【咲-Saki-】京太郎「たのしい宮永一家」【微安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:37:22.21 ID:VtKT70Eh0
・咲-Saki-スレです
・京太郎SSです
・重要人物で一人オリキャラいます
・あまり楽しい話ではありません
・基本非安価、たまに安価あります

以上を確認・了承の上、お読みください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1611214641
2 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:41:03.23 ID:VtKT70Eh0
【12月上旬】


―――― 長野県内 市街地


同僚「おっす宮永!」

後輩「お疲れ様です、宮永先輩」

京太郎「おう、お前らも上がりか?」

後輩「はい。それで今日はまだ早いし、飲みに行こうかって話になってるんです」

同僚「最近駅前に出来た焼き鳥屋あるだろ?総務の池田が行ったって言うんだが、結構旨いらしいぜ」

同僚「つーわけで今晩一緒にどうよ。お前の昇進祝いもせにゃならんしな」

京太郎「あー、悪いな。今日は家で祝ってくれる事になってるんだ」

同僚「なんだとー?つれないヤツだなぁお前は!」

京太郎「あはは、大体お前らいつも遅くまで連れ回すだろ。明日は色々と忙しいし」

京太郎「ってことで今日はパスだ。また来週にでも誘ってくれよ」

同僚「明日?......ああ、今年もそんな時期か」

京太郎「そういうわけだから俺はもう帰るよ」

同僚「仕方ないか。こればっかりは文句も言えないしな」

京太郎「んじゃ、また連休明け!」

後輩「あーあ、行っちゃった......何かあるんですか?宮永先輩」

同僚「.........まぁ、色々と」
3 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:43:00.18 ID:VtKT70Eh0
―――― 在来線 車内


京太郎「.................ん?」

夢うつつで座席に寄りかかっていた俺は車内アナウンスに目を覚ました。
どれだけぐっすり眠りこけていたとしても、この声が耳に入るだけで一瞬で起きることができるのだから不思議なものだ。
パブロフの犬みたいなものだろうか。知らんけど。

京太郎「ふぁぁあ......そろそろ連絡しとくか」


>あと20分くらいで帰る

>おっけー。こっちはごはんの準備、もう少しかかるかも

>腹減った......飲みに誘われたけど断ってきたぜ

>当たり前だよ!お祝いなんだから、断らなかったら絶対怒るからね!

>分かってるって


俺の名前は須賀京太郎――――いや、今は宮永京太郎か。
上京したり結婚したり転職したりと色々あった俺ではあるが、今では故郷である清澄でそこそこの生活をしている。
普段なら乗るはずの誘いを丁重に断った俺は携帯電話を片手に取りつつ、真っ暗の車窓に点々と浮かぶ人明かりをぼんやりと眺めていた。
4 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:43:59.88 ID:VtKT70Eh0
やがて列車が見慣れた駅舎に停まると、今度は近くの駐輪場に停めたバイクを北の方へ走らせる。
そう経たないうちにとある一軒家を見つけることが出来るだろう。小さいが立派な俺の城だ。

京太郎「ただいま」

「おかえりなさーい。お疲れ様、ご飯までちょっと待っててね」

京太郎「なら先に風呂に入っちまおうかなぁ。もう入れるのか?」

「ちょっと前に沸かし始めたけど......うーん、たぶん大丈夫だと思うよ」

京太郎「そうか、ありがとう」
5 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:45:20.35 ID:VtKT70Eh0
【数時間後】


―――― 宮永邸 リビング


京太郎「ふぅ......食った食った」

「どうだった?」

京太郎「美味かった!ぐうの音も出ないくらいの大満足だよ。ありがとな」

京太郎「あの酒もずっと気になってた奴だ。どうして知ってたんだ?」

「検索履歴に何回も出てたから。飲みたいのかなって思ってネットで注文したの」

京太郎「人のパソコンを勝手に覗くとは趣味の悪いやつめ......ま、美味かったし良しとするか」ナデナデ

「えへへ」ニコニコ

京太郎「しかし、あんなご馳走作ってて大丈夫だったのかよ」

京太郎「そっちだって忙しいだろうし、今度の日曜に大会あるって言ってなかったっけ」

「あーあれ?大丈夫大丈夫、いつも通り打ってればいいって言われたもん」

京太郎(こいつの言う『大丈夫』ほど信頼できない言葉もないんだがな)
6 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:46:59.43 ID:VtKT70Eh0
「そういえば、お姉ちゃんから電話かかってたよ」

京太郎「照さんから?」

宮永照――――つまりプロ麻雀界最強クラスの雀士であり、俺の義理の姉でもある女性。こいつ然り照さん然り、宮永家は麻雀民族の血でも流れているんだろうか。
そんな彼女が掛けてくる電話の殆どは吉報とは言えない。怪しい勧誘がどうとか保険金がどうとか、とにかく大抵の場合ロクな用事ではないのだ。
しかしこの時期となれば話は別で、その用件には大方予想がつく。

京太郎「それでなんだって?」

「明日の昼過ぎくらいにそっちに着くけど、持っていくお土産は何が良いかって」

京太郎「お土産?東京ばな奈に決まってる」

「うん、私もそう伝えたんだけどさ」

「そしたらお姉ちゃん、たまには別のものも食べたいくないか?って執拗に」

京太郎「別にいつも通りで全然構わないんだけど......どうせ照さんが自分で食べたいだけだな」

京太郎「.........おっと」チラッ
7 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:48:09.60 ID:VtKT70Eh0
リビングの壁に掛けられた時計に目をやると、短針は既にその頂上を過ぎていた。
俺はこの和やかな雰囲気に浸り続けていたいという気持ちを堪えて、

京太郎「ほら、そろそろ寝ないとな。明日は朝早いんだろう?」

「早いっていうか、いつも通りの時間だよ」

京太郎「知らん。俺は明日休みだし」

「えー!ずるーい!」

京太郎「ズルいもクソもねーよ!ただでさえ有休溜まってるんだから」

「私も明日休もうかな」

京太郎「おいおい、お前は休んじゃダメだろ」

「そもそもなんで――――――――」

京太郎「そりゃ――――――――」

「――――――――!」

京太郎「――――――――」


結局俺たちが眠りについたのは、それから一時間ほど経った後の事だった。
8 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:48:55.60 ID:VtKT70Eh0
【翌朝】


「おはよう!もう起きたんだ?」

京太郎「あぁ、おはよう......」

「ごめん、私忙しいから朝ご飯は自分でなんとかしてね!」ドタバタ

京太郎「そんくらい自分で何とかするさ」

俺が休日にしては――――世間的には平日だが――――比較的早い時間帯に目を覚ますと、既に着替えを終えた彼女があっちこっちと騒がしく走り回っていた。
起きたばかりの胃袋は朝飯を消化するにはもう少しウォーミングアップの時間が欲しいと訴えかけている。
何もしないのもむず痒い俺がやはり働かない頭でいくらか考えた結果、たまには玄関で見送りでもしようかと思い立った。

「ヤバいヤバい、早く行かなきゃ!......何やってるの?」

京太郎「いや、朝日があったかいなぁと」

「そ、そっか......とにかく、私早く行かないといけないから」

京太郎「おう――――――――」
9 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 16:49:43.12 ID:VtKT70Eh0
1. 行ってらっしゃい、咲

2. 早めに帰ってこいよ?


↓3まで多数決、無効下
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/21(木) 16:53:54.66 ID:N2ignXYaO
2
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/21(木) 18:11:22.75 ID:dW6UOt+10
1
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/21(木) 18:29:46.18 ID:DGhYO9P5O
2
13 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:49:55.96 ID:VtKT70Eh0
2. 早めに帰ってこいよ?


京太郎「早めに帰ってこいよ?照さんとお前が揃ったら出掛けるからな」

「わかってるってば」

京太郎「道草も食うなよー?」

「食べないよ!」

京太郎「それでいい。行ってらっしゃい」









京太郎「明」



明「行ってきます、お父さん」
14 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:51:10.32 ID:VtKT70Eh0
日本で一番大きなターミナルから特急に乗って二時間、そこから一日に指折り数える程しか走らない在来線に揺られて更に二時間。
車窓からは民家、ビニールハウス、それからだだっ広いスーパーとホームセンターがちらほらと見える。
それ以外何もない典型的な田舎だけれども、最近では東京の方こそ度が過ぎた都会なのではないかと思うようになってきた。


――― 在来線 車内


淡「あっ、あそこの橋が開通してる。ずっと工事中だったのに」

照「あの山の左側に架かってる橋のこと?一昨年の夏くらいにはもう出来てたよ」

淡「そっかー......ま、何年も来てないしそういうこともあるよね」

照「どうして淡はしばらく来てなかったの?」

淡「んー、特に来る理由もなかったからかな。忘れたわけじゃないけど、もう十年以上経ったわけだし」

淡「それにあの子も大きくなったし」

照「ということは今年はあるんだ」

淡「うん。久々に顔が見たくなっちゃって」

照「ふふっ、何それ」クスクス


『次は 清澄 清澄 お出口は―――』


淡「そろそろ降りないと。お土産忘れないでね?」

照「.........大丈夫」

淡「その間は絶対忘れてたよねテルー......」
15 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:53:29.76 ID:VtKT70Eh0
木曽山脈を背負った無人駅で降りた後は彼の家まで歩いて一時間。車で迎えに来てもらえばせいぜい十分くらいの距離だけど、あえてそうしない。
ただでさえ起伏の少なくない山里の道である上に、それを進む足腰も年々衰えていくのを嫌でも実感している。
それでも私はこの風景をとても気に入っていて、ミニバンなんかで早々と通り過ぎるにはあまりにもったいないと感じてしまう。

それにしても長野の冬は寒い。一般に気温は、高度が100m上がるごとに0.6℃降下すると言われている。
標高700mほどの清澄であれば東京より4℃くらいは低い計算になるわけだが、周囲の人気の無さが体感に拍車を掛けているのは確かだろう。
そんなことはもとより百も承知ではあるが、やっぱり寒いものは寒くて、

淡「うぅ、今年はいつもより冷えるね......」ブルブル

照「東京育ちはこれだから......」ヤレヤレ

淡「テルは寒くないの?」

照「全然大丈夫」ドヤァ

照「それにこの辺りは雪もあまり降らないし。北信に行くとこの時期でも―――」

したり顔で語るテルの顔は赤らんで白い息を吐き、よく見ればカタカタと小さく震えている。やっぱ寒いんじゃん。
16 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:54:53.14 ID:VtKT70Eh0
目的地に着いたのは、寒い寒いと言い続けたせいで余計寒くなったような気がした頃のことだった。
山脈に挟まれた平野を田畑が埋め尽くす中にぽつんとできた、わずか十数戸の小さな新興住宅地。
もう何度も訪れた場所ではあるが、念の為『宮永』という表札が掲げられているのを確認してからインターフォンを鳴らす。

ピンポーン

淡「.........」

照「出ないね」

淡「居ないのかな?」

照「連絡してあるし、そんなことはないと思うけど......」

淡「うーん......?」ピンポーン

照「......」

淡「......」

照「......」

淡「............あーもう、イライラする」ピンポーン ピンポーン ピンポーン

照「ちょっと淡、やめなよ」

淡「いーじゃん別に。アイツが出ないのが悪いんだから」ピンポンピンポンピンポン

照「......はぁ」

淡「早く開けろぉぉぉぉ―――」ガチャッ


京太郎「はーい!!お待たせしました!!!!」
17 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:55:34.75 ID:VtKT70Eh0
扉を開けて出てきた男は顔こそ明るく装っているものの、声色には隠しきれない苛つきが浮かんでいた。
でもこっちだって待たされたしお相子だろう。いや、3:7くらいでコイツの方が悪いよね。

京太郎「―――って、あぁ」

照「京ちゃん、久しぶり」

京太郎「照さん。お久しぶりです」

京太郎「......げっ、淡までいやがる」

淡「この淡ちゃんが来てやってるのに『げっ』とはなんだ!キョータローのくせに!」

京太郎「アラフォーが自分のこと『淡ちゃん』なんて言ってんじゃねーよ」


私、大星淡と須賀京太郎にとって、それは三年ぶりの再会だった。
18 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:57:01.97 ID:VtKT70Eh0
――― 宮永邸 リビング


久し振りにやって来たこの家の模様は殆ど変わっていなかった。いくつかの家電が新調されているものの、総じて小奇麗に整頓されている。
彼女がマメな性格で本当によかった。学生時代のキョータローは部室こそ率先して綺麗にしていたが、自分の部屋については結構適当な気立てだったはずだ。

淡「鳴らしたらすぐに出てきてよー」ボリボリ

京太郎「仕方ないだろ。寝てたんだ」

淡「怠慢」ボリボリ

京太郎「たまの休日なんだから別にいいじゃねーか......」サクッ

京太郎「あ、これめっちゃ美味い」

『バターサンド』を一口齧ったキョータローが思わず声を上げる。
元々は東京ばな奈を所望されていたらしいが、結局テルはデパ地下で一時間近く悩んだ挙句にこちらをお土産として選んだのだった。
だが一方の当人はと言えばそれに何か相槌を打つこともなく、いかにも妬ましそうにキョータローの顔をまじまじと見つめていた。

京太郎「照さん、俺の顔にゴミでも付いてますか?」

照「いや......京ちゃんは本当に老けないなって」モグモグ

京太郎「あー、そりゃどうも。特に何かやってるわけじゃないんですけどね」モグモグ

淡「テルだって全然若いじゃん」ボリボリ

自分で言うのは憚られるが、私だってまだ色んな人から三十代前半くらいには間違えられる。いやいや、社交辞令じゃなくてマジで......たぶん。
不老不死が三大プロ麻雀界ミステリーの一つであるというのはそこそこ有名な噂だ。
19 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:58:00.06 ID:VtKT70Eh0
京太郎「不老不死ってのは流石に冗談にしても、実年齢より随分若く見える人はかなりいるな」

淡「小鍛治さんとか明らかにおかしくない?」ボリボリ

淡「ひょっとして和了るたびに若さとか吸い取って―――むぐっ」

照「淡、そのくらいにしておいたほうが良いよ」

淡「......!」コクコク

京太郎「というか淡、お前お菓子食べすぎ」

京太郎「あいつの分が無くなるだろうが」

淡「ちぇーっ」

十五個入が二箱もあるんだから少しくらい良いじゃないかとは思ったけど、私もいい年の大人だしここは素直に引くことにしよう。
もっとも、私に釘を刺すキョータローの目を盗んでテルが五個目をくすねた瞬間を見逃すことはなかったけど。
20 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:59:25.37 ID:VtKT70Eh0
話題は絶えることもなくコロコロと変わり、昨日あったという昇進祝いの話やテルが優勝した話など最近の出来事を遷っていく。
そして最終的には私が結婚できないという話に落ち着くのが、この面子で集まった時のお決まりなのだ。

淡「私が悪いんじゃないもん!そもそも私に―――」ギャーギャー

京太郎「本当に難儀なやつだな、淡は」

照「今年で42歳だっけ?人生諦めが肝心だよ」

淡「まだ41だよ!世間じゃ晩婚化がなんとかって言われてるしまだまだ.........あれ、でもそういえば来週誕生日だったような」

京太郎「アラフォーはアラフォーでも、とっくに四十路に入ってる方のアラフォーだもんなぁ」

淡「キョータローだって同い年じゃん」

京太郎「ああ、そういやそうだった」ケラケラ

淡「むぅ」

年齢の話になるとどうしても二人には負ける。キョータローは別にいい。男だし既婚だし、子供もいるし。
しかしテルは私と同じ行かず後家仲間にもかかわらず焦る素振りの一つもなく、もう諦めている様子なのだ。
それが良いんだか悪いんだかはともかくとして、この余裕そうな態度に接すると何ともやるせない気持ちになってしまう。

淡「あーもうむしゃくしゃする!麻雀打ちたーい!」

京太郎「そんな事言ったって三麻しか出来ないじゃねーか」

淡「えー?別に私はそれでもいいよ」

京太郎「俺は気が乗ら 淡「ねぇねぇテルー、麻雀したいんだけどさー」

京太郎(人の話聞けよ)

淡「一緒に三麻やろうよ」
21 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 18:59:54.40 ID:VtKT70Eh0


照「............」

22 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 19:00:51.38 ID:VtKT70Eh0
淡「......テル?」

照「......えっ?ああ、ごめん」

照「ええっと.........私も京ちゃんに賛成かな」

淡「がーん、麻雀出来ないじゃん」

京太郎「残念だったな」

淡「ぐぬぬ、もう一人いれば......まだ帰ってこないの?」

京太郎「そろそろだと思うんだが」チラッ
23 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 19:01:21.54 ID:VtKT70Eh0
キョータローの仕草に釣られるままに私とテルの目線が部屋の壁に掛けられた時計へ向けられた。
彼の趣味なのかはたまた彼女の趣味なのか、やけに前衛的で読み取りづらいそれはどうやら十五時前を指しているらしい。

まるで待ちかねていたかのように、遠くで何者かが扉を開ける音がする。

そして―――
24 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/21(木) 19:01:58.68 ID:VtKT70Eh0
「ただいまー!」


彼女が帰ってきた。
25 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/01/21(木) 19:05:42.96 ID:VtKT70Eh0
京咲か京淡か京照かの何かしらになる予定です

不定期更新で適当に進めるつもりなのでよろしくお願いします
234.29 KB Speed:1.9   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)