このスレッドは1000レスを超えています。もう書き込みはできません。次スレを建ててください

【ダンガンロンパ】俺「安価でコロシアイ学園生活を生き残る」part12

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 14:39:48.89 ID:kOPp3MVTO
ダンガンロンパ安価コンマスレ


前スレ
【ダンガンロンパ】俺「安価でコロシアイ学園生活を生き残る」part11
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602682340/



・デスペナ無し
・学級裁判の活躍度によりチャプタークリア毎に特典が有ります

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1606541988
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 15:11:20.82 ID:UCexH63O0
たておつ
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 15:41:59.33 ID:hNAaqWPYO
今の場所続けても意味無いし早速巻き戻しつかわせてくれ
次の目標も決めたいし質問タイムも欲しい
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 16:09:05.76 ID:q8XxZlmdO
前スレ1000(巻き戻し権利)


巻き戻し権利を使いますか?
1使用する(質問タイム挟みます)
2使用しないでこのまま行く


多数決下3まで
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 16:14:27.12 ID:IrIiYDFnO
1
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 16:40:00.19 ID:xcLK85uRO
1
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 16:51:20.86 ID:SbRzDNv4O
巻き戻し権利を使います


19時半辺りに再開場所決め
それまで何か質問有れば
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 16:57:56.17 ID:IrIiYDFnO
最後の章の裁判苗木に投げなかった場合コンマ判定どんな感じですか?あとエンドに変化あったりしますか?
裁判終わった後に江ノ島に声かけるためのフラグってなんですか?
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:06:58.64 ID:QzQmV+4PO
まどマギかこれの二択しか無いの?
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:11:01.99 ID:IrIiYDFnO
前回の俺君の才能は結局なんだったの?
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:17:45.80 ID:7fRd4zsk0
どうして下3までになったの?
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:21:09.98 ID:7fRd4zsk0
俺君が希望になってたらエンディングも変わってたの?
六章の自由行動はどう動くのが正解だったの?
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:22:54.84 ID:+4F89bRUO
梯子登った時の高コンマでセレスと会話したのはなにかメリットあったの?
霧切さんの父親の話聞けなくなってたけど
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:30:16.40 ID:IrIiYDFnO
十神に殴りかかったときに最高コンマで腐川の好感度上がるけどこれって追いかけられるターゲットが俺君になるってことですか?
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 17:31:45.08 ID:7fRd4zsk0
十神クロルートで舞園さんが曇るのは絶対なの?
回避できないの?
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 18:10:22.54 ID:lCW3yv8V0
・11スレの685の霧切の話したい事と聞いて欲しい事とは?ここで会話すると後の展開にどんな変化がある?あとこの時のセレスとのコミュのメリットとデメリットは何?
・11スレの461の選択肢2の結果
・11スレの689の選択肢2の結果
・11スレの712の選択肢2,3の結果
・11スレの726の選択肢1の結果
・11スレの752のフラグはどこでどうやったら立てられる?
・11スレの834で絶望伝染判定ありとあるが、具体的なコンマは?あとこれは苗木から絶望が伝染するってこと?もし同スレ726で一緒に捜索してれば伝染判定なかった?
・11スレの866の選択肢1,3の結果
・11スレの881の選択肢2,3の結果は?選択肢によっては俺君希望√あり?
・11スレの484でこれ以上関係進展しないと判明したけど、霧切単独ルート(他の女の子の妨害が入らない、俺君がクズ化せずに好感度が10になる、脱出end)の場合、どの場所に戻るのが最短で、そこからどう進めるのが正解?また最速の場合どの時点で好感度10になる?
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 18:13:01.28 ID:MQHsTCyOo
この巻き戻りって一周目の任意の場所に戻れるの?
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 18:17:06.19 ID:G6EJN+WrO
戻り先なんて最初からかダブルヒロインか十神クロルートのどれかしかないよね?
どこに行くの?
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 18:17:20.19 ID:IrIiYDFnO
舞園さん単独ルート行くにはどこに戻ればいいんだっけ?
20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 18:56:04.23 ID:WWC+gxhRO
すみませんやはり場所決めは20時頃に変更させて下さい

>>8
俺選択肢で説得or好感度でコンマ判定(成功する度にコンマ判定時は10%上乗せ)
若干あります
6章までにエピローグて集めた江ノ島フラグが必要です
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:03:35.25 ID:Wtlirm5m0
エピローグの江ノ島フラグって特別なことしなくても裁判で活躍したら選べるの?
22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 19:07:10.75 ID:WWC+gxhRO
>>9
ありません

>>10
何も条件を満たさなかったので不明のままです

>>11
1が戻るまでになかなか埋まらないことが多くなったので

>>12
若干変わります
最後に目指す物は同じでしっかり卒業はできたので特に不正解等はありません

>>13
捜索時の選択肢次第でセレスの希望が手に入る可能性があります(※俺説得じゃ無い場合関係無し)
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:07:50.32 ID:7fRd4zsk0
江ノ島フラグって例のモノクマエピローグのこと?
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:08:19.88 ID:0fB7fqUao
才能が判明する条件は?
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:11:22.74 ID:Wtlirm5m0
男キャラの友情ルートとかあるの?
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 19:39:07.87 ID:WWC+gxhRO
>>14
その可能性があります

>>15
霧切とイチャつかなければ
但し舞園とイチャつけば霧切の好感度が下がります

>>16
父親との事、霧切家の事。一人で捜査した場合確実に霧切の希望が手に入る。上で答えた通り
やった通り
エンドに影響
2変わらず3多数の好感度低下
30以下を出すまで永遠に捜査できる。希望は手に入らない
霧切と梯子を登りながら会話
俺に絶望が伝染、40%。あります
コンマ、コンマ
1俺が希望になり皆んなを説得、3コンマ次第で別ENDへ
舞園を曇らせたく無い→最初から。舞園曇っても良い→4章霧切告白後
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:39:24.65 ID:CaWfXcZNO
8スレの348でダブルヒロインルート
7スレの398で十神クロルート
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:44:57.02 ID:7fRd4zsk0
>>26
11の881の3からの別エンドってどんなの?
俺君が絶望の仲間入り?
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:47:23.64 ID:Wtlirm5m0
江ノ島フラグって全部回収しないとだめなの?
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:48:46.79 ID:NqFLWqRcO
下3にしたら変な選択肢選ばれやすいので下5に戻してもらうことはできませんか?
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 19:49:22.94 ID:WWC+gxhRO
>>17
戻れます

>>19
1章エピローグ

>>21
2章以降の一瞬でも俺が過去の記憶を思い出した事がある状態でエピローグモノクマ選択

>>23
そうです

>>24
劇中に特定の行動を数回取るor特定のエンディングに辿り着く

>>25
一応有りますが女キャラ説得は基本苗木任せになります
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:50:13.21 ID:LSxwarEQO
下三でも埋まるのに三十分以上かかってるしそのままで良いと思うけどな
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:53:04.65 ID:NqFLWqRcO
>>31
特定の行動ってなんぞ?
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 19:53:07.58 ID:WWC+gxhRO
>>28
それに近いです

>>29
全部じゃなくても構いません

>>30
埋まりにくい朝昼は基本3のまま。夜や重要な選択肢は下5に戻します
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:54:28.80 ID:Wtlirm5m0
江ノ島フラグって全部集めなかった場合コンマ判定?
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 19:56:39.38 ID:7fRd4zsk0
ダブルヒロインに戻りたい人はどれだけいるのかな
37 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:00:06.94 ID:NqFLWqRcO
最初に戻っても仕方ないのでダブルヒロインにしてみるか
38 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:03:06.84 ID:WWC+gxhRO
>>33
例:泥棒しまくり→大泥棒
女口説き過ぎ→女たらし等

>>35
はい
39 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:13:13.68 ID:7fRd4zsk0
8時ころっていつだ?
40 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:14:06.83 ID:WWC+gxhRO
他何も質問無ければ15分後に場所決めます
41 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:18:17.09 ID:12FgnPp9O
一応完全クリアしたけど最初からやる場合何も特典無し?
42 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:18:30.78 ID:LSxwarEQO
舞園さん単独狙うかあ
43 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:19:33.17 ID:lCW3yv8V0
間違ってたらごめん
まとめると
霧切単独、舞園単独→1,2章から
ダブルヒロイン→4章から、2人との絡み増加、ただし最後は誰ともくっつかない
十神クロルート→霧切単独ルート、ただし舞園さんが曇る(和解は無理?)
全員生存→最初から
真ハーレム→2章から
でOK?

44 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:20:43.38 ID:7fRd4zsk0
>>43
真ハーレムは最初からだよ
エピローグで朝日奈選んでないし
45 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:21:22.54 ID:NqFLWqRcO
最初からでいい気がするけど
それならやり直しが勿体ない気がする
46 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:22:25.88 ID:7fRd4zsk0
真ハーレムやるには苗木が邪魔だから苗木はいない方がいい
苗木覚醒されたら無理だから
47 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:25:37.93 ID:LYE17M8A0
>>41
マンネリ化を防ぐ為に苗木有りの場合は一応俺の得意な事を最初に設定可能に、苗木無しの場合はゾロ目が全て99になるお祭りモードでやるの選択が可能になります

>>43
真ハーレムで戦刃を残したい場合は最初からです
48 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:26:17.28 ID:LSxwarEQO
じゃあ最初からで良いや
49 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:27:32.20 ID:7fRd4zsk0
全員生存目指すならお祭モード必須だろうな
50 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:28:16.71 ID:NqFLWqRcO
今回のお祭モードって急にアホな選択肢になるんじゃなくて
99になるんだね?
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:29:16.09 ID:LYE17M8A0
>>50
そうです
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:29:45.57 ID:7fRd4zsk0
ゾロ目だしてカミーユが仲間にならなかったのは酷かった…
53 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:30:43.86 ID:7fRd4zsk0
ダブルヒロイン誰も狙ってない感じ?
54 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:35:31.37 ID:Ih0tSJXSO
スーダン2や絶対絶望少女へのルート無いの?
55 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:38:29.33 ID:NqFLWqRcO
単独ルート狙うかぁ…
56 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:40:03.15 ID:7fRd4zsk0
しかし相変わらず時間にルーズだな
57 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:40:08.95 ID:LYE17M8A0
>>54
スーダン2→タイムマシンで過去編、もしくは特定のエンディングに行った場合のみアイランド参加
絶対絶望少女→苗木とコミュ3回以上必須
58 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:41:09.76 ID:Wtlirm5m0
質問がなかったら15分後って言ってたからセーフ
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:42:29.27 ID:lCW3yv8V0
ルートあるんかーい
2も絶女もやってたのか
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:42:55.26 ID:LYE17M8A0
これ以上何も質問無ければ5分後に場所決めます(※単発無しで
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:43:09.26 ID:Wtlirm5m0
エンドで描写があるだけのような気が
62 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:43:36.21 ID:LSxwarEQO
一応回避
63 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:44:26.20 ID:NqFLWqRcO
つーか最初から以外選ぶ人いる?
64 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:44:49.30 ID:Wtlirm5m0
最初からお祭りで全員生存狙う
65 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:46:38.65 ID:xOjwbM5nO
お祭りで全員生存まで周回以外ありえるか?
66 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:46:49.77 ID:uwGgsVEQ0
単発回避
67 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:04.10 ID:7fRd4zsk0
単独ルート狙いはあるんじゃない?
68 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 20:47:18.37 ID:LYE17M8A0
>>61ENDで描写→そのままこの物語の続きをやるかの選択肢になります

やり直し場所を決めます

指定が3回被った場所からやり直します(単発無し)
69 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:28.30 ID:LSxwarEQO
最初から
70 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:29.23 ID:Wtlirm5m0
最初から
71 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:32.95 ID:NqFLWqRcO
全員生存なら最初にオーガだぞ
忘れるなよ
72 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:42.39 ID:7fRd4zsk0
最初から
73 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:47:53.26 ID:NqFLWqRcO
はえーなw
74 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:49:04.05 ID:YDbEZXwYO
エンディング見た後に最初からやればやり直し使わず済んだのでは…?
75 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:49:23.16 ID:LSxwarEQO
そのままスーダン行けるんか
だったらある程度ダンロン楽しんだら狙ってみよう
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:49:57.05 ID:YDbEZXwYO
霧切さんの好感度高くないと隠し部屋教えてもらえないことも忘れるなよ!
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:50:44.65 ID:YDbEZXwYO
舞園は生き残らせるだけならコミュ0でもいいらしいし
一度も関わる必要ない気がする
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:53:21.38 ID:7fRd4zsk0
大神江ノ島やったら後は霧切の好感度稼ぎながら不二咲コミュ稼ぐ形になるか?
セレスはどのくらい必要だったか…過去に聞いた気がする
79 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:56:45.27 ID:LSxwarEQO
自由行動追加を誰に使うべきか
残姉か霧切か
80 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:57:30.55 ID:7fRd4zsk0
>>79
一章はリセマラ前提になるから使わない方がいい
無駄になる
81 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 20:58:30.16 ID:YDbEZXwYO
使うなら二章でコミュ回数足りない場合に富士咲、足りてたら霧切とかセレスがいいと思う
82 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 21:06:23.16 ID:LYE17M8A0
──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」


初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下5まで
83 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:07:39.32 ID:7fRd4zsk0
2
84 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:07:52.67 ID:YDbEZXwYO
2
85 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:07:57.41 ID:Wtlirm5m0
86 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:08:03.81 ID:vLWWa32JO
2
87 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:08:47.55 ID:Wtlirm5m0
お祭りモードでいいよね
88 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:09:02.59 ID:7fRd4zsk0
調べたらこれしか書いてなかった


24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/10/14(水) 20:15:04.82 ID:+gt5kHpWO
全員生存狙うには超高コンマ必要と前に言ってましたが
具体的には99か00取らないとダメですか?
仮にチャプター1で全員生存した場合2以降も高コンマ要求されますか?

>>824
苗木有りの場合は全て条件満たせば大神5%、残姉10%、舞園30%
1章が格段に難しいのを除けば4章までは楽です(5章は残姉次第だが苗木無しだとこれまた難しい、有りだと比較的簡単
89 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 21:09:19.02 ID:vLWWa32JO
>>87
うん
90 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 22:54:58.56 ID:LYE17M8A0
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下5まで
91 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 22:56:08.58 ID:0fB7fqUao
2
92 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:05:04.42 ID:0y0KnaGGo
1
93 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:05:25.42 ID:oP1TEVKz0
2
94 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:08:56.10 ID:6lx/621OO
1
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:09:10.95 ID:pZ/RIy7EO
1
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:09:22.86 ID:Wtlirm5m0
97 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:13:28.66 ID:Wtlirm5m0
いきなり邪魔が入ったな、これって章最初からやり直したら選択し直せるのか
無理なら裁判で4んで選びなおしたほうが良いな
98 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 23:24:06.84 ID:LYE17M8A0
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(効果: 77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
99 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 23:27:30.36 ID:LYE17M8A0
教室

俺「……う…ん?」パチリッ

俺(あれ…?いつの間にか机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ふわぁぁ……」

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(おかしいな。目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…!?かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「……。」

俺「オマエラ?手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やばっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の蛍光も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い大きな扉は?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館へ向かおう」スタスタ
100 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [age]:2020/11/28(土) 23:40:55.93 ID:qtT08rykO
加藤純一×もこうコラボ配信
(Youtubelive)

PS4、NS、Android、XB1、Steam

爆弾解除マニュアルゲーム
『Keep Taking & Nobody Explodes』

『爆弾解除するゲームをするwithもこう』
(23:17〜放送開始)

https://youtu.be/vM9Z7uv5Gfw
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/28(土) 23:53:25.55 ID:LYE17M8A0
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/28(土) 23:55:50.32 ID:Wtlirm5m0
はい
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 00:14:09.17 ID:uxOCFJND0
いきなりお祭りモードにされるの邪魔されて草
104 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/29(日) 01:15:21.43 ID:vg4CsykV0
コンマ32
体育館

俺(テレビとかでよく目にした事はあるけど、生で見るのは初めてだ)ジッ...

舞園「あ…どうも…」ペコリッ

俺「う、うん…」ペコリッ

俺(凄い。本当に人形のように可愛いんだな…)ゴクリッ

俺(これが超高校級のアイドル舞園さやかか…。流石だ…眩し過ぎる…)

俺「え、えっと…入学式って未だ始まらないの?」

舞園「そうみたいですね。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺「そうなんだ…。じゃあもう少ししたら始まるのかな…」

俺「俺達しか居ないし、何か変な感じだけど…」

舞園「そうですね…」

俺(とりあえず未だ時間もあるみたいだし、今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(俺って他の超高校級の生徒と違って只の幸運だからか、何気にこの中で浮いてるし…)

俺(…うん。早目に誰か話しやすい人を作っておこう)

俺(しかし、誰に話しかけてみようかな?)



1一番明るそうな女の子に話しかけてみる(朝日奈)
2風紀が厳しそうな男の子に話しかけてみる(石丸)
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの男の子に話しかけてみる(大和田)
4未だに辺りを観察している感じの前情報にも無い知らない女の子に話しかけてみる(霧切)
5他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
105 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:17:27.05 ID:0TdCmHOy0
1で
106 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:33:20.95 ID:8zISyrhs0
1
107 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:48:33.34 ID:BhKLxbEJ0
ここさくらちゃんじゃないんかい
108 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:51:51.48 ID:ol4DxwOT0
何の意見も出さずに、誰の意見にも沿わないように、安価だけ取っていく単発は
見たい展開があるのか、ただ邪魔したいだけなのか、それが楽しいかずっと疑問
109 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 01:52:09.17 ID:uxOCFJND0
お祭モードに入るの邪魔されてるしな…
全員生存なら大神一択
110 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/29(日) 14:17:02.65 ID:Qeml0waJO
体育館

俺(よし、一番明るそうな彼女に話しかけてみよう) スタスタ

俺「あ、あの…朝日奈…さん?だよな?」

朝日奈「うん?」クルッ

俺(彼女は朝日奈葵。超高校級のスイマーで小学、中学、高校と参加した大会で記録を全て塗り替え実力、容姿、プロポーション全てが揃ってて将来を期待されてる子…)

俺(って入学前にネットで書いてあるのを見た)

朝日奈「あー、えぇっと…名前、何だったっけ?」

俺「俺は俺。ここに来た才能は超高校級の幸運」

朝日奈「幸運!?凄いじゃん!運良いんだね俺って」ニコッ

俺「いや、まぁ皆んなと比べるとそんなでも無いと思うけど…///」

俺「…ってあれ?」

朝日奈「俺…俺っと。漢字はこれであってるよね?」スッスッ

俺「何してるの?」

朝日奈「あれ知らない?こうやって手に3回人の名前を書くと物を覚えられるんだよ?」

俺「あっ、そ、そう…」

俺(…ネットに書いてた通り、容姿もスタイルも良くて明るいが数分前の事を忘れるとかオツムの方は残念なのかもしれない)

朝日奈「あ、それでどうしたの?私に何か用?」

俺「あ、いや…大した用は無いんだけど、同じ新入生同士朝日奈さんとは仲良くなれたら良いなって」

朝日奈「えっ?勿論、仲良くしようよ!」手ギユッ

俺「あっ…///」ドキッ!

朝日奈「3年間宜しくね俺!」ニコッ

俺(異性に触るのに抵抗が無い感じの人なのか?急に握手されてビックリしたなぁ…)ドキドキ

朝日奈「いやあ、知ってる人とか居なくてちょっとだけあたしも緊張してたんだよね」ニコニコ

俺「それはお互い様だよ。こちらこそ宜しく朝日奈さん」

朝日奈「うん!」ニコッ

俺(よし、初対面の感触としては中々…。とりあえず明るい子みたいだし、彼女とは3年間仲良くやっていけそうだ)



朝日奈の好感度が4に上がった
111 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/29(日) 14:22:57.24 ID:Qeml0waJO
体育館

俺「それにしてもこれ、朝日奈さんはいったいどう言う状況だと思う?」

朝日奈「きっと特別な演出か何かだよ。特別な学校だしね」

俺「いや、そんな気楽な感じなのかな…」

朝日奈「ええ?違うの〜?」

俺「うーん…俺もよく分かんないけど…」

江ノ島「つーか、アタシの荷物何処行っちゃったの?いつのまにか携帯も無くなったし」スタスタ

俺「あっ、そうだ携帯だ!」スッ

周りの生徒達「!!」ゴソゴソ

俺「あれ?俺のも無いぞ…?」

山田「嘘!?ウソ!?」アタフタ

大神「我の携帯もだ。奪われたと言う事か…」

腐川「こ…こんなの監禁じゃない…!」

俺「監禁…?」

葉隠「そうシケタ面すんなって。どうせオリエンテーションか何かだろ。オレの占いがそう言ってるべ」つ水晶玉

桑田「マジで!?当たるのか?」

葉隠「オレの占いは3割当たる!」

腐川「た、たった3割!?」

葉隠「うっ…」ガクッ

俺「いったい俺達のこの状況を作り出した奴は何が目的なんだ?」

霧切「…。」 チラッ

スピーカー「」キイイイン!!

俺「…うっ?なんだ?」

『アー。アー。マイクテスト。マイクテスト。大丈夫?聞こえてるよね?』

俺(何だこの不快な声…)

『えー、新入生の皆さん。今から入学式をとり行いたいと思います』

葉隠「ほれ。これが希望ヶ峰学園流の歓迎だべ」

霧切「…いえ、そうじゃない」

俺「うん?」

モノクマ「」ピョンッ

俺(何だ?こいつ…)
112 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/29(日) 14:25:31.34 ID:Qeml0waJO
体育館

舞園「ぬいぐるみ…?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。僕はモノクマだよ!」

俺「…モノクマ?」

モノクマ「オマエラの学園の学園長なのです!宜しくね?」

俺「……。」

山田「ぬぎゃぁーっ!?ぬいぐるみが動いた!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃなくてモノクマなんですけど?学園長なんですけど?」

俺(…コイツがこの学園の…学園長?)

霧切「…。」

モノクマ「ではでは、進行も押してるんで。起立、礼。オマエラ、おはようございます」ペコリッ

石丸「おはようございます!」ペコリッ

腐川「ヒッ!?い、言わないでよ!?」

モノクマ「えー、オマエラのような才能溢れる高校生は、世界の希望に他なりません」

モノクマ「そんな素晴らしい希望を保護する為、オマエラにはこの学園内だけで共同生活を送って貰います!」

全員「「!?」」

桑田「はぁ!?」

俺「きゅ、急に何を言って──」

江ノ島「どう言う事よ!?」

モノクマ「えー、その共同生活の期限についてなんですが…その期限は有りません!」

全員「!?」

モノクマ「つまりオマエラは、一生ここで暮らすのです」

桑田「なっ…!?今なんつった!?」

不二咲「一生、ここで…」

モノクマ「まー心配しなくても、予算は豊富だからオマエラに不自由はさせないし」

舞園「ちょっと待ってください!そう言う事じゃなくて…」

江ノ島「つーか嘘でしょ!?」

俺「まさか教室や廊下にあった鉄板は、俺達を閉じ込める為…」

モノクマ「そう。だから幾ら叫んだって、助けなんて来ないんだよ」

俺(嘘だろ?…)
113 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/29(日) 14:30:25.38 ID:Qeml0waJO
体育館

セレス「その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握からだ)
3(……この中の誰か殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
114 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 14:40:55.14 ID:3UtTuCkrO
死にに行こう1
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 14:49:28.22 ID:YnDt3rVCO
1
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 15:49:39.00 ID:ol4DxwOT0
逆張りマン抱えて全員生存とか何回やり直せばいいんだか
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 16:54:23.47 ID:5enTNwTwO
2周目らしいから参加して好きにしてみようと思ったが既に流れが決まってるのかこの新規を受け付けない感じ嫌だな
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 17:22:11.18 ID:vK7i8RRlo
声のでかい奴が勝手に仕切ってるだけやで
119 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 18:39:09.14 ID:cfT9A/oK0
わざわざ他の奴らを納得させる必要ないけどさ
せめて「朝比奈単独見たい」とか一言くれよ
120 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 18:58:20.20 ID:Sv6Q4B1qO
別に流れなんて決まってないからお前が好きな選択肢を飛行機飛ばして奪いな
121 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 19:13:42.13 ID:rllf/uJfO
安価なんて取ったやつが正義だけど大多数の意見ぶったぎって
全然違うの取ったら反感食らうのは当たり前っちゃ当たり前
122 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 20:16:57.03 ID:uxOCFJND0
意見違う安価取るなら取る前に違うのやりたいって言ってほしいってことだね
123 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/29(日) 22:52:29.70 ID:k0pt+rzg0
ルートめっちゃある上に難易度高いから、ある程度歩調合わせんと阿鼻叫喚なんよね
124 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 00:40:20.48 ID:kNFSvQKYO
取った後ですら理由言ってるの見たことないからな
本当に見たいルートがあるのだとしても、こうやってやり直し食らうんだから意味ないだろ
125 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/11/30(月) 01:17:58.42 ID:+802b2bJO
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
126 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 01:27:21.45 ID:nTcpvwfS0
4ぞ
127 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 01:27:33.21 ID:7woVlrGbo
エンジョイ!
128 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 01:45:16.66 ID:yqn6JYifO
違う安価とるにしても他者の協力がないと最後までルートは進めない
安価取る前に他者を説得する方を考えたほうがいいぞ
まぁ24時間このスレを監視して安価全部とってやると考えてるなら別だろうけど
129 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 02:55:30.70 ID:Df7HOUB70
飛行機びゅんびゅん前提で麻痺してるけど
多数決だから1人で勝手に進めるスレではないんだぞ
130 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 09:57:31.57 ID:7iGt+MmGO
振り直しで
131 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 10:16:35.45 ID:RoqfGBLQO
この先[ピーーー]る場所確か遠かった筈だから確かに振り直しも有りな気もする
132 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 10:18:39.54 ID:yLPUGCy70
k
133 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 10:53:01.78 ID:NHCu/P8IO
苗木いないから裁判で[ピーーー]るし振り直しはない
134 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 11:42:28.64 ID:UnczrrCgO
裁判までめちゃくちゃ遠い
135 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 11:54:32.10 ID:2U43znGYO
言うてコミュ二三回やし苗木おらんところは前の使い回せるしそんなに時間かからんやろ
136 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/11/30(月) 13:14:15.11 ID:Df7HOUB70
有りな訳ねえだろ
40以下でやり直すために振り直して、その後どうする気なんだ
まさか選択肢全部正解してコンマ全部成功すると思ってるのか
137 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/01(火) 10:21:53.18 ID:9BES+XoYO
コンマ45
体育館

俺「う、うわああぁぁっ!?」ポイッ

モノクマ「」ヒュ-ン
モノクマ「」ドガ-ン

俺「はっ!?」

他の生徒達「」ビクッ! 」

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」ドクンツドクンッ...

俺(も、もし…間に合わなかったら俺の両腕は今頃…)ゴクリッ...

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

俺「お前!?」ビクッ!

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…。」

俺(こいつはヤバイ……)

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」

俺「……。」

『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』

俺「うん?生徒手帳…?」スタスタ
138 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/01(火) 10:36:20.46 ID:9BES+XoYO
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(俺の名前、超高校級の幸運…身長や体重まで書いてある)

俺「…個人情報をいつの間に掴んだんだ?」

大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

俺「ああ、やはり手分けして捜索するしか無いな」

十神「オレは一人で行くぞ」

俺「と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」
139 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 10:39:58.44 ID:+nP+DsL10
すげえ時間から始まった
140 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/01(火) 10:40:40.30 ID:9BES+XoYO
体育館

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

十神「どけよプランクトン」

大和田「あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「待ってくれ!今は俺達で喧嘩なんかしてる所なんかじゃ…」

大和田「あぁん?今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「うん?…」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「べ、別に…。そ、そんなつもりじゃ…」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

俺「!?」

俺(な、殴られる…!?)


コンマ下二桁
81以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
80以下俺は殴られて気絶した

安価下
141 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/01(火) 10:51:50.15 ID:9j1Uj/Igo
エンジョイ!
142 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/01(火) 13:49:12.05 ID:OgvsDI0OO
コンマ15
体育館

ブウンッ!!

俺「ごはっ!?」ドガッ!

舞園「キャアッ!?」

俺(…喧嘩もマトモにした事無かった俺は、顔面を殴られて見事に芸術的に宙を舞った)

俺(そして……)

俺「」ドサッ



───視界が暗転した…
143 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/01(火) 14:01:24.58 ID:OgvsDI0OO
──数時間後
俺部屋

俺「うっ……」パチリッ

俺「……。」

俺「あれ?……」パチパチ...

天井「」

俺「…知らない天井だ」

俺(ここは何処だ?)ムクリッ

俺「……。」

机「」
椅子「」
ベッド「」

俺「う、うーん……」

俺(何だっけ……?何で俺、こんな所で寝てるんだったっけ?)


大和田『俺に教えを説くっつーのか!?』

俺『べ、別に…。そ、そんなつもりじゃ…』

大和田『うっせえ!!』ブウンッ!!




俺「ッ……」ゾクッ...

俺「あぁそっか…。俺ってば殴られて気絶したのか?」

俺「ならここはいったい…?」スタスタ



──数分後


俺(机の引き出しの中に入ってたこれって…)

工具セット「」
モノクマからの手紙「」

俺「男子には工具セット…女子には裁縫セットと人体急所の書かれた図を用意…」

俺「……。」チラッ

監視カメラ「」
鉄板て打ち付けられた窓「」

俺「希望ヶ峰学園…だよな?…」

俺「ならここは個室って所かな?」

俺「……。」

俺「俺以外の皆んなはどうしてるんだろ?見に行ってみよう」スタスタ

扉「」ガチャッ
144 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 16:45:23.59 ID:UXNoURnI0
これ今は全員生存ルートと真ハーレムルートとダブルヒロインのどれを目指してるの?個人的には全員生存見てみたいんだけど(江ノ島戦刃の生死は問わず)
145 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 16:52:02.42 ID:D7npdwWq0
最初からやり直した時点でダブルヒロインはないが
146 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 17:01:11.27 ID:d9jR3O02O
個人的には全員生存目指してるが初っぱなで躓いたっぽいので
死にに行ってる
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 17:19:24.43 ID:ZMfsiJV7O
俺はなるべく生存させた霧切単独が見たい
148 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 17:25:21.31 ID:IikkMBQu0
まぁ一回クリアしたし、グダグダ泥沼プレイをやるのも悪くない
皆で盛大に争うのだ
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 23:05:36.40 ID:v+J+9o+f0
なんでも良いけど2ルート入りたい
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/02(水) 23:27:15.76 ID:L54lW1Rg0
2ルートは詳しい条件はわかってないけどちーちゃんの生存はたぶん必須だよな
151 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 13:08:21.40 ID:Azkk3QBT0
廊下

俺「あ…」

朝日奈「あ、俺!大丈夫!?」

俺「うん、何か寝てたらしい…と言うか朝日奈さん?ここは?」

朝日奈「各自割り当てられてた個室みたい。大神さんが気絶した俺を運んでくれたんだよ」

俺「大神さん…?あぁ、あの超高校級の格闘家の…」

朝日奈「大和田もやり過ぎだよね。こんな時に俺を殴るなんてさ!」

俺「まぁ仕方ないよ…。急にこんな訳の分からない事態に陥ったんだし…」

俺「それより皆んなは?」

朝日奈「あぁ、あの後解散になって皆んななら今頃この学園を探索してるよ」

俺「探索?朝日奈さんは行かなくて良かったのか?」

朝日奈「うーん…そりゃあ行きたい気持ちはあったけど、今のところ一番仲が良いの俺だからここで起きるまで待っとこうかなって」

俺「そうなんだ。ありがとう」

朝日奈「えへへ。気にしなくて良いよ」

朝日奈「おっとそうだ。そろそろ食堂で報告会をするって石丸が言ってたよ」

俺「報告会?」

朝日奈「うん。皆んなが探索で見つけた事を共有しとくんだって」

俺「なるほど」

朝日奈「食堂は直ぐそこだから私達も行ってみようよ」スタスタ

俺「そうだな…」

俺(朝日奈さんはやはり明るくて優しい子だなぁ)スタスタ
152 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 13:19:54.86 ID:Azkk3QBT0
食堂

俺(俺達が食堂へ着くと既に皆んなは食堂へと集まって着席していた) スタスタ

大和田「おうさっきは悪かったな俺」

俺「あ、あぁ…まぁこんな時だしイライラするのは仕方ないしな…」

大和田「おう」

俺「……。」ガタッ

俺(…また殴られて気絶させられるのはごめんだ。ここはあまり彼の機嫌を損ねないようにしておかないと)

石丸「それではこれより第一回定例会議を開始する!」

大神「我は何処かに緩くて壊せそうな場所が無いか調べてみたが、何処もそんな場所は見当たらなかった…」

俺(大神さんの力でも駄目なら、力付くで脱出は無理なんだろう…)

山田「各部屋に設置されてたベッドは快適でしたな。監視カメラがある事を除けばですが…」

江ノ島「部屋にはシャワールームがあったわ。鍵もしっかり付いててセキュリティは万全って感じね」

桑田「男の部屋には無いけどな…」

舞園「個室の引き出しの中には男子には工具セット、女子には裁縫セットが用意されてるみたいです」

霧切「上の階へ続く階段があったけど、封鎖されていて上がれない見たいね」

セレス「他にも何箇所か封鎖されていて入れない部屋がありましたわ」

不二咲「調理室や冷蔵庫にはかなりの食糧が用意されてたよ」

山田「しかし15人分の食糧となるといつまで持つやら…」

不二咲「それなら大丈夫だと思う。食糧は毎日補充されるから心配要らないってモノクマさんが言ってたから」

江ノ島「会ったの!?」

不二咲「うん。それだけ説明すると直ぐにどこかに行っちゃったけど…」

石丸「他に何か発見した事は無いか?」

他の生徒「…。」

桑田「クソー!結局脱出方法は見つからずか」 ガリガリ

十神「だが、これで一つだけはっきりしたな」

葉隠「おん?」

十神「オレ達は完全に閉じ込められたと言う事が」

舞園「そんな…じゃあずっとここで暮らすしか無いんですか?」

セレス「適応すれば良いのです」

俺「適応?」

セレス「ええ。そうすればここでの生活も苦にはなりませんわ」

山田「監視カメラがある部屋で適応はなかなか…」

セレス「そこで、皆さんに提案があるのですが」

俺「…え?」
153 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 17:24:40.50 ID:Azkk3QBT0
俺個室

ベッド「」

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「確かに、居ないとは思うが夜中に誰かに襲われたりしたら怖いからな…」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺(と言うか本当に皆んなこんな環境で適応なんてできるのか?かなり厳しいぞ…)

俺「はぁ…夜時間になったら確か水が止まるんだっけ…」スクッ

俺「とりあえず今日はもうシャワー浴びて寝よ」スタスタ

扉「」ガチャガチャッ

俺「…おん?」カチャガチャ

俺「開かない…。何故だ?鍵は女子の部屋にしか無かった筈なのに…」ガチャガチャ

モノクマ「ダメダメ」

俺「おわっ!?も、モノクマ!?」

モノクマ「この部屋のシャワールームの扉は建て付けが悪いから上に持ち上げたまま開くんだよ」グッ

扉「」ガチャッ

俺「あっ…開いた…」

モノクマ「うぷぷぷぷ。それにしても笑っちゃうよね」

俺「何が…」

モノクマ「だって、俺君は超高校級の幸運としてこの学園に来たのに俺君の部屋の扉だけ建て付けが悪いとか」

モノクマ「笑えない。あっはっはっはっ」

俺「……。」

モノクマ「あー、それにしても僕。わざわざ教えに来てあげるなんて良い事したなぁ〜」スタスタ

入り口扉「」バタンッ

俺「……。」

俺「……あいつ、なんだったんだ」
154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 18:25:31.03 ID:Azkk3QBT0
──翌日
食堂

俺「……。」パクパク

食事「」

俺(翌日、俺達は昨日決めた約束通り皆んなで食事を取っていた)

俺(現状だとここから出る手段は無いみたいだが、俺達と連絡が取れなくなった外の人達が直ぐ助けに来てくれる筈だよなぁ)

俺(…まさかわざわざ他人を殺して外に出ようって考える奴は現れないだろう)

葉隠「ふあぁ…。眠いべ…」

桑田「同じく…」

朝日奈「あー、ドーナツ食べたいなぁ〜…」

俺(周りの超高校級の人達も監禁されたと言ってもこんなだし、変な状況に陥ったけどそう悲観する事も無いかな)

俺(と言う事で食事会が終わったら、昼間は何しようか)


1折角だし誰かに話しかけてみるか
2学園の探索でもしてみるか
3何にもやる気が起きない。助けが来るまで部屋で寝ておくか…


多数決下3まで
155 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 18:46:17.81 ID:FH3uBB/e0
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 19:09:47.49 ID:Al8GnLW5O
とりま1でさくらちゃんをためしてみるか
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 19:11:57.23 ID:+op87rYfO
1
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/03(木) 22:41:26.88 ID:tEYtAb3aO
俺個室

俺(折角だし誰かに話しかけてみるか)

俺(超高校級の才能を持つ人達と話せる機会なんてそう無いしな)

俺(でも誰に話しかけてみよう)

俺(まず今の俺が簡単に話しかけられそうな人は…)



1舞園(好感度2)
2桑田(好感度1)
3朝日奈(好感度4)
4葉隠(好感度1)
5山田(好感度1)
6石丸(好感度2)
7不二咲(好感度2)
8敢えて話しかけにくそうな人に行こう


多数決下3まで
159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 22:42:24.96 ID:/2j7Cxov0
不二咲
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 22:46:14.46 ID:9ES5HY0X0
8
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/03(木) 23:03:28.36 ID:RDjr78ay0
162 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/04(金) 00:21:14.62 ID:2ou5Z/9uO
俺個室

俺(いや、折角だからもっと話しかけにくい人物と話してみよう!)

俺「…と言っても話しかけにくい人いっぱい居るが誰に話しかけてみるかな」


1大和田(好感度1)
2セレス(好感度1)
3腐川(好感度1)
4江ノ島(好感度1)
5大神(好感度1)
6十神(好感度1)
7霧切(好感度1)


多数決下3まで
163 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:34:02.19 ID:EqlwSfWT0
5
164 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:35:05.00 ID:QcrayeFDO
5
165 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/04(金) 00:37:35.82 ID:Zeq7vLPn0
5
166 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/05(土) 00:31:31.37 ID:GCGgC9uUO
廊下

俺「お、大神さん」

大神「俺か…。我に何か用か?…」

俺「あ、ああ…。時間があったら少し話しでもしてみたいなって思って…」

大神「…。」

俺(彼女は超高校級の格闘家…大神さくら。霊長類最強の人間だとネット情報で見た…)

俺(多分、彼女が本気で誰かを殺す気になれば俺なんか抗う事すらできず一瞬で肉塊にされてしまうのだろう…)

俺「…き、厳しいかな?」ドキッドキッ...

大神「いや、良いだろう…。我もちょうどトレーニングの休憩をしようと思っていたところだ」

大神「偶にはゆるりと茶を飲みながら語り合うとしようか…」

俺「あ、ありがとう…」スタスタ

俺(…うん。怖い)



食堂

俺「大神さんってこんな時でもトレーニングするんだな…。さすが超高校級の格闘家だよ」

大神「どんな状況に陥ろうと我はトレーニングを怠った事は無い…」

俺「ええ……」

大神「……。」

俺「超高校級の格闘家の肩書きを維持するのって大変なんだ?」

大神「そうではない…」

俺「…え?」

大神「我は…肩書きに拘っている訳では無い…」フルフル

俺「…どう言う事?」
167 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/05(土) 00:42:23.66 ID:GCGgC9uUO
食堂

大神「我が目指すは超高校級の格闘家ではなく、地上最強…」

俺「地上最強…?」

大神「うむ…」

俺「……。」ジッ

大神筋肉「」ムキムキッ

俺「ネットで見たけど、確か既にレスリングのメダリストやボクシングの世界チャンピオンにも勝ってるんだよな?」

大神「ああ…」

俺「…あの、既に地上最強なのでは?」

大神「いいや…未だだ…」

俺「え?未だ?…」

大神「我には未だ、超えなければならない者がいる…」

俺「超えなければならない者…?それって大神さんより強い人が未だ居るって事…?」

大神「……。」

俺(…あれ?地雷だった?)

大神「奴を超えない限り、我が地上最強になる夢は叶わぬ…」

俺「じゃあここから出たらその人と戦いに行くんだ…?」

大神「……。」

俺(あれ?また地雷踏んだ?…)

大神「…その話はまた何れしよう」ガタッ

俺「う、うん…」

大神「その機会が有ればだがな…」スタスタ

俺「……。」

俺(行っちゃった…)

俺「大神さんは機会が有ればと言ってたけど、またいつかさっきの話の続きを聞けたら良いな」



大神の好感度が2に上がった
168 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/05(土) 00:56:02.10 ID:GCGgC9uUO
俺部屋

モニター『モノクマ「オマエラお早う御座います。朝7時になりました。今日も一日元気よく───」』

俺(俺達がこの学園に監禁されてから2日が経った)

俺(俺達が監禁された事に気付いた外に居る人達がそろそろ行動を起こしてくれててもおかしくない筈だが…)

俺「なーんで何も音沙汰無いんだろ…」

俺「…。」ジッ

電子手帳「」

俺(この校則6…)

『仲間の誰かを殺した"クロ"は卒業となりますが、自分がクロだと他の生徒に知られてはいけません』

俺「これってどう言う意味なんだろう…」

俺「…。」ブルッ...

俺".…いやいや、と言うか俺達がたった二日監禁されただけで誰かを殺す思考になる奴なんか居る訳無いわな。うん)

俺「……。」

(今までの行動参照)
コンマ下二桁
91以上意外と、この状況でも冷静だった俺は何か異常性を感じ始めていた(鋼メンタル)
16〜90何か変だとは思ったが、やる事も特に無いので俺は今日も誰かと話に行った(メンタル普通)
15以下不安になった俺はこれは夢なんかじゃ無いかと朝食会が終わると部屋で眠るのだった(メンタル激弱)


安価下
169 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/05(土) 01:03:15.44 ID:KFi7Zq9L0
麺たる
170 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/06(日) 01:47:00.44 ID:4eREpF39O
コンマ44(普通メンタルだが前向きなので何が起きても絶望侵食無し)
俺部屋

俺「警察とかの助けが来るのが何でこれだけ遅いのかよく分からんが…まぁ何れ助けは来るだろう」

俺「俺達は超高校級の才能を持つ人類の希望なんだし、その希望を放置する訳も無いだろうしな」

俺「よし、じゃあ後は助けを待つだけだ。と言う事で時間潰しに今日も誰かと話しに行くか」スタスタ

扉「」ガチャッ



廊下

俺「あ…」

舞園「あ、俺君」

俺「舞園さん?奇遇だな」

舞園「ええ…そうですね」

俺(あぁ、そっか。俺って舞園さんと隣の個室だったっけ)チラッ

舞園個室ネームプレート「」

舞園「あの…俺君。これから何処か出かける予定ですか?」

俺「いや?時間潰しに誰か話し合い手でも探しに行こうかなって考えてただけだけど?…」

舞園「そうだったんですか…」

俺「ああ」

舞園「あ、あの…」

俺「うん?」

舞園「俺君が暇でしたら、ちょっと一緒に探して欲しい物があるんですけど…」

俺「探して欲しい物?」

舞園「はい…。やっぱりダメですか?…」

俺「……。」


1別に良いよ
2俺はめんどいから他当たって。それじゃ


多数決下3まで
171 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 02:08:17.49 ID:XnWF67jb0
1
172 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 02:30:48.40 ID:SQNdMxad0
1
173 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/06(日) 09:40:17.38 ID:KnqztBbH0
1
174 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 00:42:09.62 ID:XOSHaWa2O
undefined
175 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 00:42:48.75 ID:XOSHaWa2O
廊下

俺「別に良いよ」

舞園「本当ですか?ありがとうございます」ペコリ

俺「それで探してる物って?」

舞園「えっと…」



体育館前

俺「これとか良いんじゃない?」

舞園「これ…ですか?…」

金箔の付いた模造刀「」

俺(俺は舞園さんに頼まれ、彼女の身を守る為の護身用となるような物を一緒に探しに来ていた)

俺(そろそろ助けが来るだろうし、そんなに怯える必要無いと思ったが彼女は俺と違い女の子だし色々と不安なんだろう)

俺(その辺りの事は気を遣い、あまり深く詮索せずに護身用となりそうな物を探しに体育館前に来ていた)

俺「よっと…」ガシッ

金箔の模造刀「」ベチャッ

俺(ん?何か付いたような…?…)スッ

俺手の平「金箔「」」

俺「ゲッ…金箔が手にベッタリだ…」

舞園「大丈夫ですか?…」

俺「ああ…。でもこれじゃ舞園さんの護身用にはならないかな…」

俺「手にする度にこんななってたら使い勝手悪いし…」

舞園「あ、じゃあ俺君が持って帰ってみればどうですか?」

俺「えっ?俺が?」

舞園「はい。部屋のインテリアにでもして下さい」ニコッ

俺「……。」

金箔の模造刀「」
176 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 00:43:38.75 ID:XOSHaWa2O
体育館前ホール

金箔の模造刀「」

俺(…インテリアにしてはどうかと思うが。…まぁいいか)

俺「分かったよ。何かに包んで持って帰ってみる」

舞園「はい」ニコニコ

舞園「でも他には護身用となりそうな物はありませんね…」

俺「まぁ大丈夫だよ」

舞園「え?…」

俺「どうしても今直ぐにここから解放して欲しいって人も居ないだろうし、仮にそんな理由で殺人を考えようだなんて馬鹿げた事考えるような奴は俺達の同期に居ないだろうし」

俺「きっと俺達も直ぐに助けが来て解放されるさ」

舞園「……。」

俺「あ、あれ?そうは思ってない?…」

舞園「あ、いえ…そうですよね。私の考え過ぎですよね…」

俺「うん。いきなりこんな状況になって心配なのは分かるが、考え過ぎても良くないと思う」

舞園「そうですね…。じゃあ戻りましょうか」

俺「うん。おっとこれを何とかして持って帰らないと…」

金箔の模造刀「」

俺(どうしても今直ぐに解放して欲しい人は居ないと俺が言った時、一瞬…)

俺(舞園さんの顔が曇ったのを、そこまで彼女と親しくなかった俺が気付く事は無かった)

舞園「……。」


舞園の好感度が4に上がった
177 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 00:54:28.71 ID:XOSHaWa2O

食堂

俺(俺達は毎日朝食と夕食を一緒に取る決まりを約束している)

俺(そう言う校則は無かったが、万が一誰かが欠けた場合を想定しているからだ)

周りの生徒「……。」シ-ン

俺(とは言え流石にそこまで親しく無い人達と毎日一緒に居るのは精神的に疲れてくるな…)

俺(皆んなもそうなのか3日目にして既に口数も少ない…)

不二咲「本当に…もう帰れないのかな?助けも来ないのかな?…」ポロポロ

俺「助けならそろそろ来るんじゃ無いかな?」

不二咲「え?…」グスッ

腐川「助け!?」

江ノ島「マジで!?」

朝日奈「あっ、そっか!俺の言う通りじゃん!」

朝日奈「あたし達がここに閉じ込められてからもう3日も経つんだよ?警察だって動いてるに決まってるよ〜」

葉隠「そりゃあそうか」

桑田「じゃあもう直ぐ助けが来るのか!?」

俺「うん。まぁちょっと遅い気もするけど…」

霧切「…。」

モノクマ「あっはっはっはっ!!」

江ノ島「わっ!?出た!?」

モノクマ「警察だって?警察なんてアテにしてるの?」

俺「…うん?どう言う事だ?」

霧切「…警察が動ける状況にあるのなら、初日から動いてる筈よ」

霧切「それでもこれだけ経っても助けが来ないと言う事は、警察も動けない状況にあるのだと考えるべきだわ」

俺「警察も動けないって…何それ?そんな事ある?」

霧切「…可能性はある筈」

朝日奈「えー…なら助けは来ないの?」

モノクマ「霧切さんの言う通りだね。と言うかさ、そんなに外へ出たいなら殺しちゃえば良いじゃん?」

周りの生徒達「…。」

モノクマ「はーオマエラって、ゆとり世代の割にはガッツあるんだねえ」

モノクマ「でも僕的にはちょっと退屈です」

俺「お前が何と言っても、俺達の中からは人殺しなんか現れる訳が───!」

モノクマ「分かった。場所も人も環境も、ミステリー要素は揃ってるのにどうして殺人が起きないと思ったら、足りない物が一つあったね」

桑田「足りない物って何だよ!?」

モノクマ「ズバリ、動機だよ」

俺「動機?…」
178 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 01:21:36.55 ID:XOSHaWa2O
視聴覚室

モノクマ『ある物を視聴覚室に用意させて頂きました』

俺(ここに、どうしても今直ぐ外へ出たくなる動機が…?)スタスタ

ダンボール箱「DVD「」」

山田「…何やらご丁寧に1人ずつ名前の書かれたディスクが置かれてますなあ」

十神「これに人を殺したくなる何かが入っていると言う事か。フン、面白い…」スタスタ

俺「…。」スッ

DVD「俺君のDVD」

朝日奈「だ、大丈夫かな…?」チラッ

俺「まぁどうせ只の作り物の映像でしょ。大丈夫だよきっと…」ウイ-ン

朝日奈「う、うん…」ウイ-ン

俺(ちょっと怖くて不安だったが、まぁ流石にこんな映像で人を殺したくなんかならないだろうと思い…)

モニター「」ザザッ...

俺(俺はその動機とやらのDVDを再生してみた…)

俺「あ……」

映像「」パッ

父親『いくら吹き飛ばされても、僕等はまた花を植えるよ。きっと』
母親『頑張るのですよ。にぱ〜』
犬『あうあうあう〜…』

俺(そのDVDに映っていたのは俺の家族…。皆んなが希望ヶ峰学園に入学する事ができた俺に向けて励ましの言葉を送ってくれていた)

俺「みんな…」

俺(俺は数日振りに見た家族の姿に安堵していた。だが、次の瞬間……)

映像「」ザザッ...

俺「……えっ?」ドクンッ

父親『』
母親『』
犬『』
燃え盛る家『』

俺(映像にノイズが走り、次に映し出されたのは全員の倒れた姿…。燃え盛るリビングの映像だった…)
179 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 01:29:06.48 ID:XOSHaWa2O
視聴覚室

俺「な、なんだ…!?これ…」ドクンッドクンッ...

俺「こんな事……。こんな事、ある筈が…」ブルブル...

周りの生徒達『』ビクビク...

俺「か、確認しに行かないと…!今直ぐに…」ゴクリッ...

舞園「いやあぁぁぁっ!?」ガタンッ!

俺「えっ?…」チラッ

俺(パニックになっていた俺の頭を我に返させたのは、同じく近くでDVDを見ていた舞園さんの叫び声だった)

俺「ま、舞園…さん?…」

舞園「殺すとか殺されるとか…いったい何なの…?もうこんなの耐えられない…」ビクビク...

俺「ぁ……」

霧切「…貴方の目的は何?こんな事をして、私達にいったい何をやらせたいの?」 ガタッ

モニター「」 パッ

モノクマ『目的?目的だって?それはね、絶望』

舞園「いやあぁぁっ!」ダッ 

扉「」ガラッ  

俺「舞園さん!?」

俺(怯えきった彼女は出て行ってしまった…)

俺(あのまま放置しておけば彼女が何をしでかすか分からないな…)チラッ

周りの生徒達「…。」

俺(だけど、未だ誰も彼女とそこまで親しい訳じゃ無いから動かない…)

俺(ならここは何回か話した事ある俺が彼女を追った方が良いのか?…)


1直ぐに追いかける
2…いや、俺が追ったところで何もできないだろう。まぁ放置で良いか


多数決下3まで
180 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 01:34:51.02 ID:jP4L7/L20
1
181 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 01:38:47.84 ID:8GwZByRHO
1
しかしなかなかすごい家族構成だな
182 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 02:09:26.42 ID:XOSHaWa2O
廊下

舞園「うっ…」タッタッタッ

俺「舞園さん!待って!」ガシッ

舞園「いやあっ!離して!」グッ

俺「落ち着くんだ舞園さん!皆んなで協力すれば、必ず出られるから!」

舞園「嘘っ!」

俺「あの映像は全てモノクマの作った偽物の映像だ!! 」

舞園「!?」

俺(俺の言った言葉は、舞園さんにじゃなく自分自身にそう言い聞かせたかった言葉だったかもしれない…)

俺(あんな映像、偽物に決まってる……)

俺「…仮にあの映像が本当だとしても、外の世界は大騒ぎになってる筈だ。ここにだって直ぐに助けが来る!」

舞園「助けなんか、来ないじゃないっ!!」

俺「ッ…!?」ビクッ

俺「助けが来なかったとしても…俺が君をここから出してみせるから!!」グッ

舞園「…!」

俺「どんな事をしても絶対に…絶対に外へ出してみせるから、今は俺を信じてくれ!!」

舞園「うっ……」ウルッ...

俺(あ…)ガシッ

舞園「うあぁぁぁっ…あぁぁぁぁぁぁ…」ポロポロ...

俺「……。」

俺(舞園さんが見たDVDにも俺と似たようは物が映ってたんだろうか…)

舞園「ぅぁぁぁぁっ…」ポロポロ

俺(偽物に決まってる…。あんなの……)グッ

周りの生徒達「「「…。」」」


視聴覚室

霧切「……。」

セレス「…。」

十神「…。」

モノクマ『うふふふ。あっはっはっはっ、あーはっはっはっ』



舞園の好感度が5に上がった
183 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 02:37:56.71 ID:XOSHaWa2O
寄宿舎前

舞園「あの…。さっきはすみません…俺君」

俺「あ、いや…。さっきのDVDの事ならあんまり気にしない方が良いよ…。俺も忘れるつもりだしさ…」

舞園「はい…」

俺「うん。とりあえず今日はゆっくり休んで」

舞園「そうさせて貰います…それではおやすみなさい…」ペコリ

俺「おやすみ」

舞園個室扉「」ガチャッ

俺「…。」

俺「はぁ…。俺も今日はもう休むか…」ガチャッ



俺個室

ベッド「」 ボフッ

俺(それにしても、あの映像はいったい何だったんだろうか…)

俺(それに……)


モノクマ『目的?目的だって?それはね…絶望』


俺(希望の象徴でもある俺達を絶望に染め上げる?…)

俺(…いったい何を考えてるんだ黒幕は)

俺「……。」

俺「本当に助け…。来ないのかな…」

俺「はぁ……」モゾッ

俺(だとしたら、明日からはノンビリしてられない…)

俺(俺一人だけじゃどうにもならないだろいから…)

俺「皆んなと協力して…。自力で…この学園から……」ウツラウツラ...

俺「そうだ…。俺達は…殺し合いなんか、する訳…」

俺「ZZZ……」

─────
────
───
──

俺「ZZZ…」

ピンポ-ン

俺「…んぁ?チャイム?」パチリッ

俺(あれ?…)チラッ

俺「夜10時過ぎ…?あ、いつの間にか寝てたのか…。参ったな…シャワー浴び忘れた…」

ピンポ-ン

俺(と言うかこんな時間に誰だ…?今は夜時間で出歩き禁止の筈だけど…)


1眠いからもう出なくて良いか…
2誰だろう?出てみよう



多数決下3まで
184 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 04:30:29.71 ID:4ecSudRGO
1
185 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 04:41:23.48 ID:Ra/MRhF90
1
186 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 04:47:28.66 ID:6mYVtHmA0
部屋変わらないでおいて、部屋の前を通る人にドアぶつけるんだっけか
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 11:14:12.23 ID:g3REfUSC0
俺個室

俺「眠いからもう出なくて良いか…」ボフッ

ピンポ-ン

俺(また鳴ってる…。無視無視、もう寝てますよー)

俺「ZZZ…」



翌日
食堂

朝日奈「俺、昨日の夜10時頃はもう寝てたの?」

俺「え?」

朝日奈「いや、インターホン押しても出てこなかったからさ…」

俺「あ、ああ…。昨日はもう爆睡してたような?…」

朝日奈「そっかぁ…じゃあ仕方ないね」

俺(……昨日のインターホン。朝日奈さんだったのか)

俺「いったい何の用だったんだ?」

朝日奈「いや…あんな映像見させられてちょっと怖かったからさ、眠くなるまで話し合い手になって貰いたかったなって」

俺「なるほど…ごめん」

朝日奈「ううん。代わりにさくらちゃんに話し合い手になって貰ったから大丈夫」

大神「うむ…」

俺「そ、そっか…。なら良かった…」

俺(……そりゃ大神さんが一緒なら、俺と一緒に居るよか安心できるわな)

石丸「それにしても今日は皆な遅いでは無いか」

不二咲「昨日の映像を見させられて怖かったから、皆んなも寝る時間遅かったのかなぁ…」

俺(朝食会の集合時間である8時より前には来ている朝日奈さん、大神さん、石丸君、不二咲君の4人は規則正しい高校生に分類される面々だ)

大和田「うぃーす」スタスタ

山田「何やら良い匂いがしますなぁ」スタスタ

江ノ島「ごめーん。メイクに時間かかっちゃった」スタスタ

俺(そして、多少ルーズな時間感覚の面々…大半の高校生がこの分類に入るだろう)

俺(後一人。舞園さんだけはいつも江ノ島さん達よりは早く来てる筈なんだが…)

俺「あっ…」

舞園「おはよう御座います…。すみません寝坊しました…」スタスタ

朝日奈「舞園ちゃんが寝坊なんて珍しいね」

舞園「昨日なかなか寝付けなかったので…」

俺(…舞園さんはいつものように現れたが、何かいつもよりはやつれているような気がした)

俺(まぁ昨日は一番あの動機とやらの映像に動揺してたし仕方ないか…)
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 11:38:38.55 ID:clKdjEayO
舞園さんかと思ったが朝比奈だったか
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 11:43:18.59 ID:g3REfUSC0
食堂

大神「江ノ島盾子よ…」

江ノ島「何よ?」

大神「失礼だが、雑誌で見る時と少し印象が違うようだが…」

俺(…俺も失礼だが、大神さんも女性誌とか見るんだ)

江ノ島「あっははは。アレは雑誌用に盛ってるんだって」

江ノ島「画像編集ソフト知ってんでしょう?」

大神「何と…」

江ノ島「それくらいで驚かないでよ〜。軽く凹むんですけど〜」

俺(超高校級のギャルなのに画像編集ソフト使って細工してるとか有りなのか…)

俺(只の幸運でしかない俺も人の事言えないが…)



俺(そして俺達が揃ってから間を置いて現れるのが…)

霧切「おはよう…」スタスタ

セレス「おはよう御座います」スタスタ

腐川「な、何よ…。遅れたって誰もあたしの事なんて気にかけて無いんだし良いじゃない…」

葉隠「ふあぁ…寝坊じゃねーって。道に迷っただけだべ」

葉隠「実際、バミューダトライアングルの仕業だべ」スタスタ

俺(…時間は愚か、他人の事すら気にしないマイペースな連中だ)

石丸「うむ…未だ全員揃って無いな」

朝日奈「未だ桑田と十神が来て無いね」

十神「…。」スタスタ

大和田「おう十神、おめぇ桑田を知らねえか?」

十神「オレが知る訳無いだろう。今自分の部屋から歩いてきたところだ」ガタッ

朝日奈「まぁ桑田だし、部屋で未だ寝てるんじゃ無い?」

山田「桑田怜恩殿はよく寝坊をする人ですからねぇ」

石丸「ええい!流石にこの寝坊は見過ごせん!僕が直接部屋へ行って起こして来る!」スタスタ

十神「フン…」

霧切「……。」

俺(あの霧切って子、こんな状況でも椅子に座って目瞑ってるし…どんだけ眠いんだよ)

俺「ま、まぁとりあえず皆んな揃いそうだし朝食の準備を始めようか」

朝日奈「うん。そうだね」

大神「良かろう…」

俺(しかし、俺達がいつも通り朝食の用意の準備に取り掛かかろうとした時だった)

石丸「皆んな!待ってくれ!」

朝日奈「石丸?どうしたの?桑田は?」

石丸「それが…居ないんだ…。部屋の何処にも…」

俺「…え?」
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 16:11:04.83 ID:1KSg6l770
ここらへんで前園さんに殺されるルートとかなかったっけ
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 17:13:50.67 ID:g3REfUSC0
体育館

俺「桑田くーん」スタスタ

朝日奈「桑田〜?」

大神「桑田…何処だ?…」

俺(俺達は手分けして桑田君を探す事になった)

俺(体調の悪い舞園さんやどうでも良さそうな十神君やセレスさん、腐川さん等食堂に残った人を除いて…)

朝日奈「体育館には居ないのかな?」

俺「朝日奈さんと大神さんは引き続きここを頼む。俺は他の人の所見に行ってみるよ」

朝日奈「うん。分かった」

大神「もしやとは思うが…気を付けるのだぞ…」

俺「いや、そんなまさか…はは。とりあえず行ってくる」スタスタ

俺(彼は朝食会にも出ず、いったい何処へ行ったんだ?…)



学園側廊下

俺「あ…」

霧切「……。」

俺「え、えっと…桑田君、見つけた霧切さん?…」

霧切「ええ」

俺「えっ!?本当!?いったい何処に…」

霧切「その前にお願いがあるんだけど」

俺「…うん?」

霧切「直ぐに皆んなをここに呼んで来て」

俺「ここに?…」チラッ

教室扉「」

霧切「…私はここを離れられないから」

俺「あ、ああ…?よく分からんが分かった…皆んなを集めてくるよ」スタスタ

俺(霧切さん…何気に初めて話したな…)

俺(彼女の事は未だに全く分からないし、才能すら不明なまま…。いったいどんな才能でこの学園に来たんだろうか…)

俺「とりあえず皆んなを呼びに行かないと」タッタッタッ
192 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 18:00:57.41 ID:F2M5gMPcO
部屋の入れ換えトリック気づいたときに部屋に乱入したら間違って殺されるルートはあったけど今回はそもそも提案すらされてないからなー
193 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 20:44:54.70 ID:g3REfUSC0
──数分後
教室

俺「霧切さん。皆んなを集めてきたけど…」

霧切「ありがとう」

山田「我々に見て貰いたい物とは何ですかな?もしや、霧切響子殿についての…///」

朝日奈「あ、あわわ….///」

江ノ島「ストレートなセクハラマジでやめろっつの…」

十神「桑田を発見したにも関わらず、お前がこの部屋に誰も入る事無いように見張りながら、そいつを使いオレ達をわざわざ呼び出したんだ」

十神「既に凡その検討はついてるがな」

俺「えっ…」

セレス「とにかく、こうしてちゃんと皆んな集まったんですし中を確認させて貰っても宜しいでしょうか?」

霧切「ええ…。いいわよ」スッ

俺(桑田君が中に居るだけじゃ無いのか?いったい何があるんだ?…)スタスタ

舞園「……。」

扉「」ガラッ

俺「……ッ!?」

朝日奈「ひっ…」ゾクゾクッ!

葉隠「うっ…ぎゃあぁぁぁっ!?」

十神「フン…。やはりな…」




俺(教室の中にあったのは、血の海に倒れている…)


桑田「」ドクドク...


俺(桑田怜恩君の、変わり果てた姿があった……)


194 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 21:43:01.84 ID:ZBrCKtVBO
これは普通に舞園さんクロかなあ
195 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/07(月) 22:07:06.73 ID:Hse4MkgY0
父親がキラで母親は梨花ちゃんか…w
196 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/07(月) 22:45:43.79 ID:XOSHaWa2O
教室

大和田「く、桑田ッ!?テメェッ…!」スッ

霧切「…無駄よ」

大和田「あぁん!?」クルッ

霧切「私も発見当時、直ぐに彼の生死を確認したけど既に死後かなりの時間が経っているみたい」

江ノ島「それってつまり…」

霧切「…残念だけど、桑田君は何者かに殺された可能性が高いわ」

周りの生徒達「…!?」ザワッ...

俺「嘘だろ…?そんな、本当に殺人が起きるとか……」

俺(俺はこんな状況に置かれていても、殺人なんか起きる訳が無いと気楽に考えていた…)

桑田「」

俺(…だが、こうして本当に殺人が起きた事で俺の甘過ぎる認識は間違いだったのだと)

俺(皮肉にも、仲間が殺されてから再認識していたのだった…)グッ



石丸「な、何故このような事が…。と、とにかくここは先ず彼を…」

モニター『』ブツッ

全員「??」クルッ

モノクマ『ピンポンパンポーン。死体が発見されました。至急、体育館へ集まって下さい。至急!至急!!』

江ノ島「はぁ!?」

石丸「こ、こんな時にいったい何を…」

十神「…オレは行くぞ」スタスタ

葉隠「ええっ!?」

大和田「なっ…!?テメェ!」

霧切「…いいえ。今は十神君のように体育館に集まるのが賢明でしょうね」

不二咲「霧切さん?…」グスッ

大神「どう言う事だ…?」

霧切「私達は囚われの身なのよ。無闇に敵に逆らう訳にはいかないわ」

霧切「これ以上、犠牲を増やさない為にもね…」

周りの生徒達「…。」

桑田「」

俺(霧切さんの言葉により、皆んながゾロゾロと体育館へ向かって行った…)

俺「……。」

桑田「」

俺「……クソッ」

俺(桑田君を殺したのは、きっと俺達をこんな目に遭わせたモノクマだ…)グッ

俺(あいつ…。今度こそ…)クルッ

舞園「……。」

俺「あ、あれ?舞園さん?体育館に行かないのか?皆んなもう向かってるけど…」

舞園「い、いえ…行きます…」スッ

桑田「」

舞園「……。」グッ...
197 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 10:53:52.35 ID:YbQDqyRz0
体育館

俺「モノクマ!お前が桑田君を殺したんだろう!」

モノクマ「僕はそんな事しないよ。それだけは信じて」

俺「信じられるか!?」

モノクマ「あのねえ、僕はこの学園生活の趣旨に反するような事は決してしません!」

モノクマ「僕ってクマ一番ルールには煩いってサファリパークでも有名だったんだから」

不二咲「じゃあ他に…誰が…」

モノクマ「分かってる癖に。桑田怜恩を殺したのはオマエラの中の誰かじゃん!」

俺「なっ…!?」

周りの生徒達「「「えっ…」」」ザワッ...

モノクマ「オマエラの誰かが、卒業の為に桑田君を殺しただけだよ。それがルールじゃん?悪い事じゃないよ」

不二咲「そんな…」

朝日奈「嘘だよ…」

モノクマ「いいや、殺したのはオマエラの中の誰かだよ。それは当の本人が一番知ってる筈だけどね」

俺(この中の誰かが?そんなまさか…)キョロキョロ

石丸「正直に言うんだ。誰が桑田怜恩君を?」

腐川「は、犯人が居たとして…い、言う訳無いじゃ無い…」

セレス「まぁ、誰でも構いませんけど…」

山田「ぼぼぼ僕じゃありませんよ!?」

葉隠「お、オレでもねーべ!」

十神「静かにしろ。十神「俺達の中に犯人が居るのだとしたら、そいつは卒業できるんだな?」

モノクマ「うぷぷぷぷ…ぶヒャヒャヒャ。そんなの大甘だよ。デビル甘だよ!地獄甘だよ!」

モノクマ「寧ろ、本番はこれからじゃん?」

俺「本番だって?…」

舞園「いったい何をやらされるんですか?…」

モノクマ「ではここで、卒業に関する捕捉ルールの説明を開始します!」

セレス「自分が殺人をおかしたクロだと他の生徒に知られてはいけない。その辺を言っておられるのでしょう?」

俺「校則の6番目の…」

モノクマ「そう、他の生徒に知られないように殺さなければならないの」

セレス「完全犯罪を成立させろと言う事ですわね…」

モノクマ「それを査定する為に、殺人が起きた一定時間後に必ず"学級裁判"を開くこととします!」

俺「学級…裁判…?」
198 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 10:58:20.29 ID:YbQDqyRz0
体育館

モノクマ「学級裁判では犯人、クロは誰かを議論して貰います」

モノクマ「そこでオマエラが導き出した答えが正解だった場合には、秩序を乱したクロだけがお仕置きとなります」

モノクマ「但し、もし間違った場合は逆に残ったシロ全員がお仕置きされてしまいます」

周りの生徒達「…。」ザワ...

モノクマ「それが学級裁判のルールなのです」

山田「あのー…ところでお仕置きとは…?」

モノクマ「あー、簡単に言えば処刑って所かな」

不二咲「え…処刑って何の事?…」ウルッ

モノクマ「処刑は処刑だよ。処刑。電気椅子でビリビリ、毒ガスでモクモク、竜巻なんちゃらで身体がバラバラになったりとかね」

周りの生徒達「…。」ザワ...

俺(こ、こいつ…本気で言ってるのか…?)

俺(もし間違えれば、ここに居る俺達全員も……)ゴクリッ

江ノ島「ちょっと!アンタの言ってる事無茶苦茶じゃない!?何が学級裁判よ!」

俺「江ノ島さん…?」チラッ

モノクマ「んあ?」
199 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 11:19:07.23 ID:YbQDqyRz0
体育館

江ノ島「アタシそんなのに参加なんて嫌だからね。何でアタシらが犯人当てなんかしなきゃなんねーんだよ!」

モノクマ「そんな身勝手な」

江ノ島「身勝手なのはそっちだろ?殺し合いなんて勝手にやって。アタシは関係無い!」

モノクマ「め、目の前の悪の迫力に…しょ、正直ブルってるぜ」

モノクマ「だ、だけどなぁ僕は悪に屈するつもりは無い。最後まで戦うのがモノクマ流よ」シャキンッ

モノクマ「どうしても通りたければ、僕を倒してからにしろ!」テッテッテッテッ

江ノ島「ッ…!」スッ

江ノ島足「」クッ

俺「ぁ───」

俺(その瞬間、一番最初に同じ失敗をやらかした俺は分かった…)

俺(江ノ島さんも俺と同じ事をしようとしているのだと…)


江ノ島ブーツ「モノクマ「ギュムッ!」」

江ノ島「はい。これで満足?」

モノクマ「そっちこそ!」

江ノ島「あ?」


俺(そして近くに居た俺は、それを思い出した瞬間無意識に駆け出していた───)スッ


モノクマ「学園長ことモノクマへの暴力を禁ずると言った筈だよね!?」プウンプウンプウン

モノクマ「助けてグングニールの槍!」



俺「江ノ島さん!!!危ない!!」タッ

江ノ島「…え?」



コンマ下二桁
91以上間一発で江ノ島を抱えて横っ飛びをし、助け出した
81〜90江ノ島を突き飛ばした結果、俺の腕が貫かれた(捜査不可)
41〜80…が、間に合わなかった
40以下江ノ島を無理矢理庇った結果、俺が身体を貫かれて死んでしまった…


安価下
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 11:55:42.90 ID:ZAMbgSKuo
こい
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 13:03:19.72 ID:suOxHUuvo
おー、がんばったな
でも苗木いないと落とせないんだっけ?

お祭りモードじゃないから後々邪魔な存在になりそう…
202 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 13:27:43.12 ID:iz905IEBO
あと1多ければ
203 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 14:09:25.04 ID:+IvtJKPnO
妖怪1足りない
204 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 15:01:00.08 ID:yE9mgGKE0
うおおめっちゃ惜しい
205 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 19:04:04.05 ID:Exapn1XD0
どうせ最初からやり直すんだし
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 20:03:18.32 ID:YbQDqyRz0
コンマ90
体育館

俺(よし、届いた…!)ブンッ

ドンッ

江ノ島「わっ!?」ドサッ

グングニルの槍「」ビュビュビュッ

俺「!?」

モノクマ「あっ」

ドスッ!

俺「くっ…がはっ…!?」

朝日奈「俺!?」

江ノ島「なっ…!?」

俺(右腕が……。痛過ぎて焼けるように熱い……)

モノクマ「あらら。俺君、校則違反者に罰を与える所だったのに邪魔しちゃダメじゃんか」

俺「はぁ…。はぁ……」ドクドク...

モノクマ「そんな事するから、俺君が重症を負う羽目になるんだよ」

俺左腕「グングニルの槍「」」ドクドク...

腐川「ち、血がぁ……」バタッ

不二咲「お、俺君…」

霧切「…どう言う事?貴方は直接私達に手を下すの?」

モノクマ「いいや。江ノ島さんには校則違反者がどうなるのか、見せしめにさせて貰おうと思っただけだよ」スタスタ

江ノ島「え……」

モノクマ「俺君に感謝するんだね江ノ島さん。彼が庇ってくれなきゃ今頃君の全身は蜂の巣になってた筈だよ」

江ノ島「う、嘘……」サ-...

モノクマ「結局、君の代わりに俺君は出血多量で死にそうだけど…うぷぷぷぷ」

俺「くっ……」

俺左腕「」ボタボタ...

俺(血が…止まらない……。ダメだ…頭もクラクラしてきた…)

モノクマ「でもこれでオマエラも分かってくれただろ?僕は本気だよ」

モノクマ「と言う事で捜査を頑張って下さいね」

舞園「待って下さい!俺君はどうなるんですか?…」

モノクマ「そんなの僕は知らないよ。俺君が勝手に邪魔して来た事だもん」

俺「ッ…」ドクドク...

江ノ島「お、俺……」

モノクマ「あ、ちなみにどんな理由があろうと学級裁判への参加はして貰うよ」

大和田「ふざけんな!無理じゃねえか。こんな腕で参加なんて…」

モノクマ「参加できなかった時は、無条件でお仕置きだから」

朝日奈「そんな…」

俺「はぁ…。はぁ……」

モノクマ「それじゃ、学級裁判で会いましょう」ピョンッ

俺(江ノ島さんは助ける事ができたが…マズイな…)

俺左腕「」ドクドク...
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:09:19.43 ID:pycrUvbzO
この時点じゃ保健室も解放されてないのか
208 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:13:11.40 ID:7rRxD/w80
>俺(右腕が……。痛過ぎて焼けるように熱い……)

>俺左腕「」ドクドク...

これ両腕やられてるな。殺される可能性が上がるんだろうけど
逆に言えば両腕が使えないんだからクロ認定されることはないな
209 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:25:12.51 ID:Exapn1XD0
セレスに殺されそうだな
殺しやすいという理由で
210 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 20:27:56.38 ID:YbQDqyRz0
体育館

朝日奈「大丈夫俺?…」

俺「はぁ……。つっ…ちょっと大丈夫じゃ無いかも…」ボタボタ...

朝日奈「ええ…」

不二咲「どうしよう…止血する物なんてこの学園に無かったよね?…」

セレス「一応、保健室らしき部屋はありましたが…残念ですが封鎖されてましたね」

朝日奈「そんな…じゃあ俺はどうなるの?…」

十神「止血する道具すら無いんだ。なら、後はどうなるかは分かるだろう?」

不二咲「そ、そんな…」

俺「……。」

セレス「運がありませんでしたわね俺君。黙って江ノ島さんが殺される所を見ておけば、貴方は助かりましたのに」

江ノ島「……。」

俺「はぁ……はぁ…そんな事…。できる訳ないだろ…」

江ノ島(俺……)

セレス「フフッ、でもこうなってはどうしようもありませんわね。とにかくわたくし達は捜査を始めましょうか」

朝日奈「俺をこのままにして放って行くの!?」

セレス「わたくしは忠告した筈ですよ?どんな者でも、適応力の無い者から死んで行くのだと。俺君の自業自得ですわ」ニコッ

俺「ッ…」

朝日奈「俺は未だ生きてるんだよ!?なのにそんな扱い、幾らなんでもあんまりじゃん!」

霧切「……。」スッ

朝日奈「そんな、霧切ちゃんまで…」

霧切「…彼の事が心配でも、今は誰が犯人なのかを突き止めるのが先じゃない?」

朝日奈「それは…」

霧切「そうで無いと、ここに居る全員纏めて処刑されるだけだわ」

朝日奈「で、でもさ!?」

俺「…いや、良いんだ朝日奈さん」

朝日奈「俺…」

霧切「……。」

俺「ここで俺に構って皆んなが殺されるくらいなら…。俺はちゃんと皆んなが捜査へ行って…事件を解決して、生き延びて欲しい…」

舞園「……。」

俺「皆んなならきっと学級裁判って奴も乗り切れるって信じてるからさ…」ニコッ

朝日奈「グスッ…」ポロッ...

霧切「……。」

霧切「…学級裁判で会いましょう」スタスタ

俺「え?あ、あぁ…」

俺(あれ?…)
211 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:46:16.79 ID:suOxHUuvo
あれ?事件外の怪我の時って治療してくれなかったっけ
弐大の時とか。ロボになったけど
212 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 20:50:15.29 ID:YbQDqyRz0
体育館

俺(十神君、セレスさん、霧切さんが出て行ったのを皮切りに…)

俺(他の人達も俺に気まずそうに会釈をするとゾロゾロと捜査へ向かって行った…)

朝日奈「俺…」グスッ...

俺「皆んな捜査に向かったんだ。朝日奈さんも、もう行かないと…」

朝日奈「でも放っておけないよ…」

俺「だけど…」

大神「一先ずこの腕に刺さった槍を抜いて、トイレットペーパーか何かで直ぐに手当てすれば未だ助かる可能性もあるのではないか?…」

朝日奈「さくらちゃん…そうだ!未だ諦めるには早いよ!」

俺「た、助かるかな…?」

大神「ともかく、このままにしていては助かるまい。先ずはこれを抜くぞ?」スッ

グングニルの槍「」ガシッ

俺「うっ…うん…」

大神「…抜いた時に再度痛みが走る筈だ。なんとか耐えてみせよ」

俺「分かった…」ドクンッドクンッ...

大神「では、抜くぞ…」グッ

俺「……。」ゴクリッ

「…ちょっと待ちなって」

朝日奈「え?」

俺「江ノ島さん?…」

江ノ島「……。」

大神「江ノ島盾子よ…。何の用だ?…」

江ノ島「そんな方法で素人が止血したって、結局学級裁判までに出血多量で死ぬのは免れ無いよ」

俺「えっ…」

朝日奈「で、でもさ…。止血できる道具も無いし、これしか…」

江ノ島「…いや、一つだけ方法があるよ」

大神「その方法とは…?」

江ノ島「……。」

江ノ島「コイツをあたしに貸しな。そうしたら未だ助ける事ができるかもしれない」

俺「江ノ島さん…?」

江ノ島「あたしを信じて命を預けるか、預けないかはアンタ次第だけどね」

俺「……。」

江ノ島「まぁ、それでも傷が深過ぎるから現状で助かる見込みは5割だろうけど」

朝日奈「5割!?」

大神「むぅ…」

俺「……。」

江ノ島「どうする?」



1江ノ島さんを信じてみる
2いや、自分で何とかしてみる


多数決下3まで
213 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:51:30.38 ID:gyvQ3aygO
1
214 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:52:51.19 ID:zKi76/Fy0
1
ダイジョーブよりかは高いな
215 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 20:56:48.04 ID:oaobEaYE0
5割で生き残りにいくのか……
216 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 21:00:44.19 ID:zKi76/Fy0
やり直すのは前提でこの展開も見たいのは見たいし
217 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 21:01:48.53 ID:suOxHUuvo
裁縫道具が部屋にあるし、軍人の残姉なら止血くらいはできるね
無傷で助けるより罪悪感をあおって良い展開かも。今後も絡みやすくなるし
218 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 22:22:48.64 ID:b8tPaTl0O
体育館

俺「どの道このままだと死ぬしか無いんだろ?なら信じてみるよ江ノ島さんを」

朝日奈「俺…」

大神「そうか…」

江ノ島「じゃあ俺だけついて来て」

俺「俺だけ?」

朝日奈「あたしらは?」

江ノ島「…必要無い。あんただけよ」スタスタ

俺「分かった…」

大神「ならば江ノ島の部屋まで手を貸そう…」

俺「ありがとう…」



江ノ島個室

医療セット「」

俺「あ、あれ?江ノ島さん…医療セットなんか持ってたんだ?…」

江ノ島「…購買にあったのよ」

俺(あったっけ…?)

江ノ島「とにかく、麻酔とかは無いからこれ咥えて痛みは我慢して」

棒状のようなな物「」

俺「分かった…」パクッ

俺(戦争映画とかでよく見る奴か…)

江ノ島「そんじゃ直ぐ始めるよ」

俺「ん…」コクッ

江ノ島「助かる見込みは5割…アンタの運が良かったらこれを抜いても大丈夫な筈」

グングニルの槍「」

俺「……。」

江ノ島「…行くよ?」ガシッ

俺「うん…」

江ノ島「……。」グイッ

俺「@#&!?☆」ブシャァッ!!

俺(い、痛過ぎてヤバイ…死───)


コンマ下二桁
51以上俺、運良く生還した(江ノ島好感度5に上昇)
50以下俺、運悪く死亡


安価下
219 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 22:24:10.59 ID:xiV9ws4Lo
エンジョイ!
220 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 22:52:19.55 ID:z5h+hWnq0
生き残ったか
221 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/08(火) 23:04:16.96 ID:b8tPaTl0O
コンマ59
江ノ島の個室

俺「うっ……」パチリッ

江ノ島「あ、ようやく目が覚めた」

俺「痛さで気を失ってたのか……」チラッ

俺腕「包帯「」」

俺「あ…。これ…」

江ノ島「さすが超高校級の幸運ね。まさか本当に生き残るなんて」

俺「いや、江ノ島さんの腕が良かったんだよ…」

江ノ島「…アタシは助けられた恩を返しただけよ」

俺「まぁ、何にせよありがとう」

江ノ島「いいってば」

俺「でもまさか超高校級のギャルの江ノ島さんにまさかこんな応急処置ができる才能があったなんて驚いたよ」

江ノ島「……。」

江ノ島「…ここでアンタが見た事は他の人に話さないでよ?」

俺「…え?」

江ノ島「さもないと…」ギロッ

俺「……。」ゾクッ!

俺(な、何だ…?この江ノ島さんから出る冷たい感じは…)

俺「わ、分かった!話さない!皆んなにも秘密にしとく!」

江ノ島「なら良いわ。じゃっ、そろそろ学級裁判って奴始まるだろあから準備した方が良いよ」

俺「えっ…?あ、そうだ…学級裁判…。でも俺、全然捜査とかして無い…」

江ノ島「それはアタシも一緒だって。まぁ、他の奴が何とかするでしょ」

江ノ島「とりあえず部屋戻って服だけでも着てきたら?」

俺「あ……///」

俺(…そっか。俺の服血に染まったから捨てたんだった)

俺「う、うん!とりあえず準備してくるよ!ありがとう江ノ島さん!」スタスタ

江ノ島「はいはい」

扉「」バタンッ

江ノ島「……。」

江ノ島「はぁ…」

江ノ島(勝手な事して、盾子ちゃん怒って無いかな…。でもあの時、本気で私の事……)



俺個室

俺「やっべ…。数時間は気絶してたのか?…」

新しい服「」スルスル

俺(桑田君を殺した犯人とかそんなの何も分からないんだけど……)


舞園好感度5
コンマ下二桁
51以上舞園が部屋を訪ねて来た
50以下学級裁判開廷(コトダマ1)

安価下
222 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/08(火) 23:08:55.67 ID:vNcOgkbuO
223 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/09(水) 16:17:52.47 ID:dW+CYJSsO
コンマ67
俺個室

扉「」コンコンッ

俺「ん?誰だ?」スタスタ

扉「」ガチャッ

舞園「あっ…」

俺「舞園さん…?」

舞園「俺君。腕の方は…?」

俺「なんとか止血して、死ぬまでには至らなかったよ」

舞園「そうなんですか。良かった…」

俺「まぁ暫くは、重い物持ったりとか力入れたら傷がまた開いてしまう可能性があるみたいだから控えた方が良いらしいけど…」

舞園「…らしい?誰かに手当てして貰ったんですか?」

俺「あ、いや!なんでも…と、ところで舞園さんは捜査の方は大丈夫なの!?」

俺「そろそろ学級裁判って奴が開かれそうだけど…もう捜査の方は目処がついた?」

舞園「……。」グッ...

俺「舞園さん?…」

舞園「あの…私…」

俺「うん?どうしたんだ?」

舞園「ごめんなさい……」ウルッ

俺「え?な、何で急に謝るんだ?…俺別に舞園さんには何も…」

舞園「違う…違うの……」ポロッ

俺「何が?…」

舞園「私…こんな事になるなんて…考えてなくて…」ポロポロ

俺「……え?」

舞園「グスッ...。私が…桑田君を殺したんです……」ポロポロ...

俺「なっ……!?い、いや…冗談…」

舞園「うっ…あぁぁぁっ…」ポロポロ...

俺(……な雰囲気でも無さそうだな)ゴクリッ

舞園「ごめんなさい…。ごめんなさい……」ポロポロ...

俺「……。」

俺「確か…学級裁判のルールだと正しいクロを指摘した場合はクロだけが処刑……」

俺「だが学級裁判を間違えれば、俺達全員が処刑される…」

俺「…つまり舞園さんか、俺達全員のどちらかが確実に…」

俺(クソッ…。どうにもならないじゃないか…)フルフル

俺「どうしてそんな馬鹿な事をしたんだ…」グッ

舞園「私…どうしても外に出たかったんです…。でも、こんな事になるなんて考えてもなくて…」ポロポロ...

俺「舞園さん…」


1……大丈夫だ舞園さん。俺は約束を守る…。絶対に俺が君を外に出してやる!
2ごめん…俺も死にたくは無いんだ…。舞園さんがクロだったって皆んなに伝えてくるよ…


多数決下3まで
224 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 16:35:51.25 ID:ax+gRPUEO
1
225 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 16:37:04.12 ID:na5HdOu6O
1
226 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 17:48:36.09 ID:/fVLPLRfo
1

これはツラいなぁ…
227 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/09(水) 22:21:04.15 ID:gOXTUYIHO
俺個室

俺「……大丈夫だ舞園さん」

舞園「えっ……」グスッ...

俺「俺は約束を守る…。絶対に俺が君を外に出してやる!」

舞園「俺…君…。うっ…あぁぁぁっ…」ポロポロ...

俺「……。」

俺「一先ず桑田君を殺した時の状況を詳しく説明してくれ」

舞園「桑田君を殺した時の…?」

俺「ああ…。君の事は死なせない…。俺を信じて…全て任せてくれ」コクッ

舞園「……。」

舞園「うん…」ポロポロ...

俺(彼女を守り、ここから助け出す方法は…もうアレしかない…)




──数十分後
エレベーター内

山田「ややっ俺殿!無事だったんですな!?」

俺「ああ…運が良かったみたい」

葉隠「ゆ、幽霊じゃ無いよな?…」

俺「はは…。そんな訳…」

十神「フン…だが、捜査はロクにやれて無いんだろう?」

俺「……。」

セレス「運良く生き延びたみたいですが、どちらにせよこの後全員仲良く処刑されてしまうかもしれませんわね」クスッ

舞園「……。」

俺「…最後までやってみなければ分からないよ」

不二咲「そ、そうだよ。皆んな…弱気になっちゃダメだよ…」

十神「誰が弱気になっていると言った。ようやくゲームが始まったんだ」

十神「逆にオレは楽しみだぞ。どの道最後に勝つのはこのオレだがな」

俺「……。」

俺(いよいよ学級裁判とやらが始まる…。もう後戻りはできない…)チラッ

舞園「……。」

俺(俺が最後まで彼女を守り、外に出してやるんだ…)グッ

エレベーター「」ガシャンッ
扉「」ウイ-ン

俺「よし…。行こう…」スタスタ

舞園「はい…」スタスタ

霧切「……。」
228 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/09(水) 22:28:25.24 ID:gOXTUYIHO
学級裁判場

モノクマ「やあやあ、やっと来たね」

俺「ここが学級裁判場…」

霧切「…ちょっと良い?アレってどう言う意味かしら?」

桑田遺影「」

江ノ島「うわ…趣味わるっ!」

モノクマ「死んだからって仲間外れにするのは可哀想でしょ?」

セレス「わたくし達は16人なのに、何故17人分の席があるのですか?」

モノクマ「深い意味は無いよ。最大17人収容可能な裁判場ってなだけ」

モノクマ「さてと、前置きはこの辺にして学級裁判を始めましょう」

石丸「よし!皆んなで目を閉じよう!犯人は挙手したまえ!」

大和田「アホか。挙げる訳ねえだろ」

モノクマ「うぷぷぷぷ。それでは議論を開始して下さい」

俺(この裁判は俺が勝つ…!)

舞園「……。」

俺(彼女の事は絶対に俺が守ってみせる…)

俺(この俺の…命に代えても…!)グッ

霧切「……。」




学級裁判…開廷!!
229 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 22:33:39.56 ID:xquzW4un0
DEADEND直行かと思ったら
まさか霧切さんに怪しまれないように犯人にならないといけないのか
230 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/09(水) 22:53:20.67 ID:gOXTUYIHO
学級裁判場

朝日奈「議論しろって言われても…」

山田「何から話した物か…」

霧切「先ずは犯行に使われた凶器から検証みましょう」

俺「……。」

俺(…犯行で使われた凶器の厨房の包丁は舞園さんが部屋に持ち帰りゴミ箱に捨てた)

俺(つまり、死体現場に凶器は落ちて無かったんだ。見つかる訳が無い)

朝日奈「凶器って何なんだろう…?」

セレス「モノクマファイルには、桑田君は腹部を1箇所、背中に2箇所刺されたような傷があったと書いていますわ」

十神「桑田の死に方はうつ伏せだった。恐らく最初に腹を刺されて逃げようとした所を背中から刺されたんだろう」

山田「容赦ありませんなぁ…。犯人はいったい桑田怜恩殿に対して凄まじい怨みを持っていたのでしょうか…」ブルッ

舞園「……。」

俺「……。」ドクンッドクンッ...

俺(…事件当時の事を見た訳じゃ無いのにそんな事まで詳しく分かってるのか)ドクンッドクンッ

俺(やはり十神君やセレスさんは口だけじゃない…。このままだと…)ゴクリッ...

俺(いや、未だ大丈夫だ…。それでも凶器が特定された訳じゃない…)



大和田「刺されたっつー事は、犯人はナイフで桑田を刺したんだな?」

霧切「…いいえ。桑田君が殺された凶器はナイフでは無かった筈よ」

大和田「おん?」

セレス「わたくし達はここに閉じ込められた時に、所持品は愚か携帯電話すら取り上げられているのです」

セレス「ナイフなんて誰も所持していませんわ」

江ノ島「じゃあ桑田は何で殺された訳?ナイフ以外で刃物なんてこの学園にあったっけ…?」

葉隠「見た事ねーぞ!?」

俺「……。」

俺(裁判中にずっとダンマリなのも逆に怪しまれるかもしれない…)

俺(この辺りで先手を取って俺から仕掛けるか?…)


1ここで俺も発言する
2…いいや、下手な発言はしない方が良い。未だ様子を見よう


多数決下3まで
231 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:00:32.76 ID:iuEocZyH0
2
難しいなぁ
232 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:08:19.58 ID:J3RA8ZPzO
1
233 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:08:49.33 ID:PBHna9jwO
1
攻めの呼吸
234 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:10:00.23 ID:xquzW4un0
包丁ってことにされると不味いから模造刀の情報を出す2
235 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:12:09.41 ID:HiCm+nq80
236 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/09(水) 23:16:37.46 ID:xquzW4un0
間違えたけどもう決まってたからいいか
つーかモノクマファイルすら見れないのかよ
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 00:19:22.19 ID:58TgIEgUO
学級裁判場

俺(こう言うのは流れが大事だ…)

俺(…だったら、この序盤で俺が怪しいって流れにして一気に持って行く!)グッ

俺「ナイフ以外の刃物って…。厨房の包丁なら可能だと思う…」

舞園「…。」

江ノ島「厨房の包丁?」

セレス「確かに…包丁なら刺し殺す事も可能でしょうね」

大和田「でもそんな包丁なんか持ち出したら誰か気付くだろ。他にもあるんじゃねーか?」

霧切「いいえ。俺君の言う通り、事件後に厨房の包丁が一本だけ無くなっていたわ」

不二咲「じゃあその包丁を持ち出した人が桑田君を殺したって事だよね…?」

石丸「正直に言いたまえ!誰が厨房の包丁を持ち出したのだ!?」

腐川「だ、だから出てくる訳無いでしょ…」

俺(…よし、ここだ!)

俺「あ、あのさ…」

石丸「うん?俺君?どうしたんだね?」

俺「昨晩包丁を持ち出したのは俺なんだけど…」

周りの生徒達「「「ええっ!?」」」

霧切「……。」

舞園(俺君…)

俺「あ、いや…。先に言っとかないと、誰かに後から言われたら怪しまれると思ったから先に証言しておきたくて…」

十神「…一応聞いておいてやる。何故厨房から包丁を持ち出した?」

俺「それは…。あんな映像を見させられて誰かが俺を狙って来た時の護身用にしようと思って…」

山田「…なるほど。だけど、その包丁を持った時に俺殿はこう考えた訳ですな?」

俺「えっ?…」

山田「殺されるのを待つくらいなら、誰かを殺してしまった方が早いんじゃ無いかと…」

朝日奈「嘘…」

大神「お主が…?」

俺「ち、違っ…違うよ!」

山田「俺殿…見かけによらず恐ろしい男ですな…」

俺「待ってくれ!俺は犯人なんかじゃない!」

セレス「ですが、厨房から無くなっていた包丁はその1本だけなのでしょう?」

セレス「俺君以外に犯行は不可能では?」

俺「いや…そんな…」

朝日奈「本当に俺が桑田を殺したの?…」

俺「ち、違うよ!俺は…」

俺(よし…。皆んな俺を怪しんでる…。このまま行けば…)

朝日奈(俺……)

霧切「……。」


朝日奈好感度4
コンマ下二桁
41以上俺がクロと言う事になる
40以下朝日奈「そ、そうだ!ちょっと待って!包丁を持ち出したのって俺じゃ無いよね!?」

安価下
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 00:20:46.23 ID:AFaGq8L+0
239 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 00:20:49.30 ID:UDsR2kAH0
240 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 00:32:56.98 ID:CHEajx/k0
ここに来て最初に話しかけたのが足引っ張りにきた
241 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 00:45:23.29 ID:58TgIEgUO
コンマ23
学級裁判場

朝日奈「そ、そうだ!ちょっと待って!包丁を持ち出したのって俺じゃ無いよね!?」

俺「えっ…」ドキッ!!

朝日奈「あたし事件が起きる前の晩、さくらちゃんと一緒に食堂に居たんだよ。怖くてさ…」

石丸「うん?さくらちゃんとは?」

大神「我だが?…」

石丸「…そ、そうですか」

朝日奈「その時に食堂に来たのって俺じゃなくて…舞園ちゃんじゃなかった?…」チラッ

舞園「…!」ビクッ

舞園「え、ええ…。行きました…」

朝日奈「舞園ちゃんが厨房から飲み物を取って返った後くらいに包丁が一本消えてたと思うんだけど…」

十神「…思う?」

朝日奈「い、いや!消えてたよ!厨房から包丁を持ち出したのは俺じゃなくて舞園ちゃんだよね!?」

俺(チィッ…!朝日奈さん…邪魔を…)ギリッ...

霧切「……どう言う事かしら舞園さん?」

舞園「それは…」

俺「俺が舞園さんに持って来て欲しいって頼んだんだ…」

霧切「頼んだ?…」

舞園(俺君…)

俺「ああ…。滅多に食堂に行かない俺が厨房に行くのは誰かに見られた場合絶対に怪しまれると思ったから…」

俺「だからその日の昼間に一緒に護身用の武器を探して貰ってた舞園さんに厨房から包丁を持って来て欲しいって頼んだんだよ」

セレス「その日の昼間に一緒に護身用の武器を探していたと言うのは本当ですか?舞園さん?」

舞園「え?は、はい…本当です…」

霧切「…何か証拠はあるのかしら?」

舞園「証拠って…そんな…」

俺「一応俺の部屋に体育館前のホールから持ってきた金箔の模擬刀がある」

俺「…でもアレは持つだけで手に金箔が付いて使用感が悪いからシンプルに包丁に変えて貰ったんだ」

霧切「そう…」

俺(ホッ…咄嗟に出た嘘だが何とかかわせたか…)

霧切「でも一つだけ言っておくわよ俺君」

俺「…え?」

霧切「正しいクロを指摘できなかった場合は、私達全員が処刑される…」

俺「ッ…!」

舞園「……。」

霧切「…犯人を庇うとか、そんな事は何にもならないわよ?」

俺「分かってるよ…。だから俺も全力で解決に向けて頭を回してるんだ」

俺(マズイ。これ以上怪しまれると終わってしまう…)

俺(次こそ確実に仕掛けないと…)
242 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 01:17:25.11 ID:58TgIEgUO
学級裁判場

セレス「凶器が包丁で、その紛失していた唯一の包丁は俺君が持ち出した」

セレス「これは犯人は俺君しか居ないのでは?」ニコッ

俺「いや…俺じゃ無いよ!」

腐川「だ、だったらその包丁は何処にやったのよ…」

俺「それが…。部屋の引き出しに閉まってた筈なんだけど、いつの間にか無くなってたんだ…」

葉隠「それじゃあ誰か部屋に入って盗んだって事か?」

俺「ああ…そうとしか考えられない…」

十神「だが部屋には鍵がかかって居るだろう?あの鍵はピッキング防止の加工がされてた筈だが?」

俺「そ、それが実は…俺ってばその日は鍵を閉め忘れて寝てたみたいで…」

十神「何?…」

セレス「変な偶然ですわね…」

俺「……。」

霧切「それよりも先に皆んなに聞きたいのだけど」

俺「…うん?」

霧切「この中で、部屋に設置されてるメモ帳を既に使用してる人は居る?」

舞園「…!」ビクッ

俺(その質問は…まさか霧切さんは発見してるのか?もう一つの回収しきれなかった証拠を…)ゴクリッ

俺(クソッ…こうなったら…)グッ

舞園「あ─「俺は使ってるけど…」

俺「…それが、どうしたんだ?」

舞園(俺君…)

霧切「使ってるのは俺君だけ?なら変ね」

十神「どう言う事だ?」

霧切「桑田君の死体のポケットから出て来たのよ」スッ

朝日奈「あっ!?」

山田「そ、それは…!?」

俺(くっ…。やはり…)

メモ用紙「二人きりで話したい事があります。誰にも見つからずに夜1時頃に学園の教室まで来て下さい。 」

舞園「…!」ドキッ

霧切「下の部分は千切られてしまってるけど、これは恐らく犯人が回収したんでしょうね。自分が殺した事を探られないようにする為に…」

霧切「私の予想だとこの部分には名前が書いてあった筈よ」

俺(マズイ…霧切さん。鋭すぎる…)

俺(何とかしないと…)
243 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2020/12/10(木) 03:03:49.46 ID:cl/WEtKj0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
244 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 14:26:15.63 ID:0XppROnaO
学級裁判場

山田「霧切響子殿の持つそのメモの文体から犯人の推測ができたりしませんかな?」

セレス「超高校級の鑑定士でも居ればクロが浮かび上がった可能性もありましたが、わたくし達では無理でしょう」

朝日奈「うーん…。じゃあ分からないままかな…」

葉隠「諦めるのは早ええって!オレには見えて来たべ!」

俺(ん?葉隠君?…)

江ノ島「うわ…意外な所から声が上がった…」

葉隠「いや、意外って酷くない江ノ島っち…」

俺(まぁ彼なら大丈夫か…。馬鹿だし…)

十神「いいからお前の分かった事を言ってみろ」

葉隠「ズバリ!桑田っちを殺した犯人は女子だべ!」ビシッ

俺「…!?」

舞園「……。」

俺(なっ…!?嘘だろ?いや、単なる偶然だ…)

腐川「ふ、ふざけんじゃないわよ…。何で女子が桑田を殺したのか理由があるって言うの…?」

葉隠「桑田っちは女好きだったからな。そんな深夜に男子が桑田っちを呼び出しても、絶対めんどくさがって行かない筈だべ!」

葉隠「だから犯人はこの中の女子の中にしかいない!」

セレス「なるほど…。桑田君の性格を考慮すれば、一応筋は通っていますわね…」

俺(葉隠君…意外にやる…)

腐川「あ、あたしは呼び出してないわよ…」

葉隠「そりゃ大丈夫だ。桑田っちだって女子は女子でも、腐川っちに呼び出された所で絶対行かねー筈だしな」

腐川「なんであたしの呼び出しだと来ないのよ。この場で殺してやろうかこいつ…」

大和田「じゃあとりあえず、クロはこの中に居る女子の誰かって事で良いのか?…」

舞園「……。」

俺(マズイな…。ここまで追い詰められるなんて予想すらしてなかった…)

俺(リスクはあるが、俺も再び動きださないと…)
245 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 15:19:17.07 ID:CHEajx/k0
こいつら味方の時は役に立たねえ癖に
246 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 15:54:09.41 ID:0XppROnaO
学級裁判場

霧切「それだけで未だ犯人が女子だと断定するのは早いわ」

葉隠「え?何で?」

霧切「犯人が女子の名を勝手に使い、桑田君を教室へ呼び出した可能性もあるもの」

霧切「…そうしたら男子にだって犯行は可能でしょう」

葉隠「あれま!?」

霧切「だから私は改めて皆んなに聞くわ。この中で部屋にセットされてあるメモ用紙を既に使ってる人は居るかしら?」

周りの人達「……。」シ-ン...

霧切「……。」

山田「誰も使って無い…と言う事ですかな?」

セレス(…当たり前ですわ。わたくしも使いましたが、この状況で名乗り上げるなんて、それこそ自分が犯人だと自白してるようなもの)

霧切「誰も居ないと言う事かしら?」

俺「……。」

俺(…よし、ここしかない)

俺「じ、実は俺…ちょっとだけ使ったんだけど…」スッ

朝日奈「ええ…俺?…」

十神「またお前か」

霧切「……。」

セレス「…ここまで来ると怪しさを通り越して、むしろ俺君はシロだと感じてきますわね」

俺「……。」

霧切「…どのような用途で使用したのか、聞いても良いかしら?」

俺「そ、それは…ちょっと…字の練習と言うか…」

腐川「こ、こんな監禁された状況下で字の練習ですって!?幾ら何でも怪し過ぎるわよアンタ…」

俺「いやぁ…なんか…ここのメモなら字、上手く書けるかなぁって…はは…」

葉隠「いや、笑えねーって…」

俺「うっ…」

周りの生徒達「「…。」」ジトッ...

俺「ま、待ってくれ皆んな!だけど俺は犯人じゃない!信じてくれ!」

俺(…いいぞ。皆んなそのまま俺を疑い続けろ)



江ノ島(本当に俺君が桑田君を殺したの?…)

モノクマ『助けてグングニールの槍!』

俺『江ノ島さん!!!危ない!!』タッ

江ノ島『…え?』


ドンッ

江ノ島「……。」

江ノ島(既に昨晩の間に殺人を起こしてた彼が、命懸けで私を助けたりするかな…?)


江ノ島好感度5
コンマ下二桁
51以上俺がクロと言う事になる
50以下江ノ島「待って!俺が犯人はおかしくない?」

安価下
247 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/10(木) 16:06:56.18 ID:BNh2dnRl0
逝け
248 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 16:24:49.19 ID:iZWvzoQJ0
イナズマイレブンの安価SSもあるので読者はどんどん参加してくださいね
249 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 17:18:14.23 ID:gURKW00B0
この流れなんか草
250 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 17:56:30.22 ID:38XhlNswO
死にたくても全然死なないな
神は俺君に生きろと言っている
251 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 18:14:25.95 ID:ZxXCPPDsO
幸運だから生きる方向に進むのかな
252 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 18:23:03.52 ID:02DbVShP0
これ生き残ったとしても全員から嫌われそうだな
犯人に手を貸して皆を殺そうとしたやつだし
253 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 19:31:29.22 ID:BOUeh61LO
まあ終盤の朝日奈も許されたしなんとかなんじゃねえの
このまま先には進まんけど
254 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 19:36:36.32 ID:pQuXHIua0
コンマ18
学級裁判場

江ノ島(…やっぱり俺君では無いと思う)

江ノ島「待って!俺が犯人はおかしくない?」

俺「え、江ノ島さん…?」

十神「ほぅ…何か根拠があるのか?」

俺(今度は江ノ島さんが…?いいや、俺と同じく捜査をしなかった江ノ島さんが証拠を掴んでる訳が無い…)ドクンッドクンッ...

江ノ島「俺の手を見てみてよ」

俺「…うん?手?」

俺両手「」スッ

俺(何だ?こんな場所から証拠なんて出てくる筈が無いだろ?)

セレス「俺君の手がどうなされたのです?」

江ノ島「素人が包丁で人を刺したらさぁ、大体が刺した本人も
指を切って怪我するんだよね」

俺(えっ…?あ…)ドキッ!

葉隠「うん?でもテレビとかじゃ犯人は自分の手なんか怪我してねーぞ?」

江ノ島「そりゃあ撮影だからフリをしてるだけだって。でも俺の手を見てみてよ」

俺「ッ…」

俺両手「」綺麗なまま

江ノ島「人を刺した筈なのに、全く怪我なんかしてないじゃん」

山田「た、確かに…江ノ島盾子殿の言う通りですな…」

江ノ島「だから多分俺の言ってる事は本当だよ。俺は犯人なんかじゃ無い」

俺「は、はは…。だから言ってるじゃないか…」

俺(ま、マズイ!?まさか俺の嘘証言が悉く論破されるなんて…)

セレス「…それにしても、素人が包丁で他人を刺した場合は自分も傷を負うだなんてよく知っていましたわね江ノ島さん」

江ノ島「え?あぁ…。いや…」

十神「まるで誰かを刺した経験があるかのような言い回しだな」

江ノ島「だ、誰かを刺した事なんてある訳無いでしょ!」

朝日奈「そうだよ!江ノ島ちゃんは超高校級のギャルだけど、色々物知りなだけだよ」

江ノ島「そ、そうそう!ギャルって色んな情報が入ってくるからさぁ〜」

十神「怪しいな…」

セレス「ギャルにそんな情報、入ってきても直ぐに忘れそうな物ですのにね」

江ノ島「な、何となく覚えてたんだよねぇ〜…あははは…」

モノクマ「……。」

モノクマ(残姉過ぎ…。やっぱコイツ絶望的に殺しといた方が良かったか?…)
255 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 19:57:52.39 ID:pQuXHIua0
undefined
256 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 19:59:01.82 ID:pQuXHIua0
学級裁判場

江ノ島(ど、どうしよ…。もしかしてボロ出した…?)チリッ

モノクマ「うおっほん。まぁ雑談はそれくらいにして、そろそろ桑田君を殺したクロを見つけてよ」

モノクマ「僕もそろそろ飽きてきちゃったしさ」

江ノ島(ありがとう盾子ちゃん…)

モノクマ(…誰かコイツ殺ってくんねーかな)

大神「だが、確かに今は犯人を見つける事が最優先だ…」

セレス「では一先ず話を戻しましょう。俺君だけは間違い無く犯人じゃ無いとするなら、この中の他の誰かが犯人となる訳ですが」

俺「ッ…」ゴクリッ

俺(マズイ…。俺がクロになるつもりだったのに、逆に確シロ扱いになってしまった…)
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 19:59:35.46 ID:pQuXHIua0
学級裁判場

朝日奈「厨房から包丁を持ち出したのは俺じゃなく舞園ちゃんだったんだよね?…」

不二咲「でもそれを頼んだのは俺君らしくて…」

十神「あの緊迫した状況で、何故か鍵をかけずに眠っていたお前は部屋に入られ包丁を盗まれた」

十神「フン…。しかしピンポイントで包丁のあるお前の部屋に入られるなんて、まるでお前の部屋に包丁があるのを知ってた可能性のある奴が犯行を行ったみたいだな」

舞園「……。」

俺(くっ…ど、どうする…。俺の嘘証言の所為で、逆にこれじゃ舞園さんが…)

江ノ島「でもさぁ、普通だったらそのまま部屋で眠りこけてる俺を殺すよね?」

江ノ島「何でわざわざリスクがあるのに、桑田を呼び出して殺したのかな?…」

セレス「可能性として考えられるのは二つでしょう」

セレス「一つは犯人の俺君が嘘をついている事…」

大神「だが、俺は犯人じゃない…」

大和田「じゃあ余程桑田が憎かったとかか?或いはそいつと親しい奴の犯行で俺を殺すのは躊躇ったとか…」

山田「そしてメモの名前に書かれていた人物は桑田怜恩君がホイホイっと釣られる美人の可能性が高いんでしたな」

霧切「……。」

俺(マズイマズイマズイ…!!何とかしないと…早く、何とか…考えろ!もっと考えるんだ!!)ドッドッドッ...

俺(このままじゃ舞園さんが……)

舞園「…。」

俺(くっ…だめだ。俺の頭ではもう…何も思い浮かばない…)ギリッ...

俺「ッ…」グッ

俺(頼むよ神様…。俺が本当に超高校級の幸運なら、どんな方法でも良いから彼女を助けてやってくれ…)


コンマ下二桁
91以上俺、幸運発動で逆転勝利
90以下霧切「桑田君を殺した犯人は舞園さん…貴女ね?…」

安価下
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 20:00:28.74 ID:UJAP66OJ0
たあっ
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 20:02:17.33 ID:BOUeh61LO
残念です
260 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 20:03:35.81 ID:BOUeh61LO
ここまで来て実は舞園さんがクロじゃなかったですって展開あるかな
261 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 21:00:38.02 ID:Cq+zGTYw0
あるのかな?
262 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 21:04:07.29 ID:pQuXHIua0
コンマ74
学級裁判場

霧切「桑田君を殺した犯人は舞園さん…貴女ね?…」

舞園「……。」

俺「なっ…!?」ドクンッ!

朝日奈「ま、舞園ちゃんが!?」

大神「桑田を…」

山田「た、確かに桑田怜恩殿は舞園さやか殿からの誘いならホイホイ乗っかりそうですが…」

俺「な、何言ってんだよ!?舞園さんが桑田君を殺すなんて、そんな事ある訳無いだろ!?」

霧切「…もういいのよ俺君。…これ以上、彼女を庇う必要は」

俺「か、庇う!?何言ってるんだよ!そんな事、俺は…」

十神「だったら何故さっきから自分を怪しませるような行動を取り続けている?」

俺「それは……」

セレス「それはなんですか俺君?」ニコッ

俺「……。」

俺「舞園さんじゃ無く…。俺が…犯人だから…」

舞園「……。」

朝日奈「俺…」

俺「そうだよ!俺が桑田君を殺したんだ!」

セレス「それだとおかしいですわね?俺君は凶器の包丁を盗まれたのでは?」

俺「ほ、本当は盗まれてなんか無い!俺が桑田君をメモ用紙を使って呼び出してこの手で殺したんだ!」

俺「皆んな間違わないでくれ!舞園さんは犯人じゃない!犯人は俺なんだ…」

葉隠「俺っち…」

江ノ島「俺…」

大神「……。」

俺「本当なんだよ…俺が、この手で…」

舞園「違います。俺君は犯人じゃありません…。私が…殺したんです…」

俺「なっ…!?ま、舞園さん?…」

舞園「ごめんなさい…。俺君は一生懸命頑張ってくれたのに…」

俺「な、何言ってるんだよ…?舞園さんの言ってる事…全然分からないよ…」

舞園「俺君…。私なんかの為に、本当にありがとう…」ポロッ

俺「舞園さん…?」

舞園「皆んな…黙っていてごめんなさい…」

舞園「私はどうしても外に出たくて…桑田君を殺したんです…。でも、こんな事になるなんて想像していなくて…」ポロポロ…

俺「何言ってんだよ!!?く、桑田君を殺したのは…」

舞園「私です…」スッ  

朝日奈「あ…。その手の傷…」

舞園手「切り傷「」」

舞園「…江ノ島さんの言ってた通り、桑田君を刺す際に自分の手を切っちゃったんですよ」

俺「ッ…!」
263 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 21:27:25.86 ID:pQuXHIua0
学級裁判場

モノクマ「どうやら議論の結果が出たようですね」

モノクマ「それではオマエラ、お手元のスイッチでクロだと思う方に投票して下さい」

舞園「皆さん…。黙っていて、本当にすみませんでした…」ペコリッ

朝日奈「舞園ちゃん…」

不二咲「グスッ...」

江ノ島「アンタ…」

霧切「……。」

俺「違うんだ皆んな!俺が…俺が犯人なんだよーっ!!」



スロット「」ジャコッ
「舞園舞園舞園」カチャンッ
「GUILTY」
メダル「」ジャラジャラ...
264 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 21:30:35.93 ID:pQuXHIua0
学級裁判場

モノクマ「大正解!桑田怜恩君を殺したのは舞園さやかさんでしたー!」

俺「……。」ドサッ

モノクマ「ちなみに、今回の投票は全会一致ではありませんでした。俺君、自分に投票するなんて絶望的だね〜」

モノクマ「でも、多数決で救われて良かったね!うぷぷぷぷ〜!」

俺「……。」

俺「……なんで」

舞園「……。」

俺「なんでだよ…舞園さん…。どうしてッ!?」

舞園「ごめんなさい…。でも、これ以上…」ポロポロ

俺「俺は君を守るって…約束したのに…」グッ

俺「なのに…なんで……何でなんだよ…」ググッ

舞園「ごめんなさい……」ポロポロ

モノクマ「はい。青春している所悪いんですが、舞園さんにはスペシャルなお仕置きを受けて貰うよ」

俺「なっ…!?」ハッ!

舞園「……。」ポロポロ..

俺「ま、待ってくれモノクマ!今回は見逃してくれ!」

モノクマ「うん?見逃す?」

俺「だって今回の事件はそっちのミスじゃ無いか!事件が起きた後にルールを明白にして!!」

モノクマ「うんうん。俺君の言い分も分かるよ。でもね、ちゃんとルールを確認する前に動いた舞園さんの方が早とちりだったんだよ」

俺「はぁ!?」

セレス「…一応、校則には他人に殺人をした事を知られてはいけないとは書いてありましたからね」

俺「だ、だけど!」

モノクマ「秩序を乱した者はちゃんと制裁を受ける。それが社会のルールでしょ?」

俺「ッ…!」

モノクマ「それじゃ行こうか」

ボタン「」ウイ-ン

俺「はっ…!舞園さん!!逃げろ!」スッ

舞園「こんな私を…最後まで守ろうとしてくれてありがとう…。俺君…」ポロポロ

俺「舞園さん!?」バッ

モノクマ「超高校級の舞園さやかさんにはスペシャルなお仕置きを用意しました」ブンッ

ボタン「」ポチッ


俺は舞園さんを守ると…どんな事をしてでも舞園さんを外に出してやると約束したのに…



舞園「…。」ニコッ

俺「…!?」ビクッ...

俺手「」スカッ
舞園手「」


───俺の手は、舞園さんに届く事は無かった…
265 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 21:38:46.82 ID:pQuXHIua0
お仕置き場

「舞園さやかinファイナルステージ」


トラバサミ「舞園「」」

舞園「♪♪♪」タンタンタンッ



俺(巨大なトラバサミ状のステージに立たされて、超高校級のアイドルらしく完璧なステージを披露する舞園さん)

俺(右にある採点表が少しずつ上がって行く…)

20「」
19「」ピコンッ
18「」ピコンッ

俺(舞園さんのステージは完璧で、間違い無く満点になるのかと思った…。だが…)

20「モノクマ「」」ドガ-ン!!

俺(20点の場所をモノクマが破壊…。それにより、舞園さんの得点が満点になる事は一生訪れる事無く…)

採点表「」ブブ-

トラバサミ「」バクンッ!!

舞園「」グシャッ!

俺(…舞園さんはトラバサミにより、身体を2つに引き裂かれて殺されてしまった)


266 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 21:51:27.63 ID:36dkQw3yO
お仕置き場

俺「う…うわあぁぁぁっ!!!」

朝日奈「そんな…」

大和田「ま、舞園…」ゴクリッ

葉隠「ひいぃっ!?…」チョロ...

不二咲「嫌だよ…。こんなの…」ポロポロ

俺(俺以外にも、舞園さんの処刑を見ていた他の皆んなは…)

俺(そのグロテスクで凄惨な光景に絶句し、恐怖し、泣いている人達も居た…)

モノクマ「いやあ、流石超高校級のアイドル。絶望的な良いステージだったねえ」

俺「クソッ…クソッ!!モノクマッ…」グッ

モノクマ「うんうん。分かるよ。絶望しているんだね俺君」

モノクマ「舞園さんを守ると約束したのに、守りきれなかった自分自身の弱さに」ニヤニヤ

俺「クソオッ!!!お前が、お前が居なければ!!」グッ  

俺(怒りに身体を支配された俺は、モノクマを殴り飛ばそうとした…だが…)

俺手「」グッ

俺「!?」クルッ

霧切「…今はやめておきなさい」 グッ

俺(…校則違反をしてでも殴りかかろうとした俺の手を制したのは、他でも無い俺の嘘を看破した霧切さんだった)

霧切「…貴方が本当に舞園さんの仇を取りたいのならね」

俺「ッ…」

俺手「ググッ」霧切手

俺(俺の手を制した霧切さんの手には力が入っていた…)

俺「うっ…」ウルッ

俺「クソ…。クソッ…ちくしょう……」ポロッ...

霧切「……。」

俺「うわぁぁぁぁっ…」ポロポロ...

俺(守りたかった…君の事を…最後まで……)ポロポロ...
267 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 21:55:44.22 ID:BOUeh61LO
(そんなに仲良かったかな…?)
268 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 22:02:59.33 ID:36dkQw3yO
俺個室内

俺(…俺達は学級裁判の後、誰も言葉を発しないまま…それぞれの部屋へと戻って行った)

ベッド「」ボフッ

俺「はぁ…」

俺(舞園さん…)



俺『どんな事をしても絶対に…絶対に外へ出してみせるから、今は俺を信じてくれ!!』

舞園『うあぁぁぁっ…あぁぁぁぁぁぁ…』ポロポロ...



俺「………約束したのに」スッ

俺手「」

俺(…舞園さんは俺の力不足により、処刑されてしまった)

俺(もっと…俺に知能があったら舞園さんを救えたのかな…)

俺(もっと…舞園さんに気を遣ってやれたら、結果は変わってたのかな…)

俺(もっと…。もっと……)

俺手「」グッ

俺「俺が…強かったら………」ポロッ...

ピンポ-ン…ピンポ-ン

俺「…うん?」

俺(誰だこんな時間に…)スタスタ

扉「」ガチャッ

霧切「……。」

俺「…うん?」

俺(霧切…さん?…)
269 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 22:28:19.32 ID:36dkQw3yO
俺個室

俺「何の用だよ…。もしかして俺を笑いに来たのか?…」

霧切「…いいえ。違うわ」

俺「……。」

俺(…俺は正直彼女が苦手だ)

俺(異様に頭が回り、次々と証拠を提示して来た彼女さえいなければ…俺は舞園さんの事を守れてたかもしれないから…)

霧切「貴方に一つ、聞いておきたい事があったのよ」

俺「…聞いておきたい事?」

霧切「あの場では皆んな勘違いしていたかもしれないけど…」

霧切「俺君。貴方、本当は舞園さんとそこまで仲が良かった訳でも無いでしょう?」

俺「えっ……」

霧切「舞園さんと特に親しげにしていた所を見た事が無いもの」

俺「フッ…。やっぱり、よく見てるんだな…」

霧切「だけど貴方はそんな彼女を自分や他の人の命と引き換えに、自ら罪を被り助け出そうとした…」

俺「……。」

霧切「そこまで仲良くも無い相手に何故そんな行動に走れたのか、その理由だけ教えてくれない?」

俺「……。」

俺「目の前で誰かが泣いてるのに…黙って見過ごす事なんてできる訳無いじゃないか…」グッ

霧切「…それだけ?」

俺「他に何があるんだよ…。これだけで立派な理由じゃないか…」

霧切「そう……。貴方が動く理由はそれだったのね…」

俺「……。」

俺「…結局、霧切さん達に嘘を暴かれて彼女を守る事すらできなかったけどな」

霧切「……。」

霧切「…でも、私の推理が正しければ…俺君がクロだと皆んなに思わせる事ができても」

霧切「舞園さんが貴方に頼った時点で、この結果は覆らなかったと思うわ」

俺「えっ?…」
270 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 22:43:46.24 ID:36dkQw3yO
俺個室

俺「結果が覆らなかったって…どう言う事だよ…」

霧切「舞園さんはきっと、俺君が代わりにクロだと認定されても自分から真犯人は自分だと名乗り出た筈よ…」

俺「何でそんな事が分かるんだよ…」

霧切「…そうじゃ無ければ、彼女の貴方への最後の言葉はああはならなかった筈だもの」

俺「…!」


舞園『俺君は、最後まで生きて下さいね。約束ですよ』ニコッ

俺『!?』ビクッ



霧切「…もし貴方の事がどうでもよければ、自分の死後の事は考えて無かった筈」

俺「……。」

俺(舞園さんが俺を…?あ…)

俺「…もしかして霧切さん」

霧切「??」

俺「俺を慰めに来てくれたのか?」

霧切「……。」

俺(…あれ?何だ?意外に優しい子なのか?)

霧切「…後追い自殺とか考えて無いか確認しに来ただけよ」

霧切「でもそんな事を気にしてる感じなら大丈夫そうね」

俺「当然だよ」

霧切「…え?」

俺「だって俺は、舞園さんの分まで生きていかなきゃならないし…それに…」

俺「今度こそ約束を果たすって決めてるからな」ニコッ



霧切の好感度が2に上がった
第1章END
271 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/10(木) 22:47:35.08 ID:36dkQw3yO
俺活躍度(0%)
第一章END


1最初からやる
2次のチャプターに進む


多数決下5まで
272 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:51:06.08 ID:pe8JpSWPO
2
273 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:52:17.72 ID:9Dsd8wW20
274 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:52:28.70 ID:1uo5jbWNO
1
275 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:52:45.72 ID:miMIxuG1O
1
276 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/10(木) 22:54:46.52 ID:9Dsd8wW20
ホンマ油断も隙もないな
277 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:02:12.52 ID:hBpaAcrC0
1
278 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:05:07.53 ID:S35yUq4/0
飛行機食らったら続いてたのか
良心的でよかった
279 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 00:47:55.14 ID:ASp818uQO
最初から始めます
──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」


初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下5まで
280 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:52:07.86 ID:H25sBpZm0
2
真ハーレムやっけ
281 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:55:47.14 ID:X3i0jKxt0
2
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:55:53.83 ID:nhmZhOg9O
2で全員生存目指す
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 00:56:30.82 ID:ASp818uQO
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:57:54.67 ID:s1m1IHiY0
285 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:58:20.08 ID:nhmZhOg9O
2
286 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 00:58:28.21 ID:s1m1IHiY0
ごめん2です
287 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 01:07:46.25 ID:hBpaAcrC0
2
288 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 01:48:31.98 ID:ASp818uQO
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は何か頻繁に幸運な事が起きるんだよな)

俺(常に幸運が起きたら良いのに)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(ゾロ目発生時は全て99に変換)
289 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 01:49:12.83 ID:ASp818uQO
教室

俺「……う…ん?」パチリッ

俺(あれ…?いつの間にか机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ふわぁぁ……」

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(おかしいな。目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…!?かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「……。」

俺「オマエラ?手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やばっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の蛍光も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い大きな扉は?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館へ向かおう」スタスタ
290 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 01:49:52.30 ID:ASp818uQO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
291 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 01:51:48.52 ID:o/CQbJyS0
292 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 02:02:57.33 ID:S35yUq4/0
2週間経ってようやく初められる
293 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 02:22:23.49 ID:ASp818uQO
コンマ52
体育館

俺(実は俺は超高校級のアイドルでもある舞園さんとは同じ中学だった)

俺(一つの中学から超高校級が二人も出て、更に同い年で同じ高校に入学だなんて普通ならフラグか何かなんだろうが…)

俺(彼女は中学の頃から人気者で、方や俺は希望ヶ峰学園から抽選で選ばれただけの只の幸運…)

俺(……本当に中学が同じってだけで、彼女とは中学時代に一度も話した事なんか無いし)

俺(…俺の事なんて同じ中学に居たなんて覚えてすらいないんだろうな)

舞園「俺君ですよね。覚えていますよ」ニコッ

俺「えっ…!?///」ドキ-ンッ

舞園「良かった。知ってる人が居て///」

俺「い、いやでも話した事とか無かったし…」

舞園「3年間も一緒だったんですから、覚えてるに決まってるじゃないですか」ニコッ

俺(ええ…嘘だろ?舞園さんのような人気者が目立つ事の無かった俺を覚えてただなんて…)

舞園「えー。そんなに冷たい人間だと思われてたんですか?ショックですぅ…」

俺「え?あ、あれ?口に出てた!?違う違う!嬉しかったって言うか…その…」

舞園「うふふ。冗談ですよ///」ニコッ

俺「ええ….冗談かよ///」

俺(…彼女が超高校級のアイドルと呼ばれてる理由が何となく分かった気がする)

俺(こうしてちゃんてま話したのは初だけど、めちゃくちゃ可愛い…)

舞園「うふふ///」

俺(超高校級のアイドルの名は伊達じゃないな)


舞園の好感度が4に上がった
294 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 02:31:00.31 ID:ASp818uQO
体育館

俺「でも舞園さんが一緒で良かったよ」

舞園「俺君もですか?」

俺「うん。俺もここに居る他の超高校級の人達の空気に何かプレッシャーみたいな物を感じてたからさ…」

舞園「うふふ、じゃあ私達一緒だったんですね///」

俺「う、うん…///」

十神「いつまでじゃれあっている?」

俺「え?…」

舞園「??」

十神「さっさと本題に入るぞ」

俺「…本題って?」

俺(なんだよこいつ…良い所だったのに…)

十神「何故こんな事になっている?誰かの仕業なのか?」

十神「だとしたら、それは誰だ?」

俺(確かに、入学式にしては何か変な雰囲気だが…)

江ノ島「つーか、アタシの荷物何処行っちゃったの?いつのまにか携帯も無くなったし」スタスタ

俺「あっ、そうだ携帯だ!」スッ

周りの生徒達「!!」ゴソゴソ

俺「あれ?俺のも無いぞ…?」

山田「嘘!?ウソ!?」アタフタ

大神「我の携帯もだ。奪われたと言う事か…」

腐川「こ…こんなの監禁じゃない…!」

俺「監禁…?」

葉隠「そうシケタ面すんなって。どうせオリエンテーションか何かだろ。オレの占いがそう言ってるべ」つ水晶玉

桑田「マジで!?当たるのか?」

葉隠「オレの占いは3割当たる!」

腐川「た、たった3割!?」

葉隠「うっ…」ガクッ

俺「いったい俺達のこの状況を作り出した奴は何が目的なんだ?」

霧切「…。」 チラッ

スピーカー「」キイイイン!!

俺「…うっ?なんだ?」

『アー。アー。マイクテスト。マイクテスト。大丈夫?聞こえてるよね?』

俺(何だこの不快な声…)

『えー、新入生の皆さん。今から入学式をとり行いたいと思います』

葉隠「ほれ。これが希望ヶ峰学園流の歓迎だべ」

霧切「…いえ、そうじゃない」

俺「うん?」

モノクマ「」ピョンッ

俺(何だ?こいつ…)
295 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 02:31:34.98 ID:ASp818uQO
体育館

舞園「ぬいぐるみ…?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。僕はモノクマだよ!」

俺「…モノクマ?」

モノクマ「オマエラの学園の学園長なのです!宜しくね?」

俺「……。」

山田「ぬぎゃぁーっ!?ぬいぐるみが動いた!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃなくてモノクマなんですけど?学園長なんですけど?」

俺(…コイツがこの学園の…学園長?)

霧切「…。」

モノクマ「ではでは、進行も押してるんで。起立、礼。オマエラ、おはようございます」ペコリッ

石丸「おはようございます!」ペコリッ

腐川「ヒッ!?い、言わないでよ!?」

モノクマ「えー、オマエラのような才能溢れる高校生は、世界の希望に他なりません」

モノクマ「そんな素晴らしい希望を保護する為、オマエラにはこの学園内だけで共同生活を送って貰います!」

全員「「!?」」

桑田「はぁ!?」

俺「きゅ、急に何を言って──」

江ノ島「どう言う事よ!?」

モノクマ「えー、その共同生活の期限についてなんですが…その期限は有りません!」

全員「!?」

モノクマ「つまりオマエラは、一生ここで暮らすのです」

桑田「なっ…!?今なんつった!?」

不二咲「一生、ここで…」

モノクマ「まー心配しなくても、予算は豊富だからオマエラに不自由はさせないし」

舞園「ちょっと待ってください!そう言う事じゃなくて…」

江ノ島「つーか嘘でしょ!?」

俺「まさか教室や廊下にあった鉄板は、俺達を閉じ込める為…」

モノクマ「そう。だから幾ら叫んだって、助けなんて来ないんだよ」

俺(嘘だろ?…)
296 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 02:33:23.84 ID:ASp818uQO
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
297 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 02:35:08.94 ID:S35yUq4/0
2
298 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 02:36:01.69 ID:nhmZhOg9O
1にしないと残姉ちゃん助けられないか?
取り敢えず1で
というかここでさくらちゃんと会話できない時点で詰んでる?
299 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 02:36:39.97 ID:QtlwgUJaO
2
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 15:05:39.17 ID:0E97GYNT0
イナズマイレブンの安価SSもあるので読者はどんどん参加してくださいね
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 17:47:15.98 ID:iFIKfTIWO
体育館

俺(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)

俺「皆んな!とりあえずここは手分けして出口を探して「「殺し合いをしろだぁ!?」」

俺「あっ…お、大和田君…」

大和田「テメェの悪ふざけは度が過ぎんぞ!!」ズンッ

モノクマ「悪ふざけ?それって君の髪型の事?」

大和田「ンだとクソがぁっ!?」モノクマ「」ガシッ

俺(げっ…。流石超高校級の暴走族…。モノクマって奴を捕まえた…)

大和田「ラジコンだか縫いぐるみだか知らねーがバッキバキに捻り潰してやんよ!」グッ

モノクマ「わー!学園長への暴力は拘束違反だよー!!」

モノクマ目「」ピコ-ンピコ-ンピコ-ン

俺「…うん?」

大和田「んだよ。この音…」

霧切「あっ…」

モノクマ「」ピキ-ンピキ-ン!!

霧切「危ない!!投げて!!」

大和田「…あん?」

霧切「いいから早く!!」

大和田「チィッ!!」ポイッヒュ-ン..

モノクマ「」ピインピインピインッ!!

モノクマ「」ドガ-ン!!

大和田「なっ…!?」

他の生徒達「」ビクッ!

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」

霧切「……。」

俺(あのモノクマって奴が爆発したのも驚いたが…)

俺(…あの霧切って子、一瞬でさっきの中身を爆弾だと見抜いたのか?…凄い洞察力だ)

俺(いったいどんな才能の持ち主なんだろう…)
302 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 21:36:58.64 ID:oEr64cC70
体育館

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

大和田「て、テメェ!」

俺(また出てきた…。つまりコイツは幾らでも代えがあると言う事か…)

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…次からは殺すと言う事か?」

モノクマ「運が悪いと死んじゃうかもね。うぷぷぷぷ」

俺「くっ…」

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」



『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』


俺「生徒手帳…?」
303 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 21:41:09.85 ID:oEr64cC70
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(俺…超高校級の幸運。身長、体重…)

俺(いつの間に個人情報を盗まれたんだ?…)



大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

俺「体育館には脱出口は無しか…」

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

俺「うん。ここは手分けして出口を捜索するのが一番良いと思う」

十神「オレは一人で行くぞ」

俺「えっ…?と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!?」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」

俺(…確かに、可能性はゼロでは無いだろうけど)
304 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 21:49:46.13 ID:oEr64cC70
体育館

十神「……。」スタスタ

俺(超高校級の御曹司って、協調性とか無いんだ…」

俺「あ…」

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

俺(また大和田君が…)

十神「どけよプランクトン」

大和田「…あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「……。」

俺「何をやってるんだあの二人は…」

舞園「あ…」


1こんな時に争ってる場合じゃないだろ?(勇気のある俺が止めに入った)
2こんな時に俺達で争うなんて馬鹿すぎるだろ…。あいつら…(馬鹿にしながら傍観した)
3……こわ。触らぬ神に祟り無し。俺は関わりたく無い(怯えながら見守った)


多数決下3まで
305 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 21:50:40.55 ID:X3i0jKxt0
3
306 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 21:52:08.22 ID:9+WADoCEO
1
307 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 21:53:02.36 ID:GzsQaexnO
1
308 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:20:18.07 ID:j812nEa8O
明らかに邪魔しようとしてるのが一人いるな
309 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/11(金) 22:23:13.81 ID:oEr64cC70
体育館

俺「仕方ないな…」スタスタ

舞園「お、俺君やめた方が…」

俺「大丈夫さ俺なら」

舞園「えっ…?」

俺「二人とも、こんな時に争ってる場合じゃないだろ?」

十神「…うん?」チラッ

俺「落ちつけ大和田君。その手を引っ込めろ。今は先ず、全員で協力する事が大事なんだよ」

大和田「あ…?」

舞園(臆する事無くあ、あの人達の間に堂々と…。凄い勇気…俺君…)ゴクッ

大和田「お前、今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「言ったが?」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「頭に血が上り過ぎだ。少しは落ち着いて話を──」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

大和田拳「」ビュオンッ!

俺「…!」

舞園「キャアッ!?」



コンマ下二桁
00俺「北斗神拳は無敵だ」
71以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
11〜70見掛け倒しだった俺は殴られて見事に吹っ飛び、見事に気絶した…(舞園好感度5に上昇)
10以下スペランカー俺、殴られたショックで…


安価下
310 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:24:11.91 ID:JAnEHQL70
311 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:25:13.96 ID:S35yUq4/o
71
312 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:27:34.37 ID:o/CQbJyS0
この俺くん能力高いな
313 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:28:23.92 ID:S35yUq4/o
幸先良いね
314 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:31:40.74 ID:s1m1IHiY0
たださくらちゃんとコミュれてないのがどうなるかな
315 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:43:28.76 ID:5qM88iQl0
舞園と初対面じゃないとさくらちゃんとコミュれないみたいだ
316 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 22:47:22.45 ID:s1m1IHiY0
前みたいにここで気絶しないからこっからコミュれば行けるか?
317 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/11(金) 23:23:54.36 ID:5qM88iQl0
質問しないとわからないけど多分無理じゃない?
318 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 02:28:00.54 ID:5T6mqP2d0
コンマ91
体育館

バチイッ!!

大和田「なっ…!?」ググッ

俺「ッ……」ググッ...

俺手「大和田拳「」」ガシッ

大和田(と、止められただとっ!?まさかこんな奴に!?)

俺「……。」グイッ

大和田「うおっ!?」グッ

俺「…これで気は済んだか?」

大和田「へへっ…。オレの拳を受け止めるたぁオメェ、見掛けに寄らずなかなかやるじゃねえか…おもしれぇ」ニヤッ

俺「……。」

大和田「…お前、いったい中学の頃に何をやってやがった?」

大和田「ただ幸運なだけでここに来れた訳じゃねえな?」

俺「…そんな事は今はどうでも良いだろ?今は皆んなで協力して脱出方法を探すのが先の筈だ」

大和田「フン…だったらオレじゃなくコイツに言えよ」チラッ

十神「…。」

俺「…十神君。君の言ってる事も分かる。俺達は会ったばっかりで、未だお互いの事をちゃんと信用できないって言うのは」

十神「フン…意外だな。お前のような奴がオレの言っている意味を理解しているとは」

俺「それでも俺達は今は協力すべきだと思う…。こんな非日常の事が起きているんだから、協力しないと脱出方法なんて簡単に見つからない筈だ」

十神「……。」スタスタ

大和田「おい十神!!」

俺「いやいいんだ大和田君」

大和田「だけどあんな単独行動されちゃ、バラバラになるだけじゃねえかよ」

俺「さっきも言っただろ?皆んな未だお互いの事をよく知らないんだ…」

俺「だから今は単独行動で捜索して貰っても構わない」

俺「でも後で必ず皆んなで集まって、見つけた事を報告しあおう!」

十神「フン…」スタスタ

扉「」バタンッ

俺「ふう……」

俺(一先ず争いは止めて、伝えたい事は伝えた。後は皆んな次第だろう)

不二咲「……。」ジッ

不二咲(す、凄いや俺君…。優しそうな印象だったけど、大事な場面じゃ勇気もあるし、強いし…)

不二咲(どんな人にだって臆する事無く自分の意見を言えるんだ…)

不二咲(格好良いなぁ…///)



大和田の好感度が3に上がった
不二咲の好感度が3に上がった
319 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 02:53:48.44 ID:6egJDyaWO
体育館

俺「他の皆んなも、未だお互いの事をよく知らないのに他人を信じるのは厳しいよな?」

周りの生徒達「…。」シ-ン...

俺(だろうな…)

俺「じゃあここはとりあえず一旦解散でそれぞれ脱出口を捜索しよう」

セレス「では、お言葉に甘えさせて頂きます」スタスタ

俺「あ、ああ…」

霧切「……。」スタスタ

俺(十神君の次に出て行ったのは、セレスさんと霧切さんだった)

朝日奈「私達は教室とかの窓を調べて、鉄板が外せそうな場所を探しに行ってみるよ」スタスタ

大神「うむ…」スタスタ

俺(続いて朝日奈さんと大神さんも出て行き…)

山田「では僕は生徒手帳に記されている寄宿舎の方を見に行ってみますかな」スタスタ

大和田「オレはもっかい玄関を見に行ってみるか」スタスタ

桑田「オレはこの学園内をぶらついてみるかな」スタスタ

俺(山田君、大和田君、桑田君も出て行き…)

石丸「俺君。捜索の報告をし合う場所はこの食堂と言う場所が適していると思うぞ」スタスタ

俺「食堂?ああ…何か広そうな場所があるな…。じゃあそこで良いかな?」

石丸「うむ。では僕は皆んなに1時間後に食堂へ集まるよう伝えてこよう」スタスタ

俺(そう言って石丸君も出て行き…)

俺(体育館に残されたのは…)

舞園「あ…」

俺(同じ中学だった舞園さんと…)

不二咲「え、えっと…」

俺(どうすれば良いのか分からず狼狽えてる不二咲さんと…)

葉隠「皆んな心配し過ぎだって。どうせ入学式のドッキリか何かだし、焦る必要なんかねーべ」

俺(…未だにこの状況を飲み込めてない葉隠君と)

江ノ島「あたしパス。捜索とかめんどいし皆んなが代わりにやって」

俺(ギャルらしく面倒くさがって動かない江ノ島さんが残っていた)

俺「……。」


1舞園さん。とりあえず俺と一緒に捜索しようよ
2…仕方ない。とりあえず俺も一人で捜索に行こう
3とりあえず体育館に残ってる全員に一緒に行かないかと声を掛けてみる


多数決下3まで
320 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 03:42:52.67 ID:KbKibt7wO
3
321 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 04:22:14.96 ID:qD1Jkxw/0
3
322 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 10:18:55.81 ID:ARFViJMC0
3
323 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 12:02:54.69 ID:ISrDiOBNO
単独じゃないとさくらちゃんとコミュれないかもしれんが大丈夫かな
324 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 13:05:09.98 ID:hXetbCZbo
2か月ぶりに板来てみたらま〜だやってるよ
もう全編の8割くらいは進んだのけ?
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 13:06:48.08 ID:2WPFTiyz0
>>324
現在は「お祭りモード」で
再開してる最中です(^^;
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 13:19:37.86 ID:hXetbCZbo
まどマギ早く再開しないかなー
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 14:19:17.43 ID:6egJDyaWO
体育館

俺(…一応声だけはかけてみるか)

俺「とりあえずここに残っても、何も動きなんか無いだろうし動こうよ皆んな」

江ノ島「…。」

葉隠「…。」


江ノ島好感度1
コンマ下二桁
91以上ついて来てくれた
90以下尚も興味無し

安価下


葉隠好感度1
コンマ下二桁
91以上付いてきてくれた
90以下尚も興味無し

安価下2

腐川好感度1
コンマ下二桁
91以上端に隠れてた腐川を見つけた
90以下腐川は居なかった

安価下3
328 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:27:08.09 ID:MCS/VVa5o
突然の好感度判定はキツいっす
329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:31:14.82 ID:PxfkWh7bO
はい
330 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:31:47.46 ID:QSBzpJ3JO
1割はムリぽ
331 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:33:57.90 ID:wpMUSPmu0
3回で1回ゾロ目出せば勝ちかもしれん
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:45:37.41 ID:GihpgxJw0
総スカンですか?
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 14:50:27.04 ID:wpMUSPmu0
メンタルダメージ食らいそう
クール俺君だから大丈夫か
334 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 15:37:03.18 ID:npEI1E8sO
駄目もとで声かけてるみたいだから大丈夫でしょ
335 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 17:04:09.29 ID:5T6mqP2d0
コンマ09
コンマ82
コンマ46
体育館

江ノ島「だーかーら。捜索はアンタ達が勝手にやりなって」

葉隠「めんどくさいべ。だってこれ単なるオリエンテーションだし!」

俺「……。」

俺「はぁ……」

俺(この二人を連れ出すのは無理だな…)チラッ

俺(なんかもう一人居たような気がするが…気の所為か)

俺「不二咲さんはどうする?」

不二咲「ぁ…僕は…」キョロキョロ

俺(…不二咲さんって僕っ子なんだ)

江ノ島「ったく携帯電話取られるとかマジ最悪なんだけど」

葉隠「よし。こんな時は占いでもやるか」

不二咲「誘ってくれたけどごめん俺君…。僕もここに残るよ…」

俺「そ、そっか…」

俺(周りの空気に流されちゃったか…)

俺(…まぁ確かに俺だけしか捜索派は居ないしな)

俺「舞園さんはどうする?」

舞園「あ、私は…」

俺(彼女がダメなら一人で先に食堂の様子でも見に行くか…)


舞園好感度4
コンマ下二桁
61以上舞園だけは一緒に来てくれた(舞園好感度5に上昇。舞園が助手に)
60以下舞園も残ったので俺一人で食堂を見に行った


安価下
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 17:05:06.13 ID:vXkf5f9O0
おりゃ
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 17:07:17.72 ID:wpMUSPmu0
嫌われすぎで草
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 18:28:43.83 ID:Iu90RbVX0
全員生存は舞園に捕まった時点でダメそう
339 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 22:52:03.43 ID:6egJDyaWO
コンマ13
体育館

舞園「すみません…。私も残ります…」

俺「うっ…」

舞園「ごめんなさい…」

俺「いや…」

俺(舞園さんまでこの空気に飲まれてしまうなんて…)

俺(こんな事なら最初から舞園さんだけ誘って、さっさと捜索に行くべきだったか…)

俺「分かった…。じゃあとりあえず1時間後に食堂って所に集まって、報告会の予定だから」

俺「脱出口が見つからなかったら、ここにいる皆んなも一旦そこで」スタスタ

舞園「分かりました…」

俺(とりあえず俺は集まる予定の食堂とやらを先にどんな場所なのか見に行ってみるか)スタスタ



食堂内

俺「ここが食堂か」スタスタ

俺(長机にわざわざ人数分の椅子が用意されてある。報告会には適してるな…)

監視カメラ「」

俺(監視カメラ…校内の至る所につけられてるな。確か壊すのは校則違反だったか…)

俺「奥は厨房かな?ついでに厨房も調べてしまおう」スタスタ



調理室

俺「うわっ。凄い量だな…」

棚に大量に置かれた果物や野菜「」

俺「…腐っては無いのか?」

モノクマ「失礼な!全て新鮮な物だよ。衛生面はバッチリだから安心して!」

俺「なっ…!?も、モノクマ!?」ビクッ
340 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/12(土) 23:02:25.13 ID:5T6mqP2d0
調理室

モノクマ「冷蔵庫の中身だって毎日補充されるから、食糧が尽きる心配も無いね」

俺「……。」

モノクマ「でも俺君。集合時間1時間前にこの場所に来てどうしたの?」

俺「別に良いだろ。何でも…」

モノクマ「一人で居たら、襲われて殺されちゃうかもしれないよ?」ニヤッ

俺「そんな訳あるか」

モノクマ「それとも、逆に誰かを襲う為の道具でも探しに来たのかな?」チラッ

俺「うん?…」チラッ

並べられた包丁「」

モノクマ「上手くやれば一突きで殺せるよ」

俺「……。」ゴクリッ

モノクマ「うぷぷぷぷ。でも証拠は残らないようにね」

俺「…どう言う事だ?」

モノクマ「残念ながら未だ秘密だよ。とりあえず今言える事はよく校則をよく確認しておくようにって事だけかな?」

俺(校則をよく確認…)

モノクマ「それじゃあね」タタタッ

俺「…何しに来たんだあいつは?)」

俺「……。」チラッ

包丁「」

俺(綺麗に研がれた包丁セットが4本あるな)


モノクマ『一人で居たら、襲われて殺されちゃうかもしれないよ?』ニヤッ


俺「……。」

俺(食堂には未だ誰も来ていない。今なら包丁を1本持って行ったとしても誰にもバレる事は無さそうだが…)


1護身用に1本だけくすねておくか…
2いいや、俺は皆んなを信じる!護身用の武器なんて必要無い


多数決下3まで
341 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 23:09:56.57 ID:OlU3nV+PO
2
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 23:10:13.68 ID:qD1Jkxw/0
2
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/12(土) 23:35:34.02 ID:GihpgxJw0
2
344 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 07:22:34.83 ID:3rAfnN8u0
舞園で低コンマ出して大神にゾロ目出す…って結構難しそうだな
345 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 13:41:18.48 ID:KXTzqg8HO
調理室

俺「いいや、俺は皆んなを信じる!」フルフル

俺(だから護身用の武器なんて必要無い)クルッ 



食堂

俺(それからもう間もなくして、皆んなが約束通り食堂へと集まってきた)

俺(…つまり、全員で手分けして学園を捜索してみたがそう簡単には出口は見つからなかったと言う事だな)

石丸「それではこれより第一回定例会議を開始する!」

朝日奈「私は大神さんと一緒に出口を探してみたけど、何処も鉄板が閉まってて駄目だったよ」

大神「うむ…」

山田「各部屋に設置されてたベッドは快適でしたな。監視カメラがある事を除けば、ですが…」

大和田「オレは玄関ホールを見に行ったがやはりダメだな。頑丈にロックされてやがる」

俺「調理室や冷蔵庫にはかなりの食糧が用意されてたな」

山田「しかし15人分の食糧となるといつまで持つやら…」

俺「いや、それは補充されるから大丈夫だってモノクマが言ってたな」

江ノ島「会ったの!?」

俺「ああ、直ぐにどっかに行ったが…他に何か見つけた人は?」

他の生徒「…。」 シ-ン...

桑田「クソー!結局脱出方法は見つからずか」

十神「だが一つだけはっきりしたな。オレ達は完全に閉じ込められたと言う事が」

舞園「そんな…じゃあずっとここで暮らすしか無いんですか?」

セレス「適応すれば良いのです」

俺「適応?」

セレス「ええ。そうすればここでの生活も苦にはなりませんわ」

山田「監視カメラがある部屋で適応はなかなか…」

セレス「そこで、皆さんに提案があるのですが」

俺「…えっ?」
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 14:33:54.24 ID:KXTzqg8HO
俺個室

ベッド「」

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中、外出禁止は構わないが皆んなもちゃんと納得してるのかな…?」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺(本当にこんな環境で適応なんてできるのか?カメラの下で生活とかストレス半端無さそうだぞ…?)

俺(だから既に外に抜け出したいと不満を持った奴が居ても何らおかしくないが)

俺(その為に誰かを殺すのかどうかは置いといて…)

俺「明日は誰かにこの状況をどう考えてるのか聞くために話しかけてみるかな」

俺(先ずは男か女、どちらに話しかけてみよう?)


1男
2女

多数決下3まで
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 14:41:17.45 ID:YlZTe9uL0
2
348 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 15:05:53.43 ID:spgds+JZO
2
349 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 15:11:15.08 ID:xteBfXak0
2
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 18:22:20.63 ID:/Fd15JR6O
俺部屋

俺(まぁ監禁されてるって言っても、男はそんなに直ぐ動揺する事は無いだろうから…)

俺(…やはり参考にするなら女の子だよな)

俺(しかし誰に声を掛けてみるか…)

俺(中学が同じだった舞園さん以外ほぼ全員未だほんの少し話した程度なんだよな…)

俺(…いや、舞園さんも中学が同じでも話したのはこの学園に来てからだが)

俺(とにかく俺の印象だと今のところは誰も、人を殺してまで外に出たいって人は居ないように見えたが…)

俺「とりあえず誰に声をかけてみるかな?」



1舞園(好感度4)
2朝日奈(好感度2)
3大神(好感度2)
4セレス(好感度1)
5霧切(好感度1)
6江ノ島(好感度1)
7不二咲(好感度3)
8腐川(好感度1)


多数決下3まで
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 18:23:34.84 ID:3rAfnN8u0
3
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 18:24:08.37 ID:8UB+MAZ6O
3
353 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 19:00:56.64 ID:BL09nYFG0
オーガの好感度上げながら舞園の犯行止めて葉隠が死なないようにしても誰か死ぬんだっけ?
354 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 19:42:39.15 ID:spgds+JZO
さくらちゃんは好感度上げる必要あるかはわからないけど
ゾロ目出さなくちゃいけない
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 21:19:00.98 ID:O8zF71mi0
廊下

俺「大神さん」

大神「俺か…。我に何か用か?…」

俺「あ、ああ…。時間があったら少し話しでもしてみたいなって思って…」

大神「…。」

俺(彼女は超高校級の格闘家…大神さくら。霊長類最強の人間だとネット情報で見た…)

俺「…厳しかったら別に良いんだけど」

大神「いや、良いだろう…。我もちょうどトレーニングの休憩をしようと思っていたところだ」

大神「偶にはゆるりと茶を飲みながら語り合うとしようか…」

俺「ありがとう…」スタスタ

俺(一応、話には付き合ってくれるみたいだ)



食堂

俺「大神さんってこんな時でもトレーニングするんだな…。さすが超高校級の格闘家だよ」

大神「どんな状況に陥ろうと、我はトレーニングを怠った事は無い…」

俺「ええ……」

大神「……。」

俺「超高校級の格闘家の肩書きを維持するのって大変なんだ?」

大神「そうではない…」

俺「…え?」

大神「我は…肩書きに拘っている訳では無い…」フルフル

俺「…どう言う事?」
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 21:28:55.56 ID:O8zF71mi0
食堂

大神「我が目指すは超高校級の格闘家ではなく、地上最強…」

俺「地上最強…?」

大神「うむ…」

俺「……。」ジッ

大神筋肉「」ムキムキッ

俺(言うだけはありそうだ…)

俺「…ネットで見たけど、確か既にレスリングのメダリストやボクシングの世界チャンピオンにも勝ってるんだよな?」

大神「ああ…」

俺「…既に地上最強なんじゃない?」

大神「いいや…。未だだ…」

俺「未だ?…」

大神「我には未だ、超えなければならない者がいる…」

俺「超えなければならない者…?それって大神さんより強い人が未だ居るって事…?」

大神「……。」

俺(…あれ?地雷だった?)

大神「そう言えば、俺も武の道に経験があるようだな」

俺「え?」

大神「昨日の体育館での出来事だ…」

俺「ああ…」

大神「並みの人間ならばあの場で即座に大和田の拳に対応するなど不可能だ…」

俺「……。」

大神「お前も何か武道を学んでいたのか?」

俺「俺は…」


1いや、単に中学の頃よく喧嘩とかしてたから、ああ言う対応には慣れてただけたよ
2将来はプロボクサーを目指した頃もあったな…
3実は俺も地上最強を目指している。大神さんに地上最強の座は渡さない


多数決下3まで
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 21:30:23.21 ID:8qUVlbCR0
3
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 21:31:04.13 ID:M0P+gj5s0
3
359 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 21:31:10.18 ID:spgds+JZO
ダンガンロンパでボクサーは嫌な記憶ガガガ
というわけで3
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/13(日) 22:25:03.85 ID:/Fd15JR6O
食堂

俺「実は俺も地上最強を目指している」

大神「何…?」ピクッ

俺「大神さん、君に地上最強の座は渡さない」

大神「……。」

俺「……。」

大神「フッ…」

俺「まぁ冗談なんd」

大神「面白い。ならば手合わせ願おう」

俺「……えっ?」


体育館

俺「……。」

大神「……。」

俺(…いや、大神さんと地上最強の座をかけて勝負って…何でこうなった)

大神「俺よ。貴様も地上最強を目指すので有れば、我を超えてみせよ…」ゴゴゴ...

俺(…何かオーラみたいな物が見えるんだが)

大神「行くぞッ!!」ダッ

俺(…いや、大丈夫かこれ?)


コンマ下二桁
00実はある少女に少しだけ時を止める能力を教わっていた俺、大神を返り討ちにする
99超高校級の幸運が発動し、なんと壁に穴を開けてしまう(脱出END)
91以上実は一子相伝の暗殺拳の伝承者だった俺。大神と戦いながら暗殺拳の記憶を思い出す(大神好感度6に上昇)
61〜90流石に大神には全然叶わなかったよ…(大神の好感度4に上昇)
21〜60大神と戦うには実力不足だった俺。攻撃が直撃し、数日間昏睡させられてしまう…
20以下実は今までは何もかもまぐれだった俺。大神の攻撃が直撃して肺が潰れてしまった…


安価下
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:29:08.55 ID:J5N+s8Kx0
アカン(アカン)
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:30:17.11 ID:J5N+s8Kx0
ん?これいったのでは?
363 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:30:39.50 ID:xteBfXak0
脱 出 E N D
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:30:43.61 ID:J5N+s8Kx0
ん?これいったのでは?
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:30:53.07 ID:a7K2XMfg0
ゾロか
それでも敵わないけど
366 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:32:15.13 ID:spgds+JZO
ゾロ目は99だからエンドいって草
367 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:36:48.46 ID:a7K2XMfg0
ああお祭りモードだったか
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:37:45.46 ID:spgds+JZO
これ正規の全員生存目指すならここで91以上じゃないと駄目なのかな
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:51:41.71 ID:3rAfnN8u0
エンドだから質問タイムあるんじゃない?
舞園と話したら全員生存出来ないのか質問してみよう
370 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:57:38.95 ID:xteBfXak0
ある意味これも全員生存エンドやぞ
371 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 22:58:40.98 ID:Yp6qjT8NO
せやな、残姉も黒幕も誰一人死なずに出口開いたし
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:10:40.92 ID:YT6aqtIN0
カタルシスがないんだよなあ
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/13(日) 23:27:53.38 ID:BL09nYFG0
激むずコンマが91以上98以下ゾロ目なしだと地獄だな
374 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:25:13.66 ID:9uxL9H+Wo
お、end?
375 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 00:28:52.91 ID:Fg+IFev90
Nice job.
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 09:43:41.98 ID:3wYxtb080
コンマ55(ゾロ目なので99)
体育館

大神「ぬおおっ!!」ブウンッブウンッ

俺「ッ…!」サッ

大神拳「」ビュオンッ!
大神蹴り「」ブオンッ!


───俺は彼女の攻撃を紙一重で避けていた


大神「我の攻撃をここまで躱すとは、地上最強を簡単に口にするだけはあるようだな…」ブオンッブオンッ

俺「ぐっ…!?」

俺ほほ「」バシュッ!
俺足「」ブシュッ!


───しかし、そう何度も避ける事はできず徐々に被弾し身体の節々から血飛沫が上がっていく


俺(だけど、悪い気分じゃない…。寧ろ……)

大神「ぬうんっ!!」蹴り

俺「ぐっ…」ガッヒュ-ン

壁「」ドゴ-ンッ!

俺「ッ…!」

大神「どうした…?攻撃してこぬのか?」

俺「…いいや、思い出していたんだ」パンパン

大神「むっ…」

俺「俺は大神さんと戦った記憶は無いのに、何故かこの身体は貴女と闘った事があるのだと」スッ

大神「フッ…奇遇だな。我も同じ事を思っていた」

俺「決着をつけよう」

大神「うむ…」スッ

俺「……。」スゥ...

大神「……。」スゥ...

俺「ほおあっちゃーッ!!」ブウンッ

大神「ぬうおおおっ!!」ブウンッ


──お互いの全身全霊の拳が交差する。これで決着かに思われていた。だが…


大神「ぬっ…待て」ピタッ

俺「…え?」ビタッ

俺(何だ?折角良い所だったのに…)

大神「お主が先程激突した壁を見てみよ…」スッ

俺「壁?」クルッ

俺「あ……」

どでかい穴「」

俺(なんと俺が激突した衝撃で壁に穴が開いていた……)
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 11:27:17.17 ID:FOjRFQVN0
確か大神コンマは96以上って聞いたから
ここじゃないんじゃないか?
378 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 14:03:31.92 ID:YCEBxPNOO
体育館

朝日奈「ほ、本当にここから外に出られるのかな…」

霧切「…外から光が見えるから間違い無いでしょうね」

桑田「つーかこんな方法で脱出なんてアリなんか?…」

葉隠「やっぱり全てドッキリだったんだべ。はっはっはっはっ」

十神「この穴が罠…と言う可能性は未だ拭い切れないがな」

腐川「わ、罠!?もしかしてこの穴に入ると出られ無いとか!?…」

俺「いや、そんな訳無いよ。この場所だけは多分ピンポイントで老朽化していたんだ」

俺「そこに俺が当たった衝撃で崩れたんだと思う」

山田「いやいや、そんな幸運な事ありますかな…」

不二咲「でも俺君は超高校級の幸運だし…」

セレス「フッ…とんだチート能力ですわね。まぁ、とにかくこの穴から外へ出てみましょうか」

江ノ島「ちょ、ちょっと待って!」

大神「どうした…?江ノ島盾子よ…」

江ノ島「い、いや…何かこの穴怪しいって絶対…」

大神「怪しい…?」

江ノ島「う、うん。何かここからは出ない方が良いような気がすると言う可能性…」

俺「じゃあ残りたい人は残ったらいいんじゃない?」

江ノ島「…え?」

俺「皆んながどうしようか強制はしない。でも、折角見つけた外へ出られる出口なんだし、俺はここから外へ出てみるよ」スタスタ

霧切「私も行くわ…」スタスタ

舞園「あっ…わ、私も行きます!」スタスタ

セレス「こんな場所に閉じ込められているよりマシですからね」スタスタ

葉隠「そうだべ。流石にそろそろ外の空気も吸いたくなって来たしな」スタスタ

大和田「こんな鑑別所みたいな場所、さっさと出たかったしな」スタスタ

腐川「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!あたしを置いて行かないでよ…」スタスタ

十神「どうやら、残るのはお前だけのようだな」スタスタ

江ノ島「う…」

「ちょーっと待った!!」シュタッ

俺「うん?モノクマ…?」

モノクマ「ちょっとちょっと!壁に穴を開けて出るなんてルール違反じゃないか!」
379 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 14:28:11.31 ID:YCEBxPNOO
体育館

俺「そんな事言われても、出口を発見しちゃったんだし…」

モノクマ「こんな通常では有り得ない方法で脱出なんて僕は認めません!!」

霧切「でも校則には監視カメラを破壊してはいけないとあっだけど、壁を破壊してはいけないとは書かれていなかったわ」

モノクマ「うぐっ…」

十神「どちらにせよ外への出口は見つかったんだ。これ以上オレ達がお前に従う必要は無いな」

セレス「会ったばかりでしたが、さようなら。貴方の計画は台無しになり残念でしたね」

モノクマ「……。」

俺(お?諦めたのか?)

モノクマ「…でもさぁ、本当に良いの?」

舞園「本当にって何がですか?…」

モノクマ「このまま何にも分からず、何にも知らず…その状態のまま外へ出た所で結局君達は直ぐ死ぬだけになると思うけどね」

桑田「あ?意味が分かんねえ。何で外へ出たらオレ達が死ぬ事になるんだよ」

モノクマ「理由を知りたかったら、ここに残る事だね…うぷぷぷぷ」

俺「どうせ皆んなを外へ出させない為の只のハッタリだろ。俺達は何と言われようとここには残らないぞ!」

山田「そうだそうだ!」

モノクマ「ふーん…あ、そう。ならもう外へ出たら?さいなら」

俺「ああ。じゃあな」スタスタ

俺(モノクマの引き止め方が意外にも随分あっさりしていた事が意外だったが…)

俺(俺達は最後まで外へ出る事を渋っていた江ノ島さんを除いて全員希望ヶ峰学園を後にした)





江ノ島「じゅ、盾子ちゃん…。皆んな出て行っちゃったけど…」

モノクマ「……。」

モノクマ「うぷぷぷ…。僕はちゃんと引き止めたからね…」

江ノ島「…え?」

モノクマ「学園長の言う事に従えない悪い生徒は、全員何も分からずに絶望的に死んで貰うしか無いね」

モノクマ「うぷぷぷぷ…アッハッハッ!!」
380 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 15:07:18.97 ID:LL1odBxYO
V3のミニゲームクリアしたときのエンドに近い感じかな?
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 15:44:43.50 ID:FOjRFQVN0
二人も最強クラスいるから大丈夫かなと思ったけど
どうなるやら
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 17:06:45.05 ID:YCEBxPNOO
希望ヶ峰学園前

桑田「お、おい…」

朝日奈「どうなってんの…」

山田「あわわわわ…」

腐川「な、何よ…。これぇ…」

不二咲「こ、怖いよ…」

俺「……。」ゴクリッ...

俺(俺達が出た外の世界は言うなれば世紀末のような世界…)

俺(空は汚染されているのか淀んだ色をし、周りのビルは倒壊し、人が道端に死んでいて…)

暴徒「うおあぁぁぁっ!!」ブウンッ
車「」ガシャンッゴシャッ

俺(暴徒達がそこらで暴れ回り……絶望した光景が広がっていた…)

セレス「これはいったい何がどうなっているのでしょう…?まるで世界の終わりですわ…」ゴクリッ...

葉隠「そうだ…。これは夢だべ…。オレ達は未だ学園の中に居て…」

大神「しっかりしろ…。これは紛れもなく現実だ…」

十神「フン…。だが世界がどうなろうと、十神財閥さえ無事ならば幾らでもやり直しは可能だ」

不二咲「ほ、本当…?」

霧切「…残念だけど、そうはいかないみたいよ十神君」

十神「何…?」

霧切「落ちていた新聞に、十神財閥関係者は十神君を残して全員死亡したと書かれてあるわ」スッ

新聞紙「」

十神「なっ…!?ば、馬鹿な!?」ガクッ

舞園「あ、あの…。皆さんの家族とかは…」

朝日奈「ああっ!そ、そうだ!」

不二咲「だ、大丈夫かな…」

山田「そうでした!このような所で立ち止まっている場合では…」

俺「あ…皆んな!待ってくれ!」

全員「」タッタッタッ...

俺「あ……」

俺(舞園さんの一言により、皆んなが自分の家や帰る場所へ向けて散り散りになってしまった…)
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 18:14:33.31 ID:YCEBxPNOO
希望ヶ峰学園前

俺(皆んな自分の帰るべき場所へ帰って行った…)

俺「仕方ない…。俺も一旦家に帰るかな…」

霧切「ねえ、確認したいんだけど」

俺「あ…霧切さん?」

俺(…彼女だけ未だ残って居たのか)

霧切「私達がこの学園に来たのって、昨日の事よね」

俺「あ、ああ…。俺の記憶ではその筈なんだが…たった一日でこうなるなんておかしくないか?」

霧切「…そうね。でも、大体分かって来たわ」

俺「分かって来たって何が?…」

霧切「私達の記憶と外の世界は時間のズレが起きている…」

俺「時間のズレ…?」

霧切「…ええ。多分ね」クルッ

俺「あ、おい。何処へ行くんだ?」

霧切「もう一度学園に戻る」

俺「はぁ!?」

霧切「この謎を解明する為には、学園へ戻らないと解明できないような気がするの」

霧切「それに…」

俺「それに…?」

霧切「…いえ、何でも無いわ。さよなら」スタスタ

俺「あ……」

俺(そう言って、彼女は出て来た道を通り学園へと戻って行った…)

俺「……。」

俺「俺は……」


1霧切さん一人じゃ心配だ…。仕方ない…俺ももう一度学園へ戻ろう…
2…俺はとりあえず家に帰って、家族の安否を確かめに行こう


多数決下3まで
384 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 18:16:37.41 ID:Ww9teR1EO
1
385 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 18:16:39.15 ID:LL1odBxYO
エンドといいながら続くとは
1
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 19:37:16.45 ID:782dh+Qf0
1
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 20:51:43.36 ID:yDjiUxF3O
終わってなくてワロタ
脱出エンドじゃなくて脱出ルートって書いとけよ
388 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 21:46:51.41 ID:3wYxtb080
希望ヶ峰学園前

俺(霧切さん一人じゃ心配だ…)クルッ

壁の穴「」

霧切「…。」スタスタ

俺「見捨てるなんてできないよな…」

俺(仕方ない…俺ももう一度学園へ戻ろう…)タッタッタッ

俺「待ってくれ霧切さん!」

霧切「俺君…?」クルッ

霧切「…何故貴方までついて来たの?」

俺「何故って…霧切さんが心配だからだろう?」

霧切「心配…?私と貴方は昨日会ったばかりで、マトモに話した事すら無かった筈よね?」

霧切「貴方には私の事よりも優先すべき事があるんじゃ無いの?」

俺「それは確かに、そうなんだけど…」

霧切「……。」

俺「でも何故かな…。君の事が心配なんだ。何よりも…」

霧切「……そう」クルッ

俺「あっ…」

霧切「奇遇ね。私も、貴方が追ってきてくれて何処か頼もしいような気を感じたわ…」フッ...

俺「えっ…?今なんて?…」

霧切「…いいえ。何でも」スタスタ

俺「??」

霧切「学園に戻って真実を解き明かせば、その答えもわかるかもしれないわね」スタスタ

俺「あ、ああ…」スタスタ


──そうして、俺は霧切さんと共に再び絶望の学園へと戻って行った…
389 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:09:11.34 ID:3wYxtb080
undefined
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:09:58.64 ID:3wYxtb080
体育館

モノクマ「はにゃ?あぁ、戻って来ちゃったんだ。俺君も霧切さんも」

俺「モノクマ…」

霧切「外の世界のあの惨状は何?私達がここに来て1日でいったい何が起きたの?」

モノクマ「んー、外の世界を見て来たなら僕の口から答えを言ってもいいけど、それじゃつまんないじゃん」

霧切「……。」

俺「つまんないって何だよ…。そんな理由で」

モノクマ「ところでさ。他にこの学園に戻ってくる人は居ないの?」

俺「皆んなはそれぞれ、自分の帰るべき場所へ帰って行ったよ」

モノクマ「そっかぁ〜皆んな帰っちゃったかぁ。じゃあ優等生は頭の良い霧切さんと幸運の俺君だけなんだ」

霧切「…私達だけだと何か問題があるの?」

モノクマ「ううん。問題は無いよ」

モノクマ「でもね……」

俺「…うん?」

霧切「……。」

モノクマ「状況も分からずに帰宅した皆んなは間違い無く既に殺されちゃってるだろうね!」

俺「なっ…!?」

霧切「…どう言う事?」

モノクマ「簡単だよ。外の世界は既に絶望に染まってる。君達のような希望は優先的に狙われて叩き潰されちゃうって事さ」

俺「はぁ!?」

モノクマ「驚いた?でも仕方ないよね。学園長の僕の言葉を無視して、出て行った当然の報いだよ」

俺(俺と霧切さん以外の皆んなが…殺された?そんな馬鹿な…)

霧切「……。」
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:23:20.31 ID:3wYxtb080
undefined
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:24:05.33 ID:3wYxtb080
体育館

霧切「…全員持っている物は違えど、最初にここに集まっていたのは、全員が超高校級の才能を持つ人達よ?」

霧切「幾ら外の世界が絶望に溢れていたとしても、彼等がそう簡単に殺されるだなんて思えないのだけど?」

モノクマ「確かに、只の人間なら敵わないだろうね。でもね…」

俺「…!」ハッ!

俺「ま、まさか…」

モノクマ「そう。残念だけど、絶望に染まったのは君らのように超高校級の才能を持つ先輩もなんだよね!アッハッハッハッ!」

霧切「ッ…!」

俺「クソッ!」クルッ

モノクマ「あれ?どこ行くの俺君?」

俺「決まってる!今直ぐ皆んなを助けに行く!」

モノクマ「無駄だって。だってさ、もうここにいる俺君と霧切さん以外の全員を殺害したって情報は入ってきてるんだから」

俺「なって…!?」ドクンッ!

俺(そんな…まさか…。ここを出た時に一緒にいた皆んな…)

俺(皆んな…殺されただと…)

モノクマ「つまり、後残ってる希望は君達だけ」

霧切「……。」

俺「…後は俺達も殺すだけだって言いたいのか?」

モノクマ「うん。そうすれば絶望の勝利なんだけど、ただ殺すだけじゃつまらないからゲームをしようか」

俺「ゲームだと?…」

モノクマ「大丈夫。心配しなくても単純なゲームさ」

霧切「……。」
393 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:28:35.44 ID:3wYxtb080
体育館

モノクマ「二人は謎のまま終わった真実を解き明かす為にこの学園に帰って来たんだろう?」

霧切「…ええ」

モノクマ「5日以内に、その知りたい真実を全て解き明かせたら二人の勝ちって言うのはどう?」ニヤッ

俺「3日で…?もし、解き明かせなかった場合は?…」

モノクマ「その時は最後の希望である二人にも死んで貰う事になるね」

俺「ッ…!」

霧切「…いいわ。猶予は5日ね?」

俺「霧切さん!?」

霧切「…どの道、謎が解き明かせなければ私達に希望は無いわ」

霧切「…残された私達はやるしか無いのよ」

俺「……。」

モノクマ「うぷぷぷぷ。楽しみだね。希望と絶望の命運を賭けた最後の戦いがさぁ!」


──俺達が帰ってきた希望ヶ峰学園ではコロシアイは、幸運により終わったが

再び希望と絶望を賭けたデスゲームが始まろうとしていた…



俺「……。」

俺(…俺は未だ霧切さんとほぼ話した事も無いし、どんな人なのかもしらなくて今の霧切さんとの絆はほぼ皆無に等しい)

俺(こんなの勝てる気がしねえよ……)

俺(……もうこんなの俺の幸運に頼るしかないな)

俺(大丈夫…。俺はピンポイントで老朽化が進んでた所を壊した超高校級の幸運の持ち主なんだ)

俺(俺の幸運さえ有ればどんな逆境も跳ね返せる筈!)


──そんな中、俺は再び幸運でゴリ押して勝とうと考えていたのだった


END
394 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:30:28.45 ID:3wYxtb080
脱出後の帰還END


先ずはこれからどうするか


1ダンガンロンパを続ける
2まどマギに戻る


多数決下5まで
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:30:48.53 ID:pXQWzhIx0
終わりかよw
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:31:13.63 ID:ChPKVn7jO
1
397 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:31:14.02 ID:pXQWzhIx0
1
398 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:31:31.10 ID:S+rbRH/CO
1
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:33:30.53 ID:NmMY9d8v0
2
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:33:40.37 ID:t42y//K/0
なんというか条件そろってないと99でもこんなエンド行くんだな
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:33:52.94 ID:LZwR5TXw0
1
僕たちの戦いはこれからだENDか
402 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:36:00.08 ID:pXQWzhIx0
質問タイムほしい
403 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:43:40.14 ID:3wYxtb080
ダンガンロンパを続けます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」


初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:45:46.17 ID:t42y//K/0
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:46:48.63 ID:782dh+Qf0
2
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:50:23.12 ID:Vtm3iKgb0
99で打ち切りENDってことは舞園出すとどう足掻いても無理なんだろうな
407 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 22:53:16.71 ID:3wYxtb080
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
408 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 22:56:31.68 ID:Vtm3iKgb0
2
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 23:02:29.57 ID:FGYF4KepO
2
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 23:05:11.35 ID:pZxOTYVQO
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は何か頻繁に幸運な事が起きるんだよな)

俺(常に幸運が起きたら良いのに)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(ゾロ目発生時は全て99に変換)
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 23:05:47.20 ID:pZxOTYVQO
教室

俺「……う…ん?」パチリッ

俺(あれ…?いつの間にか机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ふわぁぁ……」

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(おかしいな。目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…!?かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「……。」

俺「オマエラ?手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やばっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の蛍光も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い大きな扉は?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館へ向かおう」スタスタ
412 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/14(月) 23:06:17.75 ID:pZxOTYVQO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
413 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 23:06:50.05 ID:FGYF4KepO
ひくめ
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 23:19:50.33 ID:Vtm3iKgb0
有能
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 23:35:17.37 ID:pXQWzhIx0
ナイス
416 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/14(月) 23:41:20.26 ID:C24Sk0TxO
ここセーブポイントだな
417 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 05:51:55.90 ID:bzShnk3dO
コンマ05
体育館

俺(テレビとかでよく目にした事はあるけど、生で見るのは初めてだ)ジッ...

舞園「あ…どうも…」ペコリッ

俺「う、うん…」ペコリッ

俺(凄い。本当に人形のように可愛いんだな…)ゴクリッ

俺(これが超高校級のアイドル舞園さやかか…。流石だ…眩し過ぎる…)

俺「え、えっと…入学式って未だ始まらないの?」

舞園「そうみたいですね。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺「そうなんだ…。じゃあもう少ししたら始まるのかな…」

俺「俺達しか居ないし、何か変な感じだけど…」

舞園「そうですね…」

俺(とりあえず未だ時間もあるみたいだし、今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(俺って他の超高校級の生徒と違って只の幸運だからか、何気にこの中で浮いてるし…)

俺(…うん。早目に誰か話しやすい人を作っておこう)

俺(しかし、誰に話しかけてみようかな?)



1一番明るそうな女の子に話しかけてみる(朝日奈)
2風紀が厳しそうな男の子に話しかけてみる(石丸)
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの男の子に話しかけてみる(大和田)
4未だに辺りを観察している感じの前情報にも無い知らない女の子に話しかけてみる(霧切)
5他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 05:52:47.35 ID:R2MPYmBI0
5
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 07:05:11.77 ID:QSd+L4N8O
5
420 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 08:27:00.32 ID:JhEnjf1X0
5
421 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 13:36:35.08 ID:4yJg1yfQO
体育館

俺(ん…何か話しかけにくいな)

俺(…違う人に話しかけてみよう。他には誰かいるかな)



1…何かちょっと違和感のある超高校級のギャルの江ノ島に話しかけてみる
2野球選手の筈なのに到底野球選手には見えない桑田に話しかけてみる
3名前からして日本人なのか分からないセレスに話しかけてみる
4典型的な風紀委員っぽい石丸に話しかけてみる
5もっと癖のありそうな人に話しかけてみる(次の選択肢へ)



多数決下3まで
422 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 13:43:31.14 ID:TTVZ7oiiO
5
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 13:44:34.98 ID:ZSOy/02ZO
1
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 13:47:58.85 ID:dccpMaRgo
5
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:12:15.60 ID:KEMdXt1uO
体育館

俺(…いや、こんな機会滅多に無いだろうしここは癖のありそうな人と話してみるか)

俺(と言っても残りはこんなもんだけど…どうするかな)


1普通に生きてたら絶対話す機会も無いだろう超高校級の御曹司の十神に話しかけてみる
2ずっと何かに警戒してるような感じの腐川に話しかけてみる
3この中で一番身長の低い不二咲と言う子に話しかけてみる
4筋肉隆々で明らかに一人だけ異質な大神に話しかけてみる
5頭がボンバーで薄ら髭も生えてて同い年には到底見えない葉隠に話しかけてみる
6敢えて壁に向かって話しかけてみよう!


多数決下3まで

426 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/15(火) 21:14:18.04 ID:+mHEC8ao0
4
6はなんなんだw
427 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 21:15:44.83 ID:sH+6kvNdO
4
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 21:45:06.32 ID:dccpMaRg0
4
429 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:47:14.20 ID:KEMdXt1uO
体育館

大神「……。」

俺(よし、この筋肉隆々で明らかに異質な人に話しかけてみよう)

俺「初めまして…」

大神「……。」

俺(確かこの人は…)

俺「超高校級の格闘家の大神さくら…さん?」

大神「ああ…」

俺「ボクシングのチャンピオンやレスリングのメダリストを倒した事があるって…」

大神「そうだな…」

俺「すげえ…既にその歳で実績があるんだ…」

大神「……。」

俺「只の幸運なんかで入学できた俺なんかとは大違いだ…」

大神「…この学園にスカウトされ、ここに居ると言う事は…お主も只の幸運の持ち主では無い筈だ」

俺「い、いやあ…俺は実績とか無いし、本当にラッキーだっただけで…」

大神「……。」

俺「それにしてもこれ、入学式にしては異様な雰囲気だよな…」

大神「うむ…」

俺「まるで何かこれからとんでも無い事が起きるような…」

大神「……。」

俺「いや、流石に考え過ぎだよな…」

大神「どうであろうな…」

俺「もしかして大神さんは何か知ってる?」

大神「……。」

俺「……。」

俺(うん?…)

大神「いや、我にも分からぬ…」

俺「そ、そっか…。とにかく俺は超高校級の幸運の俺。同期になるみたいだから宜しく」ペコリッ

大神「ああ…。俺か…。共に励むとしよう…」フッ

俺「う、うん…」

俺(…良かった。見かけの怖さとは反対に良い人っぽいな。仲良くできそうだ)

俺「……。」

俺(それにしても何か知ってるって聞いた時の謎の間は何だったんだ?大神さんなりに俺を驚かそうとしただけかな?…)


大神の好感度が4に上がった
430 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:50:36.31 ID:KEMdXt1uO
体育館

江ノ島「つーか、アタシの荷物何処行っちゃったの?いつのまにか携帯も無くなったし」スタスタ

俺「あっ、そうだ携帯だ!」スッ

周りの生徒達「!!」ゴソゴソ

俺「ん?あれ?俺のも無いぞ…?」

山田「嘘!?ウソ!?」アタフタ

大神「我の携帯もだ…。奪われたと言う事か…」

腐川「こ…こんなの監禁じゃない…!」

俺「監禁…?」

葉隠「そうシケタ面すんなって。どうせオリエンテーションか何かだろ。オレの占いがそう言ってるべ」つ水晶玉

桑田「マジで!?当たるのか?」

葉隠「オレの占いは3割当たる!」

腐川「た、たった3割!?」

葉隠「うっ…」ガクッ

俺「いったい俺達のこの状況を作り出した奴は何が目的なんだ?」

霧切「…。」 チラッ

スピーカー「」キイイイン!!

俺「…うっ?なんだ?」

『アー。アー。マイクテスト。マイクテスト。大丈夫?聞こえてるよね?』

俺(何だこの不快な声…)

『えー、新入生の皆さん。今から入学式をとり行いたいと思います』

葉隠「ほれ。これが希望ヶ峰学園流の歓迎だべ」

霧切「…いえ、そうじゃない」

俺「うん?」

モノクマ「」ピョンッ

俺(何だ?こいつ…)
431 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:51:06.38 ID:KEMdXt1uO
体育館

舞園「ぬいぐるみ…?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。僕はモノクマだよ!」

俺「…モノクマ?」

モノクマ「オマエラの学園の学園長なのです!宜しくね?」

俺「……。」

山田「ぬぎゃぁーっ!?ぬいぐるみが動いた!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃなくてモノクマなんですけど?学園長なんですけど?」

俺(…コイツがこの学園の…学園長?)

霧切「…。」

モノクマ「ではでは、進行も押してるんで。起立、礼。オマエラ、おはようございます」ペコリッ

石丸「おはようございます!」ペコリッ

腐川「ヒッ!?い、言わないでよ!?」

モノクマ「えー、オマエラのような才能溢れる高校生は、世界の希望に他なりません」

モノクマ「そんな素晴らしい希望を保護する為、オマエラにはこの学園内だけで共同生活を送って貰います!」

全員「「!?」」

桑田「はぁ!?」

俺「きゅ、急に何を言って──」

江ノ島「どう言う事よ!?」

モノクマ「えー、その共同生活の期限についてなんですが…その期限は有りません!」

全員「!?」

モノクマ「つまりオマエラは、一生ここで暮らすのです」

桑田「なっ…!?今なんつった!?」

不二咲「一生、ここで…」

モノクマ「まー心配しなくても、予算は豊富だからオマエラに不自由はさせないし」

舞園「ちょっと待ってください!そう言う事じゃなくて…」

江ノ島「つーか嘘でしょ!?」

俺「まさか教室や廊下にあった鉄板は、俺達を閉じ込める為…」

モノクマ「そう。だから幾ら叫んだって、助けなんて来ないんだよ」

俺(嘘だろ?…)
432 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:51:49.44 ID:KEMdXt1uO
体育館

セレス「その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握からだ)
3(……この中の誰か殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
433 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 21:55:04.15 ID:sH+6kvNdO
2
434 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/15(火) 21:55:05.98 ID:Ie5zj87q0
2
435 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 21:59:25.08 ID:BUh8x7iF0
体育館

俺(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)

俺「皆んな!とりあえずここは手分けして出口を探して「「殺し合いをしろだぁ!?」」

俺「あっ…お、大和田君…」

大和田「テメェの悪ふざけは度が過ぎんぞ!!」ズンッ

モノクマ「悪ふざけ?それって君の髪型の事?」

大和田「ンだとクソがぁっ!?」モノクマ「」ガシッ

俺(げっ…。流石超高校級の暴走族…。モノクマって奴を捕まえた…)

大和田「ラジコンだか縫いぐるみだか知らねーがバッキバキに捻り潰してやんよ!」グッ

モノクマ「わー!学園長への暴力は拘束違反だよー!!」

モノクマ目「」ピコ-ンピコ-ンピコ-ン

俺「…うん?」

大和田「んだよ。この音…」

霧切「あっ…」

モノクマ「」ピキ-ンピキ-ン!!

霧切「危ない!!投げて!!」

大和田「…あん?」

霧切「いいから早く!!」

大和田「チィッ!!」ポイッヒュ-ン..

モノクマ「」ピインピインピインッ!!

モノクマ「」ドガ-ン!!

大和田「なっ…!?」

他の生徒達「」ビクッ!

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」

霧切「……。」

俺(あのモノクマって奴が爆発したのも驚いたが…)

俺(…あの霧切って子、一瞬でさっきの中身を爆弾だと見抜いたのか?…凄い洞察力だ)

俺(いったいどんな才能の持ち主なんだろう…)
436 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:00:03.40 ID:BUh8x7iF0
体育館

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

大和田「て、テメェ!」

俺(また出てきた…。つまりコイツは幾らでも代えがあると言う事か…)

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…次からは殺すと言う事か?」

モノクマ「運が悪いと死んじゃうかもね。うぷぷぷぷ」

俺「くっ…」

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」



『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』


俺「生徒手帳…?」
437 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:01:05.02 ID:BUh8x7iF0
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(俺…超高校級の幸運。身長、体重…)

俺(いつの間に個人情報を盗まれたんだ?…)



大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

俺「体育館には脱出口は無しか…」

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

俺「うん。ここは手分けして出口を捜索するのが一番良いと思う」

十神「オレは一人で行くぞ」

俺「えっ…?と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!?」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」

俺(…確かに、可能性はゼロでは無いだろうけど)
438 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:03:40.90 ID:BUh8x7iF0
体育館

十神「……。」スタスタ

俺(超高校級の御曹司って、協調性とか無いんだ…」

俺「あ…」

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

俺(また大和田君が…)

十神「どけよプランクトン」

大和田「…あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「……。」

俺(何をやってるんだあの二人は…)

舞園「あ…」


1こんな時に争ってる場合じゃないだろ?(勇気のある俺が止めに入った)
2こんな時に俺達で争うなんて馬鹿すぎるだろ…。あいつら…(馬鹿にしながら傍観した)
3……こわ。…触らぬ神に祟り無し。…俺はああ言うのに関わりたく無い(臆病な俺は怯えながらそそくさと舞園の背後に隠れた)


多数決下3まで
439 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:05:14.91 ID:E929AJWh0
1で高コンマ
440 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:05:45.17 ID:dccpMaRg0
1
441 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:05:53.15 ID:Ie5zj87q0
1
442 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:05:59.61 ID:sH+6kvNdO
バカにするのはよくない1
443 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:09:55.56 ID:BUh8x7iF0
体育館

俺「仕方ないな…」スタスタ

舞園「お、えっと…やめた方が…」

俺「大丈夫さ。俺なら」 スタスタ

舞園「えっ…?」

俺「二人とも、こんな時に争ってる場合じゃないだろ?」

十神「…うん?」チラッ

俺「落ちつけ大和田君。その手を引っ込めろ。今は先ず、全員で協力する事が大事なんだよ」

大和田「あ…?」

舞園(臆する事無くあ、あの人達の間に堂々と…。凄い勇気…俺君…)ゴクッ

大和田「お前、今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「言ったが?」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「頭に血が上り過ぎだ。少しは落ち着いて話を──」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

大和田拳「」ビュオンッ!

俺「…!」

舞園「キャアッ!?」



コンマ下二桁
00俺「北斗神拳は無敵だ」
71以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
11〜70見掛け倒しだった俺は殴られて見事に吹っ飛び、見事に気絶した…(舞園好感度3に上昇)
10以下スペランカー俺、殴られたショックで…


安価下
444 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:10:27.82 ID:Jsl8aGwfO
スタンバイしてました
445 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:11:09.92 ID:E929AJWh0
71
446 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:11:59.40 ID:dccpMaRg0
やるやん
447 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:12:34.64 ID:BUh8x7iF0
体育館

バチイッ!!

大和田「なっ…!?」ググッ

俺「ッ……」ググッ...

俺手「大和田拳「」」ガシッ

大和田(と、止められただとっ!?まさかこんな奴に!?)

俺「……。」グイッ

大和田「うおっ!?」グッ

俺「…これで気は済んだか?」

大和田「へへっ…。オレの拳を受け止めるたぁオメェ、見掛けに寄らずなかなかやるじゃねえか…おもしれぇ」ニヤッ

俺「……。」

大和田「…お前、いったい中学の頃に何をやってやがった?」

大和田「ただ幸運なだけでここに来れた訳じゃねえな?」

俺「…そんな事は今はどうでも良いだろ?今は皆んなで協力して脱出方法を探すのが先の筈だ」

大和田「フン…だったらオレじゃなくコイツに言えよ」チラッ

十神「…。」

俺「…十神君。君の言ってる事も分かる。俺達は会ったばっかりで、未だお互いの事をちゃんと信用できないって言うのは」

十神「フン…意外だな。お前のような奴がオレの言っている意味を理解しているとは」

俺「それでも俺達は今は協力すべきだと思う…。こんな非日常の事が起きているんだから、協力しないと脱出方法なんて簡単に見つからない筈だ」

十神「……。」スタスタ

大和田「おい十神!!」

俺「いやいいんだ大和田君」

大和田「だけどあんな単独行動されちゃ、バラバラになるだけじゃねえかよ」

俺「さっきも言っただろ?皆んな未だお互いの事をよく知らないんだ…」

俺「だから今は単独行動で捜索して貰っても構わない」

俺「でも後で必ず皆んなで集まって、見つけた事を報告しあおう!」

十神「フン…」スタスタ

扉「」バタンッ

俺「ふう……」

俺(一先ず争いは止めて、伝えたい事は伝えた。後は皆んな次第だろう)

不二咲「……。」ジッ

不二咲(す、凄いや俺君…。優しそうな印象だったけど、大事な場面じゃ勇気もあるし、強いし…)

不二咲(どんな人にだって臆する事無く自分の意見を言えるんだ…)

不二咲(格好良いなぁ…///)



大和田の好感度が3に上がった
不二咲の好感度が3に上がった
448 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:13:39.44 ID:sH+6kvNdO
ここまさか低コンマじゃなきゃ駄目とかじゃないだろうな
449 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:15:00.12 ID:BUh8x7iF0
体育館

俺「他の皆んなも、未だお互いの事をよく知らないのに他人を信じるのは厳しいよな?」

周りの生徒達「…。」シ-ン...

俺(だろうな…)

俺「じゃあここはとりあえず一旦解散でそれぞれ脱出口を捜索しよう」

セレス「では、お言葉に甘えさせて頂きます」スタスタ

俺「あ、ああ…」

霧切「……。」スタスタ

俺(十神君の次に出て行ったのは、セレスさんと霧切さんだった)

朝日奈「私達は教室とかの窓を調べて、鉄板が外せそうな場所を探しに行ってみるよ」スタスタ

大神「うむ…」スタスタ

俺(続いて朝日奈さんと大神さんも出て行き…)

山田「では僕は生徒手帳に記されている寄宿舎の方を見に行ってみますかな」スタスタ

大和田「オレはもっかい玄関を見に行ってみるか」スタスタ

桑田「オレはこの学園内をぶらついてみるかな」スタスタ

俺(山田君、大和田君、桑田君も出て行き…)

石丸「俺君。捜索の報告をし合う場所はこの食堂と言う場所が適していると思うぞ」スタスタ

俺「食堂?ああ…何か広そうな場所があるな…。じゃあそこで良いかな?」

石丸「うむ。では僕は皆んなに1時間後に食堂へ集まるよう伝えてこよう」スタスタ

俺(そう言って石丸君も出て行き…)

俺(体育館に残されたのは…)

舞園「あ…」

俺(アイドルの舞園さんと…)

不二咲「え、えっと…」

俺(どうすれば良いのか分からず狼狽えてる不二咲さんと…)

葉隠「皆んな心配し過ぎだって。どうせ入学式のドッキリか何かだし、焦る必要なんかねーべ」

俺(…未だにこの状況を飲み込めてない葉隠君と)

江ノ島「あたしパス。捜索とかめんどいし皆んなが代わりにやって」

俺(ギャルらしく面倒くさがって動かない江ノ島さんが残っていた)

俺「……。」


1……この中の誰とも仲良く一緒に捜索できる自信は無いな。とりあえず俺も一人で捜索に行こう
3とりあえず体育館に残ってる全員に一緒に行かないかと声を掛けてみる


多数決下3まで
450 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:16:46.48 ID:BUh8x7iF0
1……この中の誰とも仲良く一緒に捜索できる自信は無いな。とりあえず俺も一人で捜索に行こう
2とりあえず体育館に残ってる全員に一緒に行かないかと声を掛けてみる


です
多数決下3まで
451 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:16:55.04 ID:sH+6kvNdO
1かな
452 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:17:00.00 ID:621kGtPd0
2がないぞ

3
453 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:18:25.59 ID:dccpMaRg0
2
454 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:19:48.67 ID:/PSKYyX4O
2
455 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:21:27.81 ID:BUh8x7iF0
体育館

俺(…一応声だけはかけてみるか)

俺「ここに残っても、何も動きなんか無いだろうしさ…とりあえず動こうよ皆んな!」

江ノ島「…。」

葉隠「…。」


江ノ島好感度1
コンマ下二桁
91以上ついて来てくれた
90以下尚も興味無し

安価下


葉隠好感度1
コンマ下二桁
91以上付いてきてくれた
90以下尚も興味無し

安価下2


腐川好感度1
コンマ下二桁
91以上端に隠れてた腐川を見つけた
90以下腐川は居なかった

安価下3
456 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:22:59.24 ID:Ie5zj87q0
あらら
457 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:23:05.29 ID:621kGtPd0
大神高コンマってどこなんだ結局
458 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:23:15.85 ID:Y/ds6apc0
459 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:25:59.10 ID:W6T/0oyoO
一番最初の一緒に捜索時って言ってたからここは誰にも声かけず出て行く必要があったのかも
もう遅いが
460 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:26:04.93 ID:E929AJWh0
残姉だけでも取りたかった
461 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:27:17.82 ID:E929AJWh0
ああそこで繋がるのか
じゃあもう無理じゃんまた脱出するか
462 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:29:34.60 ID:sH+6kvNdO
ここに関しては取る必要無さそうだからなあ好感度は上がるかもしれんが
463 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:30:02.45 ID:BUh8x7iF0
コンマ24
コンマ29
コンマ85
体育館

江ノ島「だーかーら。捜索はアンタ達が勝手にやりなって」

葉隠「めんどくさいべ。だってこれ単なるオリエンテーションだしな!」

俺「……。」

俺「はぁ……」

俺(この二人を連れ出すのは無理だな…)チラッ

「」

俺(…なんかもう一人居たような気がするが…気の所為か)

俺「えっと…不二咲さんはどうする?」

不二咲「ぁ…。僕は…」キョロキョロ

俺(…不二咲さんって僕っ子なんだ)

江ノ島「ったく携帯電話取られるとかマジ最悪なんだけど」

葉隠「よし。こんな時は占いでもやるか!」

不二咲「誘ってくれたけど…。ごめん俺君…。僕もここに残るよ…」

俺「そ、そっか…」

俺(周りの空気に流されちゃったか…)

俺(…まぁ確かに、今の所俺だけしか捜索派は居ないしな)

俺「あ…舞園さんはどうする?」

舞園「あ、私は…」

俺(…彼女がダメなら一人で先に食堂の様子でも見に行こう)


舞園好感度2
コンマ下二桁
81以上舞園だけは一緒に来てくれた(舞園好感度4に上昇)
80以下舞園も残ったので仕方なく俺は一人で食堂を見に行った


安価下
464 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:31:27.46 ID:dccpMaRg0
465 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:32:22.43 ID:Ie5zj87q0
悲しいかな今回も総スカン(笑)
466 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:35:19.65 ID:BUh8x7iF0
コンマ46
体育館

舞園「すみません…。私も残ります…」

俺「うっ…」

舞園「ごめんなさい…」

俺「あ、いや…別にいいよ…」

俺(…彼女も流される系の人だったか)

俺(いや、違うな…。彼女は超高校級のアイドルなんだし異性の俺と二人きりは抵抗があるに決まってるか…)

俺「分かった…。じゃあとりあえず1時間後に食堂って所に集まって、報告会の予定だから」

俺「脱出口が見つからなかったら、ここにいる皆んなも一旦そこで」スタスタ

舞園「分かりました…」

俺(仕方ない…。とりあえず俺は集まる予定の食堂とやらを先にどんな場所なのか見に行ってみるか)スタスタ



食堂内

俺「ここが食堂か」スタスタ

俺(長机にわざわざ人数分の椅子が用意されてある。報告会には適してるな…)

監視カメラ「」

俺(監視カメラ…校内の至る所につけられてるな。確か壊すのは校則違反だったか…)

俺「奥は厨房かな?ついでに厨房も調べてしまおう」スタスタ



調理室

俺「うわっ。凄い量だな…」

棚に大量に置かれた果物や野菜「」

俺「…腐っては無いのか?」

モノクマ「失礼な!全て新鮮な物だよ。衛生面はバッチリだから安心して!」

俺「なっ…!?も、モノクマ!?」ビクッ
467 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:36:35.97 ID:BUh8x7iF0
調理室

モノクマ「冷蔵庫の中身だって毎日補充されるから、食糧が尽きる心配も無いね」

俺「……。」

モノクマ「でも俺君。集合時間1時間前にこの場所に来てどうしたの?」

俺「別に良いだろ。何でも…」

モノクマ「一人で居たら、襲われて殺されちゃうかもしれないよ?」ニヤッ

俺「そんな訳あるか」

モノクマ「それとも、逆に誰かを襲う為の道具でも探しに来たのかな?」チラッ

俺「うん?…」チラッ

並べられた包丁「」

モノクマ「上手くやれば一突きで殺せるよ」

俺「……。」ゴクリッ

モノクマ「うぷぷぷぷ。でも証拠は残らないようにね」

俺「…どう言う事だ?」

モノクマ「残念ながら未だ秘密だよ。とりあえず今言える事はよく校則をよく確認しておくようにって事だけかな?」

俺(校則をよく確認…)

モノクマ「それじゃあね」タタタッ

俺「…何しに来たんだあいつは?)」

俺「……。」チラッ

包丁「」

俺(綺麗に研がれた包丁セットが4本あるな)


モノクマ『一人で居たら、襲われて殺されちゃうかもしれないよ?』ニヤッ


俺「……。」

俺(食堂には未だ誰も来ていない。今なら包丁を1本持って行ったとしても誰にもバレる事は無さそうだが…)


1護身用に1本だけくすねておくか…
2いいや、俺は皆んなを信じる!護身用の武器なんて必要無い


多数決下3まで
468 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:36:56.26 ID:dccpMaRg0
2
469 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:38:07.29 ID:sH+6kvNdO
2
470 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:41:20.26 ID:2Uw+dbQaO
調理室

俺「いいや、俺は皆んなを信じる!」フルフル

俺(だから護身用の武器なんて必要無い)クルッ 



食堂

俺(それからもう間もなくして、皆んなが約束通り食堂へと集まってきた)

俺(…つまり、全員で手分けして学園を捜索してみたがそう簡単には出口は見つからなかったと言う事だな)

石丸「それではこれより第一回定例会議を開始する!」

朝日奈「私は大神さんと一緒に出口を探してみたけど、何処も鉄板が閉まってて駄目だったよ」

大神「うむ…」

山田「各部屋に設置されてたベッドは快適でしたな。監視カメラがある事を除けば、ですが…」

大和田「オレは玄関ホールを見に行ったがやはりダメだな。頑丈にロックされてやがる」

俺「調理室や冷蔵庫にはかなりの食糧が用意されてたな」

山田「しかし15人分の食糧となるといつまで持つやら…」

俺「いや、それは補充されるから大丈夫だってモノクマが言ってたな」

江ノ島「会ったの!?」

俺「ああ、直ぐにどっかに行ったが…他に何か見つけた人は?」

他の生徒「…。」 シ-ン...

桑田「クソー!結局脱出方法は見つからずか」

十神「だが一つだけはっきりしたな。オレ達は完全に閉じ込められたと言う事が」

舞園「そんな…じゃあずっとここで暮らすしか無いんですか?」

セレス「適応すれば良いのです」

俺「適応?」

セレス「ええ。そうすればここでの生活も苦にはなりませんわ」

山田「監視カメラがある部屋で適応はなかなか…」

セレス「そこで、皆さんに提案があるのですが」

俺「…えっ?」
471 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:41:57.88 ID:BUh8x7iF0
俺個室

ベッド「」

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中、外出禁止は構わないが皆んなもちゃんと納得してるのかな…?」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺(本当にこんな環境で適応なんてできるのか?カメラの下で生活とかストレス半端無さそうだぞ…?)

俺(だから既に外に抜け出したいと不満を持った奴が居ても何らおかしくないが)

俺(その為に誰かを殺すのかどうかは置いといて…)

俺「明日は誰かにこの状況をどう考えてるのか聞くために話しかけてみるかな」

俺(先ずは男か女、どちらに話しかけてみよう?)


1男子
2女子

多数決下3まで
472 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:42:17.99 ID:dccpMaRg0
2
473 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:44:56.67 ID:sH+6kvNdO
2
474 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:46:09.18 ID:Ie5zj87q0
2
475 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:46:15.90 ID:2Uw+dbQaO
俺部屋

俺(まぁ監禁されてるって言っても、男はそんなに直ぐ動揺する事は無いだろうから…)

俺(…やはり参考にするなら女の子だよな)

俺(しかし誰に声を掛けてみるか…)

俺(体育館で挨拶を交わした大神さん以外、ほぼ全員未だほんの少し話した程度なんだよな…)

俺(とにかく俺の印象だと今のところは誰も、人を殺してまで外に出たいって人は居ないように見えたが…)

俺「とりあえず誰に声をかけてみるかな?」



1舞園(好感度2)
2朝日奈(好感度2)
3大神(好感度4)
4セレス(好感度1)
5霧切(好感度1)
6江ノ島(好感度1)
7不二咲(好感度3)
8腐川(好感度1)


多数決下3まで
476 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:48:00.99 ID:qeBV8XBpO
3
477 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:48:14.35 ID:sH+6kvNdO
3
478 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:51:25.60 ID:Ie5zj87q0
1
479 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:52:31.58 ID:2Uw+dbQaO
廊下

俺「大神さん」

大神「む…。俺か…。我に何か用か?…」

俺「ああ…。時間があったらまた少し話しでもしてみたいなって思って…」

大神「…。」

俺(大神さんは決して反応が良い訳では無いんだが、何故か話しかけやすいんだよな)

俺「今は厳しかったら別に良いんだけど」

大神「…いや、良いだろう。我もちょうどトレーニングの休憩をしようと思っていたところだ」

大神「偶にはゆるりと茶を飲みながら語り合うとしようか…」

俺「ありがとう…」スタスタ

俺(やっぱりトレーニング中でも話には付き合ってくれるみたいだ)



食堂

俺「大神さんってこんな状況でもトレーニングするんだな…。さすが超高校級の格闘家だよ」

大神「どんな状況に陥ろうと、我はトレーニングを怠った事は無い…」

俺「ええ……」

大神「……。」

俺「超高校級の格闘家の肩書きを維持するのって大変なんだ?」

大神「そうではない…」

俺「…え?」

大神「我は…肩書きに拘っている訳では無い…」フルフル

俺「…どう言う事?」
480 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 22:54:14.00 ID:2Uw+dbQaO
食堂

大神「我が目指すは超高校級の格闘家ではなく、地上最強…」

俺「地上最強…?」

大神「うむ…」

俺「……。」ジッ

大神筋肉「」ムキムキッ

俺「…大神さんなら既に地上最強なんじゃない?」

大神「いいや…。未だだ…」

俺「未だ?…」

大神「我には未だ、超えなければならない者がいる…」

俺「超えなければならない者…?それって大神さんより強い人が未だ居るって事…?」

大神「……。」

俺(……うん?あれ?…また変な間が…地雷だったか?)

大神「…そう言えば、俺も武の道に経験があるようだな」

俺「え?」

大神「昨日の体育館での出来事だ…」

俺「ああ…」

大神「並みの人間ならばあの場で即座に大和田の拳に対応するなど不可能だ…」

俺「……。」

大神「お前も何か武道を学んでいたのか?」

俺「俺は…」


1いや、単に中学の頃よく喧嘩とかしてたからさ…。ああ言う対応には慣れてただけたよ
2将来はプロボクサーを目指した頃もあったな…
3実は俺も地上最強を目指している。大神さんに地上最強の座は渡さない


多数決下3まで
481 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 22:55:08.83 ID:sH+6kvNdO
3
482 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:02:07.20 ID:Ie5zj87q0
2
483 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:03:12.44 ID:uYIB+C++O
3
484 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:09:43.60 ID:E929AJWh0
91でも狙うか
485 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/15(火) 23:20:06.82 ID:2Uw+dbQaO
食堂

俺「実は俺も地上最強を目指している」

大神「何…?」ピクッ

俺「大神さん、君に地上最強の座は渡さない」

大神「……。」

俺「……。」

大神「フッ…」

俺「まぁ冗談なんd」

大神「面白い。ならば手合わせ願おう」

俺「……えっ?」


体育館

俺「……。」

大神「……。」

俺(…いや、大神さんと地上最強の座をかけて勝負って…何でこうなった)

大神「俺よ。貴様も地上最強を目指すので有れば、我を超えてみせよ…」ゴゴゴ...

俺(…何かオーラみたいな物が見えるんだが)

大神「行くぞッ!!」ダッ

俺(…いや、大丈夫かこれ?)


コンマ下二桁
00実はある少女に少しだけ時を止める能力を教わっていた俺、大神を返り討ちにする
99超高校級の幸運が発動し、なんと壁に穴を開けてしまう(脱出END)
91以上実は一子相伝の暗殺拳の伝承者だった俺。大神と戦いながら暗殺拳の記憶を思い出す(大神好感度6に上昇)
61〜90流石に大神には全然叶わなかったよ…(大神の好感度4に上昇)
21〜60大神と戦うには実力不足だった俺。攻撃が直撃し、数日間昏睡させられてしまう…
20以下実は今までは何もかもまぐれだった俺。大神の攻撃が直撃して肺が潰れてしまった…


安価下
486 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:20:34.46 ID:AFe3j7FXO
487 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:21:05.95 ID:Y/ds6apc0
488 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:21:16.06 ID:ZUezGOtZO
エンジョイ!(この書き込みをしている人は何人いるのやら?)
489 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:22:20.04 ID:ltJuIMru0
どうせならここで死んでほしかった
490 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:26:03.78 ID:E929AJWh0
一番ダメなやつ
491 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/15(火) 23:27:15.51 ID:dccpMaRg0
自殺チケットが欲しくなる今日この頃
492 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/16(水) 14:23:39.66 ID:Gl9CzkwMO
体育館

俺「くっ…!」スッ

大神「ぬうんっ!!」ブウンッ

俺「あっ───?」

俺(……え?…あれ?予想してたよりもっともっと早い)

大神拳「」

俺(あ、マズイ奴だこれ。直撃してしm──)

俺腹「」ドゴオッ

俺「がはっ!?」ヒュ-ン

壁「」ダァンッ!!

俺「」ドサッ


───そうして、彼女との実力差を全く分かっていなかった俺は腹を抉られ、死ん……ではいなかった…



俺個室

俺「あ…れ……?」

俺「……。」

俺(生きてる…たか…?俺…)スッ

心臓「」ドクンツ...ドクンッ...

俺「はぁ…ちゃんと動いてるな…」

俺(…と言うかまぁよく考えてみたら大神さんはその道のプロだし、流石に加減はして殺さないようにしてるよな)

俺「良かった…。こんな事で俺が一番最初に死んだら笑えないよな…」

俺「よし、皆んなに目覚めたって報告しに行こう」スタスタ

扉「」ガチャッ

俺「あ……」

俺(…この時の俺は未だ知らなかった)

俺(俺は運良く生き延びたが、既に死人が出ていた事に…)


俺が最初に出会った人物
コンマ下二桁
86以上大和田(3人脱落)
71〜85セレス(5人脱落)
56〜70大神(7人脱落)
41〜55霧切(8人脱落)
21〜40葉隠(9人脱落)
20以下江ノ島(全員脱落。江ノ島END)


安価下
493 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/16(水) 14:26:29.90 ID:Gl9CzkwMO
脱落者の数ミスです
こうでした

コンマ下二桁
86以上大和田(3人脱落)
71〜85セレス(5人脱落)
56〜70大神(8人脱落)
41〜55霧切(9人脱落)
21〜40葉隠(10人脱落)
20以下江ノ島(全員脱落。江ノ島END)


安価下
494 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 14:33:38.73 ID:514EfEAoO
しぬがよい
495 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 16:22:19.52 ID:AMey6oIR0
もっと低くてもよかったよ?
496 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/16(水) 19:40:37.54 ID:z6yo/gyeO
2週間くらい眠ってね?
497 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 08:39:48.09 ID:dYbhXTAlO
20以下が見たかった
498 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/17(木) 18:40:04.43 ID:JG5iyUfz0
コンマ73
学園側廊下

俺(食堂には誰も居なかった…)

俺(なら学園側に皆んないるのか?)スタスタ

俺「あ……」

2階への階段「」

俺(…あれ?2階への階段…?)

俺「おかしいな…。俺の記憶だとここはシャッターが閉まってた筈なんだが…」

俺「……。」

俺「まぁいいや。皆んなこっちに居るのかも…?ちょっと覗いてみるか」ストッストッ...




3階廊下

俺(…嘘だろ?いつの間にか3階まで行けるようになってたんだが)スタスタ

俺「あ…あの特徴のある後ろ姿は…セレスさん?」

セレス「…うん?」クルッ

俺「セレスさん!」タッタッタッ

セレス「あ、あら俺君。遂に目が覚めたんですか?」

俺「ああ…。何か俺が眠ってた間に2階とか3階とかが開放されてたみたいで…」

セレス「……。」

セレス(チッ…このビチグソが。こんな時に起きやがって…)
499 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/17(木) 18:59:54.49 ID:JG5iyUfz0
3階廊下

セレス「俺君が状況を飲み込めなくて仕方ありませんわ」

俺「…え?」

セレス「だって俺君は約1週間くらいずうっと眠り続けていたんですもの」

俺「ええっ!?い、1週間!?」

俺(どんだけ寝てたんだ俺…)

俺「じゃあ俺が寝てる間に2階と3階は開放されたって事か?」

セレス「そうですわ。色々ありましたから」

俺「色々あった…?もし良かったらその俺が寝てた期間に何があったのか詳しく教えてくれないかな?…」

セレス「ええ。それは構いませんが、今はそのタイミングではありませんわね」

俺「うん?タイミングじゃ無いってどう言う事?…」

セレス「実は3階の奥の物理室で石丸君が殺され、山田君も1階の保健室で何者かに殺されたのです…」

俺「……え?石丸君と山田君がこ、殺され…嘘?…」

俺(二人が殺された?…意味が分からない…)

セレス「ですが、その二つの死体は消えてしまって今は皆んなで手分けして犯人と死体を捜索している所なのです…」

俺「遺体が消えて、二人を殺した犯人が見つかって無い?…そんな馬鹿な…」

俺「と、とにかくそう言う事なら俺も協力するよ!」

セレス「ありがとうございます…」

セレス「では3階はわたくしが捜索しますから、俺君は2階の方を捜索して下さい」

俺「俺は2階を?」

セレス「はい。お願い致しますわ」


1分かった!俺は2階を見てくる!
2犯人が見つかって無いならセレスさん一人じゃ危険だ。俺もセレスさんと一緒に居るよ!


多数決下3まで
500 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 19:04:45.96 ID:Vh1Fce7w0
2
501 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 19:06:24.47 ID:huACcpcoO
2
502 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/17(木) 19:39:54.29 ID:JG5iyUfz0
3階廊下

俺「駄目だ!」

セレス「…はい?」

俺「犯人が見つかって無いならセレスさん一人じゃ危険だ。俺も犯人が無事に見つかるまでセレスさんと一緒に居るよ! 」

セレス「……。」

セレス「いいえ、わたくしは大丈夫ですk」

俺「大丈夫。自分で言うのもなんだが、こう見えて運動神経なら良い方だから犯人から守るくらいはやってみせるよ」

セレス「……。」

セレス(このビチグソ……。本当邪魔だな…)イラッ

俺「安心してくれ」

セレス「…わかりました。では俺君にも一緒に捜索して貰いましょう」

俺「ああ。じゃあ何処へ行けば良い?」

セレス「物理室は見ましたから、次はそこの美術室を探してみましょうか」

俺「分かった」スタスタ

セレス(フッ…仕方ありませんわね…。予定にはありませんでしたが、俺君にも犠牲になって頂くとしましょう)スタスタ


美術室

俺「美術室には犯人も遺体も居ないようだな」

セレス「此方の美術準備室も念の為探しておきましょうか」

俺「分かった。俺が先に開くからセレスさんは俺の背後に」

セレス「ええ…」スッ

俺(犯人が中に居る場合は扉を開けた瞬間、犯人が中から攻撃してくる筈だ…。気を付けないとな…)スッ

ドアノブ「」ガチャッ

セレス「……。」スッ
ジャスティスハンマー「」

俺(中に居るのは…)ドキッドキッ...

俺「…え?…山田君?」

山田「……え?」

ヒュッ

セレス(フッ…。久しぶりに会ったばかりですが…さようなら俺君)ハンマー「」ヒュ-ン


セレス好感度1(情けかけず)
コンマ下二桁
91実は最初からセレスの事を信じて無かった俺、殴りかかって来たセレスを逆に投げ飛ばす
41〜90喧嘩慣れしてた俺、背後から殺意を感じ咄嗟に転がって不意打ちを避けた
40以下俺、背後からの不意の一撃により死亡

安価下
503 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 19:40:51.96 ID:Vh1Fce7w0
死ぬが良い
504 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 19:54:49.76 ID:BpOM22sKO
いや草
505 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 20:05:40.49 ID:1u9dAHxT0
絶対に死なないという意思を感じる
506 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 20:13:24.67 ID:BpOM22sKO
これ仮にセレスさん死ななかったら実行犯の山田だけオシオキになるよな
507 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/17(木) 20:40:34.16 ID:JG5iyUfz0
コンマ96
美術準備室

俺「……!」バッ

セレス手首「」グイッ

セレス「なっ…!?」

俺「どおりゃあぁぁぁっ!!」ブウンッ

セレス(馬鹿な!?一本背負いされた!?)ヒュ-ン...

セレス「がほっ!?」ドガッ!

俺(…セレスさんは倒した。…後は)チラッ

石丸「」ドクドク...

俺「ッ…」グッ

山田「ひっ…」

俺「歯ぁ食いしばれ山田ァッ!!」ダッ

山田「ど、どひゃあぁぁぁっ!?」ゾゾッ...

俺拳「」ブウンッ

山田顔「」ボコオッ

山田「ひでぶっ!?」ヒュ-ン

壁「」ドオンッ!!

山田「」ピクッピクッ...

俺「ふう……」

セレス「なっ…何故……」ピクピク...

俺「…俺を只の幸運と力だけの男だと身誤ったな」

セレス「な…に?……」

俺「犯人も捕まって居ないこの危険な状況で、君のような女の子が一人になろうとするのは、君がほぼ間違い無く俺に知られるとマズイ何かをやろうとしているんだって…」

俺「そんな事、冷静に考えれば分かるだろ?」

セレス「くっ……」

俺「俺は君が何をしようとしてるのか探る為にずっと知らないフリをしてただけだ」

俺「…何故石丸君を殺し、俺をも殺そうとしたのか知らないが…君達の負けだ」

セレス(クソッ…このビチグソ…。幸運、力だけじゃなく…頭もキレる…とんだ曲者だったのか…)

俺「何を企んでいたのか知らないが、俺に見つかった時点で計画は中止にしておくべきだったな」

セレス「ッ…」

セレス(こいつは只の雑魚キャラなんかじゃなく…こいつこそが…運命をひっくり返すジョーカー的な役割…)

セレス「ちくしょう…。それを身誤ったわたくしが…負け……ですわ……」ガクッ...
508 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 22:27:19.83 ID:EMOL5oWS0
なんか久々にピリピリせず俺くんスレ見てる気がする
509 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 22:29:28.92 ID:ekMGq72Lo
死のうとすると途端に面白くなるんだよなこのスレ
510 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 22:41:42.18 ID:6vQB8KrO0
それでこのルート進めてみようぜという空気になる
511 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 23:39:34.47 ID:XqjPbQnK0
全員生存やめるの?
512 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/17(木) 23:42:13.93 ID:gl4NiDR30
やるにはやるんちゃう?
ただこの周はどうにもならんから俺くん死亡からのやり直しを狙いつつおもしろそうなら楽しむってだけで
513 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 01:30:56.63 ID:wt0SA+vuO
物理準備室

朝日奈「どうしたの!?凄い音が聞こえたけど!?」ダッ

大神「む…これは…」

セレス「」ピクピク...
山田「」ブクブク...
石丸「」ドクドク...

俺「あ…朝日奈さん。大神さん」クルッ

朝日奈「…え?俺!?」

大神「遂に目が覚めたか…」

俺「ああ…目は覚めたんだが…」チラッ

セレス「」ピクピク...

俺「一番最初に出会ったこの部屋に入ろうとしたら、急に背後からセレスさんに襲われそうになって…」

俺「返り討ちにはしたんだが…でも既に山田君が石丸君を殺してたんだ…」

朝日奈「ええっ…?と言うか山田!?生きてたの!?」

大神「……。」

俺「セレスさんは山田君は既に殺された事にしてたから、この二人…何か繋がりがあったんじゃ無いかな?」

大神「…そう言う事か。セレスと山田は手を組んで殺人を行い、我々を嵌めようとしていたのだな」

朝日奈「そんな…」

俺「……。」

俺「…誰かを殺すとか、俺達を嵌めようとするとか何でこんな事になってるんだ?」

朝日奈「それは…」

俺「俺が眠ってる間にあった事を全て説明してくれ」

大神「良いだろう…。全てを教えてやる…」

朝日奈「さくらちゃん…」

大神「俺を眠らせてしまったのは元はと言えば我の責任だ…。罪滅ぼしと言う訳にはいかないが、我には俺に説明してやる義務がある…」

俺「ありがとう…。でもその前にこの二人はどうすれば良いんだ?」

朝日奈「えっと…殺人未遂のセレスちゃんはどうなるか分からないけど、石丸は既に山田に殺されちゃったから…」

朝日奈「多分、数時間後に学級裁判が開かれるよね?…」

大神「うむ…」

俺「学級…裁判?」

朝日奈「うん…。誰が殺人を行った犯人なのかを決める裁判なんだけど…」

俺「なんだ?殺人を行った人物なら山田君が現行犯で捕まえたから簡単じゃないか?」

大神「そんな簡単な裁判では無いのだ…」

俺「……うん?」
514 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 01:52:05.45 ID:wt0SA+vuO
お仕置き場

ぶー子「」ビビビッ
モノクマ怪獣「」ギュイ-ン!

山田「」ドガ-ン!

俺「なっ…!?」

朝日奈「山田…」ポロポロ...

葉隠「山田っち…」

大神「……。」

俺(誰がクロなのかを決める学級裁判の前に朝日奈さんから話には聞いていたが…)

俺「こんな…」

モノクマ「ブラボーッ!」

モノクマ「いやあ、ハラハラさせられたけど無事に悪は倒され今回もぶー子の勝ちだったね」

俺「……。」ゴクリッ…

俺(俺達の目の前で行われたのは、犯人である山田君の残虐的な処刑だった…)

モノクマ「それにしても久しぶりだね俺君」

俺「モノクマ…」

モノクマ「このお仕置きを見せてあげられる日が来るなんて…いやあ、僕も君が眠ってる間の介護を頑張った甲斐があったなあ」

俺「……。」

俺(俺が眠ってる間は何故かモノクマが介護をしてくれてたらしい…)

俺「何でお前が俺を助けたんだよ…」

モノクマ「そんなの簡単じゃん。君にも絶望を味わって欲しいからだよ」

俺「……。」

モノクマ「あのまま君が何も知らずに死んでも全く面白くも無いでしょ?ゲームとしてもさ」

俺「ゲーム…?こんな、人の命を簡単に奪う事がゲームだと?…」グッ

モノクマ「何を怒ってるのか分からないけど、秩序を乱した者が罰を受けるのは当然じゃん」

モノクマ「君も殺して来たセレスティアなんちゃらさんと、これからも今まで通り一緒に暮らす事が無理だったんでしょ?」

俺「それは…」

俺(モノクマの言う通りだった…。俺は学級裁判が始まる前にモノクマに未遂で終わったセレスさんをどうするかと聞かれた時に…)

俺(一度殺人に走った者はきっとまた同じ事を繰り返す…。だから何処かに隔離して欲しいと頼んだ結果…)

セレス『』ヒュ-ン...

俺(…セレスさんは処刑はされなかったが、地下送りとなりこの階よりももっと下の場所へと落とされてしまった)
515 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 02:21:46.19 ID:wt0SA+vuO
undefined
516 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 02:22:42.32 ID:wt0SA+vuO
脱衣所

俺「……。」

霧切「…俺君が眠ってる間に、さっきのような事は既に2度も行われて来たのよ」

霧切「最初に起きた事件では舞園さんが桑田君を手にかけ…」

霧切「2回目の事件では大和田君が不二咲さんを手にかけたわ…」

俺「その二つの事件もさっきのように犯人を見つけ出して来たのか?…」

霧切「…いいえ。私達が謎を解き明かした訳では無いわ」

俺「えっ…?」

霧切「最初の事件では舞園さんが学級裁判の場で自白して、2回目の事件では大和田君の犯人しか知り得ない不用意な発言で彼が犯人だと断定できたわ」

俺「……。」

俺(…やっぱり、皆んな誰かを殺してしまった罪悪感で黙ってる事なんてできないんだな)

俺「居なかった4人の事は分かった…。なら江ノ島さんはどうなったんだ?」

霧切「…彼女の場合は見せしめにモノクマに処刑されたわ」

俺「見せしめにモノクマに処刑された?…」

霧切「ええ…。校則を違反した者がどうなるのかを私達に知らしめる為にね…」

俺「ッ…」

霧切「……。」

俺「何で俺は…そんな肝心な時にずっと眠ってたんだ…」

俺「もし俺が起きていれば…皆んながそんな早まった事をせずに助けられたかもしれないのに…」グッ

霧切「…残念だけど、人1人の力なんてたかが知れてるわ。仮に俺君が起きていた所で事件が起きる運命は──」

俺「起こさせない。そんな運命があったとしたのなら、俺が打ち破ってやる!」

霧切「……。」

霧切(…確か、聞いた話によると彼はセレスさんの演技に敢えて乗り、今回の事件を無事に終息させたらしいわね)

俺「仲間同士で殺人なんてもうウンザリだ…。俺が目を覚ましたからにはもう二度と誰にも殺人なんか起こさせない」

霧切「……。」

俺「そしていつか必ず倒すんだ。俺達で殺し合いをさせようとしている黒幕を!」
517 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 02:23:25.67 ID:wt0SA+vuO
脱衣所

霧切「……。」


セレス『悔しいですが、俺君はこのコロシアイゲームにおけるジョーカー的なポジションでした』

セレス『力、知能、運…まさか全て備えているとは思いませんでしたわ』

セレス『もしかすると彼ならば…わたくし達の運命を変える力があるのかもしれませんわね』

セレス『新たに彼を加えた皆さんのこの先の結末を見る事ができないのは残念ですが、面白くなる事を期待していますわ』ニコッ



霧切「……。」

霧切「…俺君が本当に黒幕を倒そうと考えてるのなら、 私も協力するわ」スッ

俺「霧切さん…?」

霧切「2階の男子トイレの奥にある用務室の壁…。そこにヒントがある」

俺「2階の男子トイレ…?」



第一章END
518 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 02:25:06.48 ID:wt0SA+vuO
第一章(原作3章)END


1最初からやる
2次のチャプターへ進む


多数決下5まで
519 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 03:16:54.75 ID:1a0ubZYo0
質問タイムじゃないからあれだけど、もしよかったらこの流れでしか行けないエンドとかあったりするか教えてください
520 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 03:37:54.61 ID:vFFnOukvo
1
俺くんは覚醒してるけど面子と状況に面白みはない
521 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 03:50:52.30 ID:TjEW2qXp0
1
522 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 06:23:59.55 ID:6p3zszG8O
1ひぐらし生き残った俺君だったか
523 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 08:36:58.38 ID:g0qI3LJu0
今度は一人で探索すればいいんだな
524 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 08:51:14.09 ID:wt0SA+vuO
最初から始めます
──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」


初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
525 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 09:30:42.95 ID:6p3zszG8O
2
526 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 09:31:43.46 ID:jj0jeTVHo
2
527 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 10:39:46.41 ID:lDDE201vO
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
528 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 10:50:01.90 ID:nLZvsXRzO
2
529 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 11:01:28.52 ID:D38lSvqlO
1
530 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 11:02:44.97 ID:ZErCTqYXo
1
531 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 12:21:56.53 ID:5OoqAA4JO
またニートタイムの安価で邪魔されてるじゃん
532 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 13:02:28.79 ID:g0qI3LJu0
何故邪魔が入るのか
533 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:38:46.59 ID:j4BpawzxO
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(効果: 77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
534 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 13:39:18.54 ID:OM9/3MHLO
まあでもゾロ目で変なエンド行くかもしれんからこれはこれでいいかも?
535 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:41:01.48 ID:j4BpawzxO
教室

俺「……う…ん?」パチリッ

俺(あれ…?いつの間にか机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ふわぁぁ……」

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(おかしいな。目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…!?かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「……。」

俺「オマエラ?手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やばっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の蛍光も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い大きな扉は?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館へ向かおう」スタスタ
536 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:41:38.53 ID:j4BpawzxO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
537 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 13:44:45.89 ID:QmffH3NDO
エンジョイ!
538 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:50:21.15 ID:j4BpawzxO
コンマ52
体育館

俺(実は俺は超高校級のアイドルでもある舞園さんとは同じ中学だった)

俺(一つの中学から超高校級が二人も出て、更に同い年で同じ高校に入学だなんて普通ならフラグか何かなんだろうが…)

俺(彼女は中学の頃から人気者で、方や俺は希望ヶ峰学園から抽選で選ばれただけの只の幸運…)

俺(……本当に中学が同じってだけで、彼女とは中学時代に一度も話した事なんか無いし)

俺(…俺の事なんて同じ中学に居たなんて覚えてすらいないんだろうな)

舞園「俺君ですよね。覚えていますよ」ニコッ

俺「えっ…!?///」ドキ-ンッ

舞園「良かった。知ってる人が居て///」

俺「い、いやでも話した事とか無かったし…」

舞園「3年間も一緒だったんですから、覚えてるに決まってるじゃないですか」ニコッ

俺(ええ…嘘だろ?舞園さんのような人気者が目立つ事の無かった俺を覚えてただなんて…)

舞園「えー。そんなに冷たい人間だと思われてたんですか?ショックですぅ…」

俺「え?あ、あれ?口に出てた!?違う違う!嬉しかったって言うか…その…」

舞園「うふふ。冗談ですよ///」ニコッ

俺「ええ….冗談かよ///」

俺(…彼女が超高校級のアイドルと呼ばれてる理由が何となく分かった気がする)

俺(こうしてちゃんてま話したのは初だけど、めちゃくちゃ可愛い…)

舞園「うふふ///」

俺(超高校級のアイドルの名は伊達じゃないな)


舞園の好感度が4に上がった
539 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:50:53.20 ID:j4BpawzxO
体育館

俺「でも舞園さんが一緒で良かったよ」

舞園「俺君もですか?」

俺「うん。俺もここに居る他の超高校級の人達の空気に何かプレッシャーみたいな物を感じてたからさ…」

舞園「うふふ、じゃあ私達一緒だったんですね///」

俺「う、うん…///」

十神「いつまでじゃれあっている?」

俺「え?…」

舞園「??」

十神「さっさと本題に入るぞ」

俺「…本題って?」

俺(なんだよこいつ…良い所だったのに…)

十神「何故こんな事になっている?誰かの仕業なのか?」

十神「だとしたら、それは誰だ?」

俺(確かに、入学式にしては何か変な雰囲気だが…)

江ノ島「つーか、アタシの荷物何処行っちゃったの?いつのまにか携帯も無くなったし」スタスタ

俺「あっ、そうだ携帯だ!」スッ

周りの生徒達「!!」ゴソゴソ

俺「あれ?俺のも無いぞ…?」

山田「嘘!?ウソ!?」アタフタ

大神「我の携帯もだ。奪われたと言う事か…」

腐川「こ…こんなの監禁じゃない…!」

俺「監禁…?」

葉隠「そうシケタ面すんなって。どうせオリエンテーションか何かだろ。オレの占いがそう言ってるべ」つ水晶玉

桑田「マジで!?当たるのか?」

葉隠「オレの占いは3割当たる!」

腐川「た、たった3割!?」

葉隠「うっ…」ガクッ

俺「いったい俺達のこの状況を作り出した奴は何が目的なんだ?」

霧切「…。」 チラッ

スピーカー「」キイイイン!!

俺「…うっ?なんだ?」

『アー。アー。マイクテスト。マイクテスト。大丈夫?聞こえてるよね?』

俺(何だこの不快な声…)

『えー、新入生の皆さん。今から入学式をとり行いたいと思います』

葉隠「ほれ。これが希望ヶ峰学園流の歓迎だべ」

霧切「…いえ、そうじゃない」

俺「うん?」

モノクマ「」ピョンッ

俺(何だ?こいつ…)
540 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:51:22.47 ID:j4BpawzxO
体育館

舞園「ぬいぐるみ…?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。僕はモノクマだよ!」

俺「…モノクマ?」

モノクマ「オマエラの学園の学園長なのです!宜しくね?」

俺「……。」

山田「ぬぎゃぁーっ!?ぬいぐるみが動いた!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃなくてモノクマなんですけど?学園長なんですけど?」

俺(…コイツがこの学園の…学園長?)

霧切「…。」

モノクマ「ではでは、進行も押してるんで。起立、礼。オマエラ、おはようございます」ペコリッ

石丸「おはようございます!」ペコリッ

腐川「ヒッ!?い、言わないでよ!?」

モノクマ「えー、オマエラのような才能溢れる高校生は、世界の希望に他なりません」

モノクマ「そんな素晴らしい希望を保護する為、オマエラにはこの学園内だけで共同生活を送って貰います!」

全員「「!?」」

桑田「はぁ!?」

俺「きゅ、急に何を言って──」

江ノ島「どう言う事よ!?」

モノクマ「えー、その共同生活の期限についてなんですが…その期限は有りません!」

全員「!?」

モノクマ「つまりオマエラは、一生ここで暮らすのです」

桑田「なっ…!?今なんつった!?」

不二咲「一生、ここで…」

モノクマ「まー心配しなくても、予算は豊富だからオマエラに不自由はさせないし」

舞園「ちょっと待ってください!そう言う事じゃなくて…」

江ノ島「つーか嘘でしょ!?」

俺「まさか教室や廊下にあった鉄板は、俺達を閉じ込める為…」

モノクマ「そう。だから幾ら叫んだって、助けなんて来ないんだよ」

俺(嘘だろ?…)
541 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 13:51:55.65 ID:j4BpawzxO
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
542 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 13:57:35.56 ID:OM9/3MHLO
1で[ピーーー]
543 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 13:57:55.79 ID:ypeSf3s1O
1
544 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 14:03:26.01 ID:j4BpawzxO
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
545 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 14:04:08.97 ID:ypeSf3s1O
しねい
546 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 14:06:10.87 ID:j4BpawzxO
コンマ97
体育館

俺「う、うわああぁぁっ!?」ポイッ

モノクマ「」ヒュ-ン
モノクマ「」ドガ-ン

俺「はっ!?」

他の生徒達「」ビクッ! 」

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」ドクンツドクンッ...

俺(も、もし…間に合わなかったら俺の両腕は今頃…)ゴクリッ...

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

俺「お前!?」ビクッ!

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…。」

俺(こいつはヤバイ……)

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」

俺「……。」

『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』

俺「うん?生徒手帳…?」スタスタ
547 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 14:06:36.39 ID:j4BpawzxO
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(俺の名前、超高校級の幸運…身長や体重まで書いてある)

俺「…個人情報をいつの間に掴んだんだ?」

大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

俺「ああ、やはり手分けして捜索するしか無いな」

十神「オレは一人で行くぞ」

俺「と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」
548 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 14:07:02.28 ID:j4BpawzxO

体育館

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

十神「どけよプランクトン」

大和田「あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「待ってくれ!今は俺達で喧嘩なんかしてる所なんかじゃ…」

大和田「あぁん?今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「うん?…」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「べ、別に…。そ、そんなつもりじゃ…」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

俺「!?」

俺(な、殴られる…!?)


コンマ下二桁
81以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
80以下俺は殴られて気絶した

安価下
549 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 14:07:50.64 ID:T1qNt1CUO
エンジョイ!
550 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 14:15:58.33 ID:j4BpawzxO
コンマ64
体育館

ブウンッ!!

俺「ごはっ!?」ドガッ!

舞園「キャアッ!?」

俺(…喧嘩もマトモにした事無かった俺は、顔面を殴られてまるで芸術的なかのように宙を舞った)

俺(そして……)

俺「」ドサッ



───俺の視界は暗転した…
551 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/18(金) 20:34:23.13 ID:6OxYHYcu0
俺個室

俺「う……ん?…」パチリッ

俺(…何処だ?ここは…?)ムクリッ

舞園「あ……」

俺「ええっ!?ま、舞園さん!?」

舞園「良かった。うふふ」ニコッ

俺「ま、舞園さん?ここは…?」

舞園「俺君のお部屋です」

俺「え?俺の部屋?…」チラッ

鉄板「」
監視カメラ「」

俺「???」

舞園「それぞれに個室が用意されてたんですよ。それで、大神さん達に手伝って貰って俺君を運んだんですよ」

俺「大神さん?ああ、あの超高校級の格闘家の…」

俺(確かにあの人なら俺の身体も楽々運べるだろうな…)

俺「あぁ、そうだ。みんなは!?」

舞園「あの後、皆んなバラバラに探索を始めて…」

俺「やっぱり分散しちゃったのか…あれ?でも舞園さんは?」

舞園「私は…俺君の事が心配で…///」

俺「ええっ!?///」

俺(あー…びっくりした…。目が覚めたら美女が近くで見てたもんだから、てっきり死んだのかと思った…)

舞園「そんな…美女だなんて…///」

俺「ええっ!?く、口に出してた!?///」ドキッ!

舞園「私、エスパーなんです」

俺「…は?エスパー…?」

舞園「あはは。冗談です!只の勘ですよ!」

俺「ええ…」

俺(…いや、勘にしても人の思考読み取るとか凄すぎだろ。もしかしてニュータイプなのか?)
552 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 22:43:31.23 ID:vYoEC4bz0
展開が同じであればカットしてくれても大丈夫ですよ!
553 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/18(金) 23:36:40.92 ID:vFFnOukv0
昔はカットしてたもんな
554 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/19(土) 00:40:36.84 ID:0h74x5XnO
俺個室

舞園「でも本当に良かったです。知ってる人が居てくれて…」

俺「それはこっちもだよ。こんな状況になるなんて、まさか想像もして無かったからさ」ストッ

舞園「もう大丈夫なんですか?…」

俺「ああ。気絶して休んでた分、俺も遅れを取り戻さないと」

舞園「うーん…」

俺「??」

舞園「そうですよね」

俺「何が?」

舞園「それじゃあ私は超高校級の助手になっちゃお!」

俺「…は?」

舞園「私は俺君の助手です!」スッ

舞園手「俺手「」」ギュッ

俺「わっ!?///」ドキッ!

舞園「一緒に頑張って、ここから脱出しましょう!」ニコッ

俺「あ、ああ…///」

俺(ま、まさか舞園さんが俺の助手になるなんて…これってもしかして俺の幸運が働いて?…)

俺(何にせよ超高校級のアイドルと組めるなんて、この状況も案外悪く無かったのかもしれない…///)


舞園の好感度が5に上がった
555 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/19(土) 00:50:33.39 ID:0h74x5XnO
報告会は同じなのでカット
──俺個室

ベッド「」

俺「はぁ……」ボフッ

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中、外出禁止は構わないが皆んなもちゃんと納得してるのかな…?」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺「カメラの下で寝るとか何か嫌な感じだな…」

俺(俺達、超高校級の人間と一斉に連絡が取れなくなったんだし、警察とか動いてないのかな…?)

俺「……。」

俺「…いつまでここに居れば良いんだろ?」


セレス『簡単ですわ。適応すれば良いのです』


俺「……。」

俺「俺はあの人みたいにそう簡単に割り切って適応なんかできる気がしない…」

俺「はぁ…。明日はどうしようかな…」



1舞園さんが俺の助手になってくれるみたいだし、一緒に学園を捜索してみるか
2明日は折角だし誰かに話しかけてみるか



多数決下3まで
556 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 00:56:47.01 ID:nDRJoPWz0
サクサク行こう2
557 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 00:58:47.98 ID:XLhkTMheO
1
558 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 00:59:05.48 ID:wM/mDVnTO
1
559 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/19(土) 01:11:55.43 ID:nyP87mpt0
──翌日
廊下

俺「舞園さん。今日は時間ある?」

舞園「え?どうしたんですか?」

俺「いや、学園を捜索するから良かったら一緒に手伝って欲しいんだけど…?」

舞園「勿論手伝いますよ!」ズイッ

俺「わっ!?///」

俺(ち、近っ…超高校級のアイドルの顔が近い…///)

舞園「私は俺君の助手ですからね。そう言う事なら遠慮せず、何でもさせて下さい」ニコッ

俺「あ、ああ…。ありがとう///」

舞園「うふふ///」

俺「……///」

俺(…守りたい。この笑顔)

俺「えっと…それじゃあ先ずは体育館の方から…」スッ

舞園「分かりました。行きましょう!」コクッ

俺(舞園さん、可愛いし優しいし気が効くしこんな子を助手にできた俺…今最高の人生を送れてるな)スタスタ

舞園「うふふ///」スタスタ

俺「……。」フルフル

俺(…いやいや、でも浮かれてばかりいちゃダメだ。ちゃんと捜索も真面目にやらないと)


コンマ下二桁
91以上捜索中に幸運が発動してラッキースケベな起きた(舞園好感度7に上昇)
41〜90ゴミ箱から何か変なメダルを見つけた
40以下残念ながら特に何も見つからなかった

安価下
560 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 01:12:31.04 ID:rYNh9CCHO
エンジョイ!
561 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 17:30:24.15 ID:gGIlffOIO
モノクマメダルからの脱出スイッチ見てみたかった
562 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 19:26:41.77 ID:86CQU992O
言うて脱出エンドとかわらんやろ
563 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/19(土) 21:00:58.25 ID:nyP87mpt0
コンマ04
俺個室

俺(俺達は1日中頑張って出入り口を探したが、見つからなかった)

俺(そして翌日…)

インターホン「」ピンポン

俺「ん?誰だ?」スタスタ

扉「」ガチャッ

舞園「俺君」

俺「舞園さん?どうしたんだ?」

舞園「今日は捜索しないんですか…?」

俺「うーん…」

俺(…正直、俺達だけじゃなく皆んなもこれだけ探して出る方法は愚か何も見つからないなら本当に出入り口は無いんじゃないかって思えて来てるんだよな)

舞園「……。」

舞園「…あの、それじゃあ今日お暇でしたらちょっとある物を探しに手伝ってくれませんか?」

俺「え?」

舞園「ダメ…ですか?…」



1良いけど、ある物って何?
2…めんどいからヤダ


多数決下3まで
564 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 21:11:58.90 ID:86CQU992O
1
565 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/19(土) 21:12:32.59 ID:FlVInq/50
1
566 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 17:44:54.66 ID:wiSgwPaR0
俺個室前

俺「良いけどある物って何?」

舞園「えっと…」


体育館前

俺「これとか良いんじゃない?」

舞園「これ…ですか?…」

金箔の付いた模造刀「」

俺(俺は舞園さんに頼まれ、彼女の身を守る為の護身用となるような物を一緒に探しに来ていた)

俺(俺は殺人なんか起きないと信じてるが、彼女は女の子だし超高校級のアイドルだし…まぁ怖くても仕方ないよな…)

俺(それにあのモノクマとか言うのを操ってる奴が俺達に何かをしてくるとは限らないし…)

俺「よっと…」ガシッ

金箔の模造刀「」ベチャッ

俺(ん?何か付いたような…?…)スッ

俺手の平「金箔「」」

俺「ゲッ…金箔が手にベッタリだ…」

舞園「大丈夫ですか?…」

俺「ああ…。でもこれじゃ舞園さんの護身用にはならないかな…」

俺「手にする度にこんななってたら使い勝手悪いし…」

舞園「あ、じゃあ俺君が持って帰ってみればどうですか?」

俺「えっ?俺が?」

舞園「はい。部屋のインテリアにでもして下さい」ニコッ

俺「う、うーん…まぁ舞園さんがそう言うなら…」

金箔の模造刀「」

舞園「…でもこれ以外には…他に護身用になりそうな物はありませんね」

俺「ああ…」


1大丈夫。何かあったら俺が舞園さんを守ってみせるから
2そんなに心配しなくても大丈夫だと思う。きっと直ぐに助けは来るからさ
3…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?


多数決下3まで
567 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 18:00:20.16 ID:BnqugJIzo
2
568 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 18:10:54.39 ID:ubZ+fAQZ0
3
569 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 18:25:54.85 ID:mx/dMxF+O
3
570 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 18:40:10.03 ID:wiSgwPaR0
体育館前ホール

俺「…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?」

舞園「…え?」

俺「それなら大丈夫だと思うんだけど」

舞園「え…で、でもそれって…」ビクッ

俺「舞園さんが良かったらだけどさ」

舞園「……。」

舞園「…本気…ですか?」

俺「勿論」

舞園「……。」


舞園好感度5
コンマ下二桁
21以上断られた挙げ句こんな時にデリカシーの無い男だと軽蔑されてしまった(舞園好感度-2)
20以下身体目的だと認識されてしまい…

安価下
571 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 18:56:16.33 ID:BnqugJIzo
572 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 19:03:01.76 ID:ZSx/oAK80
ゾロ目だワッショーイ└(゚∀゚└) (┘゚∀゚)┘
573 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 19:04:16.39 ID:UdS3yISx0
これどうなるの?
好感度減らないっていうぐらいか?
574 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 19:40:14.76 ID:uyY2hA1pO
今回お祭りモードじゃないからなあ
というかフラグ何もたってないのになぜ攻めたし
575 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 20:05:12.35 ID:Z4pxLNqM0
ワンチャンヤれると思ったのでは?
576 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 20:56:45.31 ID:LhdkS8zm0
捨て回なんて好きにすりゃいいし
早期BADENDルート探せるからいいだろ
577 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 22:04:48.25 ID:1MMbxlWQ0
もったいねぇなぁ
祭りならヤれたじゃーん
578 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 22:33:18.86 ID:OKFjOTUh0
20以下だとどうなるんだこれ
579 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 22:44:36.41 ID:+wO+OGVa0
そりゃあ周りに言いふらされて社会的に死ぬんでしょ
580 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 22:47:36.48 ID:yuIUTkDK0
桑田にかわって殺されるんでしょ
581 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:35:26.82 ID:5lgchxYBO
コンマ33
体育館前ホール

舞園(あ…もしかして俺君。気付いてないのかな?)

舞園「あ、あの!///」

俺「うん?」

舞園「でも、やっぱり異性が一つ同じ部屋でって言うのは……///」

俺「……。」

舞園「…///」

俺「あっ!?」

舞園(やっぱり…)

俺「い、いやそう言う意味じゃ無くて!?///」

舞園「い、いえ…私も嫌って訳では無いんですが…///」

俺「ご、ごめん。変な事言って…やっぱり取り消しにさせて貰っても良い?///」

舞園「は、はい…///」

俺(そうだった…。幾ら同じ中学とは言え話したばっかりで付き合っても無いのに何を誘ってるんだ俺は…)

舞園「で、でももし何かあった時はまた相談させて貰いますね」ニコッ

俺「う、うん…」

俺(俺が突然変な事を言った所為で、お互い意識してしまったのか少し気まずくなり俺達は解散した)
582 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 23:36:33.16 ID:1MMbxlWQ0
有情
583 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:39:47.17 ID:5lgchxYBO

食堂

俺(俺達は毎日朝食と夕食を一緒に取る決まりを約束している)

俺(そう言う校則は無かったが、ちゃんと全員が生きているのか確認しないと怖かったからだ)

周りの生徒「……。」シ-ン

俺(しかし、最初は自己紹介等で和気藹々としてた他の生徒も日数が経つに連れて話す事も無くなってきて口数は減って行き…)

俺(…現在はこの16人が集まっても時計の針の音が聞こえてくるくらい静かだ)

不二咲「本当に…もう帰れないのかな?助けも来ないのかな?…」ポロポロ

俺「不二咲さん…」

朝日奈「大丈夫だよ不二咲さん」トンッ

不二咲「え?…」グスッ

朝日奈「だってさ!助けはもう直ぐ来るんだし!」

腐川「助け!?」

江ノ島「マジで!?」

朝日奈「え?だってさ、あたし達がここに閉じ込められてからもう3日も経つんだよ?警察だって動いてるに決まってるよ〜」

葉隠「そりゃそうか」

桑田「じゃあもう直ぐ助けが来るのか?」

霧切「…。」

モノクマ「あっはっはっはっ」

江ノ島「わっ!?出た!?」

モノクマ「警察だって?警察なんてアテにしてるの?」

霧切「…警察が動ける状況にあるのなら、初日から動いてる筈よ」

霧切「それでもこれだけ経っても助けが来ないと言う事は、警察も動けない状況にあるのだと考えるべきだわ」

朝日奈「えー…なら助けは来ないの?」

モノクマ「霧切さんの言う通りだね。と言うかさ、そんなに外へ出たいなら殺しちゃえば良いじゃん?」

周りの生徒達「…。」

モノクマ「はーオマエラってゆとり世代の割にはガッツあるんだねえ」

モノクマ「でも僕的にはちょっと退屈です」

俺「俺達は外に出たいからって理由だけで、人を殺したりなんか…!」

モノクマ「分かった。場所も人も環境も、ミステリー要素は揃ってるのにどうして殺人が起きないと思ったら、足りない物が一つあったね」

桑田「足りない物って何だよ!?」

モノクマ「ズバリ、動機だよ」

俺「動機…?」
584 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:41:02.40 ID:5lgchxYBO
視聴覚室

モノクマ『ある物を視聴覚室に用意させて頂きました』

俺(ここに、どうしても今直ぐ外へ出たくなる動機が…?)スタスタ

ダンボール箱「DVD「」」

山田「…何やらご丁寧に1人ずつ名前の書かれたディスクが置かれてますなあ」

十神「これに人を殺したくなる何かが入っていると言う事か。フン、面白い…」スタスタ

俺「…。」スッ

DVD「俺君のDVD」

舞園「……。」チラッ

俺「まぁどうせ只の作り物の映像でしょ。大丈夫だよきっと…」ウイ-ン

舞園「はい…」ウイ-ン

俺(ちょっと怖くて不安だったが、まぁ流石にこんな映像で人を殺したくなんかならないだろうと思い…)

モニター「」ザザッ...

俺(俺はその動機とやらのDVDを再生してみた…)

俺「あ……」

映像「」パッ

父親『いくら吹き飛ばされても、僕等はまた花を植えるよ。きっと』
母親『頑張るのですよ。にぱ〜』
犬『あうあうあう〜…』

俺(そのDVDに映っていたのは俺の家族…。皆んなが希望ヶ峰学園に入学する事ができた俺に向けて励ましの言葉を送ってくれていた)

俺「みんな…」

俺(俺は数日振りに見た家族の姿に安堵していた。だが、次の瞬間……)

映像「」ザザッ...

俺「……えっ?」ドクンッ

父親『』
母親『』
犬『』
燃え盛る家『』

俺(映像にノイズが走り、次に映し出されたのは全員の倒れた姿…。燃え盛るリビングの映像だった…)
585 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 23:42:11.47 ID:1MMbxlWQ0
羽入が犬になってる……
586 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 23:43:32.13 ID:LCHfXB14O
なあ犯人ルート行ってみない?
587 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/21(月) 23:43:56.66 ID:yuIUTkDK0
パッパほんま意味不明で草
588 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:44:14.56 ID:5lgchxYBO
視聴覚室

俺「な、なんだ…!?これ…」ドクンッドクンッ...

俺「こんな事……。こんな事、ある筈が…」ブルブル...

周りの生徒達『』ビクビク...

俺「か、確認しに行かないと…!今直ぐに…」ゴクリッ...

舞園「いやあぁぁぁっ!?」ガタンッ!

俺「えっ?…」チラッ

俺(…パニックになっていた俺の頭を我に返させたのは、同じく俺の隣でDVDを見ていた舞園さんの叫び声だった)

俺「ま、舞園…さん?…」

舞園「殺すとか殺されるとか…いったい何なの…?もうこんなの耐えられない…」ビクビク...

俺「ぁ……」

霧切「…貴方の目的は何?こんな事をして、私達にいったい何をやらせたいの?」 ガタッ

モニター「」 パッ

モノクマ『目的?目的だって?それはね…絶望』

舞園「いやあぁぁっ!」ダッ 

扉「」ガラッ  

俺「舞園さん!?」

俺(怯えきった彼女は出て行ってしまった…)

俺(正直俺も怖いが、それでも今は一番彼女と親しい俺が何とかしないと!)タッタッタッ
589 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:45:09.67 ID:5lgchxYBO
廊下

舞園「うっ…」タッタッタッ

俺「舞園さん!待って!」ガシッ

舞園「いやあっ!離して!」グッ

俺「落ち着くんだ舞園さん!皆んなで協力すれば、必ず出られるから!」

舞園「嘘っ!」

俺「あの映像は全てモノクマの作った偽物の映像だ!! 」

舞園「!?」

俺(俺の言った言葉は、舞園さんにじゃなく自分自身にそう言い聞かせたかった言葉だったかもしれない…)

俺(あんな映像、偽物に決まってる……)

俺「…仮にあの映像が本当だとしても、外の世界は大騒ぎになってる筈だ。ここにだって直ぐに助けが来る!」

舞園「助けなんか、来ないじゃないっ!!」

俺「ッ…!?」ビクッ

俺「助けが来なかったとしても…俺が君をここから出してみせるから!!」グッ

舞園「…!」

俺「どんな事をしても絶対に…絶対に外へ出してみせるから、今は俺を信じてくれ!!」

舞園「うっ……」ウルッ...

俺(あ…)ガシッ

舞園「うあぁぁぁっ…あぁぁぁぁぁぁ…」ポロポロ...

俺「……。」

俺(舞園さんが見たDVDにも俺と似たようは物が映ってたんだろうか…)

舞園「ぅぁぁぁぁっ…」ポロポロ

俺(偽物に決まってる…。あんなの……)グッ

周りの生徒達「「「…。」」」


視聴覚室

霧切「……。」

セレス「…。」

十神「…。」

モノクマ『うふふふ。あっはっはっはっ、あーはっはっはっ』



舞園の好感度が6に上がった
590 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/21(月) 23:57:56.26 ID:5lgchxYBO
寄宿舎前

舞園「あの…。さっきはすみません…俺君」

俺「あ、いや…。さっきのDVDの事ならあんまり気にしない方が良いよ…。俺も忘れるつもりだしさ…」

舞園「はい…」

俺「うん。とりあえず今日はゆっくり休んで」

舞園「そうさせて貰います…それではおやすみなさい…」ペコリ

俺「おやすみ」

舞園個室扉「」ガチャッ

俺「…。」

俺「はぁ…。俺も今日はさっさとシャワーでも浴びてもう休むか…」スッ


俺個室

俺「…うん?」

俺シャワールーム扉「」ガチャガチャッ

俺(あれ?開かない?…)

俺「開かない…。何故だ?鍵は女子の部屋にしか無かった筈なのに…」ガチャガチャ

モノクマ「ダメダメ」

俺「おわっ!?も、モノクマ!?」

モノクマ「この部屋のシャワールームの扉は建て付けが悪いから上に持ち上げたまま開くんだよ」グッ

扉「」ガチャッ

俺「あっ…開いた…」

モノクマ「うぷぷぷぷ。それにしても笑っちゃうよね」

俺「何が…」

モノクマ「だって、俺君は超高校級の幸運としてこの学園に来たのに俺君の部屋の扉だけ建て付けが悪いとか」

モノクマ「笑えない。あっはっはっはっ」

俺「……。」

モノクマ「あー、それにしても僕。わざわざ教えに来てあげるなんて良い事したなぁ〜」スタスタ

モノクマ「それじゃあ、ちゃんと部屋の鍵は閉めて寝るんだよ」

入り口扉「」バタンッ

俺「……。」

俺「……はぁ…こんな事になって、いったいどうしろって言うんだ」

ピンポ-ン

俺「うん?誰?…」スタスタ

扉「」ガチャッ

舞園「俺君…」ブルブル...

俺(舞園さん?どうしたんだ震えて…)
591 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 00:18:13.12 ID:i49HFh2ZO
俺個室

舞園「……。」ブルブル...

俺「え、えっと…どうしたんだいったい?」

舞園「ちょっと…変な事があって…」

俺「変な事…?」

舞園「さっき急に、私の部屋のドアがガタガタと鳴って…誰かがドアを開けようとしてるみたいでした…」

俺「も、モノクマじゃない?さっき俺の部屋にも来たし…」

舞園「…ドアを開けて確認してみたんですけど…誰も居ませんでした」

俺「モノクマじゃないとしたら…誰だろう?…」

舞園「……。」

俺「あっ、でも夜時間は外出を禁止されてるから大丈夫だよ」

舞園「でも、只の口約束ですよね?…もし、約束を破るような人がいれば?…」

俺「それは……」

俺「……。」

舞園「……。」ブルブル...

俺「じゃ、じゃあ今晩だけ──」

舞園「…え?」

俺「……。」

俺(……いや、ダメだ。俺の部屋で寝る?って聞いて昨日気まずくなったんだった)

俺「ううん…。何でもない…」フルフル

舞園「あの…もし俺君さえ良ければ、一晩だけ部屋を交換してくれませんか?…」

俺「部屋の交換?」

舞園「はい…」

俺(うーん…)


1うん。いいよ舞園さんがそれで安心して寝られるなら
2いや、やっぱり舞園さん俺の部屋で寝なよ。俺は…シャワールームで寝るからさ…


多数決下3まで
592 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 00:27:18.78 ID:l0tu8wbZ0
593 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 00:28:24.29 ID:Azkt4zYiO
2
594 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 00:29:05.43 ID:SIteYKETO
595 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 00:29:14.89 ID:Grk/eOdH0
交換しかしてない気がするから2
596 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 00:33:41.71 ID:yyimtS9wO
2
597 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 01:31:34.63 ID:i49HFh2ZO
undefined
598 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 01:32:12.84 ID:i49HFh2ZO
俺個室

俺「いや、やっぱり舞園さん俺の部屋で寝なよ。俺は…シャワールームで寝るからさ…」スッ

シャワールーム扉「」

俺「そっちの方が万が一舞園さんに何かあった時に直ぐ駆けつけられるしさ」

舞園「えっ…で、でもそんな…シャワールームで寝るなんて厳しいんじゃ…」

俺「俺なら大丈夫。何処でも寝られるから」

舞園「……。」

舞園(そうじゃないわ…。部屋を交換して欲しいだけなのに…)

俺「ただ難点があって、完全防音になってるからシャワールームの中から外の音とか一切聞こえないんだよ」

舞園「はぁ…」

俺「だからもし何かあったら、シャワールームに駆け込んで来てくれ。その時は約束した通り必ず俺が守ってみせるからさ」

舞園「……。」

舞園「分かりました…。でも、一つだけ約束してくれます?…」

俺「うん?」

舞園「朝になるまで、私からそこの扉を開かない限りは決して俺君から勝手に出てこないって…」

俺「えっと…?」

舞園「もしかしたら着替えてたり…寝顔を見られたりするのは流石に恥ずかしいので…///」

俺「あ、ああ!うん、勿論!約束するよ!朝になるまでは何があっても俺の方からは出て行かないって///」

舞園「…ありがとう。俺君の事信じてますね」ニコッ

俺「う、うん…///」ドキドキ...

俺「あ…そ、そうだ。このシャワールームの扉、何か建て付けが悪いらしくて上に持ち上げながらじゃないと開かないらしいから…」

シャワールーム扉「」ガチャッ

舞園「コツが居るんですね」
599 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 01:37:32.56 ID:i49HFh2ZO
俺個室

チャイム「」キ-ンコ-ンカ-ンコ-ン...

モニター「」ブツッ

モノクマ『間もなく、夜時間になります』


俺「それじゃ俺は念の為に今日はここで寝るから、舞園さんも注意して寝るんだよ?」

俺「誰か来たとしても絶対にドアを開けたりしない事。いいね?」

舞園「はい。そうじゃないと部屋を交換した意味がありませんからね」

俺「うん…。それじゃ、おやすみ」スッ

舞園「おやすみなさい」ペコリッ

シャワールーム扉「」バタンッ

舞園「……。」

舞園(…シャワールームも防音になっていて、俺君は約束してくれた。…絶対に自分からは扉を開かないって)

舞園(…これなら大丈夫。最初の予定とは違ったけどこれなら支障は無いわ)

舞園(後は…。ノコノコやってきた桑田君を……)グッ...



シャワールーム

扉「」バタンッ

俺「……。」

俺「はぁ……」

俺(まさか今日はこんな所で寝る事になるなんてな…)スタスタ

壁「」

俺「…仕方ないよな。舞園さんに万が一があってからじゃ遅いんだから」ストッ

俺(こんな硬い壁にもたれかかって寝るなんて初めてだ…。ちゃんと寝れるかな…)ゴロン...
600 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 02:22:28.37 ID:i49HFh2ZO
undefined
601 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 02:23:29.75 ID:i49HFh2ZO
俺個室
シャワールーム

──それは、この固い壁にもたれかかりながら俺がようやく寝付けた頃に突然起きた…


俺「う……ん…ZZZ……」ス-...ス-...

壁「」ドンッ!!

俺「…うん?」パチリッ

俺(…なんだ?今…壁に何かが当たったような音がしなかったか?)ムクリッ

俺(あれ?でもこの中って防音だったよな?…て事は壁に直接衝撃が加えられたような…)

俺「はっ…!?まさか、舞園さんに何か…」スッ

ドアノブ「」

舞園『朝になるまで、私からそこの扉を開かない限りは決して俺君から勝手に出てこないって…』

俺(…いや、やっぱり自分から開くのはマズイよな。約束したんだし)


──と、俺が一瞬躊躇した瞬間だった



扉「」バンッ!

俺「えっ!?」ドキッ!!

舞園「た、助けて!!俺君!」サッ

俺「舞園さん!?な、何が…」

舞園「く、桑田君が…私を…」ウルッ...

俺「なっ…!?桑田君が!?」

ドアノブ「」ガチャガチャッ

舞園「ひっ!?」ビクッ!

俺「…!」ゴクリッ

ドアノブ「」ガチャガチャガチャ

俺(そうか。桑田君はこの扉の建て付けが悪い事を知らない…)

ドアノブ「」シ-ン...

俺「居なく…なった?…」ドクンッ...ドクンッ...

俺(鍵をかけられたと思って諦めたのか?…)
602 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 02:24:57.85 ID:i49HFh2ZO
俺個室
シャワールーム

舞園「はぁ…はぁ……」ドクンッ...ドクンッ...

俺「ま、舞園さん?いったい何があったんだ?…」

舞園「く…桑田君が部屋に入って、突然私を襲って来て…」

俺「ええっ?…」

舞園「うぅっ…」ポロポロ...

俺「ま、舞園さん…あっ…」

舞園右手「」ダラン...

俺(う、腕が折られてる…。本当に桑田君だとしたら、何て殺意だ…)

俺「え、えっと……」

舞園「助けて…死にたく無い…死にたく無い…」ポロポロ...

俺「はぁ…はぁ…」ドッドッドッ...

俺(嘘だろ?まさか本当に殺人が…こ、こんな時は…ど、どうしよう…?どうすれば…?)ドクンッドクンッ...


──こんな時は逆に俺だけでも落ち着かなきゃならないのは頭で分かっているが…
俺もまた舞園さんの折れた腕と衰弱した姿を見て動揺し…ただ、時間だけが過ぎて行った…


俺「くっ…」フルフル...

俺(…いや、こんな時に落ち着けるような性格じゃ無い事くらい俺自身が分かってるじゃないか!)

舞園「死にたく無い…死にたく無い…」ポロポロ...

俺(…はっきりしてるのは何があったとしても、俺が舞園さんを守らなきゃいけないと言う事だ!)グッ
603 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 02:36:22.29 ID:i49HFh2ZO
シャワールーム
俺個室

舞園「助けて…。助けて……死にたく無い…」ポロポロ...

俺「大丈夫…。俺の命に代えても、必ず俺が君の事を守ってやる…」

舞園「えっ…」ポロポロ...

俺「舞園さんの事は死なせない。絶対に守るから──」

ドアノブ「」ガチャガチャッ!!

舞園「!?」ビクッ!

俺「えっ…」ビクンッ!

ドアノブ「」ガチャッ...ガチャッ..

俺(戻ってきた?な、何で…?鍵がかかってるって勘違いして諦めたんじゃ無かったのか?…)ドクンッドクンッ...

ドア「」ガチャッ

俺「…!」

舞園「ぁっ…」ビクッ!!

桑田「はぁ…。はぁ…」

桑田右手「」包丁

俺「…桑田君。冗談だろ?」

桑田「あ……?」

桑田(俺?何でコイツがここに…?)

舞園「いや…」ビクビク...

俺「…舞園さん。俺の背後に下がって」スッ

舞園「あ…」

桑田「はぁ…。はぁ…」イラッ

俺「やめよう桑田君。今なら未だ間に合う…」

桑田「……んだよ」グッ

俺「その包丁を床に置いてくれ…」

舞園「はぁ…はぁ…」ビクビク...

桑田「何でオレが、悪者みたいになってんだよ!!」グッ

俺「…!!」

舞園「ぁ…」


桑田好感度1
コンマ下二桁
91以上桑田は凶器を捨てた
41〜90俺は最初の一撃をかわして、桑田と揉み合いになり…
40以下俺は最初の一撃をかわせず舞園さんと一緒に殺されてしまった…


安価下
604 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 02:47:07.46 ID:Grk/eOdH0
死ぬ
605 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 07:55:31.82 ID:MoVSCmQSO
これは逆に刺してしまったってことか?
606 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 08:05:03.49 ID:MoVSCmQSO
これは逆に刺してしまったってことか?
607 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 14:01:04.24 ID:i49HFh2ZO
コンマ46
シャワールーム

桑田「っざけんじゃねえっ!!」ブウンッ

舞園「お、俺君!」

俺「くっ…!」サッ

包丁「」スカッ

桑田「あっ!?」

俺(よし、避けられた!!)バッ

桑田腕「」ガシッ

桑田「チッ…!離せよ!オラ!!」ググッ

俺「ッ…よせ!!」ググッ

桑田「うっ!?」グイッ

俺「あっ──!」

舞園「あっ──!」

桑田「うっ──!?」

桑田胸「包丁」ブスッ

俺「……え?」パッ...

舞園「あ……ぁ…」

桑田「あ、あれ…?いて…な、何だよ…これ…」ドクドク...

桑田胸「包丁「」」ドクドク...

俺「く、桑田…君?…」

桑田「な…何で…オレ……が…」フラッ

桑田「」ドサッ

俺「あ……」

舞園「えっ……?」

桑田「」ドクドク...

俺「く、桑田君!しっかりしろ!?」サッ

桑田「う…ぁ……」ドクドク...

俺「……ッ」ゴクリッ...

俺(な、何でこんな事に……)

俺(…俺はただ、包丁を取り上げようとしただけなのに)

桑田「ぁ……カハッ…」血ドバッ

俺「ぁっ…」

舞園「うっ…」

俺「く、桑田…君?…お、おい…」

桑田「」ドクドク...

俺「…!?」

俺「し…死んでる……」

舞園「…!」

桑田「」

俺「……え?お、俺が…殺した事になるのか?」

舞園「俺君…」

俺手「血塗れ「」」

俺「………嘘だろ?…」
608 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 15:33:17.36 ID:d3DpiRpz0
昼ドラか何か?
609 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 17:07:26.03 ID:vJIvzB7QO
俺くん犯人ENDあるか?
610 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 17:09:33.51 ID:xdA090ufO
シャワールーム

桑田「」ドクドク...

俺「……。」

舞園「お…俺…君?…」

俺(…何でこんな事になったんだ?)

俺(桑田君が舞園さんを殺そうとしたから…?)

俺(俺がそれを阻止したから…罰が当たったのか…?)

俺「……。」

桑田「」ドクドク...
包丁「」

俺(俺はもう…超高校級の才能を持つ希望の学生なんかじゃない…)

俺(最低で絶望的な…只の殺人者だ…)

俺「くっ…」グッ

桑田「」


1自首しよう…
2……こうなったらもう、完全犯罪を成し遂げて外へ出るしかない

多数決下3まで
611 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 17:16:52.00 ID:XPsdRZRYO
1ではよ死のう
612 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 17:17:08.24 ID:JNygCIQnO
1
613 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 17:34:58.72 ID:2hznurGTo
好感度高いからかばい合って生き残ったりしそう
614 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 18:27:30.24 ID:0OgNI6240
5だから別に高くはない
615 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 18:47:18.64 ID:gmxB54TlO
6やで
高いとは思わんけど
616 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 21:55:48.02 ID:rzauFvny0
シャワールーム

桑田「」ドクドク...

舞園「ど…どうしよう…」

俺「……。」

俺「殺人を起こした事を隠して、皆んなを騙す事なんて俺にはできない…」フルフル

俺「自首しようと思う…」

舞園「そ、そんな…。でも校則には殺人を起こした事を誰にも知られてはいけないって…」

俺「…既に舞園さんには見られてるんだよ」

舞園「ぁ…」

俺(仮に今ここで舞園さんを消せば、目撃者は誰も居なかった事にはできるがそんな本末転倒な事をする気は無い…)

舞園「……。」

俺「…俺のやった事は決して許されないが、舞園さんの事を守れたのは誇らして貰うよ」ニコッ

舞園「ッ…!」ドクンッ...

俺「だから舞園さんは…殺人を犯した校則違反者がいったいどうなってしまうのか、見ていてくれ」

舞園「…グスッ...」ポロッ

舞園「ごめん…なさい…」ポロポロ

俺「うん?どうしたんだ?何故謝るんだ…」

舞園「違うんです…」ポロポロ...

俺「違うって何が…?」

舞園「本当は……私が……」ポロポロ

俺「……。」


──俺は舞園さんから、この事件の真相を聞いた…


俺(真相は舞園さんの裏切りが発端だったが…)

舞園「うぅっ…ごめんなさい…。私のせいで俺君が…ごめんなさい…」ポロポロ

俺「……仕方ないさ」

俺(それを知っても、俺がやる事に変わりは無かった)



──翌日、俺は皆んなを個室のシャワールームに呼び出して昨晩、俺が桑田君を手にかけてしまった事だけを告げた
617 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 22:24:14.06 ID:7GfMtIeBO
体育館

俺(俺が桑田君の遺体を皆んなに見せてから、間もなく俺達はモノクマにより体育館へ呼び出された)

モノクマ「学級裁判では犯人、クロは誰かを議論して貰います」

モノクマ「そこでオマエラが導き出した答えが正解だった場合には、秩序を乱したクロだけがお仕置きとなります」

モノクマ「但し、もし間違った場合は逆に残ったシロ全員がお仕置きされてしまいます」

周りの生徒達「…。」ザワ...

モノクマ「それが学級裁判のルールなのです」

山田「あのー…ところでお仕置きとは…?」

モノクマ「あー、簡単に言えば処刑って所かな」

舞園「そんな…。それじゃあ…」

俺「……。」ゴクリッ...

モノクマ「そう。俺君にも処刑を受けて貰う予定だったんだけどねえ」

セレス「今回の場合ですと俺君が自白致しましたから、学級裁判や捜査の必要は有りませんわね」

モノクマ「そうなんだよね。本当君ってば、いっつも面白くない事してくれるよね」

モノクマ「俺君はもっとエンターテイメントって奴を学んだ方が良いよ」

俺「……。」

霧切「…そんな事より、彼はどうなるの?自分から犯行をバラシてしまった場合は?」

モノクマ「そうだなぁ〜。そのパターンを考えて無かったなぁ」

モノクマ「うーん。俺君はねぇ」

俺「……。」ドッ...ドッ...ドッ...

俺(…やっぱり、処刑されるんだろうな)


コンマ下二桁
41以上モノクマの絶望的な計らいにより、俺だけ先に卒業させられた
21〜40俺は地下送りにされた
20以下とりあえず見せしめにお仕置きにかけられた


安価下
618 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 22:28:15.51 ID:PDS9ZXiKo
エンジョイ!
619 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 22:31:41.36 ID:Grk/eOdH0
絶対に殺されないコロシアイ学園生活
620 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 22:41:26.73 ID:7GfMtIeBO
コンマ51
体育館

モノクマ「今回は事前に皆んなに学級裁判のルールを説明していなかった僕の責任もあるからね」

モノクマ「今回だけは多目に見てあげたい所だけど…」ニヤッ

モノクマ手「」バクンッ

大神「ぬっ…」

俺「うわっ!?」ガシッ

舞園「俺君!?」

モノクマ「でも秩序を乱した俺君をそのままにはしておけないよね!だあっはっはっはっ!」

霧切「なら彼をどうすると言うの?」

モノクマ「コロシアイを始めるキッカケを作ってくれた俺君には特別に…」

モノクマ「今直ぐこの学園から卒業して貰いまーす!!」

大和田「なっ…!?」

セレス「…彼だけ特別に外へ出られると言う訳ですか」

葉隠「ええっ!?何でだ!?俺っちだけ先に出られるなんてズルいべ!」

山田「初回特典があるなんて聞いてませんぞぉーっ!」

モノクマ「ズルイ…?いやいや、皆んな何を勘違いしてるの?」ニヤッ

十神「…どう言う事だ?」

モノクマ「この状況で外に出されるって一番絶望的だよ?」

霧切「……。」
621 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 23:32:59.45 ID:7GfMtIeBO
外の世界

俺(秩序を破った者として希望ヶ峰学園から卒業させられ、俺は警察に自首しようと考えていたが…)

荒廃した世界「」

俺「……。」スタスタ

俺(警察なんか既に世界には機能しておらず、何故か世界は終わっていた…)

俺「いったい何が起きてるんだ…」スタスタ

俺「ん?…」

宗方「……。」

俺「誰…?」

宗方「超高校級の幸運…俺だな?」

俺「は、はぁ…?直ぐに卒業させられましたが…」

宗方「……。」

宗方「お前は未来機関にて拘束させて貰う」

俺「は?み、未来機関って…?」

俺首「」ドンッ

俺「あ…」クラッ

俺(な、何だ…?)

俺「」ドサッ

逆蔵「チッ…こんな人殺しどうする気だ?」

宗方「…希望ヶ峰学園からの生き残りは俺だけになる可能性が高い」

宗方「だとしたら、どんな形であれあの学園から脱出する事が唯一できたこの男は重要人となる可能性が高い」

逆蔵「フン…。そうかよ…。オレには唯の一般人にしか見えないがな…」

宗方「……。」

俺「」



──その後、終わった世界にて未来機関と言う組織に保護された俺は…
希望ヶ峰学園の唯一の生き残りとして…絶望と戦い続ける使命を背負わされるのだった…



唯一の脱出者END
622 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 23:36:03.10 ID:7GfMtIeBO
唯一の脱出者END


先ずはこれからどうするか


1ダンガンロンパを続ける
2まどマギに戻る


多数決下5まで
623 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 23:36:10.89 ID:CbKCTkyz0
終わるんかーいw
お祭りやろーぜ!
624 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 23:39:18.71 ID:gmxB54TlO
1
625 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 23:39:33.67 ID:l0tu8wbZ0
1
626 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 23:39:54.98 ID:CbKCTkyz0
1
627 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/22(火) 23:42:33.58 ID:7GfMtIeBO
ダンガンロンパを続けます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」


初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
628 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/22(火) 23:50:57.45 ID:Grk/eOdHo
2
629 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:01:25.16 ID:VMKOI4UW0
630 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:13:38.47 ID:FOYRwxaJ0
2
631 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:20:21.15 ID:xG+Ejw9Qo
このSSの目標ってなんだったっけ
なんかあったよな?
632 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 00:21:50.74 ID:ZrPpVEuSO
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
633 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:23:19.44 ID:FOYRwxaJ0
2
634 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:26:33.05 ID:pbhyab/Mo
1
635 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:26:47.68 ID:VMKOI4UW0
2
636 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:26:52.74 ID:2AuGE4DCO
2
637 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:38:01.19 ID:au3+R9xX0
また邪魔が入るとこだったのか
638 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 00:55:52.40 ID:ZrPpVEuSO
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は何か頻繁に幸運な事が起きるんだよな)

俺(常に幸運が起きたら良いのに)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(ゾロ目発生時は全て99に変換)
639 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 00:56:20.52 ID:ZrPpVEuSO
教室

俺「……う…ん?」パチリッ

俺(あれ…?いつの間にか机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ふわぁぁ……」

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(おかしいな。目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…!?かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「……。」

俺「オマエラ?手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やばっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の蛍光も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い大きな扉は?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館へ向かおう」スタスタ
640 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 00:56:50.00 ID:ZrPpVEuSO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
641 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 00:57:27.45 ID:VMKOI4UW0
ほい
642 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 01:04:33.93 ID:ZrPpVEuSO
コンマ45
体育館

俺(実は俺は超高校級のアイドルでもある舞園さんとは同じ中学だった)

俺(一つの中学から超高校級が二人も出て、更に同い年で同じ高校に入学だなんて普通ならフラグか何かなんだろうが…)

俺(彼女は中学の頃から人気者で、方や俺は希望ヶ峰学園から抽選で選ばれただけの只の幸運…)

俺(……本当に中学が同じってだけで、彼女とは中学時代に一度も話した事なんか無いし)

俺(…俺の事なんて同じ中学に居たなんて覚えてすらいないんだろうな)

舞園「俺君ですよね。覚えていますよ」ニコッ

俺「えっ…!?///」ドキ-ンッ

舞園「良かった。知ってる人が居て///」

俺「い、いやでも話した事とか無かったし…」

舞園「3年間も一緒だったんですから、覚えてるに決まってるじゃないですか」ニコッ

俺(ええ…嘘だろ?舞園さんのような人気者が目立つ事の無かった俺を覚えてただなんて…)

舞園「えー。そんなに冷たい人間だと思われてたんですか?ショックですぅ…」

俺「え?あ、あれ?口に出てた!?違う違う!嬉しかったって言うか…その…」

舞園「うふふ。冗談ですよ///」ニコッ

俺「ええ….冗談かよ///」

俺(…彼女が超高校級のアイドルと呼ばれてる理由が何となく分かった気がする)

俺(こうしてちゃんてま話したのは初だけど、めちゃくちゃ可愛い…)

舞園「うふふ///」

俺(超高校級のアイドルの名は伊達じゃないな)


舞園の好感度が4に上がった
643 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 01:05:03.93 ID:ZrPpVEuSO
体育館

俺「でも舞園さんが一緒で良かったよ」

舞園「俺君もですか?」

俺「うん。俺もここに居る他の超高校級の人達の空気に何かプレッシャーみたいな物を感じてたからさ…」

舞園「うふふ、じゃあ私達一緒だったんですね///」

俺「う、うん…///」

十神「いつまでじゃれあっている?」

俺「え?…」

舞園「??」

十神「さっさと本題に入るぞ」

俺「…本題って?」

俺(なんだよこいつ…良い所だったのに…)

十神「何故こんな事になっている?誰かの仕業なのか?」

十神「だとしたら、それは誰だ?」

俺(確かに、入学式にしては何か変な雰囲気だが…)

江ノ島「つーか、アタシの荷物何処行っちゃったの?いつのまにか携帯も無くなったし」スタスタ

俺「あっ、そうだ携帯だ!」スッ

周りの生徒達「!!」ゴソゴソ

俺「あれ?俺のも無いぞ…?」

山田「嘘!?ウソ!?」アタフタ

大神「我の携帯もだ。奪われたと言う事か…」

腐川「こ…こんなの監禁じゃない…!」

俺「監禁…?」

葉隠「そうシケタ面すんなって。どうせオリエンテーションか何かだろ。オレの占いがそう言ってるべ」つ水晶玉

桑田「マジで!?当たるのか?」

葉隠「オレの占いは3割当たる!」

腐川「た、たった3割!?」

葉隠「うっ…」ガクッ

俺「いったい俺達のこの状況を作り出した奴は何が目的なんだ?」

霧切「…。」 チラッ

スピーカー「」キイイイン!!

俺「…うっ?なんだ?」

『アー。アー。マイクテスト。マイクテスト。大丈夫?聞こえてるよね?』

俺(何だこの不快な声…)

『えー、新入生の皆さん。今から入学式をとり行いたいと思います』

葉隠「ほれ。これが希望ヶ峰学園流の歓迎だべ」

霧切「…いえ、そうじゃない」

俺「うん?」

モノクマ「」ピョンッ

俺(何だ?こいつ…)
644 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 01:05:36.00 ID:ZrPpVEuSO
体育館

舞園「ぬいぐるみ…?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃないよ。僕はモノクマだよ!」

俺「…モノクマ?」

モノクマ「オマエラの学園の学園長なのです!宜しくね?」

俺「……。」

山田「ぬぎゃぁーっ!?ぬいぐるみが動いた!?」

モノクマ「ぬいぐるみじゃなくてモノクマなんですけど?学園長なんですけど?」

俺(…コイツがこの学園の…学園長?)

霧切「…。」

モノクマ「ではでは、進行も押してるんで。起立、礼。オマエラ、おはようございます」ペコリッ

石丸「おはようございます!」ペコリッ

腐川「ヒッ!?い、言わないでよ!?」

モノクマ「えー、オマエラのような才能溢れる高校生は、世界の希望に他なりません」

モノクマ「そんな素晴らしい希望を保護する為、オマエラにはこの学園内だけで共同生活を送って貰います!」

全員「「!?」」

桑田「はぁ!?」

俺「きゅ、急に何を言って──」

江ノ島「どう言う事よ!?」

モノクマ「えー、その共同生活の期限についてなんですが…その期限は有りません!」

全員「!?」

モノクマ「つまりオマエラは、一生ここで暮らすのです」

桑田「なっ…!?今なんつった!?」

不二咲「一生、ここで…」

モノクマ「まー心配しなくても、予算は豊富だからオマエラに不自由はさせないし」

舞園「ちょっと待ってください!そう言う事じゃなくて…」

江ノ島「つーか嘘でしょ!?」

俺「まさか教室や廊下にあった鉄板は、俺達を閉じ込める為…」

モノクマ「そう。だから幾ら叫んだって、助けなんて来ないんだよ」

俺(嘘だろ?…)
645 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 01:06:08.73 ID:ZrPpVEuSO
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
646 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 01:08:37.58 ID:VMKOI4UW0
647 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 01:08:59.61 ID:ArpNupXmO
1
648 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 01:09:58.93 ID:FOYRwxaJ0
2
649 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:06:37.18 ID:ZrPpVEuSO
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
650 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:07:46.12 ID:FOYRwxaJ0
あら
651 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:17:02.12 ID:ZrPpVEuSO
コンマ12
体育館

俺「何言ってんだ?何で離す必要が…」

霧切「死ぬわよ!?」

俺「えっ────」

俺(いや、まさかそんな事がある訳…)

モノクマ「」ピ-!!

俺「うん?」

霧切「…!」

モノクマ「」ドガ-ン!!

俺「…えっ?」グシャッ!!

俺(俺は霧切さんの言葉に咄嗟に反応できなかった結果…)

俺身体「」ブシャアッ

俺「」ヒュ-ン...

俺(あ……れ?なん…d?…)ドサッ

俺「」ドクドク...

舞園「きゃあぁぁぁっ!?」



──状況を理解していなかった俺は、見せしめに殺された…
652 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:17:54.36 ID:qUvQRXJMo
やるじゃん
653 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:18:16.12 ID:ZrPpVEuSO
始まったばかりなので再び最初から始めます
──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
654 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:20:40.74 ID:FOYRwxaJ0
2
655 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:21:17.99 ID:ZeoH/YP4O
ちょっと1も見てみたい
656 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:25:06.98 ID:BE7hw9ppO
2
657 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:26:16.06 ID:TsnpX8cW0
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
658 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:29:54.68 ID:lS5A/VnhO
2
659 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:30:07.93 ID:FOYRwxaJ0
2
660 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:31:46.42 ID:TsnpX8cW0
全く同じなのでカット(640まで)
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
661 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:34:42.01 ID:FOYRwxaJ0
行けー
662 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:38:01.86 ID:TsnpX8cW0
コンマ01
体育館

俺(テレビとかでよく目にした事はあるけど、生で見るのは初めてだ)ジッ...

舞園「あ…どうも…」ペコリッ

俺「う、うん…」ペコリッ

俺(凄い。本当に人形のように可愛いんだな…)ゴクリッ

俺(これが超高校級のアイドル舞園さやかか…。流石だ…眩し過ぎる…)

俺「え、えっと…入学式って未だ始まらないの?」

舞園「そうみたいですね。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺「そうなんだ…。じゃあもう少ししたら始まるのかな…」

俺「俺達しか居ないし、何か変な感じだけど…」

舞園「そうですね…」

俺(とりあえず未だ時間もあるみたいだし、今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(俺って他の超高校級の生徒と違って只の幸運だからか、何気にこの中で浮いてるし…)

俺(…うん。早目に誰か話しやすい人を作っておこう)

俺(しかし、誰に話しかけてみようかな?)



1一番明るそうな女の子に話しかけてみる(朝日奈)
2風紀が厳しそうな男の子に話しかけてみる(石丸)
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの男の子に話しかけてみる(大和田)
4未だに辺りを観察している感じの前情報にも無い知らない女の子に話しかけてみる(霧切)
5他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
663 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:42:00.66 ID:kC1loVXxO
4
664 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:43:42.21 ID:lS5A/VnhO
5
665 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:44:07.49 ID:FOYRwxaJ0
1
666 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:45:40.98 ID:jZv3MQN5O
1
667 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:48:00.79 ID:TsnpX8cW0
体育館

俺(よし、一番明るそうな彼女に話しかけてみよう) スタスタ

俺「あ、あの…朝日奈…さん?だよな?」

朝日奈「うん?」クルッ

俺(彼女は朝日奈葵。超高校級のスイマーで小学、中学、高校と参加した大会で記録を全て塗り替え実力、容姿、プロポーション全てが揃ってて将来を期待されてる子…)

俺(って入学前にネットで書いてあるのを見た)

朝日奈「あー、えぇっと…名前、何だったっけ?」

俺「俺は俺。ここに来た才能は超高校級の幸運」

朝日奈「幸運!?凄いじゃん!運良いんだね俺って」ニコッ

俺「いや、まぁ皆んなと比べるとそんなでも無いと思うけど…///」

俺「…ってあれ?」

朝日奈「俺…俺っと。漢字はこれであってるよね?」スッスッ

俺「何してるの?」

朝日奈「あれ知らない?こうやって手に3回人の名前を書くと物を覚えられるんだよ?」

俺「あっ、そ、そう…」

俺(…ネットに書いてた通り、容姿もスタイルも良くて明るいが数分前の事を忘れるとかオツムの方は残念なのかもしれない)

朝日奈「あ、それでどうしたの?私に何か用?」

俺「あ、いや…大した用は無いんだけど、同じ新入生同士朝日奈さんとは仲良くなれたら良いなって」

朝日奈「えっ?勿論、仲良くしようよ!」手ギユッ

俺「あっ…///」ドキッ!

朝日奈「3年間宜しくね俺!」ニコッ

俺(異性に触るのに抵抗が無い感じの人なのか?急に握手されてビックリしたなぁ…)ドキドキ

朝日奈「いやあ、知ってる人とか居なくてちょっとだけあたしも緊張してたんだよね」ニコニコ

俺「それはお互い様だよ。こちらこそ宜しく朝日奈さん」

朝日奈「うん!」ニコッ

俺(よし、初対面の感触としては中々…。とりあえず明るい子みたいだし、彼女とは3年間仲良くやっていけそうだ)



朝日奈の好感度が4に上がった
668 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:49:46.08 ID:TsnpX8cW0
同じなのでカット(645まで)
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
669 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:51:18.54 ID:FOYRwxaJ0
何回も失敗したらキリが無いから2で
670 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:53:01.49 ID:pBH9OxquO
1
671 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 02:53:33.72 ID:7Nigp9tpO
1
672 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 02:56:16.29 ID:TsnpX8cW0
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
673 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:00:42.23 ID:dj7LaDdYO
悪いやっぱ辛えわ…
674 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:00:42.29 ID:FOYRwxaJ0
通って
675 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 03:02:29.41 ID:TsnpX8cW0
コンマ23
体育館

俺「何言ってんだ?何で離す必要が…」

霧切「死ぬわよ!?」

俺「えっ────」

俺(いや、まさかそんな事がある訳…)

モノクマ「」ピ-!!

俺「うん?」

霧切「…!」

モノクマ「」ドガ-ン!!

俺「…えっ?」グシャッ!!

俺(俺は霧切さんの言葉に咄嗟に反応できなかった結果…)

俺身体「」ブシャアッ

俺「」ヒュ-ン...

俺(あ……れ?なん…d?…)ドサッ

俺「」ドクドク...

舞園「きゃあぁぁぁっ!?」



──状況を理解していなかった俺は、見せしめに殺された…
676 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 03:04:37.99 ID:TsnpX8cW0
始まったばかりなので再び最初から始めます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
677 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:06:40.07 ID:XBc1AbA+O
死亡ループ入れられるからもう1でいいや
678 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:06:56.21 ID:lS5A/VnhO
1
飽きたな
679 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:12:52.32 ID:FOYRwxaJ0
1
680 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 03:17:08.55 ID:TsnpX8cW0
希望ヶ峰学園前

俺(確か俺がスカウトされた超一流の分野は…)

俺「……。」

俺「………。」

俺「……あれ?何だったっけか?思い出せない」

俺(どうやって俺、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺(よく思い出してみよう…)

俺「……。」



1…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?(俺才能終盤まで不明のまま。※特に何かができると言う訳では無いが、基本的にほぼ何でも平均以上にできる。霧切の好感度が上がりやすい)
2確か得意だった事があったのは覚えてる…(俺極めて得意な事がある設定へ。※才能早期に決まる場合有り。才能により殺人を起こした際等に影響が現れる可能性有り)



多数決下3まで
681 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 03:20:49.66 ID:FzEQcFX6O
1
682 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 04:04:06.83 ID:FOYRwxaJ0
2
683 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 04:21:01.33 ID:au3+R9xX0
1
684 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 04:21:30.55 ID:au3+R9xX0
全員生存は諦めたのか
685 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 07:22:18.49 ID:ArpNupXmO
まーた深夜に更新して邪魔されるパターンかい
686 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 08:16:31.34 ID:UjzicQjoO
まあ苗木君おっても全員生存は目指せるか
687 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 08:59:59.52 ID:HblmmiKJO
希望ヶ峰学園前

俺「…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?」

俺(俺ってどうやって、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺「はぁ…。まぁいいや、とりあえず先生とかなら俺の得意な分野知ってるだろう」

俺「そこが玄関ホールだよな。
行ってみよう」スタスタ

校門「」スタッ

俺(はぁ〜…それにしても緊張するなあ。超一流しか居ないこの学園でこれから上手くやって行けるかどうか…)ドクンッドクンッ

俺「うぅ…。緊張し過ぎて目眩がして来た…」フルフル

俺「あぁ…やっべ…。ちょっと落ち着かないと…」クラクラ

俺「落ち着……ん?…」クラクラ

視界「」グニャ-...

俺「あれ?…只の目眩にしては視界もグルグル回っておかしいぞ?な、なんだこれ…?」

俺「あ…あぁ…。俺のからだ、いったいどうなて──」グラッ...

俺「」ドサリッ



俺(この時の俺は予想すらしていなかった…)

俺(これから俺は…この希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)
688 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 09:00:37.75 ID:HblmmiKJO
教室

俺「……ん?」パチリッ

俺(あれ?机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やべっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の電気も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い扉?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館に向かおう」スタスタ
689 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 09:01:10.46 ID:HblmmiKJO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

アホ毛がピンとした男の子「君も新入生の人?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「ではここに集められた我々16人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「苗木君より更に遅刻して現れるなんて君ぃ!入学早々ダメじゃ無いか!」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「フン、何回目だ。その質問」

俺「う…」

俺(しかし、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

頭ボンバーな人「しっかし、おかしな学校だべ」

アホ毛がピンとした男の子「とりあえず先に自己紹介だけでもしておかない?僕は苗木誠。一応ここに入った肩書きは超高校級の幸運ってなってるんだ」

俺「幸運?」

苗木「うん。ここに入れたのは本当に偶然、運が良かっただけで…はは…」

俺(運だけで入れたなんて、そんな人も居るのか…)

俺「えっと…俺は俺。ここに入った肩書きは…」

苗木「ん?」

俺(…ヤバイ。どうやってスカウトされたのか未だに思い出せないんだが、何と答えよう)


1適当に自分の肩書きを勝手に決めて言っておく
2……実は記憶が混濁してて、分からないんだ

多数決下3まで
690 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 09:04:59.10 ID:UjzicQjoO
2
691 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 09:05:30.47 ID:gmxrQBSdO
2
692 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 09:09:51.00 ID:HblmmiKJO
体育館

俺「……実は記憶が混濁してて、何故スカウトされたのか思い出せないんだ」

苗木「分からない?」

霧切「…。」チラッ

十神「フン、俺達に情報を明かしたく無いか」

江ノ島「はぁ?アタシらを疑ってる訳?」

俺「いや、そう言う訳じゃなくて…」

苗木「仕方ないよ。急にこんな状況になって皆んな未だ混乱してるんだ」

葉隠「ならオレが代わりに俺の肩書きを占ってやるべ!」つ水晶玉

俺「占う?」

葉隠「ああ、なんたってオレは超高校級の占い師だからな!はっはっはっ!」

俺「へえ、占い師なんてのも居るんだ」

苗木「うん。色んな人が居るよ」



──数十分後

俺(苗木や葉隠が素性を明かし出したのを皮切りに、俺は他のメンバーとも自己紹介と肩書きを教えて貰った)

俺(……何人かは自分の肩書き教えてくれ無い人も居たが)

俺(それにしても、幸運、アイドル、風紀委員、ギャル、占い師、プログラマー、同人作家、野球選手、暴走族、格闘家、スイマー、果てはギャンブラーっまで居るって凄い面子だな…)

俺「ところで入学式は未だ始まらないの?」

舞園「ええ。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺(なら今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(…こう言うのは一番最初に仲良くなった人と以後の関係を作って行きやすいって言うしな)

俺(しかし、誰に話しかけてみよう?)



1一番普通っぽくて話しかけやすそうな苗木に話してみる
2一番明るそうな朝日奈に話しかけてみる
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの大和田に話しかけてみる
4こちらをチラチラと観察している感じの霧切に話しかけてみる
5…慣れ慣れしくしたくない。誰にも話しかけ無い
6他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
693 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 09:14:02.92 ID:gmxrQBSdO
6
694 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 09:14:06.36 ID:1CTebNwMO
4
695 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 09:14:40.30 ID:r430esR4O
6
696 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 13:59:45.59 ID:ClMbyDbEO
体育館

俺(ん…何か話しかけにくいな)

俺(違う人に話しかけてみよう。他には誰かいるかな)


1国民的アイドルグループに居るらしい舞園に話しかけてみる
2野球選手の筈なのに到底野球選手には見えない桑田に話しかけてみる
3名前からして日本人なのか分からないセレスに話しかけてみる
4典型的な風紀委員っぽい石丸に話しかけてみる
5他の人に話しかけてみる(次の選択肢へ)


多数決下3まで
697 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 14:22:13.34 ID:RE7N9ni30
3
698 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 14:28:11.50 ID:qUvQRXJMo
5
699 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 14:51:56.61 ID:GxV4L6QDO
5
700 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 14:52:03.45 ID:XXBhfi+xO
5
701 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 15:07:46.49 ID:au3+R9xX0
苗木覚醒されたら章途中からコンティニュー出来ないため辛すぎる
702 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 15:11:54.74 ID:qUvQRXJM0
苗木出すと活躍吸われるからどうせ消す
霧切狙いの時くらいじゃないの
703 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 19:27:37.92 ID:TsnpX8cW0
体育館

俺(…いや、こんな機会滅多に無いだろうしここは癖のありそうな人と話してみるか)

俺(誰に話しかけよう…)


1普通に生きてたら絶対話す機会も無いだろう超高校級の御曹司の十神に話しかけてみる
2ずっと何かに警戒してるような感じの腐川に話しかけてみる
3この中で一番身長の低い不二咲と言う子に話しかけてみる
4筋肉隆々で明らかに一人だけ異質な大神に話しかけてみる
5壁に向かって話しかけてみる
6…やっぱりもっと話しかけやすい人に話しかけてみよう


多数決下3まで
704 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 19:33:32.32 ID:V2bUhz6ZO
5
705 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 19:38:22.17 ID:iGQFLbEPO
5
706 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 19:39:36.60 ID:J6Gjlq770
707 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 19:55:08.53 ID:qUvQRXJM0
本当にもう
708 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 20:09:04.64 ID:24XpNwR+O
これはレオン
709 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 20:12:19.64 ID:Nuhf9k/2O
アホなのかな?
710 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 21:04:36.43 ID:TsnpX8cW0
体育館

俺「……。」ススス...

舞園&苗木「」ワイワイ

俺(お、俺も早く誰かに話しかけなきゃ…。誰かに話しかけなきゃ…)ススス...

葉隠&桑田「」ワイワイ
朝日奈&大神「」ワイワイ

俺「……。」ススス...

霧切「…?」

俺「……。」スス...

俺(…だめだ。…話しかけるような人が居ない)

壁「」

俺「うおっほん…」

霧切「…。」

俺「…聞こえるか?ああ、俺だ」

壁「」

俺「…超高校級の才能を持つ高校生達が集う円卓会議に潜入してみたのだが…そうだ。流石はセブンセンシズに目覚めし者達」

壁「」

俺「この俺とした事が、早くも正体がバレてしまう可能性が──」

霧切「…ねえ、貴方。誰と話しているの?」グイッ

俺「ぬおっ!?すまん!アクシデントが入った!しばし通信を経つ…!」

霧切「……。」

俺「フッ…どうやら傍受される前に無事通信は切れたようだな…」

霧切「……。」

霧切「…もしかして、一人で壁に向かって話しかけていたの?」

俺「な、何を言っている!?お、俺は機関にコンタクトを繋げて居ただけだ!?」ドキッ

霧切「……。」

俺(いや、この子俺の事見てんじゃねーよ!)


コンマ下二桁
96以上変な奴だと何故か黒幕に気に入られた
95以下霧切に痛い奴だと見られただけだった…

安価下
711 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 21:08:11.57 ID:qUvQRXJM0
ゾロ
712 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 21:08:30.72 ID:vWpuT31JO
エンジョイ!
713 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 21:09:13.98 ID:fS4IGvP80
奇行は大抵ろくな結果にならんな
714 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 21:09:26.55 ID:O9Ew+ZJIO
鳳凰院俺かな?
715 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 21:38:16.80 ID:VBzsJTxBO
鳳凰院
716 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/23(水) 23:53:58.03 ID:TsnpX8cW0
コンマ57
体育館

霧切「……。」ジトッ...

俺「……。」

周りの人達「……。」ジトッ...

俺(周りの人達の視線が痛い…。来て早々痛い事はやるもんじゃねーな…)



同じなのでカット
体育館

セレス「その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方?…」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく状況を整理しよう)
3(誰か殺せば外へ出られるのか……)


多数決下3まで
717 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 23:55:43.74 ID:Z8+NeE2UO
3
718 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/23(水) 23:55:52.30 ID:bkmy07c6O
3
719 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 00:23:01.29 ID:EoH4lug/0
2
720 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 01:01:58.95 ID:MA1b5ckW0
これはこれでストーリーの中で成長する主人公っぽくもある‥‥‥あるか?
721 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 01:34:27.50 ID:f6+QBM/wO
体育館

俺(誰か殺せば外へ出られるのか……)

俺(…この中の誰かを殺す)チラッ

他の生徒達「」

俺(……超高校級の格闘家の大神さん以外なら、その気になれば殺れない事は無いだろうが)

俺(未だ殺人を犯してまで外に出ようとするのはリスクが高過ぎる)

俺(暫くは様子見──)

大和田「テメェの悪ふざけは度が過ぎんぞ!!」ズンッ

俺「…うん?」

モノクマ「悪ふざけ?それって君の髪型の事?」

大和田「ンだとクソがぁっ!?」モノクマ「」ガシッ

俺(あの人、モノクマを捕まえた…)

大和田「ラジコンだか縫いぐるみだか知らねーがバッキバキに捻り潰してやんよ!」グッ

モノクマ「わー!学園長への暴力は拘束違反だよー!!」

モノクマ目「」ピコ-ンピコ-ンピコ-ン

俺「…うん?」

大和田「んだよ。この音…」

霧切「あっ…」

モノクマ「」ピキ-ンピキ-ン!!

霧切「危ない!!投げて!!」

大和田「…あん?」

俺「…も、もしかしてそれ、爆弾とか?」

霧切「いいから早く!!」

大和田「チィッ!!」ポイッヒュ-ン..

モノクマ「」ピインピインピインッ!!

モノクマ「」ドガ-ン!!

大和田「なっ…!?」

他の生徒達「」ビクッ!

苗木「なんだ…。これ…」

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」

霧切「……。」

俺(…あの霧切って子、一瞬でさっきの中身を爆弾だと見抜いたのか?…凄い洞察力だ))
722 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 01:35:29.42 ID:f6+QBM/wO
体育館

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

大和田「て、テメェ!」

俺(また出た…。コイツは幾らでも代えがあると言う事か…)

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…次からは殺すと言う事か?」

モノクマ「運が悪いと死んじゃうかもね。うぷぷぷぷ」

俺「くっ…」

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」

苗木「……。」

『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』

俺「生徒手帳…?」
723 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 01:36:29.71 ID:f6+QBM/wO
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(…やはり他の人の電子手帳と違って、俺のだけ超高校級の先が空白になってる)

俺(もしかして、モノクマを操っている首謀者は俺がスカウトされた理由を忘れてるのも知っていると言う事か?)

俺(これは何か手掛かりになるやも…?)

大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

俺(体育館にも脱出口は無しか)

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

十神「オレは一人で行くぞ」

苗木「と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」

俺(…確かにまぁ…一理あるか)
724 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 01:53:12.39 ID:f6+QBM/wO
体育館

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

十神「どけよプランクトン」

大和田「あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

苗木「ちょ、ちょっと待って!今は僕達が喧嘩してる所なんかじゃ…」

大和田「あぁん?今綺麗事言ったな?」ギロッ

苗木「え?…」

大和田「俺に教えを説くつーのか!?」

苗木「そ、そんなつもりじゃ…」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

苗木「」ドゴッ

舞園「あぁっ!?」

苗木「」ドサッ

俺(仲介に入ろうとした苗木って子が逆に痛い目を見るとは…)

俺「フッ…これでは、人に品性を求めるなぞ絶望的だな」

霧切「…貴方の方こそ頭大丈夫?」

俺「……。」

江ノ島「やり過ぎよ」

大和田「うっ…し、知らねえよ!元はと言えばコイツが」

十神「フン…」スタスタ

セレス「まぁ、十神君の言う通り知らない方々と長居するのは疲れますからわたくしも一人で行かせて頂きますわ」スタスタ

霧切「…私も好きに調べさせて貰うわ」スタスタ

石丸「お、おい君達!」

俺(…こんな状況でも落ち着いてるあの3人は、この中でも頭が回る部類の人間か)

大和田「チッ…」スタスタ

俺(そして、感情に流されるまま動く人間…)

舞園「な、苗木君…」
苗木「」

大神「見事に気絶しておる…。このまま放っておく訳にもいくまい。安静な場所まで連れて行かぬと…」

朝日奈「誰か男子。手を貸してよ」チラッ

葉隠「あー…オレ水晶玉より重い物はちょっと…」

山田「僕も3次元の男の子を担ぐのは流石に趣味では無いと言うか…」

俺(そして屑みたいな人間…。超高校級の才能を持つ高校生と言っても性格は様々だな…)



1(…ここは苗木や舞園に恩を売っておくのも良いかもしれない)良かったら俺が運ぶのを手伝ってあげるよ
2もし誰かを殺すってなった時に情が湧けば面倒だ。仲良しごっこはやめておこう


多数決下3まで
725 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 02:02:50.58 ID:CJTRNxHDO
1
726 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 02:03:01.59 ID:Tf4qb3oz0
727 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 02:03:07.27 ID:GMp74LBto
1
728 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 02:43:27.77 ID:f6+QBM/wO
体育館

苗木「」

舞園「苗木君…」

俺(こんな状況だから先に恩を売っておくのは有りだな…よし…)スッ

俺「舞園さんだっけ?」

舞園「え?…」

俺「良かったら俺が彼を安静な場所まで運ぶのを手伝ってあげるよ」ニコッ

舞園「あ、ありがとうございます…」

俺「と言っても安静な場所って何処があるかな?」

朝日奈「それなら電子生徒手帳のマップに個室ってのがあるみたいだからそこが良いんじゃ無い?」ピコンッ

大神「うむ…。個室ならば寝床の一つも用意されてるだろう…」

俺「じゃあ彼は個室まで運ぶよ…よいしょっと」

苗木「」ガシッ

舞園「あ、私も手伝います。一人だと扉開けたり大変でしょうから」

俺「ありがとう。気が利くな」

舞園「い、いえ…」

俺「それじゃあ行こうか」スタスタ

729 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 09:41:18.26 ID:VfKkopdh0
苗木個室内

俺「よっと…」 スッ

ベッド「」
苗木「」ストッ

舞園「これで一先ず大丈夫そうですね。本当は何か冷やせるものでも有れば良かったですが…」

俺「保健室が施錠されてて使えないから仕方ないよ。とりあえず今はゆっくり寝かしといてやろう」スタスタ

舞園「そうですね」スタスタ

扉「」バタンッ



苗木個室前

俺「ふぅ…とりあえずこれで良しと」

舞園「それにしても落ち着かない部屋ですね…。あんな近くに監視カメラがあったんじゃ…」

俺「至る所に監視カメラは設置されてる。俺達は24時間、ここに監禁した首謀者に見晴られてるみたいだ」

舞園「はぁ…」

不二咲「あっ、俺君。舞園さん。そこに居たんだ」 スタスタ

俺「うん?」

舞園「えっと…不二咲さん?どうしたんです?」

不二咲「えっとね…。1時間後に食堂に集まって、みんなで何か発見した事を話し合おうって石丸君が…」

俺「なるほど。捜索した情報の共有か」

不二咲「な…苗木君も目を覚ましたら連れてきてね。それじゃ」スタスタ

俺「ああ。分かった」コクッ

舞園「それにしても俺君って、以外に頼もしいんですね」

俺「…うん?」

舞園「最初は壁に話しかけてたのでちょっと怖い印象があったんですが…」

俺「あ、ああ…アレは只の演技で…コホン」

俺「じゃあ俺もちょっと調べたい事があるから先に行くよ。苗木君の事宜しく」

舞園「はい。ありがとうございました」ペコリッ

俺(…とりあえずこれで恩は売れたな。これ以上舞園に用は無いし行くか)スタスタ


舞園の好感度が3に上がった
730 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 11:46:26.25 ID:VfKkopdh0
食堂内

俺「ここが食堂か。報告会と言うのが行われるらしい」スタスタ

俺(少し早く来過ぎたのか、未だ誰も来てないな)

監視カメラ「」

俺「奥は厨房かな?時間もあるしついでに厨房も調べてしまおう」スタスタ



調理室

俺「うわっ。凄い量だな…」

棚に大量に置かれた果物や野菜「」

俺「…腐っては無いのか?」

モノクマ「失礼な!全て新鮮な物だよ。衛生面はバッチリだから安心して!」

俺「なっ…!?も、モノクマ!?」ビクッ

モノクマ「冷蔵庫の中身だって毎日補充されるから、食糧が尽きる心配も無いね」

俺「……。」

モノクマ「でも俺君。集合時間1時間前にこの場所に来てどうしたの?」

俺「別に良いだろ。何でも…」

モノクマ「一人で居たら、襲われて殺されちゃうかもしれないよ?」ニヤッ

俺「俺が殺されるなんてそんな訳あるかよ。うん?…」チラッ

並べられた包丁「」

モノクマ「へえ、良い所に目が行ったね。上手くやれば一突きで殺せるよ」

俺「……。」

モノクマ「…うぷぷぷぷ。でも証拠は残らないようにね」

俺「…どう言う事だ?」

モノクマ「残念ながら未だ秘密だよ。とりあえず今言える事はよく校則をよく確認しておくようにって事だけかな?」

俺(校則をよく確認…)

モノクマ「それじゃあね!」タタタッ

俺「…何しに来たんだあいつは?)」

俺「……。」チラッ

包丁「」

俺(綺麗に研がれた包丁セットが4本あるな)

俺「……。」

俺(今なら未だここに包丁がある事が知られてない…)


1…誰かを殺す場合、包丁を使うのはリスクが高いな。一本だけ持って行っておくか
2あ…面白い事を思いついた。全部持って行こう!


多数決下3まで



731 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 11:54:32.38 ID:ZJmM1AK9O
えいや2
732 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 12:11:32.04 ID:SDn0ZQF2O
2
733 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 12:29:10.04 ID:VfKkopdh0
食堂

俺「あ…面白い事を思いついた。全部持って行こう! 」ピコ-ン!

包丁セット「」ガシッ



俺個室

俺「……。」

包丁セット「」
工具セット「」

俺(よし…これだけ有れば十分だな)

俺「校則に書いてあるルールの殺人を誰にも知られてはいけない…」

俺(…裏を返せば、知る人さえ存在しなければ良いって事だ)ニヤッ

俺「…行動に移す前に念の為にもう一度確認しておくか」カチッ

電子生徒手帳「校則「」」

俺「……。」

俺(…よし。殺して良い人数は明記されて居ない)

俺(こう言うのは時間が経てば経つ程、何人までしか殺してはいけないとルールが追加される可能性が高いからな)

俺(そしてほぼ全員が初対面の状態の今は信頼関係も皆無で皆んなもバラバラに動いてる)

俺(…俺が動くならば今しかないな)

俺「皆んなに恨みがある訳じゃ無いが全員…皆殺しだ」ニヤッ

俺(よし、先ずは単独行動している奴から消して行こう)スタスタ



コンマ下二桁
61以上見事に全員殺害した
21〜60先ずは江ノ島から殺そうとした結果…
20以下犯行に及ぶ前に霧切に捕まった


安価下
734 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 12:30:25.83 ID:wHZQDu13O
はい
735 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 12:55:18.69 ID:LVKC/QQrO
お祭りやん
736 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 12:59:17.80 ID:wzg8+pv/O
野獣くん並の無双やで
737 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:02:06.50 ID:VfKkopdh0
コンマ83
体育館

大神「ば…。ばか…なっ…」フラッ

大神「」ドサッ
江ノ島「」ドクドク...

俺「……。」

つ包丁

俺「ふ…ふはは…。フハハハハ!これで全員殺害したぞ!」

俺「さぁこれでどうなる?」

「つまんない。あぁ、絶望的につまんないなぁ俺君」ウイ-ン

俺「モノクマ…」

モノクマ「全員殺害しちゃうなんてさ。これじゃゲームにならないじゃん!もう、どうしてくれるの?」

俺「…俺はただルールに従って、一人ずつ暗殺して行っただけだ」

モノクマ「あーあ。普通にやったらこうなるのが見えてたから君の才能の記憶は消したのに」

俺「……。」

モノクマ「どうせもう思い出してるんだろ?君の才能をさ」

俺「…これだけ皆んなを暗殺しておいて思い出して無い筈が無いだろ?」

俺「俺の才能は…超高校級の暗殺者だ!」
738 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:06:30.75 ID:VfKkopdh0
体育館

モノクマ「暗殺者なんかが居たら真っ先に疑われて学級裁判が面白くもできないだろうから記憶を消したのにさ」

モノクマ「君が真っ先に才能を思い出しちゃったお陰で全てが台無しだよ。絶望的な終わりになっちゃったよ」

俺「…どうでも良い。これで俺は外に出られるんだな?」

モノクマ「まぁ、約束だからね」スッ

脱出ボタン「」ボトッ

俺「よし…」

モノクマ「まぁ外の世界に行った所で既に終わってるから、君にとってはもっとつまらない物になるだろうけど」

俺「…うん?終わってる…?」

モノクマ「あ、いや…君を楽しませてくれるような奴が一人だけ残ってたね」

モノクマ「カムクライズル…」

俺「カムクライズル?…」

モノクマ「そう。彼は他の超高校級の才能を持つ人間とは格が違うよ」

俺「……。」

モノクマ「もし彼も暗殺できたら君は人類史上一番の暗殺者になれるだろうね…うぷぷぷぷ」

俺「なるほど…。カムクライズルか…」スクッ

俺「外の世界がつまらなかったら探してみるよ」

モノクマ「では…もう会う事も無いだろうけど、超高校級の暗殺者俺君。短い間でしたが無事卒業おめでとうございます」パチパチ

俺「フッ…余裕だったな」



───こうして、俺は他の才能を持つ同期全てを皆殺しにして希望ヶ峰学園を卒業し…無事に生き残った



数ヶ月後
外の世界

俺(確かに外の世界はつまらない事になってたが…)

俺「確かカムクライズルだったか…。奴を暗殺するのを目標に探してみるとするか」



END
739 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:10:06.91 ID:VfKkopdh0
皆殺しEND
最初から始めます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
740 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:12:11.82 ID:vWqNqAGcO
1
741 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:16:47.48 ID:LVKC/QQrO
1
742 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:18:50.81 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺(確か俺がスカウトされた超一流の分野は…)

俺「……。」

俺「………。」

俺「……あれ?何だったっけか?思い出せない」

俺(どうやって俺、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺(よく思い出してみよう…)

俺「……。」



1…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?(俺才能終盤まで不明のまま。※特に何かができると言う訳では無いが、基本的にほぼ何でも平均以上にできる。霧切の好感度が上がりやすい)
2確か得意だった事があったのは覚えてる…(俺極めて得意な事がある設定へ。※才能早期に決まる場合有り。才能により殺人を起こした際等に影響が現れる可能性有り)



多数決下3まで
743 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:19:03.28 ID:EjVkiwwb0
744 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:20:33.96 ID:oGkP9dp0O
1
745 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:21:42.43 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺「…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?」

俺(俺ってどうやって、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺「はぁ…。まぁいいや、とりあえず先生とかなら俺の得意な分野知ってるだろう」

俺「そこが玄関ホールだよな。
行ってみよう」スタスタ

校門「」スタッ

俺(はぁ〜…それにしても緊張するなあ。超一流しか居ないこの学園でこれから上手くやって行けるかどうか…)ドクンッドクンッ

俺「うぅ…。緊張し過ぎて目眩がして来た…」フルフル

俺「あぁ…やっべ…。ちょっと落ち着かないと…」クラクラ

俺「落ち着……ん?…」クラクラ

視界「」グニャ-...

俺「あれ?…只の目眩にしては視界もグルグル回っておかしいぞ?な、なんだこれ…?」

俺「あ…あぁ…。俺のからだ、いったいどうなて──」グラッ...

俺「」ドサリッ



俺(この時の俺は予想すらしていなかった…)

俺(これから俺は…この希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)
746 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:22:12.02 ID:VfKkopdh0
教室

俺「……ん?」パチリッ

俺(あれ?机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やべっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の電気も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い扉?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館に向かおう」スタスタ
747 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:22:47.26 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

アホ毛がピンとした男の子「君も新入生の人?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「ではここに集められた我々16人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「苗木君より更に遅刻して現れるなんて君ぃ!入学早々ダメじゃ無いか!」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「フン、何回目だ。その質問」

俺「う…」

俺(しかし、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

頭ボンバーな人「しっかし、おかしな学校だべ」

アホ毛がピンとした男の子「とりあえず先に自己紹介だけでもしておかない?僕は苗木誠。一応ここに入った肩書きは超高校級の幸運ってなってるんだ」

俺「幸運?」

苗木「うん。ここに入れたのは本当に偶然、運が良かっただけで…はは…」

俺(運だけで入れたなんて、そんな人も居るのか…)

俺「えっと…俺は俺。ここに入った肩書きは…」

苗木「ん?」

俺(…ヤバイ。どうやってスカウトされたのか未だに思い出せないんだが、何と答えよう)


1適当に自分の肩書きを勝手に決めて言っておく
2……実は記憶が混濁してて、分からないんだ

多数決下3まで
748 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:24:06.31 ID:wHZQDu13O
2
749 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:24:13.79 ID:oGkP9dp0O
2
750 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/24(木) 13:24:23.40 ID:RrPd8EmjO
2
751 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:25:28.40 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「……実は記憶が混濁してて、何故スカウトされたのか思い出せないんだ」

苗木「分からない?」

霧切「…。」チラッ

十神「フン、俺達に情報を明かしたく無いか」

江ノ島「はぁ?アタシらを疑ってる訳?」

俺「いや、そう言う訳じゃなくて…」

苗木「仕方ないよ。急にこんな状況になって皆んな未だ混乱してるんだ」

葉隠「ならオレが代わりに俺の肩書きを占ってやるべ!」つ水晶玉

俺「占う?」

葉隠「ああ、なんたってオレは超高校級の占い師だからな!はっはっはっ!」

俺「へえ、占い師なんてのも居るんだ」

苗木「うん。色んな人が居るよ」



──数十分後

俺(苗木や葉隠が素性を明かし出したのを皮切りに、俺は他のメンバーとも自己紹介と肩書きを教えて貰った)

俺(……何人かは自分の肩書き教えてくれ無い人も居たが)

俺(それにしても、幸運、アイドル、風紀委員、ギャル、占い師、プログラマー、同人作家、野球選手、暴走族、格闘家、スイマー、果てはギャンブラーっまで居るって凄い面子だな…)

俺「ところで入学式は未だ始まらないの?」

舞園「ええ。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺(なら今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(…こう言うのは一番最初に仲良くなった人と以後の関係を作って行きやすいって言うしな)

俺(しかし、誰に話しかけてみよう?)



1一番普通っぽくて話しかけやすそうな苗木に話してみる
2一番明るそうな朝日奈に話しかけてみる
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの大和田に話しかけてみる
4こちらをチラチラと観察している感じの霧切に話しかけてみる
5…慣れ慣れしくしたくない。誰にも話しかけ無い
6他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
752 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:26:00.90 ID:mWnpz110O
6
753 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:26:18.39 ID:oGkP9dp0O
4
754 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:26:20.78 ID:RY9z+V5ZO
6
755 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:27:54.14 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(ん…何か話しかけにくいな)

俺(違う人に話しかけてみよう。他には誰かいるかな)


1国民的アイドルグループに居るらしい舞園に話しかけてみる
2野球選手の筈なのに到底野球選手には見えない桑田に話しかけてみる
3名前からして日本人なのか分からないセレスに話しかけてみる
4典型的な風紀委員っぽい石丸に話しかけてみる
5他の人に話しかけてみる(次の選択肢へ)


多数決下3まで
756 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/24(木) 13:29:00.16 ID:AK/04tiaO
5
757 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:29:14.68 ID:rQ3NNtWPO
5
758 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:29:25.30 ID:oGkP9dp0O
3
759 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:31:58.29 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(…いや、こんな機会滅多に無いだろうしここは癖のありそうな人と話してみるか)

俺(誰に話しかけよう…)


1普通に生きてたら絶対話す機会も無いだろう超高校級の御曹司の十神に話しかけてみる
2ずっと何かに警戒してるような感じの腐川に話しかけてみる
3この中で一番身長の低い不二咲と言う子に話しかけてみる
4筋肉隆々で明らかに一人だけ異質な大神に話しかけてみる
5壁に向かって話しかけてみる
6…やっぱりもっと話しかけやすい人に話しかけてみよう


多数決下3まで
760 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:32:19.83 ID:oGkP9dp0O
6
761 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/24(木) 13:32:30.68 ID:rQ3NNtWPO
4
762 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:32:37.74 ID:wlgs+xRkO
6
763 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 13:47:38.70 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(やっぱりもっと話しかけやすい人に話しかけてみよう)

俺(この中で一番親近感を感じるのは…)


1そこらにもギャルは沢山居たし江ノ島に話しかけてみる
2占い師にしてはアホっぽい葉隠に話しかけてみる
3アニメの話なら通じそうな山田に話しかけてみる
4…いや、この3人に親近感は感じないな。やっぱり最初に戻る


多数決下3まで
764 : ◆VtnAffEdys [sage]:2020/12/24(木) 13:48:42.55 ID:xg5PaW8bO
糞スレさっさと終われ
765 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:49:25.69 ID:DpCJGBMWO
4
766 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 13:49:39.92 ID:rH6sjlpbO
4
767 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:00:36.85 ID:C1sgMOvUO
>>764
あっ…(苦笑)

【安価コンマ】あなたが歩む風花雪月【その2】
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1587958162/
768 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 14:17:11.11 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(…いや、この3人に親近感は感じないな)

俺(どうする…。そろそろ何か起きそうな雰囲気だが…)

俺(…と言うか俺が皆んなを見廻ってる間にそれぞれで話しだしたな)

苗木&舞園「///」キャッキャッ
朝日奈&大神「」ワイワイ

俺(俺もそろそろ誰と話すか決めないと、このままじゃ入学早々ぼっちになって浮くぞ…)


1舞園にデレデレな苗木に話しかけてみる
2大神にイベントか何かだと盛り上がってる朝日奈に話しかけてみる
3頭のトウモロコシを再セットしている大和田に話しかけてみる
4逆に誰とも一言も話さず浮くのが確定している霧切に話しかけてあげる
5他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
769 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/24(木) 14:18:31.68 ID:rH6sjlpbO
5
770 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:18:56.09 ID:WVT5kQUhO
5
771 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:19:14.27 ID:q3vLh27xO
一周して裏モードか何か入ったのか?
4
772 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 14:26:30.32 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(…いいや、この4人じゃない)フルフル

俺(他には……)チラッ


1苗木と和気藹々と話している舞園に話しかけてみる
2石丸に何か注意されている桑田に話しかけてみる
3何か品定めをしているかのように辺りの男子を見ているセレスに話しかけてみる
4桑田に何かしつこく注意している石丸に話しかけてみる
5更に他の人に話しかけてみる(次の選択肢へ)


多数決下3まで
773 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:26:47.51 ID:KK5eVDdSO
3
774 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:27:06.09 ID:ZidbVi9pO
3
775 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 14:41:24.63 ID:EjVkiwwb0
3
776 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 14:43:54.70 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「セレス…さん?」スタスタ

セレス「あら、俺君?どうなさいましたか?」

俺「あ、いや…気のせいだったら悪いんだけど…」


俺(セレスティア・ルーデンベルク。この子はこの歳で超高校級のギャンブラーらしい)

俺(…何でも既にギャンブルで手にしたお金は数十俺だとか)


俺「…何か男子をジロジロと…品定めしてない?」

セレス「ええ。していますわ。それが何か?」

俺「ええっ!?///」ドキッ

俺「せ、セレスさんってゴスロリな格好してそんな肉食タイプだったのか?」

セレス「フッ…そんな低俗な輩と同じ扱いをしないでくださる」

俺「…うん?」

セレス「わたくし、趣味なんですの。初対面の男子にランクを付けて回るのが」ニコッ

俺「…は?ランク?」

セレス「ええ。俺君のランクは──」

俺「お、俺のランクは…?」ドキドキ...


コンマ下二桁
91以上どうやら俺の第一印象はセレスさんのドストライクだったようで史上初のBランクに指定された(セレス好感度6に上昇)
71〜90そこそこだったらしい俺、十神と同じCランクだった(セレス好感度4に上昇)
31〜70平凡な俺は苗木と同じDランクだった(セレス好感度3に上昇)
11〜30俺は山田と同じ低ランクのEにランク付けされた(セレス好感度2に上昇)
10以下俺は葉隠と同じ最低ランクのFだった。嫌われているらしい


安価下
777 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:00:54.43 ID:BJlICf//O
778 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:14:28.16 ID:VfKkopdh0
コンマ43
体育館

セレス「俺君はDですわね」

俺「で…でぃー…」

俺(…明らかに悪い奴じゃん)

セレス「心配しなくても、今までわたくしの中でB以上のランクの方は見た事がありません」

俺「えっ…じゃあ…」ドキッ

セレス「俺君は苗木君達と同じくらいですわ」

俺「…つまり、可もなく不可もなく?」

セレス「はい」ニコッ

俺「……。」

俺(…低くない事を喜んで良いのか、高く無い事を悲しんだ方が良いのか微妙なラインだ)

セレス「今後の俺君の働き評価次第ではこれからも上がる可能性も有るので頑張って下さいね」

俺「は、はぁ…」

俺(…あれ?何で俺セレスさんの評価なんか気にしてんだ?)

俺(…まぁ多分、そこまで低くなかったのが確認できただけでもいいか)

779 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:15:02.60 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット
体育館

セレス「その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方?…」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく状況を整理しよう)
3(誰か殺せば外へ出られるのか……)


多数決下3まで
780 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:18:31.06 ID:BJlICf//O
1
781 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:18:49.37 ID:4zC+E/jPO
1
782 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:20:34.33 ID:ocxaR2YcO
2
783 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:32:03.04 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
784 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:32:49.17 ID:4zC+E/jPO
785 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:36:40.23 ID:VfKkopdh0
コンマ17
体育館

俺「何言ってんだ?何で離す必要が…」

霧切「死ぬわよ!?」

俺「えっ────」

俺(いや、まさかそんな事がある訳…)

モノクマ「」ピ-!!

俺「うん?」

霧切「…!」

モノクマ「」ドガ-ン!!

俺「…えっ?」グシャッ!!

俺(俺は霧切さんの言葉に咄嗟に反応できなかった結果…)

俺身体「」ブシャアッ

俺「」ヒュ-ン...

俺(あ……れ?なん…d?…)ドサッ

俺「」ドクドク...

舞園「きゃあぁぁぁっ!?」



──状況を理解していなかった俺は、見せしめに殺された…
786 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:37:22.94 ID:VfKkopdh0
最初から始めます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
787 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/12/24(木) 15:37:47.86 ID:4zC+E/jPO
2
788 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:38:06.13 ID:weDYOP9RO
2
789 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:38:28.75 ID:8Vm2I47J0
無限ループって怖くね?
1
790 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:40:00.55 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
791 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:40:31.18 ID:JZdr1++X0
2
792 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:40:50.46 ID:jKYyApB+O
2
793 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:43:15.31 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は何か頻繁に幸運な事が起きるんだよな)

俺(常に幸運が起きたら良いのに)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(ゾロ目発生時は全て99に変換)
794 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:43:46.69 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
795 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:44:56.82 ID:JZdr1++X0
ほい
796 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:46:40.34 ID:VfKkopdh0
コンマ82
体育館

俺(実は俺は超高校級のアイドルでもある舞園さんとは同じ中学だった)

俺(一つの中学から超高校級が二人も出て、更に同い年で同じ高校に入学だなんて普通ならフラグか何かなんだろうが…)

俺(彼女は中学の頃から人気者で、方や俺は希望ヶ峰学園から抽選で選ばれただけの只の幸運…)

俺(……本当に中学が同じってだけで、彼女とは中学時代に一度も話した事なんか無いし)

俺(…俺の事なんて同じ中学に居たなんて覚えてすらいないんだろうな)

舞園「俺君ですよね。覚えていますよ」ニコッ

俺「えっ…!?///」ドキ-ンッ

舞園「良かった。知ってる人が居て///」

俺「い、いやでも話した事とか無かったし…」

舞園「3年間も一緒だったんですから、覚えてるに決まってるじゃないですか」ニコッ

俺(ええ…嘘だろ?舞園さんのような人気者が目立つ事の無かった俺を覚えてただなんて…)

舞園「えー。そんなに冷たい人間だと思われてたんですか?ショックですぅ…」

俺「え?あ、あれ?口に出てた!?違う違う!嬉しかったって言うか…その…」

舞園「うふふ。冗談ですよ///」ニコッ

俺「ええ….冗談かよ///」

俺(…彼女が超高校級のアイドルと呼ばれてる理由が何となく分かった気がする)

俺(こうしてちゃんてま話したのは初だけど、めちゃくちゃ可愛い…)

舞園「うふふ///」

俺(超高校級のアイドルの名は伊達じゃないな)


舞園の好感度が4に上がった
797 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:47:13.55 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット(645まで)
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
798 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:48:39.53 ID:ZvnPo9T60
1
799 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:49:14.70 ID:JZdr1++X0
2
800 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:49:26.57 ID:soVTzSTmO
2
801 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:51:50.99 ID:VfKkopdh0
体育館

俺(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)

俺「皆んな!とりあえずここは手分けして出口を探して「「殺し合いをしろだぁ!?」」

俺「あっ…お、大和田君…」

大和田「テメェの悪ふざけは度が過ぎんぞ!!」ズンッ

モノクマ「悪ふざけ?それって君の髪型の事?」

大和田「ンだとクソがぁっ!?」モノクマ「」ガシッ

俺(げっ…。流石超高校級の暴走族…。モノクマって奴を捕まえた…)

大和田「ラジコンだか縫いぐるみだか知らねーがバッキバキに捻り潰してやんよ!」グッ

モノクマ「わー!学園長への暴力は拘束違反だよー!!」

モノクマ目「」ピコ-ンピコ-ンピコ-ン

俺「…うん?」

大和田「んだよ。この音…」

霧切「あっ…」

モノクマ「」ピキ-ンピキ-ン!!

霧切「危ない!!投げて!!」

大和田「…あん?」

霧切「いいから早く!!」

大和田「チィッ!!」ポイッヒュ-ン..

モノクマ「」ピインピインピインッ!!

モノクマ「」ドガ-ン!!

大和田「なっ…!?」

他の生徒達「」ビクッ!

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」

霧切「……。」

俺(あのモノクマって奴が爆発したのも驚いたが…)

俺(…あの霧切って子、一瞬でさっきの中身を爆弾だと見抜いたのか?…凄い洞察力だ)

俺(いったいどんな才能の持ち主なんだろう…)
802 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:52:18.13 ID:VfKkopdh0
体育館

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

大和田「て、テメェ!」

俺(また出てきた…。つまりコイツは幾らでも代えがあると言う事か…)

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…次からは殺すと言う事か?」

モノクマ「運が悪いと死んじゃうかもね。うぷぷぷぷ」

俺「くっ…」

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」



『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』


俺「生徒手帳…?」
803 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:52:56.13 ID:VfKkopdh0
体育館

葉隠の電子手帳「」ピコ-ン

葉隠「かっけーなこの電子手帳。アリかもしれん」

俺「…。」

俺の電子手帳「」ピコ-ン

俺(俺…超高校級の幸運。身長、体重…)

俺(いつの間に個人情報を盗まれたんだ?…)



大神「はー…フン!」ブウンッ

鉄のシャッター「」バシッ

大神「我の力でも無理だ…」

大和田「こっちもだ」スタスタ

俺「体育館には脱出口は無しか…」

石丸「諸君!希望を捨てちゃダメだ!きっと何処かに脱出できる糸口がある筈だ!」

朝日奈「うん!ここでクヨクヨしていても、何も解決しないもんね!」

大神「…そうだな」

桑田「しゃーねえ、皆んな探索すっぞ」

俺「うん。ここは手分けして出口を捜索するのが一番良いと思う」

十神「オレは一人で行くぞ」

俺「えっ…?と、十神…君?…」

江ノ島「どーしてよ!?」

十神「この中には既に他人を殺そうと目論んでる奴が居るかもしれんからな」スタスタ

舞園「そんな事…」

十神「無いとは言い切れん筈だ」スタスタ

舞園「…。」

俺(…確かに、可能性はゼロでは無いだろうけど)
804 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:53:30.48 ID:VfKkopdh0
体育館

十神「……。」スタスタ

俺(超高校級の御曹司って、協調性とか無いんだ…」

俺「あ…」

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

俺(また大和田君が…)

十神「どけよプランクトン」

大和田「…あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「……。」

俺(何をやってるんだあの二人は…)

舞園「あ…」


1こんな時に争ってる場合じゃないだろ?(勇気のある俺が止めに入った)
2こんな時に俺達で争うなんて馬鹿すぎるだろ…。あいつら…(馬鹿にしながら傍観した)
3……こわ。…触らぬ神に祟り無し。…俺はああ言うのに関わりたく無い(臆病な俺は、怯えながらそそくさと舞園の背後に隠れた)


多数決下3まで
805 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:53:51.48 ID:JZdr1++X0
1
806 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:54:04.17 ID:D63V1sEnO
1
807 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 15:55:41.93 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「仕方ないな…」スタスタ

舞園「お、えっと…やめた方が…」

俺「大丈夫さ。俺なら」 スタスタ

舞園「えっ…?」

俺「二人とも、こんな時に争ってる場合じゃないだろ?」

十神「…うん?」チラッ

俺「落ちつけ大和田君。その手を引っ込めろ。今は先ず、全員で協力する事が大事なんだよ」

大和田「あ…?」

舞園(臆する事無くあ、あの人達の間に堂々と…。凄い勇気…俺君…)ゴクッ

大和田「お前、今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「言ったが?」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「頭に血が上り過ぎだ。少しは落ち着いて話を──」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

大和田拳「」ビュオンッ!

俺「…!」

舞園「キャアッ!?」



コンマ下二桁
00俺「北斗神拳は無敵だ」
71以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
11〜70見掛け倒しだった俺は殴られて見事に吹っ飛び、見事に気絶した…(舞園好感度5に上昇)
10以下スペランカー俺、殴られたショックで…


安価下
808 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 15:57:49.51 ID:JZdr1++X0
せい
809 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:00:19.86 ID:VfKkopdh0
コンマ51
体育館

ブウンッ!!

俺「ごはっ!?」ドガッ!

舞園「キャアッ!?」

俺(…実は喧嘩もマトモにした事無かった俺は、顔面を殴られてまるで芸術的なかのように宙を舞った)

俺(そして……)

俺「」ドサッ



───俺の視界は暗転した…
810 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:02:05.94 ID:VfKkopdh0
報告会まで同じなのでカット
──俺個室

ベッド「」

俺「はぁ……」ボフッ

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中、外出禁止は構わないが皆んなもちゃんと納得してるのかな…?」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺「カメラの下で寝るとか何か嫌な感じだな…」

俺(俺達、超高校級の人間と一斉に連絡が取れなくなったんだし、警察とか動いてないのかな…?)

俺「……。」

俺「…いつまでここに居れば良いんだろ?」


セレス『簡単ですわ。適応すれば良いのです』


俺「……。」

俺「俺はあの人みたいにそう簡単に割り切って適応なんかできる気がしない…」

俺「はぁ…。明日はどうしようかな…」



1舞園さんが俺の助手になってくれるみたいだし、一緒に学園を捜索してみるか
2明日は折角だし誰かに話しかけてみるか



多数決下3まで
811 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:04:52.03 ID:JZdr1++X0
1
812 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:05:03.30 ID:RHyrkbNXO
1
813 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:05:13.13 ID:6urwbclkO
1
814 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:06:43.23 ID:VfKkopdh0
──翌日
廊下

俺「舞園さん。今日は時間ある?」

舞園「え?どうしたんですか?」

俺「いや、学園を捜索するから良かったら一緒に手伝って欲しいんだけど…?」

舞園「勿論手伝いますよ!」ズイッ

俺「わっ!?///」

俺(ち、近っ…超高校級のアイドルの顔が近い…///)

舞園「私は俺君の助手ですからね。そう言う事なら遠慮せず、何でもさせて下さい」ニコッ

俺「あ、ああ…。ありがとう///」

舞園「うふふ///」

俺「……///」

俺(…守りたい。この笑顔)

俺「えっと…それじゃあ先ずは体育館の方から…」スッ

舞園「分かりました。行きましょう!」コクッ

俺(舞園さん、可愛いし優しいし気が効くしこんな子を助手にできた俺…今最高の人生を送れてるな)スタスタ

舞園「うふふ///」スタスタ

俺「……。」フルフル

俺(…いやいや、でも浮かれてばかりいちゃダメだ。ちゃんと捜索も真面目にやらないと)


コンマ下二桁
91以上捜索中に幸運が発動してラッキースケベな起きた(舞園好感度7に上昇)
41〜90ゴミ箱から何か変なメダルを見つけた
40以下残念ながら特に何も見つからなかった

安価下
815 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:07:58.53 ID:JZdr1++X0
そい
816 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:27:45.84 ID:VfKkopdh0
コンマ53
廊下

俺「これだけ探し回って、出られるような場所は無しか…」

舞園「でも途中で出てきたこれ…」

モノクマメダル「」

俺「食堂のゴミ箱の中にあった奴か。何に使うんだ?こんな硬貨見た事無いけど…」

舞園「うーん…あ、もしかしたらアレじゃないですか?」

俺「アレ?」

舞園「購買部にあったガチャガチャですよ!」

俺「ああ、確かになんかあったな。お金も無いのにどうやって回せば良いのか分からなかったけど…」

俺「じゃあ試してみよう」

舞園「あ…私はそろそろ夕飯当番の日なので…」

俺「ああ、そっか。じゃあ俺が代わりに回してくるよ」

舞園「はい。超高校級の俺君が回せばきっと凄い物が出てきますよ」ニコッ

俺「はは…だといいけど」



購買部

俺「これだな…」

モノモノマシーン「」

俺「ふむ…」チャリン

俺(お、入った)

俺「何が出てくるんだろ…」グッ

モノモノマシーン「」ガチャコンッ

俺「お、出てきた」ワクワク


コンマ下二桁
00タイムマシンが出てきた
99まさかの脱出スイッチが出てきた(脱出END)
81以上イン・ビトロ・ローズが出てきた
71〜80レーションが出てきた
21〜60男のロマンが出てきた
20以下動くこけしが出てきた…

安価下
817 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:31:42.05 ID:8Vm2I47J0
なんか
818 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:31:57.71 ID:JZdr1++X0
はい
819 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:33:37.59 ID:Odc0AnkXO
山田に渡せ
820 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:38:37.27 ID:ZvnPo9T60
レーション判定狭すぎて草
821 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:44:52.89 ID:VfKkopdh0
コンマ05
購買部

俺「……。」

動くこけし「」ブイ-ン

俺「…何だこのおもちゃ?要らねー」

俺「はぁ…俺は使わないし、他に使いそうな人も居なさそうだしとりあえず舞園さんにあげるか」



───その夜、舞園さんに動くこけしを渡してみたが何故かドン引きされた



舞園の好感度が4に下がった
822 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 16:52:25.12 ID:VfKkopdh0
俺個室

俺(俺達は昨日、1日中頑張って出入り口を探したが見つからなかった)

俺(そして翌日…)

インターホン「」ピンポン

俺「ん?誰だ?」スタスタ

扉「」ガチャッ

舞園「俺君」

俺「舞園さん?どうしたんだ?」

舞園「今日は捜索しないんですか…?」

俺「うーん…」

俺(…正直、俺達だけじゃなく皆んなもこれだけ探して出る方法は愚か何も見つからないなら本当に出入り口は無いんじゃないかって思えて来てるんだよな)

舞園「……。」

舞園「…あの、それじゃあ今日お暇でしたらちょっとある物を探しに手伝ってくれませんか?」

俺「え?」

舞園「ダメ…ですか?…」



1良いけど、ある物って何?
2…めんどいからヤダ


多数決下3まで
823 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:56:02.84 ID:JZdr1++X0
1
824 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 16:56:34.36 ID:o8DL85Y9O
1
825 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:03:49.96 ID:Q7y+SCe5O
1
826 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:04:56.15 ID:VfKkopdh0
俺個室前

俺「良いけどある物って何?」

舞園「えっと…」


体育館前

俺「これとか良いんじゃない?」

舞園「これ…ですか?…」

金箔の付いた模造刀「」

俺(俺は舞園さんに頼まれ、彼女の身を守る為の護身用となるような物を一緒に探しに来ていた)

俺(俺は殺人なんか起きないと信じてるが、彼女は女の子だし超高校級のアイドルだし…まぁ怖くても仕方ないよな…)

俺(それにあのモノクマとか言うのを操ってる奴が俺達に何かをしてくるとは限らないし…)

俺「よっと…」ガシッ

金箔の模造刀「」ベチャッ

俺(ん?何か付いたような…?…)スッ

俺手の平「金箔「」」

俺「ゲッ…金箔が手にベッタリだ…」

舞園「大丈夫ですか?…」

俺「ああ…。でもこれじゃ舞園さんの護身用にはならないかな…」

俺「手にする度にこんななってたら使い勝手悪いし…」

舞園「あ、じゃあ俺君が持って帰ってみればどうですか?」

俺「えっ?俺が?」

舞園「はい。部屋のインテリアにでもして下さい」ニコッ

俺「う、うーん…まぁ舞園さんがそう言うなら…」

金箔の模造刀「」

舞園「…でもこれ以外には…他に護身用になりそうな物はありませんね」

俺「ああ…」


1大丈夫。何かあったら俺が舞園さんを守ってみせるから
2そんなに心配しなくても大丈夫だと思う。きっと直ぐに助けは来るからさ
3…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?


多数決下3まで
827 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:05:28.95 ID:aMH0cNT+O
3でヤろう
828 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:05:56.46 ID:m88X3sGTO
3
829 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:09:31.15 ID:VfKkopdh0
体育館前ホール

俺「…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?」

舞園「…え?」

俺「それなら大丈夫だと思うんだけど」

舞園「え…で、でもそれって…」ビクッ

俺「舞園さんが良かったらだけどさ」

舞園「……。」

舞園「…本気…ですか?」

俺「勿論」

舞園「……。」


舞園好感度4
コンマ下二桁
31以上断られた挙げ句こんな時にデリカシーの無い男だと軽蔑されてしまった(舞園好感度-2)
30以下身体目的だと認識されてしまい…

安価下
830 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:11:35.39 ID:hVrWr/FzO
はい
831 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:15:52.56 ID:VfKkopdh0
コンマ39
体育館前ホール

舞園「俺君…」

俺「…うん?」

舞園「…俺君がそんな人だとは思いませんでした」ニコッ

俺「えっ…?」

舞園「すみませんが助手になる件は無かった事にして下さい」

俺「あ…ま、舞園さん?…」

舞園「さよなら」

扉「」バタンッ

俺「……。」

俺(…え?な、何でこうなった…?)

俺「意味が分からん…。女子ってこわ…」


舞園の好感度が2に下がった
832 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:20:39.95 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット
視聴覚室

俺「な、なんだ…!?これ…」ドクンッドクンッ...

俺「こんな事……。こんな事、ある筈が…」ブルブル...

周りの生徒達『』ビクビク...

俺「か、確認しに行かないと…!今直ぐに…」ゴクリッ...

舞園「いやあぁぁぁっ!?」ガタンッ!

俺「えっ?…」チラッ

俺(…パニックになっていた俺の頭を我に返させたのは、同じく俺の隣でDVDを見ていた舞園さんの叫び声だった)

俺「ま、舞園…さん?…」

舞園「殺すとか殺されるとか…いったい何なの…?もうこんなの耐えられない…」ビクビク...

俺「ぁ……」

霧切「…貴方の目的は何?こんな事をして、私達にいったい何をやらせたいの?」 ガタッ

モニター「」 パッ

モノクマ『目的?目的だって?それはね…絶望』

舞園「いやあぁぁっ!」ダッ 

扉「」ガラッ  

俺「舞園さん!?」

俺(怯えきった彼女は出て行ってしまった…)

俺(直ぐに追った方が良いんだろうが…俺ってば嫌われてさよならって言われたんだよな…)

俺「……。」


1…と言うかあんなヒステリック女もうどうでも良いや。放置しよう
2嫌われたからどうした!こんな時に仲間を放ってはおけない!


多数決下3まで
833 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:20:48.76 ID:hVrWr/FzO
真面目に何を目指してるかよくわからん
834 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:21:26.57 ID:hVrWr/FzO
2
835 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:21:53.09 ID:p5yim/SYO
2
836 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:25:51.97 ID:VfKkopdh0
廊下

俺「くっ…!」タッタッタッ

俺(嫌われたからどうした!?こんな時に仲間を放っておけない!)ガシッ

舞園「うっ…」タッタッタッ

俺「舞園さん!待って!」ガシッ

舞園「いやあっ!離して!」グッ

俺「落ち着くんだ舞園さん!皆んなで協力すれば、必ず出られるから!」

舞園「嘘っ!」

俺「あの映像は全てモノクマの作った偽物の映像だ!! 」

舞園「!?」

俺(俺の言った言葉は、舞園さんにじゃなく自分自身にそう言い聞かせたかった言葉だったかもしれない…)

俺(あんな映像、偽物に決まってる……)

俺「…仮にあの映像が本当だとしても、外の世界は大騒ぎになってる筈だ。ここにだって直ぐに助けが来る!」

舞園「助けなんか、来ないじゃないっ!!」

俺「ッ…!?」ビクッ

俺「助けが来なかったとしても…俺が君をここから出してみせるから!!」グッ

舞園「…!」

俺「どんな事をしても絶対に…絶対に外へ出してみせるから、今は俺を信じてくれ!!」

舞園「うっ……」ウルッ...

俺(あ…)ガシッ

舞園「うあぁぁぁっ…あぁぁぁぁぁぁ…」ポロポロ...

俺「……。」

俺(舞園さんが見たDVDにも俺と似たようは物が映ってたんだろうか…)

舞園「ぅぁぁぁぁっ…」ポロポロ

俺(偽物に決まってる…。あんなの……)グッ

周りの生徒達「「「…。」」」


視聴覚室

霧切「……。」

セレス「…。」

十神「…。」

モノクマ『うふふふ。あっはっはっはっ、あーはっはっはっ』



舞園の好感度が3に上がった
837 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:28:05.53 ID:VfKkopdh0
寄宿舎前

舞園「あの…。さっきはすみません…俺君」

俺「あ、いや…。さっきのDVDの事ならあんまり気にしない方が良いよ…。俺も忘れるつもりだしさ…」

舞園「はい…」

俺「うん。とりあえず今日はゆっくり休んで」

舞園「そうさせて貰います…それではおやすみなさい…」ペコリ

俺「おやすみ」

舞園個室扉「」ガチャッ

俺「…。」

俺「はぁ…。俺も今日はさっさとシャワーでも浴びてもう休むか…」スッ


俺個室

俺「…うん?」

俺シャワールーム扉「」ガチャガチャッ

俺(あれ?開かない?…)

俺「開かない…。何故だ?鍵は女子の部屋にしか無かった筈なのに…」ガチャガチャ

モノクマ「ダメダメ」

俺「おわっ!?も、モノクマ!?」

モノクマ「この部屋のシャワールームの扉は建て付けが悪いから上に持ち上げたまま開くんだよ」グッ

扉「」ガチャッ

俺「あっ…開いた…」

モノクマ「うぷぷぷぷ。それにしても笑っちゃうよね」

俺「何が…」

モノクマ「だって、俺君は超高校級の幸運としてこの学園に来たのに俺君の部屋の扉だけ建て付けが悪いとか」

モノクマ「笑えない。あっはっはっはっ」

俺「……。」

モノクマ「あー、それにしても僕。わざわざ教えに来てあげるなんて良い事したなぁ〜」スタスタ

モノクマ「それじゃあ、ちゃんと部屋の鍵は閉めて寝るんだよ」

入り口扉「」バタンッ

俺「……。」

俺「……はぁ…こんな事になって、いったいどうしろって言うんだ」

ピンポ-ン

俺「うん?誰?…」スタスタ


舞園好感度3
コンマ下二桁
71以上扉の前には震えた舞園が立っていた
70以下扉の前には様子のおかしい舞園が立っていた


安価下
838 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:31:35.71 ID:p5yim/SYO
はーい
839 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 17:36:26.33 ID:VfKkopdh0
コンマ71
俺個室

俺(部屋の前には何かに怯えた舞園さんの姿があった)

舞園「……。」ブルブル...

俺「え、えっと…どうしたんだいったい?」

舞園「ちょっと…変な事があって…」

俺「変な事…?」

舞園「さっき急に、私の部屋のドアがガタガタと鳴って…誰かがドアを開けようとしてるみたいでした…」

俺「も、モノクマじゃない?さっき俺の部屋にも来たし…」

舞園「…ドアを開けて確認してみたんですけど…誰も居ませんでした」

俺「モノクマじゃないとしたら…誰だろう?…」

舞園「……。」

俺「あっ、でも夜時間は外出を禁止されてるから大丈夫だよ」

舞園「でも、只の口約束ですよね?…もし、約束を破るような人がいれば?…」

俺「それは……」

俺「……。」

舞園「……。」ブルブル...

俺「じゃ、じゃあ今晩だけ──」

舞園「…え?」

俺「……。」

俺(……いや、ダメだ。俺の部屋で寝る?って聞いて昨日気まずくなったんだった)

俺「ううん…。何でもない…」フルフル

舞園「あの…もし俺君さえ良ければ、一晩だけ部屋を交換してくれませんか?…」

俺「部屋の交換?」

舞園「はい…」

俺(うーん…)


1うん。いいよ舞園さんがそれで安心して寝られるなら
2いや、やっぱり舞園さん俺の部屋で寝なよ。俺は……シャワールームで寝るからさ…


多数決下3まで
840 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:40:10.56 ID:Qu3QCa8DO
1
841 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 17:40:55.69 ID:p5yim/SYO
1
842 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 18:23:40.23 ID:VfKkopdh0
俺個室

俺「うん。いいよ舞園さんがそれで安心して寝られるなら」

舞園「すみません…」

俺「ああ、そうだ。このシャワールームの扉だけど、何か建て付けが悪いらしくてこうして持ち上げながらじゃないと開かないらしいから」

舞園「コツがいるんですね」

俺「うん。それじゃ、誰か来ても絶対に扉を開けて寝ちゃだめだよ?」

舞園「俺君だと分かっても絶対に開けませんよ。そうじゃないと部屋を交換した意味がありませんからね」

俺「うん。それじゃおやすみ」

舞園「おやすみなさい…」

扉「」バタンッ



舞園個室

俺「ここが舞園さんが寝てる部屋か…」

ベッド「」ボフッ

俺「……。」

俺「舞園さんを狙うなんていったい誰なんだろう…」

俺「とりあえず俺と部屋を交換したから、一先ずこれで大丈夫だろうな…」

俺「はぁ…今日は疲れたし寝よ…」ゴロン...

俺「ZZZ…」
843 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 20:17:15.09 ID:FubhuxRv0
こごまできて元のルートに戻るのか
桑田コンマで良かったと思うが
844 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 20:21:32.23 ID:nxfJEJbuO
そもそも前のと好感度違うから同じ展開にならんでしょ
845 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 20:38:10.61 ID:VfKkopdh0
──翌日
食堂

俺「おはよう」スタスタ

朝日奈「おはよう俺」

石丸「おはよう俺君!」

不二咲「おはよう」

大神「うむ…」

俺(朝食会の集合時間である8時より前には来ている朝日奈さん、大神さん、石丸君、不二咲君の4人は規則正しい高校生に分類される面々だ)

大和田「うぃーす」スタスタ

山田「何やら良い匂いがしますなぁ」スタスタ

江ノ島「ごめーん。メイクに時間かかっちゃった」スタスタ

俺(そして、多少ルーズな時間感覚の面々…大半の高校生がこの分類に入るだろう)

俺(後一人。舞園さんだけはいつも江ノ島さん達よりは早く来てるしっかり者の筈なんだが…)

俺「……。」

俺(…何でだ?現れない)

俺(妙な胸騒ぎが……いや、昨日は色々あったから中々寝付けなかっただけだよな…きっと…)

大神「江ノ島盾子よ…」

江ノ島「何よ?」

大神「失礼だが、雑誌で見る時と少し印象が違うようだが…」

俺(…俺も失礼だが、大神さんも女性誌とか見るんだ)

江ノ島「あっははは。アレは雑誌用に盛ってるんだって」

江ノ島「画像編集ソフト知ってんでしょう?」

大神「何と…」

江ノ島「それくらいで驚かないでよ〜。軽く凹むんですけど〜」

俺(超高校級のギャルなのに画像編集ソフト使って細工してるとか有りなのか…)

俺(只の幸運でしかない俺も人の事言えないが…)
846 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:08:43.91 ID:VfKkopdh0
食堂

俺(そして俺達が揃ってから間を置いて現れるのが…)

霧切「おはよう…」スタスタ

セレス「おはよう御座います」スタスタ

腐川「な、何よ…。遅れたって誰もあたしの事なんて気にかけて無いんだし良いじゃない…」

桑田「ふあぁ…未だ眠ぃよ…」

葉隠「ふあぁ…寝坊じゃねーって。道に迷っただけだべ」

葉隠「実際、バミューダトライアングルの仕業だべ」スタスタ

俺(……時間は愚か、他人の事すら気にしないマイペースな連中だ)

石丸「うむ…未だ全員揃って無いな」

朝日奈「未だ舞園ちゃんと十神が来て無いね?」

俺「舞園さん…」

俺(幾ら何でもおかしい…。しっかり者の彼女がこんなに遅刻するなんて…)

十神「…。」スタスタ

大和田「おう十神、おめぇ舞園を知らねえか?」

十神「オレが知る訳無いだろう。今自分の部屋から歩いてきたところだ」ガタッ

俺「ま、未だ寝てるのかも…俺がちょっと確認してくるよ」タッ

俺(昨日の事もあったので、変な胸騒ぎがしていた俺は食堂を飛び出して自分の個室へと駆け出した)
847 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:16:13.84 ID:VfKkopdh0
俺個室前

俺「舞園さん!」ピンポンピンポン

俺「くっ!」ガチャッ

俺「!?」

俺(扉の鍵が開いてる!?)バッ

俺「舞園さん!?」



俺個室内

俺「なっ…!?」

激しく争ったような跡「」
切り刻まれた感じの壁「」

俺「な、なんだ…これ…」ドクンッ
 
俺(ベッドには舞園さんの姿は無い…。ならシャワールーム…?)チラッ

俺「あ…?」

ドアノブ「」ボロ

俺(シャワールームのドアノブも壊されてる…)

俺「ま、舞園さん…?」ドクンッドクンッ...

シャワールーム扉「」ギイッ

俺「あ────」ドクンッ!

俺(こう言う時…ギャグ漫画でよくあるシーンのように只、シャワーを浴びていてキャーエッチ!な展開ならどれだけ良かったか…)

俺(だが、俺の前にあったのは……)

舞園「包丁「」」ドクドク...

俺「う…うわァァァッ!?!?」

俺(…シャワールームの壁に持たれかかって血を流して死んでいる舞園さんの姿があった)
848 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:26:03.08 ID:VfKkopdh0
俺個室
シャワールーム

俺「ま、舞園さん…冗談だろ?…」スッ

舞園「」ドクドク...

俺「うっ……」

俺(初めて見る人の死体に吐き気が込み上げてくる…)

俺「はぁ…。はぁ…」ゴクリッ

俺(いや、びびっている場合じゃない…。未だ彼女は生きている可能性がある…。直ぐにそれを確認…)

「…死んでいるわね」

俺「あ……」

霧切「……。」スッ

石丸「ば、馬鹿な…!?舞園君…」

桑田「マジ…かよ…」

朝日奈「嘘でしょ!?舞園ちゃん…」

俺(俺の悲鳴が聞こえたのか、いつの間にか俺の部屋に駆け付けてきていた他の生徒達が来ていた…)

モニター「」ブツッ

大和田「あ?こんな時に何だ?…」

モノクマ『ピンポンパンポ-ン!死体が発見されました。生き残りの生徒は至急体育館に集まって下さい。至急!至急!』ブツッ

石丸「こんな時に何を…!」

俺「ッ…」チラッ

舞園「」ドクドク...

俺「クソッ……どうして舞園さんがこんな事に…」ブウンッ

壁「」ドンッ

大神「……。」


849 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:30:49.60 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「モノクマ!お前が舞園さんを殺したんだろう!」

モノクマ「違うよ。僕はそんな事しないよ。それだけは信じて」

俺「信じられる訳無いだろ!!」

モノクマ「あのねえ、僕はこの学園生活の趣旨に反するような事は決してしません!」

モノクマ「僕ってクマ一番ルールには煩いってサファリパークでも有名だったんだから」

不二咲「じゃあ他に…誰が…」

モノクマ「分かってる癖に。舞園さやかを殺したのはオマエラの中の誰かじゃん!」

俺「なっ…!?」

周りの生徒達「「「えっ…」」」ザワッ...

俺「俺達の中の誰かだと?…」

モノクマ「オマエラの誰かが、卒業の為に舞園さんを殺しただけだよ。それがルールじゃん?悪い事じゃないよ」

不二咲「そんな…」

朝日奈「嘘だよ…」

モノクマ「いいや、殺したのはオマエラの中の誰かだよ。それは当の本人が一番知ってる筈だけどね」

俺(この中の誰かが舞園さんを殺した?そんなまさか…)キョロキョロ

石丸「正直に言うんだ。誰が舞園君を?」

腐川「は、犯人が居たとして…い、言う訳無いじゃ無い…」

セレス「まぁ、誰でも構いませんけど…」

山田「ぼぼぼ僕じゃありませんよ!?」

桑田「あ!?オレだってやってねーよ!」

葉隠「お、オレでもねーべ!」

十神「静かにしろ。俺達の中に舞園を殺した犯人が居るのだとしたら、そいつは卒業できるんだな?」

モノクマ「うぷぷぷぷ…ぶヒャヒャヒャ。そんなの大甘だよ。デビル甘だよ!地獄甘だよ!」

モノクマ「寧ろ、本番はこれからじゃん?」

俺「本番だって?…」

朝日奈「いったい何をやらされるの?…」

モノクマ「ではここで、卒業に関する捕捉ルールの説明を開始します!」

セレス「自分が殺人をおかしたクロだと他の生徒に知られてはいけない。その辺を言っておられるのでしょう?」

俺「校則の…6番目の…」

モノクマ「そう、他の生徒に知られないように殺さなければならないの」

セレス「完全犯罪を成立させろと言う事ですわね…」

モノクマ「それを査定する為に、殺人が起きた一定時間後に必ず"学級裁判"を開くこととします!」

俺「学級…裁判…?」
850 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:31:38.91 ID:VfKkopdh0
体育館

モノクマ「学級裁判では犯人、クロは誰かを議論して貰います」

モノクマ「そこでオマエラが導き出した答えが正解だった場合には、秩序を乱したクロだけがお仕置きとなります」

モノクマ「但し、もし間違った場合は逆に残ったシロ全員がお仕置きされてしまいます」

周りの生徒達「…。」ザワ...

モノクマ「それが学級裁判のルールなのです」

山田「あのー…ところでお仕置きとは…?」

モノクマ「あー、簡単に言えば処刑って所かな」

不二咲「え…処刑って何の事?…」ウルッ

モノクマ「処刑は処刑だよ。処刑。電気椅子でビリビリ、毒ガスでモクモク、竜巻なんちゃらで身体がバラバラになったりとかね」

周りの生徒達「…。」ザワ...

俺(こ、こいつ…本気で言ってるのか…?)

俺(もし間違えれば、ここに居る俺達全員も……)ゴクリッ

江ノ島「ちょっと!アンタの言ってる事無茶苦茶じゃない!?何が学級裁判よ!」

俺「江ノ島さん…?」チラッ

モノクマ「んあ?」
851 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:35:09.39 ID:VfKkopdh0
体育館

江ノ島「アタシそんなのに参加なんて嫌だからね。何でアタシらが犯人当てなんかしなきゃなんねーんだよ!」

モノクマ「そんな身勝手な」

江ノ島「身勝手なのはそっちだろ?殺し合いなんて勝手にやって。アタシは関係無い!」

モノクマ「め、目の前の悪の迫力に…しょ、正直ブルってるぜ」

モノクマ「だ、だけどなぁ僕は悪に屈するつもりは無い。最後まで戦うのがモノクマ流よ」シャキンッ

モノクマ「どうしても通りたければ、僕を倒してからにしろ!」テッテッテッテッ

江ノ島「ッ…!」スッ

江ノ島足「」クッ

俺「ぁっ…」

江ノ島ブーツ「モノクマ「ギュムッ!」」

江ノ島「はい。これで満足?」

モノクマ「そっちこそ!」

江ノ島「あ?」

モノクマ「学園長ことモノクマへの暴力を禁ずると言った筈だよね!?」プウンプウンプウン

モノクマ「助けてグングニールの槍!」

俺(彼女の間近くに居た俺は…)


1助けに入れば自分も巻き込まれかねないと思ったが、咄嗟に手を伸ばした
2…流石に身体が動かなかった


多数決下3まで
852 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 21:35:52.18 ID:Tf4qb3oz0
853 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 21:36:12.08 ID:nxfJEJbuO
1
854 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:44:00.89 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「ッ…!」バッ

俺(舞園さんのグロテスクな死体を目撃し…)

俺(そしてもうこれ以上、誰の死体も見たくないと思ったのか…)

俺手「」バッ

俺(助けに入れば自分も巻き込まれかねないとは思ったが…俺は咄嗟に彼女の背中に手を伸ばしていた)

グングニールの槍「」ヒュウウウン!!
江ノ島背中「」

俺手「」

俺(……ダメだ!間に合わない…!)

グングニールの槍「」ビュオオッ!!


江ノ島コミュ回数0回
コンマ下二桁
96以上間一発で江ノ島を抱えて横っ飛びをし、助け出した
86〜95江ノ島を突き飛ばした結果、俺の腕が貫かれた(捜査不可)
51〜85手を伸ばした…が、間に合わなかった
50以下江ノ島を無理矢理庇った結果、俺が身体を貫かれて死んでしまった…


安価下
855 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 21:46:55.26 ID:Tf4qb3oz0
死ゾ
856 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 21:47:34.49 ID:oGmD7w+A0
さらば
857 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 21:53:54.53 ID:VfKkopdh0
コンマ26
体育館

俺(いっけえぇぇっ!!)グッ

江ノ島「えっ──?」ドンッ

俺(よし、とどいt──)

グングニールの槍「」ビュオオオオッ

俺「あ──!!?」

ザシュザシュザシュザシュッ!!

江ノ島「うっ…」ドサッ

モノクマ「あーあ、お仕置きの邪魔なんかするから」

俺「あ、あ…れ?……」ドクドク...

俺身体「グングニールの槍「」」

江ノ島「え?……お、俺?…」

俺(あぁ…か、彼女を助けれたのに…)

俺「何で……俺……ガハッ…」ドバッ

俺「」ドサッ

俺「」ドクドク...


俺(…こうして、身体能力が高い訳でも無いのに無理をした結果…俺は江ノ島さんの代わりに死んでしまった)




俺死亡

858 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 21:57:20.73 ID:EoH4lug/0
先なかなか進まぬ
859 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:02:12.18 ID:VfKkopdh0
大して進んでも無いのでもう一度最初から始めます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
860 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:02:40.55 ID:Tf4qb3oz0
861 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:02:44.60 ID:KpLGp8zIO
1
862 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:02:50.34 ID:q2bCMYKPO
2
863 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:02:58.45 ID:0bSeYD5nO
1
864 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:05:05.18 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺(俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた)スッ

案内紙「おめでとうございます。貴方は抽選の結果、超高校級の幸運として選ばれました」

俺「……。」

俺「…つまり、俺はこの学園に入る実力なんて本来無かったが完全に運だけで選ばれたって訳だ」

俺「しかし、超高校級の幸運か…」

俺(俺の運って、なんか変な波があってダメな時は本当にダメなんだが…)


1……良い時は俺自身もビビるくらい滅茶苦茶良いんだよな。宝くじとか当たるし(77、88は00に変換。それ以外のゾロ目は本来よりパワーアップ)
2良い時は幸運な事が頻繁に起きたりするんだよな(ゾロ目発生時は全て99に変換。※お祭りモード)


多数決下3まで
865 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:05:15.69 ID:Tf4qb3oz0
866 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:05:16.56 ID:q2bCMYKPO
2
867 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:05:36.57 ID:m/kEWoHc0
邪魔したがる人がいるのがな
868 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:05:58.26 ID:VfKkopdh0
希望ヶ峰学園前

俺(……良い時は何か頻繁に幸運な事が起きるんだよな)

俺(常に幸運が起きたら良いのに)

俺「でもまさか…この学園の生徒に選ばれたりするのは予想して無かったな…」ブルッ...

俺「うう…。早速緊張して眩暈がして来た…」

俺(…いや、大丈夫だ。俺も今日から超高校級の幸運なんだ)

俺(堂々と胸を張って行こう!)シャキッ

グルグル...

俺「……ん?」

グルグルグル...

俺「あ、あれ?…眩暈じゃなくて…胸を、張って────、」クラッ

グルグルグルグル...

俺「あっ……」プツンッ

俺(あれ〜…?)ドサッ

俺「」




俺(この時の俺は、予想すらしていなかった…)

俺(俺がこの学園へ来たのは、超高校級の幸運では無く超高校級の不幸だったのだと…)

俺(これからこの希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)

俺(今の俺は理解していないのだった……)




俺→超高校級の幸運に(ゾロ目発生時は全て99に変換)
869 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:06:28.47 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

俺(この人達が俺と同期になる超高校級の……)ゴクリッ

頭がボンバーの男の子「あ、オメェも新入生か?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「では、ここに集められた我々15人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「君ぃ!8時集合と書いてあった筈だろう!?入学早々遅刻とはダメじゃ無いか!」

俺「ええ…」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(うっ…前情報である程度の人の事は知ってるが、皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「あ、あのさ。皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「…フン、何回目だ。その質問は」

俺「うぐ…」

俺(確かこの人は超高校級の御曹司の十神白夜って人だったか…?何か近寄り難いな…)

俺(だけど、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

不良っぽい男の子「チッ…なんなんだここは?まるでオレが居た鑑別所みてーなところだ」

俺(…あの人は超高校級の暴走族…確か大和田紋土だったな。怒らせるのは不味そうだ)チラッ

辺りを観察してる女の子「……。」

俺(あの子は知らない才能の子だな…?前情報でも聞いた事無い感じだし、どんな才能を持ってるんだろ?)

辺りを観察してる女の子「…何?」

俺「あ、いや…。なんでも…」フルフル

辺りを観察してる女の子「……。」

俺「はぁ……」スタスタ

俺(流石超高校級の才能を持った人達の集まり…。只の幸運の俺なんかじゃ近寄り難い雰囲気の人ばっかりだ…)

俺「うん?」

舞園「はぁ……」

俺(あっ、同じく輪から浮いてる女の子だ……うん?)

舞園「あ…」

俺(目が合った…と言うかあれ?あの子って、超高校級のアイドルの舞園さやかだよな?…)


コンマ下二桁
00実は俺は舞園さんとは…(選択肢へ)
41以上話した事は無いが、実は中学が同じだった(舞園好感度4スタート)
40以下生で見るのは初めてだ(舞園好感度2スタート)


安価下
870 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:06:53.52 ID:Tf4qb3oz0
871 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:08:10.47 ID:VfKkopdh0
コンマ52
体育館

俺(実は俺は超高校級のアイドルでもある舞園さんとは同じ中学だった)

俺(一つの中学から超高校級が二人も出て、更に同い年で同じ高校に入学だなんて普通ならフラグか何かなんだろうが…)

俺(彼女は中学の頃から人気者で、方や俺は希望ヶ峰学園から抽選で選ばれただけの只の幸運…)

俺(……本当に中学が同じってだけで、彼女とは中学時代に一度も話した事なんか無いし)

俺(…俺の事なんて同じ中学に居たなんて覚えてすらいないんだろうな)

舞園「俺君ですよね。覚えていますよ」ニコッ

俺「えっ…!?///」ドキ-ンッ

舞園「良かった。知ってる人が居て///」

俺「い、いやでも話した事とか無かったし…」

舞園「3年間も一緒だったんですから、覚えてるに決まってるじゃないですか」ニコッ

俺(ええ…嘘だろ?舞園さんのような人気者が目立つ事の無かった俺を覚えてただなんて…)

舞園「えー。そんなに冷たい人間だと思われてたんですか?ショックですぅ…」

俺「え?あ、あれ?口に出てた!?違う違う!嬉しかったって言うか…その…」

舞園「うふふ。冗談ですよ///」ニコッ

俺「ええ….冗談かよ///」

俺(…彼女が超高校級のアイドルと呼ばれてる理由が何となく分かった気がする)

俺(こうしてちゃんてま話したのは初だけど、めちゃくちゃ可愛い…)

舞園「うふふ///」

俺(超高校級のアイドルの名は伊達じゃないな)


舞園の好感度が4に上がった
872 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:09:01.31 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット(645まで)
体育館

セレス「…その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方って?えっ…?」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ〜」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする!」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(突然訳が分からないが、こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく冷静に状況の把握から始めよう)
3(……この中の誰かを殺せば、外へ出られるのか)


多数決下3まで
873 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:09:11.25 ID:Tf4qb3oz0
874 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:09:12.28 ID:q2bCMYKPO
1
875 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:09:19.52 ID:Tf4qb3oz0
876 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:15:19.96 ID:VfKkopdh0
体育館

俺「ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!」

モノクマ「残念だけど、学園長の命令は絶対だよ」

俺「だから、お前の命令をわざわざこっちが聞く必要が無いんだよ」ガシッ

舞園「あっ…」

モノクマ「わあっ!?学園長への暴力は校則違反だよーっ!!」ジタバタ

俺「はぁ?意味が分からん」

モノクマ「」

俺「とにかく、降ろして欲しかったら俺達をここから今すぐ解放しろ」

俺「あと携帯も返せ」

モノクマ「」

俺「あれ?何だこいつ…何も話さなくなった?」

モノクマ「」ピコン...ピコン...

俺「うん?何だこの音?」

モノクマ「」ピコンピコンピコン

俺「あれ?どんどん音が早くなってるような…?」

霧切「…!」ハッ

霧切「危ない!投げて!!」

俺「えっ…?」チラッ

モノクマ「」ピインピインピインピイン!!

霧切「いいから早く!!」



コンマ下二桁
41以上反射神経は良かった俺、霧切の言葉に咄嗟に反応してモノクマを放り投げた
40以下咄嗟に反応できなかった俺、見せしめに殺された…

安価下
877 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:15:52.86 ID:Tf4qb3oz0
死ゾ
878 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:16:11.07 ID:EoH4lug/0
トン
879 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:18:11.72 ID:VfKkopdh0
コンマ86
体育館

俺「う、うわああぁぁっ!?」ポイッ

モノクマ「」ヒュ-ン
モノクマ「」ドガ-ン

俺「はっ!?」

他の生徒達「」ビクッ! 」

大和田「爆発しやがった…」

俺「…。」ドクンツドクンッ...

俺(も、もし…間に合わなかったら俺の両腕は今頃…)ゴクリッ...

不二咲「あのぬいぐるみ死んだの?…」

『ぬいぐるみじゃなくて、モノクマ!』

モノクマ「じゃーん」ピョ-ン

俺「お前!?」ビクッ!

モノクマ「今のは警告だけで許すけど、今後拘束違反者を発見した場合。今みたいなグレートな体罰を発動しちゃうからね」

俺「…。」

俺(こいつはヤバイ……)

モノクマ「ではでは入学式はこれにて終了となります。豊かで陰惨な学園生活をどうぞ楽しんで下さいね」ウイ-ン...

周りの生徒達「…。」ビクビク

セレス「この中の誰かを殺せば、ここから出られると言う訳ですね」

石丸「そんな馬鹿げた話…!」

不二咲「ねぇ…嘘だよね?…」ウルウル...

十神「フン、嘘か本当かが問題ではない。オレ達の中に、その話を本気にする奴がいるかどうかだ」

俺「……。」

『あ、そうそう。そこの生徒手帳は一人一つずつ受け取っておいてね』

『校則の事とか色々書いてあるから、しっかり読んでおくように』

俺「うん?生徒手帳…?」スタスタ
880 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:18:50.32 ID:VfKkopdh0
同じなのでカット
体育館

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

十神「どけよプランクトン」

大和田「あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

俺「待ってくれ!今は俺達で喧嘩なんかしてる所なんかじゃ…」

大和田「あぁん?今綺麗事言ったな?」ギロッ

俺「うん?…」

大和田「俺に教えを説くっつーのか!?」

俺「べ、別に…。そ、そんなつもりじゃ…」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

俺「!?」

俺(な、殴られる…!?)


コンマ下二桁
81以上そこそこ喧嘩慣れしていた俺、見事に受け止めた(大和田好感度+2、不二咲好感度+1)
80以下俺は殴られて気絶した

安価下
881 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:20:37.18 ID:EoH4lug/0
アップ
882 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:20:54.42 ID:oGmD7w+A0
883 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:22:43.51 ID:VfKkopdh0
コンマ18(舞園好感度5に上昇)
報告会まで同じなのでカット
──俺個室

ベッド「」

俺「はぁ……」ボフッ

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中、外出禁止は構わないが皆んなもちゃんと納得してるのかな…?」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺「カメラの下で寝るとか何か嫌な感じだな…」

俺(俺達、超高校級の人間と一斉に連絡が取れなくなったんだし、警察とか動いてないのかな…?)

俺「……。」

俺「…いつまでここに居れば良いんだろ?」


セレス『簡単ですわ。適応すれば良いのです』


俺「……。」

俺「俺はあの人みたいにそう簡単に割り切って適応なんかできる気がしない…」

俺「はぁ…。明日はどうしようかな…」



1舞園さんが俺の助手になってくれるみたいだし、一緒に学園を捜索してみるか
2明日は折角だし誰かに話しかけてみるか



多数決下3まで
884 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:23:05.90 ID:Tf4qb3oz0
885 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:23:18.50 ID:q2bCMYKPO
1
886 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:24:12.84 ID:VfKkopdh0
──翌日
廊下

俺「舞園さん。今日は時間ある?」

舞園「え?どうしたんですか?」

俺「いや、学園を捜索するから良かったら一緒に手伝って欲しいんだけど…?」

舞園「勿論手伝いますよ!」ズイッ

俺「わっ!?///」

俺(ち、近っ…超高校級のアイドルの顔が近い…///)

舞園「私は俺君の助手ですからね。そう言う事なら遠慮せず、何でもさせて下さい」ニコッ

俺「あ、ああ…。ありがとう///」

舞園「うふふ///」

俺「……///」

俺(…守りたい。この笑顔)

俺「えっと…それじゃあ先ずは体育館の方から…」スッ

舞園「分かりました。行きましょう!」コクッ

俺(舞園さん、可愛いし優しいし気が効くしこんな子を助手にできた俺…今最高の人生を送れてるな)スタスタ

舞園「うふふ///」スタスタ

俺「……。」フルフル

俺(…いやいや、でも浮かれてばかりいちゃダメだ。ちゃんと捜索も真面目にやらないと)


コンマ下二桁
91以上捜索中に幸運が発動してラッキースケベな起きた(舞園好感度7に上昇)
41〜90ゴミ箱から何か変なメダルを見つけた
40以下残念ながら特に何も見つからなかった

安価下
887 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:24:34.50 ID:Tf4qb3oz0
1あ
888 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:25:36.05 ID:VfKkopdh0
コンマ53
廊下

俺「これだけ探し回って、出られるような場所は無しか…」

舞園「でも途中で出てきたこれ…」

モノクマメダル「」

俺「食堂のゴミ箱の中にあった奴か。何に使うんだ?こんな硬貨見た事無いけど…」

舞園「うーん…あ、もしかしたらアレじゃないですか?」

俺「アレ?」

舞園「購買部にあったガチャガチャですよ!」

俺「ああ、確かになんかあったな。お金も無いのにどうやって回せば良いのか分からなかったけど…」

俺「じゃあ試してみよう」

舞園「あ…私はそろそろ夕飯当番の日なので…」

俺「ああ、そっか。じゃあ俺が代わりに回してくるよ」

舞園「はい。超高校級の俺君が回せばきっと凄い物が出てきますよ」ニコッ

俺「はは…だといいけど」



購買部

俺「これだな…」

モノモノマシーン「」

俺「ふむ…」チャリン

俺(お、入った)

俺「何が出てくるんだろ…」グッ

モノモノマシーン「」ガチャコンッ

俺「お、出てきた」ワクワク


コンマ下二桁
00タイムマシンが出てきた
99まさかの脱出スイッチが出てきた(脱出END)
81以上イン・ビトロ・ローズが出てきた
71〜80レーションが出てきた
21〜60男のロマンが出てきた
20以下動くこけしが出てきた…(舞園好感度-1)

安価下
889 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:25:52.43 ID:Tf4qb3oz0
ほい
890 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:25:56.41 ID:F1tPSpw60
えいや
891 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:31:58.04 ID:VfKkopdh0
コンマ43
購買部

俺「なんだこれ…」

男のロマン「」

俺「これってアレだよな。銭湯とかでよく見かける…」

俺(でもこの学園にそんな施設無いし…)

俺「いや、今後解放されて行く可能性があるのか?」

俺「うーん…」

男のロマン「」

俺「まぁ今後大浴場みたいな場所を見つけたらこれを使ってみるか」

俺「とりあえずそれまでこれは部屋にでもキープしておくとしよう」
892 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 22:37:18.13 ID:VfKkopdh0
俺個室

俺(俺達は昨日、1日中頑張って出入り口を探したが見つからなかった)

俺(そして翌日…)

インターホン「」ピンポン

俺「ん?誰だ?」スタスタ

扉「」ガチャッ

舞園「俺君」

俺「舞園さん?どうしたんだ?」

舞園「今日は捜索しないんですか…?」

俺「うーん…」

俺(…正直、俺達だけじゃなく皆んなもこれだけ探して出る方法は愚か何も見つからないなら本当に出入り口は無いんじゃないかって思えて来てるんだよな)

舞園「……。」

舞園「…あの、それじゃあ今日お暇でしたらちょっとある物を探しに手伝ってくれませんか?」

俺「え?」

舞園「ダメ…ですか?…」



1良いけど、ある物って何?
2…めんどいからヤダ


多数決下3まで
893 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:37:49.26 ID:Tf4qb3oz0
894 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:37:59.29 ID:q2bCMYKPO
1
895 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:45:00.24 ID:stMEm/KoO
積極的にコンマ系行ってるが全くゾロ目でないな
896 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 22:47:23.24 ID:8Vm2I47J0
まあそんなもんよ
897 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/24(木) 23:55:14.20 ID:VfKkopdh0
俺個室前

俺「良いけどある物って何?」

舞園「えっと…」


体育館前

俺「これとか良いんじゃない?」

舞園「これ…ですか?…」

金箔の付いた模造刀「」

俺(俺は舞園さんに頼まれ、彼女の身を守る為の護身用となるような物を一緒に探しに来ていた)

俺(俺は殺人なんか起きないと信じてるが、彼女は女の子だし超高校級のアイドルだし…まぁ怖くても仕方ないよな…)

俺(それにあのモノクマとか言うのを操ってる奴が俺達に何かをしてくるとは限らないし…)

俺「よっと…」ガシッ

金箔の模造刀「」ベチャッ

俺(ん?何か付いたような…?…)スッ

俺手の平「金箔「」」

俺「ゲッ…金箔が手にベッタリだ…」

舞園「大丈夫ですか?…」

俺「ああ…。でもこれじゃ舞園さんの護身用にはならないかな…」

俺「手にする度にこんななってたら使い勝手悪いし…」

舞園「あ、じゃあ俺君が持って帰ってみればどうですか?」

俺「えっ?俺が?」

舞園「はい。部屋のインテリアにでもして下さい」ニコッ

俺「う、うーん…まぁ舞園さんがそう言うなら…」

金箔の模造刀「」

舞園「…でもこれ以外には…他に護身用になりそうな物はありませんね」

俺「ああ…」


1大丈夫。何かあったら俺が舞園さんを守ってみせるから
2そんなに心配しなくても大丈夫だと思う。きっと直ぐに助けは来るからさ
3…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?


多数決下3まで
898 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 23:56:17.72 ID:+BUA/zEUO
3
899 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/24(木) 23:56:45.37 ID:FMti7R6UO
3
900 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:02:44.93 ID:ExyIQsib0
3
901 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 00:05:03.66 ID:3MWMbJx10
体育館前ホール

俺「…そんなに怖いのならこれからは俺の部屋で一緒に寝る?」

舞園「…え?」

俺「それなら大丈夫だと思うんだけど」

舞園「え…で、でもそれって…」ビクッ

俺「舞園さんが良かったらだけどさ」

舞園「……。」

舞園「…本気…ですか?」

俺「勿論」

舞園「……。」


舞園好感度4
コンマ下二桁
31以上断られた挙げ句こんな時にデリカシーの無い男だと軽蔑されてしまった(舞園好感度-2)
30以下身体目的だと認識されてしまい…

安価下
902 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:07:08.05 ID:5YoDc2R70
903 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:07:43.65 ID:3HE6PqDk0
狙い通りじゃん
904 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 00:20:36.81 ID:3MWMbJx10
コンマ05
体育館ホール

舞園「……。」ニコニコ

俺「どうかな?」

舞園「……。」

俺(…あれ?)

舞園「…そうですね。考えておきます」ニコニコ

俺「う、うん…」

俺(…何だったんだ?変な間があったからびっくりしたが…気の所為だったか)


──だが、俺の不穏は後日確信に変わる…



俺個室

俺「ま…舞園……さ…」

舞園「死んで!死んで下さい!!私の為に!」ブウンッ

包丁「」ザシュッ!

俺「ぐふっ!?」ブシャッ

舞園「俺君言いましたよね!?どんな事をしても、私をここから出してくれるって!」

舞園「だったら…私の為に死んで下さい!!」ブウンッ

俺腹「」ブシュッ!

俺「かはっ…」ドクドク...

俺「」ドクドク...

舞園「うっ…うぅっ…ごめんなさい…。ヒック...ごめんなさい…」ポロポロ...

俺(…舞園さんの気持ちに何も気付いてあげられなかったから…これが俺の末路…か…)フッ...

俺手「」ポトッ

舞園「うぅっ…何でこんな事に…。あぁぁぁっ…」ポロポロ

俺「」ドクドク...



──俺は動機を見て焦った舞園さんにターゲットにされ、隠し持っていた包丁でまんまと殺されてしまうのだった…



俺死亡
905 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:25:35.94 ID:ExyIQsib0
また振り出しに
906 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 00:53:34.95 ID:UOwFMlUI0
気絶させられたらさくらコンマも出来ないわけだ
907 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 01:30:18.62 ID:3MWMbJx10
大して進んでも無いのでもう一度最初から始めます

──その巨大な学園は、都会のど真ん中の一等地にそびえ立っていた

私立希望ヶ峰学園…あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げる事を目的とした政府公認の超特権的な学園



希望ヶ峰学園校門前

俺「ここか」ザッ

俺(この学園を卒業すれば、人生において成功したも同然とまで言われている)

俺(国の将来を担う希望を育て上げる事を目的とした、まさに希望の学園と呼ぶに相応しい場所だ)

俺(そんな学園への入学資格は二つ)

俺(現役の高校生である事、各分野に於いて超一流である事)

俺(新入生の募集などは行っておらず、学園側にスカウトされた生徒のみが入学を許可される)

俺(…俺はこの超が何個も付く程一流の学園に見事スカウトされ、今日からこの学園の生徒になるのだった)

俺「しかし、まさか俺がこの学園の生徒になれるなんてな…」

俺「……。」ジッ

希望ヶ峰学園「」



初期設定(苗木誠出現設定)
1……あれ?俺って何の才能があったんだっけ(苗木参加有り。俺、超高校級の???に。極めて得意な事があるかどうか設定可能)
2俺は他の生徒のような秀でた才能は無かったが、運良くこの学園の生徒になれた(苗木参加無し。俺、超高校級の幸運に。ゾロ目等の効果が普通よりupするorゾロ目が全て99扱いになるお祭りモードにするか設定可能)


多数決下3まで
908 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 01:31:24.97 ID:JEZcXtdAO
1
909 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 01:34:38.52 ID:Hx40JwjoO
1
910 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 01:53:54.38 ID:zIKzPXT90
あと何回これ続けるの?
911 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 01:54:31.01 ID:D0wV31SZO
別にムリして付き合わなくてもいいよ
912 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 02:31:11.23 ID:3MWMbJx10
希望ヶ峰学園前

俺(確か俺がスカウトされた超一流の分野は…)

俺「……。」

俺「………。」

俺「……あれ?何だったっけか?思い出せない」

俺(どうやって俺、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺(よく思い出してみよう…)

俺「……。」



1…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?(俺才能終盤まで不明のまま。※特に何かができると言う訳では無いが、基本的にほぼ何でも平均以上にできる。霧切の好感度が上がりやすい)
2確か得意だった事があったのは覚えてる…(俺極めて得意な事がある設定へ。※才能早期に決まる場合有り。才能により殺人を起こした際等に影響が現れる可能性有り)



多数決下3まで
913 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:32:15.06 ID:tSWwbNVH0
914 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:33:02.24 ID:Xl5gtL1+O
1
915 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:33:13.31 ID:r7Qrn1v4O
1
916 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:33:31.90 ID:4HN9/sW90
2
917 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:34:57.56 ID:/buYW7LyO
2
918 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 02:42:47.76 ID:3MWMbJx10
希望ヶ峰学園前

俺「…あれ?全く思い出せないんだが?…こんな事ってある?」

俺(俺ってどうやって、この学園にスカウトされたんだっけか…)

俺(…ド忘れしてるのかな。でもこんな大事な事忘れる事なんて普通有り得るあるか?)

俺「はぁ…。まぁいいや、とりあえず先生とかなら俺の得意な分野知ってるだろう」

俺「そこが玄関ホールだよな。
行ってみよう」スタスタ

校門「」スタッ

俺(はぁ〜…それにしても緊張するなあ。超一流しか居ないこの学園でこれから上手くやって行けるかどうか…)ドクンッドクンッ

俺「うぅ…。緊張し過ぎて目眩がして来た…」フルフル

俺「あぁ…やっべ…。ちょっと落ち着かないと…」クラクラ

俺「落ち着……ん?…」クラクラ

視界「」グニャ-...

俺「あれ?…只の目眩にしては視界もグルグル回っておかしいぞ?な、なんだこれ…?」

俺「あ…あぁ…。俺のからだ、いったいどうなて──」グラッ...

俺「」ドサリッ



俺(この時の俺は予想すらしていなかった…)

俺(これから俺は…この希望に満ちていた筈の学園で行われる、絶望的な学園生活を送らなければならない事を…)
919 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 02:43:50.59 ID:3MWMbJx10
教室

俺「……ん?」パチリッ

俺(あれ?机で寝てたのか俺?…)ムクリッ

俺「ここは…教室か?何で俺、教室なんかに…」キョロキョロ

俺(目眩で倒れた筈じゃ…)

俺「…それにしても何だここ?変な教室だな」スタスタ

鉄板「」

俺「うおっ…かって…」ググッ

俺(窓にはガッチリと鉄板が貼り付けられてて、監視カメラまで設置されてる)

俺「まるで監禁されてる感じだな…」スタスタ

俺「ん?なんだこれ…」チラッ

机の上「パンフレット「」」

「入学あんない
あたらしいがっきがはじまりました。しんきいってん
この学園げオマエラのあたらしいせかいとなります」

俺「手書きの入学案内とは斬新な…」

俺(…と言うか漢字使ってくれ。読み辛くて仕方ない)ジッ

「入学しきは8じから。たいいくかんしゅうごう」

俺「…ん?」チラッ

時計「8時10分」

俺「あっ、やべっ…。よく分からないが体育館に行かないと」スタスタ

扉「」ガラッ



廊下

紫の蛍光「」

俺(うわあ…。廊下の電気も趣味悪い色してるな…)

俺「体育館ってどっちだろ…」スタスタ

赤い扉「」

俺(…なんだ?あの赤い扉?)

俺「まぁ体育館では無さそうだし、スルーで良いか。今は体育館に向かおう」スタスタ
920 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 02:45:54.26 ID:tYyH6VejO
体育館

俺(部屋の前に体育館ってプレート書いてたし、ここだよな?)

扉「」ガコッ

俺「あっ…」

他の生徒達「…。」ジッ

アホ毛がピンとした男の子「君も新入生の人?」

俺「え?あ、ああ…」

色黒の女の子「へぇ。未だ居たんだ」

太い丸眼鏡の男の子「ではここに集められた我々16人が今年の新入生って事ですかな?」

遅刻とかに厳しそうな人「苗木君より更に遅刻して現れるなんて君ぃ!入学早々ダメじゃ無いか!」

ギャルっぽい人「だからこの状況じゃそんなの関係無いって」

俺(皆んな超一流だけあってか、やはり個性的な面子だなあ…)

俺「皆んなも気が付いたら教室で寝てたの?」

人を見下してそうな目で見てる男の子「フン、何回目だ。その質問」

俺「う…」

俺(しかし、やはり皆んな同じなのか…。いったいどうなってるんだ?)

頭ボンバーな人「しっかし、おかしな学校だべ」

アホ毛がピンとした男の子「とりあえず先に自己紹介だけでもしておかない?僕は苗木誠。一応ここに入った肩書きは超高校級の幸運ってなってるんだ」

俺「幸運?」

苗木「うん。ここに入れたのは本当に偶然、運が良かっただけで…はは…」

俺(運だけで入れたなんて、そんな人も居るのか…)

俺「えっと…俺は俺。ここに入った肩書きは…」

苗木「ん?」

俺(…ヤバイ。どうやってスカウトされたのか未だに思い出せないんだが、何と答えよう)


1適当に自分の肩書きを勝手に決めて言っておく
2……実は記憶が混濁してて、分からないんだ

多数決下3まで
921 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:50:09.13 ID:ExyIQsib0
1
922 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:52:10.91 ID:769loBSAO
2
923 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 02:52:30.78 ID:NNSud27RO
2
924 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 02:57:21.58 ID:3MWMbJx10
体育館

俺「……実は記憶が混濁してて、何故スカウトされたのか思い出せないんだ」

苗木「分からない?」

霧切「…。」チラッ

十神「フン、俺達に情報を明かしたく無いか」

江ノ島「はぁ?アタシらを疑ってる訳?」

俺「いや、そう言う訳じゃなくて…」

苗木「仕方ないよ。急にこんな状況になって皆んな未だ混乱してるんだ」

葉隠「ならオレが代わりに俺の肩書きを占ってやるべ!」つ水晶玉

俺「占う?」

葉隠「ああ、なんたってオレは超高校級の占い師だからな!はっはっはっ!」

俺「へえ、占い師なんてのも居るんだ」

苗木「うん。色んな人が居るよ」



──数十分後

俺(苗木や葉隠が素性を明かし出したのを皮切りに、俺は他のメンバーとも自己紹介と肩書きを教えて貰った)

俺(……何人かは自分の肩書き教えてくれ無い人も居たが)

俺(それにしても、幸運、アイドル、風紀委員、ギャル、占い師、プログラマー、同人作家、野球選手、暴走族、格闘家、スイマー、果てはギャンブラーっまで居るって凄い面子だな…)

俺「ところで入学式は未だ始まらないの?」

舞園「ええ。皆んなここへ集まるように案内されただけですから…」

俺(なら今の内に誰かに話しかけてみるか?)

俺(…こう言うのは一番最初に仲良くなった人と以後の関係を作って行きやすいって言うしな)

俺(しかし、誰に話しかけてみよう?)



1一番普通っぽくて話しかけやすそうな苗木に話してみる
2一番明るそうな朝日奈に話しかけてみる
3敢えて勇気を出して暴走族のトップの大和田に話しかけてみる
4こちらをチラチラと観察している感じの霧切に話しかけてみる
5…慣れ慣れしくしたくない。誰にも話しかけ無い
6他の人に話しかけてみよう(次の選択肢へ)


多数決下3まで
925 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 03:00:12.93 ID:0UXEoJmuO
4
926 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 03:01:44.93 ID:UAv8nKaJO
5
927 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 03:02:05.22 ID:vMIwgmohO
4
928 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 03:02:42.00 ID:4HN9/sW90
6
929 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 03:18:19.72 ID:3MWMbJx10
体育館

俺(俺は敢えて逆に一番話しかけて来るなオーラを放ってる女の子に話しかけてみた)

俺「あ、あのさ…」

霧切「……何?」

俺「えっと…霧切さん…だったっけ?」

霧切「……。」

霧切「……それが?」

俺「あ、いや…」

俺(無口過ぎる…)

俺「君がこの学園にスカウトされた才能も教えて欲しいんだけど…?」

霧切「……。」

俺「ダメ?…」

霧切「…貴方のを先に聞いても良いかしら?」

俺「えっ?俺…?」

霧切「貴方も未だ発表して無いでしょ?」

俺「ああ…うん。そうなんだけど発表したくてもできないと言うか…」

霧切「…本当に記憶喪失なの?」

俺「ああ…。全く思い出せ無いんだ…」

霧切「……そう」

俺「と言う事で霧切さんのを教えて欲しいんだけど…」

霧切「……貴方は私達に教えてくれなかったんだから、此方も明かす必要ある?」

俺「それは…」

霧切「…私も貴方と一緒なのよ」

俺「え?それって…?」

霧切「……。」

俺(またこっちの問いかけに無反応…。まるで鉄仮面だなこの子…)

霧切「……。」

俺「……。」


コンマ下二桁
81以上……なんだろう?霧切さんって俺と何処かで会った事あったか?(霧切好感度5に上昇)
11〜80まぁこう言う変な子が一人くらい居ても不思議じゃ無いよな(霧切好感度4に上昇)
10以下会話の間が保たな過ぎて正直辛い…(霧切好感度3に上昇)

安価下
930 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 03:23:47.74 ID:4HN9/sW90
ほい
931 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 14:34:13.72 ID:IfRS3/wPO
コンマ74
体育館

俺(まぁこう言う変な子が一人くらい居ても不思議じゃ無いよな)

霧切「……。」

俺「とりあえず3年間宜しく。霧切さん」スッ

霧切「……。」

俺「あの……」

俺(まさかの握手拒否)

霧切「俺君は変だとは思わない?…」

俺「変…?」

霧切「この状況…」

俺「ああ、確かに…入学式だってのに他の学年の生徒も居ないし、窓に鉄板が打ち付けられてたりここに来るまで変な感じだったけど…」

霧切「それに幾ら何でも監視カメラの数が多過ぎる…。これから普通の学園生活が送れるとは思えないわ」

俺「普通の学園生活を送れないって…ならいったい何が起きるんだ?…」

霧切「……。」

俺(はぁ、またダンマリか…)

俺(…それにしてもこの子。…いいや、気の所為だな)フルフル


霧切の好感度が4に上がった
932 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 17:06:25.62 ID:pHeQmHRDO
体育館

セレス「その話が本当だったら困りますわね。学校でずっと暮らすだなんて無理ですもの」

モノクマ「おっほん。そこで、そんな学園から出たいと言う人の為にあるルールを設けました」

十神「…ルールだと?」

モノクマ「殺し方は問いません。トウっ」ピョンッ

俺「殺し方?…」

モノクマ「誰か殺した生徒だけが、ここから出られる。それだけの簡単なルールなのです」シュタッ

俺「は?…」

モノクマ「殴殺、刺殺、撲殺、斬殺、焼殺、圧殺、絞殺、呪殺!」

モノクマ「うぷぷぷぷ!こんな脳汁迸るドキドキ感は、さては人間を襲う程度じゃ得られませんなぁ」

舞園「ッ…」ビクッ!

モノクマ「希望同士が殺し合う絶望的なシチュエーションなんてドキドキする」

モノクマ「ハァ…ハァ…///」

桑田「マジかよ…」

舞園「どうして私達が殺し合わなきゃならないんですか!?」

山田「そうだ!ふざけた事ばかり言うなー!さっさと家に返せー!」

モノクマ「ばっかり?ばっかりってなんだよ?ばっかりって!」

山田「ヒョッ!?」ビクッ

モノクマ「いいか?これからはこの学園がオマエラの家で有り、社会で有り、世界なんだ」

モノクマ「やりたい放題やらしてやるから、殺って殺って、殺りまくれっつーの!!」スタスタ

俺「ッ……」


1ふざけるな!お前の言う事なんか誰が聞けるか!(モノクマを捕まえる)
2(こんな時は逆に落ち着かないと…。今はとにかく状況を整理しよう)
3(誰か殺せば外へ出られるのか……)


多数決下3まで
933 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 17:07:16.18 ID:pHeQmHRDO
抜けてますが同じなのでカットしました
変わらず多数決下3まで
934 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 17:09:33.46 ID:3jcCK5jPO
2
935 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 17:11:01.37 ID:yY7XZWd4O
2
936 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 17:12:35.93 ID:87r/yKGy0
3
たまにはな
937 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/25(金) 18:16:33.62 ID:i91G7HQ7O
同じなのでカット
体育館

大和田「待てゴラア!そんな勝手は許さねーぞ?」タッタッタッ

十神「どけよプランクトン」

大和田「あぁん?転がされてーみてーだな」ポキポキ

苗木「ちょ、ちょっと待って!今は僕達が喧嘩してる所なんかじゃ…」

大和田「あぁん?今綺麗事言ったな?」ギロッ

苗木「え?…」

大和田「俺に教えを説くつーのか!?」

苗木「そ、そんなつもりじゃ…」

大和田「うっせえ!!」ブウンッ!!

苗木「」ドゴッ

舞園「あぁっ!?」

苗木「」ドサッ

俺「うわ…」

俺(仲介に入ろうとした苗木君が逆に痛い目を見た…。彼、本当に超高校級の幸運なのか?…)

江ノ島「やり過ぎよ」

大和田「うっ…し、知らねえよ!元はと言えばコイツが」

十神「フン…」スタスタ

セレス「まぁ、十神君の言う通り知らない方々と長居するのは疲れますからわたくしも一人で行かせて頂きますわ」スタスタ

霧切「…私も、好きに調べさせて貰うわ」スタスタ

石丸「お、おい君達!」

大和田「チッ…」スタスタ

俺「皆んなバラバラにこの学園を捜査するつもりなのか?…」

舞園「な、苗木君…」
苗木「」

大神「見事に気絶しておる…。このまま放っておく訳にもいくまい。安静な場所まで連れて行かぬと…」

朝日奈「誰か男子。手を貸してよ」チラッ

葉隠「あー…オレ水晶玉より重い物はちょっと…」

山田「僕も3次元の男の子を担ぐのは流石に趣味では無いと言うか…」

舞園「…。」

大神「…もういい。我が運ぼう」

俺(どうするかな…)


1俺が苗木君を安静な場所まで運ぶと名乗りでる
2とりあえず苗木君は他の人に任せて、俺は一人で捜索する
3とりあえず苗木君は他の人に任せて霧切さんを追ってみる


多数決下3まで
938 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 18:38:34.22 ID:UOwFMlUI0
3
939 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 18:39:13.35 ID:9DNS7TzwO
3
940 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/25(金) 22:45:20.81 ID:ExyIQsib0
1
941 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 00:01:29.62 ID:bknRqr5kO
体育館

俺(苗木君は心配だが他の人が何とかしそうだな)

俺(俺は早速単独行動を始めた霧切さんを追いかけよう)タッタッタッ

扉「」バタンッ


廊下

霧切「……。」スタスタ

俺「霧切さん!」タッタッタッ

霧切「…俺君?」チラッ 

俺「はぁ…」

霧切「そう…。あの場から貴方も抜け出して来たのね」スタスタ

俺「違う。霧切さんを追って来たんだ」

霧切「私を…?」

俺「どうして真っ先に単独行動を始めたんだよ?こう言う事態なんだし今は皆んなと協力して探索するべきなんじゃ無いか?…」

霧切「…確かに、それができるのならそうするべきでしょうね」スタスタ

俺「あ、おい…」スタスタ

霧切「でもさっきの皆んなの状態を見れば分かるでしょう?私達は初対面でお互いの事すら未だ何も知らない…」

霧切「これだけ個性のある面子が集まっているんだから、上手く行く訳が無いわ。さっきの苗木君が良い例よ」スタスタ

俺「それは…」スタスタ

霧切「…だったら今は無理に一緒に居るより手分けしてこの学園を捜索した方が効率的じゃない?」

俺「う、うーん…」

俺(確かに霧切さんの言ってる事のが正論な気がしてきた…)

教室「」
942 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 00:24:34.09 ID:rf5QTQIh0
俺霧一筋ルートは見たいんだよな
943 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 00:33:09.77 ID:QCfLBNVv0
俺も
全員生存無理そうだし
944 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 00:39:33.84 ID:WP9q3Axx0
そらあんだけ邪魔されたらな
945 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 00:40:07.19 ID:txF4t6R2O
霧切ルート見たしもういいわ
946 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 01:39:18.02 ID:mp+TO9Oeo
全員生存とか1年かけても無理だろ
947 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 02:18:56.90 ID:A//nJFCA0
協力して進めても普通に難易度高いからね‥‥‥
948 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 02:25:09.14 ID:+hwUN2dqO
ノーリスクでやり直せるからいうほど難しくないんだよなあ
949 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 02:35:01.10 ID:er24Gx09O
邪魔者がいるのはどうにもならん…
950 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 04:15:33.70 ID:bknRqr5kO
教室

俺「ここも教室か…」スタスタ

霧切「そうみたいね…」キョロキョヨ

俺(ここも窓に鉄板が打ち付けられてて、監視カメラが設置されてる以外は普通の教室と変わらないな…)

俺「……。」

俺「…霧切さんは怖く無いのか?」

霧切「……。」ジッ

俺「急にこんなコロシアイをしろとか言う事態に陥ったのに、単独行動をしててさ」

俺「あのモノクマとか言う奴も変な感じだし…」

霧切「…私も怖いわよ」

俺「えっ…?意外だな…そんな風には全く見えないけど?…」

霧切「そうでしょうね。私はそれを悟られないようにしてるもの」

俺「悟られないように?何で?…」

霧切「悟られた所で良い事なんて無いでしょう?」

俺「まぁ…そうだけど…」

霧切「私からも一つだけ質問して良いかしら?」

俺「え?うん、いいけど?」

霧切「…どうして貴方は私に付き纏うの?」

俺「つ、付き纏う…。えっ…もしかして迷惑だった?…」

霧切「…別に、そうは言って無いわ」

俺「……。」

俺(俺が霧切さんに話しかけたり、追ったりしてる理由…)


1友達だから
2…理由は未だよく分からないが、でも放ってはおけないんだ
3あ、もしかして内心喜んでる?


多数決下3まで
951 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 04:29:34.74 ID:qjq/6tLX0
3
952 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 04:29:41.76 ID:rf5QTQIh0
違うんだろうけど見ときたいから3
953 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 04:30:25.98 ID:7+1g4J+30
3
954 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 05:17:54.16 ID:bknRqr5kO
教室

俺「あ、もしかして内心喜んでる?」

霧切「……。」

俺「いやあ霧切さんって、一見クールなようで実は可愛い子だったんだな。ははは」

霧切「…貴方のそのポジティブさは、ある意味才能かもしれないわね」

俺「はははははいやあ……うん?」

霧切「迷惑とは思っては無いけど、私が俺君の事を気持ち悪い人だって思ってたらどうする気?」

俺「えっ…」ピシッ

俺「も、もしかして俺って…キモい?…」

霧切「……そうかもね」

俺「」

俺(ああ…。もう俺…死んだ方がいいかな…)

霧切「フッ…冗談よ…」ニヤッ

俺「…えっ?」

霧切「未だ俺君の事を全く知らないし、今は何とも思っても無いけど…」

霧切「今後もそう言うばっかり口にしてると、いつかそう思う日が来るかもしれないわね」

俺「うっ…。き、気を付けます…」

俺(…霧切さんのデレの部分を見る為には、もっと仲良くなる必要があるみたいだ)

俺(いや…そもそも普通の女の子と違って鉄仮面だから、彼女の場合はデレる事があるのかすら知らんけど…)ジトッ...

霧切「何?」

俺「い、いや…。何でも無いっす…」フルフル
955 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 05:30:04.86 ID:Cwowbn29O
目に見えてハズレ選択肢だったけど案の定普通にハズレの選択肢だったな
956 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 07:10:06.06 ID:QCfLBNVv0
何がしたいんだ
957 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 18:01:55.37 ID:PwoFM03O0
教室

霧切「……。」机ゴソゴソ

俺「……。」鉄板コンコン

俺(はぁ…。さっきの会話以来あまり会話が弾まないな…。これって俺の所為なのか?…)

扉「」ガラッ

石丸「むっ!ここに居たのか二人とも!」

俺「石丸君?」

霧切「……。」

石丸「いいかね?午後7時より捜査で発見した事を共有するべく報告会を行う」

石丸「二人も午後7時になれば必ず食堂へ集合したまえ!」ガラッ

俺「報告会か…」

俺「俺達は特に何も見つけて無いけど…」

霧切「そうでも無いわよ」

俺「え?」

霧切「机の中にこんな物があったわ」パサッ

俺「何だこれ?見取り図?…」

霧切「多分これは希望ヶ峰学園の見取り図ね…」

俺「ええっ!?って事は俺達が今居るここは正真正銘希望ヶ峰学園と言う事になるのか?」

霧切「そうとしか考えられないわ」

俺「…いや、待てよ?俺がこの希望ヶ峰学園に来た時は外から窓のある場所に鉄板が打ち付けられてなんかなかったぞ?」スッ

鉄板「」

霧切「この学園に来た時に貴方も眠らされたでしょう?」

俺「あ、ああ…。急に頭がグワングワンってなって…」

霧切「考えられる可能性としてはその時に私達が脱出できないよう打ち付けられたか…」

俺「そんな短時間で…?だとしたら俺達を閉じ込めた奴は単独犯では無く、物凄い規模の組織か何かじゃないか?…」

霧切「…そうね」

俺(ヤバイ。そう考えたら凄い怖くなって来た…)ゴクリッ...

俺「…とにかくもう少し捜査したら俺達も報告会とやらに行ってみよう」

霧切「ええ」
958 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 18:22:33.26 ID:PwoFM03O0
報告会は同じなのでカット
俺個室

ベッド「」

俺「校則とは別に、外出禁止の夜10時以降は夜時間を設ける…か」

俺「別に俺は夜中外出禁止は構わないが、皆んなはちゃんと納得してるのかな…」

俺「…。」チラッ

監視カメラ「」

俺(本当に皆んなこんな環境で適応なんてできるのか?かなり厳しいぞ…)

俺(既に外に抜け出したいと不満を持った奴が居ても何らおかしくないが)

俺(その為に人を殺すかどうかは置いといて…)

俺「明日は誰かにこの状況をどう考えてるか話しかけてみるかな」

俺(それとも霧切さんを誘ってまた捜査してみるか?多分、何も言わなくても彼女また捜査してるだろうし)


1男子に話しかける
2女子に話しかける
3霧切と一緒に明日も学園の捜査をする

多数決下3まで

959 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 18:33:57.91 ID:gEjCMOHqO
3
960 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 18:40:03.61 ID:HSz8pgSZO
3
961 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 18:41:20.79 ID:vjUH7e0D0
962 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 18:50:00.30 ID:U4OvsDswO
猿かな?
963 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 19:19:55.65 ID:+PGh6i03O
─翌日
廊下

俺(朝の朝食会にて皆んなと朝食をとった後、俺は食堂を出て行こうとした霧切さんを追いかけた)

霧切「……。」スタスタ

俺「霧切さん。待ってくれ」タッタッタッ

霧切「…俺君?」クルッ

俺「ふぅ…」

霧切「今日は何?…」

俺「霧切さん、今日も学園の捜査をするんだろ?」

霧切「ええ。それが?…」

俺「今日も俺も同行していいか?」

霧切「……。」

俺「え?だ、ダメ…?」

霧切「いいえ。別に構わないけど…」

俺「お、やった」

霧切「今日は変わった調べ方をするから、俺君の話し合い手はあまりできないわよ?」

俺「う、うん。まぁ別にそれは良いよ。霧切さんの好きにしてくれて」

霧切「そう…。じゃあ行きましょうか」スタスタ

俺(もしかしたら拒否られるかと思ったが、普通に受け入れてくれたな…)スタスタ

俺(昨日と比べてちょっと霧切さんとの壁が無くなった感じかな?)

俺(それにしても変わった調べ方って、どんな事をするんだろうか)スタスタ


霧切との捜査結果
コンマ下二桁
71以上霧切と一緒に捜査している最中に、記憶に共通しているヒントを発見した(霧切好感度6に上昇)
21〜70体育館の入り口にあるショールームで変なメダルを見つけた
20以下特に何も見つからなかった


安価下
964 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 19:24:36.98 ID:FaXl0P3Z0
はい
965 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 19:27:40.89 ID:rf5QTQIh0
幸運捨てた途端にコンマが味方しだして草
966 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 19:28:04.78 ID:mpmWViBa0
おしい、けどすごい
967 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 22:33:21.48 ID:+PGh6i03O
コンマ98
体育館

俺「……。」

霧切「……。」スッ

壁「」コンコン

俺「あの…霧切さん?それは何してるの?」

霧切「帰ってくる音でこの壁の深さがどれくらいか確認してるのよ」コンコン

俺「へえ…」

俺(よく分かるなそんな事…)

俺「でもそんな事に意味ってあるのか?」

霧切「…普通に脱出口を探しても見つからなかったんだからこうやって、少しずつ探って行くしかないでしょ」

霧切「それに、こう言う場所には大抵隠し部屋とかある物じゃない」コンコン

俺「隠し部屋?…そんなの大抵ある物か?アニメやゲームじゃあるまいし…」

霧切「……。」コンコン

俺(無反応…。それでも霧切さんは調べるって事か…)

俺「もしこのままこの学園を脱出為の方法がモノクマの言ってたように誰かを殺すしか無かった場合、殺人は起きると思う?…」

霧切「さぁね…」

俺「さぁって…他人の事には興味が無いのか?」

霧切「いいえ。そう言う訳では無いわ…」フルフル

俺「…だったらどうして霧切さんはいつもそんなに他人に対して無関心なんだ?」

霧切「……。」

霧切「…他人に踏み込み過ぎると判断を誤る要因となる。それが私が経験から得た教訓だからよ」チラッ

霧切手袋「」

俺「その手袋…?」

霧切「他人に情を抱いた所為で私は判断を誤り、思い知る事になった…。それがこの手袋の意味よ…」

俺「……。」

霧切「だから私はこの手袋に誓ったの…。もう二度と同じ過ちを繰り返さないと…」

俺「…なるほど。だから霧切さんは誰に対しても一線を引いているんだな」

霧切「そうね…」
968 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 22:47:49.39 ID:+PGh6i03O
体育館

俺「でもそんな生き方…しんどく無いのか?…」

霧切「…いいえ。大丈夫よ」フルフル

俺「……。」

霧切「私はこの手袋の下を、もう何年も他人に対して見せていない…」

俺「何年も?…」

霧切「ええ…。そしてきっと、これから先もそう…」

俺「…それじゃあ、いつか霧切さんがその手袋の下にある火傷の跡を見せられた人だけが、霧切さんにとって本当に信用できる人って訳か」

霧切「…!?」ピクッ

俺「俺もいつか、霧切さんにとって信用するに値する──」

霧切「ちょっと待って俺君…?」

俺「う、うん??…」

俺(何だそんな驚いた顔して…?珍しいな霧切さんがそんな顔するなんて…二日目にして初めて見た)

霧切「今、何て言ったの?…」

俺「霧切さんにとって本当に信用できる人って」

霧切「その前よ」

俺「え?えっと…何て言ったっけ?…」

霧切「…それじゃあ、いつか霧切さんがその手袋の…の辺り…」

俺「あ、ああ…?それじゃあ、いつか霧切さんがその手袋の下
にある火傷の跡を見せられた人が…」

俺「…あれ?」

霧切「ちょっと待って。どうして知っているの俺君が私のこの手袋の下の事を…」

俺「本当だ…。何で俺、今スラっと中身を知ってたかの風に言ったんだ?…」
969 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 23:17:19.20 ID:+PGh6i03O
undefined
970 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 23:18:28.36 ID:+PGh6i03O
体育館

霧切「どう言う事…?私、貴方にこの手袋の中身を見せた記憶は無いのだけど?…」

俺「それは俺も同じだよ。おかしいな…霧切さんとは昨日初めて会った筈なのに何でだ…?」

霧切「……。」

霧切(単純に考えられる可能性は、俺君が私達をここに監禁した黒幕…或いは黒幕と繋がっている可能性…)

霧切(…いえ、見た感じだと彼は集められた超高校級の中でも冷静に動く部類の人間だわ)

霧切(そんな簡単にこんな事で口を滑らすとは考えにくい…)

霧切(だとしたら、他の可能性……そうだわ)

霧切「…確か俺君は、記憶が混濁しているのか何かで未だにこの学園にスカウトされた自分の才能をよく分からなかったのよね?」

俺「ああ…。しかも俺の生徒手帳にも何故か俺だけ他の人と違って記載されて無くて超高校級の???のままだし」カチッ

俺生徒手帳「」ピコン

霧切「そう…やっぱりね…」

俺「え?やっぱり?」チラッ

霧切「…私も、貴方と同じ状況なのよ」カチッ

霧切生徒手帳「」ピコン

俺「あ…霧切さんも超高校級の???だ…。って事はもしかして…霧切さんも記憶喪失って事なのか?」

霧切「ええ…。二人揃って奇遇よね」フッ...

俺「こんな事が普通起きたりするか?…」

霧切「いいえ…。むしろ、普通に考えたら馬鹿馬鹿しい話だけど…私達は意図的に黒幕の手で才能の記憶を奪い取られたと言う事になるでしょうね…」

俺「と言うか才能の記憶だけじゃない。霧切さんの手袋の事を知ってたって理由から考えるに、他にも色々と記憶を抜かれてる…?」

霧切「そうでしょうね…」

俺「そんな事が本当に…」

俺(でも、おかしな話だがそうとしか考えられない…)
971 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 23:19:08.48 ID:+PGh6i03O
体育館ホール

俺「とりあえずこの事は皆んなにも報告した方が良いんじゃないか?」

霧切「…いいえ。これは私達だけの秘密にしておくべきよ」

俺「え?な、なんで?…」

霧切「皆んな未だ初対面の状態と変わらないのよ?そんな中でこんな情報を伝えても信じてくれる訳が無い…」

霧切「むしろ却ってお互いを更に疑心暗鬼にさせる良い材料にしかならないわ…」

俺「た、確かに…それはそうか…」

俺「じゃあとりあえずこれは俺達だけ秘密で…」

霧切「…ええ。そうしましょう。一先ず今日はこのまま捜査を続けるわ」

俺「分かった…」

俺(偶然記憶で抜け落ちて無い部分があった…。そして、霧切さんが俺の記憶を復活させる為の鍵を握ってるって事なのか?…)

霧切「……。」

霧切(…俺君は私の手袋の中身を知っていた。俺君が黒幕側の人間じゃ無いとするなら…私は過去に俺君に見せた事があると言う事よね?)チラッ

俺背中「」

霧切(…つまり、私は彼を信用していた?)



霧切の好感度が6に上昇した
972 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 23:24:14.66 ID:QCfLBNVv0
この情報をこの段階で手に入れてるのは凄いな
973 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 23:25:32.71 ID:+PGh6i03O
翌日
俺部屋

モニター『モノクマ「オマエラお早う御座います。朝7時になりました。今日も一日元気よく───」』

俺(俺達がこの学園に監禁されてから、今日で2日が経った)

俺(現在は未だモノクマの望む殺人は起きていないが、日数が経つに連れて…)

俺(皆んなはここから出る事からの諦めや、絶望の色が増して行った)


食堂

朝日奈「そんでさ〜。その大会で──」

大神「なるほど…」

不二咲「不思議だねぇ」ニコニコ

不二咲「あ〜やだ。ここの髪跳ねてるし」シッシッ...

俺「……。」スタスタ

俺(最初はここから脱出しようと学園内を捜索していた人達も今は少なくなり、ここでの生活を受け入れ始めている)

俺(不安に感じてる人は日中、常に誰かと居て話していたり桑田君や葉隠君なんかはランドリーで漫画読んでたな…)

俺「…。」ジッ

電子手帳「」 ピコン

俺(この校則6…)

『仲間の誰かを殺した"クロ"は卒業となりますが、自分がクロだと他の生徒に知られてはいけません』

俺(これ、完全犯罪を成し遂げろって事だよな…?失敗した場合どうなるんだ?)

俺(…今は未だ分からない事が多い)

俺(そして皆んながそんな諦めの境地に居る中、俺は…)


(今までの行動参照)
コンマ下二桁
21以上この状況でも変わらず冷静だった俺は相変わらずこの学園の捜索を続けた(鋼メンタル)
20以下そろそろ信用できる誰かと居た方が良さそうだと若干恐怖を感じ初めていた(メンタル普通)


安価下
974 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 23:28:11.49 ID:rf5QTQIh0
こんな緩かったっけ
975 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/26(土) 23:30:50.37 ID:uu4/vl6MO
行動参照だからこうなるのか
976 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/26(土) 23:58:12.76 ID:+PGh6i03O
コンマ49
玄関ホール

俺「…うーん」ピッピッ...

出入り口扉「鉄の塊「」」シ-ン...

俺「色々ボタンがあるが…ダメか。何も反応しない…」

俺「どうやって開けるんだこれ?」


── この状況でも変わらず冷静だった俺は、相変わらずこの学園の捜索を続けていた


俺「はぁ…」

俺(人を殺す以外には、あのモノクマって奴を操ってる奴…もしくは奴等を倒すしか無いのかな…)

俺(…とりあえず連日霧切さんと捜査はしたし)

俺「今日は脱出口探しは置いといて、観点を変えて現状で気になってる事を捜査しに行くか…」スタスタ

俺(俺が今一番気になってる事は…)



1昨日の昼間はあったのに、体育館前のホールにあった筈の金の模擬刀が無くなっていた事
2江ノ島の見た目が雑誌やメディアで見かけた時とはかけ離れてる事
3俺と霧切の喪失している記憶について
4葉隠の占いについて


多数決下3まで
977 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 00:02:54.58 ID:8rPsxUla0
3
978 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 00:03:26.48 ID:WAzr1o4cO
3
979 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:10:11.75 ID:A2jvjjDg0
3
980 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:15:11.23 ID:AIh6M18S0
2で間に合ったのかな
981 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:20:37.71 ID:EBGlePvp0
霧切にしか目が行ってなさ過ぎてなにも救えなさそうやな
982 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:29:03.80 ID:nhqyD05MO
そもそもこのルート全員生存めざしてんの?というか何がしたいんだ?

いや煽りとかじゃなくて真面目に明確な目標指針が無いから迷走してないかって話
なんか死ぬかチャプター1終わったら最初に戻るを繰り返してて新発売のロンパゲーの1章しかできない体験版を延々やってる感

そんで戻った先でまた邪魔が入った〜とかそんなんで以後ループしてって流れ的な…無理じゃね?
983 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:31:13.06 ID:nhqyD05MO
あっ、無理じゃね?っていうのはこれ以上先に進むのがってことね
常に理想のコンマ出て、さらに人為的な妨害(?)も全弾回避は前提条件としてきつくないか?
984 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:40:08.55 ID:EBGlePvp0
俺は全員生存目指してるよ。
正直ここまでぐダルとは思わなかったし
次エンド行ったらまどマギに戻る可能性かなり高そうだし。
ただ最初で苗木出すのはまだしも最初のコミュで大神選択できなかった時点で
無理だからこの周はどっかで4ぬかクリアしても巻き戻したい
1がかなり不定期だから参加できるかはわからんけど
最悪の場合は巻き戻し権手に入れたら即使うことも考えてる
985 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:51:45.25 ID:iMzPsuZrO
まどマギか、嫌だなぁ…

何が嫌ってなんかもうやる前から未来視できるのがな…過去もそうだったが大体女が絡むと面倒事になる
北斗の拳とかジョジョとかカイジとかほぼ女が居ないか熱血物の野郎路線なら恒例の事態にはならんのだろうが
986 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 01:51:46.00 ID:AIh6M18S0
全員生存狙える時は狙って、狙えない時は好きにしてるけど
ぶっちゃけコミュニケーション取れないやつらが勝手に不毛なことやってるから聞いても無駄だろ
987 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 02:11:43.78 ID:WAzr1o4cO
全員生存邪魔されるからスタートラインにすら立ててないので
無理じゃねってなってる
988 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 02:23:18.22 ID:EBGlePvp0
どのルート行こうがどっかで邪魔は入るだろうから
それなら自分の行きたいルート目指すわ
989 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 03:26:48.08 ID:HiLT3SJFo
全員生存とか初めの大神すらまるで進んでないし目指すだけ時間の無駄だと思ってる
990 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 04:59:59.97 ID:8rPsxUla0
いつまでも一章から進めなくて皆が疲弊してまどマギに戻るのが目に見えてるな
991 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 05:26:48.46 ID:/9w1fVtUO
進まないのも分かるがまどマギもアカン
992 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 05:46:50.05 ID:AIh6M18S0
リセマラすら成功しないのに因果システムでやっていける訳がない
993 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 05:49:18.24 ID:fir3J0lHO
全員生存はもう諦めたほうがよさそうだけどな
進めないとロンパ自体嫌になる人ふえるぞ
994 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2020/12/27(日) 07:45:50.46 ID:jxCCOvXRO
続きは次スレで


【ダンガンロンパ】俺「安価でコロシアイ学園生活を生き残る」part13
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1609022285/


>>1000
コンマ下二桁
91以上超巻き戻し権利(巻き戻し後、最初のコンマ判定は99になる)
81〜90巻き戻し権利、コンマ振り直し権利
71〜80巻き戻し権利、学級裁判GAMEOVER回数リセット権利
51〜70巻き戻し権利、モノモノマシーンガチャチケット
21〜50巻き戻し権利
20以下何も無し

995 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 07:47:00.68 ID:jxCCOvXRO
996 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 07:49:27.40 ID:jxCCOvXRO
997 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 07:49:57.03 ID:jxCCOvXRO
998 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 07:54:51.13 ID:jxCCOvXRO
ウメ
999 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 07:55:54.82 ID:jxCCOvXRO
次1000です
1000 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2020/12/27(日) 08:05:33.52 ID:kATLanoC0
僭越ながら
1001 :1001 :Over 1000 Thread
              わ〜い、>>1001ゲット〜
               __
                    ‖ _~",ー 、,,_
      |           ‖ /  |ノ  ,>
   \ |  /      ‖ /ヽ_,:-−'´
                ‖/~         ヽ | /
                    ‖     ,   ))
       ,、      ,、   /'ll__/ ヽ
      / ヽ__/ ヽ/ _‖   _  ヽ.    ∧___∧
    /       /  ´ ‖ー/  `   l ロ. / _    _
    / ´ 、__,  ` |.    ‖∨      ,! || | l--l `
   _l    ∨    ヽ/ ̄)( ̄ ̄`"::::ノ (⌒ヽ, ..ヽノ   ,
  ( ヽ_        /   /ll `'ー、....::ノ ∀\/ー- /`l  ヽ
   ヽ、       ,ヽ:..:ノ ‖   '::::|⊃  iー- l (_〕i__     SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)
     l          : :::Y  ‖     ::|   |"|ー-,|   |( .      http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/
1002 :最近建ったスレッドのご案内★ :Powered By VIP Service
【ダンガンロンパ】俺「安価でコロシアイ学園生活を生き残る」part13 @ 2020/12/27(日) 07:38:05.20 ID:jxCCOvXRO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1609022285/

【安価】勇者「これで終わりだ!」魔王「フフフ……ついにこれを使う時が来たか」 @ 2020/12/27(日) 00:44:12.50 ID:9/oKLf4aO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608997452/

(・ω・) @ 2020/12/26(土) 23:06:06.54 ID:XaYOiRiHO
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1608991566/

ラノベ主人公Kさん「俺って嫌われてるのかな」 @ 2020/12/26(土) 16:30:50.63 ID:6aQw+Iey0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608967850/

ちんぽにゃ? @ 2020/12/26(土) 14:59:18.06 ID:4XsHrOs9O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aa/1608962358/

Their petals tell a time-worn tale Words lost unto the wind:  @ 2020/12/26(土) 11:45:03.36 ID:CAjYqhE9o
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/aaorz/1608950703/

【決講】ちとせ「行くよ、黄金の僕たち!」 @ 2020/12/26(土) 08:56:41.45 ID:cndBwTt0O
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608940601/

凛?「私は渋谷凛ですよ〜♪」ウフフー @ 2020/12/25(金) 20:57:12.96 ID:b0fX6blM0
  http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1608897432/



VIPサービスの新スレ報告ボットはじめました http://twitter.com/ex14bot/
管理人もやってます http://twitter.com/aramaki_vip2ch/
Powered By VIPService http://vip2ch.com/

509.74 KB Speed:20.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示

スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)