カズマ「母性?」

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:13:09.22 ID:rXbElL5e0
カズマ「それが何だって言うんです?」

アクア「今私がカズマに抱いてるものよ」

カズマ「なぜ」

アクア「私の膝を枕にして寝っ転がってるから」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1611745988
2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:15:17.56 ID:rXbElL5e0
カズマ「いやだってお前が膝使うかって聞いてくるから…」

アクア「カズマはソファーに足伸ばして寝っ転がりたい、私は普通に座りたい。これを両方満たすには私が膝枕してあげるしかないって思ったのよ」

カズマ「合理的ではある」

アクア「でしょう?」
3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 20:15:46.84 ID:rXbElL5e0
カズマ「んで?」

アクア「素直に私の膝に頭置くあなたに私の母性がくすぐられたって話」

カズマ「と言われてもアクアに膝枕してもらったのって別に今日が初めてじゃないしな…何?膝枕する度にときめいてたの?」

アクア「状況と場合によるわね。例えばカズマさんが冬将軍に首ちょんぱされた後こっちに戻ってくるまで膝枕してあげてたけど母性は微塵も感じなかったわ」

カズマ「死んでる奴に母性感じたらダメだろ…」

アクア「そうね」
4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:17:18.89 ID:rXbElL5e0
カズマ「で、母性くすぐられたアクアさんはこの後どうしたいんだ?」

アクア「んー?カズマが気の済むまで膝枕してあげようかなって思ってるわ」

カズマ「そりゃどーも」

アクア「女神の心遣いに感謝なさい?」
5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:17:51.40 ID:rXbElL5e0
カズマ「しかし母性ねえ」

アクア「?」

カズマ「紅魔の里に行くときに俺が雌オークに襲われそうになったことあったろ?」

アクア「随分懐かしい話ね」
6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:18:18.55 ID:rXbElL5e0
カズマ「オークを撒いた後トラウマ負って泣き喚く俺の頭撫でてくれてたよなあって思い出してさ」

アクア「あの時のカズマ凄い震えてたから女神として私が癒してあげないとって思ったのよね」

カズマ「あれは確かにアクアに母性感じた」

アクア「あら」
7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:19:04.18 ID:rXbElL5e0
カズマ「普段アクアとは言い合ってばかりだったけどあの時は普段とのギャップも相まって無性にアクアに泣きついちまった」

アクア「女神の母性に感動しちゃったのね」

カズマ「まあ…」

アクア「思い出したらカズマさんの頭撫でたくなっちゃった、いいかしら?」

カズマ「むしろそれ俺がお願いする立場じゃないか?」

アクア「ふふ、細かいことは気にしなくていいのよ。じゃあ撫でるわね」ナデナデ

カズマ「おお…」

アクア「よしよし」

カズマ「…」
8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:20:13.54 ID:rXbElL5e0
アクア「ところでカズマ」

カズマ「…ん?」

アクア「体の方は大丈夫?」

カズマ「んー、今日は割と調子良いな」

アクア「そうよね、ソファーに寝っ転ってて私最初驚いたもの」

カズマ「寝っ転がってるのに変わりはないけどな」

アクア「ソファーで寝てるカズマさんを見てお金がたくさん入った頃のニートっぷりを思い出したわ」
9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:20:43.75 ID:rXbElL5e0



カズマ「…」

アクア「どうしたの?」

カズマ「この状態だとアクアの顔見えないなって」

アクア「胸のせいかしらね」

カズマ「胸のせいだな」
10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:21:39.38 ID:rXbElL5e0
アクア「めぐみんだったら顔見えたかしら」

カズマ「めぐみんがいたら家が爆裂魔法で吹っ飛びそうな発言だな」

アクア「あの子すぐ噛み付いてくるものね」

カズマ「紅魔族は売られた喧嘩は買う云々のこと言って飛びかかってくるからな」

アクア「常に冷静沈着の女神たる私を見習うべきね」

カズマ「どの口が言ってんだ」
11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:22:29.62 ID:rXbElL5e0
アクア「ところでカズマさん」

カズマ「なんだいアクアさん」

アクア「どうして顔を私の方に向けているのかしら」

カズマ「自然とこうなった」

アクア「頭撫で始めた時カズマ反対側向いてなかったかしら」

カズマ「自然とこうなった」

アクア「…」

カズマ「何か?」
12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:23:03.53 ID:rXbElL5e0
アクア「開き直ってるわね…別に良いけれどね」

カズマ「わーい、ついでに耳掃除してくれ」

アクア「ぐいぐい甘えてくるわね」

カズマ「ダメか?」
13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:23:31.97 ID:rXbElL5e0
アクア「良いわよ、耳かきとるからちょっと前屈みになるけど我慢してちょうだい」

カズマ「おぶっ」

アクア「えーと、これね」

カズマ「柔らかかった」

アクア「女神だもの」

カズマ「何その理屈」

アクア「さ、耳掃除するわよ」

カズマ「おう、お願いします」
14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:23:58.63 ID:rXbElL5e0
アクア「あら?普通に綺麗じゃない」

カズマ「そうか?ってそういえばつい最近やったような…」

アクア「耳掃除あんまりやり過ぎなのも良くないし軽くにするわね」

カズマ「ありがとさん」

アクア「どーいたしまして」
15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:24:26.03 ID:rXbElL5e0
カズマ「あーすっきり」

アクア「はいはい」

カズマ「膝枕に耳掃除のコンボで眠くなってきたな」

アクア「ベッドに行く?」

カズマ「久々にここで寝たい」
16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:25:29.89 ID:rXbElL5e0
アクア「体痛くしちゃうわよ?」

カズマ「大丈夫」

アクア「わかったわ、ここで寝るならクッションでも用意する?」

カズマ「そうだな、アクアの膝の上で寝て迷惑かけるのもアレだしお願いしていいか?」

アクア「わかったわ、じゃあ頭降ろすわよ」

カズマ「そっとね?」

アクア「激しく降ろすわけないじゃない」
17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:26:06.34 ID:rXbElL5e0
アクア「ほら、布団かけて」

カズマ「サンキュー」

アクア「起きたら呼んでちょうだいね、おやすみなさい」

カズマ「おやすみ」
18 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:26:39.34 ID:rXbElL5e0
アクア「ふー」

アクア「カズマもそろそろよねえ…」

アクア「…色々悲しくなるけど、人である以上仕方ないわよね。私も準備だけはしておかないとね」
19 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:27:17.65 ID:rXbElL5e0












カズマ「…ん、あれ?俺何でソファーで寝てるんだ…」

カズマ「…ああそういえばアクアと一緒にいたんだっけ…」

カズマ「アクアー」

アクア「起きたのねカズマ」

カズマ「起きた起きた」



20 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:27:57.09 ID:rXbElL5e0
アクア「どう?体調は」

カズマ「んー…」

アクア「?」

カズマ「何となく、何となくだけどさ」

アクア「ええ」

カズマ「自分の体のことだから何となくわかる」

アクア「…」
21 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:28:38.53 ID:rXbElL5e0
















カズマ「俺ももう寿命だな」

アクア「…そうね」












22 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 20:29:08.86 ID:rXbElL5e0
カズマ「アクアに膝枕と耳掃除してもらった後寝たのが朝で今はもう夜だろ、で、またすぐ寝るんだろうな。いつもは寝たきりでベッドにいたけど今日は調子良くてソファーまで自分で行けたけどさ」

アクア「カズマがベッドにいなくて驚いたわ、もう年寄りなのにいきなり姿が見えなくなったから慌てちゃったもの」

カズマ「そりゃすまんね、まあ年寄りの割には普通に喋ってるけどな…日本だと高翌齢者ってもう死期が近いと喋る元気もなくてほとんど寝てばっかで起きてる時間もあまりないだろ?」

アクア「年寄りになってもある程度話せているのはカズマが若い頃培った経験値のおかげね」
23 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:29:34.10 ID:rXbElL5e0
カズマ「だな…冒険者のステータスって凄えよなあ、ちょっとだけだったらまだ歩けるし」

アクア「体の方はちゃんと弱ってるんだからある意味残酷ね…ダクネスもめぐみんもそうだったけれど」

カズマ「とうとう、この世界での生活も終わりか」

アクア「…」
24 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:30:03.39 ID:rXbElL5e0
カズマ「アクア」

アクア「なあにカズマさん」

カズマ「16の頃にお前とこの世界に来てさ、めぐみんとダクネスと一緒にパーティ組んでからというものの色んなことあったな」

アクア「そうね」

カズマ「異世界ってことでワクワクしてたのに借金背負わされた時は元の世界に帰りたくて仕方なかったが」

アクア「…デュラハンの人を倒した時かしら?懐かしい、思い出ね」
25 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:30:51.14 ID:rXbElL5e0
カズマ「今じゃ懐かしい思い出で片付けられるけどお前が起こした洪水のせいでどんだけ苦労したか」

アクア「ごめーんね」

カズマ「はいはい…まあでも来てよかったよ、アクアと一緒にこの素晴らしい世界に」

アクア「私も、女神としての生の中でこの数十年が1番楽しかったわ」

カズマ「そりゃ良かった」

アクア「私だけ見た目が変わらないままみんな歳をとって老いていくのを見て女神であることを恨んだくらいには楽しかったわ」
26 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:31:21.24 ID:rXbElL5e0
カズマ「…あー眠い。起きたばかりなのにまじか…多分、ここでお別れな気がする」

アクア「お別れではないわよ」

カズマ「え?」

アクア「私もカズマがいなくなった瞬間から契約が終わって天界に帰るもの」

カズマ「契約って…」

アクア「魔王を倒した時に持っていけるモノを指定できたあの契約よ」

カズマ「ああ…」
27 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:32:07.53 ID:rXbElL5e0
アクア「所有者がいなくなるもの、ここにはもういられない」

カズマ「え?じゃああの時からアクアって天界では俺の所有物的な扱いだったの?」

アクア「…いいえ」

カズマ「あ、そう…」
28 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:32:34.86 ID:rXbElL5e0
アクア「で、ここからが本題よ。亡くなった後カズマはエリスの元へ行くわ」

カズマ「そうだな、何度も死んでてその度にエリス様と会ってたけどこれが最後になるんだよな…」

アクア「そのエリスに頼んであの場でもう1度私と会えるようにしてもらっているの」

カズマ「そうか…じゃあここでお別れってわけじゃないんだな」
29 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:33:09.09 ID:rXbElL5e0
アクア「でね、あの2人の魂を置いてもらっているの」

カズマ「…あの2人って」

アクア「めぐみんとダクネス」

カズマ「…ああ、そうか…また会えるのか…」

アクア「そうよ、また4人で集まれるの」

カズマ「そうか…」
30 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:33:51.81 ID:rXbElL5e0
アクア「だからお別れなんかじゃないのよカズマ。また向こうで会うんだから」

カズマ「なら、この眠気に身を任せてもいいんだな…」

アクア「そうよ」

カズマ「…なあアクア」

アクア「なあに?」

カズマ「添い寝…してくれないか」

アクア「ええ、いいわよ…ならベッドに移動するわね」
31 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:34:29.41 ID:rXbElL5e0
アクア「…眠い?」

カズマ「すっごく」

アクア「…もっと体寄せるわね」

カズマ「んぅ」

アクア「ふふ、頭擦り寄せて甘えんぼさんねえ…母性がくすぐられるわ」

カズマ「…」
32 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2021/01/27(水) 20:35:03.26 ID:rXbElL5e0
カズマ「…」

アクア「おやすみ、カズマ」

カズマ「…」

アクア「…」


アクア「さようなら、カズマが連れて来てくれたこの素晴らしい世界」
33 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 20:35:45.64 ID:rXbElL5e0
おわりです
書いていくうちにスレタイから内容が乖離していった(死んだ目)
34 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 20:36:59.91 ID:OfQdix/Do
すきだよ
35 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/27(水) 20:57:41.21 ID:lftYz/Xp0
36 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/01/28(木) 10:57:43.65 ID:nGTtvCLw0
最期の一文で目頭ホット
12.95 KB Speed:1.2   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 新着レスを表示
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)