31(土) 07:14:41.89 ID:v56twnXw0

   こんな夢を見た。
 
 鼠色の雲が薄く青空に広がっているような、明るくて淡い水色の髪の少女が「見ていてください」と呟いた。
 
 彼女がポンと胸の前で手を叩くと、手と手の間から小さな象が落ちてきた。軽やかに着地した象はパオン、パオンと小気味良い声をあげながら元気に走り回っている。私は賞賛を示すべく、両の手の指の腹をカチカチと鳴らした。
 
 私は閃いた。その手から食べ物を出し続ければ、世界中の貧しい人々が救われるのではないか。出来ますよね? と私は半ば煽るような口調で少女に問うた。少女は腰に手を当てたまま顎をクイと持ち上げ、鼻で息を吹いた。仁王像もかくやという堂々とした風体である。少女は両の手の指を十分に解した後、胸の前でポンと叩いた。
 
 手と手の間から、私の頭ほどの大きさのあるボウリングの球が落ちた来た。球は硬い床にぶつかりゴトンと大きな音を立てた。耳がジンと痛み、あまりの衝撃に私は思わず後ろに飛びのいた。これは一体どういうことか。床に転がる球から視線を持ち上げて少女を見ると、彼女は変わらず威風を堂々とさせていた。
 
31.83 KB Speed:0.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)