【艦これ】龍驤「足りないもの、その後」その8【安価】

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

329 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 08:18:39.53 ID:9QAzfMtDO
作中の朝潮が大好きなY子さんベースの八島とは別のなにかが居るんじゃないかとふと思った
口調こそ同じだけどなんだか邪悪…
330 : ◆X87gBrHVzk [saga]:2021/03/02(火) 19:25:52.81 ID:avynRo9i0
ーー


由良「朝霜の体を動かしているのは早霜」


由良「相手を操る術は存在する」


由良「でもあれは『操る』を超えている」


由良「早霜の体が無いのは呪術を使ったから」


由良「あれは朝霜でも早霜でもなく呪いそのもの」


由良「あんな悍ましいもの見たことがない」


由良「近寄っただけで吐き気がする」
331 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 19:29:18.99 ID:avynRo9i0
由良「あの呪いが成功している時点で朝霜の魂はここに無い」


由良「朝霜のことは残念」


由良「せめて出撃なら諦めがつくのも分かる」


由良「…あれは事故」


由良「脚を滑らせて階段から落ちて」


由良「運悪くオブジェに突き刺さった」


由良「誰も責められない」


由良「誰も悪くない」


由良「そこだけは理解して」


由良「下手に傷付ける人を増やすのは得策じゃない」


提督「……その、通り…だ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
332 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 19:33:22.06 ID:9QAzfMtDO
早霜も死んだのか…?と提督

死んではいない
その呪いそのものに変化したと
333 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 19:36:34.55 ID:1XDw1O0Ro
>>332+せめて朝霜を安らかに弔ってやる事はできないかと提督
今のままがいい、早霜が逆恨みで鎮守府を攻撃するような事態にならなかっただけ奇跡のようなものと由良
334 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 19:43:16.41 ID:avynRo9i0
提督「一つ教えてくれ。早霜も死んだ…のか?」


由良「死んではいない」


由良「呪いそのものに変化した」


提督「そうか……せめて朝霜を安らかに弔ってやりたかったが…」


由良「それは無理」


由良「アレには触れずに今のままがいい」


提督「……」
335 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 19:47:25.56 ID:avynRo9i0
由良「こうなってまだ良かった方」


由良「早霜が逆恨みで鎮守府を攻撃していた」


提督「朝霜が……俺たち守ってくれたのか…」


由良「それは…」


提督「ぐ…うぅぅ……!」ポロポロ


由良「…そうかもしれない」


由良「奇跡のようなことが起こっている」


由良「今の貴方にできることはいつも通りに過ごすこと」


由良「下手に動くとマイナスしかない」


由良「理解しておいて」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
336 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 19:54:50.99 ID:hhrZ9MWZO
撤去された像のあった所と階段を見比べている潜水新棲姫は本当に事故か疑っている
降りる方向で足を滑らせたのなら普通は後転した後階段を滑り落ちるように下るはずなのに、像があった所まで行くには前に飛び込むように転がらないと無理だと考える
337 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 20:00:42.60 ID:9QAzfMtDO
S朝潮痛恨の思い
まさか早霜さんが…
あの瞬間何かの力が働いたのを感じていた朝潮
八島…Y子さんじゃない
彼女は今自分の事、「八島」の事で精一杯なはず…
朝霜さんに何があったのか…と調べに行くと>>336の場面に出会う
338 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 20:01:42.01 ID:gRZYYt6x0
偵察機飛ばしていって
早霜たちの様子をみる
339 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 20:09:48.93 ID:avynRo9i0
ーー


S朝潮「朝霜さんと早霜さんが…まさか……」


S朝潮「朝霜さんが階段から落ちた時…あの瞬間何かの力が働いたのを感じました」


S朝潮「八島…Y子さんじゃない…彼女は今自分の事で精一杯なはずです」


S朝潮「それなのにあの力が使われたとしたら…」


S朝潮「いえ、決めつけるのはよくありません。本当に事故の可能性もあります、一度現場を確認しておきましょう」
340 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 20:14:47.47 ID:avynRo9i0
潜水新棲姫「……」


S朝潮「新棲姫さん、なにを考え込んでいるんですか?」


潜水新棲姫「朝霜のが本当に事故だったか調べているんだ」


S朝潮「…なにか分かりましたか?」


潜水新棲姫「階段を降りようとして足を滑らせたのなら、普通は後転した後階段を滑り落ちるように落ちるはずだ」


潜水新棲姫「像があった所まで行くには、前に飛び込むように転がらないと無理だ」


S朝潮「つまり?」


潜水新棲姫「朝霜は誰かに押されたという結論になる」


S朝潮「……監視カメラの映像にはなにも映ってなかったそうですよ」


潜水新棲姫「それは聞いたし実際に見た。だがそれでも納得できないんだ」
341 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 20:19:47.81 ID:avynRo9i0
潜水新棲姫「カメラに誰も映ってない以上犯人を見つけることはできない。だが矛盾点を調べることはできる」


S朝潮「それでどうするんですか?」


潜水新棲姫「ワタシ達の知り合いには変わった奴も多い。超能力が使える奴に、よく分からない存在も居る」


S朝潮「…八島さんですか」


潜水新棲姫「アイツらが何かやったと分かればそれで…」


S朝潮「それで?」


潜水新棲姫「どうにかなるのか分からない。だがこのまま黙っていることはできないんだ」


S朝潮「…頑張って下さい」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
342 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 20:29:46.71 ID:9QAzfMtDO
自分に出来る事は何か考えるS朝潮
まだ私の中には託された力は残ったままだ
いざという時、それを使いこなせるようにならなければ…
相談出来るその持ち主は今は居ない
なら…富士さん…じゃなかった芙蓉さん
彼女に特訓してもらおうか
343 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 20:40:05.89 ID:1XDw1O0Ro
>>342
344 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 20:47:10.10 ID:avynRo9i0
S朝潮(私に出来る事は何だろう…)


S朝潮(潜水新棲姫さんは考えるという初歩的で一番大事なことをやってる。力は無いけどできることはある)


S朝潮(私の中にはまだ力は残ってる。それを使わない手は無い)


S朝潮(今回だけじゃない、いざという時にそれを使いこなせるようにならないと)


S朝潮(相談出来る本来の力持ち主は今は居ない。それななら…ふ…じゃなかった、芙蓉さんに相談しよう)


S朝潮(彼女ならきっと特訓もしてくれますよね)
345 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 20:53:12.80 ID:avynRo9i0
ーー


S朝潮「居ない……芙蓉さんがどこにも居ない」


S朝潮「この部屋どころか気配すら…一体どこに消えたんですか」


ヒラヒラ


S朝潮「紙……いかにも見ろって…ワザとらしく……」


S朝潮「……」ピラッ


『始まりの艦娘こと芙蓉はここには居ません。力を利用する為に棺の中にぶち込みました』


S朝潮「八島さん……」


『邪魔はしないでね。貴女の婚約者より』


S朝潮「……」


S朝潮「貴女は…なにを考えているんですか……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
346 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 21:11:03.74 ID:9QAzfMtDO
頼れる者が居ないので仕方なく一人で自分の中の力と対話してみる朝潮
過去の、未来の、超兵器が跋扈する世界の映像が視えた
しかしそこにヒントを得た朝潮は力の一部を使って艤装に反映させる事を試みる
朝潮の艤装にロケットのようなブースター(VOB)が追加されていた
347 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 21:28:54.56 ID:hhrZ9MWZO
そもそも倒したはずのアレの力が何故使われたかを考える朝潮
何者かによる復活か何かなのか
348 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 21:38:17.29 ID:avynRo9i0
S朝潮(協力を仰げないなら一人で考えるしかありません…)


S朝潮(そもそもアレは倒したはずなんです。そしてY子さんが八島を新たに名乗った)


S朝潮(力は間違いなくあの力……ということは誰かが復活させた?)


S朝潮(……復活…アレが…)


S朝潮(もしそうだとしたら勝てるはずが無い。どんな手を使っても勝てる未来が見えない)


S朝潮(こちらの駒が減ってしまっているのも不利です。早霜さんが戦力外になってしまったのが痛い…)


S朝潮(復活ではないと…祈るしかありません)
349 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 21:42:54.06 ID:avynRo9i0
S朝潮(他に考えられるのは…もう一つ)


S朝潮(現在と過去でないなら未来。どんな結末を迎えても『八島』が世界を滅ぼしてしまう)


S朝潮(どんな…未来……)


S朝潮(分かったかも…いやでも確信が無い。決めつけちゃいけません)


S朝潮(もしそうだとしたら、どうして八島さんは私も一緒に連れて行ってくれなかったんですか…)


S朝潮(貴女の考えてることは分かりますよ。でもそれに納得すると思ったんですか?)


S朝潮(八島さんにはちょっと苦しんでもらいますからね)


下2 この後の展開やその他起こったことなど
350 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 21:58:19.10 ID:6AYr0dpr0
ここにはいないけど絶対見てるであろうアイツに想いの丈を叫べ
ひとりになるなんて絶対嫌だ
ひとりになんて絶対させない
351 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 22:25:16.64 ID:9QAzfMtDO
>>350
そして自分の中の力と対話を試みるS朝潮
八島を始めとした超兵器が跋扈する違う世界の映像が視えた
そこにヒントを得て自らの艤装に反映させる
朝潮の艤装にロケットのようなブースター(VOB)が追加された
何処に居ようと捕まえるという意志の現れ
352 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 22:25:24.45 ID:1XDw1O0Ro
>>350
353 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 22:40:42.05 ID:avynRo9i0
S朝潮(私は八島さんの婚約者なんかじゃありません。いざという時に頼られないならもういいです)


S朝潮(八島さん、別れましょう)


「ひぎぃっ!?」


S朝潮(私は以前と同じように司令官にアプローチをしていきます。今なら朝霜さんが死んで好都合ですね)


S朝潮(私は一人になるのが嫌なんです。貴女と別れたことでこれから毎日悪夢に魘されるでしょう)


S朝潮(私の精神がもつのかどうか見ものですね。また自殺しちゃうかもしれませんよ)


S朝潮(でもそれは貴女に関係ない話です。一人で好きにすればいいんじゃないですか?)


S朝潮(…あの人のことを考えるのはこれくらいにしておきましょう。時間の無駄ですからね)
354 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 22:46:22.06 ID:avynRo9i0
ーー海上


S朝潮「力を使いこなせるように…その為には自分を理解することが必要です」


S朝潮「あの時のイメージ……空中要塞や超兵器が跋扈していた世界……」


S朝潮「……よし」


S朝潮「陽炎さんのように、傀儡の艦娘なら艤装をどうにかできる…それを応用して私も……」


S朝潮「……ん…っ」


S朝潮「んんん……!」


S朝潮「…………んっ!!」


ジャキンッ


S朝潮「…よし、なんとかできたみたいですね」
355 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/02(火) 22:49:19.97 ID:avynRo9i0
S朝潮「これは武装というより補助装置…?」


S朝潮「プロペラントタンク…いや違う……」


S朝潮「…なるほど」


S朝潮「これはVOBというものなんですね、ありがとうございます」


S朝潮「これだけ機動力があれば海上だけで無く陸でも使えそうです。恐らく直進にしか使えないでしょうが…」


S朝潮「でもこれで一つ力を使えました。使いこなせるようになるまで努力しましょう」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
356 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/02(火) 22:58:09.40 ID:1XDw1O0Ro
提督と漣に朝霜の件は事故でない可能性を報告する潜水新棲姫
357 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 00:07:06.83 ID:ko/e9FuKO
>>356

(人少ないね、朝霜の死で心折れちゃった人が多いのかな)
358 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/03(水) 00:27:02.71 ID:Bq63ifMN0
ーー


潜水新棲姫「これがワタシの調査結果だ。結論から言えば朝霜の死は事故ではない可能性がある」スッ


漣「なに言ってんですか…カメラの映像も見たでしょうよ…」


潜水新棲姫「瞬間移動したり炎を操る奴らが居ることを忘れるな」


提督「……」


潜水新棲姫「朝霜の死は不自然なんだ。少し調べただけでこれだけの情報が手に入った」


潜水新棲姫「朝霜を弔えない今、真実を明らかにするのが朝霜の為になるんじゃないのか」


提督「……もういい。いいんだ」


提督「真実が明らかになったとしても…朝霜は帰ってこない……」


提督「俺の…家族になるはずだった……朝霜は…」


潜水新棲姫「……」


漣「この資料は一応受け取っておきますよ…せっかく調べてくれたんですからね…」


潜水新棲姫「朝潮が死んだ時より深刻な事態になりそうだな…」


ーー
359 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/03(水) 00:27:36.51 ID:Bq63ifMN0
今日はここまでです
360 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 00:40:45.78 ID:tFyxuRN50
おつ
朝霜の身体に早霜の魂(呪い?)が入っているとするなら、朝霜の魂自体はどこかに行っている、と解釈できるのが唯一救いかな
ホントの向こう側に行くには未練が無い状態じゃないと逝けないのは設定上残ってるからね
この死に方に未練が無いは流石に嘘だぞ
361 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/03(水) 00:50:16.03 ID:3+xEU8+DO
お疲れ様でした
朝潮…八島絶望させるような事言ったらどうなるか少しは考えて…
精神的なケアも重要だけど物理的な強化やフラグ立てもしていった方がいいよね多分
362 : ◆X87gBrHVzk [saga]:2021/03/04(木) 19:33:46.63 ID:+4YOsez/0
また土曜日が怪しいので少し更新します



ーー


潜水新棲姫「う、うう。なんなんだよぉ。あたいは本気で悩んでんのに。」


「…」


潜水新棲姫「なんでアイツが偉そうに。あたいを壊した奴が。」


「…」


潜水新棲姫「黙れ。そもそもどっから声がしてんだ。」


「…」


潜水新棲姫「間違いない。監視カメラの映像から朝霜の唇の動きを読んでいたが、朝霜は誰かと会話していたんだ」


潜水新棲姫「 妄想を見ていたとも解釈できるが、直前の様子を考えてもそこまで精神状態は悪いとは言えない」


潜水新棲姫「これはやはり事故ではない…」
363 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 19:44:28.23 ID:+4YOsez/0
潜水新棲姫「問題はこの後だ。朝霜が階段から落ちて槍に突き刺さった後…」


グチャッ


潜水新棲姫「……」


潜水新棲姫「なんでだよ。なんであたいが。」


潜水新棲姫「あたいがなにをしたっていうんだよ。」


潜水新棲姫「いや、だ。たすけ、て。しれい。」


潜水新棲姫「たすけ、て。」


潜水新棲姫「ちく、しょう。」


潜水新棲姫「なんでだよ。やしま。」


潜水新棲姫「これを最後に朝霜は一言も発していない」


潜水新棲姫「やしま……あの人外の名前のはず。アイツが朝霜の死に関係していた?」


潜水新棲姫「もしそうだとしたら法では裁くことはできない。朝霜は殺されたにも関わらずだ」


潜水新棲姫「こんな結果を認めろというのか。これじゃあアイツの好き勝手にできてしまうじゃないか」


潜水新棲姫「提督は立ち直ることができるのか…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
364 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 19:56:34.57 ID:yIdhlEyDO
八島サイド
進捗は芳しくない
そもそもこの世界では技術も材料も足りないんです
あの世界のスペックをそのまま再現するのは不可能だと愚痴る三日月
八島は八島で上の空で臥せっている
朝潮の意識から本心ではないのは感じ取っているが怒っているのが伝わってきて落ち込み中
365 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 19:59:12.14 ID:hDIFRZROo
しかしこれが事実なら奴は鎮守府中の人物を事故に見せかけて始末することが出来るはず、それが起きないのは実行できるまでの何らかのトリガーがあるのかと考えをまとめ、対処できる人がいないかと漣に相談する
366 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 20:07:20.24 ID:+4YOsez/0
ーー漣の部屋


漣「漣もカメラを見ましたが…よく読唇術なんて使えますね」


潜水新棲姫「コツを掴めばなんとでもなる」


漣「ほんと…そういうとこは尊敬しますよ」


潜水新棲姫「それでワタシの仮説はどう思う?」


漣「奴が自由に殺せるというのは間違いだと思いますね」


潜水新棲姫「どうしてだ?」


漣「鎮守府中の人物を事故に見せかけていつでも殺せるのなら、もうすでに何度もやっているはずです。今回までそれが起きなかったということは、何らかのトリガーがあるのだと考えられませんか?」


潜水新棲姫「……そう考えられるな」


漣「朝霜さんは運悪くそのトリガーを発動させてしまったと思えば説明がつきますよね」
367 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 20:11:52.26 ID:+4YOsez/0
潜水新棲姫「ならそのトリガーはなんだ?対策はできないのか?」


漣「トリガーの内容はまるで分かりません。対策……人外には人外をぶつけるという考えなら菊月さん達になりますね」


潜水新棲姫「アイツらがすんなり協力するとは思えないな」


漣「トリガーという単語で思い出しましたが、夕張さんはトリガーを作って…なにか変な体験をしたとか言ってませんでしたか?」


潜水新棲姫「その話は知らないな」


漣「奴と仲が良かったのは朝潮さんですけど最近また動きが怪しくなってきたので、警戒してんですよ」


潜水新棲姫「提督にすり寄っているそうだな」


漣「朝霜さんの喪失を私で埋めてくれとでも思ってるのかもしれませんね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
368 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 20:27:27.66 ID:vlDq6HewO
>>364
369 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 20:29:52.77 ID:yIdhlEyDO
自分を置いて行った八島への仕返しのつもりで視られていると知っていて提督に擦り寄るS朝潮
気持ちそのものは筒抜けなのでほとんど痴話喧嘩のようなもの
370 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 20:42:21.00 ID:+4YOsez/0
ーー執務室


S朝潮「朝霜さんのことは残念でしたね」


提督「……」


S朝潮「せめて事故であったことが救いです。もし私みたいに自殺だったりしたら…」


提督「やめてくれ…」


S朝潮「失礼しました」


提督「後悔しても遅いとは知っているが……朝霜は幸せだったのだろうか」


S朝潮「ハッキリ言って司令官と体の関係があった時の方が幸せそうでしたよ」


提督「……」


S朝潮「性行為の依存症が治れば、その後の方が幸せになれたとは思います。しかし朝霜さんは治療の途中で亡くなってしまいました」


S朝潮「治療中に朝霜さんは司令官のことを恨んだりしていたでしょう。どうしてこんな辛い目に合わせるのだと」


提督「朝霜…」
371 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 20:45:22.76 ID:+4YOsez/0
S朝潮「どうして彼女の気持ちが分かるか教えてあげましょうか?私と同じだからですよ」


S朝潮「私が自殺という手段を選んだのは司令官が私を拒絶したからです」


提督「……」


S朝潮「結果としてそれは正解でした。司令官はなによりも龍驤さんを優先させなければいけませんでしたからね」


S朝潮「私は死んで当たり前だったんですよ」


提督「……」


S朝潮「司令官……私は朝霜さんの代わりになれますよ…」


S朝潮「朝霜さんと同じように…家族としての愛情を…教えて下さい…」


提督「……」


S朝潮「今なら龍驤さんのことも気にしなくて構いません…司令官……抱いて下さい…」


提督「……」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
372 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 20:49:26.75 ID:oqt4QtIN0
朝潮を強く抱きしめ
男泣きする司令官
373 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 21:11:21.13 ID:j1n2VP0Lo
代わりなんていない、自分を粗末に扱うんじゃない
気持ちは嬉しいがそれは何にもならない
374 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 21:15:58.89 ID:+4YOsez/0
提督「……朝霜の代わりなんていないんた」


提督「朝潮、自分を粗末に扱うんじゃない。その気持ちは嬉しいが…」


S朝潮「嬉しいんですね?」


提督「それは何にもならない。そこに残るのは虚しさだけだ」


S朝潮「やってみないと分かりません」


提督「……」


S朝潮「やはり…汚れた私の体では嫌なんですね」


提督「違う…それはないも何度も言っているだろう!」


S朝潮「だったら私のことを抱いて下さいよ!!私は貴方に救ってもらえなかったから死んだんです!!」
375 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 21:20:31.70 ID:+4YOsez/0
S朝潮「貴方は結局そうなんですよ!好みじゃない女のことはどうなってもいいと思ってる!」


提督「そんなことはない!」


S朝潮「あるでしょうが!!潜水新棲姫は平気で抱いておいて、あんなに苦しんでいた神通さんや雲龍さんにはなにもしなかった!」


S朝潮「朝霜が苦しんだのは貴方のせいなんですよ!!」


提督「違う…それは……」


S朝潮「なにも違わない!私もそうやって苦しんだ!布団の中で泣き続けるしかなかった私の気持ちなんて分かるはずがない!」


S朝潮「悔しかったら抱いてみろ!私を幸せにしてみせろ!」


S朝潮「貴方も結局有象無象の人間と変わらない!提督失格ですよ!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
376 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 21:32:00.39 ID:yIdhlEyDO
提督を罵倒しながら次第にそれが八島への苛立ちに変わっていく
どうして置いて行ったんですか…私は貴女となら何処へでも、地獄だって行ってもいいと覚悟を決めたのに…
朝潮…?と提督が困惑する中
それを視ている八島が耐えられずにとうとう自分から声を掛ける
377 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 21:33:41.55 ID:5YSIW2IYO
>>376
378 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 21:41:54.24 ID:+4YOsez/0
S朝潮「どうして…どうしてなんですか!!」


S朝潮「私はあなたとなら地獄に行ってもいいと言ったのに!なんで私を置いていったんですか……!」


提督「ど、どうした…?」


S朝潮「貴女も私を傷付けたいだけなんですね……信頼させておいて裏切る…一番…嫌な……」


提督「朝潮…?」


「わかったよ」


S朝潮「…今更遅いですよ」


「遅いのは十分わかってる。でもそこまで言われたら流石に放っておけない、朝ちゃんの部屋に行こう」


S朝潮「……少し用事ができましたので失礼します」


提督「あ…あぁ……そう…か」
379 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 21:45:19.03 ID:HQgJSDXTO
ーーS朝潮の部屋


八島「朝ちゃん」


S朝潮「気軽に呼ばないで下さい。もう私たちは別れたんですよ」


八島「……朝潮を巻き込みたくなかったのは分かるでしょ」


S朝潮「わかりません」


八島「失敗したらどうなるか」


S朝潮「地獄の底でも一緒に行きます」


八島「……」


S朝潮「カミサマを自称するくせに。とんだ詐欺師ですね」


八島「朝潮…あたしが何も考えないわけないじゃん……」
380 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 21:49:06.65 ID:+4YOsez/0
八島「朝潮…朝ちゃんはね……足手まといなんだよ…とても庇いながらできることじゃない…」


八島「失敗したらどうとかじゃないよ…存在そのものが無くなるから地獄どころじゃない……」


八島「ねぇ…わかるでしょ……?」


S朝潮「わかりません」


八島「朝ちゃん…」


S朝潮「なにがカミサマですか、なにが八島ですか。ふざけるのもいい加減にして下さい」


S朝潮「私は……また裏切られた。たったそれだけなんですよ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
381 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 22:07:30.14 ID:yIdhlEyDO
S朝潮
…わかってますよ
貴女がやろうとしている事は成功しても失敗してもおそらく貴女は居なくなる
世界なんてどうでもいい!
大切な人と一緒に居られなくてどうやって幸せになれるんですか!
足手まといだというのなら私は強くなる、貴女よりも!
力の割合は八島が上だが思いの強さで純化されていく力を感じる
382 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 22:30:36.09 ID:tIyZ7sUQo
>>381
383 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 22:35:01.20 ID:IqY2kNZV0
>>382
徹底的に拒むつもりだった八島もつい言い返す
ただ無視したり拒絶するんじゃなくて、お互いに本音をぶつけ合う口喧嘩に

さんざんお互い言い合って、ちょっとだけわだかまりがすっきりしてくる
384 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 22:39:12.56 ID:HQgJSDXTO
八島「違うんだって…」


S朝潮「わかってますよ、貴女がやろうとしている事は成功しても失敗しても…おそらく八島さんは居なくなるんでしょう」


八島「それで済まないかもしれないんだよ…今まで積み重ねてきた世界は…」


S朝潮「世界なんてどうでもいいんです!大切な人と一緒に居られなくてどうやって幸せになれるんですか!」


八島「ううぅ…!」


S朝潮「足手まといだというのなら私は貴女よりも強くなります!私にも力はありますから!」


八島「朝ちゃん…」


S朝潮「私が生半可な覚悟で、貴女の側に居たわけがないでしょう!」
385 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 22:45:40.23 ID:HQgJSDXTO
S朝潮「貴女よりも…強くなって……」ズズズッ


八島「ダメ!!その力だけは使わないで!」


S朝潮「貴女が悪いんですよ。私を足手まといだと言うから」


八島「あたしは朝ちゃんだけは守りたかっただけなのに…!!」


S朝潮「一度浄化されたといっても根源は残ったまま。生みの親である私と相性が悪いわけがありません」


S朝潮「さぁ、私の所に帰ってきて下さい。他人を呪い他人を不幸にすることだけを考えていた私」


S朝潮「言い方を変えれば怨念という言葉になる。呪いの力は膨大です」


S朝潮「私は朝潮」


八島「やめて!そんなことをしたら朝ちゃんはまた毎日苦しむことになる!」


S朝潮「私が幸せになれないのは…お前のせいだ」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
386 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 22:57:59.65 ID:yIdhlEyDO
地獄の底に堕ちた朝潮がS朝潮の前に現れた
こんなところに呼び出されるなんてね…久しぶりもう一人の私
今のS朝潮とは違って垢抜けた言動
387 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 23:10:04.37 ID:j1n2VP0Lo
>>386
私と違って幸せになれるんだからそこで頑張りなさいよ
地獄で勉強してるけど他人を不幸にするより自分が幸せになった方が楽よ
388 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 23:18:23.35 ID:K8yBcsUv0
ーーーー


「こんな所に呼び出されるなんて…久しぶりですね」


S朝潮「その後はどうですか?」


「私が居たのは地獄の底です。永遠に近い苦しみを毎日味わっています」


S朝潮「本来なら私もそうなるべきでした。ありがとうございます…とお礼を言えばいいのでしょうか」


「お礼ならありがたく受け取っておきますよ」


S朝潮「貴女を呼び出したのは他でもありません。私の所に戻ってきて欲しいんです」


「どうして?」


S朝潮「貴女の力が欲しいんです。元は一つの存在ですから簡単に戻ってこれますよね」


「それがどういう意味か分かっているんですか?」


S朝潮「私も地獄に落ちる覚悟です」
389 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 23:21:56.22 ID:K8yBcsUv0
「私と違って幸せになれるんです、そんなことをする意味がありません」


S朝潮「私は幸せになれませんでした」


「他人を不幸にするより自分が幸せになった方が楽ですよ」


S朝潮「また私は裏切られました」


「私に止める権利はありません。貴女がどうしてもというならやって下さい」


S朝潮「はい」


「デメリットの方が大きいことも理解しているんですね?


S朝潮「覚悟は…あります」


「…そうですか」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
390 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 23:40:38.12 ID:vlDq6HewO
kskst
391 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 23:47:15.39 ID:5YSIW2IYO
…そうですか
なら私はまた地獄に戻ります
止める権利はありませんが従う義務もないです
あなたの期待を裏切ることで地獄でもまたやっていけそうです
逃げるな甘えるな
392 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/04(木) 23:48:02.45 ID:IqY2kNZV0
ですがそちらにいる方はそれをさせるつもりは毛頭ないようですね
私もこのまま戻ったとして、また引き剥がされて地獄行きは無駄骨というものです

朝潮という艦娘にふさわしい存在なのか、力を見せてもらいましょうか!!八島さん!!
393 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/04(木) 23:56:42.81 ID:K8yBcsUv0
「なら私はまた地獄に戻ります」


S朝潮「なぜですか」


「貴女を止める権利はありませんが、従う義務もありません」


S朝潮「私は貴女です」


「それはこちらの台詞です」


S朝潮「貴女はまた地獄に戻るというんですか」


「ええ、そうするのが一番私にとっていいですから」


S朝潮「……」


「貴女は私です。されて嫌なことは一番わかってるつもりですよ」


S朝潮「……」


「自分にまで裏切られてザマアミロ」
394 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/05(金) 00:02:05.95 ID:I4GcfUXV0
S朝潮「うぐ…ううううっ…!」


「その顔、最高ですよ。絶望こそが私の源です」


「こうやって貴女を裏切ったことで、地獄でもまたやっていけそうです」


S朝潮「貴女は……!!」


「地獄は誰でも落ちることができる。自ら地獄に落ちることは逃げ」


「貴女の根っこはやっぱり私のままです。どうせまた救いの手を弾き飛ばして私を呼び出した」


S朝潮「うるさい…!」


「甘えられるのも今の内。現実を見て思い出せばいいんですよ」


S朝潮「ま…待って……!」


「貴女の味方はもう誰も居ない」


S朝潮「う…うわぁぁぁ……!」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
395 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 00:10:34.09 ID:AQBJJllt0
地獄から無理やり現世に追い返されてしまったS朝潮
自分がどうしたかったのかも分からなくて、ひとりになっていたところに、すぐ隣で「朝ちゃん」と呼ぶ声がする
396 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 00:14:52.82 ID:rvFIIhJeo
>>395
追い返してくれるなんて地獄の朝ちゃんも優しくなったね
周りには朝ちゃんの味方だらけ、でもそれは朝ちゃん自身の捉え方次第なんだよ
397 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/05(金) 00:21:47.71 ID:I4GcfUXV0
ーーS朝潮の部屋


S朝潮「は……っ…!」


S朝潮「……」


S朝潮「私は……」


S朝潮「また裏切られて……でもそれは私のせいで…」


S朝潮「……」


S朝潮「私は何がしたいんですか……」


S朝潮「なにが正解で…なにも分からなくて……」


S朝潮「もう……そんな…」
398 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/05(金) 00:26:03.09 ID:I4GcfUXV0
「朝ちゃん」


S朝潮「……」


「追い返してくれるなんて地獄の朝ちゃんも優しくなったね。これでわかったでしょ、周りには朝ちゃんの味方だらけなんだよ」


「でもね、それは朝ちゃん自身の捉え方次第。全員敵だと考えることもできる」


「ねぇ朝ちゃん。お願いだからもうこれ以上傷付こうとしないで」


「そんなことをしなくても朝ちゃんを見てる人は居るんだよ」


S朝潮「安価」


下2 S朝潮の台詞やその他起こったことなど
399 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 00:29:52.93 ID:fzxYX47DO
貴女はどうなんですか?
貴女の味方は?
私はやっぱり邪魔者なんですか?
貴女の役には立てないんですか?
400 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 00:44:39.51 ID:jB3DXoOOo
>>399
401 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 00:48:06.44 ID:AQBJJllt0
>>399
私にどれだけ味方がいても
それで私がどれだけ笑えても

貴女が幸せになれない世界なんて、私は嫌です
貴女の言う通り、八島が世界を滅ぼすことが避けられないなら

せめて、次の世界は
私も、私の味方も、みんなの味方も、
そして、貴女も
幸せな世界でなくちゃ、私は嫌です
402 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/05(金) 01:01:03.73 ID:I4GcfUXV0
S朝潮「貴女はどうなんですか?貴女の味方は居ないんですか?」


「朝ちゃん」


S朝潮「私はやっぱり邪魔者なんですか?貴女の役には立てないんですか?」


「あたし達って似たもの同士なのかもね」


S朝潮「……」


「わかった、もうあんなことしない。朝ちゃんを放っておいたりなんかしない」


S朝潮「そう言ってまた裏切る」


「裏切らない。朝ちゃんも一緒に来て」


S朝潮「…もう一度だけ信じます」


「ありがとう。やっぱり朝ちゃんは私の…」


S朝潮(また裏切られたら…諦めればいいんです。たった、それだけなんですから)


(やめてよ朝ちゃん……)


ーー
403 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/05(金) 01:01:35.91 ID:I4GcfUXV0
今日はここまでです
404 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 01:04:28.87 ID:AQBJJllt0
八島ちゃん、ちゃんと向き合わないと、予定と違う世界の滅び方しても知らないぞ……おつ
405 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 01:08:41.02 ID:fzxYX47DO
お疲れ様でした
怨朝ちゃんはリスクが高すぎるか…
なんとなく褐色朝潮なイメージ
406 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/05(金) 12:06:14.85 ID:in4ZnS61O
あと爬虫類眼も!
407 : ◆X87gBrHVzk [saga]:2021/03/06(土) 19:41:18.33 ID:2cMg3zSY0
少し更新します。途中で終わる可能性があります




ーー深夜、横須賀鎮守府


明石「こんな夜中に部屋に来てって、どんな用事なんだろう」


コンコン


明石「秋津洲ちゃん…入るよ?」ガチャッ


秋津洲「久しぶりだね」


明石「あ…貴女は……本当の秋津洲ちゃん…」


秋津洲「入院してた時以来かな?とりあえず部屋に入ってきてよ」


明石「お邪魔します…」
408 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 19:47:20.79 ID:2cMg3zSY0
秋津洲「確かお酒強かったよね?一緒に飲もうよ」


明石「いただきます…」


秋津洲「…さて、貴女を呼んだ理由だけど何のことだと思う?」


明石「えっと…分かりません」


秋津洲「そっか。実はね、これからのことを相談しようかなって思ってたの」


秋津洲「明石は将来的には例の男の人と結婚するよね?」


明石「そこまではまだ…」


秋津洲「たとえその人とじゃなくても結婚はする。そうしたら秋津洲とは離れ離れになるよね」


明石「明石ちゃんとはずっと一緒に居たい!」


秋津洲「『居たい』じゃダメなことくらいわかるでしょ?そののとにこの子も気付き始めてる」


秋津洲「朝霜が死んだのが悪影響だったのかも。この子の頭の中はネガティブなことしか考えてない」


秋津洲「この子のことを相談するなら貴女しか居ないのは納得してくれたよね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
409 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 20:12:40.91 ID:wMoKWj9do
秋津洲ちゃんとはズッ友だよ!
410 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 20:33:46.11 ID:V9NLKzyCO
>>409
居たいだけじゃなくて離れ離れにならない方法を考える
お隣さんになるとかいろいろ
411 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 20:36:40.02 ID:HWfY0QmMo
本秋津洲も明石を困らせようとこんな事をしてる訳ではない
ただあんな事があった後なので悪影響の連鎖を防ぐ為に明石と対応を話しておきたいと
412 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 20:40:49.20 ID:N8LXH9J0O
明石「秋津洲ちゃんとはズッ友だよ!」


秋津洲「だから…」


明石「居たいだけじゃなくて色々考えてる!鎮守府を離れてもお隣さんになるとか!」


秋津洲「…」


明石「なんで勝手に決めつけるの!」


秋津洲「仕方ないじゃない、元々は私はそういう性格なの。だからあの『秋津洲』の人格を作り出して私は引きこもった」


明石「どうして良くなろうと努力しないの!?」


秋津洲「したいと思わないから。なにが私に起こったのか知らないわけないよね?」


明石「それは…」
413 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 20:45:57.70 ID:2cMg3zSY0
秋津洲「島風提督のことは忘れられない。血の混じったご飯を食べ続けた私の気持ちは分かる?」


明石「う…」


秋津洲「ねえ、私と組まない?」


明石「それは…どういう……」


秋津洲「貴女は加害者で私は被害者。両者の気持ちが分かるのは大きな強み」


明石「まさか…」


秋津洲「復讐だよ」


秋津洲「私たちが救いの手になるの。世の中にはどれだけ泣き寝入りをしてる被害者が居ると思う?」


秋津洲「私のことを考えてくれてるなら、協力してくれるのは当然だよね?」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
414 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 21:12:38.20 ID:HWfY0QmMo
明石「秋津洲ちゃんも、貴女の事も考えるからこそそんな事はさせない。傷付くのは貴女だよ」
415 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 21:19:50.89 ID:wMoKWj9do
>>414
大切な友達にそんなことさせたくない、させない
復讐の連鎖が起こるだけだから
416 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 21:24:04.50 ID:2cMg3zSY0
明石「秋津洲ちゃんも貴女の事も考えてる。だからそんな事はさせない」


秋津洲「加害者がよく言えたものだね」


明石「そんなことをしても傷付くのは貴女だよ」


秋津洲「多くの人たちを助けられるのに」


明石「そんなの復讐の連鎖が起こるだけ。大切な友達にそんなことさせたくないよ」


秋津洲「大切な友達…ね」


明石「このことは聞いてないことにするから。貴女も忘れて」
417 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 21:27:43.56 ID:2cMg3zSY0
秋津洲「忘れたところで無理だと思うな。この子が絶望してしまうのは変わりない」


秋津洲「そうなったらこの子は死んじゃうんだよ?大切なお友達がさ」


明石「そんなことさせない!」


秋津洲「友情と希望的観測…ほんとにくだらないね」


明石「どうしてそんなこと言うの?」


秋津洲「私が抱えているものは簡単には治らない。治るわけがないんだよ」


秋津洲「貴女が協力してくれないならそれでいい。誰にも気付かれないように死んでおくから」


明石「絶対させない!!」


秋津洲「貴女は所詮他人。私に勝てるはずないのに…おめでたい頭だね」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
418 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 22:08:52.09 ID:gMujZevbo
ここで秋津洲人格チェンジ
明石は一気に酒をあおり酔った感じ(実際酔ってもいい)で未だに私が憎いか、そうなら私は酔ってて忘れるので全部吐き出してと言う
419 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 22:12:07.58 ID:V9NLKzyCO
>>418
明石を憎んでたわけじゃなかったはずなのでそこは不安を全部伝えて欲しいとって感じに
全部受け止めるって
420 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 22:23:34.76 ID:N8LXH9J0O
ーー


秋津洲「う、うぅん…あたし……?」


明石「……」ゴクゴク


秋津洲「あ、明石!?なんであたしの部屋でお酒を飲んでるかも!?しかも勢いよく!」


明石「秋津洲ちゃん…」


秋津洲「どうした…かも?」


明石「最近変なこととか考えてなかった?」


秋津洲「変なこと?」


明石「私は酔ってて話を聞いても明日には忘れるちゃう。だから全部吐き出して」


秋津洲「かも…」


明石「私が全部受け止めるから」
421 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 22:27:03.88 ID:N8LXH9J0O
秋津洲「考えてないことは無かったかも」


明石「やっぱり……」


秋津洲「…あたしもお酒飲むかも!」グイッ


明石「あ、そんな一気に…」


秋津洲「……ふぅ〜…」


秋津洲「……」


秋津洲「……」


秋津洲「死んじゃおうかなって思ってたかも」


明石「どうして……秋津洲ちゃん…」


秋津洲「朝霜が死んだのを見て色んなことを考えたかも。横須賀鎮守府には永遠にいるわけじゃないって改めて思ったかも」
422 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 22:30:44.63 ID:N8LXH9J0O
秋津洲「死んだあとのことって知ってるかも?」


明石「そんなの…」


秋津洲「誰も知らなくて当たり前かも。だから死んでみないと分からないかも」


明石「嫌だ死なないで!絶対に死なせない!」


秋津洲「明石ならそう言ってくれると思ったかも」


明石「秋津洲ちゃん…」


秋津洲「明石が結婚したらここから離れて…そしたらあたしは…」


明石「私たちはずっと一緒だよ!秋津洲ちゃんの隣に住むもん!」


秋津洲「……」


明石「秋津洲ちゃん…未来は絶望だけが待ってるんじゃないよ……明るい未来もあるんだよ…」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
423 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 22:59:03.60 ID:wMoKWj9do
独りで考えてどんどん悪い方に考えが進んでたかも…グスッ(泣)
明るい未来信じさせてほしいかも…!
二人で抱擁しあって落ち着くまでわんわん泣く
424 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 23:00:40.37 ID:AtyXO8tpO
>>423
425 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2021/03/06(土) 23:02:34.17 ID:HWfY0QmMo
先に酔い潰れた秋津洲の頭を撫でながら、事故とはいえ仲間の死が皆に大きく引きずられている、秋津洲は勿論他の人の為に私が出来る事をしなければ…と考える明石
(明石相当酒強かったはず、ゴーヤのバーで描写あった気が)
426 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 23:16:16.07 ID:xR6ypPuG0
秋津洲「独りで考えて、どんどん悪い方に考えが進んでたかも…」


明石「私がいるよ!」


秋津洲「明石ぃ…あたしに明るい未来を信じさせてほしいかも…!」


明石「秋津洲ちゃん!」ダキッ


秋津洲「ぐすっ、ううう〜!」


明石「気付けてあげられなくてごめん…ごめんね……」


秋津洲「あがじぃ〜〜!」


明石「私がずっと側に居るから…秋津洲ちゃんは一人になんかさせないよ……」
427 : ◆X87gBrHVzk [sage saga]:2021/03/06(土) 23:20:41.69 ID:xR6ypPuG0
ーー


秋津洲「明石のお陰でちょっとスッキリしたかも」


明石「良かった…」


秋津洲「もしここを離れてもずっと一緒…凄く感動したかも」


明石「本当のことだから」


秋津洲「嬉しいかも、こんなあたしにそう言ってくれるなんて」


明石「秋津洲ちゃんは初めてできた友達なんだもん。特別なのは当たり前」


秋津洲「…んふふ〜明石〜」


明石「秋津洲ちゃ〜ん」


下2 この後の展開やその他起こったことなど
428 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage]:2021/03/06(土) 23:32:04.67 ID:y0Mv7yo/0
でも明石も良い人がいるしずっとこのままともいかないかも
恋愛ってどうなのかなぁ……あたしにもうんめー?の人がいるのかも?
372.98 KB Speed:17.5   VIP Service SS速報VIP 更新 専用ブラウザ 検索 全部 前100 次100 最新50 続きを読む
名前: E-mail(省略可)

256ビットSSL暗号化送信っぽいです 最大6000バイト 最大85行
画像アップロードに対応中!(http://fsmから始まるひらめアップローダからの画像URLがサムネイルで表示されるようになります)


スポンサードリンク


Check このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

荒巻@中の人 ★ VIP(Powered By VIP Service) read.cgi ver 2013/10/12 prev 2011/01/08 (Base By http://www.toshinari.net/ @Thanks!)
respop.js ver 01.0.4.0 2010/02/10 (by fla@Thanks!)