麦野「好きな男を攫って物にするのは暗部の常識でしょ」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:36:47.62 ID:Or8qE2Zw0
■麦野
アイテムが解散して半年。
薄情な物で、あれから仲間にはあってない。浜面は新しい仕事を見つけたみたいで、それに専念してる、畜生。

私は何もする気が起きなくてニートしてる。まあ、幸い金はあるしね。
あんだけ殺しまくっているの人間に、まともな仕事なんて就けるわけないし、使えないわね私って。

正直分かっていたとは言えアイテムと浜面って、本当に大切な物だったんだね。


なくしてから気づくなんて、ありきたりで本当に馬鹿ね。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1606397807
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:37:40.17 ID:Or8qE2Zw0
浜面が事故ったって聞いて、体に雷が落ちたような気分だった。
事故で浜面の名前を聞いた時、体中から汗が出た。

気持ち悪い感情と、悪意と、憎悪と、愛情とか、よく分からないけど、それが一辺に来た。

そうしたら記憶は無いけど、病院にいた。
多分、記憶がぶっ飛んでるぐらい急いで、調べたんだと思う。後から気がついたら車に乗ってた。私、免許持ってないわよ。

そして、浜面に会った。

「………!?……よう」
浜面は全身包帯が巻かれていた。それに傷だらけだった。痛々しい。
私もあれぐらい傷を負わせたことはあるけど、他の人間がやったなら別……!

「なんだ元気そうじゃない」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:38:19.08 ID:Or8qE2Zw0
「悪かったな」

「どうしてここに?」

事故のニュースを見たのよ。冷やかしに来てやったの

こんなやりとりが懐かしい。嬉しい。楽しい。
悪態をつき、戯れあい、触れ合う。バカバカしい日常。幸せだったんだね、私。

「悪いけどお見舞い品なんてないわよ。近くによっただけなんだから」
何言ってんの私。
さっき、言ってることが違うじゃない

「そーかよ」
残念そう…。花でも買えば良かったかしら?でも浜面、花なんか分かんないだろうし……。
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:38:47.11 ID:Or8qE2Zw0
滝壺は?

「あいつも入院。俺ほどは酷くないけどな」

ふーん

「しばらく寝てる……能力も使えないって……」
「……」

それから売店で林檎を買って、浜面に林檎を剥いてあげて帰った。
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:39:22.28 ID:Or8qE2Zw0
帰り道…。

歩いてると、それで分かったんだよね。
私って頭いいからさ、そういう悪事にも頭がよく働くのよ。
一緒にいる時は常に滝壺に妨害されてさ。何回か浜面を犯そうとしたら、止められたんだよね。

ガチでやれば私の方が勝つけど、滝壺なら浜面を殺して自分も死ぬわね。

そういう危険に満ちた関係だった。
変な生活してたなー私たち。


まあ、要するに…………浜面のガキ、欲しいって___。
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:40:04.02 ID:Or8qE2Zw0
だから病院の医者と看護師を買収して、病室に忍び込んだ。

夜の病室はがらんっと静かだった。
浜面は寝ていた。
ルームシェア時代も隠れて寝顔を見たけど、間抜け面よね。そこが可愛いんだけど。

「………んっ」
キスをする。乾燥した舌を舐める。味はしない。でも浜面の匂いがする。
服を脱がす。
浜面の肌には傷があった。
あいつの傷を見る。足、手、腹、胸、頭に痣と傷がある。

「………」
なんとも言えない。
私の感情は哀惜なのか、嗜虐なのか、慈愛なのかも分からない。
解説するなら、「浜面が死ぬ前にヤって子孫を残したい」というのが一番近いんだと思う。

浜面に触る。結構でかい。
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:41:08.66 ID:Or8qE2Zw0
「風呂とかどうしてんだろ?臭いかな?」
浜面の下着を下ろした。
意外に清潔で、匂いもそんなにしない。

「こういうのって看護師が拭いてるかしら?」
むかつく。他の女に触らしたかしら?私の物なのに。

「んっ…」
浜面の吐息…。肉汁の音…。病室は淫靡な音色が流れていた。

「すごい……」
私は興奮していた。
私は下着を脱ぐ。
一応勝負下着だけど意味ないわよね。後で見せてあげるね、浜面。
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:42:17.14 ID:Or8qE2Zw0
「じゃあ、行くわよ」

「浜面。大好き」

キスしてやった。
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:42:59.55 ID:Or8qE2Zw0
■絹旗
学園都市が超一新されました。
統括理事も逮捕、起訴。暗部なんてやったのも超暴露されて物凄い超大騒ぎになりました。
私たちも起訴されました。
でも、未成年だったのといい弁護士のおかげで起訴猶予処分でした。

何人も超ぶっ殺してこれで済むとか何なんでしょうか?

まあ、超当然ですが「アイテム」は解散。
私も超無職です。
そういうことで学校に超戻ることにしました。

まぁ、分かってたけど超つまんないですね。

普通の学校。普通の生徒。普通の教師。
こんな場所で超人殺しの私が超合うわけないです。
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:43:41.00 ID:Or8qE2Zw0
ということで一ヶ月も経たずに超不登校です。仕方ありませんね。

暗部時代はともかく、アイテムは超良かったんですね。
みんなで、わいわいやってて麦野も、滝壺さんも楽しかったです。

それに浜面……。
超悔しいですけど、浜面がいた時が一番超楽しかったです。
映画に超付き合ってくれて、食事に超付き合ってくれて、ドライブに超付き合ってくれました。
下っ端だから超ノーカンだと思ってたけどあれは…で、デートですよね。
超……楽しかったです。

超離れて分かりましたが、私は、浜面のことが超好きだったんですね。
まあ、麦野みたいに露骨に超犯そうとはしてませんけど。

だから会いたいって、超連絡とったんですが、シカトされてます。
浜面の癖に…。
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:44:19.46 ID:Or8qE2Zw0
もう、やる気も超起きません。

そう思って、テレビをずっーと超見てました。
そうしたら浜面が超事故にあったっていうニュースが流れました。

…………。
なんというか、超言葉にできませんでした。
絶望という奴でしょうか。頭が超真っ白になりました。気がついたらフラフラとした足取りで病院に超向かいました。

「絹旗……」
「……!なんだ超元気そうですね」
久々の浜面の顔です。間抜け面で、馬鹿面で、エロ面です。
そんな顔に超安堵しました。

「事故ったから超冷やかしにきました」

「なんだよ。お前」

「ふふ…浜面は超浜面ですから」
超懐かしいやりとりです。浜面の掛け合いが超嬉しいです。
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:45:07.64 ID:Or8qE2Zw0
それで話している内に体の奥がじんっ、となりました。
体の芯から浜面を超求めています。
やばいですね。超女になった、というのはこういうことでしょうか?

でも一応顔に出しません。メールの件もあります
ところで私のメールを超無視するとはいい度胸してますね

「メール?何のことだ?」
え…?

…………。
メール超届いてない?そんな訳ないですよね。
まあ滝壺さんが超消してそうですね。それを超考えて無かったです。思えば浜面が超無視するわけないです。

エヘヘ。………。なんでこんな超嬉しいんでしょうか?

「滝壺さんは?」

え?入院?超意識がない…?
………
それから浜面とお菓子を一緒に超食べました。
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:45:35.43 ID:Or8qE2Zw0
私は超暗部ですね…。

だって滝壺さんが意識不明で超嬉しいんですもん。
だって浜面が超一人きりなんですもん
だって浜面を超犯せるんですもん。

暗部でまともな恋愛なんて、超ありませんからね。

強姦とか略奪愛ばかり。男も女も超関係なく。
幸い私達が女だらけのグループだったから、そういうのはありませんでした。
女だらけだと、男を超排除したくなるんですよね。どうしても。

まぁ、こんな気持ちになるのは、隙を見せた浜面の超責任ですからね。

その夜に医者と看護師を超買収して、浜面の部屋に超忍び込みます。
用意は超周到です。シャワーも浴びました。
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:46:23.31 ID:Or8qE2Zw0
「………」
超寝ている浜面がいます。
超間抜けですね……いつも十倍超間抜けです。でも。癒されます。

キスからしてあげますよ。
ん…。
……

なんかいいです…。

これ、ん…ちゅつ…。
ちゅ…んんっ

えへへ…ファーストキスでした。

超いい体ですね。
抱き心地がいいです。
クマみたいにしっかりしていて、超甘えやすいです。

「じゃあそろそろ超行きますか」

お願いしますね、浜面。
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:52:01.01 ID:Or8qE2Zw0
■フレンダ
私は生き残った。結局、なんでも私が必要だったと言われたって訳よ。
目覚めるまで色々なことを聞いた訳よ。

麦野のこと、浜面のこと、滝壺のこと、絹旗のこと、フレメアのこと、暗部のこと……。結局、もう山済みで頭が追いつかないって訳よ。
結局、一番驚いてるのは滝壺と浜面は付き合ってることかもね。

それにしても第一位が統括理事長になってるのは驚いたって訳。

「お前の力が必要だァ。手を貸せェ」
それで目が覚めていきなり言われた。結局、こいつ何様のつもりって訳?

「断るならお前の命はねェぞォ」

おいおい、マジって訳。まあ、やることもないし、仕方ない、手伝ってあげるって訳よ。
元第一位に逆らえないし。
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:52:36.93 ID:Or8qE2Zw0
「雑用はこいつを使え、俺の秘書だァ」
「よう…」
もっとびっくりしたのが浜面は統括理事長秘書になってたって訳よ。
こいつが秘書?と思ったけどパシリなら浜面よね。何だかんだで使えるし。



私の仕事は人脈の構築と下調べ。
戦力になる反暗部の能力者の確保。反統括理事長及び学園都市グループの調査。暗部達の調査……って多すぎるわ!

あのモヤシ!鬼畜!ブラックすぎるって訳よ!


「それで?あいつの目的って何なの?」

「暗部の解体だとよ」
暗部…!?マジって訳?
うわぁ…やばいことやるって訳よ。
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:53:29.34 ID:Or8qE2Zw0
ん?アイテムはどうなるって訳?

「同じだ。暗部は全部滅びる。」

それ…やばいくない?アイテムを裏切るんでしょ?

「もう決めたことだ」
いやぁ…こいつマジって訳?色々あって和解したのは聞いたけど……。

はぁ…しょうがないって訳よ。何かされたら呼んでって訳よ。
結局、フレメアのお礼って訳よ。

しばらく経った。
私が正式に「統括理事」に就任した。

まぁ頑張って暗部共を潰した甲斐はあったって訳よ。

でもその報いでこれは予想外。

浜面が事故に合った。
調べたらどうみてもテロだった。浜面は重要人物。狙われてもおかしくない、
不味かった。
完全に盲点を突かれたって訳よ。

急いで見舞いに行った。一応、同僚だし?私の責任でもあるって訳よ。
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/26(木) 22:54:03.15 ID:Or8qE2Zw0
それ以上に驚いたのは浜面が死にそうになって、結局、こんなに精神がおかしくなりそうなことって訳よ。
結局、あいつが私の優先度を爆上げしてたって訳よ。
手と足が凄い震えた。結局、だから急いで病院に行ったって訳よ。

「……よう」

「……元気そうって訳ね」
呆れた。心配した私の気持ち返せって訳よ。
こう言ってるけど背中は汗だらけ……匂いとかしてないといいけど……。

「滝壺は?」

「意識不明…問題はないけど…」

「…」
その後浜面と与太話を話して帰った。
25.78 KB Speed:0.1   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)