三葉ムツミ「どうにかしてタカトシ君をオカズにしたい」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/25(水) 23:58:30.68 ID:HVJ4KGRV0
三葉「でも直接食べる訳にもいかないし…」

三葉「どうしたらいいんだろう?」

>>3

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1606316310
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 00:08:17.25 ID:VAYLqk/n0
七条先輩に聞く
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 00:33:37.26 ID:QaUQOVpDo
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 01:46:14.63 ID:L8LTIgqX0
三葉「しょうがない。また七条先輩に聞いてみよっと」

〜生徒会室〜

三葉「という訳で七条先輩、再度ご指導願います!」

天草「いやどういう訳だってばよ」

七条「この前ね、ムツミちゃん疲れてるように見えたから私が元気が出る方法を教えてあげたの」

天草「ほうほう、それで男子生徒をオカズに…」

天草「それで、どうやって実践したんだ?」

三葉「えっと…食堂で…」

天草「公共の場で!?」

三葉「タカトシ君の顔を見ながら…」

七条「本人(オカズ)の目の前で!?」

三葉「おにぎりを食べました」

天草「女体盛りだとぉぉぉ!?」

七条「違うよシノちゃん。この場合ムツミちゃんが食べているんだから男体盛りだよ〜」

天草「なるほど、確かにそうだ」

天草「…………」

天草「つっ…つつ、津田盛りだとぉぉぉおお!?///」

三葉(つだもり…?)
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 01:56:08.61 ID:L8LTIgqX0
天草「津田め…我々の目を掻い潜ってそんないかがわしい事を…」ググッ

七条「薄い本でも稀に無いプレイだね」

天草「そ、それで…どうなったんだ!?」

三葉「えっ…あー…そう、ですね」

三葉「そこまで満たされなかったというか…効果は特に」

天草「な、何っ…だと…?」

天草「三葉はその…津田の津田を見て何とも思わなかったのか…!?」

三葉「のつだ…?いえ…まぁ」

三葉「見慣れてますし」

天草「みなれてる!!!」

七条「あらあら〜ムツミちゃんったら既に経験済みだったのね」

三葉「?いえ…はじめてですけど」

天草「はじめて!!!」

七条「という事は…上手くイケなかったって事なのかな?」

三葉「まぁ、そうですね…」

三葉「そんな感じです!」ビシッ

天草「」パクパク

七条「シノちゃーん?口でご奉仕してるみたいな顔になってるよ〜?」
6 :アニメも漫画もしっかり見てないけどこんな感じでいいかな? [saga]:2020/11/26(木) 02:13:04.88 ID:L8LTIgqX0
天草「それにしてもはじめての卒業式がこんな羞恥プレイとは…」

天草「その…よく騒ぎにならなかったな」

三葉「え…いや〜それ程でも」エヘヘ

天草「うーん褒めてないぞ〜」

七条「はじめてなんだし、特別な形で捧げたいって子も多いんじゃないかなぁ」

天草「そういうものなのか?」

七条「そういうものなんだよ」

天草「そういうものにしておくか」

三葉「?…それで七条先輩、次はちゃんと成功させたいのでアドバイスでも貰えたらって思って来たんですけど」

七条「アドバイスか〜」

七条「私、知識があるだけで経験はそこまで無いけれど参考になるかしら」

三葉「はい、是非ともお願いします!」

天草「〜」プク〜

七条(津田君取られて機嫌損ねてるシノちゃんも可愛いなぁ)

七条「そうだね〜それじゃあ…」

>>8
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 04:27:46.55 ID:Six+wt2DO
(ガイルの小学生の件みたく)タカトシの前でスズのパンツをズリ降ろして、幼女に反応しないか確かめる
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 05:41:34.47 ID:IRvJh/1p0
張っ倒してマウントポジション
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 11:32:19.36 ID:8iJugQfJ0
七条「技で倒してマウントを取ればいいんじゃないかな?」

三葉「ふむふむ」

七条「最初から倒れてるのを食べるのと、自分から倒して食べるのとでは意味が全然違ってくるでしょ?」

三葉「ああ…まぁ…確かに?」←理解していない

七条「何事も自分から攻めるのが大事なんだよムツミちゃん!」ドンッ

三葉「お、おお…!」

三葉「なんとなく分かる気がします!」←理解していない

三葉「なんか先輩の話を聞いてたらヤレる気がしてきました!」

七条「それなら良かったわ〜」

天草「全然良くないわ〜」

三葉「早速その方法ヤッてみます!」ガラッ

七条「ふふふ、頑張ってイッてね?」

三葉「はい!」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 11:42:48.43 ID:8iJugQfJ0
〜廊下〜

津田「昼飯どこで食べようかなぁ」

三葉「あ、タカトシ君!丁度いいところに」

津田「?三葉か。どうしたの?」

三葉「あのね、部活で使う新しい技を思いついたからタカトシ君に掛けてみてもいい?」

津田「え?何?今?ここで?俺に?」

三葉「うん!」コクンコクン

津田「う。うーん…まぁいいけど」

三葉「やった〜!」

津田(何故か分からんが嫌な予感しかしない…)
津田「ぅあ」ガッ

三葉「せりゃあっ!」ドッ!

津田「あ痛!?」

津田「痛た…これって単なる背負い投げじゃ…」

三葉「」モグモグ

津田「……」

三洋「うーん…イマイチだなぁ」モグモグ

津田「それパン食うまでがセットなの?」

三葉「うん」

津田「柔道で使えるの?」

三葉「うーん」

三葉「多分使えないね」

津田(理不尽すぎない?)

畑「ほぉあ〜」パシャパシャ

畑(床に伏せられている津田副会長、その上に跨っている同級生の口元には謎の白い液体!)

畑(ナニも起こらない筈もなく…)※何も起きていません
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 11:49:14.75 ID:8iJugQfJ0
三葉「うーん…技をかける所までは良かったんだけどなぁ」

三葉「やっぱり見てるだけじゃお腹の足しにならないよ〜」

三葉「どうしよう」

>>13
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 13:36:37.34 ID:74P6hVI0O
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 13:36:59.18 ID:zS3V6rWI0
魚見に相談
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 14:53:37.11 ID:8iJugQfJ0
三葉「そうだ!ウチの生徒なら無理でも英綾高校の人達なら答えてくれるかも!」

三葉「英綾ってウチとは違って元々共学だったらしいし…」

三葉「…って思ったけど全然知り合い居ない…」

魚見「」スタスタ…

三葉「あっ!今のって英綾の生徒会長さん!?」ガタッ

三葉(前タカトシ君と仲良く話してたし案外相談に乗ってくれるかも〜)バキッ

三葉「ありゃ…何故か分からないけど机の角折っちゃった」シュゥゥ

魚見(とてつもない殺気を感じる…)

三葉「あの〜すみませーん!」ドドドド

魚見「!!??」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 16:02:37.63 ID:8iJugQfJ0
三葉「すみません。わざわざ時間を割いてもらっちゃって」

魚見「構いません。たまたま通りかかっただけで今日は特に用事があって来たわけではないので」

三葉「それなら良かった〜」

魚見(応じないと殺されそうでしたからね)

魚見「それで…私に聞いて欲しい話とは?」

三葉「実は…」

三葉「男の子をおかずにしようとして困ってるんです!」

魚見「ほうほう」キラキラ

三葉「でも上手くイケなくて…」

魚見「ふむふむ」

魚見「つまり、オナコツを貴方にご教授すれば良い訳ですね」

三葉「ん、あぁ…そういう事です?」

三葉(おな骨ってお肉にあったっけ…軟骨の言い間違い?)

三葉(流石に生徒会長となると会話のレベルが高いなぁ)

16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 16:19:43.64 ID:8iJugQfJ0
魚見「それで…肝心のお相手は」

三葉「同級生の津田タカトシ君です!」

魚見「なっ…!?」

魚見「タカ君ってば思っていた以上に鈍感な生粋のハーレム主人公だったんですね…」

魚見「こうもライバルが多いとは…」

三葉「た、たたっタカ君!?」

三葉(愛称で呼び合う仲…!)

三葉(私が未だかつて辿り着けていない境地…)

三葉「あっあのタカトシ君とはどういった関係で…」

魚見「えっ…そうですね一言で言えば…」

魚見「ラブラブな恋b
バキバキッ

三葉「あっすみませんつい力んじゃって」

魚見「つい力んじゃって机折っちゃった!」

魚見(このご時世なも滅多に居ない…)

魚見(天然淫乱暴力系ヒロイン…!)

魚見「三葉ムツミちゃん…恐ろしい娘…!」

三葉「???」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 16:38:42.00 ID:8iJugQfJ0
三葉「それで….さっきの話なんですけど」

魚見「え…あぁ、はい」

魚見(あまりふざけて刺激してしまうと私の身も持たなそうですしここは正直に…)

魚見「とっても仲良しな姉弟と言った所でしょうか」

三葉「き、姉弟!?」

魚見「先日私の姉とタカ君のお兄さんが結婚しまして…一応義理という形ではありますが」

三葉「お、お義姉様と呼んでもいいでしょうか!?」

魚見「ダメよお義姉ちゃんと呼びなさい」

三葉「はい!お義姉ちゃん!」キラキラ

魚見(かわいい)

三葉「タカトシ君でお腹一杯にしたいです!」

魚見「お義姉ちゃんに任せなさい!」ドンッ

>>19
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 17:18:32.68 ID:VAYLqk/n0
ウオミーなら4コマ目で「というわけで半裸写真をねだりに来ました」と津田に直球で言えそう
そして「ヒマなんですね?」などのツッコミを入れられるのだな
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 18:07:59.39 ID:spyP4+dLO
コトミを懐柔する
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 18:09:45.64 ID:Six+wt2DO
義妹を売るなw
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 20:34:56.43 ID:8iJugQfJ0
魚見「という訳でコトミさん、貴方の力をお借りしたいのです」

コトミ「あ〜三葉さんだ!」

三葉「こんにちは、コトミちゃん」

コトミ「いつもトッキーがお世話になってます〜」

三葉「あははコトミちゃんお母さんみたい!」

魚見「…」ワイワイ

魚見(姉妹である私よりも仲が良い…だと…!?)ガーン

魚見「これが1年間のブランクという奴ですか…」

魚見「ムツミちゃん、侮れない娘…」

コトミ「それで…何でしたっけ」

三葉「タカトシ君をおかずに体を満たされてたいの!」

コトミ「み、みたっ…満たされたい!?」

魚見「家族が増えるよ」ガッ

コトミ「やったねウオミー!」ガッ

三葉「家族……???」
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 20:51:41.89 ID:8iJugQfJ0
三葉「でも…何度かやってま上手くイかなくてね…」.

コトミ「上手くイカない…?」

三葉「うん…」

コトミ「それは妙ですね…」

コトミ「ムツミさんはタカ兄の事好きなんだから一瞬でイケそうなんだけどなぁ」
三葉「ふぇっ!?///」

コトミ「トッキーから聞いてますよ〜事ある毎にタカ兄タカ兄って…」ニヤニヤ

三葉「いや!それは…その!昔助けてもらって…何というか尊敬の表し!?みたいな!そんな感じで…」

三葉「別に彼の事が…好きな訳…じゃ…///」

コトミ「なんだこの可愛い生物」

コトミ「ギャグ漫画の中に何故か迷い込んだ健全なラブコメヒロインみたいだぁ」

魚見「それじゃ私達が不健全じゃないみたいな言い方ですかーやだー」

コトミ「コレが…タカ兄の将来のお嫁さん候補…」ゴクリ

魚見「そして貴方の第二のお義姉さんとなる方です」

魚見「悪い話じゃないでしょう?」

コトミ「分かりました。是非とも協力させていただきます」

魚見「」ガシッ
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:11:14.72 ID:8iJugQfJ0
コトミ「それで具体的には何をしたらいいんですかね?」

コトミ「妹とはいえ私にも節度というのがありますし…」

魚見「アソコは節操が無いのに?」

コトミ「やだな〜私はれっきとした処女ですよ〜」

三葉(しょじょ…?ジョジョなら聞いた事あるけどなぁ)アハハ

魚見「そういえばムツミん、さっき何度か試したと言っていましたが…ナニを試したんですか?」

三葉「ムツミん!?」

三葉「えーっと…」

三葉「タカトシ君の顔を見ながらおにぎりを食べたり…」ドンッ

コトミ「タカ兄の津口田煮を!?」

三葉「後地面に倒してパンを食べたりしました!」ドドンッ

魚見「タカ君のフランスパンを!?」

三葉「まぁこんな感じかと」

コトミ「予想の斜め上だった!」

魚見「まさか…私が留守中に水面下でそんなとんでもイベントが進行していたなんて…」

魚見「タカ君も隅に置けませんね、私も混ぜてくれればいいのに」ションボリ

コトミ「一応確認しますけどムツミさんってタカ兄とのが初めてなんですよね?」

三葉「え…まぁこんな事滅多にしないしね」

コトミ「はじめてにしてはハードル高いような気もするんだけどなぁ」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:35:06.57 ID:8iJugQfJ0
魚見「違いますよ、コトミさん」

魚見「彼女は今先を見据えて行動しているんです」

コトミ「といいますと」

魚見「想像してみてください。もし仮に彼女とタカ君が結ばれたとして…」


津田『ただいま〜』ガチャ

三葉(旧姓)『おかえり〜タカトシ君』

三葉『ご飯にする?お風呂にする?それともわ・た・し?』

津田『全部一気にお願いします』

三葉『ええっ!?』

津田『いやくたくただからご飯食べたい所だけど汚れてるから先にお風呂入りたいしでもムツミもエロいからそれ所じゃないし…」ムラムラ

三葉『.えっ….んっ….どうしよう…』



魚見「とまぁこんな無理難題を押し付けられる可能性が少なからずともある訳です」

コトミ「成る程…」
.
魚見「つまり!ムツミんはタカ君のお嫁さんとなった時のシミュレーションを行っているのです!」

魚見「タカ君にあんな事やこんな事やそんな事を要求されても応じる事ができるように!!」

コトミ「な、何だってー!?」

三葉(なんか凄い事を言ってるんだろうなぁ)
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:54:58.22 ID:8iJugQfJ0
コトミ「ムツミさんがタカ兄の事をそこまで想ってくれているなんて…」

コトミ「私、ハンカチもパンツもぐっしょり濡れちゃいそうです…!」グスッ

魚見「敵ながら天晴れ…いえ」

魚見「尊敬に値すらします」

魚見「経験が足りなければ力量で補う、素晴らしい考え方だと思います」

三葉「えへへ…そうですかね」

コトミ「そうですよ!」

コトミ「1本じゃ物足りないなら2本3本って穴を埋めていけばいいんですよ!」

魚見「多穴責め…そういうのもありですね」

魚見「ただし無茶は禁物ですよムツミん」

魚見「身体が壊れては元も子もありまさんから…」

三葉「いえ…無茶なんてそんな…」

魚見「その身体は貴方のモノだけじゃないんです」

魚見「大事な人の身体が傷ついたらきっとその人も悲しんでしまうでしょう」

三葉「…そう、ですかね」

三葉「タカトシ君も私が元気失くしたら…嫌なのかな」

コトミ「嫌に決まってるじゃないですか!」

コトミ「タカ兄にとってムツミさんはお気に入りなんですから!」

三葉「…お気に入りか…」

三葉「ふへへぇ…しょうかなぁ…///」

コトミ「尊い」

魚見「こんな義妹デキたら百合に目覚めちゃいますよ私」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:59:48.27 ID:8iJugQfJ0
魚見「さて…内容は大方把握できました」

コトミ「後はいかにしてタカ兄とヤレるかですよね」

コトミ「聞く限りだと不感症って訳じゃないとは思うんですけど」

魚見「きっかけが無いと難しいのかもしれませんね…」

コトミ「うーん…」

三葉「どうしたらいいのかな…」

>>28
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/26(木) 23:14:19.57 ID:Six+wt2DO
帰ってきたとこを三人で無理矢理
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 00:02:24.55 ID:RGvx+Kal0
ネネえもんにいい発明品があるか聞きに行く
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 01:58:48.93 ID:v0NJ1BAp0
魚見「そうだ、轟さんに何かイイモノを開発してもらうのはどうでしょう?」

三葉「いいもの?」

コトミ「どんな人なんですか?」

魚見「轟さんは桜才学園でも随一の発明者です」

三葉「確かロボット研究部に入ってたような…」

コトミ「へー凄いんですね!」

魚見「アッチ系の方もそれはもうすっごい事になってますよ」

魚見「私も度々彼女にバイブを特注してもらうくらいですから」

コトミ「おほぉ〜」

三葉(バイブ…?パイプ管の事かな?)

魚見「善は急げです。ダメ元で訪ねてみましょう」ガタッ
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 02:28:14.84 ID:v0NJ1BAp0
魚見「という訳で轟さん」

魚見「どうにか薄い本みたいな展開になるような発明品は何かないでしょうか?」

轟「そういう事なら任せてください!」

轟「最近出来立てホヤホヤの新作があるんです!」

魚見「ほう」

魚見「おめでたですね」

コトミ「おめでたです!」

轟「元気な男の子ですって」

三葉(発明品じゃなくて男の子なの…?)

魚見「して…その子はどういったモノで…」

轟「ふふふ…その名も…」

>>32
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 02:59:28.81 ID:S6unoYqDO
媚薬くんFSX
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 03:07:10.60 ID:Mj3+QZVa0
勃起不全解消メカ・びんびんテクノブレイカーZZ(ダブルゼータ)壱號機
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 13:34:10.74 ID:v0NJ1BAp0
魚見「もう名前だけで3回はイケそうなものをまた作りましたね」

轟「それ程でもないですよ〜」

三葉「ただの帽子にしか見えないけど…」

轟「説明しよう!このテクノブレイ君は被った男子の脳に特殊な電波を送りドーパミンを活性化して強制的にイかせちゃう優れものなのだ☆」

魚見「な、なんて恐ろしいモノを…!」

コトミ「こんなものが出回ったら性π戦争が始まっちゃうよぉ…」ガタガタ

三葉「うーんよく分からないけどこれを男の子に被せたら凄い事が起こるって事?」

轟「そうよ」

魚見(こ、コレを使えば今すぐにでもタカ君と既成事実を作る事ができる…)

魚見(ムツミんには悪いけどやっぱりこの帽子は私g
三葉「早速試してくるね!ありがとネネちゃーん!」ダダダ

轟「はーい」

コトミ「おー速い速い」

魚見「私とタカ君の子作りオペがぁ…」グスッ
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 13:54:35.90 ID:v0NJ1BAp0
津田「今日も疲れたな〜」

津田「早く家帰って休みてぇ」

三葉(しめしめ…今はタカトシ君しか教室に居ない)ヒョコッ

三葉(チャンス!)

三葉「ねぇねぇタカトシ君!」

津田「ん、三葉じゃん。部活は?今日休みか」

三葉「うん!」

三葉「タカトシ君ちょっとコレ被って」スッ

津田「え、何これ」

三葉「被ると元気が出る帽子」

津田「…因みに誰から貰ったのこれ」

三葉「ネネちゃんから!」

津田(またロクでもないモン押し付けられてんな…)

三葉「ね、被ってみてよ」

津田「えっ…いや…」

三葉「…」ジー…

津田「分かったよ付けるから…」

三葉「ホントッ!?」

津田「…見た限りおかしな所は無さそうだけどな」キュッ

津田「どうかな」

三葉「おー!似合う似合う!」

35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 14:37:23.17 ID:v0NJ1BAp0
津田「んっ…なんかちょっとクラクラしてきた…」フラフラ

津田「痛っ」ドサッ

三葉「あ、大丈夫?タカトシ君」

津田「いてて…尻もちついちゃっ…」

津田「……」

三葉「怪我してない?」

津田「あっいや…別に…///」

三葉「ん〜?なんか顔真っ赤になってるよ?」

三葉「風邪かな?」ピタッ

津田「っ!?///」

三葉「うーん…熱は無さそうなそんな事無いような…」

津田(近い近い近い近い近い近い)

三葉「…あっ!ごめん!顔近づけすぎちゃった!///」

三葉「ごめんね!」アセアセ

津田「……///」

ジワ~

津田「!?」

三葉「ん〜?なんか変な臭いが…」

津田「ご、ごめん俺帰るから!」

津田「これ返しといて!」スッ

三葉「え、あ、うん!」ダダダ

三葉「……ん?」

三葉「なんか床にシミが…」クンクン

三葉「…イカスミのにおいだ!」

36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/27(金) 14:42:49.22 ID:v0NJ1BAp0
三葉「この前タカトシ君の持ってたイカスミ、いい匂いだったな〜」

三葉「でもイカスミって普通黒いよね?その割には綺麗な色だったような…」

三葉「あの帽子もネネちゃんはもう使えないって言ってたし…」

三葉「うーん、あのイカスミの正体を知りたい!」

三葉「アレをご飯にかけたらきっと美味しくなるぞ〜」

>>38
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 14:52:30.44 ID:RGvx+Kal0
胸チラで誘惑する
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/27(金) 15:04:11.41 ID:9Ol979qqO
あててんのよ作戦で誘惑する
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 23:35:47.20 ID:asOJh3lK0
中里「何考え込んでんの?主将」

三葉「ん〜?」

三葉「どうやったらタカトシ君のイカスミを飲めるかなって」

中里「あんたはこっち側の人だと思ってたのに…」

中里(いやまぁ…積極的になったと思えばある意味成長したのか…?)

三葉「ねぇ、どうすればいいと思う?」

中里「え、いや…イカスミね…イカスミ」

中里「要するに興奮させればいいんでしょ?」

三葉「…?興奮させたらくれるのかな?」

中里「あんたは男子に人気あるんだし攻めりゃ行けるでしょ」

三葉「ほぇ〜」

中里「私の言った通りにやってみな」

三葉「うん」

中里「」ゴニョゴニョ

三洋「うんうん」

40 :※席は隣って設定でオナシャス [saga]:2020/11/30(月) 15:39:27.96 ID:sn3iu5fC0
三葉「ねぇタカトシ君」

津田「な、何?三葉」

三葉「今日古文の教科書持ってくるの忘れちゃったから一緒に見させて!」アセアセ

津田「何だ…そういう事なら」

三葉「本当!?ありがとう!」パァァァ

津田「…」




津田「…ん〜…」

三葉「」ジー

津田「み、三葉、これはちょっと近すぎ…」

三葉「ごめん。ちょっと漢字が見づらくて」

津田「いやそれにしたって…」

津田「っていうかその、腕に…胸が当たって…///」

三葉「…」チラッ

津田「っ…」

三葉「ねぇねぇタカトシ君」ヒソヒソ

津田「?」


三葉「当たってるんじゃなくて当ててるんだよ?」

津田「!!???」

41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/30(月) 15:54:10.07 ID:sn3iu5fC0
キーンコーンカーンコーン


三葉「あーやっと終わった!ありがとねタカトシ君」

三葉「教科書見せてくれて」

津田「…あ、お…うん……//」ガタッ

スタスタ

萩村「…?」

萩村(津田の奴顔真っ赤にしてどうしたんだろ)チラッ

三葉「」クンカクンカ

萩村「」

三葉「うーん今日はそこまでイカスミの匂いしないよ〜」ションボリ

萩村「何やってんのアンタ…」
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/30(月) 16:31:53.76 ID:sn3iu5fC0
三葉「この前は結局イカスミの匂い嗅げなかったよ…」

三葉「毎日学校に持ってきてる訳じゃないのかな」

三葉「うーん困ったなぁ」

>>44
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/11/30(月) 16:33:48.81 ID:js1ZjU6jO
44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 16:34:13.44 ID:ZFQ3nMSQ0
下着姿を晒す
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 23:34:44.02 ID:mp29vhXRO
中里「ん、三葉?」

三葉「あ〜チリちゃんじゃん」

中里「副会長のイカスミは堪能できましたか〜?」

三葉「んーん、もってなかった」

中里(持って…溜まってなかったって事?)

三葉「どうすれば持ってるタイミングを狙えるのかな」

中里「そりゃまぁあんた……ちょ、直接聞けばいいんじゃないの?」

三葉「う、うーん…自分から言うのはちょっと恥ずかしいな」

中里(でしょうね)

中里「分かった分かった、日頃頑張ってくれている主将のために私達が一肌脱いでやるよ!」

三葉「達?一肌脱ぐ…?」キョトン
24.05 KB Speed:0.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)