【咲-Saki-】京太郎「たのしい宮永一家」【微安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/22(金) 00:47:38.00 ID:ShRCTkfS0
乙です
予告が予告だっただけになんだか不穏な気配が
いきなり大きな分岐点の安価だったのでは
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/22(金) 06:10:38.07 ID:wDnkvMXc0
不確定だった部分が名前を呼ばなかったことで、って感じ
何はともあれおつ
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/01/22(金) 07:49:39.42 ID:42+r1qCC0
おつおつー
30 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/01/24(日) 04:20:53.70 ID:lISAVCs00
>>26 ですです

>>1の前作的な何か:
【咲安価】京太郎「清澄の探索者」【ADV】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1598802109/

ということで投下
31 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:22:38.32 ID:lISAVCs00
彼女が靴を脱ぐ音が聞こえる。立ち上がって式台を踏みしめる音が聞こえる。一歩二歩と、確かに彼女が近づいてくる音が聞こえる。
廊下とリビングを隔てるドアノブが捻られるのを目の当たりにして―――何故か身をこわばらせる私の心音が聞こえる。
扉が開かれるまでにその理由が見つかることはなかった。


明「うぅ、寒かった......」

淡「おーよしよしメイ、元気かい?」

大丈夫、ちゃんと受け応えできてるっぽい。

照「明、久し振りだね」

明「お二人ともいらっしゃい」

明「淡さんも来てたんですね。それなら教えてくれればよかったのに」

淡「あははー、ゴメンゴメン」

京太郎「淡、毎回言ってるけど来る時は連絡してくれよ。色々と用意があるんだからさ」

淡「別に気にしなくていいのに」

京太郎「そういう問題じゃないんだけど......」

明「それお土産?私も食べたいなー」

そう言って放り投げられた鞄とコートが二次曲線を描き、危なげもなく無事ソファに着地する。
メイは私たちの囲む食卓へ腰を下ろすと、箱に入った小さな包装の一つに細い腕を伸ばして、

明「結局違うの買ってきたんだね......あ、これ美味しい」

照「でしょ?」フフン

京太郎「なんで照さんが威張るんですか」

照「私が選んだから」

淡「さてと、メイも帰ってきたし半荘打ちますか!」

京太郎「却下」

照「お父さんだって迎えに行かないといけないのに、そんな時間ないよ」

淡「なんでよ!面子集まったのに!」

京太郎「三麻が嫌だとは言ったけど、別に四麻なら良いなんてこれっぽっちも言ってないぞ」

淡「」

宮永京太郎、決して許すまじ。
32 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:23:34.06 ID:lISAVCs00
明「あっ、そうだ!お姉ちゃん」

照「なに?」

明「先月の雀聖戦おめでとう!!ネットで対局見てたけどすごかったね!!」

照「う、うん。ありがと」

明「特に準決勝のオーラスなんて―――」ペラペラ

矢継ぎ早、目を輝かせて語るセーラー服の少女にテルは完全に気圧されていたが、それでも何処か嬉しげだ。
こういう快活で外交的な性格は父親に似たのだろうか?もっとも少しオタクっぽい気質は正しく彼女のものだし、何よりその外見は......

淡「メイってさ。こうしてキョータローと並ぶと本当にサキそっくりだね」

京太郎「何のことだ?」

淡「は?」

京太郎「咲にそっくりって、言ってる意味が――――――」


そう言いかけて彼の動きはぴたりと止まった。

まるで、歯車が壊れてしまった機械仕掛けのように。
33 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:24:11.04 ID:lISAVCs00
照「京ちゃん大丈夫?」

京太郎「.........すみません、目が霞んで。明、目薬ってどこだっけ?」

明「目薬なら洗面台の鏡の裏に入ってるよ」

京太郎「そうだったそうだった。いやー、最近物覚えが悪くて困ったもんだ」

明「しっかりしてよね、お父さん」

京太郎「わかってるよ。ちょっと取ってくる」ガタッ スタスタ

明「まったくもう......それで、何の話でしたっけ」

淡「えーっと、メイがサキに似てるよねって」

明「そうなんですかね。いまいちピンとこないけど......」

間もなくキョータローが帰ってくると話はそろそろ出発しようかという方向に纏まり、椅子にかけてあった上着に袖を通した。
普段カジュアルに済ませてしまう私は黒のスーツなんて滅多に着ない。それこそ今日くらいのものだろう。
34 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:25:28.85 ID:lISAVCs00
――― 『宮永邸』 玄関


キョータローの運転で走ること数十分。見えてきた一軒家は表札に記された名字こそ同じものの、彼のそれと外見は全く異なる。
その玄関先に立つ老人はしばらく辺りをキョロキョロしていたが、こちらの車に気がついたらしく軽く手を振ってきた。

京太郎「お義父さん、お待たせしてすいません」

界「いやいや、このくらい訳ないさ」

界「淡さんは久し振りだね。最後に会ったのはいつだったっけ」

淡「カイさん、私が前に来た時入院してたよね?ってことは五年ぶりくらいじゃないかな」

界「そんなに経つのか。歳を取ると時間感覚が分からなくなるってのは本当だなぁ」

照「お父さん、体調は大丈夫なの?あんまり良くないって聞いてたけど」

界「肺の話か?ちょっと前まではだいぶ悪かったけど、吸うのを止めたらさっぱりだ」

照「もっと早く禁煙すれば良かったのに」

京太郎「お義母さんは昨日行かれたんですよね」

界「愛は忙しいからな。早朝に松本空港まで送っていったから、今頃モスクワ行きの機内だろうさ」

界「......みんなと行けなくて、残念がっていたよ」
35 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:26:44.69 ID:lISAVCs00
――― 宮永家菩提寺 墓地


『観自在菩薩行深般若波羅蜜多時―――』


私は宮永家がどの宗派なのかは知らないし、キョータローが冊子片手に読み上げてるお経の意味は露ほども理解できてはいない。
そもそもこの行為に意味はあるの?輪廻転生とか死後の世界とか、そんなこと生きている私たちにはわかりっこないのに。
.........少なくとも私がここに来た理由は彼女を弔うことであって、それ以上でもそれ以下でもない。
親戚も居なければお坊さんも居ない、五人と一人の寂しい十三回忌だ。


明「......お父さん」

京太郎「......何だ?」

明「ここにお母さんがいるんだよね」

娘が問いかける。もう何度も繰り返してきたことだろうに、何を今更疑問に思うことがあるのだろうか。

京太郎「ああ、そうだよ」

明「......私、もう覚えてないよ。お母さんの顔」

京太郎「.........仕方ないさ」

父は答えた。
36 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:28:34.52 ID:lISAVCs00
日が傾いてきた。いくらコートを着込んでいるとはいえスカートでは足元が冷え込み、こういう時ばかりでは男が羨ましく思えてしまう。
テルが突然切り出したのはそういった背景もあって、そろそろ帰ろうかという雰囲気になった頃だった。

照「京ちゃん、話したいことがある」

京太郎「構いませんよ」

照「......淡、お父さんと明を連れて先に帰って」

淡「いいよ。でもテルとキョータローはどうするの?」

照「電車で帰るから大丈夫。京ちゃんもそれでいい?」

京太郎「俺は何でもいいですよ。淡、これ車の鍵な」チャラッ

淡「......聞いちゃダメなのかな」

照「淡」

淡「.........なーんてね!淡ちゃんもう大人だから、そーゆーの弁えてますよ」

淡「メイ、カイさん!帰りにお寿司買って帰ろ?キョータローのおごりだよ」

明「家計がカツカツになって困るのは私なんだけどな......まあいっか」

界「えっ、ちょっと待ってくれ。一体何の話―――」バタン
37 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:29:59.14 ID:lISAVCs00
――― 長野県内 県道


明「淡さん」

淡「ん?どーしたの、メイ」

メイは私のことを少し避けているような気がする。
麻雀の相談ならテルの方が的確なアドバイスが出来るし、それ以外のことならキョータローに話せばよい。
私は親類でもなければそこまで頻繁に会うわけでもないのだから、彼女にとっては対応に困る部分もあるのだろう。
私にとっては親友たちの娘であり、生まれた瞬間からその成長を見守ってきた自分の娘同然の存在でもある。だからそんな現状を物寂しく覚えていたのだけど......
ともかく、メイが自分から私に話しかけてくるというのはちょっと珍しいことだった。

明「あの、ちょっと聞きたいことがあるんですけど」

淡「あはは、そんな前置きいいよ。何でも言ってごらん?」

明「お父さんとお姉ちゃん、やっぱり私のことですか」

淡「.........ま、そりゃそーなるか」

狭い山道の向こうから対向車がやって来た。一度車体を路傍に寄せて相手が通り過ぎるのを待つ。
バックミラー越しに見るカイさんの皺が増えた顔は、いつの間にか静かな寝息を立てていた。
38 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:32:10.19 ID:lISAVCs00
十二年前―――メイが母親を失った直後にはキョータローもずいぶん参った様子で、私とテルは残されたメイを何かと気にかけていた。
まだ小学生にもならないメイを助手席に乗せて大阪まで遊びに行ったのは、つい昨日のことにすら感じられる思い出だ。
しかし今私の横に座る少女はもう高校一年生、私と『彼女』が初めて会った時と同じ歳になっていた。

淡「ごめんね、私も全然わかんないや」

淡「でもそうだとしても大した事じゃないと思うよ。教育方針がどーとかこーとかそういう話じゃないかな?」

淡「キョータローはその辺適当だからさ、テルも結構メイのこと気にしてて―――」

嘘だ。テルがそんなことのために、キョータローとわざわざ墓地なんかで立ち話をしようとするだろうか?余程聞かれたくないことでもあるのか。


 「お前が咲を見殺しにしたんだ!!!!」

 「違うんです、照さん!俺は......ならどうすれば良かったっていうんですか!」

 「そんなこと知らない!お前が殺した!!お前が咲をッ!お前がッ!お前がぁぁぁぁぁああああッ!!」

 「テル、やめて!!ちょっと落ち着いてほら......キョータロー、大丈夫?」

 「照さん......俺、だって.........」

 「俺は............」

 「......きょうた、ろう.........」


―――嫌な記憶が思い起こされる。あの日も私たちは皆黒い服を着ていた。
39 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:33:37.17 ID:lISAVCs00
こんな口から出任せを吐いたところで私の気は休まらない。
でもそんな本当の事をメイに言えるはずもなく、

淡「だから放っといて大丈夫だよ」

明「......そうだよね」

明「最近の京ちゃん、疲れてるみたいだったから心配で......」

淡「―――ッ!!!!」


「おい、危ねーぞ!急に止まんじゃねえよ!」




淡「メイ.........今、なんて言ったの」
40 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:35:15.00 ID:lISAVCs00
私がその事実に気づいたのは今年の夏。
インターハイ関連の仕事が粗方片付いて、盆休みを取った時のことだった。


【8月中旬】


――― 宮永邸


明「ふぁぁぁ......おはよー......」

照「おはよう、お寝坊さんだね」

明「......あれ、私ったら寝ぼけてるのかな」

京太郎「やっと起きたか。これから素麺茹でるけど食うか?」

明「お父さん、縁側に照お姉ちゃんがいる気がするんだけど」

京太郎「あぁそれか。昨日、お前が寝た後に押しかけてきてな」

明「寝た後って......私、昨晩二時くらいまで起きてたよ」

京太郎「中央道を夜通し突っ走ってきたんだとさ」

照「ぶい」ピース

明「お姉ちゃんが夜中に高速!?だ、大丈夫?事故とか起こさなかった?」アセアセ

こう見えても仕事で運転する機会だって結構あるのだ。しかもドライブは私の密かな趣味で、休日は愛車と共に小旅行に行くことだってある。
フレンドリーなのは良いことだけど、この子は私を何だと思っているんだろう......
41 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:37:01.90 ID:lISAVCs00
結局京ちゃんがお中元で貰った分を一箱全部茹でたので、食卓には山盛りの素麺が並ぶことになった。

照「インハイお疲れ様、明」

明「お姉ちゃんこそ解説のお仕事大変だったでしょ」ズズッ

照「私は二回戦までだったし......決勝、凄かったんだってね。牌譜見たよ」

京太郎「あの点差のまくりだもんなぁ。まるで藤田さんみたいだったぜ」ズルズル

明「正直自分でも怖いくらいだよ......普段の私だったらあんな打ち方絶対にしないのに」

明「結局運が良かっただけだし、何だか申し訳ないなって思っちゃって」

照「運も実力のうち。プロだってそうだから大丈夫だよ」

明「そんなものかな......お父さん、錦糸卵ちょーだい」

京太郎「はいよ。しかしテレビで観てたけどオーラスは本当に凄かった」

京太郎「年甲斐もなく泣いちまったよ」

明「老けただけじゃないの?」

京太郎「ぐっ、そういうことを平気で言う娘を持って父さんは悲しいぞ......」

「年齢の話をするのは私への攻撃にもなってるんだけど」と言いたいのを飲み込み、薬味の浮いたつゆにくぐらせた白い麺を啜る。
この夏、京ちゃんは「仕事が忙しいから」と言って東京に来なかった。その真偽は甚だ疑問ではあるが、どちらにしても仕方のない話だろう。
42 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:37:59.04 ID:lISAVCs00
.........ふと、明が食事をする所作に意識が向いた。箸を右手に持っていたのだ。
私の記憶にある限り彼女は生来左利きで、特別右手を使わせるような矯正を咲がしていた覚えはない。今更になって京ちゃんがそんなことを強要することもないだろう。

明「大体なんでこんなに茹でちゃったの?私もう飽きてきたんだけど」

京太郎「そう言うだろうと思ってたよ。前買ってきたトマト、まだ使ってないよな?」

明「トマト?」

京太郎「そうそう。トマトを切ってツナ缶と混ぜるんだけどさ、これが中々......」
43 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:39:06.14 ID:lISAVCs00
【夜】


明「ちょっと前まであんなに麻雀してたのに、帰っても麻雀なんて......はぁ」カチャカチャ

京太郎「じゃあ止めるか?」

明「やる」

京太郎「麻雀ジャンキーめ......おっ、悪くない配牌」

明「お父さん!シャミるの行儀悪いよ」

京太郎「へーへー」

照(やっぱり右手で打ってる......)

私は一日中明を観察し続けた。彼女は右手でペンを走らせ、右手でうちわを扇ぎ、そして今も右手で牌をツモっている。
この些末事に対する疑問を抑えることは私には最早不可能だった。

照「ねえ、明」

明「なに?デザートなら冷蔵庫に入ってるけど、選ぶ権利は着順だからね」

照「そうじゃなくて。明って左利きじゃなかったっけ」

照「ご飯の時に右でお箸を持ってたし、今も右手で打牌したよね」

明「えっ?.........確かに、言われてみればそうかも」

照「両利きのトレーニングでもしてるの?ひょっとして部活で強要されてるとか」

京太郎「んな時代錯誤な......いや、作戦のためならあの人はやりかねないな」

明「さ、さすがに先生もそこまで言わないよ!」

京太郎「ならどうして?」

明「どうしてって言われても......えーっと.........」

彼女はしばらく考え込むように黙りこくっていたが、結局は首を横に振った。
利き手についての話がそれ以上話題に上ることはなく、明自身と京ちゃんはすぐに興味を失ったようだ。
44 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:40:19.19 ID:lISAVCs00
【二時間後】


照「ツモ、6000オールは6600オール」

京太郎「げーっ、勘弁してくださいよ」チャラッ

明「なんで10万点持ちなんて言っちゃったんだろう......はい」チャラッ

京太郎「この調子で夜が明けなきゃいいがな」

照「次いくよ」ピッ ウィーン

オーラス七本場。次は三倍満以上だから手はずっと重い筈なのに、こういう日に限って何故かツキが回っている。
そういえば高校生の頃、菫に頼まれて部室で夜通し打ったこともあったっけ......しかし『夜更しは肌の大敵』という言葉の意味は十年以上前からよく理解しているのだ。
和了止めしよう。この手を気持ちよく和了って今日はおしまい。深夜一時前を指す腕時計と、手の中で育っていく索子の九蓮宝燈を見て私はそう思っていた。


十二巡目に四枚目の一索を引き入れて嵌二索待ち聴牌。この二人からは絶対に出ないけど......二巡もあればツモれるだろうと確信した私が、


明「.........カン」


九萬を切った直後だった。

京太郎「大明槓?」

如何にも眠たげな明が、そのあまりに弱々しい右手で私の河から牌を取り上げる。
そしてそれは流れるように王牌へと伸ばされて―――
45 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:41:00.70 ID:lISAVCs00



咲「ツモ、嶺上開花」


照「.........!」


46 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:41:36.17 ID:lISAVCs00
明「えーっと、400-700かな」

京太郎「七本場だから1100-1400だな。ほら」チャラッ

照「.........」チャラッ

明「そうだった......ふぁぁぁ、やっと終わったよ......」

京太郎「眠いか?」

明「うん.........私もう寝るから、デザートは適当に選んじゃって」

京太郎「おう。歯磨きはちゃんとしろよ」

明「そのくらいわかってるよ。おやすみー」スタスタ

京太郎「あぁ、おやすみ」

京太郎「ふぅ.........あいつはシュークリーム好きだし、俺はどら焼きでも食うか」

京太郎「照さん、今からお茶淹れますけど飲みますか?」

照「............要らない。私ももう寝るから」

京太郎「......もう寝るんですか」

照「うん」

京太郎「そっすか。おやすみなさい」

照「おやすみ」
47 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:43:05.30 ID:lISAVCs00
【現在】


――― 宮永家菩提寺 墓地


京太郎「つまり何が言いたいんだ」

京太郎「明が母親の......咲の真似をしてるってことですか」

照「ううん、あれは『咲の真似』なんかじゃない。『咲』そのもの」

京太郎「.........すみません。俺にはあなたの言ってる意味が本当に解らない」

京太郎「明は明だ。それ以外の何者でもないし、ましてや咲そのものってどういうことなんだ」

黒のネクタイを締めた黒のスーツ、黒のコートを身に纏った義理の弟の顔には明らかに苛立ちが浮かび上がっていた。
理解できない苛立ちだろうか。理解してしまったが故の苛立ちだろうか。彼は白髪の混じり始めた金髪を掻き毟って、

京太郎「............火、忘れちまった」

照「はい」スッ

京太郎「いいんですか?嫌いなのに」

照「頭がスッキリするんでしょ。真面目に聞いてもらえないと困る話だから」

京太郎「そんなのまやかしだ、ってよく言いますけどね......ふぅ」

私は線香用に持ってきていたライターを懐から差し出した。
『タバコを吸えば目が覚める』というのはまやかしで、真っ赤な嘘であるという主張は妥当なものだ。
ニコチンが欠乏したせいで途切れている集中力が喫煙によって本来のレベルまで回復するだけで、決して元の能力より集中力が向上するわけではない。
しかし少なくとも彼がこうして続きを聞くつもりになってくれたのは、紛れもなくその口元から燻る紫煙のお陰だろう。
48 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:44:38.69 ID:lISAVCs00
京太郎「あの日のことは覚えてます。そりゃ確かに嶺上は滅多に和了れないけど、俺だって一年に数回はありますよ」

京太郎「眠かった明はどうにかして照さんの連荘を止めたかったんでしょう」

京太郎「聴牌してたところに四枚目が出たから、運試しくらいの気持ちでカンしてみた。そしたら偶然和了れた」

京太郎「それだけの話じゃないですか」

照「違う。それじゃあ急に右利きになった説明がつかない」

照「第一インターハイの決勝......あのオーラスも『偶然』で片付けるつもり?」

京太郎「.........当たり前ですよ。麻雀は運が絡むゲームなんだから」
49 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/24(日) 04:45:45.99 ID:lISAVCs00
照「あの雰囲気は絶対に明じゃない。咲だ」

照「明のオカルトは么九牌でしょ?あんな、まるで王牌を知り尽くしているような立ち回りを出来るはずがない」

照「あれは咲だったんだよ」

京太郎「俺にはそんなもの全然感じ取れませんでしたけどね」

照「それは京ちゃんには―――」

京太郎「―――俺にはオカルトの才能が無いから、ですか?」

照「.........うん」

京太郎「照さんの言う通り俺にオカルトは分からない。でもだからって、そんな事あるはずが.........」

京太郎「............照さん」

照「何?」

京太郎「もう、帰りましょう」

照「......わかった」

京ちゃんが煙草をまた吸うようになってどれくらい経つのだろうか。
明の誕生と同時に禁煙したはずだったが、あの事故の後に初めて赴いた時にはベランダの灰皿は一杯だった。

京太郎「.........咲、また来るよ」

墓地を出ようとした京ちゃんは突然振り向き、墓碑に刻まれた名前を一瞥した。
そしてもう一度振り返って元の道を歩き始めると、私はその後を追った。
50 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/01/24(日) 04:47:57.09 ID:lISAVCs00
今回はここまで
51 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/24(日) 11:24:22.56 ID:j4UveGj20
深夜に乙です
やはり暗い部分もある話になりそうだけど続きが凄く気になる
52 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/24(日) 21:08:19.30 ID:Rymn9ZQP0
おおう…こういう…
53 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 18:42:18.04 ID:lkV5u9hc0
19時くらいから投下です
安価あります
54 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 19:03:25.85 ID:lkV5u9hc0
アスファルトで塗り固められた山沿いの道を下ると、住宅街が見えてくるまでにそう時間はかからなかった。
県内でも五本の指に入るこの街は決して大都市ではないし大きな商業施設があるわけでもない。しかし活気がある。
二車線の車道を何台も自動車が走り去る。日の暮れと共に人家には明かりが灯り、居酒屋からは笑い声が漏れ出す。
向かいの歩道を学生の一団が駅に向かって歩いていくのを認めたとき、私は久し振りに生きた人間の営みを目にしたような気がした。

京太郎「さみー......おっ、自販機発見。コーヒー飲みますか?」

照「いいね。貰おうかな」

京太郎「ブラック飲めないんでしたっけ」

照「そんなことない。ブラックだろうがベンタブラックだろうがどんとこい」

京太郎「はいはい、ちょっと待っててくださいね」スタスタ

清澄の風景を思い出す。淡と二人で田舎道を歩く間、私たちはたったの一人にも会うことはなかった。
隣を何台かの車が通り抜けていったけど、そこには会話や表情、意志の疎通は存在しない。
中に誰かが乗っていて車を運転しているはずなのに、生きる人間の存在を認知することはないのだ。

京太郎「お待たせしました。ブラックとカフェオレ、どっちがいいですか?」

照「ブラ............やっぱりカフェオレで」

京太郎「はいどうぞ」ニヤニヤ

照「......言っておくけど、別にブラックが飲めないわけじゃない」

照「どちらかといえばカフェオレの方が好きなだけだから」

京太郎「分かってますよ」

京ちゃんはどうして清澄に家を建てたのか。
何故私の両親の助けも借りることもなく、彼の両親と共に住むこともなく、明と二人きりで暮らすことを決めたのか。
こうしておちゃらけた様子を見せる彼は初めて知り合った時のままだ。
55 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 19:05:15.03 ID:lkV5u9hc0
他愛もない会話を交わしながら地下道を通って駅の南側へ渡る。
そういえばこの駅前には思い出のレストランがあるんだった。私が子供のころ、祝い事なんかの折にはわざわざ家族でここまで来たっけ。

照「ちょっと寄り道してもいいかな」

京太郎「いいですよ。何か用事でも?」

照「昔よく行ってたお店がこの辺にあるんだけど、まだ残ってるのか見てみたくて」

大通りを歩きながら、最後に食事をしたのがいつだったか思い出していた。確か高校三年の冬、数年ぶりの帰省で咲と二人で行ったときだったろうか。
流石にもう残ってないよね......でも万が一残っていたらどうしよう。明日の昼あたり食べに来ようかな。

見覚えのあるレンガ調の建物が見えてきた。記憶が正しければ、ここの地方銀行の裏手にその店はあったはずだ。
パンプスを履いているのも忘れてだんだんと歩みが速くなっていく。この角を曲がれば―――

照「.........あ」

京太郎「ここですか?」

照「...............違った」

もう三十年も前のことだ。なくなっていても全然不自然ではないし、別に私の人生に影響のある話でもない。
私たちは踵を返して、そそくさと駅へ向かった。
56 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 19:06:26.45 ID:lkV5u9hc0
切符を買ってホームに出ると、ちょうど列車が到着して中の乗客を吐き出しているところだった。誰も居なくなったボックス席に腰を落ち着ける。
風越女子の生徒が何人か乗り込んで来た頃、列車は少しずつ動き始めた。

照「そっか。風越ってここが最寄りなんだっけ」

照「ひょっとして麻雀部の子なのかな」

京太郎「もしそうなら『トッププロがこんな所にいるぞー!』って大騒ぎになりますね」

照「流石にないよ。私、そんなに知名度ないし」

京太郎「いやいや、照さんは有名人ですよ?麻雀に疎い会社の同僚ですら知ってますから」

京太郎「強豪校の部員が知らないわけないでしょ」

照「そしたら京ちゃんだって有名人じゃないの」

京太郎「......今時、俺を知ってる人なんて何処にもいませんよ」
57 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 19:07:36.17 ID:lkV5u9hc0
都会の電車と違って風景がゆっくりと流れていく。曲がりくねった線路だからあまりスピードが出せないのだ。
しばらくは住宅街を通っていたが、やがて枯れ木のトンネルが車窓を埋め尽くすようになった。

照「麻雀、好き?」

京太郎「そりゃもちろん。好きじゃなきゃこんな人生辿ってないでしょ」

照「じゃあ、咲と麻雀ならどっちが好き?」

京太郎「......おかしいですよ。今日の照さん」

照「プロを辞めた時だって、実業団を辞めた時だって。いつもあなたはそうだった」

照「大好きな麻雀を続けることなんて幾らでも出来たのに、ずっと咲から逃げてきたんだ」

照「これからの人生も咲に囚われ続けるつもりなの」

京太郎「そんなこと......!」

照「『そんなこと』って、どんなこと?」

京太郎「......自分で全部決めたんだ。咲に囚われてなんかいない」

京太郎「咲は死んだし、俺は生きてる。それだけのことですよ」


『対向列車待ち合わせのため一時停車いたします』


照「京ちゃん、一つ提案があるんだけど」

京太郎「なんですか」

照「あのさ――――――」
58 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 19:08:48.06 ID:lkV5u9hc0
1. プロに戻ってこない?

2. 結婚しない?


↓3まで多数決、無効下
59 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/01/26(火) 20:15:32.93 ID:OKrcCude0
2
60 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/26(火) 20:44:46.55 ID:8xcqQ0kT0
2
61 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/01/26(火) 20:53:43.84 ID:bnMXFTyK0
2
62 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:53:15.27 ID:lkV5u9hc0
2. 結婚しない?


照「結婚しない?」

京太郎「............はっ?」
63 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:54:23.50 ID:lkV5u9hc0
京太郎「.........すいません、誰の話ですか」

京太郎「明を嫁にやるつもりはまだまだありませんよ。一応言っておきますけど」

照「明じゃなくて京ちゃんが」

京太郎「俺が?」

照「私と」

京太郎「照さんと?」

照「うん」

京太郎「はぁ、そうですか」

虚を衝かれた顔。
当たり前だ。私が彼の立場でも同じような反応をするに違いない。

前方からやって来た列車がすぐ右隣を通過していくと、ようやく私たちの乗る車両もゆっくりと加速を始める。
次の駅に到着しようという頃になって、京ちゃんはその口から言葉を吐き出した。

京太郎「本気で言ってるんですか、それ」

照「冗談だと思うの?」

京太郎「その通りならどれだけ嬉しいことか。あなたなら十分あり得る話ですし」

照「残念だったね」

京太郎「どうしてこんなことを?」

照「結婚生活がどういうものか気になったから。興味が沸いた」

京太郎「そんなもの、俺たちの間近でずっと見てたじゃないですか」

照「だからだよ。咲の持ってるものが羨ましくなったんだ」
64 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:55:10.91 ID:lkV5u9hc0
昔からそうだった。
私は咲にないものを持っていたし、咲は私にないものを持っていた。
私は咲にあるものを羨ましがったし、咲は私にあるものを羨ましがった。
私たちはそういう姉妹だし、それはずっと変わらない。

照「それに明にとっても悪くない話だと思うけど」

京太郎「.........そんなの咲に顔向けできませんよ」

照「何を今更。自分で言ってたくせに」

照「咲はもういないけど、あなたはここにいる。それだけの話じゃない」


『次は 清澄 清澄 お出口は左側です』


京太郎「.........考えさせてください」
65 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:55:39.67 ID:lkV5u9hc0
昼間に淡と降り立ったのとは反対側のホームに列車は停まった。運転手に二枚の切符を渡してから横のボタンを押して扉を開ける。
日が完全に落ちた駅舎をいくつかのランプが照らしているが、何とも心もとない。

京太郎「この時間ならまだバスがありますね。きっと病院帰りのご老人で一杯でしょうけど」

京太郎「俺は別に歩いてもいいけど......どうします?」

照「バスがいい」

京太郎「それじゃ、待ちましょうか」
66 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:57:36.30 ID:lkV5u9hc0
――― 長野県内 県道


淡「メイ.........今、なんて言ったの」


車が急に止まっても身体は進み続ける。そんな当たり前の物理法則に従って前のめりになった私たちを、ピンと張ったシートベルトが受け止めた。
慌ててサイドミラーを覗き込むと、ずっと追い抜きたそうに後ろを走っていたバイクは間一髪で止まってくれたようだった。
クラクションと怒号が聞こえてくる。窓を開けて謝罪してから、私は再びキョータローの愛車を走らせた。

明「ふぅ、びっくりした......淡さん?」

淡「ううん.........なんでもない。ごめんね」

淡「カイさん大丈夫?起こしちゃったかな」

界「............」

明「寝てるみたいですね」

私の知る上で彼を―――宮永京太郎のことを『京ちゃん』と呼ぶ人物は四人いる。
後部座席でバックレストにもたれ掛かる宮永界、マスターズ出場で今は日本にいない宮永愛、今頃本人と秘密の談合を交わしている最中であろう宮永照。
そして、彼の妻である宮永咲。

気のせいだとは思えなかった。
一瞬だけ見せた口調はメイ自身のものとは到底考えられない。それこそ、まるで彼女のような............
67 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 21:59:50.69 ID:lkV5u9hc0
【8月中旬】


――― 都内某所 放送席


実況「さあインターハイ決勝戦もいよいよ大将戦!」

実況「この一週間に渡る長き戦いにピリオドを打つ、選ばれし四人の選手たちをご紹介しましょう!!」

実況「まずは南大阪代表、姫松高校からは三年生......」

まるでプロレス中継のような威勢の良い声がすぐ隣から聞こえてくる。
例年ならここ十年近くコンビを組んできたアナウンサー(32)がここには座っているのだが、あろうことか先月彼女は産休に入ってしまった。
そして代打としてやってきたのがこいつ。一緒に仕事をするには暑苦しすぎるけど、話してみれば結構楽しい男だ。

実況「......そして長野県代表」

実況「二年ぶりの出場を果たした名門、清澄高校から登場―――」

実況「期待の超大型新人、宮永明選手だーッ!」

実況「ところで大星プロ。宮永選手とはお知り合いだとお聞きしましたが本当ですか?」

淡(こういうのって言っても大丈夫なのかな?............まあいっか)

淡「はい。ご両親と古い付き合いで、彼女とも小さい頃から打ってますけど......」

淡「相当強いですよ」

メイは昔から麻雀が強かった。サキとキョータローの娘だし、当然といえば当然だ。
しかしここ数日のメイは明らかにおかしい。その打ち筋は普段とはかけ離れていた―――彼女の十八番であるはずのチャンタ手が殆どないのだ。
その理由を見定めることは、解説席に座る私の目的の一つでもあった。
68 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:01:48.61 ID:lkV5u9hc0
南四局 十一巡目

晩成 :136000
清澄 :89200
姫松 :73900
白糸台:100900


実況「宮永、ここでようやく急所の二筒を引き入れて混一ドラ3の聴牌」

実況「ダマでも跳満確定、高目が出れば倍満!残り六巡で間に合うか......あれ?」

実況「ここで自風ドラの北を暗刻落としです。これはどういった意味でしょうか」

淡「そうですね.........」

清澄が優勝するためにはトリプル条件、それも一着への直撃が必要だ。
三倍満に届かせるには立直を打つしか選択肢はないが、そうすれば筒子染めが見え透いている以上晩成からの出和了りは不可能。
二着の白糸台と四着の姫松はそれでも押してくるだろうけど、そっちから取ったところで役満でも二着にしかならない。

だが人間にとって一度現れた光明を自分の手で塞ぐというのは中々難しいことだ。裏が一枚でも乗れば優勝.........手を崩せば次の聴牌さえ危うい。
出来るとしたら、それは―――

淡「あるんでしょう。望み薄の賭けなんかじゃない、絶対的に信頼できる何かが」


『何か』は、確かにあった。
69 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:02:45.28 ID:lkV5u9hc0
【26年前 夏】


――― 白糸台高校


ドサッ

淡「なにこれ?」

菫「対戦相手が出場した県予選決勝の録画と牌譜だ。淡のために大将戦だけ抜き出してある」

淡「えー、ここまでのインハイ全部観てたから大丈夫」

菫「まあそう言うな。明日の決勝に向けての準備だよ」

菫「淡を信じていないわけじゃないが、念には念を入れなくちゃな」

淡「センパイが観ればいいじゃないですか。あとで教えてくださいよ」ブー

菫「自分で観ないと意味ないだろッ!」

結局彼女と肩を並べながら続けざまに二本のビデオに目を通すことになった。
奈良県予選に東東京予選、映像を観ては牌譜を読んで検討することを続け―――最後に先輩がリモコンを操作してトラックを三本目へ移す。
70 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:03:57.84 ID:lkV5u9hc0
淡(へぇ......この子なんだ)


 「ねぇテルー。長野の宮永サキって、テルの妹?」

 「...............」

 「.........うん」

 「妹だよ」


淡「スミレー、あの金髪の子って誰?」

菫「西家の龍門渕か?やっぱり気になるか」

菫「あれは天江衣。昨年度のインハイ最多得点選手だ」

菫「圧倒的な支配力で他家を寄せ付けない.........化物級の打ち手だよ」

淡「なら、その化物を抑えて全国に来た宮永サキは魔王だね」

菫「照の妹だし、あながち間違いじゃないかもしれん」

淡「でもテルは妹じゃないって言ってたよ?」

一応形だけでも否定しないわけにはいかない。

菫「どう考えてもあんなの嘘に決まってる。過去に何があったかは確かだが」

菫「......まあ、そこは家庭の問題というやつだ。私たちが首を突っ込んでいい話じゃないさ」

淡「先輩は大人なんだね」

菫先輩は苦労人だった。尭深と亦野先輩はそうでもないにしても、私やテルが先輩にどれだけ迷惑を掛けていたかを痛感したのは彼女が引退した後だった。
それでも出場選手としての練習や調整は勿論のこと、虎姫やその他の麻雀部員、顧問との板挟みに苦悩している一面があることを私は少しだけ知っていた。
彼女が自分自身を守るために身につけたのが割り切るということであり、大人のように振る舞うということだったのではないだろうか。
もっとも、そこで知らぬ存ぜぬには徹せないのが菫先輩の優しいところなのだけれど。
71 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:04:48.94 ID:lkV5u9hc0
閑話休題、その頃には画面に映るサキの手牌は着々と筒子一色に染まっていっていた。
ラス親鶴賀は国士一向聴、南家風越はスッタン七筒待ち......そして西家の龍門渕がメンタンピンの聴牌。オーラスにして一触即発の場面だ。

菫「淡、そろそろだぞ」

淡「うわっ、りゅーもんぶちが掴まされた」

淡「......ねぇ、菫先輩」

菫「どうした?」

淡「この子、一筒を切るとき何を考えてたのかな」

菫「うーむ......清澄と鶴賀の河は筒子が一枚も切れてない。当然警戒はしただろうが、なにせ6万点差のトップだ」

菫「自分が三面張を和了りきればその時点で龍門渕の優勝は決定。役満は無いと踏んで押したんじゃないか」

淡「そーゆーことじゃなくてさ......いや、やっぱなんでもない」

菫「は?お前何を言って......」


咲『もいっこカン!』


菫「!」

淡(きたっ!)
72 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:05:59.58 ID:lkV5u9hc0
風花雪月という役がある。あるいは二索槍槓、あるいは一筒撈月というような役もある。

『古役』と呼ばれるそれらは廃れて現代に姿を認めることはできないが、私はそこに込められたストーリーが好きだ。

五筒を花びらに見立てるなんてロマンチックじゃないか。最初にこの役を思いついた人は詩人だったか、そうでなくとも相当想像力が豊かだったに違いない。

森林限界を超えた高い山の上。そこに咲く花は強く、そしてきっと―――
73 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:06:34.16 ID:lkV5u9hc0




「ツモ」

「清一対々三暗刻三槓子、赤1......」




明「嶺上開花」



74 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/01/26(火) 22:07:44.57 ID:lkV5u9hc0
実況「き、決まったーッ!数え役満炸裂ッ!トップ目の晩成による32000の責任払い!」

実況「全国高校生麻雀大会ここに終結!!のべ3438校の頂点に立ったのは.........」

実況「長野県代表、清澄高校だぁぁぁ!!!」


〜〜〜〜〜


実況「しかし宮永選手、オーラスで派手に魅せてくれました」

実況「奇しくも宮永選手のお母様は嶺上開花の使い手として名声を馳せた故・宮永咲プロ」

実況「まるで母親の意志を継ぐのだと言わんばかりの闘牌です!」

実況「いやぁ大星プロ、この大将戦を終えてどのように.........あれ、大星プロ?」

淡「.........五筒開花、か」
75 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/01/26(火) 22:14:09.37 ID:lkV5u9hc0
今回はここまで

参考:長野県予選決勝オーラスの和了形
北家 宮永咲(清澄)

4445p 【←1111p】【2222p】【3333p】 ツモ (5)p
76 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 00:38:47.62 ID:IvJI9elJ0
乙です
しれっと晩成の優勝が阻止されてるww
過去が徐々に分かってきたけど京ちゃんプロも実業団も両方入って自分の意志で辞めたのかな
どういう経歴なのかプロのあと実業団で選手なのかコーチなのかなんだか気になる
77 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 01:17:29.05 ID:Bg59r/lVo
乙ー
78 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 17:01:04.29 ID:pUqS85IM0
おつ
照も淡もどうなるか
79 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/02/02(火) 18:52:24.27 ID:CvXBc3+J0
透華ー
80 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:53:17.51 ID:CvXBc3+J0
【現在】


その後、メイの周りには常に誰かが付きまとっていた。
対局室を出た直後から彼女を記者が取り囲み、迎えに来た部員たちと共に控室に帰るまで誰も彼もがマイクを向ける。
そんな状況が表彰式も終わり、清澄高校が長野へ帰っていくまで続くのだ―――いや、きっと帰った後も取材はあったのだろう。
結局私は話をするどころかメイに会うことすら叶わなかった。


淡(でも今なら......誰にも邪魔されずに済む)


大丈夫、別に難しい話じゃない。もし怪しまれたら適当にお茶を濁せばいいだけだ。
誰も居ない赤信号に足止めをされたところで私はこう切り出した。

淡「ねぇメイ、ちょっと聞きたいんだけど」

明「なんですか?」

淡「メイといえばチャンタ系じゃない。伸びる時はホンローとか」

明「ま、麻雀の話ですか......」

淡「大丈夫だいじょーぶ、そんな堅苦しい話じゃないから」

チャンタは難しい役だ。必然的に愚形が多くなるので手作りは中々上手くいかないし、聴牌出来たとしても河は中張牌であからさまに染まることになるので出和了りは見込めない。
しかしメイは着実に、そして確実に么九牌を集めるのだ。
どんなに他家が絞ったとしても地力で和了り切ることの出来る彼女が『牌に愛された子』と見なされているのも頷ける話である。
81 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:54:35.61 ID:CvXBc3+J0
淡「でも今年のインハイではそうでもなかったよね。二回戦で純チャンを和了ったくらいで全体では刻子手が多くなってた」

淡「決勝のオーラスなんて最たる例だったけどさ......何かあったの?」

明「.........実は、一時期から么九牌がだんだん来なくなっちゃって。代わりに暗刻が沢山来るようになったんです」

淡「まさかオカルトが変わったってこと?」

明「わかりません。普段通りに打てて、チャンタで和了れる時もあるから」

明「そういうときはどこに何が埋まってるか見えるし、この待ちならツモれそうだなっていうのも感じる」

明「でも暗刻の時はそうじゃないんです」

明「何が起こってるのか自分でも全然分からないのに、手だけは勝手に進んでいって......」

明「正直、気味が悪いくらいですよ」

淡「誰かに相談はした?」

明「先生には話しました。『あなたくらいの年齢にはたまにある事だから、しばらく様子を見てみましょう』って」

淡「ふーん......」
82 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:55:28.83 ID:CvXBc3+J0
果たしてこれが本当に『たまにある事』なのかは知らないが、顧問としてあまり真摯な返答とは言えないんじゃないだろうか。
かといってそんなことをメイに言ったところでどうにもならないので、一先ずは適当に聞き流しておく。

淡「サキの試合を見たことってあるのかな」

明「昔のタイトル戦は何回か観せてもらいました」

淡「キョータローから?」

明「ううん。片岡プロから録画を貸してもらったんです」

明「お父さん、試合の記録は全部捨てちゃったらしくて。お母さんの分も自分の分も」

淡「......そっか」

淡「暗刻が出来やすいのはひょっとしたらサキの影響かもしれない。オカルトが遺伝することもあるって聞くし」

淡「あの子の対局を観ておくのは悪いことじゃないと思うよ」


『まもなく目的地周辺です 運転お疲れ様でした』


淡「さてと。少し時間掛かると思うけどここで待ってる?」

それが本当に遺伝ならね。
メイが何も言わずに頷くのを見て、私はゆっくりと車を駐めた。
83 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:57:10.82 ID:CvXBc3+J0
【夜】


――― 宮永邸


淡「それにしても不思議だよねー」

照「何が?」

淡「長野には海なんてないのに寿司屋はあるなんてさ」

照「道路や鉄道が無かったような時代じゃないんだから。お寿司屋くらい全国どこにでもあるよ」

食事が終わって、酢の匂いが付いた手をウェットティッシュで拭きながらそんなことを思う。
私が入ったのは地元でも有名な老舗だったらしく、五人前の持ち帰りを頼んだらちょっと驚くくらいの領収書が出てきた。
最終的にそれはキョータローの元に渡り、「給料日前なのに...」と恨めしそうな台詞を呟くことになったのは言うまでもない。

京太郎「でも確か、あそこの寿司屋って慶応ウン年創業とか書いてなかったか」

界「なんでも江戸時代には駿河と甲府を繋ぐ大きな道があって、この辺でも寿司が食えたらしいな」

明「へぇー、そうだったんだ」

照「お父さんって案外博識なんだね」

界「案外って......」

京太郎「そういえば皆、今日は泊まっていくのか?」

照「私と淡は流石に泊まりかな」

淡「帰ろうにも電車がもう走ってないからね」

京太郎「お義父さんはどうしますか」

界「うーん、そうだな......」
84 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:58:15.54 ID:CvXBc3+J0
テレビに映るお笑い芸人に相好を崩しながら答えるカイさんは、しかし不意に視線を外した。
そしてキョータローの顔をしばらくまじまじと見つめて何やら思案顔を浮かべてから、

界「ま、そろそろお暇させてもらおうかな」

京太郎「わかりました。なら車出しますよ」

界「悪いね」

明「おじいちゃんはもう帰っちゃうんだ」

界「ああ。正月にはお年玉持って来るから楽しみにしてろよ?」

照「明には甘いんだね。私たちのお年玉は巻き上げてたくせに......」

界「そ、それは全部ちゃんと返しただろ!?」

京太郎「明、お義父さんを送ってくるから三人で風呂とか適当に済ませておいてくれ」

明「はーい」

照「京ちゃん、ちょっと.........」

京太郎「どうしましたか?............」

厚手のコートに袖を通すキョータローのところへテルが歩み寄って二言三言ほど短く交わす。
こうして皆が一堂に会するとき―――そして食べに行ったり遊びに行ったりするとき、この二人はよく内緒話をしている。
思えば自分が子供の時も正月なんかにはそうやって親や親戚が集まってヒソヒソ何かを話してたっけ。きっと出費をどう分担するかといった内容だったんだろう。
お寿司の代金、私もちょっとくらい渡すか......そう思っているうちに彼はカイさんを連れて玄関の方へ消えていった。
85 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 18:58:49.92 ID:CvXBc3+J0
明「お布団はどこに敷けばいい?」

照「客間でいいんじゃないかな」

淡「えー、つまんないよ」

明「淡さんはウチに何を求めてるんですか」

淡「じゃあさ〜......メイ、いっしょに寝ない?」

明「別にいいですけど、特に面白いものなんてありませんよ?」

淡「いいって。女子会はお話してるだけで楽しいもんね」

明「お姉ちゃんも来る?」

照「.........いや、私は客間で寝るよ」

淡「つれないなーテルは」
86 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:00:30.85 ID:CvXBc3+J0
【数十分後】


――― 『宮永邸』 玄関前


京太郎「ふぅ、着きましたよ」

界「.....『京太郎君』。ちょっといいか」

京太郎「なんですか、お義父さん」

俺は彼のことをそう呼んだ。
特に深い理由があってのことじゃなくて、ちょっと真面目な話だって言いたいだけだ。

界「君は立派な父親だ。仕事だけじゃなくて家のことだってこなしてる」

界「それに、ちゃんと明の『親』をできてると思う」

界「俺は家事なんか咲につい任せちまってたし、何より咲に親らしいことをしてやれなかった」

界「愛と仲直りしてからは色々と頑張ってはみたが......まぁ、咲も照も社会人だったしな。時既に遅しってやつだ」

界「若い頃の俺が目の前に居たら、君の爪の垢を煎じて飲ませてやりたいくらいさ」

京太郎「はあ。ありがとうございます」

界「明だってそうだ。母親も居なくて大変だろうに、立派に育ってくれた」

界「本当にいい子だよ」

そこまで言うと、俺は口を噤んで窓の外を見遣った。
照れ隠しのようでもあったし、嫌なモノとの対面を前に一瞬躊躇ったようでもあった。自分でもよくわからない。
87 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:01:01.59 ID:CvXBc3+J0
界「だから俺がこんなこと言えた立場じゃないんだが......」

京太郎「?」

界「......父親として娘を守りなさい。しっかりな」

京太郎「......あの、お義父さん。それって一体どういう―――」

界「送ってくれて助かったよ。自分で運転しても良かったんだが、最近は世間でも高齢者運転がどうとか言われてるしなぁ」

界「それじゃあまた」バタン

ぽかんとした表情の彼と俺の間を、透明な助手席の窓が遮った。
88 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:07:29.41 ID:CvXBc3+J0
――― 明 自室


淡「ふふっ」

明「どうしたんですか?」

淡「この扉に掛かってる『めいのおへや』ってプレート、まだ付けてたんだーって思って」

明「ああ......これですか」

明「小さい頃からずっとあったから別に何とも思ってなかったけど、子供っぽいかな?」

淡「いーじゃん、めっちゃかわいいよ」

メイの招きに応じて部屋に入ると、私は両手いっぱいに抱えていた布団を下ろした。
無地を基調とした質素な家具が整然と並ぶ中にも可愛らしい小物がいくつか並んでいる。
寝起きするだけの場所になりつつある私の殺風景なそれとは違って、いかにも『女の子の部屋』って感じの雰囲気だ。

淡「実はあのプレートってテルが作ったんだよ」

明「意外ですね。そういうの苦手そうなのに」

淡「この家が出来たときに色んな人が新築祝いを持ってきたんだけど、みんな食器とかタオルとかばっかりだったんだよね」

淡「せっかくだから面白いものをプレゼントするんだーって言って、柄になくホームセンターなんかで材料買ってきてさ」

淡「結局上手くできなくて他の人に泣きついてたけど」

明「うーん......家が完成したときってことは十年くらい前ですよね。流石に覚えてないな」

淡「メイが大喜びしてるのを見て終始ニヤニヤしてたよ」

明「へぇ、お姉ちゃんが顔に出して笑うなんて」

淡「珍しいよねー」

あの時の写真はどうしたんだっけな。機種変更のときにデータを移そうと探してみたが見つからなかった。
テルが消してくれとしきりに訴えてきていたから、ひょっとしたら彼女の言う通りにしたのかもしれない。
89 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:09:08.80 ID:CvXBc3+J0
当時の私たちはなんとかして明るく振る舞おうと―――そしてメイとキョータローを明るくしようと必死だった。
だからテルはらしくないこともしていたし、私もメイをあちこち連れて遊びに行ったりしたものだ。
十余年が経ってメイはすっかり明るくなった。でも.........


.........あー、やめやめ!せっかくならもっと楽しいことを考えよう。
メイと二人で話してるんだから、こんな陰気な内容じゃなくてもっと女子会っぽい話題とか......あ、そうだ。

淡「メイって恋人とかいるの?」

明「きゅ、急になんですか!?」

淡「女子会といったらコイバナでしょ」

明「そんなものかなぁ......別にそんなのいませんよ」

淡「でも高校生だし、気になる男の子や女の子の一人や二人ぐらいいるでしょ」

明「そういうのもないですって!」

淡「うそつけー。本当はいるくせに」グリグリ

明「本当だってばー!!」

淡「『本当』って言った?やっぱりいるんじゃん」

明「ちがっ、そういう意味じゃ―――」

淡「恥ずかしがっちゃって――――――」

他愛もない会話は日をまたぐ頃まで続いたが、結局どちらからともなく気がつけば寝てしまっていた。
メイは明日部活があるらしいけど......少し悪いことをしちゃったかな。
90 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:10:24.98 ID:CvXBc3+J0
【深夜】


――― 京太郎 自室


京太郎「あっちぃー。喉乾いちまった」

京太郎「照、机の上にお茶置いてなかったか」

照「これのこと?」

京太郎「サンキュー.........あー旨い」

須賀君は残っていた緑茶を一気に飲み干すと、ペットボトルを部屋の隅に置かれたゴミ箱へ投げ込んだ。
緑色の筒は直線状に空を切って―――外れ。小さく舌打ちをして、そのまま倒れるようにベッドに寝転ぶ。

照「明は気付いてるのかな」

京太郎「どうだか......あいつは賢いし、知ってて何も言わないのかも」

京太郎「そうだとしたらバツが悪いなんてもんじゃねーけど」
91 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:12:16.39 ID:CvXBc3+J0
照「.........ねぇ須賀くん」

京太郎「ん?」

照「明の話、本当はどう思ってるの」

京太郎「おいおい、また夕方のことを蒸し返すつもりか?」

京太郎「何度聞かれても考えは変わらないさ。そんなオカルトはありえないってな」

京太郎「照が過敏になり過ぎてるだけだろ」

照「嘘」

京太郎「嘘って、何がだよ」

照「本当は分かってて見て見ぬふりしてるんでしょ。私には分かるよ」

京太郎「どうしてそんな......まさかお前、照魔鏡か」

照「ふふ、やっぱり」

京太郎「覗いたんだな」

照「あれは人の本質を見抜くものだよ。嘘発見器じゃない」

京太郎「真面目に答えてくれよ」

照「本当だって。理由なんて特になくて、須賀くんならそうかもって何となく思っただけ」
92 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:13:01.68 ID:CvXBc3+J0
京太郎「............心当たりが無いわけじゃないんだ」

京太郎「ただ麻雀じゃなくてさ。もっとこう.........料理とか、歩き方とか、ちょっとした手癖とか」

京太郎「仕草っていうのかな。そういうのがそっくりなんだよ」

京太郎「親子だから勝手に似るものなんだろうだと思ってたけど」

照「ふうん、よく見てるんだ」

京太郎「......含みのある言い方だな」

照「別に」
93 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/02(火) 19:14:10.83 ID:CvXBc3+J0
彼が暖房を切ったせいで肌寒くなってきて、持ってきたパーカーを羽織る。

照「そろそろ寝ようかな」

京太郎「そうですか。おやすみなさい」

照「おやすみ.........くしゅん」

京太郎「暖かくしてくださいよ」

照「京ちゃんもね」

静かに、静かに扉を閉めた。
94 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/02/02(火) 19:15:47.78 ID:CvXBc3+J0
今回はここまで
95 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/02(火) 21:48:35.99 ID:C3ucbByDO
乙〜
96 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/02(火) 22:26:05.77 ID:JWqhs90Ho
乙です
色々どうなってるのか気になる
97 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/02/03(水) 03:13:43.19 ID:dA9n5nPC0
安価投げたいのでちょっとだけ
98 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/03(水) 03:14:29.10 ID:dA9n5nPC0
【翌朝】


目を覚ましたとき、メイは既にそこにはいなかった。

淡「おはよー......」

京太郎「やっと起きたか」ウィーン

淡「何やってんの?」

京太郎「見りゃ分かんだろ?髭剃ってんだよ」ウィーン

淡「へー、大変だね」

京太郎「そりゃ面倒だけどな。慣れれば大変って程でもないさ」ウィーン

居間を見渡すが、ここにあるのは寝間着のままの私とソファに座りながら新聞を読むキョータローの後ろ姿だけ。
他の二人の姿はどこにも見当たらない。

淡「みんなどうしたの?」

京太郎「明は部活で朝早く出ていった。照さんもどこかに行く用事があるんだと」

京太郎「そういうわけで、何の用事もない暇人は俺とお前だけだぜ」

淡「ふーん......」

淡「それよりお腹すいた。朝ごはんないの?」

京太郎「冷蔵庫にあるものを勝手に食ってくれ。ご飯は朝炊いたヤツが炊飯器に入ってて、それから食パンが横の戸棚に」

淡「キョータローが作ってよー」

京太郎「なんで俺がお前の分まで作ってやらないといけねーんだよ!」
99 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/03(水) 03:15:46.78 ID:dA9n5nPC0
そう言いつつも結構キョータローは甘い。
十分後にはハムエッグとトーストが食卓に並び、それらは順々に私の胃の中へと収まっていった。

淡「あっ」

京太郎「どうした?」

淡「昨日、結局麻雀やってない」

京太郎「言われてみれば確かにそうだな」

淡「うーむむむ、なんかもやもやする」

京太郎「仕事で年間何百半荘も打ってるんだろ?別にちょっとくらい良いだろ」

淡「それはこれとは別なの!」

京太郎「なら雀荘でも行ってこいよ」

淡「んー、どうしようかな......外出しようとは思ってたんだけど」

淡「キョータローはどこにも行かないの?」

京太郎「俺は一日グータラって決めてるぜ」

淡「おっさんじゃん」

京太郎「うるせえ」

そもそも長野にやって来たのは昨日の十三回忌のためだった。
しかし東京には明日の夜帰ればいいし、テルともそのつもりで予定を立ててある。つまり今日一日は完全にフリーなのだ。
庭に繋がる大きなガラス戸に目を向けると、外には雲ひとつない快晴が広がっていた―――最高のお出かけ日和だ。
100 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/03(水) 03:16:34.45 ID:dA9n5nPC0
1. 清澄高校に行ってみよう

2. 雀荘に行こう

3. 街を散策してみよう

4. 家でキョータローと過ごそう


↓1から最初に3回選択された選択肢
決まらなければ今日の深夜0時までの多数決
101 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/03(水) 06:06:23.46 ID:1M9Q6k5n0
4
102 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/03(水) 06:48:12.87 ID:W6igNRc+o
4
103 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/03(水) 18:24:35.84 ID:oqHfCsQn0
4
104 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:38:18.28 ID:X723M1I10
4. 家でキョータローと過ごそう


淡「やっぱ今日はここにいようかな」

京太郎「外出は止めるのか」

淡「最近休みなかったし、私もグータラしよーっと」

淡「それに......」チラッ

京太郎「?」

淡「たまにはキョータローとの親睦を深めるのも悪くないしー」

京太郎「ははっ、なんだよそれ」

淡「それとも私と一緒はイヤかな」

京太郎「まさか。嫌なわけないさ」

あれ、なんか意外と素直じゃん。
こういう言い方をすると大抵は「お前はうるさくて敵わん」とか「真っ平御免だ」とか照れ隠しに返してくるので、この返答には意表を突かれた。
キョータローがのそりと重たそうに身体を持ち上げて台所へ向かう。どうも冷蔵庫を漁っているらしい。

京太郎「ならちょっと付き合えよ」

淡「付き合うって?」

京太郎「そりゃお前、俺らが駄弁るときのお供と言えば......」

京太郎「コイツに決まってんだろ」
105 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:39:10.87 ID:X723M1I10
【数時間後】


淡「でさー、その後なんて言ったと思う?」

淡「『後生だから泊めてください』って」

京太郎「うわー......ガチ過ぎて対応に困るな」

淡「しかも土下座つきで」

京太郎「あの人だったら未だに『はややっ!泊めてくれると嬉しいな☆』とか言いそうだけど」

淡「それ瑞原さんの真似?全然似てないし気持ち悪いよ」

京太郎「んなこと知っとるわ」グスッ

寝起きからお酒なんて、すっごい自堕落な休日だ。
スローペースで始めたとはいえ机の上には既に空き缶が五本以上転がり、私が持つカクテルも三分の一ほどにまで減っていた。
ちなみに瑞原プロはもっと落ち着いたキャラへシフトしていて、最近では「このプロキツい」とか言われることは全然ないのであしからず......たぶん。
とまあ、そんな軽口を叩くくらいには二人とも酔いが回っていたのだった。
106 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:40:53.87 ID:X723M1I10
淡「こうやってキョータローと飲んでると大学の頃を思い出すなー」

京太郎「もう二十年くらい前になるのか」

淡「懐かしいね」

京太郎「大学の近くのきったない居酒屋で安酒飲みまくって吐いたりしたよな」

淡「それはアンタだけでしょ?」

京太郎「そりゃあそうだけどよ」

京太郎「あんな酷い店、もう潰れちまってるんだろうなぁ」

淡「ちょっと前に近くを通ったときは普通に提灯ぶら下がってたよ」

京太郎「マジかよ!?まだ残ってんのか」

淡「大学の近くだし需要はあるでしょ」

京太郎「そんなもんかい」

淡「あの店、モモと三人でしょっちゅう行ってたね」

京太郎「家飲みの方がコスパが良いって気づいてからはバッタリ行かなくなったけど」

淡「そーそー。キョータローの部屋を溜まり場にしたり......」

京太郎「あの頃は常にお前とモモと行動してた気がするぜ」

淡「キョータローがサキと付き合うようになってからはそうでもなかったけどね」

京太郎「.........そうだったっけか」
107 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:41:28.45 ID:X723M1I10
彼は言葉を切らすと、机にティッシュを敷いて柿の種を幾らか出した。

京太郎「元気かな、モモの奴」

淡「去年会ったときは元気そうだったけど」

京太郎「そりゃよかった。あいつとも遂に年賀状でやり取りするだけの仲になっちまったなぁ」

淡「私は寧ろゆみ先輩のほうが心配だよ。すっごい忙しいらしいし」

京太郎「モモが居るんだから大丈夫だろ」

淡「まーそれもそうか。モモだし」

京太郎「モモだしな」

子供を生むと人は変わるとよく言うが、二児の母となった後もモモはゆみ先輩にぞっこんである。
今更不養生させるようなことは流石にないだろう。

淡「子供かぁ......サキはどうだったっけ」

淡「メイが生まれてから変わった?」

京太郎「そりゃ変わったさ。明に付きっきりだったってのもあるが......なんというか、厳しい性格にはなったかな」

京太郎「ガキのころ母さんに叱られてたのと同じ構図になったよ」

淡「アンタは全部テキトーだしね。ほら」

朝キョータローが座っていたソファには男物のパジャマが脱ぎ捨ててある。
私がそれを指差すと、少々恥ずかしそうに頬を掻いた。
108 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:43:03.87 ID:X723M1I10
淡「寂しかった?」

京太郎「なんだって?」

淡「サキに構ってもらえなくなってさ」

京太郎「まさかそんな.........いや、ちょっと寂しかったかも」

淡「赤ちゃんみたい」

京太郎「男なんて皆そんなもんだぜ。多分」

淡「変なのー」

京太郎「変で結構」

淡「まあいいけどさ。でもやっぱり不思議だよ」

淡「子供の存在は大きいものだろうけど、性格まで変わるほどなのかな」

京太郎「こればっかりは俺には一生分からん!出産出来るわけじゃないし、咲以外の例を知らないし......」

京太郎「でも人間なんて変わるもんだろ?俺から見れば淡だって変わったよ」

京太郎「若い頃は不遜の塊みたいな奴だったのに随分丸くなっちまいやがって」

淡「それは何十年も生活しながらちょっとずつ起こることで、『出産』っていうたった一つのイベントとは話が違うでしょ?」

淡「私だってもし結婚して子供が出来てたら......なんだか怖いよね。自分が自分じゃなくなるみたい」

京太郎「難しい事考えてんのな」
109 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:44:03.66 ID:X723M1I10
キョータローがビールに口を付けてグイッと天を仰ぐ。大きく出っ張った喉仏が上下に動いた。
飲み干された缶の山がまた一つ大きくなった。

京太郎「淡、お前なんで結婚しなかったんだ」

淡「だからいっつも言ってんじゃん。したくてもできなかったから現状この有様なわけですよ」

淡「そもそも恋人いない歴イコール年齢ですし」

京太郎「なんで居たことすらないんだよ」

淡「いい人がいなかったから」

京太郎「俺がプロにいた時だって色んな奴から言い寄られてただろ?」

京太郎「好みのタイプだってよりどりみどりだったろうに」

淡「そーいうことじゃないんだよ」

京太郎「はあ?じゃあどういうことだよ」

淡「タイプとか、そんな問題じゃないもん.........」

今まで生きてきて一体どれだけの人間と関わったのかなんて想像もつかない。
老若男女様々な人がいた。馬が合うと思ったり魅力的だと思ったりする人との出会いだって何度もあった。
でも私はそれらを受け入れることができなくて、過去に縋ったままここまで来てしまったのだ。後悔してももう遅い
110 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:44:55.55 ID:X723M1I10
淡「こういうこと聞いていいのかわからないけど」

京太郎「安心しろ。別に何言われようが怒ったりしないぜ」

淡「キョータローが再婚しないのって、サキのことが忘れられないから?」

淡「サキに申し訳ないとでも思ってるの?」

京太郎「......そんなつもりじゃなかったけど、実際はそう思い込みたかっただけでさ」

京太郎「プロだって実業団だって、咲から逃げたかったから辞めた。でも逃げられなかったんだ」

京太郎「結局俺は自分が可愛いだけなのかもな」

淡「じゃあ、テルと寝るのも自分を慰めるためなの」

京太郎「.........知ってたのか」

ま、初めて気づいたのは前回ここに来たときだけど。
二人の関係がいつから続いているのか私は全く知らないし、知りたいとも思わない。

京太郎「最初は成り行きだったんだ」

京太郎「そのまま流されるように惰性で続けてきた。でも......」

京太郎「......俺、照さんに求婚されてさ」
111 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:46:39.54 ID:X723M1I10
淡「―――それ、いつの話......?」

京太郎「昨日の夕方だ。最初は冗談かと思ったけど本気らしい」

京太郎「余計分からなくなったよ。俺にとって、照さんが一体何者なのか」

淡「別のヒトに置き換えてみれば分かるんじゃないの」

京太郎「何が言いたいんだ」

淡「もしもテルじゃなくて私ならどうなの。宮永照じゃなくて、大星淡なら」

淡「もしも私なら抱けるの?もしも私なら結婚できるの?」

京太郎「淡、ちょっと待て―――」

淡「いっそ本当に試してみようよ。ほら、ここには誰もいないし誰にも邪魔されない」

京太郎「おい淡!お前何を―――」

淡「テルと私、何も違わないんだから......」

京太郎「―――あわいっ!!」

淡「..................」

京太郎「..................」

淡「......できないならそれでいいんじゃない」

淡「テルはキョータローにとって特別な人ってことだし、結婚でもなんでもすればいいと思う」

淡「もしできるなら、やめておきなよ」
112 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/05(金) 00:48:12.36 ID:X723M1I10
今まで生きてきて一体どれだけの人間と関わったのかなんて想像もつかない。
老若男女様々な人がいた。馬が合うと思ったり魅力的だと思ったりする人との出会いだって何度もあった。


京太郎「.........酒、抜けちまったな。もう一本開けるか」

淡「私も飲む」


でも私はそれらを蹴って蹴って蹴りまくって生きてきた。後悔なんていうのは終わったことに使う言葉のはず。
私はまだ生きてる。私の人生はまだ終わってないんだ。

だから、後悔なんてしてない。
113 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/02/05(金) 00:49:39.29 ID:X723M1I10
今回はここまで
114 :以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします [sage]:2021/02/05(金) 03:01:50.40 ID:QsYuJMDk0
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
115 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/05(金) 06:11:07.24 ID:BFZcRVdP0

ドキドキする
116 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/05(金) 06:34:58.67 ID:mueKtIcOo
乙です
117 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/05(金) 13:56:09.79 ID:YTimJ26R0
奪略愛?おもちの大きい方が勝つ
118 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/06(土) 00:45:08.72 ID:8kWjEpEY0
アラフォー世代京照の義姉と義弟の生々しい関係
続きが気になる
119 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:31:43.02 ID:kMGUxpud0
オカルトやプロチームについての設定はでっちあげです。>>1の妄想です。
読んでるうちに分かるとは思いますけど念の為。

ということで投下ー
120 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:32:35.16 ID:kMGUxpud0
――― 清澄高校


京ちゃんから借りたバイクでしばらく坂を登ると、校舎へ続く道は冷たく閉ざされていた。
どうしたものかと一旦降りて立ち尽くしているうちに、こちらに気づいた守衛さんが鉄門を開けてくれる。

照「もしもし」

『あら、遅かったじゃない』

照「ちょっと実家に寄ってたから」

『そういうことなら仕方ないか。今どこにいるの?』

照「校門から入って駐車場に」

『ならまずは事務室に行って来客者証をもらって頂戴』

『駐車場から近くに新校舎の玄関が見えるでしょ?そこを入ったら受付があるからすぐに分かるわ』

『受け取ったら旧校舎の部室へ。手間かけさせちゃってごめんなさいね』

照「来たいって言ったのは私だから大丈夫。それじゃあ後で」

『はーい』

ツーという電子音が数回流れて通話の終了を知らせた。
121 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:33:29.07 ID:kMGUxpud0
言われた通り事務室に向かう。
『新校舎』とは言ったものの、建てられてから数十年が経過したであろう今では節々に年月の経過を垣間見ることが出来る。
玄関でスリッパに履き替えた私を出迎えてくれたのは、愛想の良い三十代くらいの女性だった。

照「来客者証をいただきたいんですけど」

受付「わかりました。お名前を伺ってもいいですか?」

照「宮永です」

受付「ミヤナガさんですね。竹井先生から話は通ってますよ」

受付「こちらが来客者証になります。お帰りの際はお手数ですけどこちらへ返却を」

照「ありがとうございます」

受付「............少しいいですか?」

照「なんですか?」

受付「宮永照さんですよね。プロ雀士の」

照「ええ、そうですけど」

受付「やっぱり!あぁどうしよう!困っちゃうなぁ」

受付「ごめんなさい。実は私、宮永プロのファンなんです」

受付「小さい頃インターハイを観てからずっと応援してて、ええっと、それで.........」

受付「......あの、頑張ってください!!」

照「............ありがとう」ニコッ
122 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:34:59.17 ID:kMGUxpud0
カードホルダーを首から下げつつ玄関を出て、先程通ってきた校門へ歩みを進めた。
清澄高校にはプロになってから一度コーチとして呼ばれており、この来訪が初めてというわけではない。
当然部室の位置は覚えているし、行き方だって............

照「すみません」

守衛「おや、さっきの方。どうなさいました?」

照「旧校舎にはどう行けばいいですか?」

守衛「それならここの坂をしばらく下って、次の角を左に曲がって道なりに歩けば着きますよ」

照「............」

守衛「............」

照「............」

守衛「...............あの」

照「............」

守衛「............よければお連れしましょうか」
123 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:36:09.85 ID:kMGUxpud0
――― 旧校舎 麻雀部室


「補修工事」と書かれた大きなボードと鉄骨の足場に囲まれた旧校舎に入り、軋む階段を一段ずつ踏みしめた先に麻雀部室はひっそりと存在する。
しかし扉を一度開ければその限りではなく、部屋は大勢の部員と対局の熱気に包まれていた。

照「お邪魔します」

「こんにちはー」

「うわっ、本物の宮永プロじゃん」

久「いらっしゃい。インハイぶりかしら」

照「それも最初のほうに何度かすれ違ったくらいだけど」

久「細かいこといいっこなしよ。ほら、ここで話すのもなんだし場所を変えましょうか」

久「染谷くーん!隣で話してるからお茶持ってきてねー!」

「わかりましたー......って、なんで俺が」

久「つべこべ言わずにさっさとやる!」

「理不尽じゃ......」

久「あの子のお茶が一番美味しいんだもの」

照「大会前日なのにちょっと悪い気がするな」

久「心配ご無用。彼なら大丈夫よ」
124 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:37:05.78 ID:kMGUxpud0
――― 準備室


久「汚い部屋でごめんなさいね。ささ、座って」

照「.........」

久「どうしたの?」

照「懐かしい形の椅子だなって思って」

久「へぇ、なんか新鮮な感想。でも確かに普段から学校に関わりがない人はそう思っても不思議じゃないかも」

私の目の前に座る女性は竹井久。二十六年前、清澄高校麻雀部をインターハイ初出場ながら優勝へ導いた当時の部長だ。
現在は母校で英語教師を務める傍らでこの部活の指導者として活躍している。

照「遅くなったけど優勝おめでとう。清澄のレジェンドさん」

久「懐かしい響きねぇ、それ」

照「この前の雑誌にも載ってたよ。『選手と監督、二回の優勝を手にした清澄の伝説』って」

久「それのお陰で生徒にもからかわれるし、赤土さんからも冷やかされるし......恥ずかしいったらありゃしないわ」

照「名前が売れるのは悪くないことだから」

久「意外。照はあんまりそういうの好きじゃないと思ってた」

照「ちょっとね」
125 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:37:45.20 ID:kMGUxpud0
ガチャッ

「どうぞ。この前焼いたクッキーが残っとったんでご自由に」

久「ありがと」

照「忙しいのにごめんなさい」

「慣れてますから別に大丈夫ですよ」

久「まこの英才教育の賜物ねー」

照「そっか、染谷さんの息子さんなんだっけ」

真嗣「はい。染谷真嗣っていいます」

訛りの入ったイントネーションで喋る彼はティーカップを二組机に置くと、頭を下げて再び廊下へと消えていった。
礼儀正しい良い子だ。

久「それで、麻雀界の大物がこんな所まで来てどうしたっての」

照「明のことで話がある」

久「明のこと?」

照「インターハイで彼女が打った麻雀はおかしかった。あなただって気づいてるはずでしょ」

久「ああ、それのことね......あれは私が言ったのよ」

照「久が?」

久「最初に異変が起こったのは県予選の最終日だったんだけど―――」
126 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:38:28.41 ID:kMGUxpud0
【6月下旬】


――― 長野県内 県予選会場


久「はーいみんな、県予選お疲れ様。今日は早く帰ってちゃんと寝ましょう」

久「明日は朝八時に部室集合でよろしくね」

「全然ゆっくりできないじゃないですか!」

「日曜なんだし休みにしてくださいよー」

久「バカ、反省会っていうのはすぐにやらないと効果半減なの」

久「てことで明日は試合の振り返りをします。遅くなるから親御さんには伝えておくように」

「打ち上げだと思ってたのに......」

「鬼!悪魔!年増!」

「清澄は休みを増やせー!」

久「年増って言った奴は明日覚えときなさい」

「げっ」

久「それじゃあここで解散にするけど.........明、少し残ってもらえるかしら」

明「わ、私ですか?」
127 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:40:17.79 ID:kMGUxpud0
生徒が三々五々に帰っていった後も、閉会式が終わった会場は誰とも知れない人々で溢れかえっていた。
自動販売機でコーヒーとジュースを買って、喧騒の隅にぽつんと取り残されたベンチに二人腰掛けた。

久「今日はお疲れ様。頭を使った後はちゃんと糖分補給しないとね」

明「ありがとうございます」

久「ねぇ明、決勝はどうしたの?準決勝まで普通に打ってたのに、不調だったってことでもないでしょう」

久「打ち筋も支離滅裂だし、あれじゃあまるで初心者みたいな.........ごめん。ちょっと言い過ぎたかも」

明「ううん、メチャクチャな打ち方だったのは本当のことですから」

久「無自覚ってわけでもないのか。何かあったのよ」

明「......牌が来なくなりました」

明「ツモるのは欲しいのと全然違う牌で、全然思ったとおりに手が進まなくて」

明「こんなこと初めてなんです。それで私、どうすればいいのか........」

これだ。あたかも自分の望んだ牌が来ることは約束されていて、当然の摂理であるかのような表現。
強力なオカルトを持った人間―――牌に愛された子。彼女たちがそれを失った時、得てしてこういった言い方をする。


私には『悪待ち』がある。
三面張より辺張の方がツモれたり、地獄単騎は字牌より中張牌の方が和了れたり、何年も待ち続けてようやくインハイに出場できたり。
いざという時、あえて希望の薄い選択肢を選んだほうが却って成功しやすい......ような気がする。
実際データを見れば正しいことは分かるんだけど、普通に失敗することも多いから体感的には確信できるほどじゃない。
でも麻雀ってそんなもので、結局最後に残るのが運否天賦だからこそ面白いんだ。元々ギャンブルだしね。
もしこの瞬間にオカルトが消えてなくなったとしても、私が雀士として為すべきことは何も変わらないだろう。
128 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:40:53.21 ID:kMGUxpud0
なら彼女たちは?
オカルトが絶対的なものであればあるほど、牌が見えれば見えるほど、彼女たちにとって麻雀は確定された―――囲碁や将棋と同質のものになっていく。
そこに偶然性はなくて、オカルトという『力』への依存は過剰なまでに強まっていくのだ。
そして今、明はその拠り所を失っていた。

久(仕方ないか......)

久「ねえ。悪いんだけど、この後ってまだ大丈夫?」

明「これからですか?でももう遅いし、晩ご飯だって食べてないし......」

久「私の奢りで良いわよ。時間が気になるなら家まで送って行くわ」

明「.........お父さんに電話してきてもいいですか」

久「もちろん」
129 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:41:52.06 ID:kMGUxpud0
――― roof-top


カランカラン

まこ「らっしゃーい.........って、珍しい客が来よったわ」

久「おひさ〜」

まこ「誰かさんのせいでこんな季節なのに寒いのぉ」

久「べ、別にそういう意味じゃないわよ!」

まこ「冗談。そんで、こんな夜遅くにどういう風の吹き回しじゃ?」

久「ちょっと野暮用でね。顔見知りだけで卓囲みたいんだけど出来るかしら」

まこ「ははーん、訳ありっちゅーことか」

久「そゆこと」

まこ「わかった。ちと待っとれ」

内線に手を伸ばし、慣れた手つきでボタンを押す。

まこ「真嗣、今すぐ降りてきんさい」

真嗣『んなこと言われても......帰ってきたばかりなんじゃけぇゆっくりさせてーな』

まこ「われ試合もなんもなかったじゃろうが。三分で来い」

真嗣『へーい』ガチャッ

まこ「.........さて。二人とも、何か飲むか?」

二分も経たないうちに染谷くんは店の奥から姿を現した。
先程まで制服を纏っていたその身も今ではポロシャツにジーンズという出で立ちで、雀荘らしいエプロンの紐を後ろ手で括っているところだ。
130 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:42:26.91 ID:kMGUxpud0
真嗣「母ちゃん、今日はバイトさん足りよるんと違かったんか?」

まこ「ちぃと別件でな。顔見知りがええんじゃと」

真嗣「はぁ......それでこの面子ってことですか、先生」

久「休んでるところ悪かったわ」

明「染谷くん、呼び出しちゃってごめんね」

真嗣「それはいいんだけどさ。宮永まで揃って一体何の騒ぎなんだ」

まこ「ええから取り敢えず座りんさい」

真嗣「??」

腑に落ちない表情の少年を差し置いて場決めの通り席に着く。起家の明から順番に染谷くん、まこ、そして私だ。
ちょうどバイトの子が持ってきてくれたウーロン茶をストローで吸うと、梅雨の蒸し暑さが少しだけ和らいだ気がした。
131 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:43:28.02 ID:kMGUxpud0
正直言って、明がこの調子では全国なんて到底戦えない。
今の麻雀部は私が部長だったあの頃と違う。人数もそこそこ増えた上に二年生や三年生の練度は高く、トップ層ともなればかなりの実力者揃いである。
それにも拘わらず一年生の明が大将を任されているのは、彼女が『強い』ということを全員が認めているからだ。
彼女のオカルトへ依存しているのは彼女自身だけではない。部員のみんなも同じだった。
不安がチーム内に伝播させないためにも、何としてでもこの問題は今日中に解決しなければ。

久「染谷くん。これから何半荘か打ってもらうことになると思うけど、最初に言っておくことがあるわ」

久「今夜見聞きしたことは決して口外しないこと―――特に、一軍の他の子たちには」

真嗣「んなこと言ったって、そもそも何のためにこんなことしようっていうんですか?」

真嗣「それが分からないことにはどうにも......」

久「麻雀部の為なの。あなただって事情が気になるのは分かるけどね」

久「監督命令ってことでここは一つ引いて頂戴」

真嗣「.........まあ、そういうことなら」
132 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:45:37.42 ID:kMGUxpud0
まこ「ルールはどうする?」

久「今年の大会規定通りにお願い」

久「アリアリの一発赤裏あり。私たちの時と何も変わらないから安心して」

まこ「嶺上の責任払いも?」

久「もちろん」

まこ「あれに助けられたのはわしらの世代くらいじゃろうなぁ」ハハハ

久「言わなくても分かってるだろうけど、少しは手加減してよね」

まこ「はいよ」

久「染谷くんは全力で打ちなさい。多分それで丁度いいくらいだから」

真嗣「わかりました」

まこ「京太郎んとこの娘、明とかいったか。真嗣より上手いんか?」

久「そうねぇ。上手下手で言えば当然染谷くんの方が上手いけど」

久「強いのは.........」チラッ

まこ「......なるほど。そういうタイプか」

『上手さ』と『強さ』は必ずしも一致するものではない。
実家が雀荘という環境に置かれた染谷くんは、幼い頃から数え切れない程の対局を見て、そして体験してきた。
明だって宮永家の娘だしそれなりに揉まれてはいるだろうけど、それでも対局数で言えば染谷くんとは到底比べ物にならない。
多くの場数を踏んだ彼の打ち筋は手練そのものだ。
133 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:46:18.97 ID:kMGUxpud0
でも上手いだけじゃ麻雀は勝てない―――強い者は上手い者ではなく勝った者だ。
経験に裏打ちされた技術や技巧をも超越し、力によって卓上を支配する。それがオカルト。

明は俯き、落ち着かなさそうに何度も指を組み直していた。

久「明」

明「は、はい!」

久「最初は自然に打ってみましょうか。落ち着いて、普段みたいにね」
134 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:48:32.43 ID:kMGUxpud0
【東三局】


まこ「聴牌」

久「聴牌」

明「不聴です」

真嗣「聴牌」

明「うわぁ、和了れないから聴牌料が痛いよ......」

まこ「しかしおぬし、凄い河じゃのう」

明の河には中盤まで暗刻三つに対子二つ、しかも殆どが使いやすい中頃の牌だ。
私が立直を掛けた後はオリたのだろうか一転して安牌が並んでいる。

久「手牌を少し見せてもらえる?」

明「いいですけど」パタッ


ドラ:4m

78m2668s23789p南南


至って普通の二向聴。
途中まで頑張ってチャンタ三色を狙っていた形跡はあるものの、結局は無理筋だったらしい。

久「ふーん」
135 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:49:12.64 ID:kMGUxpud0
【南四局 一本場】


まこ「どれどれ......」ニヤリ

明「.........」

久(まこが聴牌か。明との一騎打ちね)

久(それにしてもこの感覚.........ずっと昔にどこかで)

まこ「リーチ!」タンッ

明「ロン」パタッ

まこ「げっ、もう張っとったんか。いくらじゃ?」


ドラ:東

11s111999s東東 【西西西→】 ロン:1s


明「えーっと、一本場だから12000は12300です」

まこ「はいよ」チャラッ
136 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:49:52.17 ID:kMGUxpud0
真嗣「ホンロートイトイか。派手だなぁ」

真嗣「チャンタ系って意味では宮永らしいのかもしれないけど」

明「それって褒めてるの?」

真嗣「褒めてるよ。一応」


<終局>

明 :25400
真嗣:22300
まこ:21400
久 :30900


〜〜〜〜〜
137 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:51:04.63 ID:kMGUxpud0
久「オーラスの跳満、よくあそこまで役作りしたわね」

明「実はあの和了は手なりだったんです」

久「えっ?でもオカルトは......」

明「牌は見えてなかったんですけど、それなのに何故か対子や刻子がいっぱい入ってきて」

明「それで、気がついたら聴牌してました」

久「.........ちょっと失礼」

幸いなことに卓上は誰も動かさないままで保たれたままだ。
最後がまこだったから対面の明が次にツモるのは.........これか。壁牌の端を少し崩すと一枚の西が顔を出す。

「まさか」と思いながらも、私の指は王牌へと伸びた。


まこ「久、何かあったんか」

久「ううん.........なんでもない」


嶺上牌は東。
もしもまこが切った一索をロンせずに西を加槓すれば、嶺上開花で和了っていたことになる。


久「次からは対子手を意識して打ってみなさい」

明「対子手ですか?」

久「そうよ。チャンタのことは一旦忘れるの」

久(流れに身を任せさえすれば、今のあなたならきっと―――)
138 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:52:39.40 ID:kMGUxpud0
【数時間後】


――― 車中


明「疲れたぁ......何も閉店まで続けなくてもいいじゃないですか」

久「付き合わせちゃって本当にごめんなさい。でも、その代わり収穫も十分あったわ」

あれ以降の数半荘の中で明の打ち筋はガラリと変わった。
普段の役作り中心の麻雀からは一転して、立直や断么以外に役が付かないことが増えたのだ。暗刻がよくできるので平和も減った。
そうやって安い和了を重ねつつドラや三暗刻で満貫以上の手を作ることも多いのだが、それも彼女に言わせてみれば「手なり」に過ぎないらしい。

明「それで、結局私のチャンタが消えちゃったのって何なんですか」

久「簡単に言えば遺伝の影響よ。あなたがお母さんから受け継いだオカルトが発現しつつあるってこと」

明「遺伝......?」

久「大抵の場合、オカルトはその人に関連する形で発現するわ。生まれた環境とか幼い頃の体験とか、あとは生まれながらの素質とか」

久「でも、母親の持つオカルトに近いものを子供が備えていることが稀にあるの。まるで遺伝みたいに」

それが何代にも続いて行われている例が龍門渕家だ。
天江衣の『海底』と龍門渕透華の『治水』のように、水に関連するそれは最早家系そのものであるといえる。
龍門渕には過去にもそういった雀士がいたのだろうし、今後もそういった雀士が生まれるのだろう。
139 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:54:18.94 ID:kMGUxpud0
久「もっとも、どちらか一方なら別に心配はなくてね」

久「問題はたった一人の人間が素質タイプと遺伝タイプ、二つのオカルトを持ち合わせてしまった場合よ」

久「それが両方とも発現した時に本人がどうなるかは分からない」

明「分からない?」

久「個人によるとしか言いようがないの」

久「そしてあなたの身には、今まさにそれが起きている」

こういった事例は中高生くらいの子にいくつも報告されていて、大昔に高麻連がまとめた調査結果を読んだことがある。
二つとも使いこなせるようになるケース、どちらか片方だけが残ってもう片方は消滅してしまうケース、合体して新たな能力になるケース。
一体どのような要因が分岐を生むのかは未だ判明していない。

久「お母さんの―――咲の麻雀は見たことある?」

明「ネットで何度かは」

久「なら知ってると思うけど、彼女は嶺上開花の使い手だったわ」

久「王牌を支配し、集めた槓材を使って劇的な和了を魅せるのが咲のオカルト。それがあなたに宿りつつある」

久「暗刻が出来やすいのはその兆候じゃないかしら」

明「つまり、これからはチャンタじゃなくて嶺上開花を狙えばいいってことですか?」

久「だから分からないんだってば。チャンタも嶺上も残るのかもしれないし、どっちかだけになっちゃうかもしれない」

久「幸い健康に影響があるようなモノでもないからね。長い目で経過観察していくしかないわ」

明「.........そうですか」
140 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:54:57.85 ID:kMGUxpud0
久「でも、だからといってインハイは待ってはくれない。今現在あなたがチャンタを使えなくて、代わりに暗刻が出来やすいのは事実よ」

久「取り敢えず使えるものはどんどん使っていきましょう」

明「わかりました」

久「咲の対局記録を観ると勉強になると思うんだけどねぇ。家に残ってない?」

明「それが、お父さんがほとんど捨てちゃったんです」

久「なら優希から借りてこようか。公式戦の録画は全部残してたはずだから」

喋り続けて喉がカラカラだ。赤信号に足止めされ、ちょうどいいと思ってコーヒーを一口含む。
予選会場からドリンクホルダーに入ったままのスチール缶はすっかり冷めきっていた。
141 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:56:14.31 ID:kMGUxpud0
【現在】


久「―――その後の戦績は周知の通り。上手くハマってくれて助かったわ」

久「やっぱ私って策士よねー」アハハ

照「......それって本当にオカルトの遺伝なのかな」

照「遺伝の場合でも母親と完全に同じ性質になるわけじゃないんでしょ」

久「勿論。さっき挙げた龍門渕の例もそうだけど、同系統でも差異は生まれるのが普通じゃないかしら」

照「なら不自然すぎるよ。明のそれは咲と一緒だもの」

久「そうかしら?咲のオカルトは王牌支配だったけど、明にはそこまでの様子は見られない」

久「まだ『暗刻ができやすい』ってレベルの話。汎用性も高いからこれからどう発展していくかは分からないわ」

久「チャンタが使える日もあるみたいだし、完全に同じだって断言するにはまだ早いでしょう」

照「でも、決勝戦のオーラスは―――」

久「なら他に何があるって言うの?」

久「彼女の状況を説明するものなんて、遺伝以外に何もないじゃない」

照「それは...............」

久の弁に対して私は返す言葉を持ち合わせていなかった。
実際、私が明へ抱いている違和感の原因は私自身にさえ未だに分かっていない。
こうして父親や指導者に探って回っているのもそれを知るためであって、あの日の違和感と恐怖だけが私を突き動かしていた。
142 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:56:43.73 ID:kMGUxpud0
照「とにかく参考になった。大会前なのに時間を作ってくれてありがとう」

久「もう帰るの?」

照「うん。訊きたいことは全部訊けたから」

久「へぇ.........ところで、これは関係ない話なんだけどさ」

久「最近は学校も厳しくてね。休日に部外者が入れるようにするのも色々と面倒なのよ」

久「あなたが昨日の夜になって突然来たいなんて言うから、わざわざ早起きして開庁ギリギリに出勤して」

久「教頭に頭下げて許可貰って.........はぁ」

照「............何をすればいい?」

久「決まってるじゃない。あなたは麻雀のトッププロで、ここは高校の麻雀部室よ?」ニヤリ

久「照に教えてもらいたい部員なんて山ほどいるわ」

照「別にいいよ。仕方ないから」

久「さっすが〜!」

照「実際に卓を囲んで気になった所を指摘する以上のことはできないけど」

久「それでいいのよ。じゃあ早速行きましょうか」
143 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 04:59:48.03 ID:kMGUxpud0
カップに残った紅茶を一気に飲み干してから底冷えする廊下へと出ると、私をまんまと言いくるめた悪女が古めかしい木のドアを開いた。
瞬間、あれだけざわめいていた室内は一斉に静まり返り、二十余人の目線が私達を貫く。

久「はい、一回ちゅうもーく!さっきチラ見せしちゃったけど改めて紹介するわね」

久「こちら麻雀プロの宮永照さんよ」

照「......立川ブルーセーラーズの宮永照です。よろしく」

「「「よろしくお願いします!」」」

久「今日は宮永プロに指導していただけることになりました。貴重な機会だから全員集中して取り組むこと」

「なんで大会前日なんですかー」

「どうせなら別の日にしてくれればよかったのに」

久「うっさい!無いよりマシでしょ!」

久「えー、そしたら次は具体的な練習内容について。まずは宮永プロを入れて四人で.........」

それからは対局の連続だった。
次々にやってくる三人の相手を注意深く観察し、その打ち筋から個人の性質を見抜き、問題点を指摘する。観察は私の得意分野だ。
そんなことを昼食を挟みながら続けていき、時計が三時を過ぎた頃ついに―――
144 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 05:02:13.20 ID:kMGUxpud0
照「......だから、あなたは字牌の読み方をもう少し見直したほうがいい。そんなところかな」

部員「ありがとうございます!失礼します!」タッタッタ

照「ふぅ......最後は明か」

明「はい」

照「正直、私から言えることは殆どないんだけど......」

照「技術的な面は概ね良かったよ。東ラスのリャンカンをチーした後の切り方が気になったくらいで、他は全部及第点」

照「あとは経験さえ積んでいけば読みの精度も上がるはず」

照「よく頑張ってるね」

明「ふふっ、そうかな」テレッ

照「オカルトについても竹井先生の方が今の明の状況には詳しいから。私、遺伝とかよくわからないし」

照「今までどおり先生の指導で打ってれば間違いないと思う」

明「私のオカルトの話知ってるの?お盆に帰ってきたときは何も話さなかったのに」

照「さっき竹井先生から聞いたんだよ。インハイの打ち筋が不自然だと思ってたんだけど、やっと合点がいった」

明「へぇ、お姉ちゃんもなんだ」

照「私『も』?」

明「うん、淡さんも気にしてたらしくて。それで同じような話をしたら納得してくれたみたい」

照「......そっか」

照「そしたらこれでおしまい。次の人を呼んできてもらえる?」

明「はーい」スッ
145 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 05:03:33.06 ID:kMGUxpud0
半荘を通して見た明の打ち筋は終始『普通』の一言に尽きる。
技量的にはいつもの彼女だったし、オカルトも原理は分からないなりにそこそこ使いこなしている様子。
でも結局その程度で、咲の影が映り込むようなことは一度たりとも無かった。


―――ひょっとしてあれは本当に私の気のせいだったんじゃないだろうか?
京ちゃんにあんなことを言っておきながら、真に咲から縛られているのは私なのだ。
だから私だけが、ありもしない咲の亡霊を明の中に見てしまって.........そのようにすら思えてしまう。


それでも私の脳裏にはあの夜の情景が、あの恐怖がこびりついて離れない。
私は明が怖いのだ。不気味なまでに母親の姿を伺わせる宮永明という人物が。


あなたの家族失格だ。ごめんなさい。
雀卓から立ち去る明の後ろ姿を見て、私は心のうちに懺悔した。
146 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/02/10(水) 05:05:01.30 ID:kMGUxpud0
今回はここまで

次回あたり恐らく安価あります
147 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/10(水) 13:41:35.49 ID:VsAJEYSxo
乙です
148 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/10(水) 21:15:27.21 ID:kMGUxpud0
訂正です
>>135の牌姿は、正しくは以下の通りになります


ドラ:東

11s111999p東東 【西西西→】 ロン:1s
149 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/11(木) 00:07:11.67 ID:/q9Adf2go
乙ー
150 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/11(木) 10:27:41.11 ID:LbIis2hu0
乙です
明が照を「お姉ちゃん」って呼んでいるのがルートによっては咲が乗り移って言うための伏線になってそうで怖い
151 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 20:56:22.03 ID:Lgjy4hQ60
投下でござる
152 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 20:57:16.64 ID:Lgjy4hQ60
【夕方】


久「―――ってことで明日は朝八時に現地集合。詳細はさっき配ったしおりを見てね」

久「私からは以上です」

部長「きょーつけー、礼!」

「「「ありがとうございましたー」」」

久「おつかれさま〜」


ガヤガヤ

「ねえねえ、あの店行ってみない?飯田の駅前に出来たやつ」

「今から?電車なくなっちゃうよ」

「そんなに長居しなきゃ大丈夫でしょ」

久「いいから早く帰んなさい!」

「ひーっ!すみませんでしたー!」

「さようならー!」ダッ


わらわらと固まっていた女子部員が久の一喝で蜘蛛の子を散らすように部室を去っていく。
それでもなお多くの生徒が室内に残り、他愛もない世間話に花を咲かせていた。
153 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 20:58:02.13 ID:Lgjy4hQ60
久「まったく......どうせ私がこんなこと言ったって結局遊びに行くのよねぇ、あの子達は」

久「それにしても今日は助かったわ。あの子達にもいい刺激になっただろうし」

照「ならいいんだけど」

久「東京にはいつ帰るの?」

照「明日の夜くらいかな。試合は見に行くつもり」

久「そう.........あの」

照「?」

久「昨日って咲の十三回忌だったのよね」

照「そうだよ」

久「ごめんなさい。私ったらすっかり忘れてて」

照「大丈夫、咲はその程度で怒るような子じゃないから」

照「会える時に会いに行けばいい」

しばらく会話を交わしてから部室を見渡すと、明の姿は既に無かった。
せっかくバイクで来たのだから後ろに乗せていくこともできたが、もう帰ってしまったなら仕方ない。追うように旧校舎を後にする。
おっと、事務室に寄るのを忘れないようにしないと。
154 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 20:59:10.95 ID:Lgjy4hQ60
――― 宮永邸


照「ただいま」

シーン

照(......誰も居ない?)

時刻は間もなく七時台へと差し掛かろうとしている。太陽はとっくに沈んだし、そろそろ京ちゃんが夕飯の支度をしていてもおかしくない頃合である。
しかし見る限り私が今いる玄関以外の照明は全て落とされたままで、台所はおろか家中から物音の一つも聞こえないのだ。

とはいえ休日だし京ちゃんや淡が何処か出掛けていてもおかしくはない。
「連絡の一つくらいはしてくれてもいいのに」とも内心に浮かべる私のそうした推測は、リビングの扉を明けた瞬間に棄却された。


淡「Zzz.........」

京太郎「......ムガッ.........Zzz.........」


壁のスイッチに手を掛けた途端、向かい合って座ったまま突っ伏す二人が照らし出される。それから食卓には累々たるビールやカクテルの空き缶。
彼らが白昼堂々―――何時からかは知る由もないにしても、少なくとも日が落ちるよりずっと前から酒盛りに興じていたことは火を見るより明らかだった。
155 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 21:00:00.97 ID:Lgjy4hQ60
1. 京ちゃんを起こす

2. 淡を起こす

3. そっとしておく


↓3まで多数決、無効下
156 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/18(木) 21:01:36.43 ID:e38vM5ID0
3
157 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/18(木) 21:36:17.82 ID:OxFH8l9FO
2
158 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/18(木) 21:38:39.71 ID:qTzdrVJp0
1
159 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/18(木) 21:49:02.40 ID:Lgjy4hQ60
うわ、マジか...再安価

↓1から最初に2回選択された選択肢
もし日付跨いだらリセットで
160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/18(木) 22:19:53.94 ID:OxFH8l9FO
2
161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/18(木) 22:40:12.24 ID:zSFZSBWR0
2
162 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 00:55:27.32 ID:huUF1py00
2. 淡を起こす


無駄だろうなとは思いつつも淡の肩を両手で揺する。
すると意外にも彼女はその眠たげな顔を私の方へ向けてきて、

淡「あれ、テルーじゃん............うぅぅ、いててて......」ズキズキ

照「おそよう。どうしてこんなことに?」

淡「えーっと.........朝起きたらキョータローと私しかいなくて、特にすることもなかったから」

淡「それで久々に二人で飲むことになって、それから............!」サーッ

照「......淡?」

淡「飲みすぎて覚えてない......です。はい」

アルコールが回って真っ赤になっていた淡の顔から一気に血の気が引く。青どころか行き過ぎて土気色になりそうな勢いだ。

照「とりあえず京ちゃんを起こすの手伝ってよ」

淡「えーっと、キョータローはゆっくりさせてあげようよ」

照「なんで?」

淡「なんでも!」

照「......まあいいか」

淡「あー......頭痛いから私は布団で寝ようかな」

照「晩ご飯はどうするの?」

淡「いらなーい......」スタスタ
163 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 00:56:53.95 ID:huUF1py00
そう言って淡がヨロヨロと階段を二階へと昇っていくと、リビングにはどうすれば良いかも分からず呆然とするだけの私が取り残された。
差し当たっての重要事項はこれから食べる夕飯だが、朝方「昨晩の出費が痛いんで今日は俺が作ります!」と言い切った男は目の前でいびきをかきながら眠り続けている。


ガチャッ

明「ただいまー......ってお酒臭っ!」

照「あ、おかえり」

明「何これ?!あーもうお父さんったら、何処にこんなにビール隠してたんだろ」

明「買い置きすると飲みすぎるからダメって言ったのに」ハァ

照「暇だったから淡とずっと飲んでたらしいよ」

明「淡さんまで......それより、この調子だと晩ご飯はできてないってことだよね」

明「お米も炊けてないし材料も買ってないし.........スパゲッティでもいい?」

照「私は食べられれば何でもいいけど」

明「ならすぐ作るからちょっと待っててね」

照「疲れてるでしょ?私がやるよ」

明「だいじょーぶ。お姉ちゃんに任せるとなんか危なそうだから」

照「」

些細な一言に傷ついた私には見向きもせず、コートを脱いだ明は椅子に引っ掛けられたエプロンを前からかけた。
何というか、年上としての威厳というものはどうやら私にはないらしい。
164 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 00:57:42.26 ID:huUF1py00
明「お父さん、邪魔だからどいてよー......ダメだ、揺らしても全然起きないや」

照「淡が京ちゃんは起こさないであげてって言ってた」

明「えー?しょうがないなぁ」

明「お姉ちゃん、適当に床に転がしといて」

照「床に転がす......?」

次の朝、京ちゃんが寝違えた首を痛そうに抱えていたのは別の話である。
165 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 00:58:32.67 ID:huUF1py00
【翌朝】


――― 長野県内 市街地


二日酔いの京ちゃんと淡に押し付けられる形でハンドルを握り、清澄から走ること一時間半。
城下町の面影を残す町並みの外れ、繁華街の喧騒から少し離れた公園の隣に到着する。
ごく薄く積もった雪の上でスタットレスタイヤが動きを停め、車のドアを開けて外に出ると、会場は観戦に来たらしい人々で込み入っていた。

淡「うぅ、寒い......」

京太郎「よーし、そしたら一丁応援行きますか!」

淡「キョータローは元気だねー」

京太郎「俺だって寒いしな。無理にでも元気出さないとやってられん」

淡「ふーん.........」

照「ほら、早く入ろうよ」


『長野県高等学校麻雀連盟 冬季選手権大会』


大きく看板の立ったホールの中は着ているコートが暑苦しいほどの暖かさだった。暖房が強いせいかもしれないし、ここに集まる人々の熱気のせいかもしれない。
受付で実行委員会の腕章を付けた男性からパンフレットを受け取り、目が痛くなるほど細かい字の対戦表を読みながら観戦室へ向かった。
最前面に取り付けられた大きなスクリーンへ牌が次々に写し出されている。ちょうど一回戦の東ラスが流局に終わり、これから南入しようというところだ。
166 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:00:03.46 ID:huUF1py00
【南一局 一本場】


東家・龍門渕:41000
南家・宮永 :28800
西家・滝沢 :23100
北家・岡田 :1100


京太郎「おいおい......東場に何があったんだ」

照「龍門渕って、あの衣ちゃん親戚?」

京太郎「十中八九そうだと思いますよ」

淡「それならこうなってもおかしくないかも」


南家:宮永(清澄) 一巡目
ドラ:中

147m3478p15s東東南發


明の配牌は凡庸な五向聴。ここから和了りに行くのはかなり厳しいように思える。
そんな彼女が不可解な行動を見せたのは十一巡目、捨て牌が三段目に差し掛かろうという頃のことだった。


明『カン』パラッ

【東東東東→】
167 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:01:13.08 ID:huUF1py00
淡「......!」

照「カン?どうしてここで......」

数巡前にリーチが―――しかも断ラスの北家から掛かっている。
なら嶺上開花狙い?そんなはずはない。そもそも彼女の手牌はまだ二向聴だ。
王牌の前に座る北家の指がゆっくりと槓ドラをめくると、新たに九索が顔を出した。


東家『......』カチャッ


東家:龍門渕(龍門渕) 十一巡目
ドラ:中

45678m135p788s東西 ツモ:南


淡「うわー、掴まされた」

京太郎「もう現物も無いしな。これは俺でも出すわ」

河は断么模様、至って普通の捨て牌だった。
既に二枚切れの南が止まるはずもなく......
168 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:02:11.60 ID:huUF1py00
→打南


北家『ロン』パタッ



北家:岡田(裾花) 十一巡目
ドラ:中 1s

11m227788p33s中中南 ロン:南



北家『リーチ七対子ドラ4......』ペラッ

裏ドラ:1m 8p

北家『......裏4。24000の一本場は24300』

東家『くっ.........はい』チャラッ
169 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:03:07.42 ID:huUF1py00
【南四局】


東家・岡田 :22700
南家・龍門渕:21300
西家・宮永 :27400
北家・滝沢 :28600


淡「ずいぶん平たくなったね」

京太郎「明は二着だな。トップとはたった1200点差か」



西家:宮永(清澄) 七巡目
ドラ:3p

112334m12p12349s ツモ:9s



→打4m


照「......もう一向聴」

京太郎「しかも両面捨てて純チャン三色ですか。相変わらず無茶な打ち方するなぁ」

照「京ちゃんはあの手牌だったら同じことする?」

京太郎「するわけないでしょ。何でもいいから四十符か二翻つけて和了れば勝ち抜けのオーラスですよ?」

京太郎「もしこれが東パツなら狙うとは思いますけど」
170 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:04:13.23 ID:huUF1py00
淡「そんなに難しく考えないで、テキトーに打っちゃえばいいじゃん」

京太郎「お前は考えなしにダブリーしすぎなんだよ!先月くらいのリーグ戦でも―――」


 淡(よし、次のツモ番で西をカンして......)

 北家「ロン。1000」パタッ

 西家「はい」チャラッ

 淡(.........あれっ?)

 実況『萩原が瀬戸熊から發のみ1000点の和了!これにてオーラス終了です』

 実況『しかし瀬戸熊は不自然な放銃でしたが、やはり差し込みでしょうか?』

 実況『そうですねぇ。二着と400差のトップだった大星がリーチ棒分で黒沢の下に沈みましたから』

 実況『せっかくなら大星に一着を取らせない事の方が重要だと思ったんでしょうねぇ』


京太郎「―――って感じで順位点逃してただろ。せっかくダブ南暗刻だったのに」

淡「ぐぬぬ」

照「京ちゃん、プロの試合観てるんだ」

京太郎「あー......まあ、嗜む程度には」

照「そう」

スクリーンに再度注目を移す。
171 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:05:21.40 ID:huUF1py00
南家:龍門渕(龍門渕) 九巡目
ドラ:3p

45666m5678p45(5)6s ツモ:4p



南家のツモ番で平和赤、高目断么三色の聴牌。
彼女が二回戦進出―――つまりトップになるためは跳満ツモが必要だ。となれば当然、


南家『リーチですわ!』タンッ!

→打5s


京太郎「うわっ、ド高目の三筒って全山かよ」

照「六筒二枚、九筒三枚.........全部で九枚残り」

淡「これは厳しいかもねー」

上手くオリることができたとしても南家が自力でツモるのは時間の問題だ。
そう考えれば、既に役牌と嵌張を鳴いている親に何とか和了らせて連荘を狙うのが今の明にとっては得策。
少なくとも彼女の視点にはそう映るはずだけど.........
172 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:06:06.24 ID:huUF1py00
西家:宮永(清澄) 九巡目
ドラ:3p

11233m12p123499s ツモ:南



明『.........』スッ

→打9s


京太郎「九索!?スジすら通ってねえじゃねーか」

淡「ツモ切りしないなんて......やるね、メイ」



東家『.........』チラッ


東家:岡田(裾花) 九巡目
ドラ:3p

(5)55m4(5)6p南【↑東東東】【←435s】



東・赤赤の南単騎、符ハネして7700。
これの直撃を喰らえば一気に逆転して親がトップに浮上し、その時点で試合は終わっていた。
173 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:07:47.46 ID:huUF1py00
親の河には高打点の気配は全くしないが、確かに万が一ということはあり得る。
しかしそうであったとしてもオリるのであればわざわざ九索を切る必要はなく、既に他家へ通っている一二筒から落としていけば良いのだ。
彼女は和了るつもりだ。その上で南を押さずに手元へ残し、九索から回していく選択を取ったのだろう。

明にしては冴えすぎなくらいの場読みだった。



明『ツモ』パラッ


西家:宮永明(清澄) 十六巡目
ドラ:3p

112233m12p123s南南 ツモ:3p


明『3000-6000です』



<終局>

龍門渕:18300
宮永 :39400
滝沢 :25600
岡田 :16700


〜〜〜〜〜
174 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:09:10.12 ID:huUF1py00
明による海底直前の跳満ツモが一回戦へ終わりを告げた。
どよめいていた人々もやがて落ち着くと次々に席を立ち、その流れに従って私達もおもむろに腰を上げて出口へと向かう。

京太郎「次の試合は三十分後だな。二回戦B卓」

照「その後の予定は?」

京太郎「昼休憩挟んで一時半から三回戦、そこから準決勝決勝と順調にいけば六時に終わる予定です」

照「五試合ってことは......六十人くらいか。参加者、結構少ないんだね」

京太郎「先週あたりに予選があったらしいですよ」

照「そうだったんだ」

淡「.........」

京太郎「淡、具合でも悪いのか?」

淡「ううん、全然そんなことないんだけど......」

淡「.........さっきの試合、やっぱり不思議だったなって思ってさ」

京太郎「何がだよ。女子の麻雀がブッ飛んでるのはいつものことだろ」

淡「そーゆー話じゃないって。メイのこと!」
175 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:10:38.01 ID:huUF1py00
淡「南一局にあった謎の大明槓、あれってラスの子に和了らせてりゅーもんぶちを削ろうとしたんでしょ」

京太郎「満貫手が一気に三倍満に化けたアレか。まさか、偶然だろ」

淡「偶然じゃないよ。そもそもメイは理由もなくカンなんてしないはずだし」

京太郎「自分のカンで北家に槓ドラと槓裏が乗って、しかもトップ目が当たり牌を掴むのを分かってたってことか?」

京太郎「んなアホな話があるかっての!第一、明にはドラなんて見えないだろ」

淡「サキのオカルトだよ。キョータローはメイのオカルトのこと知らないの?」

京太郎「えっ!?えーっと.........」チラッ

照「.........」
176 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:11:09.15 ID:huUF1py00
淡「昨日メイは『暗刻が出来るときには牌は見えない』って言ってた」

淡「それなのにあの場面では、まるで王牌を全部見透かしてるみたいに―――」

照「淡、落ち着こう」

淡「テル?」

照「いいから。ほら、一回そこに座ろうか」

照「京ちゃんも少し席を外して」

京太郎「あー......俺、ちょっと外で一服してきます」

照「そうしてくれると助かる」

周囲では何人かの通行人が遠巻きにこちらを伺っていた。
正直、あまり目立ちたくはない。

照「............」

淡「テルー......?」


その後も大会は恙無く進んでいったが、決勝戦が終わる頃にはタイムリミットが迫ってきていた。
結果は第二位。優勝はどちらも強豪校の三年生だったから、十分に健闘したと言えるだろう。
表彰式が終わるのを待つことはできず、明にも会わないうちに私達は駅へと向かった。
177 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:15:05.57 ID:huUF1py00
【夜】


――― 特急 車内


戸惑いを隠せない。昼間にホールのロビーで起こった出来事以来、私とテルの間には何とも形容し難い気まずい雰囲気が漂っていた。
私があんなことを口走ってしまったからだろうか?ひょっとして気が触れてるとか思われてしまったんじゃないだろうか?
でもテルの態度はそういった様子ではなかった。何か言いたいけど抑えているかのような、そんな様子だ。

そもそもテルやキョータローは私と同じように、メイに対して違和感を覚えているのだろうか。
少なくとも金曜日にキョータローの家へ着いてからの三日間に彼女がメイに向ける眼は明らかにおかしかった。
怯えているのか、蔑視しているのか、まるでそれ自体を遠ざけるような眼。少なくとも可愛い姪っ子を見つめるものじゃない。

一昨日の夕方―――テルがキョータローを呼び止めて墓地で交わした密談。
私はてっきり彼女もメイの異変について察知していて、それに関する話をしていたのだと思っていた。


 淡「サキのオカルトだよ。キョータローはメイのオカルトのこと知らないの?」

 京太郎「えっ!?えーっと.........」チラッ

 照「.........」


数時間前の記憶が掘り起こされる。キョータローの反応からしてもそのことに間違いはないだろう。
178 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:15:47.24 ID:huUF1py00
だが同時に、ここには別の問題も存在するのだ。


 京太郎「......俺、照さんに求婚されてさ」

 淡「―――それ、いつの話......?」

 京太郎「......昨日の夕方だ。最初は冗談かと思ったけど本気らしい」


詳しく聞いておけば良かったと後悔している。
もっとも当の本人がすぐ隣に座っているわけではあるが、彼女自身に尋ねるの度胸はない。


時刻は午後八時半を少し回り、列車が山梨県境に差し掛かった頃のことだった。
日曜の夜だというのに乗客の姿は殆どなく、このグリーン車も私とその隣に座るテルのたった二人きり。
駅弁を平らげたばかりの私に対し、テルは淡々とこう切り出した。
179 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:16:35.53 ID:huUF1py00
照「淡」

淡「んー?」

照「明のオカルトの事。淡も色々と気になってるみたいだから一つだけ」

照「これ以上この話に関わらないで」


沈黙。
手元の文庫本に落とした目線を少しも動かすことなく、確かにそう言い放ったのだ。
180 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:17:15.41 ID:huUF1py00
淡「え?」

照「淡は明の問題には触れないで欲しい」

淡「ちょ、ちょっと待ってよ!テルの言ってること全然わかんないんだけど!?」

照「何度でも言うよ。明の問題には―――」

淡「そういうことじゃなくて、えーっと、その.........どうして?」

照「宮永家の問題だから」

照「これは私と京ちゃんが解決すること。あなたには関係ない」

淡「............つまり、テルは私にこう言いたいんだね」

淡「『お前は部外者だから首を突っ込むな』って」

照「乱暴な言い方をすればそういうことになる」
181 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:18:14.76 ID:huUF1py00
私の中で何かが崩れ去る音がした。

テルとは高校のときからの仲だし、キョータローは大学で四年間を共にした親友だ。
プロとして契約したチームでは高校時代から因縁の相手だったサキと仲間になり、八年間も一緒に戦った。
咲がこの世を去ってからも私はずっとキョータローやメイの隣に寄り添い、彼らとかけがえのない関係を築いてきた。

彼女は―――宮永照は、私が積み上げてきたモノを否定したのだ。
宮永家の人間である彼女自身が。
182 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:20:44.44 ID:huUF1py00
淡「へぇ......それにしては、まるでカイさんとアイさんも関係ないみたいな口ぶりだったけど」

淡「あの二人も部外者みたいじゃん。同じ宮永家なのに」

照「違う。お父さんとお母さんに心配かけたくないだけ」

淡「だいたいさぁ。偉そうに言うけど、そもそもテルって本当にメイの家族なの?」

照「.........どういうこと?」

淡「遠く離れた東京に住んで、一年に何回か会うだけ。伯母さんと姪っ子なんて家族っていうより親戚でしょ」

照「そんなことない。私は明の家族だし京ちゃんの家族」

淡「そもそもキョータローに抱かれたからって勘違いしちゃってさ」

淡「アイツは自分で自分を誤魔化してるみたいだけど、結局キョータローが必要としてるのはサキなんだよ」

淡「たまたまサキのお姉ちゃんだったってだけでテルそのものを愛してるわけじゃない」

照「違う」

淡「メイのお母さんもサキだけだよ。そのサキも今は......かわいそうなメイ」

淡「テルだってわかってるんでしょ?だから今更キョータローと結婚したがってるんだ。必死に彼女の代わりになろうとして」

淡「健気だね、テルは」

照「違う!」

淡「でもキョータローにとっての家族はメイだけだし、メイにとっての家族はキョータローだけ」

淡「それが二人にとっての『宮永家』だよ」

照「違うって言ってるでしょ!!」


文庫本はとっくにテルの手を離れて床へと落ちていた。
何も怖くない。たとえ彼女の顔が見たことのない形相へと変わり、声色が強張り、爪が食い込み血が出るほどにその右手を握りしめていたとしても。
183 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:22:16.71 ID:huUF1py00
照「.........仮にそうだったとして、だからどうしたっていうの」

照「私が家族を......宮永家を守るんだ」

照「淡、お願いだから私の家族を壊さないで」

淡「そんなことしないよ。私だってみんなが大好きだもん」

照「淡が?.........ふふっ、冗談言わないでよ。あなたが好きなのは私たちじゃない」


照「京ちゃんでしょ」

淡「.........!」


照「彼にいい格好をしたいから明の面倒も甲斐甲斐しく見てる。彼が聞いたらきっと幻滅するよ」

淡「違っ、そういうつもりじゃ―――」

照「ほら。都合が悪くなると『違う』としか言えなくなる」

照「さっきまでの私と今の淡、何も変わらないでしょ」

照「ずっと横恋慕ばかり引き摺ってないで大人になればよかったのに......バカな娘」

淡「.........」

照「あなただって咲にはなれない。それは絶対的な事実なんだよ」

淡「......そんなこと知ってる。別にサキにもサキの代わりにもなるつもりなんてないもの」

淡「私は大星淡だから」
184 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:23:04.46 ID:huUF1py00
確かに私は宮永.........いや、須賀京太郎のことが好き。アイツのことを男として見てるし、私のことを女として見てもらいたい。
でも宮永咲の代替品として扱われるなんて絶対に嫌で、『大星淡』として彼に愛してもらいたい。

テルは『宮永家』に執着している。だから自分がサキになって、既に壊れてしまったものを直そうとしてるんだ。
そんなこと、もう絶対にできないのに。

懐から出したティッシュペーパーを黙ってテルに渡すと、彼女は右手に滲んだ血を丁寧に拭き取った。
血。宮永家の血統。何故彼女をこれほどまでに駆り立てるのだろうか。
185 : ◆copBIXhjP6 [saga]:2021/02/19(金) 01:24:01.51 ID:huUF1py00
一時間以上してようやく特急が見慣れた駅へ入構していく。
キャリーケースを持ってプラットホームに降り立った瞬間、束の間の平穏から氾濫する人の群れへと帰ってきたのを感じた。
改札を出て別々の方向へ歩き始めるまで、私と彼女の間にはたった一つの会話しかなかった。


淡「じゃあね。また明日」

照「おやすみ」
186 : ◆copBIXhjP6 [sage]:2021/02/19(金) 01:26:26.85 ID:huUF1py00
今回はここまで

しばらくお休みします。
最短で来月2週目くらい、遅くて4月頭から更新再開です。
187 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/19(金) 03:29:18.31 ID:kOjpuZNno
乙ー
188 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/19(金) 09:32:33.34 ID:PJUifc430
乙です
二人とも互いの痛いところついていて怖ーいドロドロしてきましたね
でも続きが気になる
189 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/19(金) 10:41:01.03 ID:pC5RwsIYo
乙です
190 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/19(金) 16:49:32.02 ID:oegDByE40
191 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/02/25(木) 14:30:18.97 ID:keTR0CZT0
192 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:28:58.59 ID:ruMXd7oE0
高校時代、麻雀のためにわざわざ上京してきた同級生は言っていた。

「東京ってどこもビルばっかりだと思ってたけど、案外そうでもないんだね」

当たり前だ。山手線の内側ならまだしも、こんな郊外まで超高層建築で埋め尽くされては息が詰まって堪らないだろう。
緑は程々に多いし空は広い。学校の近くを少し歩けば畑だって幾らでも見つかる。
三年間を麻雀に費やした私がプロ入りを蹴って進学した大学も、そんな閑静な街並みに溶け込んでいた。
193 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:29:37.82 ID:ruMXd7oE0
麻雀が嫌いになったとか将来の目標が別にできたとか、断じてそういう理由ではない。
ただ、もう少しだけ時間が欲しかっただけなのだ。
このまま社会に出て一人前になるには不満足だった。
私の人生―――私の青春には何かが欠けていて、せめてそれを探し出さなくてはならないような気がしていた。
194 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:31:03.32 ID:ruMXd7oE0
敷地の一番北端に建つ、部外者が通れば半ば打ち捨てられているのだと勘違いしてしまうような講義棟。
あまり人通りのない廊下を右往左往し、やっとの思いで辿り着いた扉を数回ノックする。中から男の声が聞こえてきた。


「どうぞー」


扉が自身を支える蝶番を軋ませながらゆっくりと開く。
声の主は夕日が差し込む部屋の窓際に立っていたが、にこやかに私の方へ振り向き、

???「いらっしゃい」

淡「あのー......ここって麻雀部室だよね?私、入部したくて来たんだけど」

???「悪い、俺も最近入部したばかりでさ。勝手が分からないんだ」

???「そのうち先輩が来ると思うから適当に座っててくれ」

男はどうやらお茶を入れてくれるつもりらしく、電気ケトルに水を入れて沸騰するのを呑気に待っている。
一方で雀卓の椅子に座るや否や早速暇を持て余してしまった私は、そんな彼の観察をすることにした。
195 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:32:44.85 ID:ruMXd7oE0
身長はかなり高い。普段から周囲に比較対象がいないからよくわからないけど180cmくらいはありそうだ。
言葉には訛りが少し混じっていた。さっきの会話からして新入生だろうから、地方出身で最近上京してきたのかもしれない。
服装はいかにも普通に見える。新宿あたりを歩いていれば数分に一度くらいのペースで見かけそうな量産型の衣類を身にまとっており、奇抜な要素は全く見当たらない。

東京に腐るほど闊歩する、特に面白みのない至って平凡な田舎者の大学生。
そんな彼の持ち物のうちたった一つ―――私と同じ綺麗な金髪だけが、一際目を引いていた。


???「はいよ」コトッ

淡「ありがと」

???「なあ、君って白糸台高校の大星選手だろ?」

淡「......そうだけど」


またか。
三年間インターハイに出場し続け、常に注目を集めてきた。数え切れないくらい取材も受けたし、自分がこの業界で有名になったという自覚はある。
こうして初対面の相手に顔が知られていることも、話しかけられることだって全く珍しいことじゃない。
だからこのチャラそうな男が話をそう切り出した時、こいつも所詮は有象無象の一人なんだろうかと思った。つまんない。
196 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:34:11.51 ID:ruMXd7oE0
淡「だから何?」

???「いや、どうってわけじゃないんだ」

淡「なら聞かないでよ」

???「なんだよ。冷たいやつだな」

淡「初対面の女の子から個人情報聞き出そうとする男なんて不審者じゃん」

???「なんつー言い草だ!そもそもお前の方が勝手に来たんだろうが」

淡「だからって、誰かも知らない相手に優しくする必要なんてないでしょ」

???「へーへーそうですかい......ま、そういうことなら自己紹介くらいしとくか」

京太郎「俺は清澄高校出身の須賀京太郎だ。よろしく」

淡「うそっ、清澄!?」
197 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:35:27.86 ID:ruMXd7oE0
清澄高校―――東場の片岡優希にデジタル打ちの原村和、そして嶺上使いの宮永咲。私たちにとっては少なからぬ因縁を持つ相手だ。
そんな彼女達と同門であるこの人物、須賀京太郎.........


淡「って誰?」

京太郎「おい」


これが、私とキョータローの出会いだった。
198 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:36:42.26 ID:ruMXd7oE0


<大星淡の回想>

199 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 07:38:24.27 ID:ruMXd7oE0
今回はここまで

色々あって幸運にも最短で戻ってこれました
こんな感じでしばらくは過去編になります
200 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/10(水) 10:19:20.50 ID:ziDSbvnu0
更新きたああああああああ
乙です
201 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/10(水) 10:35:29.16 ID:y0dtlDjso
待ってた
あわあわかわいい
202 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 13:50:49.89 ID:ruMXd7oE0
【19歳 4月】


――― 麻雀部室


不快な金属音が再び部屋に響き渡る。誰かが部屋へ入ってきたらしい。
椅子を回して背後に向き直ると、凛とした女性が丁度ドアノブから手を離したところだった。

ゆみ「須賀か。今日は早かったんだな」

洋榎「おーっす!」

京太郎「加治木部長、こんちわっす」

洋榎「なんや須賀、ゆみだけに挨拶しよってからにうちには何もナシか?」ゲシッ

京太郎「こ、言葉の綾ですって!愛宕先輩!」

ゆみ「ところでそこに白糸台の大星淡が座ってるように見えるんだが、私の気のせいかな」

京太郎「別に人違いじゃないですよ。入部希望だとか」

洋榎「なるほどなぁ......プロ入りの話も全然聞かへん思うとったら、まさかこんな所におるなんてな」

淡「私がここにいるのってそんなに変?」

ゆみ「ははっ、まさか」

洋榎「うちらのダチでもっと変な奴なんて山ほどおるで」ケラケラ

京太郎「そういえばモモは来てないんですか?」

ゆみ「ああ、モモなら―――」

モモ「私はここっすよ」スッ

淡「うわぁっ!?」
203 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 13:51:30.00 ID:ruMXd7oE0
驚きの声を一瞬上げた後、私はしばらく何も発することができなかった。
この部長らしき人物の隣―――確実に何もない空間からヒトが突如として立ち現れたのだ。
手品とかオカルトとかそういう話ではない。そもそも生きた人類とは思えないし、たぶん幽霊だろう。
口があんぐりとしたまま塞がらないの見た彷徨える魂(暫定)は実に心外そうな顔をして、

モモ「失礼っすね!人をオバケみたいに」

京太郎「モモが面白がってそういうことばっかりするからだろ」

モモ「だからって普通ここまで驚くっすか?」

淡「――――――!」

京太郎「誰だって最初はこうなるに決まってる」

モモ「まあ確かに、初めて会った時のキンパツさんなんて......」

洋榎「なんや楽しそうな話しとるやん。須賀がどんなアホ面晒したって?」

京太郎「あー分かった分かった、俺が悪かったからこの話はもう終わり!」

京太郎「それ以上言わなくていいからな!?」

淡「.........」ポカーン

ゆみ「二人とも静かにしてくれ。洋榎も一々乗るな」

洋榎「ゆみはマジメちゃんやなぁ」
204 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 13:52:02.42 ID:ruMXd7oE0
ゆみ「せっかくの新入部員だっていうのに......まったく、来てくれて早々騒がしくて済まなかった」

ゆみ「私の名前は加治木ゆみ、三年生だ。一応ここの部長をしている」

モモ「私は東横桃子、一年生っす」

京太郎「須賀京太郎だ。改めてよろしく」

洋榎「うちは三年の愛宕洋榎や!よろしゅーなー」

淡「よ、よろしく.........」


あまりにも賑やかな面々に一抹の不安を覚えはしたものの、こうして私は麻雀部へと迎え入れられた。
もっとも、数日後の私が馴染むどころか部内を更に騒がしくしていたのは言うまでもない。
205 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/10(水) 13:52:38.47 ID:ruMXd7oE0
先走って尻切れトンボだったので少し追加
暇すぎて書くくらいしかやることないんじゃ
206 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/10(水) 16:42:33.25 ID:ziDSbvnu0
あわあわかわいい
乙です
207 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 00:08:35.09 ID:EuQrluB8o
乙!
208 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:45:21.44 ID:xzi4dPFd0
投下に候
209 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:45:55.97 ID:xzi4dPFd0
【19歳 6月】


大学生活にも慣れ、花粉症の時期が終わり、梅雨もおおよそ半ばまで過ぎ去った初夏の季節。
新たな麻雀部は高校時代のそれと比べれば遥かに温いものだったが、そもそもこれは団体戦よりも圧倒的に個人戦へ傾倒しているインターカレッジの特徴に起因するものだ。
部活動は普段の対局練習や大会出場の調整が主な仕事で、普通は同じ大学に所属する雀士の持つ寄り合い程度の存在でしかない。
不真面目というわけではなくそういう風土、そういう風潮なのである。
あの頃の規律ある雰囲気や目的意識とかけ離れた環境にいくらかの戸惑いや不満を抱えつつも、私は講義が終わる度に足繁く部室へ通っていた。

そんな数ヶ月間のお陰だろうか、私はこの環境を取り巻くいくつかの事柄を知ることが出来た。
この建物に出入りする人物の顔ぶれは大方決まりきっていて、居を構える研究室の住人や映研の部員たちが主たる面子であるということ。
隙間風や雨漏りが酷いのは建物が古いせいで、何とか応急処置しながら当局に訴え続けるしかないということ。
それから、この部活には全然人が集まらないということだ。
210 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:46:38.22 ID:xzi4dPFd0
――― 麻雀部室


タンッ!

京太郎「ロンッ!」パタッ

淡「げっ」

京太郎「裏は......乗らずか」

京太郎「1500の一本場は1800」

淡「やっす!」

ゆみ「大星、和了りは和了りだ」

淡「はーい......」チャラッ


<終局>


東横 :24300
大星 :20900
加治木:26200
須賀 :28600


麻雀部は書面上十数名の部員を抱えていることになっている。しかし四年生は就活で忙しい上、私の後に入部した数人の新入生はすっかり顔を見せなくなっていた。
そうして卓を囲む面子が固定化されるにつれて次第に明瞭になってくるのが実力差だ―――端的に言えば、私が一番上でキョータローが一番下。
しかしこの日に限ってはお約束通りに事は進まず、私は珍しく彼の後塵を拝していた。
211 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:47:55.78 ID:xzi4dPFd0
淡「その手ならもうちょっと育てればよかったじゃん」

京太郎「俺は堅実に生きる方が性に合ってるんだよ」ガラガラ

モモ「トップだし間違いじゃないと思うっすよ」ポチッ ウィーン

ゆみ「さて、どうしようか?このままもう半荘やってもいいが......」

淡「疲れたから一回休もうよ。洋榎先輩が居ないから抜け番作れないし」

京太郎「あの人、こんな時間までどこで油売ってんだか」

ゆみ「洋榎か.........はぁ」チラッ

モモ「携帯?」


Date:20XX/7/9 12:48
From:愛宕洋榎
Sub: Re:

今起きた
ゆみから借りたDVDのせいやわ
経史の代返頼んだで


京太郎「また自主休講か。あの人、こんなんで卒業単位足りるのかよ」

淡「教授がちゃんと出席取る講義は休まないんだってさ」

モモ「へぇ......なるほど」

ゆみ「......モモ、絶対にそこは真似するなよ」

モモ「そ、そういうつもりじゃないっすよ!」

ゆみ「言っておくけどフリじゃないからな。冗談抜きに」
212 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:49:11.85 ID:xzi4dPFd0
その時、どこか遠くの防災無線から『七つの子』が聞こえてきた。
アルミサッシが切り取る雨降りの風景は朝起きた時と同じような灰色のままで、時間の移り変わりを読み取ることは到底出来そうにない。こんな空が何週間も続いている。
私は背後の壁に掛けられた時計を見ることでようやく、現在の時刻が既に夕方の六時を回っていることに気がついた。

京太郎「もうこんな時間か。そろそろお暇しようかな」ガタッ

モモ「何か予定でもあるっすか?」

京太郎「ああ、ちょっと野暮用で」

モモ「結局今日はキンパツさんの独壇場だったっすねー」

淡「ま、待ってよ!私一回も勝ててないんだけど!?」

京太郎「そりゃ俺が全部勝ってるしな」

淡「あと一半荘だけ!」

京太郎「えー.........半荘は無理だけど、東風くらいなら」

淡「ゆみ先輩!いつもの使っちゃダメ?」

ゆみ「ダメだ。全局ダブリーじゃあ練習にならないから今日は禁止にしてるんだろう」
213 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:49:40.26 ID:xzi4dPFd0
淡「ケチ」

ゆみ「ケチじゃない」

淡「ケチー」

ゆみ「ケチじゃない!」

淡「ケチー!」

ゆみ「.........はぁ、この一回だけだぞ」

淡「やったー!」ピョーン

京太郎「おいおい、勘弁してくれよ」

淡「まさかキョータロー、逃げるわけなんてないよね?」

京太郎「......クソッ」

京太郎「上等だこの野郎!俺が負けたら明日の昼飯奢ってやるぜ!」

淡「へぇ、言うじゃん」

思わず口角が上がる。
たまたま今日だけツキが回ってるからって、調子に乗ったことを後悔させてあげるんだから。


<対局開始>


起家:東横
南家:大星
西家:須賀
北家:加治木
214 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:50:49.01 ID:xzi4dPFd0
【東一局】


モモ(うぅ、東風じゃ消えるに消えられないっすよ)

モモ(しかも起家なんて......あれ?)


東家:東横 一巡目
ドラ:9p

23467m(5)67p(5)568s東北


モモ(配牌からタンピンドラドラの一向聴!?でも、大星さんの支配は......)

淡「どうしたの?早く切ってよ」

モモ「わ、分かってるっす」

→打東


淡「どれどれ〜?」チャッ

淡「......リーチッ!」タンッ

→打1s
215 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:51:24.84 ID:xzi4dPFd0
モモ(ダブリー!やっぱりオカルトは効いてるってことっすか)

モモ(それならどうして......)

京太郎「全然分からん。こんなの当たったら事故だろ」タンッ

ゆみ「だが、そんな姿勢のままではいつまで経っても大星に勝てんよ」タンッ

モモ「先輩の言う通りっすよ」

モモ(チャンスをモノにしないと同じことの繰り返し。幸運の女神様には前髪しか生えてないっす)

モモ(しかしそうは言っても―――)


東家:東横 二巡目
ドラ:9p

23467m(5)67p(5)568s北 ツモ:7s


モモ(嵌七索が埋まったけど、あまりにも出来過ぎだ)

モモ(でもゴロチの三色が付けば跳満まで見えるし...)

モモ(あくまでステルス。ダマで出和了りを狙うっす)タンッ
216 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:51:54.40 ID:xzi4dPFd0


淡「ロン」パタッ

モモ「......えっ?」

217 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:52:24.42 ID:xzi4dPFd0
南家:大星 二巡目
ドラ:9p
裏 :8s

789m999p234666s北 ロン:北


淡「ダブリー一発ドラ3。12000」ニヤッ

モモ「......はい」チャラッ

モモ(わ、罠だった......!)
218 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:53:47.00 ID:xzi4dPFd0
【東四局】


加治木:20000
東横 :8000
大星 :49800
須賀 :22200


ゆみ(三着目のラス親、何時ぞやを思い出すな.........あの時対面に座っていたのは天江だったか)

ゆみ(ここまで須賀が一回3900を刈り取った以外は全て大星の和了り、私とモモは焼き鳥だ)

ゆみ(点差は29200―――倍満ツモか跳満直撃で逆転か。あるいは連荘できればいいんだが)

ゆみ(とにかく、先輩として少しくらいは意地を見せなければ)カチッ

コロコロコロ...

ゆみ(対3。大星がカンをしてから二巡が勝負だ)


ゆみ「......さて」


東家:加治木 一巡目
ドラ:白

246m159p(5)56s白白發中西
219 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:57:12.21 ID:xzi4dPFd0
ゆみ(やはり配牌五向聴。この局も支配は盤石らしい)

淡「連荘できそう?」

ゆみ「ははっ、中々手厳しいな」

ゆみ(......普通ならオリるところだが、もう後が無い以上攻めるしかない)

ゆみ(しかも白と赤の対子に両嵌が一つだ。彼女と持ち持ちでさえなければ勝機はある!)タンッ

→打西



南家:東横 一巡目
ドラ:白

369m158p188s東南北發 ツモ:5s


モモ(ち、七向聴.........いや、七対子があるから五向聴か)

モモ(どっちにしてもこの局は先輩のサポートに回るしかないっすね)

→打5p


淡(へぇ、先輩ったらやる気なんだ)

淡(そうこなくっちゃね......でも)チャッ


西家:大星 一巡目
ドラ:白

34(5)888m3335p3s西西 ツモ:3s


淡「リーチ」
220 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:58:20.76 ID:xzi4dPFd0
五筒を切って西と三索のシャンポン待ち聴牌......初巡のゆみ先輩から出た西がいい塩梅である。
一枚切れの字牌であれば、また誰かから一発で出てもおかしくはない。
どちらにせよ他の三家がこの状況で逆転できるような手を作れるはずもなく、既に私の勝利は半分決まったようなものだった。


京太郎「.........なるほど」タンッ

→打(5)p


淡(赤五筒?ずいぶん弱気じゃん)

あれだけの大口を叩いていた割にはキョータローの捨て牌からは闘志が全く見えないが、それも仕方のない話かもしれない。
そもそも、男子の分際で私の支配に太刀打ち出来るはずもないのだ。

男子麻雀の特徴は技術だと言われている。徹底的な牌効率であったり、洗練された手牌読みは確かに見事なものである。
だが致命的なことに彼らはオカルトを持ち合わせていないか、あったとしても非常に非力なのだ。
どれだけ小手先の技を極めたところで、圧倒的な力の前には平伏するほか出来ることはない。
トッププロと呼ばれている選手でさえ女子インハイの上位層には敵わないのがその証拠であった。

そんな彼は―――キョータローは眉の一つも上げることなく、ただ現物を切り続けることに徹していた。
ゆみ先輩とモモも表立った動きは見せないままに巡目だけが過ぎていく。なんだ、やっぱりこんなものか。
221 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:58:57.56 ID:xzi4dPFd0
【数巡後】


既に壁牌の四分の三ほどが消え去ったころ、平穏は突然崩れ去った。

ゆみ(ついに角を通り過ぎた......鳴かせてくれるといいんだが)チラッ

モモ(この辺っすかね)タン

ゆみ「ポン」カッ


【發發發→】


ゆみ(ナイスだ、モモ)

淡(ずらされた!)

私がツモるはずだった八萬はモモの手牌へと吸い込まれていき、そのまま二度と出てくることはなかった。
だが、このくらい何の問題にもならない。


淡「カン」パラッ


西家:大星 十五巡目
ドラ:白 5s

34(5)888m33s西西【3333p】 嶺上牌:2p


淡「ざーんねん、嶺上開花ならず」タンッ

淡(ここでサキみたいに和了れたらカッコイイんだけどね)
222 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 08:59:59.88 ID:xzi4dPFd0
ゆみ(くっ......結局暗槓を阻止することは出来なかったか)

ゆみ(だがお陰でドラが乗った。發ドラ5聴牌!)チャッ


東家:加治木 十六巡目
ドラ:白 5s

234m999p(5)5s白白 【發發發→】 ツモ:9p


ゆみ(大星の待ちは索子の3-6-9スジのどれかだ。西もまだ通ってないが、どちらにしてもこの順目なら多くて二枚残りくらいだろう)

ゆみ(この九筒を暗槓することは容易い。嶺上が付けば五索でも倍満―――いや、そう上手くは行かないか?)

ゆみ(どちらにしてもツモを一回でも増やしたいところではあるが......)チラッ


淡「〜♪」カチャカチャ

京太郎「......」


ゆみ(まぁ、大星にはいい薬になるだろう)

→打9p

京太郎「えっ!?」

ゆみ「どうした?探し物はこれじゃないのか」

京太郎「そ、そうですけど.........ロン」パタッ
223 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:00:40.07 ID:xzi4dPFd0
北家:須賀 十六巡目
ドラ:白 5s

19m1p19s東南西北白發中中


京太郎「32000です」

ゆみ「はい」チャラッ

淡「.........はっ?」


<終局>

加治木:-12000
東横 :8000
大星 :49800
須賀 :54200


〜〜〜〜〜
224 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:02:32.07 ID:xzi4dPFd0
淡「ゆみ先輩!これどーゆーこと!?」

ゆみ「どういうことって、見れば分かるだろう?私が須賀の国士に差し込んだ」

淡「なんでそんなことしたのかって話だよ!カンすればよかったじゃん!」

ゆみ「私が暗槓したところで嶺上でツモれるとは限らないからな。それに大星、君なら恐らく次のツモで和了っただろう」

ゆみ「だから確実に君を一位から引きずり下ろせる方を選んだんだ」

淡「そんな......なんでわざわざ」

ゆみ「インハイやインカレではそういう場面は少ないが、リーグ戦では着順操作が必要になることもある」

ゆみ「特にウマやオカがあるルールでは自分の点数が減ったとしてもライバルを蹴落とす方が有利になることも珍しくない」

ゆみ「将来はプロを目指しているんだろう?ならそういった点数計算は出来て当然だ」

京太郎「さすがに役満は極端な話ですけどね」ハハッ

ゆみ「さっきのオーラスだって、一巡目に私の西を鳴いて三索を切っておけば四筒五筒の二種七枚だった」

ゆみ「あの場面ならポンして1000点の和了りを取ったほうが良いことくらい、少し打てる者なら小学生でも分かるさ」

ゆみ「そんなことも考えずに打っているようではインハイチャンプの名が聞いて呆れるな」

ゆみ「ああ、もっともそれはオーラスで君がトップだったからだぞ。もし一位との点差が―――」トントン

モモ「先輩」ボソボソ

ゆみ「ん?」

淡「............」
225 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:03:18.58 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「えー.........まぁ、その」

ゆみ「要は点棒とか他家の聴牌気配とか、場況をもっと読んだほうが良い。必ずしもダブリーが最善手とは限らないんだ」

ゆみ「だから私はオカルトに頼りすぎないように訓練したほうがいいと思って......」

淡「.........だって......そんなのわかんないもん.........」

淡「今までみんな褒めてくれてたのに......菫先輩だってこれでいいって......」グスッ

ゆみ「ちょ、ちょっと待ってくれ!えーっと、一体どうすれば.........」

ゆみ「......大星、強く言ってしまって済まなかった。少し熱が入っていたんだ」

ゆみ「私が悪かったよ」

淡「......もういじめない?」

ゆみ「別にいじめたわけじゃ―――やっぱり何でもない。もういじめないよ」

ゆみ「だから泣かないでくれ、大星」

淡「淡って呼んで。大星じゃなくて」

ゆみ「え?......あ、あぁ」
226 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:03:51.17 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「いいか淡、今まで頼ってきたものに縋るなと言われて混乱する気持ちは分かる」

ゆみ「しかし君が思っている以上にインカレは険しい。寧ろ君のようなタイプの雀士だからこそ厳しいかもしれない」

ゆみ「だから少しずつずつでいいから一緒に頑張っていこう、な?」

淡「............うん。頑張る」コク

ゆみ「よしよし、いい子だ。誰か淡にティッシュを渡してやってくれ」

京太郎「はいはい」ガサガサ

京太郎「ほら淡、ちーんしろ」

淡「ちーん」ズズズー

京太郎「ひっでえ顔だな。洗ってこいよ」

淡「うっさい!」

京太郎「元気があって結構なことだ」

ゆみ「一緒にトイレまで行こうか?」

淡「ううん、大学100年生だから一人で大丈夫」

ゆみ「そうか。いってらっしゃい」

淡「いってきます」トコトコ


バタン
227 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:04:44.42 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「.........」

京太郎「.........」

モモ「.........」

京太郎「緑茶でも淹れようかな」ガタッ

ゆみ「......少し言い過ぎてしまったか、私は」

京太郎「大丈夫でしょう。あいつバカだし」

ゆみ「そうかな」

京太郎「帰ってくる頃にはケロッとしてますって」

ゆみ「だと良いんだが.........」

ゆみ「それにしても、なんだか彼女の意外な一面を見てしまったような気がするよ」

京太郎「そうですか?イメージ通りな気もしますよ」パカッ ジャー

京太郎「良くも悪くも歳不相応に純粋というか、子供っぽいというか......これでよし」カチッ

モモ「小学生がそのまま大学生になったような人っすよね」

ゆみ「素直に捉えるならな。でも、本当にそうなんだろうかと私は斜に構えていた」

モモ「?」
228 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:06:42.07 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「三年間も清澄と鎬を削り続け、一時代を築き上げた高校麻雀界のツートップ......あの白糸台高校のエースだった人物だ」

ゆみ「彼女ほど麻雀の世界に揉まれていれば、否応なしに酸いも甘いも少なからず噛んできただろうさ」

ゆみ「だからこそ淡の本来の性格はもっと達観したところにあって、それを誤魔化すためにわざとおちゃらけてるんじゃないかと思えてしまう」

京太郎「自信屋で不遜な態度もふわふわした雰囲気も、全部猫かぶりだってことですか」

ゆみ「身も蓋もない言い方をすればそういうことだ」

ゆみ「......しかし須賀、さっきの泣き顔まで作り物に見えたか?」

京太郎「いや。俺には全く」

ゆみ「私だってあれこそが淡の本性だと思う」

ゆみ「それに私が彼女に説教じみたことを言った時の態度もそうだった」

ゆみ「実際問題として淡はうちで一番強い雀士だ―――それこそ洋榎以上の。今回は偶然勝てたが、普段ならこの三人が束になってもトップを阻止するのは難しいだろう」

ゆみ「負けん気も強いし、格下からの助言なんて聞く耳を持たないだろうと思っていたよ。寧ろ嫌味混じりに言い返されるだろうと」

ゆみ「でも今日の淡はそうしなかった。素直に私の言うことを聞いてくれたんだ」

ゆみ「負けたという事実がそうさせたのか......私たちに対する気遣いなのか」

ゆみ「これこそ淡の持つ純粋さや優しさの証拠なんじゃないかな」
229 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:07:26.80 ID:xzi4dPFd0
京太郎「加治木先輩、淡のこと気に入ってるんですね」

ゆみ「......確かにそうかもしれない。ああいうのって私たちみたいな年齢になると貴重じゃないか」

ゆみ「辛いことがあっても真っ直ぐ生きてきた人間だよ、淡は」

京太郎「そういう人がタイプなんですか?」

ゆみ「タイプというわけじゃないが、見守ってあげたいとは思うさ」

ゆみ「どう言えばいいんだろうか.........庇護欲を掻き立てられるというか」

モモ「............」ムスー

京太郎「なんだよモモ、不貞腐れるようなことでもあったのか?」

モモ「別に不貞腐れてなんかないっすよ」

京太郎「は?......あぁ、そういうことか」

ゆみ「須賀、これもひょっとして私が悪かったりするのかな」

京太郎「そりゃ当然でしょう」

ゆみ「うぐっ.........決してそういうつもりじゃなかったんだ」

ゆみ「私と君の間柄を壊すようなやましい気持ちは一切ない」

モモ「でも私は嫌だったっす」ツーン

ゆみ「頼むから許してくれ、モモ......」

モモ「......ふふっ、ちょっとからかっただけっすよ?」

ゆみ「モモ!」パァ

京太郎「モテる女も大変ですね」ケラケラ

ゆみ「何故だか分からないが凄くむず痒い気分だ......何だろうな、これ」

モモ「たぶんそれは普通に恥ずかしいだけっす」
230 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:08:34.02 ID:xzi4dPFd0
ガチャッ


淡「ただいま!自販機でジュース買ってきたよ!」

アルミ缶をいくつか両腕に抱えた私が再び部室の扉を開けた瞬間、三人は目を点にしてお互いの顔を見合わせた。
それからいかにも面白おかしそうな口ぶりで、

モモ「キンパツさんの言う通りだったっすね」

淡「えっ、なになに?」

京太郎「大した話じゃねえよ。それより元気出たか?」

淡「もう大丈夫!100年生だからこのくらいじゃへこたれないもん」

ゆみ「良い心がけじゃないか」

カチッ

京太郎「おっと、沸いたみたいだな」

部屋の一番端に立っていたキョータローは部屋の片隅で湯気をあげていた電気ケトルを持ち上げると、その中身を急須へと注ぎ始めた。
ケトルを戻した彼の腕が今度は急須へ伸び、机の上に置かれた湯呑みの上を何度も忙しなく行き来させる。
231 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:09:12.37 ID:xzi4dPFd0
京太郎「どうぞ」コトッ

ゆみ「ありがとう」

淡「えー、ジュースは?」

京太郎「後で飲むから置いとけ」

ゆみ「ん?......茶葉を変えたのか。いつもより美味しい気がする」

京太郎「ならよかったです。結構高いヤツなんで味わって飲んでくださいね」

淡「相変わらずキョータローは物好きだねー」ズズズッ

淡「あちっ」

モモ「言ってくれれば私たちもお茶汲みくらいやるっすよ?」

京太郎「そうなんだけどなぁ......なんつーか、身に染みちまってさ」

モモ「さすが清澄高校の雑用担当」

京太郎「うっせえ」

淡「じゃあキョータローったら、高校で雑用ばっかりやってたんだ」

京太郎「んなことねえよ!俺だってちゃんと練習もしてたし大会だって出てたっつーの」

京太郎「―――まあ、鳴かず飛ばずだったのは認めるけど」

そう自嘲気味にキョータローは声を低く潜めると、決まりの悪そうな渋い顔で湯呑みをグイッと煽った。
232 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:09:57.42 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「だが、去年は個人で県予選通過まで行ったんだろう?」

モモ「全国では予選負けっすけど」

淡「よっわーい」

京太郎「そりゃインハイチャンプ様から見れば雑魚も良い所に決まってんだろ」

ゆみ「まあまあ、そこまで言う必要はないだろう。そもそも淡と比べれば須賀の麻雀歴はまだ短い」

ゆみ「私だって始めたのは高校に入学してからだったから、三年でこれほど成長するのがどれだけ大変かはよく知ってるよ」

ゆみ「君はもう少し自分の実力に自信を持ってもいいんじゃないか?」

京太郎「そう......なんですかね。あんまり実感が湧かないですけど」

ゆみ「確かに部内成績はあまり奮わないかもしれないが、男子というハンデを考えれば悪くないはずだ」

ゆみ「そもそもこの環境が異常だと思わないか?こんな麻雀で有名というわけでもない私大の部活に女子インハイの最上位選手が二人も居るんだぞ」

ゆみ「大丈夫、本番ではちゃんと結果が出るさ」
233 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:13:09.93 ID:xzi4dPFd0
ゆみ先輩は不思議な人だ。
インカレが個人主義的な風土を持つ以上、大学の麻雀部で先輩が後輩に指導をするというのはあまりない話である。
強くなりたければ自分で何とかしろ―――実際この三ヶ月でも、洋榎先輩からはちょっとしたアドバイスを受けたことすら指折り数えるくらいのことだった。
だがこの人はそうじゃない。後輩に真正面から向き合って、『先輩らしいこと』をしようとしているのだ。
彼女の右手が数度、慰めるようにキョータローの肩を叩いた。

モモ「本番......来週っすね、東京予選」

淡「ゆみ先輩と洋榎先輩は今年が最後なんだっけ」

ゆみ「そうなるな。来年は卒研と就活でそれどころではないだろうし、これが私の競技麻雀人生最後の大会だよ」

ゆみ「洋榎はきっと平気な顔で本戦準決勝くらいまで上り詰めるんだろうが、私はそうもいかない」

モモ「.........」

京太郎「加治木先輩はプロにはならないんですか?」

ゆみ「『なりたいか』と聞かれれば首を縦に振れるんだがな......多分ならないだろう」

ゆみ「私は所詮凡人だ。洋榎のように天性の才能があるわけでも、ましてや淡のように牌に愛されているわけでもない」

ゆみ「例えそうであっても私なりに戦えるところを見せてやろうと思い、今まで続けてきたが......」

ゆみ「凡人が戦える世界じゃないよ、プロは。それくらい分かってるつもりだ」
234 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:13:36.44 ID:xzi4dPFd0
何も言えなかった。彼女に対して言葉を持ち合わせていなかった私は、すごすごと肩を縮めて湯呑みを手の中で廻した。
淹れたてのお茶の温もり以外の全てが私を冷たく突き放すのだ。
いつの間にか窓の外は暗くなっていて、地面を打ち付ける雨降りの音だけが外の天気を知らせていた。

ゆみ「......ところで須賀、君は用事があるんじゃなかったのか?」

京太郎「あぁーっ!!!」ガバッ

モモ「もう七時前っすよ......」

京太郎「クソッ、あいつに大目玉くらっちまう!」

京太郎「わりぃ淡!ジュースの金は今度払うから冷蔵庫にでも入れといてくれ!」

淡「う、うん」

京太郎「じゃあお先に失礼します!」ダッ


バタン
235 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:14:17.69 ID:xzi4dPFd0
ゆみ「行ってしまったな」

淡「野暮用って何だろ」

モモ「さぁ......『あいつ』って言ってたし、友達と遊びにでも行くんじゃないっすかね」

ゆみ「しかし須賀が抜けると卓が割れるな。三麻でもしようか?」

モモ「今日はもう良いんじゃないっすか?結構打ったし疲れたっす」

ゆみ「なら、私たちもそろそろ帰るか」

淡「うん......そうだね」

荷物をまとめ、他愛もない話をしながら三人で肩を並べて正門まで歩く。
そこにキョータローの声はなかった。なんとなく、ちょっと寂しい気がした。
236 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/11(木) 09:15:43.53 ID:xzi4dPFd0
今回はここまで
237 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/11(木) 12:14:45.62 ID:9zK3cZC+0
乙です
面白かった
238 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/12(金) 01:57:27.79 ID:YwRkta+Lo
乙ー
素直なあわあわかわいい
239 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:27:40.29 ID:0NrVtQsE0
とーか
240 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:28:07.04 ID:0NrVtQsE0
「はーい......」

インターフォンを鳴らすと、弱々しい返事はスピーカーからではなく壁越しに直接聞こえてきた。
ビニール袋にはスポーツドリンクとジェルシートと果物、それから数食分の食材が一杯に詰まっている。
とても両手が使える状態ではないが、だからといってこの部屋の主も身動きが取れるような体調ではないらしい。
仕方ないか。一旦荷物を地面に置いてからドアノブをひねろうとして―――

ガチャッ

ゆみ「いらっしゃい、モモ......うおっ」ガタッ

モモ「先輩!ヨロヨロじゃないっすか」

モモ「私が全部やるから先輩は寝てないとダメっすよ!」

ゆみ「しかし......」

何かしないと気が済まないらしい先輩を無理やり布団に押し込み、その間に煮物を作る。鍋に残しておけば後は温めるだけで食べられるはずだ。
先輩は眠りに落ちたわけではないようだが、一言も喋ることなく窓の外を眺めていた。

モモ「ご飯出来たっすよ。食欲が出てきたらいつでも」

モモ「ポカリも何本か冷蔵庫に入れておいたっす」

ゆみ「何から何まで申し訳ないな」

モモ「ゆみ先輩のためっすから」

ゆみ「......ありがとう」
241 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:28:44.85 ID:0NrVtQsE0
ゆみ「......」

モモ「......」

ゆみ「.........インカレの結果はどうなった?」

モモ「愛宕先輩が五位、大星さんは三位に入賞っす」

ゆみ「そうか。今度ちゃんと祝ってやらなきゃな」

ゆみ「それに比べて私は二回戦敗退か......ははっ、部長の面子も何もない」

モモ「十分凄いっすよ。私とキンパツさんは都大会突破も無理だったし」

モモ「全国数万人の大学生雀士の中でベスト64......絶対誇れないことなんかじゃないっす」

ゆみ「それでも私は......やっぱり、悔しいよ」
242 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:30:01.42 ID:0NrVtQsE0
【19歳 8月】


――― 都下 某所


京太郎「............」

淡「どうしたの?」

京太郎「いや、お前が急に『みんなで遊びに行こう』だなんて言うから来てみたら」

京太郎「全然『みんな』じゃねーじゃねえか」

淡「仕方ないじゃん。誘ってもダメだったんだから」

大学から電車で三十分弱―――だだっ広い郊外の再開発地に建つ巨大ショッピングモール。
インカレも無事終わったことだし、久々に羽を伸ばそうかと思っていたのだが......

京太郎「加治木先輩が夏風邪でモモはその看病」

京太郎「おまけに愛宕先輩は帰省で大阪ときたもんだ。はぁ」

京太郎「......淡と俺の二人だけか」

淡「不満?」ジトー

京太郎「別に」

淡「ふーん」
243 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:30:47.42 ID:0NrVtQsE0
京太郎「とりあえずどこか入ろうぜ。この調子じゃ焼け死んじまう」

淡「焼け死にはしないでしょ?暑いのは確かだけど」

京太郎「冗談に決まってるだろ。それにほら、こうやって寝そべったら本当に......」

京太郎「熱っ!!」バッ

淡「ちょっと!こんな街中で変なことしないでよ恥ずかしい!」

京太郎「淡が『恥ずかしい』だなんてな。今日は雪でも降るのか?」ケラケラ

淡「」イラッ
244 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:31:15.14 ID:0NrVtQsE0
――― 喫茶店


京太郎「.........」ズズッ

京太郎「......旨いな」

淡「顔にモミジの痕付けてるくせにそんなこと言っちゃって」

京太郎「誰のせいだと思ってやがる」

弱々しいクーラーの冷気を天井のファンがゆっくり掻き混ぜているだけだが、茹だるようなアスファルトの上と比べればここは天国だ。
アイスカフェラテを吸い上げながらそんなことを思う。800円のケーキセットは既に半分以上が胃袋の中に収まっていた。

京太郎「それで、これからどうする?」

淡「せっかくだし遊んでいこうよー」

淡「ほら、ボウリング場もカラオケも雀荘もあるし」

京太郎「お前がフリー雀荘なんて行ったら地獄絵図だぞ......」

京太郎「他だって盛り上がりに欠けるんじゃないか。五人ならまだしも」

淡「そーやって文句ばっかり!」

淡「美少女とのデートってもっとテンション上がるものなんじゃないの?」

京太郎「普通『美少女』とか自分で言うか?」

京太郎「......それに、別にデートなんかじゃないだろ」プイッ

淡「つれないなー」

実を言えば、にわかに降って湧いたこの状況に私は緊張していた。
私とモモは文系でキョータローは理系。教養科目では同席することも多々あるが、そういう場合はもれなくモモも一緒である。
部室に行けばゆみ先輩がいるし、三日に一回は休みだけど洋榎先輩もいる。
キョータローと二人きりになる機会なんて春先の一件以来かもしれないのだ。

淡(あれ?......私、なんで緊張してるんだろ)

京太郎「ごちそうさまでした」
245 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:34:44.18 ID:0NrVtQsE0
――― ボウリング場


京太郎「確認するぞ」

京太郎「このゲームで負けたほうが昼飯代を持つ......」

淡「......」コクリ

京太郎「本当にいいんだな?」

淡「もちろん。淡ちゃんに二言はないよ」

京太郎「.........ッ!」

カコーン


――― ファミレス


淡「じゃあこれとこれと、あとこれも」

店員「かしこまりました」

京太郎「ちょっと待てよ!俺の奢りだからって調子乗るんじゃねえぞ」

京太郎「クソッ、麻雀ならまだしもスポーツで淡に負けるなんて......」

淡「終わったことなんだから文句言わない。女の子は服とかお化粧とかお金かかるんだよ?」

淡「キョータローはバイトしてるし大丈夫でしょ」

京太郎「そういう問題じゃないっての!」

京太郎「第一お前は実家暮らしなんだから―――」

淡「そうだ、セットでドリンクバーもお願いしまーす」

店員「は、はい」

京太郎「聞いちゃいねぇ......」
246 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:35:25.65 ID:0NrVtQsE0
――― カラオケ


淡『かーませ犬とは呼ばせない』

淡『ギーロロごちょー完成だぁぁ!!』

京太郎「がはは!なんだよその歌」


京太郎『ジャンジャンランラングットグットジョブ』

京太郎『モリモリマッスルスルもういっちょぉぉォ!!!』

淡「ぎゃはははは!変なの〜」

京太郎「お互い様だろーが!」


――― ゲームセンター


淡「見て見て!UFOキャッチャー!」

京太郎「あーダメダメ。あんなの取れるわけないだろ」

淡「でもほら、マリオカートだよ?」

京太郎「そもそもWii持ってんのかよ」
247 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:36:46.54 ID:0NrVtQsE0
――― プリクラ


『3! 2! 1!』

淡「いぇーい!」

京太郎「いぇ、いぇーい......」


――― 公園

――― 雑貨店

――― CDショップ
―――
――



京太郎「バイト代入ったばかりなのに......これから一ヶ月どうしろってんだ」グスッ

淡「仕送り貰ってるんじゃなかったっけ」

京太郎「家賃と光熱費で全部消える」

夕方、相変わらず人通りの絶えないショッピングモールのメインストリートを私たちは歩いていた。
一日中歩き回った脚はクタクタになってしまったが、どうも足先は駅へ向かない。
248 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:37:26.41 ID:0NrVtQsE0
京太郎「なぁ、そろそろ帰らなくていいのか?」

淡「晩ご飯食べてかないの?」

京太郎「夕飯にしてはまだ早すぎるだろ」

淡「ならそれまでお店でも見てみようよ」

京太郎「ここの店は粗方周りきっちまったしなぁ」

京太郎「......あっ、本屋がある。漫画でも立ち読みするか」

淡「そういうのじゃなくてさ」

京太郎「?」
249 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:37:57.72 ID:0NrVtQsE0
――― 服屋


京太郎「.........」

淡「なんで固まってるの?」

京太郎「いや、ちょっと入りにくくて」

淡「なんでよ。普通の服屋じゃん」

京太郎「女物のだろ!?俺なんて明らかに場違いだろ!」

淡「別に誰も気にしないよ。ほら、早くいこ」グイッ

京太郎「ちょっと待っ―――」


淡「ね、追い出されたりなんてしないでしょ?」

京太郎「しかし周囲から冷たい視線を向けられているような気がするんだが」

淡「そう?たぶんキョータローの自意識過剰だよ」

京太郎「.........そうですかい」

京太郎「それで、何か目当てのものでもあるのか?」

淡「ううん。なーんにも」

京太郎「じゃあなんで来たんだよ」

淡「こーやって見て回るのが楽しいんじゃん」

淡「ほら!これとかよくない?」

京太郎「うーん......」チラッ

京太郎「いや、淡にはちょっと過激すぎるだろ」

淡「そうかなー」
250 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:46:22.99 ID:0NrVtQsE0
【十数分後】


淡「!!」

京太郎「ワンピースか?」

淡「なにこれ、すっごいかわいい!」

それを手に取った瞬間、私の脳裏を一気に駆け巡る何かを感じた。
『ビビッときた』ってやつかもしれない。

淡「すいませーん、試着室借りてもいいですか?」

「どうぞー」

淡「すぐ着替えてくる!」ダッ

京太郎「はいはい、テキトーに待ってるから好きにしてくれ」

小さな個室に入るや否や、右手のワンピースを着て姿見に向き直る。
大丈夫、変なところは無いはずだ......それでも私は浮足立って、何度も服をずらしたり髪を直したりしてからカーテンを開けた。

淡「お待たせ」

京太郎「へぇ」

淡「ねーねーキョータロー、これ似合ってるかな?」クルリ

京太郎「ああ。似合ってるよ」

淡「.........今、なんて?」

京太郎「だから似合ってるって」

淡「ホント?!」

京太郎「さっきからそう言ってるだろ」

正直、キョータローの返事にはあまり期待してなかった。
彼のことだからどれだけマシでも「馬子にも衣装だな」とか、そういう感想が飛び出してくるものだとばかり予想していたのだ。
悪くない感触なら御の字......そのくらいに思っていた。
251 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:46:50.14 ID:0NrVtQsE0
買おう。きっとこの服は私が着るためにあるに違いない。
キョータローに褒められてちょっと舞い上がり、そんな私は腰にぶら下がったタグへ視線を伸ばして―――

淡「い、いちまんごせんえん......」

京太郎「買えるのか?」

淡「......」フルフル

京太郎「おいおい、今いくら持ってるんだよ」

淡「ええと......」ガサガサ

淡「.........7305円」

京太郎「細かっ」

京太郎「......しょうがない奴だな、淡は」

淡「ごめんなさい......」

京太郎「全く......ちょっと待ってろ」

そう言って店員さんのところへ赴き少しの間会話を交わすと、キョータローは奥の方へ。
店員さんは懐からハサミを取り出しながらこちらへ向かってきて、

「失礼しますね」

とだけ言うと、タグを切り取って去っていった。
252 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:47:18.29 ID:0NrVtQsE0
別の店員さんが私の方へやってきて聞いてくる。

「このまま着ていかれますか?よろしければお召し物を袋にお入れしますが」

狐につままれたようにぽかんとした私は、しかしレジで財布を取り出すキョータローの姿を見ることで初めてその意味を察した。


淡「......お願いします.........」
253 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:49:04.49 ID:0NrVtQsE0
「ありがとうございました!」

淡「......お金、ないんじゃなかったの」

京太郎「ああ。この懐事情じゃしばらくはモヤシしか食えん」

淡「ならどうしてよ」

京太郎「こういうときに黙って出してやるのが男の甲斐性ってもんだろ?」

淡「わけわかんない」

京太郎「困ったなぁ......それじゃあ」

京太郎「いつも淡には世話になってるからさ。感謝の印ってことで勘弁してくれよ」

淡「.........」

京太郎「納得してくれたか?」

淡「うん......ありがと」

京太郎「おうとも」

淡「......さてと」

淡「よーし!それじゃあ張り切ってご飯行こっか!」

京太郎「張り切りすぎて汚すなよ。買ったばかりなんだから」
254 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:49:33.61 ID:0NrVtQsE0
【19歳 9月】


京太郎「ノーテン」

ゆみ「ノーテン」

モモ「テンパイっす」

洋榎「テンパイ」

京太郎「げっ、鳴きたい牌が全部止められてる」

洋榎「このウチを出し抜こうなんぞ百年早いで」


ガチャッ


淡「こんにちはー」

洋榎「うぃーっす」
255 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:50:48.90 ID:0NrVtQsE0
夏休み明け、久々に授業が再開した残暑の厳しい日の昼下がり。意外にも部室には私以外の全員が既に揃っていた。
普段なら荷物を置いてから冷蔵庫の麦茶をグイッと飲み干して一息つくところだが、今日の私はそれすら待つことが出来ないほどウズウズして仕方がなかったのだ。

淡「みてみて、この服かわいいでしょ!」クルクル

洋榎「お前そーゆーフリフリしたの好きやなぁ」

ゆみ「よく似合ってるじゃないか」

淡「えへへー、やっぱりそうかな」

ゆみ「高かっただろう?」

淡「キョータローに買ってもらったんだー」ニコニコ

ゆみ「......なんと」

モモ「驚天動地っすね」

洋榎「.........」ニヤニヤ

京太郎「.........なんすか、愛宕先輩」

洋榎「べっつに〜?」ニヤニヤ
256 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/18(木) 00:51:14.96 ID:0NrVtQsE0
今回はここまで
257 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/18(木) 03:20:19.10 ID:aigwlyY60
乙です
あわあわかわいい
258 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/18(木) 06:38:04.12 ID:wxobbqHmo
乙よー
259 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/20(土) 10:33:23.27 ID:cigeGIT+0
乙です
これは今どのルートなのか気になる
260 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 00:56:46.57 ID:rlDX+EL/0
番外編投下です
261 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:02:36.66 ID:rlDX+EL/0
【18歳 3月】


――― 清澄高校 麻雀部室


和「...............」

和「............」ペラッ


ガチャッ


優希「おーっすのどちゃん、朝からご苦労だじぇ!」

咲「おはよう和ちゃん」

和「あぁ、おはようございます」

咲「何読んでるの?」


『アイデンティとライフサイクル:エリック・H・エリクソン 著』


咲「うへぇ、なんだか難しそうな本」

和「倫理の授業で先生が仰っていた話が少し気になって。それで昨日、図書室から借りてきたんですよ」
262 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:03:05.87 ID:rlDX+EL/0
咲「倫理?......そういえばエリクソンって聞いたことあるかも」ポンッ

優希「一方なーんも覚えてない私であった」

和「別に威張ることでもないでしょう」

咲「ふふっ、優希ちゃんらしい」

優希「でも倫理って偉い学者が難しいこと言ってるだけだろ」

優希「覚えようとしても全然頭に入ってこないんだじぇ」

咲「確かに、昔の哲学者の話ばっかりだもんね......」

和「そういったイメージがあるのは否定しません。地理や政治経済に比べると日常生活に直結した内容というわけでもないですし」

和「でも、中には私たちが生きていく上で重要な知識だってあるんですよ?」

優希「例えば?」

和「......そうですね。それこそ、今私が読んでいる『アイデンティティ』の考え方は現代人にこそ必要なものです」

和「せっかくの機会ですし、授業で出てきた内容だけでも大まかにおさらいしましょうか」

優希(あ、これ長くなるやつだ)

咲(ヤブヘビだね......)
263 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:03:33.76 ID:rlDX+EL/0


【のどっちと学ぶ『発達段階』・『アイデンティティ』】

264 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:04:24.10 ID:rlDX+EL/0
和「エリック・H・エリクソンは20世紀の中盤から後半にかけてアメリカで活躍した心理学者です」

和「主に発達心理学の分野で大きな功績を残しました」

咲「発達心理学って?」

和「心理学の中でも、人が年を取るごとにどう発達していくのかを研究する分野のことですよ」

和「エリクソンは人間が生まれてから死ぬまでの生涯を八つの『発達期間』に区分しました」


エリクソンによる心理社会的発達段階の分類

1. 乳児期(0〜2歳)
2. 幼児期(2〜4歳)
3. 児童期(4〜5歳)
4. 学童期(5〜12歳)
5. 青年期(13〜19歳)
6. 初期成人期(20〜39歳)
7. 成人期(40〜64歳)
8. 老年期(65歳〜)

※それぞれの期間や呼称については文献により揺れがあるので注意すること。


和「こんな感じですね」

和「もちろん年齢については一人ひとり個人差があるでしょうが、大まかにこのように分けられると考えてください」

咲「この一覧で言えば私たちは青年期で、お父さんたちは成年期に入ることになるね」

優希「ふーん......でも、そもそも『発達段階』ってなんなんだ?」
265 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:05:03.03 ID:rlDX+EL/0
I:発達段階と発達課題


和「根底にあるのは『人間は心理的な疑問や課題を解決しながら成長していく』という考え方です」

和「乳児期を例に見てみましょうか」


乳児期と発達課題

年齢:0〜2歳
要素:希望
課題:基本的信頼
失敗:不信


咲「基本的信頼?」

和「生まれたばかりの乳児は自分では何も出来ませんし、何より自分と他人の境界すら曖昧なこともあります」

和「自分とそれ以外―――具体的には母親ですね―――が別の人間であるということをこの時期にようやく認識するんです」

和「その過程で自分や他人を信頼することの価値を学ぶのが、この乳児期における心理的な課題ということになります」

咲「へぇ......赤ちゃんなのにそんな難しいこと出来るのかな」

和「あくまで『基本的』ですから。自分は何とか生きていけそうだというレベルの信頼感が得られればいいんでしょう」

和「例えばお母さんのお乳を飲むとか」バイーン

咲「......」スカッ

優希「......」スカッ
266 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:07:41.77 ID:rlDX+EL/0
和「エリクソンはこうした課題―――発達課題が人生の各区間に存在すると指摘しました」

和「これが発達段階です」

優希「へー。言葉だけ聞くと難しそうだけど、内容は思ったよりフツーの話だ」

咲「和ちゃん、この『不信』っていうのは何?」

和「発達課題をクリア出来なかったとき、このような状態に陥ってしまう可能性があるんです」

和「こうして無事成長した私たちでも赤の他人を信じるというのは難しいことですから」

和「赤ちゃんの頃にお母さんの愛情に触れられなかった人が、人間不信になってしまっても無理はありません」

咲「なるほど」

和「ここで勘違いしてはいけないのは、必ずしも全て上手くいくことが良いわけではないということです」

和「最終的には全体として成功する必要がありますが、やはりそれなりの失敗も経験しないと正常な成長には繋がらない」

和「......と、一般には言われているようですね」
267 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:08:45.76 ID:rlDX+EL/0
和「もう一つ例を出してみましょうか」


老年期の発達課題
年齢:65歳〜
要素:賢さ
課題:自我の統合
失敗:絶望・孤立


和「ある種人生の振り返りのようなものですね」

和「人類や世界という大きな括りの中で『自分はこれでよかったのか?』という問いに答えを出すことがこの段階での発達課題になります」

優希「なんか仰々しい感じだ」

和「この年齢ともなると、やり直したくても既に取り返しのつかない物事も多くなってしまうでしょうから」

咲「私たちも後悔のないように、だね」
268 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:09:34.94 ID:rlDX+EL/0
II:青年期とアイデンティティ


和「次に青年期の発達課題について確認しましょう」

和「いわゆるティーンエイジャー、日本の感覚に当てはめなおせば中学校入学から高校卒業くらいの年齢になります」


青年期の発達課題
年齢:13〜19歳
要素:忠誠心
課題:アイデンティティの確立
失敗:アイデンティティの拡散・混乱等


和「この通り、青年期においては『アイデンティティ』がキーワードになっています」

優希「アイデンティティ......?」

和「日本語で言えば自己同一性ですね。辞書で引いてみましょうか」
269 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:10:04.35 ID:rlDX+EL/0
アイデンティティ【identity】

1 自己が環境や時間の変化にかかわらず、連続する同一のものであること。主体性。自己同一性。
2 本人にまちがいないこと。また、身分証明。

― 小学館「デジタル大辞林」より。ただし一部表記ゆれを訂正した。
270 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:10:38.94 ID:rlDX+EL/0
和「心理学においては自分がどういう存在かを認識している状況という意味合いで使われます」

和『私は何者なのか。何者であることができるのか』

和「それが青年期の―――つまり、今の私たちが達成しなければならない発達課題なんです」

優希「私は私じゃないのか?」キョトン

和「そういう漠然としたものだけではなくて、ある程度は具体性のある認識も必要ですよ」

和「どういう職業に就くのか?政治的にどういう主義主張を持っているのか?」

和「学問、文化、性別、宗教......そういった社会の中での自分の立ち位置を確立することが求められます」

和「これが『アイデンティティの確立』です」

咲「なんだか凄く難しそうだね......」

和「エリクソンはこの段階を一つのターニングポイントと見なしていました。実際難しい話なのでしょう」

和「元々アイデンティティ自体はこれまでの児童期や学童期段階でも形成されていますが、それらとは全くもって異質ですから」

和「『これまで育ってきた自分』と『社会から必要とされる自分』を摺り合わせなければならないのが青年期の特徴と言えます」
271 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:11:08.73 ID:rlDX+EL/0
III:アイデンティティの確立の失敗


和「アイデンティティの確立を脅かすような状況のことを『アイデンティティ危機』と呼んでいます」

和「しかしそれを乗り越えられなかったり、あるいは未だ経験していないような場合に陥ってしまうと......」
272 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:11:59.79 ID:rlDX+EL/0
・アイデンティティ拡散
全ての可能性を残そうとして選択が出来ず、延々と自分探しを続ける

マホ「和先輩みたいになりたいのです!でも咲先輩もカッコいいし、優希先輩だって凄いし」

マホ「そもそも本当のマホってなんなんでしょうか」グスッ



・患者アイデンティティ
何らかの病人であることに自分の属性を見出す

怜「私は病弱やし、別に勉強とかどうでもええよなー」グデー



・否定的アイデンティティ
非行や反社会的行為に走る

京太郎「どーせ俺なんて練習したって全然上手くならねえし」メソメソ

京太郎「......イカサマしちゃうか」
273 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:12:27.85 ID:rlDX+EL/0
和「他にも様々なパターンが知られていますが、分かりやすいのはこういうものでしょうか」

咲「ま、マホちゃんはもっと明るくていい子だよ!京ちゃんだってそんなことしないもん!」バタバタ

和「落ち着いてください咲さん!マホと須賀くんはモノの例えですから!」ガシッ

優希「でも、ちょっと前に京太郎がツバメ返しの練習してるの見たじぇ」

咲「!?」

和「.........続けてもいいですか?」

咲「......うん」ワナワナ

優希(すまん京太郎、南無三)

和「えー、とにかくですね」

和「青年期は特に大切な時期で、アイデンティティの確立はその後の人生を健全に送るのに大きく影響する」

和「だから子供や青年に対しては社会がサポートしなくてはいけないんですよ」

優希「なるほど......現代日本にはそれがないなんて残念だじょ」

和「ありますよ?」

優希「えっ?」

和「というか今は私も咲さんも、ゆーきだって受けてるじゃないですか」

優希「......?」

咲「ひょっとして、それって学校のこと?」

和「正解です」
274 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:13:02.77 ID:rlDX+EL/0
IV:アイデンティティの確立と心理社会的モラトリアム


優希「どういうことだ?学校って勉強を教えてもらうところじゃないのか?」

優希「数学とか数学とか、あと数学とか」

咲「優希ちゃん、本当に数学嫌いなんだね......」

和「確かに学校の一番の目的は学問や技術の伝授ですけど、それ以外にも様々な役割があるんです」

優希「その割には先生からそんな話された覚えは全然ないじょ」

和「アイデンティティの確立をする主体はあくまで生徒の側ですからね。むしろ学校の目的は『何もしないこと』とも言えます」

和「二人とも、染谷先輩の家以外のお店で働いたことはありますか?」

優希「私はないな」

咲「私は一年生の頃に一回だけコンビニでバイトしてみたんだけど―――」
275 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:13:37.98 ID:rlDX+EL/0
【回想】


咲「おかしいな、これどうすればいいんだろう......」ピピピ

客「馬鹿野郎!レジもまともに使えねえのか!」

客「どんだけ待たせるつもりじゃコラ!」

咲「すみません!あれ......?」ガチャガチャ


咲「ゴミ出し行ってきま―――きゃあっ!」ドサッ

咲「いたたた......あ、袋が......」

店長「......ゴミ、ちゃんと全部集めといてね」


店員「宮永さん!これ発注したの宮永さん!?」

咲「えっ?そうですけど......」

店員「こんなに沢山発注してどうするのよ!そんなことも考えられないの!?」

咲「ご、ごめんなさい!私、どうすればいいのか分からなくて」

店員「なら確認しにきてよバカ!全く...」チッ

咲「.........ごめんなさい」


【回想おわり】
276 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:14:05.73 ID:rlDX+EL/0
咲「それですぐ辞めちゃったんだ......」グスッ

優希「よしよし、泣くな咲ちゃん......しかし、世の中酷いこと言う人もいるもんだなー」

優希(鈍臭すぎるような気もするけど)

和「その話は災難でしたが、実際世の中にはそういう人が沢山います」

和「例え表面上は敵対していなくとも、水面下で攻撃をしてくるような人間すらいるでしょう」

和「こんな状況に子供が居てはアイデンティティの確立に支障を来すこと請け合いでしょうね」

優希「小学校出たばかりの子にコンビニバイトなんてさせたら絶対精神病んじゃうじょ」

和「だから一人前になるまでの青年には保護された環境が必要なんです」

咲「なるほど、それが学校なんだね」

和「その期間生徒や学生という身分を与えたりすることで、青年に対しアイデンティティを確立するまで社会へ出るのを猶予する」

和「これを『心理社会的モラトリアム』といいます」
277 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:15:10.41 ID:rlDX+EL/0
<まとめ>


・エリクソンは人生を八つの『発達段階』に区分し、それぞれで達成すべき『発達課題』の存在を提唱した。
・青年期においては、自分は何者なのかを認識する『アイデンティティの確立』が課題である。
・それを支援するために社会は青年に対して、社会人になるのを猶予する『心理社会的モラトリアム』を与える。
278 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:15:45.26 ID:rlDX+EL/0
和「さてと。その青年期の次にあたる初期成人期ですが―――」


ガチャッ


マホ「こんにちはー」

和「マホ、おはようございます」

マホ「暖房があったかくて嬉しいのです」

優希「ムロと一緒じゃないのか?」

咲「京ちゃんは!?」ゴッ

マホ「わわぁ!?」ビクッ

マホ「む、ムロ先輩はお手洗いに行きました」

マホ「京太郎先輩はいつも通り生徒会室に向かうのを見ましたけど......」

咲「.........仕方ないか。聞くのは後にしてあげる」

マホ(なんだか分からないけど咲先輩がすっごく怖いのです)

和「まだ話の途中だったんですが......とにかく、これで四人揃いましたね」

優希「やっと始められるじぇ!」
279 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:16:45.49 ID:rlDX+EL/0
和(こうして卓を囲めるのもあと数回ですね......)

和(私や須賀くんは進学するけれど、咲さんとゆーきは春にはプロ雀士になる)

和(そうなれば、もはや貴女たちを守るものは何もない)

咲「和ちゃんどうしたの?そんな険しい顔して」

和「いえ。何でもありません」

和「......さぁ、始めましょうか」


ツモ!リンシャンカイホー!

ギャー!



【のどっちと学ぶ『発達段階』・『アイデンティティ』】


  終
制作・著作
―――――
Ⓝ Ⓓ  Ⓚ
280 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:17:11.39 ID:rlDX+EL/0
参考文献
・「幼児期と社会」 エリクソン
・「アイデンティティの心理学」 鑪幹八郎
・「青年の心理」 遠藤由美
・他

>>1は専門家ではありません。
内容の正確さについては細心の注意を払っていますが、この文章によって生じた不都合について一切の責任は負いません。
281 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/21(日) 01:20:40.31 ID:rlDX+EL/0
以上です。
本筋から外れた話にはなりますが、本編に関係あったりなかったりする内容ですので宜しければご一読ください。

既にご存じの方はテキトーに読み飛ばしてください。
282 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/21(日) 17:24:02.92 ID:xNtGxY3X0
乙です
283 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/21(日) 21:42:16.67 ID:aRQEXXki0
乙です
誰かが"発達"に失敗したって事なのかな
284 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/24(水) 00:52:29.29 ID:YkvHrJzXo
乙ー
285 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:45:06.69 ID:7SyiISYv0
ちょっちお久しぶり&投下
286 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:45:42.45 ID:7SyiISYv0
【21歳 5月】


この頃には週末の夜にたむろして酒盛りに興ずることが私たち三人の恒例行事になっていた。
しかしその会場は概して大学近くの居酒屋であって、こうして彼の住処に来るのは今日が初めてだ。
当然モモと私の間には「男の部屋に上がり込んで大丈夫なのか」という疑念はあったものの、それもほんの一瞬だけ。
キョータローがそんな度胸を一ミリも持ち合わせていないことは十分承知のことだったからだ。


京太郎「淡、生きてるか?」

淡「............」

京太郎「おい、淡」

淡「..................あれ」

京太郎「眠いのか?」

淡「ううん、全然」

京太郎「嘘つけ」

京太郎「ったく......ほら、これ飲めよ」


――― 京太郎の部屋
287 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:46:27.85 ID:7SyiISYv0
手渡された麦茶を一口飲み干すごとに段々と意識が明瞭になっていく。
気がつくと私はモノの散乱した部屋の床に座り込み、座卓へもたれ掛かっていた。
お世辞にも広いとは言えない学生向けのアパート―――初めての風景、初めての空気、初めての匂い。

京太郎「モモ、起きろってば」ユサユサ

モモ「ここは私が......早く...先に..........行く、っすよ.........Zzz」

京太郎「まったく......一体何と戦ってんだか」

京太郎「こりゃそろそろお開きだな」

淡「えー?もうちょっと飲もうよ」

京太郎「さっきまで船漕いでたくせによく言うわ」

京太郎「それに、見ての通りモモは潰れちまったぜ?」

淡「別に私は二人でもいいけど」

京太郎「それは......何というか、俺が困るんだよ」

淡「なんで?」

京太郎「そのくらい察してくれ」

淡「......へぇ、キョータローったら案外ウブなんだね」

京太郎「小学100年生が生意気なこと言ってんじゃねーぞ」

口角を上げ、わざとからかうような口調でキョータローにそう問いかける。
.....らしくないことをしていた。そんなことはわかっちゃいるけども。
288 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:48:00.99 ID:7SyiISYv0
確かにキョータローは一見バカで助平なようだけどその実紳士的で、安易に手を出してくるような男ではない。
しかしこの時の私は、むしろ彼に度胸があった方が都合が良いとさえ思っていたのだ。
長らく麻雀漬けの青春を送ってきた私にとって、須賀京太郎は初めて触れた男性にも等しかった―――それが悲劇の始まり。
彼と積み重ねてきた二年間は私にある種の『思い込み』をさせていた。

京太郎「先輩に電話掛けてくる。テキトーにモモの荷物をまとめておいてくれ」

淡「はーい」

京太郎「あーもしもし、加治木先輩ですか?須賀です。ええ、はい......いやぁ、ホントにすいません」

京太郎「今帰ったところですか......ああ、それなら―――」

淡「............」

普段であれば吐くほどに酔っ払うにもかかわらず、今日は飲む量を相当抑えてある。結果的には少し寝てしまったが妥協点だろう。
先輩がもう三十分もしないうちに車で乗り付け、モモを乗せて彼女たちの住まいへと引き揚げていく。
そして玄関の扉が閉まった途端、この部屋は私たち二人だけの国へと様変わりするのだ。
......だからどうってわけでもないけど。今のところその先にまで進む決心はないが、如何にせよ事は悪くは運ばない筈だ。
289 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:50:23.27 ID:7SyiISYv0
京太郎「ふぅ......仕事終わりだろうに悪いことしたかな」

淡「大変だなー、ゆみ先輩」

京太郎「他人事みたいに言うけどなぁ。俺たちだってあっという間に先輩と同じ立場だぜ」

淡「私はどこかのチームに契約してもらうし大丈夫」

京太郎「麻雀プロにだって社会人らしい苦労は沢山あるだろうさ」

淡「キョータローこそどうするの?プロ目指すんでしょ」

京太郎「俺か?俺は.........」

京太郎「......さぁ、どうだろうな」

淡「あ............その......ごめんね」

なぜ、口から出す前にその浅はかさに気づけなかったのだろうか。
近年のプロ麻雀界は青田買いが激しい。高校卒業はおろか在学中―――下手をすれば中学卒業と同時に話を持ちかけ、自分たちのチームで囲い込む。
そんな中で大卒がプロになるには、相当の実力を持っていることをインカレで示さなければならないのだ。
今のキョータローは明らかにそのレベルには達していなかった。一昨年の東京予選敗退、そして去年の本戦一回戦負け......
高校時代を焼き増ししたような実績に、彼自身も焦燥感を持っていたに違いない。
290 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:51:39.38 ID:7SyiISYv0
モモが食い散らかしたつまみの皿と私が平らげた冷凍チャーハンの皿を片手で器用に持ち上げる。
キョータローはシンクへ向かうと、そのまま洗い物を始めてしまった。

京太郎「―――ま、なるようになるだろ!」

京太郎「プロになれれば万々歳。それがダメなら実業団、それがダメなら.........」

淡「雀荘に入り浸ってるおっさんとか?」

京太郎「ははっ、それも良いな」

京太郎「どうにせよ麻雀しながら生きていくさ。それは変わんねーから安心しろ」

淡「私はキョータローが将来どうなろうと知ったこっちゃないよ」

京太郎「相変わらず冷たいやつだなお前は」

淡「いーじゃん別に」

京太郎「第一みんな俺の扱いが雑すぎるんだよ!お前もモモも先輩達も、俺のことを何だと思ってんだ」

京太郎「お陰で後輩まで真似し始めるし......はぁ」

つい先程までの張り詰めた空気が嘘であるかのように、一瞬にして私たちの顔はほころんだ。
しかし果たしてキョータローが大して気にしていないのか、苛立ちを隠しているだけなのかは私には判別できなかった。
291 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:52:23.03 ID:7SyiISYv0
京太郎「淡、お前どうやって帰るつもりだ?加治木先輩に一緒に送ってもらうか」

淡「逆方面だし申し訳ないからいいや」

京太郎「不遜なお前に『申し訳ない』なんて考えがあるなんて、天変地異の前兆か何かかよ?」

淡「なにをー!?私だってそのくらい持ち合わせてるぞー!」ポカポカ

京太郎「痛っ!おい、お前やめろって!」ゲシッ

淡「うわっ、女の子を足蹴にするなんてサイテー」

京太郎「洗い物してんだから仕方ないだろ!」

淡「うるさい!正義の鉄槌だー!」ポカッ

京太郎「ぐっ......ガード!」

淡「きゃっ!ちょっとどこ触ってんの変態!」

京太郎「あ、いや違うんだ!これはそういう意図があったとか―――」


ピンポーン
292 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:53:09.07 ID:7SyiISYv0
京太郎「.........加治木先輩か?やけに早かったな」

京太郎「すまん。手が離せなくてさ」

淡「はいはい、淡ちゃんが出てあげますよーだ」スタスタ



来た。
あとはゆみ先輩に飲んだくれを預けてしまえば―――



咲「さっきからうるさいよ!いま何時か、わかっ...て.......あれ?」

淡「.........!」

咲「淡ちゃん......なんでこんなところに......?」
293 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:53:54.59 ID:7SyiISYv0
【数十分後】


咲「あはは、そうだったんだ。京ちゃんったら大学の話はあんまりしないから」

淡「シェフ!私はタコスを所望するぞー!」グビッ

京太郎「二人とも、もうちょい声のトーンを落としてくれ。あとタコス作る材料なんてねぇよ」

咲「うるさいよ!今日の試合全然ダメだったし......あーもう!むかつくー!」ゴクッゴクッ

咲「京ちゃん!おつまみ全部もってこーい!」ゲフッ

京太郎「ミイラ取りがミイラになってどうすんだよ、おい」

宮永咲。麻雀プロでテルの妹で、しかもキョータローの隣人らしい。
思わぬ人物の来訪によってペースを崩された私は、全てを諦めて完全にヤケ酒の方向に舵を切っていた。
294 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:54:38.61 ID:7SyiISYv0
不意にチャイムが鳴る。
キョータローが玄関へ走っていき、すぐにもう一人の訪問者を連れて戻ってきた。

ゆみ「うわっ、酒臭―――って宮永咲プロ!?」

咲「やだなぁ。堅っ苦しいし宮永でいいですよー」

ゆみ「えっ?ああ......すまない。仕事の癖が入ってしまうとどうにも」

淡「ライターも大変だね、ゆみせんぱーい」

ゆみ「......随分入れたようだな、須賀」

京太郎「まさかこいつらがこんなに飲むなんて思いもしませんでしたよ」

ゆみ「だからってこの惨状は一体どうやったら......いや、取り敢えずモモだけでも回収して帰ろう」

ゆみ「おいモモ、起きろ」ユサユサ

モモ「......せんぱ、い......?......Zzz.........」

京太郎「ダメみたいですね」
295 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:55:14.96 ID:7SyiISYv0
ゆみ「おぶっていくしかないか」

京太郎「手伝いましょうか?」

ゆみ「大丈夫だよ。手荷物も大した量じゃないし一人でもなんとかなる」

京太郎「俺が下まで担いでいきますよ」

ゆみ「私がそれを許すと思うか?」

京太郎「あぁ、なるほど」

ゆみ「そういうわけだ。須賀、迷惑を掛けて悪かったな」

先輩が荷物を―――じゃなかった。モモを背負ってよろよろと玄関を出ていった。
それを見送ったキョータローは深く溜息をつくと、

京太郎「はぁ......疲れた。俺も頭冷やしてくるか」

京太郎「二人とも、少し出てくるから大人しくしてろよ」

咲「あっ、ちゃんと外まで行ってから吸わないとまた大家さんに怒られちゃうよ」

京太郎「分かってるって」


バタン
296 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:55:57.20 ID:7SyiISYv0
淡「......行っちゃった」

咲「行っちゃったねぇ」

淡「......ねぇねぇ、サキ」

咲「ん、どうしたの?」

淡「サキとキョータロー、付き合ってんの?」

咲「ううん、違うよ。でもどうして?」

淡「何でもない男の人と一緒に東京まで出てきて、しかも隣に住むなんてありえないでしょ」

咲「あはは、なんでだろうね......成り行きかな?」

淡「えー、なにそれ」

咲「......でもね。これからどうなるかはわかんないかも」

淡「......?」

咲「この前、京ちゃんと話したんだ」
297 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:56:45.50 ID:7SyiISYv0


 京太郎「咲、八月の二週目って空いてるか?」

 咲「えーっと......」パラパラ

 咲「まだわかんないけど、今のところはお仕事入ってないよ」

 京太郎「その週に大会があるんだ。一緒に観に来ないか?」

 咲「インカレの話?別に良いけど......」

 京太郎「なら、それからもう一個頼みがあるんだけど......」

 咲「?」

 京太郎「あー......あのさ。もし俺がベスト4に入ったら」

 京太郎「俺と付き合ってほしい.........とか、思ったり」

 咲「.........バカ。そういうことは予選終わってから言いなよ」

298 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:58:00.64 ID:7SyiISYv0
淡「......それで、サキはなんて言ったの」

咲「『いいよ』って返したよ」

淡「なんで?」

咲「なんでって、えーっと.........」

咲「......好きだから、かな」

淡「.........そっか」

淡「どうせなら優勝って言っちゃえばいいのに、格好悪いなー」

咲「十分じゃない?京ちゃんが決勝まで行けるだけでも凄いし」

淡「もし四位に入れなかったらどうするの?」

咲「もちろんダメでしょ。京ちゃんが自分で決めたんだもん」

淡「.........バカだよね。なんで普通に言えないんだろ」

咲「おバカだよ。でもそういうものだから」

淡「そっか」

咲「うん」
299 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/03/30(火) 04:58:30.44 ID:7SyiISYv0
今回はここまで
300 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 09:53:46.49 ID:nh7i3rfl0
乙です
301 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/30(火) 14:48:22.76 ID:XplmIFT6o
302 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:41:14.61 ID:TrFu1u/e0
投下
303 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:41:57.95 ID:TrFu1u/e0
【21歳 8月】


――― 部室


モモ「インカレ、終わっちゃったっすね」

京太郎「そうだなぁ」

モモ「はぁ、いい加減インターンとか考えなきゃ......」

京太郎「加治木先輩のところに永久就職するんじゃないのか?」

モモ「それとこれとは別問題っすよ」

モモ「この先何があるか分からないし、食い扶持は必要っす」

京太郎「へぇ、結構真面目に考えてるんだな」
304 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:42:27.53 ID:TrFu1u/e0
モモ「これからは忙しくなるし、ここに来る機会も暫くは無さそうっすね」

京太郎「そう寂しいこと言うなって!たまには息抜きしに来いよ」

京太郎「俺と淡はもう少し居座ることになりそうだしさ」

モモ「京さん、本気でプロ雀士を目指すつもりなんすね」

京太郎「あぁ。今回の大会でやっと光明が見えてきたんだ」

モモ「男子の部で個人第三位......確かに実績としては悪くないっすけど」

モモ「この先も上手くいく保証なんて無いのに」

京太郎「それでも、なんとか繋げてみせるよ」

今年度のインターカレッジが閉幕し、お盆休みを挟んだある平日の昼下がり。
まだ夏休みの最中であるが、一度私物を引き上げたいというモモの手伝いをしに私たちは大学まで足を運んでいた。
―――もっとも、手伝いが必要なほどの片付けがあるわけもない。ただ単純に集まる口実が欲しかっただけだ。
305 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:43:21.38 ID:TrFu1u/e0
キョータロー、モモ、そして私。三人で作り上げた青春は一つの終焉を迎えようとしていた。
それはモモが就活準備のために部活を引退するためだけではなく、むしろ私にとっては『もう一つの理由』の方が余程重要だった。

モモ「さてと。こんなもんっすかね」

京太郎「あーあ、せっかくの一張羅なのに汚れちまったぜ」

モモ「どうしてそんな......あぁ、デートっすか」

京太郎「ご名答。実は付き合い始めてからアイツと出掛けるの初めてでさ」

モモ「リンシャンさんも物好きっすねぇ。こんなチャラ男のどこが良いんだか」ヤレヤレ

京太郎「俺ってそんなにチャラいか?」

モモ「金髪だし、実際軽薄な性格してるじゃないっすか」

京太郎「失礼な奴だなぁ」

モモ「半分冗談っすよ」

京太郎「半分は冗談じゃねーのかよ......」
306 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:43:53.63 ID:TrFu1u/e0
モモ「それで、どこに行くつもりっすか?」

京太郎「具体的には決めてないんだ。都心の方に行くつもりではあるんだけど」

モモ「はぁ!?よく大事な初デートにそんな準備で臨めるっすね」

京太郎「ま、マズかったか!?」

モモ「確かに京さんは大学生かもしれないけど、相手はれっきとした社会人っすよ?」

モモ「夕食だってその辺のファミレスってわけにもいかないに決まってるじゃないっすか!」

京太郎「しかし俺と咲の仲だしなぁ......あんまり堅苦しいのも」

京太郎「それに、初めてなんだからそんなこと言われても困るぜ」

モモ「情けないっすねぇ」

京太郎「なら教えてくれよ。モモは普段どうしてるんだ?」

モモ「えーっと......あー、ウチはいつも先輩がセットしてくれるから......」

京太郎「よくもまあ偉そうに言えたもんだな、おい」
307 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:44:26.49 ID:TrFu1u/e0
京太郎「......っと、もうこんな時間か」

モモ「待ち合わせは?」

京太郎「四時に新宿駅で」

モモ「なら早く行ってくるっすよ!」ゲシッ

京太郎「うげっ」

モモ「遅刻したら市中引き回しの上打首獄門っす」

京太郎「なんでお前が......まぁいいけど」

京太郎「じゃ、またな」
308 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:45:50.71 ID:TrFu1u/e0
小洒落たジャケットの裾を払うと、そう言ってキョータローは部室を後にした。
宙に舞う埃が窓から差し込む西日によって映し出され、その隙間を縫ってヒグラシの鳴き声が聞こえてくる。
額に浮かんだ汗をハンカチで拭い取ったモモは辟易した様子で、

モモ「まったく、浮かれちゃって.....男ってホントに単純っす」

淡「......そうだね」

モモ「淡さんらしくないっすね。普段ならもっとおしゃべりなのに」

淡「黙っちゃ悪い?」

モモ「やっぱりあの人のことっすか」

淡「別に。キョータローのことそんな目で見たことないし」

淡「友達としては楽しいけど、付き合うなんてこっちから願い下げ」

モモ「そこまでは言ってないっすよ」

淡「......」

モモ「......」

淡「......」
309 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:46:18.17 ID:TrFu1u/e0
モモ「......あぁもう、しょうがないっすね!」

淡「な、なに?」ビクッ

モモ「失恋くらいでそんなにショゲてどうするんすか」

モモ「男や女の十人や百人くらい、淡さんならすぐにいい人見つかるに決まってるっすよ」

淡「だからそんなんじゃ―――」

モモ「こういう時は気分転換が一番!」

モモ「駅前のゲーセンで豪遊して、その後いつもの居酒屋にでも行けばサッパリ忘れられるっす」ガシッ

淡「ちょ、ちょっと待ってってばー!」

普段のモモはこんなに強引な性格だっただろうか。
ともかく、ズンズン進む彼女に腕を引かれるまま私は歩くほかなかった。

モモ「淡さん、音ゲーとか好きっすか?」

淡「うーん......あんまりやったことないかな」

モモ「やってみたら絶対ハマるっすよ!最近のオススメは―――」
310 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:46:51.02 ID:TrFu1u/e0
【夜】


――― 居酒屋


モモ「生中追加で!それからたこわさ一つ」

淡「モモ、そんなに飲んで大丈夫?」

店主「ガハハハ!相変わらず桃子ちゃんはうわばみだなぁ!」

モモ「無駄口叩いてないで早く持ってくるっすよ」

店主「冷てぇや」

淡「あ、ピーチソーダもお願いしまーす」

店主「はいよ」

旨くもなければ綺麗でもなく、安いくらいが取り柄であるいつもの居酒屋のカウンター席。
駅から離れ、路地からも入り組んだところに店を構えているので客は少ない。こういう穴場感を私は結構気に入っているのだ。
テーブル席に座っていた数人連れの客も少し前に出ていき、今では私たちの話し声と喧しいラジオの音が店内に流れていた。
311 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:48:09.78 ID:TrFu1u/e0
店主「生中とピーチソーダ、それとたこわさお待ち」ゴトン

モモ「どうもっす」

店主「そういや一人足りなくねえか?須賀くんはどうしたのよ」

淡「キョータローなら......」


『―――最後に麻雀、M1リーグの対局結果をお伝えします』

『午前中に行われた第二十八節A試合、立川・富山・松山・恵比寿戦を制したのは立川ブルーセーラーズです』

『前半に宮永が+22.7の大トップ。後半でフロティーラの戒能が盛り返しますが、神原がリードを守りきりました』

『B試合はつくばが延岡・美作・仙台を下し―――』


店主「おっ、やるなぁ宮永」

淡「おっちゃん、セーラーズファンなの?」

店主「地元だしな」
312 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:49:10.09 ID:TrFu1u/e0
モモ「京さんなら今頃、その宮永プロとデート中っすよ」

店主「宮永だって!?そりゃなんでまた」

モモ「中学からの同級生で、この度無事お付き合いすることになったらしいっす」

店主「ははあ......しかし”あの”須賀くんがなァ」チラッ

おっちゃんの目線がこちらへ向く。

淡「なによ」

店主「俺はてっきり淡ちゃんとデキてるもんだとばかり」

淡「そ、そんなわけないじゃん!」

店主「付き合ってるってのも嘘なんじゃねえの?」

店主「実は淡ちゃんの気ィ引こうとしてハッタリ掛けてるとか」

モモ「それにしては悪手な気もするっすけど......」

店主「ま、しばらく待ってみるのも良いんじゃないか」ケラケラ

淡「......今更そんなこと言ったって知らないっての」ボソッ

それ以降私があまり喋らなくなったのを見ると、モモはおっちゃん相手に雑談を始めた。
モモと違ってアルコールに強いわけでもない。どういう内容だったかはいまいち記憶にないが、キョータローと関係ない話だったのは確かだ。
313 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:50:04.74 ID:TrFu1u/e0
――― 路上


モモ「じゃあ私はここで」

淡「またね〜」

居酒屋からすぐ近くのバス停でモモと別れる。
彼女と加治木先輩の住まいはそう遠くないので路線バス一本で帰ることが出来るが、都心方面の私はそうもいかない。
まず駅に向かい、数回の乗り換えを挟まなければ我が家に辿り着けないのだ。
あと二時間もしないうちに日付が変わるが、街は未だに人で溢れかえっていた。


歩きながら一日の出来事を振り返る。久々に入ったゲームセンターではモモに振りまわれ続けた。
音楽ゲームの才能は全然なかったがUFOキャッチャーの才能はあったようで、お陰で私の右手にはぬいぐるみで一杯の紙袋がぶら下がっている。
居酒屋は相変わらずだったな。お酒は美味しくないし、悪酔いして頭がガンガン痛くなる。
店主のおっちゃんはやけに馴れ馴れしい上に下品だけど、案外ああいうのは嫌いじゃない。
ただムカつくのはキョータローの話を振ってきたことだ!
ハッタリだなんて、あんな変なこと言わなくたっていいのに......
314 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:51:00.15 ID:TrFu1u/e0
淡(......私、またキョータローのこと考えてる)


結局、本当に私は彼のことが好きだったんだろうか。
好きな人が他の人と付き合うなんて話を聞いたら、普通は「悲しい」とか「つらい」とかそういう感想を持つものだろう。
でも私はそうじゃない。別に悲しいとは思わないし、涙の一滴も流れそうな様子はないのだ。
今思えば、数ヶ月前の『アレ』も所詮は一時の気の迷いだったのだろう。
実際彼に抱いているのは友情であって、誰かを好きになったことがないからそれを恋情だと勘違いしてしまっただけだ。

だからキョータローがサキと恋人になろうがどうしようが、私の関知することではない。
私とキョータローは友達で、それが変わるわけではないのだから。
......たぶん。きっと。


淡(あーもう!よくわかんなくなってきた!)

淡(キョータローに会ってみたら、ちょっとは整理つくのかな)


だから私の足は駅でなく、彼の住むアパートへと向いていたのだろう。
315 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:51:37.27 ID:TrFu1u/e0
アパートの二階にあるキョータローの部屋の玄関は―――当然その隣にあるサキの部屋と共に、すぐ外の路上から十分はっきり見える。
携帯電話の時計は、時刻が間もなく夜の十時半を回ることを示していた。

淡(キョータロー、そろそろ帰ってるかな......)

淡(でも、会ったら何話せばいいんだろ)

淡「.........人?」

その時だった。
鉄柵で囲まれた螺旋階段を昇っていた二つのシルエットが廊下に出ると、キョータローの部屋の前で止まった。
逆光のせいでそれが誰かまでは分からない。
316 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:52:25.89 ID:TrFu1u/e0
「今日は助かったよ」

「もう!今度からどこに行くかくらいはちゃんと考えといてね!」

「分かっとりますわい」

「ふふっ......でも楽しかった」

「ああ。俺も楽しかったぜ」

「あのさ............」

「お、お前ってそんなキャラだったっけ......?」

「だって寂しいんだもん」

「寂しいったって隣の部屋じゃねーか」

「それでも!ね、いいでしょ?」

「仕方ねぇな......下手でも文句言うなよ」

「うん.........」

「.........」

「............んっ」
317 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:53:04.84 ID:TrFu1u/e0
『影が重なる』という表現がただの比喩でないことを知った。
気がつけば、私の両脚は駅に向かって駆け出していた。
318 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:53:35.21 ID:TrFu1u/e0
京太郎「あれ?」

咲「どうしたの?」

京太郎「いや、そこに誰かが居たような気がしてさ」

咲「......まさか。見間違いだよ」

京太郎「そうかな」
319 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:54:30.90 ID:TrFu1u/e0
――― 淡 自宅


淡「ただいま......」

母「あら、おかえりなさい」

母「晩ご飯は用意してないけど平気?」

淡「モモと飲んできたから大丈夫」

母「また東横さんと?一度ご両親に挨拶したほうがいいのかしら」

淡「子供じゃないんだからそんなことしなくていいってば!」

母「それともう一人の、えーっと......須賀くん、だったっけ」

母「彼は一緒だったの?」

淡「―――ママのバカッ!!!」バタン

母「.........淡?」
320 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:55:23.80 ID:TrFu1u/e0
勢い良く自室のドアを閉める。
天井の照明は最近LEDに替えたばかりだが、部屋はちっとも明るくはならない。スイッチを入れていないのだから当然だ。
右手の紙袋を乱暴に放り投げ、肩に掛けた鞄も同じように―――しようとしたが、少し考え直して丁寧に置く。
上着とストッキングを床に脱ぎ捨て、ベッドに寝転がって布団を頭まで被った。
嫌なことがあった後は昔からこうするのが一番だった。
何もせずともいつの間にか眠りに落ちていて、朝になればどんな悩みも大した事には思えなくなっている。
化粧がそのままだったけど、そんなのは些末事だ。
321 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:56:09.67 ID:TrFu1u/e0
淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」

淡「..........」
322 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:56:39.57 ID:TrFu1u/e0
淡「..........なんでよ」

淡「なんで、いまさら.........」ポロポロ

淡「すきでも......なんでもないのに.........」ポロポロ

淡「どうでもいいのに............」ボロボロ

淡「.........なんでよ.........きょう、たろう.........」ボロボロ
323 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:57:09.49 ID:TrFu1u/e0
朝が来た。
いつも通りに陽が昇り、いつも通りに降りていくと、階下では母親がいつも通り朝食を用意していた。
得体の知れないナニかは、未だ私の心にのしかかったまま離れない。
324 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/02(金) 03:57:57.87 ID:TrFu1u/e0
今回はここまで
325 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/02(金) 06:01:59.48 ID:EFihVdFMO
乙です
326 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/03(土) 10:17:45.92 ID:/+up7SAL0
乙乙
327 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/03(土) 18:40:13.84 ID:almY8WkOo
乙 あわあわ…
328 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:41:31.60 ID:3ZGr4JZ20
とうか
329 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:43:35.83 ID:3ZGr4JZ20
それからのことにあまり面白い話はないので、大まかな流れだけ話しておこうと思う。
翌年、何の支障もなくインターカレッジは開催された。
私の成績はともかくとして、キョータローが個人優勝を修めたのは特筆に値するだろう。
彼の実力は本物に育っていたということだ。

その後すぐ私と彼のもとにはいくつかのチームからオファーが舞い込み、私たちは卒業後そのままプロ雀士になった。
キョータローは北関東の地方都市に本拠地を構えるチームに入った。テルがいるところだ。
そして私は―――


ゆみ「......以上でインタビューは終了となります」

ゆみ「大星プロ、本日はありがとうございました」

淡「ありがとうございました」
330 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:44:09.06 ID:3ZGr4JZ20
【25歳 4月】


――― 立川ブルーセーラーズ運営事務所 第一会議室


ピッ

ゆみ「ふぅ......お疲れ様、淡」

淡「でも、ゆみ先輩が来るなんて知らなかったよ。ビックリしちゃった」

ゆみ「淡の特集を組むと聞いて、インタビュアーをやらせてもらえるよう編集長に頼んだんだ」

ゆみ「久々に部活の後輩と会うのも悪くないと思ってね」

淡「そっか。私の卒業式の時以来だっけ」

ゆみ「お互い全国を飛び回ってばかりだからな......休みすら中々合わせられんよ」

ゆみ「聞けば今日も大変だったそうじゃないか」

淡「そーなんだよ!GMがインタビューのことすっかり忘れてたらしくてさー」

淡「せっかくの芦原だったのに温泉すら入れないうちに新幹線に放り込まれちゃって」
331 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:44:44.95 ID:3ZGr4JZ20
今日の予定は数週間前から入っていたのだが、手違いにより午前中に地方での対局を割り当てられてしまった。
お陰で私は碌に休む暇すら与えられないまま東京へとんぼ返りするハメになったのだ。

淡「あーあ、なんでわざわざ行ったり来たりしなきゃならないんだろ」

淡「全部東京でやればいいのにさ」

ゆみ「こればかりは政治的な理由が絡むからなぁ」

ゆみ「町興しのために全国各地に試合会場を設け、そこで対局を行う」

ゆみ「実際今のシステムになってからチームもファンも増えた。業界が賑やかになるのは良いことさ」

淡「移動だけでクタクタだよ......」

ゆみ「だが、経費で旅行気分を味わえるのは悪くないだろう?」

淡「それは否定しないけど」

今回はその旅行気分すら味わえなかったわけではあるが、本来は仕事の途中であって空き時間に自由行動を許してもらっているだけなので文句は言えない。
サラリーマン程ではないにしても、完全に自由というわけにもいかないのである。
332 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:45:40.54 ID:3ZGr4JZ20
ゆみ先輩が手土産に持ってきた源氏パイをお茶請けに、取材前に給湯室で入れてきたコーヒーを啜る。
最近ブラックを飲めるようになったのが自慢なのだ。

ゆみ「ところで宮永はどうしたんだ?」

淡「観光してからゆっくり帰ってくるって言ってた」

淡「キョータローがゲストで金沢の雀荘にいるから合流するんだってさ」

ゆみ「ほう」

淡「サキはカップルで温泉デート、片や私は会議室で夜までお仕事......」

淡「世の中不公平だよねー」ズズッ

ゆみ「須賀か......そういえば」

淡「なに?」

ゆみ「今度宮永が須賀と結婚するらしいと聞いたんだが」

ゆみ「本当なのか?」

淡「.........えっ?」ポトン

ゆみ「淡、お菓子落としたぞ」
333 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:46:18.56 ID:3ZGr4JZ20
【十数分後】


ゆみ「さてと、そろそろお暇しようかな」

ゆみ「恐らく再来週の発刊分に載るはずだ。楽しみにしていてくれよ?」

淡「やだよ!恥ずかしいもん」

ゆみ「ははっ、まあいいじゃないか。もし気が向いたら買ってくれ」

淡「ホントに気が向いたらだよ!」

ゆみ「ではまた、機会があれば」

淡「モモによろしくねー」

ゆみ「あぁ」


バタン


淡「特集か.........やっぱり気になるかも」

淡(それにしても、まさかサキが―――)
334 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:47:00.67 ID:3ZGr4JZ20
後輩「失礼しまーす!」

その時、会議室を出ていったゆみ先輩と入れ替わりで茶髪の少女が部屋に入ってきた。
今年高校を卒業したばかりの新人で、まだあどけなさが残る快活な子だ。
もっとも快活というか、どちらかと言えば暑苦しいというか。

後輩「取材ってもう終わったんですか?」

淡「ついさっきね」

後輩「ホントですか!?お疲れ様です!」

後輩「あっ、そうだ!大星先輩に見せたいものがあって......」ゴソゴソ

淡「見せたいもの......?」

後輩「ほらこれ、つしまえんのタダ券ですよ!しかも二枚!」

後輩「監督が『貰ってきたけど要らないからお前にやる』って」

淡(完全に子供扱いされてるなー)

後輩「今週末に一緒に行きましょうよ!」
335 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:47:30.31 ID:3ZGr4JZ20
淡「でも私ってマイちゃんと歳離れてるし、行っても楽しくないでしょ?」

淡「高校の友達でも誘って行ってきなよ」

後輩「そんなの全然気にしませんよ!それにたった六歳差ですよ?」

後輩「だからほら、ねっ?」

淡「うーん......やっぱ私は遠慮しとこうかな」

後輩「えー」

淡「ごめん、声かけてくれてありがと」

淡「他の人とか誘ってみて」

後輩「......はい」

淡「お疲れ様。また明日ね」


バタン


後輩「ちぇーっ......大星先輩のいけず」
336 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:50:05.40 ID:3ZGr4JZ20
【二週間後】


彼女が読んでいる『WEEKLY麻雀TODAY』に目をやりながら、私は何気なくキョータローに言った。

淡「キョータローってさ」

京太郎「ん?」ムシャムシャ

淡「結婚するの?」

京太郎「ゲホッ!ゲホッ!」

淡「うわっ、ばっちいからやめてよ」

咲「京ちゃん大丈夫!?」

トーストを喉につまらせたらしく、咳き込む度に空気が通るヒューヒューという音が聞こえる。
横に置いてあった水を一気に飲んでからキョータローは、

京太郎「はぁ......ったく、誤嚥性肺炎になったらどーしてくれんだ」

咲「淡ちゃんに話したの?」ボソボソ

京太郎「俺は誰にも言ってないけど......」ボソボソ

淡「聞こえてますよーだ」
337 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:50:40.80 ID:3ZGr4JZ20
対局でバディを組まされることの多い私とサキは必然的に休暇も被りがちで、よく遊びに行く仲だ。
そこにキョータローの休みも重なったため、折角ならばと昼食会の運びになったのだが......


照「それ、私のせいかも」

咲「お姉ちゃん!?」


彼が休みとなれば、当然彼女も休みなのである。
338 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:51:29.93 ID:3ZGr4JZ20
――― 喫茶 『カメダ珈琲店』


照「この前小鍛治さんと話してる時にうっかり」

咲「『うっかり』じゃないよ!お姉ちゃんのバカ!」

京太郎「最近やけにみんなから変な目で見られると思ったら......」

淡「小鍛治さんに言っちゃったのかー。ゆみ先輩も知ってたし、今頃噂になってるんじゃないかな」

咲「面倒くさいから内緒にしてたのに」ガクッ

淡「テルは教えてもらってんだね」

照「家族だから」フンス

威張るテルの口には髭のように白いモジャモジャがくっついている。
右手に握られたカップの中には、クリームたっぷりのウィンナーコーヒーが半分ほど残っていた。
339 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:52:09.25 ID:3ZGr4JZ20
淡「じゃあ結婚するのは本当なんだ」

咲「うん」

淡「いつ?」

京太郎「六月くらいになる予定だ」

咲「今はどこに住もうか迷ってるんだけど......」

咲「立川にも大宮にも行きやすいってなると、どうしても都心になっちゃうんだよね」

淡「いいじゃん。お給料たくさん貰ってるんでしょ?」

京太郎「俺はそうでもないけど、咲はな」

咲「いやいや!それほどじゃないよ」

ちなみに私より貰っていることは確かだ。
キョータローは―――うん、成績からして男子の中ではそこそこなんじゃないだろうか。
340 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:52:37.81 ID:3ZGr4JZ20
キョータローがポケットから煙草の箱を取り出す素振りを見せると、一瞬だけテルが嫌そうな顔をした。

照「淡は結婚する予定はないの?」

淡「欠片もないけど」

照「じゃあ仲間だね」

淡「えー......」
341 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:53:17.51 ID:3ZGr4JZ20
【26歳 3月】


――― 長野県内 病院


昨晩からの猛吹雪も止み、一面が銀世界と化した朝だった。
慣れない雪道の上をざくざくと歩いて正面玄関に入り、受付のお姉さんとの長い問答を終えてやっとの思いで病室に辿り着く。

淡「サキ!」

咲「あれ、淡ちゃん?どうしてここに......」

淡「ちょうど松本で昼前からイベントが入ってて。かっ飛ばしてきた!」

フナQの運転だけどね。
キョータローから出産の知らせを貰ったのは昨夜の十時を過ぎた頃だったろうか。
一晩中悶々とした気持ちを押さえつけていたが、結局居ても立ってもいられなくなった私は無理を言って朝早くから車を出してもらったのだ。
342 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:53:52.27 ID:3ZGr4JZ20
よく見ると、その張本人はその長い躯体を折り曲げてベッドに寄りかかっていた。
こんな時にもかかわらず呑気に眠りこけているらしい。

咲「京ちゃんったら、心配でここ何日も寝れなかったんだって」

咲「産まれたら産まれたで大騒ぎだし......別に京ちゃんが産むわけじゃないのにね」

淡「キョータローはお子様だから」

咲「そういうところも可愛いんだけど」

淡「サキはこんな時までお惚気ですかー」

淡「でも残念だけど、今はキョータローなんかより赤ちゃんのほうが興味あるな」

咲「......見たい?」

淡「うん!!」
343 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:54:29.90 ID:3ZGr4JZ20
横に寝かされていた小さな赤子をサキの細い手が抱きかかえる。
―――まるで大事な宝物を見せる子供のように、その顔は得意げで幸せそうだった。

淡「この子が......」

咲「触ってみる?」

淡「う、うん......」

咲「ほーら、あわいおねえちゃんですよー」


淡「.........!」


吹けば飛んでしまいそうな儚い命だ。私は指を恐る恐る彼女に差し出した。
そんな私を見て、彼女はにっこりと笑みを浮かべたのだ。
344 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 01:58:47.73 ID:3ZGr4JZ20
いや、それは私の都合の良い思い込みかもしれない。
産まれたばかりの赤ちゃんはほとんど視力を持たないらしいし、ましてや私を認識して微笑みかけるなんてありえるのだろうか。
......なんてことは今だからこそ言えることで、当時の私といえば只々言葉を失っていた。
どちらにしても、私が彼女の虜になるには十分だった。

淡「あ.........」

咲「可愛いでしょ?」

淡「す、すごい.........」

咲「ふふっ」

淡「名前はなんていうの?」

咲「えー、でもまだお七日だってしてないし......」

淡「そんなの建前だけじゃないの」

咲「......いいよ。お父さんにもまだ言ってないけど、淡ちゃんには教えてあげる」

「―――メイ」

淡「......?」

「明。その子は宮永明だ」

京太郎「いい名前だろ」ニカッ

キョータローが床に座り込んだまま笑う。
サキと同じ、幸せそうな顔だ。
345 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:00:05.72 ID:3ZGr4JZ20
京太郎「いててて!腰が......」ヨロヨロ

咲「変な所で寝るからだよ」

京太郎「んなこと言ったってなぁ」


ガララッ


優希「おーっす咲ちゃん!元気か?」

和「病院なんですからもっと静かにしてください」

京太郎「あれ、お前らまで来たのか」

優希「久先輩とまこちゃんも後で来るぞ」

和「ごめんなさい。私はもっと落ち着いてから伺った方が良いかと思ったんですけど」

和「ゆーきがどうしてもすぐに行こうと......」

咲「いいよ。私もみんなが来てくれて嬉しいから」
346 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:00:59.48 ID:3ZGr4JZ20
優希「なんだ京太郎、そんなボサボサの格好してだらしないぞ」

京太郎「仕方ねーだろ!営業の後に飛んできてから二日もそのままなんだから」

「うっ...ううっ......」ジワッ

咲「ちょっとお父さん、静かにしてよね」

京太郎「うぐっ......すまん」

優希「あの京太郎が『お父さん』って......ぷぷっ、笑えるな」

京太郎「窓から放り投げるぞこのチンチクリンが」


淡「.........ふふっ」


天使のようだった。
彼女が笑えば皆が笑い、彼女が泣けば皆が泣く―――いや、どっちにしても笑ってるか。
間違いなく、彼女は祝福されて産まれてきたのだ。
347 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:01:33.75 ID:3ZGr4JZ20
【30歳 7月】


――― 遊園地


照「......気持ち悪い」

淡「テル大丈夫?」

照「うん、なんとか.........うっぷ」フラッ

淡「ちょっ!」

テルがジェットコースターに乗りたいというので隣に座ってみると、意外にも私のほうが楽しんでしまい当の本人はこの有様である。
さすが一足先に三十路に突入しただけのことはあるな......そう考えているうち、自分も十二月には三十代であることを思い出してしまった。

淡(遊園地かぁ。どれくらいぶりかな)

もっとも、こうしてアラサーのお守りをするためにわざわざ遊園地まで来たわけではない。
本来の役目は三人のサポートだ。
348 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:02:37.38 ID:3ZGr4JZ20
明「ねえねえ、おとーさん、おかーさん」

京太郎「ん?どうしたんだ?」

明「ふたりとも、なんでずっとおててつないでるの?」

京太郎「ふっふっふ......教えてやろうか」

京太郎「それはな、母さんがすぐに迷子になるからだよ」

咲「もうっ、お父さんったら」

明「おかーさん......」

京太郎「三歳児に憐れみの目で見られてら」ケラケラ

咲「......」ポカッ

京太郎「いてっ」
349 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:03:24.08 ID:3ZGr4JZ20
淡「ラブラブですなー」

照「だね」

淡「生まれたばっかだと思ってた親友の娘がこんなに成長してるのに」

淡「一方わたしゃ行かず後家まっしぐらですよ。とほほ......」

照「しょっちゅうそういう話してるけど、淡は結婚したいの?」

淡「あー......これはなんていうか、自虐ネタっていうかさ」

淡「真面目に考えると別にそうでもないかも」

照「そっか」

淡「うん」
350 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:07:43.56 ID:3ZGr4JZ20
照「.........」

淡「テルー?」

照「私はちょっと興味あるかもしれない」

淡「!?」

テルこそ『結婚』というワードから一番縁遠いタイプの人種だと思っていただけに意外だった。
結婚はおろか、休日に他人と会うことすら稀だという彼女がそんなことを言い出すとは......

淡(......まぁ、これを間近で見てたら無理もないか)


明「おとーさん!これ!」

京太郎「バイキングか......うーん、明にはちょっと早すぎるかもな」

明「えー」

咲「明がもっと大きくなったらまた来ようね」

京太郎「母さんみたいに怖がりじゃなければの話だけど」

咲「一言多いってば」


見守るように並んで歩く二人の前方を、メイがベビーカーをぐいぐい押しながら進んでゆく。
実に牧歌的な風景じゃないか。
351 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:08:51.31 ID:3ZGr4JZ20
淡(メイ.........)

キョータローが私から離れていくのを感じたくなかった。
キョータローがサキのものになるのが嫌だった。
花嫁姿のサキの横で笑うキョータローを、胸が張り裂けそうになりながら眺めていた。
大学三年の夏―――キョータローのアパートの手前で引き返した夜から、私の心にはしこりが残り続けていた。

でも、メイがそれを変えた。
あの微笑みを見た瞬間、暗闇にいた私の五年半など全て馬鹿馬鹿しく思えてしまったのだ。
もはや私の願いは彼の隣にいることではなかった。
ただ彼と彼女と、そしてあの子を遠くから見守るだけで幸せだった。
352 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:09:52.30 ID:3ZGr4JZ20
【30歳 12月】


淡「もしもし、大星ですけど」

淡「.........事故?」





―――あの日までは。
353 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:10:20.28 ID:3ZGr4JZ20


<大星淡の回想> 終

354 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/06(火) 02:13:55.03 ID:3ZGr4JZ20
今回はここまで

過去編の後半は照編ですが、
ちょっとずつ書いていった淡編が少しダレたので書き溜めて一気に投下しようと思います。
ということでしばらくお休みします。
355 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/13(火) 20:36:17.85 ID:1j0W2UEAo
乙です!
速報復活したし一安心。楽しみに待ってます
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/04/13(火) 21:56:00.39 ID:6VB0h95T0
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/13(火) 22:56:33.49 ID:x30IFLWc0
乙です
続きが待ち遠しかった
358 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/04/20(火) 19:45:41.32 ID:DKyH24Dh0
乙ッ!
359 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/25(日) 10:14:04.84 ID:7TsduQjI0
>>1です。
前々から考えていたことについて準備が出来ましたのでお知らせします。


1. ハーメルンに移転します
以後はハーメルンで書くことにします。主な理由は以下の通りです。

・SS速報がしょっちゅう落ちる
落ちるっていうかドメイン失効なんですが、ともかく面倒なのでこれを期に移動します。
・書き直しが効く
実はミスったところが(誤字の範疇から展開の失敗まで含めて)結構存在します。
そのままに残しておくのも気持ち悪いので、書き直しが出来ると非常に助かるのです。


2. 非安価になります
ハーメルンに移転するので当然っちゃ当然ですけど。
元々安価要素は薄かったし、取りたかったところももう粗方終わったので問題ないと判断しました。


SS速報を出ていくわけではなく、今後も安価スレがやりたい時はここが中心になると思います。
最初は既存部分の書き直しが主になりますが、色々変更を加えていく予定なのでサラッとでも目を通していただけると幸いです。
360 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/25(日) 10:14:52.07 ID:7TsduQjI0
移転先URL:
https://syosetu.org/novel/256574/
361 : ◆copBIXhjP6 [sage saga]:2021/04/25(日) 10:18:49.81 ID:7TsduQjI0
あと、京カプスレで本作の事に言及している方がいたのを拝見しました。
めっっっっっっっちゃ嬉しかったです。

>>1はバカなので、少しでもおだてられるとそれを燃料に百万行書くことができます。
せっかくハーメルンに移転しますから、感想とか書いていただけると非常にありがたいです。
362 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2021/04/30(金) 09:56:14.49 ID:cOTpItTu0
ハーメルンに行ったら見ることないかな
今までおつでした
234.29 KB Speed:1.8   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)