佐久間まゆ「プロデューサーさんの社会の窓が!!」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆Z9rYxRK0vI [sage saga]:2021/01/16(土) 18:26:13.86 ID:cQqexbHx0
※ご注意です※
キャラ崩壊気味です。



---ある日、事務所にて



モバP(以下P)「ただいま戻りました」

ちひろ「お帰りなさい。どこ行ってたんですか?」

P「トイレです」

ちひろ「にしちゃ随分長いですね。サボってたんじゃないですか?」

P「偉大な量が出ました」

ちひろ「報告せんでよろしい。そろそろアイドル達が戻ってきますから、しゃんとしてくださいよ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1610789173
2 : ◆Z9rYxRK0vI [sage saga]:2021/01/16(土) 18:27:57.40 ID:cQqexbHx0
ガチャッ

まゆ「お疲れ様です。お仕事終わりました」

ちひろ「お疲れ様です。まゆちゃん」

P「おお、まゆ。お疲れ様。今日はこの後午後からレッスンだったか?」

まゆ「はい。ただまだ時間があるので、事務所で休憩していても良いですか?」

P「勿論だとも。俺は午後から今度のライブのスポンサーの人と打合せがあってな。レッスン付き添えなくて、ごめんな」

まゆ「うふふ♪ 大丈夫ですよぉ。まゆ、頑張りますから」

P「ああ、頑張ってな」
3 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:29:30.98 ID:cQqexbHx0
ちひろ「プロデューサーさんこそ頑張ってくださいよ。あのスポンサーさんのお陰でできるライブみたいなものなんですから。失礼の無いようにしてくださいね?」

P「任せといてくださいよちひろさん、偉い人への媚びへつらいに於いて、このプロダクションで俺の右に出る奴はいませんよ」

ちひろ「ハチャメチャにカッコ悪いですが、まあ処世術に長けるとも言えますね」

まゆ「うふふ、プロデューサーさんが頑張ってくれるからまゆ達のお仕事があるんです。かっこ悪いなんて思いませんよ」

P「天使かな?」

ちひろ「天使ですね」

まゆ「照れますよぉ」テレテレ
4 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:30:27.62 ID:cQqexbHx0
P「じゃあそんなアークエンジェルまゆに俺のカッコいいとこ見せないとな!」

まゆ「ファイトです♪ って…………あら?」






Pの股間「Hello World」チラッ






まゆ「!!!?!??!?!?!??!??」ガタッガタタッ
5 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:31:19.42 ID:cQqexbHx0
P「どうしたまゆ?」

まゆ「!?!?!?!??!!!?」

P「ど、どうした?」

まゆ「!?!?!?!??!!!?」

P「本当にどうした!? 喋れてないぞ!?」

まゆ「」

P「わぁ! 急に落ち着くな!!」
6 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:32:13.19 ID:cQqexbHx0
まゆ「…はっ!?」

まゆ「いけないいけない。あまりの衝撃で一瞬意識を失っていました」

まゆ「きっとまゆの見間違いです。そうに違いありません」チラッ



Pの股間「I'm here」ドーン



まゆ「」

P「まゆ? おーいまゆ? 大丈夫か?」
7 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:32:57.48 ID:cQqexbHx0
まゆ「い、いえ、何でもございませんデース」

P「本当か? 口調が変だぞ?」

まゆ「大丈夫デース。それでは、失礼しマース」スタスタ

P「あ、あぁ……」






P「どうしたんだろう。様子がおかしかった気がしますけど…」

ちひろ「さぁ…?」カタカタ
8 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:33:58.32 ID:cQqexbHx0
まゆ(これは……由々しき事態です)ムムム

まゆ(プロデューサーさんのスーツのチャックがフルオープン! 見えちゃいけないものが見えちゃってます!)

まゆ(プロデューサーさん、ボクサーパンツ派なんですね)ポッ

まゆ(そんなことは今はどうでもいいんですよぉ!)

まゆ(プロデューサーさんはこの後、スポンサーのお偉いさんと打合せ…)

まゆ(そんな場でプロデューサーさんのチャックが全開なら)

まゆ(『なんだね君は! 社会の窓が全開じゃないか!』と罵られ)

まゆ(『ソーシャル・ウィンドウ全開の奴に、ソーシャル・ディスタンスを守ったライブはできん』と、会議はご破綻)

まゆ(ライブイベントの開催可否にも響く大事件になりかねませんよぉ!)
9 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:34:46.47 ID:cQqexbHx0
まゆ(しかし、まだ事務所を出る前にまゆが気付くことができたのは不幸中の幸いでした)

まゆ(ここでプロデューサーさんに気付かせてあげる事ができれば、全ての問題は解決します)

まゆ(ただ、ここでプロデューサーさんに「うふ♪ チャック全開ですよぉ?」なんて言う事はできません)

まゆ(プロデューサーさんのプライドを傷つけてしまいかねませんし)

まゆ(股間ばかり見てるはれんちな子だと思われたくないですし)

まゆ(何よりそんな度胸はまゆにはありません!)クワー
10 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:35:35.12 ID:cQqexbHx0
まゆ「なんとか自発的に気付かせてあげなくちゃ……」

まゆ「と言っても、お仕事していたら普通チャックなんて視界に入らないですよね…」



まゆ(何とかプロデューサーさんを屈ませることができれば……あら? あれは…)






乃々「やっぱり机の下が一番落ち着くんですけど……」

P「あのさ森久保、そこ寒くないのか?」

乃々「プロデューサーさんの足元で……プロデューサーさんの熱で暖を取りながら……ポエムを書く……」

乃々「これぞもりくぼの冬……ふゆくぼですけど……」

P「まぁ…風邪引かないようにな」

乃々「はい……おかまいなく……」






まゆ(ひらめきましたよぉ!)スッ ポチポチポチポチポチ
11 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:36:48.29 ID:cQqexbHx0
ピコン

乃々「……んぅぅ?」

乃々(まゆさんから個人LINEが来ました…)

乃々(何でしょう……そこにいるなら、直接お話すればいいのに……)






佐久間まゆ【乃々ちゃん、すみません。ちょっとお願いしたいんですけど、プロデューサーさんの靴紐を解いてあげてくれますか?】




乃々(…………)

乃々(…………)

乃々(ひぃぃ……! 怪文書ぉ……!)
12 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:38:08.95 ID:cQqexbHx0
まゆ(乃々ちゃんが靴紐を解けば、結び直そうとしてかがんだ瞬間に自分の下半身が視界に入ります)

まゆ(そうすれば、チャックが開いている事にも気付くはずです!)

まゆ(流石まゆ! 頭脳派だからこそできる気配りムーブですよぉ!)






乃々(どうしよう…まゆさんが何を言っているのか、1ナノも理解できないんですけど…)

乃々(というか、どんな理由にせよ、そんなちょっかいかけたらプロデューサーさんからどんなしかえしをされるか分からないぃ…)

乃々(もうVRで鉄骨渡りさせられたり、廃墟探索させられるのは勘弁なんですけど…!)
13 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:39:07.82 ID:cQqexbHx0
ピコン

まゆ(乃々ちゃんからお返事が来ました!)



もりくぼ【No thank you】



まゆ「!?」ガタッ

乃々「……」ぷいっ

P「? どうしたまゆ。こっちを見て」

まゆ「あっ、あ、えと、その、のーさんきゅーです!!」

P「そ、そうですか……失礼しました…」しゅん
14 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:40:11.87 ID:cQqexbHx0
まゆ(なんてこと…! 乃々ちゃんが反抗期になってしまいました! ままゆは悲しいですよぉ!)

乃々(どうせいつもの早とちりロマキャンからのぽんこつムーブでしょう……もりくぼは保身に入ります……)

まゆ(むむむ…頼みの綱の乃々ちゃんがだめなら、次なる策を打たなければなりません)

まゆ(いっそのこと直接…! でもそれは…! うーん…うーん…!)



キーンコーンカーンコーン

P「お、もう昼か、今日は外で食べようかな。その後そのまま打合せ直行しちゃいますね」

ちひろ「分かりました。お気をつけてー」

まゆ「!?!?」



まゆ(そ、阻止しなくては…!)
15 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:40:57.49 ID:cQqexbHx0
まゆ「ぷ、プロデューサーさん!!」

P「お、まゆ。昼飯食べてそのまま打合せ直行するから、まゆも頑張ってな」

まゆ「させませんよぉ!!」

P「させてくれないかぁ…」
16 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:41:28.03 ID:cQqexbHx0
P「えーと、一緒に食べるか? 下の食堂でどうだ?」

まゆ「まぁ♪ 喜んでご一緒……」



まゆ「しませんよぉ!!」

P「してくれないのかぁ…」
17 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:42:09.13 ID:cQqexbHx0
P「さっきからどうしたんだまゆ。俺に何か用があるかい?」

まゆ「うーっ…! それは…!」

P「言いづらい用なのか? 場所変えるか?」

まゆ「ちょっと用を考えるのでお時間を貰っていいですかぁ?」

P「考えないと無いなら用は無いんじゃ……?」

まゆ「うーん…! うーん……! どうしたら……!」

P(何か様子がおかしいな……どうしたんだろう……)






ガチャッ

卯月「お疲れ様です! お仕事終わりました!」

凛「お疲れ様です」

未央「おっつかれー! 本田未央ちゃん帰りましたー!」
18 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:42:51.57 ID:cQqexbHx0
P「おうお疲れ様。どうだった?」

卯月「はいっ! ばっちりです! カメラマンさんにも褒められちゃいました!」

P「よしよし、流石だな。今日はもう予定は無かったよな?」

凛「うん。だから少し休憩したら、3人でご飯食べに行こうって」

P「そうか。俺はこれから出るから、後宜しくな」

未央「はーい! プロデューサーも頑張ってねー」

凛「今日会う人、スポンサーの偉い人なんでしょ? 粗相しないでよプロデューサー」

P「はは、ちひろさんにも同じ事言われたよ」

凛「そんだけ心配だって事だよ。寝癖直した? 目やについてない?」

P「オカンかな?」

凛「一回り年下の女の子にオカンムーブされてるの、恥じた方が良いよ」

未央「お世話代のお土産はマックがいいな」

P「お前らこれからメシ行くんだろ???」
19 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:44:25.46 ID:cQqexbHx0
凛「あ。……ちょっとプロデューサー? 社会の窓全開だよ」

P「え? うわマジだ」ジィーッ

凛「もう…。だらしないなあ。それで外行く気だったの?」ジトー

P「サービスしてたんだよ。今ならタダだぞ、見とけ見とけ」

凛「セクハラ」

未央「セクハラは顔だけにしてよねプロデューサー。そのうちわいせつ顔陳列罪で捕まるよ?」

P「法で俺の顔面は裁けねぇよ」

凛「だから私がさばくよ」

P「ほほう。このPをどう裁くというのかね」

凛「アライがいいかな」

未央「アライって鯉のアライぐらいしか聞いたこと無いね。しまむー捌き方分かる?」

卯月「わ、私ですか!? 私もちょっと………エヘッ❤」ダブルピース

未央「かわいい」

凛「かわいい」

P「かわいい」
20 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:44:59.84 ID:cQqexbHx0
凛「卯月は困るとダブルピースでごまかすね」

未央「可愛いから許せるんだけどね。アライの作り方ググってみよっか」

P「ちょっと待って捌くってそっちの? 発想力が豊かすぎない?」

未央「Pの懐は砂漠のように枯れ果ててるけどね」

P「分かってるならマックをたかるなや。ちっとは俺に悪いなとか思わない???」

未央「私達、何か悪いことしたかな」

凛「新井が悪いよ新井が」

P「新井は関係ないだろ!!」
21 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:46:05.27 ID:cQqexbHx0
まゆ「うーん…! うーん!!」

卯月「さっきからまゆちゃんがずっと唸ってます……」

P「ああ、そうなんだよ。さっきからあの調子でさ」

未央「どうしたんだろ?」

凛「Pの醜態をどう傷つけないように伝えるか悩んでるんじゃない?」

P「あー、それかも…まゆそういうの気にしそうだし」

未央「そんだけ女の子悩ませて恥ずかしくないのかねプロデューサー君」

凛「恥を知るといいよ」

P「辛辣が過ぎる。深く傷ついたぞ。明日のトレーニングは明さんじゃなくて麗さんに頼むことにしよう」

卯月「え、えぇぇ!?」

凛「プロデューサーしゅき」

未央「よっ男前プロデューサー! そこまでイケメンになるのに眠れない夜もあっただろ!」

P「俺のアイドルに太鼓持ちは必要ない」

未央「おに!」

凛「あくま!」
22 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:46:44.01 ID:cQqexbHx0
P「はいはいはいほらほらバカやってないで、君たちもさっさと行きなさい」

凛「はーい」

未央「んじゃ、また明日ねプロデューサー」

卯月「お疲れ様です! 打合せ頑張ってください!」

P「おう、お疲れ様」






まゆ「はっ!!!!!」

P「おっ、戻ってきた」
23 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:47:28.83 ID:cQqexbHx0
まゆ「最高のアイデアがひらめきましたよぉ!!」

まゆ「この手なら…絶対に気付かれずにプロデューサーさんのチャックを上げる事ができます!!」

P「もう言うてもうてるがな」

まゆ「プロデューサーさん!!」

P「なんだい」

まゆ「まゆの目を……あれ?」






Pの股間「Close your eyes...」ピシッ






まゆ「……閉まってる」
24 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:47:59.62 ID:cQqexbHx0
P「あ、これか? 気を遣わせて悪いな。もう大丈夫だぞ」

まゆ「…なんで」

P「ん?」

まゆ「なんでチャック上げちゃうんですかぁ!!せっかく最高のアイデアがひらめいたのに!!」

P「えぇぇぇええええ!!!!!??」






乃々(まゆさん……何してるかと思ったら……プロデューサーのチャックを虎視眈々と狙ってたんですけど……!!)

乃々(ユニットメンバーが……はれんちぃ……!!)






おわり
25 : ◆Z9rYxRK0vI [saga]:2021/01/16(土) 18:53:12.08 ID:cQqexbHx0
以上になります。

ここまで読んで頂きありがとうございます。
煽り煽られる関係だけど相手を信頼しあってる、みたいなのが好きです。
まゆとしぶりんやちゃんみおはPへの接し方は全く違ってても同じくらいPがだいすきだったらカワイイなと思います



後ほどHTML依頼を出してきます。
お目汚し失礼致しました。
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/16(土) 21:41:27.90 ID:oCnl7I4CO
おつ
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/16(土) 23:08:07.08 ID:f/Cv5KG8O
おつまゆすき
13.91 KB Speed:0.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)