【ガルパン】千代「こうなったら、オネーディションを開催するわよ!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:11:14.78 ID:sTdfZXPc0


よろしくお願いしマウス



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1605885074
2 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:13:30.27 ID:sTdfZXPc0


― 大学・高校合同練習


愛里寿「みほさん、今日はありがとう」

みほ「うん、私もすごく楽しかったよ!」

愛里寿「あ、あの…また、試合してくれる?」

みほ「もちろんだよ」



まほ「話し中に失礼する、みほ、ちょっといいか」

みほ「お姉ちゃん」

まほ「今回の試合の事なんだか…大丈夫か?」

愛里寿「私の方は大丈夫です」

まほ「すまないな」

みほ「うん、じゃあ愛里寿ちゃんまたあとでね」

愛里寿「はい」


3 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:16:43.89 ID:sTdfZXPc0


みほ「うん、そこはね…」

まほ「なるほど、でもこういうのはどうだ…」




愛里寿「……」

愛里寿(お姉ちゃんか…私にもいたら一緒に戦車道したり、遊んだりできたのかな…)

愛里寿「いいなぁ…」ポツリ





……


― 島田家


愛里寿「お母様、姉が欲しいです」

千代「え?」


4 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:19:56.97 ID:sTdfZXPc0


千代「姉?お、お姉ちゃん…!?」

愛里寿「はい」

千代「妹じゃなくて、お姉ちゃん?」

愛里寿「はい」


千代「どういう事よ、貴女達説明して」ヒソヒソ

メグミ「隊長がなにやら悩んでおられて…」

アズミ「聞けば、お姉さんが欲しいと…」

千代「……」

ルミ「家元、実は隊長の前に産んでいる子供とか…」

千代「いるわけないでしょ!」クワッ!


千代「大体、姉って…妹ならまだしも…」

メグミ「いかがいたしましょう」

千代「こういう時、貴女達三人が『私がお姉ちゃんよ!』って立候補して慰めると思ったんだけど」

ルミ「いやぁ〜、私達は隊長の下に付いて長いですし」

アズミ「島田流の門下生というイメージも付いてしまって」


愛里寿「やっぱり無理ですよね…」ションボリ

千代「愛里寿ぅ…わかったわ…」


千代「こうなったら、オーディション…いえ、オネーディションを開催するわよ!」


メグミ・アズミ・ルミ「「「 オネーディション? 」」」




……

5 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:22:36.85 ID:sTdfZXPc0


メグミ「第一回!チヨチヨ!!!」

アズミ「愛里寿のお姉ちゃんは誰だオーディション!!」

ルミ「略してオネーディション!!」


千代「作れないなら、見つけ出すのよ…愛里寿にふさわしい姉を!!」

メグミ「流石、家元!審査委員長もよろしくお願いします」


千代「ええ、でも私だけでは物足りないわね…貴女達も審査の方を…」

メグミ「あ、私達三人は進行の方に専念しますので」

千代「そうなの、じゃあ誰か審査員を連れてこないと…」

ルミ「それには及びません」パチン!

アズミ「この事を想定して、審査員を用意いたしました」


6 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:26:29.73 ID:sTdfZXPc0


アズミ「戦車道でお姉ちゃんと言えば、この人!西住まほ!!」

まほ「任せて」キリッ!


千代「しほちゃんのとこの…」

まほ「家元、流派関係なくの戦車道を嗜む一人の姉として協力致します」キリッ

千代「ええ…期待しているわ…」


メグミ「そして、もう一人お姉ちゃんを知る人をお連れしました」

千代「誰かしら…」






ホシノ「…どうも」

千代「……」

千代「え?」(誰なの?)


7 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:30:25.36 ID:sTdfZXPc0


千代「あ、あの…」

まほ「みほの学校のポルシェティーガーで、確か砲手の…」

ホシノ「ホシノと言います、よろしく」

まほ「ああ、よろしく」

千代「どうしてホシノさんが?」

ホシノ「えっと…成り行きと言うかノリというか…」


メグミ「それは私達が説明します」

アズミ「お姉審査員を探すべく私達が思いついたのが“一年生に聞くのが手っ取り早い”」

ルミ「という事で、一年生のみで戦車を動かしているチームがあるというので話を聞きにいってきたんです!」


………



8 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:34:04.50 ID:sTdfZXPc0


― 大洗 ウサギさんチーム


梓「お姉さんですか…」

メグミ「一年生チームの貴女達からみてお姉さんと呼べる人を教えて欲しいの」

あゆみ「武部先輩とかはどうかな?」

あや「武部先輩はお姉ちゃんって言うよりママじゃない?」

優季「じゃあ、河嶋先輩は?」

桂利奈「う〜ん…なんかペットっぽい!!」

梓「そうだ!西住先輩!」

あゆみ「それは梓が特にそう思ってるだけでしょ」

梓「う…////」

アズミ「なかなか、難しいみたいね」



ナカジマ「ウサギさ〜ん、戦車の整備いいかな?」

スズキ「何か問題でもあったの?」


9 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:42:04.42 ID:sTdfZXPc0


梓「あ、ナカジマ先輩にスズキ先輩、すいません」

スズキ「あれ?大学選抜の…」

メグミ「どうも」

アズミ「人探しでお邪魔してます」

ナカジマ「誰を探しているんですか?」

ルミ「お姉さんっぽい人よ!」パチン!

スズキ「それはまた…なんとも…」


あや「ねぇ…ナカジマ先輩は?」

あゆみ「うん、悪くないけど…」

桂利奈「やっぱり、ママって感じ!」


ナカジマ「あはは…ママか〜」

スズキ「ナカジマ、いつもポルシェティーガーに赤ちゃん言葉で話しかけて作業してるから、そう見られてるのよ」


優季「スズキ先輩は…お兄様かなぁ」

スズキ「お、お兄さん…」

桂利奈「あい!とってもカッコイイお兄ちゃんだね!!」

スズキ「そ、そう…」

ナカジマ(あ、結構ショック受けてる…)




ツチヤ「皆そろってどうしたの?」

ホシノ「さっさと整備しないと」

10 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:45:31.72 ID:sTdfZXPc0


ホシノ「お姉ちゃん探し?」

ツチヤ「面白そうな事してるねぇ、ちなみに私はどうかな?」


あゆみ「ツチヤ先輩は〜」

あや「自動車部の妹って感じ!!」

ツチヤ「やっぱ、そう見られちゃうかぁ〜」

スズキ「可愛いなぁ!妹よ!!」ナデナデ

ナカジマ「ほらほら〜ママでちゅよ〜」ナデナデ

ツチヤ「ママぁ〜、お兄ちゃ〜ん」

ホシノ「何、バカやってんのよ…」


あゆみ「そうなるとさ、ホシノ先輩はパパ?」

優季「それっぽくなぁい」

あや「じゃあ何になるのかな?」


紗希「…姉貴」


ウサギさんチーム「「「「「 それだぁ!! 」」」」」

ホシノ「え?」

梓「お姉ちゃん!いいえ、大洗一の姉貴はホシノ先輩です!」

桂利奈「あい!!」

ホシノ「え?え?」

メグミ「アズミ!、ルミ!、目標捕捉!」

アズミ「ええ、確保するわ!」

ルミ「さぁ!来てもらうわよ!」パチン!

ホシノ「えっ!?」




……


ホシノ「…と言う訳でね」

まほ「なるほど」

千代「行き当たりばったりにも程があるわね」


11 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:48:47.88 ID:sTdfZXPc0


まほ「ふむ…」ジロジロ

ホシノ「な、なにか?」

まほ「貴女から、かなりのお姉力(オネエヂカラ)を感じるわ、ホシノさん御兄妹は?」

千代(何なのよ、お姉力って…)

ホシノ「弟と妹がそれぞれ一人づついるわ」

まほ「なるほど…では一つ問う お姉ちゃんとはなんぞや?」

千代(なんぞやって…そんなの先に産まれたからお姉ちゃんでしょ…)

ホシノ「……」

まほ「返答せい!!」


ホシノ「言葉ではないかな、立ち振る舞い、後ろ姿…背中…お姉ちゃんってのはさ、生き様…見せる…いいや、示すモンなんじゃないかな」

まほ「……」

千代(あれ?西住さん黙ってるけど…)

まほ「ブリリアント!期待以上の答えだ!ホシノさん、もし良ければ私とお姉友(オネエトモ)になってはくれないか?」スッ…

ホシノ「西住隊長のお姉さんに認めてもらえるなんて光栄ね、ホシノよ、さんはいらないわ」ガシッ!

まほ「ああ、ホシノ、私もまほと呼んでくれ」ニコリ

千代(なんか友情が芽生えてる…)


12 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:51:19.55 ID:sTdfZXPc0


千代「それで、この後はどうするのよ…」

アズミ「家元がオネーディションって言って始めたんじゃないですか」

千代「ごめんなさい、勢いだけで細かい所まで考えていなかったわ…」

メグミ「家元、ご心配なく」

ルミ「そんなこったろうと思いましたので…それではお二方!お願いします!」パチン



まほ「ええ、今回の経緯をお聞きしまして」

まほ「島田愛里寿に相応しいという姉候補を私とホシノで連れてきました」

ホシノ「ここにいる私達、姉気(アネキ)あふれる審査員の目で厳選して愛里寿のお姉ちゃんを探すって事です」

千代「おお…頼もしいわ、流石お姉ちゃんズね」


メグミ「では早速、一人目の…西住さんが推薦される方をお連れします」

まほ「ああ、私が島田愛里寿の姉に推すのは…」




アンチョビ「おい!何なんだ一体これは!!」

まほ「安斎だ」


13 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:54:25.50 ID:sTdfZXPc0


アンチョビ「アンチョビだ!だから一体どういうことだ!こんなとこまで無理矢理連れて来て!」

ホシノ「なるほど、アンチョビさんか」

まほ「安斎とは数年来の付き合いだが、私の知る限りで彼女程お姉力の高い者はいないな」

ホシノ「へぇ、私は今年の戦車道からでしか面識がないからね」

千代(アンチョビさん…本名、安斎千代美…彼女が愛里寿の姉になったら…)


アンチョビ「おまえら!話を聞け!うう…見たいドラマがあったのにぃ…」


メグミ「では、アンチョビさんPRをどうぞ!」

アンチョビ「いきなり連れて来られて何のPRをしろって言うんだ!!」


ホシノ「それじゃ、アンチョビさん私から一ついいかな?」


14 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 00:57:55.06 ID:sTdfZXPc0


アンチョビ「なんだ?」

ホシノ「えっと…アンチョビさんはアンツィオ高校からスカウトされて一人で戦車道をここまでに作り上げたのよね」

アンチョビ「あ、ああ、そうだぞ」

ホシノ「そのアンツィオ戦車道の唯一の三年生のアンチョビさんから見て後輩たちをどう思う?」


アンチョビ「う〜ん…そうだな、すごく心配だ、いやな!皆頑張ってるんだぞ!成長してるのだってよくわかるし!」

アンチョビ「でもなぁ…ペパロニも昔よりはしっかりしてきたとはいえ、たまーに、やらかすし…」

アンチョビ「そこはカルパッチョもいるけど…アイツの方が暴走すると大変なことになるし…」

アンチョビ「かといって私があまり口を出し過ぎるとアイツ等の為にならんし…」ブツブツ


ホシノ「なるほど、下級生が気になるけど助けてよいか迷う心境…これはまさに」

まほ「世話焼きお姉ちゃんの心境だ」

ホシノ「まほがアンチョビさんを愛里寿の選んだのはここにあるのか」

まほ「ああ、島田愛里寿はどちらかと言うと自己主張の少ないタイプだ」

まほ「そんな彼女には安斎くらいの鬱陶しさがちょうどいい!」キリッ

アンチョビ「おい!褒めてるのか、貶してるのかハッキリしろ!!あとアンチョビ!」


メグミ「これは初手から有力候補ですね」

アズミ「審査員長どうでしょうか?」


千代「島田千代里寿(シマダチョリス)…私の名前と被るし、チョリスって軽薄そうだし、チュロスみたいよね…」


ルミ「はい!アンチョビさんありがとうございました!!」パチーン!

アンチョビ「もう何なんだよ…さぁ帰ってドラマ見よう…」

アズミ「あ、審査が終わるまでは帰らせないわよ、うふっ」

アンチョビ「え゛え゛ぇ…」


15 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:01:53.94 ID:sTdfZXPc0


メグミ「続いては、ホシノさんからの推薦の方ね」


ホシノ「私の知る中では彼女こそが愛里寿の一番のお姉さんかな」

まほ「ほぉ、それは楽しみだな」

ルミ「それでは、二番手の方お願いします!」パチン!



典子「どーも!バレー部、磯辺典子です!!根性で頑張ります!!」

千代「…え?」

ホシノ「どうかしら」


16 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:06:32.52 ID:sTdfZXPc0


まほ「ふむ…彼女がか?」

千代「こ、この子が愛里寿の…お姉ちゃんに?」

ホシノ「どうやら二人とも疑問に思っているようね」

ホシノ「それじゃ磯辺さんがどれだけお姉ちゃんかこの写真を見てください」


 バレー部集合写真


千代「こういっては失礼だけど一人だけ小柄ね、他の先輩のほど身長は…」

ホシノ「いいえ、他の子は皆一年生です」

千代「うそん!?」

典子「はい!可愛い後輩達です!」


17 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:10:47.41 ID:sTdfZXPc0


まほ「あとバレー部と言うが人数が四人しかいないが」

ホシノ「…大洗にはね、正式なバレー部はないのよ」

典子「今はバレー部(仮)ですが、部員を集めていずれ復活します!!」

ホシノ「磯辺さんは部が潰れても復活を掲げてて下の後輩達を纏め上げて一人頑張っている、それってさ」

まほ「うむ、お姉ちゃんだな」コクコク

典子「潰れてませんから!!」

ホシノ「あとは…そうだね、磯辺さんなら島田流に向いているというか対応できるんじゃないかなって思って」

まほ「…ふむ」

千代「…なるほど」

典子「体力には自信があります!!」


アズミ「見た目は小さくても心意気はお姉ちゃんというわけね」

メグミ「審査員長、彼女をどう見ますか?」


千代「島田典寿(シマダノリス)って、もう男臭さあふれる名前よね…クローゼットにいそうで、怯えて竦みそう…」

ルミ「まず名前からっては、いかがなものかと」

メグミ「それでは磯辺さんありがとうございます」

典子「よろしくお願いします!!」


千代「なんだかクセの強い子が続いたわね…じゃあ次の子を」

メグミ「……」

ルミ「……」

アズミ「…以上です」

千代「え?」


18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 01:12:32.42 ID:25Y3R2OTO
審査員一人目がまほならもう一人はアンチョビだろうなと思ってたらまさか過ぎる人選
自動車部スキー、特にホシノ好きとして期待せざるを得ない
19 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:14:34.25 ID:sTdfZXPc0


千代「ちよ!この二人の内、どちらかからなの?」

千代「まほちゃんもホシノさんも、他にはいないの?」


まほ「大勢連れてくるよりも、各々これはと思う一人に絞ってみたのですが」

ホシノ「あまり多いとダレてしまうかと思いまして」


千代「ええ…せめて、もう一人くらいいないのぉ…」

まほ「と言われましても…」

ホシノ「う〜ん…」




???「ああ!探しましたよ!!」


千代「!!」

まほ「!!」

ホシノ「!!」


20 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:20:09.20 ID:sTdfZXPc0


エリカ「どうしたんですか、行き先も告げずお出かけになって…」

まほ「エリカ」

エリカ「それに…一体これは?」

千代「……」(エリカ…)

ホシノ「逸見さん、これはね島田愛里寿のお姉さん探しの為に私とまほで協力していたのよ」

エリカ「はぁ?お姉さん探し?ってか、何でアンタが隊長を気安く名前で呼んでるのよ!!」

まほ「やめろエリカ、告げずに出かけた事は謝る。だが、お姉フレンズのホシノを悪く言うのは許さないぞ」

エリカ「え…お姉フレンズ?」


千代「……」(髪の色…見た目…それに何より…)

千代「……」(逸見エリカ…エリ…エリス…島田恵里寿(シマダエリス)!!これよ!この響き!これを待っていたのよ!!)


千代「あの、逸見さん」


21 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:24:05.34 ID:sTdfZXPc0


エリカ「は、はい!」(し、島田流の家元…)

千代「聞いての通り、娘の愛里寿の姉になりうる人を探しています」

エリカ「はぁ…」

千代「そこで尋ねるけど、貴女にとって姉とは?」

エリカ「い、いきなり言われても…そんな…わかりません」

千代「そこを曲げてエリカちゃんなりの答えをお願い」

エリカ「はい…姉ですか…」(エリカちゃん?)

エリカ「そうですね…うん、ちょっと先に産まれたからって偉そうにするし…」

エリカ「あーだこーだ、一々口うるさい人…かなぁ…」


千代「なるほどね」

エリカ「申し訳ありません、まとまらない返答で」

千代「そんな事ないわ、エリちゃんっぽさが出てて良かったわよ!」

エリカ「あ、あのエリちゃんって…」


まほ「……」

ホシノ「……」

エリカ「隊長?」


22 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:25:51.57 ID:sTdfZXPc0


ホシノ「ふぅ…」タメイキ

まほ「エリカ、がっかりしたぞ」

エリカ「え?」


まほ「お前は今まで私の何を見ていたのか…」

エリカ「え?え?」

ホシノ「まほ、こうなったら…」

まほ「ああ、エリカお前もこのオーディションに参加するんだ」

エリカ「ええっ!?」

ホシノ「お姉ちゃんの素晴らしさ、逸見さんにも解ってもらわないとね」

エリカ「……」


千代「いいわよ!この三人の中から選ぶって事よね!私は断然…」

ルミ「はい!では第一次審査も終わりまして」

アズミ「第二次審査になります」

千代「ちょっと!審査員長の私はもう誰にするか決めているんだけど…」

メグミ「内容はえっと…水着審査ですね」

千代「わかったわ、続行しなさい」キリッ


……

……

23 : ◆u4BqTnPhoo [saga]:2020/11/21(土) 01:27:03.79 ID:sTdfZXPc0
今回はここまでとなります

続きの投下は不定期になりますが

よろしくお願いします
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 01:37:41.58 ID:vUMNnJeio
乙ー
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 21:15:36.00 ID:KOn2x5nM0

楽しみにしてる
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/21(土) 22:34:24.96 ID:4SXR307wO

期待
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 01:11:17.51 ID:1uZx4iCD0
何この斜め上に可笑しいのと斜め下に可笑しいのが居て大体常識人役になってる何時ものエリカって言う
とりあえず次まで待機
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 16:56:12.08 ID:4/VXaP0P0
今までまとめでしか見たこと無かったから、進行中のスレ発見に激しく感動してる

姉持ちの立場から言うと、本文の通り弟妹とは正反対の性質が安定するとは思う
個人的にチョビは双子の姉でキャプテンは従姉がいい
理想の姉は「放任主義だけど構ってはくれる包容力の塊」なんだけど、それらを満たすミカに姉力をあんま感じないのは何故だろう?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/22(日) 17:05:22.90 ID:sO2kc2R50
久々のガルパンSSに期待しています
作者様には完結まで頑張ってもらいたいです
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 00:55:02.12 ID:s5N9OUIbO
設定だけで殆ど触れられないけど大洗メンバーってかなりの割合で兄弟姉妹がいるんだよな
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/23(月) 21:41:39.70 ID:wNvWYlpGO
設定上とはいえダー様が妹持ちとかすごく興奮する
妄想が捗る
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2020/11/24(火) 19:56:45.59 ID:iAsbTh6e0
面白そうだ
続きに期待
19.38 KB Speed:5.7   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)